小沢克介衆議院議員 37期国会活動まとめ



在籍期:37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ

衆議院本会議(37期)

37期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議

本会議発言統計

 第101回国会(特別:1983/12/26-1984/08/08)  1回発言   2529文字発言
 第102回国会(通常:1984/12/01-1985/06/25)  0回発言      0文字発言
 第103回国会(臨時:1985/10/14-1985/12/21)  0回発言      0文字発言
 第104回国会(通常:1985/12/24-1986/05/22)  2回発言   3444文字発言
 第105回国会(臨時:1986/06/02-1986/06/02)  0回発言      0文字発言

       37期通算   (1983/12/18-1986/07/05)  3回発言   5973文字発言

本会議発言一覧

第101回国会 衆議院 本会議 第24号(1984/05/10、37期)

私は、日本社会党・護憲共同を代表して、ただいま議題になりました日本原子力研究所法の一部を改正する法律案について、反対の意見を述べるものです。以下、反対とする理由の要点を申し述べます。会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 本会議 第23号(1986/04/22、37期)

私は、日本社会党・護憲共同を代表して、ただいま報告のありました研究交流促進法案に反対の討論をいたすものであります。そもそも科学技術の研究交流は、人類の平和と福祉の向上のためにこそ促進されるべきものであって、軍事目的の研究交流は国際的にも国内的にもむしろ抑止することこそが、平和憲法を持つ日本の義務でも………会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 本会議 第27号(1986/05/09、37期)

私は、日本社会党・護憲共同を代表して、ただいま御報告のありました核原料物質、核燃料物質及び原子炉の規制に関する法律の一部を改正する法律案に対し、反対の討論を行うものであります。(拍手)反対する理由の第一は、本法案が放射性廃棄物について発生者責任の原則を放棄していることにあります。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(37期)

37期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第101回国会 39回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 39) 13回発言  77090文字発言
第102回国会 36回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 36) 12回発言  90494文字発言
第103回国会  6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  6)  2回発言   9061文字発言
第104回国会 31回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 14 委員 17) 11回発言  78403文字発言

  37期通算 112回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 14 委員 98) 38回発言 255048文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

法務委員会
            52回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 52)  15回発言 125477文字発言

科学技術委員会
            45回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 14 委員 31)  21回発言 112267文字発言

災害対策特別委員会
             5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)   0回発言      0文字発言

内閣委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)   0回発言      0文字発言

商工委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)   0回発言      0文字発言

建設委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   0回発言      0文字発言

予算委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   1回発言   5378文字発言

公職選挙法改正に関する調査特別委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   0回発言      0文字発言

大蔵委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   0回発言      0文字発言

社会労働委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   1回発言  11926文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

科学技術委員会理事(第104回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第101回国会 衆議院 科学技術委員会 第6号(1984/03/27、37期)

長官は、せんだっての所信表明におきまして、原子力安全規制行政の充実を図る、こういうふうにおっしゃっていますが、所信表明におきますこのくだりは、前後の関係からいたしまして原子力発電を念頭に置いての御所信…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 科学技術委員会 第9号(1984/04/12、37期)

三月二十七日の当委員会における、日本アイソトープ協会の岩手県滝沢村におけるラジオメディカルセンターに関してお籍ねいたしたいと思います。その前に、きょうは日本アイソトープ協会から参考人お二方おいでいた…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 科学技術委員会 第12号(1984/04/24、37期)

政府提出の方の改正法案について伺いますが、この附則の第二条によりますと、この法律施行と同時に原子力船研究開発事業団の方は解散するものとし、「その一切の権利及び義務は、その時において日本原子力研究所が承…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 科学技術委員会 第16号(1984/06/28、37期)

二点お願いをいたします。一つは、最も基本的なことなのですが、お話を伺っていますと、主として重金属が資源として着目されているようですが、陸上に賦存するものであれば何も苦労して海底まで行く必要はないわけ…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 科学技術委員会 第17号(1984/07/03、37期)

残り時間わずかでございますので、二、三点だけお尋ねいたします。その前に、参考人におかれましては、お忙しい中を大変御苦労さまでございます。会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 科学技術委員会 第20号(1984/07/17、37期)

「むつ」に関連して、引き続いてお尋ねいたします。まず先般、六月の二日から十七日というふうに聞いておりますが、科技庁の石渡事務次官が海外御出張のようでございますが、これはどういう目的で行かれたのでしょ…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 科学技術委員会 第21号(1984/07/26、37期)

時間が余りございませんので一点だけお尋ねしたいのですが、本日のお話はどちらかというと産業用のロボットのお話だったと思うのですが、私は生活用ロボットといいますか、むしろ福祉ロボットというのでしょうか、そ…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 科学技術委員会 第22号(1984/08/02、37期)

最近、核燃料サイクル確立が叫ばれ、電力業界を中心にいわゆる三点セットを下北につくろうというような動きが目立っておりますが、その是非はともかくといたしまして、この際、長官御自身から、原子炉も含めまして各…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 法務委員会 第3号(1984/03/02、37期)

せんだって伺いました大臣の所信表明に関しまして若干お尋ねをいたしたいと思います。大臣は所信の中で「国民の基本的人権の保障をより確かなものとするため、基本的人権が侵されることのないよう万全を期する」、…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 法務委員会 第4号(1984/03/09、37期)

裁判所職員定員法の一部を改正する法律案に関して、天野委員に続いて若干お尋ねいたします。まず、判事の増員を求める理由について、提案理由説明で一応の説明はございますが、より具体的に御説明をいただきたいと…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 法務委員会 第6号(1984/04/04、37期)

去る三月二日の当委員会におきまして、私が精神障害者の人権擁護の観点からいろいろお尋ねをいたしまして、特に精神障害を理由に拘禁をされている者について救済手続に欠けるのではないか、とりわけ国際人権規約B規…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 法務委員会 第10号(1984/04/17、37期)

国籍法及び戸籍法の一部を改正する法律案につきまして順次お尋ねいたします。まず最初に、国籍法改正案、新国籍法の第三条の準正による国籍の取得でございますが、ここで準正、すなわち嫡出性を要件としているのは…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 法務委員会 第15号(1984/08/01、37期)

法務省にお尋ねしたいのですけれども、民法上の公益法人、民法三十四条に要件が決めてあるのですが、これによりますと、公益性と非営利性ということが要件になっておりますが、これは現時点での解釈基準はどのように…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 科学技術委員会 第3号(1985/03/19、37期)

SDIなんですけれども、聞くところによればエネルギー源として核爆発を使うというように聞いておりますが。それからあと二点。レーザーによるウラン濃縮、それからレーザー核融合、この二つについて原理的な可能…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 科学技術委員会 第4号(1985/03/26、37期)

最初に大臣に伺います。昨年の七月三十一日に当時の岩動前長官が原子力委員会の核燃料サイクル推進会議において放射性廃棄物についての法的整備を図る、こういうふうに発言したと伝えられておりますが、今国会にお…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 科学技術委員会 第5号(1985/04/04、37期)

二点お願いしたいのですが、一つは、シャノン以来の情報理論の中でエントロピーの概念を導入したわけですけれども、これに…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 科学技術委員会 第10号(1985/06/20、37期)

本年の四月十八日に原子燃料サイクル施設の立地への協力に関する基本協定書というのが関係当事者間で結ばれた、このように新聞等で報道されております。これについては科学技術庁としては、あるいはこれは通産省にも…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 社会労働委員会 第18号(1985/04/23、37期)

私は、日常は法務委員会及び科学技術委員会に属するものでございますが、本日は特にお許しを得ましたので、当委員会において労働者派遣事業法に関連いたしまして、原子力発電所で働く労働者の方々の労働の実態と政府…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 法務委員会 第4号(1985/02/22、37期)

裁判所職員定員法の一部を改正する法律案について若干お尋ねいたします。配付いただきました資料によりますと、裁判官のうち判事ですけれども、判事の増員九名。これが、地方裁判所における民事執行法に基づく執行…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 法務委員会 第9号(1985/03/29、37期)

電子情報処理組織による登記事務処理の円滑化のための措置等に関する法律案に関しまして若干お尋ねをいたします。この法案を見ますと、多少耳なれない言葉が出ておりまして、かつそれについての定義規定が特に設け…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 法務委員会 第13号(1985/04/10、37期)

最初に、検察当局にお尋ねいたしますが、いわゆる直告事件というのでしょうか、直告事件に限らず告訴事件でございますが、これの処理状況、特にその処理機関についてお尋ねをしたいと思います。「公判法大系」とい…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 法務委員会 第14号(1985/04/12、37期)

司法書士法及び土地家屋調査士法の一部を改正する法律案に関して若干法務当局に伺いたいと思います。その前に、煩雑ですので、両法案が非常にパラレルな構造になっているようにお見受けしました会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 法務委員会 第16号(1985/04/17、37期)

私は、この衆議院に議席を得て初の委員会の質問におきまして、さきの百一国会の当委員会におきまして、精神障害者の人権の保障の問題を取り上げさせていただきました。それ以後、予算委員会の分科会であるとかあるい…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 法務委員会 第19号(1985/05/17、37期)

証人等の被害についての給付に関する法律の一部を改正する法律案について若干お尋ねしたいと思うのですが、その前に、きょう午前中の横山委員の質疑を聞いておりまして、いろいろな問題点があろうかと思いますので、…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 法務委員会 第21号(1985/06/05、37期)

最初に、昨年の一〇一国会におきまして、当委員会において当委員が徳島新聞社、これは商業新聞として全国唯一の公益法人になっているわけでございますが、この公益法人の監督官庁はどちらであるかお尋ねしたところ、…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 科学技術委員会 第1号(1985/11/28、37期)

ただいま五十嵐委員が質問されておりました貯蔵工学センターについてお尋ねいたします。先般行われました調査でございますが、これは動燃事業団法のどの条項といいますか、根拠に基づいて行われたのでしょうか。会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 法務委員会 第4号(1985/12/11、37期)

ここのところいろいろと問題の起こっております外国人登録法の運用の状況についてお尋ねをいたしたいと思いますが、それに先立ちましてまず大臣に、最も基本のところでございます、この外国人登録法というよりはむし…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 科学技術委員会 第6号(1986/04/08、37期)

高速増殖炉の開発問題等について、通産当局あるいはまた科学技術庁から順を追ってお尋ねしたいと思いますが、その前に、何か最近通産省の方で二十一世紀ビジョン研究会ですか、ちょっと正式な名称かどうかわかりませ…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 科学技術委員会 第7号(1986/04/10、37期)

本法案の審議に先立ちまして、本法案のような法案が提出されたということの意味合いに関連いたしまして、大臣に最初にお伺いしたいのですが、科学技術庁といいますと、とかく原子力庁というようなふうに受けとめられ…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 科学技術委員会 第9号(1986/04/17、37期)

研究交流促進法案について御質問いたします。我が会派の他の委員がまだ質問できてない方がいるわけでございますが、御都合がつかないということで、私、以前に質問の機会を与えられているにもかかわらず、いま一度…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 科学技術委員会 第10号(1986/04/18、37期)

ただいま科学技術庁当局から大変明快な御見解をいただきましたので、これをもって昨日問題になった点に関しましては了解いたしたいと思います。そういたしますと、今の三つ目のところで極めて明快になったわけでご…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 科学技術委員会 第11号(1986/04/22、37期)

原子炉等規制法の改正案について、引き続いてお尋ねをいたしたいと思います。今も問題になっていたところでメモを出していただけるということのようですが、それに関連しまして、ちょっとこれはわかりにくいもので…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 科学技術委員会 第12号(1986/04/24、37期)

委員の小沢でございます。参考人各位には、まことにお忙しいところをありがとうございます。関委員の残された時間を含めて三十分強お尋ねしたいと思いますので、よろしくお願いいたします。まず、石橋参考人にお尋…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 科学技術委員会 第13号(1986/05/02、37期)

ソビエトのチェルノブイル原子力発電所の事故に関連いたしまして、若干お尋ねいたしたいと思います。いろいろなことが報道されておりまして、しかしソビエト当局からの公式発表が極めて簡単であるという状況下で、…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 科学技術委員会 第15号(1986/05/08、37期)

再度質問の機会を与えていただきましたことを感謝いたします。冒頭に、さきに八木委員の方から問題提起がありまして、政令への委任事項が極めて多いということでその内容を文書で明らかにしてほしい旨の要求があり…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 法務委員会 第2号(1986/02/25、37期)

新しい大臣に最初にお尋ねをいたします。やや唐突な感じがあるかもしれませんけれども、ごく一般論でございますので、ぜひお答え願いたいと思います。私は、この日本に生まれ、日本民族に属すること、あるいは国家…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 法務委員会 第8号(1986/04/18、37期)

本日は、本来は外国弁護士による法律事務の取扱いに関する特別措置法についての審議でございますが、いわゆる撚糸工連事件の捜査が急進展をしているようでございますので、緊急に冒頭に若干この関係について委員長の…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 予算委員会 第15号(1986/02/22、37期)

有害な廃棄物についての処理処分の基本的な方針について、まず最初に環境庁長官に伺おうと思いますが、その前に、言葉の意味を少し整理してから議論した方が生産的だろうと思いますので、環境庁当局にまず言葉の意味…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(37期)

37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書

質問主意書提出数

 37期(1983/12/18〜)  1本提出

質問主意書一覧

放射性廃棄物の処理・処分等に関する質問主意書
第102回国会 衆議院 質問主意書 第35号(1985/05/24提出、37期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)


■ページ上部へ

■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ



在籍期:37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員
データ更新日:2019/03/12