国会議員白書トップ衆議院議員黒田寿男>委員会発言一覧(全期間)

黒田寿男 衆議院議員
「委員会発言一覧」(全期間)

黒田寿男[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計/発言一覧 | 質問主意書

このページでは黒田寿男衆議院議員が委員会や各種会議で行った質問や答弁などの発言の冒頭部分と会議録本文へのリンクを一覧化しています。黒田寿男衆議院議員「委員会統計」(全期間)には委員会および各種会議の活動状況の集計結果を示しています。
 本会議での発言の統計と一覧については本会議発言のページを参照してください。

委員会発言一覧(衆議院)

23期(1947/04/25〜)

第1回国会 農林委員会 第3号(1947/07/07、23期、日本社会党)

○黒田委員 今日十三あまりの法案が提出されるように承りましたが、審議の期間も今議會は特別議會の性質上あまり長くないのであります。一體政府はいつころまでに法案を提出される見込みであるか、その點が非常に漠然としております。全部の法案が一時に提出されるわけでもありませんが、およそどの法案がいつころまでに提出されるという、大體の見透しがあればお聽かせ願いたい。

第1回国会 予算委員会 第7号(1947/09/16、23期、日本社会党)

○黒田委員 官公勞組から、給與の問題につきまして政府に對して要求が提出せられまして、今いろいろ交渉中で、まだ決定していないというように承つておるのでありますが、大體今日までの經過につきまして、できるだけ詳しく御説明願いたいと思います。
【次の発言】 その點はただいま御報告がありましたところで大體の經過はわかりました。次にこれは別個の問題を大藏大臣にお伺いいたしたいと思います。
【次の発言】 最近われわれ聞くところによりますと、農林省におきまして單獨に職員に對しまして五百圓の給與を支出いたしておる。こういう事實があつたように聞いておるのでありますが、はたしてそういう事實があつたかどうか、これを確……

第2回国会 予算委員会 第5号(1948/02/04、23期、日本社会党)

○黒田委員 この追加予算につきましては、いろいろ御質問があり、それに対する御答弁があつたのでありますが、先ほどの西村委員の質問によりまして、この追加予算の後に、さらに新たなる追加予算を提出されるということにつきましては、概略の話が大藏大臣からあつたのでありますが、私はその点につきまして、もう少し詳しく聽きたいと思います。大体この次に提出を予想せられております追加予算の財源について、大体の見当はつけておられると思いますので、それをできるだけ詳しく御説明を願いたいと思います。
【次の発言】 今貿易資金とか剩余金の問題につきましては、項目だけおあげになりまして、金額をあげにならなかつたようですが、大……

第2回国会 予算委員会 第6号(1948/02/05、23期、日本社会党)

○黒田委員 私は昨日の質問に引続いて、本日政府に質問を継続したいと思つておりましたが、本予算の性質から、速やかに本予算に対する本委員会の態度を決定する必要があると思いますし、第二には、昨日まで私が大藏大臣等から承りました御答弁によりまして、そしてまたその後の情勢によりまして、政府の方針も、大体はつきりわかつたと思いますので、私はこれ以上質問を継続いたしますのも無用であると考える。そこで本委員会の態度を速やかに決定していただきたいという希望を附しまして、私の質問はこれで中止したいと思います。
【次の発言】 なお單に続行するだけではなくして、今日中に本委員会の態度を決定せられるということに、ぜひお……

第2回国会 予算委員会 第13号(1948/03/31、23期、日本社会党)

○黒田委員 ちよつと私は便宜上関連質問をしてみたいと思うのでございます。お許しを願いたいと思います。  私は総理大臣に対して一点だけ御質問申し上げたいと思うのでありますが、関連質問でありますから、自然内容が前の質問者の質問と重複する点もあるかもわかりませんが、質問の内容は軍事公債の利拂停止問題に対する政府の方針いかんということであります。これが今まで隨分長い間の議論となつておるのでありますが、ただ今までこの問題につきまして、今日質問されましたのは民主自由党でありますが、私は民主自由党より立場を全然異にしております社会党の立場から、この問題についての御質問をいたしたいの思うのであります。この差異……

第3回国会 内閣委員会 第8号(1948/11/29、23期、労働者農民党準備会)

○黒田委員 どうも私は委員長のお話が納得行かないのですけれども、しかし私と委員長との問答はこれで打切りまして、まだ御質問の方があるようでございますから、どうか質問を続けていただくように願います。

第3回国会 内閣委員会 第9号(1948/11/30、23期、労働者農民党準備会)

○黒田委員 私は多少質問してみたいと思う点があるのでありますが、(発言する者あり)――つまらないやじを飛ばす者は出てもらいましよう。そんな者はじやまになつてしかたがないですよ。私が何かおかしなことを言うたのをやじるのならいいのですが、まだ何も言わないのに――默つているならいてもいいけれども、変なことを言う者は出たまえ。変なことを言つたら、そのたびごとにこだわりますから、そのつもりでおつてください。委員会の権威のためにもああいうやり方をするのは実によくない
【次の発言】 今回の法案はマッカーサーの総理大臣にあてた書簡によりまして、逓信省の機構の再編成が実施されるということで、郵政省と電氣通信省に……

第4回国会 内閣委員会 第3号(1948/12/12、23期、労働者農民党)

○黒田委員 二、三お尋ねしてみたいと思います。委員会に配付せられました政府職員数に関する資料によりまして、大体大づかみに見て、昭和七年から二十三年度までの間に、どの程度の予算定員の増加の状態であるかということがわかつたのでありますが、これをもう少し具体的に、たとえば各省別というような分類のしかたで、わかつておりますれば、お示しを願いたいと思います。
【次の発言】 ただいまいただいております資料は総括的のものでありますから、この総括的のものの算定の基礎になるものがあつて、この数字が出たのだと思うのでありますが、その基礎になるものはないのでありましようか。今すぐお答え願えませんければ、またあとから……


24期(1949/01/23〜)

第5回国会 決算委員会 第1号(1949/03/19、24期、労働者農民党)

○黒田委員 理事の互選に関しまして緊急動議を提出いたします。理事はその数を七名とし委員長において御指名あらんことを望みます。

第5回国会 予算委員会 第11号(1949/04/14、24期、労働者農民党)

○黒田委員 ちよつと関連質問をさせていただきます。文部大臣にお尋ねいたしますが、ただいま総司令部と交渉中であるというお話がありましたし、それからまたここでどうしてもこの予算で復活の見込みがなければ、何とかほかに方法を講じてみたいという意味のことをお答えになつたのでありますが、最後のお答えは追加予算でも出してもらうというような意味でおつしやつたのでありますか、どういうことでありますか、その点をちよつとお尋ねしておきたいと思います。
【次の発言】 私のお尋ねしたことにはつきりお答えになつていないのでありますが、増額というのはこの予算のわくの中で何とかやりくりするという意味ですか、それとも追加予算で……

第5回国会 予算委員会 第12号(1949/04/16、24期、労働者農民党)

○黒田委員 第一に私は総理に対しまして、米国の対日援助に関連いたしまして、わが国の事実上負担する義務の範囲についてお尋ねしてみたいと思う。米国の対日援助の方法は、本年度の予算の対日援助見返り資金特別会計設置という形で行われるようになつたのでありますが、これらの援助を受けることに対して、われわれとして何らか義務を負うかどうか、この点がまだ明瞭になつていないように思うのであります。たとえばマーシャル・プランによりまして援助を受けております國と同じような義務を受けるようなことになるかどうか。マーシャル・プランを受けております國は、米国との間に協定をいたしまして、たとえば米国が不足し、また不足すべき原……

第6回国会 議院運営委員会 第1号(1949/10/25、24期、労働者農民党)

○黒田寿男君 中野君が御議論しましたので十分わかつたと思いますが、きようここでいろいろな事情で御決定が願えないとすれば、後日ということでなく、少くとも明日くらいに決定してもらいたい。その間に各派の法へ私も交渉しますから……

第6回国会 予算委員会 第9号(1949/11/24、24期、労働者農民党)

○黒田委員 第一にお尋ねいたしたいと思いますことは、政府はさきに経済復興計画の樹立を意図せられまして、昭和二十八年度にわが国の経済目立を達成するという、いわゆる五箇年計画としての経済復興計画の立案を、一応完成されたようであります。それが実行に移されず、かえつて総理の御意向により、とりやめになつとわれわれは聞いておる。総理は先般その施政方針に関するある議員の質問に対しまして、本会議場におきまして、この問題につきまして多少の説明をされたのでありますが、われわれにまだ十分納得が行かないのでおります。元来右の復興計画は、政府の経済諸政策樹立の指針となるものである。その政策に総合性と一貫性とを付與するも……

第6回国会 予算委員会 第11号(1949/11/26、24期、労働者農民党)

○黒田委員 私は労働省農民党の立場から、昭和二十四年度一般会計予算補正に対しまして、反対いたしますと同時に、組みかえのため、これを返上すべきであると考えるのであります。簡単にその理由を申してみたいと思います。  政府とわれわれとの考え方の相違はわが国の経済が現在安定の軌道に乗つておると見まして得、この予算案はこれを再建、発展、復興させて行く性質を持つ補正予算であると、このように考えておるのであります。しかしながらわれわれは、現状はいわゆる安定恐慌の段階から、さらにデフレ恐慌の段階に落ちて行こうとする、その危機の過程の中にあるというように見ておるのでありまして、この補正予算案は、この危機を深める……

第7回国会 議院運営委員会 第1号(1949/12/04、24期、労働者農民党)

○黒田寿男君 労働者農民党の立場を申し上げます。選挙法、海外同胞、災害対策は従来通り存置した方がよろしい。考査は以前の不当財産のような調査にしてもらいたい。それから政府支拂並びに観光は廃止を可とすべきだと思う。社会保障制度、食糧政策については賛成であります、講和特別委員会はその設置をお願いいたします。

第7回国会 議院運営委員会 第20号(1950/02/09、24期、労働者農民党)

○黒田委員 常任委員会の委員の変更に件についてお許しを願いたい。実はわが党の岡田春夫君が、従来経済安定の常任委員でありまして、新政治協議会の竹山祐太郎君が労働委員でおられましたが、いろいろな事情から、双方の間に話合いをいたしまして、岡田君が労働委員、竹山祐太郎君が経済安定委員、このように変更することに理解ができまして、実はこのことを事務局の方へは手続をしておきましたが、なお運営委員会の皆様の御了解を得たいと思います。

第7回国会 議院運営委員会 第21号(1950/02/10、24期、労働者農民党)

○黒田委員 この問題につきまして取上げるやいなやについての賛否をきめるという話がありましたが、單なる挙手で賛否をきめられる前に、簡單に私意見を申し上げておきたいと思います。私はこの問題は非常に重要な問題であると思う。これはおそらく民主自由党の諸君が考えられるだけでなくして、各党の諸君が同様に考えられておると思う。共産党にとつても非常に重要な問題であると考えておられると思う。それで緊急性の存否いかんということについては、いろいろ議論があると思いますが、なお他の観点から、緊急質問はただいまお諮りがありますように、大体各議題について十五分くらいしかできない。おそらく政府の答弁はもつと簡單だろうと思う……

第7回国会 議院運営委員会 第26号(1950/03/06、24期、労働者農民党)

○黒田委員 元来議員が懲罰動議を出す場合には、成規の賛成を得て、しかもその場合懲罰事犯の確信を持つて出す。ところが佐々木さんの話を聞くと、調査する方法が他にないから、懲罰動議を出して調べてみようという、はなはだ確信のない、むしろ事実を確かめる方便として出したというふうに思えるのですが、これはどつちですか。
【次の発言】 その場合二人の直接徳田君から話を聞いた人に、直接当つていろいろお調べになつたのですか。
【次の発言】 動議の提出者それ自身が、そこまでのことは確かめていないのですか。
【次の発言】 佐々木君の方にも、私はもう一度お考えを願いたいと思うのであります。ただいま委員長のお話によつても……

第7回国会 議院運営委員会 第33号(1950/03/22、24期、労働者農民党)

○黒田寿男君 われわれは反対です。

第7回国会 議院運営委員会 第34号(1950/03/23、24期、労働者農民党)

○黒田寿男君 反対。

第7回国会 議院運営委員会 第36号(1950/03/27、24期、労働者農民党)

○黒田委員 私の方は反対しておりますので、本会議においてその意思表示をしたい。岡田春夫君がやります。

第7回国会 議院運営委員会 第41号(1950/04/03、24期、労働者農民党)

○黒田委員 私の方も、きようはむりだと思います。椎熊君の説に賛成いたします。

第7回国会 議院運営委員会 第51号(1950/04/27、24期、労働者農民党)

○黒田委員 私の方は玉井祐吉君がやります。
【次の発言】 時間の点は嚴に注意することにいたしますから、きようは、この案の性質にかんがみて、ぜひやらしていただきたいと思います。

第7回国会 内閣委員会 第2号(1949/12/21、24期、労働者農民党)

○黒田委員 一点だけ大臣に承りたいと思います。  最近官公庁の職員諸君の給与ベースの改訂の問題にからみまして、巷間さらに新たな整理によつて、ベースの改訂をしようというような方法が唱えられておるようでありますが、政府はそういうことを考慮されておりますかどうか、念のためにお伺いしたいと思います。

第9回国会 外務委員会 第1号(1950/11/25、24期、労働者農民党)

○黒田委員 私はその條項の中に、もう一つ朝鮮問題に関する件を入れていただきたいと思うのです。講和問題とそれから国際経済ということだけでしたが、もう一項つけ加えていただきたいと思いますが、いかがでございましようか。
【次の発言】 私は委員長から委員会にお諮り願いたいと思うのですが、ただいま外交白書に関する内容の一端が佐々木君の方から御質問になつております。実は私自身としましては、今回初めてこの委員会の委員になりましたので、過去の審議のことをよく存じておりません。委員会の記録も読んでおりますけれども、まだ全部読んでいませんが、前国会が終了されました後、今回の国会が始まります間に、外交白書というもの……

第9回国会 外務委員会 第2号(1950/11/29、24期、労働者農民党)

○黒田委員 私は外交白書について先一般あらためて委員会で問題にしたいということを提案いたしまして、ここにこの機会を得られたのでありますが、非常に時間が制限されておりますし、きようは大臣もお見えになつておりませんので、今日は私の質問は議論というのではなくして、この白書の中に現われております問題につきまして、一応政府の御見解をはつきりさせていただくということにとどめさせていただきたいと思います。また次会にあらためてこの問題につきまして続いて質問したいと思います。  今日この白書を問題にしますのは、すでに八月十九日に出されておるのでありますから、多少時期のずれはありますけれども、しかしその情勢の推移……

第9回国会 外務委員会 第4号(1950/12/06、24期、労働者農民党)

○黒田委員 一つの問題だけ……。これは質問と申しますよりか、吉田さんに、むしろ、御教示をお願いしたいと思う。それはわが国の外交方針といたしましての、中立性の問題に関係いたしにまして、私は多少疑念を持つている点がありますので、これについてお教え願いたいと思うのであります。  たとえば、自由党の人々が、米国第一主義で行くとか、あるいは共産党の諸君が、向ソ一辺倒で行くとか、こういう議論をなさいますことは、私は自由であると思います。しかしながら、政府といたしまして、また日本国といたしましては、そのようなことが許されるかどうかということを、私は疑問に思つている。すなわち中立性以外の態度をとることが許され……

第9回国会 予算委員会 第8号(1950/12/03、24期、労働者農民党)

○黒田委員 小平君の質問に関連して周東安本長官並びに広川農林大臣に質問いたしたいと思います。  第一は、小平君から日本の食糧問題の解決方法といたしまして、自給主義に重点を置くのか、貿易主義で行くのか、こういう質問があつたのでありますが。それに対しまして、周東長官はできるだけ国内の増産をはかるというお答えであつたようであります。これに対し小平君もそれで満足したというようなお話でありましたが、どうも私にはそれだけでは満足できませんので、この点についても少し明らかにしておいていただきたい。大体自給で行くかそれとも貿易主義で行くかということは、單に食糧問題だけではなくて、わが国の全産業におきまして自給……

第9回国会 予算委員会 第9号(1950/12/04、24期、労働者農民党)

○黒田委員 私は今日第一に憲法の改正の可能性ということについて、御質問申し上げてみたいと思うのであります。従つてこの質問は、憲法を改正する御意思があるかどうかという質問ではないのでありまして、この点につきましては、すでに総理大臣が再三講和会議前に憲法を改正する意思はない、こういうことを他の機会に言明せられておりますから、この質問を私は繰返そうというのではありません。私がお伺いいたしたいのは、その意思のいかんにかかわらず、憲法の改正については、その可能性に限度があるのではなかろうか、こういう問題であります。多少私の質問の内容を説明してみたいと思いますが、日本国憲法の第九十六條におきまして、この憲……

第10回国会 外務委員会 第2号(1951/01/31、24期、労働者農民党)

○黒田委員 私は今問題になつております対日平和條約に関する合衆国の七原則ということについてお尋ねしたいと思いますけれども、きようは時間がございませんので、その具体的問題にはおそらく入れないと思いますが、その前提となることにつきまして、與えられた時間の中でごく二、三の点だけお尋ねしておきたいと思います。これは全面講和か、單独講和かということに関する問題と関連を持つのでありますが、連合国の側からの場合と、わが国の方から考えた場合とにつきまして、私ども多少疑問を持つておりますので、それを明らかにしていただくという意味でお尋ねしてみたいのであります。きようは私の意見は述べないで、ただ疑問だけを承るとい……

第10回国会 外務委員会 第3号(1951/02/06、24期、労働者農民党)

○黒田委員 私は対日講和條的に関する合衆国の七原則の提案を、冷靜に研究してみたいと考えておりますので、きようはその点からお尋ねしてみたいと思います。研究の問題で、政治的論議を盡すというよりか、七原則の真相を明らかにしたいという意味で申し上げますから、なるべくそういう立場から御回答願いたいと思います。  その前にちよつとお尋ねしてみたいと思いますが、きようの毎日新聞に、政府が三十日ダレス特使に正式な要望書を提出したという報道が、一面にトツプ記事として大きく載つております。それには二十九日の夜急遽外務大臣官邸に白洲次郎氏、井口外務次官、西村條約局長、島津政務局長、その他の方がお集まりになりまして、……

第10回国会 外務委員会 第4号(1951/02/14、24期、労働者農民党)

○黒田委員 念のためにお伺いしでおきたいと思いますが、ダレス特使と吉田総理との今のお話合いの新聞紙上その他によつて報ぜられておるところを拜見いたしますと、大体安全保障の問題は、狭い意味の講和條約の中には入らないで、別個の條約でつくるというふうにきまつたと思いますが、その点どうでありますか。
【次の発言】 ちよつとはつきりしませんでしたが、別個になる、大体今までの経過によつてそういうことになると思うのです。それならそれでけつこうでありますが、そういうふうに解釈してかまわぬですか。
【次の発言】 それでは大体そういうことを前提としてお話を申し上げたいと思うのであります。少ししつこいようでありますけ……

第10回国会 外務委員会 第5号(1951/02/20、24期、労働者農民党)

○黒田委員 私はきようは一問題だけ質問いたします。最初に質問の趣旨を述べてみます。米国提案の対日平和條約七原則の中には、第一にソ連の同意なくしては実現し得られないもの、第二にソ連との協議を前提としなければ実現し得られないもの、第三にソ連の参加のもとで協議することを明示しておるものがある。しからば米国提案の七原則が中心議題となるはずの対日平和会議は、全面講和にならざるを得ないのではないか。首相はこれについてどう考えておられるか、また先日のダレス特使との会見の際に、この問題につきまして、何らか意見の交換がなされたか、これが質問の趣旨であります。以下少しそれを説明した上で、首相の御答弁をいただきたい……

第10回国会 外務委員会 第6号(1951/02/21、24期、労働者農民党)

○黒田委員 私は並木君と大体同じ趣旨の質問になると思いますが、関連してやらせていただきます。私は今の法務総裁の御答弁にはなはだ首肯しがたい点がたくさんありますからお伺いいたします。  第一には、憲法第九条でその保持を禁止したのは日本の軍隊で、外国の軍隊の保持を第九条では規定していないと言われました。もちろん外国の軍隊の保持なんかについて日本の憲法が書くべき筋合いではないのであります。問題は外国の軍隊が日本に駐屯するというところにある。そこでこの問題について、外国の軍隊が日本に駐屯するということは、日本の戰力という意味にはならない、憲法で日本が戰力の保持を禁止しておるその戰力にはならないのだと言……

第10回国会 外務委員会 第7号(1951/02/28、24期、労働者農民党)

○黒田委員 関連してさて。賠償問題で私どもが一番ただいまのところ関心の的としておりますのは、根本方針だと思います。従来日本に対する賠償は、既存の施設等につきまして一回賠償の方針で行くというように考えられておつたのでありますけれども、しかし私は必ずしもそういう方針ではないと信ぜられる報道もあると思うのであります。そこで一回賠償で、今日本の持つておりますあるいは過去において持つておつたものを取運びをされておりますが、そういう既存の経済的な価値を一回限り賠償として持ち去るのだということになつて参りますならば、吉田総理のように、とてもそんな八十億ドル――私はほかの国はまだその他の賠償の要求を持つておる……

第10回国会 外務委員会 第8号(1951/03/07、24期、労働者農民党)

○黒田委員 簡單にお尋ねいたしますが、日本がこの條約に加入する積極的利益という点につきましては、先ほど政府の方からの御説明がありましたが、過去において日本がこの條約に参加しなかつた理由につきましては、まだ詳しい御説明を聞いておりません。この條約ができましたときに、日本が参加しなかつたのには何らか積極的理由があるか、あるいは参加しない方がいいとする利益が日本にあつたのであるか、かりにそうであつたとしますならば、その利益とこれに加入する利益との比較較量というものは、どういうふうになるのですか、この点をひとつ伺つておきたいと思います。
【次の発言】 今西村條約局長のお話を承りまして、大体理由が二つぐ……

第10回国会 外務委員会 第13号(1951/05/09、24期、労働者農民党)

○黒田委員 関連して……。ただいま並木委員から問題にされましたソ連の覺書の内容ですが、私ども今まで新聞で見ておる程度以上知りません。これは外務省の方では詳しいことはわかつておりますか。わかつておれば至急ひとつ委員会の方へお知らせ願いたいと思います。
【次の発言】 しかしそうしますと、何にもわれわれとしてはこれを早く知るという方法を持たないわけですが、外務省として特にその内容を一日も早く全面的に知る方法をとつていただきたいと思います。ただ私ども新聞で見ておるというだけでは、十分な判断はできませんから、特別にそのおはからいはできませんか。

第10回国会 外務委員会 第14号(1951/05/11、24期、労働者農民党)

○黒田委員 私も実は少し詳しくお伺いしようと思いましたけれども、委員長いろいろお急ぎのようでありますから、今の佐々木君の御質問に関連して一つだけ質問しておきます。ただいま西村條約局長は、憲法第七十三條第三号の條約を締結するという行為は、署名及び批准を含む、こういうふうにおつしやつたように承つたのでありますが、そういうふうに承つてよろしゆうございますか。
【次の発言】 この問題はまだ非常に論議を要することと思いますから、私は次会に譲りたいと思いますけれども、ただ一つだけどうしても、簡単に考えてもちよつと條約局長の御説明に矛盾があると思いますのは、條約の締結には調印及び批准を含む、そしてその締結前……

第10回国会 外務委員会 第15号(1951/05/16、24期、労働者農民党)

○黒田委員 簡単に質問いたします。ワシントンに在外事務所を設置するということにつきましては、政府も非常にこれを重大視しておられるのでありますけれども、事実この法律ができる前に、ワシントンの在外事務所は設置ぜられておるというような話も聞いておるのでありますが、これと関連いたしまして、政府が特にワシントンの在外事務所設置に力を入れておられるのは、日米経済協力問題を処理するという目的が強く頭に置かれておるように思います。この問題について、大体のことでよろしいが、政府はどういう内容、性格を考えておられるか、外務省としましての御見解を承つておきたいと思います。

第10回国会 外務委員会 第16号(1951/05/17、24期、労働者農民党)

○黒田委員 私は残された問題を少しばかりお尋ねしてみたいと思います。  第一は日米駐兵協定の問題でありますが、これは詳細のことはまだきまつてないというように総理は先ほど申されておりましたので、そこまではお聞きしようとは思いませんが、根本的に一、二私の疑点としております点についてお伺いしたいと思います。  最初前提のもとにお尋ねしますが、この日米駐兵協定なるものは、四月十八日ホワイト・ハウスから発表されましたトルーマン大統領の声明の要旨を見ましても、その他いろいろなこれに関係する文書を見ましても、日本からこのとりきめをしてくれということをアメリカに要求したのだからしてやるんだ、こういうように私ど……

第10回国会 外務委員会 第18号(1951/05/25、24期、労働者農民党)

○黒田委員 ただいまのことに関係しまして政府に一、二点お尋ねしてみたいと思うのであります。  第一には、今アメリカの対日平和条約の草案と称せられておるものが出ております。これを私ども研究してみますと、今問題になつておりますような琉球あるいは小笠原諸島をアメリカを施政権者とする信託統治地域にする、こういう方針が現われておるようであります。そこで私はこの問題に対しまして疑問としております点を二点だけ政府にお尋ねしてみたいと思います。  第一は、この第二次世界戦争の結果、敵国から分離される地域として琉球諸島及び小笠原諸島が信託統治地域になりますためには、直接関係国によつて、このことが協定せられるとい……

第10回国会 予算委員会 第5号(1951/02/02、24期、労働者農民党)

○黒田委員 私はきようは多少ゆつくりとお話を承らさせていただきたいと思いまして、いろいろと準備をしておりましたが、先ほど理事の方から、総理も大分お疲れになつておるようだからというようなお話で、相かわらず時間の制限を受けたのであります。そこで制限されました時間に適当する範囲の問題を多少拾い上げまして、御質問申し上げてみたいと思います。  問題は、やはり対日平和條約に関する合衆国の七原則提案に関聯するものでありますが、これにつきまして多少の御質問を申し上げるとともに、あわせて若干の希望をも申し述べさせていただきたいと思うのであります。但し私は、先日首相がダレス特使と会見のために、本会議場を退去なさ……

第10回国会 予算委員会 第18号(1951/02/22、24期、労働者農民党)

○黒田委員 今日は大蔵大臣に対しまして、若干質問してみたいと思いますけれども、理事会の先ほどの申合せによりまして他の日にちに日程の延ばされた題目がありますので、それらの問題につきましては、あらためてそのときに総合的に御質問することにいたしまして、きよう少しだけそういう問題をはずれた問題だけ、若干お尋ねしてみたいと思います。  第一にわが国の経済の体制に関する認識について、一応お伺いしておきたいと思いますけれども、大体昭和二十六年度をもつてわが国の経済も準戰時経済状態に入る、すでに入つておる、こういう見解があるようであります。私どもも主観的にはこういう状態に入り込んで行くということにつきましては……

第10回国会 予算委員会 第19号(1951/02/23、24期、労働者農民党)

○黒田委員 いろいろ今までの質問で問題が明らかになりましたから、一つは念を押すため、一つは残されております問題につきまして簡單にお尋ねしてみたいと思います。食糧の輸入の問題については先ほど川崎君から質問がありましたようですが、これについて念のためにもう一度お伺いしておきたいと思います。政府が本年度の予算において予定しておりますだけの食糧の輸入を確保するための船舶は、必ず優先的に配船するという決意があるかどうか、この点をあらためて聞いておきたいと思います。私ども輸入に関しましては、従来別個の見解を持つておりましたけれども、今日のような情勢になつて参りますと、食糧につきましても各国が買付の競争を激……

第10回国会 予算委員会 第20号(1951/02/24、24期、労働者農民党)

○黒田委員 関達して……。
【次の発言】 通産大臣と安本長官にお尋ねいたします。ただいま小平君の御質問に対する通産大臣の御答弁で、燐鉱石に対する価格調整費を出すかもわからないというような意味の御答弁があつたようでありますが、従来政府は価格調整費というものをドツジ氏の言われる竹馬の片足といたまして廃止するという方針で来られ、この二十六年度の予算につきましても価格調整費につきましてはこれを逐次整理されまして、二十六年三月末においては輸入食糧のほか燐鉱石及び銑鉄を残すだけになつた、そのうち燐鉱石と銑鉄はことしの四月から廃止せられるので、二十六年度分は輸入食糧に関するもののみが残ることになつておる、こ……

第10回国会 予算委員会 第21号(1951/02/25、24期、労働者農民党)

○黒田委員 きようは久しぶりに農林大臣とお話をする機会が得られまして、実は私いろいろと農林大臣に伺いたいと思つておりましたけれども、昨日からおかぜでお休みになつておつて、無理をして出ていただいた、こういう関係でありまして、理事の方からも御注意もありますから、きようはなるべく時間を短かくお尋ねしてみたいと思います。主として食糧の統制に関する問題につきまして若干お尋ねしてみたいと思いますが、私どもがちよつと異様に考えますのは、政府が食糧の統制方針といたしまして、去年湯河原会談の時期に、あの当時示されました方針と今日におきましても、言いかえれば朝鮮事変が起りまして、いろいろと国際情勢がかわつておりま……

第10回国会 予算委員会 第22号(1951/02/26、24期、労働者農民党)

○黒田委員 私は労働者農民党の立場から本予算案につきまして討論をいたしたいと思います。結論から先に申し上げますと、本予算案はこれを政府に返上いたしまして、組みかえを要求する、こういうことになるのであります。簡單にその理由を申し述べてみたいと思います。  第一に指摘したいと思いますことは、先にある論者も触れられましたけれども、あわせて私もこの際この予算が自主性のない予算であるということを繰返して指摘してみたいと思うのであります。これはしかし予算案だけについてだけではないのでありまして、政治経済の全般にわたりまして最近現政府の非自主性というものは、私どもの目から見ますと、ますますはなはだしくなりつ……

第10回国会 予算委員会 第23号(1951/03/28、24期、労働者農民党)

○黒田委員 私も大蔵大臣がお見えになりましてから、お尋ねしたい点もございますけれども、とりあえず政府委員に若干お尋ねしてみたいと思います。  ちよつときわめて技術的なことでございますけれども、先ほど林君から復金の回収金についての数字的説明をお求めになりまして、御回答があつたようでありますが、回収の見込みが立たぬというようなものがあるかどうか。あるとすればどの程度かということにつきまして、お尋ねしてみたいと思います。
【次の発言】 そういうものが出るか出ないかということの大体の見当はどうでしようか。確かにみなとれるというようなお見込みでございますか、それともあぶないものがあるということですか、そ……

第10回国会 予算委員会 第24号(1951/03/29、24期、労働者農民党)

○黒田委員 私は昨日質問いたしましたが、少し疑問に思つておりましたものが残つておりますので、質問したいと思います。  先ほど林君の質問にも出ておりましたけれども、二十六年度の見返資金特別会計予算の、私企業投資のうちのその他の四十五億円というものを、この項目の支出としては使わないで、開発銀行の投資の対象として取扱うというように理解しておるのですが、それでよろしゆうございますか。
【次の発言】 それで私どもは、私企業投資の四十五億円が、事実上投資せられないようになるのではなかろうかという心配を持つておるのでありますが、この開発銀行の事業計画によりますと、重要産業会社に対して百億円使う、こういうふう……

第12回国会 外務委員会 第5号(1951/11/09、24期、労働者農民党)

○黒田委員 私は少し根本問題について農林大臣にお尋ねしたいと思つたのでありますが、きよう御出席がないようでありますから事務的な問題だけを二、三お尋ねしてみたいと思います。  政府の方から私どもに渡されました「国際小麦協定説明書」というものがありますので、その記述の順序に従いまして、事務的な問題をお尋ねしたいと思います。説明書の第一にある国際小麦協定に調印しなかつたアルゼンチン及びソ連のことについてでありますが、先ほどどなたかある委員からの質問に対しまして、政府委員が御説明になつたようでありますけれども、もう一度お尋ねします。この説明書によりますと「アルゼンチン及びソ連は、それぞれ最高価格の過小……

第12回国会 外務委員会 第6号(1951/11/10、24期、労働者農民党)

○黒田委員 最初に私は食糧対策の根本方針について、これはわかきつたことのようでありますけれども、農林大臣に御意見を伺つておきたいと思います。  最近たとえば統制撤廃の問題につきましても、農林省と大蔵省との間に意見の対立があるように見受けましたし、それかららまた与党の内部でも、いろいろとこの問題ついて対立があつたように、私ども外部から見ておつたのであります。一体こういう対立はどうして起るか。それは、この対立の真の原因がどこにあるかということを考えてみれば、わかると思うのであります。そこで農林大臣としての食糧対策の根本方針を最初に伺つておきたいと思います。  先に私の考え方を申しますと、私どもは、……

第12回国会 外務委員会 第7号(1951/11/13、24期、労働者農民党)

○黒田委員 林君が先ほど質問された問題に関連して少しお尋ねしておきたいと思います。  第十三條の問題であります。第一の「渡航先に施行されている法規によりその国に入ることを認められない者」こういう事態がありますときには、外務大臣は一般旅券の発給はしない、こういうことになつておるのでありますから、もとより日本の政府で、「その国に入ることを認められない者」というのはどういう者であるかという外国法規、具体的にどこの国にどういう法規があるか、ということがおわかりになつていると思います。私どもそれを知つておきませんと、将来渡航しようとする場合に不便が生じますので、これは今でなくてもよろしいから、できるだけ……

第12回国会 外務委員会 第8号(1951/11/15、24期、労働者農民党)

○黒田委員 私はこの前の委員会のときに、第十三條の五号について法務府関係の方に「著しく且つ直接に日本国の利益又は公安を害する行為」とは、具体的にはわが国のいかなる法律をさすものであるかということについて質問をしたのでありますが、そのときは具体的なお答えがありませんでしたので、その点をあらためて法務府関係の政府委員より、明らかにしていただきたいと思います。
【次の発言】 ただいまの御答弁の程度のことは、実はこの前承つたのでありますが、しかしそれではきわめて抽象的な説明になりますので、私の質問に対するお答えにはならぬと思う。私は具体的にはどういう法律に当る場合が「著しく且つ直接に日本国の利益又は公……

第12回国会 外務委員会 第9号(1951/11/16、24期、労働者農民党)

○黒田委員 ただいま林君が御質問になりました点と、私の質問と多少重複すると思いますが、もう少しつつ込んでお尋ねしてみたいと思います。  この旅券法第十三條に関して私も法務総裁に質問をしたいと思うのでありますが、前会までの政府委員に対する質疑におきまして明らかにされましたことは、わが国民は憲法第二十二條によつて海外に渡航する自由が原則的に認められておるということ、しかるにこの法案第十三條によりまして、一般旅券の発給等の制限を設けたのは公共の福祉という観点からだ、こういう点であつたのであります。そうであるとしますならば、第十三條は国民の基本的人権ことに自由権の制限を規定したことになるのでありますか……

第12回国会 外務委員会 第10号(1951/11/27、24期、労働者農民党)

○黒田委員 ちよつと政府の御意見を承つておきたいと思います。私は国民という立場からこの問題を考えてみたいと思います。只今、この問題に対して立法措置を講ずるとかどうとかというようなお話がありましたが、一体、日本国民は他人の故意または過失によつて損害を受けたときには、損害の賠償を請求する権利がある、そう考えるべきではないでしようか。単なる見舞金という問題ではない。損害を受けた国民としてその賠償をだれに請求するか、これは、ただいま政府は日本政府が負担するというようにおつしやつたと思いますけれども、国民の立場から考えれば、見舞金で済ませる問題ではなくて、一種の損害を受けた事件でありますから、そして、こ……

第12回国会 平和条約及び日米安全保障条約特別委員会 第4号(1951/10/19、24期、労働者農民党)

○黒田委員 私は本日は平和條約と安全保障條約とを合せて、多少根本的な問題を総理にお尋ねしたいと思うのでありますけれども、総理の方でおさしつかえがありまして、予定しただけの時間がいただけませんので、きようはただ一問だけ特に御質問申し上げたいと思います。あとはこの次の機会に質問する権利を留保させていただきたいと思います。  そこできようは、便宜上、私は安全保障條約の―この安全保障條約と申しますのは、今回の日米安全保障條約のことでありますが、この安全保障條約の性格について政府にお尋ねしてみたいと思います。私の見るところでは、日米安全保障條約は、名称は安全保障條約でありますけれども、実質的にはいわゆる……

第12回国会 平和条約及び日米安全保障条約特別委員会 第5号(1951/10/20、24期、労働者農民党)

○黒田委員 私は時間があまりありませんので、なるべく質問を簡潔にしたいと思いますが、領土問題について質問をいたします。その前提としまして、ひとつ根本的な問題について政府の御意見を伺つておきたいと思います。これは條約局長からお答えを願いたいと思います。ポツダム宣言の国際法上の性質について、どうもはつきりしないところがありますので、お尋ねしたいと思うのですが、私は、このポツダム宣言を、これに参加した連合国の共同の合意に基く意思表示というふうに解しておるのであります。それはいわゆる合同行為であつて、これに参加した関係各国相互の間に拘束力を持つものである、こういうふうに理解したいと思うのであります。こ……

第12回国会 平和条約及び日米安全保障条約特別委員会 第8号(1951/10/24、24期、労働者農民党)

○黒田委員 私は今日は時間があまり与えられておりませんので、簡単に一、二お尋ねを申し上げてみたいと思います。  最初は日米安全保障條約によつて生ずる、日米両国間の権利義務の関係について御質問申し上げたいと思うのであります。私はこのように思うのであります。日米安全保障條約によつて、アメリカはわが国に対し駐兵権を持つことになる。ところがそのアメリカの軍隊を、日本の安全を保障するために使用しなければならぬという法的の義務は負わない。日本の側からいえばどうかといいますと、アメリカに対し、基地提供等の法的義務を負担することにはなりますけれども、アメリカ軍隊の使用を日本の安全保障のためにアメリカに対し要求……

第12回国会 平和条約及び日米安全保障条約特別委員会 第9号(1951/10/25、24期、労働者農民党)

○黒田委員 私は労働者農民党を代表いたしまして平和條約及び安全保障條約の締結承認に反対するものであります。この二つの條約は不可分でありますから、私は一括して反対理由を申し述べたいと考えます。  反対理由の第一。この條約の締結の結果は、わが国を新たな国際的従属関係に陷れることになります。日本の独立という見地から私は反対しないわけにはいかない。元来平和條約はそれによつて独立が回復せられるものでなければなりません。わが国民が六箇年の長い間平和條約の締結を待ちに待ち望んでいたのは、平和條約が独立への門出となると信じたからであります。しかし、いかなる内容の平和條約でも独立への契機となるべきものではありま……

第13回国会 外務委員会 第2号(1952/01/30、24期、労働者農民党)

○黒田委員 私は大橋国務大臣、木村法務総裁に対しまして、実はもう少し詳しく御説を承りたいと思いますけれども、きようは時間がございませんので、ただお二人に簡単に希望を申し上げておきたいと思います。それからまにあとで私の順番が参りましたときに、外務当局に対しましても少し質問したいと思います。それでちよつと大橋国務大臣に対して申し上げたいと思いますけれども、私どもはこの委員会において、真剣な気持で国政を議しておるのでありま、先ほどもあなたの御答弁を聞いておりまして、私は非常に遺憾に思いました。なるほどあなたは軍事の専門家ではありませんけれども、警察予備隊の責任者であります。どんな装備が行われておるか……

第13回国会 外務委員会 第3号(1952/02/06、24期、労働者農民党)

○黒田委員 ちよつと外務当局に承りたいと思います。国民党政府を相手の講和條約が、地理的な意味での限定條約であることは大体わかつております。そしてサンフランシスコ平和條約の批准が、必要な数だけ各国においてなされて、それが効力を発生する時期もそう遠くはないというように予想されております。そこで、この台湾政府との講和條約は、サンフランシスコ條約の効力が発生する前に、効力を生ずるような方法でなされる御方針でありますか。それともサンフランシスコ條約が必要な批准を経て効力を発生しました後に、日本と台湾政府との間に條約を締結するという御意思でありますか。この点を承つておきたいと思います。

第13回国会 外務委員会 第4号(1952/02/13、24期、労働者農民党)

○黒田委員 関連してちよつとお尋ねします。ただいま大橋国務大臣は、警察予備隊の任務に関しまして、駐留軍といかなる協力をするかということは、行政協定で決定せられるものであると思うと、こうおつしやつたように承りましたが、そうお考えになつておりますか。
【次の発言】 もう一点だけ、その点ですが、私どもが今まで政府の御説明として承つておりました範囲から申しますと、行政協定の内容は、アメリカ合衆国の軍隊の日本国内及びその附近における配備を規律する協定をきめるためだ、決してそれ以上のものには行政協定は触れないのだ、こういう説明を今まで繰返して聞かされておつたのですが、事実上どうなるかは別といたしまして、観……

第13回国会 外務委員会 第5号(1952/02/20、24期、労働者農民党)

○黒田委員 ちよつと関連質問として高辻政府委員にお尋ねいたします。このたびの安全保障條約によつて、アメリカの軍隊が日本に駐留することになり、その場合に、軍事上の基地に対しましては、これを貸與しておる日本の国として、日本の警察権、司法権が直接には及ばないことになるのではありませんでしようか。そのようなことはないと政府は言われるのかどうかという問題です。アメリカ人が軍用地として用いておるその地域内において、日本の警察権や司法権が及ばない、こういう事態が起り得るのではないでしようか。
【次の発言】 しかし、アメリカの軍用地になる一定の地域に、日本の警察権や司法権が及ばないという事態が起るのではないの……

第13回国会 外務委員会 第6号(1952/02/27、24期、労働者農民党)

○黒田委員 ちよつと岡崎国務大臣に関連質問をさしていただきたいと思います。実はただいま松本委員からお尋ねになりました問題は、根本問題でありまして、先般の予算委員会におきまして、私はこの問題を岡崎国務大臣にお尋ねしたのであります。岡崎国務大臣はただいま松本委員に対してお答えになりましたと同じような御答弁があつたのであります。岡崎国務大臣の御答弁それ自身としてははつきり割切つておられる。この行政協定は国会の承認を求むべき條約ではない、こういうふうに割切つておられるのであります。ただ政府の部内におきまして、岡崎国務大臣はそのように割切つておいでになりますのに、木村法務総裁の御答弁はそうでなかつたので……

第13回国会 外務委員会 第7号(1952/03/05、24期、労働者農民党)

○黒田委員 私は行政協定に関する問題で、岡崎国務大臣にお尋ねしてみたいと思います。質問の項目はたくさんあるのでございますけれども、きようは時間の関係上、一つか二つだけにしたいと思います。  まずこの協定の條文の順序に従いまして、私どもが問題になると思われますものを順次に取上げてみたいと思います。最初に問題になることがこの協定の前文の中にあります、安全保障條約第三條の合衆国軍隊の日本国内及びその付近における配備を規律する條件、この條件を今回の行政協定できめた、こうなつておるのでありますが、私は、この第三條の軍の配備を規律する條件というものの内容について、重大な疑問を持つておるのであります。一体、……

第13回国会 外務委員会 第8号(1952/03/12、24期、労働者農民党)

○黒田委員 岡崎国務大臣に少しばかり先日の私の質問の続きをお尋ねしてみたいと思います。ちよつとその前に私は委員長にお願いがあるのであります。それは議事進行に関する問題でありますが、現在国民が異常な関心を持つてながめておりますこの行政協定について、その内容を十分国民の納得の行きますように明らかにする必要があると私は思います。そしてまたそれをなす役目はわが外務委員会に課せられておると考えますので、今日までのごとく、ただ漫然とめいめいかつてに、岡崎国務大臣を中心とする政府当局の方にこの問題について質問をするというやり方でなく、系統的に、組織的に質問応答をなすような議事の進行をしていただきたい。このこ……

第13回国会 外務委員会 第9号(1952/03/14、24期、労働者農民党)

○黒田委員 私はきよう岡崎国務大臣に行政協定の問題について質問したいと思いますが、ちよつとその前にお伺いしておきたいのは、先日配付を受けました行政協定議事録に「取扱注意」という印が押してありまして、新聞の報道によりますと、たとえば第三條に関する議事録が新聞社に発表されたものにはないというようなことを読みましたので、この「取扱注意」というのはどの程度に注意をしたらよろしいのでしようか。私はきようは第三條に触れて質問したいと思いますので、あらかじめ伺つておくとよいと思います。
【次の発言】 私は実は一間一答式にやりたいと思いますけれども、時間がありませんから、一応意見だけ一括的に申し述べさしていた……

第13回国会 外務委員会 第10号(1952/03/19、24期、労働者農民党)

○黒田委員 私はきようもまた憲法との関係において、本案に憲法違反ではないかと思われる点が一つありますので、これをお尋ねしてみたいと思います。  それは、この外務公務員法第九條は、憲法第七條第五号に違反するものではないか、こういう問題であります。私はその理由をこれから申し上げてみたいと思います。  外務公務員法第九條によりますれば、「領事官の委任状は、天皇がこれを認証する。」こうなつておりまして、私はこの点が憲法第七條第五号に違反すると思うのでありますが、どうでありますか。思うかどうかというよりは、私は思うと断定することができると思うのであります。領事官とはどういうものであるかと申しますと、外務……

第13回国会 外務委員会 第11号(1952/03/20、24期、労働者農民党)

○黒田委員 私は結論から先に申しますと、本案に反対であります。反対の論点といたしまして、ただいま並木君並びに林君が申されましたことを、第一点として援用したいと思います。次に、残された問題につきまして、多少私の見解を申し述べてみたいと思います。  反対の第二点――それは昨日政府に質問したことと関連するものでありますが、私はこの法律案の第九條に憲法違反の疑いがあると思うのでありまして、どうも昨日の政府委員の御釈明では、私には納得できないものがあるのであります。それについて私少し申し述べさせていただきたいと思いますが、この大使及び公使の信任状及び解任状、全権委任状を天皇が認証するとしてありますことは……

第13回国会 外務委員会 第12号(1952/03/25、24期、労働者農民党)

○黒田委員 議事進行について。私の聞いておりますところでは、出入国管理令に関する請願書というものが出ておるそうであります。そこで、普通でありますれば、請願書に関しましては、会期の終りに一括してこれを議題にするというのが従来の例でありましたけれども、出入国管理令に関する請願書に関しましては、従来の一般の慣例に従わないで、特にこの法案の審議の過程の中で請願書をお取扱い願いたいと思います。そうしますと請願者の意思も十分にこの委員会に反映し、意見をできるだけ聞くという目的を達成する一つの方法になると思いますので、これも御考慮をお願いいたしたいと思います。

第13回国会 外務委員会 第13号(1952/03/27、24期、労働者農民党)

○黒田委員 ちよつと沖繩の問題に関連して政府にお聞きしておきたいと思います。これは私もかねがねお伺いしたいと思つておりましたのですが、一体沖繩は日本の領土主権から離れるのかどうか、この問題です。アメリカの方針によりまして、国際連合の信託統治になるということになれば、国際連合の規約上、それは第二次世界戦争において敵国の領土より分離せられる地域に設けられる信託統治領ということになるのでありますから、残念ながら信託統治領になるということは、その地域が、一応は日本の領土主権より分離せられてしまうものである、こう解釈せざるを得ない。私はこういう考え方を持つておつたのであります。ところがダレス氏が、信託統……

第13回国会 外務委員会 第14号(1952/03/28、24期、労働者農民党)

○黒田委員 ちよつとそれに関連して。沖繩はこの法律の適用からは除外されておるわけでしよう。それから、沖繩は日本の領土であると政府は御解釈になつておるけれども、日本の法律がそこでは行われない場所であるということもお認めになつておりますね、そうですね。
【次の発言】 私はいろいろとお尋ねしたいことがありますけれども、便宜しただいま問題になりました永住許可の問題につきまして、今までになされた質問応答を多少整理しながら、残された問題点につき、御質問申し上げてみたいと思う。  現在中国の人々、朝鮮の人々がこの法案を非常に重大視されておりますが、この出入国管理令の法律化は、今後日本に出入国する外国人を管理……

第13回国会 外務委員会 第15号(1952/03/29、24期、労働者農民党)

○黒田委員 私は、ただいま佐々木委員と北澤委員とがお尋ねになりました点に関連いたしまして質問してみたいと思います。なお強制退去の問題につきましても、多少質問を申し上げたいと思います。大体において、昨日までの政府側の御答弁と比較いたしまして、きようは岡崎国務大臣から多少積極的な御意見が示されまして、その点は私どもたいへんよかつたと思います。しかしなお多少確かめておきたい点がありますので、御質問申し上げます。  さて、今日日本に在留しておる朝鮮人、台湾人及び中国大陸出身の人々の御心配になつております点は、單に登録を切りかえて、在留資格を一定の期間更新しようという意味での在留の問題ではなくて、永住許……

第13回国会 外務委員会 第16号(1952/03/31、24期、労働者農民党)

○黒田委員 私もあとの方の御都合があるようでありますから、きようはごく簡単に質問いたしまして、なお爾余の点は次会に譲らしていただきたいと思います。ただいままでの他の委員の御質問を承つておりますと、多少誤解されておるところがあるのではなかろうかと懸念される点があるのであります。そこで念のために、私はわかつておるとは思いますけれども、政府の御説明を伺つておきたいと思います。それは、ただいま問題となつております千九百二十七年九月二十六日にジユネーヴで署名された外国仲裁判断の執行に関する條約、それからその前に締結されました一九二三年ジユネーヴ仲裁條項に関する議定書というものと、一九〇七年の国際紛争平和……

第13回国会 外務委員会 第17号(1952/04/02、24期、労働者農民党)

○黒田委員 私は実は警察予備隊が戦力であるかどうか、違憲になるかどうかという点につきまして、この前、大橋国務大臣と相当長い時間をいただきまして質問応答をしたのでありますが、なお多少残されておる問題につきまして御質問申し上げる機会を得たいと思つておりましたきようその機会を得たわけであります。なお、ただいま植原委員から国務大臣に対する御質問がありまして、ちようど私が問題にしてみようと思つていた点を問題にされたのであります。そうして私の考えからいたしますと、植原委員のお考えは、長老に対してはなはだ失礼でありますけれども、私は間違つていると思います。大きな二つの間違いがあると思います。ちようど植原委員……

第13回国会 外務委員会 第18号(1952/04/11、24期、労働者農民党)

○黒田委員 私は一問だけ仲裁判断の執行に関する條約の締結について承認を求めるの件について質問いたします。この條約に加盟することができます国は、議定書に署名した国のみということになつておるようであります。議定書に署名した国のみがこの條約の批准に署名することができることになつておると思いますけれども、そうしますと、たとえば将来日本といろいろ経済上の関係を持つと考えられますアメリカとか、あるいはフイリピンとか、あるいはインドネシアとか――インドネシアはその当時オランタ国に入つておりましたから別といたしまして、ビルマというような国は、いろいろと日本と商事上の関係を生ずるようになるのではないかと考えられ……

第13回国会 外務委員会 第20号(1952/04/23、24期、労働者農民党)

○黒田委員 私は日本が国際連合に加盟し得るための要件について疑問点がありますので、それをお尋ねいたします。  第一に、国際連合は言うまでもなく、国をもつて構成されておるのでありますが、この国際連合を構成しておる国、国際連合に加盟を許される国は、独立国でなければならないのではなかろうか、こう私は考えます。ところが日本の場合は、平和條約が発効いたしまして、世界のある国々に対しましては独立国たる地位を回復いたしますけれども、ソ連等の有力な国に対しましては、依然として降伏関係にある。そういう国際的地位に依然として置かれるのであります。そのような、完全な独立国ではない、世界のある国国に対してのみ独立の地……

第13回国会 外務委員会 第21号(1952/04/26、24期、労働者農民党)

○黒田委員 ちよつと簡單に二、三点お尋ねしたいと思います。  日本国との平和條約第二十二條では、同條約の解釈または実施に関する紛争の解決について、特別請求権裁判所へ付託、または他の合意された方法によつて、というように平和條約ではなつておりますが、この協定案は他の合意された方法によるという、その方法を設定するものということになるのでありましようか、その点をお聞きしてみたいと思います。
【次の発言】 その点わかりました。それでは次にお尋ねしますが、そういたしますと、このような方法で紛争を解決するということは、性質といたしましてどのようなものになるのでありましようか。たとえば仲裁裁定をするというので……

第13回国会 外務委員会 第22号(1952/04/30、24期、労働者農民党)

○黒田委員 私は前々回の委員会におきまして、政府との間の質疑が中途で打切られることになりましたので、その続きの意味におきまして、きようは多少質問をさしていただきたいと考えます。  その前に、前会の質問の終りにおきまして、岡崎国務大臣が私に対して御答弁になりました御意見に対しまして、ちよつと私の意見を申し述べさしていただきたいと考えます。私は前々回の委員会における政府との質疑におきまして、国際連合に加盟した場合に、加盟国に課せられる義務の内容いかんという問題について質問をしたのでありますが、その際特に国連憲章の第四十一条、第四十二条及び第四十三条に触れたのであります。そしてその際明らかになりまし……

第13回国会 外務委員会 第23号(1952/05/07、24期、労働者農民党)

○黒田委員 条約局長にお伺いしたいと思います。国連に関する問題でありますが、平和条約第三条に琉球諸島その他一定の地域が、合衆国を唯一の施政権者とする信託統治制度のもとに置かれるという方針が規定されましたし、この条約はすでに発効したのであります。そこで私はその事柄自身を今日とやかく問題にしようとは思いません。しかしながら私ども日本人として考えてみて、琉球諸島などをアメリカ合衆国の信託統治領域にするということには、どうしてもその合理性を認めることができないのであります。ただ力関係でそうなつたといえば、これは別問題でありますけれども、必ずしも国際間のことは今日このように簡単に解釈すべきものではないと……

第13回国会 外務委員会 第24号(1952/05/14、24期、労働者農民党)

○黒田委員 私は日韓会談につきまして、多少まとまつた質問をしてみたいと思うので、二十分くらい時間がほしいのですか、大臣がきようどうしても時間がおありにならないそうですから、断片的なことをやめまして、この次のなるべく早い機会にいたしたいと思います。
【次の発言】 私は午前中岡崎外務大臣から経過の御報告のありました日韓会談に関する問題で、少しばかり質問申し上げてみたいと思います。日韓会談が日本の財産請求権の問題でデツド・ロツクにぶつつかつたのだ、こういうお話でございましたが、大韓民国が日本の主張を排斥しまするその理由を先ほども一応承りましたけれども、もう少しはつきりと御説明願いたいと思います。1韓……

第13回国会 外務委員会 第26号(1952/05/23、24期、労働者農民党)

○黒田委員 きようは時間がありませんから、私は前に発言された委員の質問に対する関連質問程度にとどめておきます。しかしそれは非常に重要な問題でありますから、そのつもりで御答弁願いたいと思います。  第一に私が疑問といたしますのは、現在のいわゆる国民政府は、台湾及び澎湖島に適用される條約を締結する権限がないのではないかという根本的な疑問であります。その理由を簡単に申しますと、台湾及び澎湖諸島は現在無主の地域であります。中華民国の主権ないし領土権というものは、台湾及び澎湖諸島には現在ないのであります。サンフランシスコ條約の第二條bによりましても、日華條約の第二條によりましても、これらの地域は日本から……

第13回国会 外務委員会 第27号(1952/05/28、24期、労働者農民党)

○黒田委員 午前中は、国際通貨基金協定、国際復興開発銀行協定その他の議案につきまして質問してみたいと思います。実はこの問題につきましては、大蔵大臣の御出席を願いたかつたのでありますけれども、きようはどうしても御出席できない御事情がおありになるそうでありますので、外務当局あるいは大蔵当局の関係説明員の方に、御答弁を願いたいと思います。  第一は、国際通貨基金協定及び国際復興開発銀行協定に加盟いたしますについて、本年度の予算との関係であります。この両協定にわが国が加盟するということになつて参りますと、国家の出資並びに国家の債務負担を伴うものでありますから、当然憲法第八十五條及び第八十六條との関連、……

第13回国会 外務委員会 第29号(1952/06/04、24期、労働者農民党)

○黒田委員 北澤さんは非常に範囲の大きな問題についてお尋ねになりましたが、私は小さい範囲で條約の解釈に関するものに限定いたしまして、若干お尋ねしてみたいと思います。この日華條約はサンフランシスコ平和條約に示された諸原則に従つて締結されておりまして、個々の條文もサンフランシスコ條約の條文中の当該事項を取扱つた條項にならつて作成されてありますので、さきにサンフランシスコ條約の審謹に当りましたわれわれといたしましては、本條約の個々の條文につきましては、賛否は別といたしまして、特に研究を要するというようなものは比較的少いのであります。具体的に申しますれば、第一條から第九條まで、それから第十二條等は今あ……

第13回国会 外務委員会 第30号(1952/06/06、24期、労働者農民党)

○黒田委員 私の先日の質問の続きといたしまして、日華条約締結の根本問題に関し、どうしても疑問の解け切れない点がありますので、その点につきまして質問を続行してみたいと思います。  第一に私が疑問と思いますのは、一体この日華条約はサンフランシスコ条約第二十六条にいわゆる二国間条約であるかどうか。私にはこれについて根本的な疑問があるのであります。そこで私はこれだけ御質問申し上げまして、すぐ政府の御答弁を求めます前に、多少私がそういう疑問を持つております理由を申し上げてみたいと思います。  理由は私は大体二つあると思います。第一は、第一号交換公文によりますと、この条約の条項は中華民国に関しては中華民国……

第13回国会 外務委員会 第31号(1952/06/11、24期、労働者農民党)

○黒田委員 ちよつと時間をいただきまして、ソ連とわが国とのサンフランシスコ條約発効後の関係につきまして、簡単にお尋ねいたします。どうもこのことはわかつたようでわからないのでお尋ねしてみたいと思います。  大体ソ連とわが国との関係が、降伏文書の署名のときから休職状態に入つたことは明らかであります。それからまたその休戦状態は、戰勝国と降伏国との関係として実現されたことも明らかであります。それからサンフランシスコ條約発効までは、この関係が続いておつたと見ることも当然にそう考えられるわけであります。そしてまたこの戰勝国対降伏国の関係は、サンフランシスコ條約締結国との関係におきましては、條約発効と同時に……

第13回国会 外務委員会 第33号(1952/06/13、24期、労働者農民党)

○黒田委員 私は大臣に、日本国とインドとの間の平和條約に関して御質問申し上げたいと思いますが、この條約の個々の條文につきましては、すでに今までに他の委員諸君から、問題とすべき点は質問されておりますので省略いたします。それで私がお尋ねしてみたいと思いますことは、この條約の根本的な性質についてであります。これにつきましても、今まで多少他の委員諸君が触れられておりますけれども、なお少しつつ込んで質問してみたいと思います。  インドはサンフランシスコ條約の内容に反対でありましたために、サンフランシスコ会議には参加しなかつた。そして今回新たに別個の條約を日本と結んだのであります。それでありますから、この……

第13回国会 外務委員会 第35号(1952/06/16、24期、労働者農民党)

○黒田委員 私は労働者農民党を代表いたしまして、本條約の承認に反対をいたします。  この條約が、公海自由の原則を無視したものであるということは、本降約審議の過程におきまして、十分明らかにされたことであると私は信じます。條約承認に反対する最大の理由がここにあることも、私の前に反対討論に立たれました委員諸君の論旨から見て明瞭であると考えます。私も同様な論拠に立つものでありますが、多少その論拠をこまかく分析して説明してみたいと思うのであります。  私がこの條約の承認に反対いたします第一の理由は、政府はこの條約の締結において国家として義務のないことをあえて行つて、日本国家に不利益を與えるような結果を招……

第13回国会 外務委員会 第36号(1952/06/18、24期、労働者農民党)

○黒田委員 関連して……。この問題は、大体先般議論は済んでおつたと思うのでありますが、昨日の参議院の質問応答の中からまた問題が起つで来ましたので、簡單にもう一度お尋ね申し上げてみたいと思います。
【次の発言】 一体、中国という国がどういう国でありましようとも、またそれを代表しております政府がどのような性質の政権でありましようとも、とにかくこの日華條約は、中華民国と称するものが現在支配をしておる地域に適用せられる條約にすぎないものと私どもは解釈しておつたのであります。そうなつて来ると、現在適用せられる範囲は、台湾及び澎湖島であつて、決して中国本土ではない。あるいは将来中国本土もそういうことになる……

第13回国会 外務委員会 第38号(1952/07/02、24期、労働者農民党)

○黒田委員 私は今日山本君と戸叶君及び大石君から御質問のありました件に関連した質問をしてみたいと思います。  第一に政府にお尋ねしてみたいと思いますことは、私は現在日本に駐留しております米国軍隊以外の、たとえばイギリス軍隊あるいはカナダ、濠州、これらの軍隊は、もはや今日は占領軍ではない、すでに平和條約の効力が発生しまして、日本は独立国になつておるのでありますから、これらの軍隊は占領軍として日本に駐留しておるのではなくして、ただ平和條約第六條で規定されております九十日間の撤退猶予期間において、日本に駐留しておる軍隊にすぎない、こう私は解釈しております。しかもこれらの軍隊の日本駐留につきまして、他……

第13回国会 外務委員会 第39号(1952/07/30、24期、労働者農民党)

○黒田委員 私もその問題についてちよつと関連してお尋ねしたいと思います。古田ナチソン交換公文におけるアチソンの資格は何であるかということについて私には疑問がある。アメリカ合衆国国務長官デイーン・アチソン、そして日本内閣総理大臣外務大臣吉田茂、この二人の交換公文でありますから、アメリカと日本との間の問題を規律したものであるということは、私どもにはよくわかるのでありますけれども、どうも国際連合について、何らかの事項を規定したものというようには、ちよつと私には理解しかねるのであります。そこでお尋ねしたいと思いますのは、アチソン合衆国国務長官は、国際連合とどのような関係においてこの交換公文を交換された……

第13回国会 議院運営委員会 第28号(1952/03/26、24期、労働者農民党)

○黒田寿男君 同意です。
【次の発言】 憲法の祝賀ということは、私ども賛成です。しかし今度の平和条約の祝賀ということは、私どもの従来この条約に対する態度から、反対であります。
【次の発言】 私は、実は昨日出席しておりませんでしたので、私の方で受継がれた意見に基いて申し上げます。私が受継いだ昨日のこちらの御決定というのは、行政協定の国会承認に関する決議案については、共産党の方で廃棄の決議案を出されておる、私どもに関連したものは、国会承認に関する決議案であつて、その決議案の賛成演説者は二名ときめられた、そのうちの一名は社会党の右派から出す、あとの一名は小会派の方で選ぶ――これは真実であるかどうか知……

第13回国会 議院運営委員会 第31号(1952/03/29、24期、労働者農民党)

○黒田寿男君 お許し願えるようになるかどうかわかりませんが、一応私の方も外務委員会の二案に対しましては黒田寿男の反対討論を通告しておきます。
【次の発言】 どうしても小会派一人ということになりますならば、私の方は譲ります。成田君にやつていただきます。

第13回国会 議院運営委員会 第34号(1952/04/10、24期、労働者農民党)

○黒田寿男君 私は、大体私の言いたいと思いましたことを今八百板君が言われましたので、同様の趣旨で、これは許した方がよろしいと思います。
【次の発言】 私も、この問題はつい最近新聞で見まして、まだ新聞で見た程度の知識しか持つておりませんけれども、非常に重大な問題と考えます。私ども、従来政府が予算委員会等において御説明になつておりましたことと、最近新聞に出ましたことと非常に違いますので、重大な関心を持つております。一日も早くこのことにつきまして政府の所信を明らかにされたいと思うので、これはお許しになつて、きよう政府の態度をお聞かせ願えればけつこうだと思いますから、賛成します。

第13回国会 議院運営委員会 第66号(1952/06/21、24期、労働者農民党)

○黒田寿男君 どうも委員長のように、あまり何もかも限定されましては、ちよつと話がしにくいのでありますが……。
【次の発言】 今大池事務総長から第九十一議会におけるこの問題についての取扱いの話がありましたし、それからまた倉石委員の方から、両院法規委員会における過去のこの問題に関する意見の御紹介がありました。私はむろんその通りであつたと思いますけれども、この問題が過去において論ぜられましたときには、現実の問題はなかつたのであります。仮定論として、万一そういう場合があつたときはどうするかという頭で、両院法規委員諸君が……。
【次の発言】 ところが今回初めて現実に……。

第13回国会 議院運営委員会 第68号(1952/06/26、24期、労働者農民党)

○黒田寿男君 発言が残つておる。
【次の発言】 発言はできます。

第13回国会 予算委員会 第22号(1952/02/23、24期、労働者農民党)

○黒田委員 私は同僚の予算委員が急に旅行いたしまして、今日突然予算委員になりましたので、あるいは私の質問の中に、注意はいたしますけれども、重複をするようなことがあるかもしれません。そのときは政府から御注意をくださればよいと思います。しかし私の立論上の前提として重複したことをお尋ねしなければならぬようなことがあるかもしれませんが、しかしそのときは簡単に結論だけ答弁していただけばけつこうだと思います。  そこで今日、予算委員会において重大な問題となつておりますのは、行政協定の内容が今日までなお不明であるにかかわらず、そのままで政府は防衛費を審議させようとしておる、こういう政府の態度に対する野党側の……

第13回国会 予算委員会 第25号(1952/05/15、24期、労働者農民党)

○黒田委員 私は、講和条約が発効したと政府が言つておられますこの時期に、政府の今後の外交方針につきましてお尋ねしたいと思いますが、時間がございませんので、一つだけ日華条約に関連してお尋ねをしてみたいと思います。日華条約におきまして、最後の瞬間まで問題点として論争せられましたのは、この条約の適用範囲に関する両国の主張の相違点にあつたと報ぜられております。言うまでもなく、国民政府がこの条約におきまして、中国の全体を支配する正統政府たる地位を確立させようとしたのに対しまして、わが国はこれをしりぞけて、国民政府が現実に支配しております地域だけに限られる限定的条約として交渉を続けて来た、結局この条約は調……


25期(1952/10/01〜)

第15回国会 外務委員会 第3号(1952/11/29、25期、労働者農民党)

○黒田委員 私はきようは質問といいますより、提案をしたいと思うのでありますが、その前に保安庁の方にちよつとお尋ねしておきたいと思うのであります。  今問題となつておりますフリゲート艦その他の――私どもは艦艇と考えておりますものを船舶と言つておりますが、それはわが国の領海にあるか、たれが管理しておるか、私どもはそれをひとつ見せてもらいたいと思う。この問題はいろいろ戦力規定との関連もありまして、議員諸君も熱心に研究しておいでになると思いますけれども、私どものようなしろうとには現物を見ないと、ここで説明を受けただけではよくわからないのです。今議員がこれを実見することができるような状態にあるかどうか、……

第15回国会 外務委員会 第4号(1952/12/01、25期、労働者農民党)

○黒田委員 私は三十分くらいかかりますが大臣の御都合はいかがですか。
【次の発言】 そういうことにいたします。
【次の発言】 私も裁判管轄権の問題につきまして、簡単に岡原刑事局長にお尋ねしておきたいと思います。  中村君はもうこれ以上刑事局長を追及してもむだだとおしやいまつしたが、私はもう少し刑事局長にお尋ねしてみたいと思います。私が承りましたところでは、英濠兵を引渡したのは、検察庁では取調べは完了した。そしてその犯人を外国に引渡したのは、私が岡原局長から聞きましたところでは、普通われわれ日本人が、検察庁におきまして事件に関する取調べを受けて、いわゆる処分の留保で一応身柄を釈放してもらう場合は……

第15回国会 外務委員会 第5号(1952/12/03、25期、労働者農民党)

○黒田委員 私は木村国務大臣と法制局長官にお尋ねいたします。  ちよつと本論に入ります前に、部分的なことをお尋ねしておきたいと思いますが、船舶貸借協定の私どもに配付されました資料のうちで、日付の一番早いものは吉田書簡でありますが、その吉田書簡によりますと、本来海上警邏のための船が日本において不足している、こういうふうに前文に書いてありながら、後半には軍艦を貸してもらいたい、フリゲート及び上陸支援艇が軍艦であるということは、私はもう議論をすまいと思う。それをどういう目的で使うかということは別問題といたしまして、この船舶が軍艦であるということはもう疑いのないことでありますから、私はもう議論しないこ……

第15回国会 外務委員会 第7号(1952/12/08、25期、労働者農民党)

○黒田委員 私はフリゲートが軍艦であるかどうかという問題につきまして、念のためにもう一度確かめておきたいと思うことがあります。わが国の政府と合衆国政府との間の船舶貸与協定の規定に従いましてわが国政府に引渡されますパトロール・フリゲートを、私どもが軍艦であると見ております根拠は、その船舶の構造、造材並びにその有する装備の点にあるので、この点からフリゲートは軍艦である、こういうふうに私どもは主張しておるのであります。その意味では政府もそれが軍艦であることはもとよりお認めになることであろうと考えます。先般来、軍艦ではないという御主張がありましたが、それは行政的に見た場合、あるいは国際上その他法律上か……

第15回国会 外務委員会 第8号(1952/12/10、25期、労働者農民党)

○黒田委員 附属書に書いてありますフリゲート艦の軍艦としての性能を詳細に御説明願いたいと思います。先般トン数が幾らであるとか速力がどうであるとかいう程度のお話は聞きましたけれども、それ以上のことは詳しく承つておりません。日本では海上警備用に用いるのだという御説明でありますから、軍艦としての性能を説明する必要はないとお考えになるかもしれませんが、参考のために本来の軍艦としての、たとえば航空機に対してどういう戦闘力があるか、潜水艦に対してどういう戦闘力があるか、こういう戦争のための船舶としての性能をもう少し詳しく御説明していただきたいと思います。

第15回国会 外務委員会 第9号(1952/12/11、25期、労働者農民党)

○黒田委員 私は先ほど帆足君が御質問になりました事項に関連しての質問だけを、ちよつとしてみたいと思います。  先ほど政府の御答弁では、軍用機を製造することは禁止されていない、こういうように申されましたが、私どもは憲法第九条の規定があります以上、現在わが国において軍用機を製造することは許されないと考えております。むろん製造したからといつてそれをただ倉庫にしまつておくのではなくて、製造する場合には製造目的がなければなりません。またその飛行機を使用する主体がなければなりません。軍用機を使用するのは軍隊であります。国家の機関でありまして、軍用機をこしらえても倉庫にしまつておけばいいのだ、ただこしらえる……

第15回国会 外務委員会 第10号(1952/12/17、25期、労働者農民党)

○黒田委員 私は全般的に見まして、わが国と連合国との間の航空条約には、非常に不平等があると思います。それでお伺いしてみたいと思いますが、わが国は「一又は二以上の連合国の要請があつたときはすみやかに、当該連合国と交渉を開始するものとする。」とこういうように平和条約ではなつておりますが、そうしますと、もし連合国の要請がないときには、わが国の方から進んで連合国中の任意の国に対しまして、民間国際航空運送協定の締結の交渉をすることができないというようになつておると思うのです。相手方が意思があれば航空協定の締結の交渉を開始することができるけれども、わが方からはこの協定締結の交渉の申出をすることができないと……

第15回国会 外務委員会 第11号(1952/12/19、25期、労働者農民党)

○黒田委員 私の目的としております質問には時間が足りないと思いますけれども、私はたびたび質問の機会を逸して来ておりましたから、きようはやれるだけやつてみたいと思います。それ以前にちよつと一問だけこの前の質問に関連してお伺いしておきたいことがあります。それはきようすぐお答えくださらなくてもけつこうでありますが、フリゲートの本来軍艦としての性能を詳細にお知らせしていただきたいと思います。前会でありましたか、前々会でありましたか、これを希望しておきましたが、それに対する御答弁がまだございませんので、適当な機会にぜひお願いいたしたいと思います。これは単にトン数が幾らだとか、航続力が幾らだとか、速力が幾……

第15回国会 外務委員会 第12号(1952/12/22、25期、労働者農民党)

○黒田委員 私は労農党を代表いたしまして、日本国とアメリカ合衆国との間の船舶貸借協定の締結について承認を与えることに反対をいたします。  反対理由の第一は、本協定によつて借り受けるフリゲート艦及び上陸支援艇は、米国海軍の艦艇でありまして、武装船舶であります。商船を一時的に武装したものも武装船舶の一種ではありましようが、しかしここでいう意味の武装船舶とは、構造、造材及び装備上、本来海軍の艦艇として海上の戦闘に用い得るように建造せられた船舶という意味であります。これは米国におきましては明らかに戦力と見られているものであります。われわれは、これをわが国において保安庁が使用するとき、保安庁制度に現われ……

第15回国会 外務委員会 第13号(1952/12/24、25期、労働者農民党)

○黒田委員 これは法務大臣にお尋ねするのが適当かどうかわかりませんが、ただこの事件の人権擁護問題としての進行の状態についてお尋ねするのであります。どうも私は人権擁護問題としては、鹿地問題の捜査が少しも進んでいないように思います。そこでお尋ねしたいと思いますが、一体鹿地君のいわゆる不法逮捕監禁事件について関係を持つたと称せられます米国人は、行政協定による合衆国軍隊の構成員ないし軍属であるかどうかということが、私どもよくわからないのであります。新聞の伝えるところによりますと、CIAの支部といいますか、何かそういう部局があつて、それの構成員だ、こういうようになつておる。そこでもしCIAの支部と申しま……

第15回国会 外務委員会 第17号(1953/02/14、25期、労働者農民党)

○黒田委員 それでは後刻にいたします。

第15回国会 外務委員会 第22号(1953/03/04、25期、労働者農民党)

○黒田委員 私は次会にもう少し長い時間をいただいて質問してみたいと思います。今日はちよつと簡単にお尋ねしたいと思います。  この条約における労働者というものの中に、どういう人々が入るかという問題に関してであります。第五条に「この条約に規定する保障と軍隊及び警察に適用する範囲は、国内の法令で定める。」こういうようになつておりまして、軍隊及び警察に適用する範囲について、国内法令の規定がものを言うことになつておりますが、保安隊はどのようになるのでございましうか、ちよつとその点を伺いたいと思います。
【次の発言】 それは「保安隊は公務員であるからという理由ですね。

第15回国会 外務委員会 第23号(1953/03/11、25期、労働者農民党)

○黒田委員 私もただいま並木君が御質問になりました駐留軍関係の労務者につきまして労働省、外務省の政府委員に御質問申し上げます。ただいま問題になつております三つの労働関係の条約のうち、私が今御質問いたしますのは、工業及び商業における労働監督に関する条約に関連してであります。先ほど並木君もちよつとお尋ねになりましたが、私どもいろいろ聞くところによりますと駐留軍の労務者あるいはPD工場の労働者、こういう労務者に対し、労働者としての基本的権利を確保するための監督制度が、はたして完全に行われておるかどうかということが、今非常に大きな問題となつております。具体的に申しますれば、あるいは不当解雇、賃金の不当……

第15回国会 外務委員会 第24号(1953/03/14、25期、労働者農民党)

○黒田委員 私の質問は十分間ではちよつと無理だと思いますが、せつかくの機会ですから、外務大臣に十分間だけお尋ねいたします。  旅券法改正案の提出されました理由について、政府が旅券法の一部を改正する法律案の提案理由と称する書面に基いて御説明になりましたのは、私どもから見ると、あまりにも技術的な説明にとどまり、旅券法を今回政府が改正されようとする根本の理由がそれだけではよくわかりません。そこでこのような一片の事務的な文書の提出だけでなくて、もう少しこの改正案を提出されました根拠について承りたいと思うのです。この改正案の内容を一口に申しますれば、海外旅行の自由を制限するという点にあると思います。そう……


26期(1953/04/19〜)

第16回国会 昭和二十八年度一般会計暫定予算につき同意を求めるの件外六件特別委員会 第5号(1953/05/26、26期、小会派クラブ)

○黒田委員 ただいま議題になつております案件は、国の緊急の必要がありますときに参議院の緊急集会を求めて、その集会においてとられた措置について衆議院の承諾を求めておる案件であります。そこで、諾否の基準は何かということを考えてみますと、第一には、緊急集会において一定の措置がとられたことが、憲法上の要件を具備していたかどうかという点にあると思います。第二は、緊急集会においてとられた措置の内容が、立法上及び財政上適切であつたかどうか、この点にあると思います。今日は時間が制限されておりますので、私はこの第一の点に関連いたしまして質問をいたしてみたいと思います。  緊急集会を求める要件は何かということを考……

第16回国会 昭和二十八年度一般会計暫定予算につき同意を求めるの件外六件特別委員会 第6号(1953/05/27、26期、小会派クラブ)

○黒田委員 私は、労働者農民党を代表して、昭和二十八年度一般会計暫定予算につき日本国憲法第五十四条第三項の規定に基く同意を求めるの件外六件に対し、全面的に同意することに反対いたします。  ただいま討論の対象になつております案件は、吉出前内閣が、国に緊急の必要があるとして参議院の緊急集会を求め、その集会において、昭和二十八年度一般会計四月分及び五月分暫定予算外二件の予算措置、及び国会議員の選挙等の執行経費の基準に関する法律の一部を改正する法律外三件の立法措置をとり、その措置に対する衆議院の事後承諾を求めている案件であります。  そこで、第一に考えなければならぬことは、諾否の標準は一体何かというこ……

第16回国会 予算委員会 第3号(1953/05/28、26期、小会派クラブ)

○黒田委員 私は時間がきわめて制限されておりますので、MSA援助に関して骨格的な問題点についてだけ総理大臣に御質問申し上げたいと思います。総理大臣はこの問題につきましては新聞などでいろいろ報誉れておるけれども、政府としてはまだ何ら具体的に取扱つていない、こういうふうに他の議員に対し、現に先ほども今澄委員に対しても、お答えになりまして、答弁を避けておいでになりますが、これは私は非常に遺憾に思います。内閣総理大臣は外交関係につきましては国会に報告しなければならぬという憲法上の建前になつておりますので、その意味で私はひとつ総理大臣に報告を求めてみたいと思います。最近新木駐米大使から、米国政府の対日M……

第16回国会 予算委員会 第4号(1953/05/29、26期、小会派クラブ)

○黒田委員 私は労農党を代表いたしまして本予算案に対する見解を申し述べます。私はこの予算案には反対であり、政府に急速にこれを組みかえて再提出することを要求したいと考えておりましたが、組みかえ要求の内容はただいま動議として御提出になりました案の中に大体において含まれておりますので、別個に提案する必要なしと考えたのであります。組みかえ案の内容は、歳出の部分におきまして、広い意味の民生安定という見地から適当な要求を含んでおり、理想を申しますれば限りもございませんが、予算の性質が暫定予算であるという観点からこれを見まして、当面妥当な要求を含む案と考えまして、これに賛成をいたしたいと思います。  次に原……

第16回国会 予算委員会 第9号(1953/06/24、26期、小会派クラブ)

○黒田委員 私は本日は時間も十分ございませんので、対日MSA援助の問題に質問の範囲を限定いたしまして吉田総理大臣ほか関係大臣に質問をいたします。  質問に入ります前に、一言希望を申し上げておきたいと思うことがあるのであります。政府はMSA援助の問題に関しまして、従来までの各位の質問に対しましては、まだそれが交渉の経過に入つていないとか、米国の意向が十分にわかつていないとか、こういうような理由できわめて消極的な答弁しかしておいでにならないのであります。そこで私は、本日は私の質問事項の範囲を、この問題について政府にも明瞭にわかつておると、常識上考えられます事柄の範囲内に限定して質問をいたしたいと思……

第16回国会 予算委員会 第10号(1953/06/25、26期、小会派クラブ)

○黒田委員 総理大臣に御質問を申し上げます。軍事的義務履行を受諾した協定または条約の存在、この協定または条約の履行に同意すること、これはMSA軍事的援助受入れの資格の一つとして、相互安全保障法に掲げられておるのでありますが、このような協定または条約を米国を相手といたしましてわが国は締結しておるかどうか、昨日この質問につきまして、そのような協定または条約がないとすればどうなるかという見地から、私は政府の所見をただしてみたのでありますが、MSAで規定されております意味の軍事的義務履行を受諾した協定または条約を米国と結んでおるかどうかということを、いま一度元に帰つて総理大臣に御質問申し上げてみたいと……

第16回国会 予算委員会 第11号(1953/06/26、26期、小会派クラブ)

○黒田委員 時間が制限されておりますので、部分的な問題を二、三お尋ねしてみたい。MSA援助を受諾するための条件の一つとしての軍事的義務の履行の要件は、日本が安全保障条約によつてすでに引受けている義務の履行で足る。ここまでは、今日外務省の質問と米国大使館の回答とで明らかになつたと思います。  そこで第二の問題は、岡崎外務大臣の御解釈によりますと、日米安全保障条約によつて日本が米国に対して引受けている義務は、米軍への基地の供与、第三国に対する基地の不供与、こういうきわめて消極的な義務のみである、こういうように解釈しておいでになります。きようはそこまでははつきりした。ところが私がちよつとお尋ねしてお……

第16回国会 予算委員会 第12号(1953/06/27、26期、小会派クラブ)

○黒田委員 私は労働者農民党を代表いたしまして、八百板君らの御提出の動議に賛成し、暫定予算案に反対をいたします。  動議の内容は、おおむね適切妥当であると考えます。原案の支出項目の中から防衛支出金、保安庁経費等を全面的に削除いたしましたことは、単に予算の数額に一定の変化を与え、これを他の支出項目に充てるという部分的な効果があるというだけではなく、この削除を行う根本精神すなわち動議提出の根本精神が、全世界の平和とわが国の独立の実現の方向に向けて、吉田内閣が隷属と戦争政策に立つて編成いたしました予算を根本的に切りかえようとする趣旨に立つてなされておるものと理解いたしまして、これに賛成するものであり……

第16回国会 予算委員会 第25号(1953/07/17、26期、小会派クラブ)

○黒田委員 私は労働者農民党を代表いたしまして、一般会計予算案外二案に対するわが党の態度を明らかにいたします。  まず改進党外二党共同提案の修正案、及びこれを除く政府原案には反対いたします。  反対の理由といたしましては、両社会党の委員諸君の詳細な説明を承りました、私も同感であります。私は反対の理由として、これらの理由をそのまま援用いたしたいと思います。しかし私は、最後の討論者になつておりますので、少し私の反対理由をもつけ加えてみたいと思います。  わが党のこの予算案の反対の根本理由は、この予算案が、その性格上再軍備予算であるという点にあります。従つて、部分的に案の内容のよしあしを論ずるような……

第17回国会 予算委員会 第3号(1953/11/02、26期、小会派クラブ)

○黒田委員 私は、きようは主として吉田総理大臣に対し質問をいたします。  吉田内閣の政策は防衛問題において最近質的変化ともいうべき大きな変化を生じたとわれわれは見ております。従来の総理のいわゆる間接侵略に対する自衛力の漸増という方式に変化が生じ、直接侵略に対する自衛力をもあわせて保持するという政策に発展しつつある、われわれはこう考えるのであります。元来この変化は、理論的には政府がMSA軍事援助を受けようとする限り、必然的に生じなければならぬものでありますし、また最近の吉田総理御自身及び総理の側近者の外国における行動を通じて、この変化を示す材料が提供せられておるとも私どもは考えます。たとえば去る……

第18回国会 予算委員会 第4号(1953/12/05、26期、小会派クラブ)

○黒田委員 私は労働者農民党を代表いたしまして、本予算案に反対いたします。  この予算案は、その内容において、給与問題にいたしましても、米価問題にいたしましても、勤労大衆の生活抑圧の性格を持つておりますし、またこの予算案は、将来運賃、郵便料金等の値上げ、行政整理等を予想するものでありまして、国民生活と国家経済に対し重大に悪影響を与えるものでありますし、また最も根本的には、現内閣の軍備拡張の根本方針に基礎を置く予算でありますので、私どもはこの予算案に徹底的に反対をするものであります。  まず第一に、給与の問題について反対理由を申し上げてみたいと思います。吉田内閣の給与問題に対する態度は、人事院勧……

第19回国会 法務委員会 第7号(1954/02/17、26期、小会派クラブ)

○黒田委員 ちよつと関連して高橋政府委員に質問します。ただいまおつしやいましたいわゆる自由主義陣営の太平洋防衛体制というものを具体的にはどういうものとごらんになつているのですか。
【次の発言】 ただいまよのお話では答弁にもなにもならぬと思います。それでは日本の防衛というものはどういうものでか。あなたは再軍備ということが日本の防御になる、こういうようにお考えになるのですか。
【次の発言】 それでは高橋政府委員としては、一体MSAを受入れるべきであると考えておるのかどうか。
【次の発言】 それならば自由主義側の太平洋防衛体制というものが一体何であるかということが、何も内容がなくてただそういうふうに……

第19回国会 法務委員会 第9号(1954/02/19、26期、小会派クラブ)

○黒田委員 昨日銀行の政党に対する献金の問題が取上げられましたときに、献金者の氏名を長官から承りましたけれども、そのときに承りましただけでは内容が非常に漠然としているように思うのですが、たとえば自由党に対し二十七年九月十六日に寄付されました一千百万円、寄付者が都市、地方、信託銀行団となつております。この内容は自治庁に詳しくおわかりになつておりますか。
【次の発言】 公職選挙法の第二百一条の趣旨から申しましてもきわめて漠然たる内容の、捕捉しがたいような寄付者名義で献金するということは非常に不当であると考えます、それでもし自治庁においてお調べ願えませんければ、実は私どもこの銀行の代表者とか、あるい……

第19回国会 予算委員会 第19号(1954/02/26、26期、小会派クラブ)

○黒田委員 私は本日は確実性を万人によつて認められておりますような材料を基礎にいたしまして、最初に総理大臣に御質問を申し上げてみたいと思います。  二十九年度予算案は緊縮デフレ予算案であります、政府はこういうように主張しておられるのでありますが、このことは、この予算案が成立して実行に移される段階におきまして、国民のすべてが個人的生活において緊縮、節約の生活を実践しなければならぬという要請を含んでおると思います。この点について念のため総理の御見解を聞いてみたいと思います。
【次の発言】 そうです。
【次の発言】 その国民の中には、総理大臣初め内閣閣僚をも含んでおると私は思う。ことに内閣はこの予算……

第19回国会 予算委員会 第21号(1954/03/02、26期、小会派クラブ)

○黒田委員 このような重大な法案の要綱を突然私どもの前にお示しになつたのでありますが、問題が問題でありますだけに、私どもはきようはこの法律の内容にわたつて御質問申し上げますことはその時期でもないと思いますし、また私にはその時間もないのでございます。そこで予算案との関連におきまして若干形式的な問題だけについて、お確かめ申し上げておきたいと思う。私はきよう突然この要綱なるものを見まして、一体なぜこういうものを突然出されたのか、意味がよく私にわからないのです。昨日当委員会において提起せられた問題は、この要綱の提出によつては答えられていないと私は思うのです。昨日の予算委員会における論点は、保安庁経費と……

第19回国会 予算委員会 第22号(1954/03/03、26期、小会派クラブ)

○黒田委員 昨日政府は、突如として自衛隊法案要綱及び防衛庁設置法案要綱を、予算委員会に提出されたのであります。私どもは、今までは政府の再軍備構想を断片的に知り得たにすぎなかつたのでありますが、今回発表の要綱によりまして、その構想が全面的に明らかにされたと思います。それは私どもが予想しておりました以上に、はつきりと軍隊創設の構想を示しており、私どもの立場から見れば、最悪の違憲立法であると考えるのであります。二十九年度予算案には自衛隊の経費も計上せられておりますので、この予算の問題に触れたいと思いますが、その前に総理大臣に対しまして、自衛隊の性格について御質問を申し上げたいと思います。  第一に、……

第20回国会 予算委員会 第3号(1954/12/04、26期、小会派クラブ)

○黒田委員 私は本日は吉田総理大臣に最後の質問をしたいと思つておりました。そうして今回の質問は、おわかれの質問になるのでありますから、特に吉田総理に敬意を表し、質問事項につきましても、吉田総理の専門とされております外交問題を選んで、私どもの考え方を明らかにしながら、外交政策の転換の必要ということを中心テーマとして質問を展開したいと思つておりました。しかしながら吉田総理はさよう御出席にならないので、はなはだ遺憾に存じます。やむを得ないので、緒方副総理を中心として質問をいたしたいと思います。しかしながら、吉田総理の代理という意味での緒方副総理への質問ではありません。緒方副総理それ御自身に対して質問……


28期(1958/05/22〜)

第29回国会 予算委員会 第2号(1958/06/23、28期、日本社会党)

○黒田委員 私は日本社会党を代表いたしまして、外交、防衛、財政、金融等の問題のうち、特に緊急と考えられますものにつきまして、主として岸首相に、若干は関係大臣に、質問したいと思います。  最初に、外交問題を取り上げたいと思います。わが国が現在直面しております外交問題のうちで、今、最も国民の大きな関心の的となっておりますものは日中問題であります。この問題につきましては、この国会におきまして、わが党の鈴木委員長初め、他の同僚議員も質問をしたのでありますが、政府は今までのところ、静観しながら時期を待つ、ということ以上には答えられていないのであります。この問題が、わが国側の、静観しながら時期を待つという……

第31回国会 予算委員会 第16号(1959/03/02、28期、日本社会党)

○黒田委員 私は今日は主として岸総理大臣、場合によりましてはまた藤山外務大臣にも御質問申し上げたいと思います。  取り上げます問題は、現在外交及び国内問題として国民の最大の関心事となっておりますものの中から選びたいと思います。最初にまず日米安全保障条約の改定問題から始めまして、時間が許されましたならば別の問題も質問してみたいと思います。  安全保障条約の改定問題につきまして、一つ私どもに不可解なことがあるのであります。それは総理大臣がこの条約の改定の意思のあることを施政方針演説で明らかになさいましてから今日相当な期間が経過しておりますのにもかかわらず、この改定問題について最も重要な問題であると……

第34回国会 日米安全保障条約等特別委員会 第9号(1960/03/22、28期、日本社会党)

○黒田委員 実は、本日は、社会党といたしましては、安保特別委員会の他の委員によりまして条約に関する質問をする予定であったのでありますけれども、この前の委員会のありましたあと、私どもの目から見ますと、自由党にいろいろな内部の動きが起こって参りまして、それと関連いたしまして、安保条約に関する重要な事項について、総理ないし政府の御見解に変化が生じたのではないかと思えるような事態になったように観測いたします。修正が行なわれようとしておるというように伝えられておるのであります。そこで、もし伝えられるごときものであるといたしますならば、国家の安危に関する重大な新安保条約の審議に対処する態度といたしましては……

第34回国会 日米安全保障条約等特別委員会 第10号(1960/03/25、28期、日本社会党)

○黒田委員 私は、これから岸総理及び藤山外務大臣に対しまして質問をいたしますが、実は防衛庁長官にも場合によってはと思いましたけれども、きょう特にその旨を申し上げておりませんでしたので、予定は変更してもよろしゅうございます。そこで、総理大臣と藤山外務大臣とに主としてお伺いをすることにいたします。私の質問は、前回の委員会における質問の続行であります。従って、質問のテーマも、先日申し上げました通りに、新安保条約における極東の概念という問題だけに限定いたしまして御質問申し上げたいと思います。先日も申しまたように、極東の概念に関します政府の統一見解、統一解釈というものが、三木武夫氏の岸総理に対する進言を……

第34回国会 日米安全保障条約等特別委員会 第11号(1960/04/01、28期、日本社会党)

○黒田委員 発言の前に御了解を得ておきたいと思います。実は、委員長がただいまおっしゃいましたように、私の前々会からの質問を一日も早く終えたいというように考えておりますけれども、前々会は藤山外務大臣の御都合で、途中で参議院予算委員会に御出席のために当委員会を御退席になりましたし、それからまた、前会はあのような状況で、私は、わずかに質問の一部をいたしましたのみでそのままになっておるという状態でございます。それで、今日は横路君から前会の続きの御質問がございますので、私の前々会及び前会より引き続きます質問はそのあとにさしていただきたいと思います。ただいま特に発言を求めましたのは極東の範囲の問題ではなく……

第34回国会 日米安全保障条約等特別委員会 第24号(1960/04/27、28期、日本社会党)

○黒田委員 いろいろと質疑が継り返されて、堂々めぐりをしておるようですから、このあたりで結論を出さなければならないと思うのですが、今まで岡田君が言われたこと、それから松本君が質問されたことに私も多少補足をいたしまして、この問題をどう扱うか、一応結論を出してみたいと思う。第七条がなければ、ただいまのような問題は起こらないで済んだわけです。そうしてまた、第七条も、「この条約は、国際連合の責任に対しては、どのような影響も及ばすものではなく、また、及ぼすものと解釈してはならない。」ということだけであれば、問題が起こらなかったと思います。ところがこの第七条の中に、「この条約は、国際連合憲章に基づく締約国……


29期(1960/11/20〜)

第38回国会 外務委員会 第12号(1961/03/29、29期、日本社会党)

○黒田委員 きょうは題目を日中関係の基本問題に限定いたしまして、池田首相に質問いたしたいと思います。  池田内閣になりましてから、内閣の態度としまして、日中関係の改善を希望するという態度を表明しておられます。岸内閣時代の冷淡な静観政策や、それからあの激しい、硬直した敵視政策のもとでは、日中問題の打開ということはどうにもこうにもならなかったのであります。池田内閣になりまして、日中関係の改善を希望するという態度が表明されましたことは、それ自体としましては私どもはなはだ歓迎すべきことであると思います。しかし、残念ながら、今日までの間に日中関係の改善のための具体的政策がまだ何も打ち出されておりません。……

第40回国会 外務委員会 第11号(1962/03/13、29期、日本社会党)

○黒田委員 きょうは私は主として池田首相に御質問いたします。  現在外務委員会の審議に付せられております案件は、いわゆるガリオア・エロア処理協定、タイ特別円協定の改定、そのほか数件ございますが、私は、これらの個々の協定について質問を始めます前に、池田外交の本質、そのやり方、危険性のある非民主的なやり方、そういうものについて、最近起こった問題に関連させて、質問をいたしまして、総理の御所見を承り、それからガリオア・エロアの問題に入りたいと思います。  ガリオア・エロア対日援助につきましては、国民の多くがこれを贈与であるというように思っておりまして、国会もかつて感謝決議をしたこともあるのでございます……

第40回国会 外務委員会 第14号(1962/03/20、29期、日本社会党)

○黒田委員 私は前回のガリオア援助の問題に対する質疑に続きまして、きょうは総括質問の残余の部分を主として総理を対象にいたしまして質問してみたいと思いますが、その前にちょっと総理にお伺いしておきたいと思うことがございます。  それはきょう、これはまだ新聞等には発表せられておりませんけれども、沖縄に関するケネディ大統領の声明が発表されたようであります。それについて、その内容を、概略でよろしいと思いますが、本質的な部分を総理から御説明願いたいと思います。
【次の発言】 ただいま総理及び小坂外務大臣の御説明を承りまして、私ども、今回の声明につきましては非常に不満であります。しかし、きょうは一、二だけ問……

第40回国会 外務委員会 第18号(1962/03/28、29期、日本社会党)

○黒田委員 私は大平さんに主としてお伺いしたいと思います。時間があれば福島参考人にもお伺いしたいのですけれども、おそらくそこまでは時間が許されないだろうと思いますから、参考のために聞いておいていただきたいと思います。  なお、大平さんに対する質問ですが、先ほど理事の方からの御注意によりますと、大平さんのお時間が大へん迫っておるという話でございますから、きょうはそのつもりで質問いたします。  そこで、討論にわたるようなことはできるだけ避けまして、きょう大平さんが御陳述になりましたことを確めておく、これを将来の私どものこの委員会における質疑の資料にする、そういう意味でお尋ねいたします。ただ、しかし……

第42回国会 予算委員会 第1号(1962/12/11、29期、日本社会党)

○黒田委員 きょうは、私は、日中国交回復問題と日韓会談問題にしぼって質問をいたします。私どもの党の主張は、言うまでもなく、日韓会談は即時打ち切る、日中国交回復のために努力する、こういうのが根本の主張でございますので、きょうの私の質問の全体を貫く根本精神となるものはこの考え方であります。これだけ申し上げておきまして、質問に入りたいと思います。  最初に、ケネディ大統領の発言問題に関する政府の御解釈を承りたいと思います。  ケネディ大統領は、去る三日、日米貿易合同委員会の日米両国代表の昼食会の席上で、次のように演説をされました。中共問題に触れたところを申し上げてみますと、中共の封じ込め政策に日本も……


30期(1963/11/21〜)

第45回国会 外務委員会 第2号(1963/12/18、30期、日本社会党)

○黒田委員 きょうは私は外務大臣と法務大臣に御出席をお願いしたのですが、法務大臣は他の委員会に御出席だそうですから、とりあえず外務大臣に御質問いたしたいと思います。  私の質問の主題は、ただいま問題になっております周鴻慶氏の帰還問題についてであります。  この事件は、現在のところ、法務省の問題としてだけでなく、外務省の問題としても取り扱われておるように見受けます。私どもから見れば、そのことが、率直に言えば外務省がこれに介入しておる、このことが適当かどうかは別にして、このことがこの事件の処理を複雑なものにし解決をおくらせておる、こういうように私どもは見ております。元来、この事件は、私どもから見れ……

第45回国会 法務委員会 第4号(1963/12/17、30期、日本社会党)

○黒田委員 関連して……。
【次の発言】 ちょっと関連して、関連ですから簡単に質問します。  いままでの政府の御答弁によりまして、外務大臣のこの事件に対する御説明と法務大臣の御説明とが非常に食い違っておるように思います。ただし外務大臣につきましては、明日外務委員会で質問いたします。私が外務大臣と法務大臣の意見の食い違いというのは、委員会においてではなく、直接に外務大臣にお目にかかったときの御意見と、法務大臣のきょうの御意見とに食い違いがある、こう考えるわけでありますが、外務大臣の御意見は明日聞くことにいたします。  きょうの穗積君の質問に対する関連として確かめておきたいと思いますことは、穗積君……

第46回国会 外務委員会 第4号(1964/02/19、30期、日本社会党)

○黒田委員 きょうは外務大臣に対しまして中華人民共和国の承認問題についてお伺いいたします。きょうは時間の制限もございますので、私は今後も引き続いて質問を続けるつもりであります。きょうは質問の一部にとどまることを御了解を得ておきたい。  本論に入ります前に、承認問題と関連のあります政府の動きにつきまして、いま時事問題的にあらわれております一、二の問題を取り上げまして御質問申し上げてみたいと思います。  第一は、吉田氏の台湾訪問についてであります。私どもは、吉田氏の動きを単に吉田氏個人の動きというように受け取っておりません。また、日本政府だけの動きというようにも私どもは見ておりません。吉田氏はアメ……

第46回国会 外務委員会 第29号(1964/06/04、30期、日本社会党)

○黒田委員 きょうは私は日中問題につきまして御質問申し上げたいと思っておりますが、その前に、御承知のように韓国において緊急事態が発生いたしましたので、これについて、日韓会談との関連におきまして、私どもの考えを述べ、また政府の御意見をも聞いておきたいと思います。  第一は、韓国の情勢に関する認識の問題であります。御承知のように、最近韓国でソウル大学を中心といたしまして学生のデモが引き続いて行なわれておりましたが、昨日になりまして、その規模が、昭和三十五年四月十九日のデモ以来の最大の規模に発展をしたと報ぜられております。この運動に対する評価の問題について、政府の御見解をただしておきたいと思います。……

第48回国会 外務委員会 第9号(1965/03/26、30期、日本社会党)

○黒田委員 きょうは私は日韓会談の問題につきまして総理に御質問申し上げたいと思います。  しかし、その前に、佐藤内閣のアジア政策一般につきまして重要な二、三の問題を取り出しまして、それについて一般論的に御質問申し上げたいと思います。私が総理の御意見を承ります前に、一応私のいままで政府に対する批判として持っております考え方を申し上げて、御理解を賜わりたい、こうやりたいと思います。  佐藤総理は組閣される前から中国問題につきましては非常に積極的な態度をとっておいでになったと思います。ところが、実際には、御承知のように、現内閣の対中国政策は行き詰まっております。これには非常に深い原因があると思うので……

第51回国会 外務委員会 第10号(1966/04/20、30期、日本社会党)

○黒田委員 私はきょうは佐藤総理に対しまして、現内閣の対中国政策の最近の動向、またそれに関連いたしましたアジア政策について質問をしたいと思います。  時間が非常に制限されておりますので、残念に思います。その質問に入ります前に、ひとつ別の問題でぜひとも総理に御質問申し上げたいと思います。これは実は、私個人と申しますより党を代表して御質問を申し上げるのであります。これは先般社会党が招請しました中国人民外交学会の使節団の入国拒否に関することであります。政府は入国拒否の理由とするところをいろいろとあげられましたが、私どもどうも納得することができない。大局的に見れば、アメリカの中国敵視政策に組み込まれま……


31期(1967/01/29〜)

第58回国会 懲罰委員会 第7号(1968/04/09、31期、日本社会党)

○黒田委員 理事会の予定によりますと、きょう大体質疑を終わるというようなことになります。そこで私は、念のために、穗積君の御意見を承っておきたいと思います。  穗積君の、佐藤総理は売国者であると言いました発言が、非常に大きく取り上げられております。しかし私どもから見れば、真に重要なのは、あの委員会で穗積君が展開された政策論であった、私はそう思う。その重要さを反省しようとされず、あるいはこれをとらえて、論戦の場としての国会において論戦を大いに起こそうというようなことをされないで、私から見れば、重点の置きどころを誤って、売国者ということばを非常に大きく問題としておるのであります。しかもこのことばを、……


32期(1969/12/27〜)

第68回国会 外務委員会 第4号(1972/03/17、32期、日本社会党)

○黒田委員 現在わが国が直面しております最大の外交課題は、日中国交回復を実現し、平和条約を締結することであります。この問題は非常に大きなスケールを持っておるものでありますから、きょう一日で私の質問の問題点を尽くすことはできないと思いますので、後日あらためてまた質問を継続したいと思います。  終戦後から最近までのわが国歴代保守党政府の対中国政策の路線を振り返って見ますと、そこにはっきりとした特徴が認められます。一言で言えば、いわゆる冷戦思想を基調とした路線であったと思います。中国に対するわが国外交の基本路線は、吉田元首相によって敷かれました。それはアメリカ政府のアジア戦略に追随したものであったと……

第68回国会 外務委員会 第20号(1972/06/02、32期、日本社会党)

○黒田委員 私は、きょうは外務大臣に対しまして、先日の質問を続行します。おもに日中国交回復の問題を中心に質問したいと思います。  きょうの新聞に一斉に報道されたところによりますと、自民党の党紀委員会が藤山愛一郎氏に対しまして、党規違反の事実があるということを理由として、再審請求をけって従来どおりに有罪の決定をしたということであります。私は自民党員ではありませんから、他党である自民党の内部の党規事件についてかれこれとくちばしをいれるつもりはございません。しかしながら、この問題は単に一つの政党の常規違反関係の問題としてだけで私どもは済ますことはできない。日中国交回復運動の中で起きました重大な政治問……


各種会議発言一覧(衆議院)

23期(1947/04/25〜)

第1回国会 予算委員会第三分科会 第1号(1947/11/17、23期、日本社会党)

○黒田委員 先ほど今井委員から、農業協同組合の組織に關する費用に關連して質問がありましたときに、それに對する答辯として、政府委員から、さらに補正第九號として必要な豫算を要求するというような御答辯があつたのでございますが、この點につきまして、もう一度、さようであるかどうか、念のためにお尋ねいたしたいと思います。
【次の発言】 われわれの理解しておりましてところでは、大體追加豫算も、今日まで提出せられております範圍で終りになると考えております。元來本議會において、すでに第八號まで豫算が提出されておりますが、殊に第七號において厖大なる追加豫算が提出せられておりまして、この豫算の厖大性が惡性インフレー……


24期(1949/01/23〜)

第12回国会 外務委員会農林委員会連合審査会 第2号(1951/11/14、24期、労働者農民党)

○黒田委員 私は、主として農林委員会の委員の方に今日は質問していただくことにしまして、ただこの際、資料の御提出を願いたいと思い、そのことだけお願いしておきます。その前にちよつとお聞きしますが、今まで国連農業機関統計その他の文献は総司令部を通じ送付されて来たが、最近はわが国の関係当局に直接に送付されるものが多くなつたというように御説明になつておりますが、これは農林省に来るのですか。外務省の来宅のですか。あるいは両方に来ておるのでありますか。
【次の発言】 私どもは、農林省でも外務省でもどちらでもよろしいのですが、この国際連合食糧農業機関の活動を、今政府で御説明になつたよりももう少し詳しく知りたい……

第12回国会 外務委員会労働委員会連合審査会 第1号(1951/11/07、24期、労働者農民党)

○黒田委員 大臣がお急ぎのようでありますから、簡単にお伺いいたします。国際労働機関の総会で採択されました国際労働立法と、わが国の国内労働立法との関係についてお尋ねしてみたいのであります。先ほど北澤委員からも若干この問題に触れられたのでありますけれども、大臣の御答弁は少し抽象的であつたと思いますので、具体的にお答えを願いたいと思うのであります。  この国際労働機関の総会におきまして、現在までに採択されております条約が百、勧告が九十二あるのでありますが、わが国がこの国際労働機関に加入しようということで、今日政府が承認を求められておるのであります。この百の条約と九十二の勧告の内容は、もうすでに政府で……


26期(1953/04/19〜)

第19回国会 予算委員会第一分科会 第2号(1954/02/26、26期、小会派クラブ)

○黒田委員 私は外航船船舶建造融資利子補給及び損失補償法の利子補給の問題について、大蔵大臣に御質問申し上げたいと思うのであります。  最初わかり切つたことのように考えられるかもわかりませんが、多少三、四お尋ね申し上げて、それからさらに利子補給に関して、国と海運業者との間に発生いたします関係の性質についてお尋ねしてみたいと思うのであります。最初お尋ねしたいと思いますのは、これはわかり切つたことであると思いますが、念のために申し上げておきます。国がこの法律に基きまして金融機関に補給する造船融資の利子は、元来ならば海運業者が自分に対する融資の利子として金融機関に支払うべき利子債務の一部に当るものだ、……


※このページのデータは国会会議録検索システムで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2021/10/14

黒田寿男[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計/発言一覧 | 質問主意書



■著書