国会議員白書トップ衆議院議員増子輝彦>委員会発言一覧(全期間)

増子輝彦 衆議院議員
「委員会発言一覧」(全期間)

増子輝彦[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計/発言一覧 | 質問主意書


このページでは増子輝彦衆議院議員の委員会および各種会議の発言の冒頭部分と国会会議録検索システムの該当ページへのリンクをまとめています。
 増子輝彦 衆議院議員「委員会統計」(全期間)には委員会および各種会議の活動状況の集計結果を示しています。


委員会発言一覧(衆議院)

39期(1990/02/18〜)

第118回国会 内閣委員会 第9号(1990/06/12、39期、自由民主党)

○増子委員 自由民主党の増子輝彦でございます。ただいま提案されました臨時行政改革推進審議会設置法案につきまして若干の御質問を申し上げたいと思います。限られた時間でございますから、簡潔に私の方も御質問申し上げますので、ひとつよろしくお願いいたしたいと思います。  昭和五十六年に設置されました臨時行政調査会は、昭和五十年代半ばに経済の安定成長への大きな転換期を迎え、そのもとにおける財政再建が緊急の課題となり、高度成長時代に肥大化した行政を抜本的に見直し、国民世論を結集して二十一世紀を展望した行政改革の推進方策についての提言を求めるために設置されたものでございます。  その後の行政改革は、この臨調答……

第120回国会 安全保障特別委員会 第6号(1991/04/26、39期、自由民主党)

○増子委員 自由民主党の増子輝彦でございます。  いよいよ本日、掃海艇がペルシャ湾に向けて出航したわけでございますが、今回の決定は、我が国の国際社会において貢献をなすためには大変重要な、意義ある英断であります。隊員の皆さんの航行の安全と、誇りを持ち職務の遂行を立派に果たされることを願いながら、我が国の国際貢献につきまして、改めて日本の安全保障、世界の新たな国際秩序について幾つかの質問をさせていただきたいと思いますので、よろしくお願いをいたします。  まず最初に、世界が冷戦を乗り越えて新たな国際秩序を模索しつつあることは御案内のとおりでございます。今回、イラクのクウェートに対する侵略に端を発した……

第121回国会 安全保障特別委員会 第1号(1991/08/05、39期、自由民主党)

○増子委員 動議を提出一いたします。  委員長の互選は、投票によらないで、中山正暉君を委員長に推薦いたします。
【次の発言】 動議を提出いたします。  理事の員数は八名とし、委員長において指名されることを望みます。

第122回国会 国際平和協力等に関する特別委員会 第7号(1991/11/26、39期、自由民主党)

○増子委員 自由民主党の増子輝彦でございます。  本日は、六名の意見陳述者の皆様方においでいただきまして、本当にありがとうございました。限られた時間でございますので、できるだけ皆様方に意見の開陳をお願いしたく、質問を申し上げたいと思います。  戦後四十六年たちました。本当に日本は、世界の中で重要な立場を占める国になってまいりました。それは、多くの先輩の皆様方あるいは国民が一丸となって、英知を結集して、平和を願い、平和をつくる努力をしながら、日本人のすぐれた技術力やあるいは努力によって今日の繁栄が築かれてきたと思っております。日本が国際的な立場の中でどのような方向に進むべきか、どのような国際的な……

第123回国会 運輸委員会 第2号(1992/02/26、39期、自由民主党)

○増子委員 自由民主党の増子輝彦でございます。  私も十五分という限られた時間の中の質問でございますので、ひとつよろしくお願いをいたしたいと思います。  この機会を利用させていただきまして、まず御礼を申し上げたいと思います。実は、私ども福島県の大変大きな念願でありました福島空港が、昨年の第六次空港整備五カ年計画の中で、おかげさまをもちまして五百メートルの滑走路延長を認めていただくことができました。本当にありがとうございます。  私も県会議員時代からこれを一つの公約として頑張ってまいりました。県民一丸となって今後もこの空港整備のためにしっかりと頑張ってまいりたいと思いますし、また、首都圏の第三空……

第123回国会 議院運営委員会 第29号(1992/06/04、39期、自由民主党)

○増子委員 今、大臣の答弁につきまして若干話が出ましたので、また、各党からも比較的多く大臣の出席、政務次官の答弁等について話がございましたので、私の意見をちょっと申し上げたいと思います。  まず、大臣が重要な答弁だと言うのは日本人独特の美徳だと思いますので、重要な問題は大臣がちゃんと答弁していると私は認識をいたしております。実は各党の御意見を伺いますと、基本的には各党とも審議促進、委員会の充実ということについては、これは皆さん共通の考え方であるということで大変結構なことでありますし、そうすべきだと思っているわけでございます。その中で促進やら充実ということになりますと、当然大臣の出席あるいは答弁……

第126回国会 運輸委員会 第3号(1993/02/23、39期、自由民主党)

○増子委員 自由民主党の増子輝彦でございます。  限られた時間でございますので、質問をいろいろしたいわけでございますが、陸海空の運輸行政の中で幾つかの点について御質問をさせていただきたいと思います。  まず初めに、越智運輸大臣には大臣御就任まことにおめでとうございます。今後とも御活躍のほどを心から御期待、お祈りを申し上げるところでございます。  御案内のとおり、今、日本経済は大変景気が悪いということで、厳しい状況に置かれているわけでございますが、この中にありまして、やはり運輸の果たすべき役割というのは、陸海空の中にあって国民生活に大変直結したものがございます。極めて重要なものと私も認識をいたし……

第126回国会 政治改革に関する調査特別委員会 第8号(1993/04/20、39期、自由民主党)

○増子委員 自由民主党の増子輝彦でございます。  限られた時間でございますので、ひとつ簡潔にお答えをいただきたいと思います。また、いろいろ今日までの本会議やこの総括質問の中で、大分理念やあるいは多くの部分で議論をされましたので、私は若干細かい点に触れて、いろいろと御質問をさせていただきたいと思います。  実は私、ある本で次のような記事を読んだことがございます。日本人というのはとにかく何でもまねをしてっくることが大変上手である、特にゴルフ場に一つ例をとれば、日本のゴルフ場、それこそ世界各地のすばらしいゴルフ場、全く変わらないでそのものを同じくつくる技術を持っている、これはすばらしいなということで……

第126回国会 政治改革に関する調査特別委員会 第13号(1993/04/28、39期、自由民主党)

○増子委員 自由民主党の増子輝彦でございます。  先ほど来、三人の参考人の皆様方から大変貴重な御意見を伺いまして、大変ありがとうございました。  実は、私も、新しい時代の認識といたしまして、この時代を認識して、激動する国際社会に誤りのない対応をしていくということには全く同感でございますし、そのために国家のリストラクチャーを今必要としていること、そして新しい国家像、国家理念をつくって、これらの厳しい時代に対応していかなければならないと、そういうふうに思っているわけでございます。  そういう意味でも、新しい政策決定のできる政治改革というものを、まさしく私は今最も重要なものだと思っているわけでありま……

第126回国会 政治改革に関する調査特別委員会 第15号(1993/05/12、39期、自由民主党)

○増子委員 きょうの議論をずっと聞いておりますと、基本的には今国会での一括処理とか中選挙区制の廃止という決意をまさしくお互い確認したということは、改めて大変よかったと思っています。  そういう中で、いろんな議論も細かく出てまいりましたが、問題は、この国会で成立をさせるという前提に立ったときに、しからば、この制度が何らかの妥協が図られたとした成立した場合に、いつの選挙からやるということが一つ大きな考え方として国民の中からも、皆さんからも大変重要な関心として実は出ているわけであります。  私どもこの連休中、地元に帰りました。大変活発な議論が行われている、非常にいい委員会だった、こんな委員会がもっと……

第126回国会 政治改革に関する調査特別委員会 第18号(1993/05/25、39期、自由民主党)

○増子委員 きょうは、大変お忙しいところを早朝より意見陳述者の皆様方には貴重なる御意見をちょうだいいたしまして、ありがとうございます。私からも厚く御礼を申し上げるところでございます。  大体皆様方が意見を述べられたこと、私ども国会の委員会で今日まできょうを含めて百時間近く議論をしてきた中で、ほぼ同じようなお考えや御意見というものを承ってまいったわけであります。そういう意味で、国会と国民の皆様方の間に大分考え方にずれがあるのではないかという心配もございましたが、きょうの御意見をお伺いすると、ほぼ共通のそれぞれの考え方があるということで、ある意味では安心をしたところでございます。  そういう中で、……


40期(1993/07/18〜)

第128回国会 政治改革に関する調査特別委員会 第6号(1993/10/21、40期、自由民主党・自由国民会議)

○増子委員 おはようございます。自由民主党の増子輝彦でございます。関係大臣の皆様方に幾つかの御質問をさせていただきますので、ひとつよろしくお願いをいたしたいと思います。私も、前通常国会におきましてもこの政治改革特別委員会のメンバーの一人として百七時間に及ぶ審議に加わってまいりました一人でございます。そういう意味では、当時社会党側の提案者でありました佐藤自治大臣、めでたく大臣に就任されましてこの審議に加わっているということ、大変私にとっても感慨深いものがございますし、また、私ども、さきの通常国会において真剣にこの政治改革関連法案を審議したという中で残念ながら成立を見るに至らなかった、そして結果的……

第128回国会 政治改革に関する調査特別委員会 第10号(1993/10/27、40期、自由民主党・自由国民会議)

○増子委員 小坂委員の貴重な時間をちょうだいいたしまして、関連の質問をさせていただきたいと思います。  なお、自民党提案者の皆さんには大変申しわけございません。質問はございませんが、引き続き同席をいただくということで、大変恐縮いたしております。  先ほど小坂委員の方からのいろいろな質問の中で、私も大変疑問に思っていることにつきまして幾つかありますので、特に重複立候補ということに関連いたしましてまず御質問をさせていただきたいと思います。  最初に、まず、何度もお聞きいたしておりますが、改めて衆議院議員選挙の意義というものについて、山花大臣から一言、衆議院議員選挙の意義についてお答えをいただきたい……

第128回国会 政治改革に関する調査特別委員会 第16号(1993/11/12、40期、自由民主党・自由国民会議)

○増子委員 自由民主党福島一区の増子輝彦でございます。  きょうは、陳述人の皆様方には、大変お忙しいところ、ありがとうございました。私からも厚く御礼を申し上げます。  先ほど公聴会のあり方について幾つかの点を御指摘をいただきました。実はこの公聴会、必ずしも今後の審議の中で皆さんの意見が取り入れられないということは全くございませんので、ひとつ御安心をいただきたいと思います。といいますのは、国会の審議の中でも幾つかの点につきまして随分問題点が浮き彫りになっていることは事実でございます。ただ、なかなか報道の関係で、地方の皆さんにも十分にこれが報道されてないということについて、私どもも若干不満に思って……

第129回国会 政治改革に関する調査特別委員会 第5号(1994/06/21、40期、新党・みらい)

○増子委員 新党・みらいの増子輝彦でございます。  今、ずっと総理のお話をお聞きしながら、総理の好きな温故創新という言葉を実は思い出しておりました。昨年の今ごろ、選挙戦に突入をするということで大変な政治状況であったわけでございます。とにかく政治改革をやろうと、足かけ七年にわたってこの議論をずっとやってまいりまして、ようやく実現をしようとする今の状況、本当に私、どうしてもこれはやらなければならないと思っております。  先ほどお話がありましたとおり、かつて自民党時代、総理と一緒にオーストラリア、ニュージーランドに政治改革の調査に行ったことも、きのうのことのように実は思い出しております。私ども新党・……

第131回国会 政治改革に関する調査特別委員会 第3号(1994/10/26、40期、改革)

○増子委員 改革の増子輝彦でございます。  今、運命的だという発言が出ました。そのお話は、自治大臣が本会議場で答弁をされたことを私は大変感銘深く実は承ったわけでございます。やはり六年にわたって政治改革を、いろいろ賛否両論はありながらもやらなければならないということでようやくここまでこぎつけた、あとわずかのところでこの政治改革関連法案が成立するということ、ある意味で私はこの法案は今世紀の中で最重要法案の一つではないのかな、そういう認識を実は持っている一人でございます。  いずれにしても、今後この選挙制度改革を含めた法案が後世どういうような評価をされるかということ、これは私ども政治家それぞれの努力……

第131回国会 予算委員会 第2号(1994/10/12、40期、改革)

○増子委員 改革の増子輝彦でございます。大分重複する質問もあるかと思いますが、どうぞよろしくお願いをいたしたいと思います。  まず最初に、一つの論文をちょっと御紹介を申し上げたいと思います。それは「いま、わが国の議会制民主政治は戦後最大の危機を迎えているとわれわれは認識している。その理由は」「ひとつは、たしかに国会は国権の最高機関であり唯一の立法府であるが、しかし国会は国民から白紙委任状をもらっているわけではない。つまり、各党は選挙にあたって主権者たる国民のみなさんに公約してその判断を仰ぎ、そして多数を占めた政党が内閣を組織する――これが議会制民主政治の基本であり、いかに多数を占めようとも選挙……

第132回国会 商工委員会 第7号(1995/03/28、40期、新進党)

○増子委員 新進党の増子輝彦でございます。  まず、先ほど山田委員の方からもいろいろと御質問をさせていただきましたが、きょう、大変お忙しいところ、せっかく早朝より三人の参考人の皆様方においでをいただいておりますので、私の方からもまず参考人の方に若干の質問をさせていただきたいと思っております。  最初に、電気事業連合会の副会長、近藤さんに御質問をさせていただきたいと思います。  先ほども山田委員の方からいろいろ御質問があった中で電気料金の内外格差という点が若干指摘をされました。今回の規制緩和関連につきましては、三十二年ぶりの法改正ということで、当然これらの中には料金制度の見直しというものも大変重……

第136回国会 商工委員会 第13号(1996/06/14、40期、新進党)

○増子委員 新進党の増子輝彦でございます。  きょうは、我が委員会の法案審議が終了いたしまして、その後、一般質疑ということで時間をつくっていただきました。  御案内のとおり、日本の経済状況、景気が大変悪いということで、バブル経済の崩壊後、なかなか厳しい現状がございます。  そういう中で、今国会、住専国会そのものと言われたような状況の中で、住専の処理問題についても国民の九割の皆さんが反対をしているという中で、今回、この住専関連法案が間もなく本国会ですべて成立するという状況になってまいりました。私ども、自己責任というものを明確にしていかなければならない、と同時に、やはり情報の開示という中で、今後、……


43期(2003/11/09〜)

第159回国会 外務委員会 第3号(2004/03/02、43期、民主党・無所属クラブ)【議会役職】

○増子委員長代理 後ほど理事会で諮ります。

第159回国会 外務委員会 第8号(2004/03/18、43期、民主党・無所属クラブ)

○増子委員 民主党の増子輝彦でございます。  大臣、お疲れのようですが、大丈夫ですか。もう少しですから頑張ってください。  実は、今回のこの児童ポルノあるいは売買、買春等に関する条約議定書のことや、あるいは武力紛争における児童の関与に関する児童の権利に関する条約の議定書について、質問をまずさせていただきたいと思います。  実は、私、この条約の議定書を読んでおりましたら、大変驚くやらびっくりするやら、ちょっと戸惑ったところが一点ございますので、この辺をまず大臣にお伺いしたいと思うんです。  実は、この文章の中に、ずっといろいろなことが書いてございます、その中に、「児童の売買、児童買春及び児童ポル……

第159回国会 外務委員会 第17号(2004/05/25、43期、民主党・無所属クラブ)

○増子委員 民主党の増子輝彦でございます。  小泉総理の北朝鮮への再訪問について幾つかの質問をさせていただきますので、よろしくお願いをいたします。時間が余りございませんので、私の質問にも端的にお答えをいただきたいと思います。  今度の小泉再訪朝についての結果、何かすっきりしない重々しい気持ちと残念だなという気持ちと、本当に複雑な心境であります。確かに、五人の御家族の皆さんが日本に戻ってきたということについては、私も一定の評価をいたします。しかし、北朝鮮への私たちが対する形というのは、やはり五人が帰ってきたからそれですべてよしということではないということはお互い認識をしていると思います。  実は……

第159回国会 外務委員会 第19号(2004/05/28、43期、民主党・無所属クラブ)【議会役職】

○増子委員長代理 これより会議を開きます。  委員長が所用のためおくれますので、出席されるまで、委員長の指名により、私が委員長の職務を行います。  国際情勢に関する件について調査を進めます。  この際、政府から発言を求められておりますので、これを許します。外務大臣川口順子君。

第159回国会 厚生労働委員会 第18号(2004/05/07、43期、民主党・無所属クラブ)

○増子委員 質問の時間をちょうだいしまして、ありがとうございました。  しかし、何かちょっと気が抜けたような感じで、十二月の三十一日にクリスマスケーキをもらったような感じでございまして、いま一つぴりっとしないというのが本音でございます。  しかし、議員年金を含め、日本の年金制度のあり方につきましては、まさに今国民の中では大変な不信感が渦巻いているわけでありますし、国会が果たすべき役割というものも当然あるわけであります。そういう意味では大事な時間でございますので、大臣を中心として、幾つかの点について質問させていただきますので、よろしくお願いをいたしたいと思います。  まず最初に、坂口大臣、今回、……

第159回国会 文部科学委員会 第16号(2004/04/27、43期、民主党・無所属クラブ)

○増子委員 民主党の増子輝彦でございます。  きょうは、私は、大学のあり方あるいは教育のあり方ということにつきまして、大臣初め関係の皆さんに御質問させていただきたいと思います。  先週、我が党の安住淳議員が、仙台にあります東北文化学園大学等についての質疑をさせていただきました。また、この件につきましては、三月一日の予算委員会の分科会で、私も、薬学のあり方あるいは教育のあり方、そして国民の血税が私学助成にたくさん使われているというような観点も含めながら、大臣に大学の問題等についても御質問させていただいたことでございます。  大臣、実は私立大学等には経常費の補助金として、先般もお聞きしましたけれど……

第159回国会 文部科学委員会 第26号(2004/06/11、43期、民主党・無所属クラブ)

○増子委員 民主党の増子輝彦でございます。  きょうは、同僚議員の御好意によりまして再度質問の機会をちょうだいしたことに、心から厚く御礼を申し上げる次第でございます。  まず初めに、先日、大変不幸な出来事が起きてしまいました。長崎県佐世保における小学校六年生の女子児童による同級生の女子児童殺害という、本当に痛ましい不幸な事件でございました。私どもに与えたそのショックというものも非常に大きいものがございます。まずこの事実確認をしたいと思いますので、お願いを申し上げたいと思います。
【次の発言】 事実確認、当然必要なことではございますが、またそれ以上に、こういった事件がやはり再び起きないようにする……

第160回国会 外務委員会 第1号(2004/08/04、43期、民主党・無所属クラブ)

○増子委員 民主党の増子輝彦でございます。  きょうは、外務省の機構改革について、そして国連改革と安保理について、中心に質問させていただきたいと思います。時間が限られておりますので、どうぞ簡略にお答えをお願い申し上げたいと思います。  まず初めに、外務大臣も今回の機構改革については並々ならぬ決意を持って臨んでいる、いつものように決意のときの赤い洋服を着られて看板のかけかえをやられたという報道を伺っております。  これはあえて聞くまでもないと思いますが、この機構改革によって多くのことが変わってくると思いますが、まず基本的に、大臣、改めて日本外交の基本姿勢をお伺いしたいと思います。

第161回国会 外務委員会 第4号(2004/11/12、43期、民主党・無所属クラブ)

○増子委員 民主党の増子輝彦でございます。  きょうは質問をさせていただきます。よろしくお願いします。  町村外務大臣、御就任まことにおめでとうございます。就任以来、なかなか直接お祝いを申し上げることができませんでした。この委員会でも三度ほど会っておりますが、なかなか直接お目にかかれませんでしたので、改めてお祝いを申し上げたいと思います。  日本を取り巻く諸問題が山積をいたしております。そういう意味では、外務大臣の重責というものは非常に大きなものがあるわけであります。  そこで、外務大臣に最初にお伺いをしたいことは、この国会において、外務委員会に、外務大臣は志ある外交を展開していきたいというこ……

第162回国会 外務委員会 第1号(2005/02/23、43期、民主党・無所属クラブ)

○増子委員 民主党の増子輝彦でございます。  きょうは当外務委員会の初の委員会でございますので、それぞれの委員の皆さんから基本的なことを含めていろいろ話がございました。私からも幾つかの点について御質問をさせていただきたいと思います。  まず、町村外務大臣、御就任以来五カ月が経過をいたしました。この間、外務大臣は大変東奔西走、諸外国を訪問しながらも、日本の外交を展開されております。やはり外務大臣というのは政治家であった方がいいのかなというような感じを私も持っておりますし、また、次のニューリーダーの一人の町村外務大臣、先ほど来、大変評価の高い話が出ておりますが、私も外務大臣としてのその手腕を大いに……

第162回国会 外務委員会 第4号(2005/03/30、43期、民主党・無所属クラブ)

○増子委員 民主党の増子輝彦でございます。きょうの質問をさせていただきたいと思います。  午前中の質疑の中でも、日韓関係あるいは常任理事国入りの問題等々いろいろ出てまいりましたけれども、私自身も日韓関係について、それに加えて、若干時間がありましたら日中及び日米関係等について少し質問をさせていただきたいと思います。  まず、日韓関係でございますけれども、ことしは日韓国交正常化四十周年という大変意義深い年になっておるわけであります。こういう中で、ことしに入りまして、何か日韓関係の中で非常に大きな動きがあるといいますか、大きな転換期のようなことが立て続けに実は起きているわけであります。  まず第一番……

第162回国会 外務委員会 第6号(2005/04/22、43期、民主党・無所属クラブ)

○増子委員 民主党の増子輝彦でございます。  町村外務大臣、大変お疲れのところ、御苦労さまでございました。  大変厳しい日中関係の中にあって、外務大臣としてはやはり町村外交の腕の見せどころではないのかなと。我が国のしっかりとした外交方針を進めていかなければならない。そういう意味では、災いを転じて福となすという言葉もございますが、日中関係の長い歴史の中で、今回の反日行動につきましては、これを一つの教訓として、私どもはしっかりと主張すべきところは主張しながら、私どもの外交を進めていきながら、国益というものを損なわないようにしっかりとした外交を進めていくことがやはり肝要かと思っております。  そうい……

第162回国会 外務委員会 第7号(2005/05/13、43期、民主党・無所属クラブ)

○増子委員 民主党の増子輝彦でございます。  先ほど大臣が、海外に行かれると、大変国会で長く縛られて、審議時間をこれほどやっている外務大臣はいないというような話をされましたけれども、私はあえて申し上げると、やはり国会のあり方そのものを見直すべきではないかなと常々委員会あるいは理事会等でも申し上げております。  外務大臣が十の委員会に実はかかわっている、そのスケジュール調整に大変苦慮しているということを考えれば、これはもう大臣が国会にずっといなければだめだということが当然出てくるわけでありますから、今後、私は、この国会のあり方、すなわち委員会、特別委員会の設置等も含めまして見直す時期に来ているの……

第162回国会 外務委員会 第10号(2005/06/29、43期、民主党・無所属クラブ)

○増子委員 民主党の増子輝彦でございます。  きょうは、一般質疑ということで、質問させていただきたいと思います。  日本の外交、大変今厳しい状況に置かれているのかなと心配をいたしております。きつい表現で言えば、八方ふさがりの状況なのかな。日中関係、日韓関係、あるいは常任理事国の問題、さらにアメリカとの関係も、BSEを中心として大変今厳しい状況にあるのかな。そして、靖国問題においては、場合によってはこれによって常任理事国という悲願を断念せざるを得ないのかなという心配も多々いたしております。  そういったことを含めながら、きょうは限られた時間でございますので、薄く広く大臣に所見をお伺いいたしたいと……

第162回国会 外務委員会 第13号(2005/07/15、43期、民主党・無所属クラブ)

○増子委員 おはようございます。民主党・無所属クラブの増子輝彦でございます。  きょうは当委員会における条約関連の最後の質疑ということになっておりますので、私は、少し時間をかけて、この社会保障に関する日本国とベルギー王国との間の協定、あわせて社会保障に関する日本国政府とフランス共和国政府との間の協定について質問をさせていただきたいと思っております。  ともすれば、条約はもう大丈夫だということで、質問の内容が比較的短時間で終わってしまうということを私も若干今まで心配いたしておりました。きょうは、少しこの社会保障協定について細かいところまで触れさせていただきながら真剣に質問させていただきたいと思っ……

第162回国会 外務委員会 第15号(2005/08/03、43期、民主党・無所属クラブ)

○増子委員 おはようございます。民主党の増子輝彦でございます。  きょうは、本通常国会最後の委員会になるかなと思っております。この通常国会、百五十日間の会期に加えて五十五日の延長になりました。郵政民営化という、国民が本当に望んでいるかどうかわかりませんけれども、小泉首相の改革の本丸だという狂気にも似たような執念の中で、今、国会は揺れ動いているわけであります。  そういう中で、今国会で、当委員会はきょうで十五回目の委員会になります。きょうの時間を入れますと、延べ四十時間三十分という質疑を行ったわけであります。私どもとしては、できれば、百五十プラス五十五ですから、大変長丁場のこの国会の中でもう少し……


各種会議発言一覧(衆議院)

39期(1990/02/18〜)

第120回国会 予算委員会第七分科会 第3号(1991/03/13、39期、自由民主党)

○増子分科員 増子輝彦でございます。きょうは、大変お昼どきに貴重な時間をちょうだいいたしまして、大臣、政府関係の皆さんに厚く御礼を申し上げる次第でございます。  第六次空港整備計画が今回策定されるわけでありますが、その第六次空整及びそれに関係いたしまして福島空港の関連について幾つかの質問をさせていただきますので、ひとつよろしくお願いを申し上げます。  まず第一番目に、我が国経済社会の国際化の進展を背景といたしまして、航空輸送は人、物、文化等、国内、国際を問わず急激な発展を遂げております。高速交通化に伴い、そのニーズが一層高まっていることは御案内のとおりでございます。その中にあって、昭和四十四年……


40期(1993/07/18〜)

第128回国会 政治改革に関する調査特別委員会公聴会 第1号(1993/11/08、40期、自由民主党・自由国民会議)

○増子委員 自由民主党の増子輝彦でございます。  きょうは、三人の公述人の皆様方には、大変お忙しいところをわざわざ国会のこの委員会までおいでいただきましたことに、まずもって心から御礼を申し上げる次第でございます。本当にありがとうございます。  先ほど来、お三人の皆様方の大変長い経験に基づいて、また見識のあるお話を伺いまして、私ども国政にある者といたしましても大変参考にもなりましたし、今後の国会のこの審議の中においてもいろいろと参考にもさしていただきたいと思っております。そういう中で、きょうは三十分という限られた時間でございますので、幾つかの点についても細かく質問をさしていただき、参考にさしてい……


43期(2003/11/09〜)

第159回国会 外務委員会北朝鮮による拉致及び核開発問題等に関する小委員会 第2号(2004/02/24、43期、民主党・無所属クラブ)

○増子小委員 民主党の増子輝彦でございます。  本日は、当小委員会においでをいただきまして、本当にありがとうございます。心から、民主党を代表して御礼を申し上げたいと思います。  先ほど来、お二人のお話を聞いておりますと、本当に心が痛む思いがいたしております。私ども政治にかかわる者が今日まで何をしてきたのかなとじくじたる思いも今改めて強く持っているところでございまして、今日までお嬢様が拉致されて約三十年、その思いをはせるときに、本当に心からおわびとお見舞いを申し上げなければならない、そういう気持ちでいっぱいでございます。  お二人は、かつて平成十四年、参議院の外交防衛委員会にも参考人としておいで……

第159回国会 外務委員会北朝鮮による拉致及び核開発問題等に関する小委員会 第3号(2004/03/02、43期、民主党・無所属クラブ)

○増子小委員 ありがとうございます。民主党の増子輝彦です。  きょうは、三人の参考人の皆さん、長い間ありがとうございました。心から感謝を申し上げたいと思います。  李在根さんにお尋ねをいたしたいと思います。  閉ざされた国の北朝鮮、そして限られた情報源の中で、李さんは、数多くの精度の高い情報をお持ちになっている。そして、北朝鮮の政治体制や国内情勢にも大変お詳しいと認識をいたしました。  日本人を見たのは、お三人の中で李さんだけであります。それも、ビリヤードを楽しむ日本人の多くの方も見られた。そして、日本からの送金ルートも完全に絶つべきだという話もされました。そして、拉致された人数についても、公……

第159回国会 外務委員会北朝鮮による拉致及び核開発問題等に関する小委員会 第4号(2004/06/01、43期、民主党・無所属クラブ)

○増子小委員 民主党の増子輝彦でございます。きょうは、お二人の参考人の方に心から御礼を申し上げたいと思います。  まず、荒木参考人にお聞きをいたしたいと思います。  今回の小泉再訪朝の結果、五人の方は帰ってこられたということで、私も、一定の成果はあったというふうに評価はいたしております。しかし、今回の訪朝の最大の目的は、この五人プラス曽我さんの御家族の帰国よりも、むしろ、横田めぐみさん初め十人の安否不明者の方々を具体的にどういう形で、北朝鮮からきちっとした形で安否についての確認をするかということ、加えて、荒木参考人が大変心血を注いでまいりました特定失踪者についても何らかの形の金正日総書記からの……

第159回国会 決算行政監視委員会第三分科会 第1号(2004/05/17、43期、民主党・無所属クラブ)

○増子分科員 大臣、きょうは朝から長時間、お疲れさまでございます。厚生労働省関係について私が最後でございますので、もうしばらくの間、御辛抱いただきたいと思います。  大臣、人間、本当に健康ということが何よりも一番幸せなことなんだろうなと、私もつくづく最近感じることが多いものでございます。そういう意味で、厚生労働委員会でも、年金問題初め幅広く、健康あるいは雇用、多くの問題についていろいろと日本のために、国民のためにということでやっていることでございますけれども、きょうは限られた時間でございますので、余りミクロ的なことではなくて、これからのことについてを含みながら、平成十四年度からずっといろいろな……

第159回国会 憲法調査会 第1号(2004/01/22、43期、民主党・無所属クラブ)

○増子委員 開かれた民主党の増子輝彦でございます。  私も初めてこの憲法調査会に参加をさせていただきましたので、今後ともよろしくお願いを申し上げたいと思います。  先ほど渡海委員の方から、国のあり方、憲法の問題等がございました。私自身も、やはり国のあり方という観点からすれば、戦争のない、戦争をしない国家であることがまず一番大事だと思っております。  国民の幸せ、国の平和と独立と自由を守りながら、そして日本独自の、地球規模の平和をつくるための貢献をしていくということが、私はこの国家のあり方だと思っております。国が攻められれば専守防衛という形の中でこの国を守るということも、当然必要なことだと認識を……

第159回国会 憲法調査会 第2号(2004/02/26、43期、民主党・無所属クラブ)

○増子委員 私は、憲法七十九条の第二、第三項の件について申し上げたいと思います。  ここは余りにも形式論にすぎないのではないか、現実的に、国民の立場からすれば、裁判官の、衆議院選挙の際に行われる判断について、果たして適正にできるかということになれば、これは極めて疑問であるというふうに私はかねてより考えておりますし、多くの国民の皆さんからも、この方法論、形式論については大きな疑問が出されているわけでありますから、ここの部分については、私は、早急にこれは、ここを削除しながら新しい方法を考えるべきではないかということをまず申し上げておきたいと思います。  さらに第二点、裁判員制度の導入については、ま……

第159回国会 憲法調査会 第5号(2004/04/08、43期、民主党・無所属クラブ)

○増子委員 憲法はまさに国の基本を決めるものでありますから、この国が平和で独立して自由であることは当然のことであります。そういう意味で、今日、戦後日本がこのようなよき国家になったことは、まさにこの第一回目の会合でも申し上げましたけれども、戦争をしなかったということ、戦争がなかったということが私は最も重要な要素であったものだと思います。  そういう中で、憲法九条、私は、やはりこの戦争の放棄というものが、何よりもこの国の基本のあり方という形では最も重要な憲法でありまして、これは堅持をするということが当然のことだと考えております。しかし、万が一、国に有事が起きた際にどうするかということ、これは当然法……

第159回国会 憲法調査会 第7号(2004/06/03、43期、民主党・無所属クラブ)

○増子委員 民主党の増子輝彦でございます。  一院制か二院制かの件について、私の考えを申し上げたいと思います。  結論から申し上げますと、私は二院制度であるべきだというふうに考えております。先ほど来、二院制に対する弊害あるいは国民の批判等も出ているということでございますけれども、私は、この二院制についていろいろな問題、弊害が出ているという指摘があるとすれば、それは政党の党利党略の問題や、あるいは議員の資質的な問題についての国民の皆さんの私は大きな批判があるのだと謙虚に受けとめなければならない、そのように受けとめているわけでございます。  先ほど船田委員からもお話がございましたとおり、衆議院はや……

第159回国会 憲法調査会 第8号(2004/06/10、43期、民主党・無所属クラブ)

○増子委員 民主党の増子輝彦でございます。  きょうまでのこの憲法調査会、中山会長の御努力に敬意を表したいと思います。  私も、この憲法調査会、初めて参加をさせていただきましたけれども、きょうはまとめということでございますので、総論的なことを申し上げたいと思います。  一つには、さまざまな論点が出てまいったわけであります。その論点の中でも十分それぞれが調整可能なものと、どうしても相譲れないものというものがあるように強く感じられました。  私は、特に第九条の問題については、なかなかすぐ簡単にこの調整は難しいのではないだろうかというふうに思っているわけであります。調整可能なものについて、私は、段階……

第159回国会 憲法調査会最高法規としての憲法のあり方に関する調査小委員会 第2号(2004/03/04、43期、民主党・無所属クラブ)

○増子小委員 私は、代表民主制が基本であって、国家的な大きなことについては、やはり国民投票というものも取り入れるべきだと考えておるものであります。  ただ、今私が大変心配しているのは、この代表民主制という今の、例えば日本の国政選挙においても極めて投票率が低いということを大変心配しているわけであります。やはり、衆議院選挙でもさきの選挙は六〇%、参議院選挙においては五〇%をちょっと上回るということ。有効投票数というものの観点からしても、やはりこの投票率と代表民主制、そして国民投票を考えたとき、先ほどの参考人の話にもございますとおり、やはり投票率が極めて少ないときに、それでもなおかつこの投票のことを……

第159回国会 憲法調査会統治機構のあり方に関する調査小委員会 第4号(2004/05/20、43期、民主党・無所属クラブ)

○増子小委員 民主党の増子輝彦でございます。  きょうの参考人のお話を伺いながら、まさにこの国のあり方の大事な要点は統治機構のあり方だなということを改めて認識したわけでございます。  現在あるいは将来にわたる地方分権という形を考えましても、参考人の方からも話がありましたとおり、私は、やはり現在も将来も、政令、省令のあり方というものが極めて重要な問題ではないだろうかというふうに常に認識をいたしているわけでございます。  特に、地方分権が進めば進むほど、先ほどの話にもありましたけれども、通達をやめるべきなのに、逆に今回も通達によって非常に合併というものについて大きな力が働いているということ、ここに……

第159回国会 予算委員会第四分科会 第1号(2004/03/01、43期、民主党・無所属クラブ)

○増子分科員 民主党・無所属クラブの増子輝彦でございます。  きょうは朝から、大臣、長時間御苦労さまでございます。私の最も敬愛する政治家の一人であります河村大臣ときょうこういう形で質疑ができることを、大変うれしく、また光栄に思っておりますので、よろしくお願いをいたしたいと思います。  限られた時間でございますが、幾つかの質問をしたいと思っておりますので、端的にお答えをいただければ大変ありがたいと思っております。  大臣、今回、平成十六年二月十八日の中教審の「薬学教育の改善・充実について」の答申がございました。その中で、薬学教育制度を見直して、薬剤師養成のための薬学教育について、学部段階の修業年……

第162回国会 予算委員会第五分科会 第2号(2005/02/28、43期、民主党・無所属クラブ)

○増子分科員 民主党の増子輝彦でございます。  尾辻大臣、そして衛藤副大臣、御苦労さまでございます。もう少しですから、頑張っていただきたいと思います。  本日、私は二点についてお話を伺いたいと思っております。  昨年も同じように御質問申し上げたんですが、臓器移植法についての点が一つ。それから、介護保険法の改正に伴う諸問題について幾つかの質問をさせていただきたいと思いますので、よろしくお願いをいたしたいと思います。  まず最初に、臓器移植法でございます。  一九九七年十月に、脳死での臓器提供を認める、臓器の移植に関する法律が施行されました。それ以来、臓器移植をしたいという多くの方々にとっては光が……


※このページのデータは国会会議録検索システムで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2020/05/21

増子輝彦[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計/発言一覧 | 質問主意書