国会議員白書トップ衆議院議員西銘恒三郎>委員会発言一覧(全期間)

西銘恒三郎 衆議院議員
「委員会発言一覧」(全期間)

西銘恒三郎[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計/発言一覧 | 質問主意書


このページでは西銘恒三郎衆議院議員の委員会および各種会議の発言の冒頭部分と国会会議録検索システムの該当ページへのリンクをまとめています。
 西銘恒三郎 衆議院議員「委員会統計」(全期間)には委員会および各種会議の活動状況の集計結果を示しています。


委員会発言一覧(衆議院)

43期(2003/11/09〜)

第159回国会 外務委員会 第2号(2004/02/27、43期、自由民主党)

○西銘委員 自由民主党の西銘恒三郎でございます。  冒頭、北京で開催されております六カ国協議は、まだ続いておりますでしょうか。予断を許さないというけさの外務大臣の報告もありましたけれども、今現在まだ続いておりますでしょうか、お伺いをしたいと思います。
【次の発言】 外務大臣、本日中には、この六カ国協議の共同声明というんでしょうか、文案を取りまとめて発表されるであろうというふうに想定してよろしいでしょうか。
【次の発言】 こういう国家レベルの協議というものが、全く予断を許さない形で、いつ終わるかもわからない、ひょっとするとあしたまで延びるかもしれないというのは、通常のこういう協議のあり方としては……

第159回国会 外務委員会 第10号(2004/03/31、43期、自由民主党)

○西銘委員 尖閣諸島の問題で質疑を行いたいと思います。  まず、周辺の状況、北東アジアの状況を眺めてみますと、ロシアの方では大統領選挙が終わりました。そして、朝鮮半島、六カ国協議に見られますように、朝鮮半島の非核化の問題、あるいは我が国との拉致問題の問題等を抱えております。お隣の韓国の方では大統領の弾劾裁判が行われておる。ちょっと南の方へ行きまして、台湾の方では、総統選挙が行われまして、その結果をめぐって国民世論を二分するような状況がある。また、我が国は今イラクへの自衛隊の派遣、また在日米軍もイラクへのかかわり、こういう事実関係がある中で、どう判断するかは別にして、そういう事実関係の中で尖閣諸……

第159回国会 経済産業委員会 第17号(2004/05/28、43期、自由民主党)

○西銘委員 自由民主党の西銘恒三郎でございます。  まず、私は、二十世紀の後半の十年、そして、二十一世紀の前半の十年といいますか、この時期が世界の歴史の中でも非常に大きな転換期ではないかなと見ております。そういう中で、我が国の産業社会あるいは企業社会をどういう方向に持っていくのか、そういう視点から質疑を始めてみたいと思います。  まず初めに、ヨーロッパの方で、EUの方で二十五カ国が統合していく。私の感覚からしますと、経済が国境を越えていくことはいいんですけれども、今やEU二十五カ国で、国境を越えるといいますか、基本法の議論まで出てきている、こういう大きな経済圏が一つのヨーロッパの地域の中にでき……

第160回国会 外務委員会 第1号(2004/08/04、43期、自由民主党)

○西銘委員 自由民主党の西銘恒三郎でございます。  私は、ことしの五月の連休に、我が党の政調会長のお供をしましてワシントンを訪問する機会がありました。そこでラムズフェルド国防長官との会議の場に直接参加をさせていただきました。そこで我が党の政調会長からは、いわゆるトランスフォーメーションについて国防長官に質問がされました。ラムズフェルド国防長官は沖縄の普天間基地も上空から視察をしておりますし、また、県知事との会談で、私はテレビを見ておったのですが、親しく会談をする中で、国防長官が帰ろうとするときに、県知事が、県民の過重な米軍基地の負担に対する思いを伝えるような形で、引きとめるような形で、ちょっと……

第161回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第1号(2004/10/12、43期、自由民主党)

○西銘委員 動議を提出いたします。  委員長の互選は、投票によらないで、荒井聰君を委員長に推薦いたします。
【次の発言】 動議を提出いたします。  理事は、その数を八名とし、委員長において指名されることを望みます。

第161回国会 外務委員会 第2号(2004/11/01、43期、自由民主党)

○西銘委員 冒頭、政府の懸命な努力にもかかわりませず、無辜の民の香田さんが殺害されましたこと、テロリストに対して強い憤りを覚えると同時に、御家族の皆様には心からお悔やみを申し上げたいと思います。  さて、私は、ことし一月、台湾の台北で行われました世界の国会議員の集い、そして五月には、政調会長のお供をしまして、米国ワシントン、国務省、国防省の高官との話し合いの場面、また九月には再び、単身、国務省、国防省の実務者との意見交換等々を行う機会がございました。その辺のところを基礎にしまして、大臣に質疑をしてみたいと思います。  二十一世紀の国際安全保障環境が大きく変わる中で、私は、日米関係は極めて重要な……

第161回国会 経済産業委員会 第2号(2004/10/27、43期、自由民主党)

○西銘委員 おはようございます。自由民主党の西銘恒三郎でございます。  きょうは、エネルギーの安定供給確保という視点で一般質疑を行いたいと思います。  東シナ海中間線、春暁のガス田の開発につきましては、中川大臣がわかりやすくテレビでお話をしておりますように、春暁ガス田の鉱床が中間線の日本海側、我が国の資源の方まで広がっているんじゃないかという疑義が当初からございました。去る十月二十五日、日中の初めての局長級の会議が行われましたけれども、報道等によりますと、外務大臣の話し合い、ハノイでの会議で、中国側からこの協議が持ち出されたと聞いております。  冒頭、第一点、去る十月の二十五日に日中間で初めて……

第161回国会 経済産業委員会 第8号(2004/11/19、43期、自由民主党)

○西銘委員 おはようございます。自由民主党の西銘恒三郎です。  私は、社会全体、世の中といいますか、これを理解しようというときに、経済の本に最初に出てきますけれども、政府があって、企業があって、家計がある、こういう構造の中で世の中をなるべく現実に即して理解しようと努めておりますが、最近は、家計のところを消費者というふうに置きかえて、政府も企業も消費者の側面がありますから、そういうふうに社会、世の中を理解しようと努めております。  きょうは独禁法改正の質疑を行いますけれども、独禁法が改正される過程で我が国の経済社会の構造がどのようにして変わってきたのかな、その辺の変遷のところから政府の方に質問を……

第162回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第1号(2005/01/21、43期、自由民主党)

○西銘委員 動議を提出いたします。  委員長の互選は、投票によらないで、荒井聰君を委員長に推薦いたします。
【次の発言】 動議を提出いたします。  理事は、その数を八名とし、委員長において指名されることを望みます。

第162回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第3号(2005/02/23、43期、自由民主党)

○西銘委員 自由民主党の西銘恒三郎でございます。  沖縄担当大臣小池大臣に新石垣空港についてお伺いをしたいと思います。  大臣の所信にも述べられておりますように、昭和四十七年の復帰以来、我が沖縄県は、社会資本の整備を中心に、着実に沖縄振興の成果を上げてきております。復帰以来、人口も毎年一万人以上ふえて、現在では百三十五万人を超えるところまできております。  今回は、特に、平成十七年度予算の中で新石垣空港の建設について新規の採択をされたこと、これは本当に県民の大きな喜びでございます。祖国復帰時の屋良朝苗沖縄県知事、あるいは二代目の平良幸市沖縄県知事、そして西銘順治県知事、大田昌秀県知事、現在の稲……

第162回国会 外務委員会 第6号(2005/04/22、43期、自由民主党)

○西銘委員 自由民主党の西銘恒三郎でございます。  今般の町村外務大臣の訪中について質疑をしたいと思います。  去る四月の十七日、外務大臣の訪中、今般の日中外相会談は、双方が極めて重要だという認識では一致しておるものの、お互いに国益を背負っての主張、私は報道を見ておりまして、双方の主張が平行線をたどったのかなという印象を受けました。  まず、今般の反日デモの状況等、いろいろな視点がありますけれども、事態が起こってしまった、まず現象としての被害の側面から私は質疑を始めたいと思います。  御案内のように、予想以上に中国における反日デモが拡大をしております。在外公館、北京の大使館や上海の総領事館の具……

第162回国会 外務委員会 第9号(2005/06/03、43期、自由民主党)

○西銘委員 自由民主党の西銘恒三郎でございます。  きょうは、議題となっております西部及び中部太平洋における高度回遊性魚類資源の保存及び管理に関する条約の締結について質疑をしたいと思います。  冒頭、私ごとではございますけれども、私の祖父が、戦前、南洋のパラオ地域でカツオをとって、かつおぶし工場をつくって南洋から我が国にカツオを送って、それで私のおやじなどが旧制の中学から高校と教育を積んだ、そういう御縁がありまして、きょうこの中西部の太平洋地域におけるマグロ関係の質疑ができることを何かの因縁かなと、急に出番が回ってきましたけれども、うれしく思っておりますので、質疑を展開してみたいと思います。 ……

第162回国会 経済産業委員会 第5号(2005/03/15、43期、自由民主党)

○西銘委員 自由民主党の西銘恒三郎でございます。  今から二十五年ばかり前、社会人としての第一歩を踏み出した私は、政府系の金融機関で、当時は三百万から五百万が中心でありましたが、生業の資金の貸し付けを経験することができました。右も左もわからない社会人の一年生が、中小企業というよりは個人企業、零細企業、本当に世の中には数多くの職業があってそれぞれに生業をしているんだなという実感を持ちながら、貸し付けを先輩から教わりながらやった経験がございます。  当時私の先輩が教えてくれたことは、金融、お金を貸す心が大事だ、まず最初に貸す心ありきだよという指導を受けまして、先輩の指導を受けながら一生懸命貸し付け……

第162回国会 経済産業委員会 第11号(2005/04/15、43期、自由民主党)

○西銘委員 自由民主党の西銘恒三郎でございます。  私は、去る四月の六日、経済産業委員会として、美浜発電所三号機の事故現場を訪問、視察いたしました。事故現場建屋の二階に上がり、事故で亡くなられた方への献花と黙祷をささげながら、被災者の痛みや苦しみ、また、その御家族や関係者の悲しみに思いをはせながらの現場視察でございました。  ここで、改めて、五名の方々の御冥福をお祈りするとともに、現在治療中の方々の一日も早い御回復を心より願う次第でございます。  さて、今般の美浜発電所三号機の事故でありますが、十一名もの死傷者を出すという大変痛ましいものであり、我が国の原子力政策にとりましても大きな打撃を与え……

第162回国会 経済産業委員会 第22号(2005/08/02、43期、自由民主党)

○西銘委員 自由民主党の西銘恒三郎と申します。  本日は、参考人の先生方、お忙しいところ本当にありがとうございます。  私の選挙区、地元は、全国最南端、沖縄というところで、原子力というものに関してはなかなか縁のないところであります。どちらかといいますと、日米安保条約の根幹の米軍基地が、専用施設七五%ありまして、地元の地方議会でも、米軍基地の関連の問題ばっかり県議会で取り上げているというような状況すらあるところであります。  ですけれども、私は今般、参考資料等を読みながら、青森県の政治家の方々の思い等々を察するに、同じ安全保障という視点では、参考書類を読みながら、似たような状況にあるのかなという……

第162回国会 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 第4号(2005/07/28、43期、自由民主党)

○西銘委員 自由民主党の西銘恒三郎と申します。  冒頭、西岡参考人そして安参考人、まず、西岡参考人がこれまで救う会に長い間精力的にかかわってこられましたこと、本当に心から敬意を表したいと思います。  安参考人につきましては、これまでの生い立ちから、あるいは北朝鮮での経験、さらには、北朝鮮から韓国に亡命をして、勇気ある心の決断をして、今こういう参考人の立場でみずから経験されたことをお話しする。私が想像するに、私も人生五十年生きておりますけれども、本当に命がけで決断をしたといいますか、命がけで物事に取り組んでくるという意味では、安参考人の人生経験に足元にも及ばないのではないかな。そういう意味では、……


44期(2005/09/11〜)

第163回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第4号(2005/11/30、44期、自由民主党)

○西銘委員 自由民主党の西銘恒三郎でございます。  沖縄県の建設業の許可業者は全国で三十六位、就業者数は七万人を超えておりまして、他産業に比べて突出をしており、高い比率を示しております。また、建設業の生産額が県内総生産に占める割合は、北海道、島根県、青森県、高知県に次いで全国第五位の地位であります。県内の経済活動に占める建設業の割合が高いという全国の地方の県に見られる構図になっております。公共事業が以前のようにふえる可能性が見えない中で、建設業を取り巻く現状は極めて厳しい状況にあります。  さて、沖縄振興計画は政府が策定したものであります。その中に次の一文があります。すなわち、「地元中小・中堅……

第164回国会 安全保障委員会 第5号(2006/04/18、44期、自由民主党)

○西銘委員 自由民主党の西銘恒三郎でございます。  本日は、質問の機会を与えていただきました委員長初め理事の先生方の皆さん並びに委員の皆様に感謝を申し上げたいと思います。  それでは、早速質疑を始めたいと思います。  米軍再編は、地球規模で、アメリカの意向で、常に効率的にと申しますか、いろいろな書物等を読みますと、大きな意味では米国自身の予算の制約もあり、あるいは科学技術の進歩等もあり、地球規模で米軍の再編が行われている。  ヨーロッパ地域と違って、私どもの北東アジア地域は、朝鮮半島に予測がしがたい北朝鮮という国があり、あるいは最近は、二十一世紀の台頭、インド、中国があるわけでありますが、これ……

第164回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第3号(2006/03/29、44期、自由民主党)

○西銘委員 自由民主党の西銘恒三郎でございます。一般質疑を行います。  沖縄の米軍基地は、戦後六十年間、基本的には変わることなく続いているというのが率直な県民の意識であります。この戦後六十年間に、中国大陸では国民党、共産党の内戦、あるいは朝鮮戦争、ベトナム戦争、湾岸戦争、アフガン戦争、そしてイラク戦争と続いてきておりますが、我が国が武力紛争に巻き込まれたことはありません。  私は県議会時代のことを思い起こすのでありますが、一九八九年、当時の米国のジョージア州選出の上院議員、軍事委員長を務めておりましたサム・ナン氏が、ヨーロッパにおける米軍の駐留は地上軍よりも空軍を主体にすべきであると主張をして……

第164回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第6号(2006/08/29、44期、自由民主党)

○西銘委員 自由民主党の西銘恒三郎でございます。  冒頭、去る八月十六日、ロシア国境警備隊に銃撃され、お亡くなりになられた盛田光広さんの御冥福をお祈りするとともに、御遺族の皆様には心よりお見舞いを申し上げます。  この件に関しましては、我が党の石崎委員が質疑を行います。  さて、北方の海域同様に、国境の南方の海域でも同様の問題が生じております。ことしの一月、我が国最西端与那国漁協所属の漁師が、台湾との中間線付近の海域で台湾の警備隊に事情聴取を受けております。この事件の詳細について、二点ばかりお伺いしたいと思います。  この漁船が台湾側に発見された地点及び停船の命令を受けて乗船検査を受けた地点、……

第164回国会 国土交通委員会 第5号(2006/03/10、44期、自由民主党)

○西銘委員 自由民主党の西銘恒三郎でございます。  鉄道、航空、海運、自動車、それらの事業を取り巻く社会全般でグローバリゼーションという言葉がはやっております。こういう外部環境のもとで、原油の高騰や、あるいは規制緩和による競争の激化など、それぞれの事業者が、グループ企業を含めて大変厳しい状況下に置かれているものと認識をいたします。  私は、経済産業委員会で関西電力の事故現場を視察する機会に恵まれましたけれども、この最終調査報告書の中で、調査委員長は安全文化のほころびという表現を使っておりました。電力の事故ではあったのでありますけれども、今の世の中、どういう事業をする方でも、一番何よりも優先すべ……

第164回国会 予算委員会 第8号(2006/02/09、44期、自由民主党)

○西銘委員 おはようございます。自由民主党の西銘恒三郎でございます。  本日は、安全保障をテーマに一般質疑を行いたいと思います。  我が国の最西端に与那国島がございます。台湾から百十キロ、お隣の石垣島までは百二十キロ、東京からは約二千キロ離れた小さな島でございます。人口は一千七百名おりますけれども、そこの島の町長さんから、外務委員会で視察に行くたびに、我が与那国島の東側には防空識別圏がかかっている、我が国は祖国復帰をして独立をしたけれども、この島の上に防空識別圏があるということはおかしいではないかということを私たちは再三言われておりました。そこで、町長さんも一緒に、前の防衛庁長官、大野長官にも……

第165回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第4号(2006/12/12、44期、自由民主党)

○西銘委員 自由民主党の西銘恒三郎でございます。  きょうは、バイオエタノール混合ガソリンの導入についてお伺いをしたいと思います。  先般、共同通信の配信で、このバイオエタノールの普及について、各省庁、現場でどうも足並みが乱れておるというような報道があったものですから、地元の宮古島、伊江島を中心に質疑を展開したいと思います。  まず、安倍総理大臣は、九月二十九日の所信表明演説の中で次のように述べております。二〇〇八年から始まる京都議定書の約束を実行するため、目標達成計画を着実に推進していく、そして身近なことから始めていくということでありますが、「自動車燃料にバイオエタノールを利用するなど、バイ……

第165回国会 国土交通委員会 第6号(2006/11/29、44期、自由民主党)【議会役職】

○西銘委員長代理 穀田恵二君。

第165回国会 国土交通委員会 第7号(2006/12/05、44期、自由民主党)【議会役職】

○西銘委員長代理 もう一点、実例の答弁はいいですか。
【次の発言】 二点目、確認してください。
【次の発言】 長安豊君。

第165回国会 国土交通委員会 第8号(2006/12/06、44期、自由民主党)【議会役職】

○西銘委員長代理 三日月大造君。

第166回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第3号(2007/03/28、44期、自由民主党)

○西銘委員 自由民主党の西銘恒三郎でございます。  普天間飛行場移設の原点は、市街地のど真ん中に位置するこの施設の危険性の除去であります。沖縄県知事も名護市長も、苦渋の決断をし、移設を実現し、一日も早く危険性を除去したいと考えております。名護市長は、将来の長きにわたって代替施設と向き合う地元住民の声として、騒音を軽減するために可能な限り海側に寄せてほしいという切実な要望をしております。一方、名護市議会も同様に、海側に出してほしいという決議をしております。市長と市議会の要望は、いわゆる基本合意書や基本確認書と決して対立するものではないと私は考えております。  そこで、麻生外務大臣にお伺いいたしま……

第166回国会 国土交通委員会 第3号(2007/03/13、44期、自由民主党)

○西銘委員 自由民主党の西銘恒三郎でございます。  続きまして、官製談合に関しまして質問をしたいと思います。  先般、三月八日に、国土交通大臣がコメントを発表しております。入札契約制度の改革の先頭に立ってきた国土交通省が国の機関として初めて改善措置要求の対象になったことは、極めて遺憾であり、まことにざんきにたえませんというコメントを発表しております。  発注者がいて受注者がいて、私は、発注者は極めて強い立場にあるものと思いますが、こういう中で、国の機関として初めて改善措置要求の対象になったのが国土交通省であったということは、何か非常に象徴的な感じがしてなりません。  国土交通省は、この改善措置……

第166回国会 国土交通委員会 第7号(2007/03/23、44期、自由民主党)【議会役職】

○西銘委員長代理 糸川正晃君。

第166回国会 国土交通委員会 第8号(2007/03/27、44期、自由民主党)【議会役職】

○西銘委員長代理 泉健太君。

第166回国会 国土交通委員会 第9号(2007/03/28、44期、自由民主党)【議会役職】

○西銘委員長代理 高木陽介君。

第166回国会 国土交通委員会 第14号(2007/04/25、44期、自由民主党)【議会役職】

○西銘委員長代理 三日月大造君。

第166回国会 国土交通委員会 第15号(2007/05/08、44期、自由民主党)【議会役職】

○西銘委員長代理 伊藤渉君。

第166回国会 国土交通委員会 第18号(2007/05/15、44期、自由民主党)

○西銘委員 自由民主党の西銘恒三郎でございます。  測量法の一部を改正する法律案について質疑をいたします。  まず、プレートの移動ということがあります。プレートの移動によりまして、ハワイ諸島が我が国に近づいているという話をよく耳にいたしますが、測量法の観点から見た場合、この現状はどうなっているのか、国土地理院長にお伺いをいたします。
【次の発言】 年間に六センチずつ近づいてくるということが、測量法、今の最新の技術でも判明したというふうに理解をしますと、何年先かわかりませんけれども、将来はハワイ諸島が我が国の国土にくっつくというようなことも起こり得ると考えていいんでしょうか。余り考えたくないんで……

第166回国会 国土交通委員会 第22号(2007/05/23、44期、自由民主党)【議会役職】

○西銘委員長代理 穀田恵二君。

第166回国会 国土交通委員会 第24号(2007/06/08、44期、自由民主党)【議会役職】

○西銘委員長代理 三日月大造君。

第166回国会 国土交通委員会 第25号(2007/06/13、44期、自由民主党)【議会役職】

○西銘委員長代理 田島一成君。

第168回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第3号(2007/11/15、44期、自由民主党)

○西銘委員 自由民主党の西銘恒三郎でございます。  冒頭、仲村先生の戦争を体験されたお話、集団自決等々について、検定問題について所見を述べたいと思います。  私もこの県民大会のうねりを見ながら、この県民大会は非常に粛々と行われる中で、その場に集まっている頭数というよりも、恐らく百三十八万県民、宮古、八重山地域でも大会が行われておりますし、県民の感情、思いとしては、全県民の思いであったろうという受けとめ方をしております。歴史の事実をゆがめてはいけないという一点でございます。  非常に例えは適切ではないかもしれませんが、理解の仕方としては理解しやすいのかなという意味で、少し例えてみますと、広島や長……

第168回国会 国際テロリズムの防止及び我が国の協力支援活動並びにイラク人道復興支援活動等に関する特別委員会 第6号(2007/10/31、44期、自由民主党)

○西銘委員 自由民主党の西銘恒三郎でございます。  先般、地元で、七名から十名ぐらいの懇談会の場で、このインド洋における海上自衛隊の活動、新しいテロ対策新法が必要だというお話をいたしましたところ、こういう話よりももっと年金の話をしろとか、あるいは地域振興の話をしろとか、そういう話題で、どちらかといいますと、このテロ対策新法が国民の目線ではなかなか理解しにくいのかなという現場での体験をしてまいりました。  それで今般、原点に返りまして、福田総理の言葉をかりますれば国民の目線で、今回のテロ対策新法がなぜ必要なのかという点で、わかりやすく御答弁をいただきたいと思います。  ISAFとかOEF・MIO……

第168回国会 国際テロリズムの防止及び我が国の協力支援活動並びにイラク人道復興支援活動等に関する特別委員会 第10号(2007/11/07、44期、自由民主党)

○西銘委員 自由民主党の西銘恒三郎でございます。  先日行われました党首会談、この党首会談は、テロ対策新法を何としても成立させたいという総理の国益に対する強い思いで実現したものと推察いたします。しかし、国民の目線では、唐突だったとの印象もまた禁じ得ません。  ねじれ国会というこの現実を踏まえて、党首会談に至った総理の思い、御所見を、国民にわかりやすく御説明をしていただきたいと思います。
【次の発言】 総理、国民の生活のためになるならば、今後ともこの党首会談を呼びかける御意思はありますか。
【次の発言】 党首会談の後の報道もいろいろありますけれども、自衛隊の海外派遣のための恒久法について政策協議……

第169回国会 国土交通委員会 第3号(2008/02/22、44期、自由民主党)

○西銘委員 自民党の西銘恒三郎でございます。  お手元の資料をごらんになっていただきたいのでありますが、全国、北海道から沖縄県まで、ガソリン税が二十五円安くなった場合の影響ということで、ちょうど表の真ん中あたりに赤い数字で手書きで書いてある金額、この欄は、Bの欄とCの欄を加えた金額、すなわち暫定税率が下がった場合の歳入不足と臨時交付金を加えた金額をこの資料の真ん中の方に記入しております。御参考になりながら、質疑をしていきたいと思います。  ガソリン税がリッター当たり二十五円安くなった場合、私の地元沖縄県の歳入不足は、資料の一番下の欄、七十五億円になります。一方で、沖縄県全体の道路事業は、一年間……

第169回国会 国土交通委員会 第5号(2008/02/27、44期、自由民主党)【議会役職】

○西銘委員長代理 なるべく簡潔にお願いします。時間が終了しています。
【次の発言】 質疑時間が終了していますので、簡潔にお願いします。
【次の発言】 次に、高木陽介君。

第169回国会 国土交通委員会 第11号(2008/04/15、44期、自由民主党)【議会役職】

○西銘委員長代理 次に、川内博史君。

第169回国会 国土交通委員会 第13号(2008/04/18、44期、自由民主党)【議会役職】

○西銘委員長代理 次に、逢坂誠二君。

第169回国会 国土交通委員会 第18号(2008/05/23、44期、自由民主党)【議会役職】

○西銘委員長代理 大きい声でお願いします。
【次の発言】 持ち時間が経過していますので、簡潔に。
【次の発言】 次に、長安豊君。

第169回国会 国土交通委員会 第19号(2008/05/27、44期、自由民主党)【議会役職】

○西銘委員長代理 次に、後藤斎君。

第169回国会 予算委員会 第10号(2008/02/18、44期、自由民主党)

○西銘委員 自由民主党の西銘恒三郎でございます。  一九九五年の少女暴行事件から十三年、またも女子中学生暴行事件が起きてしまいました。  外務大臣に伺います。  凶悪犯罪を厳然と防ぐためのより強力な再発防止策はいかなる方法が考えられますか。法務大臣や弁護士と、大臣御自身の人生経験すべてを出し尽くして考えてください。  例えば、外務大臣、防衛大臣が呼びかけて、年に一回、在日米軍のトップや全国の米軍基地の主要な基地司令官、さらには自衛隊の幹部も集めてトップ会談を開き、日米同盟の基盤とも言える地域住民とのかかわりについて意見交換をするなり、犯罪防止に努めてみてはいかがですか。ありとあらゆる方策を検討……

第169回国会 予算委員会 第15号(2008/02/28、44期、自由民主党)

○西銘委員 第四分科会について御報告申し上げます。  本分科会は、文部科学省所管について二日間審査を行いました。  詳細につきましては会議録に譲ることといたしますが、その主な質疑事項は、日本人学校における現地社会との交流、開発・震災からの文化財の保護、学校施設の安全確保、全国学力調査の活用、改正教育基本法と学習指導要領改訂案、教育委員会のあり方、読解力と読書の関係、私立学校と国公立学校における国庫負担、文部科学省所管の公益法人の監督等々であります。  以上、御報告申し上げます。

第169回国会 予算委員会 第16号(2008/02/29、44期、自由民主党)

○西銘委員 自由民主党の西銘恒三郎でございます。  ここに一冊の本がございます。これそのものはコピーですけれども、琉球政府、沖縄県庁の前でありますが、琉球政府並びに沖縄県庁のある先輩が退職をしたときに、この本を出版しております。三百八十ページ余りでありますが、前書きには、「敗戦から復興へ、祖国復帰から今日の平和社会への変遷を思うに、その裏側にはそれは極限の忍耐で耐え、しいたげられた先人たちのギリギリに生きるための命を賭けた戦いがあったことを私どもは、心のどこかにか銘記しなければならず、それはありったけの平和を享受してやまない私どもの使命ともしたいものである。」。  この先輩は、平成十一年の四月……

第170回国会 国土交通委員会 第1号(2008/11/11、44期、自由民主党)【政府役職】

○西銘大臣政務官 国土交通大臣政務官の西銘恒三郎でございます。  主に災害対策関係施策及び社会資本整備関係施策、特に公共事業の適正な執行の確保に関する事務を命ぜられております。  どうぞよろしくお願いいたします。(拍手)

第171回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第3号(2009/04/02、44期、自由民主党)【政府役職】

○西銘大臣政務官 先生御案内のように、姉歯事件の後、構造計算書偽装問題の再発防止のため、高度な構造計算を行った建築物を対象に構造計算適合性判定制度を導入し、また建築確認手続の厳格化を柱とする改正建築基準法が平成十九年の六月に施行されました。  その直後、改正内容の事前の周知が十分でなかったことから建築確認手続が停滞をし、全国で住宅着工が大幅に減少いたしました。このため、きめ細かな情報提供や技術支援など、建築確認手続の円滑化に取り組み、昨年の一月以降九月ころまでは年率の換算で百十万戸まで回復をしておりましたが、沖縄県では回復が非常におくれておりました。  この理由は、先生御指摘のように、一戸建て……

第171回国会 経済産業委員会 第5号(2009/04/01、44期、自由民主党)【政府役職】

○西銘大臣政務官 公共投資による雇用創出効果につきましては、内閣府の経済財政報告平成十九年版によりますと、一兆円の公共投資で約十三万六千人の雇用創出効果があると報告をされております。そのほかにも、道路や港湾等の整備によって周辺に企業が立地をし、さらなる雇用創出が期待されるなど、公共投資が生み出す社会資本整備の効果で、雇用拡大の効果がさらに出てくるものと考えております。  例えば、地方の鳥取県の事例でも、姫路と鳥取の道路がつながることによって、過去六年間で五十社あるいは八百人の雇用が実現した事例等もあるようであります。  また、昨日、平成二十一年度の公共事業予算については、可能な限りの前倒しをし……

第171回国会 国土交通委員会 第6号(2009/03/18、44期、自由民主党)【政府役職】

○西銘大臣政務官 先生よく御案内、御承知のことだと思いますけれども、道路特定財源の一般財源化とは、揮発油税等の歳入を道路整備に使うという義務づけをやめることであります。この意味で、平成二十一年度から道路特定財源はすべて一般財源化されます。  平成二十一年度以降の道路予算の財源は、建設国債で賄うものと聞いております。これはまさに一般財源化を意味するものと考えております。
【次の発言】 今回の法案では、毎年度の揮発油税等の税収を道路整備費に充当することとしている、いわゆる道路特定財源の根拠法でありますけれども、今般の道路整備事業に係る国の財政上の特別措置に関する法律、この法律の第三条の規定を削除す……

第171回国会 国土交通委員会 第12号(2009/04/07、44期、自由民主党)【政府役職】

○西銘大臣政務官 せっかくの若宮委員の御質問、大臣が閣議のため、また副大臣が公務出張のため、政務官の答弁になることをお許しいただきたいと思います。  今回の法改正についてでありますけれども、まず大きな流れとして、住生活基本法に基づいて、住生活基本計画というものがつくられておりますけれども、その四つある柱の一つの柱に基づいた法改正だと私は見ております。  先生御指摘のように、我が国は、今後一層の高齢化の進展が予測されております。特に高齢者の単身世帯あるいは夫婦そろって高齢者の世帯、また、先生お話ありましたように、要介護認定者が大幅に増加していくことが見込まれております。二〇〇五年で六十五歳以上の……

第171回国会 内閣委員会 第5号(2009/03/25、44期、自由民主党)【政府役職】

○西銘大臣政務官 どの時点をもって事業採択とするか、それぞれの事業によって異なりますが、まず一点目、岩国港臨港道路事業について、測量に着手した平成十六年度を事業採択とすると、その当時の山本氏の官職は、平成十六年六月三十日以前が国土交通省政策統括官、同年七月一日以降が国土交通省住宅局長であります。  また、二点目の国道百八十八号バイパス事業について、用地取得に着手した平成三年度を事業採択とすると、その当時の山本氏の官職は、平成三年六月十三日以前が建設省大臣官房文書課企画官、同年六月十四日以降が建設省近畿地方建設局総務部長であります。  三点目、JR和木駅の新駅について、事業基本計画の変更の認可が……

第171回国会 内閣委員会 第12号(2009/05/27、44期、自由民主党)【政府役職】

○西銘大臣政務官 委員御指摘のような答弁があったことを承知しております。  国土交通省といたしましては、この公文書管理法案が成立をしました後には、法案の趣旨を踏まえまして、現在の文書管理規則を必要に応じて改正し、また、保存期間を過ぎた文書が事務的、機械的に廃棄されることのないよう、文書の性格に応じ適切な保存期間の設定、また、必要な場合には保存期間の延長などの措置を講じ、より一層適切な行政文書の保存に努めてまいりたいと考えております。(発言する者あり)
【次の発言】 先生おっしゃっている意味は十二分にわかりますので、この法案の趣旨が十二分に生かされるように、国土交通省の文書管理規定もその趣旨に沿……


46期(2012/12/16〜)

第183回国会 予算委員会 第11号(2013/03/11、46期、自由民主党)

○西銘委員 自由民主党の西銘恒三郎でございます。  東日本大震災から満二年を迎えました。犠牲になられた皆様に、心より哀悼の意を表します。また、被災された皆様には、心よりお見舞いを申し上げると同時に、一日も早い復興にともどもに頑張ることをお誓い申し上げます。  政府におかれましては、自民党及び公明党が提出をしました復興の加速化のための緊急提言に全力で取り組んでいかれるように、心からお願いを申し上げたいと思います。  さて、順序が少し変わりますけれども、その他の項目で冒頭に総理に対して質疑をしたいと思います。  サンフランシスコ講和条約、四月の二十八日に、主権回復六十年の政府式典が予定されておりま……

第183回国会 予算委員会 第23号(2013/04/16、46期、自由民主党)

○西銘委員 第六分科会について御報告申し上げます。  本分科会は、農林水産省及び環境省所管について審査を行いました。  詳細につきましては会議録に譲ることといたしますが、その主な質疑事項は、有害鳥獣被害対策の拡充、日台民間漁業取り決めの合意の経緯、TPP交渉参加と国内農林水産業への影響、農地集約の今後のあり方、PCB特措法延長の是非、原子力災害復興への取り組み等々であります。  以上、御報告申し上げます。

第187回国会 総務委員会 第1号(2014/10/14、46期、自由民主党)【政府役職】

○西銘副大臣 総務副大臣を拝命いたしました西銘恒三郎でございます。  先生方の御指導を切にお願い申し上げます。よろしくお願いいたします。(拍手)

第187回国会 地方創生に関する特別委員会 第4号(2014/10/17、46期、自由民主党)【政府役職】

○西銘副大臣 先生がただいま御指摘されましたとおり、地方の創生に向けて、イノベーションの源泉であり、また成長のエンジンとも言われているICT分野を横断的に活用することが極めて重要だと認識をしております。  これまで総務省では、ICTを活用したまちづくりの観点から、平成二十四年度より、全国二十七地域において、地域実証プロジェクトを進めてきております。  例えば、長野県の塩尻市で、鳥獣被害対策として、センサーを活用し、クラウドも活用して、鳥獣被害の面積を大幅に縮減をし、農業収入が、平成二十三年度で三百五十四万円だったところが、平成二十五年には二千三百六十二万円、六倍近く伸びて、対策がうまくいってい……


47期(2014/12/14〜)

第189回国会 消費者問題に関する特別委員会 第4号(2015/07/09、47期、自由民主党)【政府役職】

○西銘副大臣 まず、現状から説明しますけれども、携帯電話のサービスにおきましては、期間拘束・自動更新つき契約が一般的でありまして、先生御指摘のように、主要携帯事業者では、期間の拘束が二年間、その二年間が満了した後に契約の解約できる期間が今現在一カ月間のみとなっております。その後はまた再び二年間の契約が始まる、期間拘束が始まるというのが現状であります。この期間拘束中に契約を解除した場合に九千五百円の支払いが必要となるというのも現状であります。  先生が御指摘の点でございますが、このような契約に関しましては、昨年行われました総務省の研究会においても、利用者が合理性ある判断ができるようにすることが必……

第189回国会 総務委員会 第1号(2015/01/30、47期、自由民主党)【政府役職】

○西銘副大臣 総務副大臣を拝命いたしました西銘恒三郎でございます。  先生方の御指導をよろしくお願い申し上げます。(拍手)

第189回国会 総務委員会 第12号(2015/04/21、47期、自由民主党)【政府役職】

○西銘副大臣 二点、質問がございました。  まず、NTT東西の光回線の卸売サービスについてでありますけれども、教育の分野、医療の分野、セキュリティーの分野など多様な業種の企業との連携を通じて、新しいサービスの創出や光回線の利用率の向上が期待できます。一方で、NTT東西が有する設備を用いて提供されるものであることから、公平性、適正性、透明性を確保することが必要であると考えております。  このため、今回の改正では、公平性、適正性を確保する観点から、卸売サービスについて事後届け出制を導入し、サービスの提供後、速やかに卸売料金や提供条件の公平性や適正性をチェックし、問題があれば是正措置を迅速に発動でき……

第189回国会 総務委員会 第13号(2015/04/23、47期、自由民主党)【政府役職】

○西銘副大臣 高井委員御指摘のように、現在のモバイル市場は、実質的なプレーヤーが、NTTドコモ、KDDIグループ、ソフトバンクグループの三つに収れんしておりまして、寡占状態にあると認識をしております。  この三つのグループ間の競争状態を見ますと、料金プランが横並びになっているなど、事業者間のさらなる競争が必要だと考えております。  このため、総務省としましては、料金低廉化、サービス多様化に向けて、モバイル市場に新たなプレーヤーとして、無線ネットワークを借りて独自にモバイルサービスを提供する電気通信事業者のMVNOを普及促進するとともに、利用者が事業者間の乗りかえを容易に行えるようにするため、S……

第189回国会 総務委員会 第15号(2015/05/21、47期、自由民主党)【政府役職】

○西銘副大臣 私、ことしの一月にベトナムを訪問いたしまして、それ以来、郵便局との協力関係分野がスタートしております。  総務省としましては、日本郵便とベトナム郵便との間のコンサルの契約に向けた民間ベースでの協議を後押ししてまいりたいと思っております。また、ベトナム郵便局を活用したビジネスの展開に向けまして、ベトナム郵便と我が国企業とのビジネスのマッチングを進めているところでございます。  委員御指摘のように、このような取り組みを進めていきますと、例えば、相手国の郵便事業体との共同事業契約によりまして、郵便区分センターの設置や運営、あるいは郵便輸送網の整備など、機構の出資の対象となるさまざまな案……

第189回国会 総務委員会 第17号(2015/05/28、47期、自由民主党)【政府役職】

○西銘副大臣 総務省は、平成二十五年の十月、委員御指摘のように、情報通信審議会に対しまして、郵政事業のユニバーサルサービス確保と郵便・信書便市場の活性化方策のあり方、二点について諮問をしております。  このうち、郵便・信書便市場の活性化方策のあり方につきましては、平成二十六年三月に中間答申、二十六年十二月に第二次中間答申を受け、今般の郵便法、信書便法の改正案を提出したところであります。  郵政事業のユニバーサルサービスにつきましては、平成二十四年の改正郵政民営化法によりまして、郵便業務に加え、金融サービスも提供することが義務づけられたところであります。  現在、審議会におきまして、将来にわたっ……

第189回国会 総務委員会 第18号(2015/08/27、47期、自由民主党)【政府役職】

○西銘副大臣 先生御指摘のとおり、ゆうちょ、かんぽ、金融二社が日本郵便に窓口業務を委託する手数料には消費税がかかっております。この二社の窓口業務委託手数料に係る消費税につきましては、郵政民営化法が成立した時点、平成十七年度より、毎年要望を実施してきたところであります。  先生御案内のように、平成二十四年度には、改正郵政民営化法により、日本郵便は金融のユニバーサルサービスの提供責務が課されております。現在、この金融二社からの窓口業務を受託して、金融のユニバーサルサービスが提供されているところであります。  総務省としましては、これらの経緯を踏まえまして、将来にわたり金融のユニバーサルサービスを安……

第190回国会 安全保障委員会 第4号(2016/05/24、47期、自由民主党)

○西銘委員 自由民主党の西銘恒三郎でございます。  きょうは、委員外委員でありますのに、委員長を初め理事の先生方、委員の皆様、発言の機会を与えていただきましたことを、冒頭、心より感謝申し上げます。  大変な事件が発生しました。四月の下旬から行方不明になっていた沖縄県うるま市の女性が遺体で発見され、元海兵隊員の軍関係者が五月の十九日、死体遺棄容疑で緊急逮捕されました。  この事件は、私は、米軍基地があろうがなかろうが、被疑者が米軍関係者であろうがなかろうが、どこの国の人間であれ人間としてあるまじき行為であり、絶対に許されない犯罪行為だと考えております。御遺族のことを考えると、本当に言葉を失ってし……

第192回国会 国土交通委員会 第1号(2016/10/14、47期、自由民主党・無所属の会)【議会役職】

○西銘委員長 これより会議を開きます。  この際、一言御挨拶を申し上げます。  このたび、国土交通委員長に就任いたしました西銘恒三郎でございます。  国土交通行政の役割は広範かつ多岐にわたり、国民生活に極めて密接にかかわっております。豊かな国土を守り育て、活気に満ちた安全、安心な暮らしを実現するため、本委員会に課せられた使命はまことに重大であります。  委員長に就任するに当たり、その職責の重さを痛感するとともに、公正かつ円満な委員会運営に努めてまいる所存でございますので、委員各位の御指導、御協力を賜りますよう、何とぞよろしくお願い申し上げます。(拍手)

第192回国会 国土交通委員会 第2号(2016/10/19、47期、自由民主党・無所属の会)【議会役職】

○西銘委員長 これより会議を開きます。  国土交通行政の基本施策に関する件について調査を進めます。  この際、お諮りいたします。  本件調査のため、本日、政府参考人として国土交通省大臣官房技術審議官五道仁実君、総合政策局長藤田耕三君、国土政策局長藤井健君、土地・建設産業局長谷脇暁君、都市局長栗田卓也君、水管理・国土保全局長山田邦博君、道路局長石川雄一君、住宅局長由木文彦君、鉄道局長奥田哲也君、自動車局長藤井直樹君、港湾局長菊地身智雄君、航空局長佐藤善信君、気象庁長官橋田俊彦君、海上保安庁長官中島敏君、内閣官房内閣審議官向井治紀君、総務省大臣官房審議官池田憲治君及び環境省大臣官房廃棄物・リサイク……

第192回国会 国土交通委員会 第3号(2016/10/25、47期、自由民主党・無所属の会)【議会役職】

○西銘委員長 これより会議を開きます。  本日付託になりました内閣提出、独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構法の一部を改正する法律案を議題といたします。  趣旨の説明を聴取いたします。国土交通大臣石井啓一君。
【次の発言】 これにて趣旨の説明は終わりました。
【次の発言】 この際、参考人出頭要求に関する件についてお諮りいたします。  本案審査のため、明二十六日水曜日午前九時三十分、参考人として政策研究大学院大学政策研究センター所長森地茂君、京都大学大学院工学研究科教授・交通政策研究ユニット長中川大君、東京女子大学現代教養学部国際社会学科経済学専攻教授竹内健蔵君及びアラバマ大学名誉教授橋山……

第192回国会 国土交通委員会 第4号(2016/10/26、47期、自由民主党・無所属の会)【議会役職】

○西銘委員長 これより会議を開きます。  内閣提出、独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構法の一部を改正する法律案を議題といたします。  本日は、本案審査のため、参考人として、政策研究大学院大学政策研究センター所長森地茂君、京都大学大学院工学研究科教授・交通政策研究ユニット長中川大君、東京女子大学現代教養学部国際社会学科経済学専攻教授竹内健蔵君及びアラバマ大学名誉教授橋山禮治郎君、以上四名の方々に御出席をいただいております。  この際、参考人の方々に一言御挨拶を申し上げます。  本日は、御多用中のところ本委員会に御出席をいただきまして、まことにありがとうございます。本案につきまして、それぞ……

第192回国会 国土交通委員会 第5号(2016/11/16、47期、自由民主党・無所属の会)【議会役職】

○西銘委員長 これより会議を開きます。  国土交通行政の基本施策に関する件について調査を進めます。  この際、お諮りいたします。  本件調査のため、本日、政府参考人として国土交通省大臣官房長吉田光市君、総合政策局長藤田耕三君、土地・建設産業局長谷脇暁君、水管理・国土保全局長山田邦博君、道路局長石川雄一君、住宅局長由木文彦君、鉄道局長奥田哲也君、自動車局長藤井直樹君、航空局長佐藤善信君、北海道局長田村秀夫君、観光庁長官田村明比古君、内閣官房内閣参事官木村大君、内閣人事局人事政策統括官若生俊彦君、内閣府大臣官房審議官緒方俊則君及び消費者庁審議官小野稔君の出席を求め、説明を聴取いたしたいと存じますが……

第192回国会 国土交通委員会 第6号(2016/11/18、47期、自由民主党・無所属の会)【議会役職】

○西銘委員長 これより会議を開きます。  内閣提出、道路運送法の一部を改正する法律案を議題といたします。  この際、お諮りいたします。  本案審査のため、本日、政府参考人として国土交通省総合政策局長藤田耕三君、道路局長石川雄一君、鉄道局長奥田哲也君、自動車局長藤井直樹君、観光庁長官田村明比古君、観光地域振興部長加藤庸之君、内閣官房内閣審議官向井治紀君、警察庁長官官房審議官長谷川豊君及び厚生労働省大臣官房審議官浜谷浩樹君の出席を求め、説明を聴取いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。

第192回国会 国土交通委員会 第7号(2016/12/02、47期、自由民主党・無所属の会)【議会役職】

○西銘委員長 これより会議を開きます。  国土交通行政の基本施策に関する件について調査を進めます。  この際、お諮りいたします。  本件調査のため、本日、政府参考人として国土交通省大臣官房技術審議官五道仁実君、国土政策局長藤井健君、水管理・国土保全局長山田邦博君、道路局長石川雄一君、鉄道局長奥田哲也君、自動車局長藤井直樹君、港湾局長菊地身智雄君、観光庁長官田村明比古君、気象庁長官橋田俊彦君、内閣官房内閣審議官向井治紀君、日本経済再生総合事務局次長広瀬直君、警察庁長官官房審議官長谷川豊君、文部科学省大臣官房審議官瀧本寛君、大臣官房審議官白間竜一郎君及び経済産業省大臣官房審議官三田紀之君の出席を求……

第192回国会 国土交通委員会 第8号(2016/12/09、47期、自由民主党・無所属の会)【議会役職】

○西銘委員長 これより会議を開きます。  国土交通行政の基本施策に関する件について調査を進めます。  この際、お諮りいたします。  本件調査のため、本日、政府参考人として国土交通省大臣官房物流審議官重田雅史君、土地・建設産業局長谷脇暁君、道路局長石川雄一君、住宅局長由木文彦君、鉄道局長奥田哲也君、自動車局長藤井直樹君、観光庁長官田村明比古君、金融庁総務企画局参事官栗田照久君、法務省大臣官房審議官佐々木聖子君、厚生労働省大臣官房審議官土屋喜久君及び大臣官房審議官和田純一君の出席を求め、説明を聴取いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。

第192回国会 国土交通委員会 第9号(2016/12/14、47期、自由民主党・無所属の会)【議会役職】

○西銘委員長 これより会議を開きます。  開会に先立ち、民進党・無所属クラブ所属委員に対し、御出席を要請いたしましたが、御出席が得られません。やむを得ず議事を進めます。  この際、御報告いたします。  今国会、本委員会に付託になりました請願は一件であります。本請願の取り扱いにつきましては、理事会等において慎重に検討いたしましたが、委員会での採否の決定は保留することになりましたので、御了承願います。  なお、本委員会に参考送付されました陳情書は、お手元に配付いたしましたとおり、高速交通体系の整備促進等に関する陳情書外二十三件であります。  また、本委員会に参考送付されました地方自治法第九十九条の……

第193回国会 国土交通委員会 第1号(2017/02/17、47期、自由民主党・無所属の会)【議会役職】

○西銘委員長 これより会議を開きます。  国政調査承認要求に関する件についてお諮りいたします。  国土交通行政の基本施策に関する事項  国土計画、土地及び水資源に関する事項  都市計画、建築及び地域整備に関する事項  河川、道路、港湾及び住宅に関する事項  陸運、海運、航空及び観光に関する事項  北海道開発に関する事項  気象及び海上保安に関する事項 以上の各事項について、本会期中国政に関する調査を進めたいと存じます。  つきましては、衆議院規則第九十四条により、議長の承認を求めたいと存じますが、御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。

第193回国会 国土交通委員会 第2号(2017/03/03、47期、自由民主党・無所属の会)【議会役職】

○西銘委員長 これより会議を開きます。  国土交通行政の基本施策に関する件について調査を進めます。  この際、お諮りいたします。  本件調査のため、本日、政府参考人として国土交通省大臣官房総括審議官蒲生篤実君、大臣官房技術審議官五道仁実君、総合政策局長藤田耕三君、国土政策局長藤井健君、土地・建設産業局長谷脇暁君、都市局長栗田卓也君、水管理・国土保全局長山田邦博君、道路局長石川雄一君、住宅局長由木文彦君、鉄道局長奥田哲也君、自動車局長藤井直樹君、海事局長羽尾一郎君、港湾局長菊地身智雄君、航空局長佐藤善信君、航空局次長平垣内久隆君、北海道局長田村秀夫君、観光庁長官田村明比古君、気象庁長官橋田俊彦君……

第193回国会 国土交通委員会 第3号(2017/03/08、47期、自由民主党・無所属の会)【議会役職】

○西銘委員長 これより会議を開きます。  内閣提出、海上運送法及び船員法の一部を改正する法律案を議題といたします。  趣旨の説明を聴取いたします。国土交通大臣石井啓一君。
【次の発言】 これにて趣旨の説明は終わりました。  次回は、公報をもってお知らせすることとし、本日は、これにて散会いたします。     午後零時四十五分散会

第193回国会 国土交通委員会 第4号(2017/03/29、47期、自由民主党・無所属の会)【議会役職】

○西銘委員長 これより会議を開きます。  国土交通行政の基本施策に関する件について調査を進めます。  この際、お諮りいたします。  本件調査のため、本日、政府参考人として国土交通省土地・建設産業局長谷脇暁君、水管理・国土保全局長山田邦博君、住宅局長由木文彦君、自動車局長藤井直樹君、航空局長佐藤善信君、内閣官房内閣審議官土生栄二君、内閣府大臣官房審議官緒方俊則君、地方創生推進事務局審議官青柳一郎君、財務省理財局長佐川宣寿君、理財局次長中尾睦君及び文部科学省大臣官房文教施設企画部長山下治君の出席を求め、説明を聴取いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。

第193回国会 国土交通委員会 第5号(2017/03/31、47期、自由民主党・無所属の会)【議会役職】

○西銘委員長 これより会議を開きます。  内閣提出、海上運送法及び船員法の一部を改正する法律案を議題といたします。  この際、お諮りいたします。  本案審査のため、本日、政府参考人として国土交通省総合政策局長藤田耕三君、土地・建設産業局長谷脇暁君、海事局長羽尾一郎君、港湾局長菊地身智雄君、航空局長佐藤善信君、観光庁長官田村明比古君、内閣府地方創生推進事務局審議官奈良俊哉君、総務省大臣官房審議官開出英之君、財務省大臣官房審議官井上裕之君、文部科学省大臣官房審議官瀧本寛君及び厚生労働省大臣官房審議官橋本泰宏君の出席を求め、説明を聴取いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。

第193回国会 国土交通委員会 第6号(2017/04/05、47期、自由民主党・無所属の会)【議会役職】

○西銘委員長 これより会議を開きます。  国土交通行政の基本施策に関する件について調査を進めます。  この際、お諮りいたします。  本件調査のため、本日、政府参考人として国土交通省大臣官房物流審議官重田雅史君、大臣官房技術審議官五道仁実君、都市局長栗田卓也君、水管理・国土保全局長山田邦博君、道路局長石川雄一君、住宅局長由木文彦君、鉄道局長奥田哲也君、自動車局長藤井直樹君、港湾局長菊地身智雄君、航空局長佐藤善信君、観光庁長官田村明比古君、海上保安庁長官中島敏君、内閣官房内閣審議官土生栄二君、日本経済再生総合事務局次長宇野雅夫君、内閣府規制改革推進室次長刀禰俊哉君及び財務省理財局次長中尾睦君の出席……

第193回国会 国土交通委員会 第7号(2017/04/07、47期、自由民主党・無所属の会)【議会役職】

○西銘委員長 これより会議を開きます。  内閣提出、住宅確保要配慮者に対する賃貸住宅の供給の促進に関する法律の一部を改正する法律案を議題といたします。  本日は、本案審査のため、参考人として、東京大学大学院工学系研究科教授浅見泰司君、立教大学大学院特任准教授稲葉剛君及び国民の住まいを守る全国連絡会代表幹事坂庭國晴君、以上三名の方々に御出席をいただいております。  この際、参考人の方々に一言御挨拶を申し上げます。  本日は、御多用中のところ本委員会に御出席をいただきまして、まことにありがとうございます。本案につきまして、それぞれのお立場から忌憚のない御意見をお述べいただきたいと存じます。  次に……

第193回国会 国土交通委員会 第8号(2017/04/12、47期、自由民主党・無所属の会)【議会役職】

○西銘委員長 これより会議を開きます。  内閣提出、都市緑地法等の一部を改正する法律案を議題といたします。  この際、お諮りいたします。  本案審査のため、本日、政府参考人として国土交通省都市局長栗田卓也君及び厚生労働省大臣官房審議官吉本明子君の出席を求め、説明を聴取いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
【次の発言】 これより質疑に入ります。  質疑の申し出がありますので、順次これを許します。本村賢太郎君。
【次の発言】 大きな声で答弁してください。
【次の発言】 次に、本村伸子君。

第193回国会 国土交通委員会 第9号(2017/04/14、47期、自由民主党・無所属の会)【議会役職】

○西銘委員長 これより会議を開きます。  国土交通行政の基本施策に関する件について調査を進めます。  この際、お諮りいたします。  本件調査のため、本日、政府参考人として国土交通省大臣官房物流審議官重田雅史君、総合政策局長藤田耕三君、都市局長栗田卓也君、水管理・国土保全局長山田邦博君、道路局長石川雄一君、住宅局長由木文彦君、鉄道局長奥田哲也君、自動車局長藤井直樹君、港湾局長菊地身智雄君、航空局長佐藤善信君、観光庁長官田村明比古君、内閣官房内閣審議官土生栄二君、内閣府総合海洋政策推進事務局長甲斐正彰君、厚生労働省職業安定局派遣・有期労働対策部長鈴木英二郎君及び経済産業省大臣官房長高橋泰三君の出席……

第193回国会 国土交通委員会 第10号(2017/04/19、47期、自由民主党・無所属の会)【議会役職】

○西銘委員長 これより会議を開きます。  内閣提出、水防法等の一部を改正する法律案を議題といたします。  この際、お諮りいたします。  本案審査のため、本日、政府参考人として国土交通省都市局長栗田卓也君、水管理・国土保全局長山田邦博君、国土地理院長村上広史君、観光庁長官田村明比古君、気象庁長官橋田俊彦君、内閣府大臣官房審議官伊丹潔君、法務省大臣官房審議官金子修君、厚生労働省大臣官房審議官橋本泰宏君、大臣官房審議官坂口卓君及び農林水産省農村振興局整備部長奥田透君の出席を求め、説明を聴取いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。……

第193回国会 国土交通委員会 第11号(2017/04/21、47期、自由民主党・無所属の会)【議会役職】

○西銘委員長 これより会議を開きます。  国土交通行政の基本施策に関する件について調査を進めます。  この際、お諮りいたします。  本件調査のため、本日、政府参考人として国土交通省大臣官房長吉田光市君、大臣官房危機管理・運輸安全政策審議官東井芳隆君、土地・建設産業局長谷脇暁君、都市局長栗田卓也君、水管理・国土保全局長山田邦博君、道路局長石川雄一君、鉄道局長奥田哲也君、自動車局長藤井直樹君、港湾局長菊地身智雄君、航空局長佐藤善信君、航空局安全部長高野滋君、国際統括官奈良平博史君、観光庁長官田村明比古君、海上保安庁長官中島敏君、内閣官房内閣審議官槌道明宏君、日本経済再生総合事務局次長宇野雅夫君、内……

第193回国会 国土交通委員会 第12号(2017/04/28、47期、自由民主党・無所属の会)【議会役職】

○西銘委員長 これより会議を開きます。  内閣提出、道路運送車両法の一部を改正する法律案を議題といたします。  この際、お諮りいたします。  本案審査のため、本日、政府参考人として国土交通省大臣官房危機管理・運輸安全政策審議官東井芳隆君、大臣官房技術審議官五道仁実君、道路局長石川雄一君、自動車局長藤井直樹君、気象庁長官橋田俊彦君、海上保安庁長官中島敏君、総務省大臣官房審議官開出英之君、文部科学省大臣官房審議官大山真未君、厚生労働省職業安定局次長大西康之君及び経済産業省大臣官房審議官土田浩史君の出席を求め、説明を聴取いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。

第193回国会 国土交通委員会 第13号(2017/05/09、47期、自由民主党・無所属の会)【議会役職】

○西銘委員長 これより会議を開きます。  国土交通行政の基本施策に関する件について調査を進めます。  この際、お諮りいたします。  本件調査のため、本日、政府参考人として国土交通省大臣官房物流審議官重田雅史君、大臣官房危機管理・運輸安全政策審議官東井芳隆君、道路局長石川雄一君、住宅局長由木文彦君、鉄道局長奥田哲也君、自動車局長藤井直樹君、海事局長羽尾一郎君、港湾局長菊地身智雄君、航空局長佐藤善信君、航空局安全部長高野滋君、観光庁長官田村明比古君、海上保安庁長官中島敏君、内閣府規制改革推進室次長刀禰俊哉君、警察庁長官官房審議官長谷川豊君、長官官房審議官白川靖浩君及び厚生労働省大臣官房審議官坂口卓……

第193回国会 国土交通委員会 第14号(2017/05/10、47期、自由民主党・無所属の会)【議会役職】

○西銘委員長 これより会議を開きます。  内閣提出、通訳案内士法及び旅行業法の一部を改正する法律案を議題といたします。  趣旨の説明を聴取いたします。国土交通大臣石井啓一君。
【次の発言】 これにて趣旨の説明は終わりました。  次回は、来る十二日金曜日午前八時五十分理事会、午前九時委員会を開会することとし、本日は、これにて散会いたします。     午前十一時三分散会

第193回国会 国土交通委員会 第15号(2017/05/12、47期、自由民主党・無所属の会)【議会役職】

○西銘委員長 これより会議を開きます。  内閣提出、通訳案内士法及び旅行業法の一部を改正する法律案を議題といたします。  この際、お諮りいたします。  本案審査のため、本日、政府参考人として国土交通省都市局長栗田卓也君、道路局長石川雄一君、鉄道局長奥田哲也君及び観光庁長官田村明比古君の出席を求め、説明を聴取いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
【次の発言】 これより質疑に入ります。  質疑の申し出がありますので、順次これを許します。津村啓介君。
【次の発言】 次に、清水忠史君。

第193回国会 国土交通委員会 第16号(2017/05/17、47期、自由民主党・無所属の会)【議会役職】

○西銘委員長 これより会議を開きます。  内閣提出、港湾法の一部を改正する法律案を議題といたします。  この際、お諮りいたします。  本案審査のため、本日、政府参考人として国土交通省大臣官房危機管理・運輸安全政策審議官東井芳隆君、総合政策局長藤田耕三君、自動車局長藤井直樹君、海事局長羽尾一郎君、港湾局長菊地身智雄君、観光庁長官田村明比古君、海上保安庁長官中島敏君、内閣府大臣官房審議官伊丹潔君及び法務省大臣官房審議官佐々木聖子君の出席を求め、説明を聴取いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。

第193回国会 国土交通委員会 第17号(2017/05/19、47期、自由民主党・無所属の会)【議会役職】

○西銘委員長 これより会議を開きます。  国土交通行政の基本施策に関する件について調査を進めます。  この際、お諮りいたします。  本件調査のため、本日、政府参考人として国土交通省国土政策局長藤井健君、水管理・国土保全局長山田邦博君、道路局長石川雄一君、住宅局長由木文彦君、鉄道局長奥田哲也君、航空局長佐藤善信君、北海道局長田村秀夫君、海上保安庁長官中島敏君、内閣官房内閣審議官土生栄二君及び財務省理財局次長中尾睦君の出席を求め、説明を聴取いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。

第193回国会 国土交通委員会 第18号(2017/05/23、47期、自由民主党・無所属の会)【議会役職】

○西銘委員長 これより会議を開きます。  本日付託になりました内閣提出、参議院送付、不動産特定共同事業法の一部を改正する法律案を議題といたします。  趣旨の説明を聴取いたします。国土交通大臣石井啓一君。
【次の発言】 これにて趣旨の説明は終わりました。  次回は、明二十四日水曜日午前八時五十分理事会、午前九時委員会を開会することとし、本日は、これにて散会いたします。     午後四時三十七分散会

第193回国会 国土交通委員会 第19号(2017/05/24、47期、自由民主党・無所属の会)【議会役職】

○西銘委員長 これより会議を開きます。  内閣提出、参議院送付、不動産特定共同事業法の一部を改正する法律案を議題といたします。  この際、お諮りいたします。  本案審査のため、本日、政府参考人として国土交通省土地・建設産業局長谷脇暁君、都市局長栗田卓也君、住宅局長由木文彦君、航空局長佐藤善信君、観光庁長官田村明比古君及び消費者庁審議官福岡徹君の出席を求め、説明を聴取いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
【次の発言】 これより質疑に入ります。  質疑の申し出がありますので、順次これを許します。鈴木憲和君。

第193回国会 国土交通委員会 第20号(2017/05/26、47期、自由民主党・無所属の会)【議会役職】

○西銘委員長 これより会議を開きます。  国土交通行政の基本施策に関する件について調査を進めます。  この際、お諮りいたします。  本件調査のため、本日、政府参考人として国土交通省総合政策局長藤田耕三君、都市局長栗田卓也君、水管理・国土保全局長山田邦博君、道路局長石川雄一君、住宅局長由木文彦君、鉄道局長奥田哲也君、自動車局長藤井直樹君、国際統括官奈良平博史君、観光庁長官田村明比古君、気象庁長官橋田俊彦君、内閣官房内閣審議官土生栄二君、内閣府大臣官房審議官木下茂君、総務省大臣官房審議官堀江宏之君、外務省大臣官房参事官牛尾滋君及び経済産業省大臣官房審議官土田浩史君の出席を求め、説明を聴取いたしたい……

第193回国会 国土交通委員会 第21号(2017/05/30、47期、自由民主党・無所属の会)【議会役職】

○西銘委員長 これより会議を開きます。  内閣提出、住宅宿泊事業法案を議題といたします。  本日は、本案審査のため、参考人として、弁護士三浦雅生君、旅館経営者永山久徳君及び神戸松蔭女子学院大学教授中林浩君、以上三名の方々に御出席いただいております。  この際、参考人の方々に一言御挨拶を申し上げます。  本日は、御多用中のところ本委員会に御出席をいただきまして、まことにありがとうございます。本案につきまして、それぞれのお立場から忌憚のない御意見をお述べいただきたいと存じます。  次に、議事の順序について申し上げます。  まず、三浦参考人、永山参考人、中林参考人の順で、それぞれ十二分以内で御意見を……

第193回国会 国土交通委員会 第22号(2017/05/31、47期、自由民主党・無所属の会)【議会役職】

○西銘委員長 これより会議を開きます。  内閣提出、住宅宿泊事業法案を議題といたします。  この際、お諮りいたします。  本案審査のため、本日、政府参考人として国土交通省土地・建設産業局長谷脇暁君、都市局長栗田卓也君、住宅局長由木文彦君、鉄道局長奥田哲也君、自動車局長藤井直樹君、観光庁長官田村明比古君、内閣府地方創生推進事務局次長川上尚貴君、警察庁生活安全局長山下史雄君、総務省大臣官房審議官開出英之君、消防庁審議官猿渡知之君、厚生労働省大臣官房審議官中井川誠君及び医薬・生活衛生局生活衛生・食品安全部長北島智子君の出席を求め、説明を聴取いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。

第193回国会 国土交通委員会 第23号(2017/06/07、47期、自由民主党・無所属の会)【議会役職】

○西銘委員長 これより会議を開きます。  国土交通行政の基本施策に関する件について調査を進めます。  この際、お諮りいたします。  本件調査のため、本日、政府参考人として国土交通省大臣官房技術審議官五道仁実君、総合政策局長藤田耕三君、道路局長石川雄一君、鉄道局長奥田哲也君、自動車局長藤井直樹君、港湾局長菊地身智雄君、航空局長佐藤善信君、航空局交通管制部長坂野公治君、気象庁長官橋田俊彦君、内閣官房内閣参事官澤井俊君、日本経済再生総合事務局次長広瀬直君、財務省理財局次長中尾睦君及び厚生労働省大臣官房審議官土屋喜久君の出席を求め、説明を聴取いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。

第193回国会 国土交通委員会 第24号(2017/06/16、47期、自由民主党・無所属の会)【議会役職】

○西銘委員長 これより会議を開きます。  開会に先立ち、民進党・無所属クラブ所属委員に対し、御出席を要請いたしましたが、御出席が得られません。やむを得ず議事を進めます。  この際、御報告いたします。  今国会、本委員会に付託になりました請願は九種二百三十七件であります。各請願の取り扱いにつきましては、理事会において慎重に検討いたしましたが、委員会での採否の決定は保留することになりましたので、御了承願います。  なお、本委員会に参考送付されました陳情書は、お手元に配付いたしましたとおり、高齢者の運転免許証返納に関する陳情書外七件であります。  また、本委員会に参考送付されました地方自治法第九十九……


48期(2017/10/22〜)

第195回国会 経済産業委員会 第1号(2017/11/29、48期、自由民主党)【政府役職】

○西銘副大臣 このたび経済産業副大臣を拝命いたしました西銘恒三郎でございます。  稲津委員長を初め、理事並びに委員各位の皆様には、御指導、御鞭撻を賜りますよう、よろしくお願いを申し上げます。(拍手)

第196回国会 経済産業委員会 第9号(2018/04/18、48期、自由民主党)【政府役職】

○西銘副大臣 先生御指摘のとおり、賃上げにつきましては、もう多くの企業で五年連続でベアが行われ、ベアの水準も大半で前年を上回っております。五年連続で高水準の賃上げを実現してきており、確かに経済の好循環が着実に回り始めていると実感をしております。  また、自動車など主要な企業においては三%以上の賃上げを行うなど、積極的な動きもあることを承知しております。加えて、正社員の賃上げのみならず、非正規社員の処遇改善や時間外労働上限引下げ等、さらには、有給休暇を時間単位で、一時間単位でとれるようにするなど、働き方改革を先取りした取組も行われていると聞いております。手応えを感じているところであります。  政……

第196回国会 経済産業委員会 第11号(2018/05/16、48期、自由民主党)【政府役職】

○西銘副大臣 まず、平成二十七年、最終処分法に基づく基本方針を改定しております。この改定によりまして、国が前面に立って取り組むこととしております。  その具体的な取組の例として、地層処分について広く国民の皆様の関心と理解を深めていただくべく目指しておりましたが、昨年の七月に科学的特性マップを公表しました。対話活動をこれまで以上にきめ細かく実施していくこととしたところであります。具体的には、昨年の十月から十二月まで全国二十八カ所にて意見交換会を開始しております。  その中で、NUMOの委託契約や参加者募集のあり方等で管理の不徹底がありまして、国民の皆様から不信を招く事態が起きました。対話活動のあ……

第196回国会 経済産業委員会 第14号(2018/05/23、48期、自由民主党)【政府役職】

○西銘副大臣 委員御指摘のように、輸入材を中心とした大規模なバイオマス発電がFIT制度の対象になっておることは承知をしております。今委員が御指摘された、エネルギー自給率の向上やあるいは地域活性化に資さないのではないかという御指摘があることは承知をしております。他方、現時点で国内の供給量に制約があって、こうしたバイオマス発電についてFIT制度のもとにあるということも理解をしております。  今後、この点がどう展開していくのか。FIT制度が導入されて、私がかつて、二十年ぐらい前ですけれども、ごみ発電の関係で現場を回っておりました当時は、売電に非常に苦労しているという話がありまして、当時、八円という数……

第196回国会 財務金融委員会 第8号(2018/03/20、48期、自由民主党)【政府役職】

○西銘副大臣 お答えいたします。  先生御指摘のように、革製の履物製造業は、ピーク時の一九九一年から二〇一五年までの間に、国内出荷額は四分の一以下になっております。事業所の数が二千五十八事業所から七百三十一事業所と約三分の一にそれぞれ減少しておりまして、大変厳しい状況であると認識をしております。  経済産業省としましては、革製履物を含む皮革関連産業の競争力の強化を図るために、平成三十年度の予算案に三・九億円の予算を計上しております。また、平成二十七年度の補正予算において百三十三億三千万円の基金を造成しておりまして、これから二十年ぐらいかけてこの基金を使う予定にしております。  このような基金等……

第196回国会 地方創生に関する特別委員会 第7号(2018/06/08、48期、自由民主党)【政府役職】

○西銘副大臣 再生可能エネルギーの導入は、エネルギーの政策上も非常に重要だと考えております。また、地方にとって、雇用の創出や地域の活性化という観点からも重要だと考えております。  今先生が御指摘された系統の部分のお話でありますけれども、日本版のコネクト・アンド・マネージといって、できるだけ許容部分をふやすような取組も今しているということを答弁しておきたいと思います。  再生可能エネルギーの発電事業については、まず、長期安定的に取り組まれていくことが重要であります。地方で農業をされている方が副業として、あるいは兼業として取り組んでいくということについては、営農型の太陽光発電という方式がございます……

第196回国会 文部科学委員会 第10号(2018/05/11、48期、自由民主党)【政府役職】

○西銘副大臣 委員御指摘のように、リーダーが内閣府で、サブリーダーが経産省のエネルギー・環境分野の方が検討チームにかかわっております。その意味では、エネルギー・環境分野の推薦にかかわっているという意味では、経産省の担当者が接触をしたと承知をしております。  いずれにしましても、内閣府でこれは全体を所管しているものでありますから、内閣府で適切に処理をしたものと理解をしております。

第198回国会 予算委員会 第10号(2019/02/20、48期、自由民主党)

○西銘委員 自由民主党の西銘恒三郎です。  きょうは、委員長を始め理事の皆様方、貴重な質問の機会を与えていただきましたこと、心から感謝を申し上げます。  我が国を取り巻く安全保障環境が大変厳しくなっているという認識のもとに、きょうは質問をしたいと思います。  まず、米朝首脳会談について総理にお伺いをいたします。  ベトナムのハノイで二回目の米朝首脳会談が行われます。一九六〇年代のベトナム戦争当時の激しい戦いを考えると、ハノイでの開催は極めて歴史的な場所設定だと思います。私ごとですが、八〇年代の米国留学時代に、アメリカ人の学生の友人が、沖縄の米軍基地からベトナム戦争へ飛び立っていったときのことを……

第200回国会 安全保障委員会 第1号(2019/10/18、48期、自由民主党・無所属の会)【議会役職】

○西銘委員長 これより会議を開きます。  議事に入るに先立ちまして、委員会を代表して一言申し上げます。  このたびの令和元年台風第十九号による被害でお亡くなりになられた方々とその御遺族に深く哀悼の意を表します。また、被災者の皆様に心からお見舞いを申し上げますとともに、被災地において救援活動等に従事されているボランティアの皆様並びに自衛隊を始めとする政府関係者諸君に心から感謝と激励を申し上げます。  これより、お亡くなりになられた方々の御冥福をお祈りし、黙祷をささげたいと存じます。  全員御起立をお願いいたします。――黙祷。
【次の発言】 黙祷を終わります。御着席願います。

第200回国会 安全保障委員会 第2号(2019/10/24、48期、自由民主党・無所属の会)【議会役職】

○西銘委員長 これより会議を開きます。  国の安全保障に関する件について調査を進めます。  この際、お諮りいたします。  本件調査のため、本日、政府参考人として外務省大臣官房長垂秀夫君、外務省大臣官房参事官赤堀毅君、外務省大臣官房参事官田村政美君、外務省大臣官房参事官長岡寛介君、外務省総合外交政策局軍縮不拡散・科学部長久島直人君、外務省北米局長鈴木量博君、防衛省大臣官房長島田和久君、防衛省防衛政策局長槌道明宏君、防衛省整備計画局長鈴木敦夫君、防衛省地方協力局長中村吉利君、防衛省統合幕僚監部総括官菅原隆拓君、防衛装備庁長官武田博史君の出席を求め、説明を聴取いたしたいと存じますが、御異議ありません……

第200回国会 安全保障委員会 第3号(2019/10/29、48期、自由民主党・無所属の会)【議会役職】

○西銘委員長 これより会議を開きます。  内閣提出、防衛省の職員の給与等に関する法律の一部を改正する法律案を議題といたします。  趣旨の説明を聴取いたします。河野防衛大臣。
【次の発言】 これにて趣旨の説明は終わりました。  次回は、公報をもってお知らせすることとし、本日は、これにて散会いたします。     午後一時二分散会

第200回国会 安全保障委員会 第4号(2019/11/05、48期、自由民主党・無所属の会)【議会役職】

○西銘委員長 これより会議を開きます。  この際、河野防衛大臣から発言を求められておりますので、これを許します。河野防衛大臣。
【次の発言】 内閣提出、防衛省の職員の給与等に関する法律の一部を改正する法律案を議題といたします。  この際、お諮りいたします。  本案審査のため、本日、政府参考人として内閣府国際平和協力本部事務局長岩井文男君、外務省大臣官房参事官赤堀毅君、外務省大臣官房参事官長岡寛介君、環境省大臣官房審議官白石隆夫君、防衛省防衛政策局長槌道明宏君、防衛省整備計画局長鈴木敦夫君、防衛省人事教育局長岡真臣君、防衛省地方協力局長中村吉利君の出席を求め、説明を聴取いたしたいと存じますが、御……

第200回国会 安全保障委員会 第5号(2019/11/07、48期、自由民主党・無所属の会)【議会役職】

○西銘委員長 これより会議を開きます。  内閣提出、防衛省の職員の給与等に関する法律の一部を改正する法律案を議題といたします。  本案に対する質疑は、去る五日に終局いたしております。  これより討論に入るのでありますが、その申出がありませんので、直ちに採決に入ります。  内閣提出、防衛省の職員の給与等に関する法律の一部を改正する法律案について採決いたします。  本案に賛成の諸君の起立を求めます。
【次の発言】 起立多数。よって、本案は原案のとおり可決すべきものと決しました。  お諮りいたします。  ただいま議決いたしました法律案に関する委員会報告書の作成につきましては、委員長に御一任願いたいと……

第200回国会 安全保障委員会 第6号(2019/11/15、48期、自由民主党・無所属の会)【議会役職】

○西銘委員長 これより会議を開きます。  国の安全保障に関する件について調査を進めます。  この際、お諮りいたします。  本件調査のため、本日、政府参考人として内閣府大臣官房審議官小平卓君、内閣府政策統括官宮地毅君、外務省大臣官房参事官赤堀毅君、外務省北米局長鈴木量博君、外務省中東アフリカ局長高橋克彦君、林野庁林政部長前島明成君、国土交通省航空局安全部長川上光男君、運輸安全委員会事務局長志村務君、防衛省防衛政策局長槌道明宏君、防衛省整備計画局長鈴木敦夫君、防衛省人事教育局長岡真臣君、防衛省地方協力局長中村吉利君、防衛省統合幕僚監部総括官菅原隆拓君、防衛装備庁長官武田博史君の出席を求め、説明を聴……

第200回国会 安全保障委員会 第7号(2019/12/05、48期、自由民主党・無所属の会)【議会役職】

○西銘委員長 これより会議を開きます。  国の安全保障に関する件について調査を進めます。  この際、昨四日、陸上自衛隊郡山駐屯地の実情調査のため、福島県において視察を行いましたので、参加委員を代表して、私からその概要を御報告申し上げます。  参加委員は、自由民主党の長島昭久君、立憲民主・国民・社保・無所属フォーラムの小熊慎司君、篠原豪君、公明党の佐藤茂樹君、そして私、西銘恒三郎の五名であります。  去る十月、我が国を襲った台風十九号は、全国各地に多大な被害をもたらし、今もなお避難生活を余儀なくされる方々がいらっしゃいます。  ここに改めて、お亡くなりになられた方々とその御遺族に深く哀悼の意を表……

第200回国会 安全保障委員会 第8号(2019/12/09、48期、自由民主党・無所属の会)【議会役職】

○西銘委員長 これより会議を開きます。  この際、御報告いたします。  本会期中、当委員会に付託されました請願は五種八件であります。各請願の取扱いにつきましては、理事会において検討いたしましたが、委員会での採否の決定はいずれも保留することになりましたので、御了承願います。  なお、本会期中、当委員会に参考送付されました陳情書及び意見書は、お手元に配付してありますとおり、沖縄県民の基本的人権と民意を尊重し、辺野古新基地建設工事の中止を求めることに関する陳情書外二件、米軍普天間飛行場の辺野古移設を促進する意見書外十二件であります。念のため御報告いたします。

第200回国会 安全保障委員会 第9号(2020/01/17、48期、自由民主党・無所属の会)【議会役職】

○西銘委員長 これより会議を開きます。  国の安全保障に関する件、特に中東地域における日本関係船舶の安全確保に関する政府の取組等について調査を進めます。  この際、防衛大臣及び外務大臣からそれぞれ報告を聴取いたします。河野防衛大臣。
【次の発言】 次に、茂木外務大臣。
【次の発言】 以上で報告は終わりました。
【次の発言】 この際、お諮りいたします。  本件調査のため、本日、政府参考人として内閣官房内閣審議官中嶋浩一郎君、内閣官房内閣審議官三貝哲君、外務省総合外交政策局長山田重夫君、外務省中東アフリカ局長高橋克彦君、外務省国際法局長岡野正敬君、資源エネルギー庁長官官房資源エネルギー政策統括調整……

第201回国会 安全保障委員会 第1号(2020/03/05、48期、自由民主党・無所属の会)【議会役職】

○西銘委員長 これより会議を開きます。  国政調査承認要求に関する件についてお諮りいたします。  国の安全保障に関する事項について、本会期中国政に関する調査を行うため、衆議院規則第九十四条の規定により、議長に対し、承認を求めたいと存じますが、御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
【次の発言】 国の安全保障に関する件について調査を進めます。  この際、防衛大臣から所信を聴取いたします。河野防衛大臣。
【次の発言】 次に、外務大臣から所信を聴取いたします。茂木外務大臣。
【次の発言】 外務大臣は退席いただいて結構でございます。  次に、令和二年度……

第201回国会 安全保障委員会 第2号(2020/04/02、48期、自由民主党・無所属の会)【議会役職】

○西銘委員長 これより会議を開きます。  この際、渡辺防衛大臣政務官から発言を求められておりますので、これを許します。渡辺防衛大臣政務官。
【次の発言】 国の安全保障に関する件について調査を進めます。  この際、お諮りいたします。  本件調査のため、本日、政府参考人として外務省大臣官房サイバーセキュリティ・情報化参事官大隅洋君、厚生労働省大臣官房審議官吉永和生君、防衛省大臣官房長島田和久君、防衛省大臣官房衛生監椎葉茂樹君、防衛省防衛政策局長槌道明宏君、防衛省整備計画局長鈴木敦夫君、防衛省人事教育局長岡真臣君、防衛省統合幕僚監部総括官菅原隆拓君の出席を求め、説明を聴取いたしたいと存じますが、御異……

第201回国会 安全保障委員会 第3号(2020/04/03、48期、自由民主党・無所属の会)【議会役職】

○西銘委員長 これより会議を開きます。  国の安全保障に関する件について調査を進めます。  この際、お諮りいたします。  本件調査のため、本日、政府参考人として内閣官房内閣審議官山内智生君、総務省大臣官房審議官二宮清治君、外務省大臣官房参事官赤堀毅君、外務省北米局長鈴木量博君、厚生労働省大臣官房審議官吉永和生君、防衛省大臣官房政策立案総括審議官辰己昌良君、防衛省大臣官房審議官村岡猛君、防衛省防衛政策局長槌道明宏君、防衛省整備計画局長鈴木敦夫君、防衛省地方協力局長中村吉利君、防衛装備庁長官武田博史君の出席を求め、説明を聴取いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。


各種会議発言一覧(衆議院)

43期(2003/11/09〜)

第159回国会 外務委員会北朝鮮による拉致及び核開発問題等に関する小委員会 第2号(2004/02/24、43期、自由民主党)

○西銘小委員 蓮池参考人の意見陳述を聞きまして心を打たれました。特に、特命大臣を置いてほしいという要望が非常に私の中で重く心に響いたわけですけれども、現在の内閣府の支援室の対応で足りないところ、あるいは御不満に思っている点を、蓮池参考人、横田参考人に率直に語っていただきたいと思います。よろしくお願いします。

第159回国会 外務委員会北朝鮮による拉致及び核開発問題等に関する小委員会 第3号(2004/03/02、43期、自由民主党)

○西銘小委員 自由民主党の西銘恒三郎と申します。  私は、この拉致問題は、国家間の大変重大な問題だと認識をしております。我が国政府も、何としてもこの拉致問題を解決したいと考えております。これから政府が、日本からの資金の北朝鮮への流れをストップさせたり、あるいは北朝鮮の船が日本の港に入ることを禁止したり、厳しい措置をとることも想定されております。  そこでお伺いいたしますが、三十五年あるいは三十年、北朝鮮で大変厳しい体験をされた皆さんの率直な感情として、我が国政府が厳しい制裁措置をとった場合に、家族を残しておる、あるいは同じ民族としてこういう厳しい制裁措置をとってほしくないというような気持ちが心……

第159回国会 外務委員会北朝鮮による拉致及び核開発問題等に関する小委員会 第4号(2004/06/01、43期、自由民主党)

○西銘小委員 自由民主党の西銘恒三郎でございます。  少し視点を変えまして、安全保障という観点で、枠を広げて小此木参考人にお伺いをしたいのであります。  核の問題を含めて、朝鮮半島の緊張状態、六カ国、中国、ロシアもかかわってくる中で、私は、もうちょっと南の方の台湾海峡、五百基のミサイルが配備されているというような状況も出てきておりますが、この朝鮮半島の情勢と台湾海峡の、九六年ですか、米空母が入ったような状況もありますけれども、安全保障という意味では両方十分ににらんでおかないといけないのかなというような思いもしたりするんですが、その辺のところで小此木参考人の御意見を聞かせてください。

第159回国会 予算委員会第三分科会 第1号(2004/03/01、43期、自由民主党)

○西銘分科員 自由民主党の西銘恒三郎でございます。  予算委員会の質疑も分科会へ入り、いよいよ大詰めになったかなと思っております。お昼休みも質疑をするのかと、初めての経験で戸惑っておりますけれども、大臣以下スタッフの皆さんは、本当に連日連夜と申しますか、御答弁、大変御苦労さまでございます。心から敬意を表しまして、質疑をしてみたいと思います。  今回は、特に日米安保条約のもとでの地位協定について質疑を集中してまいりたいと思いますけれども、まず初めに、私は、政治の根幹は安全保障であると考えております。すなわち、武力紛争のない状態を可能な限り長続き、永続させることにあるのかなと思っております。その大……

第162回国会 予算委員会第七分科会 第2号(2005/02/28、43期、自由民主党)

○西銘分科員 自由民主党の西銘恒三郎でございます。  きょうは、予算分科会でエネルギーの質問ができますことをうれしく思っております。私、国政に参りまして、安全保障と申しますか、武力紛争のない状態をいかに永続させるかという視点を常に持っております。軍事力等はもちろんでございますけれども、国政の中で、エネルギーの供給を安定的に確保していくというのは大変大きな点だと思っております。  先日、エネルギーの勉強会をしておりましたら、アメリカの天然ガスですか、輸入の価格は割と上下をしておるのでありますが、日本の液化天然ガスの輸入価格が割と横ばいと申しますか、余り価格の変動がない中で我が国は液化天然ガスを輸……


44期(2005/09/11〜)

第164回国会 予算委員会第七分科会 第1号(2006/02/28、44期、自由民主党)

○西銘分科員 自由民主党の西銘恒三郎でございます。  予算も分科会に入り、いよいよ大詰めを迎えたなと、関係者の方々の予算編成から今日に至るまでの御苦労を多としたいと思います。  本日は、バイオマスエタノールについて質疑をしたいと思います。  実は、私の友人で石油備蓄の関係に勤めておる者から、大分早い段階からE3を勉強しろということをずっと言われておりました。なかなか取り組む時間もなかったのでありますが、ことしの一月に、坂本剛二団長を中心に与野党の国会議員団でブラジル・ブラジリアとサンパウロを訪ねる機会がございました。そこで、日伯議員連盟の会長代行さん、下院議員のデルガードさんとの面談の機会ある……

第169回国会 予算委員会第四分科会 第1号(2008/02/27、44期、自由民主党)【議会役職】

○西銘主査 これより予算委員会第四分科会を開会いたします。  私が本分科会の主査を務めることになりました。よろしくお願いいたします。  本分科会は、文部科学省所管について審査を行うことになっております。  平成二十年度一般会計予算、平成二十年度特別会計予算及び平成二十年度政府関係機関予算中文部科学省所管について審査を進めます。  政府から説明を聴取いたします。渡海文部科学大臣。
【次の発言】 この際、お諮りいたします。  ただいま文部科学大臣から申し出がありましたとおり、文部科学省所管関係予算の概要につきましては、その詳細は説明を省略し、本日の会議録に掲載いたしたいと存じますが、御異議ありませ……

第169回国会 予算委員会第四分科会 第2号(2008/02/28、44期、自由民主党)【議会役職】

○西銘主査 これより予算委員会第四分科会を開会いたします。  平成二十年度一般会計予算、平成二十年度特別会計予算及び平成二十年度政府関係機関予算中文部科学省所管について、昨日に引き続き質疑を行います。  質疑の申し出がありますので、順次これを許します。田中良生君。
【次の発言】 これにて田中良生君の質疑は終了いたしました。  次に、中森ふくよ君。
【次の発言】 これにて中森ふくよ君の質疑は終了いたしました。  次に、高木美智代君。
【次の発言】 これにて高木美智代君の質疑は終了いたしました。  次に、佐々木憲昭君。
【次の発言】 これにて佐々木憲昭君の質疑は終了いたしました。  以上をもちまし……

第171回国会 予算委員会第八分科会 第2号(2009/02/20、44期、自由民主党)【政府役職】

○西銘大臣政務官 道路事業の評価手法については、先生御指摘のように、現在、三つの便益の費用便益分析では、道路整備の効果をすべてとらえているわけではないという指摘は、第三者の有識者委員会からも指摘をされているところであります。また、地方からは安全と安心の確保等に、地域にもたらされるさまざまな効果についても御提案をいただいております。  この三つの便益以外の多様な効果に係る評価手法としましては、すべて貨幣換算化してBバイCで評価する方法と、貨幣換算化ができるものとまた貨幣換算化が難しいものを総合的に評価する方法、二つが考えられておりますが、この第三者の有識者の委員会では、便益の計算の精度あるいは二……


46期(2012/12/16〜)

第183回国会 予算委員会第六分科会 第1号(2013/04/12、46期、自由民主党)【議会役職】

○西銘主査 これより予算委員会第六分科会を開会いたします。  私が本分科会の主査を務めることになりました。よろしくお願い申し上げます。  本分科会は、農林水産省及び環境省所管について審査を行うことになっております。  なお、各省所管事項の説明は、各省審査の冒頭に聴取いたします。  平成二十五年度一般会計予算、平成二十五年度特別会計予算及び平成二十五年度政府関係機関予算中農林水産省所管について、政府から説明を聴取いたします。林農林水産大臣。
【次の発言】 この際、お諮りいたします。  ただいま林農林水産大臣から申し出がありました農林水産省関係予算の重点事項の説明につきましては、これを省略して、本……

第183回国会 予算委員会第六分科会 第2号(2013/04/15、46期、自由民主党)【議会役職】

○西銘主査 これより予算委員会第六分科会を開会いたします。  平成二十五年度一般会計予算、平成二十五年度特別会計予算及び平成二十五年度政府関係機関予算中農林水産省所管について、前回に引き続き質疑を行います。  この際、分科員各位に申し上げます。  質疑の持ち時間はこれを厳守され、議事進行に御協力をお願いいたします。  また、政府当局におかれましても、質疑時間が限られておりますので、答弁は簡潔明瞭にお願いいたします。  質疑の申し出がありますので、順次これを許します。東国原英夫君。
【次の発言】 時間が来ております。まとめに入ってください。


47期(2014/12/14〜)

第189回国会 予算委員会第二分科会 第1号(2015/03/10、47期、自由民主党)【政府役職】

○西銘副大臣 落合委員の御質問にお答えをしたいと思います。  まず最初に、我が国を取り巻く環境といたしまして、少子高齢化社会あるいは人口減少社会という大きな環境変化があります。その中で、国内の市場、需要が見込めない。  一方、先生御案内のように、アジアの地域は非常に今ダイナミズムがあります。先般、私もベトナムを訪問する機会がありましたが、我が国がアジアのダイナミズムを取り込んで、成長していこうという大きな環境があると考えております。  その中で、通信、放送、郵便、これらの事業は特に政府とかかわってくる、政治的な影響を受けやすいという点があろうかと思います。  民間が民間のみで事業を展開していこ……


48期(2017/10/22〜)

第196回国会 予算委員会第七分科会 第1号(2018/02/23、48期、自由民主党)【政府役職】

○西銘副大臣 熱の面的な利用としては、先生御指摘のように、温水、冷水、蒸気を導管によって、設備を整備しなければならないということで、初期投資がかなり大きく必要になってくるというのは御指摘のとおりだと思っております。  経産省では、地域に存在する分散型エネルギーを地域内で有効的に活用するために、先導的な地産地消型のエネルギーシステムの構築支援を行っております。これは経産省の予算規模で七十億円ぐらいになっております。また、国交省では導管等の整備についての支援がありますけれども、これは国交省の中では九十億円ぐらいの予算規模になっておると承知しております。さらに、総務省では、地方公共団体を核として、地……


※このページのデータは国会会議録検索システムで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2020/05/21

西銘恒三郎[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計/発言一覧 | 質問主意書