岡崎万寿秀衆議院議員 37期国会活動まとめ



在籍期:37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


衆議院本会議(37期)

37期本会議 - 38期本会議

本会議発言統計

 第101回国会(特別:1983/12/26-1984/08/08)  0回発言      0文字発言
 第102回国会(通常:1984/12/01-1985/06/25)  0回発言      0文字発言
 第103回国会(臨時:1985/10/14-1985/12/21)  0回発言      0文字発言
 第104回国会(通常:1985/12/24-1986/05/22)  1回発言   3683文字発言
 第105回国会(臨時:1986/06/02-1986/06/02)  0回発言      0文字発言

       37期通算   (1983/12/18-1986/07/05)  1回発言   3683文字発言

本会議発言一覧

第104回国会 衆議院 本会議 第12号(1986/03/20、37期)

私は、日本共産党・革新共同を代表して、いわゆる補助金臨時特例法案について、総理並びに関係大臣に質問をいたします。質問に当たって、私は、昨年の補助金カット一括法案を審議した際の政府答弁を読み返し、強い憤りを覚えました。そこで政府は、繰り返し国民生活に直接影響はないとか、この措置は一年限りだとか答弁して………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(37期)

37期委員会 - 38期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第101回国会 20回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 20) 13回発言  53707文字発言
第102回国会 24回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 24) 10回発言  65458文字発言
第103回国会  6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  6)  3回発言  13480文字発言
第104回国会 17回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 17)  7回発言  36245文字発言

  37期通算  67回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 67) 33回発言 168890文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 外務委員会
            56回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 56) 30回発言 132943文字発言

 予算委員会
             8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  8)  2回発言  32624文字発言

 建設委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 沖縄及び北方問題に関する特別委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   3323文字発言

 安全保障特別委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第101回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第6号(1984/08/02、37期)

私も、ただいま質問がありました北方領土副読本の問題に関連しまして、北方領土、千島問題の教育について質問いたします。この副読本自身について私たちも、内容はともかく、こういう形で大いに国民にも啓蒙、教育…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 外務委員会 第1号(1983/12/28、37期)

最後になりましたので、重複を避けて幾つか質問をいたします。今回の協定の一番の新しい問題というのは、先ほどから質問されているように、小名浜港への寄港問題だろうと思うのです。渡辺長官の方では、養殖施設な…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 外務委員会 第3号(1984/03/02、37期)

私は、まず核兵器廃絶の問題について、政府の姿勢についてお伺いいたします。御承知のように、十一月に来日されましたレーガン大統領は、この国会で核兵器の廃絶問題について言及されたわけです。この発言に注目し…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 外務委員会 第5号(1984/04/04、37期)

持ち時間が少ないので、大臣に絞って質問をいたします。今審議されている二つの協定の相手国、つまり中国とスリランカというのは、かつて日本帝国主義の犠牲を受けた国でございます。また、アジア諸国もそうなんで…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 外務委員会 第7号(1984/04/13、37期)

すでに各委員からも質問がありましたので、私は問題を絞って質問したいと思います。まず、出版物交換条約に関してですが、この二つの条約が昭和三十二年の第十回のユネスコ総会で採択されてから二十六年たっていま…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 外務委員会 第8号(1984/04/18、37期)

私は、沖縄に配備されるグリーンベレー、アメリカの特殊作戦部隊について質問いたします。この問題につきましては既に当委員会で四月十一日我が党の瀬長委員が質問しておりますし、三月三十日には参議院の予算委員…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 外務委員会 第10号(1984/04/25、37期)

私も戦争と平和の問題に関して主としてトマホーク配備の問題を中心に質問したいと思います。先週の本委員会で私の方から安倍外務大臣に、アメリカのテレビ映画の「ザ・デイ・アフター」について関心をお持ちいただ…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 外務委員会 第11号(1984/04/27、37期)

先ほどから日本の航空機産業がかなり立ちおくれているという話なのですが、立ちおくれるという表現を使うと、いつか追い越すだろうということになって、何年ぐらいでというふうな議論になるわけですけれども、私の見…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 外務委員会 第14号(1984/05/11、37期)

まず、日本・ペルー文化協定から質問いたしたいと思います。ペルーとの文化交流が促進されることはまことに結構だと思います。もともと、中南米諸国との文化交流はもっと以前からもっと活発にすべきであったと思う…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 外務委員会 第15号(1984/05/18、37期)

私は、米艦載機の夜間訓練基地化をめぐる三宅島の問題について質問したいと思います。先日来日したワインバーガー米国防長官は、この米艦載機の夜間訓練基地を早期に新設してくれということを強く要求されたようで…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 外務委員会 第16号(1984/06/20、37期)

私は、サミットの問題について、主としてそこを流れる考え方、論理の問題を中心に質問したいと思います。近年サミットがますます軍事色、政治色を強めていくことについて懸念の声が聞かれるわけです。昨年のウィリ…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 外務委員会 第18号(1984/08/01、37期)

私は、国会の請暇を得まして、七月の十六日から約十日間ニカラグアを中心に中米を訪問、視察してまいりました。その間、メキシコ、ニカラグア、コスタリカの日本大使館にはいろいろと御厄介になりましたし、また、大…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 外務委員会 第20号(1984/11/09、37期)

中曽根総理とレーガン大統領が時を同じくして再選されました。新しいロン・ヤスの時代が始まったというふうに言われていますが、こういうときでの日本の外交の方向はどうなるのか、国民も関心を持っていると思うので…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 外務委員会 第1号(1984/12/12、37期)

今度の協定で従来の暫定協定が長期化したということは、これはかねてから我が党が要望し、主張したのと同様でありますし、漁民にとっても望ましいことであるというふうに考えます。しかし同時に、長期化したことによ…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 外務委員会 第5号(1985/04/03、37期)

私は、核兵器の使用問題について質問したいと思うのです。二月十九日の予算委員会での私の質問に対して会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 外務委員会 第6号(1985/04/10、37期)

きょうは、短時間でありますので、IAEAの問題に絞って質問をしたいと思います。IAEAが、原子力の平和利用の促進と軍事化転用を防止する機能を果たしていることは言うまでもありませんけれども、問題の一つ…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 外務委員会 第8号(1985/04/19、37期)

私は、SAR条約について、それに関連する質問をしてみたいと思います。先ほどから海上保安庁とシーレーン防衛とのかかわりについては、何人かの質問がありました。その上に立って御質問をいたします。会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 外務委員会 第10号(1985/05/10、37期)

私は、ボン・サミットに関連して、SDIの問題を中心に質問したいと思います。ただいまも質問がありましたが、中曽根総理はボン・サミットで、レーガン大統領にSDIの五条件を述べられたわけです。これは新聞に…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 外務委員会 第12号(1985/05/15、37期)

米州投資公社協定に関して、引き続き質問いたします。本協定は、先ほどから質問もありましたが、各国一票じゃない、投資シェアによって投票権が決まっている。これでは出資額の多い国が発言力を強くするのは当然で…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 外務委員会 第16号(1985/05/29、37期)

ことしは国連婦人の十年の最終年ですね。明治以来男女差別が非常に色濃く残っていました日本で、あらゆる形態の男女差別を撤廃する、そういう本条約が批准されるということは非常に大きな意義を持っていると思うので…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 外務委員会 第19号(1985/06/07、37期)

郵便関係五条約について、まず基本的な問題からお聞きしたいと思うのです。UPUには百六十八カ国が参加していまして、これは国連参加国よりか多い、その果たしている役割は非常に大きいと思うのです。そこで、安…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 外務委員会 第20号(1985/06/19、37期)

私は、まず、五月二十二日にアメリカ国務省が公開をしました、一九五二年から五四年までの外交文書について質問をいたします。その中には当然日米行政協定をめぐる交渉の経過、その文書があるわけでございますけれ…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 予算委員会 第13号(1985/02/19、37期)

私はまず、日本が国是としている非核三原則の問題について総理の認識をお聞きしたいと思います。先ほどから総理は、非核三原則は安保条約の運用に関する問題であるというふうにおっしゃいました。私はむしろこれが…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 外務委員会 第1号(1985/11/08、37期)

中曽根内閣の外交姿勢について二、三質問いたします。最初はSDIです。九月三十日から五日間、政府の調査団がこのSDI問題でアメリカに派遣されました。四月にもアメリカの方から専門家チームが来て説明をした…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 外務委員会 第3号(1985/12/06、37期)

ことしは被爆四十年で、私はほとんど毎回のように核兵器問題を取り上げて質問をしてまいりましたが、今回は核兵器と国際法の問題について、最初に質問したいと思うのです。政府は、昨年秋の第三十九回国連総会に、…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 外務委員会 第4号(1985/12/13、37期)

いろいろ述べられていますけれども、要するに安保条約そのものの手、自由な発動を縛っているわけでしょう。そういう点では、安保条約を拘束する一つの規範じゃありませんか。国是というのは、そういう重みを持ってい…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 外務委員会 第4号(1986/02/26、37期)

決起したフィリピン民衆の反独占、民主化の闘いを、私も感動をもって注目した一人でございます。けさの報道によりますと、マルコス王朝の崩壊とか独裁者去るとか、大見出しで書いてありました。ところで政府は、こ…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 外務委員会 第7号(1986/04/09、37期)

本日の委員会は、フィリピンのマルコス疑惑そして日本の対外経済援助問題等について、集中的に質疑が交わされました。私、ずっと注意深く聞いてまいりましたが、どうもすっきりしない点が幾つかございます。端的にお…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 外務委員会 第8号(1986/04/11、37期)

本条約の提案理由の説明によりますと、「この条約の締結によって日ソ間の二重課税が回避されることにより、両国間の経済活動の円滑化が図られ、また、両国間の交流が促進されるものと期待されます。」このようになっ…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 外務委員会 第11号(1986/05/07、37期)

今回のサミットというのは、国際平和年に開かれたという点で特色がありますし、また被爆国日本で、そして日本が議長国になって行われたという点でも大きな特色があろうと思うのです。国際平和年の宣言には「核の脅威…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 外務委員会 第12号(1986/05/09、37期)

日中原子力協定を見る場合、最も懸念するのは安全性の問題です。けさのニュースによりますと、ソ連の原発事故からオランダは二基ないし四基計画していた原発を凍結するという話だし、ユーゴも無期延期だということで…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 外務委員会 第14号(1986/05/16、37期)

SDIの研究参加問題で既に二回の関係閣僚会議が開かれて、ただいま検討中という御答弁でございました。次回は参議院選挙後だと承っていますが、そこで最終判断をなさることがあり得るのか、また、総理の在任中に、…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 予算委員会 第15号(1986/02/22、37期)

まず、シーレーン防衛の問題について質問いたします。一九八三年三月からシーレーン防衛の共同作戦計画が日米政府間で進められてきたわけですけれども、報道によりますと、この秋に結論を得るということなんですね…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(37期)

37期質問主意書 - 38期質問主意書

質問主意書提出数

 37期(1983/12/18〜)  4本提出

質問主意書一覧

米空母艦載機夜間離着陸訓練基地化問題に関する質問主意書
第101回国会 衆議院 質問主意書 第32号(1984/07/12提出、37期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

三宅飛行場における米軍機のタッチ・アンド・ゴー飛行に関する質問主意書
第102回国会 衆議院 質問主意書 第7号(1984/12/18提出、37期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

米軍車両等輸送艦「メテオ」の横浜ノースドック入港に関する質問主意書
第102回国会 衆議院 質問主意書 第16号(1985/02/21提出、37期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

米空母艦載機夜間離着陸訓練基地建設構想に関する質問主意書
第103回国会 衆議院 質問主意書 第2号(1985/10/24提出、37期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)


■ページ上部へ




在籍期:37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22