国会議員白書トップ参議院議員足立良平>委員会発言一覧(全期間)

足立良平 参議院議員
「委員会発言一覧」(全期間)

足立良平[参]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計/発言一覧 | 質問主意書

このページでは足立良平参議院議員が委員会や各種会議で行った質問や答弁などの発言の冒頭部分と会議録本文へのリンクを一覧化しています。足立良平参議院議員「委員会統計」(全期間)には委員会および各種会議の活動状況の集計結果を示しています。
 本会議での発言の統計と一覧については本会議発言のページを参照してください。

■委員会発言一覧  ■各種会議発言一覧

委員会発言一覧(参議院)

15期(1989/07/23〜)

第116回国会 逓信委員会 第1号(1989/11/01、15期、民社党・スポーツ・国民連合)

○足立良平君 逓信委員会で質問させていただくのは私実は初めてでございますので、ひとつよろしくお願いをいたしたいと思います。  古来、「情けは人のためならず」という言葉がございますが、最近の若い人たちの解釈の仕方というのは古来の解釈から全然変わってまいりまして、情けを人にかけることはその人のためにならない、こういうふうな解釈になってきているようでございます。そういう面で私は、このお年玉のはがきで社会福祉のため、あるいはまた社会的に困っている人たちのために補助をしていく、こういう気持ちを全国民が持っていくということは、これからの潤いのある社会をつくっていくためには大変に必要なことではないか、こうい……

第116回国会 逓信委員会 第2号(1989/11/30、15期、民社党・スポーツ・国民連合)

○足立良平君 まず第一点目にお聞きをいたしたいと思いますのは、六十一年度のNHKの決算の内容についてでございますけれども、予算上、事業収支均衡になっていたわけでございますけれども、改善をされまして事業収支差金が五十八億円ということに相なっているわけでございまして、収入面あるいはまた支出面、それぞれNHK側におきましても努力をされているというふうに判断をいたしていたところでございます。そのうち、受信料収入が十億六千万円の増収というふうに認識をいたしているわけでございますけれども、その要因について一体どういうものであるのかということがまず一点目でございます。  そして経営効率化の推進につきまして、……

第116回国会 逓信委員会 第3号(1989/12/05、15期、民社党・スポーツ・国民連合)

○足立良平君 私は、まず第一点目として地域の情報化の推進の問題につきまして質問をいたしたい、このように思うわけであります。  高度情報化社会の円滑な実現を図っていく、そういうためには、地域間の情報の格差といいますか、情報間の格差の是正を行う、そして全国的には均衡のとれた情報化を推進していくことが不可欠だ、このように実は認識をいたしているわけでございます。  郵政省におきましては、ニューメディアを用いまして地域社会の振興を図る総合的な施策としてテレトピア構想を推進いたしているわけでありますが、現在、全国の七十地域のモデル都市におきましてこの情報通信システムの構築が進められているというふうに聞いて……

第118回国会 逓信委員会 第1号(1990/03/29、15期、民社党・スポーツ・国民連合)

○足立良平君 一応最後になりましたけれども、ほとんど本件に関しましての質問なり問題点は出てきておりますから、私の方は端的に二、三質問いたしたい、こう思います。  それで、その前提で申し上げておきたいと思いますけれども、既に提起されましたように、この二十九条からいたしまして本件がいわゆる緊急性があるかどうかということ、これはいいか悪いかということはちょっと別ですけれども、緊急性があるのかどうなのかということについては、これはいささか私の方としては問題があるのではないか、こういう気持ちが今までの答弁の中からも消えていないことをまず申し上げておきたいと思うわけでございます。  さて、その上に立ってで……

第118回国会 逓信委員会 第2号(1990/03/30、15期、民社党・スポーツ・国民連合)

○足立良平君 この委員会におきまして今審議がされておりますのは予算を中心にしたNHKの問題でございますが、受信料というものを考えてみますと、これはもう正直に申しまして幾らでも、幾らでもと言ったら言葉は悪いかもしれませんけれども、安い方がいいというのは、これはもうやっぱり庶民の一般的な感覚だ、このように思うわけであります。ただ私は、そういう安いことは望ましいというけれども、それでは一般的な公共料金というものがそれぞれの経営体が赤字のまま、そのまま将来的に存置をされ、放置をされ、そして政治的にその料金というものは赤字のままでいいんだ、安い方がいいんだ、こういうことで決めていくことは、ある面におきま……

第118回国会 逓信委員会 第4号(1990/05/29、15期、民社党・スポーツ・国民連合)

○足立良平君 私は、郵政大臣の過日の所信表明を中心に与えられました時間少し質問をしていきたい、こういうふうに思うわけであります。  まず、第一点目は地域情報化の推進の問題についてでございますけれども、これまで郵政省といたしましては、諸施策を、テレトピア構想とか、あるいはまたテレコムプラザというふうな問題も提起をされておりますし、あるいはまた最近はテレコムタウン事業の推進というふうなことも計画をされているわけでありまして、これは大臣の所信表明の内容を見ましても、今後新しい技術を生かした通信・放送開発事業を支援して、そして全国レベルにおける情報流通の円滑化を図っていきたいというふうに表明をされてい……

第118回国会 逓信委員会 第5号(1990/06/01、15期、民社党・スポーツ・国民連合)

○足立良平君 私の方からちょっと質問をさせていただきたいと思います。  これは、まことに申しわけございません、事前に通告しておりませんが、NTTさんの方にもちょっと関係がありますので、少し私の考え方だけ申し上げておきたいと思います。 通告しておりませんから、もしなんだったら返答等は結構でございます。  それは、先ほどからずっとお話が出ているわけでございますが、一〇四の三十円の関係なんです。これは、私相当前の逓信委員会でも実はこの問題で郵政省の方だったと思いますが、少し議論をいたしました。私は前のこの逓信委員会で一〇四の有料化の問題をめぐりまして、原価が百九十円というふうにあの当時お聞きをいたし……

第118回国会 逓信委員会 第6号(1990/06/05、15期、民社党・スポーツ・国民連合)

○足立良平君 最後の質問者になったわけでございますが、私ほかの委員会ともかけ持ちでちょっと席を外しておりましたので、ひょっといたしますと質問が前の皆さん方の質問とダブるケースがあるのかもしれませんが、その点ひとつよろしくお願いをしておきたい、このように思います。  第一点目でございますけれども、生命保険業界、一般の民間を含めた生命保険業界の中での簡保の位置づけというものについてまずお聞きをいたしたい、このように思うわけであります。  これはもう私が今さら申し上げるまでもなく、この簡易生命保険事業が発足をいたしましたそもそもの経過は、民間の役割というものに対して簡保事業というものが、いわゆる大衆……

第118回国会 逓信委員会 第7号(1990/06/12、15期、民社党・スポーツ・国民連合)

○足立良平君 質問も最後になったわけでございますが、若干今までの各委員の質問とダブルところがあるかもしれませんが、よろしくお願いいたしたいと思います。  今日の我が国の状況下で、これは高齢化社会であるとかいろんな課題、土地の問題とかあるわけでありますけれども、一番大きな課題は、既に議論がありますように、東京一極集中ということがやはり何といいましても一番大きな課題だし、これの解消ということが、今日の我が国の状況を踏まえて見るなら最も緊急かつ重要な事項であろう、このように実は思っておるところであります。  それで、過日の逓信委員会でも私若干申し上げたわけでありますけれども、この情報化社会の進展とい……

第118回国会 逓信委員会 第9号(1990/06/19、15期、民社党・スポーツ・国民連合)

○足立良平君 この簡易郵便局法の改正の考え方で、既にこれは議論もされているわけでございますが、大都市において郵便局の設置が難しい、いわゆる地価の高騰を含めて、それが大きな一つの原因のように聞くわけであります。私、ちょっとこの点から今までの議論と少し視点を変えてみたいと思うんですが、我が国の状況あるいは世界的に見ましても、急激に世の中全体の活動といいますか、経済活動それから社会活動を含めまして二十四時間の活動に今変換をしてきているというふうに考えております。そうしますと、郵政事業というものは人を中心にしたものでありますけれども、サービス産業という観点から考えてみると、二十四時間社会に世の中が転換……

第118回国会 逓信委員会 第10号(1990/06/21、15期、民社党・スポーツ・国民連合)

○足立良平君 最後でございますから少しダブっている面がひょっとしたらあるんじゃないかと思いますが、なるべくダブりましたことについては省いて、しかも速やかに質問を終わりたい、このように思いますので、ひとつお願いいたしたいと思います。  まず郵便貯金の自主運用制度の関係について、これは運用開始が六十二年から五年間ということで今行われているわけでありますけれども、この新規運用額のうち二分の一が国債の引き受けに充当されているのが今日までの実態のようでございますが、これは一体どういうふうな理由で二分の一を国債で充当しているのかということが一つ。そしてこれは、結果の問題かどうかは別としましても、実際的にど……

第118回国会 予算委員会 第3号(1990/03/26、15期、民社党・スポーツ・国民連合)

○足立良平君 私は、まず第一点目といたしまして、日米構造協議の問題に関しまして質問をいたしたいと、このように思います。  最近のマスコミ報道等を拝見いたしておりますと、日米構造協議の焦点になっております大店法の問題を初めとして、政府は今週末にも最終的な決断をされるやに実は伺っているわけであります。  この構造協議と申しますのは、日本の将来の企業の活動あるいは消費のあり方、あるいはまたこの本委員会におきましても総理がたびたび主張されておりますけれども、我が国の文化あるいはまた社会慣習、そういうふうな問題にも大変な影響を及ぼすわけでございまして、したがいまして、総理は我が国の今後の経済展望というも……

第118回国会 予算委員会 第9号(1990/05/18、15期、民社党・スポーツ・国民連合)

○足立良平君 ただいま日米構造協議から派生いたしました公共投資の増額の問題についてちょっと議論があったところでございますけれども、私は時間も余りございませんから、構造協議から派生する日米の公共投資の増の問題に絞って質疑を進めさせていただきたい、このように思うわけであります。  実際的に、既にマスコミにおきましては四百兆であるとか、本日は五百五十兆であるとか、いろんな数字が並べられているわけでありますけれども、これは最終的な金額はちょっと別といたしまして、日米構造協議の公共投資の問題でもっとふやしていけという米国側の要求、これは既に今までのいろんな本院におきましての議論の中で、アメリカから要求さ……

第118回国会 予算委員会 第20号(1990/06/07、15期、民社党・スポーツ・国民連合)

○足立良平君 私は、民社党・スポーツ・国民連合を代表し、ただいま議題となっております平成二年度予算三乗に対して、反対の討論を行います。  反対の第一の理由は、従来からの硬直的、固定的な予算編成が踏襲され、国民生活向上より各省庁の権益を優先させた欠陥予算となっている点であります。  我が党は、夢ある二十一世紀を切り開き、生活者がゆとりと潤いを実感できる社会を創造するため、生活先進国型予算を編成するよう強く求めてまいりました。我々はこの観点から、消費税・税制再改正、インフレの防止と内需主導による実質五%の経済成長の確保、住宅環境改善等の社会資本整備、資産格差の是正、文化・教育・スポーツ政策の充実と……

第119回国会 予算委員会 第1号(1990/10/22、15期、民社党・スポーツ・国民連合)

○足立良平君 今回のこのイラクのクウェートへの侵攻、そして併合、こういう問題につきましては、先ほど来話が出ておりますように、まさに国際秩序を破壊するものである、国際正義に反するものである、このように私は考えているわけであります。  そこで、政府としての見解を改めてお聞きいたしたいと思うわけでありますが、このような暴挙をイラクは一体なぜ行ったんだろうか。これはマスコミ等で石油の問題とかいろんなことを言われているわけでありますけれども、これからの問題の解決を図っていこうとするなら、どういうことで今回のこのような暴挙が行われたのかということを政府として一体どのように認識されているかということをまずお……

第120回国会 逓信委員会 第3号(1991/02/21、15期、民社党・スポーツ・国民連合)

○足立良平君 最後の質問になったわけでありまして、きょう朝からそれぞれ各委員から質問がありました。ある面におきましては相当ダブったり、私もちょっと質問等事務局に申し上げている内容と少し離れざるを得ないかもしれませんが、その点ひとつよろしくお願いしておきたいと思います。  それでまず第一点目に、これは関谷大臣にお聞きをいたしたいと思うのでありますけれども、大臣の考え方、基本的な考え方を拝見いたしておりますと、こういうことがございます。これは冒頭の部分でありますけれども、「御案内のとおり、今日、世界は、ソ連、東欧圏、中近東などそれぞれの地域において激動の時代を迎えております。」。これは考えてみます……

第120回国会 逓信委員会 第5号(1991/03/07、15期、民社党・スポーツ・国民連合)

○足立良平君 毎度のことでありますが最後になってしまいまして、あらかじめ予定をしていたものがほとんど項目としては出てしまっておりますので、アドリブも入るかもしれませんけれども、少し考え方をはっきりしていただきたい、こう思うわけであります。  本年の四月の七日から郵貯ホリデーサービスということでATMあるいはまたCDの稼働、いわゆる休日サービスというものが行われる。あるいは、これは松野局長の午前中からの答弁をずっとお聞きいたしておりまして、郵便貯金というものが特に大都市の方では伸び悩んでいるというふうな実態とか、いろんな状況が提起をされているわけであります。  考えてみますと、今回の郵便貯金法の……

第120回国会 逓信委員会 第6号(1991/03/12、15期、民社党・スポーツ・国民連合)

○足立良平君 東京の一極集中の排除と申しますか、多極分散型の国土をつくる、そういう観点で今日まで郵政省といたしましても情報の通信基盤あるいはまたその拠点というもの、そういう整備を行ってきたところでございます。それはもう既に議論がされておりますように、例えばテレトピア構想であるとかいろんな構想が今日まで進んできているわけでございます。さらに、今回この法案のようないわゆる基盤法をつくってさらに充実して支援をしていこう、こういう考え方に立っているわけでありますが、これは考えてみますと地域情報化を進めていく、そういう一つの情報化を進めていくというこの一点からいたしますと、相当施策が余りにもずっと細分化……

第120回国会 逓信委員会 第7号(1991/03/26、15期、民社党・スポーツ・国民連合)

○足立良平君 最後になったわけでありまして、少し質問等がそれぞれの委員の皆さん方から提起されました内容とちょっとダブるかもしれませんけれども、その点ひとつよろしくお願いをいたしたいと思います。  まず冒頭に、これまた先ほど鶴岡委員の方から提起がされておりましたが、国際放送の重要性ということが言われておりました。昨年も私は本委員会におきましてこの国際放送の重要性ということを申し上げて、そして特にこれは我が国の国際的な戦略、特に今回湾岸戦争の問題を中心にいたしまして、日本の置かれている状況というのは国際的にも大変微妙な状態にあるのではないかというふうに考えておりますし、そういう面では日本として世界……

第120回国会 逓信委員会 第8号(1991/04/02、15期、民社党・スポーツ・国民連合)

○足立良平君 新しい郵便年金が昭和五十六年に創設をされているわけでございますが、この新契約の一件当たりの平均年金額といいますか、平均年金の年額ですね、これを見てみますと、創設をいたしました昭和五十六年は三十三万四千円になっているわけでございますけれども、平成二年度で見ますと二十一万二千円ということで、漸次これは減少傾向にあるように思うわけであります。  一般的に社会経済的に少し高くなってくるのが普通だろうと思うんですけれども、むしろ逆の傾向を示しているんですが、これは一体どういうふうに考えたらいいんだろうかということをまず第一点目にお聞きいたしたいと思います。

第120回国会 逓信委員会 第9号(1991/04/09、15期、民社党・スポーツ・国民連合)

○足立良平君 この前の湾岸戦争を見ておりまして、よく言われるわけでありますけれども、ちょうどテレビの戦争ゲームのような、戦争の現実感というものが全く感じられないような、そういう実態であったんではないかというふうに思っておるわけであります。  ただ、あの画面を見ておりまして、私改めて感じたことは、いわゆる半導体、コンピューター、衛星あるいは情報通信というふうに、今日の先端技術というものの持つ大きさといいますか、ある面においてはこれは将来どのようになっていくんだろうかという感じの一種の脅威といいますか、そういう感じを受けたわけでございます。このことを考えてみましたときに、特に今日まで日米のいろんな……

第120回国会 逓信委員会 第10号(1991/04/16、15期、民社党・スポーツ・国民連合)

○足立良平君 土地の高度利用というものは、これはもう今日の状況からいたしますと極めて重要なことだというふうに考えているわけであります。日米の構造協議の最終報告、これを見ておりましても、この土地の高度利用ということが大きなテーマに実はなってきているわけでございます。それに対して、これはちょうど土地利用の部分のところの「基本認識」で、こう記載をいたしているわけであります。「日本政府は、九〇年度末までに低・未利用の国有地の特定を完了する。」、さらに「九一年度末までにこれらの国有地の有効利用化の目標を設定し、その目標に従って有効利用化を図ることとする。」ということを明確にいたしているところでございます……

第120回国会 逓信委員会 第11号(1991/04/23、15期、民社党・スポーツ・国民連合)

○足立良平君 今まで質問、質疑をずっと聞いておりまして、これあらかじめ申し上げていませんけれども、ちょっと考え方をお聞かせ願っておきたいと思うんです。  この法案が成立をいたしまして以降、従来のモールス信号を搭載しておる船とそれからGMDSSを搭載している船という二つの種類が並行して進んでいくと思うんです。そうしますと、例えばGMDSSからいろんな緊急信号がありましたときに、モールスだけ積んでいる船というのは受信することができないのではないかという感じもするんですけれども、そういう問題点はございませんですか。
【次の発言】 それでは次に、これ無線通信士の処遇の関係についてちょっとお聞きをいたし……

第120回国会 逓信委員会 第12号(1991/04/25、15期、民社党・スポーツ・国民連合)

○足立良平君 私は二つの点で質問いたしたいと思います。一つは、NHKの副次収入と関連団体の関係、それから二つ目は、国際放送あるいはまたその番組の国際的な交流の問題、この二つに絞りまして、与えられました時間質問をさせていただきたい、このように思うわけであります。  それで、まず第一点目の副次収入と関連団体との関係についてでありますが、平成元年度のこの状況というものを見ますと、NHKの副次収入というのは約五十三億円であります。この五十三億円の副次収入のうち関連団体からの収入というのは約四十五億円、八五%くらいだろう、このように理解をいたしております。一方、関連団体の事業の売り上げというのも、これも……

第120回国会 予算委員会 第10号(1991/03/25、15期、民社党・スポーツ・国民連合)

○足立良平君 まず最初に、外務大臣にお聞きをいたしたいと思います。  二十日から昨日の夜までアメリカで、大変御苦労さまでございました。深夜に帰ってきて早速の予算委員会でありますからお疲れだと思いますけれども、ひとつアメリカでの話の内容について、さらにちょっと突っ込んでお聞かせ願いたいと思います。  私は、日米における問題は今大変に危機的な状態にあるのではないかと考えているわけでありますけれども、そういう中で日米が相互に理解をするということは、何といいましても、アメリカの言うことだけ聞いたらそれで理解ができるというわけでは私はないと思う。外務大臣として、今日の日本の置かれている状況というもの、日……

第121回国会 国会等の移転に関する特別委員会 第2号(1991/09/11、15期、民社党・スポーツ・国民連合)

○足立良平君 今日までの首都移転の経緯、これは相当歴史があるわけでありまして大変難しい問題であろうと思うんですが、総論賛成各論反対という現実的にはそういう感じがしてならないわけであります。したがって、今日までの経過の中で、三全総であるとか四全総であるとかいろんなその方向性を打ち出しながら、現実的にはほとんど前へ進んでいないわけでありまして、国土庁として今までにその方向性は出しながら進まなかったネックはどこに一番あったのか、これを一体どのように分析されているのかということが一つ。  それから二つ目に、いわゆる首都機能の移転と簡単に申しましても、現実には例えばオーストラリアにしてもイギリスにしても……

第121回国会 国会等の移転に関する特別委員会 第3号(1991/09/27、15期、民社党・スポーツ・国民連合)

○足立良平君 民社党の足立てございます。  先生の「西ドイツの鮮やかな分散」というのを先ほどお聞きして、確かにこれから日本の場合に一番重要なことだろうというふうに思うんですが、実は私、大変長い間ずっと大阪におりまして、大阪での企業というのは電鉄会社と地元の電力会社とかガス会社くらいが本社をそのまま大阪に置いていまして、そしてもうほとんどの企業というのは本社機能を東京に移しているわけです。ですから、一般的にちょっと西ドイツのようないわゆる分散している企業の本社とかということでなしに、日本の場合にはすべての企業がもう既に東京に集中している。これは先生のおっしゃった権限集中、中央集権的なものとかいう……

第121回国会 逓信委員会 第2号(1991/09/24、15期、民社党・スポーツ・国民連合)

○足立良平君 既に質問も七人目に相なりまして、当初予定をいたしておりましたといいますか、あらかじめ申し上げていた内容、相当ダブったり出ていたりいたしておりますから、大きくは外さないつもりですけれども、若干少し変化をしながらちょっと質問をさせていただきたいと思うんです。  それで第一点、きょうはNHKの川口会長さん以下も御出席でございますから、NHKに関しましてまず経営姿勢の関係が一つと、それから二つ目は、従来から報道重視とか娯楽軽視であるとかよく言われていたわけでありますけれども、そういう問題について、この二点について御質問をいたしたいと思うんです。  それで、第一点目の経営姿勢の問題について……

第122回国会 国会等の移転に関する特別委員会 第3号(1991/12/05、15期、民社党・スポーツ・国民連合)

○足立良平君 私も、この道州制というのは本当に必要なのではないかなというふうに実は思ったりいたしております。  実は私、大阪におりまして、東京圏の場合の都、県との関係とそれから大阪圏における府、県の関係というものを考えてみますと、今先生もおっしゃっていましたけれども、同じようなプロジェクトなり同じような地域開発なり、それを小さな県なり府単位でお互いに競い合っているわけです。  ですから、今の人間の移動にしましても、例えば兵庫県の人口の半分以上はほとんど大阪に今度は仕事に全部動いているわけですし、当然京都も大阪に行ったり、人間が相当広範囲に今交通事情で動いてきていますと、そういう面では、広域的に……

第123回国会 国会等の移転に関する特別委員会 第2号(1992/03/04、15期、民社党・スポーツ・国民連合)

○足立良平君 私、民社党の足立てございます。  今、先生のお話なり資料をずっと拝見いたしておりまして、先ほどちょっと議論として出ておりましたけれども、東京の一極集中は、前段としてなぜ一極集中してきたのかということをやはりきちんと考えていかないと、後々かえってまた問題をそのまま残していくのではないか、こんな感じを実は私も持っております、この首都の移転問題というのは、ある面におきましては、私は現在の日本の例えば文化であるとかあるいは経済のシステムであるとかあるいは政治のシステムであるとか、そのものがすべてそこに集中的にといいますかあらわれてきているのではないか、こんな感じがいたしております。  し……

第123回国会 逓信委員会 第2号(1992/03/10、15期、民社党・スポーツ・国民連合)

○足立良平君 私は、政治の倫理といいますか政治をめぐりまして国民は大変に政治不信、ある面におきましては政治家不信、こういう状態に今最高潮に達しているのではないか、このように考えております。そういう面で、この政治倫理の問題につきましては個人にかかわる問題あるいはまた今日の政治のシステムにかかわる問題、いろいろ問題があるわけでありますが、私どもといたしましては、今既にいろんな議論がされておりますから、この問題につきましては別の場に譲っていきたい、このように思います。ただ、大臣もたびたび話をされておりますけれども、これからの行動を通じてそれをきちんとしていくということ、私はそれを大変重く受けとめてお……

第123回国会 逓信委員会 第3号(1992/03/12、15期、民社党・スポーツ・国民連合)

○足立良平君 私は第三種郵便の関係からちょっと質問に入りたいと思います。  これは少し古い話でまことに恐縮でございますが、昭和五十四年度の決算検査報告、会計検査院から出されております。これは五十五年の十一月の二十五日付でございますが、郵政大臣あてに出されている内容でございます。審査あるいは監査体制ですね、この第三種郵便の体制を整備するように改善措置の要求を検査院からされているという内容を私実は見ているわけでございます。この指摘を受けまして郵政省として一体どのような対策を行われたのか、ちょっとお聞かせを願いたいと思います。
【次の発言】 今それぞれ即応して、この検査報告に基づいて郵政省として対応……

第123回国会 逓信委員会 第4号(1992/03/27、15期、民社党・スポーツ・国民連合)

○足立良平君 今ちょっとお話がございましたが、国際放送の問題、きょうもずっと朝から議論を聞いておりまして、私の方の考え方も一点だけ申し上げておきたいと思います。  私もこの逓信委員会で、二度目、三度目くらいでしょうか、国際放送の問題について郵政省の予算が少な過ぎるのではないかということを常に申し上げてきた立場であります。先ほど大臣の答弁を聞いておりまして、いろんな問題が先ほどから出ていましたけれども、きょうはなかなかいい答弁だなというふうに正直言って思いました。これは単に経済摩擦とかそういう問題だけにとどまらずに、日本のこれからの国際的な位置というものを考えてみましたときに、やはり何といいまし……

第123回国会 逓信委員会 第5号(1992/04/07、15期、民社党・スポーツ・国民連合)

○足立良平君 それでは、私は電気通信事業の関係、それから日米関係の問題も含めまして政府調達の問題、大体この二つの問題に絞って質問をさせていただきたい、このように思います。  まず第一点目として、この電気通信事業にかかわる、特にNTTの平成二年度の各部門別の収支状況というのが既に報告をされているわけであります。既に御案内のとおり、市内の通話は三十二億円の赤字、そして市外が九千五百四十四億円の黒字、基本料金においては千八百九十九億円の赤字というふうな数字が今出ているわけでありますが、これは従来からいたしますと、営業収益及びこの費用についてどういうふうに区分をしていくのかということに関しましては、郵……

第123回国会 逓信委員会 第6号(1992/04/16、15期、民社党・スポーツ・国民連合)

○足立良平君 それでは、私の方からまず通信・放送衛星機構法の関係について質問をいたしたいと思います。  既にきょうは午前中から二法案を中心に議論をいたしているわけでございますが、ちょっと一回整理する意味で聞いておきたいと思います。  まず、研究開発について、基礎研究は国の機関であります通信総合研究所、これは国が費用を全く負担をする、これで郵政省として基礎研究をやっている。そして、先導的研究開発、これは新しい言葉なのかもしれませんが、国が費用を負担して通信・放送機構、名称はちょっと変わりますけれども、それが実施をしていく。ないしは、通信・放送機構を通じて国が一部出資する特定研究開発基盤施設整備会……

第123回国会 逓信委員会 第7号(1992/05/14、15期、民社党・スポーツ・国民連合)

○足立良平君 それでは私の方からまず最初に郵貯法の改正の問題について質問をさせていただきたいと思います。  もう既に相当議論がされておりますから、ダブらないようにちょっと視点を変えたりしながら質問させていただきたいと思うんですが、まず第一点目に、この新型貯蓄の新設の関係についてでありますが、この五月一日の日銀の公表金利を基準にいたしますと、この新型貯蓄の場合に、タイプTの場合には二・四その利率になる。そしてタイプUの場合には二・二二になるんではないかというふうに私は試算をいたしております。  これは、特に都銀との関係を考えてみますと、一番大きなさくら銀行の場合、どれだけ普通預金からこちらの方に……

第123回国会 逓信委員会 第8号(1992/05/19、15期、民社党・スポーツ・国民連合)

○足立良平君 私は外資規制の緩和の関係でまず初めに質問をいたしたいと思うわけでありますが、今回NTTとKDDの外資規制を緩和いたしたわけであります。米国でも既にATTが五分の一ということで同じ比率であるということは十分理解をいたしておりますが、国内での問題として、NCCが三分の一ということになっておりまして、同じ通信事業者でありながら、NTTなりKDDが五分の一、そして一方ではNCCが三分の一というふうに外資規制を変えていることについて、一体どういう理由からこういう状況になっているのかちょっとお聞かせ願いたいと思います。
【次の発言】 ちょっと今の答弁を聞いていまして、実態論としてはわかるんで……

第123回国会 逓信委員会 第11号(1992/05/28、15期、民社党・スポーツ・国民連合)

○足立良平君 それでは、私の方からまず質問をいたしたいと思います。  高度情報化社会というものはますます進展をしていく。そういう観点からいたしますと、今回のこの電波法の一部を改正する内容というのは必要やむを得ざる方向ではないかと、こういう考え方を持っているわけでありまして、そういう観点で質問を続けさせていただきたいと、このように思います。  それで、今回創設をされようといたしております電波利用料に加えて、既にあります申請及び検査の手数料とそして登録免許税、そして今回の電波利用料、この三つの料金というもの、料金というのか税金といいますか、この三者の性格をきちんとしておかないと後々混乱を起こしてく……

第123回国会 逓信委員会 第12号(1992/06/18、15期、民社党・スポーツ・国民連合)

○足立良平君 私は、最初にNHKの方に少しお聞きをいたしまして、後ほど郵政省の方の放送の業務の関係でお聞きをいたしたいと思っております。  まず第一点は、これは営業関係の問題でございますが、平成元年度とそして二年度の決算をずっと拝見をいたしておりまして、この中で、受信料の関係についてでございますが、平成元年度は受信契約の目標が四十五万件の増を目標にされておる。実際は三十五万件くらいでしょうかね。それから平成二年度は、三十三万件の目標に対してこれはむしろ目標をオーバーしている。大変に難しい状況の中で目標を一応平成二年度は達成されておる。そして、先ほどの同僚議員の質問の中で、平成三年度も目標を達成……


16期(1992/07/26〜)

第125回国会 国会等の移転に関する特別委員会 第2号(1992/12/08、16期、民社党・スポーツ・国民連合)

○足立良平君 今までそれぞれ同僚委員の方で、東京一極集中がなぜ起きたのかということを含めまして既に議論がなされておりますから、私は、今日の東京の一極集中といいますか、人口的に見ましても、あるいはまた経済的、社会的に見ましても、これは早急に解消に向かってやっていかなきゃいけないという立場を持ちながらひとつ質問をさせていただきたいと思うわけであります。  それで、なぜ一極集中が生じたかということは先ほど来話が出ているわけでございますが、そこでこれは国土庁長官にお聞きをいたしたいと思います。  それぞれ今日まで、この一極集中の弊害ということについて着目をして、この東京の一極集中というものを排除してい……

第125回国会 労働委員会 第2号(1992/12/08、16期、民社党・スポーツ・国民連合)

○足立良平君 私、実は労働委員会はきょう初めてでありまして、ひとつよろしくお願いをしたいと思います。  まず、第一点目です。私、できれば大臣から御答弁願いたいんですが、先ほども同僚委員の方から出ておりますが、第二・四半期にGNPのマイナス成長が出てくる、あるいは実際的には求人倍率も一を割ってきているというふうな大変厳しい状況がある。我が国の今日の経済の実態というもの、これは労働経済という面を中心に、労働省として一体今日の我が国の経済の状況というものをどのように認識されているのか、まず冒頭にちょっとお聞きをいたしたいと思います。
【次の発言】 労働省の立場といいますか、経済という話源からいたしま……

第126回国会 労働委員会 第2号(1993/03/25、16期、民社党・スポーツ・国民連合)

○足立良平君 朝からいろんな問題がそれぞれたくさん出ていまして、大体このようなところを質問するよということで連絡しておったものがほとんど出尽くした感じがするんです。むちゃくちゃになるかもしれぬけれども、ひとつまた大臣、考え方を出していただきたいと思うんです。  きょう、ずっと村上大臣のいろんな話を聞いていまして、大変おもしろい大臣だなというふうに率直に私は思いました。これはいい意味なんですよ。それで、そういう面で余りもうしゃくし定規な話なんてしてみても本当のところ意味がないのではないか。労働行政というのはそういう面ではまさに人間中心ですし、また心琴に触れるといいますかそういうものがないと労働行……

第126回国会 労働委員会 第3号(1993/03/26、16期、民社党・スポーツ・国民連合)

○足立良平君 きょう私は、昨日提起をいたしておりました労働時間の関係で、猶予の一年間延長の問題をきのう少し残しておりましたので、その点をちょっと質問させていただいて、そのほかに雇用のいわゆる地域的あるいはまた能力的なミスマッチの問題くらいに絞りまして簡単に本日は終わらせていただきたい、こう思っております。  それで、まず冒頭に私が昨日申しました内容で一点だけ修正をさせていただきたいと思いますのは、一年間延長するに当たりまして、景気の見通しの問題で総理とそして局長との答弁は少し食い違うのじゃございませんかと申し上げて、あのときに私は予算委員会というふうに多分申し上げたと思いますが、私が調べてみま……

第126回国会 労働委員会 第6号(1993/04/20、16期、民社党・スポーツ・国民連合)

○足立良平君 この臨時措置法の期間延長の問題なんですが、これをずっと見ておりますと、米軍の撤退とかあるいはまた移動とか部隊の縮小であるとか、そういうことに伴って再就職の特別の措置ということが本法の趣旨であるというふうに私は受けとめているわけです。労働省が、例えば特定不況業種の雇用安定法にいたしましても、これは本来再就職を円滑に進めていくということと同時に、その前段としてもう一つの大きな目的はいわゆる離職者を出さないということがこの種の雇用問題を考える場合の一番大きな柱になっているわけです。  それで、労働大臣の所信表明を私はもう拳々服膺してずっと見ておりますと、これまた失業者を出さないようにす……

第126回国会 労働委員会 第8号(1993/05/13、16期、民社党・スポーツ・国民連合)

○足立良平君 労働時間の短縮というものを考えてみますと、これは相当我が国の社会で、政あるいは分あるいは使、そういうふうな中では、総論としては労働時間というものを早急に短縮をしていかなきゃいけないということは全部一致しているわけです。  ところが、実際の労働時間を短縮していく我が国の足取りというものは、きょう午前中からずっともう相当長い時間議論されておりますけれども、余り遅々として進んでいなかったということが実ははっきりいたしておるわけです。これはその面からいたしますと、今回の週四十時間というこの労働基準法をいつの時点からはっきりやるということを基準法の改正として打ち出していくということは、労働……

第126回国会 労働委員会 第9号(1993/05/18、16期、民社党・スポーツ・国民連合)

○足立良平君 きょうはどうも御苦労さんでございました。  私は、労働時間の短縮といいますか、週休二日制の時代というのを考えてみますと、今までの社会経済あるいはまた一般の国民の日常生活そのものも、労働時間の短縮なり週休二日制というものが定着をしていくということによって相当変化していく、あるいはまたシステム的にも変わっていくべき性格のものではないか。  そうしませんと、例えば土曜日、日曜日に一般の人が休んでいるときに働いている人たちもたくさん今いるわけでありまして、そういう面で休んでいる人たちは土、日で別途のサービスを過大に要求をしていくということになりますと、国民全体としていろんな問題が出てくる……

第126回国会 労働委員会 第10号(1993/05/25、16期、民社党・スポーツ・国民連合)

○足立良平君 この労働基準法の改正問題も相当議論をいたしておりますので、問題の焦点がある程度絞られてきている感じもしないわけではないわけであります。  問題は生活大国、民社党は六年前から生活先進国ということで、労働時間の短縮問題、豊かな国民生活を実現していくと、そういう観点で提起をしてきているわけでありますが、要はこの千八百時間を達成をしていくその一つの手段として週四十時間というものを実現していく、当然それは週休二日制も実現をしていく、あるいはまた労働時間のいわゆる基準外労働というものもこれは抑制をしていく、あるいは休暇の取得ということもこれは完全に取得をするようにしていくというふうに、問題は……

第126回国会 労働委員会 第11号(1993/06/01、16期、民社党・スポーツ・国民連合)

○足立良平君 私は、まず第一番に裁量労働制の問題からちょっと質問していきたいと思います。  今回の法改正で、「研究開発の業務その他の業務」という従来の基準法上の法文を一応削除して命令に切りかえるという改正案であります。この内容は、適用業務を命令で定めることによって基本的に現行制度よりも限定性の強いものになったというふうに、この五業種ですね、理解をいたしているわけでありますが、そのような理解でいいかどうかということがまず一つ。  それから二つ目に、裁量労働制を初めて制定いたしました昭和六十二年のときであったと思いますけれども、この六十二年のときに対象業務を命令で定めることは困難だという労働省の答……

第126回国会 労働委員会 第13号(1993/06/10、16期、民社党・スポーツ・国民連合)

○足立良平君 きょう午前中来、パートの問題でいろんな点が各委員から出ているんですが、まず最初に、私は質問の通告をいたしました内容から外れたり、質問がダブらぬようになるべく進めていきたいと思いますから、臨機応変にひとつ回答を願いたいと思うんです。  このパート労働者というのは、近年ずっと増加をしてきているわけでして、増加をしてきている要因というのを労働省としては一体どのように認識をされているのかということが一つ。  それから二つ目に、パート労働者と一口に言いましても相当幅があることは承知しているんですが、今後パート労働者というのは一体どういう傾向を保っていくのであろうか、どのように認識をされてい……

第128回国会 規制緩和に関する特別委員会 第3号(1993/11/12、16期、民社党・スポーツ・国民連合)

○足立良平君 民社党の足立てございます。  まず、青木参考人にお聞きをいたしたいと思うんです。  これは経団連としてきょう出席をしていただいていると思うんですが、第二臨調、土光臨調と一般的に言われております中でも、経団連として積極的にその方向を、立場をとられていたというふうに思うんです。考えてみますと、国鉄の民営化なりあるいは電電の民営化なりあるいは専売の民営化とかというふうな大きなシステムは若干変わったわけですけれども、今日一番問題になっている規制の緩和あるいは許認可の問題、そういう問題については全く実は変化がなかったわけであります。  そういう面で、経済、いわゆる実務をずっとやってこられた……

第128回国会 規制緩和に関する特別委員会 第4号(1993/12/03、16期、民社党・スポーツ・国民連合)

○足立良平君 民社党の足立てございます。  ちょっと手短に、まず岡野先生にお聞きをいたしたいと思います。  先生のレジュメを拝見いたしましても、先ほどもお話があったんですが、経済的規制と社会的規 制、実際的にはこの社会的規制が実質的に経済的規制の機能を果たす可能性があるという御指摘で、私もそういう感じを実は持っております。概念的には経済的規制というものは外す、社会的規制というのはこれから考えていかなきゃいけない。わかるんですが、先生も御指摘のように、頭ではわかるんだけれども現実の問題としてはなかなか区分が難しい感じ、例えば先生から先ほどお話がありました。国鉄が貨物の輸送力を大変増強した云々とい……

第128回国会 予算委員会 第6号(1993/12/10、16期、民社党・スポーツ・国民連合)

○足立良平君 私は、民社党・スポーツ・国民連合を代表いたしまして質問をいたしたい、このように思います。  まず最初に、米の問題につきまして総理の見解をただしたいと思います。  昨日、政府が公表いたしましたドゥーニー調整案を見ますと、従来政府が説明をしてきた内容と重大なそごがあるのではないかというふうに私は実は受けとめているわけであります。  国会で今日まで論議をしてまいりましたのは、政府としては米の自給を堅持していく、こういう考え方を述べてきているわけでありますが、一方、この秘密交渉と批判されかねないそういう交渉が今日まで行われてきたということは私は大変遺憾なことである。しかも、その内容につき……

第128回国会 労働委員会 第2号(1993/11/04、16期、民社党・スポーツ・国民連合)

○足立良平君 坂口大臣、きょうは朝から大変御苦労さまでございまして、御就任もおめでとうございます。おめでとうと申し上げますとともに、本当に御苦労さんですねというふうにもう一言申し上げたいと私は思うんです。  ちょうど大臣の所信、これはあいさつになっているんですが、このあいさつを二度、三度私は熟読させていただきました。熟読させていただきながら、労働省の今置かれている、結局このあいさつの中心は雇用問題のすべて一点に絞られているように私は理解をいたしたわけです。したがって、きょうの質問は一般質問でございますから、雇用問題を中心に考え方等をお聞きしていきたいと私は思うんです。  ずっと熟読をしておりま……

第129回国会 予算委員会 第13号(1994/06/13、16期、新緑風会)

○足立良平君 新緑風会の足立てございます。  新緑風会と申しますのは、細川政権が成立をいたしまして、小会派の発言力を高めるということと同時に細川政権をしっかりと支えていかなければいけない、こういう考え方でこの会派を結成いたしたわけであります。新生党、民革連、民社党そして日本新党、この四つの党が加盟をいたしているわけであります。代表いたしまして質問をさせていただきたいと思います。  まず、私は総理に、政治姿勢と政権の安定についての考え方をただしたいと思うわけであります。  この連立政権というのは、残念ながら少数与党として再スタートせざるを得ませんでして、内外に大変に難問が山積をしている中で厳しい……

第131回国会 労働委員会 第3号(1994/11/15、16期、新緑風会)

○足立良平君 新緑風会を代表いたしまして質問をさせていただきたいと思います。  浜本労働大臣はかつては労働組合の仕事といいますか、働いている人たちの生活を向上させる、あるいはまた権利を拡大していく、そういう観点でずっとやってこられた経歴をお持ちのようでございます。そういう面で私は心から大臣の就任をおめでとうございますというふうに申し上げたいと思いますし、同時に本当に日本の働いている人たちの立場で今後労働行政というものを推進していっていただきたい、こういう面で大変な実は期待を持っているわけでありまして、そういう面でひとつ今後の御活躍を心から期待を申し上げたい、このように思っております。  村山内……

第132回国会 環境特別委員会 第7号(1995/04/12、16期、平成会)

○足立良平君 大気汚染防止法案の質疑に入ります前にちょっと長官にお聞きをしておきたいことがございます。それは、三月のたしか十七日くらいだったと思いますが、これはある新聞の夕刊で、自民党の献金要請は公費助成に反するという長官の記者会見の記事を私拝見をいたしまして、ちょっとこれ、直接この大気汚染防止法とは関係ありませんけれども、私、長官のいろんな点での発言というのは実は大変興味を持ってずっと拝見をしてきておったなにがありましたので、ちょっとその辺で、趣旨についてお聞かせを願いたいと思います。
【次の発言】 その趣旨からいたしますと私も実は全く賛成でありまして、わかりました。ただ、いささかちょっと気……

第132回国会 予算委員会 第2号(1995/02/08、16期、平成会)

○足立良平君 足立てございます。残りの時間、私の方で関連で質問をさせていただきたい、こう思います。  ちょうど私は一月の十七日に、たまたまと、習ったらなんですが、自宅が明石にありまして、震源地から大体距離にいたしますと四キロ前後くらいだろうと思うんですが、総理、実は大変な揺れでございまして、マニュアルからすると、例えば揺れがあれば机の下に潜り込めとか、あるいはガスを切りに行けとか、あるいは逃げるドアをあけに行けとか、マニュアルは私、頭で承知しているんですが、突如にどかんと来たときにばっと日が覚めて、何が起きているのかわからないし、そのうちにがしゃがしゃどかんと、こういう大変な状態のときに、本当……

第132回国会 労働委員会 第4号(1995/03/10、16期、平成会)

○足立良平君 足立てございます。  今、同僚議員の方から円高の今日の状況の問題等提起がされまして、私も本当に大変なことだなと、正直に言ってびっくりしているという状況であります。  この特定不況業種等の雇用の安定の問題に関して考えますときに、政府としていろんな施策をしていかなければいけない、これもう当然のことだろうと思うんです。しかし、やっぱり政府としてすべて雇用を確保し切れるというものではないわけでして、これは何といっても企業がその労働者を雇用し続けていく、そういう経済環境というものがつくられないとどうしようもないという感じを私はいたしております。  そういう面で、これちょっと労働省の方にお聞……

第132回国会 労働委員会 第10号(1995/05/25、16期、平成会)

○足立良平君 足立てございます。  平成会の方に少し質問をさせていただきたいと思います。  政府から提案をされましたこの法案の趣旨といいますのは、きょう朝からたびたび話がありますように、急激な高齢化社会を迎えて、そして家族介護と職業生活の両立を図る必要がある、こういうように説明をされているわけであります。私は平成会の方に、政府案に対して対案を出されている基本的な考え方、いわゆる家庭生活と職業生活の両立を図る観点から、この法案の意義というものをどのように考えておられるのか、これをまず冒頭お聞きをいたしたいと思います。
【次の発言】 それでは、これはひとつ大臣にお聞きをしておきたいと思うんです。 ……

第132回国会 労働委員会 第12号(1995/06/01、16期、平成会)

○足立良平君 私は、ただいま可決されました育児休業等に関する法律の一部を改正する法律案に対し、自由民主党、日本社会党・護憲民主連合、平成会、新緑風会、日本共産党及び新党・護憲リベラル・市民連合の各派共同提案による附帯決議案を提出いたします。  案文を朗読いたします。     育児休業等に関する法律の一部を改正する法律案に対する附帯決議(案)   少子・高齢化社会の中で労働者が仕事と育児・介護との両立を図り、職業生活においてその能力を有効に発揮できる環境を整備するため、政府は、本法の施行に当たり、次の事項について適切な措置を講ずるべきである。  一、介護休業制度が義務化されるまでの間においても、……


17期(1995/07/23〜)

第133回国会 労働委員会 第1号(1995/08/08、17期、平成会)【議会役職】

○委員長(足立良平君) ただいまから労働委員会を開会いたします。  議事に先立ちまして、一言ごあいさつを申し上げます。去る四日の本会議におきまして、労働委員長に選任されました足立良平でございます。  景気の低迷により、我が国の雇用清勢は厳しいものとなっておりますが、労働行政の基本は、内外にわたる経済社会の変化に的確に対応し、勤労者一人一人が安心とゆとりを実感でき、活力に満ちた社会を実現することであります。  労働者の雇用の安定を基本として、総合的な職業能力開発対策、高齢者や障害者の雇用対策、仕事と育児や家族の介護との両立支援対策等を進めていく上で、本委員会に課せられた使命はまことに重大でありま……

第134回国会 労働委員会 第1号(1995/10/05、17期、平成会)【議会役職】

○委員長(足立良平君) ただいまから労働委員会を開会いたします。  議事に先立ちまして、一言申し上げます。  皆様、既に御承知のとおり、本委員会の委員でございました田辺哲夫君は、去る八月八日逝去されました。まことに哀悼痛惜にたえません。  ここに、皆様方とともに謹んで黙祷をささげ、哀悼の意を表して、御冥福をお祈り申し上げたいと存じます。  どうぞ御起立をお願いいたします。黙祷。
【次の発言】 黙祷を終わります。御着席願います。
【次の発言】 委員の異動について御報告いたします。  去る八月十四日、佐藤静雄君が委員を辞任され、その補欠として狩野安君が選任されました。  また、本委員会は、田辺哲夫……

第134回国会 労働委員会 第2号(1995/10/19、17期、平成会)【議会役職】

○委員長(足立良平君) ただいまから労働委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  本日、前田勲男君、佐々木満君及び狩野安君が委員を辞任され、その補欠として松村龍二君、林方正看及び北岡秀二君が選任されました。
【次の発言】 中小企業における労働力の確保のための雇用管理の改善の促進に関する法律の一部を改正する法律案を議題といたします。  政府から趣旨説明を聴取いたします。青木労働大臣。
【次の発言】 以上で趣旨説明の聴取は終わりました。  本案に対する質疑は明二十日に譲ることとし、本日はこれにて散会いたします。    午後二時六分散会

第134回国会 労働委員会 第3号(1995/10/20、17期、平成会)【議会役職】

○委員長(足立良平君) ただいまから労働委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  本日、林方正看及び北岡秀二君が委員を辞任され、その補欠として佐々木満君及び狩野安君が選任されました。
【次の発言】 中小企業における労働力の確保のための雇用管理の改善の促進に関する法律の一部を改正する法律案を議題といたします。  本案の趣旨説明は既に聴取しておりますので、これより質疑に入ります。  質疑のある方は順次御発言願います。
【次の発言】 本案に対する午前の質疑はこの程度にとどめ、午後一時三十分まで休憩いたします。    午後零時十七分休憩

第134回国会 労働委員会 第4号(1995/11/07、17期、平成会)【議会役職】

○委員長(足立良平君) ただいまから労働委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  去る十月二十日、松村龍二君が委員を辞任され、その補欠として前田勲男君が選任されました。  また、昨日、日下部禧代子君が委員を辞任され、その補欠として齋藤勁君が選任されました。
【次の発言】 労働問題に関する調査を議題とし、質疑を行います。  質疑のある方は順次御発言願います。
【次の発言】 午前の質疑はこの程度にとどめ、午後一時まで休憩いたします。    午前十一時五十二分休憩
【次の発言】 ただいまから労働委員会を再開いたします。委員の異動について御報告いたします。  本日、齋藤勁君が……

第134回国会 労働委員会 第5号(1995/12/14、17期、平成会)【議会役職】

○委員長(足立良平君) ただいまから労働委員会を開会いたします。  理事の補欠選任についてお諮りいたします。  委員の異動に伴い現在理事が一名欠員となっておりますので、その補欠選任を行いたいと存じます。  理事の選任につきましては、先例により、委員長の指名に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認めます。  それでは、理事に清水澄子君を指名いたします。
【次の発言】 これより請願の審査を行います。  第一一一号労働行政拡充強化のための大幅増員に関する請願外十九件を議題といたします。  これらの請願につきましては、理事会において協議の結果、第一一一号労働行……

第135回国会 労働委員会 第1号(1996/01/12、17期、平成会)【議会役職】

○委員長(足立良平君) ただいまから労働委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  昨日、梶原敬義君が委員を辞任され、その補欠として栗原君子君が選任されました。
【次の発言】 国政調査及び継続調査要求に関する件についてお諮りいたします。  本委員会は、従来どおり労働問題に関する調査を行うこととし、今期国会閉会中も継続して調査を行うため、本件の継続調査要求書を議長に提出いたしたいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。  なお、要求書の作成につきましては委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。

第136回国会 環境特別委員会 第3号(1996/02/28、17期、平成会)

○足立良平君 平成会の足立てございます。  長官、就任おめでとうございます。本当に今までずっと私も拝見をしておりまして、これから環境行政で今までの長官の政治的な経験を遺憾なくひとつ発揮をしていただきたいと思います。よろしくお願いします。  実は、私もまだ十分勉強し切っていないんですが、環境問題というのは、突き詰めていくとエネルギー問題、そしてコストの問題、そして人口問題というふうに、そういう問題に帰結していくんではないだろうかなと、実は私はそんな感じを持っているわけでございます。  そういう面では、いわゆる経済成長、経済活動あるいは人間の生活というものとエネルギーの関係というのは切っても切れな……

第136回国会 労働委員会 第1号(1996/01/25、17期、平成会)【議会役職】

○委員長(足立良平君) ただいまから労働委員会を開会いたします。  まず、委員の異動について御報告いたします。  去る十八日、栗原君子君が委員を辞任され、その補欠として青木薪次君が選任されました。  また、二十二日、吉村剛太郎君、狩野安君及び清水澄子君が委員を辞任され、その補欠として真島一男君、南野知恵子君及び大脇雅子君が選任されました。
【次の発言】 理事の補欠選任についてお諮りいたします。  委員の異動に伴い現在理事が三名欠員となっておりますので、その補欠選任を行いたいと存じます。  理事の選任につきましては、先例により、委員長の指名に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。

第136回国会 労働委員会 第2号(1996/02/22、17期、平成会)【議会役職】

○委員長(足立良平君) ただいまから労働委員会を開会いたします。  労働問題に関する調査を議題とし、労働行政の基本施策について、労働大臣から所信を聴取いたします。永井労働大臣。
【次の発言】 次に、平成八年度労働省関係予算について説明を聴取いたします。渡邊労働大臣官房長。
【次の発言】 以上で所信及び予算の説明聴取は終わりました。  本件に対する質疑は後日に譲ることとし、本日はこれにて散会いたします。    午前十時二十分散会

第136回国会 労働委員会 第3号(1996/02/27、17期、平成会)【議会役職】

○委員長(足立良平君) ただいまから労働委員会を開会いたします。  労働問題に関する調査を議題とし、労働行政の基本施策に関する件について質疑を行います。  質疑のある方は順次御発言願います。
【次の発言】 午前の質疑はこの程度にとどめ、午後一時三十分まで休憩いたします。    午後零時二十一分休憩
【次の発言】 ただいまから労働委員会を再開いたします。  休憩前に引き続き、労働問題に関する調査を議題とし、質疑を行います。  質疑のある方は順次御発言願います。
【次の発言】 本件に対する質疑はこの程度といたします。  本日はこれにて散会いたします。    午後四時十七分散会

第136回国会 労働委員会 第4号(1996/04/09、17期、平成会)【議会役職】

○委員長(足立良平君) ただいまから労働委員会を開会いたします。  労働問題に関する調査を議題といたします。  雇用問題等に係る諸法律の施行状況に関する件について、永井労働大臣から発言を求められておりますので、これを許します。永井労働大臣。
【次の発言】 ただいまの報告につきまして質疑を行います。  質疑のある方は順次御発言願います。
【次の発言】 午前の質疑はこの程度にとどめ、午後一時まで休憩いたします。    午前十一時五十七分休憩
【次の発言】 ただいまから労働委員会を再開いたします。  休憩前に引き続き、労働問題に関する調査を議題とし、雇用問題等に係る諸法律の施行状況に関する件について……

第136回国会 労働委員会 第5号(1996/04/11、17期、平成会)【議会役職】

○委員長(足立良平君) ただいまから労働委員会を開会いたします。  地方自治法第百五十六条第六項の規定に基づき、公共職業安定所の設置に関し承認を求めるの件を議題といたします。  本件の趣旨説明は既に聴取しておりますので、これより質疑に入ります。  質疑のある方は順次御発言願います。
【次の発言】 他に御発言もなければ、質疑は終局したものと認めて御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認めます。  それでは、これより討論に入ります。――別に御意見もないようですから、これより直ちに採決に入ります。  地方自治法第百五十六条第六項の規定に基づき、公共職業安定所の設置に関し承認を求めるの件を……

第136回国会 労働委員会 第6号(1996/04/18、17期、平成会)【議会役職】

○委員長(足立良平君) ただいまから労働委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  昨日、今泉昭君及び佐々木満君が委員を辞任され、その補欠として石田美栄君及び平田耕一君が選任されました。
【次の発言】 まず、参考人の出席要求に関する件についてお諮りいたします。  労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の就業条件の整備等に関する法律等の一部を改正する法律案の審査のため、本日、社団法人日本事務処理サービス協会会長大原慶一君、弁護士中野麻美君、日本労働組合総連合会社会政策局長桝本純君及び龍谷大学法学部教授脇田滋君を参考人として出席を求め、その意見を聴取したいと存じます……

第136回国会 労働委員会 第7号(1996/04/26、17期、平成会)【議会役職】

○委員長(足立良平君) ただいまから労働委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  去る十八日、石田美栄君及び平田耕一君が委員を辞任され、その補欠として今泉昭君及び佐々木満君が選任されました。  また、去る十九日、山本保君が委員を辞任され、その補欠として石井一二君が選任されました。  また、本日、坪井一宇君が委員を辞任され、その補欠として依田智治君が選任されました。
【次の発言】 労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の就業条件の整備等に関する法律等の一部を改正する法律案を議題といたします。  本案の趣旨説明は既に聴取しておりますので、これより質疑に入ります。 ……

第136回国会 労働委員会 第8号(1996/04/30、17期、平成会)【議会役職】

○委員長(足立良平君) ただいまから労働委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  去る二十六日、松谷蒼一郎君が委員を辞任され、その補欠として中原爽君が選任されました。
【次の発言】 労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の就業条件の整備等に関する法律等の一部を改正する法律案を議題とし、質疑を行います。  質疑のある方は順次御発言願います。
【次の発言】 本案に対する午前の質疑はこの程度にとどめ、午後零時四十分まで休憩いたします。    午前十一時四十二分休憩
【次の発言】 ただいまから労働委員会を再開いたします。  休憩前に引き続き、労働者派遣事業の適正な運営……

第136回国会 労働委員会 第9号(1996/05/07、17期、平成会)【議会役職】

○委員長(足立良平君) ただいまから労働委員会を開会いたします。委員の異動について御報告いたします。  去る四月三十日、中原爽君が委員を辞任され、その補欠として松谷蒼一郎君が選任されました。  また、去る一日、三浦一水君が委員を辞任され、その補欠として坪井一宇君が選任されました。
【次の発言】 高年齢者等の雇用の安定等に関する法律の一部を改正する法律案を議題といたします。  本案の趣旨説明は既に聴取しておりますので、これより質疑に入ります。  質疑のある方は順次御発言願います。
【次の発言】 他に御発言もなければ、質疑は終局したものと認めて御異議ございませんか。

第136回国会 労働委員会 第10号(1996/05/14、17期、平成会)【議会役職】

○委員長(足立良平君) ただいまから労働委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  昨日、坪井一宇君及び青木薪次君が委員を辞任され、その補欠として保坂三蔵君及び川橋幸子君が選任されました。
【次の発言】 労働者災害補償保険法等の一部を改正する法律案を議題といたします。  本案の趣旨説明は既に聴取しておりますので、これより質疑に入ります。  質疑のある方は順次御発言願います。
【次の発言】 本案に対する午前の質疑はこの程度にとどめ、午後一時まで休憩いたします。    午前十一時三十四分休憩
【次の発言】 ただいまから労働委員会を再開いたします。  委員の異動について御報告……

第136回国会 労働委員会 第11号(1996/05/21、17期、平成会)【議会役職】

○委員長(足立良平君) ただいまから労働委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  去る十四日、保坂三蔵君が委員を辞任され、その補欠として坪井一宇君が選任されました。  また、去る十五日、平田健二君、末広真樹子君及び三重野栄子君が委員を辞任され、その補欠として今泉昭君、中尾則幸君及び青木薪次君が選任されました。  また、本日、青木薪次君が委員を辞任され、その補欠として千葉景子君が選任されました。
【次の発言】 勤労者財産形成促進法の一部を改正する法律案を議題といたします。  政府から趣旨説明を聴取いたします。永井労働大臣。

第136回国会 労働委員会 第12号(1996/05/23、17期、平成会)【議会役職】

○委員長(足立良平君) ただいまから労働委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  昨日、千葉景子君が委員を辞任され、その補欠として青木薪次君が選任されました。  また、本日、青木薪次君が委員を辞任され、その補欠として瀬谷英行君が選任されました。
【次の発言】 まず、参考人の出席要求に関する件についてお諮りいたします。  勤労者財産形成促進法の一部を改正する法律案の審査のため、本日、雇用促進事業団理事本庄資君を参考人として出席を求めたいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。

第136回国会 労働委員会 第13号(1996/06/18、17期、平成会)【議会役職】

○委員長(足立良平君) ただいまから労働委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  去る五月二十四日、瀬谷英行君が委員を辞任され、その補欠として青木薪次君が選任されました。
【次の発言】 理事の補欠選任についてお諮りいたします。  委員の異動に伴い現在理事が一名欠員となっておりますので、その補欠選任を行いたいと存じます。  理事の選任につきましては、先例により、委員長の指名に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認めます。  それでは、理事に大脇雅子君を指名いたします。

第138回国会 逓信委員会 第1号(1996/11/12、17期、平成会)

○足立良平君 峰崎委員長、吉村理事及び山田委員とともに私、足立は、去る九月十一日から十三日までの三日間、北海道地方における逓信関係業務の実情調査を行いました。  今回の委員派遣では、北海道の郵政地方三局を初め、NTT北海道支社、NHK札幌放送局から説明を聞くとともに、NTT北海道ネットワークセンター、北海道情報通信技術研究所、函館中央郵便局、函館ケーブルテレビ放送、FMいるか及びNHK函館放送局を視察いたしました。  以下、調査の概要を御報告申し上げます。  まず、郵政事業について申し上げます。  北海道郵政局におきましては、経営方針としてたゆみない躍進を掲げ、職員の方々が問題意識を持って変革……

第140回国会 環境特別委員会 第9号(1997/05/28、17期、平成会)

○足立良平君 平成会の足立てございます。  私の後から平成会の真打ちは加藤議員にやっていただきますので、私は前座で三十分程度、少しお聞きをいたしたい、こう思います。  きょうも午前中からいろんな議論がなされているわけでありますが、環境問題というのは、今も話がございましたけれども、産業構造の問題あるいはエネルギーの問題、あるいは突き詰めていったら人口問題に帰結していくのかもしれないというふうに私は思ったりいたしているわけであります。  言葉として、環境を守っていかなきゃならない、あるいは地球の二十一世紀というものを守っていかなきゃならないということは、大変耳ざわりのいい言葉として我々に響いてまい……

第140回国会 逓信委員会 第2号(1997/02/21、17期、平成会)

○足立良平君 平成会の足立てございます。  大臣に就任されてもう四カ月くらいたっんだろうと思いますが、初めての委員会でありますから、私は、御就任おめでとうございますというふうに申し上げておきたいと思います。郵政事業というのは大変なときでございますので、おめでとうというだけでなしに、本当に御苦労だなというふうに、率直に言って私は大臣に思ったりいたしております。  二十一世紀の郵政事業、とりわけ情報通信政策というのは本当に難しいものでありますし、先ほどもお話が出ておりますように、高度情報化社会というのは光の部分とそして影の部分というものが大変あるわけでございまして、そういう面で私は、郵政大臣には政……

第140回国会 逓信委員会 第5号(1997/03/25、17期、平成会)

○足立良平君 私は、ただいま可決されました簡易生命保険の積立金の運用に関する法律の一部を改正する法律案に対し、自由民主党、平成会、社会民主党・護憲連合、民主党・新緑風会、二院クラブ及び新党さきがけの各派共同提案による附帯決議案を提出いたします。  案文を朗読いたします。     簡易生命保険の積立金の運用に関する法     律の一部を改正する法律案に対する附帯     決議(案)  政府は、現下の厳しい経済情勢と金融環境の国際的変化に適切に対応し、簡易生命保険の加入者の利益を増進するため、簡易生命保険積立金の運用に当たっては、公共の利益に十分配慮するとともに、市場リスクなどのリスク管理の徹底を……

第140回国会 逓信委員会 第8号(1997/04/10、17期、平成会)

○足立良平君 私は、ただいま可決されました特定通信・放送開発事業実施円滑化法の一部を改正する法律案に対し、自由民主党、平成会、社会民主党・護憲連合、民主党・新緑風会、二院クラブ及び新党さきがけの各派共同提案による附帯決議案を提出いたします。  案文を朗読いたします。     特定通信・放送開発事業実施円滑化法の一部を改正する法律案に対する附帯決議(案)  政府は、本法の施行に当たり、次の各項の実施に努めるべきである。  一、特定通信・放送開発事業の実施指針について、国民への周知徹底を図るとともに、その関連支援措置の運用に当たっては、柔軟な対応に努めること。  一、特定通信・放送開発事業の実施に……

第140回国会 逓信委員会 第10号(1997/05/13、17期、平成会)

○足立良平君 私は、ただいま可決されました放送法及び有線テレビジョン放送法の一部を改正する法律案に対し、自由民主党、平成会、社会民主党・護憲連合、民主党・新緑風会、日本共産党、二院クラブ及び新党さきがけの各派共同提案による附帯決議案を提出いたします。  案文を朗読いたします。     放送法及び有線テレビジョン放送法の一     部を改正する法律案に対する附帯決議     (案)  政府は、本法の施行に当たり、次の各項の実施に努めるべきである。一、放送事業者の番組編集の自由を最大限尊重  しつつ、放送倫理の確立・放送番組の適正向  上を通じて、放送に対する視聴者・国民の信  頼を確保するため、……

第140回国会 逓信委員会 第12号(1997/06/05、17期、平成会)

○足立良平君 平成会の足立てございます。  きょうからNTT法、KDD法あるいはまた電気通信事業法の改正の審議を参議院で行うわけでありまして、一般の法律よりも相当長期間の審議になると思いますが、とりわけNTT、それからKDDの参考人の皆さん方、本当に御苦労さまでございます。  私どもの方もこれから精力的に審議を進めていきたいと思っております。この法案を審議いたしますときに、これからの情報化社会というのは一体どうなってくるんだろうか。従来の電話を中心にした情報からマルチメディアあるいはまた国際競争力とか、極めていろんな面で攪拌をいたしていまして、正直に申し上げて、私もこの問題に少し取り組んでまい……

第140回国会 逓信委員会 第14号(1997/06/11、17期、平成会)

○足立良平君 平成会の足立てございます。  きょうは、三名の参考人の皆さん方に大変有益なお話をいただきまして、お礼を申し上げたいと思います。  それで、この情報通信の問題を考えますときに、いろんな理屈といいますか理論的な面があるんでしょうが、何といいましても実際に事業を行っておられる岩崎参考人の立場として、経験則的にでも結構でございますからちょっとお話をいただきたいと思いますのは、先ほども接続の問題というふうな提起をされております。  これは地域網というのは、先ほど岩崎参考人もおっしゃいましたけれども、今のNTTと同じように地域網を整備するというのは大変なコストがかかりますし、実際的には不経済……

第140回国会 逓信委員会 第15号(1997/06/12、17期、平成会)

○足立良平君 私は、ただいま可決されました電気通信事業法の一部を改正する法律案、国際電信電話株式会社法の一部を改正する法律案及び日本電信電話株式会社法の一部を改正する法律案に対し、自由民主党、平成会、社会民主党・護憲連合、民主党・新緑風会、二院クラブ及び新党さきがけの各派共同提案による附帯決議案を提出をいたします。  案文を朗読いたします。     電気通信事業法の一部を改正する法律     案、国際電信電話株式会社法の一部を改     正する法律案及び日本電信電話株式会社     法の一部を改正する法律案に対する附帯     決議(案)  政府は、本三法の施行に当たり、次の各項の実施に努める……

第142回国会 総務委員会 第5号(1998/03/31、17期、民友連)

○足立良平君 民友連の足立てございます。  三十分ぐらい時間を与えられておりますので、その範囲内で少し質問をさせていただきたいと思います。  今の質疑の内容を聞いておりまして、政務次官というものが盲腸的な存在であってはならないようにこれから努力をしなきゃいけない、官房長官はこういうふうにおっしゃいました。それから、総務庁長官は総務庁の政務次官の実態からしてなかなか有効な制度であるというふうに評価をされている。小里長官の方の評価は総務庁に限定したお話であったように思うんですが。  ちょっと官房長官にお聞きしたいのは、全省庁的に今の政務次官というのはどういうふうな位置づけになっているのかということ……

第142回国会 総務委員会 第7号(1998/04/07、17期、民友連)

○足立良平君 民友連の足立てございます。  最初に国会図書館の関係で二、三お聞きをいたしまして、後ほど情報公開の問題を中心に総務庁の方にいろんな考え方をお聞きしていきたい、こう思っております。  まず最初に、国会図書館館長にお聞きをいたしたいと思いますのは、平成十年度の予算を見ますと国会図書館関西館の着工費用というのが計上されているわけでありますが、これの進行状況は一体どうなっているのかということが一つ、それから二つ目にこの関西館の特徴というのを一体どこに置かれているのかこの点についてまずお聞かせを願いたいと思います。
【次の発言】 そういうスケジュールを進めていく中で、先ほどちょっとお聞きを……


18期(1998/07/12〜)

第145回国会 国旗及び国歌に関する特別委員会 第5号(1999/08/03、18期、民主党・新緑風会)

○足立良平君 民主党・新緑風会の足立でございます。  きょうは本当にお二人の先生、それぞれ卓見を聞かせていただきまして、まことにありがとうございます。率直に申し上げて、私、大変勉強になりましたのは、両先生の考え方が全く対照的でございまして、そういう面でこの違いといいますか、この問題に対する認識というのを改めて実は感じたわけであります。  まず最初に、これは高橋先生にちょっと考え方をお聞きしておきたいというふうに存じます。  冒頭に高橋先生の方から、法制化の問題について、明文といいますか、これが明確でないといいますか、従来は慣習法であった、したがってそれは法的根拠がなかったので今回の法制化という……

第145回国会 国旗及び国歌に関する特別委員会 第8号(1999/08/09、18期、民主党・新緑風会)

○足立良平君 民主党・新緑風会の足立でございます。  私に与えられている時間は大変短いのでございますが、きょうはせっかく総理に御出席をいただいておりますので、総理にひとつ質問をさせていただきたい、このように思います。  この国会は今までにない大変大幅な延長をいたしまして、しかもそれは今週の十三日を最終期限といたしているわけであります。それで、この最終一週間の間に参議院におきましては、住民基本台帳あるいはまた通信傍受法案の問題、あるいはまたきょう審議をいたしておりますこの国旗・国歌の問題等々、国民の側からいたしますと大変注視を浴びているこの一週間ではないかというふうに思います。  ところが、私、……

第145回国会 総務委員会 第4号(1999/03/12、18期、民主党・新緑風会)

○足立良平君 民主党の足立でございます。  公務員関係につきまして、まず前半、太田長官にお聞きをいたしたいと思います。  これは、総理の所信表明演説をずっと見ておりましても、ちょっと短いところだけ紹介いたしますと、「独立行政法人化等や業務の徹底した見直し、事前規制型から事後チェック型への行政の転換を基本とする規制緩和、地方分権の推進を通じ、中央省庁のスリム化を図ります。 以上の取り組みの結果として、十年の間に、国家公務員の定員は二〇%、コストは三〇%の削減を実現するよう努力をいたします。」と、このように小渕総理は所信表明演説でその考え方を提示されているわけであります。  私は、ちょっとこれで長……

第146回国会 中小企業対策特別委員会 第3号(1999/11/18、18期、民主党・新緑風会)

○足立良平君 民主党・新緑風会の足立良平でございます。  きょうは、総理以下、御出席をいただきまして、中小企業関係の問題についてざっくばらんに議論をさせていただきたい、このように思います。  それで、私の方の議論の焦点は、中小企業をめぐっての今日の経済状況なり、あるいは政治の問題を含めて、ちょっと総括的に少し触れていきたいというふうに思います。  それで、私、自己紹介を先にいたしますと、比例区の選出でありますから、実は今でも土曜日、日曜日とかいろんな、こちらであきましたときには全国を飛び回っています。全国を飛び回ってみて、最近共通して有権者、国民の皆さん方から出てくる問題が二つあります。  そ……

第147回国会 経済・産業委員会 第2号(2000/03/14、18期、民主党・新緑風会)

○足立良平君 民主党の足立でございます。  一応トップバッターということで、きょうは経企庁長官それから通産大臣中心にひとつ質疑を交わしていきたい、このように思います。  私は、細かい数字とか、ある面においては、こういう発言があったからどうとかというような細かい、そういうことでやりとりをしようとは思っておりません。これからの大きな流れとしてどういうふうに考えていったらいいのかということを中心に、ざっくばらんにひとつ質疑を進めさせていただきたい、こう思っております。  それでまず最初に、経企庁長官にお尋ねをいたしたいと思います。それは、昨日のマスコミ各紙を中心にして十月―十二月の経済の状況等の発表……

第147回国会 経済・産業委員会 第19号(2000/05/30、18期、民主党・新緑風会)

○足立良平君 この法案の審議をずっと通じて言えることでありますが、それぞれこの法案についての賛否の問題は別として、一番のポイントはいわゆる原子力発電が今日の日本のエネルギーの大変大きな重要な位置を占めている、そしてそれは使用済み燃料というのが生じてきているということもこれまた事実、これはすべての人が認めている。  問題は、議論の中心としては、使用済み燃料のいわゆる直接地層処分をするのか、再処理を行ってそれで処分をしていくかというこの二つの点が、どちらを選択するかということが私は一番のまず焦点になってくるのではないかと思っています。  したがって、そういう点で、これは科技庁になると思いますけれど……

第147回国会 選挙制度に関する特別委員会 第2号(2000/05/29、18期、民主党・新緑風会)

○足立良平君 これはこれからのこの特別委員会の進め方ということも含めまして、委員長にこの種の議論というのをちょっと整理していただかないと、ばっともうノーズロでいってしまって、本当に議論というのは収れんする方向よりもむしろ拡散する方向になってしまいますので、その点ひとつお願いをしておきたいということが一点ですね。  それから、もともと選挙制度の改革というのが、これは各会派のこの協議会で進めていくということについては論理的にはあり得ると思うんですね。しかし、現実的にはいろんなきょうも各会派の意見が出ておりますように、この選挙制度というものによってその各会派の消長といいますか、これは大変な影響を受け……

第150回国会 経済・産業委員会 第7号(2000/11/30、18期、民主党・新緑風会)

○足立良平君 民主党・新緑風会の足立でございます。  きょうは、この法案は議員立法ということで出されているわけでありますが、これからのエネルギー行政に大変深いかかわり、あるいはまた今日までの経過というものもあるわけでありまして、議員立法でありますけれども、通産大臣あるいはまた政務次官を含めて、ちょっといろんな所用があったようでありますけれども、無理に出席をお願いいたしました。大臣に対する質問は、いろんなスケジュールの関係でその出席の間に一応集中をしておきたいと思います。  それで、まず最初にちょっと大臣にお聞きをいたしておきたいというふうに思いますのは、ことしの春、三月か四月ごろだったと思いま……

第151回国会 経済産業委員会 第4号(2001/03/27、18期、民主党・新緑風会)

○足立良平君 民主党・新緑風会の足立でございます。  森総理が三月十日に辞意表明をされたわけでありますが、この森内閣のまさに主要な閣僚といいますか、本当の中心的な閣僚としての平沼経済産業大臣として、一体どういうふうに受けとめておられるのか、ちょっとお聞きをしてみたいと思います。
【次の発言】 今大臣のお話を聞いていまして、表向きはそういうことなんでしょうね、表向きは。だから、それ以上、それが単なる繰り上げであるのか実質な辞意表明であるのかということは今ここで詰めようとは思わないんです。  私はあえてこういうふうに申し上げたのは、問題は、今もちょっと政治家というのは裏切ってはいけないとかというふ……

第151回国会 経済産業委員会 第8号(2001/05/24、18期、民主党・新緑風会)

○足立良平君 私は、ただいま可決されました計量法の一部を改正する法律案に対し、自由民主党・保守党、民主党・新緑風会、公明党、日本共産党、社会民主党・護憲連合、無所属の会及び自由党の各派共同提案による附帯決議案を提出いたします。  案文を朗読いたします。     計量法の一部を改正する法律案に対する附帯決議(案)   政府は、本法施行に当たり、次の諸点について適切な措置を講ずべきである。  一 極微量物質の計量計測における高度な技術的水準の確保の必要性等にかんがみ、特定計量証明事業の認定等の制度運用に当たっては、その技術進歩への対応に十分配慮するなど、制度の信頼性保持に努めること。  二 極微量……

第151回国会 経済産業委員会 第9号(2001/05/29、18期、民主党・新緑風会)

○足立良平君 民主党の足立でございます。  私の方は、プルサーマルの問題とセーフガードの問題とそれから緊急経済対策の問題という大体三つぐらいに絞って、ちょっと質問なり質疑を重ねさせていただきたいと思います。  それで、まず第一点目にプルサーマルの問題、先ほど少し議論がされていたわけでありますが、この投票の結果、私も実は大変残念な結果になったというふうに思っております。  それで、ちょっと大臣にここでお聞きしたいと思いますのは、先ほど少し議論を聞いておりますと、十分理解がされなかったというところに問題があるというふうに答弁されていたわけですけれども、なぜ十分に理解されなかったというふうにお考えに……

第151回国会 経済産業委員会 第12号(2001/06/07、18期、民主党・新緑風会)

○足立良平君 民主党・新緑風会の足立でございます。  きょうは、藤目参考人、それから関岡参考人、そして石黒参考人、それぞれ本当に有益なお話をいただきまして、お礼を申し上げたいと思います。  時間も余りございませんので、それぞれ三人の参考人の皆さん方に質問をさせていただきたいと思います。  まず初めに、藤目参考人にちょっとお聞きをしておきたいと思うのですが、きょうお話をいただきました資料、これは一応私もそれぞれ見させていただきまして、本当に有益だったと思うんです。ちょうど昨年の十月くらいだったでしょうか、藤目参考人の「「長期エネルギー需給見通し」改定に向けて」という論文を拝見させていただいており……

第151回国会 経済産業委員会 第13号(2001/06/12、18期、民主党・新緑風会)

○足立良平君 私は、ただいま可決されました石油の安定的な供給の確保のための石油備蓄法等の一部を改正する等の法律案に対し、自由民主党・保守党、民主党・新緑風会、公明党及び自由党の各派共同提案による附帯決議案を提出いたします。  案文を朗読いたします。     石油の安定的な供給の確保のための石油備蓄法等の一部を改正する等の法律案に対する附帯決議(案)   政府は、本法施行に当たり、次の諸点について適切な措置を講ずべきである。  一 石油輸入業に対する登録制の実施に当たっては、新規の事業参入を不当に制約することがないよう最大限の配慮を払うとともに、本法施行の三年後の見直しに際しては、事業者の新規参……

第151回国会 経済産業委員会 第14号(2001/06/14、18期、民主党・新緑風会)

○足立良平君 私は、ただいま可決されました基盤技術研究円滑化法の一部を改正する法律案に対し、自由民主党・保守党、民主党・新緑風会、公明党、社会民主党・護憲連合及び自由党の各派共同提案による附帯決議案を提出いたします。  案文を朗読いたします。     基盤技術研究円滑化法の一部を改正する法律案に対する附帯決議(案)   政府は、本法施行に当たり、次の諸点について適切な措置を講ずべきである。  一 我が国の基礎研究及び産業技術力の維持強化の必要性が増大していることにかんがみ、今後とも民間の創意を活かした基盤技術研究の一層の促進に努めるとともに、研究開発費の政府負担の増加を図ること。  二 基本方……

第151回国会 経済産業委員会 第15号(2001/06/19、18期、民主党・新緑風会)

○足立良平君 民主党・新緑風会の足立でございます。  大臣、きょうは商工会法の質疑でございますけれども、ちょっときょうの朝のニュースを見ておりますと、この委員会でも既に議論をいたしたわけでありますけれども、農産物三品目に関するセーフガードに関して中国が報復関税をかけるとか報復措置をとるというニュースが流れているわけでありまして、ちょっと今までの経過、中国との関係あるいはまたこれから大臣としてどういう考え方でこの問題に対処しようとされているのかということについて、この法案とはちょっと関係ありませんけれども、今までの経過について考え方をひとつ述べていただきたい、このように思います。  私は、あえて……



各種会議発言一覧(参議院)

15期(1989/07/23〜)

第115回国会 産業・資源エネルギーに関する調査会 閉会後第1号(1989/09/26、15期、民社党・スポーツ・国民連合)

○足立良平君 私も実は質問が初めてでございますが、ひとつよろしくお願いをいたしたいと思います。  基本的な考え方をまず申し述べておきたいと思いますけれども、第八次石炭政策の中に盛り込まれております残存炭鉱対策の問題あるいは雇用対策、あるいは地域活性化対策等の問題につきましては、政府として積極的に遂行していくべきことが責務である、このように実は考えているところでございます。特に、先ほど来議論が出ているわけでございますけれども、雇用対策に関しましては、離職者の再雇用の道が都市部にはあるが、地元にないという地域的ミスマッチという問題があるわけでございますので、そういう面で、きめの細かい配慮と血の通っ……

第116回国会 産業・資源エネルギーに関する調査会 第1号(1989/10/31、15期、民社党・スポーツ・国民連合)

○足立良平君 きょうは大変忙しいところ、大変参考になるお話を聞かしていただいたわけでありますが、ちょうど先ほどいただきましたこの経団連の七月二十五日の見解をずっと拝見をいたしておりまして、ちょうど二ページにも触れているわけでございますが、日米の貿易不均衡の主因が、先ほども説明がございましたように、マクロ経済的要因であるというふうな分析をされているわけでございまして、私もまさにそのとおりだろう、このように思っているわけでございます。  しかし、先ほど御説明の中にもございましたが、貿易摩擦が投資摩擦に発展をし、そして今日、文化的な摩擦にまでさらにそれが昇華してきている。こういう状況を考えてみました……

第118回国会 産業・資源エネルギーに関する調査会 第2号(1990/04/18、15期、民社党・スポーツ・国民連合)

○足立良平君 民社党の足立でございます。時間も余りないようでございますから端的にお教えを願いたい、このように思います。  これは鶴田先生にお聞きをいたしたいと思うんですが、先生お読みになったかどうかわかりませんが、四月の十日くらいだったと思いますが、日経新聞が大店法の、これは廃止になるのか改正になるのかを含めましてそういう変化を予測をいたしまして、一応大きな業者に対して今後の投資の動向といいますか、マインド調査を行った結果が出ております。  それを見ておりますと、出店の件数というか店そのものはそんなに変わらないんですけれども、いわゆるスクラップ・アンド・ビルドといいますか、市街地の中における中……

第118回国会 産業・資源エネルギーに関する調査会 第3号(1990/04/20、15期、民社党・スポーツ・国民連合)

○足立良平君 民社党の足立でございます。  それでは、まず小山参考人にお聞きをいたしたいと思います。  ちょうど一九六〇年代の初めくらいから流通革命ということで、アメリカの方はむしろディスカウントストアを中心に相当流通の状況というのが大規模化して変革をしていく。日本の場合には、百貨店ありあるいはいろんな個人商店ありというようなことで大変多様化している流通事情になってきているというふうに、これは先生の論文も拝見をいたしているわけであります。  そういう上に立って、日本のそういう多様化した流通の中で大店法が、一九七三年か四年だったと思いますけれども、それが一体日本の流通のそういう多様化なりあるいは……

第118回国会 産業・資源エネルギーに関する調査会 第5号(1990/05/25、15期、民社党・スポーツ・国民連合)

○足立良平君 大変時間も過ぎているようですから、ひとつ簡単にお聞きいたしたいと思います。民社党の足立でございます。  まず一つ、澤田参考人にお聞きをいたしたいと思いますのは、これは日米あるいは日本とヨーロッパとの若者の行動といいますか、これが日本の企業社会の中でこれから大変いろんな影響を受けてくるのではないかというふうに思うんですが、例えばアメリカの青年と日本の青年の仕事の取り組み方と申しますか、一体どういう点に違いがあるんだろうか。先ほどもちょっと、どなただったかわかりませんけれども、これからの休暇のとり方一つとりましても今の年配層と若い層とは相当変わってきて、そのことにある程度期待をすると……

第118回国会 予算委員会公聴会 第1号(1990/05/24、15期、民社党・スポーツ・国民連合)

○足立良平君 私も時間が大変短いものでございますから、大変失礼でございますけれども、北野公述人にはちょっと質問を差し控えさせていただきたいと存じます。  それで、大場公述人にお聞かせをいただきたいと思うわけでございますが、EC統合というのを考えてみましたときに、これは考えてみましたらもう四十年、五十年、半世紀にわたって、しかもそれは国家主権というものを制限するないしは放棄するという方向で今日まで協議を進めてきたということは、私は大変なことではないかとこのように思うわけでございまして、そのような方向性をとろうとしたEC諸国は一体どういうところからその方向性をとろうとしてきたのだろうかということを……

第119回国会 産業・資源エネルギーに関する調査会 第1号(1990/10/29、15期、民社党・スポーツ・国民連合)

○足立良平君 民社党の足立でございます。  時間もございませんので簡単にお聞きいたしたいと思いますが、省エネルギーの関係、先ほども既に出ているんですが、考えてみますと第一次石油ショック以降のほぼ同じレベルを長期見通しとして持っているということになりますと、従来のエネルギーの使用の状況あるいは産業構造の状況、それから価格の状況、あるいは今までの技術革新とこれからの技術革新の進歩の状況、こういう省エネルギーを達成していく要因というもの、どれ一つとりましても相当厳しい状況が想定をされると思うんです。したがって、そういう面で第一次石油ショック以降の省エネルギーとほぼ同程度の省エネルギーを将来の長期エネ……

第120回国会 産業・資源エネルギーに関する調査会 第2号(1991/02/25、15期、民社党・スポーツ・国民連合)

○足立良平君 このエネルギー問題を考えますときには、やはり何といいましてもベストミックスの観点で、それぞれ石油一つに固まってしまってもいけませんし、あるいは石炭に固まってしまってもいけない。そういう観点からは、やはりこれから我が国のエネルギーのセキュリティーというものを考えますときに、石炭というものの位置づけというのは大変重要だ、このように考えております。  また、そこで先ほどからもちょっと議論をされているわけでありますが、一般的にエネルギーのセキュリティーとよく我々は使っているわけでありますけれども、このエネルギーのセキュリティーということを一体どのようにそれでは具体的に考えていくのかという……

第120回国会 産業・資源エネルギーに関する調査会 第3号(1991/02/27、15期、民社党・スポーツ・国民連合)

○足立良平君 民社党の足立です。  私に与えられておりますのが十五分くらいの時 間しかございませんので、まず固めてちょっと申し上げて、それぞれ考え方を教えていただきたいと、こう思うわけであります。  まず、このエネルギー問題というものを考えてみますと、ちょうどあの一九七三年の石油ショックまではエネルギーというものはある面によっては豊富であるし、ローマ・クラブまでの動きなのかもしれませんけれども、比較的価格も安いしということであったと思います。そして、一九七三年の石油ショックを契機にして、このエネルギーというものが石油にかわるエネルギーをどのように確保していくかということがある面によっては国家の……

第121回国会 産業・資源エネルギーに関する調査会 第2号(1991/09/25、15期、民社党・スポーツ・国民連合)

○足立良平君 既にちょっと質問があり、これが最後になりますけれども、私があらかじめ用意いたしていた内容も既に出ておりますので、ダブったりいたすといけませんから、若干きょうの議論を聞いていてさらにもう少しはっきりさせていただきたい、こういうことも含めて質問をさせていただきたいと、このように考えるわけであります。  それで第一点目に、まず基本的な問題でございますが、我が国のエネルギー政策というもの、これはもうまさに産業政策、あるいはまた国の成り立ち、国としてのセキュリティー、いわゆるエネルギー政策というのはまさに基本的な問題であろうというふうに思うわけであります。そういう観点から、国内炭に限らずに……

第122回国会 産業・資源エネルギーに関する調査会 第1号(1991/11/20、15期、民社党・スポーツ・国民連合)

○足立良平君 もう最後でございますが、私が予定いたしておりましたのはほとんど皆さん方から提起をされております。私の方は二つほどに絞ってちょっと通産当局の方の考え方を明らかにしてもらいたい、こう思います。  ことしの十月九日でございましたか、経済企画庁が物価レポート91というのを提起いたしまして、内外価格差の問題について報告書を提起をいたしております。日米構造協議で既に話が出ておりましたけれども、内外価格差の問題というものが焦点になって二年前からずっと議論してきて、現実的には物価の状況を見ると余り改善されていない、日米構造協議で大変な論議をしてきておりながら、現実的にはほとんど改善されてきていな……

第123回国会 建設委員会,地方行政委員会,農林水産委員会,商工委員会,逓信委員会,土地問題等に関する特別委員会連合審査会 第1号(1992/05/22、15期、民社党・スポーツ・国民連合)

○足立良平君 私に与えられました時間は大変短いわけでございますから、端的に質問をしてまいりたいと思います。  今までずっといろんな点から、東京の一極集中を排除しなきゃならないという観点がこの法案の大きな目的になっている。私もそのとおりしなきゃいけないだろうというふうに思っているわけです。  実は私は大阪の方の出身でございまして、例えばこの法案の対象外になっております大阪の経済圏、あるいは名古屋の経済圏、それぞれの経済圏における企業の動きというものをずっとつぶさに見ておりますと、相当以前から大阪なり名古屋の経済圏に本社を置いている一部上場の大企業はほとんど東京に本社を移してきていますね。本社をど……

第123回国会 産業・資源エネルギーに関する調査会 第2号(1992/02/12、15期、民社党・スポーツ・国民連合)

○足立良平君 流通問題を考えますときに、まず検討されなきゃならないものに物価問題、とりわけ内外価格差の問題があるのではないか、このように思っております。事実、経済企画庁が昨年発表いたしました「物価レポート91」を見てみましても、東京の生計費の物価水準はニューヨークに比較をして実に三割程度も高くなっているわけでありまして、経済大国と言われながら、国民生活はそれに見合って豊かでないことを事実として示しているわけでございます。  内外価格差の比較的大きい商品のうち、輸入の多い衣料品、香水、ウイスキー等の商品につきましては、価格維持的な商慣行、消費者のブランド志向、輸入総代理店の存在などが価格を引き上……


※このページのデータは国会会議録検索システムで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2022/06/29

足立良平[参]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計/発言一覧 | 質問主意書



当サイト運営者の新刊のお知らせ
菅原琢『データ分析読解の技術』(中公新書ラクレ756)

【内容紹介】「データ分析ブーム」がもたらしたのは、怪しい“分析らしきもの”と、それに基づいた誤解や偏見……。本書では、「問題」「解説」を通して、データ分析の失敗例を紹介しながら、データを正しく読み解くための実践的な視点や方法、また、思考に役立つ基礎的な知識やコツを紹介していく。誤った分析をしないため、騙されないための、基本的・実践的な読解と思考の方法とは――。