富塚三夫衆議院議員 37期国会活動まとめ



在籍期:37期(1983/12/18-) - 39期(1990/02/18-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ

衆議院本会議(37期)

37期本会議 - 39期本会議

本会議発言統計

 第101回国会(特別:1983/12/26-1984/08/08)  0回発言      0文字発言
 第102回国会(通常:1984/12/01-1985/06/25)  1回発言   4721文字発言
 第103回国会(臨時:1985/10/14-1985/12/21)  0回発言      0文字発言
 第104回国会(通常:1985/12/24-1986/05/22)  1回発言   4468文字発言
 第105回国会(臨時:1986/06/02-1986/06/02)  0回発言      0文字発言

       37期通算   (1983/12/18-1986/07/05)  2回発言   9189文字発言

本会議発言一覧

第102回国会 衆議院 本会議 第37号(1985/06/18、37期)

私は、日本社会党・護憲共同を代表いたしまして、ただいま趣旨説明のありました国家公務員、地方公務員等の共済年金法改正案に対しまして、総理及び関係大臣に御質問を申し上げます。この法案は、さきの国民年金法の改正に次いで、年金の一元化に向け、明年四月以降改正しようというものですが、共済年金制度は歴史が長く、………会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 本会議 第27号(1986/05/09、37期)

私は、日本社会党・護憲共同を代表いたしまして、ただいま議題となりました国鉄改革諸法案についての基本問題、また、清算事業団法等にかかわる問題点について、吉原議員に続きまして総理及び関係大臣に質問をいたします。まず第一は、中曽根内閣はなぜ短兵急に国鉄改革を急ごうとするのか、なぜ一挙に分割・民営化に移行し………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(37期)

37期委員会 - 39期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第101回国会 16回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 16)  6回発言  50418文字発言
第102回国会 16回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 16)  4回発言  21509文字発言
第103回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  2回発言  10072文字発言
第104回国会 16回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 16)  4回発言  34531文字発言

  37期通算  52回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 52) 16回発言 116530文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

運輸委員会
            41回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 41)  13回発言 106284文字発言

災害対策特別委員会
            10回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 10)   2回発言   6621文字発言

予算委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   1回発言   3625文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第101回国会 衆議院 運輸委員会 第2号(1984/03/09、37期)

私は、主として大臣の所信表明について、その考え方についてまず冒頭に御質問いたしたいと思うのですが、私も昭和十八年、満十四歳で国鉄に入ってから四十年ぐらい国鉄にかかわっていますから、だれよりも国鉄の問題…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 運輸委員会 第5号(1984/04/17、37期)

私は最初に、いわゆる福島交通小針社長を中心とする疑惑事件の問題について、この委員会では初めてだと思うのですが、大臣の見解をお尋ねをしておきたいというふうに思います。私の手元に昭和四十年七月二十九日の…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 運輸委員会 第9号(1984/05/09、37期)

私は、国鉄問題に関連をする、とりわけ国鉄改革に対する対応について御質問をいたしたいと思います。まず第一に、ごく最近ですが、国鉄監理委員会がこういうパンフレットを実は出されたわけです。「もう走り出して…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 運輸委員会 第12号(1984/06/22、37期)

大詰めに来ておりますこの事業法の改正について、私は主として雇用問題についてお尋ねをいたしたいというふうに思います。輸送革新という港湾の合理化によって、港湾労働者に与える影響、すなわち約十年間のうちに…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 運輸委員会 第13号(1984/06/27、37期)

私は、国鉄総裁に対しまして、まず去る六月二十一日でしたか、日本記者クラブにおける講演の中で、国鉄経営の分割・民営を支持するという発言が大々的に実は取り上げられておりました。仁杉総裁は、高木総裁から引き…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 運輸委員会 第17号(1984/07/25、37期)

きょうは監理委員会の亀井委員長に御足労をいただきまして、お忙しいところありがとうございました。国鉄再建問題で大変お骨折りを願っているわけですが、この衆議院の運輸委員会には初めて参考人として御出席をい…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 運輸委員会 第1号(1984/12/21、37期)

おはようございます。新しい運輸大臣、山下運輸大臣から所信の表明がありましたが、大臣に就任されて早々の談話の中で、国鉄問題について分割・民営を支持する、そういう発言をなさっていることについて新聞で拝見…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 運輸委員会 第12号(1985/06/07、37期)

毎日、新聞を見ていますと、本州を四つに割るとか三つに割るとか、あるいは二つに割るとか、毎日いろんな、新聞によって違ったりしているのですが、実はさきの予算委員会の際にも亀井先生にお願いしたのですが、一体…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 運輸委員会 第14号(1985/08/20、37期)

山下運輸大臣の努力にもかかわらず、三光汽船、会社更生法の適用を申請された。世界屈指のタンカー運航会社が倒産をした。実質債務は一兆円と言われる超大型倒産である。御案内のように、心配されますのは連鎖倒産あ…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 予算委員会 第17号(1985/02/23、37期)

ただいま岡田委員が質問されたことと関連をいたしまして、実はテレビ放送だけではなくて、ある新聞には、北海道、九州、四国分割後の穴埋めに一兆円の基金を考えておられるとか、あるいはある雑誌には、余剰人員の転…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 運輸委員会 第1号(1985/11/14、37期)

第一に、国鉄幹部の汚職問題についてちょっと御質問をいたしたいと思います。十一月六日に、東京北局の事業部長の田宮氏が逮捕されたということが明らかにされています。その犯罪の疑いは、事業部長と広告会社社長…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 災害対策特別委員会 第2号(1985/12/06、37期)

私は、大地震、とりわけ東海大地震が予測されるということで、政府がどのように対処してくれるのか、こういったことを中心にいたしまして御質問をさせていただきたいというふうに思います。地元の新聞にも大きく出…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 運輸委員会 第4号(1986/03/05、37期)

私は、主として国鉄問題につきまして、既に政府案が準備されておりますが、分割・民営化というのはどういうイメージになるのかということについて非常に国民がわかりにくいと実は思っています。特に中曽根総理大臣の…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 運輸委員会 第6号(1986/03/28、37期)

私は二つの観点から御質問をいたしまして、できるだけ審議に協力いたしまして、早く終わるなら一時間にこだわるつもりはありません。ポイントだけ明確にしていただければ幸いだと思います。一つは運賃コスト、こう…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 運輸委員会 第11号(1986/04/18、37期)

私は主として労使関係の問題についてお尋ねをいたしたいと思いますが、きょうはまた公労委の会長の堀先生に御多用のところ御出席いただきましてありがとうございました。厚く御礼申し上げます。その前に、運輸大臣…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 災害対策特別委員会 第5号(1986/04/25、37期)

私はちょうど神奈川県の小田原に住んでおりまして、東海、相模湾の大地震が起きるということが連日報道されたり、いろいろな問題意識を持って市民の皆さんは非常に心配をしているわけであります。きょうまた改めて…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(37期)

37期質問主意書 - 39期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ

■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ



在籍期:37期(1983/12/18-) - 39期(1990/02/18-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員
データ更新日:2019/03/12