石原慎太郎衆議院議員 国会活動データ「委員会出席・発言」



衆議院委員会発言統計

在籍期別委員会出席・発言数

  33期(1972/12/10〜)   39回出席(うち幹部出席 20回)    7回発言   39293文字発言
  34期(1976/12/05〜)   12回出席(うち幹部出席  0回)    1回発言    5514文字発言
  35期(1979/10/07〜)   18回出席(うち幹部出席  0回)    1回発言    8825文字発言
  36期(1980/06/22〜)   44回出席(うち幹部出席  0回)    4回発言   41610文字発言
  37期(1983/12/18〜)   71回出席(うち幹部出席  0回)    5回発言   39270文字発言
  38期(1986/07/06〜)   17回出席(うち幹部出席  0回)    0回発言       0文字発言
  39期(1990/02/18〜)   32回出席(うち幹部出席  0回)    1回発言   16021文字発言
  40期(1993/07/18〜)    7回出席(うち幹部出席  0回)    2回発言   35655文字発言
  46期(2012/12/16〜)    4回出席(うち幹部出席  0回)    4回発言   54203文字発言

    衆議院在籍時通算    244回出席(うち幹部出席 20回)   25回発言  240391文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言回数は本統計に含まれていません。
 「幹部出席」は委員長、委員長代理理事、委員長代理、理事として出席した場合を数えています。

委員会別通算出席・発言数

 1位  124回出席  12回発言 外務委員会
 2位   76回出席   7回発言 予算委員会
 3位   30回出席   2回発言 安全保障特別委員会
 4位    7回出席   0回発言 科学技術振興対策特別委員会
 5位    2回出席   0回発言 対フィリピン経済援助に関する調査特別委員会
 5位    2回出席   2回発言 法務委員会
 7位    1回出席   0回発言 沖縄及び北方問題に関する特別委員会
 7位    1回出席   1回発言 災害対策特別委員会
 7位    1回出席   1回発言 国家安全保障に関する特別委員会

衆議院委員長経験

委員長経験

衆議院委員会での委員長経験なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

理事経験

外務委員会理事(第72回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。
 括弧内は初任の会期を示します。その後の会期での就任状況は「在籍期別委員会出席・発言数」からリンクしている各期別議員活動ページを参照してください。


衆議院委員会発言一覧

第71回国会 衆議院 外務委員会 第9号(1973/04/04、33期)

先般の委員会で石井理事が日本の燃料資源問題について質問されました。私、同じ問題につきまして、きょうはおもに軍事戦略的な見地からお伺いしたいと思います。最初に妙な質問をいたしますが、大臣、最近世界の外…会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 外務委員会 第22号(1973/06/15、33期)

原子力事業が発展し、原子力発電の需要がふえるに沿いまして、今回の協定で濃縮ウランの需要の増加に伴った変更が行なわれるのは当然のことだと思いますが、今回の協定が従来のものと違った点といえば、アメリカ側か…会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 外務委員会 第24号(1973/06/22、33期)

気がついた点について、順不同にお聞きしたいと思いますが、先ほど大杉さんがおっしゃっていましたけれども、原子力の平和利用に関する日本とアメリカ、あるいはアメリカと世界全体の関係を歴史的に振り返ってみます…会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 外務委員会 第33号(1973/08/29、33期)

国会の答弁も新聞も明けても暮れても金大中、金大中でございまして、これまた日本独特のヒステリックなセンセーショナリズムの現象だと思いますが、幸か不幸か、今回の金大中事件という不幸で悲劇的な事件の中で国家…会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 外務委員会 第5号(1974/02/20、33期)

昨今日本の外交に非常にいろいろな問題が続いてございました。これに対して外務省の対処の不備が云々されておりますし、また、それについていろいろな憶測、批判もございます。私は、非常に誤解と毀誉褻貶の多い青嵐…会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 外務委員会 第21号(1974/04/27、33期)

外務大臣にお伺いいたしますが、今回のこの協定は非常に政治性が強い。獲得された両者の路線がいわば外交路線ともいわれております。しかし、そうならば一そうこの協定を結ぶにあたってわが国が中国に対してとる外交…会議録へ(外部リンク)

第73回国会 衆議院 外務委員会 第3号(1974/09/05、33期)

大統領夫人の殺害事件について、日本に道義的な責任がないとか、それから外務大臣の北の脅威云々について、多分に誤解の多い言辞が外務省に多いような気がいたします。特に道義的な責任がないということばは、後に公…会議録へ(外部リンク)

第85回国会 衆議院 外務委員会 第2号(1978/10/14、34期)

今回締結されました日中友好条約に対するいろいろの評価があるようでございます。私も慎重派の一人でございましたが、引き続いて私の友人の中山委員、浜田委員が質問されますから、私はピアニシモに、後にフォルテが…会議録へ(外部リンク)

第91回国会 衆議院 外務委員会 第14号(1980/04/09、35期)

アメリカのイランに対する今回の断交処置は、どうもアメリカの大統領選挙との絡みがあるという印象を非常に避けがたい。先般の、これのもとになりました学生による大使館占拠事件の際、日本は国際法に違反しているイ…会議録へ(外部リンク)

第93回国会 衆議院 外務委員会 第2号(1980/10/22、36期)

最近私は福田元首相と招待されまして韓国に行ってまいりました。全斗煥新大統領の新しい体制下で、金大中氏の問題が改めて今後の日韓関係にとっての非常なマイナスといいましょうか、危険な要因であるということを感…会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 安全保障特別委員会 第3号(1981/04/13、36期)

この日昇丸沈没事件というのはまことに不愉快かつきわめて不可解な事件でございまして、現在判明している事実に限って申しましても、アメリカの今後の正確な調査、報告あるいは補償に関しての態度いかんでは、日米の…会議録へ(外部リンク)

第95回国会 衆議院 外務委員会 第2号(1981/11/11、36期)

最近、日本の防衛問題に関してなかなか世の中がかしましくなってまいりました。特に、アメリカの議会で上院、下院で幾つかの決議案が出るようになりました。これらの動きについていろいろな評価があるでしょうけれど…会議録へ(外部リンク)

第100回国会 衆議院 災害対策特別委員会 第3号(1983/10/13、36期)

今回の三宅島の噴火災害に関しまして、早速、加藤大臣陣頭指揮のもとに、関係省庁また当委員会の各委員が御視察いただきまして、現地を代表いたしましてお礼を申させていただきます。しかし、予想外に被害が非常に…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 外務委員会 第6号(1984/04/12、37期)

いろいろ問題の多いフィリピン問題について主に三つほど質問をさせていただきます。この時期、この状況の中で日本から膨大な経済援助をフィリピンの現政府に与えるということにいろいろ疑義と不安もあるわけですが…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 予算委員会 第19号(1984/03/13、37期)

第三分科会における審査の経過…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 安全保障特別委員会 第3号(1985/03/27、37期)

やむを得ない所用で、一分くらいで午前中のお話を聞きそびれまして、大変失礼いたしました。御両人のおっしゃること、私、非常に興味深く聞いておったのですけれども、実は私、十七年前、行ってみたら日本の議員で…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 法務委員会 第13号(1985/04/10、37期)

私は、法務委員会に出席するのは生まれて初めてでございまして、のぞいたこともございません。法律、司法に関しては全くのと素人でございますが、この質問をいたしますために、友人の弁護士だけではなくて、友人には…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 予算委員会 第16号(1985/02/22、37期)

まず文部大臣と文部省に、最近非常に問題になっておりますいわゆる情緒障害児についてお尋ねしたいと思います。今からもう十五年以上前になります一九六七年に中央児童福祉審議会がその意見具申の中で、登校拒否、…会議録へ(外部リンク)

第125回国会 衆議院 法務委員会 第2号(1992/12/08、39期)

冒頭に基本的なことをお伺いいたしたいと思いますが、法務大臣、海は一体だれのものなんでしょう。陸には個人の所有が認められておりますが、しかしこれは公共の目的に利用されるときには私権も制限されるというケー…会議録へ(外部リンク)

第128回国会 衆議院 予算委員会 第3号(1993/10/05、40期)

きょうは、実は北富士の演習場と総理の侵略戦争問題についてちょっとお尋ねしようと思いましたら、どうも内閣のスタッフが非常に神経質でしてね、日がな夜がなうちへ電話をしてきて、何を聞くんだ、何を聞くんだと。会議録へ(外部リンク)

第129回国会 衆議院 予算委員会 第15号(1994/06/02、40期)

最初に、総理に永野発言についてお伺いしたいと思いますが、永野前法務大臣は、あれは首ですか、それともやめたんですか。罷免ですか、それとも辞任ですか。それが今、あるいはこれからお話があるのかもしれません…会議録へ(外部リンク)

第183回国会 衆議院 予算委員会 第4号(2013/02/12、46期)

浦島太郎のように十八年ぶりに国会に戻ってまいりました、暴走老人の石原であります。私、この名称を非常に気に入っていまして、みずから愛称にしているんですけれども、せっかくの名づけ親の田中真紀子さんが落選…会議録へ(外部リンク)

第185回国会 衆議院 国家安全保障に関する特別委員会 第14号(2013/11/15、46期)

特定秘密保護法案につきましては、中には被害妄想にも近いいろいろな揣摩臆測がありまして、国民の知る権利も構えていろいろ修正案も出そうでありますが、仄聞しますと、余り間口を広げずに、ごく限られた集約的な秘…会議録へ(外部リンク)

第186回国会 衆議院 予算委員会 第6号(2014/02/12、46期)

おはようございます。維新の会の代表の石原です。昨年末、被害妄想といいましょうか、その幻想に駆られたような大騒ぎの中で、事なく特定秘密保護法が通りましたが、一部の白痴的というか売国的というか、大新聞や…会議録へ(外部リンク)

第187回国会 衆議院 予算委員会 第4号(2014/10/30、46期)

しばらくぶりに予算委員会に参りまして、後ろで長らく傍聴しておりましたが、大分細々した高級な議論が続いているようでありますけれども、ここで一つ模様がえしまして、大まかな、国家の基本に関する大事な問題につ…会議録へ(外部リンク)



データ更新日:2019/03/12