国会議員白書トップ衆議院議員林幹雄>委員会発言一覧(全期間)

林幹雄 衆議院議員
「委員会発言一覧」(全期間)

林幹雄[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計/発言一覧 | 質問主意書


このページでは林幹雄衆議院議員の委員会および各種会議の発言の冒頭部分と国会会議録検索システムの該当ページへのリンクをまとめています。
 林幹雄 衆議院議員「委員会統計」(全期間)には委員会および各種会議の活動状況の集計結果を示しています。


委員会発言一覧(衆議院)

40期(1993/07/18〜)

第128回国会 環境委員会 第3号(1993/10/26、40期、自由民主党・自由国民会議)

○林(幹)委員 自民党の林幹雄でございます。  初めにロシアの日本海における放射性廃棄物の海洋投棄の問題についてやりますけれども、この問題、午前中に我が党の谷津議員が総理に質問なさいました。若干の重複があろうかと思いますけれども、私はあえて大臣にお伺いをしたいと思います。  申すまでもなく、我が国は唯一の被爆国でありまして、核に対しては特別の国民感情があるわけであります。今回のロシアの行為、すなわち、我が国の庭先である日本海への放射性廃棄物の投棄は、エリツィン大統領が来日して帰って直後というタイミングをとってみても、我が国の国民感情を逆なでするというばかりではありませんで、細川内閣の外交能力を……

第129回国会 環境委員会 第2号(1994/02/15、40期、自由民主党・自由国民会議)

○林(幹)委員 自民党の林幹雄でございます。参考人の両先生には、本日は御苦労さまでございます。  私の選挙区は千葉二区と申しまして、印旛沼、利根川を水源に抱えているところでございまして、水質の保全問題には常々関心を持っているわけでございます。  今回の法案は、水道水の消毒のため塩素を加える浄水過程において発がん性物質とも言われているトリハロメタンなどの有害物質が発生することから、その防止対策のための必要な措置だと言われております。  そこで、村岡先生にお伺いいたします。  塩素の使用によってトリハロメタン等の発がん性物質ができるとのことでありますけれども、塩素の使用をやめない限りトリハロメタン……

第129回国会 環境委員会 第4号(1994/06/03、40期、自由民主党)

○林(幹)委員 まず大臣に、所信演説に関してお伺いをいたします。  大臣は、我が国が大規模な経済活動を営んでいるため、生活型公害が深刻化していると指摘されております。全く同感でありまして、便利さばかりを追い求め、大量消費、大量廃棄にすっかりなれてしまった我々のライフスタイルが、これまでの産業型公害とは全く別の新しい公害を生み出しております。大臣は廃棄物の増加について所信演説の中で触れられておりますので、問題意識を正しく持たれていると思いますけれども、今日、生活環境の中に処理し切れないほどにあふれ出ているごみ問題を、大臣自身は環境問題として早急に解決しなければならない大きな課題であると認識されて……

第129回国会 逓信委員会 第6号(1994/06/20、40期、自由民主党)

○林(幹)委員 自由民主党の林幹雄でございます。  最初に、郵貯の方から入っていきたいと思っております。  私は、郵便貯金は二つの大きな役割を担っている、このように思っております。その一つは、我が国唯一の貯蓄金融機関として、小口で手数のかかる個人金融サービスを、過疎地のような不採算地域を含め、郵便局のネットワークを通じて全国あまねく公平に提供している点。その第二点は、その資金を、ほかの調達方法と比べて低いコストで財投原資として国に提供している点。この二つの役割を果たすことによって、利用者である国民と国家に大きく貢献してきたことは高く評価されるべきと考えるところであります。  しかしながら、一方……

第131回国会 運輸委員会 第2号(1994/11/16、40期、自由民主党)

○林(幹)委員 自由民主党の林幹雄でございます。武部委員の関連質問を時間内でさせていただきたいと存じます。  ことしの五月に公共料金の値上げが凍結されて以来、公共料金のあり方やその決定方式の問題が大きく取り上げられているところであります。行政改革や規制緩和を推進させる上で、公共料金制度の改革は非常に大きな課題になっていると私は思います。  戦後五十年が経過する中で、我が国経済は欧米諸国を凌駕するに至り、社会経済全体がいわゆる成熟化の時代を迎えております。これまでの経済規制は、欧米に追いつく時代には有効、有用でありましたけれども、消費者ニーズが多様化、高度化して、現在では適合しなくなってきておる……

第132回国会 運輸委員会 第6号(1995/04/25、40期、自由民主党・自由連合)

○林(幹)委員 自由民主党の林幹雄でございます。  旅行業法の改正に当たりまして、何点か質問をさせていただきます。  この旅行業法は昭和二十七年に旅行あつ旋業法としてスタートをしたと聞いておるわけでありますけれども、四十六年に今の旅行業法に改められたというわけでありますが、今回の旅行業法の改正に当たって、その基本的な考え方について、トラブルが結構多い旅行業に対しまして、規制緩和の流れも踏まえつつ、どのように規制のあり方を考えたのか、まずお伺いをしたいと存じます。
【次の発言】 それでは、その消費者保護あるいは規制緩和の趣旨から各論に入りますけれども、主催旅行を行わない旅行業者について、登録時の……

第134回国会 運輸委員会 第2号(1995/11/08、40期、自由民主党・自由連合)

○林(幹)委員 自由民主党の林幹雄であります。  まず初めに、航空問題について質問をいたします。  航空については、アメリカなど完全自由化を行うところもございますけれども、私はこのようなやり方は我が国にはなじまないのではないかと考えております。むしろ航空企業間の適切な競争促進施策の推進をすることによって、その成果を着実に利用者に還元していくことが必要であると思います。  そこで、まず路線運営についてでありますけれども、昭和六十一年に運輸政策審議会答申によりまして、いわゆる四五、四七体制の見直しが行われました。ダブル・トリプル・トラック化を推進してきているところでございますけれども、これまでの実……


41期(1996/10/20〜)

第140回国会 運輸委員会 第12号(1997/04/23、41期、自由民主党)【議会役職】

○林(幹)委員長代理 濱田健一君。
【次の発言】 私は、自由民主党及び社会民主党・市民連合を代表して、空港整備法の一部を改正する法律案に対する修正案について、その趣旨を御説明申し上げます。  案文はお手元に配付いたしておりますので、朗読は省略させていただき、その要旨を申し上げます。  施行期日について、原案では「平成九年四月一日」といたしておりますが、既にその日が経過しておりますので、これを「公布の日」に改めようとするものであります。  よろしく御賛同くださいますようお願い申し上げます。

第142回国会 運輸委員会 第3号(1998/03/11、41期、自由民主党)【議会役職】

○林(幹)委員長代理 午後二時三十分から再開することとし、この際、休憩いたします。     午後一時二分休憩

第142回国会 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第3号(1998/04/03、41期、自由民主党)

○林(幹)委員 内閣提出の公職選挙法の一部を改正する法律案に対する修正案につきまして、提出者を代表して、その趣旨を御説明申し上げます。  本法律案において、在外選挙人名簿の被登録資格につきましては、年齢満二十年以上の日本国民で、その者の住所を管轄する領事官の管轄区域内に引き続き三カ月以上住所を有する者であって、将来国内に住所を定める意思を有する者と認められる者とされております。  本修正案は、本委員会での論議等を踏まえ、この被登録資格に修正を加えるとともに、先国会における公職選挙法改正に伴う所要の修正を行おうとするものであります。  修正案の内容は、次のとおりであります。  第一に、在外選挙人……

第142回国会 日本国有鉄道清算事業団の債務処理及び国有林野事業の改革等に関する特別委員会 第1号(1998/05/07、41期、自由民主党)

○林(幹)委員 動議を提出いたします。  委員長の互選は、投票によらないで、大原一三君を委員長に推薦いたしたいと存じます。
【次の発言】 動議を提出いたします。  理事は、その数を八名とし、委員長において指名されることを望みます。

第142回国会 予算委員会 第21号(1998/03/09、41期、自由民主党)

○林(幹)委員 自由民主党の林幹雄でございます。  私は、景気対策を中心に、総理並びに関係閣僚に質問をいたしたいと思います。  テレビ、マスコミ等で、このところ連日のように腐敗、汚職そして倒産、不景気等報じられておりますが、私は、この不況は多分に気分的なものが影響しているところがあるのではないかと思います。いわゆる不況マインドであります。  本予算委員会総括質疑で我が党の深谷筆頭理事が既に指摘しておりますように、我が国は世界有数の債権国家であり、一千二百兆円を超える個人の金融資産を保有しながら、個人消費はしない。史上空前の超低金利政策が続いているにもかかわらず、企業は設備投資をしない。つまり、……

第143回国会 運輸委員会 第1号(1998/08/11、41期、自由民主党)【政府役職】

○林説明員 このたび、運輸政務次官を拝命いたしました林幹雄でございます。  豊かさとゆとりを実感できる国民生活を実現する上において、運輸行政の果たす役割は極めて重要なものがあると考えております。この重責を全うすべく、運輸をめぐる諸課題に積極的に取り組んでまいりたいと存じます。  委員長を初め諸先生方の御支援と御指導を心からお願いを申し上げまして、ごあいさつといたします。(拍手)

第145回国会 運輸委員会 第2号(1999/02/09、41期、会派情報なし)【政府役職】

○林(幹)政府委員 運輸省所管の平成十一年度予算につきまして、その概要を御説明申し上げます。  まず、一般会計予算でございますが、歳出予算額として九千四百五十三億四千四百万円を計上しております。  次に、特別会計予算でございますが、自動車損害賠償責任再保険特別会計につきましては六千四百二十八億八千七百万円、自動車検査登録特別会計につきましては五百億七千九百万円、港湾整備特別会計につきましては四千六百九十四億二千三百万円、空港整備特別会計につきましては四千六百六十八億一千五百万円をそれぞれ歳出予算額として計上しております。  また、財政投融資計画中には、当省関係の公団等分として二千五百五億円が予……

第146回国会 政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会 第3号(1999/12/14、41期、自由民主党)

○林(幹)委員 ……(発言する者、離席する者多く、聴取不能)

第147回国会 政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会 第4号(2000/04/13、41期、自由民主党)【議会役職】

○林(幹)委員長代理 堀込征雄君。
【次の発言】 次に、中桐伸五君。
【次の発言】 次に、達増拓也君。

第147回国会 政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会 第5号(2000/04/14、41期、自由民主党)【議会役職】

○林(幹)委員長代理 配付してあります。

第147回国会 政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会 第6号(2000/05/23、41期、自由民主党)【議会役職】

○林(幹)委員長代理 遠藤和良君。
【次の発言】 東中光雄君。


42期(2000/06/25〜)

第155回国会 総務委員会 第3号(2002/11/07、42期、自由民主党)

○林(幹)委員 ただいま議題となりました附帯決議案につきまして、自由民主党、民主党・無所属クラブ、公明党、自由党、日本共産党及び社会民主党・市民連合の六会派を代表して、その趣旨を御説明申し上げます。  案文の朗読により趣旨の説明にかえさせていただきます。     一般職の職員の給与に関する法律等の一部を改正する法律案に対する附帯決議(案)   政府及び人事院は、次の事項について、十分配慮すべきである。  一 今回の月例給与のマイナスが公務員の士気に与える影響、民間賃金・経済に与える影響等を重く受けとめ、政府は一刻も早くデフレ克服のための総合施策を実施すること。  二 今回の減額調整措置は、公務……

第155回国会 総務委員会 第7号(2002/11/21、42期、自由民主党)【議会役職】

○林(幹)委員長代理 次に、武正公一君。
【次の発言】 次に、遠藤和良君。
【次の発言】 次に、黄川田徹君。
【次の発言】 ちょっと待ってください。池坊政務官はまだ必要ですか。

第156回国会 国土交通委員会 第21号(2003/05/16、42期、自由民主党)

○林(幹)委員 おはようございます。自民党の林幹雄でございます。  成田空港のある成田市は、実は、千葉県第十選挙区で、私の地元になっているわけでございまして、かつて、平成十年、十一年でありましたけれども、運輸政務次官を務めまして、この成田空港問題を担当したこともございました。  振り返ってみますと、反対派農家に訪問したり、あるいはまた、成田といえば反対運動という代名詞であったんですが、賛成運動というのは聞かないけれどもどういうわけかということから、賛成署名運動、二十六万人署名が一気になったり、いろいろございました。そのときに、時同じくして、二千百八十メーターの暫定滑走路の建設を決断したのも思い……

第156回国会 総務委員会 第5号(2003/03/04、42期、自由民主党)【議会役職】

○林(幹)委員長代理 次に、桝屋敬悟君。

第156回国会 総務委員会 第8号(2003/03/19、42期、自由民主党)【議会役職】

○林(幹)委員長代理 次に、島聡君。
【次の発言】 次に、山田敏雅君。

第156回国会 総務委員会 第10号(2003/04/03、42期、自由民主党)

○林(幹)委員 自民党の林幹雄でございます。  長いこと質問の席に立っていませんので浦島太郎になっておりますが、与えられた時間で、きょうは、公社のトップ、総裁、副総裁からごく基本的なお考えをお伺いできればというふうに思います。  去る四月一日、日本郵政公社が発足、スタートをいたしました。この公社化は、郵政事業にとりまして、明治四年の創業以来、実に百三十年ぶりの改革というふうになっているわけでありまして、どんなふうに変わったかというのはもう皆さん御案内のとおりでありますけれども、私は、制度、事業運営面では二点かなと。  その一つは、やはり、国の会計制度から、企業会計原則を取り入れたというのが一点……

第156回国会 総務委員会 第13号(2003/05/08、42期、自由民主党)【議会役職】

○林(幹)委員長代理 次に、中村哲治君。


43期(2003/11/09〜)

第159回国会 国土交通委員会 第1号(2004/02/18、43期、自由民主党)【政府役職】

○林副大臣 同じく副大臣の林幹雄でございます。  主に災害対策関係、国土関係、社会資本整備関係及び新東京国際空港関係施策を担当しております。  委員長初め理事、そして委員の皆さん方の御指導、御鞭撻をよろしくお願いいたします。(拍手)

第159回国会 国土交通委員会 第3号(2004/03/12、43期、自由民主党)【政府役職】

○林副大臣 岩崎先生の御指摘がありましたけれども、今般の改正では、計画の策定主体を国から鹿児島県または東京都としておるところであります。これは、両地域の優位性を伸ばすと同時に、地元の発意と創意工夫を生かす、そしてその自立的発展のために必要な事業を実施していく、計画策定の制度を整えるものでございます。  改正したら弱まるのではないかという御指摘でありますけれども、国は、基本方針の策定、計画の同意、補助率のかさ上げ等の支援措置の継続等によって、両地域の振興開発に責任を負うものでございまして、国の責任が後退するということはございません。計画の実効性も変わらず確保されるものでありますので、御理解をいた……

第159回国会 国土交通委員会 第6号(2004/03/19、43期、自由民主党)【政府役職】

○林副大臣 都市再生の取り組みの中で地方都市の再生にどのように取り組むかということでございます。  現在の都市再生特別措置法は、知ってのとおり、民間の都市開発事業のポテンシャルの高い大都市における都市再生の推進に対して、特に有効なものと考えております。  一方、地方の中小都市には、中心市街地活性化などいろいろな問題を抱えておりますけれども、そういったものを地域の実情を熟知した市町村が創意工夫をして、責任を持って全国都市再生を進めていくことが必要であるというふうに思っておりまして、今後は、まちづくりに意欲的に取り組む市町村を支援していくことが重要だろうというふうに考えております。

第159回国会 国土交通委員会 第9号(2004/04/02、43期、自由民主党)【政府役職】

○林副大臣 九三四二の整備区間に関しましての先生の御指摘はごもっともでございまして、今般の改革におきましては、まず九三四二ありきということではございませんで、九三四二の整備計画を前提とするということでなくて、残りの未供用の二千キロに関しましては、費用対効果あるいは採算性そしてその他の外部効果からの評価基準、いわゆる中村基準に基づきまして、厳格かつ客観的な事業評価を行ったところでございます。  結果、すべての区間でBバイCが一を上回るという効果が得られたわけでありまして、整備の必要性が確認されたところでございます。  ただし、五区間百四十三キロにつきましては抜本的見直し区間ということにしたわけで……

第159回国会 国土交通委員会 第11号(2004/04/07、43期、自由民主党)【政府役職】

○林副大臣 葉梨先生の御指摘と一致すると思いますけれども、高速道路は全国的な自動車交通網のかなめでありまして、社会資本でございます。生活や産業を支える、最も基本的な公共財だというふうに認識をしているところでございます。  大臣からも何遍も答弁しておりますけれども、今後の高速道路の整備に当たりましては、残りの供用約二千キロについてでありますけれども、ここは、採算性あるいは費用対効果そして外部効果から成る評価、いわゆる中村基準に基づいて、厳格かつ客観的に評価を行ってきたところでございます。  その際でありますけれども、採算性そしてBバイC以外に、外部効果、例えば、高度な医療施設に短時間で搬送できる……

第159回国会 国土交通委員会 第12号(2004/04/09、43期、自由民主党)【政府役職】

○林副大臣 松野委員御指摘のように、道路は、自由通行そして無料が原則でありまして、しかも極めて公共性が高いものでありますし、私有になじまない国民の共通財産でございます。  有料道路は、御承知のように、受益者負担で早期に整備するための特別措置でございまして、債務返済後は、これを本来の道路管理者に帰属させ、無料化する必要があるわけでございます。  そのために、このたびの法律では、機構法第三十一条では、機構は民営化後四十五年以内に債務の返済を完了させるとしておりますし、二点目として、道路整備特別措置法第二十三条では、料金の徴収期間は四十五年を超えてはならない。そしてまた三点目として、道路整備特別措置……

第159回国会 国土交通委員会 第14号(2004/04/14、43期、自由民主党)【政府役職】

○林副大臣 櫻田委員の私見は理解できるところもありますけれども、知ってのように、いわば道路は国民共有の財産でありまして、極めて公共性が高いわけでございますし、原則、通行自由でただということでありまして、有料道路制度というのは、厳しい財政事情のもとで、早く道路を建設しよう、早く道路を整備しようということから特別措置として導入したものでございまして、借金というか債務が返済されれば、もうそこは無料開放というのが前提だろうというふうに思います。  御指摘の、一般有料道路あるいは本四道路について今行われておるというか実施しております維持管理有料制度についても廃止するということにしたわけでございます。  ……

第159回国会 国土交通委員会 第16号(2004/04/21、43期、自由民主党)【政府役職】

○林副大臣 私も、手元にございませんが、全くないものと記憶しています。

第159回国会 国土交通委員会 第17号(2004/04/23、43期、自由民主党)【政府役職】

○林副大臣 銚子のぬれ煎というのは有名でありまして、銚電が青息吐息のときにぬれ煎を大々的に販売いたしまして、今、本業の電鉄の赤字分をぬれ煎の販売で補っているというのは事実でございます。しかし、昔から銚電で親しまれておりまして、今でもやはり社名は銚子電鉄株式会社で進めておるのが実態でございます。

第159回国会 国土交通委員会 第20号(2004/05/12、43期、自由民主党)【政府役職】

○林副大臣 電線、電柱につきましては景観を阻害する大変大きな要因でありまして、無電柱化は、良好な景観をつくる上では極めて重要であるというふうに私も認識しているところでございます。  岩永先生御指摘にありましたように、我が国の市街地の幹線道路においてはまだ無電柱化は九%ということで、欧米諸国に比べて極めて大きく立ちおくれているところでございます。  御指摘の無電柱化推進計画、この四月に新たに立ち上げたわけでありますけれども、今後五年間で約二倍の一七%まで持っていこうということでスタートしたところでございます。と同時に、歴史的町並みを保全すべき地区などにおいても面的に無電柱化を実施するということに……


44期(2005/09/11〜)

第163回国会 国土交通委員会 第1号(2005/10/07、44期、自由民主党)【議会役職】

○林委員長 これより会議を開きます。  この際、一言ごあいさつを申し上げます。  このたび、国土交通委員長を拝命いたしました林幹雄でございます。  今日、社会経済情勢の変革が進む中、災害に強い国土政策、そして安全な交通行政の確保など、真に豊かでゆとりのある国民生活の実現のため、国土交通行政の抱える諸問題に取り組むことはまことに重要でございまして、本委員会に課せられた使命は非常に大きなものでございます。  委員長に就任するに当たりまして、その職責の重さを痛感するとともに、公平かつ円満な委員会運営に努めてまいる所存でございます。  委員各位の御指導、御協力を賜りますよう何とぞよろしくお願いを申し上……

第163回国会 国土交通委員会 第2号(2005/10/14、44期、自由民主党)【議会役職】

○林委員長 これより会議を開きます。  国土交通行政の基本施策に関する件について調査を進めます。  この際、お諮りいたします。  本件調査のため、本日、政府参考人として国土交通省大臣官房総合観光政策審議官柴田耕介君、総合政策局長竹歳誠君、都市・地域整備局長柴田高博君、河川局長渡辺和足君、道路局長谷口博昭君、住宅局長山本繁太郎君、鉄道局長梅田春実君、港湾局長鬼頭平三君、航空局長岩崎貞二君、政策統括官杉山篤史君及び海上保安庁長官石川裕己君の出席を求め、説明を聴取いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。

第163回国会 国土交通委員会 第3号(2005/10/18、44期、自由民主党)【議会役職】

○林委員長 これより会議を開きます。  国土交通行政の基本施策に関する件について調査を進めます。  この際、お諮りいたします。  本件調査のため、本日、政府参考人として国土交通省大臣官房長春田謙君、大臣官房官庁営繕部長奥田修一君、総合政策局長竹歳誠君、都市・地域整備局長柴田高博君、河川局長渡辺和足君、道路局長谷口博昭君、住宅局長山本繁太郎君、鉄道局長梅田春実君、自動車交通局長宿利正史君、海事局長星野茂夫君、政策統括官杉山篤史君、航空・鉄道事故調査委員会事務局長福本秀爾君、警察庁刑事局組織犯罪対策部長米田壯君、法務省刑事局長大林宏君及び外務省大臣官房審議官佐藤悟君の出席を求め、説明を聴取いたした……

第163回国会 国土交通委員会 第4号(2005/10/21、44期、自由民主党)【議会役職】

○林委員長 これより会議を開きます。  参考人出頭要求に関する件についてお諮りいたします。  国土交通行政の基本施策に関する件調査のため、来る二十六日水曜日午前九時、参考人として東日本高速道路株式会社専務取締役村上喜堂君、中日本高速道路株式会社専務取締役山本正明君及び西日本高速道路株式会社専務取締役山本正堯君の出席を求め、意見を聴取いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。  次回は、来る二十六日水曜日午前八時五十分理事会、午前九時委員会を開会することとし、本日は、これにて散会いたします。     午後一時三十二分散会

第163回国会 国土交通委員会 第5号(2005/10/26、44期、自由民主党)【議会役職】

○林委員長 これより会議を開きます。  国土交通行政の基本施策に関する件について調査を進めます。  この際、お諮りいたします。  本件調査のため、本日、政府参考人として国土交通省大臣官房官庁営繕部長奥田修一君、総合政策局長竹歳誠君、道路局長谷口博昭君、住宅局長山本繁太郎君、航空局長岩崎貞二君、内閣官房内閣参事官宮野甚一君、公正取引委員会事務総局審査局長松山隆英君、厚生労働省労働基準局労災補償部長森山寛君、経済産業省製造産業局次長塚本修君及び環境省水・大気環境局長竹本和彦君の出席を求め、説明を聴取いたしたいと存じますが、御異議ございませんか。

第163回国会 国土交通委員会 第6号(2005/11/01、44期、自由民主党)【議会役職】

○林委員長 これより会議を開きます。  この際、御報告いたします。  今国会、本委員会に付託になりました請願は一件であります。本請願の取り扱いにつきましては、理事会において慎重に検討いたしましたが、委員会での採否の決定は保留することになりましたので、御了承願います。  なお、本委員会に参考送付されました陳情書は、お手元に配付いたしましたとおり、四国の高速道路ネットワークの早期実現に関する陳情書外七件であります。  また、本委員会に参考送付されました地方自治法第九十九条の規定に基づく意見書は、近畿自動車道名古屋神戸線(第二名神高速道路)の全線早期完成に関する意見書外三百六十件であります。  念の……

第163回国会 国土交通委員会 第7号(2005/11/29、44期、自由民主党)【議会役職】

○林委員長 これより会議を開きます。  理事の補欠選任についてお諮りいたします。  委員の異動に伴い、現在理事が三名欠員となっております。その補欠選任につきましては、先例により、委員長において指名するに御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。  それでは、理事に       中野 正志君   吉田六左エ門君    及び 高木 陽介君 を指名いたします。
【次の発言】 国土交通行政の基本施策に関する件、特に建築物の構造計算書偽装問題について調査を進めます。  本日は、参考人として、木村建設株式会社代表取締役木村盛好君、木村建設株式会社東京支店専務取……

第163回国会 国土交通委員会 第8号(2005/11/30、44期、自由民主党)【議会役職】

○林委員長 これより会議を開きます。  この際、新たに就任されました国土交通副大臣及び国土交通大臣政務官から、それぞれ発言を求められておりますので、順次これを許します。国土交通副大臣松村龍二君。
【次の発言】 国土交通大臣政務官後藤茂之君。
【次の発言】 国土交通大臣政務官吉田博美君。
【次の発言】 国土交通行政の基本施策に関する件、特に建築物の構造計算書偽装問題について調査を進めます。  昨二十九日、国土交通委員会においては、建築物の構造計算書偽装問題の実情調査のため、千葉県船橋市内の民間分譲マンション、セントレジアス船橋及び東京都中央区内のホテル、京王プレッソイン茅場町を視察してまいりまし……

第163回国会 国土交通委員会 第9号(2005/12/07、44期、自由民主党)【議会役職】

○林委員長 これより会議を開きます。  国土交通行政の基本施策に関する件、特に建築物の構造計算書偽装問題について調査を進めます。  本日は、参考人として、日本ERI株式会社代表取締役社長鈴木崇英君、イーホームズ株式会社代表取締役藤田東吾君及び有限会社アトラス設計代表取締役渡辺朋幸君、以上三名の方々に御出席いただいております。  なお、本日、参考人として出席をお願いしておりました一級建築士姉歯秀次君及び株式会社総合経営研究所代表取締役所長内河健君から、それぞれ体調不良により出席できないとの申し出がありました。特に、姉歯秀次君につきましては、二度目の御欠席となり、極めて残念でありますが、御了承願い……

第163回国会 国土交通委員会 第10号(2005/12/09、44期、自由民主党)【議会役職】

○林委員長 これより会議を開きます。  証人出頭要求に関する件についてお諮りいたします。  国土交通行政の基本施策に関する件の調査に関し、建築物の構造計算書偽装問題について、来る十二月十四日水曜日午前九時三十分に姉歯秀次君、同日午後一時に木村盛好君及び篠塚明君、同日午後三時三十分に内河健君、以上四名を証人として本委員会に出頭を求めたいと存じますが、御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。  衆議院規則第五十三条の規定により、その手続をとることといたします。  次回は、来る十四日水曜日午前九時理事会、午前九時三十分委員会を開会することとし、本日は、……

第163回国会 国土交通委員会 第11号(2005/12/14、44期、自由民主党)【議会役職】

○林委員長 これより会議を開きます。  国土交通行政の基本施策に関する件の調査に関し、建築物の構造計算書偽装問題について、姉歯秀次君より証言を求めることといたします。  この際、証言を求める前に証人に申し上げておきます。  昭和二十二年法律第二百二十五号、議院における証人の宣誓及び証言等に関する法律によって、証人に証言を求める場合には、その前に宣誓をさせなければならないことになっております。  宣誓または証言を拒むことのできるのは、まず、証人、証人の配偶者、三親等内の血族もしくは二親等内の姻族または証人とこれらの親族関係があった者及び証人の後見人、後見監督人または保佐人並びに証人を後見人、後見……

第163回国会 国土交通委員会 第12号(2005/12/21、44期、自由民主党)【議会役職】

○林委員長 これより会議を開きます。  国土交通行政の基本施策に関する件、特に建築物の構造計算書偽装問題について調査を進めます。  この際、お諮りいたします。  本件調査のため、本日、政府参考人として国土交通省総合政策局長竹歳誠君、住宅局長山本繁太郎君、内閣府国民生活局長田口義明君、金融庁監督局長佐藤隆文君及び法務省刑事局長大林宏君の出席を求め、説明を聴取いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
【次の発言】 質疑の申し出がありますので、順次これを許します。松本文明君。

第163回国会 国土交通委員会 第13号(2006/01/12、44期、自由民主党)【議会役職】

○林委員長 これより会議を開きます。  証人出頭要求に関する件についてお諮りいたします。  国土交通行政の基本施策に関する件の調査に関し、建築物の構造計算書偽装問題について、来る一月十七日火曜日午後一時四十五分に小嶋進君を証人として本委員会に出頭を求めたいと存じますが、御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。  衆議院規則第五十三条の規定により、その手続をとることといたします。  次回は、来る十七日火曜日午後一時三十分理事会、午後一時四十五分委員会を開会することとし、本日は、これにて散会いたします。     午前十一時五十四分散会

第163回国会 国土交通委員会 第14号(2006/01/17、44期、自由民主党)【議会役職】

○林委員長 これより会議を開きます。  本日は、阪神・淡路大震災の日でありますので、黙祷をいたしたいと存じます。  全員御起立ください。――黙祷始め。
【次の発言】 黙祷を終わります。御着席ください。
【次の発言】 国土交通行政の基本施策に関する件の調査に関し、建築物の構造計算書偽装問題について、小嶋進君より証言を求めることといたします。  この際、証言を求める前に証人に申し上げておきます。  昭和二十二年法律第二百二十五号、議院における証人の宣誓及び証言等に関する法律によって、証人に証言を求める場合には、その前に宣誓をさせなければならないことになっております。  宣誓または証言を拒むことので……

第163回国会 国土交通委員会 第15号(2006/01/19、44期、自由民主党)【議会役職】

○林委員長 これより会議を開きます。  この際、去る十七日の小嶋進証人喚問について、理事会の協議により、委員長から申し上げます。  理事会といたしましては、証言録を精査の上、小嶋証人の再喚問、告発も視野に入れ、また、補佐人に関する問題、尋問中に要求した資料の提出等について積極的に対処していくことを確認いたしましたので、御報告いたします。
【次の発言】 この際、衛藤征士郎君より発言を求められておりますので、これを許します。衛藤征士郎君。
【次の発言】 国土交通行政の基本施策に関する件、特に建築物の構造計算書偽装問題について調査を進めます。  本日は、参考人として、株式会社総合経営研究所取締役・チ……

第164回国会 国土交通委員会 第1号(2006/02/17、44期、自由民主党)【議会役職】

○林委員長 これより会議を開きます。  国政調査承認要求に関する件についてお諮りいたします。  国土交通行政の基本施策に関する事項  国土計画、土地及び水資源に関する事項  都市計画、建築及び地域整備に関する事項  河川、道路、港湾及び住宅に関する事項  陸運、海運、航空及び観光に関する事項  北海道開発に関する事項  気象及び海上保安に関する事項 以上の各事項について、本会期中国政に関する調査を進めたいと存じます。  つきましては、衆議院規則第九十四条により、議長の承認を求めたいと存じますが、御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。

第164回国会 国土交通委員会 第2号(2006/02/24、44期、自由民主党)【議会役職】

○林委員長 これより会議を開きます。  国土交通行政の基本施策に関する件について調査を進めます。  この際、お諮りいたします。  本件調査のため、本日、参考人として東日本高速道路株式会社代表取締役会長八木重二郎君、東日本高速道路株式会社代表取締役社長井上啓一君、中日本高速道路株式会社代表取締役会長近藤剛君、西日本高速道路株式会社代表取締役会長石田孝君、成田国際空港株式会社代表取締役社長黒野匡彦君及び独立行政法人都市再生機構理事長小野邦久君の出席を求め、意見を聴取いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。  引き続き、お諮りい……

第164回国会 国土交通委員会 第3号(2006/03/01、44期、自由民主党)【議会役職】

○林委員長 これより会議を開きます。  内閣提出、運輸の安全性の向上のための鉄道事業法等の一部を改正する法律案を議題といたします。  趣旨の説明を聴取いたします。国土交通大臣北側一雄君。
【次の発言】 これにて趣旨の説明は終わりました。
【次の発言】 この際、参考人出頭要求に関する件についてお諮りいたします。  本案審査のため、来る八日水曜日、参考人の出席を求め、意見を聴取することとし、その人選等につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。  次回は、来る八日水曜日午前八時五十分理事会、午前九時委員……

第164回国会 国土交通委員会 第4号(2006/03/08、44期、自由民主党)【議会役職】

○林委員長 これより会議を開きます。  内閣提出、運輸の安全性の向上のための鉄道事業法等の一部を改正する法律案を議題といたします。  この際、お諮りいたします。  本案審査のため、本日、政府参考人として国土交通省都市・地域整備局長柴田高博君、道路局長谷口博昭君、鉄道局長梅田春実君、航空・鉄道事故調査委員会事務局長福本秀爾君、警察庁刑事局長縄田修君、警察庁交通局長矢代隆義君及び法務省刑事局長大林宏君の出席を求め、説明を聴取いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
【次の発言】 これより質疑に入ります。  午前は、特に踏切安全……

第164回国会 国土交通委員会 第5号(2006/03/10、44期、自由民主党)【議会役職】

○林委員長 これより会議を開きます。  内閣提出、運輸の安全性の向上のための鉄道事業法等の一部を改正する法律案を議題といたします。  この際、お諮りいたします。  本案審査のため、本日、政府参考人として国土交通省大臣官房長春田謙君、総合政策局長竹歳誠君、鉄道局長梅田春実君、自動車交通局長宿利正史君、海事局長星野茂夫君、航空局長岩崎貞二君、政策統括官杉山篤史君、航空・鉄道事故調査委員会事務局長福本秀爾君、高等海難審判庁長官上野延之君、法務省大臣官房審議官三浦守君、文部科学省科学技術・学術政策局次長下村和生君、厚生労働省大臣官房審議官松井一實君及び厚生労働省労働基準局安全衛生部長小野晃君の出席を求……

第164回国会 国土交通委員会 第6号(2006/03/14、44期、自由民主党)【議会役職】

○林委員長 これより会議を開きます。  この際、理事の補欠選任についてお諮りいたします。  委員の異動に伴い、現在理事が一名欠員となっております。その補欠選任につきましては、先例により、委員長において指名するに御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。  それでは、理事に吉田六左エ門君を指名いたします。
【次の発言】 内閣提出、独立行政法人に係る改革を推進するための国土交通省関係法律の整備に関する法律案を議題といたします。  この際、お諮りいたします。  本案審査のため、本日、政府参考人として国土交通省大臣官房長春田謙君、都市・地域整備局長柴田高博……

第164回国会 国土交通委員会 第7号(2006/03/17、44期、自由民主党)【議会役職】

○林委員長 これより会議を開きます。  この際、理事の補欠選任についてお諮りいたします。  委員の異動に伴い、現在理事が一名欠員となっております。その補欠選任につきましては、先例により、委員長において指名するに御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。  それでは、理事に望月義夫君を指名いたします。
【次の発言】 国土交通行政の基本施策に関する件について調査を進めます。  この際、お諮りいたします。  本件調査のため、本日、政府参考人として国土交通省大臣官房官庁営繕部長奥田修一君、総合政策局長竹歳誠君、河川局長渡辺和足君、道路局長谷口博昭君、住宅局……

第164回国会 国土交通委員会 第8号(2006/03/29、44期、自由民主党)【議会役職】

○林委員長 これより会議を開きます。  国土交通行政の基本施策に関する件について調査を進めます。  この際、お諮りいたします。  本件調査のため、本日、政府参考人として国土交通省都市・地域整備局長柴田高博君、河川局長渡辺和足君、鉄道局長梅田春実君、自動車交通局長宿利正史君及び航空局長岩崎貞二君の出席を求め、説明を聴取いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
【次の発言】 質疑の申し出がありますので、順次これを許します。土肥隆一君。
【次の発言】 鉢呂吉雄君。
【次の発言】 理事会にて協議いたします。

第164回国会 国土交通委員会 第9号(2006/03/31、44期、自由民主党)【議会役職】

○林委員長 これより会議を開きます。  内閣提出、都市の秩序ある整備を図るための都市計画法等の一部を改正する法律案を議題といたします。  この際、お諮りいたします。  本案審査のため、本日、政府参考人として国土交通省総合政策局長竹歳誠君、土地・水資源局長阿部健君、都市・地域整備局長柴田高博君、住宅局長山本繁太郎君、鉄道局長梅田春実君、総務省大臣官房総括審議官荒木慶司君、総務省行政評価局長福井良次君、厚生労働省社会・援護局長中村秀一君及び経済産業省大臣官房商務流通審議官迎陽一君の出席を求め、説明を聴取いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。

第164回国会 国土交通委員会 第10号(2006/04/04、44期、自由民主党)【議会役職】

○林委員長 これより会議を開きます。  内閣提出、都市の秩序ある整備を図るための都市計画法等の一部を改正する法律案を議題といたします。  本日は、本案審査のため、参考人として、横浜国立大学大学院工学研究院教授小林重敬君、大阪市立大学大学院創造都市研究科教授矢作弘君、青森市長佐々木誠造君及び富山市長森雅志君、以上四名の方々に御出席をいただいております。  この際、参考人の方々に一言ごあいさつを申し上げます。  本日は、御多用のところ本委員会に御出席をいただきまして、まことにありがとうございます。本案につきまして、それぞれのお立場から忌憚のない御意見をお述べいただきたいと存じます。よろしくお願いい……

第164回国会 国土交通委員会 第11号(2006/04/05、44期、自由民主党)【議会役職】

○林委員長 これより会議を開きます。  内閣提出、都市の秩序ある整備を図るための都市計画法等の一部を改正する法律案を議題といたします。  この際、お諮りいたします。  本案審査のため、本日、政府参考人として国土交通省土地・水資源局長阿部健君、都市・地域整備局長柴田高博君、道路局長谷口博昭君、住宅局長山本繁太郎君、厚生労働省大臣官房政策評価審議官村木厚子君、農林水産省農村振興局企画部長宮本敏久君、経済産業省大臣官房商務流通審議官迎陽一君及び中小企業庁経営支援部長古賀茂明君の出席を求め、説明を聴取いたしたいと存じますが、御異議ございませんか。

第164回国会 国土交通委員会 第12号(2006/04/11、44期、自由民主党)【議会役職】

○林委員長 これより会議を開きます。  内閣提出、都市の秩序ある整備を図るための都市計画法等の一部を改正する法律案を議題といたします。  本案に対する質疑は、去る五日に終了いたしております。  この際、本案に対し、穀田恵二君外一名から、日本共産党及び社会民主党・市民連合の二派共同提案による修正案が提出されております。  提出者より趣旨の説明を求めます。穀田恵二君。
【次の発言】 これにて趣旨の説明は終わりました。
【次の発言】 これより原案及び修正案を一括して討論に入るのでありますが、討論の申し出がありませんので、直ちに採決に入ります。  都市の秩序ある整備を図るための都市計画法等の一部を改正……

第164回国会 国土交通委員会 第13号(2006/04/14、44期、自由民主党)【議会役職】

○林委員長 これより会議を開きます。  内閣提出、道路運送法等の一部を改正する法律案を議題といたします。  この際、お諮りいたします。  本案審査のため、本日、参考人として全国自動車交通労働組合連合会書記長待鳥康博君の出席を求め、意見を聴取いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
【次の発言】 これより質疑に入ります。  本日は、本案審査のため、参考人として、一橋大学大学院商学研究科長・商学部長山内弘隆君、財団法人全国福祉輸送サービス協会会長関淳一君、NPO法人市民福祉団体全国協議会専務理事田中尚輝君及び全国自動車交通労働……

第164回国会 国土交通委員会 第14号(2006/04/18、44期、自由民主党)【議会役職】

○林委員長 これより会議を開きます。  国土交通行政の基本施策に関する件について調査を進めます。  この際、お諮りいたします。  本件調査のため、本日、政府参考人として国土交通省大臣官房技術審議官中島威夫君、河川局長渡辺和足君、道路局長谷口博昭君、公正取引委員会事務総長上杉秋則君、公正取引委員会事務総局経済取引局長伊東章二君、環境省大臣官房審議官坪香伸君及び環境省大臣官房廃棄物・リサイクル対策部長由田秀人君の出席を求め、説明を聴取いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。

第164回国会 国土交通委員会 第15号(2006/04/21、44期、自由民主党)【議会役職】

○林委員長 これより会議を開きます。  内閣提出、住生活基本法案を議題といたします。  本日は、本案審査のため、参考人として、国際基督教大学教養学部国際関係学科教授八田達夫君及び前法政大学大学院人間社会研究科教授本間義人君、以上二名の方々に御出席をいただいております。  この際、参考人の方々に一言ごあいさつを申し上げます。  本日は、御多用のところ本委員会に御出席をいただきまして、まことにありがとうございます。本案につきまして、それぞれのお立場から忌憚のない御意見をお述べいただきたいと存じます。よろしくお願いをいたします。  次に、議事の順序について申し上げます。  まず、八田参考人、本間参考……

第164回国会 国土交通委員会 第16号(2006/04/28、44期、自由民主党)【議会役職】

○林委員長 これより会議を開きます。  内閣提出、住生活基本法案を議題といたします。  この際、お諮りいたします。  本案審査のため、本日、政府参考人として国土交通省土地・水資源局長阿部健君、住宅局長山本繁太郎君、防衛庁防衛局長大古和雄君、総務省大臣官房審議官岡本保君、厚生労働省大臣官房審議官御園慎一郎君、厚生労働省職業安定局次長高橋満君及び厚生労働省社会・援護局長中村秀一君の出席を求め、説明を聴取いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。  引き続き、お諮りいたします。  本案審査のため、本日、参考人として独立行政法人都市……

第164回国会 国土交通委員会 第17号(2006/05/09、44期、自由民主党)【議会役職】

○林委員長 これより会議を開きます。  国土交通行政の基本施策に関する件について調査を進めます。  この際、お諮りいたします。  本件調査のため、本日、政府参考人として国土交通省大臣官房総合観光政策審議官柴田耕介君、総合政策局長竹歳誠君、土地・水資源局長阿部健君、道路局長谷口博昭君、住宅局長山本繁太郎君及び鉄道局長梅田春実君の出席を求め、説明を聴取いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
【次の発言】 質疑の申し出がありますので、順次これを許します。長妻昭君。
【次の発言】 小宮山泰子さん。

第164回国会 国土交通委員会 第18号(2006/05/10、44期、自由民主党)【議会役職】

○林委員長 これより会議を開きます。  内閣提出、参議院送付、海上物流の基盤強化のための港湾法等の一部を改正する法律案を議題といたします。  この際、お諮りいたします。  本案審査のため、本日、政府参考人として国土交通省総合政策局長竹歳誠君、鉄道局長梅田春実君、海事局長星野茂夫君、港湾局長鬼頭平三君、政策統括官杉山篤史君、財務省大臣官房審議官青山幸恭君及び厚生労働省職業安定局次長高橋満君の出席を求め、説明を聴取いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
【次の発言】 これより質疑に入ります。  質疑の申し出がありますので、順……

第164回国会 国土交通委員会 第19号(2006/05/12、44期、自由民主党)【議会役職】

○林委員長 これより会議を開きます。  内閣提出、建築物の安全性の確保を図るための建築基準法等の一部を改正する法律案及び長妻昭君外四名提出、居住者・利用者等の立場に立った建築物の安全性の確保等を図るための建築基準法等の一部を改正する法律案の両案を一括して議題といたします。  この際、お諮りいたします。  両案審査のため、本日、政府参考人として国土交通省都市・地域整備局下水道部長江藤隆君、住宅局長山本繁太郎君及び法務省大臣官房審議官三浦守君の出席を求め、説明を聴取いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。

第164回国会 国土交通委員会 第20号(2006/05/16、44期、自由民主党)【議会役職】

○林委員長 これより会議を開きます。  内閣提出、建築物の安全性の確保を図るための建築基準法等の一部を改正する法律案及び長妻昭君外四名提出、居住者・利用者等の立場に立った建築物の安全性の確保等を図るための建築基準法等の一部を改正する法律案の両案を一括して議題といたします。  本日は、両案審査のため、午前の参考人として、東京大学大学院工学系研究科教授久保哲夫君、社団法人日本建築士会連合会会長宮本忠長君、社団法人日本建築家協会会長小倉善明君及び弁護士日置雅晴君、以上四名の方々に御出席をいただいております。  この際、参考人の方々に一言ごあいさつを申し上げます。  本日は、御多用のところ本委員会に御……

第164回国会 国土交通委員会 第21号(2006/05/17、44期、自由民主党)【議会役職】

○林委員長 これより会議を開きます。  内閣提出、建築物の安全性の確保を図るための建築基準法等の一部を改正する法律案及び長妻昭君外四名提出、居住者・利用者等の立場に立った建築物の安全性の確保等を図るための建築基準法等の一部を改正する法律案の両案を一括して議題といたします。  この際、お諮りいたします。  両案審査のため、本日、政府参考人として国土交通省総合政策局長竹歳誠君、住宅局長山本繁太郎君、内閣府政策統括官榊正剛君、金融庁総務企画局参事官山崎穰一君及び法務省大臣官房審議官深山卓也君の出席を求め、説明を聴取いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。

第164回国会 国土交通委員会 第22号(2006/05/23、44期、自由民主党)【議会役職】

○林委員長 これより会議を開きます。  内閣提出、建築物の安全性の確保を図るための建築基準法等の一部を改正する法律案及び長妻昭君外四名提出、居住者・利用者等の立場に立った建築物の安全性の確保等を図るための建築基準法等の一部を改正する法律案の両案を一括して議題といたします。  この際、お諮りいたします。  両案審査のため、本日、政府参考人として国土交通省総合政策局長竹歳誠君、住宅局長山本繁太郎君、消防庁次長大石利雄君、厚生労働省大臣官房審議官御園慎一郎君及び厚生労働省社会・援護局長中村秀一君の出席を求め、説明を聴取いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。

第164回国会 国土交通委員会 第23号(2006/05/24、44期、自由民主党)【議会役職】

○林委員長 これより会議を開きます。  内閣提出、建築物の安全性の確保を図るための建築基準法等の一部を改正する法律案及び長妻昭君外四名提出、居住者・利用者等の立場に立った建築物の安全性の確保等を図るための建築基準法等の一部を改正する法律案の両案を一括して議題といたします。  この際、お諮りいたします。  両案審査のため、本日、政府参考人として国土交通省総合政策局長竹歳誠君、住宅局長山本繁太郎君及び法務省民事局長寺田逸郎君の出席を求め、説明を聴取いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。

第164回国会 国土交通委員会 第24号(2006/05/31、44期、自由民主党)【議会役職】

○林委員長 これより会議を開きます。  内閣提出、参議院送付、海洋汚染等及び海上災害の防止に関する法律の一部を改正する法律案を議題といたします。  趣旨の説明を聴取いたします。国土交通大臣北側一雄君。
【次の発言】 これにて趣旨の説明は終わりました。  次回は、公報をもってお知らせすることとし、本日は、これにて散会いたします。     午前九時三十八分散会

第164回国会 国土交通委員会 第25号(2006/06/07、44期、自由民主党)【議会役職】

○林委員長 これより会議を開きます。  この際、理事の補欠選任についてお諮りいたします。  委員の異動に伴い、現在理事が一名欠員となっております。その補欠選任につきましては、先例により、委員長において指名するに御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。  それでは、理事に吉田六左エ門君を指名いたします。
【次の発言】 内閣提出、参議院送付、海洋汚染等及び海上災害の防止に関する法律の一部を改正する法律案を議題といたします。  この際、お諮りいたします。  本案審査のため、本日、政府参考人として国土交通省総合政策局長竹歳誠君、住宅局長山本繁太郎君、海事……

第164回国会 国土交通委員会 第26号(2006/06/09、44期、自由民主党)【議会役職】

○林委員長 これより会議を開きます。  内閣提出、参議院送付、高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律案を議題といたします。  この際、お諮りいたします。  本案審査のため、本日、政府参考人として国土交通省総合政策局長竹歳誠君、道路局長谷口博昭君、住宅局長山本繁太郎君、鉄道局長梅田春実君、自動車交通局長宿利正史君、警察庁交通局長矢代隆義君、総務省大臣官房審議官清水治君、総務省行政評価局長福井良次君、法務省人権擁護局長小西秀宣君、文部科学省大臣官房審議官布村幸彦君、文部科学省大臣官房文教施設企画部技術参事官舌津一良君、厚生労働省社会・援護局長中村秀一君及び経済産業省大臣官房審議官松本隆……

第164回国会 国土交通委員会 第27号(2006/06/13、44期、自由民主党)【議会役職】

○林委員長 これより会議を開きます。  内閣提出、参議院送付、高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律案を議題といたします。  本日は、本案審査のため、参考人として、首都大学東京大学院都市環境科学研究科教授秋山哲男君、社会福祉法人日本身体障害者団体連合会会長小川榮一君、視覚障害者労働問題協議会会員上薗和隆君及び一級建築士事務所アクセスプロジェクト代表川内美彦君、以上四名の方々に御出席をいただいております。  この際、参考人の方々に一言ごあいさつを申し上げます。  本日は、御多用のところ本委員会に御出席をいただきまして、まことにありがとうございます。本案につきまして、それぞれのお立場か……

第164回国会 国土交通委員会 第28号(2006/06/14、44期、自由民主党)【議会役職】

○林委員長 これより会議を開きます。  内閣提出、参議院送付、高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律案を議題といたします。  この際、お諮りいたします。  本案審査のため、本日、政府参考人として国土交通省大臣官房官庁営繕部長奥田修一君、総合政策局長竹歳誠君、道路局長谷口博昭君、住宅局長山本繁太郎君、鉄道局長梅田春実君、自動車交通局長宿利正史君、警察庁交通局長矢代隆義君、外務省大臣官房参事官辻優君、文部科学省大臣官房審議官山中伸一君、文部科学省大臣官房文教施設企画部技術参事官舌津一良君及び厚生労働省社会・援護局長中村秀一君の出席を求め、説明を聴取いたしたいと存じますが、御異議ありませ……

第164回国会 国土交通委員会 第29号(2006/06/16、44期、自由民主党)【議会役職】

○林委員長 これより会議を開きます。  この際、御報告いたします。  今国会、本委員会に付託になりました請願は百五十六件であります。各請願の取り扱いにつきましては、理事会において慎重に検討いたしましたが、委員会での採否の決定は保留することになりましたので、御了承願います。  なお、本委員会に参考送付されました陳情書は、お手元に配付いたしましたとおり、虚偽の構造計算書作成問題等に関する陳情書外四十二件であります。  また、本委員会に参考送付されました地方自治法第九十九条の規定に基づく意見書は、悪質リフォームに関する総合的な対策を求める意見書外五百八十五件であります。  念のため御報告いたします。……

第164回国会 国土交通委員会 第30号(2006/06/21、44期、自由民主党)【議会役職】

○林委員長 これより会議を開きます。  この際、御報告いたします。  昨二十日、平成十七年十二月十四日の本委員会における姉歯秀次証人の証言に関して、警察庁竹花生活安全局長から、秘密理事会において、捜査状況等の説明を聴取し、また、その後の理事会において、国土交通省山本住宅局長から調査結果の説明を聴取いたしました。  理事会での協議の結果、本委員会における同証人の証言中、最初に建築物の構造計算書の偽装を行ったのは一九九八年ごろの「グランドステージ池上」であった旨及びきっかけになったのは木村建設の篠塚東京支店長から鉄筋を減らすよう相当プレッシャーをかけられたことである旨述べておりますが、これらの証言……

第165回国会 総務委員会 第7号(2006/11/28、44期、自由民主党)

○林(幹)委員 静岡県に派遣された委員を代表いたしまして、私からその概要を御報告申し上げます。  派遣委員は、理事岡本芳郎君、寺田学君、谷口隆義君、委員片山さつき君、実川幸夫君、萩生田光一君、萩原誠司君、逢坂誠二君、重野安正君及び私、林幹雄の十名であります。  会議は、去る十五日午後一時より浜松市内のオークラアクトシティホテル浜松において開催し、意見陳述者の方々から、現在本委員会で審査中の本法案について意見を聴取した後、これに対して各委員より質疑が行われました。  意見陳述者は、静岡県知事石川嘉延君、浜松市長北脇保之君、函南町長芹澤伸行君及び浜松商工会議所会頭中山正邦君の四名でありました。  ……

第169回国会 災害対策特別委員会 第8号(2008/09/11、44期、自由民主党)【政府役職】

○林(幹)国務大臣 このたび防災担当大臣に就任いたしました林幹雄でございます。どうぞよろしくお願いを申し上げます。  平成二十年八月末豪雨による被害状況等につきまして御報告いたします。  まず、今回の豪雨により不幸にして亡くなられた方々の御冥福をお祈り申し上げますとともに、御遺族に対し深く哀悼の意を表します。また、被災された方々に対しまして心よりお見舞いを申し上げます。  八月二十六日から三十一日にかけて、東海、関東、中国及び東北地方などで記録的な豪雨となりました。愛知県岡崎市では、二十九日の一時間雨量が百四十六・五ミリに達するなど、一時間雨量の記録を更新した地点が全国で二十カ所を超え、各地で……

第171回国会 内閣委員会 第16号(2009/07/03、44期、自由民主党)【政府役職】

○林(幹)国務大臣 国家公安委員会及び原子力安全委員会の事務を担当する大臣として、一言ごあいさつを申し上げます。  最近の治安情勢は、刑法犯認知件数が六年連続して減少するなど改善傾向にありますが、ことしに入り、強盗やひったくり事件が増加するなど、予断を許さない状況にあります。安全、安心な社会を実現するため、引き続き治安再生に向けた取り組みを強力に推進します。  第一は、犯罪抑止のための総合対策の推進であります。  国民が身近に不安を感じる街頭犯罪や侵入犯罪、子供や女性を対象とした犯罪を抑止するため、引き続きパトロール等を強化するとともに、自主防犯活動の活性化を支援します。  また、振り込め詐欺……

第171回国会 内閣委員会 第17号(2009/07/08、44期、自由民主党)【政府役職】

○林(幹)国務大臣 政治資金規正法にのっとって収支報告記載のとおりでありまして、御指摘の政治団体からの政治献金がありましたので、法にのっとりまして報告書に記載しているところであります。何ら違法な点はないと事務所から聞いておるところであります。
【次の発言】 この件に関しまして、適切に、的確に法にのっとって届け出をし、処理をしているわけでありますけれども、たまたま、小沢前代表の秘書の逮捕、起訴の件でいろいろ取りざたされた中で、この団体がダミーではないかというふうに取りざたされました。  それを受けまして、私の方としては何ら法的に問題はないと思っておりましたけれども、自民党の法曹団と協議いたしまし……


45期(2009/08/30〜)

第174回国会 国土交通委員会 第18号(2010/05/11、45期、自由民主党・無所属の会)

○林委員 自民党の林幹雄でございます。  久々の質問でありまして、特に野党質問というのは十六年ぶり、当選一回のとき以来でございます。要領を得ないかもしれませんけれども、しっかりやりますので、よろしくお願いしたいと存じます。  まず、先ほども議題になりましたけれども、低潮線の保全区域について伺いたいと思います。  今ほど大臣答弁で、法の第二条第七項の規定に基づき、やむを得ない事情により、海底の地形、地質その他の低潮線及びその周辺の自然的条件について、調査によってその確認を行うことができないことから、区域指定をしない予定だという答弁であります。  そこで、きょう外務省、見えていますか。北方四島、竹……

第179回国会 国土交通委員会 第4号(2011/11/29、45期、自由民主党・無所属の会)

○林委員 自由民主党の林幹雄でございます。  質問に入る前に、まず、去る三月十一日に発生いたしました未曾有の大震災におきましてお亡くなりになりました方々に深く哀悼の意を表しますとともに、今なお御不自由な生活をされておられます被災者の皆様に対しまして、心からお見舞いを申し上げます。  私は、我が党が提案しました、本年六月に成立した津波対策の推進に関する法律と、津波防災地域づくり関連二法案に関して質問をいたします。  東日本大震災では、津波による被害で一万五千人以上の方が犠牲になられ、なお三千人以上の方が行方不明となっています。この数字を見るにつけ、私は、残念で残念でなりません。といいますのも、我……


46期(2012/12/16〜)

第185回国会 災害対策特別委員会 第6号(2013/11/12、46期、自由民主党)

○林(幹)議員 首都直下地震に備えるためには、先生御指摘のように、関係機関が住民とともにさまざまな防災訓練を行うことが極めて重要なことであります。したがって、本法案においては、地方緊急対策実施計画の記載事項としているところでもございます。  訓練の規模や内容については、防災訓練の重要性を踏まえて、関係機関において、効果的、実践的なものを適切に実施していただきたいというふうに考えております。  また、本法案においては住民参加を義務づけてはいませんけれども、災害対策基本法に定めている住民の防災訓練への参加の責務も踏まえて、訓練の実施主体において、住民参加が適切になされる工夫を行うことを期待している……

第185回国会 災害対策特別委員会 第8号(2013/11/19、46期、自由民主党)

○林(幹)議員 与党案におきましては、我が国が自然災害による危険度が高いと海外から評価されている中で、強くしなやかな国づくりを進めていくことを諸外国に発信して理解を得ることは、訪日外国人の増加や諸外国からの投資を呼び込むことにつながるなど、意義のあるものと考えているところであります。  このため、事前防災及び減災等の取り組みを進めるとともに、第二十八条を規定することによって、政府に対し、国土強靱化に向けた取り組みの成果を海外に向けて発信する、そのように努力義務を課すこととしたところでございます。
【次の発言】 先生御指摘のように、消防団というのは、俺たちの地域は俺たちで守る、この消防の精神とい……

第185回国会 予算委員会 第3号(2013/10/22、46期、自由民主党)【議会役職】

○林(幹)委員長代理 この際、小熊慎司君から関連質疑の申し出があります。平沼君の持ち時間の範囲内でこれを許します。小熊慎司君。
【次の発言】 これにて平沼君、山田君、松野君、中田君、小熊君の質疑は終了いたしました。  次に、浅尾慶一郎君。

第186回国会 予算委員会 第3号(2014/02/03、46期、自由民主党)【議会役職】

○林(幹)委員長代理 これにて桜内君、村岡君、山田君、杉田君、阪口君、中田君の質疑は終了いたしました。  次に、大熊利昭君。
【次の発言】 この際、佐藤正夫君から関連質疑の申し出があります。大熊君の持ち時間の範囲内でこれを許します。佐藤正夫君。
【次の発言】 これにて大熊君、佐藤君の質疑は終了いたしました。  次に、柿沢未途君。

第186回国会 予算委員会 第5号(2014/02/10、46期、自由民主党)【議会役職】

○林(幹)委員長代理 この際、古屋範子君から関連質疑の申し出があります。上田君の持ち時間の範囲内でこれを許します。古屋範子君。

第186回国会 予算委員会 第10号(2014/02/18、46期、自由民主党)【議会役職】

○林(幹)委員長代理 後日、理事会で協議いたします。  これにて木下君の質疑は終了いたしました。  この際、休憩いたします。     午後零時一分休憩

第186回国会 予算委員会 第11号(2014/02/19、46期、自由民主党)【議会役職】

○林(幹)委員長代理 これにて岡田君の質疑は終了いたしました。  次に、柚木道義君。
【次の発言】 後刻、理事会にて協議いたします。
【次の発言】 あした、総理に質問して、それに答えていただければそれでいいんじゃないですか。  柚木さん、どうぞ。柚木さん、どうぞ。質疑者、どうぞ。時間がなくなりますから、どうぞ質問を続けてください。(柚木委員「とめてくださいよ、ちゃんと」と呼ぶ)だから、総理にまた質問してくださいよ、あした答えますから、そうすれば。それでいいじゃないですか。  質疑を続行します。どうぞ。(柚木委員「ちょっと今、理事がやりとりしているんですから、やってくださいよ」と呼ぶ)いやいや、……

第186回国会 予算委員会 第13号(2014/02/24、46期、自由民主党)

○林(幹)委員 山梨県に派遣された委員を代表いたしまして、団長にかわり私からその概要を御報告申し上げます。  派遣委員は、二階俊博委員長を団長として、理事金田勝年君、長妻昭君、山田宏君、石田祝稔君、委員あかま二郎君、大岡敏孝君、菅家一郎君、中谷真一君、湯川一行君、古川元久君、坂本祐之輔君、中島克仁君、柿沢未途君、私、林幹雄の十五名であります。  このほか、現地参加議員として長崎幸太郎君が出席されました。  去る二十一日、山梨県に向かう車中において、国土交通省及び中日本道路株式会社より、中央自動車道笹子トンネル天井板の落下事故及び道路の老朽化対策等の説明を聴取いたしました。  次いで、現地におい……

第186回国会 予算委員会 第14号(2014/02/27、46期、自由民主党)

○林(幹)委員 第一分科会について御報告申し上げます。  その詳細につきましては会議録に譲ることとし、ここでは主な質疑事項について申し上げます。  まず、皇室費については、双京構想の実現可能性など、  次に、会計検査院所管については、過年度指摘事項の未処置の状況など、  次に、内閣所管については、情報収集機能の強化、集団的自衛権行使のあり方など、  次に、内閣府所管については、中国の理財商品とシャドーバンキングの問題、雪害対策、首都東京の地震対策、国家戦略特区の取り組みなど、  次に、復興庁所管については、福島の復興に向けた取り組みなど、  次に、防衛省所管については、国連南スーダン派遣団を通……


47期(2014/12/14〜)

第188回国会 議院運営委員会 第1号(2014/12/24、47期、自由民主党)【議会役職】

○林委員長 これより会議を開きます。  この際、一言御挨拶申し上げます。  このたび、皆様方の御推挙によりまして、議院運営委員長に選任されました林幹雄でございます。まことに光栄に存じます。  今回の総選挙を経て、新たな国会に臨むに当たりまして、国会の円満な運営あるいは議会政治の健全な発展に対する議院運営委員長の職責の重大さを改めて痛感しておるところでございます。  今後、議長、副議長の特段の御指導のもと、各会派の皆様方の御協力によりまして、その職責を果たしてまいりたいと存じますので、何とぞよろしくお願い申し上げます。  簡単でございますが、御挨拶といたします。

第188回国会 議院運営委員会 第2号(2014/12/25、47期、自由民主党)【議会役職】

○林委員長 これより会議を開きます。  まず、常任委員の選任の件についてでありますが、内閣委員外十五常任委員の選任は、本日の本会議において、議長より、各会派から申し出のとおり指名いたします。
【次の発言】 次に、常任委員長の選挙の件についてでありますが、本日の本会議において、内閣委員長外十五常任委員長の選挙を行うこととし、この選挙は、その手続を省略して、議長において指名するに御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。  なお、自由民主党、民主党・無所属クラブ、維新の党、公明党から、委員長の候補者として、お手元の印刷物にあります諸君を推薦してま……

第188回国会 議院運営委員会 第3号(2014/12/26、47期、自由民主党)【議会役職】

○林委員長 これより会議を開きます。  まず、各種委員等の選挙の件についてでありますが、お手元の印刷物にありますとおり、自由民主党、民主党・無所属クラブ、維新の党、公明党から、それぞれ候補者を届け出てまいっております。
【次の発言】 本件は、本日の本会議においてその選挙を行うことに御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。  なお、各選挙は、その手続を省略して、議長において指名することになりますので、御了承願います。
【次の発言】 次に、閉会中審査に関する件についてお諮りいたします。  江田憲司君外四名提出  衆法第二号、国会議員の歳費、旅費……

第189回国会 議院運営委員会 第1号(2015/01/26、47期、自由民主党)【議会役職】

○林委員長 これより会議を開きます。  まず、理事の補欠選任についてでありますが、昨年十二月二十五日、理事鈴木馨祐君が委員を辞任されました。よって、委員長は、後任の理事に大塚高司君を指名いたしましたので、御了承願います。
【次の発言】 第百八十九回国会は本日召集されました。  これより、お手元に配付してあります協議事項について、順次御協議願うことにいたします。  まず、議席の件についてでありますが、各党から申し出のありましたとおり、議長において仮議席を定めました。本日の本会議において議長が仮議席のとおり議席を定める旨宣告いたしますので、御了承願います。

第189回国会 議院運営委員会 第2号(2015/01/27、47期、自由民主党)【議会役職】

○林委員長 これより会議を開きます。  本日の本会議における国務大臣の演説に対する質疑は、まず民主党・無所属クラブの前原誠司君、次に自由民主党の後藤茂之君、次に維新の党の柿沢未途君、次に公明党の赤羽一嘉君、次いで日本共産党の穀田恵二君の順序で行います。  なお、質疑者の要求大臣は、お手元の印刷物のとおりであります。
【次の発言】 それでは、本日の本会議は、午後零時五十分予鈴、午後一時から開会いたします。
【次の発言】 次に、次回の本会議及び委員会は、追って公報をもってお知らせいたします。  本日は、これにて散会いたします。     午後零時五分散会

第189回国会 議院運営委員会 第3号(2015/01/30、47期、自由民主党)【議会役職】

○林委員長 これより会議を開きます。  まず、各種委員の選挙の件についてでありますが、お手元の印刷物にありますとおり、各種委員につきまして、自由民主党、民主党・無所属クラブ、維新の党から、それぞれ候補者を届け出てまいっております。
【次の発言】 本件は、本日の本会議においてその選挙を行うことに御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。  なお、各選挙は、その手続を省略して、議長において指名することになりますので、御了承願います。
【次の発言】 次に、本日予算委員会の審査を終了した平成二十六年度一般会計補正予算(第1号)、平成二十六年度特別会計……

第189回国会 議院運営委員会 第4号(2015/02/05、47期、自由民主党)【議会役職】

○林委員長 これより会議を開きます。  まず、決議案の取扱いに関する件についてでありますが、本日、林幹雄君外十四名から、自由民主党、民主党・無所属クラブ、維新の党、公明党、日本共産党、次世代の党、生活の党と山本太郎となかまたち、社会民主党・市民連合の八会派共同提案によるシリアにおける邦人へのテロ行為に対する非難決議案が提出されました。  本決議案は、本日の本会議において議題とするに御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。  なお、本決議案の趣旨弁明は、提出者の私、林幹雄が行います。  また、本決議に対しまして、内閣を代表して、岸田外務大臣か……

第189回国会 議院運営委員会 第5号(2015/02/12、47期、自由民主党)【議会役職】

○林委員長 これより会議を開きます。  まず、国務大臣の演説に関する件についてでありますが、本日の本会議において、内閣総理大臣の施政方針に関する演説、外務大臣の外交に関する演説、財務大臣の財政に関する演説、経済財政政策担当大臣の経済に関する演説をそれぞれ行うことに御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。
【次の発言】 次に、国務大臣の演説に対する質疑の件についてでありますが、国務大臣の演説に対する質疑は、来る十六日及び十七日の両日行うこととし、質疑者の数は、自由民主党、民主党・無所属クラブ、維新の党、公明党、日本共産党おのおの一人とし、発言……

第189回国会 議院運営委員会 第6号(2015/02/16、47期、自由民主党)【議会役職】

○林委員長 これより会議を開きます。  まず、永年在職議員の表彰の件についてでありますが、議員河村建夫君、細田博之君、高木義明君、大畠章宏君、赤松広隆君、森英介君、山口俊一君、山本有二君、古屋圭司君、佐田玄一郎君、石原伸晃君及び中谷元君は、昨年十二月でそれぞれ在職二十五年に達せられましたので、先例により、院議をもって表彰することになります。  十二名の方々の表彰文は、前例に従って作成したお手元に配付の案文のとおりとし、表彰決議は、本日の本会議の冒頭において行うことに御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。

第189回国会 議院運営委員会 第7号(2015/02/17、47期、自由民主党)【議会役職】

○林委員長 これより会議を開きます。  本日の本会議における国務大臣の演説に対する質疑は、まず公明党の井上義久君、次に日本共産党の志位和夫君の順序で行い、本日をもって国務大臣の演説に対する質疑を終了することになっております。  なお、質疑者の要求大臣は、お手元の印刷物のとおりであります。
【次の発言】 それでは、本日の本会議は、午後一時五十分予鈴、午後二時から開会いたします。
【次の発言】 次に、次回の本会議及び委員会は、追って公報をもってお知らせいたします。  なお、来る二十日金曜日午前十一時から理事会を開会いたします。  本日は、これにて散会いたします。     午後零時一分散会

第189回国会 議院運営委員会 第8号(2015/02/24、47期、自由民主党)【議会役職】

○林委員長 これより会議を開きます。  まず、国家公務員等任命につき同意を求めるの件についてでありますが、総合科学技術・イノベーション会議議員、再就職等監視委員会委員長及び同委員、預金保険機構理事長、同理事及び同監事、国地方係争処理委員会委員、電波監理審議会委員、日本放送協会経営委員会委員、中央更生保護審査会委員、日本銀行政策委員会審議委員、労働保険審査会委員、中央社会保険医療協議会公益委員、社会保険審査会委員、中央労働委員会公益委員、調達価格等算定委員会委員、運輸審議会委員、公害健康被害補償不服審査会委員に、お手元の印刷物にあります諸君を任命するについて、内閣から本院の同意を求めてまいってお……

第189回国会 議院運営委員会 第9号(2015/02/26、47期、自由民主党)【議会役職】

○林委員長 これより会議を開きます。  まず、元議員逝去につき弔詞贈呈報告の件についてでありますが、去る一月四日、永年在職議員として表彰された元議員阿部昭吾君が逝去されました。  ここに謹んで哀悼の意を表します。  弔詞につきましては、お手元の印刷物のとおりの特別弔詞を、理事各位の御了承を得まして、本日、議長から贈呈していただきましたので、御了承願います。
【次の発言】 また、同君に対する弔詞は、本日の本会議において、議長から贈呈の報告があり、弔詞を朗読されることになります。  その際、議員の方は御起立願うことになっております。
【次の発言】 次に、情報監視審査会委員選任の件についてであります……

第189回国会 議院運営委員会 第10号(2015/03/13、47期、自由民主党)【議会役職】

○林委員長 これより会議を開きます。  まず、本日予算委員会の審査を終了した平成二十七年度一般会計予算、平成二十七年度特別会計予算及び平成二十七年度政府関係機関予算について、委員長から緊急上程の申し出があります。  各案は、本日の本会議において緊急上程するに御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。
【次の発言】 次に、ただいま緊急上程するに決しました予算三案に対し、自由民主党の平口洋君、民主党・無所属クラブの小川淳也君、維新の党の井坂信彦君、公明党の上田勇君、日本共産党の畑野君枝君から、それぞれ討論の通告があります。  討論時間は、平口洋君……

第189回国会 議院運営委員会 第11号(2015/03/24、47期、自由民主党)【議会役職】

○林委員長 これより会議を開きます。  本日の本会議の議事の順序について、事務総長の説明を求めます。
【次の発言】 それでは、本日の本会議は、正午予鈴、午後零時十分から開会いたします。
【次の発言】 次に、次回の本会議及び委員会は、追って公報をもってお知らせいたします。  なお、明二十五日水曜日午前十一時から理事会を開会いたします。  本日は、これにて散会いたします。     午前十一時三十二分散会

第189回国会 議院運営委員会 第12号(2015/03/26、47期、自由民主党)【議会役職】

○林委員長 これより会議を開きます。  まず、本日の議事日程第二に対し、民主党・無所属クラブの奥野総一郎君、維新の党の高井崇志君、日本共産党の梅村さえこ君から、それぞれ討論の通告があります。  討論時間は、奥野総一郎君、高井崇志君はおのおの十分以内、梅村さえこ君は五分以内とするに御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。
【次の発言】 次に、本日の本会議の議事の順序について、事務総長の説明を求めます。
【次の発言】 それでは、本日の本会議は、正午予鈴、午後零時十分から開会いたします。

第189回国会 議院運営委員会 第13号(2015/03/30、47期、自由民主党)【議会役職】

○林委員長 これより会議を開きます。  まず、本日予算委員会の審査を終了した平成二十七年度一般会計暫定予算、平成二十七年度特別会計暫定予算及び平成二十七年度政府関係機関暫定予算について、委員長から緊急上程の申し出があります。  各案は、本日の本会議において緊急上程するに御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。  なお、採決は、一括して起立採決をもって行います。
【次の発言】 次に、議院に出頭する証人等の旅費及び日当支給規程の一部改正の件についてでありますが、事務総長の説明を求めます。

第189回国会 議院運営委員会 第14号(2015/04/07、47期、自由民主党)【議会役職】

○林委員長 これより会議を開きます。  まず、裁判官弾劾裁判所裁判員予備員辞職の件についてでありますが、裁判官弾劾裁判所裁判員予備員であるふくだ峰之君から辞職願が提出されております。  本件は、本日の本会議において議題とするに御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。
【次の発言】 次に、裁判官弾劾裁判所裁判員予備員の選挙の件についてでありますが、裁判官弾劾裁判所裁判員予備員辞職の件が許可されましたならば、引き続き同予備員の選挙を行うことに御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。  この選……

第189回国会 議院運営委員会 第15号(2015/04/14、47期、自由民主党)【議会役職】

○林委員長 これより会議を開きます。  この際、御報告いたします。  本日、ドロタ・アルチシェフスカ=ミエレフチク・ポーランド共和国下院議員団一行が本会議を傍聴されます。  開会宣告の後、議長から紹介がありますので、その際は、議員各位は、御起立の上、拍手をもってお迎えいただきたいと存じます。
【次の発言】 次に、回付案の取扱いに関する件についてでありますが、在外公館の名称及び位置並びに在外公館に勤務する外務公務員の給与に関する法律の一部を改正する法律案が参議院において修正され、本院に回付されてまいっております。  回付案の内容について、事務総長の説明を求めます。

第189回国会 議院運営委員会 第16号(2015/04/16、47期、自由民主党)【議会役職】

○林委員長 これより会議を開きます。  まず、趣旨説明を聴取する議案の件についてでありますが、内閣提出の電気事業法等の一部を改正する等の法律案は、本日の本会議において趣旨の説明を聴取し、これに対する質疑を行うことに御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。  なお、本法律案の趣旨説明は、宮沢経済産業大臣が行います。  本法律案の趣旨説明に対し、自由民主党の田中良生君、民主党・無所属クラブの田嶋要君、維新の党の鈴木義弘君、公明党の國重徹君、日本共産党の藤野保史君から、それぞれ質疑の通告があります。  質疑時間は、田中良生君、國重徹君、藤野保史君……

第189回国会 議院運営委員会 第17号(2015/04/17、47期、自由民主党)【議会役職】

○林委員長 これより会議を開きます。  まず、回付案の取扱いに関する件についてでありますが、高度テレビジョン放送施設整備促進臨時措置法を廃止する法律案が参議院において修正され、本院に回付されてまいっております。  回付案の内容について、事務総長の説明を求めます。
【次の発言】 それでは、本回付案は、本日の本会議において議題とするに御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。
【次の発言】 次に、趣旨説明を聴取する議案の件についてでありますが、内閣提出の防衛省設置法等の一部を改正する法律案は、本日の本会議において趣旨の説明を聴取し、これに対する質……

第189回国会 議院運営委員会 第18号(2015/04/21、47期、自由民主党)【議会役職】

○林委員長 これより会議を開きます。  まず、本日の議事日程第一、議長辞任の件が許可されましたならば、引き続き議長の選挙を行うことになります。  なお、この選挙は、単記無名投票をもって行うことになります。
【次の発言】 次に、常任委員長の選挙の件についてでありますが、本日の本会議において、現在欠員となっております予算委員長の選挙を行うこととし、この選挙は、その手続を省略して、議長において指名するに御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。  なお、後任の候補者として、自由民主党から河村建夫君を推薦してまいっております。

第189回国会 議院運営委員会 第19号(2015/04/23、47期、自由民主党)【議会役職】

○林委員長 これより会議を開きます。  まず、趣旨説明を聴取する議案の件についてでありますが、内閣提出の個人情報の保護に関する法律及び行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律の一部を改正する法律案は、本日の本会議において趣旨の説明を聴取し、これに対する質疑を行うことに御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。  なお、本法律案の趣旨説明は、山口国務大臣が行います。  本法律案の趣旨説明に対し、自由民主党の平井たくや君、民主党・無所属クラブの緒方林太郎君、維新の党の河野正美君、公明党の濱村進君から、それぞれ質疑の通告が……

第189回国会 議院運営委員会 第20号(2015/04/24、47期、自由民主党)【議会役職】

○林委員長 これより会議を開きます。  まず、趣旨説明を聴取する議案の件についてでありますが、内閣提出の地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律案、地域再生法の一部を改正する法律案、国家戦略特別区域法及び構造改革特別区域法の一部を改正する法律案の各法律案は、本日の本会議において趣旨の説明を聴取し、これに対する質疑を行うことに御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。  なお、各法律案の趣旨説明は、石破国務大臣が行います。  各法律案の趣旨説明に対し、自由民主党の黄川田仁志君、民主党・無所属クラブの福……

第189回国会 議院運営委員会 第21号(2015/04/28、47期、自由民主党)【議会役職】

○林委員長 これより会議を開きます。  まず、本日の議事日程第三に対し、民主党・無所属クラブの阿部知子君、日本共産党の堀内照文君から、それぞれ討論の通告があります。  討論時間は、阿部知子君は十分以内、堀内照文君は五分以内とするに御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。
【次の発言】 次に、本日の本会議の議事の順序について、事務総長の説明を求めます。
【次の発言】 それでは、本日の本会議は、午後零時五十分予鈴、午後一時から開会いたします。
【次の発言】 次に、次回の本会議の件についてでありますが、次回の本会議は、来る五月十二日火曜日午後一時……

第189回国会 議院運営委員会 第22号(2015/05/12、47期、自由民主党)【議会役職】

○林委員長 これより会議を開きます。  まず、趣旨説明を聴取する議案の件についてでありますが、内閣提出の労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の保護等に関する法律等の一部を改正する法律案は、本日の本会議において趣旨の説明を聴取し、これに対する質疑を行うことに御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。  なお、本法律案の趣旨説明は、塩崎厚生労働大臣が行います。  本法律案の趣旨説明に対し、自由民主党の高鳥修一君、民主党・無所属クラブの大西健介君、維新の党の井坂信彦君、公明党の伊佐進一君、日本共産党の堀内照文君から、それぞれ質疑の通告があ……

第189回国会 議院運営委員会 第23号(2015/05/14、47期、自由民主党)【議会役職】

○林委員長 これより会議を開きます。  まず、趣旨説明を聴取する議案の件についてでありますが、内閣提出の農業協同組合法等の一部を改正する等の法律案、岸本周平君外三名提出の農業協同組合法の一部を改正する法律案の両法律案は、本日の本会議において趣旨の説明を聴取し、これに対する質疑を行うことに御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。  なお、内閣提出の法律案の趣旨説明は、林農林水産大臣が行い、岸本周平君外三名提出の法律案の趣旨説明は、提出者の玉木雄一郎君が行います。  内閣提出の法律案の趣旨説明に対し、自由民主党の齋藤健君から、両法律案の趣旨説明……

第189回国会 議院運営委員会 第24号(2015/05/15、47期、自由民主党)【議会役職】

○林委員長 これより会議を開きます。  まず、安倍内閣総理大臣から、米国公式訪問に関する報告について発言の通告が参っております。  本発言及びこれに対する質疑は、本日の本会議において行うことに御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。  なお、本発言に対し、自由民主党の木原誠二君、民主党・無所属クラブの近藤昭一君、維新の党の柿沢未途君、公明党の岡本三成君、日本共産党の赤嶺政賢君から、それぞれ質疑の通告があります。  質疑時間は、木原誠二君、近藤昭一君、柿沢未途君、岡本三成君はおのおの十分以内、赤嶺政賢君は八分以内とするに御異議ありませんか。

第189回国会 議院運営委員会 第25号(2015/05/19、47期、自由民主党)【議会役職】

○林委員長 これより会議を開きます。  まず、特別委員会設置の件についてでありますが、我が国及び国際社会の平和及び安全の確保に資するための自衛隊法等の一部を改正する法律案及び国際平和共同対処事態に際して我が国が実施する諸外国の軍隊等に対する協力支援活動等に関する法律案を審査するため委員四十五人よりなる我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会の設置についてお諮りいたします。  この際、発言を求められておりますので、これを許します。塩川鉄也君。
【次の発言】 それでは、我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会を設置することとし、本日の本会議において議決するに賛成の諸君の挙手を求……

第189回国会 議院運営委員会 第26号(2015/05/21、47期、自由民主党)【議会役職】

○林委員長 これより会議を開きます。  まず、元議員逝去につき弔詞贈呈報告の件についてでありますが、去る四月十日、永年在職議員として表彰された元議員井上普方君が逝去されました。  ここに謹んで哀悼の意を表します。  弔詞につきましては、お手元の印刷物のとおりの特別弔詞を、理事各位の御了承を得まして、昨二十日、議長から贈呈していただきましたので、御了承願います。
【次の発言】 また、同君に対する弔詞は、本日の本会議において、議長から贈呈の報告があり、弔詞を朗読されることになります。  その際、議員の方は御起立願うことになっております。

第189回国会 議院運営委員会 第27号(2015/05/22、47期、自由民主党)【議会役職】

○林委員長 これより会議を開きます。  まず、趣旨説明を聴取する議案の件についてでありますが、内閣提出の女性の職業生活における活躍の推進に関する法律案は、本日の本会議において趣旨の説明を聴取し、これに対する質疑を行うことに御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。  なお、本法律案の趣旨説明は、有村国務大臣が行います。  本法律案の趣旨説明に対し、民主党・無所属クラブの山尾志桜里君から、質疑の通告があります。  質疑時間は、十五分以内とするに御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。  なお……

第189回国会 議院運営委員会 第28号(2015/05/26、47期、自由民主党)【議会役職】

○林委員長 これより会議を開きます。  まず、趣旨説明を聴取する議案の件についてでありますが、内閣提出の我が国及び国際社会の平和及び安全の確保に資するための自衛隊法等の一部を改正する法律案、国際平和共同対処事態に際して我が国が実施する諸外国の軍隊等に対する協力支援活動等に関する法律案の両法律案は、本日の本会議において趣旨の説明を聴取し、これに対する質疑を行うことに御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。  なお、両法律案の趣旨説明は、中谷国務大臣が行います。  両法律案の趣旨説明に対し、自由民主党の稲田朋美君、民主党・無所属クラブの枝野幸男……

第189回国会 議院運営委員会 第29号(2015/05/29、47期、自由民主党)【議会役職】

○林委員長 これより会議を開きます。  本日の本会議の議事の順序について、事務総長の説明を求めます。
【次の発言】 それでは、本日の本会議は、午後零時十分予鈴、午後零時二十分から開会いたします。
【次の発言】 次に、次回の本会議の件についてでありますが、次回の本会議は、来る六月二日火曜日午後一時から開会することといたします。  また、同日午前十一時理事会、正午から委員会を開会いたします。  本日は、これにて散会いたします。     午前十一時三十一分散会

第189回国会 議院運営委員会 第30号(2015/06/02、47期、自由民主党)【議会役職】

○林委員長 これより会議を開きます。  この際、御報告申し上げます。  町村信孝前議長が、昨一日、逝去されました。まことに哀悼痛惜の念にたえません。  同日、大島議長から、お手元に配付のとおりの弔意を表されております。
【次の発言】 ここに、委員各位とともに故町村信孝前議長の御冥福を祈り、謹んで黙祷をささげたいと存じます。  御起立をお願いします。――黙祷。
【次の発言】 黙祷を終わります。御着席を願います。
【次の発言】 次に、本日の議事日程第一ないし第三の各案に対し、維新の党の篠原豪君、日本共産党の田村貴昭君から、それぞれ討論の通告があります。  討論時間は、篠原豪君は十分以内、田村貴昭君……

第189回国会 議院運営委員会 第31号(2015/06/04、47期、自由民主党)【議会役職】

○林委員長 これより会議を開きます。  まず、議員町村信孝君逝去につき弔詞贈呈の件についてでありますが、先般の当委員会で御報告したとおり、去る一日、北海道第五区選出議員町村信孝君が逝去されました。  弔詞につきましては、お手元に配付の案文のとおりとし、本日の本会議においてその贈呈を決定するに御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。
【次の発言】 なお、本会議において、議長が弔詞を朗読される際、議員の方は御起立を願うことになっております。
【次の発言】 次に、本日の本会議の議事の順序について、事務総長の説明を求めます。

第189回国会 議院運営委員会 第32号(2015/06/11、47期、自由民主党)【議会役職】

○林委員長 これより会議を開きます。  本日の本会議の議事の順序について、事務総長の説明を求めます。
【次の発言】 それでは、本日の本会議は、午後零時五十分予鈴、午後一時から開会いたします。
【次の発言】 次に、次回の本会議及び委員会は、追って公報をもってお知らせいたします。  本日は、これにて散会いたします。     午後零時一分散会

第189回国会 議院運営委員会 第33号(2015/06/16、47期、自由民主党)【議会役職】

○林委員長 これより会議を開きます。  まず、去る一日逝去されました議員町村信孝君に対する追悼演説は、本日の本会議において行うこととし、演説者は、自由民主党の伊吹文明君にお願いいたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。
【次の発言】 次に、本日の本会議の議事の順序について、事務総長の説明を求めます。
【次の発言】 それでは、本日の本会議は、午後零時五十分予鈴、午後一時から開会いたします。
【次の発言】 次に、次回の本会議の件についてでありますが、次回の本会議は、来る十八日木曜日午後零時十分から開会することといたします。……

第189回国会 議院運営委員会 第34号(2015/06/19、47期、自由民主党)【議会役職】

○林委員長 これより会議を開きます。  まず、本日厚生労働委員会の審査を終了した内閣提出の労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の保護等に関する法律等の一部を改正する法律案、井坂信彦君外五名提出の労働者の職務に応じた待遇の確保等のための施策の推進に関する法律案の両法律案について、委員長から緊急上程の申し出があります。  両法律案は、本日の本会議において緊急上程するに賛成の諸君の挙手を求めます。
【次の発言】 挙手多数。よって、そのように決定いたしました。
【次の発言】 次に、ただいま緊急上程するに決しました両法律案に対し、自由民主党のとかしきなおみ君、維新の党の松田直久君、公明党の輿水……

第189回国会 議院運営委員会 第35号(2015/06/22、47期、自由民主党)【議会役職】

○林委員長 これより会議を開きます。  開会に先立ち、民主党・無所属クラブの所属委員に理事をして出席を要請いたしましたが、いまだ出席が得られません。やむを得ず議事を進めます。  まず、会期延長の件についてでありますが、本日、自由民主党の谷垣幹事長、公明党の井上幹事長から、会期を六月二十五日より九月二十七日まで九十五日間延長せられるよう議長においてお取り計らい願いたい旨の申し入れがありました。  本件につきましては、先般来の理事会において種々御協議願ったのでありますが、いまだ各党の意見が一致するに至っておりません。  また、本件につきましては、先ほど常任委員長会議が開かれ、議長から各常任委員長の……

第189回国会 議院運営委員会 第36号(2015/06/30、47期、自由民主党)【議会役職】

○林委員長 これより会議を開きます。  まず、本日の議事日程第三及び第四の両案に対し、自由民主党の加藤寛治君、民主党・無所属クラブの佐々木隆博君、維新の党の横山博幸君から、日程第四に対し、日本共産党の斉藤和子君から、それぞれ討論の通告があります。  討論時間は、加藤寛治君、佐々木隆博君、横山博幸君はおのおの十分以内、斉藤和子君は五分以内とするに御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。
【次の発言】 次に、本日の本会議の議事の順序について、事務総長の説明を求めます。
【次の発言】 それでは、本日の本会議は、午後零時五十分予鈴、午後一時から開会……

第189回国会 議院運営委員会 第37号(2015/07/03、47期、自由民主党)【議会役職】

○林委員長 これより会議を開きます。  まず、公聴会開会承認要求の件についてでありますが、我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員長から、我が国及び国際社会の平和及び安全の確保に資するための自衛隊法等の一部を改正する法律案、国際平和共同対処事態に際して我が国が実施する諸外国の軍隊等に対する協力支援活動等に関する法律案の両案について、公聴会開会承認要求書が提出されてまいりました。  本件は、これを承認すべきものと議長に答申するに賛成の諸君の挙手を求めます。
【次の発言】 挙手多数。よって、そのように決定いたしました。
【次の発言】 次に、次回の本会議の件についてでありますが、次回の本会議……

第189回国会 議院運営委員会 第38号(2015/07/07、47期、自由民主党)【議会役職】

○林委員長 これより会議を開きます。  本日の本会議の議事の順序について、事務総長の説明を求めます。
【次の発言】 それでは、本日の本会議は、午後零時五十分予鈴、午後一時から開会いたします。
【次の発言】 次に、次回の本会議及び委員会は、追って公報をもってお知らせいたします。  なお、明八日水曜日午前十一時から理事会を開会いたします。  本日は、これにて散会いたします。     午後零時一分散会

第189回国会 議院運営委員会 第39号(2015/07/09、47期、自由民主党)【議会役職】

○林委員長 これより会議を開きます。  本日の本会議の議事について、事務総長の説明を求めます。
【次の発言】 それでは、本日の本会議は、午後零時五十分予鈴、午後一時から開会いたします。
【次の発言】 次に、次回の本会議及び委員会は、追って公報をもってお知らせいたします。  本日は、これにて散会いたします。     午後零時一分散会

第189回国会 議院運営委員会 第40号(2015/07/16、47期、自由民主党)【議会役職】

○林委員長 これより会議を開きます。  まず、本日の議事日程第一ないし第四の各案に対し、自由民主党の松本純君、公明党の遠山清彦君から、また、日程第一及び第二に対し、維新の党の松野頼久君から、また、日程第三及び第四に対し、民主党・無所属クラブの岡田克也君、日本共産党の志位和夫君から、それぞれ討論の通告があります。  討論時間は、松本純君、岡田克也君、松野頼久君、遠山清彦君はおのおの十五分以内、志位和夫君は十分以内とするに御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。
【次の発言】 次に、本日の本会議の議事の順序について、事務総長の説明を求めます。

第189回国会 議院運営委員会 第41号(2015/07/28、47期、自由民主党)【議会役職】

○林委員長 これより会議を開きます。  まず、本日政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会の審査を終了した参議院提出の公職選挙法の一部を改正する法律案について、委員長から緊急上程の申し出があります。  この際、発言を求められておりますので、これを許します。塩川鉄也君。
【次の発言】 それでは、本法律案は、本日の本会議において緊急上程するに賛成の諸君の挙手を求めます。
【次の発言】 挙手多数。よって、そのように決定いたしました。
【次の発言】 それでは、本日の本会議は、正午予鈴、午後零時十分から開会いたします。
【次の発言】 次に、次回の本会議及び委員会は、追って公報をもってお知らせい……

第189回国会 議院運営委員会 第42号(2015/07/31、47期、自由民主党)【議会役職】

○林委員長 これより会議を開きます。  本日の本会議の議事の順序について、事務総長の説明を求めます。
【次の発言】 それでは、本日の本会議は、午後零時五十分予鈴、午後一時から開会いたします。
【次の発言】 次に、次回の本会議の件についてでありますが、次回の本会議は、来る八月七日金曜日午後零時十分から開会することといたします。  また、同日午前十一時理事会、午前十一時三十分から委員会を開会いたします。  本日は、これにて散会いたします。     午後零時二分散会

第189回国会 議院運営委員会 第43号(2015/08/07、47期、自由民主党)【議会役職】

○林委員長 これより会議を開きます。  まず、永年在職議員の表彰の件についてでありますが、議員谷畑孝君は、七月をもって国会議員として在職二十五年に達せられましたので、先例により、院議をもって表彰することになります。  同君の表彰文は、前例に従って作成したお手元に配付の案文のとおりとし、表彰決議は、本日の本会議の冒頭において行うことに御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。
【次の発言】 なお、本会議における表彰次第につきましては、まず議長発議をもって表彰決議を行い、次に議長が表彰文を朗読されます。次いで、表彰を受けられた谷畑君に登壇願った後……

第189回国会 議院運営委員会 第44号(2015/08/27、47期、自由民主党)【議会役職】

○林委員長 これより会議を開きます。  まず、元議員逝去につき弔詞贈呈報告の件についてでありますが、去る七月二日、永年在職議員として表彰された元議員田邊誠君が逝去されました。  ここに謹んで哀悼の意を表します。  弔詞につきましては、お手元の印刷物のとおりの特別弔詞を、理事各位の御了承を得まして、去る十一日、議長から贈呈していただきましたので、御了承願います。
【次の発言】 また、同君に対する弔詞は、本日の本会議において、議長から贈呈の報告があり、弔詞を朗読されることになります。  その際、議員の方は御起立願うことになっております。

第189回国会 議院運営委員会 第45号(2015/09/03、47期、自由民主党)【議会役職】

○林委員長 これより会議を開きます。  まず、参議院から回付されております議事日程第一、個人情報の保護に関する法律及び行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律の一部を改正する法律案に対する参議院の修正内容について、事務総長の説明を求めます。
【次の発言】 次に、趣旨説明を聴取する議案の件についてでありますが、内閣提出の外国人の技能実習の適正な実施及び技能実習生の保護に関する法律案は、本日の本会議において趣旨の説明を聴取し、これに対する質疑を行うことに御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。  なお、本法律案の趣旨説……

第189回国会 議院運営委員会 第46号(2015/09/11、47期、自由民主党)【議会役職】

○林委員長 これより会議を開きます。  この際、大島議長から御発言がございます。
【次の発言】 次に、元議員逝去につき弔詞贈呈報告の件についてでありますが、去る七月七日、永年在職議員として表彰された元議員平泉渉君が逝去されました。  ここに謹んで哀悼の意を表します。  弔詞につきましては、お手元の印刷物のとおりの特別弔詞を、理事各位の御了承を得まして、去る九日、議長から贈呈していただきましたので、御了承願います。
【次の発言】 また、同君に対する弔詞は、本日の本会議において、議長から贈呈の報告があり、弔詞を朗読されることになります。  その際、議員の方は御起立願うことになっております。

第189回国会 議院運営委員会 第47号(2015/09/17、47期、自由民主党)【議会役職】

○林委員長 これより会議を開きます。  開会に先立ち、民主党・無所属クラブ、維新の党の所属委員に理事をして出席を要請いたしましたが、いまだ出席が得られません。やむを得ず議事を進めます。  本日の本会議は、開会後直ちにこれを延会し、明十八日午前一時から本会議を開会することとするに賛成の諸君の挙手を求めます。
【次の発言】 挙手多数。よって、そのように決定いたしました。
【次の発言】 それでは、本日の本会議は、午後九時五十分予鈴、午後十時から開会いたします。  なお、明十八日金曜日午前零時十分理事会、午前零時三十分から委員会を開会いたします。  本日は、これにて散会いたします。     午後九時四……

第189回国会 議院運営委員会 第48号(2015/09/18、47期、自由民主党)【議会役職】

○林委員長 これより会議を開きます。  まず、決議案の取扱いに関する件についてでありますが、本日、枝野幸男君外四名から、民主党・無所属クラブ、維新の党、日本共産党、生活の党と山本太郎となかまたち、社会民主党・市民連合の五会派共同提案による安倍内閣不信任決議案が提出されました。  本決議案は、本日の本会議において議題とするに御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。  なお、本決議案の趣旨弁明は、提出者の枝野幸男君が行います。  討論につきましては、自由民主党の棚橋泰文君から反対、民主党・無所属クラブの岡田克也君、維新の党の松野頼久君から、それ……

第189回国会 議院運営委員会 第49号(2015/09/25、47期、自由民主党)【議会役職】

○林委員長 これより会議を開きます。  開会に先立ち、民主党・無所属クラブの所属委員に理事をして出席を要請いたしましたが、いまだ出席が得られません。やむを得ず議事を進めます。  まず、本日、法務局・更生保護官署・入国管理官署及び少年院施設の増員に関する請願外三百二十五請願が、法務委員会、厚生労働委員会及び沖縄及び北方問題に関する特別委員会において採択すべきものと決定いたしております。  各請願は、いずれも本日の本会議において緊急上程するに御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。
【次の発言】 次に、閉会中審査に関する件についてお諮りいたしま……

第189回国会 経済産業委員会 第32号(2015/12/04、47期、自由民主党)【政府役職】

○林国務大臣 先般の内閣改造におきまして、経済産業大臣に就任いたしました林幹雄でございます。  どうぞよろしくお願いいたします。(拍手)
【次の発言】 総理からは、まず福島再生、次には、やはり希望を生み出す強い経済を実現する、そのために、TPPを我が国の経済成長へつなげるために総合的な政策を展開する、そして、国民生活に責任を持てるエネルギー政策を展開して、しっかり取り組むような指示がございました。  福島の復興と福島第一原発の廃炉・汚染水対策は、最も重要な課題であると思っております。福島の復興なくして日本の再生はない、こう言われております。引き続き、一丸となって対策を進めてまいりたいと存じます……

第189回国会 予算委員会 第22号(2015/11/10、47期、自由民主党)【政府役職】

○林国務大臣 総理並びに甘利大臣からいろいろ答弁がございましたけれども、TPPは、世界のGDPの四割、そして日本からの輸出の三割を占める経済圏におきまして、日本から輸出する工業製品の九九・九%の関税が撤廃されるだけではありませんで、先ほどからお話ししているように、投資、サービスの自由化云々、加えまして原産地規則における累積ルールが導入されるなど、幅広い分野で二十一世紀のルールを構築するというものでございます。  我が国の中堅・中小企業は製造業全体の七五%を担っておるわけでございますが、これら自体の輸出拡大のみならず、大企業の輸出拡大を通じても、中堅・中小企業の事業に大きなメリットがあるものと考……

第190回国会 環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会 第3号(2016/04/07、47期、自由民主党)【政府役職】

○林国務大臣 上田委員も御指摘でありますけれども、TPPには、工業製品の九九・九%の関税撤廃のみならず、模倣品対策やら、あるいは通関手続の迅速化など、中堅・中小企業が海外展開するに当たってさまざまな課題に対応するためのルールが盛り込まれております。  こうしたTPPによってもたらされるチャンス、これを生かして海外展開しようとする中堅・中小企業を支援することが我が国の経済成長にとっても大変重要であるというふうに認識しております。  我が国の中堅・中小企業の中には、委員御指摘のように、そもそもどのように海外展開を進めればいいのかわからないとか、あるいは現地でのビジネスパートナーをどう探せばいいのか……

第190回国会 環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会 第6号(2016/04/18、47期、自由民主党)【政府役職】

○林国務大臣 現在は、災害時石油供給連携計画を発動してございます。と同時に、元売といいますか、言ってみれば、石油に関しましては十分な対応を、量を確保している、十二日分を確保しているわけでございまして、タンクローリー車も増強してございます。  そういった意味では、熊本県ではガソリンスタンドの約七割に当たります五百七十八カ所が営業中でございますし、大分県でも四百二十二カ所のスタンドが営業しているわけでございまして、それが滞りなく対応するように石油連盟の方に依頼をしているところでございます。
【次の発言】 昨日、今回のトヨタ自動車の生産停止について事務方から報告を受けました。被災した部品メーカーとト……

第190回国会 環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会 第7号(2016/04/19、47期、自由民主党)【政府役職】

○林国務大臣 私は、直接、石油連盟に確認したわけではございません。役所を通じて確認させてございます。  熊本市などで発生したガソリンの品薄問題はほぼ解消しております。というのは、タンクローリーを追加しておりますし、ガソリンスタンドの営業再開で、相当展開をしてございますのと、阿蘇地方に配備している電源車用の軽油についても、三カ所の拠点ガソリンスタンドからピストン輸送する体制を確立してございまして、若干、ガソリンスタンドにおいては並ばざるを得ないという事情もありますけれども、ガソリンそのものに対してはほぼ解消しているというふうに聞いております。

第190回国会 議院運営委員会 第1号(2016/01/04、47期、自由民主党)【議会役職】

○林前議院運営委員長 一言御挨拶を申し上げます。  私は、一昨年十二月、衆議院議院運営委員長に選任されて以来、過日、経済産業大臣に就任するまでの間、その職責を果たしてまいりました。  これもひとえに、議長、副議長の格別の御指導はもとより、各会派の理事並びに委員の皆様方の御協力のおかげでありまして、心から感謝いたしております。この機会をおかりしまして、厚く御礼を申し上げます。  今後とも、皆様方にはお世話になることも多いと思いますけれども、よろしく御指導、御鞭撻のほどをお願い申し上げます。  簡単ではありますが、御礼の挨拶といたします。ありがとうございました。(拍手)

第190回国会 経済産業委員会 第1号(2016/02/24、47期、自由民主党)【政府役職】

○林国務大臣 第百九十回国会における経済産業委員会の御審議に先立ち、経済産業行政を取り巻く諸課題及び取り組みにつきまして、経済産業大臣、産業競争力担当大臣、原子力経済被害担当大臣、内閣府特命担当大臣(原子力損害賠償・廃炉等支援機構)として、所信を申し述べます。  初めに、福島第一原発の廃炉・汚染水対策と福島の復興は、引き続き、経済産業省が担うべき最も重要な課題です。  来月十一日には、東日本を襲った大震災から丸五年となります。昨年九月には、全町避難となっていた楢葉町の避難指示が解除されました。福島復興に向けた取り組みはこれからが正念場です。官民合同チームによる事業再開支援、イノベーション・コー……

第190回国会 経済産業委員会 第2号(2016/03/09、47期、自由民主党)【政府役職】

○林国務大臣 今御指摘にありましたように、我々は、まず深い反省だと思っておりまして、なぜこの悲惨な事故を防ぐことができなかったかというような反省をひとときたりとも忘れてはならないのではないかと思っております。担当大臣として、五年目の節目を迎えて、これを踏まえてしっかりと取り組んでまいりたいというふうに思っております。  事故から得られる教訓はさまざまあるわけでありますけれども、まずは、安全神話に陥ってはならないというのが最大の教訓だったかなというふうに思っております。  原子力の利用に当たっては、何よりも安全を最優先させなければならないということでございまして、原子力規制委員会も、独立したこの……

第190回国会 経済産業委員会 第3号(2016/03/16、47期、自由民主党)【政府役職】

○林国務大臣 我が国のエネルギー事情を踏まえれば、石炭火力は、ほかの電源と比較すれば、CO2を多く排出するという環境面での課題はありますけれども、安定供給あるいは経済性の観点からはすぐれておりまして、一定の割合での活用を図っていくということが不可欠であります。  この活用を図る上で、CO2の排出を削減することが必要でありまして、今後、省エネ法におきまして、事業者に厳しい発電効率の基準を課す予定でございます。これによって、古くて効率の悪い石炭火力の休廃止あるいは稼働率の低減を促すことになりまして、CO2の排出を削減しつつ、高効率な石炭火力への新規投資を進めてまいります。  また、このような国内の……

第190回国会 経済産業委員会 第4号(2016/03/18、47期、自由民主党)【政府役職】

○林国務大臣 大畠先生御指摘のとおりの改正内容でございます。法案審議でございますので、少し説明をさせていただければと存じます。  我が国は、京都議定書におきまして、二〇〇八年度から二〇一二年度までの五年間の温室効果ガス排出量を基準年度比で六%削減することが国際的義務として課されました。  この六%目標を達成するため、省エネあるいは新エネ対策などを積み上げただけでは四・四%の削減にとどまったわけでございまして、不足分の一・六%分については、京都議定書に基づきまして、政府が海外の排出枠を買い取る、いわゆる京都クレジットを取得して対応することとしたわけでございます。そして、NEDO法を改正して、政府……

第190回国会 経済産業委員会 第5号(2016/04/01、47期、自由民主党)【政府役職】

○林国務大臣 中小企業の足元の状況については、今先生御指摘がありましたけれども、着実に改善傾向にあるものの、やはり地域や業種あるいは事業者の規模によってばらつきがあるというふうに感じております。このため、地域の経済と雇用を支える中小企業あるいは小規模事業者の生産性の向上によって、収益力を高め、また経済の好循環につなげていくことが必要ではないかというふうに考えております。  経産省としては、ものづくり補助金あるいは小規模事業者持続化補助金などによりまして、中小企業、小規模事業者が行う新たな商品、サービスの開発や販売開拓などを支援しているところでございます。また、都道府県にありますよろず支援拠点で……

第190回国会 経済産業委員会 第6号(2016/04/06、47期、自由民主党)【政府役職】

○林国務大臣 核燃料サイクルにつきましては、今、石川委員が御指摘のとおりでありまして、高レベル放射性廃棄物の量の減少、そして放射能レベルの低減、そしてまた資源の有効活用などの観点から、エネルギー基本計画で閣議決定したとおり、自治体や国際社会の理解を得つつ、推進する方針でございます。  通常の原子炉で行う軽水炉サイクルにつきましては、その中核となる六ケ所再処理工場、MOX燃料加工工場について、現在、原子力規制委員会におきまして新規制基準への適合性審査が行われているところでございまして、経産省としても、これらの工場につきまして、事業者、日本原燃が審査に厳格に対応すると同時に、その竣工へ向けた取り組……

第190回国会 経済産業委員会 第7号(2016/04/20、47期、自由民主党)【政府役職】

○林国務大臣 まず最初に、このたびの熊本地方における地震でお亡くなりになりました方々に対しまして、心から御冥福をお祈りしたいと存じますし、また、被災を受けた方々あるいは負傷された方々に対しましても、お見舞いを申し上げたいと存じます。  経産省といたしましても、私自身が陣頭指揮をとりまして、ライフラインであります電気、ガスの復旧、あるいはガソリンなどの供給、あるいは、食料品、日用品など必要物資のコンビニエンスあるいはスーパーなどを通じた配送、そして、被災した中小企業に対する支援体制などに全力を挙げてきたところでございます。  引き続き、関係省庁、自治体とも連携をして、やれることは全部やっていきた……

第190回国会 経済産業委員会 第8号(2016/04/22、47期、自由民主党)【政府役職】

○林国務大臣 我が国の中小企業、小規模事業者は、地域の経済と雇用を支えている大変重要な存在だと思っておりますし、我が国経済の牽引役だというふうに考えております。  これらの中小企業の生産性は、大企業と比べて半分にとどまっておりまして、機械設備などへの投資、あるいはまた事業主のマネジメント改革が必要なことについては、佐藤先生御指摘のとおりだというふうに認識をしているところでございます。  機械設備の投資につきましては、これまでは、ものづくり補助金あるいは中小企業投資促進税制によりまして、設備投資の推進に取り組んできたわけでございます。  今国会に提出しております中小企業等経営強化法案においては、……

第190回国会 経済産業委員会 第10号(2016/05/11、47期、自由民主党)【政府役職】

○林国務大臣 川内地域の避難計画については、策定段階から政府がしっかり関与しておりまして、一昨年九月に、総理を議長とする原子力防災会議におきまして、具体的かつ合理的であることを確認して、了承をされているところでございます。  ただし、原子力災害対策にこれで完璧ということはありません。政府としては、引き続き、一旦策定した避難計画であっても、支援と確認を継続して行いまして、避難訓練の成果なども踏まえまして、原子力災害対策の改善強化を図っていきます。  原発については、安全最優先といたしまして、独立した原子力規制委員会の専門的な判断を尊重することが基本方針でございます。この方針に従って対応してまいり……

第190回国会 経済産業委員会 第11号(2016/05/13、47期、自由民主党)【政府役職】

○林国務大臣 今回の三菱自動車の不正は、ユーザーの信頼を裏切ると同時に、取引先などにも影響を及ぼすものでありまして、まことに遺憾に思います。  経産省としては、三菱自動車に対しまして、ユーザーや取引先、販売店などへの対応に万全を期すこと、そして事実関係、原因などの報告を行うことを指示いたしました。  三菱自動車の取引先企業への影響を把握するため、職員を岡山県に派遣してヒアリングを行っておりますし、また地元自治体、岡山県、倉敷市と連携したアンケート調査なども進めているところでございます。  一昨日、岡山県知事から我が省の北村政務官にも御要望いただいたわけでありますけれども、三菱自動車と取引関係が……

第190回国会 経済産業委員会 第12号(2016/05/20、47期、自由民主党)【政府役職】

○林国務大臣 本法案は、地域経済を支える中小企業等の経営力を向上して生産性を高める、こういうことで収益を確保して、経済の好循環を確かなものにするというためのものでございます。  具体的には、小売業、運送業、製造業といった業種ごとに所管の大臣が指針を示して、これに沿った取り組みを行う中小企業等を支援するということでございます。  今回新たに措置する内容は、これまでの新事業の支援にとどまらず、本業の成長をも目指すものでございまして、これまでの施策より幅広い取り組みを促すものとなっております。  また、中小企業基本法上の中小企業に加えまして、地域経済の中核的な企業等のいわゆる中堅クラスの事業者も本法……

第190回国会 予算委員会 第2号(2016/01/08、47期、自由民主党)【政府役職】

○林国務大臣 軽減税率制度の導入、運用に当たりましては、混乱が生じないよう、事業者の準備が円滑に進むよう取り組んでまいりたいと思っております。  その一環として、昨年十二月に予備費九百九十六億円の使用が閣議決定されたわけでございまして、まず、中小企業、小売事業者等に対しまして、複数税率に対応したレジの導入等に支援を行います。また、複数税率への対応ができない電子的な受発注システムを用いている中小小売事業者あるいは卸売事業者等に対しまして、システム改修の支援をしっかりと行っていきます。  加えて、平成二十七年度補正予算では百七十億円が計上されております。事業者に対しまして十分な周知を行うこととして……

第190回国会 予算委員会 第3号(2016/01/12、47期、自由民主党)【政府役職】

○林国務大臣 生産性向上のためには、御指摘のとおりでございまして、ハードの設備のみならず、ソフト面の投資、そして人材面の投資、これが重要であると考えておりまして、今般の補正予算に盛り込みましたものづくりでは、機械装置の設備に加えて、ソフトウエアの導入も支援対象となっているところであります。人材育成については、ものづくり現場での知見を有するOB人材を指導者として育成、派遣する、あるいはまた中小企業の技術、技能を向上させるための研修の受講などを支援しているところであります。  ハード面、ソフト面、人材面の投資、それぞれを支援して生産性革命を実現するというところでございます。

第190回国会 予算委員会 第4号(2016/01/13、47期、自由民主党)【政府役職】

○林国務大臣 インボイス制度につきましては、事業者の事務負担を配慮して、その導入時期は平成三十三年四月としております。  事業者がインボイス制度に係る事務に対応するに当たっては、濱村委員御指摘のように、商品管理や受発注、経理などの事務を含めてITシステムをうまく活用する、それが効率化していく工夫を講じていくことが重要であるというふうには考えております。  平成二十九年四月の軽減税率制度の円滑な導入のためには、中小の小売事業者が複数税率に対応するために必要なレジの導入、システム改修等につきまして支援を実施していくことにしております。この支援策も、インボイス導入への準備に資するものというふうに認識……

第190回国会 予算委員会 第6号(2016/02/03、47期、自由民主党)【政府役職】

○林国務大臣 四月からの小売全面自由化によりまして、新たに八兆円の市場が開放されるわけであります。既に二百五十社以上が参入申請をしておりまして、ガスや石油のみならず、鉄道や通信などの業種からの新規参入、また、既存の電力会社同士の競争が既に始まっております。  今後、エネルギー産業が、電気やガスといった業種あるいは地域の垣根を越えた総合的なエネルギー産業に発展していくことを期待しているところでございます。  例えば、ある大手ガス会社は、本業の都市ガス事業に加えまして、この電気事業を強化するために通信会社、電力会社と提携を進めておりまして、これによりまして、電気、ガス、通信の一括セット割引を実現す……

第190回国会 予算委員会 第7号(2016/02/04、47期、自由民主党)【政府役職】

○林国務大臣 自動車産業は、消費地に近い場所で生産する、言ってみれば地産地消に近いのを基本としているわけでありまして、技術や生産能力なんかも、グローバルな観点でその体制をつくっているというのが実態でございます。  だから、アメリカにおいても、販売している自動車の七割が現地生産でございまして、もちろん日本から百五十四万台も輸出はしているわけでありますけれども、北米生産は大体四百四十六万台、七割を数えているわけでございます。  だから、そういう意味で、完成車の関税の引き下げに加えまして、現地生産ができる、自動車部品の関税が下がることによって、ビジネス実態から見て極めて重要なものだというふうに全体的……

第190回国会 予算委員会 第8号(2016/02/05、47期、自由民主党)【政府役職】

○林国務大臣 下請取引対策につきましては、これまで、下請代金法に基づきまして、支払いの遅延や減額等について厳正な監視、取り締まりを行ってきました。秋元議員御指摘のように、平成二十六年度には、約二十四万件の書類調査によって違反の疑いのある情報を収集し、また約一千件の立入検査、改善指導を行いまして、親事業者に対しても違反行為の是正や再発防止策を求めてきたところでございます。  加えて、相談窓口であります下請かけこみ寺の開設、下請代金法講習会の開催、業種別の下請ガイドラインの策定などによりまして、違反行為の未然防止にも取り組んできているわけであります。  しかしながら、まだまだ中小企業、小規模事業者……

第190回国会 予算委員会 第10号(2016/02/09、47期、自由民主党)【政府役職】

○林国務大臣 総理の施政方針演説のとおり、中小企業の生産性向上を支援する法案の提出を検討しているところでございます。  中小企業、小規模事業者の生産性は大企業に比べて今半分にとどまっておりまして、特に飲食や小売を初め、地域の雇用を支え、今後の成長の鍵となるサービス業の生産性が低いわけであります。また、生産性向上のための事業計画についてみずから考える余裕が十分にない場合も多いというふうに考えておりまして、このため、小売業、サービス業を初めとする事業者の本業の生産性を向上するための新たな支援の枠組みについて検討しております。  具体的には、まず、各業種を所管する大臣が業種ごとに生産性向上の優良事例……

第190回国会 予算委員会 第12号(2016/02/15、47期、自由民主党)【政府役職】

○林国務大臣 昨年十二月十八日に予備費を使用することを閣議決定しまして、中小の小売事業者等に対しまして、複数税率に対応したレジ導入の補助、また複数税率に対応できない電子的な受発注システムを用いている中小の小売業者あるいは卸売業者に対して、システム改修の補助を行うことにしてあります。  これらの補助率は原則三分の二でございますが、規模の小さな事業者への配慮の観点から、三万円未満のレジに対する補助率は四分の三とすることで、より手厚く支援をすることとしております。  また、規模の小さい事業者にあっても補助金申請を円滑に行えるように申請書類を簡素化するなど、手続負担にも配慮した制度設計を今進めていると……

第190回国会 予算委員会 第15号(2016/02/19、47期、自由民主党)【政府役職】

○林国務大臣 軽減税率制度の導入、運用に当たりまして、伊佐議員御指摘のとおり、混乱が生じないよう、現場の声を聞きながらしっかりと取り組んでまいります。  中小企業、小規模事業者に対する支援としては、昨年十二月十八日に予備費を使用することが閣議決定をしております。中小の小売事業者等に対しまして、軽減税率に対応したレジの導入の補助、そしてまた、今お話がありましたように、複数税率への対応ができない電子的な受発注システムを用いている中小の小売事業者、卸売事業者に対しましてシステム改修の補助を行うことにいたしました。事業者が補助金申請を円滑に行えるように申請書類も簡素化するといったように、手続負担にも配……

第190回国会 予算委員会 第16号(2016/02/22、47期、自由民主党)【政府役職】

○林国務大臣 関議員御指摘のとおりでございまして、中小企業が景気回復できたというふうに実感するには、やはり赤字の企業を黒字化していくというのが大事だと思っていまして、そういった意味では、この黒字化の好事例を他の企業にお伝えする、やはり広げていくことが必要だろうというふうに思っております。  具体的には、さまざまな分野で活躍する中小企業の取り組み事例を、はばたく中小企業三百選ということとして今、全国に紹介することにしています。またさらに、よろず支援拠点を拡充しまして、各都道府県におきまして、経営課題に関する相談にきめ細かく応じるということも進めております。  こうした取り組みとともに、生産性を向……

第190回国会 予算委員会 第18号(2016/03/01、47期、自由民主党)【政府役職】

○林国務大臣 中野委員御指摘のように、中小企業の海外展開を後押ししていくためには、知的財産の保護や活用、さらには標準化の戦略について、スピード感を持って必要な支援策を講じていくことが重要だというふうに思っております。  このために、全国四十七都道府県に設置されました知財総合支援窓口において、弁理士やあるいは弁護士などの専門家によって情報提供などをワンストップで行っているところでありまして、年間約十五万件、そのうち海外は五千件程度あります。また、外国で知的財産を権利化するための出願費用に対する補助、あるいはまた模倣品対策調査費用のための助成、これについても引き続き実施してまいります。  あわせて……

第190回国会 予算委員会 第20号(2016/05/16、47期、自由民主党)【政府役職】

○林国務大臣 中小企業への対策につきましては、被災直後より相談窓口を設置するとともに、政府系金融機関による災害復旧貸し付けの実施や、通常の保証とは別枠での一〇〇%保証などの措置を早急に講じたところでございます。  私自身も現地で被災された中小企業の方々から直接お話を聞いたわけでございますけれども、資金繰り支援だけでは立ち直るのは限界だという声を聞いております。  直接被災された中小企業、あるいは間接的に影響を受けている方々に対しても、一刻も早く事業を再開して復興していただくことが、仕事が戻り生活が再建できるわけでございまして、このためにも、被害状況や支援ニーズに応じて、江田議員御指摘のグループ……


各種会議発言一覧(衆議院)

40期(1993/07/18〜)

第129回国会 決算委員会第二分科会 第1号(1994/05/26、40期、自由民主党)

○林(幹)分科員 自由民主党の林幹雄でございます。  私は、外国語教育、特に英会話、英語の教育について絞ってお尋ねをしていきたいと存じます。  我が国は、皆さんが認める世界で最も進んでいる先進国でありまして、特に経済ではだれもが認めるトップクラスの国でありますけれども、国際語イコール英語というふうに私は理解しているのですが、その英語になってくると、特に会話という形になってきますとおくれているのじゃないか。むしろ後進国かなというような気がするわけでありまして、その英語教育、つまり生きた英語とは会話じゃないかな、このように私は認識しておるわけでありますけれども、政務次官は英会話ができるのでしょうか……


41期(1996/10/20〜)

第140回国会 予算委員会第二分科会 第2号(1997/03/04、41期、会派情報なし)【政府役職】

○林説明員 御説明申し上げます。  いろいろな関連のお金が投入されておりますが、一番よく引用されますのは、私一内閣でございますが、沖縄開発庁の方で所管しております公共事業関係の投入が復帰以降約五兆円という数字がよく引用されております。
【次の発言】 その辺は、内閣として直接分析ということは特段いたしておりませんけれども、そのようなことを時の総理を初めとしてお考えでございまして、それで沖縄政策協議会というものが、九月に総理が沖縄の方へ行かれまして、設置になったということでございます。
【次の発言】 お答えいたします。  そのとおりでございます。


43期(2003/11/09〜)

第159回国会 決算行政監視委員会第四分科会 第1号(2004/05/17、43期、自由民主党)【政府役職】

○林副大臣 北陸新幹線の着工区間の工期短縮と新たな区間の早期着工に関して、地元の期待が高まっているということは、聞いております。  いずれにしても、整備新幹線の取り扱いに関しましては、先ほど鉄道局長が答弁したように、現在、与党整備新幹線建設促進プロジェクトチームで精力的に検討しているところだというふうに承知しております。この検討結果を踏まえた上に、さらに政府・与党検討委員会において検討されるということで、検討が行われるものだというふうに考えているところでございます。

第159回国会 決算行政監視委員会第四分科会 第2号(2004/05/18、43期、自由民主党)【政府役職】

○林副大臣 圏央道につきましては、先生御指摘のとおりでありまして、特に私も成田が絡んできておりまして、重要性は特に感じておるところでございます。  知ってのとおり、延長約三百キロ、そして総事業費三兆円という事業でありまして、今御指摘の首都圏の交通混雑の解消、あるいは環境対策もありますし、都市構造の再編成を図る意味では大変重要な路線だというふうに思っております。  外環、中央環状線と合わせて首都圏三環状道路の一つでございまして、完成すれば、この内側の主要渋滞ポイント約六百と言われていますけれども、この六百カ所がおおむね解消いたしますし、走行時間の短縮やら、あるいは燃料費の減少などによる効果は、年……


44期(2005/09/11〜)

第164回国会 経済産業委員会国土交通委員会連合審査会 第1号(2006/04/07、44期、自由民主党)【議会役職】

○林委員長 休憩前に引き続き会議を開きます。  質疑を続行いたします。三谷光男君。
【次の発言】 小宮山泰子さん。
【次の発言】 三日月大造君。
【次の発言】 迎審議官。
【次の発言】 事務的なこと。
【次の発言】 迎審議官。
【次の発言】 まず、事務的に答えてください。
【次の発言】 塩川鉄也君。


46期(2012/12/16〜)

第186回国会 予算委員会第一分科会 第1号(2014/02/26、46期、自由民主党)【議会役職】

○林主査 これより予算委員会第一分科会を開会いたします。  私が本分科会の主査を務めることになりました。よろしくお願いいたします。  本分科会は、皇室費、国会、裁判所、会計検査院、内閣、内閣府、復興庁及び防衛省所管並びに他の分科会の所管以外の事項についての審査を行うことになっております。  平成二十六年度一般会計予算、平成二十六年度特別会計予算及び平成二十六年度政府関係機関予算中皇室費について審査を進めます。  政府から説明を聴取いたします。山本宮内庁次長。
【次の発言】 以上で説明は終わりました。  それでは、御退席くださって結構です。


47期(2014/12/14〜)

第190回国会 予算委員会第七分科会 第1号(2016/02/25、47期、自由民主党)【政府役職】

○林国務大臣 平成二十八年度の経済産業省関係予算案につきまして御説明申し上げます。  アベノミクスのもとで、企業収益が過去最高となるなど、年明け以降の原油価格の下落や、世界的な金融資本市場の変動にもかかわらず、経済の好循環は着実に回り始めています。他方、地方や中小企業を中心にいまだ実感がないとの声があることも事実です。この経済の好循環を揺るぎないものとし、国民に広くアベノミクスの果実を実感していただくべく、希望を生み出す強い経済を実現します。  このため、平成二十八年度の経済産業省予算案は、一般会計三千三百七十一億円、エネルギー対策特別会計八千三百八十四億円、合計一兆一千七百五十五億円を計上し……


※このページのデータは国会会議録検索システムで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2020/05/21

林幹雄[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計/発言一覧 | 質問主意書