木村英子 参議院議員
25期国会発言一覧

木村英子[参]在籍期 : |25期| 今期は集計中です。
木村英子[参]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは木村英子参議院議員の25期(2019/07/21〜)における国会発言(質問、答弁等)をまとめています。国会活動の統計や役職、質問主意書の数や内容は25期国会活動統計で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

本会議発言一覧(参議院25期)

 期間中、参議院本会議での発言なし。
木村英子[参]本会議発言(全期間)
|25期|

■ページ上部へ

委員会発言一覧(参議院25期)

木村英子[参]委員会統計発言一覧(全期間)
|25期|
第200回国会(2019/10/04〜2019/12/09)

第200回国会 国土交通委員会 第2号(2019/11/05、25期、れいわ新選組)

○木村英子君 れいわ新選組、木村英子です。会派れいわ新選組を代表いたしまして、質問いたします。  私は、これまで重度の障害を持ちながら施設ではなく地域で自立生活を行ってきました。障害者が地域で当たり前に生活するには、就労、就学、住宅、交通機関、防災など様々なバリアがたくさんあります。私が議員になって初めて取り組む国土交通省の委員会においては、まだまだ進まぬ合理的配慮を改善するために障害者の立場から質問させていただきます。  ここ数年、日本では災害が大変多く、今回も台風による豪雨などで被災された方も多くいらっしゃると思います。亡くなられた方々及びその御遺族の方々に心よりお悔やみを申し上げるととも……

第200回国会 国土交通委員会 第4号(2019/11/28、25期、れいわ新選組)

○木村英子君 よろしくお願いします。れいわ新選組の木村英子です。会派れいわ新選組を代表いたしまして、質問いたします。  今回の港湾法の一部を改正する法律案より一年前の二〇一八年十一月三十日に、海洋再生可能エネルギー発電設備の設置に係る海域の利用の促進に関する法律が成立いたしました。この再エネ海域利用法は、洋上風力発電事業を行う促進区域を政府が指定し、その後、発電事業者を公募によって決めましょうというものでしたが、これが成立する際、洋上風力発電を設置するに当たって、生物多様性への影響が懸念として上がりました。衆参共に附帯決議で、生物多様性への影響の回避についても考慮することや、海洋生物への影響を……

第200回国会 国土交通委員会 第5号(2019/12/03、25期、れいわ新選組)

○木村英子君 れいわ新選組の木村英子です。会派れいわ新選組を代表いたしまして、質問いたします。  私たち障害者にとって、社会的障壁の一つに交通アクセスのバリアがあります。今回は、障害者の社会参加を促進するために必要な鉄道の問題を当事者の目線から質問させていただきます。  まず、資料一を御覧ください。  この写真は、新幹線の車内の車椅子スペースの写真です。現在、一列車の新幹線のうち、一つ若しくは二つしか車椅子スペースが用意されておりません。新幹線の車椅子スペースを利用する場合、資料一の赤矢印の座席を購入することによって隣の車椅子スペースも使用することができます。  しかし、私の場合、座席には座れ……

第200回国会 地方創生及び消費者問題に関する特別委員会 第3号(2019/11/20、25期、れいわ新選組)

○木村英子君 れいわ新選組の木村英子です。会派れいわ新選組を代表いたしまして、質問いたします。  障害者は社会の中で、障害を持っているという理由で、健常者では出会わないような様々な差別やトラブルに巻き込まれています。  私自身、障害を持ちながら地域で生きてきましたが、施設と養護学校で育った環境が十八年と長く、社会で生きるためのノウハウを身に付けられずに、安易に人を信じてしまってだまされてしまったり、障害を持っているからと様々な場面で差別を受け、やっと生活に慣れてきたと思ってきた今日、気が付くと三十五年もの歳月がたっていました。障害者と健常者と分けられてきた弊害により、こんなにも社会に生きること……


■ページ上部へ

第201回国会(2020/01/20〜2020/06/17)

第201回国会 国土交通委員会 第閉会後1号(2020/07/30、25期、れいわ新選組)

○木村英子君 れいわ新選組の木村英子です。  質疑に入る前に、令和二年七月豪雨で亡くなられた方々及びその御家族の方々に心よりお悔やみを申し上げるとともに、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。  新型コロナウイルスがまだ収束していない上に今月の豪雨によって各地でたくさんの方が被災しており、複合災害が問題となっている現状ですので、本日は支援が必要な障害者と高齢者の防災のバリアについて質問したいと思います。  一たび災害が起こりますと、一人では避難することができない障害者や高齢者にとって避難所に行くことすら難しく、また、避難所に行ったとしても、スロープや車椅子用トイレが整備されていないことで……

第201回国会 国土交通委員会 第3号(2020/03/10、25期、れいわ新選組)

○木村英子君 れいわ新選組の木村英子です。会派を代表して質問いたします。  三月三日に、新幹線のバリアフリー対策検討会の中間取りまとめが出されました。赤羽大臣には、障害者の交通のバリアに迅速に対応していただき、ありがとうございます。  障害者の交通のバリアについてはたくさんの課題がありますが、今回は視覚障害者の人にとっての駅のホームのバリアについて質問させていただきます。  障害者差別解消法が施行されて約三年が過ぎましたが、様々な障害者の社会参加に欠かせない公共交通機関を使う際のバリアの解消が急がれています。しかし、まだまだ整備が足りず、痛ましい事故が多発しています。  今年の一月十一日、日暮……

第201回国会 国土交通委員会 第4号(2020/03/18、25期、れいわ新選組)

○木村英子君 れいわ新選組の木村英子です。会派を代表して質問いたします。  今日は、前回、視覚障害者の駅のホームからの転落事故の防止について質問がまだ終わっていませんでしたので、再度質問させていただきます。  国交省が作成した公共交通事業者に向けた接遇ガイドラインでは、ホームドア又は可動式ホーム柵が設けられていない場合には、視覚障害者誘導用ブロックの外側となる線路側を歩いていないか、転落の危険がないか安全を確かめる。また、いつもの移動なので手伝っていただく必要はありませんなどと支援を断る場合もあるが、安全確認が必要。見守って、危険がある際には声を掛け、安全なところまで誘導するとの記載があり、見……

第201回国会 国土交通委員会 第11号(2020/05/12、25期、れいわ新選組)

○木村英子君 れいわ新選組の木村英子です。会派を代表して質問いたします。  本日は、前回に引き続き、障害者の駅の利用に際してのバリアについて質問いたします。  障害者にとって、駅のバリアを解消するには、駅の設備などのハードのバリアと、見守りや声掛け、介助などのソフトのバリアの解消、この両方がなくては健常者と同じように安心して電車に乗ることはできません。  資料一を御覧ください。二〇一八年にはバリアフリー法が改正され、その中に九条の二が入り、大臣が交通事業者等の判断基準を定めることになりました。そして、今国会で改正されるバリアフリー法には心のバリアフリーが加わり、障害者の社会参加に欠かすことので……

第201回国会 国土交通委員会 第12号(2020/05/14、25期、れいわ新選組)

○木村英子君 れいわ新選組の木村英子です。会派を代表して質問いたします。  本日は、心のバリアフリーについて質問いたします。  二〇〇六年にバリアフリー法が施行され、建物や交通のバリアなどハードのバリアを中心とした合理的配慮が進む中で、差別や偏見、そして障害者に対する理解の遅れなど最も難しい心のバリアについて、今国会で改正されたバリアフリー法に心のバリアフリーとして設けられたことで、ハード、ソフト両面の解消に取組が始まることにとても期待しています。  しかし、障害者の現状においては合理的配慮が進んでおらず、交通機関を利用する際などに障害者への理解が得られず差別的取扱いをされるなど、社会生活を送……

第201回国会 国土交通委員会 第13号(2020/05/19、25期、れいわ新選組)

○木村英子君 れいわ新選組の木村英子です。会派を代表いたしまして質問いたします。  本日は、体調のため、肺活量が少ないために、秘書に代読をしていただきます。  本日は、特定車両停留施設の設置に当たってPFIのコンセッション方式を導入している点について、障害当事者の観点から質問したいと思います。  コンセッション方式は、PFIの一つとして公共施設の運営権を民間事業者に設定するものですが、内閣府のホームページによれば、民間の資金、経営能力、技術的能力を活用することにより、国や地方公共団体等が直接実施するよりも効率的かつ効果的に公共サービスを提供できる事業についてPFI手法で実施しますとあります。ま……

第201回国会 国土交通委員会 第16号(2020/05/28、25期、れいわ新選組)

○木村英子君 れいわ新選組の木村英子です。本日は、委員長並びに理事の皆様に御配慮いただき、参考人の方をお招きすることができました。ありがとうございます。  今日は、ここにお越しいただいた三井絹子さんの重度障害者としての経験に基づいた現状を心のバリアフリーの観点からお聞きしたいと思います。  三井絹子さんに質問いたします。  最近受けた差別の事例についてお聞かせください。
【次の発言】 三井絹子さん、ありがとうございます。  お話しいただいたように、バリアフリー法が施行されて十四年が経過しましたが、建物のトイレやスロープ、手すりなどのハードのバリアは解消に向かっていますが、偏見や差別意識など心の……

第201回国会 国土交通委員会 第17号(2020/06/02、25期、れいわ新選組)

○木村英子君 れいわ新選組の木村英子です。  本日は、都市再生特別措置法の、居心地が良く歩きたくなるまちづくりについて質問いたします。  現在、障害者にとって、一歩町に出たとき、正直言って居心地が良く歩きたくなる町とは言えません。何度もお話しさせていただきましたが、どこへ行っても構造上のバリアがあり、入店を断られたり、交通機関も利用する際健常者には付けられない条件や制限を付けられ、安心して利用できない現状だからです。  私事の経験になりますが、町並みに並ぶおしゃれなカフェに入りたくても、階段や段差があり、店員さんに手助けをお願いしたとき、景観に悪いのでお断りと言われたことがあります。障害者がお……


■ページ上部へ

第203回国会(2020/10/26〜2020/12/05)

第203回国会 国土交通委員会 第閉会後1号(2020/12/24、25期、れいわ新選組)

○木村英子君 れいわ新選組の木村英子です。会派を代表して質問いたします。  本日は、新型コロナ禍でのGoToキャンペーンにおける介護や医療的ケアの必要な障害者の生活に対する影響と現状についてお話ししたいと思います。  新型コロナウイルスの感染者数は日を追うごとに増える中で、テレビでは、連日のように密を避けるようにと言われています。しかし、介護や医療的ケアを必要とする障害者は、密を避けては日常生活を送ることができません。介護従事者が生活上の食事やトイレ、入浴などを支えてくれて初めて生活が成り立っています。  介護や医療的ケアを必要とする障害者の人たちは、一たびコロナにかかってしまうと重症化してし……

第203回国会 国土交通委員会 第2号(2020/11/26、25期、れいわ新選組)

○木村英子君 れいわ新選組の木村英子です。会派を代表して質問いたします。  今回は、国民の交通アクセスに欠かせないUDタクシーについて質問いたします。  障害者にとって、地域で生活する上で社会的障壁が多く、交通のバリアは社会参加を妨げる重大な問題の一つです。以前から問題となっているUDタクシーについて、障害者の視点から、様々な障害を持っている障害者が利用しづらい現状について、その問題点と改善すべき課題をお伝えし、質問にしたいと思います。  UDタクシーは、一台につき国から六十万円の補助金が出され、この補助金制度によって、全国的には平成三十一年度末時点で一万二千台以上が配車されています。昔に比べ……

第203回国会 国土交通委員会 第3号(2020/12/01、25期、れいわ新選組)

○木村英子君 れいわ新選組の木村英子です。会派を代表して質問いたします。  車椅子を利用している人が町中に出たとき、必ずと言っていいほどたくさんのバリアに遭遇します。交通や建物のハードのバリア、そして心のバリアなど、これらが解決していかなければ、不安を抱かずに安心して外に出かけることはできません。  今回は、バリアの中でも、皆さんがふだん当たり前に利用しているショッピングモールなどの大型商業施設の駐車場のバリアについて質問いたします。  私は、大型のリクライニング式の車椅子を使用していますので、外出するときの車は配付資料一のようなリフト付きの福祉車両で出かけています。ですから、車自体が大型で、……


■ページ上部へ

第204回国会(2021/01/18〜2021/06/16)

第204回国会 国土交通委員会 第11号(2021/04/20、25期、れいわ新選組)

○木村英子君 れいわ新選組の木村英子です。  本日は、参考人の先生方のお話をお聞きする機会をいただきまして、ありがとうございます。  それでは、質問させていただきます。  今回の法改正では、今までハザードマップの対象となっていなかった中小河川においても対象となり、ハザードマップの作成が義務付けられることとなっておりますが、昨今の温暖化による豪雨などの水害が頻発している中で、ハザードマップの作成は災害に備えるための最も重要なツールだと考えています。  しかし、障害者や高齢者などの要支援者にとっては、様々な障害によって防災情報の取得が難しく、そのため、ハザードマップに対する認知や理解が進んでいない……

第204回国会 国土交通委員会 第12号(2021/04/22、25期、れいわ新選組)

○木村英子君 れいわ新選組の木村英子です。会派を代表して質問いたします。  本日は、災害に備えるために重要なハザードマップについて質問いたします。  平成十七年の水防法改正により、各市町村のハザードマップの作成が義務付けられました。それが今回の法改正では、今までハザードマップの対象としていなかった中小河川においても対象となり、ハザードマップの作成が義務付けられることになっておりますが、昨今の温暖化による豪雨などの水害が頻発している中で、ハザードマップの作成は、災害に備えるためにも最も重要なツールだと考えます。  例えば、昨年の令和二年七月豪雨によって九州などを中心に被害が発生し、熊本県球磨村で……

第204回国会 国土交通委員会 第13号(2021/04/27、25期、れいわ新選組)

○木村英子君 れいわ新選組の木村英子です。  前回は、水害について、ハザードマップの周知と重要性について質問いたしました。今回は、水害時に備えるためのマイタイムラインについてお話ししたいと思いますが、その前に、障害者が災害に遭ったときの個別避難計画についてお話しします。  災害時に障害者の命を守るために最も重要なのは支援者の存在です。各自治体では、災害時に支援が必要な障害者に対して個別避難計画の作成が進められていますが、この個別避難計画の作成に当たっては、地域の自治会や福祉事業所なども連携して行っています。しかし、差別解消法の周知も進まず、地域における障害者への理解が進んでいない現状において、……

第204回国会 国土交通委員会 第14号(2021/05/11、25期、れいわ新選組)

○木村英子君 れいわ新選組の木村英子です。  本日は、障害者が地域で生きるための住宅確保について質問いたします。  障害者権利条約十九条では障害者が住みたいところに住む権利がうたわれていますが、現状は、家を探すことから契約に至るまでにまだまだ障害を理由とした差別や偏見がなくならず、とても大変な思いをしている障害者がたくさんいます。  二〇〇七年に、障害者や高齢者、低所得者、子育て世帯などの住宅確保要配慮者が入居しやすい住宅の確保や支援のために、住宅セーフティーネット法が施行されました。この法律に基づき、要配慮者が住居を確保するため、各自治体において不動産業者や居住支援団体と協議する場である居住……

第204回国会 国土交通委員会 第16号(2021/05/18、25期、れいわ新選組)

○木村英子君 れいわ新選組の木村英子です。  改正された踏切道改良促進法に伴い、本日は、車椅子を利用している当事者の立場から、踏切の安全対策についてお話しします。  重度障害者の私にとって、そして車椅子を利用する障害を持った人たちにとっても、車椅子は、ただの福祉用具ではなく、とても大切な体の一部です。これがなければ日常生活を円滑に送ることはできません。車椅子による踏切の事故が多い中で、車椅子利用者が安心して町中を歩けるように、その解決策を検討していただくために質問いたします。  国交省としては、車椅子利用者の踏切の安全対策の一つとして、車輪がレールの溝にはまるのを防ぐために、レールの溝に緩衝材……

第204回国会 国土交通委員会 第17号(2021/05/20、25期、れいわ新選組)

○木村英子君 れいわ新選組の木村英子です。  本日は、障害当事者の立場から、長期優良住宅について質問いたします。  今回の長期優良住宅法改正案は、数世代にわたり使用できる資産としての住宅を促進する長期優良住宅認定制度をより使いやすくするための法案となっています。長期優良住宅は耐震性や省エネ性も重要ですが、バリアフリーの視点も取り入れて家を建てれば、高齢化で体が不自由になったり障害を持った場合でも、誰もが住みやすく、そして長く住み続けられる住宅になると思います。  資料一を御覧ください。  平成十三年の第八期五か年計画では、手すりの設置、広い廊下幅の確保、段差の解消、この三点を備えているバリアフ……

第204回国会 国土交通委員会 第19号(2021/06/03、25期、れいわ新選組)

○木村英子君 れいわ新選組の木村英子です。  本日は、航空法の改正案によるドローンの操縦ライセンス制度について質問いたします。  資料一を御覧ください。現行の法律では、ドローンを飛ばす場合、目視できる範囲内での飛行や無人地帯での目視外飛行があり、空撮、測量、農薬散布、災害など様々な分野でドローンが利活用されています。  今回の改正案では、ドローンの活用を物流や警備などの分野に更に拡大するため、人がいる上空で目視できない範囲を飛行するレベル4を実現させることになっています。この飛行の安全性を確保するために、国交省として操縦ライセンス制度を創設し、レベル4の飛行についてはこのライセンスの取得を義務……

第204回国会 国土交通委員会 第20号(2021/06/08、25期、れいわ新選組)

○木村英子君 れいわ新選組の木村英子です。  今回は、障害を持っている人たちにとっての飛行機の現状についてお話しします。  現在、車椅子を利用する障害者が公共交通機関を使うとき、電車やバス、タクシーなどは自分の車椅子のまま乗れるように合理的配慮が少しずつ進んでいます。しかし、飛行機は自分の車椅子から降りなければ利用することができません。  資料一の一を御覧ください。これは舩後靖彦議員が実際に飛行機に乗っている様子です。  現在、航空会社によっては、座位が保てず、座席に座れないお客様に対して機内にストレッチャーが用意されます。ストレッチャーの設置には六席から九席が使われますが、舩後議員の場合は、……


■ページ上部へ

第208回国会(2022/01/17〜2022/06/15)

第208回国会 国土交通委員会 第2号(2022/03/08、25期、れいわ新選組)

○木村英子君 れいわ新選組の木村英子です。  本日は、この三月に改訂される予定の都市公園の移動等円滑化整備ガイドラインについて質問いたします。  公園は、市民の憩いの場であり、また、子供たちにとって大切な遊び場になっています。当然、障害者や高齢者にとっても地域のコミュニティーの場所としてとても重要な場所です。今回の改訂は二〇二〇年にバリアフリー法が改正されたことに伴って検討されたものと聞いておりますが、特に障害当事者としての観点から、公園のバリアフリーが整っているのかどうか、実際に視察に行ってみました。  まず、都内の幾つかの公園には、資料一のように、公園の出入口に車止めが設置されています。そ……

第208回国会 国土交通委員会 第3号(2022/03/16、25期、れいわ新選組)

○木村英子君 れいわ新選組の木村英子です。  先週に引き続きまして、都市公園の移動等円滑化整備ガイドラインについて、もう一つどうしても改善していただきたいことがありますので、質問いたします。  前回は、公園において災害時に車椅子で利用できるマンホールトイレの必要性についてお話ししましたが、このトイレの問題については、バリアフリー設計標準の改正によって車椅子用トイレのスペース確保や機能分散が盛り込まれ、徐々に整備されてきています。しかし、車椅子利用者にとっては、トイレを利用する際にもう一つ大きな問題があります。それは、公園の車椅子用トイレに時間制限が設けられ、実際に車椅子利用者が公園を利用しづら……

第208回国会 国土交通委員会 第5号(2022/03/29、25期、れいわ新選組)

○木村英子君 れいわ新選組の木村英子です。  本日は、二〇二七年に横浜市で開催が予定されている国際園芸博覧会の法案について、障害当事者の立場から、博覧会のバリアフリー化に向けて質問させていただきます。  この博覧会は、多様な主体の参画という目的の下で開催される予定と聞いておりますが、建物や交通などあらゆる面でバリアフリーになっていなければ、障害者や高齢者などが健常者と同じように博覧会に参加することはできません。開催地である横浜市の計画では、最寄りの駅から会場までの移動はシャトルバスを中心に検討していると聞いています。車椅子を利用する障害者や高齢者が参加するためには、全てのバスにリフトやスロープ……

第208回国会 国土交通委員会 第7号(2022/04/07、25期、れいわ新選組)

○木村英子君 れいわ新選組の木村英子です。  本日は、参考人の先生方にこのような貴重な機会をいただき、ありがとうございます。  私自身、重度の障害がありまして、障害を抱えて生きていくことの困難は日常生活の中でとても痛感しているところです。ましてや、突然の交通事故で障害になられた方や家族の耐え難い苦しみ、今後生きていく上での不安は計り知れないものだと思います。障害を持って生きるにはまだまだ社会的バリアも多い中で、事故に遭われた被害者の救済、特に在宅での介護や施設も含めての充実した福祉サービスを整え、安心して生きるための保障が必要だと思っております。  そこで、参考人の皆様にお尋ねいたします。  ……

第208回国会 国土交通委員会 第9号(2022/04/19、25期、れいわ新選組)

○木村英子君 れいわ新選組の木村英子です。  本日は、自賠法の被害者支援事業について、障害当事者の視点から質問させていただきます。  交通事故で障害を負った場合、その後の人生は一変してしまいます。障害を持って生きていく上で医療や介護の保障はとても重要な命綱となります。ですから、今回の自賠法における被害者支援事業の充実は早急な課題だと考えます。  しかし、本来であれば、自賠責の特別会計から国の一般会計に繰り入れられたままの六千億円を早急に返還してもらった上で被害者支援の充実を図るべきだと考えますが、今後、その六千億円の返還については、国交省としてどのようにお考えでしょうか。  また、このコロナ禍……

第208回国会 国土交通委員会 第11号(2022/05/10、25期、れいわ新選組)

○木村英子君 れいわ新選組の木村英子です。  初めに、三月十六日の福島県沖地震でお亡くなりになられた方々の御冥福をお祈りするとともに、被災された方々に心よりお見舞いを申し上げます。また、四月二十三日の知床観光船の事故によってお亡くなりになられた方々の御冥福をお祈りするとともに、行方不明の方々が一刻も早く救助されることを心より願っております。  それでは質問に移ります。  今回は、福島県沖地震によって東北新幹線の脱線事故が起きたことを受け、列車において災害や事故が起きた際の障害者や高齢者、けが人など、支援を必要とする乗客の避難対応について質問いたします。  まず、新幹線のバリアフリー化についてで……

第208回国会 国土交通委員会 第15号(2022/05/24、25期、れいわ新選組)

○木村英子君 れいわ新選組の木村英子です。  本日は、学校のバリアフリーについて質問いたします。  文科省は、障害の有無にかかわらず、誰もが同じ学校で共に学ぶことのできるインクルーシブ教育を推進しています。また、国交省では、バリアフリー法に基づき、令和三年に公立小中学校もバリアフリー化が義務付けられました。しかし、車椅子用トイレが設置されているのは全校のうち六五・二%に対し、エレベーターが設置されているのは二七・一%と少なく、障害のある児童生徒にとって、バリアを感じずにほかの生徒と同じように安心して学ぶ学校生活を送れる状況には至っていません。  教育は、障害の有無にかかわらず子供たちにとって大……

第208回国会 国土交通委員会 第16号(2022/06/02、25期、れいわ新選組)

○木村英子君 れいわ新選組の木村英子です。  本日は、航空法改正案における航空業界の脱炭素化に向けて、持続可能な航空燃料のSAFの導入、普及を促進するために、国内における廃食用油のリサイクルについて質問いたします。  まず、資料一を御覧ください。  現在、温暖化の影響で、気温の上昇に加え、海面水位の上昇、大雨や台風などの気候変動、農作物の不作など、私たちの生活や命に影響を及ぼしており、資料二が示すとおり、熱中症で亡くなられた方は、九〇年代は年間二百人程度だったのに対し、二〇一〇年代には平均千人にも達しています。  このような状況を受けて、世界的には、温室効果ガスを出さないために様々な取組がなさ……


木村英子[参]委員会統計発言一覧(全期間)
|25期|

■ページ上部へ

各種会議発言一覧(参議院25期)

 期間中、各種会議での発言なし。

木村英子[参]委員会統計発言一覧(全期間)
|25期|

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

※このページのデータは国会会議録検索システム参議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2022/07/01

木村英子[参]在籍期 : |25期| 今期は集計中です。
木村英子[参]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 25期在籍の他の議員はこちら→25期参議院議員(五十音順) 25期参議院議員(選挙区順) 25期参議院統計



当サイト運営者の新刊のお知らせ
菅原琢『データ分析読解の技術』(中公新書ラクレ756)

【内容紹介】「データ分析ブーム」がもたらしたのは、怪しい“分析らしきもの”と、それに基づいた誤解や偏見……。本書では、「問題」「解説」を通して、データ分析の失敗例を紹介しながら、データを正しく読み解くための実践的な視点や方法、また、思考に役立つ基礎的な知識やコツを紹介していく。誤った分析をしないため、騙されないための、基本的・実践的な読解と思考の方法とは――。