小川国彦衆議院議員 37期国会活動まとめ



在籍期:34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


衆議院本会議(37期)

34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議

本会議発言統計

 第101回国会(特別:1983/12/26-1984/08/08)  0回発言      0文字発言
 第102回国会(通常:1984/12/01-1985/06/25)  0回発言      0文字発言
 第103回国会(臨時:1985/10/14-1985/12/21)  1回発言   1918文字発言
 第104回国会(通常:1985/12/24-1986/05/22)  1回発言   3647文字発言
 第105回国会(臨時:1986/06/02-1986/06/02)  0回発言      0文字発言

       37期通算   (1983/12/18-1986/07/05)  2回発言   5565文字発言

本会議発言一覧

第103回国会 衆議院 本会議 第10号(1985/12/06、37期)

私は、日本社会党・護憲共同を代表いたしまして、農林漁業団休職員共済組合法の一部を改正する法律案に対し、反対討論を行うものであります。(拍手)今回の農林年金法の改正は、他の三共済法案と並び、さきの厚生年金法、国民年金法の改悪とあわせまして、いずれも年金制度の大後退であり、働く勤労国民がせめて老後に幸せ………会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 本会議 第28号(1986/05/13、37期)

私は、日本社会党・護憲共同を代表しまして、昭和五十九年度決算について質問をいたします。私は、この決算の質問に際し、たくさんの問題点の中から、その焦点を海外経済協力の予算とそのあり方一本に絞って、ただしたいと存じます。今日、我が国のODA、いわゆる経済協力の予算は、年々拡大の一途をたどり、昭和五十九年………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(37期)

34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第101回国会 37回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 29 委員  8) 22回発言 124797文字発言
第102回国会 31回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 30 委員  1) 13回発言  80119文字発言
第103回国会  8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  8 委員  0)  3回発言  21207文字発言
第104回国会  6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  6)  3回発言  27222文字発言

  37期通算  82回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 67 委員 15) 41回発言 253345文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 農林水産委員会
            67回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 66 委員  1) 34回発言 200494文字発言

 予算委員会
             6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  6)  3回発言  18741文字発言

 決算委員会
             5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)  2回発言  17611文字発言

 交通安全対策特別委員会
             4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  3)  2回発言  16499文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 農林水産委員会理事(第101回国会)
 農林水産委員会理事(第102回国会)
 交通安全対策特別委員会理事(第102回国会)
 農林水産委員会理事(第103回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第101回国会 衆議院 交通安全対策特別委員会 第5号(1984/04/19、37期)

私は、首都圏をめぐる埋立地と交通状況の問題、それから埋立地に関連する問題について、建設大臣あるいはまた建設省に質問したいと思います。東京湾埋め立てというのが首都東京、それから千葉、神奈川、東京湾をぐ…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 交通安全対策特別委員会 第7号(1984/07/31、37期)

最初に私は、警察庁の方にお伺いをしたいと思いますが、成田空港の予定敷地内に住んでいる方々、特に成田市木の根部落の方々の出入りについて、警察当局の警備が厳重をきわめている。そのために住民の方々が、自分の…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 農林水産委員会 第3号(1984/03/27、37期)

今、日米農産物交渉が大詰めを迎えている重大な局面の段階で、私は、山村農水大臣を初め農水省の当局にオレンジの割り当て問題について質問いたしたいと思います。大臣、連日どうも御苦労さまでございます。公式の…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 農林水産委員会 第4号(1984/03/29、37期)

私は、自由民主党・新自由国民連合、日本社会党・護憲共同、公明党・国民会議、民社党・国民連合及び日本共産党・革新共同を代表して、蚕糸業の安定的発展に関する件についての決議案の趣旨を御説明申し上げます。…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 農林水産委員会 第6号(1984/04/10、37期)

参考人の皆さんには、それぞれ御多忙の中、また遠路まことに御苦労さまでございます。私ども、国政の中で、これから審議に入ってまいります林野関係の三法につきまして、先生方の御高見を承らせていただきたいと存じ…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 農林水産委員会 第7号(1984/04/11、37期)

日米農産物交渉に当たってこられました山村農水大臣、それから関係者の皆さんに、大変な御労苦に対して御苦労さまというふうに申し上げたいと思います。しかしながら、今回の日米農産物交渉の結果においては、我々…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 農林水産委員会 第8号(1984/04/12、37期)

私は、今回提出されておりますいわゆる林野三法につきまして、順次御質問をさせていただきたいと思います。最初に、保安林整備臨時措置法の問題でございます。会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 農林水産委員会 第9号(1984/04/18、37期)

私は、自由民主党・新自由国民連合、日本社会党・護憲共同、公明党・国民会議、民社党・国民連合、日本共産党・革新共同を代表して、国有林野事業改善特別措置法の一部を改正する法律案に対する附帯決議案の趣旨を御…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 農林水産委員会 第11号(1984/04/24、37期)

三先生には、お忙しい中の御出席まことにありがとうございます。三先生ともそれぞれ専門の分野が違いますので、どういうことをお尋ねしたらいいか、短時間にちょっと判断がつきかねますから、私の方で数項目にわた…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 農林水産委員会 第12号(1984/04/25、37期)

今回の地力増進法案の政府提出をきっかけに、地力とは土壌とは、こういうことをお互いに勉強し、また全国の農業者、農業団体、自治体挙げてこうした問題に取り組んでいこう、そういう一つのきっかけになったというこ…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 農林水産委員会 第13号(1984/05/08、37期)

私は、農振法の一部改正、土地改良法の一部改正の問題点、それからこの際に、農政全体の問題にわたって農林大臣あるいはまた農水省の見解をただしておきたいと考えます。最初に、農振法の一部改正の中におきまして…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 農林水産委員会 第16号(1984/05/15、37期)

私は、自由民主党・新自由国民連合、日本社会党・護憲共同、公明党・国民会議、民社党・国民連合、日本共産党・革新共同を代表して、土地改良法の一部を改正する法律案に対する附帯決議案の趣旨を御説明申し上げます…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 農林水産委員会 第17号(1984/05/17、37期)

今、田中委員から猛毒除草剤の問題について現地からの生々しい問題の提起があったわけでありますが、私どもは、これがかなり毒物、劇物であるということで、これが全国的に広がるのではないかと非常な懸念を感ずるわ…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 農林水産委員会 第19号(1984/06/25、37期)

中曽根総理、農林水産委員会に総理が出席するということは、議会史上、法案ではなく特殊な問題については珍しいことだそうでございまして、本日は、大変どうも御苦労さまでございます。七年前に法案についての御審議…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 農林水産委員会 第21号(1984/06/28、37期)

米の問題を既に四日間にわたっていろいろと質問をして、かなりいろいろな問題点が出されているわけでありますが、総ざらいする形でもう一度問題点を伺いたいと思います。まず最初に、五十三年産米の検査結果でござい…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 農林水産委員会 第23号(1984/07/10、37期)

私は、この農林漁業者年金の問題に関連いたしまして、今後の年金制度、各種公的年金制度全体についての展望について論議をしてみたい、こういうふうに思います。最初に、各種公的年金制度がそれぞれに稼働している…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 農林水産委員会 第25号(1984/07/17、37期)

最初に、これから二十四日、五日に米価審議会が開かれまして、全国農民が期待し、注目している米価の審議が行われる。これに当たって農業団体からは七・七%、一万九千三百八十四円という要求が出ているわけでありま…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 農林水産委員会 第26号(1984/07/24、37期)

委員長、ちょっとその前に議事進行ですが、自民党の議員が一人もいなくなっちゃっているのですよ。全部野党だけの出席で、重要な米価審議の際に自民党の議員が一人もいないということは重大な責任の問題ですから、委…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 農林水産委員会 第27号(1984/08/02、37期)

私は、最近日本の高まりつつある経済援助、その中で、インドネシアにおける日本政府と三つの商社が経済協力の形で行った事業が失敗に帰しているわけでありますが、その責任問題を明らかにするという中で、今後の日本…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 農林水産委員会 第29号(1984/10/03、37期)

私は、昭和五十九年の米の取り扱いをめぐって、特に他用途米の買い上げ変更に関する政治責任の問題についてまずお伺いしたいと思うわけです。農林水産省は、五十九年七月二十七日に「昭和五十九年産生産者米価の閣…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 予算委員会 第17号(1984/03/05、37期)

ただいまの指摘の事実があるかどうかということ及び国税庁の実態調査、この二点については資料として当委員会に御回答いただきたいと思います。ちょっと待ってください。――これにて武藤、小川君の、保留分を残し…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 予算委員会 第18号(1984/03/09、37期)

私は先日、オレンジの輸入割り当て制度に関しまして、この割り当てを受けている百二十一社の実態というものが、正体不明の会社、ダミーの会社、こういうものが非常に多く、この輸入割り当てが非常に利権化している。会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 農林水産委員会 第2号(1984/12/18、37期)

新大臣、就任どうも御苦労さまでございます。初めて委員会で農政の問題について新大臣にいろいろな見解を伺わしていただきたいと思います。最初に、年々農業あるいは食糧に対する国民の関心というものがあるわけで…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 農林水産委員会 第5号(1985/03/06、37期)

繭糸価格安定法それから事業団法の改正案が提出をされているわけでありますが、この法案の内容がもたらすものは、日本の養蚕農業あるいは製糸業あるいは絹織物業、消費者、各方面にわたって非常に大きな影響を持つ今…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 農林水産委員会 第6号(1985/03/19、37期)

参考人の皆さんには、それぞれ用務御多忙の中を、また遠路おいでいただきまして大変ありがとうございます。私ども、日本の長い歴史と伝統を持った養蚕、製糸、織物、この業というものを一体のものと見て、これが日…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 農林水産委員会 第7号(1985/03/26、37期)

大変遅くなった時間に恐縮でございますが、先般の私の質問に対する答弁の中で、ぜひこれは御見解を訂正願っておきたいという点がございます。それからもう一つは、この今回の改正の主要な点が、どう考えましても日本…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 農林水産委員会 第9号(1985/03/28、37期)

今、畜産価格問題が大きな焦点になっているわけでありますが、これに関連をいたしまして、牛肉輸入の差益金を運用しております畜産振興事業団の出資金、補助金のあり方についてただしてまいりたいと思うわけでありま…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 農林水産委員会 第10号(1985/04/02、37期)

参考人の皆さんには、お忙しい中御苦労さまでございます。最初に、私ども、今の日本の農業なり漁業なり林業なりは、外圧あり内圧あり、それぞれの経営上非常に大きな悩みを持っているという、低迷する状況の中に置…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 農林水産委員会 第12号(1985/04/10、37期)

私は、今回の三法の改正に当たりまして、農業者、漁業者あるいはまたいろいろな団体の方々、学識経験者、そうしたいろいろな方々の御意見を聞いてまいりまして、そういったものを総体的に見ながら政府の考え方をただ…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 農林水産委員会 第16号(1985/04/24、37期)

私は、自由民主党・新自由国民連合、日本社会党・護憲共同、公明党・国民会議、民社党・国民連合及び日本共産党・革新共同を代表して、農業災害補償法の一部を改正する法律案に対する附帯決議案の趣旨を御説明申し上…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 農林水産委員会 第20号(1985/05/22、37期)

私は、自由民主党・新自由国民連合、日本社会党・護憲共同、公明党・国民会議、民社党・国民連合及び日本共産党・革新共同を代表して、農業者年金基金法の一部を改正する法律案に対する附帯決議案の趣旨を御説明申し…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 農林水産委員会 第23号(1985/06/12、37期)

きょうの毎日新聞を農水省の皆さんもごらんになったと思うのですが、一面のトップで「市場開放行動計画政府指針まとまる 基準認証制度を原則廃止 海外データ認める」こういう大きな記事で、中を見ますと「政府は中…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 農林水産委員会 第24号(1985/06/18、37期)

いよいよことしも米価のシーズンが訪れてまいりまして、全国農民がことしの米価決定がどういうようになされるのかということで注目をされているわけであります。そこで、こうした全国農民の期待にこたえて、農水省…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 農林水産委員会 第29号(1985/10/08、37期)

私は、畑作三品の問題が審議されるに際しまして、全国的な野菜生産の問題について関連して質問をいたしたいと思うわけであります。畑作三品につきましては、北海道、九州、それぞれの地域の出身の議員の方々から詳…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 予算委員会 第17号(1985/02/23、37期)

私は、最初に大蔵大臣に、国民生活で毎日欠かすことのできない紙幣、これが昨年の十一月一月から新しく一万円、五千円、千円の様式が変わったわけであります。それで、準備に三年かかったということで、大変大蔵省も…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 農林水産委員会 第4号(1985/11/26、37期)

私は、この年金法の抜本的な改革に当たって、きょうは厚生大臣の出席もいただきましたので、厚生大臣の所管事項、農林水産大臣の所管事項、両方に関係する部分、それから年金全体の問題について質問をさせていただき…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 農林水産委員会 第6号(1985/12/03、37期)

私は、日本社会党・護憲共同を代表して、今回提出されました農林漁業団体職員共済組合法の一部を改正する法律案について、反対の討論をいたしたいと存じます。今回の改正案は、本年金制度発足以来の例を見ない抜本…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 農林水産委員会 第7号(1985/12/11、37期)

私は、最初に農林水産大臣に、現行の食管制度についてどのような考え方を持っているか、あるいはまたその役割をどのように評価しているか、見解をお伺いしておきたいと思います。食糧管理制度は、先生御存じのこと…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 決算委員会 第2号(1986/02/24、37期)

私は、この決算の中で、特に大蔵省決算の中で、きょうは大蔵大臣にパートの婦人労働者の減税の問題について質問をいたしたいというふうに思います。最初に私がお伺いいたしたいことは、大蔵大臣に対して、夫が配偶…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 決算委員会 第6号(1986/04/21、37期)

最初に、予備費に関しまして質問をいたしたいと思います。最近数年間の予備費の使用調書を一覧してみますと、数年間連続して、しかもほぼ同額の予備費の支出が目につくわけであります。予備費とは、憲法第八十七条…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 農林水産委員会 第10号(1986/04/09、37期)

中央競馬会の国庫納付金の納付等に関する法案の審議に当たりまして、今後の方針についていろいろお伺いしたいと思います。最初に、これは農林水産大臣の方からで結構でございますが、政府全体としてあるいは農林水…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(37期)

34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書

質問主意書提出数

 37期(1983/12/18〜)  3本提出

質問主意書一覧

新紙幣発行に伴う旧紙幣との見まちがい及び盲人の不便さ解消に関する質問主意書
第102回国会 衆議院 質問主意書 第37号(1985/06/14提出、37期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

米艦載機の夜間離着陸訓練基地問題に関する質問主意書
第102回国会 衆議院 質問主意書 第44号(1985/06/25提出、37期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

海外経済協力基金に対する国政調査権に関する質問主意書
第104回国会 衆議院 質問主意書 第10号(1986/03/29提出、37期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)


■ページ上部へ




在籍期:34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22