森田景一衆議院議員 37期国会活動まとめ



在籍期:35期(1979/10/07-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


衆議院本会議(37期)

35期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議

本会議発言統計

 第101回国会(特別:1983/12/26-1984/08/08)  0回発言      0文字発言
 第102回国会(通常:1984/12/01-1985/06/25)  0回発言      0文字発言
 第103回国会(臨時:1985/10/14-1985/12/21)  0回発言      0文字発言
 第104回国会(通常:1985/12/24-1986/05/22)  1回発言   4318文字発言
 第105回国会(臨時:1986/06/02-1986/06/02)  0回発言      0文字発言

       37期通算   (1983/12/18-1986/07/05)  1回発言   4318文字発言

本会議発言一覧

第104回国会 衆議院 本会議 第19号(1986/04/11、37期)

私は、公明党・国民会議を代表いたしまして、ただいま趣旨説明の行われました老人保健法等の一部を改正する法律案につきまして、総理並びに関係大臣に若干の質問を行うものであります。人生八十年時代を迎え、超スピードで高齢化社会が進行している中で、昭和四十八年度から発足していた老人医療費公費負担制度、いわゆる老………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(37期)

35期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第101回国会 22回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 22) 10回発言  37081文字発言
第102回国会 25回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 25)  7回発言  51982文字発言
第103回国会  6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  6)  3回発言  13776文字発言
第104回国会 16回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 16)  2回発言   7851文字発言

  37期通算  69回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 69) 22回発言 110690文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 社会労働委員会
            47回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 47) 12回発言  73609文字発言

 運輸委員会
            20回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 20) 10回発言  37081文字発言

 大蔵委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第101回国会 衆議院 運輸委員会 第5号(1984/04/17、37期)

私は国鉄再建と監理委員会、そういう問題、もう一つは首都圏における交通網の整備、この大きな二つの問題について質問をいたしたいと思っております。国鉄再建、非常に重大な問題でございますが、この問題につきま…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 運輸委員会 第6号(1984/04/20、37期)

関西空港が株式会社で設置、管理される、こういうふうになりました一番大きな要因は、新東京国際空港、いわゆる成田空港が公団によって設置、管理をされているわけでございますけれども、その成田空港がなかなか思う…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 運輸委員会 第8号(1984/05/08、37期)

私は、公明党・国民会議を代表して、関西国際空港株式会社法案に対し、賛成の立場から討論を行うものであります。関西国際空港については、事業主体となる特殊法人・関西国際空港株式会社の設立が予定され、新空港…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 運輸委員会 第10号(1984/05/11、37期)

我が国は海に浮かぶ経済人国と言われておりまして、したがって港湾の整備と港湾運送事業は我が国国民にとっても重大な問題でございます。そういうことで、本法案の改正に当たりまして若干お尋ねしておきたいのです。会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 運輸委員会 第11号(1984/05/18、37期)

参考人の皆様には、大変貴重な御意見を開陳いただきまして、ありがとうございます。限られた時間でございますので、順次御質問申し上げますので、ひとつ御答弁の方も簡潔にお願いしたいと思います。最初に、高嶋参…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 運輸委員会 第12号(1984/06/22、37期)

今回の港湾運送事業法改正案につきましては、先般来臨調答申尊重であるとかあるいは行革関連、このように説明されてまいりましたけれども、私は本当にそうなんだろうか、大きな疑問を持っている一人でございます。こ…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 運輸委員会 第14号(1984/07/17、37期)

今回の船員法一部改正法案は、先般の大臣の趣旨説明にもありましたように、昭和五十四年の国際連合総会において採択され、昭和五十五年七月に我が国が署名した女子に対する差別の撤廃に関する条約の批准に備えるため…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 運輸委員会 第15号(1984/07/18、37期)

昨日関東地方も梅雨明けが宣言されましていよいよ本格的な暑さがやってまいるわけでございます。ここ数日来も非常に暑い日が続いております。そういう中で、首都圏の通勤電車はいわゆるラッシュアワーは通勤地獄と言…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 運輸委員会 第18号(1984/07/27、37期)

先般来論議されておりますように、船員法の一部改正法案が婦人差別撤廃条約を批准するための整備である、こういうふうになっておるわけでございます。あわせて婦人の職域を拡大するために雇用の促進を図らなければい…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 運輸委員会 第19号(1984/08/01、37期)

最初に、成田国際空港の第二期工事促進について質問したいと思います。本日は成田空港のパイプラインの第二本目が貫通したそうでございまして、その祝賀があるということでございますが、いずれにしても、完成につ…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 社会労働委員会 第4号(1984/12/13、37期)

私は、最初に、物価スライド二%分の年内支給ということについてお尋ねしたいと思います。こういうことを私が申し上げる必要はないと思いますけれども、制度改革と物価スライド分の支給、これは本来性格が違うもの…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 社会労働委員会 第7号(1985/02/26、37期)

最初に、高齢化社会の進展と雇用対策についてお尋ねしたいと思います。先般、労働省は都道府県の「雇用の動向と見通し」というものを発表してございます。その中で労働力人口の伸び率あるいは構成比、就業構造の変…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 社会労働委員会 第10号(1985/03/27、37期)

職業訓練法改正の趣旨につきましては先般山口労働大臣から趣旨説明がございまして、その中にこういうことが述べられております。近年、技術革新の進展、高齢化社会の到来等経済社会の変化は著しいものがあり、これ…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 社会労働委員会 第15号(1985/04/16、37期)

今回、労働者派遣事業法案が提案されたわけでございますが、日本語は非常に語彙が豊富でございまして、同じ内容のものを違った表現で表現する、こういうことがしばしば行われるわけでございます。御存じのとおり、こ…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 社会労働委員会 第18号(1985/04/23、37期)

この労働者派遣事案法案の一番大きな問題点は、今まで職業安定法の四十四条で禁止されておりました労働者供給事業、それから労働基準法第六条に定めているところの「業として他人の就業に介入して利益を得てはならな…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 社会労働委員会 第19号(1985/04/25、37期)

日本の急性中毒死というのは、人口動態統計によりますと年間約六千人ということでございまして、これは交通事故死の七割に当たる、こう言われております。人口当たりの死亡者数を見ましても欧米の二倍以上になってい…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 社会労働委員会 第24号(1985/06/06、37期)

我が国の社会保障制度の柱の一つであると同時に、児童の健全育成、児童福祉の上から不可欠な制度である児童手当制度が発足しましたのは、御存じのとおり昭和四十七年の一月でございました。これによりまして我が国の…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 社会労働委員会 第2号(1985/11/21、37期)

私は、医療法改正案の質疑につきまして、医療法人の指導監督について、そしてまた医療法人の役員について、三点目は中毒一一〇番の設立について、この三つをお尋ねしたいと思います。時間が非常に限られておりますの…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 社会労働委員会 第3号(1985/11/28、37期)

前回時間切れになりましたので、引き続いて質問したいと思いますが、きょうも持ち時間十分ということでございますので、最初にお聞きしたいことをみんな申し上げますの…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 社会労働委員会 第5号(1985/12/10、37期)

最初に、六十歳定年の法制化についてお尋ねしたいと思います。我が国は世界に類を見ないスピードで高齢化が進行しているわけでございます。厚生年金の改革に呼応するように、六十歳代前半までの雇用継続、すなわち…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 社会労働委員会 第3号(1986/02/25、37期)

労働大臣はさきの所信表明におきまして、「本格的な高齢化社会の到来など今まで経験したことのない変化や厳しい国際経済環境の中にあって、勤労者の雇用を確保し、その福祉の向上を図ることは、社会経済と国民生活の…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 社会労働委員会 第6号(1986/03/25、37期)

いろいろな経過がありましたけれども、今回、六十歳定年制が法制化されるようになったことにつきましては、私も評価をしているものでございます。昭和六十年一月の雇用管理調査によりますと、定年が六十歳以上の企…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(37期)

35期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:35期(1979/10/07-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22