村田敬次郎衆議院議員 39期国会活動まとめ



在籍期:32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-)
39期在籍の他の議員はこちら→39期衆議院統計 39期衆議院議員


衆議院本会議(39期)

32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議 - 40期本会議 - 41期本会議

本会議発言統計

 第118回国会(特別:1990/02/27-1990/06/26)  0回発言      0文字発言
 第119回国会(臨時:1990/10/12-1990/11/10)  0回発言      0文字発言
 第120回国会(通常:1990/12/10-1991/05/08)  0回発言      0文字発言
 第121回国会(臨時:1991/08/05-1991/10/04)  0回発言      0文字発言
 第122回国会(臨時:1991/11/05-1991/12/21)  0回発言      0文字発言
 第123回国会(通常:1992/01/24-1992/06/21)  0回発言      0文字発言
 第124回国会(臨時:1992/08/07-1992/08/11)  0回発言      0文字発言
 第125回国会(臨時:1992/10/30-1992/12/10)  1回発言    871文字発言
 第126回国会(通常:1993/01/22-1993/06/18)  9回発言  10788文字発言

       39期通算   (1990/02/18-1993/07/17) 10回発言  11659文字発言

本会議発言一覧

第125回国会 衆議院 本会議 第5号(1992/12/01、39期)

ただいま議題となりました国会等の移転に関する法律案につきまして、国会等の移転に関する特別委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。本案は、政治、経済、文化等の中枢機能が東京圏に過度に集中したことにより、人口の過密、地価の高騰、生活環境の悪化、大規模災害時における危険の増大等の問題が深刻化………会議録へ(外部リンク)

第126回国会 衆議院 本会議 第5号(1993/02/16、39期)

常松議員の御質問のうち、地方財政に関する部分について私よりお答え申し上げます。全般にわたって総理また大蔵大臣からお話がございました。会議録へ(外部リンク)

第126回国会 衆議院 本会議 第7号(1993/02/25、39期)

平成五年度の地方財政計画の概要並びに地方税法等の一部を改正する法律案及び地方交付税法等の一部を改正する法律案の趣旨について御説明申し上げます。平成五年度の地方財政につきましては、最近における経済情勢の推移と地方財政の現状にかんがみ、おおむね国と同一の基調により、歳入面においては、地方税負担の公平適正………会議録へ(外部リンク)

第126回国会 衆議院 本会議 第18号(1993/04/09、39期)

倉田議員の御質問にお答えします。御指摘のように、中山間地域は地理的条件が悪く、人口の減少や高齢化の進展等により地域活力の低下が懸念されておりまして、こうした地域の活性化を図ることは極めて重要な課題であると認識しております。会議録へ(外部リンク)

第126回国会 衆議院 本会議 第20号(1993/04/14、39期)

草川議員の、新しい選挙制度についての準備期間の御質問にお答え申し上げます。法案が成立した場合の新たな制度の実施については、準備が整い次第、できるだけ速やかに実施することが望ましいと考えております。会議録へ(外部リンク)

第126回国会 衆議院 本会議 第21号(1993/04/20、39期)

高木議員の御質問のうち、環境アセスメント条例の制定についてお答えします。環境影響評価、いわゆる環境アセスメント制度につきましては、総理もお触れになられましたように、既に広く地方公共団体で実施をされており、現在までに都道府県、政令指定都市について見ましても、三都道県及び一政令指定都市で条例が制定をされ………会議録へ(外部リンク)

第126回国会 衆議院 本会議 第26号(1993/05/13、39期)

私は、宮沢総理の命によりまして、今回カンボジアを訪問し、厳しい治安状況の中で常に身の危険を感じながら勤務しております文民警察官の実情を強く認識したところでございます。政府としては、これを踏まえ、我が国の要員を含むすべてのUNTACの要員について、警護の強化等を申し入れるとともに、特に文民警察要員につ………会議録へ(外部リンク)

第126回国会 衆議院 本会議 第27号(1993/05/18、39期)

正森議員の御質問のうち、地方財政に関するものについてお答えいたします。今回の経済対策においては、さまざまな分野に幅広く社会資本の整備を行うことが要請されております。このため、文化会館や博物館などの各種施設の大規模改造や、高齢者、障害者に優しい町づくり、さらには、情報化に対応した行政機関や学校、試験研………会議録へ(外部リンク)

第126回国会 衆議院 本会議 第30号(1993/06/03、39期)

ただいまの地方分権の推進に関する決議に対しまして所信を申し述べます。一極集中を是正して国土の均衡ある発展を図り、生活大国をつくり上げていくために、また、二十一世紀の我が国のグランドデザインを考えるに際しましても、現在議論されている政治改革、国会等移転にあわせ、地方分権のより一層の推進が必要であると考………会議録へ(外部リンク)

第126回国会 衆議院 本会議 第32号(1993/06/08、39期)

行政手続法案等についての山中議員の御質問についてお答え申し上げます。まず、行政書士制度につきましては、自治省としても、行政書士法の趣旨にのっとり、これまでもその適正な運営に努めているところでありますが、今後とも御意見の趣旨を踏まえて、行政書士制度の充実等に向けて検討をしてまいりたいと考えております。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(39期)

32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会 - 40期委員会 - 41期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第118回国会 16回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 16)  0回発言      0文字発言
第120回国会 22回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 22)  0回発言      0文字発言
第121回国会  5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  4 委員  1)  0回発言      0文字発言
第122回国会  6回出席(長  2 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  2)  0回発言      0文字発言
第123回国会 21回出席(長  8 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 13)  0回発言      0文字発言
第124回国会  2回出席(長  2 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  0)  0回発言      0文字発言
第125回国会 12回出席(長  4 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  8)  0回発言      0文字発言

  39期通算  84回出席(長 16 代理理事 0 代理 0 理事  6 委員 62)  0回発言      0文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 予算委員会
            62回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 62)  0回発言      0文字発言

 国会等の移転に関する特別委員会
            22回出席(長 16 代理理事 0 代理 0 理事  6 委員  0)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 国会等の移転に関する特別委員会委員長(第122回国会)
 国会等の移転に関する特別委員会委員長(第123回国会)
 国会等の移転に関する特別委員会委員長(第124回国会)
 国会等の移転に関する特別委員会委員長(第125回国会)

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 国会等の移転に関する特別委員会理事(第121回国会)
 国会等の移転に関する特別委員会理事(第122回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

 期間中、委員会での発言なし。
■ページ上部へ

衆議院質問主意書(39期)

32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書 - 40期質問主意書 - 41期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-)
39期在籍の他の議員はこちら→39期衆議院統計 39期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22