国会議員白書トップ衆議院議員七条明>本会議発言(全期間)

七条明 衆議院議員
「本会議発言」(全期間)

七条明[衆]活動記録 : トップ選挙結果 | 本会議発言 | 委員会統計発言一覧質問主意書

七条明衆議院議員の在職時の本会議発言に関してまとめています。下記リンクから各項目に飛べます。

■発言統計  ■発言時役職  ■発言一覧


本会議発言統計(衆議院)

在籍期
発言
文字数
議会役職
政府役職



18回
6327文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

9回
5345文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字



衆議院在籍時通算
27回
11672文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

※「議会役職」は議長、副議長など国会の役職、「政府役職」は大臣などの内閣、政府関係の役職が記録に付されていた場合を集計しています。


本会議発言時役職(衆議院)

 在職時に衆議院本会議での議会役職、政府役職の立場からの発言なし。

本会議発言一覧(衆議院)

40期(1993/07/18〜)

第132回国会 衆議院本会議 第29号(1995/05/23、40期、自由民主党・自由連合)

○七条明君 私は、自由民主党・自由連合、日本社会党・護憲民主連合、新党さきがけを代表し、オウム真理教関連事件について、村山総理並びに関係閣僚に質疑をさせていただきます。  去る三月二十日、朝のラッシュで混雑する地下鉄車両内にサリンを発散させ、多数の人を死傷させるという極めて卑劣な無差別テロが発生をいたしました。改めて、亡くなられた方々とその御遺族に対し心から哀悼の意を表しますとともに、負傷されました方々に心よりお見舞いを申し上げる次第であります。  これまで我が国の治安のよさは国内はもとより国際的にも高い評価を受けており、私もそのことを誇りにしてきた一人であります。申すまでもなく、日本国が発展……

第136回国会 衆議院本会議 第1号(1996/01/22、40期、自由民主党)

○七条明君 各常任委員長の選挙は、その手続を省略して、議長において指名されることを望みます。
【次の発言】 国務大臣の演説に対する質疑は延期し、来る二十四日午後一時から本会議を開きこれを行うこととし、本日はこれにて散会されることを望みます。

第136回国会 衆議院本会議 第2号(1996/01/24、40期、自由民主党)

○七条明君 国務大臣の演説に対する残余の質疑は延期し、明二十五日午後二時から本会議を開きこれを継続することとし、本日はこれにて散会されることを望みます。

第136回国会 衆議院本会議 第3号(1996/01/25、40期、自由民主党)

○七条明君 各種委員等の選挙は、いずれもその手続を省略して、議長において指名され、裁判官訴追委員の予備員の職務を行う順序については、議長において定められることを望みます。

第136回国会 衆議院本会議 第4号(1996/02/13、40期、自由民主党)

○七条明君 議案上程に関する緊急動議を提出いたします。  大蔵委員長提出、平成七年度の水田営農活性化助成補助金についての所得税及び法人税の臨時特例に関する法律案は、委員会の審査を省略してこれを上程し、その審議を進められることを望みます。

第136回国会 衆議院本会議 第5号(1996/02/14、40期、自由民主党)

○七条明君 議案上程に関する緊急動議を提出いたします。  平成七年度一般会計補正予算(第3号)、平成七年度特別会計補正予算(特第3号)、右両案を一括議題とし、委員長の報告を求め、その審議を進められることを望みます。
【次の発言】 議案上程に関する緊急動議を提出いたします。  内閣提出第三号、地方交付税法等の一部を改正する法律案を議題とし、委員長の報告を求め、その審議を進められることを望みます。
【次の発言】 議案上程に関する緊急動議を提出いたします。  内閣提出、平成七年度における租税収入の減少を補うための公債の発行の特例に関する法律案を議題とし、委員長の報告を求め、その審議を進められることを……

第136回国会 衆議院本会議 第11号(1996/03/27、40期、自由民主党)

○七条明君 議案上程に関する緊急動議を提出いたします。  平成八年度一般会計暫定予算、平成八年度特別会計暫定予算、平成八年度政府関係機関暫定予算、右三案を一括議題とし、委員長の報告を求め、その審議を進められることを望みます。
【次の発言】 議案上程に関する緊急動議を提出いたします。  内閣提出、在外公館の名称及び位置並びに在外公館に勤務する外務公務員の給与に関する法律の一部を改正する法律案を議題とし、委員長の報告を求め、その審議を進められることを望みます。
【次の発言】 議案上程に関する緊急動議を提出いたします。  内閣提出、国立学校設置法の一部を改正する法律案を議題とし、委員長の報告を求め、……

第136回国会 衆議院本会議 第16号(1996/04/11、40期、自由民主党)

○七条明君 議事日程追加の緊急動議を提出いたします。  平成八年度一般会計予算、平成八年度特別会計予算、平成八年度政府関係機関予算、右三案を一括議題とし、委員長の報告を求め、その審議を進められることを望みます。
【次の発言】 議事日程追加の緊急動議を提出いたします。  内閣提出、平成八年度における財政運営のための公債の発行の特例等に関する法律案を議題とし、委員長の報告を求め、その審議を進められることを望みます。

第136回国会 衆議院本会議 第20号(1996/04/25、40期、自由民主党)

○七条明君 議事日程追加の緊急動議を提出いたします。  航空業務に関する日本国とエティオピア連邦民主共和国との間の協定の締結について承認を求めるの件、所得に対する租税に関する二重課税の回避及び脱税の防止のための日本国とメキシコ合衆国との間の条約の締結について承認を求めるの件、右両件を一括議題とし、委員長の報告を求め、その審議を進められることを望みます。

第136回国会 衆議院本会議 第23号(1996/05/10、40期、自由民主党)

○七条明君 議案上程に関する緊急動議を提出いたします。  内閣提出、勤労者財産形成促進法の一部を改正する法律案、参議院送付、地方自治法第百五十六条第六項の規定に基づき、公共職業安定所の設置に関し承認を求めるの件、右両件を一括議題とし、委員長の報告を求め、その審議を進められることを望みます。

第136回国会 衆議院本会議 第24号(1996/05/14、40期、自由民主党)

○七条明君 議案上程に関する緊急動議を提出いたします。  内閣提出、外国船舶製造事業者による船舶の不当廉価建造契約の防止に関する法律案を議題とし、委員長の報告を求め、その審議を進められることを望みます。
【次の発言】 議案上程に関する緊急動議を提出いたします。  内閣提出、防衛庁設置法の一部を改正する法律案を議題とし、委員長の報告を求め、その審議を進められることを望みます。

第136回国会 衆議院本会議 第25号(1996/05/17、40期、自由民主党)

○七条明君 議事日程追加の緊急動議を提出いたします。  内閣提出、参議院送付、産業構造転換円滑化臨時措置法を廃止する法律案を議題とし、委員長の報告を求め、その審議を進められることを望みます。

第136回国会 衆議院本会議 第27号(1996/05/23、40期、自由民主党)

○七条明君 議事日程追加の緊急動議を提出いたします。  内閣提出、地方公務員災害補償法の一部を改正する法律案を議題とし、委員長の報告を求め、その審議を進められることを望みます。

第136回国会 衆議院本会議 第29号(1996/05/28、40期、自由民主党)

○七条明君 安全保障委員長の選挙は、その手続を省略して、議長において指名されることを望みます。
【次の発言】 議事日程追加の緊急動議を提出いたします。  松前仰君外六名提出、国連海洋法条約の実施に伴う漁業秩序の確立等に関する決議案は、提出者の要求のとおり、委員会の審査を省略してこれを上程し、その審議を進められることを望みます。

第136回国会 衆議院本会議 第32号(1996/06/04、40期、自由民主党)

○七条明君 議事日程追加の緊急動議を提出いたします。  内閣提出、参議院送付、商標法等の一部を改正する法律案を議題とし、委員長の報告を求め、その審議を進められることを望みます。

第136回国会 衆議院本会議 第35号(1996/06/11、40期、自由民主党)

○七条明君 議事日程追加の緊急動議を提出いたします。  日程第五とともに、厚生委員長提出、旅館業法の一部を改正する法律案を委員会の審査を省略して追加し、両案を一括議題とし、委員長の報告及び趣旨弁明を求め、その審議を進められること序望みます。

第136回国会 衆議院本会議 第37号(1996/06/14、40期、自由民主党)

○七条明君 議事日程追加の緊急動議を提出いたします。  谷垣禎一君外九名提出、中国の核実験に抗議し、直ちに今後の核実験を中止することを求める決議案は、提出者の要求のとおり、委員会の審査を省略してこれを上程し、その審議を進められることを望みます。
【次の発言】 議事日程追加の緊急動議を提出いたします。  参議院提出、歯科医師法の一部を改正する法律案とともに、厚生委員長提出、優生保護法の一部を改正する法律案は委員会の審査を省略して、両案を一括議題とし、委員長の報告及び趣旨弁明を求め、その審議を進められることを望みます。
【次の発言】 議事日程追加の緊急動議を提出いたします。  農林水産委員長提出、……

第136回国会 衆議院本会議 第38号(1996/06/19、40期、自由民主党)

○七条明君 裁判官訴追委員の予備員の選挙は、その手続を省略して、議長において指名され、その職務を行う順序については、議長において定められることを望みます。
【次の発言】 議事日程追加の緊急動議を提出いたします。  請願日程千九十件とともに、本日委員会の審査を終了した青少年の健全育成を阻害する雑誌の販売抑制に関する請願外二十五請願を追加して一括議題とし、その審議を進められることを望みます。


44期(2005/09/11〜)

第165回国会 衆議院本会議 第17号(2006/11/16、44期、自由民主党)

○七条明君 ただいま議題となりました両法律案につきまして、法務委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。  両案は、最近の社会経済の発展に的確に対応した信託法制を整備する観点から、受託者の義務、受益者の権利などに関する規定を整備するとともに、多様な信託の利用形態に対応するため、限定責任信託、受益者の定めのない信託、いわゆる目的信託、自己信託などの新たな諸制度を導入するものであります。  また、表記を現代用語化し、国民に理解しやすい法制とするものでもあります。  両案は、第百六十四回国会に提出され、本委員会に付託され、継続審査に付されていたものであります。  今国会では、去る十月二十……

第166回国会 衆議院本会議 第14号(2007/03/16、44期、自由民主党)

○七条明君 ただいま議題となりました両法律案につきまして、法務委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。  まず、裁判所職員定員法の一部を改正する法律案につきまして申し上げます。  本案は、下級裁判所における事件の適正かつ迅速な処理を図るため、判事の員数を四十人、判事補の員数を三十五人、それぞれ増加しようとするものであります。  次に、執行官法の一部を改正する法律案について申し上げます。  本案は、国家公務員の退職後の年金制度に関する状況等を踏まえ、執行官の退職後の年金についての暫定措置である恩給を廃止し、その他所要の規定の整備を行おうとするものであります。  なお、この法律の施行……

第166回国会 衆議院本会議 第17号(2007/03/27、44期、自由民主党)

○七条明君 ただいま議題となりました法律案につきまして、法務委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。  本案は、戸籍公開の原則を見直し、戸籍謄本等を請求できる場合を、戸籍に記載されている者を除き、戸籍の記載事項を利用する正当な理由がある場合に制限するものであります。  あわせて、戸籍の記載の真実性を担保するため、婚姻、協議離婚等の届け書を持参した者が、婚姻、協議離婚等をする本人であることが確認できなかった場合には、本人に対して届け出が受理されたことを通知すること等としております。  本案は、去る三月十九日本委員会に付託され、二十日長勢法務大臣から提案理由の説明を聴取し、質疑に入り……

第166回国会 衆議院本会議 第24号(2007/04/19、44期、自由民主党)

○七条明君 ただいま議題となりました法律案につきまして、法務委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。  本案は、少年非行の現状に適切に対処するため、少年法等の所要の規定を整備するもので、その主な内容は、次のとおりであります。  まず第一に、触法少年の事件について、警察官による任意調査及び強制調査の手続等を整備することとしております。  第二に、十四歳未満の少年についても、家庭裁判所が特に必要と認める場合には、少年院送致の保護処分をすることができることとしております。  第三に、遵守事項を遵守しなかった保護観察中の者に対して、家庭裁判所において少年院送致等の決定をすることができるこ……

第166回国会 衆議院本会議 第27号(2007/05/08、44期、自由民主党)

○七条明君 ただいま議題となりました法律案につきまして、法務委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。  本案は、更生保護の機能を充実強化するため、所要の法整備を行うもので、その主な内容は次のとおりであります。  まず第一に、犯罪者予防更生法及び執行猶予者保護観察法を整理統合して新たな法律とするとともに、更生保護の目的を明確化しております。  第二に、保護観察における一般遵守事項及び特別遵守事項を整理して充実させるとともに、保護観察の実施状況に応じて特別遵守事項の変更ができることとしております。  第三に、受刑者等の円滑な社会復帰を図るため、その者の住居、就業先その他の生活環境の調……

第166回国会 衆議院本会議 第31号(2007/05/17、44期、自由民主党)

○七条明君 ただいま議題となりました法律案につきまして、法務委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。  本案は、自動車運転に係る死傷事故の実情等にかんがみ、事案の実態に即した適正な科刑を実現するため、所要の法整備を行おうとするもので、その主なものは次のようなものであります。  まず第一に、自動車の運転上必要な注意を怠り、よって人を死傷させた者を七年以下の懲役もしくは禁錮または百万円以下の罰金に処する旨の処罰規定を設けるものであります。  第二に、現在、四輪以上の自動車とされている危険運転致死傷罪の対象を自動車とし、二輪車もその対象に含めることとしております。  本案は、参議院先議……

第166回国会 衆議院本会議 第33号(2007/05/22、44期、自由民主党)

○七条明君 ただいま議題となりました法律案につきまして、法務委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。  本案は、司法制度改革関連法の円滑な実施を図るための法整備を行おうとするものであり、その主な内容は、次のとおりであります。  まず第一に、裁判員制度のもとにおいて、裁判所に同一被告人に対する複数の事件が係属した場合に、裁判員の負担を軽減するため、区分した事件ごとに部分判決をした上、これを踏まえて、全体の事件について終局の判決を行う部分判決制度を創設することといたしております。  第二に、裁判員の参加する刑事裁判の審理において、証人尋問等を記録媒体に記録することができるものとしてお……

第166回国会 衆議院本会議 第38号(2007/06/01、44期、自由民主党)

○七条明君 ただいま議題となりました法律案につきまして、法務委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。  本案は、犯罪被害者等の権利利益の一層の保護を図るため、所要の法整備を行うもので、その主な内容は次のとおりであります。  まず第一に、犯罪被害者等が刑事裁判に参加する制度を創設し、故意の犯罪行為により人を死傷させた罪、業務上過失致死傷の罪等の被害者等が、証人の尋問、被告人に対する質問及び事実または法律の適用について意見の陳述をすることができることとしております。  第二に、故意の犯罪行為により人を死傷させた罪等の被害者等が、損害賠償請求に関し刑事手続の成果を利用することができる制……

第166回国会 衆議院本会議 第50号(2007/07/05、44期、自由民主党)

○七条明君 ただいま議題となりました法律案につきまして、法務委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。  本案は、配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護のための施策を推進するため、保護命令制度を拡充し、面会の要求、夜間の電話、被害者の親族への接近等を禁止できることとするとともに、基本計画の策定及び配偶者暴力相談支援センターの業務の実施を市町村の努力義務とし、配偶者暴力相談支援センターの業務に被害者の緊急時における安全の確保を追加することとしております。  本案は、参議院提出に係るもので、七月三日本委員会に付託され、昨日山下参議院法務委員長から提案理由の説明を聴取した後、質疑を行い、……


※このページのデータは国会会議録検索システムで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2020/05/28

七条明[衆]活動記録 : トップ選挙結果 | 本会議発言 | 委員会統計発言一覧質問主意書