武藤嘉文衆議院議員 39期国会活動まとめ



在籍期:31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-) - 43期(2003/11/09-)
39期在籍の他の議員はこちら→39期衆議院統計 39期衆議院議員


衆議院本会議(39期)

31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議 - 40期本会議 - 41期本会議 - 42期本会議 - 43期本会議

本会議発言統計

 第118回国会(特別:1990/02/27-1990/06/26)  3回発言   1102文字発言
 第119回国会(臨時:1990/10/12-1990/11/10)  2回発言    851文字発言
 第120回国会(通常:1990/12/10-1991/05/08)  0回発言      0文字発言
 第121回国会(臨時:1991/08/05-1991/10/04)  0回発言      0文字発言
 第122回国会(臨時:1991/11/05-1991/12/21)  0回発言      0文字発言
 第123回国会(通常:1992/01/24-1992/06/21)  0回発言      0文字発言
 第124回国会(臨時:1992/08/07-1992/08/11)  0回発言      0文字発言
 第125回国会(臨時:1992/10/30-1992/12/10)  0回発言      0文字発言
 第126回国会(通常:1993/01/22-1993/06/18)  9回発言  14539文字発言

       39期通算   (1990/02/18-1993/07/17) 14回発言  16492文字発言

本会議発言一覧

第118回国会 衆議院 本会議 第6号(1990/03/22、39期)

富塚先生からは、輸入促進税制に八百七十億という減税予定があるけれども、それの裏づけとなる細かい数字を示せ、こういう御指摘でございます。実際問題といたしまして、まだこれからやることでございますし、また、この輸入促進税制だけではなく、今回千四品目にわたる関税の引き下げ、撤廃も考えておりますし、また輸入拡………会議録へ(外部リンク)

第118回国会 衆議院 本会議 第13号(1990/04/19、39期)

お答えいたします。今回の日米構造協議におきまして、大店法につきまして規制緩和をすることにいたしておりますけれども、これは国だけではいけない、今自治大臣からも御答弁がありましたように、地方自治体会議録へ(外部リンク)

第118回国会 衆議院 本会議 第16号(1990/05/17、39期)

私の方からは、二点についてお答えをさせていただきます。まず、プルトニウム利用の経済性でございますけれども、プルトニウム利用の経済性については、天然ウランの価格や回収されるウラン及びプルトニウムの利用方法などいろいろの要因に左右されるものでございまして、一概に申し上げることはなかなか困難でございますが………会議録へ(外部リンク)

第119回国会 衆議院 本会議 第3号(1990/10/17、39期)

大内委員長にお答えをいたします。ベーカー国務長官との間でいろいろお話をいたしましたが、ウルグアイ・ラウンドにつきましては、何としてもこれはこれからの二十一世紀に向かって世界経済、世界貿易のためには成功させなきゃいけない、こういうことで意見の一致を見ました。それに加えて、この七月にシンガポールにおきま………会議録へ(外部リンク)

第119回国会 衆議院 本会議 第4号(1990/10/18、39期)

私に対する御質問は、万が一にも武力の行使が行われたときには、日本のエネルギーに対してどういう影響があるか、こういう御質問であったと思います。日本は、御承知のとおりエネルギー源の約五七%を石油に依存をいたしておりますし、その石油の約七割を中東地域に依存いたしておるわけでございますから、万が一にも中東地………会議録へ(外部リンク)

第126回国会 衆議院 本会議 第18号(1993/04/09、39期)

佐々木議員にお答えをいたします。ウルグアイ・ラウンドにおける農業交渉における対応について御質問でございます。会議録へ(外部リンク)

第126回国会 衆議院 本会議 第21号(1993/04/20、39期)

時崎議員にお答えをいたします。我が国は、国際社会の中に占める我が国の地位にふさわしい貢献が期待されておると思います。これからも、我が国といたしましては、今まで同様、積極的に環境協力に貢献をしていきたいと存じております。(拍手)会議録へ(外部リンク)

第126回国会 衆議院 本会議 第22号(1993/04/22、39期)

児童の権利に関する条約の締結について承認を求めるの件につきまして、趣旨の御説明を申し上げます。この条約は、平成元年の国連総会において採択されたものであり、児童の権利の尊重及び保護の促進を目的とするものであります。会議録へ(外部リンク)

第126回国会 衆議院 本会議 第23号(1993/04/27、39期)

江口議員にお答えをいたします。今たまたま総理から、外務大臣時代の経験をお話をいただきました。会議録へ(外部リンク)

第126回国会 衆議院 本会議 第24号(1993/04/28、39期)

佐藤議員にお答えをいたします。私からは、まず、モザンビークヘの要員派遣に関連して支援体制をどうとっていくのかということでございます。会議録へ(外部リンク)

第126回国会 衆議院 本会議 第25号(1993/05/11、39期)

鉢呂議員にお答えをいたします。たまたまテレビで私が、ウルグアイ・ラウンド交渉に関しまして、米だけでいいのか、米以外の農産物も含めてやらなければいけないのか、米だけであればそれなりのやり方がある、しかし、いずれにしても農業関係の皆さんとよく話を聞いてみたい、こういうことを私は申し上げました。その後、農………会議録へ(外部リンク)

第126回国会 衆議院 本会議 第26号(1993/05/13、39期)

遠藤議員にお答えをいたします。私に対しましては、外交努力についての御指摘であったと存じます。会議録へ(外部リンク)

第126回国会 衆議院 本会議 第27号(1993/05/18、39期)

松浦議員にお答えをいたします。私の関係はもうほとんど総理から御答弁がございましたけれども、NPTに関係をいたしまして、東京サミットではどうするかということと、北朝鮮に対することだと思います。会議録へ(外部リンク)

第126回国会 衆議院 本会議 第28号(1993/05/20、39期)

お答えをいたします。第一点は、海外の国に対してODAをした場合のその検査について、相手国に対して検査権限が及ばない、これは今総理から御答弁があったとおりでございます。そこで、私どもといたしましては、援助案件につきましても、現場に赴いて視察を会計検査院に実施をしていただいております。会計検査院の視察に………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(39期)

31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会 - 40期委員会 - 41期委員会 - 42期委員会 - 43期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第120回国会  5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)  0回発言      0文字発言
第123回国会  7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  7)  1回発言  21301文字発言
第126回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

  39期通算  13回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 13)  1回発言  21301文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 商工委員会
             7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  7)  0回発言      0文字発言

 逓信委員会
             4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  0回発言      0文字発言

 予算委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言  21301文字発言

 地方行政委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第123回国会 衆議院 予算委員会 第2号(1992/02/03、39期)

私は、自由民主党を代表させていただきまして、主に総理並びに関係大臣に御質問させていただきたいと思います。いずれにしても、総理、大変な強行日程で国連の安全保障理事会の初めてのサミット、御出席御苦労さん…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(39期)

31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書 - 40期質問主意書 - 41期質問主意書 - 42期質問主意書 - 43期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-) - 43期(2003/11/09-)
39期在籍の他の議員はこちら→39期衆議院統計 39期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22