小松正雄 参議院議員
2期国会発言一覧

小松正雄[参]在籍期 : | 2期|- 3期
小松正雄[参]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは小松正雄参議院議員の2期(1950/06/04〜)における国会発言(質問、答弁等)をまとめています。国会活動の統計や役職、質問主意書の数や内容は2期国会活動統計で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

本会議発言一覧(参議院2期)

 期間中、参議院本会議での発言なし。
小松正雄[参]本会議発言(全期間)
| 2期|- 3期

■ページ上部へ

委員会発言一覧(参議院2期)

小松正雄[参]委員会統計発言一覧(全期間)
| 2期|- 3期
第9回国会(1950/11/21〜1950/12/09)

第9回国会 通商産業委員会 第3号(1950/11/28、2期、日本社会党)

○小松正雄君 我妻先生にお尋ね申上げたいと思いますが、さつきのお話の中に、租鉱権者が採掘の場合に万全を期して事業をやつてしまつた。そのあとで被害が発生した場合は、鉱業権者の責任であるといつたようなお話でありましたが、万全を期するというのは、どの程度までが万全を期しておつたのかということをお伺いしたいのであります。
【次の発言】 その中に、採掘をする場合に租鉱権者が万全を期して掘つた場合のあとに起つたことに対しては、鉱業権者は責任を持つべきだと、こうおつしやられたように聞きましたので、御質問申上げた次第であります。
【次の発言】 花岡組合長さんにお尋ね申したいと思います。尚御説明をお願い申上げた……

第9回国会 通商産業委員会 第8号(1950/12/05、2期、日本社会党)

○小松正雄君 お尋ねいたしますが、特別鉱害地に認定するということについては、検定官が現地に行くということですが、検定官というのはどんな人ですか。

第9回国会 通商産業委員会 第10号(1950/12/07、2期、日本社会党)

○小松正雄君 さつき西田委員より衆議院の委員長である中村さん切々たる衆議院の空気を懇願いたしましたが、それに附加いたしまして、一言お願いを加えて置きたいと思います。昨日の委員会でこの審議会が作られる、この作られるのはいつ頃であるかということを質しましたところ、政府としては、この月末には作り上げて、そうして発足するのだという、日限的にもはつきりここで申されておりまするので、どうか衆議院におかれましても、こういつたことを併せて御鞭撻を願つてお願い申上げて置きたいと思います。


■ページ上部へ

第10回国会(1950/12/10〜1951/06/05)

第10回国会 通商産業委員会 第15号(1951/03/20、2期、日本社会党)

○小松正雄君 この点につきましては私も意見を持つておるのですが、時間がなかつたので差控えたおけであります。引続いてこれは明日か明後日かにこういつた関係者は来て頂けませんか、どうですか

第10回国会 通商産業委員会 第34号(1951/05/23、2期、日本社会党)

○小松正雄君 さつき伺つたのですが、法案の施行からどういうようなものが、例えば何段階かに分けてやるという話がありましたが、どの品物が一年後実施、二年後実施というような明確なものは出ておりますか。

第10回国会 通商産業委員会 第35号(1951/05/24、2期、日本社会党)

○小松正雄君 中島炭政局長にお尋ねいたしますが、今日までの間に審議会は何回開かれて、その開かれた月は何月と何月であつたかということが一つと、それから資料を集めるために各班に分けて調査なされたということですが、その調査をされた場所、調査されましたところの調査員の報告の内容をお尋ねしたいと思います。

第10回国会 通商産業委員会 第37号(1951/05/28、2期、日本社会党)

○小松正雄君 栗山委員或いは又椿委員の御質問で大体にわかりましたが、一、二お尋ねいたしたいと思います。先ず第一点は、このニツケルの製錬所に、ニツケル製錬所が製造しておりましたこの工場が終戦直後何カ所やつておつたかということが一つと、それから又二つには製錬するための鉄鉱石は、鉱石はあつたが、その他の物品がないために製造されずにストツプしておつたというようなことがないかということをお尋ね申したいと思います。


■ページ上部へ

第12回国会(1951/10/10〜1951/11/30)

第12回国会 通商産業委員会 第14号(1951/11/22、2期、日本社会党第三控室(右))

○小松正雄君 大体に今境野氏から申されましたので盡きたと思うのでありますが、私はこの法案に賛成するのでありますが、賛成するのにつきまして要望として申上げておきたいことは、先般の委員会で業者代表のかたがたが年末融資に関する問題について話されていることを聞きましても、この中小企業の金融に関する法律案が昨年できまして、そうして今日になるまでの間に、この金融を以て借りようとしていろいろ相談をいたしますけれども、何にしても中小企業の人たちに対しては、この法案によつてでき上つたこの金融が実を結んでいないというような苦しい訴え方がありましたので、即ち、この改正法案が通りましたならば、政府はこれらの関係のかた……


■ページ上部へ

第13回国会(1951/12/10〜1952/07/31)

第13回国会 通商産業委員会 第9号(1952/02/20、2期、日本社会党(第二控室・右))

○小松正雄君 お尋ねしますが、この法案は今審議しようとしておるのに、こういう合理化促進のためにこの法案ができるということについて、すでにその施設をやることについては半分の償却を見るといつたようなことを考えられて、すでにもうそういうことを当てにして施設に着手しておるというようなことがあるようなことはありませんか。

第13回国会 通商産業委員会 第21号(1952/03/24、2期、日本社会党(第二控室・右))

○小松正雄君 島委員の質問に関連いたしまして二、三お尋ねしたいと思うのでありますが、きつき次官のお話の中で、コンサーヴエーシヨンの委員会の勧告を無視して会社側が勝手にやつている、こういう御答弁があつたようでありまするが、それはどういうところが違つておつたのですか。それが一点と、八橋油田の開発に関しては、資源庁から現場に監督というか。係官というか、そこにあります事務所というか、そういつたものがあるかないかということが二つ。若しあるとするならばその所に駐在されるところの係員というか、係官というかが、その油田開発内容を逐次あなたがたの幹部のかたがたにまで報告させておるか、しておるかということと、第四……

第13回国会 通商産業委員会 第26号(1952/04/01、2期、日本社会党(第二控室・右))

○小松正雄君 私は電力会社のほうに一、二お尋ねしたいと思いますが、若しこの法案が原案通り成立する場合に、公納金を納められるというお考えがあるのかどうか、その公納金を完納する場合に、その財源は何を以て充てるというお考えであるかをお尋ねいたします。
【次の発言】 若し通つたら……。
【次の発言】 若し通つたということを仮定したら、どう考えられるか、公納金を納められるか。

第13回国会 通商産業委員会 第48号(1952/06/13、2期、日本社会党(第二控室・右))

○小松正雄君 私は幸いにいたしまして、この臨時石炭鉱害の法案が重要視せられまして、それが本員よりの要望によりまして近く公聴会が開かれ、これらに関連いたします各位の公述か主といたしまして私の質問をいたしたいとは考えているものでありまするが、この際一、二政府に質してお尋ねをしておきたいと思うのであります。  それは特別鉱害は、戦争をするために或いは又勝つためにということで、鉱業権者に乱掘をされた、その責任が政府にありとして特別鉱害というものが生れまして、その特別鉱害の半面に今回生まれんとする臨時石炭鉱害という法案がからんだと私は思うわけでありまして、この又法案に対しましては終始本委員会の中でもこの……

第13回国会 通商産業委員会 第50号(1952/06/16、2期、日本社会党(第二控室・右))

○小松正雄君 私は日本石炭協会の万仲さんに一言お尋ねいたしたいと思います。御承知のように本法案は十年と規定してあることはあなたもさつきおつしやつたのでありますが、十年後に鉱害があると思われておりますか、どうですか。
【次の発言】 そこで私はいやしくも石炭鉱業或いは石炭全体の協会の代表としてここに公述される上におきましては、少くとも先の知事のお説の中にもありましたように、今後石炭の情勢に鑑みて国内資源を開発する以上次から次にこの被害が起つて来るであろうということを言われたのに対しては私も同感であり、又あなたも今おつしやるように同感だと思われるのですね。然らばこの法案が、少くともあなたがこの代表さ……

第13回国会 通商産業委員会 第54号(1952/06/20、2期、日本社会党(第二控室・右))

○小松正雄君 私は第二條を中心として二、三お尋ねしたいと思うのでありますが、「これによりますと「過去一年間の総生産数量のおおむね二分の一以上が中小企業者によつて」と指定されております。この指定されました、これに対する特別といいますか、別表に定められておりますものがその指定の業種になるということに考えてよろしうございます。
【次の発言】 私のお尋ねするのは、この当該業種、当該業種に属する事業の経営の不振、そういつたものを合せたものによつて救済しようとする法案として、業種別にすれば、ここに出ておりまする十二業種を挙げられておりまするが、これによつてのみでよいかということを尋ねておるのです。

第13回国会 通商産業委員会 第65号(1952/07/23、2期、日本社会党(第二控室・右))

○小松正雄君 私は、社会党第二控室を代表いたしまして、本案に賛成するものであります。その理由を申上げますと、この法案がないために、長い間被害民でありまする者に対して、鉱業権者の責任を以て賠償或いはその復旧をなさなければならぬ責任がありながら、その義務を果すことができ得ないという点でありまして、この法案ができますれば、先般から本委員会において質疑応答の中で政府もはつきり申しておりますように、若し義務者である鉱業権者がその義務を果し得ることができなかつたときは、政府においてこれをなすということすら政府ははつきり言明をしておるのであります。この法案が若し上程せられて、これが否決せられるようなことがあ……


■ページ上部へ

第15回国会(1952/10/24〜1953/03/14)

第15回国会 通商産業委員会 第10号(1953/02/18、2期、日本社会党(第二控室・右))

○小松正雄君 大臣に石炭のことにつきましてお尋ねしたいと思いますが、さつき西田先輩よりいろいろお聞きになりましたので、私も大体にはわかつておりますが、二、三お伺いしたいと思います。さつきのお話の中でアメリカ炭神戸着で九十五銭とおつしやつて、又国内の石炭は一円十五銭、こういうふうに聞いたのでありますが、間違いありませんか。
【次の発言】 そこで私のお尋ねしたいことは、政府は四百九十何億という多額の金を大企業に融資をされ、差当り七十九坑竪坑を掘つて、石炭のコストを下げるということが目的のように聞きましたが、そうですが。そうであるとするならば、私は中小炭鉱の石炭が五ヵ年後に下るとは考えられない。とい……

第15回国会 通商産業委員会 第12号(1953/02/20、2期、日本社会党(第二控室・右))

○小松正雄君 昨年の九月電源開発会社が開設せられまして以来、この表によりますると、九州の球磨川だけが現地で開設準備中であると書いてあつて、その他の開設所は昨年に殆んどきまつてしまつて知りまするが、この球磨川に限つてこんなに遅れておるというのはどういうわけですか。
【次の発言】 見通しは、いつ頃から開設ができるということに考えられるのでありますか。
【次の発言】 御承知のように私言うまでもありませんが、九州といたしましては、球磨川の開設を一日も早く要望しておるわけでありますし、産業の面から見ましても、速かにその他の開設と同じように進行するように一つお願いしておきます。

第15回国会 通商産業委員会 第14号(1953/02/25、2期、日本社会党(第二控室・右))

○小松正雄君 この法案に関しましては、大体皆さんの質問によつて私も納得したのでありますが、一、二お尋ねしたいと思います。というのは、従来検査をやつておつたというのは、どういう形の上において検査をやつておつたのかお聞きしたい。検査をしておつた人は、例えば官庁の人ばかりか、そうでない人がやつておつたか。
【次の発言】 この法案が通過いたしますと、第三者の検査が行われるというようなことがありますが、第三者というのはどういうのですか。
【次の発言】 そこでこれに従来出されておりました協同組合というものが、検査を中心として一つの事業をやつておつたことは間違いありませんね。それがその人たちが、今度こういう……


小松正雄[参]委員会統計発言一覧(全期間)
| 2期|- 3期

■ページ上部へ

各種会議発言一覧(参議院2期)

小松正雄[参]委員会統計発言一覧(全期間)
| 2期|- 3期
第13回国会(1951/12/10〜1952/07/31)

第13回国会 通商産業委員会中小企業に関する小委員会 第2号(1952/07/22、2期、日本社会党(第二控室・右))

○小松正雄君 中島さんに二、三点お伺いしたいと思います。  一点はあなた方の中で親会社に物を納める。ところが早いもので五十日、長いもので百五十日という長い間の支払があるようでありますが、それらの金利は手形を発行するほうの会社で持つのであるか、又は下請人のほうで金利の支払をしているものであるかどうかというのが一点。それから三カ月乃至四カ月もの長い間に納めたそうした金額は相当額に上ると私は思います。それを会社でどのくらいあるかということと、それから又下請事業別についてはどんな業者があるか、又どんな業に一番数が多いかということであります。それからもう一つは労働賃金の支払が遅延したために、途中におきま……



小松正雄[参]委員会統計発言一覧(全期間)
| 2期|- 3期

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

※このページのデータは国会会議録検索システム参議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2022/07/01

小松正雄[参]在籍期 : | 2期|- 3期
小松正雄[参]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 2期在籍の他の議員はこちら→ 2期参議院議員(五十音順)  2期参議院議員(選挙区順)  2期参議院統計



当サイト運営者の新刊のお知らせ
菅原琢『データ分析読解の技術』(中公新書ラクレ756)

【内容紹介】「データ分析ブーム」がもたらしたのは、怪しい“分析らしきもの”と、それに基づいた誤解や偏見……。本書では、「問題」「解説」を通して、データ分析の失敗例を紹介しながら、データを正しく読み解くための実践的な視点や方法、また、思考に役立つ基礎的な知識やコツを紹介していく。誤った分析をしないため、騙されないための、基本的・実践的な読解と思考の方法とは――。