国会議員白書トップ衆議院議員大谷信盛>本会議発言(全期間)

大谷信盛 衆議院議員
「本会議発言」(全期間)

大谷信盛[衆]活動記録 : トップ選挙結果 | 本会議発言 | 委員会統計発言一覧質問主意書

大谷信盛衆議院議員の在職時の本会議発言に関してまとめています。下記リンクから各項目に飛べます。

■発言統計  ■発言時役職  ■発言一覧


本会議発言統計(衆議院)

在籍期
発言
文字数
議会役職
政府役職



4回
14225文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字



衆議院在籍時通算
4回
14225文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

※「議会役職」は議長、副議長など国会の役職、「政府役職」は大臣などの内閣、政府関係の役職が記録に付されていた場合を集計しています。


本会議発言時役職(衆議院)

 在職時に衆議院本会議での議会役職、政府役職の立場からの発言なし。

本会議発言一覧(衆議院)

42期(2000/06/25〜)

第151回国会 衆議院本会議 第36号(2001/06/07、42期、民主党・無所属クラブ)

○大谷信盛君 民主党の大谷信盛でございます。  民主党・無所属クラブを代表いたしまして、ただいま議題となりました土地収用法の一部を改正する法律案について質問をさせていただきたく思います。(拍手)  まず、国土交通大臣にお伺いをさせていただきます。  最初に、今回の改正の目的について、しっかりと目的を確認させていただきたいというふうに思います。  今の法案の提案理由の中では、例えば、住民参加、円滑化、効率化、そして、何よりも大切な環境についての提案がございました。私、これは、キーワードを並べるというだけではなくして、言い方を変えるならば、新しい時代がやってきた、今までの公共事業ではなく、私たちの……

第155回国会 衆議院本会議 第4号(2002/10/29、42期、民主党・無所属クラブ)

○大谷信盛君 民主党の大谷信盛でございます。  民主党・無所属クラブを代表して、法科大学院の教育と司法試験等との連携等に関する法律案、司法試験法及び裁判所法の一部を改正する法律案、学校教育法の一部を改正する法律案について質問いたします。(拍手)  質問に入る前に、一言申し述べさせていただきます。  去る十月二十五日、私たちの同僚であります石井紘基衆議院議員が、暴漢に襲われて死去いたしました。この事件は、政治活動を暴力により封殺するという、民主主義への挑戦であり、断じて許すことのできないものであると考えます。  この場をかりまして、石井紘基衆議院議員の死を悼み、心よりの御冥福をお祈りするとともに……

第156回国会 衆議院本会議 第11号(2003/02/28、42期、民主党・無所属クラブ)

○大谷信盛君 大谷信盛でございます。  阿久津幸彦議員のお伺いにお答えさせていただきます。  特に、地方分権、道路特定財源、そして事後・再評価の課題について、お答えさせていただきたく思います。  民主党の公共事業基本法におきましては、まず、第三条の「基本理念」の中で、国が実施すべき事業は「地方公共団体が実施することが難しい広域的な事業に限定する」など明記しておりまして、地方分権の理念を徹底しなければならないと、はっきりと規定させていただいております。  この理念を徹底していくために、第四条におきましては、国と地方公共団体の役割を具体的に明記しております。国または特殊法人の行うことができる事業を……

第156回国会 衆議院本会議 第28号(2003/05/09、42期、民主党・無所属クラブ)

○大谷信盛君 民主党の大谷信盛、四十歳でございます。  私は、民主党・無所属クラブを代表いたしまして、国民の皆様の快適な空の旅を守るために、成田国際空港株式会社法案について御質問させていただきます。(拍手)  今、我が国が抱えている空港・航空行政の問題点は、大規模国際拠点空港の整備が完成していない、にもかかわらず、空港も空港整備特別会計も長期債務の返済に苦しんでいる、したがって、空港使用料は世界一高く、国際競争力は低く、利用者の便益も小さいままにあるということです。  この原因は、環境変化に合わせて空港政策の重点を戦略的に転換できてこなかったことにあると考えます。  当初は、空港ネットワークを……


※このページのデータは国会会議録検索システムで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2021/09/21

大谷信盛[衆]活動記録 : トップ選挙結果 | 本会議発言 | 委員会統計発言一覧質問主意書



■著書
2020年10月新刊