国会議員白書トップ参議院議員山下雄平>委員会発言一覧(全期間)

山下雄平 参議院議員
「委員会発言一覧」(全期間)

山下雄平[参]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計/発言一覧 | 質問主意書


このページでは山下雄平参議院議員の委員会・各種会議の発言の冒頭部分と国会会議録検索システムの該当ページへのリンクをまとめています。山下雄平 参議院議員「委員会統計」(全期間)では委員会・各種会議の活動状況や役職経験をまとめています。

■委員会発言一覧  ■各種会議発言一覧

委員会発言一覧(参議院)

23期(2013/07/21〜)

第185回国会 法務委員会 第2号(2013/11/05、23期、自由民主党)

○山下雄平君 初めて質問に立たせていただいております自由民主党の山下雄平です。  私は、前職、前の仕事が実は去年まで新聞記者、国会担当の政治記者をしておりました。私は、国会の政治記者として初めて番記者として担当させていただいたのが谷垣禎一政務調査会長でした。そのころから様々な質問をさせていただいておりましたが、今回、参議院議員として、委員の初めての質問を谷垣大臣にさせていただくということに非常に光栄に思っております。  当時を振り返ると、谷垣政調会長がしばしばこうおっしゃっていたことを思い出します。自分は長らく財務大臣をしておったので、谷垣といえば税だ、財政だと言われるけれども、自分はそれに加……

第185回国会 法務委員会 第6号(2013/11/19、23期、自由民主党)

○山下雄平君 自由民主党の山下雄平です。  自動車による痛ましい事故が依然として後を絶ちません。私も、かつて新聞記者として事故が起こった直後の現場に行ったこともあります。政府として様々な施策を講じて事故を減らしていかなければならない、なくしていかなければならないと思います。今回の法案の意義を改めて谷垣大臣にお伺いしたいと思います。
【次の発言】 私がかつて新聞記者をしておったときも、毎日のように死傷事故の警察発表を目にしてまいりました。また、御不幸にも事故に遭われた家族の方が、何とかもっと厳罰化にならないものだろうかという訴えの声も聞いてまいりました。御家族を亡くされた方々の気持ちを考えると、……

第185回国会 法務委員会 第10号(2013/12/03、23期、自由民主党)

○山下雄平君 自由民主党の山下雄平です。  私、今回の質問に立つに当たり、自問しました。今回のこの問題について私が質問する資格があるのかと悩みました。私は今年で三十四歳になりましたけれども、いまだに独身です。もちろん、子供もいません。望んで独身でいようと居続けたわけではないんですけれども、不幸にも恐らく今年も独身で年を越すことになりそうです。  そんな私が、結婚して子供を産み、そしてその後、また別の異性の方と関係を持って、そしてその方とも子供をつくってという、私とは大分ちょっと人生のステージの違う方の問題について発言することが、おまえに分かるわけないだろうというような批判も恐らくいただくんじゃ……

第186回国会 法務委員会 第3号(2014/03/13、23期、自由民主党)

○山下雄平君 自由民主党の山下雄平です。  今国会でも恐らく度々、度々質問をさせていただくことになろうかと思います。谷垣大臣始め法務省の皆様、そして最高裁の皆様、何とぞよろしくお願い申し上げます。(発言する者あり)ありがとうございます。  まず、質問に入る前に、一昨日、三月十一日、東日本大震災の発災から丸三年を迎えました。私も追悼式に出席させていただきました。その追悼式で、震災で避難誘導をされている最中に津波で息子さんを亡くされた遺族の女性の方が追悼式で、あなたは母の誇りですと、私たちの子供に生まれてきてくれてありがとうとおっしゃったのを聞いて、私は涙が抑えられませんでした。  どうか、被災地……

第186回国会 法務委員会 第4号(2014/03/17、23期、自由民主党)

○山下雄平君 自由民主党の山下雄平です。今回もまた質問させていただきます。  法務省所管の予算案について、奥野副大臣の説明では、初めに犯罪対策、とりわけ再犯防止の充実強化を取り上げられました。これは谷垣大臣の所信とも軌を一にしていると思います。更生保護関係では十七億円余りの増額、矯正関係では百十八億円余りの増額となっておりますけれども、再犯防止に対して具体的にどういったところを強化充実するのでしょうか、御説明いただければと思います。
【次の発言】 副大臣がおっしゃったように、住むところがない、働くところがない人が再犯をする可能性が高いというような話もありました。私は、刑務所を出所した後、身寄り……

第186回国会 法務委員会 第9号(2014/04/10、23期、自由民主党)

○山下雄平君 自由民主党の山下雄平です。三週間ぶりに質問に立たせていただきます。よろしくお願いいたします。  少年法の改正案の具体的な中身に入っていく前に、少年法の成り立ちそのものについて少しお伺いさせていただければと思います。  今の現行法の規定であっても、またこの改正案であったとしても、少年法では少年が罪を犯して刑事処分される場合の量刑は成人よりも軽くなっている、そういった法体系になっておりますが、そもそも未成年をそういう扱いにしている理由というのをお聞かせください。
【次の発言】 少年は成人に比べて未熟ゆえに更生の余地が大きいということが趣旨だと思います。  ただ、今回の少年法改正案の報……

第186回国会 法務委員会 第11号(2014/04/17、23期、自由民主党)

○山下雄平君 自由民主党の山下雄平です。今週も質問に立たせていただきます。  火曜日の委員会の趣旨説明で法務大臣は、谷垣大臣は、法律事務の国際化、専門化、複雑多様化により的確に対応するため、外国法事務弁護士による法人を設立することを可能にすると今回の改正案の趣旨を述べられました。ただ、この説明だけだと法改正の意義がいま一つ判然としません。  今までも外国法事務弁護士は日本で活動されてきたわけです。それが、法人をつくらなければならない、法人設立を政府として認めなければならないその理由というのを具体的にお聞かせ願えますでしょうか。
【次の発言】 今法務省から御説明がありましたように、法人設立によっ……

第186回国会 法務委員会 第12号(2014/04/24、23期、自由民主党)

○山下雄平君 自由民主党の山下雄平です。今週も質問に立たせていただきます。  今日は、まず、インターネット上の仮想通貨についてお聞かせいただきたいと思います。  仮想通貨の一つ、ビットコイン、そういうものの取引所のマウントゴックスという会社が破産手続に入る見通しになっております。これを利用している方のいわゆる財産が失われると、多くの方が財産が失われるという事態になっています。マウントゴックスに限らず、ビットコインの盗難や取引停止というものが相次いでおります。  日本では、こうした問題が表面化して、ビットコインに対して非常にイメージが悪くなってきたんだと思いますけれども、欧米では、その匿名性だっ……

第186回国会 法務委員会 第15号(2014/05/15、23期、自由民主党)

○山下雄平君 自由民主党の山下雄平です。今週も質問の機会をいただき、ありがとうございます。  今回の会社法の改正案はコーポレートガバナンスの強化を盛り込んでおり、日本企業への内外の投資を高めるために非常に有用だと思いますし、日本の経済発展に良い影響を与えるのではないかと思っております。今回、私の質問では、社外取締役の選任の問題を中心に質問させていただきたいと思っております。  今回の改正案では、社外取締役を置かない企業はその理由を株主総会で説明することとして、そうしたスキームで企業に社外取締役を選任するよう促す制度となっております。  では、まず議論の前提として、そもそも日本では社外取締役を置……

第186回国会 法務委員会 第18号(2014/05/27、23期、自由民主党)

○山下雄平君 自由民主党の山下雄平です。法務委員会での質問は今日で十回目となります。質問の機会を度々いただき、ありがとうございます。  今日の審議ですけれども、司法試験法の改正案についてですけれども、この委員会、今いらっしゃらない谷垣大臣も含めて、また差し替えでいらっしゃらない前川委員も含めて、司法試験を受けられた方が七人もいらっしゃって、法曹界の方が七人もいらっしゃって、法務省の方も含めるとこの委員会室には司法試験を経験された方が物すごくたくさんいらっしゃる中で、私も学生時代は法学部だったんですけれども政治学科だったもので、全く司法試験を受験しようとも考えなかった人間がこの司法試験法の改正案……

第186回国会 法務委員会 第20号(2014/06/03、23期、自由民主党)

○山下雄平君 自由民主党の山下雄平です。今週も質問の機会をいただき、ありがとうございます。  今回の法案審議を視野に入れて、本委員会では今年二月に千葉県の八街少年院、そして千葉少年鑑別所を視察させていただきました。私個人としても、四月末に地元佐賀県の佐賀少年鑑別所を視察させていただきました。こうした貴重な機会をいただいた関係の皆様の厚い厚い御支援に本当に感謝したいと思っております。  伺った施設はどこも、問題を起こした少年少女の更生に向けて一生懸命頑張っていらっしゃいました。問題を起こした原因はどこにあるのか、社会に復帰させるためにはどうすればいいのかと、なかなか光が当たりにくい分野ではありま……

第186回国会 法務委員会 第22号(2014/06/10、23期、自由民主党)

○山下雄平君 自由民主党の山下雄平です。  今週も質問の機会を与えていただき、ありがとうございます。今週は初めてトップバッターではない質問で、ちょっと感じが違うなと思っておりますけれども。  この入管法についてですけれども、入管行政というのは、平たく言えば、好ましい人には日本に来ていただきたいけれども、できれば来ていただきたくない人をどうやって水際で止めるかと、そういったことが要諦だと思うんですけれども、今回の改正案では、日本の国にとって有益な高度な能力を有する外国の方に来ていただけるようにするとともに、外国人の観光客を増やしていくということが柱だろうと思っております。  それではまず、この改……

第186回国会 法務委員会 第24号(2014/06/17、23期、自由民主党)

○山下雄平君 自由民主党の山下雄平です。  今週も質問の機会をいただき、誠にありがとうございます。他委員会も含めて今日の質問で今通常国会で十回目の質問となります。本当にたくさんの機会をいただき、ありがとうございます。  今回の児童ポルノ法改正案は、現行法が児童ポルノを作ること、渡すこと、広めることに着目して罰則を設けていたわけですけれども、今回はいわゆる加害者というか実行犯側だけではなくて、そもそも利用する側も問題ではないのかということで、改正案では単純所持、つまり持っているだけで罰せられるということになるわけですけれども、今回の改正で処罰対象を広げる理由はどういったところにあるんでしょうか、……

第189回国会 我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会 第16号(2015/09/04、23期、自由民主党)

○山下雄平君 自由民主党の山下雄平です。質問の機会をいただきまして、委員長を始め各党各会派の皆様、本当にありがとうございます。  今回の政府提出の法案について賛成、反対の立場は様々あろうかとは思いますけれども、二度と戦争の惨禍は繰り返してはならない、そして日本の平和と安全をどうやって守り抜くか、こういったことに関しては、立場を超え各党理解し合えるんではないかというふうに私は信じております。  鴻池委員長は、八月三日の委員会で、できるだけ合意形成に近づけていくのが参議院の役割の一つだというふうに指摘されました。そうしたことに資するような質問になっていけばというふうに考えております。  私事ですけ……

第189回国会 国土交通委員会 閉会後第1号(2015/12/03、23期、自由民主党)

○山下雄平君 自由民主党の山下雄平です。質問の機会をいただき、ありがとうございます。  委員会の開始が大分遅れまして、予定時刻であればもう私の質問は終わっているような時間なので、なるべく簡潔な質問に努めたいと思っております。  今日は、横浜市のマンションで発覚をいたしました基礎ぐい工事不良、そしてデータ流用問題についてお話をお伺いさせていただければと思いますけれども、問題となったマンションは、目で見て分かるほど廊下に段差があって、今の日本でこんな建築物があるのかと、本当に世間に衝撃を与えました。  所管の省庁として、国土交通省はこれまで関係業者に対してどのような指導を行ってきたんでしょうか、お……

第189回国会 国土交通委員会 第7号(2015/04/16、23期、自由民主党)

○山下雄平君 自由民主党の山下雄平です。  この独立行政法人改革に関する法律案について御質問させていただきます。  安倍政権におきましては、平成二十五年十二月にまとめた基本方針で、数合わせのための組織いじりではなく、真に政策実施機能の強化に資する統廃合のみを実施するとともに、きめ細やかに事務事業を見直すと明記しています。この方針に照らして、具体組織についてお伺いしたいと思います。  まず、海技教育機構と航海訓練所の統合についてです。  貿易貨物については九九%以上、そして国内貨物輸送については四割が海運が担っているというふうに聞いております。少子高齢化そして生産年齢人口の減少に伴い、国内船員の……

第189回国会 国土交通委員会 第13号(2015/06/02、23期、自由民主党)

○山下雄平君 自由民主党の山下雄平でございます。  質問の機会をいただき、本当にありがとうございます。  ただ、今回は大変残念な話から始めなければなりません。先ほど太田房江委員からもお話がありましたけれども、私の地元佐賀県で、あわや列車が正面衝突するかもしれないというようなゆゆしき事態が起きました。十日ほど前ですけれども、五月二十二日金曜日、佐賀県の白石町の長崎本線の肥前竜王駅というところで、上りと下りの列車がぶつかりそうになって非常停止という事態になりました。その列車の距離、止まったときには九十三メートルしかなかったということです。本当、あわや大惨事という事態でした。  原因の究明は今なさっ……

第189回国会 国土交通委員会 第15号(2015/06/16、23期、自由民主党)

○山下雄平君 自由民主党の山下雄平です。質問の機会をいただき、ありがとうございます。  私が前回この委員会で質問に立ったJR九州の民営化法案のときに、質問の予定をたくさんしておりましたけれども消化できなかったので、積み残した質問を中心に質問をさせていただければと思っております。  その委員会よりちょっと前の五月十九日の当委員会で、同僚の大野議員の質問に対して太田国土交通大臣は、高齢者や障害者、妊婦の方といった交通弱者にとって、地方の公共交通機関がなければ生活が成り立たないというふうにおっしゃいました。そうした意味での地方のローカル線、鉄道の維持というのは非常に大切だと思いますけれども、加えても……

第189回国会 政治倫理の確立及び選挙制度に関する特別委員会 第4号(2015/06/15、23期、自由民主党)

○山下雄平君 自由民主党の山下雄平でございます。  本日は、この選挙権を十八歳に引き下げるという歴史的な法案についての質疑に立たせていただきました。参議院の自由民主党では私が一番若いということで、十八歳に一番近いということで質問の機会をいただきました。(発言する者あり)ありがとうございます。と申しましても、もう十八歳というと十七年も前で、私、今三十五歳なんですけれども、だからこそ若い方になるべく分かりやすい、どういった制度になっていくのかというのを分かるように御答弁願えればと思います。  今回の法案が成立しますと、公職選挙法上は十八歳になった高校生も選挙活動をできるということになります。では、……

第190回国会 経済産業委員会 第3号(2016/03/23、23期、自由民主党)

○山下雄平君 自由民主党の山下雄平です。  質問の機会をいただきまして、委員長、理事、委員の皆様に本当に感謝申し上げたいと思っております。  先ほど大臣の予算の説明の中に好循環を実現していくんだという話がありました。安倍政権としては、GDPを六百兆、二〇二〇年頃まで目指すというふうに掲げられております。中には、経済的な豊かさばかり求めるべきではないということをおっしゃる方もいらっしゃいますが、経済を成長させていかなければ、高齢者の福祉だったりとか、保育所を含めた若者、子育て支援、子供の貧困対策だったり障害を持った人の対策、そうしたことの財源も生まれてこないわけです。経済成長だけが必要なわけでは……

第190回国会 経済産業委員会 第10号(2016/05/19、23期、自由民主党)

○山下雄平君 自由民主党の山下雄平です。  各先生には、今日は貴重な御意見をいただきまして、ありがとうございます。時間も押しておりますので、各先生に一問ずつまとめて質問をさせていただきたいと思っております。  まず、和田先生についてですけれども、再生可能エネルギーについて野心的な目標を掲げるべきだという話がありましたけれども、その場合、国民負担のことも考えて、コスト面についても野心的な引下げ目標が必要になるんじゃなかろうかと思います。その水準についてはどのようにお考えでしょうか。  そして次に、石川先生については、優先接続についてお聞かせいただきたいと思っております。ドイツばかりを見ていては駄……

第190回国会 決算委員会 第5号(2016/04/13、23期、自由民主党)

○山下雄平君 自由民主党の山下雄平でございます。  質問の機会をいただいたこと、また、この決算委員会が今日開催されたことについて、委員長を始め各党各会派の皆さんの御尽力に感謝を申し上げたいと思っております。  今日は二〇一四年度の決算審査ということなので、二〇一四年度の事業を中心に質疑をさせていただければと思っております。  まずは、総務省の所管事業についてお伺いしたいと思います。  二〇一二年に第二次安倍政権ができて以来、アベノミクスによりデフレ脱却まであと一歩というところまで来ております。人口減少下の中でも経済を成長させて、社会保障など、困った人への支援ができるような財源をつくっていかなけ……

第190回国会 予算委員会 第11号(2016/03/08、23期、自由民主党)

○山下雄平君 自由民主党の山下雄平です。この予算委員会で質問の機会をいただき、ありがとうございます。  今日は、JR東海で高齢の認知症の方が死亡事故に巻き込まれて、その損害を誰が払うのかということに関して出された最高裁の判決についてまずお伺いし、その後に経済財政について麻生大臣にお伺いしたいと思っております。  先週ですけれども、最高裁の判決が出されました。この事故というのは、JR東海に高齢の認知症の方が事故に巻き込まれ亡くなられ、その損害について、JR東海が家族、奥様と息子さんに損害賠償請求をされて、下級審では家族に損害を払いなさいというような判決が出ました。先週の最高裁では、その賠償請求に……


24期(2016/07/10〜)

第192回国会 法務委員会 第2号(2016/10/20、24期、自由民主党)

○山下雄平君 自由民主党の山下雄平です。  二年ぶりに法務委員会に帰ってまいりました。早々に質問の機会を与えていただいて、委員長、理事、委員の皆様、大変ありがとうございます。また、金田大臣、盛山副大臣、井野政務官始め法務省の皆様、最高裁の皆様、よろしくお願い申し上げます。  また、とりわけ金田大臣には日頃大変お世話になっておりまして、金田大臣がいつも公的なものへの献身ということを常にモットーとされているということを日々お伺いして、この社会正義を具現化する法務大臣を拝命されたということで、本当にやりがいを感じていらっしゃるのかなというふうに推察しております。  その社会正義ということに関しまして……

第192回国会 法務委員会 第9号(2016/11/22、24期、自由民主党)

○山下雄平君 自由民主党の山下雄平です。質問の機会をいただき、誠にありがとうございます。  まず初めに、今日は法務省の組織について触れたいと思いますけれども、昨年の四月に局に格上げするという形で政府の訴訟案件を一元的に扱う訟務局というものが法務省に誕生しました。行政改革への圧力が強い中、新しい局ができるというのは最近少なくなってきたというふうにも思うんですけれども、この訟務局ができた背景とその狙いについて御説明願います。
【次の発言】 訴訟になる前となった後に政府として対応していくというのは非常に重要だと思いますけれども、局になったからといって、それだけで機能強化がされるわけではないと思います……

第193回国会 災害対策特別委員会 閉会後第1号(2017/08/10、24期、自由民主党・こころ)【政府役職】

○大臣政務官(山下雄平君) この度、国土強靱化及び防災担当の大臣政務官を拝命いたしました山下雄平です。  小此木大臣、ふくだ副大臣を補佐し、災害からの復旧復興、そして強くしなやかな国づくりに全力を尽くしてまいります。  若松委員長、理事、委員の各位の御指導、御鞭撻をよろしくお願い申し上げます。  また、私も九州北部の生まれ育ち、そして今も住んでおります。復旧復興、そして災害対応に汗を流してくださっている皆様に、この場をお借りして厚く厚く御礼申し上げます。ありがとうございます。

第193回国会 政府開発援助等に関する特別委員会 第3号(2017/05/10、24期、自由民主党・こころ)

○山下雄平君 ODA調査派遣第四班について御報告いたします。  当班は、本年一月十五日から二十一日までの七日間、ウズベキスタン共和国に派遣されました。  派遣議員は、大沼みずほ議員、宮沢由佳議員、石井苗子議員、そして団長を務めました私、山下雄平の四人でした。  ウズベキスタンは、天然ガスなどの資源に恵まれており、堅調な経済成長が続いている一方、旧ソビエト連邦時代に建設されたインフラの老朽化、市場経済移行後の産業界を担う人材の不足といった課題があります。また、経済成長に伴い都市部と地方部の経済格差が拡大しており、経済成長の成果が広く国民に波及していないという課題も抱えております。  以下、今回の……

第193回国会 法務委員会 第2号(2017/03/09、24期、自由民主党・こころ)

○山下雄平君 自由民主党の山下雄平です。今国会でも、またこの委員会で質問を、機会をいただきましてありがとうございます。  それでは、早速、質問に移らせていただきたいと思います。  大臣所信に対する質疑ということで、まず金田大臣が所信表明で、東日本大震災に関連して、土地、建物の相続登記の促進策についても積極的に取り組んできたというふうにおっしゃいました。これは、被災地の復興のために、土地の権利が複雑だったり、そもそもこれは誰の土地か分からないといった例がかなり多数に上るということで、これが復興の妨げになってきたということの背景があるんだろうと思います。  ただ、この問題というのは被災地だけの問題……

第193回国会 法務委員会 第5号(2017/04/11、24期、自由民主党・こころ)

○山下雄平君 おはようございます。自由民主党の山下雄平でございます。質問の機会を与えていただき、ありがとうございます。  今回の裁判所の職員の定員法についてですけれども、大まかに言うと、判事、判事補、いわゆる裁判官の人数を増やして、それ以外の職員の定数を減らして、全体としての定数は減るというような内容でございます。その背景には、訴訟自体の数は増えているわけではないけれども、複雑困難な事案が増えているということと、審理が長期化しているという案件が一定割合あるということが背景だろうというふうに思います。こうした対応というのは、つまり、裁判官の数を増やして、それ以外の人を減らして、で、全体の数を減ら……

第193回国会 法務委員会 第6号(2017/04/13、24期、自由民主党・こころ)

○山下雄平君 自由民主党の山下雄平でございます。今週二度目の質問の機会をいただき、ありがとうございます。  急遽なんですけれども、今日の朝の新聞に取り上げられていました放送法をめぐる訴訟について少しお伺いしたいと思うんですけれども、NHKの受信料支払を伴う受信契約義務を定めた放送法の訴訟についてですけれども、法務大臣権限法に基づいて金田法務大臣が最高裁に意見書を提出したということについての事実確認と、国が当事者ではない訴訟について意見書を提出したというのは戦後二例目ということですので、かなり極めて異例な措置だと思いますけれども、それについての所見をお伺いしたいと思います。よろしくお願いします。

第193回国会 法務委員会 第11号(2017/05/11、24期、自由民主党・こころ)

○山下雄平君 自由民主党の山下雄平でございます。今日は、お三方の先生に貴重な御意見をいただきまして、ありがとうございます。  時間の範囲内で質問をさせていただければと思いますが、トップバッターですので概括的な質問をさせていただければというふうに思います。  お三方の先生からそれぞれ今回の民法の改正の意義についてお話をお伺いいたしました。なるほどなと思いましたし、ただ一方で、百二十年ぶりの大改正ということで、百二十年間改正されなかったというのであれば、現実の社会問題として、この現在の民法の規定のままでも、判例の積み重ねを含めて、決定的な問題がなかったのじゃないかというような指摘もあるのかもしれま……

第193回国会 法務委員会 第13号(2017/05/23、24期、自由民主党・こころ)

○山下雄平君 自由民主党の山下雄平でございます。質問の機会をいただき、誠にありがとうございます。  今回の民法改正、債権法の分野でございますけれども、債権の分野に入る前に、同じ民法ですけれども、家族法について何点かお伺いしたいというふうに思います。  私、佐賀県の出身ですけれども、先週、佐賀県の県庁の幹部の方と意見交換をする機会がありました。その中で、県内の子供の貧困の問題が話題になりました。その子供の貧困の大きな理由の一つとしては、シングルマザーの方々が養育費を受け取れないという問題が、これが大きな要因の一つになっているという話がありました。これは佐賀県の話だけではないと思うのですけれども、……

第193回国会 法務委員会 第16号(2017/06/01、24期、自由民主党・こころ)

○山下雄平君 自由民主党の山下雄平です。  貴重なお時間をいただき、質問の時間をいただきまして、ありがとうございます。  早速質問をさせていただきたいんですけれども、このTOC条約に入るべきだという視点ではお三方一緒だというふうにお見受けしております。ただ、そこで国内法の整備が、特に参加罪又は合意罪の立法化が必要なのかどうかという点で多分見解が分かれるところだと思いますけれども。  まず、新倉参考人にお伺いしたいんですけれども、先ほど、もうそもそも各国に任されているんだと、しかも、そのことについて日本は国際社会の場で何度もただす機会があったのにたださなかったというような指摘もありましたけれども……

第195回国会 経済産業委員会 第1号(2017/11/30、24期、自由民主党・こころ)【政府役職】

○大臣政務官(山下雄平君) 公正取引委員会に関する事務を担当いたします内閣府大臣政務官の山下雄平です。  斎藤委員長、そして理事、委員の皆様の御指導、御鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。

第195回国会 内閣委員会 第1号(2017/11/30、24期、自由民主党・こころ)【政府役職】

○大臣政務官(山下雄平君) 内閣府大臣政務官の山下雄平です。  領土問題、一億総活躍、IT政策、女性活躍、食品安全、海洋政策、少子化対策、科学技術政策、宇宙政策、知的財産戦略、クールジャパン戦略、男女共同参画などを担当いたしております。  榛葉委員長を始め、理事、委員の皆様の御指導、御鞭撻のほどをよろしくお願い申し上げます。

第196回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第2号(2018/03/22、24期、自由民主党・こころ)【政府役職】

○大臣政務官(山下雄平君) 内閣府大臣政務官の山下雄平でございます。  あかま副大臣とともに福井大臣をお支えし、北方領土問題、そして沖縄政策に全力を尽くしてまいります。  石井委員長及び理事、委員の皆様には格別の御指導、御鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。

第196回国会 環境委員会 第11号(2018/06/05、24期、自由民主党・こころ)【政府役職】

○大臣政務官(山下雄平君) ありがとうございます。  昨年の九州北部豪雨を始め、これまで何十年に一度と言われていたような大きな大規模な災害が、近年では全国各地で毎年のように発生しているところであります。今後も、気候変動の影響によって自然災害の更なる激甚化や、先ほど森先生が御指摘になられたように、こうしたところで災害が起こらないんじゃないかと思っていたところで災害が起きるようなことが頻発するのではなかろうかというふうにも思っております。こうした傾向を踏まえて、ハード対策のみならず、ソフト対策による事前防災の重要性が増しているところであります。  内閣府においては、九州北部豪雨などの災害の教訓を踏……

第196回国会 厚生労働委員会 第21号(2018/06/14、24期、自由民主党・こころ)【政府役職】

○大臣政務官(山下雄平君) ありがとうございます。  山本先生がおっしゃったように、公明党の皆さんの方から、このセクシュアルハラスメント対策の緊急の提言を取りまとめていただいたこと、本当に感謝申し上げたいと思っております。  そもそも、セクシュアルハラスメントは、男女共同参画社会の形成を大きく阻害する、本当にあってはならないものだというふうに考えております。私もメディア出身ですけれども、今般のメディアと行政の間に起きましたこのセクハラ事案を受けて、現状の制度で本来できているはずのことが実際には全くできていないということを確認いたしました。  男女雇用機会均等法などにおいて、事業主が講ずべき義務……

第196回国会 災害対策特別委員会 第3号(2018/03/30、24期、自由民主党・こころ)【政府役職】

○大臣政務官(山下雄平君) 国土強靱化担当並びに防災担当の大臣政務官の山下雄平でございます。  あかま副大臣とともに小此木大臣を支え、災害からの一日も早い復旧復興、そして災害に強くてしなやかな国づくりに全力を尽くしてまいりたいと思いますので、河野委員長、理事、委員各位の御指導、御鞭撻のほどをよろしくお願い申し上げます。

第196回国会 災害対策特別委員会 第4号(2018/04/13、24期、自由民主党・こころ)【政府役職】

○大臣政務官(山下雄平君) お答えいたします。  四月九日午前一時三十二分頃、島根県大田市で震度五強の揺れを観測する地震が発生しまして、重傷者二名、軽傷者七名の人的被害のほか、家屋の破損、水道管破損に伴う断水などの被害が生じているところでございます。  また、一昨日の未明には、大分県中津市の耶馬溪町において住宅の裏山が崩れ、家屋四棟が全壊し、六名の方が行方不明となられております。これまでに二人の方の死亡が確認されて、そのうち一名は行方不明となっていた男性であることが確認されております。もう一人の方につきましては、現在身元の確認が行われているところでございます。  お亡くなりになられた方に心から……

第196回国会 災害対策特別委員会 第7号(2018/07/06、24期、自由民主党・こころ)【政府役職】

○大臣政務官(山下雄平君) 矢田委員が御指摘のように、高齢者の支援というのは非常に重要であるというふうに我々考えております。  東日本大震災の教訓を踏まえまして、平成二十五年になりますけれども、災害対策基本法を改正いたしました。この改正法によりまして、災害時に自らの力だけではなかなか避難することが難しい高齢者の方であったり障害者の方であったり、こうした方々を我々避難行動要支援者と呼んでおりますけれども、こうした方々の円滑かつ迅速な避難を確保するために、市町村にあらかじめ避難行動要支援者の名簿の作成を義務付けるようにいたしております。  加えて、この避難の実効性を確保するために、市町村の地域防災……

第196回国会 消費者問題に関する特別委員会 第2号(2018/03/22、24期、自由民主党・こころ)【政府役職】

○大臣政務官(山下雄平君) 消費者行政を担当いたします内閣府大臣政務官の山下雄平でございます。  国民の安全で安心な暮らしを守るため、あかま副大臣とともに福井大臣を支え、全力を尽くしてまいりますので、三原委員長を始め理事、委員各位の御指導、御鞭撻のほどをよろしくお願い申し上げます。
【次の発言】 御指摘いただいたように、今は全国共通の一八八、「いやや」という電話番号を設置しておりまして、これは、委員会でも累次にわたって福井大臣の方から申し上げているとおり、全国どこでも質の高い相談、救済が受けられるようにということでやっておるわけですけれども、消費生活相談というのは、電話や来ていただいて対面で一……

第196回国会 東日本大震災復興特別委員会 第4号(2018/04/04、24期、自由民主党・こころ)【政府役職】

○大臣政務官(山下雄平君) お答えいたします。  津波対策の推進に関する法律により、津波防災の日を定めて、国及び地方公共団体は、その趣旨にふさわしい行事の実施に努めることとしております。このため、中央防災会議においては、毎年、津波防災の日に先立って、地方公共団体などに津波防災の日の前後における住民参加型の避難訓練の実施などを呼びかけ、国民の防災意識の向上等、実践的な行動の定着を促しているところであります。  昨年度においては、十月二十八日から十一月十二日の十六日間を主たる取組期間といたしまして、国の十四府省庁、地方公共団体の百五十五団体、民間企業など九十三団体、合わせて合計二百六十二団体、約八……

第196回国会 内閣委員会 第3号(2018/03/20、24期、自由民主党・こころ)【政府役職】

○大臣政務官(山下雄平君) 御指摘のいただいた二月二十二日の島根県などが主催しました松江での式典に、私、政府代表して出席させていただきましたし、政務官に就任して翌月に島根県にお邪魔し、隠岐の島にもお伺いしました。和田委員のような御指摘を何度も私も直接お伺いいたしました。  政府による竹島の式典の開催については、諸般の事情を踏まえて適切に対応してまいりたいというふうに考えておりますけれども、竹島問題に関する我が国の立場を主張して、そしてこの問題を平和的に解決する上で何が有効な方策なのかを不断に検討してまいりたいというふうに考えております。

第196回国会 内閣委員会 第4号(2018/03/23、24期、自由民主党・こころ)【政府役職】

○大臣政務官(山下雄平君) 男女共同参画担当として答弁させていただきます。  相原委員におかれましては、男女共同参画社会の実現のために日頃より御尽力いただいていることに感謝申し上げたいと思っております。  政府におきましても、平成十一年の男女共同参画社会基本法の制定を始め、数次にわたる男女共同参画基本計画などを通じて様々な取組を進めてまいりました。  しかし、指導的地位に占める女性の割合が依然として少ないことから、将来指導的地位に上っていただける方の人材の育成であったりとか、はたまた、長時間労働だったり転勤など、男性を中心とした労働慣行の、こうしたものの変革、また、一人親など困難な状況に置かれ……

第196回国会 内閣委員会 第5号(2018/03/27、24期、自由民主党・こころ)【政府役職】

○大臣政務官(山下雄平君) 和田委員にお答えします。  子ども・子育て支援というのは、親や保育所、幼稚園、こども園だけではなくて、地域や企業など社会の全ての構成員が相互に役割を果たして協力していくことが重要だというふうに考えております。保育の受皿整備というのは、先ほど和田委員も御指摘になられたように、経営者の側にとってみても事業主にとってみても、労働力の確保という面でプラスの面があるということであります。  こうした観点から、現行の子ども・子育て支援制度においても、企業主導型保育事業などに対して拠出金を充てています。今回の法案によって、待機児童の解消に向けた子育て安心プランの実現に必要な財源に……

第196回国会 内閣委員会 第11号(2018/05/15、24期、自由民主党・こころ)【政府役職】

○大臣政務官(山下雄平君) 相原委員の傾聴に値する本当に質問、ありがとうございます。  個々の議員の発言に対してコメントすることは控えたいと思いますけれども、政府としても、男性でも女性でも個人の尊厳が尊重されるように、そして男性でも女性でも性別による差別的な取り扱われが、取り扱われないように、個人としての能力が十分に発揮される機会を確保されることなどを旨とした男女共同参画社会の実現に向けて取組を進めておるところでございます。  安倍内閣発足以来、女性活躍の旗を高く掲げて取組を進めてきました。その結果、この五年間で就労者数は二百五十一万人増加しておりますけれども、女性がこのうち二百一万人、約八割……

第196回国会 内閣委員会 第13号(2018/05/24、24期、自由民主党・こころ)【政府役職】

○大臣政務官(山下雄平君) SIPは府省連携が必須要件であるために、SIP第二期の課題の選定に当たっては、十八の課題候補をまず選んだ上で、当初段階から、関係省庁を巻き込むとの観点から、府省横断的な検討チームを構成し検討してきたところであります。  この際、各課題の検討に当たっては、課題内容の検討を行うだけではなくて、PDになり得る人材の検討も併せて行うこととしました。これは、PDには各府省庁や産業界を束ねる相当程度の能力が求められることから、検討チームにおいてそのような人物を積極的に発掘してもらうことも期待したということと、SIPは産学官の連携のプロジェクトであることから、関係省庁のみの検討に……

第196回国会 内閣委員会 第14号(2018/05/29、24期、自由民主党・こころ)【政府役職】

○大臣政務官(山下雄平君) 大変大事な御指摘をいただきました。  どんな状態の子供であっても、どんな環境の子供であっても、誰もが家庭の経済事情に関わりなく、自らの夢に向かって頑張れる社会をつくっていくことが内閣全体の基本方針であります。  支援が必要な子供や家庭に確実な支援を届けるためには、政府による各種支援の拡充はもちろんのこと、自治体や民間、そして企業などが連携して一人一人に寄り添ったきめ細やかな支援が必要だというふうに考えております。内閣府においても、地域ネットワークを形成するための自治体の取組支援であったり、また、草の根で子供たちに寄り添って活動している民間団体への支援などを進めていっ……

第196回国会 内閣委員会 第25号(2018/07/10、24期、自由民主党・こころ)【政府役職】

○大臣政務官(山下雄平君) 今回の豪雨では、台風七号や梅雨前線の影響によって西日本を中心に記録的な大雨となり、全国各地で甚大な被害が発生してしまいました。現在、行方不明の方、連絡の付かない方の捜索救助活動及び被災された方々の避難所生活の環境整備などに全力で当たっているところでございます。  今後、災害応急対策が落ち着いた段階で、まずは被害実態の把握に努めるとともに、その上で何が課題であったのか、過去の経験が生かされたのかなどについて検証し、必要な検討を行ってまいりたいというふうに考えております。
【次の発言】 おっしゃったように、最近は従来とは桁違いの豪雨によって被害が繰り返し発生しているとこ……

第196回国会 内閣委員会 第26号(2018/07/12、24期、自由民主党・こころ)【政府役職】

○大臣政務官(山下雄平君) 事前にも市町村への取組指針などで旅館やホテル、企業などの協定を結んでいくようにということも盛り込んでおるわけですけれども、事後においても、内閣府として、避難者の方が適切な支援を受けられるように、市町村に必要な避難の場所を確保できるように促していきたいというふうに考えております。

第197回国会 総務委員会 第2号(2018/11/22、24期、自由民主党・国民の声)

○山下雄平君 自由民主党の山下雄平です。  質問の機会を与えていただきまして、誠にありがとうございます。  私、先月まで政務官を務めておりましたので、質問が昨年の六月以来なので若干感覚がつかめていないところもありますので、是非御容赦いただければというふうに思います。  石田大臣は所信の中で、台風二十四号が接近して不安を感じたというお話をされました。また、七月の豪雨の被災地に訪れたという話もされました。  台風二十四号が上陸したときも、西日本豪雨のときも私は内閣府の防災担当の政務官をいたしておりました。どちらの際も天気予報などでそうした災害のおそれがあるというのが事前に分かっておりましたけれども……

第198回国会 総務委員会 第8号(2019/03/28、24期、自由民主党・国民の声)

○山下雄平君 自由民主党の山下雄平です。質問の機会をいただきましてありがとうございます。  今日、この後質問される大沼議員、そして杉尾議員はテレビの出身で、私は新聞の出身なんですけれども、同じメディアの出身として、報道について今日はNHKさんにいろいろ聞いてみたいと思います。  二週間ほど前、三月十一日、私も皆さんとともに東日本大震災の追悼式典に出席いたしました。八年前の三月十一日は、私、政治部の記者をしておりまして、ちょうど与党民主党の税制調査会を取材しておりまして、その税調も途中で中断になりましたし、菅総理の下の国会審議も途中で中断になりました。そのとき以来、NHKさん、私、同業他社の記者……

第198回国会 予算委員会 第1号(2019/02/06、24期、自由民主党・国民の声)

○山下雄平君 自由民主党の山下雄平です。会派、自由民主党・国民の声を代表して質問させていただきたいというふうに思っております。  当初の質問の予定には入れていなかったんですけれども、偶然ですけれども、今日、トランプ大統領の一般教書演説がありましたので、それについてまずは質問させていただきたいと思うんですけれども、ちょうどこの委員会のお昼休みぐらいまでやっていたので、安倍総理ももしかしたら御覧になっていらっしゃるのかもしれませんけれども、この日米関係についても、午前中の委員会で安倍総理は、世界の平和と安定のために日米で緊密に連携を取っていきたいというふうにおっしゃっておられます。  一方で、一般……

第198回国会 予算委員会 第10号(2019/03/15、24期、自由民主党・国民の声)【議会役職】

○理事(山下雄平君) 以上で川合孝典君及び矢田わか子君の質疑は終了いたしました。(拍手)
【次の発言】 次に、伊藤孝江君の質疑を行います。伊藤孝江君。

第198回国会 予算委員会 第11号(2019/03/18、24期、自由民主党・国民の声)【議会役職】

○理事(山下雄平君) 以上で浅田均君の質疑は終了いたしました。(拍手)
【次の発言】 次に、片山大介君の質疑を行います。片山大介君。


25期(2019/07/21〜)

第200回国会 法務委員会 第6号(2019/11/21、25期、自由民主党・国民の声)

○山下雄平君 自由民主党の山下雄平です。  質問の機会をいただき、誠にありがとうございます。久しぶりに法務委員会に戻ってきましたので、二年半ぶりの法務委員会での質問であります。どうぞよろしくお願い申し上げます。  まずは、今回のこの法案の、改正案の趣旨について御説明いただけますでしょうか。
【次の発言】 検察官と裁判官の方が単体の法律で給与が保障されているということでありますけれども、こういった仕組みになっていることというのは国民にとってどのようなメリットがあるのでしょうか。
【次の発言】 公正な裁判の実現や司法権の適正な行使は、国民にとって非常に重要なことだというふうに思います。  そのため……

第200回国会 法務委員会 第8号(2019/11/28、25期、自由民主党・国民の声)

○山下雄平君 自由民主党の山下雄平です。  今日は、参考人の先生方に、お忙しい中、参議院の法務委員会にお越しいただき、誠にありがとうございます。  持ち時間が非常に短いですので、私は、衆議院の審議の過程で削除されました株主提案権の制限の問題についての評価と、そして今後の対応について皆さん方に御意見をお伺いできればというふうに思っております。  衆議院の審議の過程で、株主提案の制限を設けた政府原案の規定では、民法の権利濫用の一般原理を超えた範囲まで制限が及んでしまうのではないかというような懸念が出されて、その条文が削除されるに至りました。午前の審議の中では、この修正の提案者である山尾志桜里議員の……



各種会議発言一覧(参議院)

23期(2013/07/21〜)

第186回国会 憲法審査会 第7号(2014/06/04、23期、自由民主党)

○山下雄平君 自由民主党の山下雄平です。  今日は、四人の参考人の先生方に貴重な御意見をいただき、ありがとうございます。  今日は、持ち時間の関係もありますので、附則に盛り込まれた三つの課題についての一つ、国民投票を憲法改正以外にも広げるのかどうなのか、どこまで広げていくのかという話についてちょっとお伺いしたいなと思っておりますけれども、附則には、施行後速やかに、憲法改正を要する問題及び憲法改正の対象となり得る問題についての国民投票制度に関してその意義や必要性を検討しなさいというふうに書かれております。一方で、加えて、間接民主制との整合性の確保もというふうにも書かれております。  現行の憲法で……

第187回国会 憲法審査会 第2号(2014/10/22、23期、自由民主党)

○山下雄平君 自由民主党の山下雄平です。  自由民主党は結党以来、憲法改正を掲げております。先ほど丸山和也幹事からもおっしゃられたとおり、我が党は憲法改正草案というものを作成しております。論点は数多くありますけれども、今日は選挙制度の一点に絞って意見を表明したいと思っております。  我が党の改正草案では四十七条で、選挙区は、人口を基本とし、行政区画、地勢等を総合的に勘案して定めなければならないと書いております。  一方、現行の日本国憲法は四十三条で、「両議院は、全国民を代表する選挙された議員でこれを組織する。」、「両議院の議員の定数は、法律でこれを定める。」と規定し、具体的な選挙制度については……

第187回国会 憲法審査会 第3号(2014/11/12、23期、自由民主党)

○山下雄平君 自由民主党の山下雄平です。  先ほどから各委員の皆さんから二院制並びに一院制について様々な御議論がありましたけれども、私からも一院制について批判的な立場から意見を表明したいと思います。  一院制の議論が一番盛んだったのは、衆議院と参議院の多数派が異なるねじれ現象だったときのように思います。それは迅速な決定ができないと、決められない政治ということで、迅速に決められるようにという文脈で一院制が主張されることが多かったように感じております。  ただ、早く決めていいということは、国会議員が独断で物事を決めていいということではなく、民意に沿った形で迅速に決断をしなさいという主張だったんだろ……

第189回国会 憲法審査会 第1号(2015/02/25、23期、自由民主党)

○山下雄平君 自由民主党の山下雄平です。  私は、七百五十年とも言われる議会制の歴史を持つ英国について意見、そしてまたお伺いしたいと思っております。  英国の上院、貴族院は、皆さんも御存じのとおり、任命制で公選制ではありませんけれども、現在のキャメロン政権は公選制を掲げました。しかし、現在、選挙制度改革の各党の思惑なども絡み、上院改革は頓挫している状態だというふうに聞いております。  派遣報告を聞く限り、上院の改革の方向性、上院に公選制を導入したいという方向性は堅持されているんだろうと思います。欧州の中では、デンマークのように二院制から一院制に変わった国もありますけれども、派遣団の皆様が訪れら……

第189回国会 予算委員会公聴会 第1号(2015/03/26、23期、自由民主党)

○山下雄平君 自由民主党の山下雄平です。  今日は、お二人の先生に貴重なお話をいただき、本当にありがとうございます。  ただ、時間の関係もありまして、早速質問に入らせていただきたいと思いますし、まとめてお二人に質問をさせていただければと思います。  まず、秋山教授ですけれども、秋山教授が言われた、日本がこれまで国際秩序維持に貢献してきたという点をもっと強調していけばいいという話は、なるほどなというふうにも思いました。  そして、今後の状況の変化にどう対応していくかという点についてですけれども、秋山教授の御専門の核軍縮に絡めてちょっとお聞かせいただければと思うんですけれども、ロシアが、クリミア紛……


24期(2016/07/10〜)

第192回国会 憲法審査会 第2号(2016/11/16、24期、自由民主党)

○山下雄平君 自由民主党の山下雄平です。発言の機会をいただきましてありがとうございます。  私も、磯崎議員が少々触れられました人口と議員定数の配分の問題について政策論の観点で問題点を指摘させていただいて、憲法改正の必要性を強調したいと思います。  私は、先頃まで行われておりましたアメリカの大統領選挙を考える題材にしたいと思います。  アメリカは五十州ありますけれども、一番人口が多いのはカリフォルニア州で、約三千七百万人いらっしゃるそうです。一方で、一番人口が少ないのはワイオミング州で、約五十六万人。その差は六十六倍にもなります。アメリカの大統領選挙は、御存じのとおり、選挙人の獲得人数を競われま……

第193回国会 資源エネルギーに関する調査会 第1号(2017/02/08、24期、自由民主党・こころ)

○山下雄平君 自由民主党の山下雄平といいます。今日は、参考人の皆さんに、本当に貴重なお時間、ありがとうございます。  時間もかなり押しておりますので、お一人お一人にこれから順に質問をさせていただきたいと思いますけれども、会長から一人十分という話だったので、もしかしたら全員の参考人にお聞きできないかもしれませんので、そのことは承知いただければと思います。  まず、順番から、武石参考人にお話をお伺いしたいと思います。  シェールガスの見通しだったり、中国のエネルギー消費など、世界のエネルギー需給の予測を踏まえてお話をいただきました。それを踏まえた上で、日本の将来に向けた、日本政府が掲げているエネル……

第193回国会 資源エネルギーに関する調査会 第3号(2017/02/22、24期、自由民主党・こころ)

○山下雄平君 自由民主党の山下雄平です。  まず、柴田参考人にお伺いしたいんですけれども、私、参議院のODA調査の派遣で先月ウズベキスタンに行ってまいりました。ウズベキスタンというのは、旧ソビエト時代に計画された古い非効率な発電所がかなり残っていまして、日本のODAによって新しい高性能のプラント建設を進めているところでした。古いやつが新しいやつに置き換わっていくことによってウズベキスタン自体が自国のエネルギー資源を更に輸出できるようになったりとか、また、電力自体を自国から隣国のアフガニスタンに輸出することによって過激派を生み出すような地域の安定にも貢献しているということで、非常に日本のODAと……

第193回国会 資源エネルギーに関する調査会 第7号(2017/05/31、24期、自由民主党・こころ)

○山下雄平君 自由民主党の山下雄平です。質問の機会をいただきまして、ありがとうございます。  今日は、私の地元の九州電力の玄海原子力発電所を例に原子力規制行政について伺いたいと思います。  私は九州の佐賀県の出身で、私が生まれたのは玄界灘に突き出している最北部の東松浦半島の一番北の出身で、そこの小さな町の生まれです。私の家から直線距離で六キロ弱ぐらいのところに玄海原子力発電所があります。玄海原発が、一号機が営業運転を開始したのは昭和五十年と聞いていますので、私は昭和五十四年生まれなので、私が生まれる前から玄海原発は既に稼働をしていて、生まれてからこの方ずっと原発のそばで生まれ育ってきたからこそ……

第198回国会 予算委員会公聴会 第1号(2019/03/12、24期、自由民主党・国民の声)

○山下雄平君 自由民主党の山下雄平です。  五百旗頭先生、前泊先生、今日は貴重なお時間をいただきまして、ありがとうございます。  まず前泊先生に伺って、その後に五百旗頭先生にお話を伺いたいというふうに思っております。  前泊先生からは、沖縄が抱える問題についての御説明、御見解をいただきまして、ありがとうございます。今回は予算審議ということなので、自衛隊の問題についても少しお伺いしたいと思うんですけれども、その前提として、日本を取り巻く安全保障環境についての認識について伺いたいと思うんですけれども、安全保障というのは、先ほど五百旗頭先生の話には狭義と、広い意味と狭い意味というふうな話もありました……


※このページのデータは国会会議録検索システムで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2020/07/03

山下雄平[参]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計/発言一覧 | 質問主意書