池端清一衆議院議員 37期国会活動まとめ



在籍期:34期(1976/12/05-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ

衆議院本会議(37期)

34期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議 - 40期本会議 - 41期本会議

本会議発言統計

 第101回国会(特別:1983/12/26-1984/08/08)  1回発言   2344文字発言
 第102回国会(通常:1984/12/01-1985/06/25)  0回発言      0文字発言
 第103回国会(臨時:1985/10/14-1985/12/21)  0回発言      0文字発言
 第104回国会(通常:1985/12/24-1986/05/22)  0回発言      0文字発言
 第105回国会(臨時:1986/06/02-1986/06/02)  0回発言      0文字発言

       37期通算   (1983/12/18-1986/07/05)  1回発言   2344文字発言

本会議発言一覧

第101回国会 衆議院 本会議 第35号(1984/07/13、37期)

私は、日本社会党・護憲共同を代表して、ただいま議題となりました健康保険法等の一部を改正する法律案に対して、断固反対の立場から討論を行うものであります。(拍手)私は、今回の改正案が国民の命と健康そして暮会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(37期)

34期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会 - 40期委員会 - 41期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第101回国会 38回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 34 委員  4)  9回発言  39022文字発言
第102回国会 24回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 21 委員  3)  3回発言  24424文字発言
第103回国会  7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  5 委員  2)  1回発言   1292文字発言
第104回国会 23回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 22 委員  1)  6回発言  19612文字発言

  37期通算  92回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 82 委員 10) 19回発言  84350文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

社会労働委員会
            80回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 80 委員  0)  19回発言  84350文字発言

災害対策特別委員会
            12回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員 10)   0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

社会労働委員会理事(第101回国会)
社会労働委員会理事(第102回国会)
社会労働委員会理事(第103回国会)
災害対策特別委員会理事(第104回国会)
社会労働委員会理事(第104回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第101回国会 衆議院 社会労働委員会 第3号(1984/03/27、37期)

私は、まず最初に、坂本労働大臣に対して、労働行政の基本姿勢についてお尋ねをしたいと思います。労働大臣は、二月二十三日の本委員会における所信表明で、「勤労者の雇用の安定と福祉の向上を願う国民の皆様の労…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 社会労働委員会 第8号(1984/04/17、37期)

私は、まず最初に、今回の改正案の立案に至る経過についてお尋ねをいたします。申すまでもなく、今次雇用保険法の改正案は、まさに雇用保険制度の根幹にかかわる抜本的な改革案でございます。それだけに事前の慎重…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 社会労働委員会 第14号(1984/05/15、37期)

私は、自由民主党・新自由国民連合、日本社会党・護憲共同、公明党・国民会議、民社党・国民連合及び社会民主連合を代表いたしまして、本動議について御説明申し上げます。案文を朗読して説明にかえさせていただき…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 社会労働委員会 第16号(1984/06/19、37期)

私は、自由民主党・新自由国民連合、日本社会党・護憲共同、公明党・国民会議、民社党・国民連合、日本共産党・革新共同及び社会民主連合を代表いたしまして、本動議について御説明申し上げます。案文を朗読して説…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 社会労働委員会 第21号(1984/07/05、37期)

私は、まず最初に渡部厚生大臣に対して、来年度の概算要求の時期が迫っておりますので、いわゆる概算要求枠、シーリングの問題についてお尋ねをしたいと思うのです。このシーリングの問題については現在いろいろな…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 社会労働委員会 第24号(1984/07/12、37期)

私は、政府提案の健康保険法等の一部を改正する法律案及び自由民主党・新自由国民連合提案の同法案に対する修正案のいずれにも反対する立場から、日本社会党・護憲共同を代表して、集約的に反対の意見を申し上げたい…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 社会労働委員会 第26号(1984/07/19、37期)

議事進行の動議を提出いたします。ただいま議題となっております二案中、森井忠良君外六名提出の原子爆弾被爆者等援護法案を先議し、審査を進められんことを望みます。会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 社会労働委員会 第28号(1984/07/25、37期)

保健所は、今日まで我が国の公衆衛生行政のセンターとして、保健予防なり、公衆衛生の向上に大きな役割を果たしてこられましたことを高く評価するものでございます。しかしまた、大変な課題も山積いたしております。会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 社会労働委員会 第30号(1984/08/01、37期)

私は、自由民主党・新自由国民連合、日本社会党・護憲共同、公明党・国民会議、民社党。国民連合、日本共産党・革新共同及び社会民主連合を代表いたしまして、本動議について御説明申し上げます。案文を朗読して説…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 社会労働委員会 第2号(1984/12/06、37期)

私は、まず最初に、物価スライドの問題、例の二%の問題についてお尋ねをしたいと思うのであります。既に御承知のとおり、さきの特別国会で、社公民三党は、百年の大計を決める年金大改革案と厚生年金、国民年金あ…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 社会労働委員会 第24号(1985/06/06、37期)

この児童手当法の一部を改正する法律案が国会に提出されたのは、いつでございますか。会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 社会労働委員会 第25号(1985/06/13、37期)

私は、日本社会党・護憲共同を代表して、児童手当法の一部を改正する法律案並びに同案に対する自民党修正案に対して、そのいずれにも反対する立場から簡潔に意見を申し上げたいと思います。結論から先に申し上げれ…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 社会労働委員会 第3号(1985/11/28、37期)

私は、自由民主党・新自由国民連合、日本社会党・護懸共同、公明党・国民会議、民社党・国民連合及び社会民主連合を代表いたしまして、本動議について御説明申し上げます。案文を朗読して説明にかえさせていただき…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 社会労働委員会 第3号(1986/02/25、37期)

林労働大臣にまずお尋ねをいたします。私は、あなたが今後の労働行政を推進するに当たっての基本的な理念といいますか、政治哲学といいますか、そういうものについてお尋ねをしたいと思うのであります。歴代の労働…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 社会労働委員会 第4号(1986/03/06、37期)

厚生大臣、厚生行政はまさに国民の命と暮らし、これに密接にかかわる極めて重要な分野でございます。先ほど我が党の森井委員からも御指摘いたしましたように、懸案事項が山積をしております。極めて厳しい状況ではご…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 社会労働委員会 第7号(1986/03/27、37期)

私は、自由民主党・新自由国民連合、日本社会党・護憲共同、公明党・国民会議、民社党・国民連合、日本共産党・革新共同及び社会民主連合を代表いたしまして、本動議について御説明申し上げます。案文を朗読して説…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 社会労働委員会 第10号(1986/04/08、37期)

私は、まず最初に、基本的な問題について若干お尋ねをしたいと思います。日本の雇用労働者数は現在約四千三百万人、そのうち中小企業に従事している労働者の数は実に八一%の多きを占めているわけでございます。日…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 社会労働委員会 第13号(1986/04/17、37期)

私は、自由民主党・新自由国民連合、日本社会党・護憲共同、公明党・国民会議、民社党・国民連合、日本共産党・革新共同及び社会民主連合を代表いたしまして、本動議について御説明申し上げます。案文を朗読して説…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 社会労働委員会 第14号(1986/04/22、37期)

私は、自由民主党・新自由国民連合、日本社会党・護憲共同、公明党・国民会議、民社党・国民連合、日本共産党・革新共同及び社会民主連合を代表いたしまして、本動議について御説明申し上げます。案文を朗読して説…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(37期)

34期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書 - 40期質問主意書 - 41期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ

■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ



在籍期:34期(1976/12/05-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員
データ更新日:2019/03/12