種田誠 参議院議員
16期国会発言一覧

種田誠[参]在籍期 : 15期-|16期|
種田誠[参]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは種田誠参議院議員の16期(1992/07/26〜)における国会発言(質問、答弁等)をまとめています。国会活動の統計や役職、質問主意書の数や内容は16期国会活動統計で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

本会議発言一覧(参議院16期)

種田誠[参]本会議発言(全期間)
15期-|16期|
第131回国会(1994/09/30〜1994/12/09)

第131回国会 参議院本会議 第6号(1994/11/02、16期、日本社会党・護憲民主連合)

○種田誠君 ただいま議題となりました国民年金法等の一部を改正する法律案につきまして、厚生委員会における審査の経過と結果を御報告申し上げます。  本法律案の主な内容は、第一に、六十歳代前半の老齢厚生年金の額を報酬比例部分相当額とし、一般男子については平成十三年度から二十五年度にかけて、女子については平成十八年度から三十年度にかけて、現行の仕組みから段階的に切りかえることとし、在職老齢年金について雇用促進的な仕組みとなるよう改善を図るほか、雇用保険法による給付との適切な調整を行うこと、第二に、国民年金の基礎年金の額を本年十月から月額六万五千円に引き上げるとともに、厚生年金保険についての再評価の方式……

第131回国会 参議院本会議 第12号(1994/12/09、16期、日本社会党・護憲民主連合)

○種田誠君 ただいま議題となりました原子爆弾被爆者に対する援護に関する法律案につきまして、厚生委員会における審査の経過と結果を御報告申し上げます。  本法律案は、被爆後五十年のときを迎えるに当たり、核兵器の究極的廃絶に向けての決意を新たにし、恒久の平和を念願するとともに、国の責任において、高齢化の進行している原子爆弾被爆者に対して保健、医療及び福祉にわたる総合的な援護対策を講じ、あわせて原子爆弾による死没者のとうとい犠牲を銘記するための事業を行おうとするものであります。  委員会におきましては、本案と議員提案の原子爆弾被爆者援護法案とを一括して議題とし、参考人の意見を聴取するとともに、村山内閣……


■ページ上部へ

第132回国会(1995/01/20〜1995/06/18)

第132回国会 参議院本会議 第12号(1995/03/17、16期、日本社会党・護憲民主連合)

○種田誠君 ただいま議題となりました戦傷病者戦没者遺族等援護法及び戦没者等の遺族に対する特別弔慰金支給法の一部を改正する法律案につきまして、厚生委員会における審査の経過と結果を御報告申し上げます。  本法律案は、戦傷病者、戦没者遺族等の処遇の改善を図るため、障害年金、遺族年金等の額を恩給の額の引き上げに準じて引き上げるとともに、公務扶助料、遺族年金等の支給を受けている者がいない戦没者等の遺族に特別弔慰金を支給しようとするものであります。  委員会におきましては、元軍属の在日韓国人等に対する補償、従軍看護婦の救済、中国残留邦人の国籍認定、満州開拓青年義勇隊の実態とその対応等の諸問題について質疑が……

第132回国会 参議院本会議 第15号(1995/03/29、16期、日本社会党・護憲民主連合)

○種田誠君 ただいま議題となりました国民健康保険法等の一部を改正する法律案につきまして、厚生委員会における審査の経過と結果を御報告申し上げます。  本法律案は、国民健康保険制度における高齢化の進展、低所得者層の増加、小規模保険者の増加等に対応し、その財政の安定化等を図るため、高額な医療に係る交付金事業に関する規定の創設、国民健康保険税の減額制度の拡充等を行うとともに、老人保健制度の安定を図るため、老人医療費拠出金の算定に用いられる老人加入率の上限の引き上げ等、所要の見直しを行おうとするものであります。  委員会におきましては、医療保険制度一元化への展望、新介護システムの検討状況、老人医療費に対……

第132回国会 参議院本会議 第19号(1995/04/26、16期、日本社会党・護憲民主連合)

○種田誠君 ただいま議題となりました食品衛生法及び栄養改善法の一部を改正する法律案につきまして、厚生委員会における審査の経過と結果を御報告申し上げます。一本法律案は、食品の安全性に関する問題の複雑多様化、輸入食品の著しい増加及び国民の栄養摂取状況の変化並びに規制の国際的整合化の要請に対応して、化学的合成品以外の添加物に対する規制の見直し、電子情報処理組織の導入による輸入食品届け出制度の効率化、食品に係る栄養強化表示の許可制度の廃止等、総合的な食品保健対策を推進するため必要な措置を講じようとするものであります。  委員会におきましては、国際基準への調和と我が国の食品規制のあり方、天然添加物の安全……

第132回国会 参議院本会議 第21号(1995/05/12、16期、日本社会党・護憲民主連合)

○種田誠君 ただいま議題となりました二法律案につきまして、厚生委員会における審査の経過と結果を御報告申し上げます。  まず、精神保健法の一部を改正する法律案は、障害者基本法及び地域保健法の成立を踏まえ、精神障害者の社会復帰の促進及びその自立と社会経済活動への参加の促進を図るため、精神障害者の保健福祉施策の充実を図るとともに、適正な精神医療の確保等所要の措置を講じ、あわせて精神医療に係る公費負担医療の公費優先の仕組みを保険優先の仕組みに改めようとするものであります。  次に、結核予防法の一部を改正する法律案は、近年の結核罹患率の低下傾向の鈍化、地域格差の拡大等結核を取り巻く環境の変化に対応し、国……

第132回国会 参議院本会議 第28号(1995/06/09、16期、日本社会党・護憲民主連合)

○種田誠君 ただいま議題となりました二法律案につきまして、厚生委員会における審査の経過と結果を御報告申し上げます。  まず、優生保護法の一部を改正する法律案は、都道府県知事の指定を受けて受胎調節の実地指導を行う者が受胎調節のために必要な医薬品で厚生大臣の指定するものを販売することができる期間を五年間延長しようとするものであります。  次に、理容師法及び美容師法の一部を改正する法律案は、理容師及び美容師の資質の向上に資するため、理容師試験及び美容師試験の受験資格を高等学校卒業以上とするとともに、理容師及び美容師の免許権者並びに理容師試験及び美容師試験の実施者を厚生大臣に改めようとするものでありま……

種田誠[参]本会議発言(全期間)
15期-|16期|

■ページ上部へ

委員会発言一覧(参議院16期)

種田誠[参]委員会統計発言一覧(全期間)
15期-|16期|
第125回国会(1992/10/30〜1992/12/10)

第125回国会 建設委員会 第1号(1992/12/07、16期、日本社会党・護憲民主連合)

○種田誠君 私は、ただいま趣旨説明のありました法案に基本的に賛成をする、こういう視点に立って質疑をさせていただきたいと思います。  法案の具体的な中身に入る前に、まず住宅政策一般を伺っておきたいと思います。  本年六月三十日、宮澤内閣の閣議決定を経て「地球社会との共存をめざして」という副題のもとに生活大国五カ年計画が決せられました。この五カ年計画を拝見しておりますと、まさに生産者中心の視点から生活者、消費者の視点へと転換することが必要である、さらに、美しい生活環境のもとで簡素なライフスタイルが確立された社会を目指す、こういうふうな大きな基本的命題のもとに、具体的に年間総労働時間一千八百時間の達……

第125回国会 予算委員会 第3号(1992/12/04、16期、日本社会党・護憲民主連合)

○種田誠君 私は、昨日の総括質問を受けまして、総理また閣僚の皆さん方に質疑を行いたいと思います。  今回の佐川事件にまつわるスキャンダル、そして過般のリクルート、ロッキード、こういうふうな日本の政治の信頼を損ねるような、そしてまた政治に対する希望と期待を損なうような、こういう出来事が余りにも頻繁に立て続けに続いております。  二十一世紀まで数えてみるとあと七年、世界の新しい国際秩序づくりが今動いている。一体私たち国会議員は何をやっておるんだろう。国家、国民のことを真剣に考えて、世界の皆さんとともに生きる、こういう視点での政治に取りかかっているんだろうか。私は一人の政治家としてみずからも深く反省……

第125回国会 予算委員会 第6号(1992/12/09、16期、日本社会党・護憲民主連合)

○種田誠君 私は冒頭、宮澤総理大臣に伺いたいわけでございますが、総理は過般行われました本院での総括審議の中で、竹下元総理の政権誕生に関しての右翼や暴力団のかかわりや介在、この問題に関しては責任は晴れたと思う、さらに結果責任も問う必要はないんではないかと、この種の発言をしております。  私は、参議院の証人喚問や質疑がなされていない段階で総理がこのような発言をすること自体、参議院軽視も甚しいのではないか、こう思うと同時に、この間参議院で竹下元総理に対する証人喚問や、きのうは渡邉被告に対する拘置所における証人尋問なども行われたわけでありますけれども、今、総理も渡邉尋問などについては目を通しておると思……


■ページ上部へ

第126回国会(1993/01/22〜1993/06/18)

第126回国会 建設委員会 第3号(1993/03/26、16期、日本社会党・護憲民主連合)

○種田誠君 私は、本日の質疑に先立ちまして、若干の時間ではありますけれども、今日の建設業界の諸問題について大臣にお伺いをしたいと思います。  金丸元副総裁が不正蓄財、所得税法違反等によって逮捕されてから連日のように建設業界の体質露呈、ゼネコンのやみ献金、不明朗な建設業界の入札、莫大な使途不明金、建設委員会に身を置く一人の国会議員としてもやるせない気持ちと同時に、果たして日本の建設行政、建設業界は本当に二十一世紀に向けてしっかりとした体制のもとにこれから立ち直っていけるのだろうか、そういう思いがいたしております。残念でなりません。  そこで冒頭、建設大臣に今日の所感についてお伺いをしたいと思いま……

第126回国会 建設委員会 第4号(1993/03/29、16期、日本社会党・護憲民主連合)

○種田誠君 きょうは道路整備に関する法案の審議ということでございますが、冒頭、残念ではありますけれども、きょうもまた日本の各紙をやみ献金疑惑、ゼネコンの諸問題、入札に対する不信の問題、こういうものが大きな記事として紙面を占めております。  私自身、過日の委員会でも申し上げましたように、建設委員会の一員としても極めて遺憾に思うと同時に、まさに二十一世紀まであと七年、これまで日本の経済の発展と社会資本の蓄積にさまざまな角度から努力をしながら建設省も努めてきた、こういう時期でありますが、むしろ今問題提起されていることは、新しい時代に入っていくに当たって大きな方向転換を私たちしっかりと認識して、過去の……

第126回国会 建設委員会 第5号(1993/04/08、16期、日本社会党・護憲民主連合)

○種田誠君 流通業務市街地の整備促進に関する法律の改正につきましては、私は基本的にこれに賛成をし、より内容を拡充していただきたい、こういう視点から質問をさせていただきたいと思います。  大臣の方に届いておると思うんですが、平成五年、ことしの三月二十五日に茨城県の県議会の方から本法案の改正を求める意見書、こういうものがあると思いますが、大臣、この意見書をもう既に見ておられますか。
【次の発言】 この意見書に記載されておりますように、当私の選挙区でもあります茨城県も常磐道が開通をし、今まさに常陸那珂港という太平洋に面した地区から栃木県、群馬県に向けての北関東自動車道の工事が進められております。さら……

第126回国会 建設委員会 第7号(1993/04/22、16期、日本社会党・護憲民主連合)

○種田誠君 ただいま趣旨説明のありました土地区画整理法の改正の質疑に入る前に、一言大臣にお尋ねをしたいことがございます。  きょうの新聞を拝見しておりましたら、またテレビなどを見ておりましたら、大臣も入られました自民党の有力中堅政治家の集まりの中で、今国会で政治改革法案が通らないようなことがあるならば国会の解散もやむを得ないんじゃないか、こういうふうな報道がなされておるわけでありますけれども、これはどういう視点からそのような御発言があったのか、ちょっと伺わせていただければ幸いだと思います。
【次の発言】 政治全体が大きく揺れ動いているときであります。二十一世紀まであと七年を数えるぐらいの日時に……

第126回国会 建設委員会 第8号(1993/05/11、16期、日本社会党・護憲民主連合)

○種田誠君 法案の質疑に入る前に二、三質問をさせていただきたいと思います。  昨日の新聞を見ておりましたら、大きな記事で「建設省予算に「大臣裁量枠」」と、こういう報道がなされておりました。中を読んでみますと、これが正しい発言がどうかは別にしても、大臣裁量枠が存在する。「むやみに出せるものではないが、ある程度の裁量権はある。自分の選挙区や親しい議員のところに多少厚くといった程度だ」、こういう発言が前建設大臣の名前で報道されておる。私、極めて問題ではないだろうかなと思ったわけであります。  マスコミの影響は、御存じのように、全国津々浦々まで行き渡るわけであります。何かやましいものがあるような印象を……

第126回国会 建設委員会 第9号(1993/05/13、16期、日本社会党・護憲民主連合)

○種田誠君 私は、ただいま可決されました特定優良賃貸住宅の供給の促進に関する法律案に対し、自由民主党、日本社会党・護憲民主連合、公明党・国民会議、民社党・スポーツ・国民連合、日本共産党、民主改革連合の各派共同提案による附帯決議案を提出いたします。  案分を朗読いたします。     特定優良賃貸住宅の供給の促進に関する     法律案に対する附帯決議(案)   政府は、本法の施行に当たり、本委員会にお  ける論議を踏まえて、地方公共団体、住宅・都  市整備公団等及び民間事業者が連携を保ちつ  つ、本法による賃貸住宅を含めた良質な賃貸住  宅の供給が的確に行われるよう助成制度の充実  について検討……

第126回国会 建設委員会 第10号(1993/06/04、16期、日本社会党・護憲民主連合)

○種田誠君 きょうは、参考人のお三方には大変お忙しいところを建設委員会の方に御出席をいただきましてありがとうございます。  前田参考人、國島参考人には入札制度等に関してのそれぞれのお考え方、そしてまた、伊藤参考人には日本建設業団体の立場に立っての入札や今日の建設業をめぐってのさまざまな問題に関するそれぞれ貴重な御意見をいただきました。  最初に、私の方からそれぞれの参考人の方に幾つか質問をさせていただきたいと思います。  まず、前田参考人にお伺いしたいと思いますが、完璧な入札制度というのはないと、こうも言われております。そういう中で、現実に入札というのを行いながら改善にこれ努めていかなければな……

第126回国会 土地問題等に関する特別委員会 第4号(1993/05/19、16期、日本社会党・護憲民主連合)

○種田誠君 まず長谷川先生にお伺いいたします。  先生の方のレジュメにも、これからの課題として、都市計画や住宅宅地の計画的供給、こういうことが指摘されております。もとより日本も都市計画に関してはかなり長い実績を持っておりますし、さまざまなバラエティーに富んだ施策も、町づくり、都市の再開発等々を含めましてこれまでも提供してきた。しかしながら、これらが十分な法の目的どおりの成果を得られない実情に今日まであるやにも思われます。そういう意味で、その辺のところはどういうところに重立った原因があるのか。  さらには、長谷川先生がここであえて指摘された都市計画や住宅宅地の計画的供給、これは新しい視点で何か示……

第126回国会 予算委員会 第6号(1993/03/22、16期、日本社会党・護憲民主連合)

○種田誠君 私は冒頭、政治資金と所得税法違反、こういうことに関してお伺いをしていきたいと思います。  ずっと委員会が始まって以来、政治不信に対しての政治改革、さらには金丸事件によって引き起こされた政治家と金の問題、ここまで至りますと、政治が地に落ちたというよりは、政治が地に落ちていることが表にあらわれた、こうやゆされてもいたし方ないような状態に今あるんではないだろうかなと、私自身、一国会議員として日本の民主政治の危機意識を覚えるところであります。そういう思いを込めてこれから質問をさせていただきます。  最初に、政治資金に対しても所得税はかかってくると思うんですが、あたかも非課税扱いになっている……

第126回国会 予算委員会 第13号(1993/04/01、16期、日本社会党・護憲民主連合)

○種田誠君 社会党の種田でございます。  私、冒頭まず、日債銀が金丸自民党前副総裁とのワリシンの取引を始めたのはいつごろからであって、そして今回脱税事件で捜査が始まる時点までで総額でどのくらいになってきたのかその推移、さらには、生原元秘書に関してもその点を伺いたいと思います。
【次の発言】 はい。
【次の発言】 過般の三月十二日の小針福島交通会長に対する証人尋問では、小針会長は五十四年もしくは五十五年ごろに私は金丸さんに対してワリシンの購入を勧めた、こういうふうな証言がなされておりますけれども、あなたの今のお述べになったお話によりますと、六十一年七月だと言いますけれども、その前はないわけですか……

第126回国会 予算委員会 第19号(1993/06/07、16期、日本社会党・護憲民主連合)

○種田誠君 私は、冒頭、昨今大きな問題を提起しております核拡散防止条約に関するアメリカと朝鮮の間における協議の件について、総理にお伺いをしたいと思います。  新聞の報道などによりますと、朝鮮への訪問団のビザが発給停止になった、さらにはアメリカでの会談も決してよい方向に進んでいない、こういうふうに報道をされ、聞き及んでいるわけでありますけれども、総理自身、身近なところにある国の問題でありますから大変な関心を持っておられると思いますけれども、この件についてどのような考えを今持っておられるか、まずお伺いしたいと思います。
【次の発言】 総理は七月に予定されておりますサミットでも、この核拡散防止条約の……


■ページ上部へ

第129回国会(1994/01/31〜1994/06/29)

第129回国会 建設委員会 第3号(1994/03/29、16期、日本社会党・護憲民主連合)

○種田誠君 去る三月十四日から十六日までの三日間、関西国際空港開港に伴う建設諸事業等の実情調査を目的に、前田委員長、鈴木理事、永田理事、直嶋理事、坂野委員、佐藤委員、西野委員、磯村委員と私、種田の九名は、大阪府及び和歌山県の建設諸事業を調査してまいりました。  以下、その概要を御報告いたします。  現在、近畿圏においては、関西国際空港、明石海峡大橋、関西学術研究都市など関西地区復権へ向けその核としての機能を担う大規模プロジェクトが着々と進展しておりますが、各府県においては、これらプロジェクトと連動した各種社会基盤整備によって、東京圏と並んで世界的中枢機能を担うべく積極的な事業展開を行っていると……

第129回国会 建設委員会 第5号(1994/06/03、16期、日本社会党・護憲民主連合)

○種田誠君 私の方からは、建築基準法の一部を改正する法律案について若干の質疑をさせていただきたいと思います。  今回の法律の改正で規制緩和を行っていく。当然規制緩和がされることによって、国民生活、とりわけ居住生活に新しい効果、影響、こういうものをもたらすだろうと思うんです。さらには経済的な効果なども見込まれるのではないか、このようにも思うわけなんですけれども、この法律を改正することによるそれらの効果などについて、提案者である大臣の方ではどのようなお考えを持っておられるか、まず最初に伺いたいと思います。
【次の発言】 実は、この法律の改正案をじっと見ておりましたらば、一つ疑問に突き当たりました。……

第129回国会 建設委員会 第7号(1994/06/20、16期、日本社会党・護憲民主連合)

○種田誠君 私は、ただいま可決されました都市緑地保全法の一部を改正する法律案に対し、自由民主党、日本社会党・護憲民主連合、新緑風会、公明党・国民会議、日本共産党及び護憲リベラルの会の各派共同提案による附帯決議案を提出いたします。  案文を朗読いたします。     都市緑地保全法の一部を改正する法律案     に対する附帯決議(案)   政府は、本法の施行に当たり、次の諸点につ  いて適切な措置を講じ、その運用に遺憾なきを  期すべきである。  一、国及び都道府県は、「緑地の保全及び緑化   の推進に関する基本計画」の策定に当たって   は、当該市町村の自主性を最大限尊重するこ   と。  二、……

第129回国会 予算委員会 第10号(1994/06/03、16期、日本社会党・護憲民主連合)

○種田誠君 今話を伺っていまして、まず重要なのは、平成四年の五月十五日に公正取引委員会から勧告がなされ、それを鹿島さんを含め六十六社はすべて事実を認めて、その結果、六月三日には審決がなされているわけであります。  したがって、先ほどの北村委員の質問にあったように、あなたの答えにあったようにこれらの事実が全く異なるんだということになりますと、公取の審決というのは間違いであった、こういうことになってしまうんですが、その点はあなたはどうお考えでありますか。
【次の発言】 ということは、審決に書いてある事実については、これが独禁法違反になる事実として現に存在していたということは認めるということですね。

第129回国会 予算委員会 第12号(1994/06/10、16期、日本社会党・護憲民主連合)

○種田誠君 今伺っておりまして、問題は、国土法違反の場合は、これは形式犯でございまして、届け出が出ていれば一応犯罪の対象にはならないわけであって、中身がいいとか悪いとかということに関しての捜査の対象にはこれはならないわけでありまして、そういう意味では、この届け出が出ているということが判明すれば直ちにそこで捜査対象となる要因はなくなるわけですから、一応捜査はやめて、そして、もしなぜそういうことになってしまったのかということについて疑念があるとか市役所の方のミスがあったとかというのなら、これは別な問題でありまして、改めて行う筋合いでなければならない。  こういうことをやらないで今のような形でやって……

第129回国会 予算委員会 第13号(1994/06/13、16期、日本社会党・護憲民主連合)

○種田誠君 ただいまの長官の方の説明で大体の流れは私もわかりました。しかし、今の説明を聞いておって、多くの国民の皆さんがどこまでこのことを理解できたか、私も若干不安は残ります。  それでは、総理、国連憲章五十一条には集団的自衛権という言葉が明記されておりますが、憲法との関係においてこの集団的自衛権というのはどの条項で論じられ、どのような限界があるんでしょうか。
【次の発言】 お話伺っているように、このことも憲法上余り明確ではない。解釈の上で今のような結論を導き出す、そういうことになっているにもかかわらず、総理はたびたび、衆議院でもこの参議院でも、集団安全保障、集団的自衛権、いずれも憲法の枠の中……


■ページ上部へ

第131回国会(1994/09/30〜1994/12/09)

第131回国会 厚生委員会 第1号(1994/10/06、16期、日本社会党・護憲民主連合)【議会役職】

○委員長(種田誠君) ただいまから厚生委員会を開会いたします。  議事に先立ちまして、一言ごあいさつを申し上げたいと思います。  このたび厚生委員長に選任されました種田誠でございます。  本委員会は、社会福祉、医療、年金など国民生活に密接にかかわる重要事項を所管しており、その使命は重大でございます。  この重責を担う委員長といたしましては、委員各位の御支援、御鞭撻を賜りまして、公正かつ円満な運営に努め、職員を全うしてまいりたいと存じます。  何とぞよろしくお願い申し上げます。(拍手)
【次の発言】 委員の異動について御報告いたします。  去る九月二十九日、西田吉宏君、菅野久光君及び吉田之久君が……

第131回国会 厚生委員会 第2号(1994/10/18、16期、日本社会党・護憲民主連合)【議会役職】

○委員長(種田誠君) ただいまから厚生委員会を開会いたします。  社会保障制度等に関する調査を議題といたします。  厚生行政の基本施策について、厚生大臣から所信を聴取いたします。井出厚生大臣。
【次の発言】 以上で所信の聴取は終わりました。  本件に対する質疑は後日に譲ることといたします。
【次の発言】 この際、狩野厚生政務次官から発言を求められておりますので、これを許します。狩野厚生政務次官。
【次の発言】 本日はこれにて散会いたします。    午後零時九分散会

第131回国会 厚生委員会 第3号(1994/10/20、16期、日本社会党・護憲民主連合)【議会役職】

○委員長(種田誠君) ただいまから厚生委員会を開会いたします。  社会保障制度等に関する調査を議題といたします。  質疑のある方は順次御発言願います。
【次の発言】 本日の調査はこの程度にとどめ、これにて散会いたします。    午後五時三分散会

第131回国会 厚生委員会 第4号(1994/10/28、16期、日本社会党・護憲民主連合)【議会役職】

○委員長(種田誠君) ただいまから厚生委員会を開会いたします。  国民年金法等の一部を改正する法律案を議題といたします。  まず、政府から趣旨説明を聴取いたします。井出厚生大臣。
【次の発言】 次に、本案の衆議院における修正部分について、衆議院厚生委員長岩垂寿喜男君から説明を聴取いたします。岩垂寿喜男君。
【次の発言】 以上で趣旨説明及び衆議院における修正部分についての説明聴取は終わりました。  本案に対する質疑は後日に譲ることといたします。
【次の発言】 参考人の出席要求に関する件についてお諮りいたします。  国民年金法等の一部を改正する法律案の審査のため、参考人の出席を求め、その意見を聴取……

第131回国会 厚生委員会 第5号(1994/10/31、16期、日本社会党・護憲民主連合)【議会役職】

○委員長(種田誠君) ただいまから厚生委員会を開会いたします。  国民年金法等の一部を改正する法律案を議題といたします。  本案の趣旨説明は既に聴取しておりますので、これより質疑に入ります。  質疑のある方は順次御発言願います。
【次の発言】 本案に対する午前の質疑はこの程度にとどめ、午後零時三十分まで休憩いたします。    午前十一時三十分休憩    午後零時三十分開会
【次の発言】 ただいまから厚生委員会を再開いたします。  休憩前に引き続き、国民年金法等の一部を改正する法律案を議題とし、質疑を行います。  質疑のある方は順次御発言願います。

第131回国会 厚生委員会 第6号(1994/11/01、16期、日本社会党・護憲民主連合)【議会役職】

○委員長(種田誠君) ただいまから厚生委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  昨日、竹村泰子君が委員を辞任され、その補欠として糸久八重子君が選任されました。  また、本日、清水澄子君が委員を辞任され、その補欠として今井澄君が選任されました。
【次の発言】 国民年金法等の一部を改正する法律案を議題といたします。  本法律案の審査のため、本日、参考人として、お手元に配付の名薄の方々に御出席いただいております。  この際、参考人の方々に一言ごあいさつを申し上げます。  本日は、御多忙中のところ本委員会に御出席いただきまして、まことにありがとうございます。委員会を代表いたし……

第131回国会 厚生委員会 第7号(1994/11/02、16期、日本社会党・護憲民主連合)【議会役職】

○委員長(種田誠君) ただいまから厚生委員会を開会いたします。  国民年金法等の一部を改正する法律案を議題とし、これより質疑を行います。  質疑のある方は順次御発言願います。
【次の発言】 価に御発言もないようですから、質疑は終局したものと認めます。  これより討論に入ります。  御意見のある方は賛否を明らかにしてお述べ願います。
【次の発言】 他に御意見もないようですから、討論は終局したものと認めます。  これより採決に入ります。  国民年金法等の一部を改正する法律案に賛成の方の挙手を願います。
【次の発言】 多数と認めます。よって、本案は多数をもって原案どおり可決すべきものと決定いたしまし……

第131回国会 厚生委員会 第8号(1994/12/05、16期、日本社会党・護憲民主連合)【議会役職】

○委員長(種田誠君) ただいまから厚生委員会を開会いたします。  原子爆弾被爆者に対する援護に関する法律案及び原子爆弾被爆者援護法案を一括して議題といたします。  まず、原子爆弾被爆者に対する援護に関する法律案について、政府から趣旨説明を聴取いたします。井出厚生大臣。
【次の発言】 次に、原子爆弾被爆者援護法案について、発議者横尾和伸君から趣旨説明を聴取いたします。横尾君。
【次の発言】 以上で両案の趣旨説明の聴取は終わりました。  両案に対する質疑は後日に譲ることといたします。  本日はこれにて散会いたします。    午後六時二十一分散会

第131回国会 厚生委員会 第9号(1994/12/06、16期、日本社会党・護憲民主連合)【議会役職】

○委員長(種田誠君) ただいまから厚生委員会を開会いたします。  参考人の出席要求に関する件についてお諮りいたします。  原子爆弾被爆者に対する援護に関する法律案及び原子爆弾被爆者援護法案の審査のため、参考人の出席を求め、その意見を聴取することに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認めます。  なお、その日時及び人選等につきましては、これを委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
【次の発言】 原子爆弾被爆者に対する援護に関する法律案及び原子爆弾被爆者援護法案を一括して議題といたします。  両案につきまして……

第131回国会 厚生委員会 第10号(1994/12/07、16期、日本社会党・護憲民主連合)【議会役職】

○委員長(種田誠君) ただいまから厚生委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  本日、今井澄君が委員を辞任され、その補欠として川橋幸子君が選任されました。
【次の発言】 原子爆弾被爆者に対する援護に関する法律案及び原子爆弾被爆者援護法案を一括して議題といたします。  両案の審査のため、本日、参考人として、お手元に配付の名簿の方々に御出席いただいております。  この際、参考人の方々に一言ごあいさつを申し上げます。  本日は、御多忙中のところ本委員会に御出席いただきまして、まことにありがとうございます。委員会を代表いたしまして厚く御礼を申し上げます。参考人の方々から忌憚の……

第131回国会 厚生委員会 第11号(1994/12/08、16期、日本社会党・護憲民主連合)【議会役職】

○委員長(種田誠君) ただいまから厚生委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  本日、川橋幸子君及び西山登紀子君が委員を辞任され、その補欠として今井澄君及び林紀子君が選任されました。
【次の発言】 原子爆弾被爆者に対する援護に関する法律案及び原子爆弾被爆者援護法案を一括して議題とし、質疑を行います。  質疑のある方は順次御発言願います。
【次の発言】 村山内閣総理大臣は御退席いただいて結構でございます。
【次の発言】 委員の異動について御報告いたします。  本日、前島英三郎君が委員を辞任され、その補欠として松谷蒼一郎君が選任されました。


■ページ上部へ

第132回国会(1995/01/20〜1995/06/18)

第132回国会 厚生委員会 第1号(1995/02/09、16期、日本社会党・護憲民主連合)【議会役職】

○委員長(種田誠君) ただいまから厚生委員会を開会いたします。  議事に先立ち、去る一月十七日に発生いたしました平成七年兵庫県南部地震により亡くなられた方々に対して御冥福をお祈りし、謹んで黙祷をささげたいと存じます。  どうぞ御起立をお願いいたします。黙祷。
【次の発言】 黙祷を終わります。着席してください。
【次の発言】 委員の異動について御報告いたします。  去る一月二十七日、高桑栄松君が委員を辞任され、その補欠として木暮山人君が選任されました。
【次の発言】 理事の補欠選任についてお諮りいたします。  委員の異動に伴い現在理事が一名欠員となっておりますので、その補欠選任を行いたいと存じま……

第132回国会 厚生委員会 第2号(1995/02/28、16期、日本社会党・護憲民主連合)【議会役職】

○委員長(種田誠君) ただいまから厚生委員会を開会いたします。  社会保障制度等に関する調査を議題とし、厚生行政の基本施策に関する件について質疑を行います。  質疑のある方は順次御発言願います。
【次の発言】 本件に対する本日の質疑はこの程度にとどめ、本日はこれにて散会いたします。    午後四時六分散会

第132回国会 厚生委員会 第3号(1995/03/14、16期、日本社会党・護憲民主連合)【議会役職】

○委員長(種田誠君) ただいまから厚生委員会を開会いたします。  社会保障制度等に関する調査を議題とし、前回に引き続き、厚生行政の基本施策に関する件について質疑を行います。  質疑のある方は順次御発言願います。
【次の発言】 本件に対する質疑は以上で終了いたします。
【次の発言】 次に、戦傷病者戦没者遺族等援護法及び戦没者等の遺族に対する特別弔慰金支給法の一部を改正する法律案を議題といたします。  政府から趣旨説明を聴取いたします。井出厚生大臣。
【次の発言】 以上で趣旨説明の聴取は終わりました。  本案に対する質疑は後日に譲ることといたします。本日はこれにて散会いたします。    午前十一時……

第132回国会 厚生委員会 第4号(1995/03/16、16期、日本社会党・護憲民主連合)【議会役職】

○委員長(種田誠君) ただいまから厚生委員会を開会いたします。  戦傷病者戦没者遺族等援護法及び戦没者等の遺族に対する特別弔慰金支給法の一部を改正する法律案を議題といたします。  本案の趣旨説明は既に聴取しておりますので、これより質疑に入ります。  質疑のある方は順次御発言願います。
【次の発言】 他に御発言もないようですから、質疑は終局したものと認めます。  これより討論に入ります。――別に御意見もないようですから、これより直ちに採決に入ります。  戦傷病者戦没者遺族等援護法及び戦没者等の遺族に対する特別弔慰金支給法の一部を改正する法律案に賛成の方の挙手を願います。

第132回国会 厚生委員会 第5号(1995/03/17、16期、日本社会党・護憲民主連合)【議会役職】

○委員長(種田誠君) ただいまから厚生委員会を開会いたします。  去る三月十四日、予算委員会から、本日三月十七日の一日間、平成七年度一般会計予算、同特別会計予算、同政府関係機関予算中、厚生省所管及び環境衛生金融公庫について審査の委嘱がありました。  この際、本件を議題といたします。  予算の説明につきましては既に聴取しておりますので、これより質疑に入ります。  質疑のある方は順次御発言願います。
【次の発言】 本件に対する午前の質疑はこの程度にとどめ、午後一時三十分まで休憩いたします。    午前十一時五十九分休憩
【次の発言】 ただいまから厚生委員会を再開いたします。  休憩前に引き続き、平……

第132回国会 厚生委員会 第6号(1995/03/24、16期、日本社会党・護憲民主連合)【議会役職】

○委員長(種田誠君) ただいまから厚生委員会を開会いたします。  国民健康保険法等の一部を改正する法律案を議題とし、政府から趣旨説明を聴取いたします。井出厚生大臣。
【次の発言】 以上で趣旨説明の聴取は終わりました。  本案に対する質疑は後日に譲ることといたします。  本日はこれにて散会いたします。    午前十時五十三分散会

第132回国会 厚生委員会 第7号(1995/03/28、16期、日本社会党・護憲民主連合)【議会役職】

○委員長(種田誠君) ただいまから厚生委員会を開会いたします。  国民健康保険法等の一部を改正する法律案を議題といたします。  本案の趣旨説明は既に聴取しておりますので、これより質疑に入ります。  質疑のある方は順次御発言願います。
【次の発言】 本案に対する午前の質疑はこの程度にとどめ、午後一時四十五分まで休憩いたします。    午後零時二十九分休憩
【次の発言】 ただいまから厚生委員会を再開いたします。  休憩前に引き続き、国民健康保険法等の一部を改正する法律案を議題とし、質疑を行います。  質疑のある方は順次御発言願います。
【次の発言】 西山君、時間が過ぎておりますから、質問をまとめて……

第132回国会 厚生委員会 第8号(1995/04/14、16期、日本社会党・護憲民主連合)【議会役職】

○委員長(種田誠君) ただいまから厚生委員会を開会いたします。  食品衛生法及び栄養改善法の一部を改正する法律案を議題とし、政府から趣旨説明を聴取いたします。井出厚生大臣。
【次の発言】 以上で趣旨説明の聴取は終わりました。  本案に対する質疑は後日に譲ることといたします。  本日はこれにて散会いたします。    午後零時四十分散会

第132回国会 厚生委員会 第9号(1995/04/25、16期、日本社会党・護憲民主連合)【議会役職】

○委員長(種田誠君) ただいまから厚生委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  昨日、今井澄君が委員を辞任され、その補欠として清水澄子君が選任されました。
【次の発言】 食品衛生法及び栄養改善法の一部を改正する法律案を議題といたします。  本案の趣旨説明は既に聴取しておりますので、これより質疑に入ります。  質疑のある方は順次御発言願います。
【次の発言】 本案に対する午前の質疑はこの程度にとどめ、午後一時まで休憩いたします。    午前十一時五十五分休憩
【次の発言】 ただいまから厚生委員会を再開いたします。  委員の異動について御報告いたします。  本日、清水澄子……

第132回国会 厚生委員会 第10号(1995/05/09、16期、日本社会党・護憲民主連合)【議会役職】

○委員長(種田誠君) ただいまから厚生委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  去る四月二十六日、山下栄一君が委員を辞任され、その補欠として勝木健司君が選任されました。
【次の発言】 精神保健法の一部を改正する法律案及び結核予防法の一部を改正する法律案を便宜一括して議題とし、政府から順次趣旨説明を聴取いたします。井出厚生大臣。
【次の発言】 以上で両案の趣旨説明の聴取は終わりました。  両案に対する質疑は後日に譲ることといたします。  本日はこれにて散会いたします。    午前十時七分散会

第132回国会 厚生委員会 第11号(1995/05/11、16期、日本社会党・護憲民主連合)【議会役職】

○委員長(種田誠君) ただいまから厚生委員会を開会いたします。  精神保健法の一部を改正する法律案及び結核予防法の一部を改正する法律案を便宜一括して議題といたします。  両案の趣旨説明は既に聴取しておりますので、これより質疑に入ります。  質疑のある方は順次御発言願います。
【次の発言】 両案に対する午前の質疑はこの程度にとどめ、午後一時十分まで休憩いたします。    午後零時九分休憩
【次の発言】 ただいまから厚生委員会を再開いたします。  休憩前に引き続き、精神保健法の一部を改正する法律案及び結核予防法の一部を改正する法律案を便宜一括して議題とし、質疑を行います。  質疑のある方は順次御発……

第132回国会 厚生委員会 第12号(1995/06/06、16期、日本社会党・護憲民主連合)【議会役職】

○委員長(種田誠君) ただいまから厚生委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  昨日、竹村泰子君が委員を辞任され、その補欠として糸久八重子君が選任されました。  また、本日、横尾和伸君が委員を辞任され、その補欠として山下栄一君が選任されました。
【次の発言】 連合審査会に関する件についてお諮りいたします。  容器包装に係る分別収集及び再商品化の促進等に関する法律案について、商工委員会に対し連合審査会の開会を申し入れることに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。  たお、連合審査会開会の日時につきましては、これを委員長に御一任願い……

第132回国会 厚生委員会 第13号(1995/06/08、16期、日本社会党・護憲民主連合)【議会役職】

○委員長(種田誠君) ただいまから厚生委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  昨日、山下栄一君及び糸久八重子消が委員を辞任され、その補欠として松尾官平君及び瀬谷英行君が選任されました。
【次の発言】 理事の補欠選任についてお諮りいたします。  委員の異動に伴い現在理事が一名欠員となっておりますので、その補欠選任を行いたいと存じます。  理事の選任につきましては、先例により、委員長の指名に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認めます。  それでは、理事に木暮山人君を指名いたします。

第132回国会 厚生委員会 第14号(1995/06/14、16期、日本社会党・護憲民主連合)【議会役職】

○委員長(種田誠君) ただいまから厚生委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  去る八日、瀬谷英行君が委員を辞任され、その補欠として竹村泰子君が選任されました。  また、去る九日、松尾官平君が委員を辞任され、その補欠として横尾和伸君が選任されました。
【次の発言】 これより請願の審査を行います。  第一三号国民健康保険制度の改革に関する請願外七百二十三件を議題といたします。  本委員会に付託されております請願は、お手元に配付の付託請願一覧表のとおりでございます。  これらの請願につきましては、理事会において協議の結果、第一六号身体障害者への携帯電話の貸与に関する請願外……


種田誠[参]委員会統計発言一覧(全期間)
15期-|16期|

■ページ上部へ

各種会議発言一覧(参議院16期)

種田誠[参]委員会統計発言一覧(全期間)
15期-|16期|
第131回国会(1994/09/30〜1994/12/09)

第131回国会 国際問題に関する調査会 第2号(1994/11/02、16期、日本社会党・護憲民主連合)

○種田誠君 社会党の種田と申します。  私も議員に送っていただいてからアジアの国を大分徘回してきたんですけれども、やはりアジアの国の状況というのは非常に複雑で、しかもこれから経済発展を遂げなければならない。国民の物の見方も、そして各国の共通の認識もなかなか持ち得ない状況に今あるわけですね。そこで、日本的な状況の中において、日本的発想でこれを求めていくというのはなかなか難しいんじゃないかこう思うんです。ただ、しかしそこで一つ重要なのは、やっぱりアジアのかなりの方々は、いわゆる安全保障の場面において、先ほど先生方からもお話があったように、やっぱり日米の安定した体制、こういう安全保障というのを前提に……



種田誠[参]委員会統計発言一覧(全期間)
15期-|16期|

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

※このページのデータは国会会議録検索システム参議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2022/07/01

種田誠[参]在籍期 : 15期-|16期|
種田誠[参]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 16期在籍の他の議員はこちら→16期参議院議員(五十音順) 16期参議院議員(選挙区順) 16期参議院統計



当サイト運営者の新刊のお知らせ
菅原琢『データ分析読解の技術』(中公新書ラクレ756)

【内容紹介】「データ分析ブーム」がもたらしたのは、怪しい“分析らしきもの”と、それに基づいた誤解や偏見……。本書では、「問題」「解説」を通して、データ分析の失敗例を紹介しながら、データを正しく読み解くための実践的な視点や方法、また、思考に役立つ基礎的な知識やコツを紹介していく。誤った分析をしないため、騙されないための、基本的・実践的な読解と思考の方法とは――。