国会議員白書トップ衆議院議員桜田義孝>委員会発言一覧(全期間)

桜田義孝 衆議院議員
「委員会発言一覧」(全期間)

桜田義孝[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計/発言一覧 | 質問主意書


このページでは桜田義孝衆議院議員の委員会および各種会議の発言の冒頭部分と国会会議録検索システムの該当ページへのリンクをまとめています。
 桜田義孝 衆議院議員「委員会統計」(全期間)には委員会および各種会議の活動状況の集計結果を示しています。


委員会発言一覧(衆議院)

41期(1996/10/20〜)

第140回国会 環境委員会 第2号(1997/02/21、41期、自由民主党)

○桜田委員 私は、海外援助に対する緑化政策と、主に私の地元の手賀沼について、二点お伺いさせていただきたいなと思っております。  今日、地球環境問題が世界的規模で議論され、科学的実証をもとに、大気、水質汚染防止、海洋環境保護、食糧問題の解決あるいは地球の砂漠化阻止、緑化政策、森林保全等、さまざまな分野で環境政策が実施されるに至っております。我が国でも四大公害事件をもとに環境庁が設置されましたが、環境政策の対象も、国内問題にかかわらず、国際的な問題として地球的規模に立って行わなければならないような事態に至っております。  特に、環境問題におきましては、我が国は世界でも先進国の部類に入っております。……

第141回国会 環境委員会 第5号(1997/11/28、41期、自由民主党)

○桜田委員 おはようございます。本日は、十二月に開催されます気候変動枠組み条約第三回締約国会議、いわゆる京都会議につきまして質問させていただきます。  まず、具体的な質問に入る前に、京都会議の成功に向けて大変な努力を傾けておられます環境庁長官並びに環境庁、政府関係者に対しまして、心から敬意を表する次第でございます。  一九七二年の国連のストックホルム会議をきっかけに世界各国が地球環境問題に大きな関心を示し、海洋汚染、原子力汚染、動植物の絶滅などの地球環境の危機を回避するためにさまざまな条約が締結されていることは、既に御承知のことと思いますが、このような国際的な潮流の中、九二年の地球サミットで採……

第141回国会 財政構造改革の推進等に関する特別委員会 第13号(1997/11/04、41期、自由民主党)

○桜田委員 このたびは、石川県の谷本知事、志木市の細田市長、またさらに、ただいま御発言のありました黒澤村長、公務多忙の中おいでいただきまして、本当にありがとうございます。こういう席でございますから、それぞれのお立場から忌憚のない意見を聞かせていただければありがたいな、そんなふうに思っております。  戦後、民主主義政治がスタートして五十年余りになるわけなんですが、日本の憲法の中にも第八章で「地方自治」ということで特に定められて、戦後民主主義の一つに、地方自治の確立ということで大きな一つの位置づけがなされているわけですけれども、地方自治の本旨に従って、地方自治の条例等、自主的な課税権を有することも……

第144回国会 消費者問題等に関する特別委員会 第1号(1998/11/27、41期、自由民主党)

○桜田委員 動議を提出します。  委員長の互選は、投票によらないで、前田正君を委員長に推薦いたしたいと存じます。
【次の発言】 動議を提出いたします。  理事は、その数を八名とし、委員長において指名されることを望みます。

第144回国会 消費者問題等に関する特別委員会 第3号(1998/12/09、41期、自由民主党)

○桜田委員 自由民主党の桜田義孝でございます。  参考人の皆様におかれましては、年末のお忙しい中おいでいただきまして、本当にありがとうございます。御礼申し上げたいと思います。  現在、国民的に、和歌山事件が大変大きく報道され、保険業務に対して厳しい目が注がれているところであります。今回のこのような機会は大変時宜にかなったものと認識しております。私としては、保険契約問題全般にわたって共通の課題と思われるような部分について御質問申し上げたいと思います。  まず第一点でございますが、保険相談件数と認識についてお伺いしたいと思います。  保険は、言うまでもなく、国民一人一人が安定した社会生活を送るため……

第145回国会 決算行政監視委員会 第7号(1999/06/01、41期、自由民主党)

○桜田委員 自由民主党の桜田義孝でございます。参考人のお二人におかれましては、お忙しいところを御苦労さまでございます。  現在、国会では、中央省庁改革と地方分権関連法案の審議の真っ最中でありますが、明治維新後、アジアの諸国の中で奇跡的な近代化を遂げ、高度経済成長をなし遂げていく中で、中央、地方を問わず、我が国の行政の果たしてきた役割は非常に大きいものがあろうかと思われます。しかし、欧米生活にキャッチアップが完了し、国家社会全体が成熟期を迎えた現在、市場経済の低迷と膨大な財政赤字が私たちの生活から快適性を奪っていることもまた事実であろうかと思います。  こうした中、至るところで、透明性、公平性、……

第145回国会 決算行政監視委員会 第9号(1999/07/21、41期、自由民主党)

○桜田委員 自由民主党の桜田義孝でございます。大住参考人につきましては、本当にお忙しいところをありがとうございます。  公会計のあり方ということでお伺いするわけですが、私は、衆議院議員になる前には、県会議員、市会議員とやってきたわけなんですけれども、十二年前に柏の市議会議員になったとき初めて質問をしたときに、なかなか単年度制の会計がわからなかったわけですね。私は会社を経営していたもので、複式簿記が普通で、複式簿記しか知らなかったわけですね。それで、いつも財政部長にいろいろなことを聞きに行くんだけれども、なかなかのみ込みが悪くて、難しかった。少しずつなぜ企業会計のようなことをやらないかということ……

第145回国会 消費者問題等に関する特別委員会 第1号(1999/01/19、41期、自由民主党)

○桜田委員 動議を提出いたします。  委員長の互選は、投票によらないで、河上覃雄君を委員長に推薦したいと存じます。
【次の発言】 動議を提出いたします。  理事は、その数を八名とし、委員長において指名されることを望みます。

第145回国会 日米防衛協力のための指針に関する特別委員会 第8号(1999/04/15、41期、自由民主党)

○桜田委員 自由民主党の桜田義孝でございます。  我が国がさきの大戦に敗戦して以来、日本国家にこのような平和と繁栄をもたらしてくれたのは何よりも日米安全保障条約でありました。そして、その日米安全保障条約を各種の具体的取り決めによりさらに強化することに役立つ日米防衛協力指針に関する特別委員会の委員として、本日、このように御質問させていただく機会を得られましたことをまず先輩並びに同志諸兄に心から感謝申し上げ、具体的質問に入らせていただきたいと思います。  独立国家日本のあり方と、拿捕、臨検について、中心に質問させていただきたいと思います。  まず私は、先般、三月二十三日未明に発生しました不審船事件……

第146回国会 消費者問題等に関する特別委員会 第1号(1999/10/29、41期、自由民主党)

○桜田委員 動議を提出いたします。  委員長の互選は、投票によらないで、河上覃雄君を委員長に推薦したいと存じます。
【次の発言】 動議を提出いたします。  理事は、その数を八名とし、委員長において指名されることを望みます。

第147回国会 建設委員会 第2号(2000/02/24、41期、自由民主党)

○桜田委員 自由民主党の桜田義孝でございます。本日は、公共事業と民主主義という観点から、幾分政治家として心配していることがありますので、御質問させていただきたいと思います。  一部の政党が、公共事業についてばらまき行政である、こういう誤った批判を吹聴するような政党がありますが、またそのほかにも、マスメディア等におきましても、公共事業批判というものは結構展開されているところが非常に多いところもあります。また、政府はキツネも通らないようなところまで道路を直していると、全く誤った指摘をするマスメディアもあることも聞きます。そうした風潮につきましては、都市部を中心とした社会風潮が政治的にも無視できない……

第147回国会 大蔵委員会 第2号(2000/02/22、41期、自由民主党)

○桜田委員 自由民主党の桜田義孝でございます。  東京都の外形標準課税の導入をめぐっての件と、国家財政と地方財政のバランス、この二点を中心に質問させていただきたいと思います。  今、東京都の石原知事が導入を予定しております一部銀行に対する外形標準課税が非常に話題をにぎわしているところでありますが、この問題につきましては、一部業種のみを対象として税の公平性原則に反するとか、金融システムの安定性を懸命に確保しようとしている現在の政府の金融政策と明らかに矛盾するとか、いろいろな批判もあるところでありますが、私自身は、国と地方の財政、税制の問題という点から貴重な一石を投じたということで、高く評価をして……


42期(2000/06/25〜)

第148回国会 大蔵委員会 第2号(2000/07/17、42期、自由民主党)【議会役職】

○桜田委員長代理 次に、吉井英勝君。

第148回国会 大蔵委員会 第3号(2000/07/18、42期、自由民主党)【議会役職】

○桜田委員長代理 上田議員の質問に対する答弁を。
【次の発言】 では、山口副総裁。
【次の発言】 次に、鈴木淑夫君。

第150回国会 大蔵委員会 第2号(2000/11/01、42期、自由民主党)【議会役職】

○桜田委員長代理 次に、中塚一宏君。

第150回国会 大蔵委員会 第3号(2000/11/10、42期、自由民主党)

○桜田委員 自由民主党の桜田義孝でございます。  自由民主党を代表して、酒税法の一部を改正する法律案について意見を申し述べます。  平成十年三月に閣議決定された規制緩和推進三カ年計画において、酒類販売の免許基準をことし九月に廃止することが含まれておりましたが、自由民主党は、酒類の販売については、未成年への酒の販売規制が不十分で、飲酒による交通事故や大型店などの原価を割った行き過ぎた安売りなど、社会不安を残したままで酒類販売の免許基準を廃止することは問題だとして、その見直しを求めてまいりました。昨年暮れには、二百人以上の我が党議員が参加する規制緩和を見直す会を発足させ、経済的規制の緩和は進めるが……

第151回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第4号(2001/03/21、42期、自由民主党)【政府役職】

○桜田大臣政務官 本年一月、外務大臣政務官に就任いたしました桜田義孝でございます。大木委員長を初め委員各位に謹んでごあいさつを申し上げます。  外務大臣政務官としての職責を果たすべく、河野外務大臣の指導のもと、精力的に活動してまいる所存でございます。  大木委員長を初め本委員会の皆様の御指導と御協力をいただけますようよろしくお願い申し上げます。(拍手)
【次の発言】 稲嶺沖縄県知事からの要請につきましては、三月十六日、政府として承ったところでありますが、在日米軍施設・区域が集中することによる沖縄県民の方々の御負担につきましては、日ごろより私としても強く認識しており、引き続きその軽減に向け努力す……

第151回国会 外務委員会 第2号(2001/02/28、42期、自由民主党)【政府役職】

○桜田大臣政務官 先日、外務大臣政務官に就任いたしました桜田義孝でございます。土肥委員長を初め委員各位にごあいさつ申し上げます。  私は、アメリカ原子力潜水艦グリーンビルと愛媛県宇和島水産高校練習船えひめ丸との衝突事故発生以降、昨日に至るまで現地ホノルルに出張し、情報収集に努めるとともに、御家族並びに関係者の御意向を十分踏まえ、全力を挙げて米側と折衝してまいりました。  この問題や公金横領疑惑を初め、我が国外交当局が直面する課題が山積する中、河野外務大臣の下で外務大臣政務官としての職務を全うするため、全力を尽くしてまいる考えでございます。  委員長を初め本委員会の皆様の御指導と御協力をいただけ……

第151回国会 国土交通委員会 第18号(2001/06/05、42期、自由民主党)

○桜田委員 自由民主党の桜田義孝でございます。本日は、参考人の皆様におかれましては、御多用の中、当委員会においでいただきまして、本当にありがとうございます。まず、冒頭に御礼申し上げたいと思います。  さて、構造改革を進める我が国経済社会を活性化するためには、規制緩和を実施し、民間でできることは民間にお任せする必要があると思います。公的セクターにおいては、どうしてもコスト意識が薄く、非効率性が生じやすく、社会的損失につながりかねないと考えておる次第であります。  私は、公約におきまして、自立と共生という思想を重んじる小さな政府の構築ということを掲げておりますことを、まず初めに強調させていただきた……

第151回国会 文部科学委員会 第4号(2001/03/07、42期、自由民主党)【政府役職】

○桜田大臣政務官 政府といたしましては、今回のような事故が再び繰り返されることがないように、米側に対して、現在、国家交通安全委員会と海軍がそれぞれ行っている調査を通じまして、事故原因が早急に、徹底的に解明されることを求めてきております。  私自身も、二月十日、ホノルル入りをしまして、到着二時間後にはファーゴ・アメリカ太平洋艦隊司令官と会談を行い、その後、十七日間にわたりまして、ブレア・アメリカ太平洋軍司令官、ケース同軍司令官代行と逐一会談を行い、行方不明者の捜索救助活動を強く働きかけましたと同時に、事故原因の早急な、徹底的な解明を求めたところであります。  また、アメリカの国家交通安全委員会の……

第153回国会 外務委員会 第4号(2001/12/05、42期、自由民主党)

○桜田委員 自由民主党の桜田義孝でございます。今日は、我が国外交政策上の幾つかの課題、問題点について質問させていただきたいと思います。  さて、田中外務大臣、就任以来、とかく話題性のある大臣として認識しているところでありますが、過日、参議院の外交防衛委員会でも指輪の一件が取り上げられたそうでありますが、私は、国家国民の利益の追求にほど遠い質問は避けて、真の日本の国益に関しての論点に絞って質問させていただきたいな、そんなふうに思っております。  しばしば、日本外交は国家戦略というものが明確に打ち出せないというような問題を抱えているように私は認識しているところでありますが、過日の外務委員会における……

第153回国会 国土交通委員会 第3号(2001/11/27、42期、自由民主党)

○桜田委員 自由民主党の桜田義孝でございます。本日は、PFIについて、簡単なポイントを今後のために確認しておきたいと思っております。  今、小泉内閣においては、民間でできることは民間でとしきりに言っておりますし、私も、少子高齢化時代を迎え、GDPも二、三%程度の成長は何が何でも必要だなというふうに思っております。こういう観点から見て、経済を是が非でも活発にさせるためにはこのPFIの制度を充実化することが不可欠であるという認識を持っておるところであります。  民間というものは、何を国民が求めているかということにつきまして、利益をもってはかれるという極めて高い利点がございます。そこで、明治以来、優……

第154回国会 経済産業委員会 第31号(2002/10/11、42期、自由民主党)【政府役職】

○桜田大臣政務官 このたび経済産業大臣政務官を拝命いたしました桜田義孝でございます。  日一日と深刻化する日本経済の中で、デフレ経済脱却のために本委員会の果たす役割は極めて大切であろうと思っております。大臣、副大臣、政務官ともども協力体制を組みながら、一生懸命働かせていただきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。(拍手)
【次の発言】 格納容器は、万が一の事故の際に放射性物質の放出を防ぐ重要な機能を持っているものでございます。このため、国の定期検査に際して漏えいの検査を行っておりますが、福島第一の一号機の格納容器漏えい検査に関する不正の疑いの件について、仮に事実とすれば、重大な問題であ……

第154回国会 決算行政監視委員会 第2号(2002/02/20、42期、自由民主党)

○桜田委員 自由民主党の桜田義孝でございます。本日は、国家行政、決算制度全般につきまして、根本問題について幾つかの質問をさせていただきたいと思います。  さて、現在、国と地方を合わせ六百七十五兆円という膨大な債務残高を抱え、我が国の先行きに多くの国民が不安を抱いております。特に、行政国家化の進展に伴い巨大に膨れ上がった国家行政機構に根本的なメスを入れない限り、健全な財政状況の回復ができないと思います。公共事業をちょっとくらい減らそうが、医療費をちょっと抑えようが、いずれも根本的な解決にはなりません。血税を使ったあらゆる公共政策が本当に活力のある日本の将来のために必要なのかどうかを、徹底的に見直……

第154回国会 決算行政監視委員会 第8号(2002/05/22、42期、自由民主党)

○桜田委員 自由民主党の桜田義孝であります。  本日は、官僚の人事システムの問題と決算行政監視委員会のあり方、真の政治主導実現のための制度改革、公務員の給与、退職金問題について、四点についてお伺いいたしたいと思います。  まず、石原大臣でありますけれども、最近公務員制度の改革ということが言われておりますが、国民的関心の高い官僚の人事システムについてちょっとお伺いしたいと思います。  行革担当大臣に、ノンキャリアとキャリアということでありますが、我々、よくごあいさつに来るときに名刺がちょくちょく刷り変わって、あいさつしてもなかなか官僚の名前を覚えられないですよね、いろいろあると。そんなことで、平……

第155回国会 経済産業委員会 第2号(2002/11/01、42期、自由民主党)【政府役職】

○桜田大臣政務官 経済産業省と文部科学省は、それぞれ産業クラスター計画と知的クラスター創成事業を進めておりますが、経済産業省では、企業を中心とした実用化技術開発など産学官連携事業を推進し、新事業の創出を図る、文部科学省の方では、大学等公的研究機関を中心とした基礎的研究部門における産学官共同研究を推進し、新技術の創出を図るということで、それぞれ役割の分担をしているところでありまして、施策の重複を避けつつ、両省が産学官連携を推進しているところでございます。  また、両省は、総合科学技術会議などの内閣の要請を踏まえ、関係自治体と経済産業省、文部科学省の両省が参加する地域クラスター推進協議会を設置して……

第155回国会 経済産業委員会 第6号(2002/11/13、42期、自由民主党)【政府役職】

○桜田大臣政務官 地域の企業が技術開発を行い、新事業分野へ展開していくためには、地域の大学等との産学官連携を進めることが効果的、効率的であると考えております。そのため、経済産業省では、昭和五十八年に制定されたテクノポリス法に基づいて、地方自治体による地域技術の高度化を支援するための施策を初め、地域の産学官連携の促進に取り組んできたところでございます。  しかしながら、地域における産学官連携につきましては、十分とは言えないかもしれませんが、地域企業の大宗は、大企業との下請関係があり、安定的な取引がある中では、大学との連携により新事業を積極的に展開していくという必要性が相対的に低かったのではないだ……

第155回国会 経済産業委員会 第9号(2002/11/27、42期、自由民主党)【政府役職】

○桜田大臣政務官 先生御指摘のとおり、今般の一連の事案に関しまして、総合資源エネルギー調査会の原子力安全規制法制検討小委員会において、再発防止策の検討をしたところでございます。それで、十月の三十一日に中間報告として八項目の提言を取りまとめたところでございます。  その提言のうち、法律上の措置が必要なもの、すなわち、一点目は事業者による自主点検の法的位置づけの明確化、二点目に自主検査結果の記録、保存の義務化、三点目に設備の健全性評価の義務化、四点目に罰則強化等につきまして本法案に反映させているところでございます。  また、その他の項目については、政省令の改正など、制度運用面の改善によりまして対応……

第155回国会 総務委員会 第7号(2002/11/21、42期、自由民主党)【政府役職】

○桜田大臣政務官 お答えさせていただきます。  プロジェクトマネジメント研究会につきましては、東京工業大学の大山永昭教授を座長にお願いいたしまして、ソフトウエア関係企業の専門家をメンバーに、昨年来、経済産業省において開催して、本年三月に報告書を公表させていただいたところでございます。この報告書におきましては、政府のIT調達を効率化するとの観点から、主に運用上の問題点とその解決策を明らかにしておるところでございます。  具体的には、政府のIT調達においては、発注者がその調達プロジェクトの内容と意図を伝えるためのリクエスト・フォー・プロポーザルがあいまいである、そのため受注者の作業範囲が不明確にな……

第155回国会 特殊法人等改革に関する特別委員会 第4号(2002/11/12、42期、自由民主党)【政府役職】

○桜田大臣政務官 吉川さんの場合は、東大総長をお迎えしたので若干高くなっております。
【次の発言】 これは評価委員会で適切な評価を得て、これが妥当だという結論に基づいて行われております。
【次の発言】 評価委員会の中身は、よく吟味してやっていることと思いますので、それはそれなりにいろいろな角度から検討された結果だということを思っております。
【次の発言】 政治の判断は長期的に見てなされなきゃならないということでありますので、短期的にこれがこうだと早急に結論を出すのは不適切だと思っております。
【次の発言】 ジェトロの変わったのは、輸入促進をするためにいろいろな制度を変えたということでありますし……

第156回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第4号(2003/03/20、42期、自由民主党)【政府役職】

○桜田大臣政務官 お答えさせていただきたいと思います。  石油備蓄の放出につきましては、石油供給の途絶またはそのおそれがある場合には、IEA加盟国とも協調して適切な対応を敏速に講じてまいりたい、そんなふうに考えております。  実際の備蓄石油の放出に当たっては、民間備蓄は国家備蓄に比較して速やかに市場に流通させることが可能でありますが、実際の取り崩しは石油の所有者である民間事業者にゆだねられるため、必ずしも供給量の増加をもたらさない可能性があること。一方、国家備蓄は敏速性では民間備蓄放出に劣るものの、確実に市場に供給量を増加させることが可能であるといった特徴がございます。  今後の備蓄石油の活用……

第156回国会 環境委員会 第6号(2003/04/18、42期、自由民主党)【政府役職】

○桜田大臣政務官 お答えさせていただきます。  旧通産省におきましては、PCB製造業者が昭和四十八年に設立いたしましたピーシービー処理協会、いわゆる財団法人電機ピーシービー処理協会と言っておるわけですが、PCB使用機器の保有状況調査を実施した際に、ビルとか工場のオーナー等の自家用電気工作物設置者に対して同調査への協力を要請する、あるいはPCB使用機械の適切な取り扱いの手引書を作成して配付するなど、ピーシービー処理協会の事業を全面的に協力してきたところでございます。  また、ピーシービー協会が建設に努力した高温焼却処理施設についても、安全性がほぼ確立されていたものの、焼却処理に伴って発生する排気……

第156回国会 経済産業委員会 第3号(2003/02/26、42期、自由民主党)【政府役職】

○桜田大臣政務官 中小企業が行っております貸し渋り実態調査によると、本年二月でも、企業への貸し出しが厳しくなったということは二六・九%で、大変厳しくなっておるところでありますが、この制度、非常に好評でありまして、借り入れ、保証借入金について、中小企業の返済を軽減する意味でも、非常に業者から喜ばれているところであります。  簡単に、時間がないので言いますけれども、本制度が二月十日から取り扱ったところ、たった二週間の間で四千五百四十七件、六百六十三億円となっておりますので、これが非常に普及すると思います。  以上であります。
【次の発言】 お答えさせていただきます。  ライフサイエンスの関連産業の……

第156回国会 経済産業委員会 第6号(2003/03/14、42期、自由民主党)【政府役職】

○桜田大臣政務官 お答えさせていただきます。  中小企業再生支援協議会につきましては、多様性、地域性といった中小企業の特性を踏まえて、地域の金融機関や専門家などのさまざまな関係者の参加を得て、きめ細かな支援をしていくところでございます。  再生計画の策定を支援することを主たる目的としておりまして、当省といたしましては、個別企業の再生に関し特定の相談件数を想定しているわけではございません。しかし、広範な中小企業の相談にできる限り応じられるような体制を整備しているところであります。  これまでに、既に十五の道府県の協議会で相談業務が開始されているところであります。三月の十二日までに百三十五件の相談……

第156回国会 経済産業委員会 第8号(2003/03/19、42期、自由民主党)【政府役職】

○桜田大臣政務官 お答えさせていただきます。  中小企業再生支援協議会は、多数かつ多様で地域性も強いといった中小企業の特性を踏まえ、関係者の幅広い協力を得つつ中小企業の再生支援を行うことを目的としておりますので、それぞれの地域における体制を整備するものであります。  具体的には、協議会には再生についての知識や経験を有する専門家を配置し、再生に取り組む中小企業に対する指導助言や再生計画の作成支援等の事業を行いますが、その事業の実施に当たっては、地域ごとの特性や個々の中小企業の状況に応じまして、きめ細かく指導していくつもりでございます。  これまで、既に二十五の都道府県で協議会が設置されているとこ……

第156回国会 経済産業委員会 第9号(2003/03/26、42期、自由民主党)【政府役職】

○桜田大臣政務官 お答えさせていただきます。  政府といたしまして、二〇〇二年の三月に策定した地球温暖化対策推進大綱に基づきまして、国内においては、さらなる技術開発、省エネルギーの推進、新エネルギーの導入、燃料転換、安全性の確保を前提とした原子力の推進等の温室効果ガス排出削減に努めておるところでございます。  また、国外においては、クリーン開発メカニズム、いわゆるCDM、共同実施、JIといった京都メカニズム活用による費用対効果の高い排出削減の達成に、引き続き最大限の努力をしておるところでございます。  また、このように、技術革新や経済界の自主的取り組みを中心に、国内外において戦略的に施策を展開……

第156回国会 経済産業委員会 第10号(2003/04/02、42期、自由民主党)【政府役職】

○桜田大臣政務官 お答えさせていただきます。  風力発電、太陽光発電の新エネルギーにつきましては、地球温暖化問題への対応やエネルギー供給源の多様化を図る観点から、その導入促進に最大限の努力を傾注していくことが重要かと考えているところであります。  一方、新エネルギーは、現時点では、従来型の電源に比べ発電コストが高いということが問題になっておりまして、経済性の問題、自然条件によって出力が左右されやすいという安定性の問題等を抱えておるところでございます。  こうした位置づけにありますが、我が国では、新エネルギー導入目標を、二〇一〇年には原油換算で千九百十万キロリットル、一次エネルギー供給の三%程度……

第156回国会 経済産業委員会 第12号(2003/04/23、42期、自由民主党)【政府役職】

○桜田大臣政務官 はい。ちゃんとお答えさせていただきます。  審査請求期間の短縮に伴う審査請求件数の増大に対応すべく、審査体制の整備に向けた総合的な取り組みが喫緊の課題となっているところでございます。  そこで、審査体制整備の取り組みの一環といたしまして、専門的な知識経験やすぐれた見識を有する者について任期を定めて採用する任期つき職員の制度を活用し、特許に関する法令知識や専門的な技術知識、特許出願に関する豊富な経験を有する弁理士を本年度より採用し、審査を行わせることといたしました。  以上です。

第156回国会 経済産業委員会 第14号(2003/05/09、42期、自由民主党)【政府役職】

○桜田大臣政務官 議員御指摘のとおり、都市ガスとLPガスは、我が国の全世帯の半分に当たる約二千六百万世帯にガスを供給する重要なエネルギー源であります。また、LPガスは、天然ガスと同様にクリーンエネルギーの一つとして重要な役割を担っているところでございます。  今回の制度改革では、主として天然ガス市場の形成を展望した都市ガス事業規制を中心に検討を重ねてまいりましたが、こうしたLPガスの重要性にかんがみ、今後、LPガスを含むガス体エネルギーのあり方について、燃料電池等のガスを原料とする新エネルギー利用技術の動向も踏まえながら、エネルギー政策全体を展望する中で検討を進めていきたいと考えております。

第156回国会 経済産業委員会 第16号(2003/05/14、42期、自由民主党)【政府役職】

○桜田大臣政務官 お答えさせていただきます。  石油資源開発株式会社は、昭和三十年に設立されて以来、国内を中心に、勇払油ガス田、一九八九年の発見で、北海道でございますが、それとか岩船油田、ガス田、これも一九八三年で、新潟県などで発見しておるところでございますが、開発、生産を行っております。加えて、同社は、新潟―仙台間ガスパイプライン、二百五十一キロありますが、それらの長距離ガス輸送パイプラインを完成し、沿線におけるガスの拡販にも取り組むなど、我が国エネルギー安定供給の実現に重要な役割を果たしているところでございます。  今後は、三月に総合資源エネルギー調査会により取りまとめられた石油公団が保有……

第156回国会 総務委員会 第5号(2003/03/04、42期、自由民主党)【政府役職】

○桜田大臣政務官 お答えさせていただきます。  二〇〇三年の七月以降、EU域外のメーカーに対して、インターネットを通じて販売されるゲーム、音楽、ソフトなどの販売に付加価値税が導入されるということについては承知しております。また、EU域外の事業者は、販売先の国ごとの税率を計算し納入しなければならないために、EU域内の事業者に比べて煩雑な事務作業が生じるスキームとなっております。また、課税対象の範囲につきましても、例示のみで境界が明確ではないというような問題が生じております。  経済産業省といたしましては、事業者からの懸念を踏まえ、欧州委員会との協議において、担当部局に事務的負担の軽減等の申し入れ……


43期(2003/11/09〜)

第159回国会 経済産業委員会 第5号(2004/03/19、43期、自由民主党)

○櫻田委員 自由民主党の櫻田義孝でございます。  本日は、中小、中堅企業関係法案に関連しまして、幾つか質問させていただきたいと思います。  言うまでもなく、日本経済というものは中小企業で支えられておるということで、企業の九九・七%が中小企業である、また従業員も七割近いというようなことにかんがみ、中小企業の健全育成と発展というものが日本経済を支えていると言っておいても過言ではないと思います。もちろん、トヨタのように一兆円近い利益を出す企業も必要でありますが、百万円の利益を出す企業が百万社あることが最も現在の日本に必要なのではないだろうか。こんな観点から、景気の明るさが見えつつある中でも景気回復の……

第159回国会 経済産業委員会 第12号(2004/04/23、43期、自由民主党)

○櫻田委員 自由民主党の櫻田義孝でございます。  参考人の皆様におかれましては、大変お忙しい中当院のために来ていただきまして、ありがとうございます。心から御礼を申し上げたいと思います。  さて、今の四方の陳述を聞いていまして、質問するのもなかなか難しいものだなというふうに思いました。ただ、対決法案というようなそういう問題ではないというだけに、労働組合も、使用者も、学術的立場の方々も、ほっとしているところであります。  特許法三十五条の改正についてはいろいろな意見がございまして、従業員サイドに立ったもの、あるいは企業サイドに立ったもの、あるいは学術的な観点から中立的な立場に立ったもの、いろいろな……

第159回国会 経済産業委員会 第18号(2004/06/11、43期、自由民主党)

○櫻田委員 櫻田義孝でございます。  時間がないので簡単にお伺いしますけれども、恐らくは中国の需要についてはお話があったんだろうと思いますけれども、高萩さんにちょっとお伺いしたいんです。  統計からですと、中国の埋蔵量、採掘する埋蔵量、やってしまうと十五年でなくなってしまうということで、中国のこれからの需要と、埋蔵量が枯渇してきたときのことを考えたら、相当石油市場に対する影響力が大きいのではないだろうかと思うんですけれども、中国の埋蔵量と需要についての将来性について、ちょっとお伺いさせていただけたらありがたいんですが。
【次の発言】 ありがとうございます。

第159回国会 国土交通委員会 第4号(2004/03/16、43期、自由民主党)

○櫻田委員 自由民主党の櫻田義孝でございます。  本委員会には、渡辺議員、松野議員、一緒におられますが、千葉県を代表する議員として、また、公明の富田先生、副大臣の林先生もいらっしゃいますが、思いは同じであろうと思いますので、質問をさせていただきたいと思います。  中野先生から御質問の中で触れられましたように、千葉県には、成田国際空港が建設されるに当たり歴史がございます。この歴史の中で多くの犠牲を払われて、今、千葉県では全国でも唯一収用委員会が立ち上げられないような状況でありまして、委員がみんな辞任してしまう、過激派から襲われる、こういうような状況が続いている中で、やはりそういった犠牲の上で空港……

第159回国会 国土交通委員会 第14号(2004/04/14、43期、自由民主党)

○櫻田委員 自由民主党の櫻田義孝でございます。  私は、まず、いろいろな法案のこともありますが、国民の目線に立った質問をさせていただきたい、こんなふうに思います。  本日は高速道路問題について私自身が質問させていただくわけでありますが、私が非常に疑問に思っていることに高速道路無料化問題をめぐってのことがございますので、ぜひ林副大臣にお伺いしたいと思うんです。  今回の法案では、高速道路については約四十兆円の借金を四十五年間で返済をして、あとは債務機構から高速道路会社に資産が移管され、通行料は無料になるという考え方でございます。  一部では、この無料化というものはすぐにでもすべきであるというよう……

第159回国会 国土交通委員会 第19号(2004/05/11、43期、自由民主党)

○櫻田委員 自由民主党の櫻田義孝でございます。  参考人の皆様には、大変お忙しい中を来ていただきまして、ありがとうございます。  時間も限られておりますので、早速質問に入らせていただきたいと思います。  景観という点において大変すぐれている金沢や京都、私個人としても大変好きな町でありまして、しょっちゅう訪問させていただいているところであります。その中で、やはり金沢、京都というのは町並みが非常に整理されているといいますか、町並みというものを工夫されているなということで大変関心も持っているんですが、感心しているんですけれども、やはり最近、それでも町並みの中にマンションが近くに建ってきている、これは……

第162回国会 経済産業委員会 第19号(2005/06/14、43期、自由民主党)

○櫻田委員 おはようございます。自由民主党の櫻田義孝でございます。  本日は、朝の早いところから参考人の皆様にはおいでいただきまして、本当にありがとうございます。  京都議定書の目標達成のために必ず我々がやらねばならないという責任があるわけでありますが、私自身は、環境と経済発展の両立を図る、両立を推進するという立場から、環境税には明確に反対の立場をとっているわけでありますが、国際競争がかつてないほど激しくなっている中、薄型テレビですとかプラズマですとか、パソコンなどは東南アジア勢から激しい追い上げを受けているというのが現在の状況ではないかと思っております。こんな中、日本のみが効果の、根拠性の薄……

第162回国会 経済産業委員会 第21号(2005/07/15、43期、自由民主党)

○櫻田委員 おはようございます。自由民主党の櫻田義孝でございます。  今日、日本が抱えている多くの問題の一つで、解決せねばならない大事な政治的課題に財政再建というものがあると思いますが、その財政再建に当たっては、税という形をつくって国民に御負担をお願いしなければならないような時期が刻々と迫っているのではないだろうかというふうに私は認識しているところであります。  そんな中、我々政治家や行政に携わるような人が率先して自己負担を買って出るような、そんな気持ちがないと、なかなか国民の理解は得られないのではないだろうかというふうに思っております。そんな中、公共的資金を流用して私腹を肥やす、こういうよう……

第162回国会 国土交通委員会 第19号(2005/05/20、43期、自由民主党)

○櫻田委員 皆さんおはようございます。自由民主党の櫻田義孝でございます。  本日は、お忙しいところ両先生に早朝よりおいでいただきまして、本当にありがとうございます。  早速ですが、総合的な国土の形成を図るための国土総合開発法等の一部を改正する等の法律案に関連して幾つかの御質問をさせていただきたいと思います。  これまで、国土計画は、昭和二十五年に制定された国土総合開発法に基づいて順次策定されてまいりました。その評価については多々あると思いますが、戦後の荒廃と高度経済成長期を経て今日まで、何より国民が全国的に豊かな生活を送れるようになったということについては高く評価していいのではないだろうかと私……


44期(2005/09/11〜)

第163回国会 国土交通委員会 第12号(2005/12/21、44期、自由民主党)【政府役職】

○櫻田副大臣 今回の構造計算書偽造問題については、住宅ローンの取り扱いについては金融庁としても極めて重要な問題であると受けとめているところでございます。  また、全銀協等においても重要な問題と受けとめ、十一月三十日、住宅ローン債務者から返済の一時繰り延べの要請があった場合には真摯な対応をする等の内容を申し合わせたということを伺っているところであります。  金融庁といたしましては、引き続き、構造計算書偽装問題に関する関係閣僚による会合で取りまとめられた当面の対応を踏まえ、各金融機関が申し合わせ等に対して債務者に対して真摯な対応を行うことを強く期待しているところであります。そのような取り組みがなさ……

第164回国会 外務委員会 第12号(2006/04/28、44期、自由民主党)【政府役職】

○櫻田副大臣 お答えさせていただきます。  国連腐敗防止条約におきましては、マネーロンダリング防止のための措置として、疑わしい取引の届け出制度や顧客の本人確認義務に重点を置いた規制監督制度の設立、国内的、国際的な協力及び情報交換を行うための制度の整備等が求められているところでございます。  我が国におきましては、従来よりこうしたマネーロンダリング防止を重要と考えまして、既に銀行、証券会社等の金融機関等に対しまして、組織犯罪処罰法に基づく疑わしい取引の届け出義務及び本人確認法に基づく本人確認義務が課されているところでございます。したがって、疑わしい取引を金融機関等が発見した場合には、我が国の金融……

第164回国会 経済産業委員会 第6号(2006/03/22、44期、自由民主党)【政府役職】

○櫻田副大臣 お答えさせていただきます。  昨年十二月に三井住友銀行が公正取引委員会より排除措置命令を受けたことは、まことに遺憾なことだと思っております。  一般的に、金融機関は、取引先に対して優越的地位に立ちやすいと考えられることから、金融機関自身がその立場を濫用して独占禁止法上の問題が生じることのないような適切な業務運営体制を確保することは、取引先の保護を図るものであり、金融機関への信頼性確保の上からも極めて重要であると認識しているところでございます。  こうした観点から、金融庁では、これまでも金融機関に留意を促してきたところでありますが、今回、同行が排除措置命令を受けたことについては、ま……

第164回国会 経済産業委員会 第17号(2006/05/17、44期、自由民主党)【政府役職】

○櫻田副大臣 お答えさせていただきます。  金融機関役員に関する個人ごとの報酬や退職金の金額については、金融機関の経営判断に基づき決定されるものであり、当局から申し上げることは差し控えさせていただきたいなというふうに思っております。  なお、西川氏の退職金に関しては、十七年六月の三井住友フィナンシャルグループの株主総会におきまして、自分、いわゆる西川社長でありますが、自分と岡田会長は公的資金の完済を果たすまで退職慰労金の受け取りを見合わせたい旨表明しているというふうに伺っております。
【次の発言】 個別の金融機関についてはコメントは差し控えたいところでありますが、一般論として申し上げれば、役員……

第164回国会 財務金融委員会 第1号(2006/02/07、44期、自由民主党)【政府役職】

○櫻田副大臣 このたび内閣府の副大臣を仰せつかり、金融を担当することになりました。与謝野大臣を補佐し、職務の遂行に全力投球で努力する覚悟でございます。小野委員長を初め皆様の御指導、御鞭撻のほど、よろしくお願いを申し上げます。(拍手)

第164回国会 財務金融委員会 第2号(2006/02/21、44期、自由民主党)【政府役職】

○櫻田副大臣 お答えさせていただきます。  金融庁は、法施行前の被害についても、法律の趣旨に照らし最大限の配慮が行われるものとした偽造・盗難カード預貯金者保護法附則第二条について、金融業界に対し周知してきたところでございます。  具体的には、過去の被害の補償にかかわる附則第二条への対応も含め、法律の趣旨を周知するよう各金融関係団体に対して文書にて要請をしたところでございます。十七年の八月十日、公布された日でございます。主要行との意見交換会の機会をとらえ、過去の被害への補償も含めた真摯な対応を要請するなどの対応を行ってきたところでございます。また、月一回、意見交換をやっているのでございまして、ま……

第164回国会 財務金融委員会 第3号(2006/02/24、44期、自由民主党)【政府役職】

○櫻田副大臣 お答えさせていただきます。  地震保険の普及促進につきましては、これまでも加入限度の引き上げや建物の構造に応じた各種割引制度の導入といった商品性の改善を行ってきたところでございます。また、民間の保険業界に対しましても、普及促進に向けて積極的な広報活動を実施してきたところでございます。現在、平成十七年三月末におきましても、普及率は一八・五%にとどまっているところでございます。  こうした中、現在御審議いただいている所得税法等改正法案においては、地震保険料にかかわる新たな所得控除を創設することとされているところでございます。これにより、保険契約者にとっては保険料負担が実質的に軽減され……

第164回国会 財務金融委員会 第12号(2006/04/21、44期、自由民主党)【政府役職】

○櫻田副大臣 御指摘の不動産特定共同事業につきましては、不動産特定共同事業法において、利用者保護の観点から、書面交付義務等に加えて、不動産固有の規制が多く課されていることから、こうした不動産固有の規制を維持するためには、引き続き不動産特定共同事業法において規制を行うことが必要であると考えております。  また、商品先物取引は、農産物や鉱物の生産や流通において発生する価格変動リスクに対する補償機能を担うなどの役割を果たしています。したがって、現物取引の生産、流通をめぐる政策と密接に関係するものとして、引き続き商品取引法において規制することとしたものでございます。  こうした理由から、今般の法案では……

第164回国会 財務金融委員会 第13号(2006/04/25、44期、自由民主党)【政府役職】

○櫻田副大臣 お答えさせていただきます。  今回の法案では、投資者保護を図る観点から、金融商品取引業者が顧客に対して販売する場合に種々の行為規制を設けているところであります。  広告規制におきましては、著しく事実に相違する表示をすることや、著しく人を誤認させるような表示をすることを禁止することに加えて、業者の商号や名称、金融商品取引業者である旨、登録番号のほか、顧客の判断に影響を及ぼすこととなる重要なもの等として、政令で定めるものを表示する義務を課すこととしており、御指摘のリスク情報等については政令で定めることを検討してまいりたいと思っております。  また、リスク情報等につきましては、業者が顧……

第164回国会 財務金融委員会 第15号(2006/05/09、44期、自由民主党)【政府役職】

○櫻田副大臣 お答えさせていただきます。  証券市場に対する投資者の信頼性を確保するためには、投資者に対して企業情報が適正に開示されることが重要であると考えているところでございます。ディスクロージャーをめぐる最近の不適切な事例については、開示企業における財務報告に係る内部統制が有効に機能していなかったのではないかということが指摘されているところであり、ディスクロージャーの適正を確保していくためには、財務報告に係る内部統制の強化を図っていくことが重要であると考えているところでございます。  こうした観点から、本法案では、上場会社に対し、財務報告に係る内部統制の有効性に関する経営者の評価と、その評……

第164回国会 財務金融委員会 第16号(2006/05/10、44期、自由民主党)【政府役職】

○櫻田副大臣 私の方からお答えさせていただきます。  個別の金融機関の検査内容について言明することは差し控えさせていただきますが、一般論として申し上げれば、デリバティブ商品の販売については、金融検査マニュアルや各検査事務年度の検査基本方針に基づき、一つ、顧客がデリバティブ商品のリスクを十分管理できる能力及び体力を持っているか、二番目に、顧客の取引経験が浅い場合にはその商品内容やリスクについて具体的にわかりやすい形で解説した書面を交付して説明しているか、三番目に、必要に応じて説明を受けた旨の確認を行っているかといった観点からの検証を行っているところでございます。  こうした検証の結果、仮に問題が……

第164回国会 総務委員会 第31号(2006/08/24、44期、自由民主党)【政府役職】

○櫻田副大臣 お答えいたします。  基本方針二〇〇六の別表における人件費のマイナス二・六兆円の歳出削減は、比較対象企業規模の見直しによる給与の抑制や定員純減等により達成されるものであるというふうに理解しておりますし、今般の人事院勧告は、比較対象企業規模の見直しを行った結果、前年度据え置きとされたものであり、基本方針二〇〇六で示された考え方に沿ったものであると考えております。  今後とも、定員純減についても努力を行うなど、基本方針二〇〇六に沿って公務員人件費の抑制を進めてまいりたいと考えております。

第164回国会 内閣委員会 第1号(2006/02/15、44期、自由民主党)【政府役職】

○櫻田副大臣 内閣府副大臣を務めることになりました櫻田義孝でございます。よろしくお願い申し上げます。  経済財政政策を担当させていただきます。つきましては、佐藤委員長初め理事、委員の皆様の御理解と力強い御支援をお願い申し上げる次第でございます。よろしくお願いいたします。(拍手)

第164回国会 内閣委員会 第2号(2006/02/24、44期、自由民主党)【政府役職】

○櫻田副大臣 お答えさせていただきます。  地域経済の状況は、産業構成や輸出競争力の違いなどを背景といたしまして、ばらつきはあるものの全体としては回復に向かっているという認識を持っております。  なお、中小企業景況調査で中小企業の景況感を見ると、景気が悪化と回答する企業の割合が好転と回答する企業の割合をいまだ上回っており、大企業に比べて厳しいものの、景気の谷と比較して、全地域で改善に向かっているという認識でございます。建設、小売、サービスなど業種別に見ても全地域で同様の動きとなっているところでございます。  こうした認識のもと、政府としても、改革の成果を地域や中小企業にも浸透させるとともに、構……

第164回国会 予算委員会 第1号(2006/01/25、44期、自由民主党)【政府役職】

○櫻田副大臣 予算の参考資料として、お手元にお配りしてあります「平成十八年度の経済見通しと経済財政運営の基本的態度」について御説明いたします。  これは、去る一月二十日に閣議決定したものであります。  政府としては、平成十八年度の経済財政運営につきましては、改革なくして成長なし、民間にできることは民間に、地方にできることは地方にという方針のもと、各分野にわたる構造改革を断行するとともに、デフレからの脱却を確実なものとするため日本銀行と一体となって政策努力をさらに強化拡充し、民間需要主導の持続的な経済成長を図ってまいります。  こうした経済財政運営のもとで、平成十八年度の経済見通しにつきましては……

第164回国会 予算委員会 第14号(2006/02/17、44期、自由民主党)【政府役職】

○櫻田副大臣 お答えいたします。  株式分割に関しましては、平成十三年の十月施行の改正商法におきまして、株式の流動性を高めるという点から見直しされていると承知しているところでございます。  このような、会社法における考え方や、大幅な株式分割により価格変動が大きくなる問題に対処するための措置が講じられたことを踏まえれば、証券取引法によって株式分割を規制することについては慎重に検討すべき課題であると考えておりますが、引き続き市場の動向に注意してまいりたいと思っております。
【次の発言】 株式分割につきましては、平成十三年度の十月施行の改正商法において分割後の一株当たりの純資産額基準が撤廃されたこと……

第165回国会 厚生労働委員会 第1号(2006/10/20、44期、自由民主党)【議会役職】

○櫻田委員長 これより会議を開きます。  この際、一言ごあいさつ申し上げます。  このたび、厚生労働委員長に就任いたしました櫻田義孝でございます。  御承知のように、少子高齢化が進行する中、本委員会所管の社会保障の分野におきましても多くの問題が生じております。  こうした社会の変化に対応するため、年金問題を初めとする社会保障制度の改革に積極的に取り組む必要があります。また、就労形態の多様化に伴う労働環境の整備や雇用対策なども重要な課題であります。  このような状況のもと、国民が安心して生活できる社会を構築することは、本委員会に課せられた極めて重大な責務であります。委員長就任に当たり、改めてその……

第165回国会 厚生労働委員会 第2号(2006/10/25、44期、自由民主党)【議会役職】

○櫻田委員長 これより会議を開きます。  厚生労働関係の基本施策に関する件について調査を進めます。  この際、お諮りいたします。  本件調査のため、本日、政府参考人として外務省大臣官房参事官梅田邦夫君、厚生労働省大臣官房総括審議官宮島俊彦君、医政局長松谷有希雄君、健康局長外口崇君、医薬食品局食品安全部長藤崎清道君、労働基準局長青木豊君、職業安定局長高橋満君、雇用均等・児童家庭局長大谷泰夫君、社会・援護局長中村秀一君、社会・援護局障害保健福祉部長中谷比呂樹君、保険局長水田邦雄君、年金局長渡辺芳樹君、政策統括官薄井康紀君、政策統括官金子順一君、社会保険庁長官村瀬清司君、社会保険庁総務部長清水美智夫……

第165回国会 厚生労働委員会 第3号(2006/10/27、44期、自由民主党)【議会役職】

○櫻田委員長 これより会議を開きます。  厚生労働関係の基本施策に関する件について調査を進めます。  この際、お諮りいたします。  本件調査のため、本日、政府参考人として総務省大臣官房審議官榮畑潤君、文部科学省大臣官房審議官辰野裕一君、厚生労働省大臣官房長太田俊明君、医政局長松谷有希雄君、健康局長外口崇君、労働基準局長青木豊君、雇用均等・児童家庭局長大谷泰夫君、社会・援護局長中村秀一君、社会・援護局障害保健福祉部長中谷比呂樹君、老健局長阿曽沼慎司君、保険局長水田邦雄君、年金局長渡辺芳樹君、政策統括官薄井康紀君、政策統括官金子順一君、社会保険庁長官村瀬清司君、社会保険庁総務部長清水美智夫君、社会……

第165回国会 厚生労働委員会 第4号(2006/11/01、44期、自由民主党)【議会役職】

○櫻田委員長 これより会議を開きます。  第百六十四回国会、内閣提出、感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律等の一部を改正する法律案を議題といたします。  この際、参考人出頭要求に関する件についてお諮りいたします。  本案審査のため、来る八日水曜日、参考人の出席を求め、意見を聴取することとし、その人選等につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。  引き続き、お諮りいたします。  本案審査のため、本日、政府参考人として内閣官房内閣審議官山浦耕志君、内閣参事官伊奈川秀和君、外務省領事局長……

第165回国会 厚生労働委員会 第5号(2006/11/08、44期、自由民主党)【議会役職】

○櫻田委員長 これより会議を開きます。  第百六十四回国会、内閣提出、感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律等の一部を改正する法律案を議題といたします。  本日は、本案審査のため、参考人として、国立感染症研究所感染症情報センター長岡部信彦君、弁護士山川洋一郎君、東北大学大学院医学系研究科 内科病態学講座 感染制御・検査診断学分野教授賀来満夫君、結核予防会労働組合書記次長齋藤康雄君、バイオハザード予防市民センター事務局長川本幸立君、以上五名の方々に御出席をいただいております。  この際、参考人の方々に一言ごあいさつを申し上げます。  本日は、御多用中にもかかわらず本委員会に御出席を……

第165回国会 厚生労働委員会 第6号(2006/11/10、44期、自由民主党)【議会役職】

○櫻田委員長 これより会議を開きます。  第百六十四回国会、内閣提出、感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律等の一部を改正する法律案を議題といたします。  この際、お諮りいたします。  本案審査のため、本日、政府参考人として内閣官房内閣審議官山浦耕志君、厚生労働省健康局長外口崇君、医薬食品局長高橋直人君、医薬食品局食品安全部長藤崎清道君、保険局長水田邦雄君、環境省自然環境局長冨岡悟君の出席を求め、説明を聴取いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
【次の発言】 質疑の申し出がありますので、順次これを許します。……

第165回国会 厚生労働委員会 第7号(2006/12/01、44期、自由民主党)【議会役職】

○櫻田委員長 これより会議を開きます。  この際、参考人出頭要求に関する件についてお諮りいたします。  厚生労働関係の基本施策に関する件、特に障害者福祉について調査のため、来る六日水曜日、参考人の出席を求め、意見を聴取することとし、その人選等につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
【次の発言】 厚生労働関係の基本施策に関する件について調査を進めます。  この際、お諮りいたします。  本件調査のため、本日、政府参考人として厚生労働省医政局長松谷有希雄君、健康局長外口崇君、医薬食品局長高橋直人君、……

第165回国会 厚生労働委員会 第8号(2006/12/06、44期、自由民主党)【議会役職】

○櫻田委員長 これより会議を開きます。  厚生労働関係の基本施策に関する件、特に障害者福祉について調査を進めます。  本日は、本件調査のため、参考人として、慶應義塾大学商学部教授中島隆信君、世田谷区立知的障害者就労支援センターすきっぷ施設長宮武秀信君、NPO法人全国地域生活支援ネットワーク事務局長戸枝陽基君、日本障害者協議会常務理事藤井克徳君、DPI(障害者インターナショナル)日本会議事務局長尾上浩二君、らく相談室主宰・障害乳幼児の療育に応益負担を持ち込ませない会事務局長池添素君、以上六名の方々に御出席をいただいております。  この際、参考人の方々に一言ごあいさつを申し上げます。  本日は、御……

第165回国会 厚生労働委員会 第9号(2006/12/13、44期、自由民主党)【議会役職】

○櫻田委員長 これより会議を開きます。  厚生労働関係の基本施策に関する件、特に臓器移植について調査を進めます。  本日は、本件調査のため、参考人として、特定非営利活動法人日本移植者協議会理事長大久保通方君、日本移植学会理事長田中紘一君、社団法人日本小児科学会会長別所文雄君、日本弁護士連合会人権擁護委員会特別委嘱委員光石忠敬君、神戸大学大学院法学研究科教授丸山英二君、財団法人日本宗教連盟事務局長佐藤丈史君、以上六名の方々に御出席をいただいております。  この際、参考人の方々に一言ごあいさつを申し上げます。  本日は、御多用中にもかかわらず本委員会に御出席をいただきまして、まことにありがとうござ……

第165回国会 厚生労働委員会 第10号(2006/12/19、44期、自由民主党)【議会役職】

○櫻田委員長 これより会議を開きます。  請願の審査を行います。  本日公報に掲載いたしました請願日程四百四十九件を一括して議題といたします。  まず、審査の方法についてお諮りいたします。  各請願の趣旨につきましては、既に請願文書表等によって御承知のところでありますし、また、理事会等におきまして慎重に御協議をいただきましたので、この際、各請願についての紹介議員の説明は省略し、直ちに採否の決定をいたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。  これより採決いたします。  本日の請願日程中  児童扶養手当の減額率を検討するに当たり……

第166回国会 厚生労働委員会 第1号(2007/02/16、44期、自由民主党)【議会役職】

○櫻田委員長 これより会議を開きます。  理事の補欠選任についてお諮りいたします。  委員の異動に伴い、現在理事が一名欠員となっております。その補欠選任につきましては、先例により、委員長において指名するに御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。  それでは、理事に谷畑孝君を指名いたします。
【次の発言】 次に、国政調査承認要求に関する件についてお諮りいたします。  厚生労働関係の基本施策に関する事項  社会保障制度、医療、公衆衛生、社会福祉及び人口問題に関する事項  労使関係、労働基準及び雇用・失業対策に関する事項 以上の各事項について、その実情を調査し、対策を樹立するため、……

第166回国会 厚生労働委員会 第2号(2007/02/21、44期、自由民主党)【議会役職】

○櫻田委員長 これより会議を開きます。  厚生労働関係の基本施策に関する件について調査を進めます。  この際、お諮りいたします。  本件調査のため、本日、政府参考人として金融庁総務企画局参事官山崎穰一君、文部科学省大臣官房審議官合田隆史君、厚生労働省医政局長松谷有希雄君、健康局長外口崇君、労働基準局長青木豊君、職業安定局長高橋満君、雇用均等・児童家庭局長大谷泰夫君、社会・援護局障害保健福祉部長中村吉夫君、老健局長阿曽沼慎司君、保険局長水田邦雄君、年金局長渡辺芳樹君、政策統括官薄井康紀君、社会保険庁運営部長青柳親房君、国土交通省自動車交通局次長桝野龍二君の出席を求め、説明を聴取いたしたいと存じま……

第166回国会 厚生労働委員会 第3号(2007/03/09、44期、自由民主党)【議会役職】

○櫻田委員長 これより会議を開きます。  内閣提出、雇用保険法等の一部を改正する法律案を議題といたします。  趣旨の説明を聴取いたします。柳澤厚生労働大臣。
【次の発言】 以上で趣旨の説明は終わりました。  次回は、公報をもってお知らせすることとし、本日は、これにて散会いたします。     午前九時三十三分散会

第166回国会 厚生労働委員会 第4号(2007/03/14、44期、自由民主党)【議会役職】

○櫻田委員長 これより会議を開きます。  内閣提出、雇用保険法等の一部を改正する法律案を議題といたします。  この際、お諮りいたします。  本案審査のため、本日、政府参考人として厚生労働省労働基準局長青木豊君、労働基準局労災補償部長石井淳子君、職業安定局長高橋満君、職業能力開発局長奥田久美君、雇用均等・児童家庭局長大谷泰夫君、保険局長水田邦雄君の出席を求め、説明を聴取いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
【次の発言】 これより質疑に入ります。  質疑の申し出がありますので、順次これを許します。内山晃君。

第166回国会 厚生労働委員会 第5号(2007/03/16、44期、自由民主党)【議会役職】

○櫻田委員長 これより会議を開きます。  内閣提出、雇用保険法等の一部を改正する法律案を議題といたします。  この際、お諮りいたします。  本案審査のため、本日、政府参考人として厚生労働省労働基準局長青木豊君、職業安定局長高橋満君、職業能力開発局長奥田久美君の出席を求め、説明を聴取いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
【次の発言】 質疑の申し出がありますので、順次これを許します。園田康博君。
【次の発言】 この際、休憩いたします。     午前九時五十四分休憩

第166回国会 厚生労働委員会 第6号(2007/03/20、44期、自由民主党)【議会役職】

○櫻田委員長 これより会議を開きます。  内閣提出、児童手当法の一部を改正する法律案を議題といたします。  この際、お諮りいたします。  本案審査のため、本日、政府参考人として厚生労働省大臣官房総括審議官宮島俊彦君、雇用均等・児童家庭局長大谷泰夫君、社会・援護局障害保健福祉部長中村吉夫君、老健局長阿曽沼慎司君、保険局長水田邦雄君の出席を求め、説明を聴取いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
【次の発言】 これより質疑に入ります。  質疑の申し出がありますので、順次これを許します。菊田真紀子君。

第166回国会 厚生労働委員会 第7号(2007/03/23、44期、自由民主党)【議会役職】

○櫻田委員長 これより会議を開きます。  内閣提出、国民年金法等の一部を改正する法律等の一部を改正する法律案を議題といたします。  この際、お諮りいたします。  本案審査のため、本日、政府参考人として厚生労働省大臣官房技術総括審議官西山正徳君、医薬食品局長高橋直人君、社会保険庁運営部長青柳親房君の出席を求め、説明を聴取いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
【次の発言】 これより質疑に入ります。  質疑の申し出がありますので、順次これを許します。山井和則君。
【次の発言】 理事会で協議させていただきます。

第166回国会 厚生労働委員会 第8号(2007/03/28、44期、自由民主党)【議会役職】

○櫻田委員長 これより会議を開きます。  理事辞任の件についてお諮りいたします。  理事吉野正芳君から、理事辞任の申し出があります。これを許可するに御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。  引き続き、理事補欠選任の件についてお諮りいたします。  ただいまの理事辞任に伴う補欠選任につきましては、先例により、委員長において指名するに御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。  それでは、理事に石崎岳君を指名いたします。
【次の発言】 次に、内閣提出、戦傷病者戦没者遺族等援護法等の一部を改正する法律案を議題といたします。  この際、お……

第166回国会 厚生労働委員会 第9号(2007/04/03、44期、自由民主党)【議会役職】

○櫻田委員長 これより会議を開きます。  ただいま付託になりました内閣提出、短時間労働者の雇用管理の改善等に関する法律の一部を改正する法律案及び西村智奈美君外二名提出、短時間労働者の雇用管理の改善等に関する法律の一部を改正する法律案の両案を一括して議題といたします。  順次趣旨の説明を聴取いたします。柳澤厚生労働大臣。
【次の発言】 次に、西村智奈美君。
【次の発言】 以上で両案の趣旨の説明は終わりました。  次回は、明四日水曜日午前八時五十分理事会、午前九時委員会を開会することとし、本日は、これにて散会いたします。     午後三時十分散会

第166回国会 厚生労働委員会 第10号(2007/04/04、44期、自由民主党)【議会役職】

○櫻田委員長 これより会議を開きます。  内閣提出、短時間労働者の雇用管理の改善等に関する法律の一部を改正する法律案及び西村智奈美君外二名提出、短時間労働者の雇用管理の改善等に関する法律の一部を改正する法律案の両案を一括して議題といたします。  この際、参考人出頭要求に関する件についてお諮りいたします。  両案審査のため、来る十日火曜日、参考人の出席を求め、意見を聴取することとし、その人選等につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。  引き続き、お諮りいたします。  両案審査のため、本日、政府参考……

第166回国会 厚生労働委員会 第11号(2007/04/10、44期、自由民主党)【議会役職】

○櫻田委員長 これより会議を開きます。  内閣提出、短時間労働者の雇用管理の改善等に関する法律の一部を改正する法律案及び西村智奈美君外二名提出、短時間労働者の雇用管理の改善等に関する法律の一部を改正する法律案の両案を一括して議題といたします。  本日は、両案審査のため、参考人として、社団法人日本経済団体連合会労政第二本部本部長松井博志君、東京大学社会科学研究所教授佐藤博樹君、労働政策研究・研修機構特任研究員今田幸子君、弁護士中野麻美君、全国労働組合総連合総合労働局政策局長井筒百子君、全国一般東京労働組合執行委員中原純子君、以上六名の方々に御出席をいただいております。  この際、参考人の方々に一……

第166回国会 厚生労働委員会 第12号(2007/04/11、44期、自由民主党)【議会役職】

○櫻田委員長 これより会議を開きます。  この際、連合審査会開会申入れに関する件についてお諮りいたします。  法務委員会において審査中の第百六十四回国会、内閣提出、少年法等の一部を改正する法律案について、法務委員会に連合審査会開会の申し入れを行いたいと存じますが、御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。  なお、連合審査会の開会日時等につきましては、法務委員長と協議の上決定いたしますので、御了承願います。
【次の発言】 内閣提出、短時間労働者の雇用管理の改善等に関する法律の一部を改正する法律案及び西村智奈美君外二名提出、短時間労働者の雇用管理の改……

第166回国会 厚生労働委員会 第13号(2007/04/13、44期、自由民主党)【議会役職】

○櫻田委員長 これより会議を開きます。  内閣提出、短時間労働者の雇用管理の改善等に関する法律の一部を改正する法律案及び西村智奈美君外二名提出、短時間労働者の雇用管理の改善等に関する法律の一部を改正する法律案の両案を一括して議題といたします。  この際、お諮りいたします。  両案審査のため、本日、政府参考人として厚生労働省雇用均等・児童家庭局長大谷泰夫君の出席を求め、説明を聴取いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
【次の発言】 質疑の申し出がありますので、順次これを許します。西村智奈美君。

第166回国会 厚生労働委員会 第14号(2007/04/18、44期、自由民主党)【議会役職】

○櫻田委員長 これより会議を開きます。  内閣提出、短時間労働者の雇用管理の改善等に関する法律の一部を改正する法律案を議題といたします。  本案に対する質疑は、去る十三日に終了いたしております。  この際、本案に対し、高橋千鶴子君から、日本共産党提案による修正案が提出されております。  提出者より趣旨の説明を聴取いたします。高橋千鶴子君。
【次の発言】 以上で趣旨の説明は終わりました。
【次の発言】 これより本案及び修正案を一括して討論に入ります。  討論の申し出がありますので、順次これを許します。田名部匡代君。
【次の発言】 次に、高橋千鶴子君。

第166回国会 厚生労働委員会 第15号(2007/04/20、44期、自由民主党)【議会役職】

○櫻田委員長 これより会議を開きます。  内閣提出、雇用対策法及び地域雇用開発促進法の一部を改正する法律案、大島敦君外二名提出、雇用基本法案、加藤公一君外二名提出、労働者の募集及び採用における年齢に係る均等な機会の確保に関する法律案及び山井和則君外二名提出、若年者の職業の安定を図るための特別措置等に関する法律案の各案を一括して議題といたします。  この際、お諮りいたします。  各案審査のため、本日、政府参考人として人事院事務総局人材局長鈴木明裕君、総務省自治行政局公務員部長上田紘士君、法務省入国管理局長稲見敏夫君、厚生労働省労働基準局長青木豊君、職業安定局長高橋満君、職業安定局高齢・障害者雇用……

第166回国会 厚生労働委員会 第16号(2007/04/25、44期、自由民主党)【議会役職】

○櫻田委員長 これより会議を開きます。  理事辞任の件についてお諮りいたします。  理事石崎岳君から、理事辞任の申し出があります。これを許可するに御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。  引き続き、理事補欠選任の件についてお諮りいたします。  ただいまの理事辞任に伴う補欠選任につきましては、先例により、委員長において指名するに御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。  それでは、理事に吉野正芳君を指名いたします。
【次の発言】 次に、内閣提出、雇用対策法及び地域雇用開発促進法の一部を改正する法律案、大島敦君外二名提出、雇用基本……

第166回国会 厚生労働委員会 第17号(2007/04/27、44期、自由民主党)【議会役職】

○櫻田委員長 これより会議を開きます。  内閣提出、参議院送付、消費生活協同組合法の一部を改正する等の法律案を議題といたします。  この際、お諮りいたします。  本案審査のため、本日、政府参考人として金融庁総務企画局参事官山崎穰一君、厚生労働省医政局長松谷有希雄君、社会・援護局長中村秀一君の出席を求め、説明を聴取いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
【次の発言】 これより質疑に入ります。  質疑の申し出がありますので、順次これを許します。園田康博君。
【次の発言】 次に、山井和則君。

第166回国会 厚生労働委員会 第18号(2007/05/09、44期、自由民主党)【議会役職】

○櫻田委員長 これより会議を開きます。  内閣提出、日本年金機構法案及び国民年金事業等の運営の改善のための国民年金法等の一部を改正する法律案並びに山井和則君外五名提出、歳入庁設置法案、国民年金事業及び厚生年金保険事業の適切な財政運営に資するための国民年金法及び厚生年金保険法の一部を改正する法律案及び公的年金制度に対する国民の信頼の回復を図るための年金個人情報関係調査の実施等に関する法律案の各案を一括して議題といたします。  順次趣旨の説明を聴取いたします。柳澤厚生労働大臣。
【次の発言】 次に、内山晃君。
【次の発言】 以上で各案の趣旨の説明は終わりました。

第166回国会 厚生労働委員会 第19号(2007/05/11、44期、自由民主党)【議会役職】

○櫻田委員長 これより会議を開きます。  内閣提出、日本年金機構法案及び国民年金事業等の運営の改善のための国民年金法等の一部を改正する法律案並びに山井和則君外五名提出、歳入庁設置法案、国民年金事業及び厚生年金保険事業の適切な財政運営に資するための国民年金法及び厚生年金保険法の一部を改正する法律案及び公的年金制度に対する国民の信頼の回復を図るための年金個人情報関係調査の実施等に関する法律案の各案を一括して議題といたします。  この際、お諮りいたします。  各案審査のため、本日、政府参考人として総務省行政評価局長熊谷敏君、国税庁次長加藤治彦君、厚生労働省保険局長水田邦雄君、年金局長渡辺芳樹君、社会……

第166回国会 厚生労働委員会 第20号(2007/05/16、44期、自由民主党)【議会役職】

○櫻田委員長 これより会議を開きます。  内閣提出、日本年金機構法案及び国民年金事業等の運営の改善のための国民年金法等の一部を改正する法律案並びに山井和則君外五名提出、歳入庁設置法案、国民年金事業及び厚生年金保険事業の適切な財政運営に資するための国民年金法及び厚生年金保険法の一部を改正する法律案及び公的年金制度に対する国民の信頼の回復を図るための年金個人情報関係調査の実施等に関する法律案の各案を一括して議題といたします。  この際、お諮りいたします。  各案審査のため、本日、政府参考人として人事院事務総局総括審議官川村卓雄君、事務総局人材局長鈴木明裕君、金融庁総務企画局参事官山崎穰一君、国税庁……

第166回国会 厚生労働委員会 第21号(2007/05/18、44期、自由民主党)【議会役職】

○櫻田委員長 これより会議を開きます。  内閣提出、日本年金機構法案及び国民年金事業等の運営の改善のための国民年金法等の一部を改正する法律案並びに山井和則君外五名提出、歳入庁設置法案、国民年金事業及び厚生年金保険事業の適切な財政運営に資するための国民年金法及び厚生年金保険法の一部を改正する法律案及び公的年金制度に対する国民の信頼の回復を図るための年金個人情報関係調査の実施等に関する法律案の各案を一括して議題といたします。  この際、お諮りいたします。  各案審査のため、本日、政府参考人として内閣府大臣官房政府広報室長高井康行君、総務省大臣官房審議官門山泰明君、厚生労働省年金局長渡辺芳樹君、社会……

第166回国会 厚生労働委員会 第22号(2007/05/22、44期、自由民主党)【議会役職】

○櫻田委員長 これより会議を開きます。  内閣提出、日本年金機構法案及び国民年金事業等の運営の改善のための国民年金法等の一部を改正する法律案並びに山井和則君外五名提出、歳入庁設置法案、国民年金事業及び厚生年金保険事業の適切な財政運営に資するための国民年金法及び厚生年金保険法の一部を改正する法律案及び公的年金制度に対する国民の信頼の回復を図るための年金個人情報関係調査の実施等に関する法律案の各案を一括して議題といたします。  本日は、各案審査のため、参考人として、早稲田大学法学学術院教授佐藤英善君、社団法人日本経済団体連合会専務理事紀陸孝君、社会保険労務士・ファイナンシャルプランナー井戸美枝君、……

第166回国会 厚生労働委員会 第23号(2007/05/23、44期、自由民主党)【議会役職】

○櫻田委員長 これより会議を開きます。  内閣提出、日本年金機構法案及び国民年金事業等の運営の改善のための国民年金法等の一部を改正する法律案並びに山井和則君外五名提出、歳入庁設置法案、国民年金事業及び厚生年金保険事業の適切な財政運営に資するための国民年金法及び厚生年金保険法の一部を改正する法律案及び公的年金制度に対する国民の信頼の回復を図るための年金個人情報関係調査の実施等に関する法律案の各案を一括して議題といたします。  この際、お諮りいたします。  各案審査のため、本日、政府参考人として内閣府規制改革推進室長田中孝文君、総務省大臣官房総括審議官久保信保君、国税庁長官官房審議官荒井英夫君、社……

第166回国会 厚生労働委員会 第24号(2007/05/25、44期、自由民主党)【議会役職】

○櫻田委員長 これより会議を開きます。  内閣提出、日本年金機構法案及び国民年金事業等の運営の改善のための国民年金法等の一部を改正する法律案並びに山井和則君外五名提出、歳入庁設置法案、国民年金事業及び厚生年金保険事業の適切な財政運営に資するための国民年金法及び厚生年金保険法の一部を改正する法律案及び公的年金制度に対する国民の信頼の回復を図るための年金個人情報関係調査の実施等に関する法律案の各案を一括して議題といたします。  この際、お諮りいたします。  各案審査のため、本日、政府参考人として厚生労働省年金局長渡辺芳樹君、社会保険庁長官村瀬清司君、社会保険庁総務部長清水美智夫君、社会保険庁運営部……

第166回国会 厚生労働委員会 第25号(2007/05/30、44期、自由民主党)【議会役職】

○櫻田委員長 これより会議を開きます。  石崎岳君外四名提出、厚生年金保険の保険給付及び国民年金の給付に係る時効の特例等に関する法律案を議題といたします。  提出者より趣旨の説明を聴取いたします。谷畑孝君。
【次の発言】 以上で趣旨の説明は終わりました。  この際、本案について、国会法第五十七条の三の規定により、内閣の意見を聴取いたします。柳澤厚生労働大臣。
【次の発言】 午前十一時から委員会を再開することとし、この際、休憩いたします。     午前十時十一分休憩
【次の発言】 休憩前に引き続き会議を開きます。  引き続き、石崎岳君外四名提出、厚生年金保険の保険給付及び国民年金の給付に係る時効……

第166回国会 厚生労働委員会 第26号(2007/05/31、44期、自由民主党)【議会役職】

○櫻田委員長 これより会議を開きます。  開会に先立ちまして、民主党・無所属クラブ、日本共産党、社会民主党・市民連合、国民新党・そうぞう・無所属の会所属委員に対し、事務局をして御出席を要請いたさせましたが、御出席が得られません。  再度理事をして御出席を要請いたさせますので、しばらくお待ちください。  速記をとめてください。     
【次の発言】 速記を起こしてください。  暫時休憩いたします。     午前九時五十三分休憩

第166回国会 厚生労働委員会 第27号(2007/06/01、44期、自由民主党)【議会役職】

○櫻田委員長 これより会議を開きます。  開会に先立ちまして、民主党・無所属クラブ、日本共産党、社会民主党・市民連合、国民新党・そうぞう・無所属の会所属委員に対し、事務局をして御出席を要請いたさせましたが、御出席が得られません。  再度理事をして御出席を要請いたさせますので、しばらくお待ちください。  速記をとめてください。
【次の発言】 速記を起こしてください。  理事をして再度御出席を要請いたさせましたが、民主党・無所属クラブ、日本共産党、社会民主党・市民連合、国民新党・そうぞう・無所属の会所属委員の御出席が得られません。やむを得ず議事を進めます。  内閣提出、労働契約法案、労働基準法の一……

第166回国会 厚生労働委員会 第28号(2007/06/06、44期、自由民主党)【議会役職】

○櫻田委員長 これより会議を開きます。  内閣提出、労働契約法案、労働基準法の一部を改正する法律案及び最低賃金法の一部を改正する法律案の各案を一括して議題といたします。  この際、お諮りいたします。  各案審査のため、本日、政府参考人として内閣府大臣官房審議官山崎史郎君、規制改革推進室長田中孝文君、厚生労働省医政局長松谷有希雄君、労働基準局長青木豊君、労働基準局労災補償部長石井淳子君、年金局長渡辺芳樹君の出席を求め、説明を聴取いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。

第166回国会 厚生労働委員会 第29号(2007/06/08、44期、自由民主党)【議会役職】

○櫻田委員長 これより会議を開きます。  内閣提出、労働契約法案、労働基準法の一部を改正する法律案及び最低賃金法の一部を改正する法律案の各案を一括して議題といたします。  この際、お諮りいたします。  各案審査のため、本日、政府参考人として厚生労働省労働基準局長青木豊君、職業安定局長高橋満君、老健局長阿曽沼慎司君の出席を求め、説明を聴取いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
【次の発言】 質疑の申し出がありますので、順次これを許します。三井辨雄君。
【次の発言】 次に、柚木道義君。

第166回国会 厚生労働委員会 第30号(2007/06/13、44期、自由民主党)【議会役職】

○櫻田委員長 これより会議を開きます。  開会に先立ちまして、民主党・無所属クラブ、日本共産党、社会民主党・市民連合、国民新党・そうぞう・無所属の会所属委員に対し、事務局をして御出席を要請いたさせましたが、御出席が得られません。  再度理事をして御出席を要請いたさせますので、しばらくお待ちください。  速記をとめてください。
【次の発言】 速記を起こしてください。  理事をして再度御出席を要請いたさせましたが、民主党・無所属クラブ、日本共産党、社会民主党・市民連合、国民新党・そうぞう・無所属の会所属委員の御出席が得られません。やむを得ず議事を進めます。  内閣提出、労働契約法案、労働基準法の一……

第166回国会 厚生労働委員会 第31号(2007/06/15、44期、自由民主党)【議会役職】

○櫻田委員長 これより会議を開きます。  内閣提出、参議院送付、社会保障協定の実施に伴う厚生年金保険法等の特例等に関する法律案を議題といたします。  本案に対する質疑は、去る十三日に終了いたしております。  これより討論に入るのでありますが、その申し出がありませんので、直ちに採決に入ります。  内閣提出、参議院送付、社会保障協定の実施に伴う厚生年金保険法等の特例等に関する法律案について採決いたします。  本案に賛成の諸君の起立を求めます。
【次の発言】 起立総員。よって、本案は可決すべきものと決しました。  お諮りいたします。  ただいま議決いたしました本案に関する委員会報告書の作成につきまし……

第166回国会 厚生労働委員会 第32号(2007/06/20、44期、自由民主党)【議会役職】

○櫻田委員長 これより会議を開きます。  開会に先立ちまして、民主党・無所属クラブ、日本共産党、社会民主党・市民連合、国民新党・そうぞう・無所属の会所属委員に対し、事務局をして御出席を要請いたさせましたが、御出席が得られません。  再度理事をして御出席を要請いたさせますので、しばらくお待ちください。  速記をとめてください。
【次の発言】 速記を起こしてください。  理事をして再度御出席を要請いたさせましたが、民主党・無所属クラブ、日本共産党、社会民主党・市民連合、国民新党・そうぞう・無所属の会所属委員の御出席が得られません。やむを得ず議事を進めます。  第百六十四回国会、中山太郎君外五名提出……

第166回国会 厚生労働委員会 第33号(2007/07/05、44期、自由民主党)【議会役職】

○櫻田委員長 これより会議を開きます。  請願の審査を行います。  本日公報に掲載いたしました請願日程千二百九十件を一括して議題といたします。  まず、審査の方法についてお諮りいたします。  各請願の趣旨につきましては、既に請願文書表等によって御承知のところでありますし、また、理事会等におきまして慎重に御協議をいただきましたので、この際、各請願についての紹介議員の説明は省略し、直ちに採否の決定をいたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。  これより採決いたします。  本日の請願日程中  児童扶養手当の減額を最小限にすることに……

第167回国会 厚生労働委員会 第1号(2007/08/10、44期、自由民主党)【議会役職】

○櫻田委員長 これより会議を開きます。  この際、御報告いたします。  本委員会に参考送付されました意見書は、お手元に配付いたしておりますとおり、安心できる介護保険制度の構築を求める意見書外二百八件であります。
【次の発言】 次に、閉会中審査に関する件についてお諮りいたします。  第百六十六回国会、内閣提出、労働契約法案  第百六十六回国会、内閣提出、労働基準法の一部を改正する法律案  第百六十六回国会、内閣提出、最低賃金法の一部を改正する法律案 及び  第百六十六回国会、内閣提出、参議院送付、社会福祉士及び介護福祉士法等の一部を改正する法律案 につきまして、議長に対し、閉会中審査の申し出をす……

第169回国会 内閣委員会 第2号(2008/03/19、44期、自由民主党)

○櫻田委員 自由民主党の櫻田義孝でございます。  久しぶりの質問なものですから、張り切っていきたいと思います。  まず、拉致問題についてお伺いをしたいと思います。  拉致問題は大変難しい問題だということは私自身も十分わかっておりますが、しかし、拉致問題を日本人はいつも忘れない、国民として忘れない、国として忘れないということを、やはり日本人だけではなく世界にもメッセージを発する必要があるのではないか、こう思っているところでございます。  その中で、私は、国家の意思というものを明確にあらわすためにも、やはり外務省の職員が、すべての人がこのブルーリボンのバッジをつけていただきたいな、こんなふうに思う……

第169回国会 内閣委員会 第7号(2008/04/04、44期、自由民主党)【議会役職】

○櫻田委員長代理 以上をもちまして逢坂誠二君の質疑を終了いたします。  次に、鈴木克昌君。

第169回国会 内閣委員会 第14号(2008/05/09、44期、自由民主党)

○櫻田委員 宇宙基本法案の起草案につきまして、提案者を代表して、その趣旨及び内容について御説明申し上げます。  まず、本起草案の趣旨について御説明申し上げます。  宇宙開発及びその利用については、人工衛星を利用した位置情報サービス等や、宇宙用に開発された技術、素材等が我々の身近な生活においても重要な役割を果たすようになってきており、また、我が国をめぐる安全保障環境の変化や、中国を初めとするアジアや中東などにおいても積極的に宇宙開発利用が進められるなど、国際情勢の変化もあり、宇宙開発利用の重要性が世界的にも急速に増大していく傾向にあります。  我が国の宇宙開発利用は、これまで、宇宙科学の研究や宇……

第169回国会 内閣委員会 第18号(2008/05/22、44期、自由民主党)【議会役職】

○櫻田委員長代理 以上をもちまして赤澤亮正君の質疑を終局いたします。  次に、吉良州司君。


46期(2012/12/16〜)

第185回国会 厚生労働委員会 第8号(2013/11/20、46期、自由民主党)【政府役職】

○櫻田副大臣 一般に、病院を設置する大学がみずからの社会的信頼を保持していくに当たりましては、企業等からの資金提供の状況において透明性を高めるということについて、大学における利益相反マネジメントとして極めて重要であるという認識をしているところであります。  企業等からの資金については、量的制限や報告義務に関して国が一律に規制をするのではなくて、各大学においてそれぞれの実態を踏まえて、利益相反ポリシーや倫理規則を定める等により、適切にマネジメントを行うこととしております。  これまで、文部科学省としては、平成十四年、科学技術・学術審議会で取りまとめられました利益相反に関する報告書を踏まえまして、……

第185回国会 厚生労働委員会 第9号(2013/11/22、46期、自由民主党)【政府役職】

○櫻田副大臣 お答えさせていただきます。  製薬会社の職務権限を持っているのは病院長だけでございますので、病院長以外の者については対象外となっております。(発言する者あり)
【次の発言】 お答えさせていただきます。  東京大学の規程では、病院長を除く医師は製薬企業との契約に関する事務を行っていないので、大半の医師にとっては、規程上、製薬企業は利害関係者には該当しないということでございます。
【次の発言】 前回お答えしたところで矛盾は全くありません。(長妻委員「これは納得できない。納得できない、もう一回」と呼ぶ)
【次の発言】 利害関係者の職務権限を持っているのは病院長だけ、一人でございますので……

第185回国会 厚生労働委員会 第10号(2013/11/27、46期、自由民主党)【政府役職】

○櫻田副大臣 お答えさせていただきます。  滋賀医科大学のノバルティスの臨床研究に絡んだ三人の医師に対する資金提供を報告せよということでございますが、文部科学省としては、滋賀医科大学に対して対応を促していきたいと思います。
【次の発言】 一義的には、厚生労働省の対応を受けて検討してみたいと思っております。
【次の発言】 お答えさせていただきます。  文部科学省としては、国立大学法人に対して、規程の見直し、整備について要請を行う方向で検討しております。
【次の発言】 お答えさせていただきます。  医学部、医学部附属病院の常勤医師のうちに、製薬会社等との利害関係のない者、または贈与等報告提出の対象……

第185回国会 厚生労働委員会 第11号(2013/11/29、46期、自由民主党)【政府役職】

○櫻田副大臣 平成十二年以降で現在把握している数値では、受託研究費として、所属講座に対して合計二千百万円。寄附金として、所属講座に対して合計七千四百万円。講演・監修料等として、三名の研究者に対し合計五十三件五百五十八万円の提供を受けております。  なお、研究に必要な費用を考慮して、双方の合意で決まる受託研究費や、先方の意向に基づき受け入れる寄附金などについて、これらについての見解を一概に申し上げることは適当でないと考えております。  文部科学省としては、国民の疑惑や不信を招かないよう、国立大学法人に対して、規定等の見直し、整備について要請を行う方向で検討しているところでございます。

第185回国会 厚生労働委員会 第12号(2013/12/04、46期、自由民主党)【政府役職】

○櫻田副大臣 京都大学に対して任意に確認したところ、二〇〇七年度、平成十九年度以降でございますが、現在把握している数値では、受託研究費、執筆・講演・監修料等、その他の費用、接遇費等はなしであるが、所属センターに対して、寄附金として合計六億円の提供を受けております。
【次の発言】 論文の試験が行われた二〇〇一年から二〇〇五年以降の提供であって、論文には明記されておりません。よって、公表されておりません。

第185回国会 東日本大震災復興特別委員会 第2号(2013/12/03、46期、自由民主党)【政府役職】

○櫻田副大臣 お答えさせていただきます。  国際リニアコライダー計画は、宇宙創成の謎の解明を目指した学術研究の計画でありますが、巨額の経費を要するものでありますから、我が国の科学技術・学術コミュニティー全体での議論が必要であるということ。二番目に、アメリカ、欧州における大型実験計画などの国際的動向等を踏まえることが必要であると認識しているところでございます。  我が国の科学技術・学術コミュニティーを代表する日本学術会議での議論の結果、二、三年かけて、我が国での実施の可否判断に向けたさらなる調査検討を進めるべきとの指摘がなされたところでございます。文部科学省としては、これらの指摘等に対して、私を……

第185回国会 農林水産委員会 第2号(2013/10/30、46期、自由民主党)【政府役職】

○櫻田副大臣 研究の成果の実用化において、事業化、新事業、新産業創出に貢献する産学官連携施策は、科学技術イノベーションを推進する上で極めて重要であると考えております。  そのため、成果の実用化のための研究開発や地域のすぐれた構想に係る事業化等の支援を実施しているところでございます。  文部科学省におきましては、これらの施策に対して、主として科学技術振興機構が実施する多くの競争的資金事業と本省が実施する地域イノベーション創出の事業等に分かれておりますが、それぞれにおいて、ライフ、情報通信などの分野ごとの予算措置等を把握しているところでございます。

第185回国会 文部科学委員会 第1号(2013/10/30、46期、自由民主党)【政府役職】

○櫻田副大臣 おはようございます。  このたび、文部科学副大臣を拝命いたしました櫻田義孝でございます。  副大臣として大臣をよく補佐し、東日本大震災からの復旧復興のほか、特に、日本の経済再生の原動力となる科学技術イノベーションの推進、二〇二〇年東京オリンピック・パラリンピックを初めとするスポーツの振興に全力を尽くしてまいります。  今後とも、委員長を初め、委員の皆様方の御指導、御鞭撻を賜りますようよろしくお願いを申し上げます。(拍手)

第185回国会 文部科学委員会 第2号(2013/11/01、46期、自由民主党)【政府役職】

○櫻田副大臣 御指摘のとおり、千葉県の教育委員会においては、小中高等学校の臨時免許状の授与件数が平成二十三年度は七百四十八件と、全国的に見ても非常に高い位置にあると認識しているところでございます。  この背景には、千葉県教育委員会の教員採用試験合格者数が採用予定者数に達しないことが理由として挙げられておるところでありますが、臨時免許状は、普通免許状を有する者が採用できない場合に限り授与するものであり、その趣旨を踏まえ、授与数を減らす努力が必要と考えているところでございます。  文部科学省においても、こうした方針のもと、既に千葉県教育委員会に対しては指導を行っているところでありまして、千葉県教育……

第185回国会 文部科学委員会 第8号(2013/12/04、46期、自由民主党)【政府役職】

○櫻田副大臣 今後においても、引き続き、規模、機能及び経費削減並びに運用後の事業収支見通しについて検討を行うこととしているが、御指摘のように、情報が適切に公開されることは当然であると心得ております。  今後とも、同センターにおいて適切な情報が適切に公開されるものと考えており、また、そのように指導していきたいと思っております。

第186回国会 科学技術・イノベーション推進特別委員会 第3号(2014/04/08、46期、自由民主党)【政府役職】

○櫻田副大臣 お答えさせていただきます。  私のもと、現在、御質問のようなことにつきましてはタスクフォースを立ち上げておりますので、一生懸命取り組みたいと思いますので、早速、具体的な方向に取り組んでいきたいと思います。

第186回国会 決算行政監視委員会 第2号(2014/04/17、46期、自由民主党)【政府役職】

○櫻田副大臣 お答えさせていただきます。  我が国の将来を担う若手研究者が公正な研究活動を行い、その能力を発揮し、すぐれた研究成果を上げていくためには、研究倫理の醸成を含め、自立して研究を行うことができるよう十分に支援し、育成していくことが重要であると考えております。  現在、文部科学省では、本年二月に決定された協力者会議の審議のまとめを踏まえ、研究活動の不正行為への対応のガイドラインの見直しにかかわる具体的な検討を進めているところでございます。  これまで、不正行為への対応は個々の研究者の自己責任のみに委ねられている面が強かったことを踏まえ、今後は、各研究機関が責任を持ってこの問題に取り組む……

第186回国会 原子力問題調査特別委員会 第9号(2014/08/07、46期、自由民主党)【政府役職】

○櫻田副大臣 原子力損害賠償制度のさらなる見直しにつきましては、副大臣会議等で検討していくこととさせていただきたいと思います。

第186回国会 内閣委員会 第21号(2014/05/30、46期、自由民主党)【政府役職】

○櫻田副大臣 お答えさせていただきます。  政府としては、これまで、原子力損害賠償支援機構法附則六条の趣旨を踏まえ、さまざまな取り組みを行ってきたところでございます。  具体的には、昨年末に閣議決定した福島再生加速化方針において、今回の福島第一原発事故に伴う賠償費用等の負担や事故収束への関与について、国と事業者との役割分担を明確化したところでございます。  今通常国会で成立した機構法改正において、事故が生じた場合に、賠償と事故収束の両面から事業者を支援する枠組みを整備することとともに、原子力損害賠償紛争解決センターの整備や時効特例法の制定にも取り組んできたところであり、これらは、原子力損害賠償……

第186回国会 農林水産委員会 第17号(2014/05/27、46期、自由民主党)【政府役職】

○櫻田副大臣 お答えさせていただきます。  私としては、農業高校に行ったならば、農業に従事していただきたいなという基本的な考えを持っております。私も農業をやっている身でございますので、そういったことは特に強く感じるところであります。  ただ、今、職業でもいろいろな種類が、多様化になっておりますので、農業高校に行って、農業従事者だけじゃなくて、農業組合に勤めたり農水省に勤めたり、いろいろなことがあると思います。いろいろ職業の多様化ということで捉えたいと思っておりますが、自分自身としては、あくまでも、農業をやっていれば、農業に従事していただきたいなという気持ちがいっぱいでございます。

第186回国会 文部科学委員会 第2号(2014/02/19、46期、自由民主党)【政府役職】

○櫻田副大臣 平成二十六年度文部科学省関係予算につきまして、その概要を御説明申し上げます。  文部科学省関係予算は、一般会計五兆三千六百二十七億円、東日本大震災復興特別会計一千四百五十億円、エネルギー対策特別会計一千百五十二億円となっております。  第一に、我が国の将来を担う次世代の育成を図り、世界トップレベルの学力、規範意識、歴史や文化を尊重する態度を育む教育再生を推進し、社会を生き抜く力を養成するため、全国的な学力調査の実施により、子供たちの課題を把握するとともに、教育再生実行の基盤となる教職員等指導体制の整備や道徳教育の充実を行うこととしております。  また、特別支援教育、キャリア教育、……

第186回国会 文部科学委員会 第11号(2014/04/09、46期、自由民主党)【政府役職】

○櫻田副大臣 昨今、研究活動の不正行為の疑いのある事案が相次いでいることは極めて遺憾だと捉えております。  現在、文部科学省では、本年二月に決定された協力者会議の審査のまとめを踏まえ、研究活動の不正行為の対応のガイドラインの見直しに係る具体的な検討を進めているところでございます。  ガイドラインの見直しに当たりましては、これまで、不正行為に関する対応が個々の研究者の自己責任のみに委ねられていた面が強かったことを踏まえ、今後は、研究機関も責任を持ってこの問題に取り組むよう求めていく方針でございます。  具体的には、研究者が責任ある活動を推進する上で、一定期間の研究データの保存、公開の義務づけ及び……

第187回国会 文部科学委員会 第2号(2014/10/17、46期、自由民主党)【議会役職】

○櫻田委員長代理 次に、宮本岳志君。

第187回国会 文部科学委員会 第3号(2014/10/29、46期、自由民主党)【議会役職】

○櫻田委員長代理 次に、青木愛君。


48期(2017/10/22〜)

第195回国会 消費者問題に関する特別委員会 第1号(2017/11/02、48期、自由民主党)【議会役職】

○櫻田委員長 この際、一言御挨拶を申し上げます。  ただいま委員各位の御推挙によりまして、本特別委員会の委員長の重責を担うこととなりました。  消費生活をめぐる諸課題に対処し、消費者の安全、安心の確保を図るため、消費者政策に求められる役割は非常に大きく、本委員会に課せられた使命は極めて重大であります。  委員各位の御指導と御協力を賜りまして、公正かつ円満な委員会運営に努めてまいりたいと存じます。  どうぞよろしくお願い申し上げます。(拍手)
【次の発言】 これより理事の互選を行います。
【次の発言】 ただいまの大河原雅子君の動議に御異議ありませんか。

第195回国会 消費者問題に関する特別委員会 第2号(2017/12/08、48期、自由民主党)【議会役職】

○櫻田委員長 これより会議を開きます。  理事の辞任についてお諮りいたします。  理事松本洋平君から、理事辞任の申し出があります。これを許可するに御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。  引き続き、理事の補欠選任についてお諮りいたします。  ただいまの理事辞任及び委員の異動に伴い、現在理事が三名欠員となっております。その補欠選任につきましては、先例により、委員長において指名するに御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。  それでは、理事に       永岡 桂子君    堀内 詔子君    及び ……

第196回国会 消費者問題に関する特別委員会 第1号(2018/01/22、48期、自由民主党)【議会役職】

○櫻田委員長 この際、一言御挨拶を申し上げます。  ただいま委員各位の御推挙によりまして、今国会も引き続き本特別委員会の委員長の重責を担うこととなりました。  委員各位のさらなる御指導と御協力を賜りまして、公正かつ円満な委員会運営に努めてまいりたいと存じます。  どうぞよろしくお願い申し上げます。(拍手)
【次の発言】 これより理事の互選を行います。
【次の発言】 ただいまの大河原雅子君の動議に御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、委員長は、理事に       穴見 陽一君    伊藤信太郎君       勝俣 孝明君    永岡 桂子君       堀内 詔子君 ……

第196回国会 消費者問題に関する特別委員会 第2号(2018/03/22、48期、自由民主党)【議会役職】

○櫻田委員長 これより会議を開きます。  消費者の利益の擁護及び増進等に関する総合的な対策に関する件について調査を進めます。  福井内閣府特命担当大臣から所信を聴取いたします。福井国務大臣。
【次の発言】 以上で大臣の所信表明は終わりました。  次に、平成三十年度消費者庁予算及び消費者委員会予算の概要について説明を聴取いたします。あかま内閣府副大臣。
【次の発言】 以上で説明は終わりました。  次に、山下内閣府大臣政務官から発言を求められておりますので、これを許します。山下内閣府大臣政務官。
【次の発言】 次に、去る平成二十九年六月九日、消費者安全法第十三条第四項の規定に基づき、国会に提出され……

第196回国会 消費者問題に関する特別委員会 第3号(2018/04/03、48期、自由民主党)【議会役職】

○櫻田委員長 これより会議を開きます。  消費者の利益の擁護及び増進等に関する総合的な対策に関する件について調査を進めます。  この際、お諮りいたします。  本件調査のため、本日、政府参考人として内閣官房内閣審議官三角育生君、内閣府大臣官房審議官田中愛智朗君、内閣府大臣官房審議官生川浩史君、内閣府規制改革推進室次長窪田修君、警察庁長官官房審議官小田部耕治君、金融庁総務企画局参事官栗田照久君、消費者庁次長川口康裕君、消費者庁政策立案総括審議官井内正敏君、消費者庁審議官福岡徹君、消費者庁審議官橋本次郎君、総務省大臣官房サイバーセキュリティ・情報化審議官澤田稔一君、総務省大臣官房審議官堀江宏之君、総……

第196回国会 消費者問題に関する特別委員会 第4号(2018/05/11、48期、自由民主党)【議会役職】

○櫻田委員長 これより会議を開きます。  ただいま付託になりました内閣提出、消費者契約法の一部を改正する法律案を議題といたします。  趣旨の説明を聴取いたします。福井国務大臣。
【次の発言】 これにて趣旨の説明は終わりました。
【次の発言】 この際、参考人出頭要求に関する件についてお諮りいたします。  本案審査のため、来る十五日火曜日、参考人の出席を求め、意見を聴取することとし、その人選等につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。  次回は、来る十五日火曜日委員会を開会することとし、本日は、これに……

第196回国会 消費者問題に関する特別委員会 第5号(2018/05/15、48期、自由民主党)【議会役職】

○櫻田委員長 これより会議を開きます。  内閣提出、消費者契約法の一部を改正する法律案を議題といたします。  これより質疑に入ります。  本日は、本案審査のため、参考人として、一般社団法人日本経済団体連合会経済基盤本部副本部長長谷川雅巳君、青山学院大学法務研究科教授・前内閣府消費者委員会委員長河上正二君及び適格消費者団体京都消費者契約ネットワーク理事長・弁護士野々山宏君、以上三名の方々に御出席をいただいております。  この際、参考人各位に一言御挨拶申し上げます。  本日は、御多用のところ本委員会に御出席をいただきまして、まことにありがとうございます。参考人各位におかれましては、それぞれのお立場……

第196回国会 消費者問題に関する特別委員会 第6号(2018/05/17、48期、自由民主党)【議会役職】

○櫻田委員長 これより会議を開きます。  内閣提出、消費者契約法の一部を改正する法律案を議題といたします。  この際、お諮りいたします。  本案審査のため、本日、政府参考人として消費者庁次長川口康裕君及び消費者庁政策立案総括審議官井内正敏君の出席を求め、説明を聴取いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
【次の発言】 質疑の申出がありますので、順次これを許します。宮路拓馬君。
【次の発言】 次に、穴見陽一君。
【次の発言】 次に、鰐淵洋子君。
【次の発言】 大臣、では、持ち時間が経過しておりますので、簡潔にお願いします。

第196回国会 消費者問題に関する特別委員会 第7号(2018/05/21、48期、自由民主党)【議会役職】

○櫻田委員長 これより会議を開きます。  内閣提出、消費者契約法の一部を改正する法律案を議題といたします。  この際、お諮りいたします。  本案審査のため、本日、参考人として独立行政法人都市再生機構理事伊藤治君の出席を求め、意見を聴取することとし、また、政府参考人として消費者庁次長川口康裕君、消費者庁政策立案総括審議官井内正敏君、法務省大臣官房審議官筒井健夫君、文部科学省大臣官房審議官下間康行君及び国土交通省大臣官房審議官山口敏彦君の出席を求め、説明を聴取いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。

第196回国会 消費者問題に関する特別委員会 第8号(2018/05/23、48期、自由民主党)【議会役職】

○櫻田委員長 これより会議を開きます。  この際、一言申し上げます。  去る二十一日の委員会が、政府側の不適切な対応により、途中で取りやめになったことは、委員長として遺憾であります。  政府として、これを重く受けとめて、十分な反省の上で、委員会の審議に臨んでいただきたいと思います。  この際、福井国務大臣から発言を求められておりますので、これを許します。福井国務大臣。
【次の発言】 内閣提出、消費者契約法の一部を改正する法律案を議題といたします。  この際、お諮りいたします。  本案審査のため、本日、参考人として独立行政法人都市再生機構理事伊藤治君の出席を求め、意見を聴取することとし、また、政……

第196回国会 消費者問題に関する特別委員会 第9号(2018/07/20、48期、自由民主党)【議会役職】

○櫻田委員長 これより会議を開きます。  この際、御報告いたします。  今会期中、本委員会に付託になりました請願は一件であります。本請願の取扱いにつきましては、理事会において協議いたしましたが、委員会での採否の決定は保留することになりましたので、御了承願います。  なお、お手元に配付いたしてありますとおり、今会期中、本委員会に参考送付されました陳情書は、「高齢者が安心して暮らすことのできる社会」実現のため消費者政策におけるさらなる法整備と取り組みを求めることに関する陳情書外十五件、また、地方自治法第九十九条の規定に基づく意見書は、高齢者・若年成人等の消費者被害を防止・救済する実効的な消費者契約……

第197回国会 内閣委員会 第1号(2018/11/07、48期、自由民主党)【政府役職】

○櫻田国務大臣 サイバーセキュリティ戦略本部に関する事務を担当する国務大臣として、一言御挨拶申し上げます。  昨今、サイバー空間と実空間の一体化が進み、さまざまな恩恵がもたらされている一方で、サイバー攻撃による多大な経済的、社会的損失が生じるなどの脅威が急速に高まっており、サイバーセキュリティー対策の強化が不可欠であります。  このような認識のもと、今後三年間の諸施策の目標や実施方針等を盛り込んだ新たなサイバーセキュリティ戦略を本年七月に閣議決定したところであります。この新たな戦略を確実に実施するよう、関係省庁と連携して取り組んでまいります。  また、現在継続審議となっているサイバーセキュリテ……

第197回国会 内閣委員会 第3号(2018/11/14、48期、自由民主党)【政府役職】

○櫻田国務大臣 サイバーセキュリティ戦略本部を担当する大臣として適任かという御質問だと思うんですが、国民目線に立ったサイバーセキュリティー対策をしっかりと実施することが私の大きな役割の一つと認識をしております。また、私の担当である東京オリンピック・パラリンピック大会に万全を期すためにも、サイバーセキュリティー対策は重要だと考えております。  国民の期待に応えられるよう、しっかりと対応させていただきます。
【次の発言】 全部は目を通しておりませんが、何ページかあることについては説明は受けております、内容については。
【次の発言】 私の個人的な国会事務所の中のことですか。(今井委員「そうです」と呼……

第197回国会 内閣委員会 第5号(2018/11/21、48期、自由民主党)【政府役職】

○櫻田国務大臣 お答えさせていただきます。  私が代表を務める自由民主党の千葉県第八選挙区支部が二〇一七年五月二十四日に開催した政治資金パーティーについては、一般社団法人国家ビジョン研究会から、政治資金規正法の上限を超える二百万円の支払いを受けたところでございます。  本件に対しては外部からも指摘をいただいて、私としても早急に是正を図る必要があると判断し、十一月十九日付で超過分である五十万円を返金するとともに、同日付で千葉県選挙管理委員会に対して、該当する収支報告書の訂正をしたところでございます。  政治資金規正法に基づく規定に違反しているかどうかについては、確認が十分でなかったため、法律の上……

第197回国会 内閣委員会 第6号(2018/11/22、48期、会派情報なし)【政府役職】

○櫻田国務大臣 お答えさせていただきます。  サイバーセキュリティ基本法は、インターネット等の情報通信技術の活用の進展に伴い世界的規模で脅威が深刻化していることに鑑み、我が国のセキュリティーの確保に万全を期すため、平成二十六年十一月に制定されたものであります。  具体的には、サイバーセキュリティ戦略の策定や戦略本部の設置、国や地方公共団体の責務などを定め、経済社会の活力の向上や持続的発展、国民が安全で安心して暮らせる社会の実現、国際社会の平和や安全の確保、我が国の安全保障に寄与することを目的としております。
【次の発言】 お答えさせていただきます。  今回の法改正は、サイバー攻撃による被害の拡……

第197回国会 内閣委員会 第7号(2018/11/28、48期、自由民主党)【政府役職】

○櫻田国務大臣 二〇二〇年東京大会は、スポーツだけでなく、文化の祭典でもあります。多様な日本の文化の魅力を発信する大きな機会だと考えております。  アイヌ文化については、政府としても、共生社会の実現等の観点から、その復興に向けて取り組んでおります。東京大会を契機にアイヌ文化の発信を図っていくことは重要だと考えております。  こうした観点から、内閣官房オリパラ事務局が実施する調査の一環で、先週末、アイヌの人々が伝承してきた舞踊、音楽から、着物、生活用具、アイヌ料理に至るまで紹介するイベントを開催したところでございます。このイベントは、多様性や国際性に配慮して、日本の文化の魅力を発信する取組を認証……

第197回国会 内閣委員会 第9号(2018/12/05、48期、自由民主党)【政府役職】

○櫻田国務大臣 サイバー空間における技術、サービスが急速に発展する中、それを支えるサイバーセキュリティーについて、我が国独自の技術の育成を進めることは重要な課題であると認識をしているところでございます。  このため、政府におきましては、サイバーセキュリティ戦略に基づきまして、AIやIoTなどの発展とサイバー攻撃の脅威を踏まえた研究開発を推進し、我が国の経済の成長、国際競争力の向上を図ることとしております。その一環として、次世代のシステムの基盤技術と期待される量子暗号や量子コンピューターなどの量子科学技術の研究開発に取り組むこととしております。  今後とも、政府一体となってサイバーセキュリティー……

第197回国会 文部科学委員会 第1号(2018/11/09、48期、自由民主党)【政府役職】

○櫻田国務大臣 このたび、東京オリンピック・パラリンピック大会の大臣に任命されました櫻田でございます。一生懸命、皆様の御協力を得て力強く進めていきたいと思います。  二〇二〇年東京オリンピック・パラリンピック競技大会を担当する国務大臣として、一言御挨拶を申し上げます。  ことしの夏に開催された第十八回アジア競技大会、それに引き続き開催されたインドネシア二〇一八アジアパラ競技大会では、日本代表選手が活躍し、すばらしい成績をおさめました。東京オリンピック・パラリンピック競技大会の開催まで二年を切る中、多くの競技において、今回の競技大会は前哨戦として位置づけられていただけに、東京大会への大きな弾みに……

第197回国会 文部科学委員会 第2号(2018/11/14、48期、自由民主党)【政府役職】

○櫻田国務大臣 政府としては、平成二十七年十一月に閣議決定したオリパラ基本方針に基づき、各府省庁の関連政策を一体として、オールジャパンで取組を推進していく必要があると思っております。東京大会につきましては、国は、東京都及び組織委員会の取組をバックアップしていくことが重要であると考えております。  政府としては、円滑な輸送の実現、セキュリティーの万全と安全、安心の確保、大会期間中における暑さ対策、日本の文化の魅力発信、ホストタウン等による全国の機運醸成、ユニバーサルデザインの推進等による共生社会の実現など、着実に取組を進めているところであります。  特に、復興オリンピック・パラリンピックでは、東……

第197回国会 文部科学委員会 第3号(2018/11/16、48期、自由民主党)【政府役職】

○櫻田国務大臣 お答えさせていただきます。  政府としては、平成二十七年十一月に閣議決定したオリパラ基本方針に基づき、各府省庁の関連政策を一体として、オールジャパンで取組を推進していく必要があると考えております。  東京大会につきましては、国は東京都及び組織委員会の取組をバックアップしていくことが重要であり、政府としては、円滑な輸送の実現、セキュリティーの万全と安心、安全の確保、大会期間中における暑さ対策、日本の文化の魅力発信、ホストタウン等による全国の機運醸成、ユニバーサルデザインの推進等による共生社会の実現など、着実に取組を進めているところであります。  また、パラリンピックの成功なくして……

第197回国会 予算委員会 第4号(2018/11/26、48期、自由民主党)【政府役職】

○櫻田国務大臣 御指摘の、政治資金パーティーに関する政治資金規正法の規定については認識しておりました。  そして、一方で、国家ビジョン研究会の具体的な購入額についてはやりとりを行っておらず、私としては、法律の上限を超えているとの認識はありませんでした。(後藤(祐)委員「そんなことは聞いていないです」と呼ぶ)
【次の発言】 百五十万という制限があるから、それをオーバーしていたものについては返還したところでございます。
【次の発言】 御指摘の、政治資金パーティーに関する政治資金規正法の規定については認識をしておりました。  一方で、国家ビジョン研究会の具体的な購入額についてのやりとりはやっておらず……

第198回国会 内閣委員会 第1号(2019/02/20、48期、自由民主党)【政府役職】

○櫻田国務大臣 サイバーセキュリティ戦略本部に関する事務を担当する国務大臣として、所信の一端を申し述べます。  昨今、サイバー空間と実空間の一体化が進み、さまざまな恩恵がもたらされている一方で、サイバー攻撃による多大な経済的、社会的損失が生じるなどの脅威が急速に高まっており、サイバーセキュリティーの確保がますます重要になっております。また、開会まで一年半を切った二〇二〇年東京大会の成功に向け、対策に着実に取り組んでいく必要があります。  昨年七月に閣議決定した新たなサイバーセキュリティ戦略を確実に実施するよう、関係大臣と連携して取り組んでまいります。  また、昨年十二月に成立したサイバーセキュ……

第198回国会 内閣委員会 第2号(2019/02/22、48期、自由民主党)【政府役職】

○櫻田国務大臣 ちょっと個人の問題でありますので、ちょっと控えさせていただきたいと思います。
【次の発言】 インターネットに接続されるIoT機器の利活用によりさまざまな恩恵がもたらされる一方、パスワード設定に不備のあるIoT機器を踏み台にした大規模なサイバー攻撃が発生するなど、深刻な影響が生ずる懸念が高まっております。  このため、昨年七月に閣議決定したサイバーセキュリティ戦略において、経済社会の発展に不可欠なインフラとして、サイバーセキュリティー対策が喫緊の課題であり、官民が連携して、安全なIoTシステムの構築に取り組む必要があるとされたところであります。  今後、本戦略に基づき、総務省の取……

第198回国会 内閣委員会 第3号(2019/03/06、48期、自由民主党)【政府役職】

○櫻田国務大臣 昨年の臨時国会では、オリンピックの開会式でアイヌの人々による発言がなされるべきとの山岡委員の御意見につきましては、大会組織委員会に伝える旨、お答えをいたしました。その後、速やかに内閣官房の事務方に指示し、山岡意見の御意見を大会委員会にしっかりと伝えました。  二〇二〇年東京大会は、スポーツだけでなく、文化の祭典でもあり、大会を契機とした文化プログラムを実施しております。これまでも、アイヌ文化の発信については、多様性や国際性に配慮して、日本文化の魅力を発信する取組を認証するビヨンド二〇二〇プログラムを活用していただいております。また、文化プログラムの中核的な事業として検討が進めら……

第198回国会 内閣委員会 第5号(2019/03/13、48期、自由民主党)【政府役職】

○櫻田国務大臣 お答えさせていただきます。  サイバー空間における技術、サービスが急速に発展する中、それを支えるサイバーセキュリティーについて、我が国独自の技術の育成を進めることは重要な課題であると認識しているところであります。  このため、政府におきましては、昨年七月に閣議決定されたサイバーセキュリティ戦略に基づき、AIやIoTなどの発展とサイバー攻撃の脅威を踏まえた研究開発等の取組を推進することとしております。  具体的には、関係省庁におきまして、重要インフラやIoTシステムを守るためのサイバーセキュリティー対策基盤の研究開発や、日本発のサイバーセキュリティー技術、サービスの創出、活用を推……

第198回国会 文部科学委員会 第1号(2019/03/08、48期、自由民主党)【政府役職】

○櫻田国務大臣 二〇二〇年東京オリンピック・パラリンピック競技大会を担当する国務大臣として、私の所信を申し上げます。  東京大会の開催まで一年半を切り、主な競技日程や観戦チケットの概要などが定まってまいりました。さらに、多くの競技では、これから代表選手の決定に向けた厳しい選考の段階が始まり、国民そして世界の関心が高まってまいります。  私は、昨年十月の大臣就任以降、可能な限り直接、競技会場を始め関係施設を視察し、関係者との意見交換を重ねてまいりました。いずれの会場においても、関係者の方々の御尽力により、着実に準備が進められております。大会前年となる本年は、いよいよ各競技のテストイベントが始まり……

第198回国会 文部科学委員会 第2号(2019/03/13、48期、自由民主党)【政府役職】

○櫻田国務大臣 お答えさせていただきます。  日ごろより、北朝鮮関係の種々の案件については報告を受けているところでありますが、本件につきましては、十日の報道を受けて、十一日月曜日、事務方より状況について説明を受けたところでございます。
【次の発言】 お答えさせていただきます。  オリンピック憲章におきましては、根本原則として、国等による差別の禁止を定め、IOCは全てのNOCに対して参加招待状を送付するとされております。組織委員会は、オリンピック憲章を遵守することとしております。東京大会への北朝鮮を含めた各国・地域の参加については、IOCが決定をし、各競技の国際団体の合意に基づく出場資格を得るこ……

第198回国会 予算委員会 第6号(2019/02/13、48期、自由民主党)【政府役職】

○櫻田国務大臣 お答えさせていただきます。  近年、インターネット等を通じたさまざまなサービスが日常的に使われてきており、人々にさまざまな恩恵がもたらされる一方、サイバー攻撃により情報漏えいや金銭被害、サービス障害が生じるなど、脅威が深刻化している状況であります。  我が国のサイバーセキュリティー対策は、サイバーセキュリティ基本法に基づき、基本的な計画であるサイバーセキュリティ戦略を定めて対策を進めることとしており、昨年七月に新戦略を決定したところであります。  また、新戦略に基づき、本年一月に決定した意識・行動強化プログラムでは、若年層を重点的な対象として、無自覚なままサイバー犯罪に加担する……

第198回国会 予算委員会 第7号(2019/02/14、48期、自由民主党)【政府役職】

○櫻田国務大臣 何か、オリンピック大臣になるまで、オリンピックをやりましたという意味ですか。質問の趣旨がよくわからなかったんですけれども。
【次の発言】 それは私が望んでもできない場合もあるし、私を任命する人の判断によりますので、私から判断することはできません。
【次の発言】 私は、内閣の一員として、政府の基本的な立場に従って対応してまいります。  さきの大戦につきましての認識は、平成二十七年八月十四日に閣議決定された内閣総理大臣談話のとおりでございます。
【次の発言】 戦場の陰には、深く名誉と尊厳を傷つけられた女性たちがいたことを忘れてはならないというふうに思っておりますし、二十世紀において……

第198回国会 予算委員会 第8号(2019/02/15、48期、自由民主党)【政府役職】

○櫻田国務大臣 二〇二〇年の東京オリンピック・パラリンピック競技大会の開催期間中、多くの外国人旅行者の訪日が見込まれるところであります。  昨年、組織委員会が行った試算においては、大会期間中に海外から大会関係者が約八万人訪日することが予想されております。また、海外からの観客については、一人当たり二枚から三枚のチケットを持つと仮定すると、約七十万人から百十万人の訪日が見込まれます。なお、これは一定の仮定を置いて試算した数値であり、今後精査していく必要があります。  いずれにいたしましても、大会時に訪れる訪日外国人の方々に大会をきっかけに日本各地のよさを知っていただき、その後の訪日外国人旅行者の増……

第198回国会 予算委員会 第11号(2019/02/21、48期、自由民主党)【政府役職】

○櫻田国務大臣 大変皆様に御迷惑をおかけいたしました。予定の時間に遅刻いたしましたこと、心から深くおわび申し上げます。
【次の発言】 決して笑っているという自覚はございません。そしてまた、職務にしっかりと努めたいと思います。
【次の発言】 これもしっかり、これからも、今後もしっかりと職務に精励したいと思っております。
【次の発言】 先ほどお話ししたとおり、職務をしっかりと全うしたいと思っております。
【次の発言】 まず、先日の私の発言について改めて申し上げると、記者からの質問に対し、まず最初に、正直なところ、びっくりした、病気のことなので、早く治療に専念していただいて、早く元気な姿に戻ってもら……

第198回国会 予算委員会 第12号(2019/02/22、48期、自由民主党)【政府役職】

○櫻田国務大臣 前の質疑が予定時刻よりおくれて開始されたこと、その後、二度にわたり中断していたことから、進行状況を見つつ、大臣室において予算委員会の質疑に向けて打合せをしておりました。  その後、前の質疑が再開されると同時に残余の質疑時間を後刻に回すことになり、直ちに大臣室を出発したものの、到着が今井議員の質疑開始予定時刻よりおくれてしまいました。  いずれにしても、時間におくれたことを深くおわび申し上げます。
【次の発言】 国会に関する日程管理が事務的に十分に行われなかったことが原因でございますが、最終的には私の責任でございます。
【次の発言】 東京大会まで一年半となり、大会本番に向けて計画……

第198回国会 予算委員会 第13号(2019/02/25、48期、自由民主党)【政府役職】

○櫻田国務大臣 オリンピックの開催については、サイバーセキュリティーに関することが極めて大事だと思っております。
【次の発言】 過去の大会で、サイバーの攻撃を踏まえた情報共有とリスク対策というものが極めて大事だと思っております。大会運営の成功に向けた課題であると認識しておるところでございます。  そこで、大会のサイバーセキュリティーにかかわる脅威、事案情報の共有等の役割を担うサイバーセキュリティ対処調整センターを構築して、大会関係組織間で緊密に連絡調整を図ることの体制を整備いたします。  また、大会運営に影響を与える可能性のある重要サービス事業者等に対してリスク評価及びリスク対策促進を実施して……


各種会議発言一覧(衆議院)

41期(1996/10/20〜)

第140回国会 予算委員会第四分科会 第1号(1997/03/03、41期、自由民主党)

○桜田分科員 桜田でございます。  昨年十月、選挙に初めて当選してきたわけですが、その出馬のときに一番選挙民に訴えてきたものは、財政再建と少子・高齢化ということで訴えさせていただきました。その中で、先ほどちょうど財政再建について委員会で発言させていただいたものですから、今回はこの厚生省分野で、少子・高齢化ということについていろいろお話をさせていただきたいなと思っております。  私、財政再建と少子・高齢化という問題は表裏一体の関係にあるのではないだろうかというふうに考えておるところでございます。余り難しいことをするよりも、やはり少子・高齢化というものは人口の構成のバランスをいうのであって、老人世……

第140回国会 予算委員会第二分科会 第1号(1997/03/03、41期、自由民主党)

○桜田分科員 桜田でございます。  私は、今回の質問に当たりまして、選挙に立候補したときの取り組み状況、公約等に絡めながら、ひとつ、余り高度な難しい質問ではなくて、初歩的、基礎的、一般国民が納得と理解を得られるような質問をさせていただきたいな、そんなふうに思っております。  特に、私は、財政再建ということと少子・高齢化ということを選挙に出馬するに当たりまして非常に唱えてきましたので、そのことを中心に質問させていただきたいのです。  あと三年で二十一世紀だということで、二十一世紀の足音というのがだんだん聞こえてくるわけでございます。本来ですと、明るい、二十一世紀は新しい時代だという、本当は輝かし……

第146回国会 消費者問題等に関する特別委員会遺伝子組換え食品の表示問題等に関する小委員会 第1号(1999/12/14、41期、自由民主党)

○桜田小委員 私は下村先生と同意見で、同立場なんであります。


42期(2000/06/25〜)

第151回国会 予算委員会第三分科会 第1号(2001/03/01、42期、自由民主党)【政府役職】

○桜田大臣政務官 外務省としては、情報関連予算の強化は必要だと考えておるところであります。厳しい財政状況の中でも、これまで情報収集、分析活動や通信施設等の機能強化を図っておるところであります。  十三年度予算では、情報通信及び連絡網の整備にかかわる予算を百二十七億、前年度に対しまして二四・二%増ということで要求してきているところであります。  また、CIA予算及びMI6の予算については、いずれも公表されていないというふうに承知しているところであります。  他方、一概には比較できないものでありますが、アメリカについては、情報コミュニティー、いわゆるCIA、国防総省情報関連八部門などの十三組織によ……

第154回国会 決算行政監視委員会第二分科会 第1号(2002/04/08、42期、自由民主党)【議会役職】

○桜田主査代理 簡潔にお願いします。
【次の発言】 藤木さん、簡単にお願いします、時間は終わっていますから。
【次の発言】 これにて藤木君の質疑は終了いたしました。  次に、細野豪志君。
【次の発言】 これにて木下君の質疑は終了いたしました。  次に、肥田美代子君。
【次の発言】 これにて肥田君の質疑は終了いたしました。  次に、井上和雄君。

第156回国会 予算委員会第六分科会 第1号(2003/02/27、42期、自由民主党)【政府役職】

○桜田大臣政務官 お答えさせていただきます。  当経済産業省といたしましては、昨年来、京都議定書を締結いたしまして、地球温暖化対策推進大綱をより確実に、かつ円滑に実施していくために、エネルギー分野における地球温暖化対策の充実強化に早急に取り組む必要があるということ、二番目に、流動的な中東情勢を勘案しまして、エネルギー源の天然ガスへのシフトなど、エネルギーセキュリティー対策を強化する必要があるということ、これらを踏まえまして、天然ガスシフトの加速化、省エネルギー・新エネルギー対策の拡充、環境省との連携によるエネルギー起源二酸化炭素排出抑制対策などの実施など、エネルギー政策や歳出構造の見直しを行っ……


44期(2005/09/11〜)

第164回国会 決算行政監視委員会第一分科会 第2号(2006/06/06、44期、自由民主党)【政府役職】

○櫻田副大臣 上限金利に関する出資法、利息制限法の規制はともに法務省の所管でありますが、出資法が刑罰の対象となる金利を定めているのに対し、利息制限法は民事の一般法として、貸金業者だけではなく個人の間の貸し借りにも広く適用される、民事上無効となる金利を定めているところでございます。  四月の二十一日の貸金業制度等に関する懇談会におきましては「座長としての中間整理」が取りまとめられました。その中で、出資法の上限金利については、利息制限法の上限金利水準に向け、引き下げる方向で検討することが望ましいとの意見が委員の大勢であるとされているところであります。  現在、金利規制を含め、貸金業制度等に関する諸……

第164回国会 予算委員会第一分科会 第1号(2006/02/28、44期、自由民主党)【政府役職】

○櫻田副大臣 道州制特区の進め方につきましては、現在、政府部内で検討、調整中でありまして、現時点でその内容をお示しするようなところまではまだいっていないということが現実でございます。
【次の発言】 小泉内閣のときで成立させたいという希望は持っておりますが、現在、政府部内で未調整の部分がありますし、これから調整しなければならないこともありますので、とにかく現在調整中ということで御理解いただきたいと思います。
【次の発言】 今、少子高齢化時代、やはり小さな政府というものを望むのが小泉内閣の進む方向であろうと思いますし、やはりこれから二十一世紀型の行政組織ですと、地方分権というものを大幅に進めていく……

第164回国会 予算委員会第三分科会 第1号(2006/02/28、44期、自由民主党)【政府役職】

○櫻田副大臣 貸金業規制法上、消費者金融業者が貸し付けを行う場合には、まずは資金需要者等の資力または信用、借り入れの状況、返済計画等について調査し、その者の返済能力を超えると認められる貸し付けの契約を締結してはならないこととされているところでございます。  また、保証契約を締結しようとする場合には、保証金額、保証期間などを記載した書面を保証人になろうとする者に対して交付をしなければならないこととし、安易な保証が行われないよう配慮しているところでございます。  これに加えて、消費者金融について保証を禁止することについては、保証による信用補完がなくなることにより、資金需要者への貸し付けが滞る可能性……


46期(2012/12/16〜)

第186回国会 予算委員会第五分科会 第1号(2014/02/26、46期、自由民主党)【政府役職】

○櫻田副大臣 お答えさせていただきます。  慢性の痛みは、患者の生活の質を著しく低下させ、就労困難を招く等、社会的損失が大きいとされており、文部科学省としても、慢性の痛み治療に関する診療科を超えた総合的な教育の充実等が必要と考えております。  そのためには、文部科学省では、医学教育の指針となる医学教育モデル・コア・カリキュラムの平成二十二年度改定において、慢性疼痛に関する追加記載を行い、慢性疼痛の基本を学ぶことを一般目標として明記したところであり、各大学医学部において、このモデル・コア・カリキュラムに沿った教育が行われているところであります。  また、一部の医学部では、疼痛に関する講座が、十一……


※このページのデータは国会会議録検索システムで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2020/05/21

桜田義孝[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計/発言一覧 | 質問主意書