鹿野道彦衆議院議員 37期国会活動まとめ



在籍期:34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-) - 43期(2003/11/09-) - 45期(2009/08/30-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


衆議院本会議(37期)

34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議 - 40期本会議 - 41期本会議 - 42期本会議 - 43期本会議 - 45期本会議

本会議発言統計

 第101回国会(特別:1983/12/26-1984/08/08)  1回発言    860文字発言
 第102回国会(通常:1984/12/01-1985/06/25)  0回発言      0文字発言
 第103回国会(臨時:1985/10/14-1985/12/21)  0回発言      0文字発言
 第104回国会(通常:1985/12/24-1986/05/22)  0回発言      0文字発言
 第105回国会(臨時:1986/06/02-1986/06/02)  0回発言      0文字発言

       37期通算   (1983/12/18-1986/07/05)  1回発言    860文字発言

本会議発言一覧

第101回国会 衆議院 本会議 第32号(1984/06/26、37期)

ただいま議題となりました港湾運送事業法の一部を改正する法律案につきまして、運輸委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。本案は、近年におけるコンテナ埠頭等の近代的な港湾施設の整備などによる港湾における物流合理化の進展の状況にかんがみ、効率的な港湾運送事業の実施が図られるよう改正しようとす………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(37期)

34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会 - 40期委員会 - 41期委員会 - 42期委員会 - 43期委員会 - 45期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第101回国会 26回出席(長  0 代理理事 6 代理 0 理事 15 委員  5)  0回発言      0文字発言
第102回国会 26回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 22 委員  4)  2回発言   1372文字発言
第103回国会  8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  7 委員  1)  0回発言      0文字発言
第104回国会 21回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 17 委員  4)  0回発言      0文字発言

  37期通算  81回出席(長  0 代理理事 6 代理 0 理事 61 委員 14)  2回発言   1372文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 運輸委員会
            54回出席(長  0 代理理事 6 代理 0 理事 48 委員  0)  1回発言   1282文字発言

 交通安全対策特別委員会
            12回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 12 委員  0)  1回発言     90文字発言

 災害対策特別委員会
            10回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 10)  0回発言      0文字発言

 農林水産委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言

 予算委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 議院運営委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  0)  0回発言      0文字発言

 大蔵委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 議院運営委員会理事(第101回国会)
 運輸委員会理事(第101回国会)
 運輸委員会理事(第102回国会)
 交通安全対策特別委員会理事(第102回国会)
 運輸委員会理事(第103回国会)
 交通安全対策特別委員会理事(第103回国会)
 運輸委員会理事(第104回国会)
 交通安全対策特別委員会理事(第104回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第102回国会 衆議院 運輸委員会 第14号(1985/08/20、37期)

質問に先立ちまして、今回の日航のボーイング747の墜落事故に際しまして、とうとい命を失われた方々に対しまして、謹んで御冥福をお祈り申し上げます。御遺族の方々に対しまして、心よりお悔やみ申し上げます。そ…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 交通安全対策特別委員会 第1号(1984/12/01、37期)

動議を提出いたします。委員長の互選は、投票によらないで、小川新一郎君を委員長に推薦いたしたいと思います。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(37期)

34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書 - 40期質問主意書 - 41期質問主意書 - 42期質問主意書 - 43期質問主意書 - 45期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-) - 43期(2003/11/09-) - 45期(2009/08/30-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22