国会議員白書トップ衆議院議員江渡聡徳>委員会発言一覧(全期間)

江渡聡徳 衆議院議員
「委員会発言一覧」(全期間)

江渡聡徳[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計/発言一覧 | 質問主意書


このページでは江渡聡徳衆議院議員の委員会および各種会議の発言の冒頭部分と国会会議録検索システムの該当ページへのリンクをまとめています。
 江渡聡徳 衆議院議員「委員会統計」(全期間)には委員会および各種会議の活動状況の集計結果を示しています。


委員会発言一覧(衆議院)

41期(1996/10/20〜)

第139回国会 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第2号(1996/12/12、41期、自由民主党)

○江渡委員 自由民主党の江渡聡徳でございます。  本日おいでの久野政務次官並びに中馬委員長を初めとする当委員会のメンバーの皆様方は、このたびの新選挙制度の小選挙区比例代表並立制による本当に厳しい戦いを経験されてこられた議員の皆様方でありますので、多くの御意見や思いをお持ちのことだと私は思っておるところでございます。また、選挙後、このたびの選挙制度に対して、国民各階層からもさまざまな意見とか、あるいは御批判が高まっていることも事実でございます。しかし、このたびの衆議院選挙の投票率が戦後最低となったということは、日本国の民主主義を守る上におきましてもゆゆしき問題である、私はかように考えているもので……

第140回国会 科学技術委員会 第7号(1997/05/15、41期、自由民主党)

○江渡委員 自由民主党の江渡聡徳でございます。  常日ごろ、科学技術行政の推進のために努力されております近岡大臣並びに科技庁の職員の方々には敬意を表するところであります。しかし、このたびの動燃の東海再処理施設アスファルト固化処理施設における火災爆発事故により、環境への放射性物質の放出、作業者の体内への放射性物質の吸入という事態となり、また、情報伝達の不適切な対応、虚偽報告等が繰り返され、国民に多大の不安、不信を与えたことはまことに遺憾なことであります。  動燃の責任は多大でありまして、今後の原子力平和利用の促進にも大きな影響を与えたことは間違いないところでございます。特に、「もんじゅ」の事故の……

第140回国会 科学技術委員会 第10号(1997/06/05、41期、自由民主党)

○江渡委員 自由民主党の江渡でございます。  核燃料サイクルの六ケ所が私の選挙区ということもありまして、非常にこの件に対しては私自身も関心がある者なんですけれども、特に、きょう三人の参考人の皆様方、環境問題のことにもかなりお触れになっていたと思うのです。ただ、先ほど佐々木委員の方からもお話があったわけですけれども、ワンススルーかあるいはリサイクルかということで、私自身は、ウラン資源ということを考えていった場合、やはり再処理は必要だと思っているのです。ただ、原子力政策円卓会議の中に出席していた原子力資料情報室の高木さんという方は、再処理というのは逆に大量の放射線を環境に放出しているんだ、決してい……

第140回国会 科学技術委員会 第12号(1997/09/16、41期、自由民主党)

○江渡委員 自由民主党の江渡聡徳でございます。  谷垣大臣、そして加藤政務次官、御就任おめでとうございます。今後の日本の科学技術の振興のために御努力されることを御期待申し上げるところでございます。  また、大臣就任早々このような不祥事について質問させていただくということを、私自身大変つ らく思っておるわけでございますけれども、今までの委員会等でいろいろな形で質問させていただきましたけれども、はっきり申し上げまして、このようにたび重なる事故あるいは不祥事に対しまして、質問するたびに、大きな怒りというものを私自身感じざるを得ません。改めまして、今回の事故並びに不祥事に対して再度、動燃並びに科学技術……

第140回国会 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第3号(1997/02/19、41期、自由民主党)

○江渡委員 今まで諸先生方からいろいろな御意見をいただいてきたわけですけれども、先ほどから何回か投票率のことについての御質問が各委員の方々から出されまして、そして、参考人の先生方から、最終的には政治がおもしろければアップするんじゃないか的な意見があったわけでございます。しかし、その中におきまして、小選挙区制、何人かの先生方は、政治が安定するための二大政党制的なものを目指していく段階においてということになったわけですけれども、そうなった場合に、安定していきますと本当に政治がおもしろくなるのかどうなのか、こういうところも出てくると思います。そうしますと、なかなか投票率がスムーズにアップになるかどう……

第140回国会 厚生委員会 第4号(1997/02/28、41期、自由民主党)

○江渡委員 自由民主党の江渡でございます。  今回審議に入っております介護保険法案等に関しまして御質問をしたいと思っておりますけれども、私自身、議員になる前に福祉の現場の方にいた経験を持っている者でございまして、特に今回の介護保険法案の導入に対しましては並々ならぬ期待を持っている者でもございまして、ぜひとも成立させていただきたいと思っているわけでございます。  現在、要介護者の方々は百七十万人あるいは百八十万人いるとも言われておりまして、介護保険法案が導入されようとしております平成十二年においては二百八十万人の要介護者がいるというような状況になるわけでございまして、ですからこそ、特に福祉の現場……

第140回国会 厚生委員会 第17号(1997/04/16、41期、自由民主党)

○江渡委員 自由民主党の江渡聡徳でございます。  今回の健康保険法等の一部を改正する法律案に関しまして、幾つかの観点から御質問させていただきたいと思っておるわけでございます。  今回の医療保険改革は、私自身、行財政改革の第一歩であると考えておるわけでございますけれども、その位置づけにつきまして大臣はいかがお考えでございましょうか、お尋ねしたいと思っております。
【次の発言】 ありがとうございます。  医療保険を初めとする厚生行政各分野におきまして、大臣は、取り組むべき行財政改革の基本的な方向性というものについてはいかがお考えでしょうか、お聞かせいただきたいと思っております。

第140回国会 厚生委員会 第30号(1997/05/28、41期、自由民主党)

○江渡委員 自由民主党の江渡でございます。  小泉大臣並びに厚生省の方々が、日々、よりよい厚生行政を目指して努力されていることに、まずもって衷心より敬意を表したいと思います。  私自身、児童福祉施設等を運営しております立場から、今回の児童福祉法等の一部を改正する法律案につきまして、特に保育制度の改革について質問させていただきたいと思います。  今回の改正により、これまでの措置制度にかえて、保護者に保育所の十分な情報提供を行い、保護者が希望する保育所を選択できる制度とされておりますけれども、親や子供の立場に立った改革であるといたしまして、私自身は評価できるものと思っております。  現在、保育所の……

第142回国会 科学技術委員会 第3号(1998/03/20、41期、自由民主党)

○江渡委員 自由民主党の江渡でございます。  本日は、西澤先生におかれましては、御多用中にもかかわらず当委員会にお越しいただきまして、本当にありがとうございます。また、ただいま西澤先生の本当に高道なお考えというものをお聞かせいただきましてありがとうございました。  さて、我が日本、この日本という国は資源小国でありまして、ですからこそ安定したエネルギーの供給源を確保するということが本当に最も重要な政策課題の一つである、そういうふうに言えると私は思っております。その基本認識のもとにおきまして、原子力の開発利用が着実に進められてきたと私は思っております。  この間、東西冷戦の終結等の社会経済状況とい……

第143回国会 金融安定化に関する特別委員会 第10号(1998/09/07、41期、自由民主党)

○江渡委員 自由民主党の江渡聡徳でございます。  今、世の中、世紀末というわけではございませんけれども、どうも東日本各地におきまして水害が多発しておりまして、未曾有の被害が出ているわけでございます。あるいはまた、岩手県の方におきましても大変な地震が起こってしまった。本当に、まさに天変地異ではないのかなと言えるような状況が各地で続いているわけでございます。  そしてまたさらに、過日北朝鮮からミサイルが日本に向けて飛んでまいりました。北朝鮮の方では、ミサイルではなくて人工衛星だというような言い方をしているわけではございますけれども、このミサイル、ちょうど私の選挙区の頭上を飛んでいきまして、それゆえ……

第145回国会 科学技術委員会 第3号(1999/03/11、41期、自由民主党)

○江渡委員 自由民主党の江渡でございます。  政務次官におかれましては、常日ごろより、大臣を補佐いたしまして、よりよい科学技術政策の実現に御努力されていますこと、まずもって心から敬意を表させていただきたいと思います。  本日は、原子力関係につきまして質問をさせていただきたいと思うわけでありますけれども、原子力の開発利用に当たりましては、もう改めて私が言うまでもなく、安全の確保というものが何よりも重要なわけであります。この安全の確保に当たりましては、原子力関係の施設の設計や建設、そしてまた運転の状況というものを、科学技術庁や通産省、さらには原子力安全委員会が専門的な、技術的な観点からきちんとチェ……

第145回国会 科学技術委員会 第11号(1999/07/01、41期、自由民主党)

○江渡委員 自由民主党の江渡でございます。  時間も十五分ということなので、早速御質問させていただきたいと思うわけです。  皆さん方も御承知のとおり、私の地元青森県六ケ所村におきまして現在ウランの再処理工場の建設が進められているわけでありますけれども、この再処理工場というものが核燃料サイクルの本当のかなめであるというふうに私は思っております。そして、この再処理工場で取り出されますプルトニウムを高速増殖炉によって再利用していく、このことが資源の本当に乏しい我が国にとりましては大変重要なことでありますし、また必須の課題であろう、このように考えております。  日本におきましては、かつて第一次、第二次……

第145回国会 青少年問題に関する特別委員会 第3号(1999/04/15、41期、自由民主党)

○江渡委員 自由民主党の江渡でございます。  私自身、児童養護施設の職員をしていた経験があるものですから、小田参考人、伊藤参考人の御意見というのは本当に自分のことのように思えまして、まさにそのとおりだなというふうに思ったりもしていたわけです。  特に今現在、問題行動を持っている子供たちに対して、家庭と学校と社会というものが真に受け入れていないわけですよ。ですからこそ、さまざまな問題点というのを起こしてくると私は思うわけです。学校の方におきましては、そういう問題行動を持つ子供たちに全部レッテルを張っちゃう。あるいは、家庭の方におきましては、学校に全部しつけを任せちゃう。そのような中において、特に……

第145回国会 大蔵委員会 第12号(1999/04/20、41期、自由民主党)

○江渡委員 自由民主党の江渡でございます。  宮澤大臣におかれましては、日々大変厳しい経済情勢であります日本のかじ取りのために努力されておりますことに、まずもって心より敬意を表するところでございます。  今回の法案に関しまして幾つか質問をさせていただきたいと思うわけでありますが、特に、私の選挙区の中に六ケ所村のむつ小川原開発の問題がありますので、この法案等に関しまして特別の関心を寄せさせていただいているわけでございます。  昭和三十一年の経済白書におきましてもはや戦後は終わったというふうに書かれ、その後日本の経済というものは急速に伸びていったわけでありますけれども、その中におきまして、地域間の……

第145回国会 逓信委員会 第9号(1999/05/12、41期、自由民主党)

○江渡委員 自由民主党の江渡でございます。  野田郵政大臣におかれましては、常日ごろ円滑な郵政行政推進のために鋭意御努力されていますこと、心より敬意を表させていただきたいと思います。  さて、今回の法案についてでございますけれども、郵便料金の納付にクレジットカード決済を導入するためのものと伺っているわけでございます。急速に進む情報化やキャッシュレス時代の到来といった時代の流れの中におきまして、今回、国の歳入金といたしまして初めて郵便料金にクレジットカード決済を導入するということは、私はまさに画期的かつ的を得たことではないのかなというふうに思っているわけでございます。  そこで、まず基本的なこと……

第146回国会 科学技術委員会 第4号(1999/11/19、41期、自由民主党)

○江渡委員 自由民主党の江渡聡徳でございます。  まずもって、中曽根長官、そして斉藤総括政務次官、御就任まことにおめでとうございます。おめでたいところなわけでございますけれども、就任早々、東海村の原子力事故の処理について、あるいはまた、過日のロケット打ち上げの失敗等々、さまざまなトラブル続きの中において、今一生懸命御努力されていることに対しまして、まずもって敬意を表させていただきたいと思います。  時間の関係もありますので、早速質問等に移らせていただきたいと思うわけでございます。  今般の東海村の災害、ジェー・シー・オーの東海事業所の臨界事故ということが起こったわけでございますけれども、この事……

第147回国会 逓信委員会 第7号(2000/04/13、41期、自由民主党)

○江渡委員 自由民主党の江渡聡徳でございます。おはようございます。  まずもちまして、八代大臣初め両政務次官、御再任本当におめでとうございます。引き続き郵政行政御推進のために御尽力をお願いしたいと思っているわけでございます。  さて、我が国の経済というのは依然として低迷しておりまして、その低迷から脱し切れていない状況にありますけれども、このような中におきまして、インターネットあるいは携帯電話の爆発的な普及に象徴されるように、急速な発展を見せておりますこの情報通信分野、特に情報通信技術関連投資の、つまりIT関係なわけでございますけれども、この部分が牽引役といたしまして、設備投資の誘発、あるいは新……


43期(2003/11/09〜)

第159回国会 経済産業委員会 第13号(2004/04/28、43期、自由民主党)

○江渡委員 自由民主党の江渡聡徳でございます。  時間の関係もございますので、早速質問に入らせていただきたいと思うわけでございますけれども、今回の法改正、私は二つのポイントがあると思っているわけでございます。  第一点は、現在の企業経営にはスピードが求められている時代でありますものですから、特許審査の迅速化というのは本当に必要でありますし、しかも、審査の質を確保し、適正な審査を行う体制を構築させていかなければいけない、このことが第一点でありまして、そして、第二点目におきましては、職務発明におけます不合理性を排除して、企業と研究者のバランスに配慮することだ、そのように私自身は認識しているところで……

第160回国会 経済産業委員会 第4号(2004/09/29、43期、自由民主党)

○江渡委員 自由民主党の江渡聡徳でございます。  まずもって、質問に入る前に、このたびの事故で亡くなられました五名の方々の御冥福、また、現在負傷されて入院しております六名の方の一日も早い御回復をお祈り申し上げます。また、御遺族、御負傷された方への万全の対策をしっかりとしていただきたい、その点につきまして、関西電力そして政府にも強く要望させていただきたいと思います。  また、このたび御留任されました中川大臣におかれましては、引き続き経済産業行政の推進のために御尽力いただきたい、そのことを御期待申し上げたいと思うわけでございます。  では、一昨日出されましたこのたびの事故の中間報告を踏まえまして、……

第161回国会 災害対策特別委員会 第2号(2004/10/26、43期、自由民主党)【政府役職】

○江渡大臣政務官 このたび、内閣府大臣政務官に就任いたしました江渡聡徳でございます。  まず、今般の豪雨や台風や地震等の被害によりお亡くなりになられた方々の御冥福をお祈りするとともに、被災者の方々に心からお見舞い申し上げます。  国民の生命、身体、財産を災害から守ることは国政の重要課題の一つでありまして、防災を担当する大臣政務官として村田防災担当大臣、林田副大臣をお支えして、防災行政の推進に全力で取り組んでまいります。  西村委員長を初め、理事、委員各位の御指導、御鞭撻を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

第161回国会 内閣委員会 第2号(2004/10/27、43期、自由民主党)【政府役職】

○江渡大臣政務官 このたび、内閣府の大臣政務官を拝命いたしました江渡聡徳でございます。どうぞよろしくお願いいたします。  林田内閣府副大臣とともに、行政改革、構造改革特区等を初め、規制改革、男女共同参画、少子化対策、栄典及び国際平和協力業務等の施策を担当しております。  松下委員長を初め理事、委員各位の御指導と御鞭撻をよろしくお願い申し上げます。(拍手)

第161回国会 内閣委員会 第3号(2004/10/29、43期、自由民主党)【政府役職】

○江渡大臣政務官 お答えさせていただきたいと思います。  現地状況の把握につきましては、発生後直ちに先遣チームを派遣させていただきました。そして、新潟県庁内に現地連絡調整室を立ち上げたところでございます。さらに、体制を強化するために、十四名から三十一人に人員をほぼ倍増させていただきました。そして、連絡調整室から支援対策室というふうに格上げもさせていただいたところでございます。また、現地支援対策室には機動班を設けさせていただきました。そして、被害の大きい長岡市や小千谷市、さらには孤立しております山古志村を含めまして、被災市町村のニーズというものを細かく把握しようということで、新潟県と連携して今支……

第162回国会 災害対策特別委員会 第3号(2005/03/01、43期、自由民主党)【政府役職】

○江渡大臣政務官 委員にお答えさせていただきたいと思います。  今委員がおっしゃられたとおり、三宅島の噴火災害につきましては、二月の一日に、約四年半ぶりに避難指示が解除されまして住民の帰島が始まったところでありますけれども、政府といたしましては、これまでに、村民の安全確保に向けた対策といたしまして、総合的な火山観測体制の整備、これは特にガスの問題ですけれども、十四カ所ほどガスの観測地点を整備させていただいたりとか、あるいは、クリーンハウスと言われております避難施設の整備等を行ってまいりました。  また、基盤整備対策といたしましては、小中学校施設の復旧事業、あるいは診療所の復旧事業、都道の復旧事……

第162回国会 災害対策特別委員会 第7号(2005/06/16、43期、自由民主党)【政府役職】

○江渡大臣政務官 佐藤先生の方にお答え申し上げます。  火山ガスの警報につきましてですけれども、この二月から五月末日までなんですけれども、注意報が二百六十三回、警報が十一回発令されております。そのうち、高濃度地区以外で発令されたものは、注意報が六十二回、警報が三回という状況でございます。  また、火山ガスが高濃度になったときの村民への情報伝達についてのお問い合わせですけれども、現在、島内四十三カ所に屋外拡声子局を設置しておりまして、そのうち十四台においては、レベルごとにおいての回転灯というものもつけさせていただいて、目でもわかるような状況にさせていただいております。  また、各家庭の方に対しま……

第162回国会 青少年問題に関する特別委員会 第2号(2005/03/03、43期、自由民主党)【政府役職】

○江渡大臣政務官 青少年育成を担当する内閣府大臣政務官の江渡聡徳でございます。  次代を担う青少年の育成はまさに社会全体の責任でありまして、家庭、学校、地域等がそれぞれの役割を果たしながら、相互に協力して取り組むことが重要であると考えております。  私といたしましても、南野大臣、林田副大臣を補佐し、政府全体の立場から青少年行政の総合的な推進に尽力してまいりますので、委員長を初め、理事、委員各位の御理解と御協力、何とぞよろしくお願いいたします。(拍手)

第162回国会 内閣委員会 第1号(2005/02/18、43期、自由民主党)【政府役職】

○江渡大臣政務官 内閣府大臣政務官の江渡聡徳でございます。どうぞよろしくお願いいたします。  林田内閣府副大臣とともに、行政改革、構造改革特区等を初め、規制改革、男女共同参画、少子化対策、栄典及び国際平和協力業務等の施策を担当いたしております。  松下委員長初め理事、委員各位の御指導、御協力をよろしくお願いいたします。

第162回国会 内閣委員会 第3号(2005/03/16、43期、自由民主党)【政府役職】

○江渡大臣政務官 お答えさせていただきたいと思います。  まさに委員が御指摘のとおり、その辺の点が私どもといたしましてもしっかりと考えていかなければいけないというふうに思っているところでございまして、それゆえに、今回の地域再生の交付金というものは、あくまでも、地域からの具体的な提案に基づきまして内閣官房が一元的に関係省庁と総合調整させていただいて、その結果として新たな制度として構築させていただくというところでございます。  具体的には、地方公共団体が策定いたしました、そして内閣府において認定する地域再生計画、この計画に基づいて交付金が交付されるということになっているわけでございますけれども、今……


44期(2005/09/11〜)

第163回国会 安全保障委員会 第2号(2005/10/07、44期、自由民主党)【政府役職】

○江渡大臣政務官 お答えいたします。  お尋ねの基本法につきましては、昨年五月二十日に、与党と民主党の間で、緊急事態基本法(仮称)でありますけれども、骨子について了解がなされ、本年七月二十八日には、同法についての協議の経過についての合意文書に三党の責任者が署名したものと承知しているところでございます。また、本年八月三日には、緊急事態基本法(仮称)に関し、三党から官房長官に対し、三党とよく調整しつつ政府から可及的速やかに提出することなどについて申し入れがあったものと承知しているところでございます。  政府といたしましては、このような点を踏まえ、必要があれば三党とよく調整しつつ、適切に対応してまい……

第163回国会 内閣委員会 第1号(2005/10/05、44期、自由民主党)【政府役職】

○江渡大臣政務官 内閣府大臣政務官の江渡聡徳でございます。どうぞよろしくお願いいたします。  林田内閣府副大臣とともに、行政改革、構造改革特区等を初め、規制改革、男女共同参画、少子化対策、栄典、国際平和協力業務等の施策を担当しております。  佐藤委員長初め理事、委員各位の御指導と御協力をよろしくお願いいたします。

第168回国会 安全保障委員会 第1号(2007/10/18、44期、会派情報なし)【政府役職】

○江渡副大臣 防衛副大臣の江渡聡徳でございます。  我が国の安全保障につきましては、現在、テロ対策特措法に基づき派遣されている自衛隊の活動の継続、在日米軍再編の実施など、重要課題が山積しているところでございます。  今後、両政務官の協力を得ながら、副大臣として全身全霊をもって石破大臣を補佐してまいる所存であります。  嘉数委員長を初め委員各位におかれましては、御指導、御鞭撻を賜りますよう切にお願い申し上げて、ごあいさつとさせていただきます。(拍手)

第168回国会 安全保障委員会 第4号(2007/11/16、44期、自由民主党)【政府役職】

○江渡副大臣 お答えさせていただきます。  今大臣の方からもお話ありましたけれども、現時点においてまだ発見はされていませんけれども、銃を持っているのは確かでありますけれども、弾倉は持っておりませんので、一応その点だけお答えさせていただきたいと思います。
【次の発言】 お答えさせていただきたいと思います。  この件にお答えする前に、先ほど委員の方から、内部で調査しているときちんとした調査ができないのじゃないかというような御発言があったわけでございますけれども、そうではなくて、我々は本当にこの問題というのを真摯に受けとめておりまして、そして、まさに最初から、白紙の段階からきちんと調査しようというこ……

第168回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第3号(2007/11/15、44期、自由民主党)【政府役職】

○江渡副大臣 お答えさせていただきたいと思います。  委員のお気持ち、そして沖縄の主張というのは承知しているところではございますけれども、現在の政府案というのは、自然環境や生活環境、そして実行可能性についてのバランスというものが保たれておりまして、さらに地元の名護市、宜野座村から、地域上空の飛行を避けてほしい、そういう要請を受けまして、御承知だと思いますけれども、平成十八年の四月七日に名護市、宜野座村とこの基本合意ということをなされて、そしてそれを踏まえまして昨年の五月のロードマップにおいて米側と合意したものでございます。  そのようなさまざまな観点から分析した上で、最も適切な形として決定した……

第168回国会 外務委員会 第2号(2007/10/26、44期、自由民主党)【政府役職】

○江渡副大臣 お答えさせていただきたいと思います。  御指摘の在京米大使館公使リチャード・A・クリステンセンという、センがつくそうであります。このリチャード・A・クリステンセン氏からの守屋防衛庁防衛局長に対する文書による回答は、平成十五年の五月七日に行われておりまして、米空母キティーホークへの米艦艇による補給に関する同年五月八日のメモとは別のものでございます。  なお、平成十五年の五月十六日の衆議院の安全保障委員会におきまして当時の石破長官からも答弁しておりますとおり、文書でこちらから確認したということではないということでございまして、本件につきまして、こちらからの照会文書は確認しておりません……

第168回国会 外務委員会 第3号(2007/11/02、44期、自由民主党)【政府役職】

○江渡副大臣 お答えさせていただきたいと思います。  そのメモですけれども、この御指摘の五月八日入手の米側のメモというのは、平成十五年の五月十六日の衆議院の安全保障委員会におきまして、当時の石破防衛庁長官の方からも述べられたメモであるわけでございます。なお、この当該メモというのは、当時、石破防衛庁長官からも答弁しているとおり、在日米海軍並びに在京米大使館から受領されたものであるわけでございます。  引き続き、その七百七十七回の件についてお答えさせていただきたいと思いますけれども、我が国から補給した燃料、これはテロ対策特措法の趣旨に沿って適切に使用されているというふうに我々は認識しておりますけれ……

第168回国会 外務委員会 第4号(2007/11/16、44期、自由民主党)【政府役職】

○江渡副大臣 お答えさせていただきたいと思います。  その件につきましても、我々、今鋭意調査の最中でございます。

第168回国会 外務委員会 第5号(2007/12/07、44期、自由民主党)【政府役職】

○江渡副大臣 お答えさせていただきたいと思います。  委員御質問の固定式警戒管制レーダー装置、J/FPS―5の本体に係る契約額等は以下のとおりでございます。  契約件名は、今お話ししたJ/FPS―5でありますけれども、契約日平成十九年一月三十日、契約額百九億二千三百十五万円でありまして、契約方式ですけれども、公募を行いましたけれども、一社のみであったために随契をさせていただきました。契約相手方は三菱電機株式会社でございます。  また、この固定式警戒管制レーダーの初度部品のことにつきましてですけれども、これは二回に分けて契約をされております。  契約件名は、固定式警戒管制レーダー装置、J/FPS……

第168回国会 国際テロリズムの防止及び我が国の協力支援活動並びにイラク人道復興支援活動等に関する特別委員会 第3号(2007/10/26、44期、自由民主党)【政府役職】

○江渡副大臣 お答えいたします。  防衛省と株式会社山田洋行との間で締結いたしました契約のうち、随意契約の割合は、金額ベースでいいますと、平成十八年度の中央調達の金額についていきますと七四・六%になります。  これはかなり多いという数字にお考えになられるかもしれませんけれども、防衛省が株式会社山田洋行から調達した防衛装備品につきましては、この株式会社山田洋行のみが販売権を有するものが多かったという形でこのようになったと思っておるところでございます。
【次の発言】 過去の分ですけれども、平成十七年度ですと、全体枠ですと、随意契約の部分、山田洋行との契約実績ですと、随意契約が一〇〇%になります。そ……

第168回国会 国際テロリズムの防止及び我が国の協力支援活動並びにイラク人道復興支援活動等に関する特別委員会 第5号(2007/10/30、44期、自由民主党)【政府役職】

○江渡副大臣 お答えさせていただきたいと思います。  今御質問のチャフ・フレアの射出装置の件でございますけれども、防衛庁の契約本部におきましては、平成十三年の三月三十日、海上自衛隊で使用する米国のBAE社のチャフ・フレア、これを合計で三件、全部で二十四セット、計八億一千万円で当初契約したわけでございますけれども、その後、作為的なことがあったのではないかと今委員の質問でございますけれども、当時の関係者等々からいろいろと調査して、今の段階で聞いているところでございますけれども、その段階では、先ほど言ったような、委員が御指摘になったような状況ではなくて、どちらにしても、その当時の出されていたものがB……

第168回国会 国際テロリズムの防止及び我が国の協力支援活動並びにイラク人道復興支援活動等に関する特別委員会 第6号(2007/10/31、44期、自由民主党)【政府役職】

○江渡副大臣 お答えいたします。  今委員の方からお話がありましたとおり、十一月の七日に次回の普天間飛行場の移設に係る措置に関する協議会、これを開催すべく今協議を鋭意進めているところでありますけれども、合意ができるかどうかという御指摘でありますけれども、できるように、我々も、今後とも、沖縄県を初めとし、そしてまた地元の意見というものにしっかりと耳を傾けながら、丁寧に政府としても説明しながら、そして地元の御理解を得られるように努力してまいりたい、そのように思っているところでございます。
【次の発言】 お答えしたいと思います。  今委員からの御質問のとおりに、前次官に対しまして防衛省としても聞き取……

第168回国会 国際テロリズムの防止及び我が国の協力支援活動並びにイラク人道復興支援活動等に関する特別委員会 第7号(2007/11/01、44期、自由民主党)【政府役職】

○江渡副大臣 お答えさせていただきたいと思うわけでございます。  先ほど官房長官の方からお話がありましたけれども、まず、退職前のときはどうであるか、そして退職後がどうであるかということでお答えさせていただきたいと思うんです。  退職した場合のことでありますけれども、先ほど官房長官からもお話しありましたけれども、退職手当の支給の一時差しとめということができることになっております。  これは、委員も御承知かもしれませんけれども、かつて厚労省で岡光さんという事務次官を経験した方があったわけですけれども、そのときの問題等がありまして改正したんですけれども。  退職手当の支給の一時差しとめということで、……

第168回国会 国際テロリズムの防止及び我が国の協力支援活動並びにイラク人道復興支援活動等に関する特別委員会 第9号(2007/11/06、44期、自由民主党)【政府役職】

○江渡副大臣 お答えさせていただきたいと思います。  この件につきましては、当委員会におきましても、また予算委員会等におきましても、何度か議論がされたわけでございますけれども、契約相手方の商社の個別の名称を公にするということ、これは企業の正当な利益等を害するおそれがあるということで、開示ということは差し控えさせていただければありがたいなと思っております。また、具体的に企業名を公表することによって、ある意味、給油活動に反対する方々のこの企業を標的といたしました妨害活動ということもあり得るおそれがあるということ、そういうことが考えられるわけでございます。  また、情報公開法第五条におきましては、法……

第168回国会 国際テロリズムの防止及び我が国の協力支援活動並びにイラク人道復興支援活動等に関する特別委員会 第10号(2007/11/07、44期、自由民主党)【政府役職】

○江渡副大臣 お答えさせていただきたいと思います。  今委員から御指摘のあった点でありますけれども、本件につきまして、平成十四年の五月に契約変更に至るまでの過程におきまして、種々の調査等が行われているわけでございますけれども、その調査の結果として、当時、山田洋行による意図的あるいは作為的な過大請求というものがあったというふうには確認がなされておりません。  なお、先ほど来のことでございますけれども、この件については、まだ現在も調査中でございまして、現段階においてまだ詳しいことは申し上げられる段階ではございませんけれども、今の段階で把握しているその経緯等の概要を申し上げさせていただければ、当初、……

第168回国会 国際テロリズムの防止及び我が国の協力支援活動並びにイラク人道復興支援活動等に関する特別委員会 第11号(2007/11/08、44期、自由民主党)【政府役職】

○江渡副大臣 お答えさせていただきたいと思います。  委員も既にこの調査した報告書あるいは資料等も見てからの御質問だと思うんですけれども、少し今までの経緯のことも含めて御説明させていただきたいと思います。  今般の作業に当たりましては、防衛省としては、既に保有している個別の補給の調整に係る資料のほか、各国から各種の資料あるいはデータの提供を受けまして、本当に詳細な細部確認を行って、その際、公開された資料のみならず、秘の取り扱いをなされている資料も含めてこの確認を行ったわけでございます。  そして、具体的には、戦闘艦につきましては、航海日誌や関連する情報をもとに行動を分析し、その活動状況について……

第168回国会 国際テロリズムの防止及び我が国の協力支援活動並びにイラク人道復興支援活動等に関する特別委員会 第12号(2007/11/12、44期、自由民主党)【政府役職】

○江渡副大臣 お答えさせていただきたいと思います。  先生の御質問のその文書ですけれども、当時ニューヨークに駐在している駐在員にあてられたBAE社からの文書でございます。
【次の発言】 お答えさせていただきたいと思います。  今委員が御指摘のとおり、本書簡におきまして、BAE側からの見解といたしまして、当時の、この平成十二年度に山田洋行と契約いたしましたBAE社製のチャフ・フレア射出装置の調達に係る当初契約等において、防衛庁の予算のプロセスでBAE社の見積書とされた書類は、BAE社の関知または承認なく作成されたものであるという内容でございます。

第168回国会 財務金融委員会 第5号(2007/11/21、44期、自由民主党)【政府役職】

○江渡副大臣 お答えさせていただきたいと思います。  今委員からの御質問の件でありますけれども、守屋氏の証言及び河村前防衛政策課長から聴取したところによりますと、この四千五百万円の本件に関する事実関係でありますけれども、平成九年に、当時、長官官房審議官でありました守屋氏が、防衛局の計画課先任部員でありました河村前課長の、投資のために貸してほしいとの申し出に応じまして、当時の六月に二千五百万円、そして七月に二千万円を河村前課長が守屋氏から借り受ける旨の書面というものが作成されました。  その四千五百万円でありますけれども、守屋氏が仙台市にある土地を売却して得た約五千万円から充てられたものでありま……

第168回国会 内閣委員会 第7号(2007/11/28、44期、自由民主党)【政府役職】

○江渡副大臣 お答えさせていただきたいと思います。  所属はしておりません。
【次の発言】 お答えさせていただきたいと思います。  どういう体制が整っているかというような今御質問でしたけれども、あくまでも我々が発注する際においては、委員も御承知のとおり、これは一般に、一般競争入札をするという段階において、そして入札基準等々においては、総務省の方の段階で取りまとめられている企業があるわけでございますけれども、その段階で、一応しっかりとした団体であるというふうな思いにおいて、我々は、広くこの知見を有するところという形で一般競争入札をさせていただいたわけでございます。その結果、落札したのは社団法人日……

第168回国会 内閣委員会 第9号(2007/12/21、44期、自由民主党)【政府役職】

○江渡副大臣 お答えさせていただきたいと思います。  御指摘のこの入江教授につきましては、評価委員会設置後の名簿に氏名が記載されておりまして、苅田町における第二回評価委員会において浮体構造物の使用の可否につきまして同教授から意見を得た旨の説明が安全保障研究所によりなされていることから、前回の、十一月二十八日のこの委員会におきましてその旨を答弁させていただいたというところでございます。  この点につきまして、委員会で答弁させていただいた翌日にですけれども、念のために、この評価委員会を運営しておりました当時の関係者の方に確認させていただきましたところ、この御指摘の入江教授は、評価委員会への出席が困……

第169回国会 安全保障委員会 第1号(2008/02/21、44期、自由民主党)【政府役職】

○江渡副大臣 平成二十年度の防衛省関係予算について、その概要を御説明申し上げます。  平成二十年度予算については、安全保障環境を踏まえた防衛力の近代化、政策立案機能や情報保全機能を強化するための組織づくり、国際社会の平和と安定のための取り組み、効率性と優先度を踏まえた防衛力整備の推進、弾道ミサイル防衛システムの運用基盤の充実強化など、必要な事業はおおむね確保できたと認識しております。予算の作成に当たっては、財政事情が引き続き厳しく、また、防衛装備品の調達に係る信頼が揺らいでいる状況にあり、これまでにも増して合理化、効率化の努力を行い、国民の御理解をいただけるよう努めました。  平成二十年度の防……

第169回国会 安全保障委員会 第5号(2008/04/11、44期、自由民主党)【政府役職】

○江渡副大臣 委員にお答えさせていただきたいと思います。  今委員の方から御指摘あった件についてでございますけれども、現在、防衛省におきましては、情報収集及び犯罪捜査に使用している報償費につきまして、経理装備局を中心として、関係する内部部局や各自衛隊の部隊における報償費の支出状況の確認、あるいは関係者からの聞き取りを行うことを通じながら、使途が適切であったかどうかということをしっかりとまずは確認作業を進めております。  また、お尋ねの調査対象者の件でございますけれども、この調査対象者、取扱責任者及び出納事務取扱者でありますけれども、約二千人ほどおります。そして、この二千人に対しては、聞き取り調……

第169回国会 外務委員会 第3号(2008/03/26、44期、自由民主党)【政府役職】

○江渡副大臣 お答えさせていただきたいと思います。  詳しい数字の方のことは今ないんですけれども、立てかえたという実績はございます。
【次の発言】 お答えさせていただきたいと思います。  済みません、大変申しわけございませんけれども、十五年以前の資料というのは今手元にございませんけれども、十五年から十九年までの間においては、平成十五年と平成十八年の二カ年でございます。
【次の発言】 お答えさせていただきたいと思います。  今委員の御指摘のとおり、資料等をきちんと準備していないということでは大変申しわけなく思っているところでございます。  理事会でそのような形が行われていたということを私自身聞い……

第169回国会 外務委員会 第4号(2008/04/02、44期、自由民主党)【政府役職】

○江渡副大臣 近藤委員にお答えさせていただきたいと思います。  今、マスタープランのことについての御質問でございますけれども、現在、米国は、今後グアムに移転する在沖縄海兵隊を初め、グアムの米軍基地全体で今後必要となる施設やインフラの詳細な配置計画、すなわちマスタープランを作成中であるわけでございます。  そして、米側の説明によりますと、まずは主要な基地機能に係る土地利用計画案の検討を行い、その上で海軍省部内において詳細な施設等の配置計画案をまとめる旨を我が省としても承知しているところでございます。そして、最終的には、所要の環境影響評価の手続を行った後に、この計画、マスタープランですけれども、こ……

第169回国会 外務委員会 第9号(2008/04/18、44期、自由民主党)【政府役職】

○江渡副大臣 お答えさせていただきたいと思います。  委員も十二分に御承知だと思うわけでございますけれども、クラスター弾というもの、特にクラスター弾の持つ面制圧能力というもの、これは非常に大きいものでございまして、日本のように周りが全部海で、そしてそういう日本の国の地理的な状況、その他いろいろなものを考えた場合においては、現時点において、このクラスター弾に代替する面制圧能力というものを有する装備品というものは今現在はないというふうに考えております。  ですからこそ、ここにおいて我々考えなきゃいけないのは、そういう能力のある代替製品というものがある程度できれば別でございましょうけれども、やはりそ……

第169回国会 外務委員会 第17号(2008/06/06、44期、自由民主党)【政府役職】

○江渡副大臣 委員にお答えさせていただきたいと思います。  この国際平和協力業務、自衛隊も、防衛省が省に移行いたしまして本来任務化したわけでございまして、そのことに関して、外務省さんとはるる、その時々におきましていろいろな協議をさせていただいておるわけでございますけれども、あくまでも、防衛省として自衛隊を派遣するといった場合においては、外務大臣から我が省の防衛大臣の方に協議の要請がございまして、それを受けて行うというような形になるわけでございます。  それでも、委員御承知のとおり、自衛隊というものは自己完結的な形で、医療にしても、物資の輸送あるいは給水等ができるわけでございまして、これまでもス……

第169回国会 内閣委員会 第17号(2008/05/21、44期、自由民主党)【政府役職】

○江渡副大臣 お答えさせていただきたいと思います。  今委員からの御質問の山田洋行との関係なわけでございますけれども、山田洋行との直接契約につきましては、昨年の十一月ですけれども、過大請求事案二件が発覚したことを踏まえまして、遡及できる限りすべての契約を対象に徹底的な調査を行うべく、平成十四年度以降の同社との契約六百四十一件、中央調達分百十六件、地方調達分五百二十五件につきまして、外国メーカーに見積書を送付して、その状況の確認を求めながら、五月九日現在で百八十件、中央調達分百八件、地方調達分七十二件の回答を受けて、このうち九件の過大請求というものを確認したところでございます。その他、調査により……

第169回国会 法務委員会 第12号(2008/05/23、44期、自由民主党)【政府役職】

○江渡副大臣 委員にお答えさせていただきたいと思います。  委員御指摘の発言の真意につきましては、田母神航空幕僚長は、四月二十五日の記者会見におきまして、航空自衛隊は国会で決められた法律に基づき、政府の命令によって派遣をされていて、本件判決によって直ちに我々の行動に関係しないという意味であったとした上で、発言の一部はお笑いタレントと同じような表現になり、不適切だったというふうに述べております。  また、本件発言につきまして、石破防衛大臣からも、発言は慎重な上にも慎重であらねばならぬということは当然である、発言がいささかも誤解を与えることのないように、自重自戒をせねばならないと四月二十五日の衆議……

第169回国会 予算委員会 第16号(2008/02/29、44期、自由民主党)【政府役職】

○江渡副大臣 お答えいたします。  今、訓練等のことの御質問をいただいたわけでございますけれども、事故発生後の対応手順といたしましては、他の艦船との衝突の際の海難救助を行いつつ、自艦の被害対処を行うため、海難対処の要領を定めました海難対処部署というものが各艦ごとに作成されております。また、艦船事故調査及び報告等に関する訓令などにおきまして、艦船事故発生時の海上保安庁その他の関係機関への通報についても定めているところでございます。  そして、事故発生後の対応についての訓練でございますけれども、先ほど委員から御指摘がありましたとおり、昭和六十三年の潜水艦「なだしお」と第一富士丸との衝突事件を受けま……

第171回国会 安全保障委員会 第7号(2009/04/28、44期、自由民主党)【議会役職】

○江渡委員長代理 赤嶺政賢君、質問時間が終わっておりますので、簡潔にしてください。

第171回国会 政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会 第2号(2009/07/02、44期、自由民主党)

○江渡委員 自由民主党の江渡聡徳でございます。  ただいま議題に上がりました法案へ質問する前に、どうしてもただしておきたいことがございます。  今日、巨額な政治資金問題あるいは政治家のあり方を疑わせる行為など、まさに国民の視点と離れたところで政治と金の問題が生じております。このような時期に、民主党は、政治と金をめぐる不祥事の続発に対して、三年後の企業献金を廃止するということを打ち出し、法案を国会に提出されました。  我々政治家が政治資金の透明化について議論をしていくということは大変意義のあること、そのように思っておりました。しかし、今まさに政治の自浄力を発揮しなければならないときにあって、民主……


45期(2009/08/30〜)

第174回国会 安全保障委員会 第4号(2010/04/09、45期、自由民主党・改革クラブ)

○江渡委員 自由民主党の江渡聡徳でございます。  本日最後の質問となりまして、きょうは朝早くから、大臣、副大臣、政務官、大変お疲れさまでございます。しばしの間、少しおつき合いのほど、よろしくお願いしたいと思うわけであります。  先ほど浜田先生の方からるる御質問もあったわけですけれども、私も、この新政権になられてから半年以上、大臣初め副大臣、政務官、本当に一生懸命、日本の防衛をしっかりとしなきゃいけないということで努力してきたと思っているわけでありまして、その件に関しては敬意を表させていただきたいと思うんです。  ただ、そういう流れの中で、今大きな問題になっているのは、どうしても普天間のこと、あ……

第176回国会 安全保障委員会 第4号(2010/11/16、45期、自由民主党・無所属の会)

○江渡委員 おはようございます。自由民主党の江渡聡徳でございます。  まずもって、北澤大臣を初め皆様方、きのうは大変お疲れさまでございました。ただ、そうは言いながらも、ここのところのこの安全保障委員会、何か随分淡々と進み過ぎているんじゃないのかな、もう少し厳しい議論のやりとりがあってもいいのではないかなというような思いもしておりますので、きょうは少し厳し目のお話をさせていただきたいなと思っております。  まずもって、昨日の国会が大変大きく荒れてしまった、この原因というのは、ある意味民主党さんの衆参においての尖閣ビデオの情報公開についての方針というものがきちんと定まっていなかった、その結果七時間……

第177回国会 予算委員会 第21号(2011/04/29、45期、自由民主党・無所属の会)

○江渡委員 自由民主党の江渡聡徳でございます。  あの未曾有の大震災の後、きのうで四十九日がたったわけであります。改めまして、犠牲になられました皆様方に心から哀悼の誠をささげさせていただきたいと思いますし、また、犠牲になられました、そして大変な被害に遭われた方々にお見舞いを申し上げたいなというふうに思っているところでございます。  改めて、私ども、復旧復興に向けて全力で取り組まなければ、そして最大限に努力しなければいけないなというふうに思っているところでございます。幸いに日本全体が、今回の震災の後、心を一つにし、力を合わせて頑張り抜かなければ、そしてよりよい国をつくらなければということで努力し……

第179回国会 科学技術・イノベーション推進特別委員会 第5号(2011/11/24、45期、自由民主党・無所属の会)

○江渡委員 自由民主党の江渡聡徳でございます。  本日は、本島機構長、大変お忙しいところおいでいただきましたこと、ありがたく御礼申し上げたいと思います。  先ほど御説明をいただいたわけでありますけれども、この核融合エネルギーの実現のためには、実験炉のITERの建設、運転というのは必要不可欠なステップであるというふうに私は認識しているわけでありますけれども、この核融合研究開発におけるITER計画の位置づけ、そして進捗状況についてお伺いしたいと思います。  また、今現在、欧州の方では非常に金融不安という状況下のわけでありまして、ですからこそ、果たして資金の拠出の方が大丈夫なのかなということについて……

第180回国会 科学技術・イノベーション推進特別委員会 第3号(2012/08/07、45期、自由民主党・無所属の会)

○江渡委員 自由民主党の江渡でございます。  質問時間がかなり短いものですから、大臣にはできるだけ端的な答弁をいただければありがたいなというふうに思っております。  まずもって、質問通告はさせていただいていないんですけれども、どうしても大臣にちょっとお聞きしたいなと思うところが二点ほどありますので、まず、そのことに対して大臣の率直な御意見を聞かせていただければありがたいなというふうに思っております。  まず第一に、民主党政権になりまして、特に事業仕分け等が行われまして、科学技術関連予算というものがかなり大幅に削られたわけであります。例えばスーパーコンピューターの問題とかいろいろなことがあったわ……


46期(2012/12/16〜)

第183回国会 安全保障委員会 第1号(2013/03/15、46期、自由民主党)【政府役職】

○江渡副大臣 防衛副大臣を拝命いたしました江渡聡徳でございます。  我が国の防衛という崇高かつ国家存立の基本を担う防衛省・自衛隊の副大臣に就任し、大変光栄に感じるとともに、改めてその職責の重大さを痛感しております。  過去二度にわたる防衛副大臣としての経験も生かしながら、両政務官とともに、小野寺大臣を補佐し、全力で職務に邁進する所存であります。  武田委員長を初め理事、委員各位におかれましては、御指導、御鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。  平成二十五年度の防衛省関係予算について、その概要を御説明申し上げます。  平成二十五年度予算においては、周辺国による軍事力の近代化及び軍事的……

第183回国会 安全保障委員会 第2号(2013/04/02、46期、自由民主党)【政府役職】

○江渡副大臣 お答えさせていただきたいと思います。  確かに今、委員がおっしゃられているように、中国の透明性というのはかなり不確実な部分があるわけであります。特に中国は、従来から、具体的な装備の保有状況、あるいは調達目標及び調達実績、あるいは主要な部隊の編成とか配置、軍の主要な運用及び訓練実績等々、非常にこの辺のところを明らかにしていないわけであります。ですからこそ、軍事、安全保障に関する意思決定プロセスというものも、また不透明なところがあるわけであります。  ですから、我々は、中国の軍事、安全保障に関してかなり不透明な部分があるからこそ、国際社会の懸念を払拭するためにも、具体的な情報開示など……

第183回国会 安全保障委員会 第3号(2013/05/23、46期、自由民主党)【政府役職】

○江渡副大臣 お答えさせていただきたいと思います。  今委員から御指摘があったわけでありますけれども、我が国の周辺におきましては、従来より、核戦力を含む大規模な軍事力というものが集中しておりますし、朝鮮半島や台湾海峡をめぐる問題というものも存在しております。依然として不透明でありますし、不確実な要素というのが存在しているわけであります。  これに加えて、この五年間におきましても、多数の国が軍事力の近代化というものを継続しておりますし、委員初め皆様方御承知のとおり、北朝鮮による核実験の実施及び弾道ミサイル能力の増強や、あるいは中国による我が国周辺海空域における活動の急速な拡大、あるいは活発化など……

第183回国会 安全保障委員会 第5号(2013/06/04、46期、自由民主党)【政府役職】

○江渡副大臣 お答えさせていただきたいと思います。  在外邦人輸送において万が一襲撃を受けた場合、自衛官は、自己等の生命身体の防護や武器等の防護のために法に基づいた武器の使用をするということは、これは可能であるわけでありますけれども、今委員が御指摘の重武装の武装勢力の襲撃に遭遇した場合、これらのことに対しての対応というのはその時々の個々具体的な状況によって判断するものでありますから、今あらかじめ一概に申し上げるということは非常に困難でございます。  そういうようなこともありまして、先ほど大臣の方からも御答弁があったわけでありますけれども、今回の改正法案によって可能となる陸上輸送を行うに当たって……

第183回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第3号(2013/05/29、46期、自由民主党)【政府役職】

○江渡副大臣 お答えさせていただきたいと思います。  もう委員は十分御承知だと思うわけでありますけれども、まずもって、この南西地域の島嶼部の防衛というのは非常に重要なものであるというふうに我々も認識しております。  その上で、与那国島への沿岸監視部隊の配置につきましては、外間町長等からの要請を踏まえまして、地元との調整を進めてきたところですけれども、今委員からお話がありましたとおり、外間町長から、いわゆる市町村協力費、まあ迷惑料ですけれども、十億円という要求が来たわけであります。これは余りにも理不尽なものでありまして、一切応じることはできないということで、これまで防衛省からの積極的な用地交渉と……

第183回国会 外務委員会 第2号(2013/03/15、46期、自由民主党)【政府役職】

○江渡副大臣 お答えさせていただきたいと思います。  今委員から質問されたこと、沖縄県の仲井真知事からも、違反等々があるということで、約三百十八件確認されたということで、沖縄防衛局長及び外務省の沖縄担当大使宛てに提出されているわけでありますけれども、これは今鋭意精査の最中でございます。  と申しますのは、一応、具体的に沖縄県から指摘があった期間、昨年の十月から十一月の二カ月間であるわけでありますけれども、この間に三百十八件があったということですけれども、沖縄防衛局が撮影した写真、約三千枚ほどあります。これを一枚一枚、その撮影時間、場所、それから、沖縄県から合意違反と指摘があった飛行時間とか場所……

第183回国会 経済産業委員会 第3号(2013/03/22、46期、自由民主党)【政府役職】

○江渡副大臣 三谷議員にお答えさせていただきたいと思います。  一般論として申し上げさせていただくならば、この核問題に関する北朝鮮の最終的な目的というのは、あくまでも、核兵器というものを保有することによって抑止力の確保、こういうことを目指しているものだというふうな見方がありまして、そして、北朝鮮自身においても、アメリカに対抗するための核兵器を保有したりということで、繰り返し主張しているわけであります。  一方、今先生がおっしゃられたように、北朝鮮が人工衛星の打ち上げと称してミサイルの発射を行うという背景は、平和的な人工衛星の打ち上げであると主張することで弾道ミサイルの発射というものを正当化する……

第183回国会 国土交通委員会 第4号(2013/04/03、46期、自由民主党)【政府役職】

○江渡副大臣 お答えさせていただきたいと思います。  ただいま委員が御指摘のとおり、我が国を取り巻く安全保障環境というものが一層厳しさを増す中、この南西地域を初めとする島嶼部の防衛というのは極めて重要なものだと我々も認識しているところでございます。  その上で、この与那国島への沿岸監視部隊の配置につきましては、平成二十一年の六月、外間町長等から当時の浜田防衛大臣に対し、与那国島への陸上自衛隊部隊の配置に関する要望書が提出された。そういうことも踏まえまして、平成二十三年の九月に与那国島への部隊配置を決定。その後、平成二十四年度の予算に関係経費を計上し、外間町長を初めとする地元の方々に対して調整を……

第185回国会 安全保障委員会 第1号(2013/10/29、46期、自由民主党)【議会役職】

○江渡委員長 これより会議を開きます。  この際、一言御挨拶を申し上げます。  このたび、安全保障委員長を拝命いたしました江渡聡徳でございます。まことに光栄に存じますとともに、その職責の重大さを痛感している次第であります。  近隣諸国における軍事的活動の活発化を初め、サイバー攻撃や大量破壊兵器の移転、拡散及び複雑で多様な地域紛争など、我が国を取り巻く安全保障環境は一層厳しさを増しております。  こうした国際情勢のもと、我が国の平和と安全を確保するため、当委員会に課せられた使命はまことに重大であります。  委員各位の御協力を賜りまして、公正かつ円満なる委員会運営に努めてまいる所存でございますので……

第185回国会 安全保障委員会 第2号(2013/10/31、46期、自由民主党)【議会役職】

○江渡委員長 これより会議を開きます。  第百八十三回国会、内閣提出、自衛隊法の一部を改正する法律案を議題といたします。  この際、お諮りいたします。  本案につきましては、去る第百八十三回国会におきまして既に趣旨の説明を聴取いたしておりますので、これを省略するに御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
【次の発言】 この際、お諮りいたします。  本案審査のため、本日、政府参考人として内閣官房内閣審議官北崎秀一君、外務省大臣官房審議官秋葉剛男君、外務省大臣官房審議官新美潤君、外務省大臣官房参事官山田滝雄君、防衛省大臣官房審議官吉田正一君、防衛省防……

第185回国会 安全保障委員会 第3号(2013/12/06、46期、自由民主党)【議会役職】

○江渡委員長 これより会議を開きます。  開会に先立ちまして、民主党・無所属クラブ所属委員の御出席を要請いたしましたが、御出席が得られません。やむを得ず議事を進めます。  この際、御報告いたします。  本会期中、当委員会に付託されました請願は一種二件であります。両請願の取り扱いにつきましては、理事会において検討いたしましたが、委員会での採否の決定はいずれも保留することになりましたので、御了承を願います。  なお、本会期中、当委員会に参考送付されました陳情書及び意見書は、お手元に配付してありますとおり、基地対策の推進に関する陳情書外二件、自衛隊の隊員確保を求める意見書外十一件であります。念のため……

第186回国会 安全保障委員会 第1号(2014/02/21、46期、自由民主党)【議会役職】

○江渡委員長 これより会議を開きます。  国政調査承認要求に関する件についてお諮りいたします。  国の安全保障に関する事項について、本会期中国政に関する調査を行うため、衆議院規則第九十四条の規定により、議長に対し、承認を求めたいと存じますが、御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
【次の発言】 国の安全保障に関する件について調査を進めます。  防衛大臣から防衛政策に関して説明を求めます。小野寺防衛大臣。
【次の発言】 次に、外務大臣から我が国の安全保障政策について説明を求めます。岸田外務大臣。

第186回国会 安全保障委員会 第2号(2014/03/20、46期、自由民主党)【議会役職】

○江渡委員長 これより会議を開きます。  この際、武田防衛副大臣から発言を求められておりますので、これを許します。武田防衛副大臣。
【次の発言】 国の安全保障に関する件、特に国家安全保障戦略、平成二十六年度以降に係る防衛計画の大綱及び中期防衛力整備計画について調査を進めます。  国家安全保障戦略について、外務大臣から報告を聴取いたします。岸田外務大臣。
【次の発言】 次に、平成二十六年度以降に係る防衛計画の大綱及び中期防衛力整備計画について、防衛大臣から報告を聴取いたします。小野寺防衛大臣。
【次の発言】 以上で報告は終わりました。  次回は、来る二十七日木曜日午前八時三十五分理事会、午前八時……

第186回国会 安全保障委員会 第3号(2014/03/27、46期、自由民主党)【議会役職】

○江渡委員長 これより会議を開きます。  国の安全保障に関する件について調査を進めます。  この際、お諮りいたします。  本件調査のため、本日、政府参考人として内閣官房内閣審議官山崎和之君、内閣官房内閣審議官前田哲君、内閣官房内閣参事官斉藤和重君、内閣府大臣官房審議官中野節君、外務省大臣官房審議官柳秀直君、外務省大臣官房参事官山田滝雄君、外務省大臣官房参事官大菅岳史君、外務省北米局長冨田浩司君、外務省国際法局長石井正文君、防衛省大臣官房長黒江哲郎君、防衛省大臣官房技術監外園博一君、防衛省大臣官房審議官吉田正一君、防衛省防衛政策局長徳地秀士君、防衛省運用企画局長中島明彦君、防衛省人事教育局長豊田……

第186回国会 安全保障委員会 第4号(2014/04/01、46期、自由民主党)【議会役職】

○江渡委員長 これより会議を開きます。  国の安全保障に関する件、特に国家安全保障戦略、平成二十六年度以降に係る防衛計画の大綱及び中期防衛力整備計画について調査を進めます。  この際、お諮りいたします。  本件調査のため、本日、政府参考人として内閣官房内閣審議官武藤義哉君、内閣官房内閣審議官藤山雄治君、内閣官房総合海洋政策本部事務局長長田太君、総務省総合通信基盤局電気通信事業部長安藤友裕君、外務省大臣官房審議官新美潤君、外務省大臣官房審議官金杉憲治君、外務省北米局長冨田浩司君、文部科学省大臣官房審議官磯谷桂介君、国土交通省大臣官房技術参事官大脇崇君、海上保安庁次長岸本邦夫君、防衛省大臣官房長黒……

第186回国会 安全保障委員会 第5号(2014/04/03、46期、自由民主党)【議会役職】

○江渡委員長 これより会議を開きます。  国の安全保障に関する件について調査を進めます。  この際、お諮りいたします。  本件調査のため、本日、政府参考人として内閣官房内閣審議官武藤義哉君、内閣法制局第一部長近藤正春君、内閣府大臣官房宇宙審議官西本淳哉君、外務省大臣官房参事官山田滝雄君、外務省国際法局長石井正文君、経済産業省貿易経済協力局貿易管理部長中山亨君、海上保安庁次長岸本邦夫君、環境省水・大気環境局長小林正明君、防衛省大臣官房長黒江哲郎君、防衛省大臣官房技術監外園博一君、防衛省大臣官房審議官吉田正一君、防衛省防衛政策局長徳地秀士君、防衛省運用企画局長中島明彦君、防衛省人事教育局長豊田硬君……

第186回国会 安全保障委員会 第6号(2014/04/08、46期、自由民主党)【議会役職】

○江渡委員長 これより会議を開きます。  内閣提出、防衛省設置法等の一部を改正する法律案を議題といたします。  この際、お諮りいたします。  本案審査のため、本日、政府参考人として内閣官房内閣審議官山崎和之君、内閣官房内閣審議官武藤義哉君、内閣府宇宙戦略室長西本淳哉君、外務省大臣官房参事官山田滝雄君、文部科学省大臣官房審議官磯谷桂介君、経済産業省貿易経済協力局貿易管理部長中山亨君、環境省水・大気環境局長小林正明君、防衛省大臣官房長黒江哲郎君、防衛省大臣官房審議官吉田正一君、防衛省防衛政策局長徳地秀士君、防衛省運用企画局長中島明彦君、防衛省人事教育局長豊田硬君及び防衛省地方協力局長山内正和君の出……

第186回国会 安全保障委員会 第7号(2014/05/23、46期、自由民主党)【議会役職】

○江渡委員長 これより会議を開きます。  連合審査会開会に関する件についてお諮りいたします。  国の安全保障に関する件について、外務委員会から連合審査会開会の申し入れがありましたので、これを受諾するに御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。  また、連合審査会において、政府参考人から説明を聴取する必要が生じました場合には、その出席を求め、説明を聴取することとし、その取り扱いにつきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。  なお、連合審査会は、来る六月二日……

第186回国会 安全保障委員会 第9号(2014/06/20、46期、自由民主党)【議会役職】

○江渡委員長 これより会議を開きます。  この際、御報告いたします。  本会期中、当委員会に付託されました請願は四種八件であります。各請願の取り扱いにつきましては、理事会において検討いたしましたが、委員会での採否の決定はいずれも保留することになりましたので、御了承願います。  なお、本会期中、当委員会に参考送付されました陳情書及び意見書は、お手元に配付してありますとおり、集団的自衛権行使の容認及び国家安全保障基本法案の国会提出に反対することに関する陳情書外一件、航空自衛隊警戒群の存続を求める意見書外五件であります。念のため御報告いたします。

第187回国会 安全保障委員会 第1号(2014/10/10、46期、自由民主党)【政府役職】

○江渡国務大臣 防衛大臣及び安全保障法制担当大臣を拝命いたしました江渡聡徳でございます。  このたび、大臣として、我が国の防衛という国家存立の基本にかかわる崇高な任務を担うこととなり、大変光栄に感じるとともに、みずからの使命と責任の重みを痛感しております。  まず、先月二十七日発生した御嶽山の噴火により亡くなられた方々の御冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された方々に心からお見舞いを申し上げます。  防衛省・自衛隊としては、関係機関と連携して救助活動に取り組んできたところであり、今後とも災害対応にしっかりと取り組む所存でございます。  次に、大臣としての御挨拶の前に、私自身が当委員会の委員……

第187回国会 安全保障委員会 第2号(2014/10/14、46期、自由民主党)【政府役職】

○江渡国務大臣 お答えさせていただきたいと思います。  今委員が御指摘のように、昨年の十二月に沖縄県知事から四項目の御要望をいただいておりますけれども、沖縄の負担軽減については、政府としてできることは全て行うということが基本姿勢でございまして、その上で、本土における、それに向けた努力を十二分に行うべきであると考えているところでございます。  特に、本年一月には防衛省内に防衛副大臣を長とする沖縄基地負担軽減推進委員会を設置し、負担軽減の具体化に向けた作業を進めております。  武田委員におかれましては、防衛副大臣時代に、委員長として沖縄の負担軽減に向けて先頭になって取り組んでいただいたこと、厚く御……

第187回国会 安全保障委員会 第3号(2014/10/17、46期、自由民主党)【政府役職】

○江渡国務大臣 御指摘の件についてはそうでございます。
【次の発言】 お答えさせていただきたいと思います。  毎月、交通費等も込みで手渡しをさせていただいているところでございます。
【次の発言】 うちの別の秘書あるいは事務員等から渡していたというふうに私は思っております。
【次の発言】 お答えさせていただきます。  御指摘の、二十四年に人件費の支払いを行った職員は、東京の事務所においての私の私設秘書でありまして、平成八年の初当選当時から私の秘書として働いていただいた方でございます。  当該秘書はもう既に七十歳を過ぎておりまして、それゆえに、非常勤として週二回ほど勤務してもらっておりましたけれど……

第187回国会 安全保障委員会 第4号(2014/10/31、46期、自由民主党)【政府役職】

○江渡国務大臣 お答えさせていただきたいと思います。  私、何度もお話しさせていただいているわけでありますけれども、税務申告をしたということ、このことに対しましては私も秘書から確認いたしましたけれども、ただ、今、その具体的な細部についてというところまでは私は確認しておらないところでございます。  なお、政治資金規正法におきましても、人件費に係る支出については、その明細をつまびらかにすることまでは求められておりません。ですから、個人的事項に関することでありまして、人件費を受け取った職員らの税務申告に関する事項についてはお答えを差し控えさせていただきます。

第187回国会 安全保障委員会 第5号(2014/11/06、46期、自由民主党)【政府役職】

○江渡国務大臣 ただいま議題となりました防衛省の職員の給与等に関する法律の一部を改正する法律案について、その提案理由及び内容の概要を御説明いたします。  防衛省職員の給与について、平成二十六年度の官民較差に基づく改定及び平成二十七年度の給与制度の総合的見直しを実施するため、所要の措置を講ずる必要があります。  以上が、この法律案の提案理由であります。  次に、この法律案の内容について、その概要を御説明いたします。  第一に、平成二十六年度の官民較差に基づく改定といたしまして、一般職の職員の例に準じて、自衛隊教官及び自衛官の俸給月額について若年層を中心に引き上げるとともに、防衛大学校及び防衛医科……

第187回国会 安全保障委員会 第6号(2014/11/07、46期、自由民主党)【政府役職】

○江渡国務大臣 お答えさせていただきたいと思います。  委員はこの件につきまして十二分に御理解の上での御質問だと思っておりますけれども、改めてお答えさせていただきたいと思うわけであります。  宇宙基本法におきましては、日本国憲法の平和主義の理念にのっとりまして、安全保障分野における宇宙開発利用を推進するためには必要な施策を講ずることとされておりまして、防衛省といたしましても、この理念にのっとりまして、宇宙開発利用に関する各種施策というものを推進させていただきたいというふうに考えているところでございます。
【次の発言】 お答えさせていただきたいと思います。  防衛省といたしましては、国家安全保障……

第187回国会 地方創生に関する特別委員会 第5号(2014/10/29、46期、自由民主党)【政府役職】

○江渡国務大臣 お答えさせていただきたいと思います。  十月十八日のお昼でございますけれども、ちょうど地元におきまして、地元の商工会議所とか農協等が、私が防衛大臣、安保法制担当大臣に就任したということで、その祝賀会を主催していただいたので、出席をさせていただきました。  また、同日夜におきましては、青森県の近隣に所在する防衛省の自衛隊の幹部数名と夕食をともにさせていただいたわけでございます。  なお、お尋ねの次の日の十九日ですけれども、これは会合には出席しておりません。  また、これらの会合の出席というものに対して、国務大臣、副大臣及び大臣政務官規範に照らして問題のないものというふうに私自身は……

第187回国会 予算委員会 第2号(2014/10/03、46期、自由民主党)【政府役職】

○江渡国務大臣 小野寺委員にお答えさせていただきたいと思います。  小野寺委員、防衛大臣として、この2プラス2の改定に向けては、もう十二分に御承知のことだと思っておりますけれども、昨年の十月の日米合意、このときに結ばれたスケジュール感、これをしっかりと守っていきたいというふうに、今、精力的に一生懸命作業を進めているところでございます。  今委員が御指摘のとおり、現行のガイドラインにつきましては、前回の一九九七年の見直しから既にもう十七年が経過しておりまして、その間に我が国の周辺の安全保障環境は本当に厳しさが増しているところでございます。  そして、特に、今委員が御指摘のあったとおりに、グローバ……

第187回国会 予算委員会 第3号(2014/10/06、46期、自由民主党)【政府役職】

○江渡国務大臣 お答えさせていただきたいと思います。  「たちかぜ」の案件は大変残念で遺憾なことであると思っておりまして、このようなことが再度ないようにということで、私の方からも職員全員の方に話をさせていただきましたし、事務次官からも通達等々させていただきました。そのほかに、先月の十七日ですけれども、防衛副大臣を委員長とした、防衛省におけるいじめ等の防止に関する検討委員会を新設させていただいて、検討委員会もスタートさせていただいたというようなところです。  そこで、先生のお尋ねの件でありますけれども、私自身の立場として、今回の件に関してはきちんとした対応でできると思っておりますし、そして、特定……

第187回国会 予算委員会 第4号(2014/10/30、46期、自由民主党)【政府役職】

○江渡国務大臣 まず、今井委員にお答えさせていただく前に、このパネルに間違いがありますので、そこをまず御指摘させていただきたいと思っております。  私自身が政治資金収支報告書の訂正に至った経緯、これは委員会の方でもお話しさせていただいたわけでありますけれども、八月の下旬に大臣就任等々の報道等もあったものですから、事務所の方で念のためにこの収支報告書を確認させていただいたところ、記載に誤りがあったと。ですからこそ、そのために訂正をさせていただいたということは、これはお答えさせていただいたと思っております。  そして、収支報告書の確認は日付をさかのぼって行っておりましたので、まず最初に、平成二十四……


47期(2014/12/14〜)

第189回国会 我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会 第5号(2015/05/29、47期、自由民主党)

○江渡委員 おはようございます。自由民主党の江渡でございます。  時間も余りないものですから、早速質疑に入らせていただきたいと思うわけであります。  今回の平和安全法制の整備の意義あるいはメリットについてまず初めにお聞かせいただきたいと思っているわけでありますけれども、今回の法整備、なぜ今行う必要があるのかということが一番大きな命題であろうかというふうに私は思っているところであります。  それは、我が国をめぐる安全保障環境というものがますます厳しくなっている、それゆえに、こういう危機管理ということを考えた場合においては、できるだけ平時の段階でしっかりと議論を尽くして、よりよいものをつくっていく……

第189回国会 我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会 第18号(2015/07/08、47期、自由民主党)

○江渡委員 埼玉県に派遣された第二班の委員を代表いたしまして、その概要を御報告申し上げます。  派遣委員は、団長として私、江渡聡徳と、理事岩屋毅君、御法川信英君、委員木原誠二君、白石徹君、原田義昭君、緒方林太郎君、大串博志君、太田和美君、浜地雅一君、塩川鉄也君の十一名であります。  このほか、現地参加議員として、梅村さえこ君が出席されました。  会議は、去る六日、さいたま市内のパレスホテル大宮において開催し、まず、私から派遣委員及び参考人の紹介等を行った後、埼玉弁護士会会長石河秀夫君、弁護士・東海大学法科大学院特任教授落合洋司君、弁護士・明日の自由を守る若手弁護士の会会員倉持麟太郎君、埼玉県商……

第189回国会 我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会 第22号(2015/07/15、47期、自由民主党)

○江渡委員 自由民主党の江渡でございます。  時間の関係もありまして、早速質問の方に入らせていただきたいと思うわけであります。  今回の平和安全法制につきましては、本委員会におきまして既に百十時間を超える審査を行ってきたわけであります。各党の意見というのは明確になってきておりまして、政府案についても十分な説明が政府側から得られていると私は考えております。  私は、政府案につきまして、特に国民の方々に御理解を深めていただくべきと考える点に絞って、総理のお考えを伺いたいというふうに思っております。  まず第一点においては、国際社会の平和と安全を確保することの重要性についてであるわけであります。  ……

第193回国会 安全保障委員会 第2号(2017/03/09、47期、自由民主党・無所属の会)【議会役職】

○江渡委員長代理 次に、浜地雅一君。

第193回国会 安全保障委員会 第7号(2017/04/25、47期、自由民主党・無所属の会)【議会役職】

○江渡委員長代理 理事会で協議させていただきたいと思います。
【次の発言】 次に、神山洋介君。


48期(2017/10/22〜)

第196回国会 予算委員会 第11号(2018/02/14、48期、自由民主党)

○江渡委員 自由民主党の江渡聡徳でございます。  久々の予算委員会の質問ということで多少緊張しておりますけれども、頑張って質問させていただきたいと思っております。  さて、冒頭にですけれども、昨日の委員会のやりとりを聞いておりまして、今回の国会におきましての働き方改革、これは大変大きな、あるいは、ある意味最大のテーマではないのかなというふうに思っておりまして、しかし、きのうの委員会のやりとりで、私自身も多少おやと疑問に思うような点もあったので、冒頭、この裁量労働制の拡大についてお聞きしたいと思っているわけであります。  昨日の質疑におきまして、平成二十五年度労働時間等の総合実態調査の矛盾をどう……

第200回国会 原子力問題調査特別委員会 第1号(2019/10/04、48期、自由民主党・無所属の会)【議会役職】

○江渡委員長 この際、一言御挨拶申し上げます。  ただいま委員各位の御推挙によりまして、委員長の重責を担うことになりました江渡聡徳でございます。  本委員会は、原子力規制行政が適正に行われるよう、原子力規制委員会を監視することを目的としております。  原子力にかかわる分野は安全の確保が第一であり、その上で、国民の理解及び原子力発電所の立地地域の住民との信頼関係が不可欠であります。現在、原子力の利用及び安全確保への国民の関心が高まっている中、有識者の専門的知見を生かしつつ議論することが期待されております。  本委員会がこうした重大な使命を果たせるよう、委員各位の御指導と御協力を賜りまして、公正か……

第200回国会 原子力問題調査特別委員会 第2号(2019/11/28、48期、自由民主党・無所属の会)【議会役職】

○江渡委員長 これより会議を開きます。  理事の補欠選任についてお諮りいたします。  委員の異動に伴い、現在理事が一名欠員となっております。その補欠選任につきましては、先例により、委員長において指名するに御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。  それでは、理事に松野博一君を指名いたします。
【次の発言】 この際、御報告いたします。  第百九十三回国会、原子力問題調査特別委員会理事会の決定により、本委員会の活動等について専門的見地から助言を求めるため、会員七名から成る衆議院原子力問題調査特別委員会アドバイザリー・ボードを設置いたしました。  本アドバイザリー・ボードにつきまし……

第200回国会 原子力問題調査特別委員会 第3号(2019/12/05、48期、自由民主党・無所属の会)【議会役職】

○江渡委員長 これより会議を開きます。  原子力問題に関する件、特に原子力規制行政の在り方について調査を進めます。  本日は、本件調査のため、参考人として、アドバイザリー・ボード会長及び会員の、政策研究大学院大学名誉教授黒川清君、政策研究大学院大学客員研究員/東京理科大学経営学研究科教授石橋哲君及び拓殖大学政経学部准教授益田直子君、以上三名の方々に御出席をいただいております。  この際、参考人各位に委員会を代表いたしまして一言御挨拶を申し上げます。  本日は、御多用のところ本委員会に御出席を賜りまして、まことにありがとうございます。参考人各位におかれましては、それぞれのお立場から忌憚のない御意……

第200回国会 原子力問題調査特別委員会 第4号(2019/12/09、48期、自由民主党・無所属の会)【議会役職】

○江渡委員長 これより会議を開きます。  閉会中審査に関する件についてお諮りいたします。  原子力問題に関する件につきまして、議長に対し、閉会中審査の申出をいたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。  次に、閉会中審査案件が付託になりました場合の諸件についてお諮りいたします。  まず、閉会中、参考人から意見を聴取する必要が生じました場合には、参考人の出席を求めることとし、その日時、人選等につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。……

第201回国会 原子力問題調査特別委員会 第1号(2020/01/20、48期、自由民主党・無所属の会)【議会役職】

○江渡委員長 この際、一言御挨拶を申し上げます。  ただいま委員各位の御推挙によりまして、引き続き委員長の重責を担うことになりました江渡聡徳でございます。  委員各位の御指導と御協力を賜りまして、公正かつ円満な委員会運営に努めてまいる所存でございますので、何とぞ委員各位の御協力をよろしくお願い申し上げます。
【次の発言】 これより理事の互選を行います。
【次の発言】 ただいまの斉木武志君の動議に御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、委員長は、理事に       伊藤 忠彦君    津島  淳君       中村 裕之君    細田 健一君       松野 博一君 ……

第201回国会 原子力問題調査特別委員会 第2号(2020/03/26、48期、自由民主党・無所属の会)【議会役職】

○江渡委員長 これより会議を開きます。  この際、御報告いたします。  第百九十三回国会、原子力問題調査特別委員会理事会の決定により、本委員会の活動等について専門的見地から助言を求めるため、会員七名から成る衆議院原子力問題調査特別委員会アドバイザリー・ボードを設置いたしました。  本アドバイザリー・ボードにつきましては、各会派の理事等の協議により、今国会においても設置することとなりました。  以上、御報告申し上げます。
【次の発言】 この際、参考人出頭要求に関する件についてお諮りいたします。  原子力問題に関する件の調査のため、本会期中、アドバイザリー・ボード会員から意見を聴取する必要が生じま……


各種会議発言一覧(衆議院)

41期(1996/10/20〜)

第140回国会 予算委員会第五分科会 第1号(1997/03/03、41期、自由民主党)

○江渡分科員 自由民主党の江渡でございます。  現在、日本におきます食糧自給率というものは四〇%強というような状況になっておりまして、かなり厳しい状況であるというふうに言わざるを得ないと思っております。特に、農家におきます所得の低迷あるいは後継者不足など、かなり多くの問題を抱えているのもこれまた現状でございます。これからの農業に対しまして、明るい兆しがなかなか見られないというところでもありまして、それらの点も踏まえましてお伺いしたいと思います。  まず最初に、ウルグアイ・ラウンド農業合意関連対策の見直しについてお伺いしたいと思っております。  平成五年十二月のガット・ウルグアイ・ラウンドの合意……

第140回国会 予算委員会第四分科会 第1号(1997/03/03、41期、自由民主党)

○江渡分科員 自由民主党の江渡でございます。  先ほど大臣から関連予算のことにつきましていろいろ説明いただいたわけでございますけれども、私は、介護保険法案のことに関連して御質問させていただきたいと思っております。  現在、我が国は、諸外国に例を見ない速さで人口の高齢化が進行しておりまして、平成十二年には国民の約六人に一人が六十五歳以上の高齢者となろうとしております。また、要介護老人並びに虚弱老人が二百八十万人になると見込まれております。  さらに、我が国の社会は、近年、少子化あるいは就業構造の変化、都市への人口集中と地方の過疎化などを背景として、家庭の姿が変容してきておりまして、核家族世帯や高……


43期(2003/11/09〜)

第159回国会 予算委員会第四分科会 第2号(2004/03/02、43期、自由民主党)

○江渡分科員 自由民主党の江渡聡徳でございます。  河村大臣、そして稲葉副大臣、原田副大臣は今退席でしょうけれども、常日ごろ文部科学行政推進のために一生懸命御努力されていることに対しまして、まずもって敬意を表させていただきたいと思うわけでございます。  私は、大臣初め副大臣に、国際熱核融合実験炉計画についてお伺いさせていただきたいと思っておるわけでございます。  地上の太陽の実現を目指すITER計画というのは、現在、日本が青森県の六ケ所村に対して、そしてEUがフランスのカダラッシュをそれぞれ建設候補地として誘致活動が展開されているわけでございます。このような国際的な研究施設というのは、現在アジ……


44期(2005/09/11〜)

第169回国会 決算行政監視委員会第二分科会 第1号(2008/04/21、44期、自由民主党)【政府役職】

○江渡副大臣 西本委員にお答えさせていただきたいと思います。  今委員が御指摘のように、常日ごろから、我が防衛省・自衛隊と自治体との、関係機関との連携を深めていくということは大変重要なことであると思っております。  このため、平素より、国や地方公共団体が実施いたします防災訓練等への自衛隊の積極的な参加、災害派遣要請先の自衛隊部隊の周知徹底、各種災害への対処マニュアルの作成、配付、自衛隊員の都道府県防災会議委員としての参加など、このことを推進させていただいております。さらには、平成十八年には、地方公共団体の連絡調整をより一層円滑にしていくということで、自衛隊の地方協力本部におきまして国民保護・災……


46期(2012/12/16〜)

第183回国会 予算委員会第七分科会 第1号(2013/04/12、46期、自由民主党)【政府役職】

○江渡副大臣 辻元委員にお答えさせていただきたいと思います。  新聞等ではそのような記事等が出ておりますけれども、今現在、防衛省において、原発等の警備を行うということ、それらの検討ということはまだしておりません。

第186回国会 安全保障委員会外務委員会連合審査会 第1号(2014/06/02、46期、自由民主党)【議会役職】

○江渡委員長 これより安全保障委員会外務委員会連合審査会を開会いたします。  先例によりまして、私が委員長の職務を行います。  国の安全保障に関する件について調査を進めます。  質疑の申し出がありますので、順次これを許します。今津寛君。
【次の発言】 では、小野寺防衛大臣。
【次の発言】 次に、原田義昭君。
【次の発言】 次に、伊佐進一君。
【次の発言】 ここで鈴木外務委員長に席をお譲りしたいと思います。
【次の発言】 次に、赤嶺政賢君。
【次の発言】 次に、玉城デニー君。
【次の発言】 次に、照屋寛徳君。
【次の発言】 以上で本連合審査会は終了いたしました。  これにて散会いたします。   ……


※このページのデータは国会会議録検索システムで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2020/05/21

江渡聡徳[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計/発言一覧 | 質問主意書