久間章生衆議院議員 41期国会活動まとめ



在籍期:36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-) - 43期(2003/11/09-) - 44期(2005/09/11-)
41期在籍の他の議員はこちら→41期衆議院統計 41期衆議院議員


衆議院本会議(41期)

36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議 - 40期本会議 - 41期本会議 - 42期本会議 - 43期本会議 - 44期本会議

本会議発言統計

 第138回国会(特別:1996/11/07-1996/11/12)  0回発言      0文字発言
 第139回国会(臨時:1996/11/29-1996/12/18)  1回発言    142文字発言
 第140回国会(通常:1997/01/20-1997/06/18)  3回発言   6593文字発言
 第141回国会(臨時:1997/09/29-1997/12/12)  1回発言   1717文字発言
 第142回国会(通常:1998/01/12-1998/06/18)  3回発言   4941文字発言
 第143回国会(臨時:1998/07/30-1998/10/16)  0回発言      0文字発言
 第144回国会(臨時:1998/11/27-1998/12/14)  0回発言      0文字発言
 第145回国会(通常:1999/01/19-1999/08/13)  1回発言   3215文字発言
 第146回国会(臨時:1999/10/29-1999/12/15)  0回発言      0文字発言
 第147回国会(通常:2000/01/20-2000/06/02)  0回発言      0文字発言

       41期通算   (1996/10/20-2000/06/24)  9回発言  16608文字発言

本会議発言一覧

第139回国会 衆議院 本会議 第2号(1996/12/02、41期)

対人地雷の全面禁止に向けた具体的方針についてのお尋ねですが、先ほど総理からお答え申し上げましたとおり、我が国は、本年六月に、対人地雷の全面禁止に向けた国際的な努力を支持するとともに、地雷の使用制限等に関する。一連の自主的措置を講ずる旨を表明いたしました。防衛庁としましても、我が国の平和と安全を守ると………会議録へ(外部リンク)

第140回国会 衆議院 本会議 第12号(1997/02/27、41期)

防衛庁設置法等の一部を改正する法律案について、その趣旨を御説明いたします。この法律案は、防衛庁設置法、自衛隊法及び防衛庁の職員の給与等に関する法律の一部改正を内容としております。会議録へ(外部リンク)

第140回国会 衆議院 本会議 第22号(1997/04/04、41期)

日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約第六条に基づく施設及び区域並びに日本国における合衆国軍隊の地位に関する協定の実施に伴う土地等の使用等に関する特別措置法の一部を改正する法律案について、その趣旨を御説明いたします。防衛庁といたしましては、我が国の安全に寄与し、並びに極東における国際………会議録へ(外部リンク)

第140回国会 衆議院 本会議 第32号(1997/05/08、41期)

有事法制についてのお尋ねですが、先ほど総理からも答弁がありましたように、我が国有事における自衛隊の行動にかかわる有事法制の研究につきましては当然必要なことであり、政府でも従来より研究をしてきたところであります。我が国の防衛を担当している防衛庁としては、研究にとどまらず、その結果に基づき法制が整備され………会議録へ(外部リンク)

第141回国会 衆議院 本会議 第16号(1997/12/02、41期)

東中議員の御質問にお答え申し上げます。まず初めに、普天間飛行場の代替海上ヘリポートについて私の名前でお出しした文書についてのお尋ねでございますが、当該文書は、自衛隊員に対し、防衛庁の所掌事務である普天間飛行場移設問題について、その経緯、重要性を改めて認識してもらうとともに、名護市民を初めとする国民の………会議録へ(外部リンク)

第142回国会 衆議院 本会議 第17号(1998/03/13、41期)

海上へリポートの建設について、GAO報告書のような具体的なデータを国会に提出すべきとのお尋ねでございますが、このGAOの報告書は、GAOの独自の調査に基づくものでありまして、政府としてコメントする立場にはございません。昨年十一月に地元に提示した海上へリポート基本案は、現地調査の結果及び米軍運用所要に………会議録へ(外部リンク)

第142回国会 衆議院 本会議 第18号(1998/03/17、41期)

防衛庁設置法等の一部を改正する法律案について、その趣旨を御説明いたします。この法律案は、防衛庁設置法、自衛隊法及び防衛庁の職員の給与等に関する法律の一部改正を内容としております。会議録へ(外部リンク)

第142回国会 衆議院 本会議 第34号(1998/04/30、41期)

石井議員の御質問にお答え申し上げます。まず、改正法案と新指針の対米協力等との関連についてですが、国際平和協力法は、同法附則第三条の規定に従い、平成七年八月以来、法の実施のあり方について見直しを行った結果、その改正案を先般国会に提出したものであり、新指針における対米協力等に適用するとの意図に基づくもの………会議録へ(外部リンク)

第145回国会 衆議院 本会議 第7号(1999/02/16、41期)

私は、自由民主党及び自由党を代表し、ただいま議題となりました予算委員長中山正暉君に対する解任決議案に対し、反対の討論を行うものであります。(拍手)平成十一年度予算は、十年度第三次補正予算と一体的、連続的にとらえた、いわゆる十五カ月予算という考え方に立ち編成され、その内容は、所得税、法人税等の減税や公………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(41期)

36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会 - 40期委員会 - 41期委員会 - 42期委員会 - 43期委員会 - 44期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第143回国会  7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  7 委員  0)  0回発言      0文字発言
第144回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  4 委員  0)  0回発言      0文字発言
第145回国会 28回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 23 委員  5)  0回発言      0文字発言
第146回国会  5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  5 委員  0)  0回発言      0文字発言
第147回国会 17回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 15 委員  2)  1回発言  11568文字発言

  41期通算  61回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 54 委員  7)  1回発言  11568文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 予算委員会
            54回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 54 委員  0)  1回発言  11568文字発言

 石炭対策特別委員会
             5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)  0回発言      0文字発言

 大蔵委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 予算委員会理事(第143回国会)
 予算委員会理事(第144回国会)
 予算委員会理事(第145回国会)
 予算委員会理事(第146回国会)
 予算委員会理事(第147回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第147回国会 衆議院 予算委員会 第2号(2000/02/03、41期)

補足して、二、三、具体的な例を述べながら質問をさせていただきたいと思います。ただ、非常に残念なのは、野党の皆さん方がこうして審議に出席しておられないことであります。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(41期)

36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書 - 40期質問主意書 - 41期質問主意書 - 42期質問主意書 - 43期質問主意書 - 44期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-) - 43期(2003/11/09-) - 44期(2005/09/11-)
41期在籍の他の議員はこちら→41期衆議院統計 41期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22