国会議員白書トップ参議院議員滝沢求>委員会発言一覧(全期間)

滝沢求 参議院議員
「委員会発言一覧」(全期間)

滝沢求[参]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計/発言一覧 | 質問主意書


このページでは滝沢求参議院議員の委員会・各種会議の発言の冒頭部分と国会会議録検索システムの該当ページへのリンクをまとめています。滝沢求 参議院議員「委員会統計」(全期間)では委員会・各種会議の活動状況や役職経験をまとめています。

■委員会発言一覧  ■各種会議発言一覧

委員会発言一覧(参議院)

23期(2013/07/21〜)

第185回国会 厚生労働委員会 第3号(2013/11/07、23期、自由民主党)

○滝沢求君 自由民主党の滝沢求でございます。先般行われました参議院選挙青森選挙区で当選をさせていただきました。どうぞ今後ともよろしくお願いいたします。  それでは、質疑を行います。  我が国の社会保障制度は、社会経済の状況の大きな変化を受けております。現役世代を含めた生活困窮者の増加がリーマン・ショック以降に加速し、生活保護受給者の数も増大し、平成二十三年七月には、制度創設以降過去最高を記録しております。このような状況の中、生活保護受給者を含む生活困窮者の喫緊の課題に対応するため、生活困窮者自立支援法案、生活保護法の一部改正法案がさきの通常国会に提出されました。  衆議院では可決され、さらに参……

第185回国会 厚生労働委員会 第10号(2013/12/03、23期、自由民主党)

○滝沢求君 自由民主党の滝沢求でございます。  これまでの委員会の質疑や参考人の方々のお話を伺って、少子化対策、医療制度、そして介護保険制度、さらには公的年金制度など、社会保障制度改革における本法案の持つ様々な意義、機能、そして改革の推進体制が明らかになってきたと思います。そこで、私は、今回、地方の視点で質問をさせていただきたいと思います。  地方にとっては、医療の確保、充実が最大の重要課題の一つであります。例えば、私の地元青森では、今現在、ドクターヘリを二機導入して、青森、岩手、秋田、三県広域連携化を図りながら、そして救急医療の充実を図っておるわけであります。その経験からも、本プログラムの法……

第186回国会 原子力問題特別委員会 第3号(2014/04/02、23期、自由民主党)

○滝沢求君 自由民主党の滝沢求でございます。  ちょっと喉がかすれて恐縮しております。済みません。  私の地元、青森県に立地する原子力施設関連について何点か伺いたいと思います。  青森県と原子力の関わりは、昭和四十九年、当時、原子力船「むつ」、これが、原子力船「むつ」が漁業者の反対を押し切って、押し切った末の放射線漏れ事故をめぐって激しい議論を引き起こしたことが始まりであります。そして、それ以来十年、昭和五十九年に電気事業連合会が、私たちの六ケ所村、こちらの方に原子燃料サイクル施設の受入れ要請を、要請を受け入れ、今や全国の原子力発電所を支える施設として国家レベルの政策議論と直接関わりを持つよう……

第186回国会 厚生労働委員会 第2号(2014/03/13、23期、自由民主党)

○滝沢求君 自由民主党の滝沢求でございます。よろしくお願いいたします。  二〇一二年、日本人の平均寿命でございますが、女性は八十六・四一歳、そして男性は七十九・九四歳と、長寿社会を迎えているわけであります。そしてまた、少子化と相まって、六十五歳以上の占める割合、これが二五%ということでございまして、過去記録を更新しているというような状況であります。  今、国民の皆さんは、やはり健康に関すること、そしてまた保健、医療、介護、福祉に関することは国民の皆さん方の最大の関心事項の一つであると、私はそう考えております。そこで、私は、青森での経験を踏まえて、地方の視点から保健、医療、介護といった点を中心に……

第186回国会 厚生労働委員会 第9号(2014/04/15、23期、自由民主党)

○滝沢求君 自由民主党の滝沢求でございます。よろしくお願いいたします。  現代は少子化社会と言われております。そこで、少し数字を見てみますと、二〇一二年の合計特殊出生率、前年度を〇・〇二ポイント上回る一・四一、二年ぶりの上昇でございます。また、一・四台への回復は、これは一九九六年以来の十六年ぶりとなっております。一方で、反面、国内で生まれた赤ちゃんの数、出生数は百三万七千百一人と前年度よりも一万三千七百五人減っておるわけでございまして、出生率は上昇しているとはいえ、まだまだ人口を維持するといった観点からは十分ではないと言える状況であります。  このような状況の中で、次代を担う子供たちに、健やか……

第186回国会 厚生労働委員会 第13号(2014/05/14、23期、自由民主党)

○滝沢求君 自由民主党の滝沢求でございます。  参考人の皆様方におかれましては、お忙しい中、御出席、お越しをいただきまして、そして貴重な御意見、お話をいただきまして、心から感謝申し上げる次第でございます。そしてまた、皆様方がそれぞれの立場で難病対策に日々取り組まれている、御尽力されているそのお姿に心から敬意を表したいと思います。  それでは質疑に入ります。  昭和四十七年、難病対策要綱策定により始まった我が国の難病対策は、四十年以上の月日を経て、今般の難病患者に対する医療等に関する法律案、難病法案となったわけでございます。  現在の特定疾患治療研究事業は予算事業として実施されているものでありま……

第186回国会 厚生労働委員会 第19号(2014/06/10、23期、自由民主党)

○滝沢求君 よろしくお願いします。自由民主党の滝沢求でございます。  参考人の皆様方には、非常にお忙しい中お越しいただき、また貴重な御意見をいただき、ありがとうございます。  時間も限られておりますのでポイントを絞って伺いたいと思いますので、よろしくお願いいたします。  それでは、山本参考人にお伺いをいたします。  対象となる医療事故が発生した場合の具体的な内容でございますが、医療機関が、第三者機関への報告、この機関は医療事故調査・支援センターという名称でございますが、その後、必要な調査を実施、調査結果の遺族への説明や医療事故調査・支援センターへの報告といったような流れとなるわけであります。こ……

第187回国会 原子力問題特別委員会 第2号(2014/11/12、23期、自由民主党)

○滝沢求君 自由民主党の滝沢求でございます。  私の地元青森県にだけ関わる問題ではなく、国民の理解をいただいて進めなければならない核燃料サイクルをめぐる取組について順次伺ってまいりたいと思います。  まず一点目であります。エネルギーミックスにおける原子力発電の見通しについてであります。  経済産業省の総合資源エネルギー調査会原子力小委員会では、エネルギー基本計画の具体策の一つとして原子力事業の在り方について検討が進められております。今後、原子力規制委員会により安全性が確認された原子力発電所の再稼働が進むものと見込まれますが、我が国にとって当面どの程度の規模の原子力発電所が必要なのか、その見通し……

第187回国会 厚生労働委員会 第3号(2014/10/21、23期、自由民主党)

○滝沢求君 自由民主党の滝沢求でございます。  今回の特措法について、私の地元青森県民の視点を交えながら進めてまいりたいと思うんです。関係者の方々、また一般の方々にこの法案の趣旨が十分理解できるように質問をさせていただきたいと考えておりますので、よろしくお願いいたします。  青森県における有効求人倍率は、今、全国平均が〇・九七倍に対しまして青森県の場合は〇・七二倍、非常に厳しい雇用情勢でございます。そういう厳しい中においても、地域活性化、そしてまた雇用創出、少しでも雇用を生み出そうと様々な施策を進めているところでございます。  そして、今、安倍政権も地方再生に立ち上がりました。まさに今国会は地……

第189回国会 厚生労働委員会 第7号(2015/04/16、23期、自由民主党)

○滝沢求君 自由民主党の滝沢求でございます。大沼理事に引き続き質疑をさせていただきます。  若者が安心して働き、生き生きと活躍できる社会を築くことは最も重要なことでございます。また、求められております。  私の地元青森県でも、将来を担う新規高卒予定者が一人でも多く県内に就職できるように、県庁職員が県内の事業所に出向いて、そして新卒求人・採用プロモーション事業を実施しております、現在。その結果、平成二十七年三月新規学卒者を採用予定とした事業所の割合は全体の四七・一%、前年度二九・三%に比べ大幅に増加しているのであります。  国の取組と、このような地方の取組と、そしてまた民間の取組とが、様々要因が……

第189回国会 厚生労働委員会 第22号(2015/07/30、23期、自由民主党)

○滝沢求君 自由民主党の滝沢求でございます。石井委員に引き続き、質疑をさせていただきます。  安倍政権発足以来、我が国の経済は復活の兆しを見え始めております。まさに、中小そして小規模事業者の倒産件数も減少しておりますし、そして新卒者の就職率、そしてさらには有効求人倍率も高い水準となっております。そして、賃上げも実現しているのであります。この経済の好循環をしっかりと維持そして継続させていこうという流れが出始めております。  この流れの中で、まさに今、労働市場で人材へのニーズが高まっている今をおいて、働く方のキャリアアップ、待遇改善のチャンスはございません。今回の派遣法の改正も、この雇用失業情勢の……

第189回国会 厚生労働委員会 第29号(2015/08/26、23期、自由民主党)

○滝沢求君 自由民主党の滝沢求でございます。  参考人の皆様方におかれましては、お忙しい中御出席をいただき、そしてまた、先ほどは貴重な御意見をいただきました。本当にありがとうございます。  時間も限られておりますので、早速質問させていただきます。  まず、牛嶋参考人に伺います。  先ほどの説明の中で、技術者の無期雇用派遣、これを展開しているというお話がございました。その無期雇用派遣労働者に対する教育訓練、これはどのように実施されているのか、またその実態を伺いたいと思います。
【次の発言】 現状を教えていただき、ありがとうございます。  そこで、更に伺いますけれども、賃金始め待遇面でどのようにな……

第190回国会 環境委員会 第2号(2016/03/10、23期、自由民主党)

○滝沢求君 自由民主党の滝沢求でございます。会派を代表いたしまして、大臣所信に対する質疑を行います。  明日、三月十一日で東日本大震災、五年が経過いたします。この節目のときに、これまでの復旧復興の取組について改めて振り返ってみますと、瓦れきの処理や除染などについては一定の進捗も見られておりますが、今なお避難生活を余儀なくされている方がおり、復興は道半ばであります。  どうか、環境省の皆様方におかれましては、今まで以上に、除染そしてまた中間貯蔵施設の整備、そしてさらには指定廃棄物の処理などの諸課題について全力で取り組んでいただくことをお願いし、質問させていただきます。  まず、大臣も所信で述べら……


24期(2016/07/10〜)

第192回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第2号(2016/12/07、24期、自由民主党)【政府役職】

○大臣政務官(滝沢求君) 外務大臣政務官の滝沢求でございます。  在沖縄米軍を含む在日米軍の抑止力は、地域の平和と安全の確保に不可欠でございます。在日米軍の抑止力を維持しつつ、沖縄の負担軽減のため、全力で取り組んでまいります。  ロシアとの平和条約締結交渉への取組等重要課題も含め、政務官としてのその責務を果たすべく、岸田大臣を補佐してまいります。  委員長を始め理事、委員各位の皆様方の御指導、御鞭撻、心からよろしくお願いいたします。

第192回国会 外交防衛委員会 第1号(2016/10/18、24期、自由民主党)【政府役職】

○大臣政務官(滝沢求君) この度、外務大臣政務官を拝命いたしました滝沢求でございます。  日米同盟の強化、近隣諸国との関係推進、経済外交の推進と、日本の外交三本柱を始めとする諸課題について、岸田大臣をサポートできるよう尽力してまいります。  特に、担当である欧州、中東諸国との関係強化に努めます。また、人権、女性の活躍の推進、経済外交の強化に全力を尽くすとともに、我が国の立場を戦略的に広報する対外情報発信を積極的に進めてまいります。  なお、三人の政務官の中で、私が特に本委員会を担当することになっております。  宇都委員長を始め、理事、委員各位の御指導、御鞭撻、心からお願いいたします。

第192回国会 農林水産委員会 第4号(2016/12/13、24期、自由民主党)【政府役職】

○大臣政務官(滝沢求君) お答え申し上げます。  保護主義的な動きが世界的に広がっている中で、基本的価値を共有するEUとの間で本年中にEPAの大枠について合意したいと考えており、この点につきましては日EU首脳間で累次にわたり確認しているところでございます。  交渉の現状につきましては、現在、EU側と鋭意交渉中でございますので、内容について言及することは控えさせていただきますが、日EU双方の関心分野を踏まえ、またお互いのセンシティビティーに配慮しつつ、国益の観点から最善の結果を追求しているところでございます。また、関係省庁間で緊密に連携し交渉に取り組むため、先月には主要閣僚会議の開催を閣議決定い……

第193回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第3号(2017/03/21、24期、自由民主党・こころ)【政府役職】

○大臣政務官(滝沢求君) 山田委員の質問にお答え申し上げます。  まず、十八日に行われた日ロの次官級での協議では、四島における共同経済活動に関し、昨年十二月の日ロ首脳会談での合意を踏まえ、双方の法的立場を害さない形で検討可能な案件としてどのようなものがあり得るのかについて、我が国では北海道や隣接地域の要望も踏まえつつ、日ロ双方から具体的な提案の上、率直かつ充実した議論を行うことができたところでございます。特定のプロジェクトに合意したわけではございませんが、双方の提案には関心が一致する部分も多く、交渉の良い基盤となると考えております。  この協議の結果を踏まえ、二十日の日ロ外相会談では、改めて共……

第193回国会 外交防衛委員会 第7号(2017/03/22、24期、自由民主党・こころ)【政府役職】

○大臣政務官(滝沢求君) お答え申し上げます。  昨年秋の行政事業レビューにおいて、経済産業省と環境省の事業の重複を排除すべきといった点を含むJCMの一層の効率化の必要性等が指摘されたところでございます。  これを受けて、平成二十九年は、経産省と環境省の支援窓口を一本化し、経産省は主として実現可能性調査等の案件形成を担い、環境省は案件形成に向けた課題抽出等のための事業を行うこととしたところでございます。NEDO実証・整備補助事業、ADBとの連携等の既存の経産省、環境省の様々な予算事業についても、より効果的な運用を図っていく所存でございます。  今後は、支援対象を費用対効果が高いものに限定した上……

第193回国会 外交防衛委員会 第10号(2017/04/04、24期、自由民主党・こころ)【政府役職】

○大臣政務官(滝沢求君) お答え申し上げます。  ACSAはあくまで自衛隊と相手国軍隊との間で物品、役務を相互に提供する際の決済手続等の枠組みを定めるものであり、ACSAに基づく物品、役務の提供はそれぞれの国の法令により認められる範囲でのみ行われるものでございます。  我が国国内法令上、具体的にどのような国が我が国と密接な関係にある他国に該当するかについては、ACSAの締結やその内容にかかわらず、あらかじめ特定されているものではなく、他国に対する武力攻撃が発生した段階において個別具体的な状況に即して判断することとなっております。そのため、新日豪ACSAや日英ACSAを含め、ACSAを締結するこ……

第193回国会 外交防衛委員会 第11号(2017/04/06、24期、自由民主党・こころ)【政府役職】

○大臣政務官(滝沢求君) アントニオ猪木委員の質問に答えさせていただきます。  日英ACSA交渉は、二〇一三年のフィリピン台風被害に際し、自衛隊と英国軍が協力した際に日英ACSAの必要性が認識され、英国側から提案を受けて検討が開始されたものでございます。自衛隊と英国軍の間ではその後も、二〇一五年のネパール地震等における国際緊急援助活動を始め、国際協力の現場で共に協働する機会が顕著に増加しているところでございます。また、二〇一六年に戦闘機タイフーン分隊を含む英国軍が訪日し、三沢基地で共同訓練を実施したところでございます。  このような日英間の安全保障、防衛協力の拡大を踏まえて、アジアと欧州でお互……

第193回国会 外交防衛委員会 第16号(2017/05/09、24期、自由民主党・こころ)【政府役職】

○大臣政務官(滝沢求君) お答え申し上げます。  政治家が奴隷という言葉を使用することに問題はないかという問いでございますが、我が国として他国の政治家の発言についてコメントする立場ではございませんが、その上で申し上げますれば、全ての人民と全ての国が達成すべき共通の基準を宣言したものであり、人権の歴史において重要な地位を占めている世界人権宣言では、第四条において、何人も奴隷にされ又は苦役に服することはない、奴隷制度及び奴隷売買はいかなる形においても禁止する旨、述べられているところでございます。  以上です。
【次の発言】 お答え申し上げます。  海洋生物資源及び海洋生態系の長期的な保存及び持続可……

第193回国会 外交防衛委員会 第18号(2017/05/16、24期、自由民主党・こころ)【政府役職】

○大臣政務官(滝沢求君) お答え申し上げます。  スロベニア及びラトビアについては、我が国と両国との間の投資、経済交流が活発化しており、両国から累次の機会にわたって締結要望があったこと、また、他のG7や中国などが両国との間で租税条約を締結済みであることなどを踏まえ、租税条約の新規締結に向けた交渉に至ったところでございます。  ベルギー及びオーストリアについては、進出日系企業も多く、緊密化する両国との経済関係に照らして、全体的に古い内容となっている現行の条約の全面的な見直しに向けた交渉に至ったものでございます。  いずれの交渉も、二重課税の除去を図るとともに、国際的な脱税、租税回避行為に適切に対……

第193回国会 経済産業委員会 第4号(2017/03/22、24期、自由民主党・こころ)【政府役職】

○大臣政務官(滝沢求君) お答えいたします。  二〇二五年国際博覧会の大阪誘致に当たっては、委員御指摘のとおり、外務省としても、大臣以下、在外公館を含めあらゆるレベルで総力を挙げて立候補した際の支持要請や情報収集に取り組んでいるところでございます。  とりわけ、在外公館においては、過去の研修及び招聘等で日本に招待したことのある方々を含めて、各国の親日派、知日派などの様々なチャンネルを最大限活用して誘致活動を進めているところでございます。  よろしくお願いします。
【次の発言】 お答えいたします。  先ほど委員御指摘のとおり、博覧会国際事務局、BIEはフランスのパリに所在しております。各国のBI……

第193回国会 経済産業委員会 第17号(2017/06/08、24期、自由民主党・こころ)【政府役職】

○大臣政務官(滝沢求君) お答え申し上げます。  北朝鮮問題への対処に当たっては、安保理常任理事国かつ六者会合のメンバー国である中国及びロシアの役割は極めて重要であります。特に中国は、先ほど大臣からもお話がございましたが、北朝鮮との貿易額、約九割を占めることにも留意が必要で、我が国としては、関係国と連携しながら、様々なレベルで中国及びロシアに対し責任ある建設的な役割を求めてきているところでございます。具体的には、北朝鮮に圧力を掛けていく上で更なる役割を果たすことを促すとともに、北朝鮮に対して影響力を行使し、挑発行動の自制や安保理決議等の遵守を強く求めるよう働きかけているところでございます。  ……

第196回国会 環境委員会 第3号(2018/03/20、24期、自由民主党・こころ)

○滝沢求君 去る二月十九日及び二十日の二日間、愛知県及び三重県の環境及び公害問題に関する実情を調査し、もって本委員会に付託を予定される公害健康被害の補償等に関する法律の一部を改正する法律案の審査に資するため、柘植委員長、長浜理事、片山理事、河野委員、武田委員そして及び私、滝沢の六名で調査を行ってまいりました。  以下、調査の概要について御報告申し上げます。  一日目は、まず、中間貯蔵・環境安全事業株式会社の豊田PCB廃棄物処理施設を訪れ、PCB廃棄物処理の進捗状況等について説明を聴取するとともに、施設を視察してまいりました。  豊田PCB廃棄物処理施設は、PCB特措法に基づき、高濃度のPCB廃……

第196回国会 決算委員会 第1号(2018/04/09、24期、自由民主党・こころ)

○滝沢求君 自由民主党の滝沢求でございます。  西田委員、羽生田委員に続きまして質疑を行います。  私からは、自衛隊イラク日報問題についてであります。  あってはならないことがまた起こってしまいました。私は、非常に驚いているのと同時に、かつ怒りを感じております。四月五日開催されました外交防衛委員会、この委員会においても採決が見送られるという多大な影響を及ぼしているのであります。  私は思います。自衛隊は、あの東日本大震災での活動に見られるように、最も信頼できる組織と言われるようになっておりました。しかしながら、今回のこの日報の問題で、まさに自衛隊が培ってきた信頼が失いかねない極めて重大な、そし……

第198回国会 環境委員会 第6号(2019/04/23、24期、自由民主党・国民の声)

○滝沢求君 自由民主党の滝沢求でございます。  自然環境保全法の一部を改正する法律案について質問をさせていただきます。  四方を海に囲まれた我が国では、海から様々な魚介類の恵みを受け、また物資の運搬場等としても活用し、海洋国家として発展を成し遂げてまいりました。他方、海洋にはいまだ解明されていないことも多く、特に深海は地球上に残された最後のフロンティアとも聞き及んでおります。生命の起源の解明や生物資源の開発等、多くの可能性も秘めており、その保全は国際的な潮流にもなっております。  こうした生物多様性の持続可能な利用は、その保全とともに生物多様性条約の目的にも掲げられており、いわゆる海洋保護区を……


25期(2019/07/21〜)

第201回国会 環境委員会 第2号(2020/03/10、25期、自由民主党・国民の声)

○滝沢求君 去る二月二十日及び二十一日の二日間、富山県及び石川県の環境及び公害問題に関する実情を調査し、もって本委員会に付託を予定される大気汚染防止法の一部を改正する法律案の審査に資するため、牧山委員長、三木理事、鉢呂理事、片山理事、寺田委員、平山委員及び私、滝沢の七名で調査を行ってまいりました。  以下、調査の概要について御報告いたします。  一日目は、まず富山県庁を訪れ、海岸漂着物対策及びレジ袋の無料配布廃止について説明を聴取するとともに、意見交換を行いました。富山県の海岸漂着物の約八割が県内で発生したものであり、発生抑制のため、河川の上流域から海岸までの清掃活動や啓発活動を推進するととも……

第201回国会 環境委員会 第4号(2020/03/24、25期、自由民主党・国民の声)

○滝沢求君 おはようございます。自由民主党の滝沢求でございます。  まず初めに、気候変動対策についてお伺いをいたします。  昨年十月の台風十九号、これは、まさに強い勢力を保ったまま上陸したために、広範な地域に多量の降雨をもたらし、七十以上の河川で決壊するなど、全国各地で甚大な被害を及ぼしました。こうした気象災害は、気候変動の影響によって今後更に深刻化するのではないかと考えられます。  気候変動を緩和するために脱炭素社会に向けた取組を加速することもこれまた重要ではございますが、こうした気象災害や気温上昇による農作物への影響等に対応するための気候変動の適応は将来の地球規模の課題としてだけではなくて……

第201回国会 予算委員会 第16号(2020/03/27、25期、自由民主党・国民の声)

○滝沢求君 自由民主党の滝沢求でございます。質問の機会をいただきました関係者の皆様方に感謝を申し上げたいと思います。  初めに、新型コロナウイルスによって亡くなられた方々にお悔やみを申し上げますとともに、今現在感染している方々の早期の回復を心からお祈りする次第でございます。  感染症対策専門会議では、日本国内の感染状況は、持ちこたえてはいるものの依然として厳しい状況にあるとの見解を示しております。また、感染症の拡大を抑制するためにはどうしても経済活動にブレーキを踏むという行為が必要となりますが、世界的感染症の拡大が止まらないこともあり、影響はリーマン・ショックを超えていると指摘もされております……



各種会議発言一覧(参議院)

23期(2013/07/21〜)

第189回国会 国際経済・外交に関する調査会 第3号(2015/04/15、23期、自由民主党)

○滝沢求君 自由民主党の滝沢求でございます。  参考人の皆様方におかれましては、貴重な御意見をいただき誠にありがとうございます。  早速でございますが、石川参考人に二点ほどお伺いいたしたいと思います。  先ほどの説明の中で、先月、ドイツを訪問されたということでございます。ドイツというと、脱原発を決めた再生エネルギー大国であります。私の地元青森県、先ほど六ケ所村の話も出ましたが、六ケ所村では今、十万キロワット以上もある大規模なソーラー発電所の建設が進んでおります。皆さんは御存じないかもしれませんが、この六ケ所村でございますが、この地域は、冬場はもとより、夏場でもやませという霧が出まして、ほとんど……


※このページのデータは国会会議録検索システムで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2020/07/03

滝沢求[参]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計/発言一覧 | 質問主意書