木内良明衆議院議員 37期国会活動まとめ



在籍期:35期(1979/10/07-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ

衆議院本会議(37期)

35期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議

本会議発言統計

 第101回国会(特別:1983/12/26-1984/08/08)  0回発言      0文字発言
 第102回国会(通常:1984/12/01-1985/06/25)  0回発言      0文字発言
 第103回国会(臨時:1985/10/14-1985/12/21)  0回発言      0文字発言
 第104回国会(通常:1985/12/24-1986/05/22)  1回発言   3193文字発言
 第105回国会(臨時:1986/06/02-1986/06/02)  0回発言      0文字発言

       37期通算   (1983/12/18-1986/07/05)  1回発言   3193文字発言

本会議発言一覧

第104回国会 衆議院 本会議 第11号(1986/03/08、37期)

私は、公明党・国民会議を代表して、ただいま議題となっております昭和六十一年度予算三案に対し、反対の討論を行うものであります。昭和六十一年度予算は、我が国が抱える諸問題を解決するために大きな役割を担っております。懸念されている景気後退を食いとめるとともに、対外経済摩擦を緩和するために内需の拡大は最優先………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(37期)

35期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第101回国会 28回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  8 委員 20) 10回発言  73808文字発言
第102回国会 22回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 22)  6回発言  60686文字発言
第103回国会  8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  8)  1回発言   8335文字発言
第104回国会 13回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 13)  2回発言  14072文字発言

  37期通算  71回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  8 委員 63) 19回発言 156901文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

商工委員会
            54回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 54)  14回発言 110524文字発言

交通安全対策特別委員会
            10回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  8 委員  2)   4回発言  41769文字発言

公職選挙法改正に関する調査特別委員会
             5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)   0回発言      0文字発言

文教委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   0回発言      0文字発言

地方行政委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   1回発言   4608文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

交通安全対策特別委員会理事(第101回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第101回国会 衆議院 交通安全対策特別委員会 第3号(1984/04/11、37期)

初めに、この四日でございますけれども、我が党は春の交通安全週間に向けて、増加する交通事故を抑制するために「交通安全教育・安全運動に関する提言」というのを行いました。提言をさせていただきましたところ、新…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 交通安全対策特別委員会 第4号(1984/04/18、37期)

きょうは何点かについてテーマを選んでお聞きしたいと思います。まず初めに、首都交通網におけるモノレールの問題でございますけれども、大臣は過般の基本施策をお述べになった中で、「都市交通の分野におきまして…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 交通安全対策特別委員会 第7号(1984/07/31、37期)

初めに、シートベルト着用義務化についてお聞きをします。当委員会で四月十八日、私は安全な交通社会実現への重要施策の一つとしてのシートベルト着用義務化のための提言を具体的に行ったわけであります。こうした…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 商工委員会 第2号(1984/03/02、37期)

私は、きょうは我が国の経済政策上極めて重要な課題でございます中小企業問題、とりわけ今や国家的緊急課題となっている企業倒産の防止対策を中心に、小此木通産大臣並びに政府関係者の方々に質疑を行うものでありま…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 商工委員会 第4号(1984/03/27、37期)

まず初めに、通産大臣にお聞きさせていただきます。世界経済は今総じて第二次石油危機を契機としまして長期的かつ同時的な不況から抜け出そうとしているわけであります。その景気回復の推進力としては、米国を初め…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 商工委員会 第9号(1984/04/11、37期)

五十五年の当委員会におきましても、この法律につきましては審議がございまして、私もその審議に参加した一人でございます。これまでの委員会審議等を踏まえていろいろお聞きしてみたいと思います。まず、一般的に…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 商工委員会 第12号(1984/04/18、37期)

第三十条の四第三項、書面の提出の問題について聞きます。先ほども長田委員の方からこの問題、質疑がございましたけれども、まず本法の本来の趣旨である消費者保護ということを考えますと、この第三項の規定という…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 商工委員会 第16号(1984/05/18、37期)

現在、我が国は世界第二位のダイヤモンド消費国ということになっておりまして、他方一部に、ダイヤモンド神話というものが崩壊しつつある、こういったことも言われているわけでありますけれども、現実にはダイヤの財…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 商工委員会 第19号(1984/08/03、37期)

七月二十三日、大手ミシンメーカー、リッカーが和議申請をしました。事実上倒産しましたが、今回の倒産は戦後四番目の大型倒産であり、消費者あるいは関連中小企業への多大な影響が心配されているところでありまして…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 地方行政委員会 第20号(1984/06/29、37期)

住宅用地に係る固定資産税の問題について聞きます。固定資産税の課税標準の前提となるいわゆる土地の評価額は売買実例価額を基準として評価されるため、住宅用地や自営業者の営業用土地については、その土地につい…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 交通安全対策特別委員会 第4号(1985/04/22、37期)

二時五十五分に大臣が参議院の方からお見えになるということで、しばらく待つつもりでありましたけれども、審議時間の関係もありますので、進めさせていただきます。昨年の四月に、このシートベルトに関する提案を…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 商工委員会 第4号(1985/02/26、37期)

私はこれまで本制度並びに本法律につきましては、中小企業の倒産防止並びに活性化、経営の安定という立場から重大な責任と、また決意を持って審議をし、関係方面との努力を重ねてきたつもりでございまして、五十五年…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 商工委員会 第11号(1985/04/12、37期)

きょうは本委員会は朝から大分白熱した議論並びに政府に対しまして厳しい指摘の数々が飛んでいるわけでありますけれども、私は、地味ではありますけれども極めて国民生活にとって重要な意義を持っております医療福祉…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 商工委員会 第13号(1985/04/17、37期)

本法案につきましては昨日来審議が続いているわけであります。私は、限られた時間でありますので、ポイントに絞りながらお尋ねをしてまいりたい、こういうふうに思います。今や産業経済、国民生活に不可欠なものと…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 商工委員会 第14号(1985/04/19、37期)

今日までの我が国の経済発展を支え、流通全般にわたる基幹たる位置の一角を占めつつ、国民生活に密接なかかわりを有する揮発油等の安定的な供給を行うことを社会的使命として進んできた我が国の揮発油販売業は今、経…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 商工委員会 第15号(1985/04/24、37期)

今回のこの法案の審議に当たりまして留意しなければならない点があると私は考えているわけであります。すなわち、中小企業における技術開発への対応といったその部分だけを取り上げる局部的議論に終始してはならない…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 商工委員会 第4号(1985/11/20、37期)

国民の日々の暮らしと消費生活、また経済活動全般にわたって極めて密接にかかわっている石油は、今後も我が国一次エネルギーの大宗を占める重要な物資であり、石油の安定供給は、我が国エネルギー政策及び安全保障を…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 商工委員会 第2号(1986/02/12、37期)

急激な円高の影響、またこれまでの市場開放策等これあり、我が国の中小企業は今塗炭の苦しみにあえいでいるわけであります。また、こうした関係の中小企業に対しましてその活性化を図り、蘇生を促し、もってこれまで…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 商工委員会 第5号(1986/03/05、37期)

公明党の木内でございます。本日は、参考人の皆様には貴重なお時間、私どものこの委員会の審議にお越しをいただきまして、まず心から厚く御礼を申し上げます。また、現下のこの深刻な円高不況の事態を勘案しつつ、…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(37期)

35期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ

■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ



在籍期:35期(1979/10/07-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員
データ更新日:2019/03/12