山岡賢次 参議院議員
15期国会発言一覧

山岡賢次[参]在籍期 : 13期-14期-|15期|-16期
山岡賢次[参]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは山岡賢次参議院議員の15期(1989/07/23〜)における国会発言(質問、答弁等)をまとめています。国会活動の統計や役職、質問主意書の数や内容は15期国会活動統計で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

本会議発言一覧(参議院15期)

 期間中、参議院本会議での発言なし。
山岡賢次[参]本会議発言(全期間)
13期-14期-|15期|-16期

■ページ上部へ

委員会発言一覧(参議院15期)

山岡賢次[参]委員会統計発言一覧(全期間)
13期-14期-|15期|-16期
第116回国会(1989/09/28〜1989/12/16)

第116回国会 税制問題等に関する特別委員会 第15号(1989/12/07、15期、自由民主党)

○山岡賢次君 もう定刻の、本来でしたら六時になったわけでございまして、発議者の皆様におかれましては大変御苦労さまでございます。  自民党もずっと御質問を続けてまいったわけでございまして、総括、ここに井上真打ちが残っておりますが、大体我が方は最後でございまして、今まで提案をしていただきました法律について、整合性に合わないというところの御指摘をさせていただいているわけでございますが、全体を通じて残っているそういう問題、また今まで御発言をなさったところで納得のいかないところ、こういうところをお聞き申し上げることが一つと、また長いこの時間の間に比較的討議の薄かった、こういう点について少しくお聞きを申し……

第116回国会 税制問題等に関する特別委員会 第16号(1989/12/08、15期、自由民主党)

○山岡賢次君 連日御苦労さまでございます。昨日、物品税法の一部につきまして御質問を申し上げたわけでございますが、お答えは修正をされない、こういうことでございますので、原案どおり提出、こういうふうに承っております。いずれお変えになるならないの問題ではなくて、このままで出される、こういう解釈でよろしいのではないかと思いますが、それではそれにつきまして私の所感を述べさせていただきたいと思います。  私は、昨日野党の物品税法案につきまして、次のような重大な欠陥があることを指摘いたしました。例えば、ユネスコ等から寄贈された教育用のビデオテープ等は関税とともに物品税も免除すべきものであるのに、免税とする手……

第116回国会 予算委員会 第1号(1989/10/20、15期、自由民主党)

○山岡賢次君 今、前島議員から朝鮮総連のことについていろいろ御質問がございました。その関連でひとつ質問をさせていただきます。  朝鮮総連は危険な団体であり当局に監視されていると、さきの衆議院の予算委員会で公安調査庁がこのように指摘をいたしました。その危険な朝 鮮総連から献金を社会党が受けている、このようなマスコミの報道がなされております。  社会党は、週刊文春の記事がこの献金を含めまして事実と違っている、こうおっしゃっているわけでございますが、それならなぜ告訴をしないのでありましょうか。  警察はこの朝鮮総連からの献金について捜査をするお考えがあるのかどうか、自治大臣・国家公安委員長にお伺いを……

第116回国会 予算委員会 第7号(1989/10/30、15期、自由民主党)

○山岡賢次君 質疑に入るに先立ちまして、次のことを強く要請いたします。  去る二十日の予算委員会の前島議員の質問に対する私の関連質問の最中に、社会党の理事より審議を中断せしめられましたことはまことに遺憾なことであります。  かつて野党議員がみずからの質問に対する政府側答弁を不満として審議を中断したという例はたびたびございますが、他党の議員の質問中に発言の内容が気に入らないからといってこれを中断せしめたということは、国会史上例を見ないことであります。さらに、委員会での他党の議員の言論を封じておきながら、他方においては一方的な記者会見を行い、委員会での発言内容を事実無根などと誹謗したことは、まさに……


■ページ上部へ

第118回国会(1990/02/27〜1990/06/26)

第118回国会 議院運営委員会 第5号(1990/03/26、15期、自由民主党)【政府役職】

○政府委員(山岡賢次君) 日本銀行政策委員会委員両角良彦君は三月二十三日任期満了となりましたが、同君を再任いたしたいので、日本銀行法第十三条ノ四第三項の規定により、両議院の同意を求めるため本件を提出いたしました。  何とぞ、御審議の上、速やかに同意されますようお願いいたします。

第118回国会 大蔵委員会 第1号(1990/03/26、15期、自由民主党)【政府役職】

○政府委員(山岡賢次君) 先般大蔵政務次官を拝命いたしました山岡賢次でございます。  職責の重大さをひしひしと痛感いたしております。微力ながら全力を傾けて職務の遂行に当たる所存でございますので、委員各位の御指導と御叱正をよろしくお願いを申し上げます。(拍手)

第118回国会 大蔵委員会 第2号(1990/03/29、15期、自由民主党)【政府役職】

○政府委員(山岡賢次君) 個人年金については、多くの国民の皆様が大変関心を持っていらっしゃることでございますが、しかし個人年金のみならず、年金全体が日本国の大きな今問題になっているわけでございまして、そういう意味では各所からそれぞれの立場、意見は言っておりますが、最終的には年金問題、こういうふうに行き着くわけでございまして、大蔵省の見解といたしましても、年金全体を一緒に、あるいは全体の整合性が合うように見ながら検討していきたいと、こういうスタンスでずっといるわけでございます。そういうことで、一部の年金についての主張についてそこだけを取り上げるわけにはいかないと、こういう見解であるわけでございま……

第118回国会 大蔵委員会 第5号(1990/06/01、15期、自由民主党)【政府役職】

○政府委員(山岡賢次君) 家族が一枚ぐらい持っているんではないかと思っていますが、よくわかりません。


■ページ上部へ

第120回国会(1990/12/10〜1991/05/08)

第120回国会 外務委員会 第6号(1991/04/23、15期、自由民主党)

○山岡賢次君 私は、自由民主党、日本社会党・護憲共同、公明党・国民会議、日本共産党、連合参議院、民社党・スポーツ・国民連合の各派共同提案によるクルド人等避難民の救済に関する決議案を提出いたします。  案文を朗読いたします。     クルド人等避難民の救済に関する決議(案)   湾岸戦争に引き続くイラク国内の混乱により、クルド人を主とする多数の避難民が生じ、多大の苦難を強いられていることにかんがみ、政府は、国際機関等とも協調しつつ、医療・食料等人道的見地に立つ緊急の支援をさらに強化し、もって、これら避難民の苦難を除去するよう努力すべきである。   右決議する。  以上であります。  何とぞ委員各……


■ページ上部へ

第121回国会(1991/08/05〜1991/10/04)

第121回国会 証券及び金融問題に関する特別委員会 第3号(1991/09/03、15期、自由民主党)

○山岡賢次君 今、斎藤先生が最後に申しましたが、最終的には道義の問題である、まさに私はそのとおりであると思うわけでございます。個々の点につきましては、斎藤委員から詳しく御質問がございました。衆議院でもかなり出尽くしているわけでございます。私は、最終的とは申しませんが、ここで政府の大きな今後の政策、こういう観点から御質問をさせていただきたいと思うわけでございます。  今回の証券・金融の不祥事につきましては、先ほどから御指摘がありますように、これらが生じた時期の社会経済状況を顧みる、これが不可欠であるわけでございますが、先ほど日銀総裁また大蔵大臣に今後の経済の見通し、こういう御質問もございましたが……

第121回国会 証券及び金融問題に関する特別委員会 第4号(1991/09/04、15期、自由民主党)

○山岡賢次君 自由民主党の山岡賢次でございます。  証人は、きょう、御苦労さまでございます。  まずもって社長にお伺いを申し上げたいのでございますが、社長は御社の社長にいつ御就任になって何年におなりになったか、略歴書はいただいておりますが、念のためにお答えください。
【次の発言】 私がお答えをいただきたいのは、との事件があったその間も社長でいらしたのかと、こういうことでございます。
【次の発言】 最後の五カ月間を担当されたそうですが、今、極めて殊勝に申しわけなかったと、こういうふうに述べていらっしゃるわけでございますが、しかし今回、野村証券、日興証券、この両社は暴力団の事件にも関与したと、こう……

第121回国会 証券及び金融問題に関する特別委員会 第5号(1991/09/05、15期、自由民主党)

○山岡賢次君 自由民主党の山岡賢次でございます。  橋本頭取におかれましては御多忙のところ参考人として御出席をいただきましてありがとうございました。  普通ですとそういうことなのでございますが、しかし、きょうの参考人というお立場は、どういうことでおいでいただいたかはもう十分おわかりいただけると思うわけでございまして、最初にお尋ねを申し上げるわけでございますが、頭取が頭取に御就任になりましたのは平成三年の六月と心得ておりますが、間違いありませんですね。事件当初、もちろん責任ある役員の一人であったとは思うのでございますが、その最高責任者であった方は別な方であったと思うのでございますが、その方はだれ……


■ページ上部へ

第123回国会(1992/01/24〜1992/06/21)

第123回国会 外務委員会 第3号(1992/04/07、15期、自由民主党)

○山岡賢次君 外務大臣におかれては連日御苦労さまでございます。きょうも江沢民総書記とのことで途中おでましになるそうでございますが。  そこで、昨日おいでになった江沢民総書記、天安門事件以来初めての中国の要人の来日でございます。新聞でもう報じられてはおりますが、いまいちはっきりしておりませんけれども、今回の訪日の目的というものはどういうものであるのかという点についてお聞きしたいと思いますことと、それから外務大臣は大臣におなりになる以前から中国通でいらっしゃるわけでございまして、日本国の中国問題に関するナンバーワンでいらっしゃるのではないかと、私はそう認識をしているのでございますが、今後の中国問題……


山岡賢次[参]委員会統計発言一覧(全期間)
13期-14期-|15期|-16期

■ページ上部へ

各種会議発言一覧(参議院15期)

 期間中、各種会議での発言なし。

山岡賢次[参]委員会統計発言一覧(全期間)
13期-14期-|15期|-16期

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

※このページのデータは国会会議録検索システム参議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2021/10/09

山岡賢次[参]在籍期 : 13期-14期-|15期|-16期
山岡賢次[参]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 15期在籍の他の議員はこちら→15期参議院議員(五十音順) 15期参議院議員(選挙区順) 15期参議院統計



■著書
2020年10月新刊