国会議員白書トップ参議院議員豊田俊郎>委員会発言一覧(全期間)

豊田俊郎 参議院議員
「委員会発言一覧」(全期間)

豊田俊郎[参]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計/発言一覧 | 質問主意書


このページでは豊田俊郎参議院議員の委員会・各種会議の発言の冒頭部分と国会会議録検索システムの該当ページへのリンクをまとめています。豊田俊郎 参議院議員「委員会統計」(全期間)では委員会・各種会議の活動状況や役職経験をまとめています。

■委員会発言一覧  ■各種会議発言一覧

委員会発言一覧(参議院)

23期(2013/07/21〜)

第186回国会 国土交通委員会 第22号(2014/06/17、23期、自由民主党)

○豊田俊郎君 委員長から御指名をいただきました自由民主党の豊田俊郎でございます。  国会議員になってもう十か月たちますけれども、初めての委員会での質問でございますのでいささか緊張しておりますので、ひとつよろしくお願いをしたいというふうに思います。  参考資料で今資料をお配りをさせていただきました。実は、千葉県出身でございまして、八千代市の生まれ、育ちでございまして、三期八千代市長を務めておった関係で、市のPRも兼ねて資料を付けさせていただいたんですけど、実は、私の住む八千代市でございますけれども、住宅団地発祥の地でございます。日本で初めて住宅団地ができた地域でございます。二枚目の方に記念碑の写……

第186回国会 東日本大震災復興特別委員会 第4号(2014/03/26、23期、自由民主党)

○豊田俊郎君 ただいま委員長より御指名をいただきました自由民主党の豊田俊郎でございます。  早いもので参議院初登院以来八か月が経過をいたしましたけれども、初めての質問の機会を与えていただきました。同僚の議員の皆さんには改めて感謝を申し上げたいというふうに思います。  また、今日は、六十五分間、自由民主党に配分された質問時間でございますけれども、私が先発ということで、この後リリーフで何といっても堀内元巨人軍選手が登場いたしますので、先発、リリーフ、しっかり役目を果たしてまいりたいと考えておりますので、どうぞよろしくお願いを申し上げます。  先週でございましたけれども、先週はお彼岸でございました。……

第189回国会 外交防衛委員会 第6号(2015/04/07、23期、自由民主党)

○豊田俊郎君 どうも皆さん、おはようございます。  今国会から当委員会の所属となりました自由民主党、豊田俊郎でございます。どうぞよろしくお願いを申し上げたいというふうに思います。  まず最初に、先週の二日の委員会終了後でございましたけれども、翌朝の報道によりますと、北朝鮮が四月二日、在日本朝鮮人総連合会、朝鮮総連の許宗萬議長宅への家宅捜索などに抗議する通知文を日本政府に送り、このような状態では朝日政府間の対話もできないと通告してきたと報じられておるところでございますけれども、事実関係について外務大臣から御説明を願います。
【次の発言】 日本政府は、今お話しのとおり、昨年五月の合意に基づき、北朝……

第189回国会 外交防衛委員会 第13号(2015/05/14、23期、自由民主党)

○豊田俊郎君 おはようございます。  四月七日の当委員会で初めて質問をさせていただき、今回で二回目の質問ということになります。どうぞよろしくお願いを申し上げたいというふうに思います。  今日は、二千七年国際コーヒー協定について大臣に質問をさせていただきます。  大臣、コーヒーはお飲みになりますか。お好きですか。そうですか。私もコーヒーは大好きなんですけれども。せんだって、数日前でございましたけれども、コーヒーや緑茶をよく飲む人は心臓病や脳卒中で死亡する危険性が低いという研究結果を国立がん研究センターや東大の研究チームが発表をいたしました。そんな報道がされたわけでございますけれども、まさかコーヒ……

第190回国会 国土交通委員会 第6号(2016/04/05、23期、自由民主党)

○豊田俊郎君 おはようございます。自由民主党の豊田俊郎でございます。  今日は、横浜市で施工されたマンション建築の基礎ぐい工事問題、そして軽井沢スキーバス事故問題について御質問をしたいというふうに思います。  ところで、年間の住宅の着工件数が前の年、統計で発表されておりますけれども、去年の新築住宅着工戸数でございますけれども、年間で九十万九千二百九十九戸、持家が二十八万三千戸、貸家が三十七万八千戸、給与住宅、社宅ですね、六千戸、分譲マンションでございますけれども、分譲住宅が二十四万一千のうち十一万五千六百五十二戸が新築着工されたわけでございますけれども、大変多くの戸数、棟数が毎年新たに建設をさ……

第190回国会 国土交通委員会 第8号(2016/04/26、23期、自由民主党)

○豊田俊郎君 おはようございます。自由民主党の豊田俊郎でございます。  形あるものは全て壊れる、これは誰が言ったかは不確定だそうでございますけれども、仏教用語では諸行無常というそうでございます。地震は天災だと言われております。自然界の変動によって受ける災難、これを天災というそうでございますけれども、幾ら人類が進歩、発展したとしても、被害は小さくはできても防ぐことはできない、ゆえに天災ということになるわけでございますけれども。  起こったことは起こったこと、しかし大事なことは、この起こった後が大事だというふうに思います。対応の形によっては、これが人災という形に変わってくるということだろうというふ……


24期(2016/07/10〜)

第192回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第2号(2016/12/07、24期、自由民主党)【政府役職】

○大臣政務官(豊田俊郎君) 内閣府大臣政務官の豊田俊郎でございます。  鶴保大臣、石原副大臣の指導の下、沖縄政策及び北方領土問題の解決に全力で取り組んでまいります。  藤井委員長を始め理事、委員の皆様方の御指導、御鞭撻をよろしくお願いを申し上げます。  以上です。

第192回国会 環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会 第7号(2016/11/21、24期、自由民主党)【政府役職】

○大臣政務官(豊田俊郎君) お答えを申し上げます。  昨年十二月、内閣官房IT総合戦略室が開催してきたITの利活用に関する制度整備検討会において、シェアリングエコノミーの適正な事業運営の在り方について中間整理としてまとめ、公表したところでございます。  この中間整理の内容については、シェアリングエコノミーの適正な事業運営の確保に当たり、消費者保護を図る観点から、一つ目として、既に業法の規制がある分野についてのルール整備の必要性、二つ目として、サービス利用者や第三者からの苦情相談窓口の設置、三つ目として、事業所の国内設置を含めた海外事業への域外適用の在り方等について提言をいただいたものでございま……

第192回国会 環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会 第8号(2016/11/22、24期、自由民主党)【政府役職】

○大臣政務官(豊田俊郎君) お答えを申し上げます。  仮に、IT室において、第一期中間整理にあるように、民泊を仲介する海外事業者に対して事業所の国内設置を求める措置について法案を作成し、当該措置が法制化された場合には、当該措置はTPPに抵触する可能性もあるものと考えております。

第192回国会 財政金融委員会 第4号(2016/11/17、24期、自由民主党)【政府役職】

○大臣政務官(豊田俊郎君) お答えを申し上げます。  政府といたしましては、子供の貧困対策に関する大綱に基づき、子供の将来がその生まれ育った環境により左右をされることのないよう、教育の支援、生活の支援、保護者に対する就労の支援、経済的支援など、子供の貧困対策を総合的に推進しているところでございます。また、すくすくサポート・プロジェクトやニッポン一億総活躍プランを決定し、給付型奨学金の創設等について検討を開始するなど、多方面にわたって子供の貧困対策の拡充を進めようとしているところでございます。  社会の担い手となるはずの子供たちの未来が貧困の連鎖により閉ざされることは社会的損失につながる。子供の……

第192回国会 内閣委員会 第1号(2016/10/18、24期、自由民主党)【政府役職】

○大臣政務官(豊田俊郎君) 内閣府大臣政務官の豊田俊郎でございます。どうぞよろしくお願いをいたします。  IT政策、一億総活躍、働き方改革、女性活躍、科学技術政策、宇宙政策、クールジャパン戦略、知的財産戦略、少子化対策、男女共同参画等を担当させていただきます。  難波委員長を始め、理事、委員各位の御指導と御協力をよろしくお願い申し上げます。  以上です。

第192回国会 内閣委員会 第4号(2016/11/08、24期、自由民主党)【政府役職】

○大臣政務官(豊田俊郎君) お答えを申し上げます。  衛星からのリモートセンシング記録は、農業、防災、社会インフラ整備等の幅広い分野で利活用され、新たな産業やサービスを生み出すことが期待されております。例えばでございますけれども、農地における米の生産状況を把握したり、災害発生時の被害状況を把握し避難指示の指標としたり、また、災害発生予測手法としての活用も期待されております。リモートセンシング利用促進のための環境整備として、JAXAがG―Portalを通じ計三十二個の衛星センサーデータを一般公開しているほか、宇宙システム開発利用推進機構、JSSが新たな事業化までをお手伝いするプラットホームを立ち……

第196回国会 決算委員会 第8号(2018/06/11、24期、自由民主党・こころ)

○豊田俊郎君 自由民主党の豊田俊郎でございます。御質問の機会をいただき、ありがとうございます。  平成二十八年度の決算審査を行っておるわけでございますけれども、毎年、その年の十大ニュースというのがいろんなところから発表になります。この二十八年度、二年前でございますけれども、時事通信社が選ぶ十大ニュースの第一位は、天皇陛下退位の示唆ということでございました。ちなみに、第二位は熊本地震でありました。  そこで、天皇陛下の御意向に沿い、来年四月三十日に天皇陛下が御退位されることが決定しており、私はつつがなく儀式等が進んでいくことをお祈りをいたしておるところでございます。  これに関連して、この御退位……

第196回国会 政府開発援助等に関する特別委員会 第2号(2018/02/16、24期、自由民主党・こころ)

○豊田俊郎君 ODA調査派遣第四班について御報告いたします。  当班は、昨年十二月十日から十八日までの九日間、キューバ共和国及びジャマイカに派遣されました。  派遣議員は、井原巧議員、石井苗子議員、そして私、団長を務めました豊田俊郎の三名でございます。  今回訪問した両国は、参議院ODA調査派遣団として初めての訪問であり、案件の視察や政府関係者との意見交換のほか、JICA専門家やボランティア、日本企業関係者等と意見交換を行いました。  本日は、調査を通じて得られました所見を中心に、その概要を御報告いたします。  まず、キューバ共和国について申し上げます。  キューバは、カリブ地域最大の国土と人……

第196回国会 内閣委員会 第4号(2018/03/23、24期、自由民主党・こころ)

○豊田俊郎君 自由民主党の豊田俊郎でございます。質問の機会をいただいたこと、まず御礼を申し上げたいというふうに思います。  何点か質問を申し上げます。  森友学園のいわゆる国有地払下げに関する課題について一問だけお聞きをしたいと思います。  この件は、予算委員会を中心に集中審議をされております。また、来週には予算委員会も含め議論がされるということになっておるということでございます。私も、この件に関してはしっかりと議論をしていただいて、真相究明、国民の皆さんに御理解をいただけるようしっかりと対応していただきたいというふうに思っております。  ただ、この問題発覚当時から実は一つ腑に落ちないことが私……

第196回国会 内閣委員会 第17号(2018/06/07、24期、自由民主党・こころ)

○豊田俊郎君 自民党の豊田俊郎でございます。  今日は、質問に先立ちまして、実は私は千葉県生まれなんですけど、三十年前でございますけれども、初めて政治家を志したときに、私の近所に住んでおりました周郷正さんという方がいまして、その方から、どうせ政治家を目指すんだったらこんな人になれと言って挙げられた名前が実は梶山静六さんという政治家でございまして、なぜ八千代の私の家の近所のおやじが梶山さんを尊敬していたかといいますと、陸軍士官学校、五十九期の陸軍航空士官学校の同級生でございまして、事あるごとに、地方政治家を目指す、また国の政治家を目指すんであればこんな政治家になれと、こういうふうにして御指導をい……

第196回国会 内閣委員会 第21号(2018/06/26、24期、自由民主党・こころ)

○豊田俊郎君 おはようございます。自由民主党の豊田俊郎でございます。  限られた時間での議論でありますので、早速質問に入らせていただきます。  我が国がTPP協定を締結するメリットについてまず伺いたいというふうに思います。特に、米国が離脱したTPP11協定は、政府の経済効果分析を見てもGDPの押し上げ効果が四割減少するなど、効果を疑問視する意見もございますが、我が国にとってどのようなメリットがあるのか、総理にお伺いをしたいというふうに思います。
【次の発言】 TPPに対しては、遺伝子組換え農産品の輸入増大や国民皆保険への影響を始め、依然として国民の間に不安の声や懸念がございます。特に我が国の農……

第196回国会 内閣委員会 第26号(2018/07/12、24期、自由民主党・こころ)

○豊田俊郎君 自民党の豊田でございます。  今日は、特定複合観光施設区域整備法案について質問をさせていただくわけでございますけれども、毎週のように出てまいります世論調査を見ますと、なかなかこのIR法案への国民の理解が進んでいないということが数字的にもはっきり表れているというふうに思いますけど。  ただ、設問でございますけれども、全てカジノを含むIRということの中で、仮に、仮にですよ、いわゆるコンベンションセンターを含めホテル等々の総合観光複合施設だということになれば、これは多分反対する人はいないだろうというふうに思いますけれども。  ここで、今回のカジノということでございますけど、ただ、なぜこ……

第197回国会 内閣委員会 第5号(2018/11/27、24期、自由民主党・国民の声)

○豊田俊郎君 自由民主党の豊田俊郎でございます。  質問する機会をいただいたことをまず感謝を申し上げます。  東京二〇二〇オリンピック・パラリンピックも、いよいよ間近に迫ってまいりました。私は千葉県選出でございまして、千葉県でも、オリンピック競技ではレスリング、それからフェンシング、テコンドー、最後に決まりましたサーフィンと、また、パラリンピック競技ではゴールボール、テコンドー、車椅子フェンシング、シッティングバレーボールと四種目、合わせて八種目が開催をされるわけでございます。櫻田大臣がオリンピック・パラリンピック担当大臣になったこと、県民として大変心強く思っているところでございます。  さて……

第198回国会 決算委員会 第2号(2019/04/04、24期、自由民主党・国民の声)

○豊田俊郎君 自由民主党・国民の声の豊田俊郎でございます。  本日は、我が国の土地に関する基本的な法制度について質問をさせていただきます。  その前に、今の我が国の土地の状況はどういう状況であるかということについてお話をしたいというふうに思います。  小学校の復習になるかもしれませんけれども、日本の国土の面積は三十七万八千平方キロメートル、国別で面積をランキングに表しますと百九十五か国中六十一番目に位置しております。広さが近い国は、ドイツ、フィンランド、ベトナム、マレーシアとほとんど同じ広さだということになります。世界の最大の面積を有している国はロシア、これは日本の四十五倍、次がカナダ、これは……

第198回国会 決算委員会 第5号(2019/04/22、24期、自由民主党・国民の声)

○豊田俊郎君 自由民主党・国民の声の豊田俊郎でございます。  質問に入る前に、元法務大臣保岡興治先生が平成三十一年四月十九日に御逝去されました。保岡先生は、私がこれから質問をします所有者不明土地問題に関して、当初より議員懇談会を立ち上げるなど大変御尽力をいただきました。ここに、在りし日の保岡興治先生の御功績をしのび、御冥福を心からお祈りを申し上げたいというふうに思います。  それでは、質問に入らせていただきます。  まず最初に、四月四日に本委員会で私が行った土地所有権の在り方に関する議論に関連した質問を行いたいと思います。  土地基本法第二条では、「土地は、現在及び将来における国民のための限ら……

第198回国会 内閣委員会 第8号(2019/04/11、24期、自由民主党・国民の声)

○豊田俊郎君 おはようございます。自由民主党の豊田俊郎でございます。  道路交通法改正案に関する質問を何点かしたいというふうに思います。  国会議員になりまして、秘書を雇うというか、雇用をいたしまして、実は、私の家にマニュアルの車、いわゆるギアの付いた車があるんですけど、家で、秘書が来まして、その車ちょっとどかしてくれと、こう言ったんですけれども、いや、僕はこの車運転できませんで、運転できない、要するにノークラッチの車しか運転したことないんですね、ですからそのマニュアルの車が操作できないと。おまえ、じゃ、免許証は持っているのかと言ったら、いや、持っていますと言うんですけれども、時代はどんどん移……


25期(2019/07/21〜)

第199回国会 災害対策特別委員会 閉会後第1号(2019/10/01、25期、自由民主党・国民の声)

○豊田俊郎君 自由民主党の豊田俊郎でございます。千葉県選挙区から選出をされております。まさに今被災県ということになるわけでございます。  まず初めに、武田防災大臣、平副大臣、また今井政務官におかれましては、着任後早々でございましたけれども、本県に何度もお越しになって、現地視察また県民の状況に対して直接御指導をいただいたこと、改めて感謝を申し上げます。  また、千葉県の議員団、市町村長会、また市長会、そして千葉県の県議団含め各団体が次から次へと官邸を含め大臣のところには陳情に上がりまして、その際、快くお話をお聞きになっていただいたこと、改めて感謝を申し上げます。  また、消防、自衛隊はもとよりで……

第201回国会 決算委員会 第2号(2020/04/06、25期、自由民主党・国民の声)

○豊田俊郎君 自由民主党の豊田俊郎でございます。  新型コロナウイルス感染の問題でございますけれども、一月の時分は心配をしておったんですけれども、二月に入りましたらこれが不安に変わりまして、三月に入りましたら、何ともう恐ろしい、いわゆる脅威に感じているのは私ばかりではないというふうに思います。一日も早い終息を願って、質問に入らせていただきます。  今般の新型コロナウイルス感染症の影響により、来日を予定していた特定技能外国人や技能実習生が来日できない、若しくは来日を遅らせる必要が出てきているようであります。また、外国人材の受入れの拡大のための新しい在留資格、特定技能が創設された入管難民法改正の施……

第201回国会 国土交通委員会 第6号(2020/03/26、25期、自由民主党・国民の声)

○豊田俊郎君 自民党の豊田でございます。  オリンピック・パラリンピックの一年延期が決定されるなど、ある程度予測はされたとはいえ、新型コロナウイルスをめぐる状況は大きな転換期を迎えております。  世界的に感染が拡大する中、我が国経済は前例のない落ち込みを見せております。感染拡大防止に向け、やむを得ないことではありますが、人の流れ、物流、公共工事などが停滞、減少しており、国土交通省が所管する運輸業、観光業、建設業などにおいても大変厳しい状況が続いております。  感染拡大が終息期に入れば、経済のV字回復に向け、官民一体となって需要喚起などに努めていく必要があると思います。そのときまで、これらの産業……



各種会議発言一覧(参議院)

23期(2013/07/21〜)

第186回国会 憲法審査会 第1号(2014/02/26、23期、自由民主党)

○豊田俊郎君 千葉県選出の豊田俊郎でございます。  先週の土曜日でございましたけれども、千葉県の東金市というところに訪れる機会がございました。実は東金市、旧千葉県選挙区第三区でございます。そこから選出をされておりました、四十年前でございますけれども、石橋一弥衆議院議員がおられました。実は、石橋一弥衆議院議員でございますけれども、東金の市長を務められ、その後衆議院に、国政に転じたわけでございますけれども、石橋先生の使命としてこういうことが伝えられております。とりわけ憲法問題については、まず国会議員は国民の代表たる国会においてオープンな憲法議論を目指すべきであるという、これが先生の信念でございまし……

第189回国会 憲法審査会 第3号(2015/05/27、23期、自由民主党)

○豊田俊郎君 自由民主党の豊田俊郎でございます。  私は、地方行政に長く携わってまいりました。この行政を担う中で、政策を決定するには二つの方法、大きく分けて二つの方法があるというふうに思います。一つは、市民、いわゆる住民の機の熟すのを待って政策を決定する方法、もう一つは、反対意見がある中で強く住民を説得してこれを成し遂げる方法、大別して二つの方法があるというふうに思います。よく見極めながら市政に携わってきたわけでありますけれども、今回のこの憲法改正に取り組む中でも相通ずる考え方ではないかなというふうに思っておるところでございます。  審査会においては、衆参それぞれ活発な意見交換がなされておるわ……

第189回国会 憲法審査会 第4号(2015/09/07、23期、自由民主党)

○豊田俊郎君 自由民主党の豊田俊郎でございます。  本日は、二院制をテーマとした各会派の皆様方の御意見を拝聴し、大変参考になりました。  二院制の在り方については、今日まで、先輩議員含め、長きにわたって検討、審議されてきた案件だろうというふうに思いますけれども、今御意見を各会派から拝聴したところ、一会派を除いては全て二院制維持だと、維持、堅持だということでございますので、このことについては更に論ずる必要は私はないというふうに思っておるところでございます。  問題なのは、この参議院に置かれている国民からの期待、これにどう応えていくかということが大事だろうというふうに思います。言うなれば、独自性を……


※このページのデータは国会会議録検索システムで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2020/07/03

豊田俊郎[参]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計/発言一覧 | 質問主意書