喜多壮一郎衆議院議員 国会活動データ「委員会出席・発言」



衆議院委員会発言統計

在籍期別委員会出席・発言数

  26期(1953/04/19〜)   66回出席(うち幹部出席  5回)   18回発言   56325文字発言

    衆議院在籍時通算     66回出席(うち幹部出席  5回)   18回発言   56325文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言回数は本統計に含まれていません。
 「幹部出席」は委員長、委員長代理理事、委員長代理、理事として出席した場合を数えています。

委員会別通算出席・発言数

 1位   49回出席  13回発言 外務委員会
 2位    6回出席   2回発言 昭和28年度一般会計暫定予算につき同意を求めるの件外6件特別委員会
 3位    5回出席   2回発言 公職選挙法改正に関する調査特別委員会
 3位    5回出席   1回発言 文部委員会
 5位    1回出席   0回発言 労働委員会

衆議院委員長経験

委員長経験

外務委員会委員長(第21回国会)

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。
 括弧内は初任の会期を示します。その後の会期での就任状況は「在籍期別委員会出席・発言数」からリンクしている各期別議員活動ページを参照してください。

理事経験

公職選挙法改正に関する調査特別委員会理事(第20回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。
 括弧内は初任の会期を示します。その後の会期での就任状況は「在籍期別委員会出席・発言数」からリンクしている各期別議員活動ページを参照してください。


衆議院委員会発言一覧

第16回国会 衆議院 外務委員会 第5号(1953/06/20、26期)

議事進行について。さつきから伺つていると、これでは議事は進みませんよ。穂積委員の要求のときにも、条約局長だけだから、資料はほかの係の者と相談して、いつ出せるか出せないか言えないというが、あれがびしやつ…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 外務委員会 第6号(1953/06/24、26期)

議事進行について。簡単に申し上げますが、この時間とそれから質疑者の数から行くと、どうしても押し押しになつて十分なことはできません。ひとつ委員長の手元で至急理事をお集めくださつて――問題から行けば、予算…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 外務委員会 第8号(1953/06/27、26期)

前会の内灘問題の引続きで、きようは時間が短かいので簡単にお尋ねしますから、簡単に、十分内容のあるお答えを願いたいのです。私が要求いたしました昨年十二月五日の内閣閣議了解要旨、内灘演習場一時使用に関する…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 外務委員会 第12号(1953/07/10、26期)

議事進行について。御報告は了といたしますが、内灘関係で参考人としておいでを願つた林屋亀次郎氏はお見えにならぬようですが、どういうことになつておりましようか。ではこれより参考人の御意見を聴取いたします…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 外務委員会 第23号(1953/07/30、26期)

改進党を代表して、今採決さるべき日米友好通商航海条約の批准を承認する件について、賛成の意を表します。しかしこの条約が、独立日本の今後の産業経済のみならず、深く国民の生活全部にわたつてまで一種の支配力…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 外務委員会 第25号(1953/08/01、26期)

私は石川県河北郡内灘村の内灘射撃場の永久接収反対に関する請願の紹介者の一人でありますが、内容はすでに政府当局者はよく御承知でありますし、特に政務次官及び伊関局長とは、私再々論議を重ねたのでありますから…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 外務委員会 第28号(1953/08/07、26期)

まことに遺憾であります。天下の大問題を論ずるのに十五分なんて、きようは本会議が衆参院とも十二時まで慣例によつてあるのですから、この委員会も一人一時間ずつで八時間やつたらいいと思うのです。さようおとりは…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 外務委員会 第30号(1953/09/17、26期)

もう時間もありません。大体一時までといつても、もう十五分しかない。二人とすれば七分半ですから、質問にも何にもなりません。委員会の運営はどうあるか知りませんが、正直に言つて私は委員長としても委員会自体を…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 昭和28年度一般会計暫定予算につき同意を求めるの件外6件特別委員会 第4号(1953/05/25、26期)

成田委員の質疑に対しての総理の答弁及びその一部分は田中委員に答弁がありまたが、根本の問題で、吉田総理及び吉田内閣は、国民の生活のみならず、日本の前途に対して根本の認識を欠いているから、日米通商航海条約…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 昭和28年度一般会計暫定予算につき同意を求めるの件外6件特別委員会 第6号(1953/05/27、26期)

改進党を代表して、本暫定予算三件及び法律四件に同意する。同意の理由を二つあげる。その一つは次のことである。本暫定予算には政策的な経費が織り込まれていないことである。本暫定予算、それにはともするとこんな…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第4号(1954/02/03、26期)

今大臣の報告の中に、平和を脅威する国との貿易統制については目下研究中というお言葉がありましたが、概括的でいいのですが、大体現在よりも緩和されますか、それともむしろ強化されるものか。そしてこれはまた別…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第6号(1954/02/10、26期)

春さんにお尋ねします。もうこまかいことはほかの方がおやりになつたが、私は根本はまだあなたがお答えになつていないと思うのです。サンフランシスコ講和条約によつて、結局沖繩も奄美大島も小笠原も日本の主権のも…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第16号(1954/03/13、26期)

関連して。言葉のニユアンスの問題があります一れども、私は今の並木委員の質問で指摘されたけれども、ちよつと惜しかつたと思うのです。第八条の「自国の政治及び経済の安定と矛盾しない範囲でその人力、」――英語…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第21号(1954/03/20、26期)

私は外務大臣に三月十三日の同僚並木委員の質問に関連してちよつと質問したいと思います。第八条のマンパワー――、人力という点について大胆の答弁を速記録で読んでみますと、驚くべき答弁をいただいておる。「マン…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第29号(1954/03/30、26期)

MSA関係の四協定に承認を与えるかどうかの態度を決定するときに、私は改進党を代表して一言したい。MSA協定が大きな協定であつて、独立日本の運命を今後左右することは、いまさらここでいう必要がない。しか…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 文部委員会 第11号(1954/03/01、26期)

私は文部大臣お尋ねいたしますが、この法律案二件、特に教育の政治的中立の確保に関する法律案ですが、第一条に「教育基本法の精神に基き、」という言葉がありますが、教育当局の解釈する教育基本法の精神とは一体ど…会議録へ(外部リンク)

第20回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第2号(1954/12/03、26期)

私は自治庁の方にお尋ねするのですが、非常に広汎な改正ですが、政局の動きから言うと解散があるかもしれぬ。従つて選挙間近にこれを一体下部組織まで徹底し得る自信がありやなしや。むろん当然なければならぬのです…会議録へ(外部リンク)

第20回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第3号(1954/12/04、26期)

関連。これは三浦さん、それから鍛冶委員にお尋ねしますが、ポスターの問題です。告知用ポスターとしていながら日時と場所を書かないで張つておくということになると、これは一般選挙運動用ポスターですよ。そうする…会議録へ(外部リンク)



データ更新日:2019/03/12