石原慎太郎衆議院議員 国会活動データ「本会議発言」



衆議院本会議発言統計

  33期(1972/12/10〜)    0回       0文字
  34期(1976/12/05〜)    1回     501文字
  35期(1979/10/07〜)    0回       0文字
  36期(1980/06/22〜)    0回       0文字
  37期(1983/12/18〜)    0回       0文字
  38期(1986/07/06〜)    2回    2239文字
  39期(1990/02/18〜)    0回       0文字
  40期(1993/07/18〜)    1回    1628文字
  46期(2012/12/16〜)    1回    7628文字




衆議院本会議発言一覧

第80回国会 衆議院 本会議 第24号(1977/05/10、34期)

現況下、海底油田の開発が環境保全対策に問題があるのではないかという御質問でございますが、基本的な線については総理から答弁がございましたが、具体的に補足させていただきます。日韓両国の交換公文の中に汚染防止の要綱として三つの点がございます。第一は噴出防止装置等に対するもの、第二は油の排出に対するもの、第………会議録へ(外部リンク)

第112回国会 衆議院 本会議 第14号(1988/04/12、38期)

運輸省への御質問は三つあったと心得ております。まず、九州と四国とを結ぶ鉄道の実現の問題でございます。会議録へ(外部リンク)

第112回国会 衆議院 本会議 第24号(1988/05/17、38期)

海上保安庁の留置施設に関する法律案につきまして、その趣旨を御説明申し上げます。海上保安庁の留置施設は、海上保安官が逮捕する被疑者または現行犯人等を留置するため、全国の海上保安部署等百九カ所に設置されており、年間約四百人の者を収容しております。会議録へ(外部リンク)

第132回国会 衆議院 本会議 第21号(1995/04/14、40期)

昭和四十一年の暮れから翌年にかけて、私は、ある新聞社の特派員として、当時既にデルタ地域にまで共産勢力が進出していたベトナム戦争の取材に赴きました。あのベトナムで私が強く感じたことは、首都サイゴンの知識階級のみずからの国で行われている戦争への驚くほどの無関心、冷笑的な態度でありました。それゆえに、私は………会議録へ(外部リンク)

第185回国会 衆議院 本会議 第2号(2013/10/16、46期)

まずもって、台風二十六号が多大な被害をもたらしましたけれども、なかんずく、私のもとの選挙区でありました伊豆の大島では、土砂災害で数十人の死者、行方不明者を出しました。心からお悔やみを申し上げ、お見舞いを申し上げます。今から四十三年前、私が敬愛しておりました、天才とも言われていた作家の三島由紀夫氏は、………会議録へ(外部リンク)




データ更新日:2019/03/10