国会議員白書トップ衆議院議員小此木八郎>委員会発言一覧(全期間)

小此木八郎 衆議院議員
「委員会発言一覧」(全期間)

小此木八郎[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計/発言一覧 | 質問主意書


このページでは小此木八郎衆議院議員の委員会および各種会議の発言の冒頭部分と国会会議録検索システムの該当ページへのリンクをまとめています。
 小此木八郎 衆議院議員「委員会統計」(全期間)には委員会および各種会議の活動状況の集計結果を示しています。


委員会発言一覧(衆議院)

40期(1993/07/18〜)

第128回国会 商工委員会 第2号(1993/10/22、40期、自由民主党・自由国民会議)

○小此木委員 神奈川一区から選出をされました小此木八郎でございます。どうぞよろしくお願いをいたします。  きょうは、こういった国会の場で初めての質問を国会議員としてさせていただいております。朝十時から拝聴、拝見をさせていただきまして、ここで質問をされる方、最初の二、三分あいさつから始めてそれから質問に移られる方、あるいは三十分の質問の中で十五分間大演説をされる方々もいらっしゃったように思います。それぞれの方がいらっしゃったわけでありますが、本当に深刻な 問題を質問されたと思っております。私は新人らしく、わからないところも本当に多うございます。両大臣におかれましては、新人にもわかりやすく、あるい……

第128回国会 商工委員会 第4号(1993/10/29、40期、自由民主党・自由国民会議)

○小此木委員 小此木でございます。  前回は中小企業問題等についての質問をさせていただきました。きょうも中小企業問題でありますけれども、今回の特定中小企業者の新分野進出等による経済の構造的変化への適応の円滑化に関する臨時措置法案について、この時期の対策として十分なものであるか、中小企業の海外展開への支援が果たして適正に運用されるのかどうかを中心といたしまして質問をさせていただきます。通産御当局には、わかりやすく具体例を出していただきまして、お答えをいただきたいと思っております。  まず最初に、通産大臣にお尋ねをいたします。  私は、昭和六十一年の円高不況と対比して、今回の不況の方がはるかにその……

第129回国会 商工委員会 第5号(1994/06/03、40期、自由民主党・自由国民会議)

○小此木委員 小此木でございます。よろしくお願いをいたします。  先ほどは林先生の御質問で、林先生、大変長い間先輩方どこの議論をされてきたと思います。私は、昨年の七月に当選をさせていただきまして、この問題も、ある程度国民に近い立場からと言えるかもしれませんけれども、非常に広範な範囲で、内容も複雑であるというふうに感じておりますが、この法律案の理念そして概要、各方面への影響、そして製造物の定義などについてお伺いをしたいと思います。  御答弁いただく方は、なるたけ本当に国民にわかりやすく、具体的に、私にもわかりやすくお話しいただきたいと思います。  まず、経企庁長官にお尋ねをいたします。  なぜ今……

第131回国会 政治改革に関する調査特別委員会 第4号(1994/10/28、40期、自由民主党)

○小此木委員 神奈川一区選出の小此木八郎でございます。質問をさせていただくことに感謝をいたしながら、先生方にお話を伺いたいと思います。  冒頭、私ごとで恐縮でありますが、平成三年の八月に、私の父の小此木彦三郎がこの政治改革の特別委員会の、いわゆるこの政治改革の初めの委員長として就任をいたしました。そして、この部屋におられる諸先生方あるいは国会議員の多くの先生方がこれまで熱心に議論を重ねてこられたことだと思います。しかし当時は、法案成立の時いまだ熟せずということで、委員長の判断として審議未了、廃案ということにいたしました。ただ、政治改革の灯は消してはいけないということで、会期を残して、当時の与野……

第132回国会 消費者問題等に関する特別委員会 第6号(1995/05/18、40期、自由民主党・自由連合)

○小此木委員 参考人の皆様こんにちは。私は自由民主党の小此木八郎と申します。大変参考になる御意見をちょうだいいたしましたことを心から感謝を申し上げます。  円高の問題、内外価格差の問題、いろいろ日本を取り巻く現在の経済状況というのは非常に混乱をしている。もちろん日本だけでないことでありますけれども、我々の生活というのは、明治のころや大正のころ、あるいはもっと昔から比べれば確実に生活水準というのは上がっていて、私なんか昭和四十年の生まれでまだまだ若輩でありますが、そういう中でも、昔の方々のいろいろな苦労された話、そして今の状況というものを比べてみますと、本当に非常に幸せな中で暮らしているというこ……

第136回国会 商工委員会 第4号(1996/03/13、40期、自由民主党)

○小此木委員 自由民主党の小此木八郎でございます。  塚原、田中両大臣には大変お疲れさまでございますが、今のこのとんでもない状況にある国会というもの、本当に権威が落ちてしまったと私は思っておりますが、きょうも新進党の皆さんはいらっしゃいませんけれども、何かこの部屋の外にはおられたようでありますが、早く審議に参加をされるように私からも申し上げたいと思います。  住専を処理するための予算だけが国の予算ではありません。七十五兆円にも上る予算案を、今やっと景気の回復が見え始めてきたというこの時期に、国民の生活や活動に対して一刻も早く、あるいは少しでも不安を与えないためにこれは通さなければならない、執行……

第136回国会 消費者問題等に関する特別委員会 第3号(1996/05/30、40期、自由民主党)

○小此木委員 おはようございます。  自由民主党の小此木八郎でございます。質問をさせていただきますが、よろしくお願いをいたします。  私どもは、国会で議論をしておりまして、週末には地元に帰っていろいろと町を歩き、いろいろな皆さんの声を聞いているわけでありますけれども、国会では住専の問題、いわゆる金融問題をどうしようかということを真剣に議論をしているところでありますけれども、そういったことよりは、私は、人に会えば、景気はどうなるかということをよく言われまして、本当に皆さんと話す機会が多いわけであります。  今の景気というのは戦後最悪とも言われておりまして、これに対して、現在に至るまで、所得税減税……


41期(1996/10/20〜)

第140回国会 商工委員会 第6号(1997/03/21、41期、自由民主党)【議会役職】

○小此木委員長代理 次に、渡辺周君。
【次の発言】 この際、大畠章宏君から関連質疑の申し出があります。渡辺周君の持ち時間の範囲内でこれを許します。大畠章宏君。

第140回国会 商工委員会 第10号(1997/04/16、41期、自由民主党)【議会役職】

○小此木委員長代理 次に、横光克彦君。

第140回国会 商工委員会 第14号(1997/05/13、41期、自由民主党)【議会役職】

○小此木委員長代理 次に、吉田治君。
【次の発言】 次に、吉井英勝君。

第140回国会 商工委員会 第16号(1997/05/16、41期、自由民主党)

○小此木委員 自由民主党の小此木八郎でございます。  この商工委員会におきましては、さまざまな法律が成立をいたしまして、委員長初め各党理事あるいは委員の皆様の熱心な議論に心から敬意を表したいとまず思いますが、もうちょっと委員の皆さんが出席もしなければいけないなというふうにも思いました。  今こういった議論が行われた中で、これから六月の中旬以降、我々議員は地元に帰りまして、国政報告やあるいはさまざまな形で、全国行脚もあるでしょうし、今の経済、大変に閉塞状況が続く中で、さまざまな活動があると思いますけれども、今、国と国民、あるいは政治家と国民との間の距離が非常に縮まっていない、距離があり過ぎるとい……

第142回国会 商工委員会 第10号(1998/04/24、41期、自由民主党)【議会役職】

○小此木委員長代理 次に、吉井英勝君。

第142回国会 商工委員会 第11号(1998/05/06、41期、自由民主党)【議会役職】

○小此木委員長代理 次に、中野清君。

第142回国会 商工委員会 第12号(1998/05/07、41期、自由民主党)

○小此木委員 小此木八郎でございます。  私は、自由民主党を代表して、ただいま議題となっております中心市街地における市街地の整備改善及び商業等の活性化の一体的推進に関する法律案及び大規模小売店舗立地法案につきまして、それぞれ賛成の立場から討論を行うものであります。  近時、我が国の小売商業を取り巻く環境は、ライフスタイルの変化に伴う消費者ニーズの個性化、多様化、高度化の進展等により、大きな変化を遂げております。また、モータリゼーションの進展は、商圏の拡大に伴う新たな競争関係を生み出すに至り、大型店や新たな業態のロードサイド店が郊外に進出する一方で、既存の中心市街地では空き店舗が発生する等の現象……

第142回国会 商工委員会 第14号(1998/05/13、41期、自由民主党)

○小此木委員 自由民主党の小此木八郎でございます。  本日は、きのう大臣から提案理由説明のありました、環境問題に深く関する問題、いわゆる省エネ法と家電リサイクル法でありますが、まず、家電リサイクル法からお伺いをいたしたいと思います。  一般家庭からのごみの排出量というのが、日本の高度経済成長とともにずっとこれは急激にふえてきたということでありまして、最近では使い捨てのものもさらにふえてきた。もっと言えば、ごみの減量対策ですとか、あるいは、これは余りいいことではありませんけれども、景気の低迷ということによってその排出量は横ばいになってきたということでありますが、現実には、これは厚生省の調べという……

第142回国会 商工委員会 第16号(1998/05/22、41期、自由民主党)【議会役職】

○小此木委員長代理 次に、太田昭宏君。

第142回国会 内閣委員会 第11号(1998/06/04、41期、自由民主党)

○小此木委員 おはようございます。私は自由民主党の小此木八郎でございます。  本日のこの御議論はずっと行われてきたわけでありますけれども、この情報公開法案について、これまで本会議における質疑と当委員会における二度の一般質疑が行われました。さらに、先日、参考人からの意見の聴取もありまして、我々質疑を行ったところでございますけれども、本日は、特に参考人の方々の御意見を踏まえまして、これらの論点を解決するために、政府及び野党案の提出者に対し質問を行いたいと思います。  質問に入る前に、政府の情報公開のあり方について、一言私なりの意見を述べたいと思います。  最近の行政の不祥事、このことには、国、地方……

第143回国会 商工委員会 第8号(1998/10/13、41期、自由民主党)【議会役職】

○小此木委員長代理 次に、大畠章宏君。
【次の発言】 次に、西川太一郎君。

第145回国会 商工委員会 第3号(1999/02/10、41期、自由民主党)【議会役職】

○小此木委員長代理 次に、大口善徳君。

第145回国会 内閣委員会 第12号(1999/07/16、41期、自由民主党)

○小此木委員 おはようございます。自由民主党の小此木八郎でございます。  参考人の皆様方には、お忙しいところをお越しいただきまして、ありがとうございました。我が内閣委員会では、先日から、北海道、石川県、広島県、そして沖縄県で地方公聴会を開かせていただきまして、二十六名の公述人からいろいろな御意見を伺ってまいりました。そして、きょうは六名の参考人の皆さんにお越しをいただいたということであります。  いろいろな御意見、もちろん賛成から反対までいろいろな方がいらしたのは当然でございますけれども、きょうは作曲家の中田参考人がいらっしゃいまして、新聞の記事も今読ませていただきました。歌なのに政治的なこと……

第146回国会 商工委員会 第3号(1999/11/10、41期、自由民主党)【政府役職】

○小此木政務次官 文部省から参りました政務次官の小此木八郎でございます。  きょうは、感謝を込めて大畠委員にお答えをいたしたいと思います。  これは言うまでもないことですが、今後、我が国、この日本が、二十一世紀に向けて今の経済というものをよりよく、そして発展させていくためには、さらに高度な研究あるいは技術を身につける、そしてそういうものがきちっとした形で事業化される、その事業化をすることにおいて、人材を育てるということは大変に重要なことだというふうに思っておりますし、そこに新たな若い方々、ベンチャー企業の方々がチャレンジ精神を持っていく、あるいは、そういった中で経営管理能力というものを養う、そ……

第146回国会 文教委員会 第1号(1999/11/05、41期、自由民主党)【政府役職】

○小此木政務次官 皆さん、おはようございます。このたび文部政務次官を拝命いたしました小此木八郎でございます。  私は、大臣、総括政務次官をよく補佐し、そして、これまで教育の振興、文教振興のために多大な御尽力をいただいております委員各位の皆様とともに、よりよき文教推進のために全力で取り組んでまいりたいと存じております。  ぜひ、皆様方の御協力をいただきますよう、委員長を初め委員各位の皆様に御指導、御鞭撻のほどよろしくお願いを申し上げます。  ありがとうございました。(拍手)

第146回国会 文教委員会 第2号(1999/11/09、41期、自由民主党)【政府役職】

○小此木政務次官 今委員が御指摘になりましたような不登校の問題や学級崩壊、こういった問題に触れられましたけれども、今全般的に大臣や総括政務次官がお答えになりましたけれども、私がいろいろ地域の方々にこの学級崩壊や不登校の問題について語るときに、やはり学校側、つまり先生は何か親の責任にしてはいないか、あるいは家庭側は学校、先生の責任にしてはいないか、お互いに何か自分自身のことを考える余裕を持っていないのかなということを私は思うのです。  その実態はどうなっているかということも含めて、基礎、基本の教育内容について、もっとゆとりを持って、わからせる授業を行う、楽しい授業というものを行わせるようなことで……

第147回国会 商工委員会 第5号(2000/03/22、41期、自由民主党)【政府役職】

○小此木政務次官 委員がおっしゃいましたように、国立大学教官の民間企業への役員兼業につきましては、おっしゃったような国家公務員法第百三条の規定によりまして、つまり、所轄庁の長である文部大臣の申し出によって人事院が承認することとなっております。  現在、人事院において、職務専念義務の確保、職務の公正性の確保、公務の信用の確保などの観点から、人事院規則における役員兼業のための承認基準について検討が進められているところであります。  文部省としては、所轄庁としての役割を果たすために、各大学からの申請を踏まえ、個々の兼業が人事院規則に定める承認基準に照らして妥当であるかを判断した上で、人事院に対して申……

第147回国会 商工委員会 第7号(2000/04/04、41期、自由民主党)【政府役職】

○小此木政務次官 こんにちは。  委員が御指摘のように、就学時から消費者としての正しい認識あるいは態度というものを身につけることは非常に重要なことだというふうに私も認識をしておりまして、そのために、これまでも小中高を通じまして、生徒の発達段階に応じて教育をしているところであります。  学校の社会科、公民あるいは家庭科、技術科という中で、クレジットカードの仕組みですとか計画的な利用の重要性、あるいは悪徳商法などの例やクーリングオフ制度などを具体的に教えるとともに、これは経済企画庁との共管でありますが、いろいろな財団を通じて、教師側のマニュアルを作成してさまざまな教え方を工夫している。  私も現場……

第147回国会 商工委員会 第12号(2000/04/19、41期、自由民主党)【政府役職】

○小此木政務次官 委員のおっしゃる著作権法第三十二条二項でございますが、今回の白書のように、国が一般に周知させることを目的として作成し、国の名義で公表した広報資料を、説明の材料として新聞紙などの刊行物に転載する場合には、著作権者である国の許諾を得なくてもよいこととしておりますが、ここで言う刊行物というのは一般に書籍などの印刷物を指すとされていまして、DVDソフトは現行法がやはり想定をしていないケースであるとも考えられ、文理上厳格に解釈をすれば、刊行物には該当しないのではないかと考えられます。
【次の発言】 委員が第三十二条の第一項についてもお述べになりましたから、その点についてはおっしゃるとお……

第147回国会 商工委員会 第13号(2000/04/21、41期、自由民主党)【政府役職】

○小此木政務次官 お答えをいたします。  環境問題というのは、私たちがまさに二十一世紀に向かう中で、これから大変に重要なことだと思っておりまして、今までの大量の生産あるいは消費、そしてそれを大量に廃棄するということに限界が来ているということの問題点をまず教えなければならないということで、その問題が学校教育においても大分浸透はしてきているというふうに今承知をしております。  そのために、例えば学校の中で、理科ですとか家庭科、技術家庭、道徳の中で、児童生徒がリサイクルというものについて正しく理解をし、そして物を大切にする、環境そのものを大切にするということを、心でもって、あるいは態度でもって身につ……

第147回国会 文教委員会 第11号(2000/04/14、41期、自由民主党)【政府役職】

○小此木政務次官 おはようございます。  改めまして、文部政務次官を拝命いたしました小此木八郎でございます。引き続きの、委員長を初め委員の諸先生方の御指導、御鞭撻のほどをよろしくお願い申し上げます。(拍手)


42期(2000/06/25〜)

第156回国会 予算委員会 第25号(2003/06/23、42期、自由民主党)

○小此木委員 おはようございます。私は、自由民主党の小此木八郎でございます。  小泉総理、総理と私は同じ神奈川県民でございまして、そうは申しましても、今までなかなか一緒に会話をさせていただく機会、議論をさせていただく機会がございませんでした。きょうは、どうぞよろしくお願いをいたします。  構造改革についてのこの予算委員会でございますが、何点か質問させていただきます。  総理・総裁に就任をされましてから、はや二年が過ぎました。二年前を思い起こしますと、我が自民党本部には異変が起こった。老若男女を問わずいろいろな方々が自民党本部を取り囲んだ。長蛇の列ができました。その方々が何を求めにいらしたか。小……


43期(2003/11/09〜)

第158回国会 安全保障委員会 第1号(2003/11/27、43期、自由民主党)【議会役職】

○小此木委員長 これより会議を開きます。  この際、一言ごあいさつを申し上げます。  このたび、安全保障委員長に就任をいたしました小此木八郎でございます。まことに光栄に存じますとともに、その職責の重大さを痛感している次第でございます。  今日においても、依然として不透明な国際情勢のもと、国際的な平和構築の枠組みの形成とともに、我が国の平和と安全を確保するため、当委員会に課せられた使命は重大であります。  ここに、委員各位の御協力を賜りまして、公正かつ円満なる委員会運営に努めてまいる所存でございますので、どうぞ何とぞよろしくお願いを申し上げます。(拍手)

第159回国会 安全保障委員会 第1号(2004/02/19、43期、自由民主党)【議会役職】

○小此木委員長 これより会議を開きます。  理事辞任の件についてお諮りいたします。  理事前田雄吉君及び渡辺周君から、理事辞任の申し出があります。これを許可するに御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。  次に、理事の補欠選任についてお諮りいたします。  ただいまの理事辞任並びに委員の異動に伴いまして、現在理事三名が欠員となっております。その補欠選任につきましては、先例により、委員長において指名いたしたいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。  それでは、理事に       大石 ……

第159回国会 安全保障委員会 第2号(2004/02/26、43期、自由民主党)【議会役職】

○小此木委員長 これより会議を開きます。  国の安全保障に関する件について調査を進めます。  この際、お諮りいたします。  本件調査のため、本日、政府参考人として内閣官房内閣審議官大石利雄君、防衛庁防衛参事官安江正宏君、防衛庁防衛局長飯原一樹君、外務省大臣官房審議官兒玉和夫君及び外務省北米局長海老原紳君の出席を求め、説明を聴取いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
【次の発言】 質疑の申し出がありますので、順次これを許します。仲村正治君。
【次の発言】 質疑時間が終了しておりますので、最後に石破長官。

第159回国会 安全保障委員会 第3号(2004/03/09、43期、自由民主党)【議会役職】

○小此木委員長 これより会議を開きます。  参考人出頭要求に関する件についてお諮りいたします。  国の安全保障に関する件、特に東ティモールにおける国連のPKO活動の現状と課題について調査のため、来る十九日金曜日午前十時、参考人として国連東ティモール支援団事務総長特別代表カマレシュ・シャルマ君の出席を求め、意見を聴取いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。  次回は、来る十九日金曜日午前九時五十分理事会、午前十時委員会を開会することとし、本日は、これにて散会いたします。     午前十時一分散会

第159回国会 安全保障委員会 第4号(2004/03/19、43期、自由民主党)【議会役職】

○小此木委員長 これより会議を開きます。  国の安全保障に関する件、特に東ティモールにおける国連のPKO活動の現状と課題について調査を進めます。  本日は、参考人として、国連東ティモール支援団事務総長特別代表カマレシュ・シャルマ君に御出席をいただき、御意見を承ることにいたしております。  なお、本日は、通訳を長井鞠子君及び村崎恵子君にお願いしております。よろしくお願いいたします。  この際、シャルマ参考人に一言ごあいさつを申し上げます。  改めて、おはようございます。シャルマ参考人におかれましては、これまでの国連の東ティモール事務総長特別代表といたしましての御活躍に心から敬意を表する次第でござ……

第159回国会 安全保障委員会 第5号(2004/03/25、43期、自由民主党)【議会役職】

○小此木委員長 これより会議を開きます。  内閣提出、防衛庁設置法及び自衛隊法の一部を改正する法律案を議題といたします。  この際、お諮りいたします。  本案審査のため、本日、政府参考人として内閣官房内閣審議官堀内文隆君、内閣官房内閣審議官貞岡義幸君、警察庁警備局長瀬川勝久君、防衛庁防衛参事官河尻融君、防衛庁防衛参事官松谷有希雄君、防衛庁防衛局長飯原一樹君、防衛庁運用局長西川徹矢君、消防庁次長東尾正君、外務省大臣官房審議官齋木昭隆君、外務省北米局長海老原紳君、厚生労働省大臣官房技術総括審議官上田茂君、国土交通省鉄道局次長杉山篤史君及び国土交通省政策統括官矢部哲君の出席を求め、説明を聴取いたした……

第159回国会 安全保障委員会 第6号(2004/03/30、43期、自由民主党)【議会役職】

○小此木委員長 これより会議を開きます。  国の安全保障に関する件について調査を進めます。  この際、我が国の領土保全に関する件について決議をいたしたいと存じます。  本件につきましては、理事会等におきまして、各党間において御協議をいただいたところ、お手元に配付いたしておりますとおりの案文がまとまりました。  便宜、委員長から案文を朗読し、その趣旨の説明にかえたいと存じます。     我が国の領土保全に関する件(案)   去る三月二十四日に発生した中国人活動家による尖閣諸島魚釣島への不法上陸は、我が国の領土保全上誠に遺憾な事件である。   尖閣諸島は、千八百八十五年以降、政府が沖縄県当局を通じ……

第159回国会 安全保障委員会 第7号(2004/04/15、43期、自由民主党)【議会役職】

○小此木委員長 これより会議を開きます。  国の安全保障に関する件、特に東アジアの安全保障情勢について調査を進めます。  本日は、参考人として杏林大学総合政策学部教授平松茂雄君、岡崎研究所理事金田秀昭君に御出席をいただき、御意見を承ることにいたしております。  この際、平松、金田両参考人にごあいさつを申し上げます。  本日は、御多用中のところ御出席をいただきましたこと、心から御礼を申し上げます。本当にありがとうございます。何とぞ忌憚のない御意見をお述べいただきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。  次に、議事の順序について申し上げます。  まず、両参考人からそれぞれ十五分程度御意見……

第159回国会 安全保障委員会 第8号(2004/06/03、43期、自由民主党)【議会役職】

○小此木委員長 これより会議を開きます。  国の安全保障に関する件について調査を進めます。  本日は、参考人として拓殖大学国際開発学部教授森本敏君、財団法人平和・安全保障研究所理事長渡邉昭夫君に御出席をいただき、御意見を承ることにいたしております。  おはようございます。  この際、両参考人に一言ごあいさつを申し上げます。  本日は、御多用中のところ本委員会に御出席をいただきまして、まことにありがとうございます。何とぞ忌憚のない御意見をお述べいただきたいと存じます。よろしくどうぞお願いいたします。  次に、議事の順序について申し上げます。  まず、両参考人からそれぞれ十五分程度御意見をお述べい……

第159回国会 安全保障委員会 第9号(2004/06/11、43期、自由民主党)【議会役職】

○小此木委員長 これより会議を開きます。  国の安全保障に関する件について調査を進めます。  この際、お諮りいたします。  本件調査のため、本日、政府参考人として内閣官房内閣審議官増田好平君、防衛庁防衛局長飯原一樹君、外務省大臣官房参事官長嶺安政君及び外務省アジア大洋州局長薮中三十二君の出席を求め、説明を聴取いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
【次の発言】 質疑の申し出がありますので、順次これを許します。岩屋毅君。
【次の発言】 次に、赤松正雄君。
【次の発言】 次に、長島昭久君。

第159回国会 安全保障委員会 第10号(2004/06/15、43期、自由民主党)【議会役職】

○小此木委員長 これより会議を開きます。  この際、御報告いたします。  本会期中、当委員会に付託されました請願は、空中給油機の導入配備の中止に関する請願一件であります。本請願の取り扱いにつきましては、先ほどの理事会において検討いたしましたが、委員会での採否の決定は保留することになりましたので、御了承願います。  なお、本会期中、当委員会に参考送付されました陳情書は、お手元に配付してありますとおり、防衛問題に関する陳情書外一件であります。念のため御報告いたします。
【次の発言】 次に、閉会中審査に関する件についてお諮りいたします。  国の安全保障に関する件につきまして、議長に対し、閉会中審査の……

第160回国会 安全保障委員会 第1号(2004/08/06、43期、自由民主党)【議会役職】

○小此木委員長 これより会議を開きます。  閉会中審査に関する件についてお諮りいたします。  国の安全保障に関する件につきまして、議長に対し、閉会中審査の申し出をいたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。  次に、閉会中審査案件が付託になりました場合の諸件についてお諮りいたします。  まず、閉会中、委員派遣を行う必要が生じました場合には、議長に対し、委員派遣承認申請を行うこととし、派遣の目的、派遣委員、派遣期間、派遣地等所要の手続につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。

第161回国会 安全保障委員会 第3号(2004/10/26、43期、自由民主党)【政府役職】

○小此木副大臣 お答えをいたします。  今、まず、中国の東シナ海に関するガス田開発についての情報提供を中国側には求めているところでありますが、前原委員今おっしゃったように、きのう協議がありました。これは中国側から求められたものでありますが、納得のいく答えがなかったということは非常に遺憾に思い、憤りさえ私自身は感じておるところでありますし、それは新聞報道にもあったところであります。  日本といたしまして、今、物理探査というものを進めておりまして、これは冒頭の前原委員の質問でも災害の話がございましたが、あの地域でやはり台風が来ておりまして、十月までには終わる予定でありましたが、来年の一月ごろまで延……

第161回国会 経済産業委員会 第1号(2004/10/22、43期、自由民主党)【政府役職】

○小此木副大臣 おはようございます。この九月に経済産業副大臣を拝命いたしました小此木八郎でございます。  経済産業省は非常に幅広い分野を所管しております。こちらの保坂副大臣、そして、平田、山本両政務官とともに、中小企業、これは日本産業の基盤たる中小企業の活力を回復する、地域経済の社会を明るくする、こういう意味で、私たちの全力を、省内一体となって結束をして頑張ってまいりたい、このように思いますので、委員長を初め委員各位の皆様方の御協力、そして御指導、御鞭撻を何とぞよろしくお願いを申し上げます。  ありがとうございました。(拍手)

第161回国会 経済産業委員会 第2号(2004/10/27、43期、自由民主党)【政府役職】

○小此木副大臣 お答えをいたします。  これまで政府といたしましても、私もこちら側の前には皆さんと一緒に委員をさせていただきまして、さまざまな議論の中で、町づくりについての議論をしてまいりました。  消費者の行動そのものが、あるいは意識そのものが多様化をしてきたり、あるいは車社会がますます高度になって、今委員も御指摘をされましたが、郊外に住居そのものも移ってしまっていった。ところが、我々はそういうことも含めて議論をしてきたはずでありますが、その結果が今につながっているということであれば、これは国の施策もそして我々の議論そのものも、ひっくるめてと言ったら大変恐縮でありますけれども、しかし、それが……

第161回国会 経済産業委員会 第5号(2004/11/10、43期、自由民主党)【政府役職】

○小此木副大臣 おはようございます。中西先生にお答えをいたします。  この法律は、WTO協定違反がおっしゃるように確定したにもかかわらず、いまだに廃止されていない米国の一九一六年アンチダンピング法に基づき提訴された我が国企業が、その訴訟によってこうむった損害を回復することを可能とすべく立法するものであります。  具体的には、一九一六年アンチダンピング法に基づく訴訟の被告として賠償義務を負った我が国企業等は、原告の米国企業等に対し、当該訴訟によりこうむった損害等の回復を請求することができることとするとともに、同法に基づく我が国企業等に対する訴えについて外国裁判所が下した確定判決は、我が国において……

第161回国会 経済産業委員会 第7号(2004/11/17、43期、自由民主党)【政府役職】

○小此木副大臣 本改正案は、これまでも議論になりましたように、カルテル、談合、私的独占、こういったような違反者に対してその抑止力を高めていかなきゃいけない、健全な競争政策というものをしっかりと促進してそういった社会を築いていこうという中でありますが、経済産業省におきましても、これまでも市場における事業者間の健全な競争を促進するように、規制緩和による参入促進等、さまざまな施策に取り組んできたところでもありまして、例えば電気事業あるいはガス事業といった公益事業分野においても、小売市場の部分的自由化、送電網、導管網の開放の義務づけによる新規事業者の参入促進、こういった施策に取り組んできているところで……

第162回国会 安全保障委員会 第4号(2005/03/25、43期、自由民主党)【政府役職】

○小此木副大臣 最後にお答えをいたしますが、先日もこの件で御質問をいただきました。  日本といたしましては、これまで、現時点において具体的な計画はないということでありますが、現在さまざまな方策については検討中であるということも事実でありまして、今お尋ねの件が排除されるものではないと私自身は考えております。

第162回国会 環境委員会 第9号(2005/04/26、43期、自由民主党)【政府役職】

○小此木副大臣 委員の御指摘のとおりだというふうに思いまして、この立入検査は必要であるというふうに思います。  過去のこの立入検査につきましては、年間に数回ということでありまして、これをもうちょっと積極的に、この省エネ法というものを実効性の高いものにするためにも、あるいは国民に安心していただくためにも、立入検査を積極的にやってまいりたいというふうに思います。  具体的に、過去五年間のエネルギー消費原単位で極めて悪化した工場を中心に、ことしは三十以上を立入検査をしてまいりたいというふうに思います。

第162回国会 経済産業委員会 第2号(2005/02/23、43期、自由民主党)【政府役職】

○小此木副大臣 おはようございます。  委員がおっしゃるように、地域では、きめ細かく見ていけば、さまざまな特色のあるところ、努力をしているところ、その努力をさらに伸ばしているところ、本当にあろうかというふうに思いまして、まずはそういった芽をさらに養って、どこにでも届くような芽をこしらえなきゃいけない。そういう意味で、自治体が積極的に活動しているときにさらにそれを支援するという意味で地域再生法案というのが今回提出されるというところであって、これまでも経済産業省として、地域経済といいますか、そういう活性化については積極的に取り組んできたところでありますが、まさに私が今申し上げたように、各地方経済産……

第162回国会 経済産業委員会 第6号(2005/03/16、43期、自由民主党)【政府役職】

○小此木副大臣 おはようございます。  私からお答えをいたしますが、もう委員御存じのように、中小企業というのは、日本の場合は九九・七%、もう一〇〇%近い存在でありますし、雇用は七割を超えているということでございまして、高度成長期も中小企業に支えてきてもらったんだというふうに私たち若い世代の者は特に思っております。  そういう苦しい中であります。また、予算を計上するのも最近は大変苦しいわけでありますけれども、政府で千七百三十億円の予算を計上いたしまして、中小企業への総貸出残高というのは二百五十兆ほどありますけれども、そのうちの、政府系金融機関でいうと二十五兆、あるいはほかにも民間で三十兆、こうい……

第162回国会 経済産業委員会 第8号(2005/03/30、43期、自由民主党)【政府役職】

○小此木副大臣 私からお答えを申し上げますが、今委員が御指摘をされましたIAEAが作成した核物質の防護に関するガイドライン、確かにこれはございますけれども法的な拘束力はない、日本は日本としての国情によって責任を果たしていくということであると私は認識をしております。  改正される前の原子炉の規制法が日本としてはありまして、この規制法の中で厳格に防護措置が講じられてきたというふうにも思います。また、日本としては、米国の同時多発テロというものが起こって以降、我が国の原子力発電所等において、特別の警察部隊ですとか海上保安庁の巡視船艇による二十四時間体制での警備も実施をしてきたところであります。  しか……

第162回国会 経済産業委員会 第9号(2005/04/01、43期、自由民主党)【政府役職】

○小此木副大臣 金融面、つまり金融支援というのはとても重要なことであるというふうに思いまして、先生御指摘のように、LLPへの金融支援もこれは考えなきゃならない、もちろん大事な問題だと思っております。  公的金融機関による融資や信用保証といった既存の中小企業支援策については、LLPを組成した中小企業も活用することができることとしております。また、今国会、先般もこの委員会で御議論をいただいた中小の新法でございますけれども、そういったものにおける補助金、融資、税制面における支援措置についても、このLLPを組成した中小企業が受けることができるようにするということとしております。

第162回国会 経済産業委員会 第10号(2005/04/08、43期、自由民主党)【政府役職】

○小此木副大臣 おはようございます。  私からお答えをいたしますが、御指摘のように、平成十二年の議論の中で、衆議院、参議院ともに附帯決議がついたところでございまして、第一に、後に述べられた中長期的な見通しでございますけれども、NEDOは現在、平成十八年度までの計画に沿って、原料費を除く製造コストを平成十四年度と比べて半減する合理化というものを進めておりまして、具体的には、七つありました工場が四つに減らされていること、三百二十一人おりました職員数が二百三十四人に、組織のスリム化を図るという意味で削減をしているということ、平成十五年十月より、全職員の給与の一律一〇%の引き下げ、これは、労使が力を合……

第162回国会 経済産業委員会 第13号(2005/04/22、43期、自由民主党)【政府役職】

○小此木副大臣 我が国の基本的考え方であります核燃料サイクル政策の根幹をなす、六ケ所再処理工場における再処理事業の実施に当たっては、国家、政府は当然のことでありますけれども、電力会社及び日本原燃などの関係者が万全な注意を払うということはもう常々、当たり前のことであります。  不測の事態、いろいろなことが考えられるというふうに思いますが、先般も新潟で大きな地震がございました。原子力発電所のような、そういうようなところはあらかじめ強い震度にも耐えられるような建設構造にもなっておりますが、さらなるさまざまな現象が考えられるというふうに思います。そのような想定外の事態が発生した場合には、またその時点で……

第162回国会 経済産業委員会 第14号(2005/05/11、43期、自由民主党)【政府役職】

○小此木副大臣 先ほど長官もお答えをいたしましたが、現在弁理士は約六千名ということであります。しかし、平成十二年の弁理士試験制度改革等によりまして、この三年間で約千三百名増加しております。最近では弁理士が一人もいないという都道府県はなくなったということであります。  加えて、都市部の弁理士事務所が地域にも支所が設けられるように日本弁理士会も会則を改正したことなどにより、現在、約二百四十の支所がありまして、弁理士活動の地方展開に寄与しております。しかしながら、御指摘のようにやはり都市部に集中しているということは、いまだにこれは変わらない事実としてございます。  そこで、日本弁理士会では、商標制度……

第162回国会 経済産業委員会 第15号(2005/05/13、43期、自由民主党)【政府役職】

○小此木副大臣 おはようございます。私からお答えをさせていただきます。  報道されましたNEDOの助成事業は、平成十四年度の戦略的産業技術実用化開発補助事業でありまして、助成事業終了後三年以内の実用化を目的とした研究開発について、民間から広く公募を行い、その中から新規性がある技術の実用化に資する事業を選定し、二分の一の助成を行う制度であります。  本助成事業については、平成十四年四月に公募が開始されましたが、株式会社明輪から同年五月に申請があり、外部の有識者による書類審査及び採択委員会での審査を経て、同年六月二十八日に株式会社明輪を含む事業者の採択が決定いたしました。これを受け、同年七月に交付……

第162回国会 経済産業委員会 第16号(2005/05/18、43期、自由民主党)【政府役職】

○小此木副大臣 おはようございます。  平井委員のおっしゃるとおりでありまして、被害は甚大なものになっております。数字で申し上げると、例えば最大の被害が出ている中国においては、特許庁の試算で約九兆円、中国国務院の調査でもこれは約三兆円という、模倣品や海賊版の被害が日本に対して出ているということでありまして、政府として、昨年の八月に、この模倣品、海賊版の対策総合窓口をまず設置いたしました。そして、ことしの四月でございますが、民間企業や団体の申し立てに基づいて、政府がきちんと被害調査を行って、必要があれば相手国と二国間協議等を行うというような申し立て窓口も設置いたしたところであります。  特に中国……

第162回国会 経済産業委員会 第17号(2005/06/08、43期、自由民主党)【政府役職】

○小此木副大臣 私は、これまでそういうような問題が、副大臣に就任する前までも、いろいろ議論としてはありました。決して賛成論者でない立場でおりました。はっきり申し上げて、法案の中身というより郵政民営化そのものの中身が、この世の中にどのようないい影響をもたらすのか悪い影響をもたらすのかということを、ずっと政治家なりに、専門的では決してありませんけれども、かじりながら勉強してきたことは確かでありまして、それが必ずしもいい影響が出るとは思っていない考え方をしておりました。  昨年の九月二十八日でしたか、副大臣に就任をいたしましてから、この内閣の方針というものは、一つに、大きな課題として郵政事業を民営化……

第162回国会 経済産業委員会 第21号(2005/07/15、43期、自由民主党)【政府役職】

○小此木副大臣 おっしゃいますように、京都メカニズムというのは、一つの、地球規模で温室効果ガスを削減するための重要な手法の一つであるというふうに思いまして、CDM、これも重要なものであります。  その中で、我が国の日本の先達たちが築き上げた技術というものを世界に示すということが本当に重要なことであると思います。そういうものを省エネルギー分野のプロジェクトの中で実施をしていくということが委員のおっしゃる重要な意味だというふうに思っております。  こうした省エネルギー分野でのCDMプロジェクトにつきましては、多くの先進国、途上国を問わず、強い期待が寄せられていると思います。特に、中国、インド、チリ……

第162回国会 経済産業委員会 第23号(2005/08/03、43期、自由民主党)【政府役職】

○小此木副大臣 それぞれで専ら努めてきたところがあると思います。責任のなすり合いということでは決してあってはなりませんけれども、それぞれのチェック機能あるいは責任は持ちながらも、積極的に、縦割り、縦割りという批判が起こらないような形にしてまいりたいと思います。

第162回国会 決算行政監視委員会 第4号(2005/04/20、43期、自由民主党)【政府役職】

○小此木副大臣 今、東京の大物産展にかかわる積算についてのお話もございました。また、それぞれ例を出して、議員がいろいろお調べになったこと、先日大臣も、さらにこういったものの精査をして、国会に御報告を申し上げるということを経済産業委員会の中でも申し上げたとおりでありますけれども、今、医師ということについて、あるいは郷土芸能、正確に言うとこれは医療体制ということでありまして、お医者さんそのものはつかなかったけれども看護師はついたというようなこともございます。  そして、この予算参考書というのは見積もりでございまして、その時々の情勢に応じて、政策のより効果的、効率的な実現を図るため、見積もりどおりに……

第162回国会 内閣委員会 第4号(2005/03/18、43期、自由民主党)【政府役職】

○小此木副大臣 おはようございます。  今御指摘の大店法、私も大店法、大店法と言いましたから、これは正式にはどういうふうな名前か改めて調べてみましたら、大規模小売店舗における小売業の事業活動の調整に関する法律と、本当に長い法律。そういう意味では、規制と今言われましたけれども、商業調整をしてきた法律。昭和四十九年から平成十二年まであった法律でございますけれども、例えばそれは、面積を何平米にしなさいだとか、閉店時間は何時までですよとか、開店日はこの日にしてくださいだとか、国が主体となってそういう商業調整をしてきた。  それで、もう商業調整だとか需給調整だとか、そういったものはやめましょうよと、これ……

第162回国会 法務委員会 第13号(2005/04/19、43期、自由民主党)【政府役職】

○小此木副大臣 委員が言われました特例制度ですが、平成十五年の二月から創設されましたけれども、これまで約二万三千社の会社が新たに設立されております。
【次の発言】 これは法務省の民事統計月報というものによる株式会社、有限会社の登記件数と比較したものでありますが、平成十五年は全体の約九万四千件のうち特例による起業約八千五百件、平成十六年には全体約九万八千件のうち特例による起業は約一万二千件となっており、新規登記件数を約一割押し上げる効果があらわれているという、この数字から見ますと、私はこういう制度があってできたものだと思います。
【次の発言】 先ほど申し上げたように、一割程度押し上げる効果という……

第162回国会 法務委員会 第15号(2005/04/26、43期、自由民主党)【政府役職】

○小此木副大臣 一義的にはやはり株主のものであるかなということを認識しておりまして、会社にはやはり多種多様な面があって、多種多様な株主も存在をしているというふうに思います。中には、会社の長期的経営に携わらないというか、そういう株主が存在することも事実であると思います。  一方で、会社には、特に上場企業、この中に従業員、顧客、地域社会などの多数のステークホルダーといいましょうか、そういった方々が存在しており、それは社会的存在であるとも考えられます。  企業の利益の源は他社との競争力の向上にあり、この競争力は優秀な人材があって生み出されるものであり、この意味では、私は、上場企業は株主のものであるが……

第162回国会 法務委員会 第16号(2005/05/10、43期、自由民主党)【政府役職】

○小此木副大臣 会社法案に規定されている合併等対価の柔軟化に係る税制改正の要望につきましては、同法案における関係する諸規定の施行までの間に、課税の公平、適正及び租税回避防止の観点も十分に踏まえて検討してまいりたいと思います。
【次の発言】 今のところ、企業価値研究会、五月の中旬から下旬にかけてそういった結論を出したい、こういうふうなことを考えております。  そして、法改正に結びつくかという問題でありますけれども、企業価値研究会が公表した論点公開では、現行の商法及び会社法現代化により、今御議論されているようなところでありますけれども、防衛策を導入するための法的インフラというのは用意されるというふ……

第162回国会 法務委員会 第17号(2005/05/13、43期、自由民主党)【政府役職】

○小此木副大臣 お答えをいたします。  企業価値研究会は、敵対的買収に対する公正なルールの形成を目的としております。したがいまして、検討の対象は、敵対的買収の対象となり得る上場企業と考えております。

第162回国会 法務委員会 第18号(2005/05/17、43期、自由民主党)【政府役職】

○小此木副大臣 先生がおっしゃるようなルールづくりというのは、これはまさに今御議論いただいている中でも、これからの会社のあり方でも急務だというふうに思っておりまして、具体的にはまだございません、今月中にも法務省とともにこの買収防衛策の指針を策定していきたい、今のところはこういう考えでございます。


44期(2005/09/11〜)

第163回国会 安全保障委員会 第2号(2005/10/07、44期、自由民主党)【政府役職】

○小此木副大臣 お答えをいたします。  細野委員はこれまでもこの問題について、当初中川大臣とも経産委員会でも議論はされてきたというふうに思いますし、その中で、やはりこの問題については国としても慎重な対応をしてまいりました。しかし私も、この委員会の中でのお答えだというふうに思いますけれども、この問題に対する選択肢の大きな一つに、試掘をするということは妨げないというお答えをしたというふうにも思います。  そして、慎重な対応をしてまいりましたが、試掘権というものをずっと出願に対して許可してこなかったわけでありますけれども、ことしになって許可をしてまいりました。民間企業というお話がございましたけれども……

第163回国会 経済産業委員会 第1号(2005/10/07、44期、自由民主党)【政府役職】

○小此木副大臣 皆さん、こんにちは。小此木八郎でございます。  改めて副大臣を任ぜられました。大臣をよく補佐し、そして保坂副大臣、平田、山本両政務官とともに経済産業政策を進めてまいりたいと思いますので、御鞭撻のほどをよろしくお願いいたします。  ありがとうございます。(拍手)

第163回国会 経済産業委員会 第2号(2005/10/19、44期、自由民主党)【政府役職】

○小此木副大臣 おはようございます。私からお答えをいたします。  おっしゃるように、平成十五年度の研究開発税制の抜本的な強化を受けまして、我が国の民間研究開発投資、これは大きく増加をしております。平成十六年度から二年連続で約七千億円の増加となり、民間研究開発投資は、平成十五年度の十一・七兆円から、平成十七年度には十三・一兆円に達する見込みであります。  研究開発税制の強化は、企業の設備投資の国内回帰や先端分野の積極的な研究開発投資をもたらしておりまして、具体的には、二つ申し上げますが、情報家電メーカーの例では、国際競争に勝ち抜くため次世代ディスプレーの研究開発拠点の新設を進めており、平成十八年……

第163回国会 経済産業委員会 第3号(2005/10/26、44期、自由民主党)【政府役職】

○小此木副大臣 おはようございます。  私からお答えをさせていただきますが、おっしゃるように、いろいろな見方がございますけれども、数字が示しているのは、やはり日本の景気が確実によくなっているというところでありますけれども、それは業種ですとか、おっしゃったように地域によっても差があるということでもありまして、私も選挙区がありますから、地元に聞きますと、それは、そうはいうものの、そういう感じが全然感じないよという人も多々いることを認識しております。  そして、今委員がおっしゃいましたように、業況判断DI、七月―九月の数字でありますけれども、岐阜県、福島県、青森県、鳥取県などは全国水準と比較しても低……

第166回国会 議院運営委員会 第12号(2007/03/09、44期、自由民主党)

○小此木委員 動議を提出いたします。  お手元に配付してあります内閣提出の地域再生法の一部を改正する法律案外八案件は、本会議において趣旨説明を聴取しないこととし、議長においてそれぞれ所管の委員会に付託されることを望みます。

第166回国会 議院運営委員会 第26号(2007/04/26、44期、自由民主党)

○小此木委員 動議を提出いたします。  内閣提出の競争の導入による公共サービスの改革に関する法律の一部を改正する法律案は、本会議において趣旨説明を聴取しないこととし、議長において内閣委員会に付託されることを望みます。

第166回国会 議院運営委員会 第36号(2007/05/29、44期、自由民主党)

○小此木委員 動議を提出いたします。  石崎岳君外四名提出の厚生年金保険の保険給付及び国民年金の給付に係る時効の特例等に関する法律案は、本会議において趣旨説明を聴取しないこととし、議長において厚生労働委員会に付託されることを望みます。

第166回国会 議院運営委員会 第40号(2007/06/07、44期、自由民主党)

○小此木委員 動議を提出いたします。  保岡興治君外五名提出の借地借家法の一部を改正する法律案、内閣提出の電子記録債権法案、安全保障会議設置法等の一部を改正する法律案は、いずれも本会議において趣旨説明を聴取しないこととし、議長においてそれぞれ所管の委員会に、なお、電子記録債権法案については財務金融委員会に付託されることを望みます。

第166回国会 議院運営委員会 第42号(2007/06/12、44期、自由民主党)

○小此木委員 動議を提出いたします。  内閣提出、参議院送付の総合研究開発機構法を廃止する法律案、消防法の一部を改正する法律案、社会保障協定の実施に伴う厚生年金保険法等の特例等に関する法律案、社会福祉士及び介護福祉士法等の一部を改正する法律案、参議院提出の救急医療用ヘリコプターを用いた救急医療の確保に関する特別措置法案の各法律案は、いずれも本会議において趣旨説明を聴取しないこととし、議長においてそれぞれ所管の委員会に付託されることを、また、第百六十四回国会、中山太郎君外五名提出の臓器の移植に関する法律の一部を改正する法律案、第百六十四回国会、斉藤鉄夫君外三名提出の臓器の移植に関する法律の一部を……

第168回国会 議院運営委員会 第1号(2007/09/10、44期、自由民主党)

○小此木委員 甚だ僣越でございますけれども、委員の皆様方のお許しをいただきまして、一同を代表いたしまして、逢沢前委員長に一言ごあいさつを申し上げます。  逢沢前委員長は、昨年九月に御就任以来、その卓越した御見識と強い信念を持たれて、当委員会の円滑な運営と国会の権威の向上に尽くされてこられました。私たち一同、深く敬意を表しますとともに、その御労苦に対し深甚なる謝意を申し上げます。  また、このたびは、予算委員長に御就任になられました。今後の御活躍と御発展を心からお祈りいたすとともに、当委員会に対し、格別な御理解と御協力をお願い申し上げます。  簡単ではございますが、逢沢前委員長に対し感謝の意を表……

第168回国会 議院運営委員会 第22号(2008/01/17、44期、自由民主党)

○小此木委員 平成二十年度の衆議院歳出予算の要求について、庶務小委員会における審議の経過及び結果について御報告申し上げます。  まず、平成二十年度の衆議院歳出予算の要求について御説明申し上げます。  平成二十年度の本院予定経費要求額は、六百六十九億九千万円余でありまして、これを前年度予算額と比較いたしますと、十五億一千万円余の増額となっております。  その概要を御説明申し上げますと、まず、国会の権能行使に必要な経費として四百十八億五千万円余、本院の運営に必要な経費として二百十五億二千三百万円余を計上いたしております。  これらの経費は、議員関係の諸経費、職員の人件費並びに事務局及び法制局の事務……

第169回国会 議院運営委員会 第5号(2008/01/29、44期、自由民主党)

○小此木委員 動議を提出いたします。  津島雄二君外四名提出の国民生活等の混乱を回避し、予算の円滑な執行等に資するための租税特別措置法の一部を改正する法律案、国民生活等の混乱を回避し、予算の円滑な執行等に資するための関税暫定措置法の一部を改正する法律案、石田真敏君外四名提出の国民生活等の混乱を回避し、地方団体における予算の円滑な執行等に資するための地方税法の一部を改正する法律案の各法律案は、いずれも本会議において趣旨説明を聴取しないこととし、議長においてそれぞれ所管の委員会に付託されることを望みます。

第170回国会 議院運営委員会 第9号(2008/11/06、44期、自由民主党)

○小此木委員 本会議で修正案とともに原案を採決することについての意見を申し上げたいと存じます。  本日の本会議にかかります金融機能強化法につきまして、原案についても採決すべきとの主張がございまして、これにつきましては、財務金融委員会からも同様の要請が議運の委員長にあったという御報告を先ほどの理事会で伺いました。  財務金融委員会の意向は理解するところでございますが、最終的に本会議の採決のやり方を決めるのは議院運営委員会であり、従来どおりの採決方法が望ましいという見地から、私の意見を述べたいと存じます。  確かに、五十年以上前には原案について採決をした例があると承知しております。よりよい採決のあ……

第171回国会 議院運営委員会 第2号(2009/01/06、44期、自由民主党)

○小此木委員 動議を提出いたします。  内閣提出の平成二十年度における財政運営のための財政投融資特別会計からの繰入れの特例に関する法律案、地方交付税法及び特別会計に関する法律の一部を改正する法律案、平成二十年度における地方道路整備臨時交付金の総額の限度額の特例に関する法律案、柳澤伯夫君外八名提出の銀行等の株式等の保有の制限等に関する法律の一部を改正する法律案の各法律案は、いずれも本会議において趣旨説明を聴取しないこととし、議長においてそれぞれ所管の委員会に付託されることを望みます。
【次の発言】 先ほど玄葉理事から、総理大臣出席のもとでの趣旨説明について言われましたけれども、私どもといたしまし……

第171回国会 議院運営委員会 第4号(2009/01/16、44期、自由民主党)

○小此木委員 平成二十一年度の衆議院歳出予算の要求について、庶務小委員会における審議の経過及び結果について御報告申し上げます。  まず、平成二十一年度の衆議院歳出予算の要求について御説明申し上げます。  平成二十一年度の本院予定経費要求額は、六百八十五億二百万円余でありまして、これを前年度予算額と比較いたしますと、二十二億六千万円余の増額となっております。  その概要を御説明申し上げますと、まず、国会の権能行使に必要な経費として四百三十七億五千五百万円余、衆議院の運営に必要な経費として二百十二億四千百万円余を計上いたしております。  これらの経費は、議員関係の諸経費、職員の人件費並びに事務局及……

第171回国会 議院運営委員会 第10号(2009/02/09、44期、自由民主党)

○小此木委員 議院運営委員会といたしましては、議長から諮問のありました予算委員会からの公聴会開会承認要求につきまして、承認すべきものと答申されるようお願いいたします。

第171回国会 議院運営委員会 第30号(2009/04/23、44期、自由民主党)

○小此木委員 衆議院憲法審査会規程案の起草案につきまして、提案者を代表して、その趣旨及び内容について御説明申し上げます。  一昨年の第百六十六回国会において日本国憲法の改正手続に関する法律が成立し、国会法の一部が改正されたことに伴い、第百六十七回国会召集日に各議院に憲法審査会が設置されております。審査会に関する事項は、各議院の議決によりこれを定めるものとされており、本規程案は、原則として従来の憲法調査会規程を踏襲しつつ、議案の審査権の付与に伴う変更を加え、審査会の構成や議事手続等について整備するものであります。  以下、規程案の内容を順次御説明いたします。  第一に、審査会は、日本国憲法及び日……

第171回国会 議院運営委員会 第31号(2009/04/27、44期、自由民主党)

○小此木委員 本日は、中山太郎憲法に関する前調査会長をお招きいたしまして、非常に公平公正な話を聞くことができたというふうに思います。また、各党の皆様からも今お話をお聞きした上で、与党の筆頭理事の立場で意見を申し述べさせていただきたいと思います。  第百六十六回通常国会で成立した憲法改正手続法において、次の国会の召集日に憲法審査会を設置することは法律に明記されており、その次の国会、第百六十七回臨時国会の冒頭に審査会は既に設置されています。  しかしながら、この審査会を運用すべき規程が二年間も定められておらず、これは明らかな立法府の不作為であるというふうに私どもは思ってまいりました。与党としては、……

第171回国会 議院運営委員会 第36号(2009/05/26、44期、自由民主党)

○小此木委員 国会議員の歳費法の一部改正につきまして、その趣旨を御説明いたします。  去る五月一日に出されました人事院勧告を受け、国家公務員がことし六月に受ける期末・勤勉手当を暫定的に一割弱、約九・三%削減する法案が、現在国会で審議中であります。国会議員の期末手当については、歳費法の本則の規定で内閣総理大臣等の特別職の国家公務員と連動することとなっているため、これと同じ削減率とするのであれば、歳費法の改正は必要ありません。  しかしながら、今回の人事院の特別調査によれば、民間企業のことしの夏のボーナスは、対前年比マイナス一三・二%となっています。また、五月二十日の経団連の発表によれば、大企業平……

第171回国会 議院運営委員会 第37号(2009/05/28、44期、自由民主党)

○小此木委員 きょうも枝野前調査会会長代理にお越しをいただきましてお話を聞きました。  前回は、中山先生の場合は合意がないということでのこの委員会の開催ではありましたが、本日は、私は、与野党の合意のもとで行われたということで、賛成、反対ありますが、決まったことで行われたというふうに思っています。  さきの中山会長の発言の中で、憲法論議は内閣ではなく国会の責務、権限であるべきで、政権を争う与野党対峙の論戦とは一線を画した全国民代表の論議であるべきだということをおっしゃいましたが、きょうの枝野前会長代理も同趣旨のお話をされたというふうに思っています。  そこで、当時の総理大臣の話も出ましたけれども……

第171回国会 議院運営委員会 第41号(2009/06/09、44期、自由民主党)

○小此木委員 小此木でございます。  結論から申し上げたいと思いますが、私は、この憲法審査会の規程制定について、次回の本会議で決定をするための本会議を行っていただきたいというふうに思います。  この委員会では、平成十二年に設置されました憲法調査会、平成十七年に設置されました特別委員会当時の、与野党を代表する四人の皆様をお招きして御意見を聴取する会を設けてまいりました。四人のうち三人につきましては、ほとんどの合意を得る中でのこういう機会をつくることができたということ、それぞれの皆さんから、御意見を聴取後、聞きました。これについては、乱暴という声も聞かれましたが、私自身は乱暴な運営をしてきたという……

第171回国会 議院運営委員会 第42号(2009/06/11、44期、自由民主党)

○小此木委員 発言をさせていただきます。自民党の小此木八郎でございます。  この議運の委員会を通じて、憲法審査会の規程を本会議において制定するということについて、何度か意見交換、議論をさせていただきました。私どもは、百六十六回の憲法改正手続法にのっとってそれを進めたかったというわけでございます。  先ほど、共産党さん、社民党さんの話もございました。私どもは、憲法の議論そのものに反対をされているという印象を持っております。  民主党の発言につきましては、これまでも、衆議院での不正常な採決について何らけじめがついていないと。けじめがついていなければ、なぜ民主党は参議院での議論に応じたのか、ここにつ……

第171回国会 議院運営委員会 第43号(2009/06/16、44期、自由民主党)

○小此木委員 動議を提出いたします。  去る九日の本会議において厚生労働委員長から中間報告がありました第百六十四回国会、中山太郎君外五名提出、臓器の移植に関する法律の一部を改正する法律案、第百六十四回国会、石井啓一君外一名提出、臓器の移植に関する法律の一部を改正する法律案、第百六十八回国会、金田誠一君外二名提出、臓器の移植に関する法律の一部を改正する法律案、根本匠君外六名提出、臓器の移植に関する法律の一部を改正する法律案の各法律案を委員会から直ちに本会議に移し本日の本会議において一括議題とし、その審議を進められることを望みます。

第171回国会 議院運営委員会 第47号(2009/07/02、44期、自由民主党)

○小此木委員 動議を提出いたします。  葉梨康弘君外二名提出の政党助成法の一部を改正する法律案は、本会議において趣旨説明を聴取しないこととし、議長において政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会に付託されることを、また、第百七十回国会、村田吉隆君外四名提出の公職選挙法の一部を改正する法律案は、本会議において趣旨説明を聴取しないことを望みます。


46期(2012/12/16〜)

第183回国会 予算委員会 第6号(2013/02/14、46期、自由民主党)

○小此木委員 おはようございます。私は、自由民主党の小此木八郎です。  私は、自由民主党を代表し、ただいま議題となっております平成二十四年度一般会計補正予算、平成二十四年度特別会計補正予算、平成二十四年度政府関係機関補正予算、以上三案に対しまして、賛成の討論を行います。  我が国経済は、今、大きな試練に立たされております。円高、デフレ不況が長引くことで、名目GDPは三年前の水準とほぼ同じ程度にとどまり、製造業の競争力は低下、貿易赤字も拡大しております。  昨年、第二次安倍政権が樹立されるや、円高傾向は急速に緩和され、株価も急速に回復しております。しかし、まだまだ国内の成長機会や若年雇用の縮小、……

第183回国会 予算委員会 第9号(2013/03/07、46期、自由民主党)

○小此木委員 おはようございます。総理、お疲れさまでございます。私は、自民党の小此木八郎です。  総理とは、平成五年に初めて当選をさせていただいて、もう二十年になります。野田先生が今四十年といいますから、すごいなと思いながら質問を聞かせていただきましたが、安倍総理は、そういう意味で私たち同期の中では出世頭なんですね。だから、本当に頑張ってもらおう、こういうふうに思っています。  一方で、私は、みずからの力不足、不徳で落選を経験しまして、この三年余り、いろいろな勉強をさせていただきました。(発言する者あり)まあ、大きくなったかどうかは別として。  総理の先日の施政方針演説。「強い日本、それをつく……

第183回国会 予算委員会 第19号(2013/04/05、46期、自由民主党)

○小此木委員 おはようございます。自民党の小此木八郎です。  福島県に派遣された委員を代表いたしまして、団長にかわり私からその概要を御報告申し上げます。  派遣委員は、山本有二委員長を団長として、理事萩生田光一君、長妻昭君、石田祝稔君、委員秋元司君、石川昭政君、菅家一郎君、坂本剛二君、中山泰秀君、辻元清美君、小熊慎司君、坂本祐之輔君、佐藤正夫君、宮本岳志君、私、小此木八郎の十五名であります。  去る三日、現地において、松本幸英楢葉町長との懇談、除染の現状に関する関係者からの説明聴取を行った後、いわき市小名浜において会議を開催いたしました。  会議におきましては、いわき市長渡辺敬夫君、浪江町長馬……

第183回国会 予算委員会 第23号(2013/04/16、46期、自由民主党)

○小此木委員 第七分科会について御報告申し上げます。  本分科会は、経済産業省所管について審査を行いました。  詳細につきましては会議録に譲ることといたしますが、その主な質疑事項は、サービス産業の振興を通じた雇用、所得増の必要性、中小企業、小規模事業者への支援、商店街の活性化、原発・エネルギー政策のあり方、再生可能エネルギーの推進、循環型社会の推進に向けた容器包装リサイクルのあり方等々であります。  以上、御報告申し上げます。


47期(2014/12/14〜)

第193回国会 災害対策特別委員会 第6号(2017/09/05、47期、自由民主党・無所属の会)【政府役職】

○小此木国務大臣 おはようございます。  このたび国土強靱化担当・内閣府防災担当大臣を拝命いたしました小此木八郎でございます。  防災は国家の基本的かつ極めて重要な任務であると認識しており、災害対策を担当する大臣として、いつ起こるかわからない災害に備え、常に緊張感を持って職務に当たってまいる決意であります。そして、国家百年の大計として、災害に強くしなやかな国づくりを進めてまいる所存であります。  秋葉委員長を初め理事、委員各位の御指導、御鞭撻を賜りますように、よろしくお願いを申し上げます。  まず、被害状況等の報告に先立ちまして、平成二十九年七月九州北部豪雨等により亡くなられた方々の御冥福を改……


48期(2017/10/22〜)

第195回国会 内閣委員会 第1号(2017/11/22、48期、自由民主党)【政府役職】

○小此木国務大臣 小此木八郎でございます。  国家公安委員会及び死因究明等の推進に関する事務を担当する大臣として、一言御挨拶申し上げます。  もとより、良好な治安を確保することは、政府の重要な責務です。日本を世界一安全な国にするため、以下の諸施策を強力に推進します。  第一に、厳しさを増す国際テロ情勢等を踏まえ、二〇二〇年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の開催も見据えて、情報収集・分析、水際対策、警戒警備のほか、官民連携による訓練の充実等を通じ、オール・ジャパンでのテロ対処能力の強化等に努め、テロ対策に万全を期します。また、北朝鮮による拉致容疑事案等の捜査、調査に全力で取り組みます。 ……

第195回国会 内閣委員会 第2号(2017/11/24、48期、自由民主党)【政府役職】

○小此木国務大臣 おはようございます。御質問ありがとうございます。  十月二十七日に委員の御地元の岸和田・大沢地区にお邪魔いたしまして、知事や地元の市長さん、そして委員初め御選出の議員の皆さんにも御案内をいただいて、牛滝川の水没、府道の水没で軽自動車が巻き込まれて、その中に女性が一人おられ、その方がお亡くなりになったというところでございました。ことしは特に、事務方がお答えしましたとおり、大雨、台風、地震も含めまして非常に災害が多い近年でありまして、多くの方々がお亡くなりになり、人の命がなくなるということでありますから、大変なことであります。  その現場にお邪魔をいたしまして、思わず手を合わせま……

第195回国会 内閣委員会 第4号(2017/12/06、48期、自由民主党)【政府役職】

○小此木国務大臣 国会でお決めになるべき話だと承知をしております。
【次の発言】 恐縮です。  北朝鮮の漂着案件が、十一月に入りましてから、それも下旬、三件、四件とありました。  この北朝鮮にかかわる話というのは、所管ではありませんけれども、拉致の話からミサイル、核実験、多くの国民に不安を与えていると思っております。  漂着案件も、その船あるいは遺体が見つかったりというものがございまして、特に、委員の御懸念は不法上陸ということもあろうかと、不法上陸についての御心配もあろうかと思うんですけれども、そういうものの対処について、警察においては、平素から関係機関と連携をして、日本海沿岸地域のパトロール……

第196回国会 災害対策特別委員会 第2号(2018/02/16、48期、自由民主党)【政府役職】

○小此木国務大臣 おはようございます。本日は、何とぞよろしくお願いいたします。  私から、大雪による主な被害状況及びその対応等について御報告いたします。  まず、改めまして、このたび亡くなられた皆様方に心からのお悔やみを申し上げますとともに、被害に遭われた皆様方にお見舞いを申し上げます。  二月の四日ごろから冬型の気圧配置が続き、平年より十度以上低い強い寒気に覆われたことなどに伴って、北日本から西日本の日本海側を中心に大雪となり、特に福井県福井市では、昭和五十六年豪雪以来三十七年ぶりの記録的な大雪となりました。  この二月四日からの大雪に伴い、これまでに、除雪作業中の事故等により死者十八名、重……

第196回国会 災害対策特別委員会 第4号(2018/03/22、48期、自由民主党)【政府役職】

○小此木国務大臣 おはようございます。  国土強靱化担当、防災担当大臣の小此木八郎でございます。  第百九十六国会における御審議に当たりまして、災害対策に関する私の所信を申し上げます。  我が国は、その自然的条件から、各種の災害が発生しやすい特性を有しております。こうした我が国の特性を踏まえ、防災は国家の基本的かつ極めて重要な任務であるとの認識に立ち、災害に強くしなやかな国づくりを進めてまいる所存です。  いまだ記憶に新しい東日本大震災や熊本地震を始め、この一年間にも火山の噴火、台風、豪雨、大雪等による災害が発生しております。特に、昨年七月の九州北部豪雨やその後の台風、本年一月の本白根山の噴火……

第196回国会 災害対策特別委員会 第5号(2018/04/12、48期、自由民主党)【政府役職】

○小此木国務大臣 おはようございます。  内閣府では、現行の委任制度の枠組みに加えて、大規模・広域的災害に備え、迅速かつ円滑な事務実施のため、都道府県と連携体制がとれる政令市を災害救助法の新たな救助主体とすることを提案しているところでありまして、その経緯については今事務方からお話をいたしました。また、委員がおっしゃったような、阪神・淡路大震災、東日本大震災におけるいろいろな経験に基づく問題意識、こういったことも踏まえて今まで論じてまいりました。  都道府県と連携がとれる政令市を救助主体にすることによって、新しい救助主体の政令市は、被災者に直接向き合っており、日ごろのつき合いが濃いということから……

第196回国会 災害対策特別委員会 第6号(2018/05/17、48期、自由民主党)【政府役職】

○小此木国務大臣 おはようございます。  ただいま議題となりました災害救助法の一部を改正する法律案につきまして、その提案理由及び内容の概要を御説明申し上げます。  法律案は、東日本大震災、平成二十八年熊本地震を教訓に、いつ起こるかわからない災害に備えるため、内閣総理大臣の指定する救助実施市の長による救助の実施に係る制度を創設することにより、災害救助の円滑かつ迅速な実施を図ることを目的とするものであります。  以上が、この法律案を提出する理由であります。  次に、法律案の内容について、その概要を御説明いたします。  第一に、救助実施市の長による救助の実施についてであります。  防災体制、財政状況……

第196回国会 災害対策特別委員会 第7号(2018/05/24、48期、自由民主党)【政府役職】

○小此木国務大臣 災害救助法の改正案でありますけれども、いろいろな御懸念がないかということの御質問だと思います。  本法案は、御案内のように、東日本大震災や熊本地震を教訓として、昨年十二月にまとめられました災害救助に関する実務検討会の最終報告、あるいは、ことし二月からの宮城県、愛知県及び兵庫県における協議の場においての実務的検討を踏まえ、国会に提出をいたしました。  本法案により、救助実施市である指定都市においては、被災状況を踏まえ国と調整ができることから、迅速な被災者救済ができること、また、都道府県は、指定都市以外の被災自治体への支援にマンパワーやあるいは財源、こういったことを注力することが……

第196回国会 災害対策特別委員会 第8号(2018/07/05、48期、自由民主党)【政府役職】

○小此木国務大臣 おはようございます。  私から、まず、大阪府北部を震源とする地震にかかわる被害状況等について御報告をいたします。  まず、このたびの地震でお亡くなりになられた方々にお悔やみを申し上げるとともに、被災された方々に対し、心よりお見舞いを申し上げます。  六月十八日の午前七時五十八分、大阪府北部を震源とするマグニチュード六・一の地震が発生し、大阪府内で震度六弱を観測いたしました。  この地震に伴い、これまでに、死者四名、重傷者十五名等の人的被害のほか、全壊九棟、半壊八十四棟を含め、約二万六千棟の建物被害が生じています。また、通勤通学時間中に鉄道の運休が相次いだことや、広域で都市ガス……

第196回国会 災害対策特別委員会 第9号(2018/07/19、48期、自由民主党)【政府役職】

○小此木国務大臣 おはようございます。  私から、平成三十年七月豪雨に係る被害状況等について御報告をいたします。  まず、今回の大雨被害につきましても、多くの死者が出ました。亡くなられた方々にお悔やみを申し上げるとともに、被災された方々に対し、心よりお見舞いを申し上げます。  台風第七号と台風から変わった低気圧及び日本海付近に停滞した梅雨前線に暖かく湿った空気が流れ込んだ影響等により、六月二十八日以降、西日本を中心に、全国的に広い範囲で大雨となりました。この大雨により、合計で十一の府県に大雨の特別警報が発表されるなど、過去に例を見ない異常な事態となりました。各地で河川の氾濫や土砂災害が相次ぎ、……

第196回国会 内閣委員会 第1号(2018/03/02、48期、自由民主党)【政府役職】

○小此木国務大臣 国家公安委員会及び死因究明等の推進に関する事務を担当する大臣として、所信の一端を申し述べます。  もとより、良好な治安を確保することは、政府の重要な責務です。日本を世界一安全な国にするため、以下の諸施策を強力に推進します。  第一に、厳しさを増す国際テロ情勢等を踏まえ、二〇二〇年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の開催も見据えて、情報収集・分析、水際対策、警戒警備のほか、官民連携による訓練の充実等を通じ、オール・ジャパンでのテロ対処能力の強化等に努め、テロ対策に万全を期します。また、北朝鮮による拉致容疑事案等の捜査、調査に全力で取り組みます。  第二に、サイバー空間の脅……

第196回国会 内閣委員会 第2号(2018/03/09、48期、自由民主党)【政府役職】

○小此木国務大臣 お疲れさまです。  まず、三谷委員から、御地元の警察署が、オレオレ詐欺ですとか振り込め詐欺ですとかを始めとする特殊詐欺について、こういうことをやっていると御紹介いただきましたことに感謝をしたいと思います。  刑事局長が答弁しましたように、一昨年と昨年を比べると件数がふえている、特に、お年寄りを対象とした、いわば力の弱い立場の方にそういうものが向いているということは憤りを感じますよね。ですから、多くのところどころで、そういう気をつけてもらいたいという発信はしなきゃならないと思います。  私も先日、局長が今話をした観点からの話を、特殊詐欺の話をマスコミの関係者と話す機会がございま……

第196回国会 内閣委員会 第6号(2018/03/30、48期、自由民主党)【政府役職】

○小此木国務大臣 国会の委員会からの要求を受けて提出する資料については、書換えがなされるようなことはあってはならない話だと認識しています。  また、今回の事態を閣僚の一人として重く受けとめておりまして、総理からの公文書管理に関する指示をしっかりと踏まえて、国民の信頼回復に努めていかなきゃならないものと考えております。  いずれにせよ、国会の要請にできる限り丁寧に対応していくよう、引き続き指導してまいりますし、私もその気持ちでおります。
【次の発言】 今回の事態のことについて、閣僚の一人として重く受けとめておりまして、あってはならないことであると認識しています。

第196回国会 内閣委員会 第9号(2018/04/11、48期、自由民主党)【政府役職】

○小此木国務大臣 塩川委員には、予算委員会におきましても火山について御質問をいただきました。  本白根山、あるいは、昨年、ちょうど秋口ですけれども、霧島・新燃岳の噴火もございまして、いまだにまだレベルが低くない状況にあるところでありますので、おっしゃった観点から、国民の生活に与える影響は多々と思いますし、不安も残っているところだと思います。  今、政府として一生懸命それに当たっているところであると思いますけれども、警察において、例えば降灰によって、住民の移動手段、こういったものは限定されるなどの影響があることも念頭に置きつつ、迅速的確な災害救助活動や交通対策が行われるよう降灰時の対応力の向上等……

第196回国会 内閣委員会 第10号(2018/04/13、48期、自由民主党)【政府役職】

○小此木国務大臣 おはようございます。  今回の古物営業法の一部改正でありますけれども、今、金子委員がいろいろとお話をいただいたところが全般的なところだと思います。  近年、複数の都道府県で営業を行う古物商の数が増加をしてまいりました。古物営業の業態の変化も進んでまいりました。業界から許可単位の見直しなどの要望が寄せられたものが、まず、こういったことを踏まえたものであります。  このたびの改正によって、許可制度の見直しについては、古物商等の手続的負担の軽減が図られることにより都道府県にまたがる展開が容易になり新たなビジネスチャンスの拡大に寄与するという効果、営業制限の見直しについては、古物商の……

第196回国会 内閣委員会 第21号(2018/05/25、48期、自由民主党)【政府役職】

○小此木国務大臣 おはようございます。  委員の御懸念の高齢運転者の事故等、増加をしておりますし、これからもその増加が見込まれるところで、今、事務当局からさまざまな対策について説明をさせていただきました。  警察においては、これまでも累次、高齢運転者対策を強化しています。  話がありましたように、運動機能の低下、アクセルとブレーキを間違えてしまう、あるいは認知機能の低下という結果も出てまいりました。  昨年三月には、認知症対策の強化等を内容とする改正道路交通法が施行されたところであります。加えて、昨年七月には、政府の交通対策本部において、高齢運転者による交通事故防止対策について決定されました。……

第196回国会 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 第2号(2018/03/29、48期、自由民主党)【政府役職】

○小此木国務大臣 おはようございます。国家公安委員会委員長の小此木八郎でございます。  拉致問題に関する警察の取組について御報告申し上げます。  北朝鮮による拉致容疑事案は、我が国の主権を侵害し、国民の生命身体に危険を及ぼすとともに、被害者やその御家族に耐えがたい苦痛を与える許しがたい犯罪であり、治安上極めて重大な問題であります。  現在、警察においては、日本人が被害者である拉致容疑事案及び朝鮮籍の姉弟が日本国内から拉致された事案、計十三件十九人を拉致容疑事案と判断するとともに、拉致の実行犯として、北朝鮮工作員等計十一人について、逮捕状の発付を得て国際手配をしているところです。  また、これら……

第196回国会 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 第3号(2018/04/02、48期、自由民主党)【政府役職】

○小此木国務大臣 警察においては、昨年十一月、今おっしゃいましたように、秋田県の由利本荘市、また北海道松前小島に朝鮮半島からのものと思料される木造船が漂着して、生存者が確認された事実を認知いたしました、警察においてでございます。警察において、また関係機関と連携して対応を実施してきたところであります。  個々具体の内容については、事柄の性質上、お答えを差し控えさせていただきますが、警察においては、関係機関とともに、これまで生存して発見された乗組員に対し、予断を持たずに、さまざまな事柄について事情聴取を行ったと承知をしています。  次に、日本海沿岸の警備についてでありますけれども、御案内のように、……

第196回国会 予算委員会 第2号(2018/01/29、48期、自由民主党)【政府役職】

○小此木国務大臣 おはようございます。  昨年夏の九州北部豪雨を始め、今委員もおっしゃいましたけれども、近年で自然災害が頻発しております。先週も大雪やあるいは本白根山の噴火、亡くなられた方がいらっしゃいます。心からお悔やみを申し上げますとともに、被災された皆様方にお見舞いの気持ちを申し伝えたいと思います。  そういう中で、先ほど申し上げた豪雨、近年の大規模災害、甚大な被害発生、この被災自治体からは、復旧復興に迅速に取り組むため、激甚災害の指定の早期化が強く望まれているところであります。  政府としては、これまでも指定手続の早期化に努めてまいりましたけれども、更に速やかな指定ができるよう、手続の……

第196回国会 予算委員会 第3号(2018/01/30、48期、自由民主党)【政府役職】

○小此木国務大臣 まず、安全第一という観点からだと思いますが、第二種免許は旅客自動車運送事業においての免許であります。  人命を預かるタクシーあるいはバスの運転者は、さまざまな状況下において旅客を安全かつ確実に輸送するため、通常より高度な運転技能等が求められるということから、第二種免許を要することとされております。  第二種免許は旅客の安全確保に重要な役割を果たしていると私は考えております。
【次の発言】 保育園の件で、十二月七日、宜野湾市の保育園において、軍用ヘリに使用されている部品カバーが発見された事案ということだと思いますけれども、沖縄県警では、通報を受け、直ちに現場に臨場し、現場の状況……

第196回国会 予算委員会 第6号(2018/02/06、48期、自由民主党)【政府役職】

○小此木国務大臣 防災担当大臣でございますが、委員がおっしゃいましたように、熊本地震から二年がたつ中で、いまだ四万人を超える方々が仮設住宅での生活を余儀なくされておりまして、一日も早い住まいの再建が重要であると認識しております。  政府といたしましては、住宅再建に向け、損壊家屋等の公費解体、被災者生活再建支援金の支給、災害公営住宅の整備等を支援しております。  また、先ほどお話がありましたように、復興基金を活用することにより、熊本県で、仮設住宅入居者に対する自宅再建に要する資金の利子や転居費用等を助成する事業を実施するなど、政府と被災自治体が一体となって、全力で住まいの再建の後押しをしておりま……

第196回国会 予算委員会 第9号(2018/02/09、48期、自由民主党)【政府役職】

○小此木国務大臣 防災担当大臣でございますけれども、今回の大雪は、二月四日ごろに日本海側を中心として大変な大雪となりました。特に福井市におきましては、昭和五十六年豪雪以来、三十七年ぶりの記録的な大雪になりました。委員がおっしゃいましたように、亡くなられた方、合計七人と聞いておりますが、改めてお悔やみを申し上げますとともに、被害に遭われた皆さんにお見舞いを申し上げます。  政府といたしまして、まず、先週二日に、金曜日ですが、災害対応の警戒会議を関係省庁とともに催しました。これはまだ大雪となる前の予報の段階でありまして、早期からの情報の把握に努め、政府としての警戒態勢を強めていこうと、情報共有をし……

第196回国会 予算委員会 第12号(2018/02/15、48期、自由民主党)【政府役職】

○小此木国務大臣 まず、私からも改めて、今回の大雪、豪雪で亡くなられた方々、被害に遭われた方々に、お悔やみとお見舞いを申し上げます。  今般の豪雪でも見られますように、雪害、豪雪の被害は、交通機能や市民の生活に多大な影響を与えることと認識をしています。  このため、政府として、防災基本計画に雪害対策を明確に位置づけ、必要な施設設備や要員の体制整備などのハード、ソフト両面の対策を進めてきたところであります。  例年、降積雪期、降り始めから、融雪出水期、雪の解け始め、その時期に人的被害が生じてきましたことを踏まえて、人命の保護を第一とした防災体制の一層の強化を図るべく、毎年十一月及び三月には、総理……

第196回国会 予算委員会 第13号(2018/02/19、48期、自由民主党)【政府役職】

○小此木国務大臣 お尋ねのことについては、警察庁において具体的な件数等は把握はしておりません。  逮捕権につきましては、人の体の自由を拘束するものであります。人権に直接関係することから、慎重かつ適正に運用されるものだと私は認識をしています。  逮捕状を取得している場合においても、証拠の証明力等を十分に吟味をした上で、逮捕が相当でないと判断されるときなどあります。相当であるとき、不相当であるとき、これも判断をするときがあろうかと思います。逮捕状を執行せずに任意捜査することは、捜査を進める中で通常あるものと承知をしています。
【次の発言】 御指摘の事案について、警視庁において、これは何度も申し上げ……

第196回国会 予算委員会 第14号(2018/02/20、48期、自由民主党)【政府役職】

○小此木国務大臣 今回の規制により、パチンコ遊技における遊技玉数の増減の波がより穏やかになると考えられることから、過度な遊技が抑止され、一定の効果があるものと考えています。(大西(健)委員「何が抑止されるの」と呼ぶ)過度な遊技が抑止され、一定の効果があるものと考えています。  パチンコへの依存防止対策、出玉規制のみならず、業界において進められている依存問題を抱える人等への相談対応等を含めて、総合的に推進することが肝要であると認識しており、しっかりと取組を進めてまいりたいと思います。
【次の発言】 射幸心という言葉がありますが、こういったものを抑えるという意味があろうかと思います。

第196回国会 予算委員会 第16号(2018/02/22、48期、自由民主党)【政府役職】

○小此木国務大臣 おっしゃるとおり、先日の災害対策特別委員会でも、この雪による災害は大災害だ、こういうふうに申し上げました。  特に、都市機能の麻痺、あるいは交通の関係の立ち往生ということもありました。  なお、これからも、被災された地域の状況をしっかりと認識をして、国としてもしっかりと連携をとって対応に当たってまいる所存であります。
【次の発言】 これは平成二十五年度の災対特の委員会の決議だと存じておりますけれども、御指摘の決議は、ふだん雪の少ない山梨県ですとか埼玉県への大雪によってもたらされた甚大な被害を鑑み、適切な措置を講じるよう決議されたものと認識をしております。  政府においては、決……


各種会議発言一覧(衆議院)

40期(1993/07/18〜)

第129回国会 予算委員会第三分科会 第1号(1994/06/07、40期、自由民主党・自由国民会議)

○小此木分科員 神奈川一区から選出をされております小此木八郎でございます。どうぞよろしくお願いをいたします。  本日、文部省管轄の要望、質問をさせていただきます。特に、ワールドカップあるいはオリンピックの招致のことに関してお伺いをいたしたいと思います。  皆様が御承知のとおり、昨年発足いたしましたJリーグのサッカー人気は一大ブームを巻き起こしております。私の選挙区の横浜においても、横浜マリノスあるいは横浜フリューゲルス、こういう二チームがありまして、他の都市にまさるとも劣らない大人気であります。両チームの本拠地である横浜市神奈川区の三ツ沢競技場の入場チケットは、私なんかでは大変にそのチケットを……

第129回国会 予算委員会第七分科会 第1号(1994/06/07、40期、自由民主党・自由国民会議)

○小此木分科員 神奈川県第一区から選出をいただいております小此木八郎と申します。どうぞよろしくお願いをいたします。  本日は、横浜市の地下鉄あるいは鉄道関係のことに関しまして質問させていただきたいと思います。  横浜市は人口が三百三十万人の大都市であります。現在、地下鉄事業の営業キロは三十三キロありまして、戸塚から横浜市緑区のあざみ野間で運行がされております。さらに、今度は戸塚から藤沢市の湘南台に至る延長七・四キロの路線を工事着工に向けて諸準備を進めているところであります。これが横浜における地下鉄の現状であります。  さて、この大都市における交通対策の充実のために、国は平成六年度から地下高速鉄……

第129回国会 予算委員会第八分科会 第1号(1994/06/07、40期、自由民主党・自由国民会議)

○小此木分科員 神奈川県第一区から選出をいただいております、大変に日ごろから御指導をいただいております小此木八郎でございます。よろしくお願いをいたします。  森本大臣、建設省の方々に、御所管の質問をさせていただきたいと思います。  まず、平成十年に行われます神奈川国体並びにワールドカップサッカーの開催候補スタジアムとして今建設を進めています横浜国際総合競技場、この競技場への国の補助金はわずかに一二%から一三%ということでありますけれども、さらにこれは拡充をすべきではないかと私は思っておりますが、大臣、これについてはいかがでありましょうか。

第132回国会 予算委員会第八分科会 第2号(1995/02/21、40期、自由民主党・自由連合)

○小此木分科員 自由民主党の小此木八郎でございます。本日はよろしくお願いをいたします。  まず、今回の阪神大震災において、被災者の方々に対し、哀悼の意を表し、一日も早い復興を心よりお祈りいたす次第であります。また、一議員として、微力でありますが、私もそこに力を尽くしたい、こういうふうに思っております。  私は、一昨年の総選挙で国会に議席をいただきましたが、その間、今回のこともそうでありますけれども、自然からの災いによっていろいろなことがあった。政治も経済も混乱をしている中でそういうことがあったわけでありますが、一昨年は冷夏の中で大変米が不足をいたしました。そして、昨年はそれとは全く正反対で暑い……

第136回国会 決算委員会第四分科会 第1号(1996/05/30、40期、自由民主党)

○小此木分科員 自由民主党の小此木八郎でございます。きょうはお疲れさまでございます。私で最後でありますから、三十分よろしくお願いをいたします。  昨年の阪神・淡路大震災によりまして、危機管理という言葉が改めて人々の中で使われるようになったと思いますけれども、きょうはその意味も込めましてぜひお聞きをしたいのです。  私も、朝駅頭に立ちましてマイクを持つときがありますが、ふだんはいろいろな紙をお配りするのですけれども、地震があった直後に、皆さんのお住まいの近くの緊急避難場所というものをすべて書いた紙を配った。いつもは自分の書いたいろいろな政策文はとってもらえないけれども、そういった地震の直後であり……


41期(1996/10/20〜)

第140回国会 決算委員会第三分科会 第1号(1997/05/26、41期、自由民主党)

○小此木分科員 おはようございます。自由民主党の小此木八郎でございます。  本日は、尊敬します河本三郎経企庁政務次官に質問をさせていただく場を与えていただきまして、まことに光栄でございます。  景気問題を中心に質問をさせていただきたいと思いますが、きょう、私は、この質問が終わりましてから、早速、地元が横浜なものですから、小さなミニ懇談会がございまして、質問してきたことを皆さんにわかりやすく説明しなければいけませんけれども、本当に簡単なようで難しい問題だと思いますが、経済企画庁というところは一体何 をするところか、この辺から次官にひとつお聞きしたいというふうに思います。ぜひわかりやすくお願いいた……

第147回国会 予算委員会第一分科会 第1号(2000/02/25、41期、自由民主党)【政府役職】

○小此木政務次官 小此木でございます。  いつごろの設置ということでございますけれども、創設準備から創設に移行するために、文部省において、教育課程、管理運営体制、施設設備計画について十分検討をして結論を得るとともに、国立高等専門学校用地の確保の見通しなど諸準備が整っていることが必要であると思われ、このような状況を踏まえれば、国立高等専門学校の創設は十四年度以降というふうになると考えられると思います。  また、先ほど委員がおっしゃいましたように、沖縄の若い人たちの地元離れということを考えますと、政府としては、ぜひこれからも、沖縄というのはすばらしい土地であるというふうなことを思っていただきたい。……

第147回国会 予算委員会第三分科会 第2号(2000/02/28、41期、自由民主党)【政府役職】

○小此木政務次官 科学技術庁長官を兼ねておられる文部大臣がいらっしゃいますが、せっかくでありますので、私、小此木から答弁をさせていただきたいと思います。  まずは三十人学級のことについてでありますけれども、今後の学級編制や教職員配置のあり方については、現在、教職員配置の在り方等に関する調査研究協力者会議において、中教審の答申の提言、この内容を基本として、また諸外国の実態も参考としつつ、教職員配置と定数のあり方、あるいは学級規模及び学習集団のあり方について検討を進めているところでありますが、いまだ結論には至っていないということであります。  また、仮に全国で三十人学級というものを一律に実施したと……


43期(2003/11/09〜)

第162回国会 法務委員会財務金融委員会経済産業委員会連合審査会 第1号(2005/04/20、43期、自由民主党)【政府役職】

○小此木副大臣 私がお答えをいたします。  三月に公表した企業価値研究会の論点公開骨子では、有事の際の防衛策の扱いに関して、取締役の恣意的な判断を排除する工夫の一つとして、第三者によるチェック機能を働かせることが有効であるとしています。  第三者は、経営陣から独立性が高いほど、また、経営判断事項を決定する権能と会社に対して責任を有しているほど合理性が高まると考えられて、例えば機関投資家の支持を集めるためには、社外取締役や社外監査役が防衛策の維持または解除の判断に関して明確に関与することが求められています。  なお、我が国において第三者チェック機能を働かせるために、どのような形で利益相反のない第……

第162回国会 予算委員会第七分科会 第1号(2005/02/25、43期、自由民主党)【政府役職】

○小此木副大臣 おはようございます。  委員がこの問題につきまして昨年も質問をされました。先ほどお伺いしましたけれども、非常に熱心に取り組んでおられる御様子、そういったものに敬意を表したいというふうに思います。  大臣も先ほど申し上げましたように、いろいろなところで実証もしております。当省では、七つの業界において、実証のための期間を持ってもらっているということでございます。例えば、百貨店の婦人靴売り場でICタグの実証実験を行っております。ICタグを婦人靴につけることで、顧客の好みに合ったデザイン、色、サイズ、これはよく我々も商品を求めるときに、探し当てたものの、サイズが合わなかったり色が合わな……

第162回国会 予算委員会第七分科会 第2号(2005/02/28、43期、自由民主党)【政府役職】

○小此木副大臣 御指摘のネットワークビジネスというのは、今一般的にはマルチ商法というふうに呼ばれていまして、特定商取引法においては連鎖販売取引と定義され、厳格な規制がされているということは、今までの議論でもあったとおりであります。  そういう中でも、販売活動に携わる組織や個人がしっかりと正しいルールのもとで商売を行われていれば、それは規制の対象とはならないというか、自由な経済活動の中でやっていただいて結構な話でありますけれども、例えばおれおれ詐欺ですとか振り込め詐欺なんという被害額は、今、数億、数十億の単位じゃないんですね。何百億という単位で、これがそのまま同じものであるかといえば、それは違う……


44期(2005/09/11〜)

第168回国会 議院運営委員会庶務小委員会 第1号(2007/12/07、44期、自由民主党)【議会役職】

○小此木小委員長 これより庶務小委員会を開会いたします。  本日は、九段議員宿舎耐震改修工事に関する件について御協議願うことといたします。  まず、事務総長の説明を求めます。
【次の発言】 これより懇談に入ります。
【次の発言】 これにて懇談を閉じます。  それでは、九段議員宿舎の耐震改修工事につきましては、ただいま御協議いただきましたとおり、平成二十年度においては行わないことといたします。  また、九段議員宿舎に入居されている議員各位に対しては、当面、赤坂議員宿舎の各会派割り当てを柔軟に運用することとし、赤坂議員宿舎の全室が埋まるまでは、赤坂議員宿舎に転居していただくことを強く要請することと……

第168回国会 議院運営委員会庶務小委員会 第2号(2008/01/17、44期、自由民主党)【議会役職】

○小此木小委員長 これより庶務小委員会を開会いたします。  本日は、平成二十年度本院予定経費要求の件について審査をいたしたいと存じます。  まず、平成二十年度予算に関しまして、昨年十二月二十一日、いわゆるトップ会談において、財政当局と協議した結果を御報告いたします。  笹川議院運営委員長より、「九段議員宿舎の耐震改修工事については、平成二十年度においては行わず、庶務小委員会の決定に基づき、来年六月三十日までに九段議員宿舎から赤坂議員宿舎に移転していただけるよう議員各位に御協力願っているところである。その後の九段議員宿舎の取り扱いについては、その方法、内容等について新築も含めた議論をしつつ、概算……

第168回国会 内閣総理大臣の指名両院協議会協議委員議長副議長互選会 第1号(2007/09/25、44期、自由民主党)【議会役職】

○小此木副議長 ただいま皆様の御推挙によりまして、副議長に選任されました。  よろしくお願いいたします。

第169回国会 議院運営委員会庶務小委員会 第1号(2008/06/17、44期、自由民主党)【議会役職】

○小此木小委員長 これより庶務小委員会を開会いたします。  本日は、九段議員宿舎の今後の扱いについて御協議願うことといたします。  それでは、これより懇談に入ります。
【次の発言】 これにて懇談を閉じます。  改めまして、それでは、九段議員宿舎につきましては、今居住されておられる方々につきまして、赤坂への転居受け付けは六月末日までといたしたいと存じます。七月中の転居につきましてはその費用をお出しするということ、もう一つは、八月の末日をもって九段宿舎については完全に閉鎖をいたします。こういうことで決定をさせていただきたいと思います。御異議ございませんか。

第169回国会 議院運営委員会庶務小委員会 第2号(2008/08/27、44期、自由民主党)【議会役職】

○小此木小委員長 これより庶務小委員会を開会いたします。  本日は、平成二十一年度本院予算概算要求の件について御協議願うことといたします。  まず、事務総長の説明を求めます。
【次の発言】 ありがとうございました。  これより懇談に入ります。
【次の発言】 これにて懇談を閉じます。  それでは、平成二十一年度本院予算概算要求の件につきましては、ただいま御協議いただきました方針に基づいて処理することとし、小委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。  この際、議員宿舎の件について申し上げます。  一、平成二十……

第171回国会 議院運営委員会庶務小委員会 第1号(2009/01/16、44期、自由民主党)【議会役職】

○小此木小委員長 これより庶務小委員会を開会いたします。  本日は、平成二十一年度本院予定経費要求の件について審査をいたしたいと存じます。  まず、平成二十一年度予算に関しまして、昨年十二月十九日、いわゆるトップ会談において、財政当局と協議した結果を御報告いたします。  小坂議院運営委員長より、「現下の厳しい財政状況については、十分認識しているところであり、議員宿舎の統廃合を含めた経費等の合理化及び職員定数の純減に努めており、今後も一層の合理化に努めていく所存である。一方で、国権の最高機関であり、国の唯一の立法機関である国会の一翼を担う衆議院としての職責を十分に遂行し、その使命を達成するために……


46期(2012/12/16〜)

第183回国会 予算委員会第七分科会 第1号(2013/04/12、46期、自由民主党)【議会役職】

○小此木主査 これより予算委員会第七分科会を開会いたします。  私が本分科会の主査を務めることになりましたので、よろしくお願いいたします。  本分科会は、経済産業省所管について審査を行うことになっております。  平成二十五年度一般会計予算、平成二十五年度特別会計予算及び平成二十五年度政府関係機関予算中経済産業省所管について審査を進めます。  政府から説明を聴取いたします。茂木経済産業大臣。
【次の発言】 以上をもちまして経済産業省所管についての説明は終わりました。
【次の発言】 この際、質疑に入るに先立ちまして、分科員各位にお願いを申し上げます。  質疑の持ち時間はこれを厳守され、議事進行に御……

第183回国会 予算委員会第七分科会 第2号(2013/04/15、46期、自由民主党)【議会役職】

○小此木主査 これより予算委員会第七分科会を開会いたします。  平成二十五年度一般会計予算、平成二十五年度特別会計予算及び平成二十五年度政府関係機関予算中経済産業省所管について、昨日に引き続き質疑を行います。  質疑の申し出がありますので、順次これを許します。山田美樹君。
【次の発言】 これにて山田美樹君の質疑は終了いたしました。  次に、笹川博義君。
【次の発言】 これにて濱村進君の質疑は終了いたしました。  次に、佐々木紀君。
【次の発言】 これにて佐々木紀君の質疑は終了いたしました。  次に、橋本英教君。
【次の発言】 これにて橋本英教君の質疑は終了いたしました。  次に、小池政就君。


48期(2017/10/22〜)

第196回国会 予算委員会第一分科会 第1号(2018/02/23、48期、自由民主党)【政府役職】

○小此木国務大臣 お疲れさまでございます。  この冬は、福井県福井市においては、特に昭和五十六年の豪雪以来三十七年ぶりの記録的な大雪となりました。また、委員御地元の石川県等でも、お話しのように、平年を大きく超える雪害が積雪によってあり、雪の観測をした地域があったと。各地で雪による被害が相次いでおります。私からも改めて、亡くなられた方々がいらっしゃいます、お悔やみを申し上げ、いまだ困難な立場におられる方にお見舞い申し上げる次第であります。  政府として、大雪となる前から関係する省庁と災害の警戒会議を開催し、政府一体となった警戒態勢を確保するとともに、大雪となって以降は、各省庁が連携をして必要な対……


※このページのデータは国会会議録検索システムで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2020/05/21

小此木八郎[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計/発言一覧 | 質問主意書