国会議員白書トップ衆議院議員上田哲>37期国会活動まとめ

上田哲衆議院議員 37期国会活動まとめ



在籍期:35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ

衆議院本会議(37期)

35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議

本会議発言統計

 第101回国会(特別:1983/12/26-1984/08/08)  0回発言      0文字発言
 第102回国会(通常:1984/12/01-1985/06/25)  1回発言   3963文字発言
 第103回国会(臨時:1985/10/14-1985/12/21)  0回発言      0文字発言
 第104回国会(通常:1985/12/24-1986/05/22)  0回発言      0文字発言
 第105回国会(臨時:1986/06/02-1986/06/02)  0回発言      0文字発言

       37期通算   (1983/12/18-1986/07/05)  1回発言   3963文字発言

本会議発言一覧

第102回国会 衆議院 本会議 第13号(1985/03/09、37期)

私は、日本社会党・護憲共同を代表して、ただいま議題となりました昭和六十年度政府予算三案に強く反対を表明いたします。(拍手)一カ月と十日に及ぶ予算審議を締めくくるに当たり、私の実感として、この予算案は、政治が国民に対して何をなすべきかの最たるものをなさず、何をなすべきでないかの最たるものを強行するもの………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(37期)

35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第101回国会 28回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  7 委員 21)  8回発言  64684文字発言
第102回国会 29回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  7 委員 22) 10回発言 111469文字発言
第103回国会  7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員  4)  1回発言  16051文字発言
第104回国会 29回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  8 委員 21)  8回発言  74015文字発言

  37期通算  93回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 25 委員 68) 27回発言 266219文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

予算委員会
            67回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 67)  12回発言 156018文字発言

安全保障特別委員会
            22回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 22 委員  0)  13回発言  91665文字発言

対フィリピン経済援助に関する調査特別委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員  0)   1回発言  12293文字発言

社会労働委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   1回発言   6243文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

安全保障特別委員会理事(第101回国会)
安全保障特別委員会理事(第102回国会)
安全保障特別委員会理事(第103回国会)
安全保障特別委員会理事(第104回国会)
対フィリピン経済援助に関する調査特別委員会理事(第104回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第101回国会 衆議院 安全保障特別委員会 第3号(1984/04/11、37期)

PS1の事故と銃撃事件の調査でありますけれども、それに先立って一つお伺いしておきたいのですが、おとといの夜、宮古沖でキノコ雲が発生をした。これは発生地点から見ましても、その形状からいたしましても、非常…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 安全保障特別委員会 第4号(1984/04/24、37期)

安井先生、どうも貴重な時間をありがとうございます。質問いたします。会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 安全保障特別委員会 第5号(1984/08/03、37期)

まず、外務大臣に随時協議について伺いたいと思います。これまでのところ、衆議院沖特とか外務委員会あるいは決算委員会で政府の事前協議に対する統一の見解が示されております。それによると、事前協議の発議権は…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 安全保障特別委員会 第7号(1984/10/16、37期)

防衛庁長官に伺います。今回の訪米の中での栗原・ワインバーガー会談、その重要な課題の一つが空母ミッドウェーの艦載機夜間訓練飛行場設置の問題だったと伺っております。防衛庁長官、先ほどこれについては総合的…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 予算委員会 第9号(1984/02/21、37期)

きょうは、日米関係に絞ってお尋ねをいたしたいと思います。最初に申し上げますけれども、私は、日本にとってアメリカが最も大切な友好を深めなければならない国である、こういう立場で論議を進めていきたいと思っ…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 予算委員会 第10号(1984/02/22、37期)

昨日は、日付の勘違いなどがありまして失礼をいたしました。ところで、私が主張いたしますのは、あのシー会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 予算委員会 第18号(1984/03/09、37期)

空転再開に当たりまして、政府・与党側の御答弁には私どもはなお大きく不満を持っておりますけれども、審議再開に応ずる立場をとりますので、そのことを含んで質疑を続けていきたいと思います。まず、にわかな円高…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 予算委員会 第19号(1984/03/13、37期)

この一カ月の審議を通じまして、非常に重要な問題でありました非核三原則、日本の基本政策として総理はさらに明確にこれを守っていかれるという態度を表明されたと理解いたしますが、よろしゅうございますか。そこ…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 安全保障特別委員会 第3号(1985/03/27、37期)

両参考人には、お忙しいところどうもありがとうございます。簡単に一つ御意見を伺うことにいたしますが、非常に素朴に、核戦争というものが一体起きるのか。ここまで年間の軍事費が特に核を中心にして八千億ドルと…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 安全保障特別委員会 第4号(1985/04/08、37期)

貿易摩擦問題についてお伺いいたしたいと思います。伝えられるところによりますと、外務省の手島審議官がアメリカを訪問されておるようでありまして、アメリカ側からは、アメリカと同じ形の政府特使ではないか、こ…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 安全保障特別委員会 第5号(1985/04/17、37期)

防衛庁長官、中国へはいつ行かれますか。面につきましての情報交換とかそれから意見の交換をしておくこと、国際情勢についての話し合いをしておくことは有益だと思っております。そういう意味で、まず夏目次官に行…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 安全保障特別委員会 第6号(1985/05/22、37期)

五九中業との関連で、一%問題についての長官の発言をただしたいのでありますが、前回の当委員会において、いわゆる直観発言、直観として一%におさまることは難しいんじゃないか、これは従来の国会の論議、内閣の約…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 安全保障特別委員会 第7号(1985/06/19、37期)

本論に入ります前にひとつ、昨日大変ショッキングな事件が起きました。豊田商事の刺殺事件がありました。安全保障問題担当の大臣はどういう感想をお持ちなんでしょうか、それをひとつ承りたい。今回の訪米は、当初…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 安全保障特別委員会 第8号(1985/10/08、37期)

GNPの基準の改定が行われまして、五十八年度までの改定GNPが示されました。その後の名目経済成長率、五十九年度六・七%、これは速報値、六十年度六・一%、これは政府見通しを掛けて試算していくという世間一…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 予算委員会 第6号(1985/02/07、37期)

私は、GNP一%枠問題に絞ってお伺いをいたしたいと思うのでありますが、その前に一つ、行政府の長としての総理大臣の政治見識を問いたい問題があります。昨年の十月十九日の東京高裁の判決、例の違憲判決であり…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 予算委員会 第15号(1985/02/21、37期)

前回は基本的な問題を尽くしたところであります。今回は集中審議でありますので、きちっと詰めていきたいと思います。これまでの一%枠問題について総理の御答弁では、「守りたい」、それと「守れない」という二つ…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 予算委員会 第17号(1985/02/23、37期)

いろいろ皆さん御苦労さんです。お疲れですが、最後ですからひとつしっかりお願いします。昨年のこの予算委員会で母子保健法を六十年度中に改正をするということを確認いたしております。厚生大臣、乳幼児健康診査…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 予算委員会 第21号(1985/03/09、37期)

私は、日本社会党・護憲共同を代表して、ただいま議題となりました昭和六十年度政府予算三案及び日本共産党・革新共同提出の同予算三案の組み替え動議のそれぞれに反対する討論を行います。戦後四十年、一九八五年…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 予算委員会 第4号(1985/10/31、37期)

初めにはっきり表明しておきたいことが二点ございます。一点は、昨日総理表明によりまして六十一年度の一%枠は守るのだ、しかし同時に、正式な政府決定として明らかに五年間で一%枠を超える十八兆四千億円の五カ…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 安全保障特別委員会 第2号(1986/01/27、37期)

動議を提出いたします。委員長の互選は、投票によらないで、栗原祐幸君を委員長に推薦いたしたいと存じます。会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 安全保障特別委員会 第4号(1986/04/09、37期)

ワインバーガー長官が四月三日から来日いたしました。そこで、長官あるいは総理との会談をされた趣でありますが、SDIについて御論議があったようであります。ワインバーガー長官は、「日本のように技術水準の高い…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 安全保障特別委員会 第5号(1986/05/19、37期)

故前川旦君の逝去に際しましては、ただいま皆様方の黙祷をちょうだいいたしましたのを初め、委員長以下大変御懇篤な御厚情を賜りました。我が党を代表しまして、心からお礼を申し上げたいと思います。ありがとうござ…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 社会労働委員会 第8号(1986/04/02、37期)

春闘一般についての質疑の時間をいただいておりますので、八六春闘の山場がいよいよ迫っている段階で、八六春闘の特殊な問題についてお伺いをいたしたいと思います。労働大臣に二、三御見解を承っておきますが、八…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 対フィリピン経済援助に関する調査特別委員会 第2号(1986/04/23、37期)

今から一週間前の四月十六日の午後、在フィリピン日本大使館員が、マニラ市パシグ地区のサロンガ委員会を初めて訪問をいたしました。ダサ委員に面会を求めました。この話の内容は、サロンガ委員会が持っている資料、…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 予算委員会 第5号(1986/02/07、37期)

総理は大統領的首相になりたいという願望を示されたそうでありますが、これは何らかの権限あるいは行政機能あるいはある種のイメージ、どういうことをおっしゃられたのか、真意を承りたいと思います。それで、アメ…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 予算委員会 第15号(1986/02/22、37期)

一つの報告書がまとまりました。これは、アフリカを初めとする開発途上国でおびただしく死亡する子供たちを日本のワクチンで百万単位救っていこう、こういう方針がまとまったわけでありまして、大変私は結構だと思い…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 予算委員会 第19号(1986/03/05、37期)

再開に当たって、野党統一要求に対する政府・与党の御回答は甚だ不満でありますが、こうした回答につきまして総理はどのように誠意を尽くして実行されるのか。お考えをまず承っておきます。まず、当面の問題を承っ…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(37期)

35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ

■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ



在籍期:35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員
データ更新日:2019/03/12