岩垂寿喜男衆議院議員 37期国会活動まとめ



在籍期:33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ

衆議院本会議(37期)

33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議 - 40期本会議

本会議発言統計

 第101回国会(特別:1983/12/26-1984/08/08)  0回発言      0文字発言
 第102回国会(通常:1984/12/01-1985/06/25)  0回発言      0文字発言
 第103回国会(臨時:1985/10/14-1985/12/21)  0回発言      0文字発言
 第104回国会(通常:1985/12/24-1986/05/22)  0回発言      0文字発言
 第105回国会(臨時:1986/06/02-1986/06/02)  0回発言      0文字発言

       37期通算   (1983/12/18-1986/07/05)  0回発言      0文字発言

本会議発言一覧

 期間中、衆議院本会議での発言なし。
■ページ上部へ

衆議院委員会(37期)

33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会 - 40期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第101回国会 15回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 15 委員  0)  4回発言  41491文字発言
第102回国会  7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  7 委員  0)  4回発言  48340文字発言
第103回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員  0)  1回発言  20003文字発言
第104回国会  5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  5 委員  0)  1回発言  15650文字発言

  37期通算  30回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 30 委員  0) 10回発言 125484文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

環境委員会
            30回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 30 委員  0)  10回発言 125484文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

環境委員会理事(第101回国会)
環境委員会理事(第102回国会)
環境委員会理事(第103回国会)
環境委員会理事(第104回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第101回国会 衆議院 環境委員会 第3号(1984/03/27、37期)

お聞きにならなかった戸塚さんに対する御答弁もあわせて、環境影響評価法、つまり別名アセスメントについて質問をしてまいりたいと思います。私は、環境庁長官の所信表明を何回となく読ましていただきました。その…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 環境委員会 第8号(1984/05/11、37期)

湖沼法とアセスメント法案というのは非常に深い関係がありまして、理事会、委員会でも大分議論をしてまいりまして、私ども政府原案に賛成をする立場ではございませんけれども、環境庁長官やあるいは中曽根内閣の環境…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 環境委員会 第12号(1984/07/03、37期)

質問に入る前に、今やりとりがございましたアセスのことを、私も質問する以上は伺っておかなければならないと思っているのですが、長官、今それはどんな状態になっているのですか。私は、今なおまだ、与党の方にお…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 環境委員会 第13号(1984/07/17、37期)

最初に、長官にちょっとお尋ねをしたいのです。お顔を見るたびに私は質問をしてきましたので、少ししつこいというふうにお考えかもしれませんけれども、アセスの問題を伺っておきたいと思うのです。今どういう状況…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 環境委員会 第3号(1985/02/26、37期)

環境庁長官、大変御苦労さまでございます。最近の環境庁、率直に申し上げてかなり地盤沈下が指摘をされています。それは、環境問題というのは山を越したというふうな意見も一面でありますけれども、私は決してそう…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 環境委員会 第4号(1985/03/25、37期)

最初に、NOxの環境基準の達成問題に関連いたしまして質問をいたしたいと思います。私は、二月二十六日の本委員会で環境庁に質問をいたしました。それは、総量削減計画に基づく窒素酸化物の環境基準達成の期間で…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 環境委員会 第5号(1985/04/16、37期)

最初に、恐縮ですが、地元のことを二つほど御質問を申し上げながら御答弁を煩わせて、その後、四月二十二日から開かれるワシントン条約の締約国会議の開催に関連をいたしまして質問を申し上げたいというふうに思いま…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 環境委員会 第7号(1985/06/14、37期)

百二国会の環境委員会、きょうが最後だそうでございますので、国会を通して私自身も主張をしたり、質問をしたり、提案をしたことなどについて、いわば締めくくるような気持ちを込めて質問をしたいと思うのです。そ…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 環境委員会 第2号(1985/12/03、37期)

私は、きょうは最初に池子弾薬庫の名称変更の問題、その次に石垣市の白保空港、新石垣空港とでもいいましょうか、そういう問題、それから青秋林道の問題、最後にワシントン条約の問題、その四つの問題を中心にして質…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 環境委員会 第3号(1986/04/11、37期)

何回かごの委員会で質問をしてきたことなので大変恐縮でございますが、世界じゅうにその個体数が三百ぐらいしかいないと言われているキンクロライオンタマリンの問題を質問してまいりたいと思います。この問題が明…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(37期)

33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書 - 40期質問主意書

質問主意書提出数

 37期(1983/12/18〜)  1本提出

質問主意書一覧

核搭載可能艦の寄港に関する質問主意書
第101回国会 衆議院 質問主意書 第1号(1983/12/28提出、37期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)


■ページ上部へ

■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ



在籍期:33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員
データ更新日:2019/03/12