国会議員白書トップ衆議院議員中津川博郷>委員会発言一覧(全期間)

中津川博郷 衆議院議員
「委員会発言一覧」(全期間)

中津川博郷[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計/発言一覧 | 質問主意書

このページでは中津川博郷衆議院議員が委員会や各種会議で行った質問や答弁などの発言の冒頭部分と会議録本文へのリンクを一覧化しています。中津川博郷衆議院議員「委員会統計」(全期間)には委員会および各種会議の活動状況の集計結果を示しています。
 本会議での発言の統計と一覧については本会議発言のページを参照してください。

委員会発言一覧(衆議院)

42期(2000/06/25〜)

第148回国会 農林水産委員会 第2号(2000/07/19、42期、民主党・無所属クラブ)

○中津川委員 民主党の中津川博郷でございます。  まず冒頭、委員長にちょっとお伺いしたいんですが、民主党は前回、理事懇談会でも雪印乳業、参考人招致を強く要求して、理事懇談会では参考人招致、責任者の参考人招致でまとまっていたにもかかわらず、これはなぜ実現していなかったのか、委員長の御答弁をお願いしたいと思います。
【次の発言】 実はきのう、私も含めて我が党の対策本部が東京の雪印本社を訪問いたしまして、笹島副社長にお伺いしたところ、この委員会の招致を聞いていない、こう答弁しておったんですね。委員長、どのような努力をしたか、ちょっと答弁願いたいんですが。

第150回国会 商工委員会 第6号(2000/11/17、42期、民主党・無所属クラブ)

○中津川委員 民主党の中津川でございます。  我が国は、九九・七%が中小企業でありまして、そこで国民の八割が雇用されております。言ってみれば、日本の国を支えているのは中小企業、そしてそこで働いている人たちだと言っても過言ではないと思います。私は、そこで、これらの中小企業の経営者とそこで働いている多くの皆さんの立場に立って、特に融資のあり方、そしてこれからの融資制度について、焦点を絞って幾つか質問をさせていただきたいと思います。とりわけ、現場の経営者の声を国政に届けたい、こういう思いであります。よろしくお願いしたいと思います。  まず、質問の前に、堺屋経済企画庁長官にお尋ねしたいのであります。 ……

第150回国会 青少年問題に関する特別委員会 第3号(2000/11/16、42期、民主党・無所属クラブ)

○中津川委員 民主党の中津川でございます。  いよいよあと四日後に児童虐待防止等に関する法律が施行されるということでございますが、それに至るまで、この委員会においても平成十一年の七月二十二日から大変御熱心な議論がなされて、関係各位の皆さんたちに心から敬意を表したいと思います。  先ほどいろいろ資料をいただきました。まずもってびっくりすることは、虐待の相談件数が非常にふえている。平成九年度が六百八十七人、平成十年度が八百九十五人、十一年度に至っては千四百三十一人である。この法律が五月に成立したわけでありますが、この半年の間にもかなりの数増加している。  折しも、きのうも夕方のテレビで、三歳児せっ……

第151回国会 経済産業委員会 第5号(2001/03/28、42期、民主党・無所属クラブ)

○中津川委員 民主党の中津川博郷でございます。よろしくお願いいたします。  具体的な質問に入る前に、景気の現況、そして今後の見通しを内閣府と経済産業大臣にお聞きしたいと思います。特に、本日大臣も出席されておりますので、その景気の現状認識を踏まえて、経済産業大臣としての今後の取り組み方、姿勢を一緒にお聞きしたいと思います。
【次の発言】 今、中小企業というお言葉が出ましたが、実は私、民主党の中の中小企業活性化ワーキングチームで事務局長をやっておりまして、さまざまな職種、それから規模の大小を問わず、たくさんの中小企業の経営者の方たちに国会に来ていただいて、国会議員が現場の生の声を聞くという機会をた……

第151回国会 経済産業委員会 第8号(2001/04/06、42期、民主党・無所属クラブ)

○中津川委員 民主党の中津川博郷でございます。  同僚議員と質問が若干重なるところがありますが、用意してきた質問をそのままさせていただきたいと思います。  昭和四十二年から今日まで、石油公団から約二兆円という予算を使って石油の自主開発を進めてきたということでありますが、調べてみましたら、日本は、自主開発原油の輸入量は六十五万バレルである、これは原油総輸入量四百三十二万バレルのうちわずか一五%にすぎない。  日本の場合は、原油のほぼ一〇〇%を海外から輸入して依存しているわけでありますので、我が国において自主開発の分野というのは、世界的に見ても大変立ちおくれているというのが現状だと思います。ちなみ……

第151回国会 経済産業委員会 第12号(2001/05/25、42期、民主党・無所属クラブ)

○中津川委員 民主党の中津川博郷でございます。  小泉総理は、所信表明演説で、二年から三年以内に不良債権の最終処理を目指します、このため、政府の働きかけのもとに、銀行を初めとする関係者が企業の再建について話し合うためのガイドラインを取りまとめるなど、不良債権の最終処理を促進するための枠組みを整えるとおっしゃっております。  本来なら総理に直接伺うところなんですが、きょうはいらっしゃらないので、所管の金融庁に説明を求めたいと思います。
【次の発言】 平成十一年の七月一日に出した金融検査マニュアルというのがありますね。あれによりますと、経営改善計画等の計画期間が原則としておおむね五年以内であり、計……

第151回国会 災害対策特別委員会 第3号(2001/03/08、42期、民主党・無所属クラブ)

○中津川委員 民主党の中津川博郷でございます。  昨年の八月三十、三十一日に三宅島へ、党を代表して、現地に行ってまいりました。大変悲惨な状況で、いまだに脳裏に焼きついているわけでありますが、海産物はとれず、農作物も全滅、観光客も来ないというような状況の中で、学校等に一時避難をしている方たちの顔が今も思い出されるわけであります。折しも翌日に石原都知事が全島避難を指示しまして、それからもう既に半年がたっているわけであります。亜硫酸ガスが発生して、さらに危険な状況になっているというふうに聞いております。三千八百人の三宅島島民の方は、都内の各地で先行きの見えない不安な毎日を送っておられるわけでありまし……

第153回国会 経済産業委員会 第2号(2001/11/06、42期、民主党・無所属クラブ)

○中津川委員 民主党の中津川博郷でございます。  中小企業対策の方のワーキングチームの事務局長をやっておりまして、きょうの四人の参考人の皆さんたちのお話、私も常日ごろ考えていること、また党を挙げて今やっていることに非常に具体的に参考になりました。何せ質問時間が限られております。本来多くの質問をしたいのですが、十五分でありますので、少し簡潔に、ポイントだけ質問させてもらいたいと思います。  個人保証の問題が出てまいりましたが、日本独特の問題、融資の制度でありまして、お金を借りるときは保証人をつけろというのは、もう親から言われて、日本の慣行のようなものなのですが、実はこれが大きな弊害であった。  ……

第153回国会 経済産業委員会 第6号(2001/12/05、42期、民主党・無所属クラブ)

○中津川委員 民主党の中津川でございます。  まず大臣に、今の日本経済の現況の認識をお聞かせ願いたいと思います。
【次の発言】 大臣、今デフレとおっしゃられましたが、私は資料を取り寄せて、主要経済指標、国内総支出の推移から個人消費から住宅投資から失業率から、全部見てみたのです。少しでも希望を持って見たいと思っているのですが、もうお先真っ暗でありますし、あらゆる経済指標は最悪ですね。  ここで何回も質問していますが、そのたびに悪くなっている。大臣はそのたびに、日本はポテンシャルがあるということをおっしゃられておる。きょうも言われるかなと思ったのですが、きょうはおっしゃらなかった。弱くなっているこ……

第154回国会 災害対策特別委員会 第9号(2002/07/18、42期、民主党・無所属クラブ)

○中津川委員 民主党の中津川博郷でございます。  私の選挙区は東京・江戸川でございまして、ここのところ微震というんですか、震度一から三ぐらいのが非常に頻繁に起きているんですね。  昨年、この委員会で、私、質疑のときに、南関東直下型地震の切迫性というものについてお聞きしたんです。そうしたら、こういう答弁でありました。「ある程度の切迫性を有しており、今後その切迫性が高まってくることは疑いない」、要するに、きょう起きてもあした起きても不思議ではない、こんなふうに翻訳できるかと思うのですけれども、この認識は現在も同じでございますか。
【次の発言】 大臣、都民の認識とはちょっとずれがあると思うのですね。……

第154回国会 文部科学委員会 第9号(2002/04/24、42期、民主党・無所属クラブ)

○中津川委員 おはようございます。民主党の中津川でございます。  きょうは、大臣がお越しになっていただくという予定だったんですが、何か参議院の方で本会議が入ったということで、大変残念です。ぜひきょうのこの議論を後で大臣にしっかりと伝えていただきたいということと、岸田副大臣初め局長、皆さんたちに、誠意のある具体的な回答、答弁をひとつお願いしたいと冒頭申し上げさせていただきます。  昭和五十二年の小中学校学習指導要領全面改訂にゆとりという言葉が登場したんですね。二十五年になります。このゆとり教育というのは、現在、我が国の教育の根本理念というか、方針であると文部科学省はおっしゃいますが、そこで、お尋……

第154回国会 文部科学委員会 第14号(2002/06/07、42期、民主党・無所属クラブ)

○中津川委員 民主党の中津川博郷でございます。  今回の改正案の柱の一つであります放送事業者等への送信可能化権、これをつけるといった背景には、物すごい勢いで情報革命が進んでいる、今や大人から高齢者、子供まで、それこそ一億人日本国民のだれもがパソコンとかインターネットとか、いつでも自由に気楽に使える、そういう現状になっておりまして、加えて動画、これも簡単に送信できる、容量が大変大きく、そしてハイスピード、いわゆるブロードバンド時代というんですか、そういうものを今迎えているということであります。  ちなみに、私のホームページもかなり早い時期から動画を使っておりまして、数年前なんですけれども、そのと……

第155回国会 厚生労働委員会 第3号(2002/11/06、42期、民主党・無所属クラブ)

○中津川委員 民主党の中津川博郷でございます。  今回の法改正によりまして、児童扶養手当の手当額の算定法が大きく変わった。現行制度では、手当額が全額支給の四万二千三百七十円と一部支給の二万九千三百五十円、大変シンプルで、二段階でわかりやすい。ところが改正案では、一万円から四万二千三百七十円まで十円刻みという、非常に細かく複雑、ややこしくなっているんですね。どういう結果が起きるかというと、母子世帯では手当が減額されるのではないか、これが大変不安になっているわけですね。  今現在の経済情勢、これはどんなに厳しいかというのは大臣初め皆さんたちもよく御理解されていると思いますが、株価は、いっとき八千円……

第155回国会 財務金融委員会 第5号(2002/11/12、42期、民主党・無所属クラブ)

○中津川委員 民主党の中津川博郷でございます。私見を交えながら、大臣にお尋ねしたいと思います。  まず、きのうの株価もひどかったですね。小泉内閣が発足当時、昨年五月七日、日経平均株価は一万四千五百五十六円。それから、例の竹中さんの、だめな企業が退場するのは資本主義の普通のルールだとか、巨大銀行には利点もあるが破綻させるには大き過ぎるという考えはとらない、ツービッグ・ツーフェール、まあ竹中ショックですよ、これは、起こりまして、十月十日には八千四百三十九円、株価が暴落しました。  小泉さんが総理になったときは、これはやってくれるぞと、ああ、もう経済もよくなる、夢を持てる、こう思って、ぴょんと、御祝……

第156回国会 経済産業委員会 第3号(2003/02/26、42期、民主党・無所属クラブ)

○中津川委員 民主党の中津川博郷でございます。古巣の経済産業委員会に戻ってまいりまして、大変中小企業に熱心で理解のある平沼大臣、こういうふうに私思っておりまして、また、副大臣も、西川さん、高市さん、もう大変見識のある方なので、実のあるひとつ質疑をさせていただきたい、こんなふうに思っております。  午前中の株価、八千四百三円ですね、為替が百十七円ということで、大変心配しております。きのう財務金融委員会で塩川大臣と竹中大臣に一時間にわたってやったんですが、私の経済の認識と、私のというか国民の思っている経済の認識、全く違いますし、そしてまた、先ほど同僚議員からありましたが、現場のそういう中小企業の姿……

第156回国会 経済産業委員会 第5号(2003/03/12、42期、民主党・無所属クラブ)

○中津川委員 民主党の中津川博郷です。  本日は、産業再生関連三法案についての審議なんですが、まず、その前提であります景気状況、これを大局的な見地から何点かお聞きしたいと思っております。  株価の下落に歯どめがかかりません。一昨日、二十年ぶりに日経平均株価が一時八千円を割り込みました。と思ったら、きのうはさらに下がって、とうとう終わり値で七千八百六十二円四十三銭と、バブル崩壊後最安値であった。本日は、先ほど終わったところで七千九百円台だというふうに、八千円を超えなかったということでありますが、まさに市場はどしゃ降り状態である。  平沼大臣、政府の経済担当大臣でおられまして、この原因は一体何だと……

第156回国会 経済産業委員会 第14号(2003/05/09、42期、民主党・無所属クラブ)

○中津川委員 民主党の中津川博郷でございます。  平沼大臣、新聞報道によりますと、大臣は六日の記者会見で、株価対策に郵貯、簡保資金を活用することに、選択肢として十分考えられると述べたと聞いておりますが、これは事実ですか。
【次の発言】 今株価対策ということでお聞きしているわけですが、そういう御発言をなさったということですが、大臣、株価対策というのは一体何なんだろう、そんなものはあるのかな。いかがですか。
【次の発言】 全くそのとおりと私は思うんですよね。毎年三月になりますと、金融危機が起こるかどうか、さあ銀行を救うために公的資金を投入するかどうか、いやことしは金融恐慌を起こさない、小泉内閣にな……

第156回国会 経済産業委員会 第16号(2003/05/14、42期、民主党・無所属クラブ)

○中津川議員 ただいま議題となりました民主党提案の中小企業者に対する銀行等の資金の貸付けの適正な運営の確保に関する法律案につきまして、その提案理由及び要旨を御説明申し上げます。  銀行の中小企業者に対する融資の現状については、かねてからさまざまな問題点が指摘されてまいりました。  まず、銀行から中小企業者及び保証人に対する事前説明が十分なされないまま、返済能力を超えた過剰融資及びこれに伴う過剰な担保の要求が行われてきたという事実がございます。その結果、多くの中小企業者や保証人は、債務の履行や担保権の実行の名のもとに、応分の負担を超えた、生存権を脅かしかねない過重なリスクを負わされている現状がご……

第156回国会 経済産業委員会 第18号(2003/05/21、42期、民主党・無所属クラブ)

○中津川議員 お答えいたします。  今も中山さんの方から答弁がありましたけれども、とにかく貸し手がどうしても借り手よりも優位な立場に立ってしまうというのが現状ですね。そして、事業をしたくても、土地がなければ、担保がなければ貸してくれない。本来なら、ビジネスプランとか、あるいは人物、やる気とかいう総合的な評価でやらなければいけないわけでありますが、どうしても日本の場合は、担保至上主義という今までの歴史がありました、間接金融ですから。その辺の弊害が今出ているということであります。  そこで、今回こういう法案を私ども提案させていただいて、今この経済産業委員会で議論しているというのは大変画期的で、意味……

第156回国会 経済産業委員会 第20号(2003/06/04、42期、民主党・無所属クラブ)

○中津川委員 民主党の中津川博郷でございます。  まず冒頭に、今回のフランスのエビアンで開催されたサミットで、小泉総理が、ブッシュ・アメリカ大統領の強いドルを望むといった言葉に対して、歓迎する、円は実態以上に高く評価されているということを表明されたんですが、私は、前にもこの委員会あるいは財金等でも、為替問題、大変重要な問題だと思っておりますので、先ほど小沢委員の方からもデフレの話がありましたが、その中で特に資産デフレ、この辺の解決の一つのポイントが為替だと私は思っておりまして、小泉さんが為替に触れたのは何か初めてじゃないかな、勉強したのかな、そんな気がしたのでありますが。  大臣、どうですか。……

第156回国会 財務金融委員会 第6号(2003/02/25、42期、民主党・無所属クラブ)

○中津川委員 民主党の中津川博郷でございます。  塩川、竹中両大臣、今日の危機的状況にある経済、特にデフレ、不良債権に対する認識について、冒頭、お伺いしたいと思っております。  まず、デフレなんですが、デフレは、物価の下落による経済の悪循環というようなことなんですが、今、我が国で問題になっているのは、資産デフレですよ。特に土地、つまり地価下落の問題です。当然、株価の下落も含まれると思うんであります。実は、平成二年には約二千五百兆円あった地価総額、平成十二年には約一千五百兆円になったんですね。十年間で一千兆円下落しているわけです。これは暴落ですよ。  調べてみたんですが、小泉政権になってからは、……

第156回国会 財務金融委員会 第12号(2003/04/18、42期、民主党・無所属クラブ)

○中津川委員 民主党の中津川博郷でございます。  株価についていろいろお聞きしたいと思っておるんですが、実は、イラク戦争が長引けば日本の経済も影響を受けるだろう、ところが、短期に終われば、これは株価も上がって景気が回復する兆しになるんじゃないか、こんなような大方の考えであったわけです。  しかし、実際、三週間で終わった、短期で一応終息したというんですが、結局株価は低迷し続けています。きのうは七千八百二十一円九十銭ですね。きょうの午前の終値、先ほど調べてみましたら七千八百七十三円八十一銭ですか。しかも、二十数年ぶりに、十五日にはバブル後最安値を更新しているわけでありますが、こういう現象を、竹中大……

第156回国会 財務金融委員会 第13号(2003/05/07、42期、民主党・無所属クラブ)

○中津川委員 民主党の中津川博郷でございます。  私、今まで何度か当委員会あるいは経済産業委員会で経済の質問をさせていただくまず冒頭に、必ず株価の動向、それをいつも質問したんです。株価というのは、やはり政治家はもっともっと敏感にならなければいけないというふうに思っておるわけです。  私も、かつて経営者でありましたから、株をやりました。売ったり買ったりして、いいときもあったし悪いときもあった。私、びっくりしたんですが、政治家になって、政治家の皆さんはみんな株をやっているかと思ったら、そうでもない人が結構いるんです。実体経済を知るには、やはり株というものを一株でもいいから買って、株式新聞を見たりし……

第156回国会 財務金融委員会 第21号(2003/06/10、42期、民主党・無所属クラブ)

○中津川委員 民主党の中津川でございます。  きょうで質疑が五日になるんですね。いろいろ議論を拝見してまいりました。また午前中は、きょうは参考人の具体的なお話も聞けて、だんだんと見えてきているんですが、どうも何か雲をつかむような内容で、我々がはっきりしないわけでありますから、国民はますますわからないんじゃないだろうか、そんな思いで今まで参りました。  そこで、私は、今までの質問とダブるかもしれませんが、もう一度基本的、初歩的なことを質問させてもらいます。ですから、私に答えるのではなくて、国民に、おじさん、おばさんたちにわかるように、ひとつ明快にお答えをしていただきたいというふうに思います。  ……

第156回国会 財務金融委員会 第25号(2003/07/04、42期、民主党・無所属クラブ)

○中津川委員 民主党の中津川博郷でございます。  この委員会で質疑に立たせていただいて竹中さんと議論するとき、毎回毎回株価がどんどん下がっていく中で激しい議論をやってまいりましたが、上がりましたね。よかったですね。これは本当にいいことなんですよ。  なぜ上がらないのか、なぜ景気がよくならないのかということを今までやってきたわけでありますが、この上昇は一時的なムードであり一過性であるという悲観論がある一方、また楽観論もあります。景気は本当に底を打ったのか、株価は本当に底を打ったのか、簡潔に、竹中さん、ひとつ大臣の立場でお答えください。
【次の発言】 何か答えになってないですね。もうちょっと明確に……


43期(2003/11/09〜)

第158回国会 財務金融委員会 第3号(2004/01/14、43期、民主党・無所属クラブ)

○中津川委員 民主党の中津川博郷でございます。  今回は足利銀行問題に関する参考人招致ということで、前頭取と中央青山監査法人の理事長にお越しをいただきましてありがとうございます。お疲れだと思いますが、どうぞリラックスして、本音の心のうちを語ってもらいたいと思います。  私は栃木県選出ではありませんけれども、東京選出の、下町、江戸川なんですが、新年会を回りまして、東京の銀行大丈夫なのか、足銀どうなるんだ、日本の金融行政どうなるのかと、よく聞かれるんです。ですから、これは言ってみれば、栃木県だけの問題じゃなくて、日本の金融制度そのものの問題だというふうに私は認識しております。特に、この問題において……

第159回国会 経済産業委員会 第13号(2004/04/28、43期、民主党・無所属クラブ)

○中津川委員 民主党の中津川博郷でございます。  経済産業委員会でございますので、質疑に入る前に、きょうは実は、大臣、大変な記念日というかすごい日ということなんです。通告していなかったものですが、別に記念日といったってサラダ記念日じゃなくて、これは実は、昨年の本日、四月二十八日、バブル以降の株価が最安値、七千六百七円、そして東証一部の時価総額二百二十九兆円、もう株がゼロになっちゃうんじゃないかというような恐怖の日だったんですね。  きょう、あれから一年たったわけでありますが、昨日が一万二千四十四円、時価総額三百六十二兆円ということで、確かに経済のファンダメンタルズはよくなっているというような論……

第159回国会 財務金融委員会 第21号(2004/04/23、43期、民主党・無所属クラブ)

○中津川委員 民主党の中津川博郷でございます。  きょうは、財務金融委員会で質問の機会を与えていただきありがとうございます。久しぶりにこの委員会で竹中さんとまた質疑ができるということで、いろいろ、特にきょう質疑をしたいのは、銀行に対する法規制ということを中心に絞っていきたいと思うんですが。  その前に、最近は景気回復、あるいは地価上昇、物価上昇、企業の業績回復、株価上昇というようにいいニュースが新聞紙上躍っておりまして、これは大変結構なことだと思っております。思い返しますと、小泉政権になったとき、株価は日経平均一万四千五百円、そして七千円台まで下がりまして、今一万二千円ぐらいのところですか、あ……

第159回国会 財務金融委員会 第27号(2004/06/02、43期、民主党・無所属クラブ)

○中津川議員 お答えいたします。  確かに経済のファンダメンタルズはよくなっているという認識はありますが、しかし、国民の生活、意識、それから中小企業を取り巻く金融情勢も含めて、非常に厳しい、実体経済は大変だというふうに、私は地元を回って常々感じているところであります。  今、村越委員から話がありましたけれども、前回この法案は、経済産業委員会で私ども提案いたしました。思いのほか自民党の議員の方たちからも大変評価を受けたというふうに思っております。それから日にちも大分たってきておるわけでありますが、実際の中小企業の金融はむしろ悪くなっている。特に大手行、これは非常にふまじめで、貸出残高減少は極めて……

第159回国会 予算委員会 第3号(2004/01/27、43期、民主党・無所属クラブ)

○中津川委員 民主党の中津川博郷でございます。  予算委員会になりまして今回初めての質疑でありまして、今まで財務金融委員会あるいは経済産業委員会等でいろいろお尋ねしてきた問題を中心に、総理への質疑も含めていろいろさせていただきたいというふうに思っております。  そこで、まず我が国の金融行政に関して聞いていきたいと思っているんですが、竹中大臣とは今までも何度も激しい論争をしてまいりました。そこで、金融行政全般について伺う前に、その象徴的な事例としての足利銀行の問題、これを取り上げてみたいんですが、足銀の破綻、もうここ二カ月ほどさまざまな報道がされております。財務金融委員会でも閉会中審査を二度行い……

第159回国会 予算委員会 第10号(2004/02/16、43期、民主党・無所属クラブ)

○中津川委員 民主党の中津川でございます。  谷垣大臣、G7、大変御苦労さんでございました。テレビで見ておりましたら、割ににこにこしておりました。何か本当に成功したのかなと。そうであればよろしいわけでありますが、少し検証してみたいと思うんです。  G7の声明、相場の過度の変動や無秩序の動きは、経済成長には望ましくない、これは一般論ですね。その上で、為替相場のさらなる柔軟性が、不均衡の調整を進めるのに望ましい、これは前回のドバイの表現をそのまま踏襲しておりますね。  問題は、その対象となる国、つまり柔軟性を欠く主要な国・経済地域に限定するということをつけ加えているわけですが、まあ、これは中国が含……

第159回国会 予算委員会 第16号(2004/02/24、43期、民主党・無所属クラブ)

○中津川委員 民主党の中津川博郷でございます。  実は、昨年の十二月二十三日、田中均外務審議官が中国政府外交部の李外交部長と会談した際、日本は、一つの中国、この立場を堅持して、二つの中国や一台一中に反対すると発言しました。それを受けてというか、それを酌んでというか、ジョウノウチヒデヒサ中国課長が台湾当局へ申し入れ書を出すよう交流協会の台北事務所に指令を出して、二十九日に申し入れがなされたと、これは台湾で報道されています。  これは事実ですか、大臣。簡潔に、事実か事実でないか。
【次の発言】 大臣、これは閣議決定したんですか。
【次の発言】 またこれは後で質問しますけれども、総統府といったら、こ……

第161回国会 予算委員会 第3号(2004/10/19、43期、民主党・無所属クラブ)

○中津川委員 民主党の中津川博郷でございますが、冒頭ちょっとただいまの審議を聞いておりまして、南野大臣、しっかりしてくださいよ。この場に小泉総理がいない。これは、やはりこの現場を見てほしかった。任命責任は小泉総理にあるわけですから、これだけ委員会を混乱させて、私もしっかり質問を用意してきて、そして本当に庶民の暮らしの問題、南野大臣中心なんですよ。だけれども、質問して大丈夫かな、質問する価値があるかな、小泉総理は何で南野さんを任命したのかな、小泉総理、本当にやる気があるのか、私はそんなことを思いながら横におりました。  私の質問に入りたいと思うんですが、総理は所信表明でいいことを言っているんです……

第162回国会 財務金融委員会 第12号(2005/03/16、43期、民主党・無所属クラブ)

○中津川委員 民主党の中津川博郷でございます。  先般の予算委員会で、RCCそれからサービサーを取り上げまして、きょう、この大変貴重な時間をいただきまして、感謝を申し上げます。  時間が短いものですから、まず最初、二つ、具体的なことについてお聞きします。  RCCができてから現在まで、役員中に民間金融機関もしくは金融機関関連会社出身者は当然いるわけですね。その役員の名前と出身金融機関名とRCCの在職年月日をまず教えていただきたい。一点です。  もう一つは、これまでにRCCが金融再生法の五十三条で債権を買い取ってきた先のうち、健全行の買い取り額上位十行の銀行名とそれぞれの件数を教えていただきたい……

第162回国会 農林水産委員会 第3号(2005/03/15、43期、民主党・無所属クラブ)

○中津川委員 民主党の中津川博郷でございます。山田筆頭から、お前やれということで、急遽質問に立たせてもらうことになりました。  実は、先月二十二日、予算委員会でいろいろBSEの問題を取り上げました。先月四日に我が国において初めて発生しました変異型クロイツフェルト・ヤコブ病について、この男性がどこで感染したのかということを私も追及したのでありますが、当時出された記者発表資料によりますと、一九八九年ごろ、英国渡航歴一カ月間という情報が余りにもいいかげんじゃないかということを質疑しまして、パスポートや渡航歴や入管記録を調べたのかと言ったら、個人情報だから教えられないと、全くもってふまじめな答弁であり……

第162回国会 予算委員会 第6号(2005/02/04、43期、民主党・無所属クラブ)

○中津川委員 民主党の中津川博郷でございます。  質問をたくさん用意してきたんですが、どの程度時間内でできるかわかりませんが、一生懸命させてもらいたいと思います。  まず、李登輝台湾前総統の訪日についてでありますが、昨年の末そしてお正月と、日本に奥様と御家族とお孫さんで来られまして、大変、李登輝さん本人はもちろんですけれども、台湾と日本は同じ自由主義、民主主義を愛する国でありまして、多くの日本国民も喜んだと思うんです。そして総理も、中国からいろいろ圧力があったと聞いておりますが、断る理由はないと、快く政府がビザを発給したことに対しまして、私は、大変これは意義のある、また個人的にも感謝を申し上げ……

第162回国会 予算委員会 第13号(2005/02/16、43期、民主党・無所属クラブ)

○中津川委員 民主党の中津川博郷でございます。  きょうは、一時間十五分ということで、質問をたくさん用意してきております。中小企業政策、RCC、デフレ、銀行の提案融資による被害者が今大きな問題になっておりますが、そういうこととか、あるいは金融機関等による個人債務の取り立て、これも今ちょっと目に余るものがあるというような、経済、金融、中小企業を中心に質問をしたいと思っております。また、変異型クロイツフェルト・ヤコブ病、初めてこの間発表されまして、これも時間があったらやりたいと思っております。  その前に、実は、二月四日のこの予算委員会で、私の質疑で、とにかく政治の根幹は、国民の生命と財産、そして……

第162回国会 予算委員会 第17号(2005/02/22、43期、民主党・無所属クラブ)

○中津川委員 民主党の中津川博郷でございます。風邪を引きまして、ふだんの調子が出るかどうかわかりませんが、一生懸命元気よくやらせていただきたいと思います。よろしくお願いします。  きょうは、前回できませんでした変異型ヤコブ病、そしてBSEの問題、これを中心にやらせてもらいたいと思うんですが、その前に、まず冒頭、私、日曜日午前中、家にいるときはいつも「サンデープロジェクト」という十チャンネルの番組を見ておるんです。多分皆さん方も見ているんじゃないかと思うんですが、そこで非常に気になったというか不快な思いをいたしました。まずそのことを冒頭質問させていただきたいと思います。  今時代の寵児であります……


45期(2009/08/30〜)

第173回国会 外務委員会 第2号(2009/11/18、45期、民主党・無所属クラブ)

○中津川委員 民主党の中津川博郷でございます。  岡田外務大臣には、公務多忙の中、早朝より御出席いただき、ありがとうございます。大変しばらくぶりでございます。よろしくお願いいたします。  まず冒頭、国民的な課題、話題となっております沖縄県の米軍普天間飛行場の移設問題の質問に入りたいと思うんですが、その前に、沖縄の基地問題について歴史を振り返り、それから質問に入らせていただきたいと思っております。  そもそも、沖縄問題の発端というのは、一九九五年、在沖縄米海兵隊員による少女暴行事件ですね。実は、一九七二年の沖縄復帰以来、在日米軍基地の縮小がなかなか進まない、県民は日常的に事件、事故で本当に悩んで……

第174回国会 外務委員会 第15号(2010/05/19、45期、民主党・無所属クラブ)

○中津川委員 民主党の中津川博郷でございます。  四年間、国会を離れておりまして、その期間、いろいろなことが頭に浮かんできたわけでありますが、いつも脳裏によぎるのは、北方四島あるいは尖閣諸島、竹島、何でこれは日本の領土なのに、こんなに長い時間をかけて、この領土問題、解決の糸口すら見つからないのかなというふうに思っていたんですね。あともう一つは、横田めぐみちゃん、元気なのかな、拉致問題もマスコミでは取り上げられるけれども、何で解決できないのかな。私も拉致議連に入っておりましたものですから、そういうことが日々頭の中をよぎったわけであります。  特に、国会へ車で朝来るときに、国交省を通って、毎朝目に……

第177回国会 外務委員会 第14号(2011/07/27、45期、民主党・無所属クラブ)

○中津川委員 民主党の中津川博郷でございます。  きょうは、尖閣中国漁船衝突事件、思い起こしてもいまいましい事件でございますが、それをメーンに質問をさせていただきたいと思いますが、その前に、私がもう四十年間取り組んでおります台湾問題について質疑をさせていただきます。  実は、東日本大震災が起きまして、海外から本当に多くの救助隊員のほか、多大な義援金が日本に送られてきている。  そこで、台湾なんですが、この台湾、実は義援金百九十億今来ているんですよ。委員の皆さん御存じでしょうか。実は、これは結構国会議員でも知らない人が多くて、ほとんどマスコミでは発表されておりません。ちなみに、アメリカもそのくら……

第178回国会 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 第1号(2011/09/13、45期、民主党・無所属クラブ)【議会役職】

○中津川委員長 この際、一言ごあいさつを申し上げます。  ただいま委員各位の御推挙によりまして、委員長の重責を担うことになりました。  北朝鮮による日本人拉致問題は、我が国民の生命及び安全にかかわるものであります。極めて重大な問題でありますが、残念ながら、まだ全面的な解決に至っておりません。この問題の一日も早い最終的な解決に向けて最大限の努力を払うことは国の責務であり、かつ当委員会に課せられた使命でもあります。実績を出したいと思います。  委員各位の御支援と御協力を賜りまして、公正かつ円満な委員会運営に努めてまいりたいと存じますので、何とぞよろしくお願いいたします。(拍手)

第178回国会 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 第2号(2011/09/30、45期、民主党・無所属クラブ)【議会役職】

○中津川委員長 これより会議を開きます。  閉会中審査に関する件についてお諮りいたします。  北朝鮮による拉致問題等に関する件について、議長に対し、閉会中審査の申し出をいたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。  次に、閉会中審査案件が付託になりました場合の諸件についてお諮りいたします。  まず、閉会中、委員派遣を行う必要が生じました場合には、議長に対し、委員派遣承認申請を行うこととし、派遣委員、派遣期間、派遣地等所要の手続につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。

第179回国会 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 第1号(2011/10/20、45期、民主党・無所属クラブ)【議会役職】

○中津川委員長 この際、一言ごあいさつを申し上げます。  ただいま委員各位の御推挙によりまして、引き続き委員長の重責を担うことになりました。  委員各位の御支援と御協力を賜りまして、公正かつ円満な委員会運営に努めてまいる所存でございます。  何とぞよろしくお願いいたします。
【次の発言】 これより理事の互選を行います。
【次の発言】 ただいまの江藤拓君の動議に御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、委員長は、理事に       黒岩 宇洋君    後藤 祐一君       柴橋 正直君    谷田川 元君       山花 郁夫君    江藤  拓君       古屋……

第179回国会 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 第2号(2011/10/21、45期、民主党・無所属クラブ)【議会役職】

○中津川委員長 これより会議を開きます。  この際、山岡国家公安委員会委員長・拉致問題担当大臣及び玄葉外務大臣から、それぞれ発言を求められておりますので、順次これを許します。山岡国家公安委員会委員長・拉致問題担当大臣。
【次の発言】 次に、玄葉外務大臣。
【次の発言】 次回は、来る二十四日月曜日午後二時五十分理事会、午後三時委員会を開会することとし、本日は、これにて散会いたします。     午後三時三十八分散会

第179回国会 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 第3号(2011/10/24、45期、民主党・無所属クラブ)【議会役職】

○中津川委員長 これより会議を開きます。  北朝鮮による拉致問題等に関する件について調査を進めます。  この際、お諮りいたします。  本件調査のため、本日、政府参考人として法務省入国管理局長高宅茂君及び公安調査庁調査第二部長坂井隆君の出席を求め、説明を聴取いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
【次の発言】 質疑の申し出がありますので、順次これを許します。長尾敬君。
【次の発言】 次に、柴橋正直君。
【次の発言】 次に、竹本直一君。
【次の発言】 次に、古屋圭司君。

第179回国会 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 第4号(2011/11/28、45期、民主党・無所属クラブ)【議会役職】

○中津川委員長 これより会議を開きます。  北朝鮮による拉致問題等に関する件について調査を進めます。  この際、お諮りいたします。  本件調査のため、本日、政府参考人として内閣官房拉致問題対策本部事務局内閣審議官三谷秀史君、外務省大臣官房広報文化交流部長村田直樹君及び外務省領事局長沼田幹男君の出席を求め、説明を聴取いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
【次の発言】 質疑の申し出がありますので、順次これを許します。谷田川元君。
【次の発言】 質問に明快に答えてください。

第179回国会 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 第5号(2011/12/09、45期、民主党・無所属クラブ)【議会役職】

○中津川委員長 これより会議を開きます。  この際、御報告いたします。  お手元に配付いたしておりますとおり、今会期中、本委員会に参考送付されました地方自治法第九十九条の規定に基づく意見書は、北朝鮮による日本人拉致問題の早期解決を求める意見書外十一件であります。
【次の発言】 次に、閉会中審査に関する件についてお諮りいたします。  北朝鮮による拉致問題等に関する件について、議長に対し、閉会中審査の申し出をいたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。  次に、閉会中審査案件が付託になりました場合の諸件についてお諮りいたします。 ……

第180回国会 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 第1号(2012/01/24、45期、民主党・無所属クラブ)【議会役職】

○中津川委員長 この際、一言御挨拶を申し上げます。  ただいま委員各位の御推挙によりまして、引き続き委員長の重責を担うことになりました。  委員各位の御支援と御協力を賜りまして、公正かつ円満な委員会運営に努めてまいる所存でございます。  何とぞよろしくお願い申し上げます。(拍手)
【次の発言】 これより理事の互選を行います。
【次の発言】 ただいまの江藤拓君の動議に御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、委員長は、理事に       黒岩 宇洋君    後藤 祐一君       柴橋 正直君    谷田川 元君       山花 郁夫君    江藤  拓君      ……

第180回国会 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 第2号(2012/03/09、45期、民主党・無所属クラブ)【議会役職】

○中津川委員長 これより会議を開きます。  北朝鮮による拉致問題等に関する件について調査を進めます。  この際、松原国家公安委員会委員長・拉致問題担当大臣から所信を聴取いたします。松原国家公安委員会委員長・拉致問題担当大臣。
【次の発言】 以上で大臣の所信表明は終わりました。  次回は、公報をもってお知らせすることとし、本日は、これにて散会いたします。     午後零時二十四分散会

第180回国会 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 第3号(2012/05/29、45期、民主党・無所属クラブ)【議会役職】

○中津川委員長 これより会議を開きます。  この際、参考人出頭要求に関する件についてお諮りいたします。  北朝鮮による拉致問題等に関する件の調査のため、来る六月一日金曜日午前九時三十分、参考人として北朝鮮による拉致被害者家族連絡会代表飯塚繁雄君、北朝鮮による拉致被害者家族連絡会事務局長増元照明君、北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会会長西岡力君、特定失踪者問題調査会代表荒木和博君、福井県立大学教授・北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会副会長島田洋一君及び特定失踪者拉致認定訴訟原告代表竹下珠路君の出席を求め、意見を聴取いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。

第180回国会 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 第4号(2012/06/01、45期、民主党・無所属クラブ)【議会役職】

○中津川委員長 これより会議を開きます。  北朝鮮による拉致問題等に関する件について調査を進めます。  この際、お諮りいたします。  本件調査のため、本日、政府参考人として内閣官房拉致問題対策本部事務局内閣審議官木村茂樹君、警察庁警備局長西村泰彦君、法務省入国管理局長高宅茂君、外務省大臣官房参事官新美潤君、財務省大臣官房審議官高岡正人君、財務省関税局長柴生田敦夫君及び文部科学省大臣官房審議官尾崎春樹君の出席を求め、説明を聴取いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。


各種会議発言一覧(衆議院)

 各種会議での発言記録なし。

※このページのデータは国会会議録検索システムで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2022/05/16

中津川博郷[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計/発言一覧 | 質問主意書



当サイト運営者の新刊のお知らせ
菅原琢『データ分析読解の技術』(中公新書ラクレ756)

【内容紹介】「データ分析ブーム」がもたらしたのは、怪しい“分析らしきもの”と、それに基づいた誤解や偏見……。本書では、「問題」「解説」を通して、データ分析の失敗例を紹介しながら、データを正しく読み解くための実践的な視点や方法、また、思考に役立つ基礎的な知識やコツを紹介していく。誤った分析をしないため、騙されないための、基本的・実践的な読解と思考の方法とは――。