野間友一衆議院議員 37期国会活動まとめ



在籍期:33期(1972/12/10-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


衆議院本会議(37期)

33期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議

本会議発言統計

 第101回国会(特別:1983/12/26-1984/08/08)  0回発言      0文字発言
 第102回国会(通常:1984/12/01-1985/06/25)  2回発言   7663文字発言
 第103回国会(臨時:1985/10/14-1985/12/21)  0回発言      0文字発言
 第104回国会(通常:1985/12/24-1986/05/22)  0回発言      0文字発言
 第105回国会(臨時:1986/06/02-1986/06/02)  0回発言      0文字発言

       37期通算   (1983/12/18-1986/07/05)  2回発言   7663文字発言

本会議発言一覧

第102回国会 衆議院 本会議 第20号(1985/04/11、37期)

私は、日本共産党・革新共同を代表し、現在緊急かつ重大な問題となっている貿易摩擦問題に関し、総理並びに関係大臣に質問いたします。アメリカが対日貿易赤字を取り上げ、その原因が日本市場の閉鎖性にあるとして市場開放を求めるやり方は、一九八一年以来繰り返してやられてきました。政府はその都度対策を決め、既にそれ………会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 本会議 第38号(1985/06/24、37期)

私は、日本共産党・革新共同を代表して、ただいま議題となりました定数是正に関する自民党案及び社会、公明、民社、社会民主連合四党共同案について、その重大な問題点をただします。まず、現状の認識についてであります。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(37期)

33期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第101回国会 37回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 37) 13回発言  73967文字発言
第102回国会 25回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 25) 10回発言  61034文字発言
第103回国会 12回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 12)  3回発言  22595文字発言
第104回国会 22回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 22) 12回発言  54928文字発言

  37期通算  96回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 96) 38回発言 212524文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 商工委員会
            56回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 56) 24回発言 128732文字発言

 法務委員会
            16回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 16)  7回発言  43939文字発言

 公職選挙法改正に関する調査特別委員会
            13回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 13)  6回発言  34419文字発言

 予算委員会
             4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  0回発言      0文字発言

 災害対策特別委員会
             4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  0回発言      0文字発言

 外務委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言

 運輸委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   5434文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第101回国会 衆議院 運輸委員会 第8号(1984/05/08、37期)

時間がありませんので、端的にまず土取り問題からお伺いをしたいと思います。和歌山市の加太という地区、これなど五カ所です。これについて区域を特定いたしまして空港埋め立てに必要とする土砂採取・運搬施工計画…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 商工委員会 第5号(1984/03/28、37期)

参考人の皆さん、どうも御苦労さまです。私、きょう最後の質問者になろうかと思いますが、時間がありませんので、重複を避けて幾つかお聞きしたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 商工委員会 第7号(1984/04/03、37期)

それでは今同僚委員の方からも話がありましたが、私も福井県の織物構造改善工業組合から陳情を受けておるわけで、これに関して最初にお伺いしたいと思います。この法の延長に係る産地一括型の構造改善事業、この実…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 商工委員会 第12号(1984/04/18、37期)

割賦販売、いわゆるクレジットの産業の成長ですが、これは既に議論でも出ておりますように、目をみはるものがある、これは事実だと思います。今では、約十四兆円弱、こういう産業にまで発展しておるわけですね。同時…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 商工委員会 第16号(1984/05/18、37期)

最初にお聞きしますのは、産構審が出しました「今後のセメント製造業及びその施策のあり方」、いわゆるセメント業界の今後の構造改善について質問をしてみたいと思います。これを私は拝見したのですが、この中には…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 商工委員会 第19号(1984/08/03、37期)

時間がありませんので、前置きを省略して端的にお伺いしたいと思います。最初に、鉱山の保安行政の重要性についてであります。会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 法務委員会 第3号(1984/03/02、37期)

きょうは、所信表明に対する質疑ということでありますが、この所信表明の中で、「国民の期待する法務行政の推進」あるいは「基本的人権の保障をより確かなものとするため」「万全を期する」というような所信が述べら…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 法務委員会 第4号(1984/03/09、37期)

定員法の一部改正法案についてお尋ねをしたいと思いますが、今回判事の増員が九名ということですね。これはどういう根拠で九名というのが出てきたのか、これでいいのかどうか、その根拠をひとつぜひお示しいただきた…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 法務委員会 第5号(1984/04/03、37期)

国籍法及び戸籍法の一部を改正する法律案について質問をいたしたいと思います。今回の法の改正ですが、これは私も婦人に対するあらゆる形態の差別撤廃条約の批准、それに伴う国内法の改正ということを常に求めて今…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 法務委員会 第7号(1984/04/06、37期)

参考人の皆さん本当にお疲れさまでございます。私が最後の質問者ということで、もう少しの御辛抱をお願いしたいと思います。時間が限られておりますので、重複を避けまして幾つかの問題についてさらにお伺いしたい…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 法務委員会 第8号(1984/04/11、37期)

最初に最高裁判所にお伺いしたいと思います。過日、私がこの委員会で取り上げた問題の一つ会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 法務委員会 第13号(1984/07/04、37期)

最初に民事局長にお伺いしたいと思います。これは午前中同僚議員の方から聞かれたことですが、公共嘱託登記の受託組織の法人化の問題ですが、日司連とか日調連、法務省の努力によって六項目にわたる骨子ができてい…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 法務委員会 第15号(1984/08/01、37期)

時間に制約がありますので、簡潔にお答えいただきたいと思います。まず民事局関係から質用したいと思いますが、今六十年度の予算要求についての概算要求をまとめられる大変重要な時期でありますので、私は、法務局…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第4号(1985/08/30、37期)

私も違憲の定数配分規定と解散権の行使について、長官に質問したいと思います。解散権は法律上制約されない、これは一貫しておっしゃっております。その理由の一つとして、解散権の行使と総選挙の執行は別個の問題…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 商工委員会 第4号(1985/02/26、37期)

大臣がちょっと頭が抜けますので、まず中小企業庁長官からお伺いしたいと思います。まず、発足当時からの加入目標の件数の問題であります。五年間で七十万件。これが、年間の目標を十万から八万に落とし、三万に落…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 商工委員会 第6号(1985/03/26、37期)

この改正案が出たんですが、この経過についてはいろいろ紆余曲折があったことは私もさまざまな報道等で承知しておりますが、特に郵政省の電気通信高度化法案との絡みもありましたね。しかし、こうやって改正案を見て…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 商工委員会 第7号(1985/03/27、37期)

通産大臣にまずお聞きしたいと思いますが、ポスト先端技術というような言葉をお聞きになったことはございますか。そこで、そういう意味での基礎あるいは応用研会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 商工委員会 第9号(1985/04/03、37期)

ただいま議題となりました修正案につきまして、日本共産党・革新共同を代表いたしまして、その趣旨を御説明申し上げます。貿易研修センター法につきましては、昭和四十二年の制定当時、我が党は、同センターが大企…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 商工委員会 第10号(1985/04/10、37期)

商工中金の第一条の目的なんですが、ここでも明確に書いてありますように「中小企業等協同組合其ノ他主トシテ中小規模ノ事業者ヲ構成貝トスル団体二対スル金融ノ円滑ヲ図ル」こういうふうにありますが、あくまでこれ…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 商工委員会 第11号(1985/04/12、37期)

私は、自動車の売買取引をめぐる自動車の取得税、こういう名下でディーラーがユーザーから全員を騙取するというような事例の幾つかを挙げまして、これについての是正を求めたい、こういうふうに思います。既に新聞…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 商工委員会 第15号(1985/04/24、37期)

中小企業技術開発に関するいわば基本法的なものが初めてつくられたわけであります。この提案の理由あるいは一条の目的を見ますと、「最近における技術革新の急速な進展及び需要構造の著しい変化に対処して中小企業が…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 商工委員会 第17号(1985/05/21、37期)

三菱石炭鉱業の長崎の高島炭鉱に続いて今回また南大夕張の大きな災害が起こりました。私は、亡くなりました六十二名の方々に心から哀悼の意を表しながら、また同時に、重軽傷を負われた被害者の方々の一日も早い回…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 商工委員会 第18号(1985/05/24、37期)

私は今から、世界一と言われます日本の鉄鋼産業に関連して質問したいと思います。約束の時間がありますので、できるだけ簡潔に聞いたことにお答えいただきたいと思います。長々とやられまして約束の時間をオーバーし…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第2号(1985/11/27、37期)

申し合わせによりましてきょうの質疑時間、制約がありますので、どの程度できるかわかりませんけれども、数点にわたりまして質問をしてみたいと思います。まず、最初にお聞きしたいのは、議員定数の配分、いかにあ…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第3号(1985/12/03、37期)

先ほど同僚委員の方からも質問がありましたけれども、六・六案と憲法との関係を背景にして、まず野党の提案者に一言質問をしたいと思います。先ほどの質問にもございましたし、きょうあるいは前回の委員会、さらに…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第4号(1985/12/11、37期)

十二月七日のことですが、我が党の不破委員長が中曽根自民党総裁の書簡に対する返書を出したことは御案内のとおりであります。その中でも、もし自民党案を成立させるなら、長らく違憲状態を放置した上に、違憲性の明…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第3号(1986/03/05、37期)

在宅投票についてお伺いしたいと思います。当委員会でも何度も論議されておりますが、国民の代表として公務員を選ぶということは憲法で保障された当然の基本的な権利であります。昭和二十五年に設けられた在宅制度…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第4号(1986/05/16、37期)

私は、日本共産党・革新共同を代表して、ただいまの委員長発議による起草案の内容はもとより、委員長発議そのものに怒りを持って強く反対するものであります。言うまでもなく、衆議院の定数是正は、議会制民主主義…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 商工委員会 第2号(1986/02/12、37期)

今回の円高による中小企業の深刻な実態、影響等については、もう既に同僚議員の方からもるる述べられました。本当に異常であります。そこで、私はまず最初に、数字の上で輸出の実態についてお尋ねをしてみたいと思…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 商工委員会 第3号(1986/02/21、37期)

資料を差し上げておりますので、ぜひごらんをいただきたいと思います。まず写真、これはネガがまだ届きませんので、コピーで大変失礼ですが、この二枚の写真をコピーしたものを通産大臣もぜひひとつごらんいただき…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 商工委員会 第5号(1986/03/05、37期)

参考人の皆さん御苦労さまでございます。共産党の野間でございます。今輸出の総額が約四十一兆円何がし、その中で産地を中心とする中小企業の輸出が一兆七千億円何がしだったと思うのです。だから、四十一兆円分の…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 商工委員会 第6号(1986/03/25、37期)

私は、日本共産党・革新共同を代表し、航空機工業振興法の一部改正案に対する反対討論を行います。反対する第一の理由は、国際共同開発と言われるものの中身が、アメリカ大企業の経営戦略を下請的に補完し、対米従…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 商工委員会 第7号(1986/03/28、37期)

私も、最初に撚糸工連の汚職事件につきまして一言ただしたいと思います。とにかく三年間で七十五回、時効にかかった分会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 商工委員会 第11号(1986/04/15、37期)

いわゆる二条の一号施設に関連しまして質問をしたいと思います。その前提としての、いわゆるテクノポリス法についてであります。一九八三年にこれが制定されたわけでありますが、この法律の趣旨が、いわゆる高度技…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 商工委員会 第12号(1986/04/16、37期)

最初に高圧ガス取締法の一部改正についてお伺いをしたいと思います。石油コンビナートにおける事故の例ですが、五十年から六十年まで十一年間で件数にして十七件、死亡が九人、重傷が十一人、軽傷が三十二人、こう…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 商工委員会 第13号(1986/04/22、37期)

最後の質問者でありますが、続きまして化審法の改正について質疑を行いたいと思います。今度の改正の主な柱というのは、蓄積性がなくても難分解性を持ち、かつ慢性毒性を有する、そういう化学物質を新たに規制の対…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 商工委員会 第15号(1986/04/25、37期)

お三方、大変御苦労さまです。共産党の野間でございます。最初に久保井参考人にお聞きしたいのは、いわゆる現物まがい商法、豊田商法、こういうものは閣法、政府が今出しております法律で許容されておるというふう…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 商工委員会 第16号(1986/05/07、37期)

法案の質疑に入る前に一言大臣にお伺いをしておきたいと思いますが、午前中も質疑がありましたが、円高の是正の問題ですね。これは我が党の不破委員長も四月二十五日の党首会談の中で、G5に始まりますアメリカの貿…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(37期)

33期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書

質問主意書提出数

 37期(1983/12/18〜)  1本提出

質問主意書一覧

自動車販売業界の悪徳商法に対する関係当局の指導等に関する質問主意書(共同提出)
第102回国会 衆議院 質問主意書 第45号(1985/06/25提出、37期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)


■ページ上部へ




在籍期:33期(1972/12/10-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22