国会議員白書トップ衆議院議員今津寛>本会議発言(全期間)

今津寛 衆議院議員
「本会議発言」(全期間)

今津寛[衆]活動記録 : トップ選挙結果 | 本会議発言 | 委員会統計発言一覧質問主意書

今津寛衆議院議員の在職時の本会議での質疑や答弁などの発言についてまとめています。発言回数、発言文字数、発言時の役職、立場、各発言の冒頭部分の内容の一覧が掲載されています。
 委員会や各種会議での発言等については委員会統計発言一覧のページを参照してください。
 下記リンクからページ内の各項目に飛ぶことができます。

■発言統計  ■発言時役職  ■発言一覧


本会議発言統計(衆議院)

在籍期
発言
文字数
議会役職
政府役職



0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

1回
6363文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

4回
5903文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

1回
4775文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字



衆議院在籍時通算
6回
17041文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

※「議会役職」は議長、副議長など国会の役職、「政府役職」は大臣などの内閣、政府関係の役職が記録に付されていた場合を集計しています。


本会議発言時役職(衆議院)

 在職時に衆議院本会議での議会役職、政府役職の立場からの発言記録なし。

本会議発言一覧(衆議院)

40期(1993/07/18〜)

第128回国会 衆議院本会議 第5号(1993/10/14、40期、自由民主党・自由国民会議)

○今津寛君 私は今津寛であります。自由民主党・自由国民会議を代表して、政府から上程された政治改革関連四法案に関する質問を行います。  私が、平成二年総選挙において初めて国会に議席をいただいたとき、リクルート事件を初め相次ぐ不祥事に国民の政治に対する不信感は頂点に達しておりました。憲政史上かつて例を見たことのない深刻な事態を前に、私は政治改革の必要性を痛感し、何としても政治改革を実現をしなければならないと心に誓ったのであります。  以来三年八カ月、全力を傾注してこの問題に取り組んでまいりました。この間、残念ながら我が党は海部、宮澤と二つの内閣が倒れるというとうとい犠牲も払いました。政治改革が、五……


44期(2005/09/11〜)

第164回国会 衆議院本会議 第25号(2006/04/20、44期、自由民主党)

○今津寛君 私は、今津寛でございます。  自由民主党を代表して、内閣提出の行政改革関連五法案及び自民党、公明党、民主党提出の市場化テスト法修正案について賛成の立場から、また民主党提出の行政改革法案に反対の立場から討論を行います。(拍手)  現在、我が国の経済社会は、本格的な人口減少、高齢化社会の到来、東アジア諸国の急速な発展など、内外ともに厳しい環境変化に直面しております。その中で、戦後六十年間継続されてきた行政システムのあり方を大胆に見直し、斬新な視点で諸制度を改革することは、もはや不可欠であります。国際競争力を維持向上させ、新たな成長基盤を確立できるか、そして持続可能な社会システムを構築で……

第165回国会 衆議院本会議 第19号(2006/11/30、44期、自由民主党)

○今津寛君 私は、自由民主党の今津寛であります。  自由民主党を代表して、議題となっております内閣提出の防衛庁設置法等の一部を改正する法律案について、賛成の立場から討論を行います。(拍手)  皆さん、中田厚仁さんという青年の名を覚えているでしょうか。私は、国会でPKO法案が可決成立した年に、カンボジア内戦終結に伴う自衛隊派遣に先立ち、同志の若い議員とともにカンボジアを訪れました。中谷元さんや赤城徳彦さん、そういえば今は民主党の岡田克也さんも一緒でした。  私たちがプノンペンのホテルに到着するや、日本人の青年たちが面会を求め、自衛隊の海外活動は憲法で禁止されているはずなので、派遣を中止してほしい……

第170回国会 衆議院本会議 第15号(2008/12/12、44期、自由民主党)

○今津寛君 ただいま議題となりました防衛省の職員の給与等に関する法律の一部を改正する法律案につきまして、安全保障委員会における審査の経過及び結果について御報告申し上げます。  本案は、一般職の国家公務員の例に準じて本府省業務調整手当を新設するとともに、退職手当の例に準じ若年定年退職者給付金について新たな支給制限及び返納の制度を設ける等所要の措置を講じようとするものであります。  本案は、昨十二月十一日本委員会に付託され、本日浜田防衛大臣から提案理由の説明を聴取し、質疑に入り、質疑終了後、討論、採決の結果、本案は全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。  なお、本案に対し附帯決議……

第171回国会 衆議院本会議 第28号(2009/04/28、44期、自由民主党)

○今津寛君 ただいま議題となりました法律案につきまして、安全保障委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。  本案は、防衛省の所掌事務をより適切に遂行し得る体制を整備するため、防衛省設置法等の一部を改正するものであり、その主な内容は、  第一に、防衛参事官を廃止するとともに、防衛大臣補佐官及び防衛会議を新設すること、  第二に、陸上自衛隊の学校の生徒及び自衛官候補生の身分を新設すること、  第三に、自衛官の勤務延長及び再任用に係る期間を伸長すること、  第四に、陸上自衛隊の部隊として第十五旅団を新編すること、  第五に、自衛官の定数及び即応予備自衛官の員数を改めること 等であります……


45期(2009/08/30〜)

第180回国会 衆議院本会議 第30号(2012/07/26、45期、自由民主党・無所属の会)

○今津寛君 自由民主党の今津寛です。  私は、自由民主党・無所属の会を代表して質問をいたします。(拍手)  防衛計画の大綱は、我が国安全保障政策と防衛力整備の基本方針であり、広く国民に理解していただかなければならないものだと思います。  平成二十三年度以降に係る防衛計画の大綱は、二年前の平成二十二年十二月十七日に閣議決定されましたが、何と、本日まで本会議、委員会での質疑が実現されず今日に至ったことは、まことに遺憾です。  その間、鳩山、菅両総理は日米同盟を揺るがし、さらに、野田総理、あなたが任命した一川、田中両防衛大臣はともに参議院で問責決議を受けて、野田政権は本気で国防を考えていないと国民は……


※このページのデータは国会会議録検索システムで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2021/11/15

今津寛[衆]活動記録 : トップ選挙結果 | 本会議発言 | 委員会統計発言一覧質問主意書



■著書
2020年10月新刊