国会議員白書トップ衆議院議員篠原孝>委員会発言一覧(全期間)

篠原孝 衆議院議員
「委員会発言一覧」(全期間)

篠原孝[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計/発言一覧 | 質問主意書


このページでは篠原孝衆議院議員の委員会および各種会議の発言の冒頭部分と国会会議録検索システムの該当ページへのリンクをまとめています。
 篠原孝 衆議院議員「委員会統計」(全期間)には委員会および各種会議の活動状況の集計結果を示しています。


委員会発言一覧(衆議院)

43期(2003/11/09〜)

第159回国会 農林水産委員会 第9号(2004/03/31、43期、民主党・無所属クラブ)

○篠原委員 民主党の篠原孝でございます。  私も農林水産委員会では初めて質問させていただきます。質問の前に、一言、大臣にごあいさつ申し上げたいと思います。  私、大臣の就任を知ったのは、昨年、ちょうど一年前でございます。京都の水フォーラムに出席しておりまして、その報告ということで、ローマ、FAOに行ってくれということで行っておりまして、その朗報を受け取りました。  帰ってきて感激したことがございます。大臣が農林水産省に登庁されて、真っ先に私ともう一人の後輩の名前を挙げて、篠原ともう一人ですけれども、どこにいるんだというふうにお聞きになった。二十数年前、大臣の地元の農業者の会合に行ってお話をし、……

第159回国会 農林水産委員会 第12号(2004/04/21、43期、民主党・無所属クラブ)

○篠原委員 おはようございます。  きょうは、農業改良助長法と農業委員会法について質問をしたいと思っておりますが、その前に、皆さん御存じだと思いますけれども、日本歯科医師連盟による中央社会保険医療協議会の関係の汚職が新聞報道されております。この関係で、日歯連から資金提供を受けられた、言ってみれば有力な政治家の皆さんがおられるということで、通告は行っておると思いますけれども、冒頭この件についてお答えいただきたいと思います。亀井大臣にお答えいただきたいと思います。  金品の収受の有無。それから、金額と日時、複数の場合はそれもお答えいただきたいと思います。それから三番目に、収受の性格、寄附だったのか……

第159回国会 農林水産委員会 第13号(2004/04/27、43期、民主党・無所属クラブ)

○篠原議員 鳥インフルエンザの発生は、実に七十九年ぶりでございます。これは単に養鶏農家のみならず、国民の皆さんにも大変な重大な影響を与えたのではないかと考えております。  こういった事態は、我々民主党は、一つの有事ではないかというふうに考えておりまして、こうした場合は、国の危機管理、全責任を持って危機管理を行うべきではないかということで、民主党の法案を作成しております。  ですから、今梶原委員御指摘のとおりでございます。大きな組織を瞬時に動かすにはどうしたらいいか、やはり内閣に、内閣総理大臣を本部長といたしまして、高病原性鳥インフルエンザ対策本部を設けることとしております。  これはなぜかとい……

第161回国会 外務委員会 第3号(2004/11/02、43期、民主党・無所属クラブ)

○篠原委員 民主党の篠原孝でございます。  まず、冒頭でございますけれども、イラクにおきます不幸な事件。日夜、多分夜も寝られないで対応されておられるだろうと思います町村外務大臣以下、外務省の皆さんに敬意を表しておきます。  しかしながら、BSEという、ささやかな問題かもしれません、イラクの問題と比べたら。しかし、この点については、私は甚だおかしい対応をしているのじゃないかと思いますので、この一点に絞りまして質問させていただきたいと思います。  質問に入る前に、通告してありますけれども、全大臣、副大臣、政務官等に共通の質問をすることになっております。手短にお答えいただきたいと思います。  一つは……

第161回国会 予算委員会 第3号(2004/10/19、43期、民主党・無所属クラブ)

○篠原委員 民主党の一回生議員の篠原孝でございます。  どうも殺伐としてまいりましたので、話題を食べ物の話にかえたいと思います。  目の前においしい和牛、BSEに汚染されたかもしれないアメリカの牛肉じゃなくて、おいしい牛肉があることを想定して、和やかに、かつ緊張関係も保ちつつ、建設的に質問をさせていただきたいと思います。  私は、BSE問題一点に絞って御質問させていただきたいと思います。  このことを考えるに当たって非常に参考になることがございまして、それは、成長ホルモン牛肉問題というのがかつてありました、それから、サリドマイド児問題というのがありましたので、対応を考えるに当たって非常に参考に……

第162回国会 国際テロリズムの防止及び我が国の協力支援活動並びにイラク人道復興支援活動等に関する特別委員会 第3号(2005/04/13、43期、民主党・無所属クラブ)

○篠原委員 民主党の篠原孝でございます。  この委員会では初めて質問させていただきます。外務大臣、十一時にほかの委員会に行かれるということで、ちょっと質問の順番が通告と異なりますけれども、外務大臣の方に質問させていただきたいと思います。  イラク問題を考えるに当たって、防衛なり安全保障について我々日本国民の意識がどう変わってきたかというのを考えますと、非常に急激に変わってきたんじゃないかなと私は思っております。  私の学生時代、今から三十数年前ですけれども、防衛大学校を卒業された方が、大学院で土木を勉強したいということで、私がおりました大学がその大学院生を受け入れたわけです。そうすると、違憲の……

第162回国会 国土交通委員会 第21号(2005/06/10、43期、民主党・無所属クラブ)

○篠原委員 民主党の篠原孝でございます。  四十五分ほど時間をいただきまして、質問をさせていただきたいと思います。  私は和田さんと同じように役人上がりでございますけれども、あちらは若くて、若手官僚続々民主党から出馬というんでしょうけれども、私の場合は、仙谷政調会長から、おじん官僚の篠原さんみたいな人が民主党から出てくれたといって民主党に仲間入りさせていただいた一人でございます。  なぜ年齢を申し上げるかといいますと、私は団塊の世代でございまして、高度経済成長を支えたのが団塊の世代、それでこの国土総合開発法とともに育ったのが団塊の世代じゃないかと思っております。  私にも記憶がございます。どう……

第162回国会 内閣委員会 第9号(2005/04/15、43期、民主党・無所属クラブ)

○篠原委員 民主党の篠原でございます。  今、委員長の御指摘のとおり、十八分しかございませんので、七問、時間がよくわからなくて七問ほどやったんですが、これはとてもすべてお答えいただくわけにはいきませんので、少々省きます。  それで、まずお願いですけれども、きょう、答弁者を指定していただいたんですが、こちらからもリクエストで、三番は小坂さんに前向きに答えていただきたい。五番は、また違った意味で、西川さんに前向きに答えていただきたいので、ほかの方がお答えいただくのはいいんですが、ぜひそのようにお願いしたいと思います。  それで、一番は抽象論なので省かせていただきます。それで、二番目の方からスタート……

第162回国会 農林水産委員会 第6号(2005/03/30、43期、民主党・無所属クラブ)

○篠原委員 民主党の篠原孝でございます。  きょうは三十分ほど時間をいただきまして、食料・農業・農村基本計画について質問をさせていただきたいと思います。  この計画というのは、今後五年間あるいは十年間の農政の根幹をなすものでして、非常に大事なことだと思います。いろいろお伺いしたいことはあるんですが、きょうは自給率一点に絞りまして質問をさせていただきたいと思います。  なぜかという理由、ちょっと長くなるんですが、申し述べさせていただきます。  五年前にこの計画はできました。食料・農業・農村基本法というのができまして、新しい農政が始まるということで、全国の農民の期待は大きかったわけです。しかし、正……

第162回国会 農林水産委員会 第10号(2005/04/14、43期、民主党・無所属クラブ)

○篠原委員 民主党の篠原孝でございます。  きょうは、農業経営基盤強化促進法について質問させていただきます。  予算委員会の席で、大臣の前でも申し上げましたけれども、いろいろな行政、難しいんですが、やはり農政は本当に難しいんじゃないかと思います。世界じゅうでうまくいっている国はほとんどない。財政事情が悪い中で補助金をどんどんつぎ込まざるを得ないというような問題があるかと思います。  日本の農政を見た場合、いろいろな難しいところがありますけれども、私はやはり農地問題、これに絡む問題ほど難しい部分はないんじゃないかと思います。  戦後の農政をリードされた方に東畑精一さんという方がおられます、東京大……

第162回国会 農林水産委員会 第18号(2005/06/08、43期、民主党・無所属クラブ)

○篠原委員 民主党の所属である篠原でございます。  きょうは、農家民宿、これの振興というのは非常に大事だ。中山間地域の振興ということを考えた場合、農業はもちろんあるわけですけれども、それだけではなかなか立ち行かない、そうしたときに一体どういう方法があるかということを考えますと、これは兼業といえば兼業かもしれませんけれども、必ずしも兼業とは言えない。農家が収入を得る。農業をやりながら、自分の家に泊まっていただいて、体験していただいてということですね。これは非常にいいやり方ではないかと思っております。  ですから、我が国の農業の振興、中でも、中山間地域の振興を図るという観点から、エールを送る意味で……

第162回国会 予算委員会 第6号(2005/02/04、43期、民主党・無所属クラブ)

○篠原委員 民主党の篠原でございます。  五十分ほど時間をいただきまして、先ほど小泉議員は日本経済全般の問題について質問されておりましたけれども、私は、地方の活性化、地域経済の活性化という観点に絞りまして質問させていただきたいと思います。  皆さんのお手元に十七ページ余りの資料、お配りすることになっておりますけれども、まだ届いておりませんでしょうか。領収書の写しとか収支報告書の写しとか、そういうのは入っておりませんので、安心して、嫌がらずにごらんいただきたいと思います。  まず、教育問題。今、少子高齢化についていろいろな議員の方が質問されております。ですから、少子化問題については触れません。教……

第162回国会 予算委員会 第17号(2005/02/22、43期、民主党・無所属クラブ)

○篠原委員 民主党の篠原でございます。  私は、質問通告を四点ほどしてありましたけれども、同僚の中津川議員がBSE問題についてはほとんど質問し尽くされましたので、原料産地表示が一つありますけれども、これは後回しにしまして、この前の続きの農山漁村の活性化の問題、それから、その延長線上にありますけれども、学校給食の問題、それからCO2の排出削減について、ちょっと盛りだくさんなので、矢継ぎ早に質問させていただきたいと思います。  まず最初に、厚生労働大臣にお尋ねいたしますけれども、最近、Uターン希望者がふえている、UターンだけじゃなくてJターン、Iターンですね、そういったことが国立社会保障・人口問題……


44期(2005/09/11〜)

第163回国会 外務委員会 第1号(2005/10/07、44期、民主党・無所属クラブ)

○篠原委員 民主党の篠原孝でございます。外務委員会に初めて所属させていただきまして、質問させていただきたいと思います。  この席に立ちますと、ついつい米とか農地とかという言葉が出てきちゃいそうなんですが、農林水産委員会もここで開いておりましたけれども。皆さん御存じのとおり、この間の解散で都市部の議員はほとんど失いまして、農村部の議員が非常に残っておりまして、農林水産委員会はめでたく追い出されまして、私、希望いたしましてこの外務委員会に所属させていただいております。  今回の解散、いろいろな問題があったと思います。郵政一本でやりましたけれども、私は、景気はよくならない、農村地域は疲弊したままだ、……

第163回国会 環境委員会 第3号(2005/10/25、44期、民主党・無所属クラブ)

○篠原委員 民主党の篠原でございます。  きょうは二十分間だけですので、焦点を絞って質問をさせていただきたいと思います。  もう既に、同僚議員、田島委員等が触れられましたけれども、私は、地球環境問題それから環境税の問題について質問をさせていただきたいと思います。  つい先ごろ、温室効果ガス排出量の速報値というのが出まして、まだ確定値じゃないようでございますけれども、京都議定書の基準年、一九九〇年と比べますと、下げなくちゃいけないのに七・四%もふえてしまっている。一年前とは減っているわけです。理由として、原発の利用率が回復したとかいうのが書いてありました。しかし、中身を見てみますといろいろなこと……

第163回国会 災害対策特別委員会 第4号(2006/01/19、44期、民主党・無所属クラブ)

○篠原委員 民主党の篠原孝でございます。  十五分間で五省庁の方においでいただいていますので、一省庁三分ぐらいになります、端的に質問させていただきまして、端的にお答えいただきたいと思うんです。  まず、積雪量というのが盛んに出てくるわけですけれども、今回のニュースを聞いておりまして非常に疑問に思ったことがあります。いつも、先ほど鷲尾委員のところにも出てまいりました津南町というのが豪雪地帯でございます、津南町が三メートル九十六とか出てくるんですが、その次に飯山市が二メートルとか出てきて、栄村が登場いたしましたのは、四〇五号線が閉鎖されてからなんですね。これはなぜかということを調べてみますと、そこ……

第163回国会 郵政民営化に関する特別委員会 第4号(2005/10/11、44期、民主党・無所属クラブ)

○篠原委員 民主党・無所属クラブの篠原孝でございます。  十七分間という短い時間をいただきまして、押し迫っておりますけれども、二点に絞りまして質問させていただきたいと思います。資料を早くお配りいただきたいと思います。特に自民党席の方には早くお配りいただきたいと思います。  今、もう何か押し迫ってまいりまして、この間の通常国会でどのように議論されたかというのを余り顧みないで議論されているような気がいたします。ちょっと思い起こしていただきたいんですが、簡単なことです、衆議院で可決し、なぜ参議院で否決したかというのを。  いろいろな理由があるんでしょうけれども、一番簡単な理由は、参議院の方が地方の声……

第164回国会 外務委員会 第5号(2006/03/15、44期、民主党・無所属クラブ)

○篠原委員 民主党の篠原孝でございます。  今国会では外務委員会で初めて質問をさせていただきます。外交問題、もう既にいろいろな方が質問されておりますけれども、山ほどあります。私もそういったものについてお伺いしたいことがあるんですが、それはさておきまして、きょうは、外交の体制の整備について、援軍の意味を含めましてちょっと質問というか指摘させていただきたいと思います。  私も、にわか外交官で、パリに三年ほど外務省のお世話になったことがございまして、ですから、一歩外から、外務省の組織体制のあり方、こうしたらもっとうまく動くんじゃないかなというのを感じたことがございまして、ずっとそれを温めておりました……

第164回国会 外務委員会 第7号(2006/03/29、44期、民主党・無所属クラブ)

○篠原委員 おはようございます。民主党の篠原孝でございます。  きょうは、EPAに関連いたしまして、日本の将来の国づくりがいかにあるべきかということ、これは、こんなこと言っては失礼かもしれませんが、前の外務大臣にはこういうことはお聞きいたしません。麻生大臣はポスト小泉の一人としていろいろ取りざたされておられます。国づくりについていろいろお考えになっておられるはずだと思います。  私の記憶が正しければ、麻生政調会長時代、小泉総理が総理になられたばかりのころに、構造改革、構造改革と言っておられるけれども、ではその先の日本の姿は一体どうなんだということを麻生政調会長がお聞きになったはずです、私の記憶……

第164回国会 外務委員会 第11号(2006/04/21、44期、民主党・無所属クラブ)

○篠原委員 おはようございます。  きょうは、日韓刑事共助条約について質問させていただきます。  最初に、前回の外務委員会に突然渡部恒三国対委員長がお見えになりまして、びっくりさせたことをおわびしたいと思います。  あれは、本人がおられましたので説明いたしませんでしたけれども、石橋湛山さんを非常に信奉されているそうでございまして、私が、小日本主義を盾に、工的大日本主義はだめで、環的あるいは農的小日本主義でいった方がいいといって外務大臣と論争すると言ったら、見てやるということで、お邪魔しまして、それで、効果はありまして、民主党の連中に活を入れてやる、それから大臣にも活を入れてやらなくちゃいけない……

第164回国会 外務委員会 第13号(2006/05/10、44期、民主党・無所属クラブ)

○篠原委員 おはようございます。民主党の篠原でございます。  松原委員の質問に続きまして、私も竹島問題をしたいなと思うんですが、ちょっと余計なことを最初に申し上げさせていただきますと、私、一九九四年から三年間ほど水産庁企画課長というのをやりました。内閣に海洋法対策室ができましたが、内閣は法律を通したり、やったり、実行部隊がないということで、私、水産庁の海洋法対策室長という全体を取り仕切るのを兼任いたしまして、EEZ、排他的経済水域法、それから何と不思議なんですが、領海法まで私が担当課長として法案を通すということをやりましたので、竹島問題については言いたいことが山ほどあるんですが、きょうは日英、……

第164回国会 外務委員会 第16号(2006/05/19、44期、民主党・無所属クラブ)

○篠原委員 民主党の篠原孝です。  きょうは、排他的経済水域それから竹島問題について集中して質問させていただきたいと思います。  その前に、今お二人の与党自民党の愛知委員それから伊藤委員の質問あるいは質疑応答を聞いておりましたが、非常に、やはり内容が違う、さすが重みがあるということをつくづく関心いたしました。こういう議論が外務委員会で続けば、ちょっと外務大臣は大変だろうと思いますけれども、非常にいいことではないかと思っております。  それで、この前の委員会で、ちょっと私、どじをいたしまして、委員長不在のときに申し上げたことを委員長にぜひ繰り返してお願いしておきたいことがございまして、言わせてい……

第164回国会 外務委員会 第17号(2006/05/26、44期、民主党・無所属クラブ)

○篠原委員 民主党の篠原でございます。  きょうは、国連公海漁業協定の関連で質問をさせていただきます。  資料を例によって、というかほとんど出しておりますけれども、またきょうもお配りしてありますので、それをちょっとごらんいただきたいと思います。  私、協定というようなもの、条約というふうになると、英語も多少わかりますもので両方を比べるんですが、今回のこの条約は、ストラドリング・フィッシュ・ストックというので片仮名の名前がそのまま使われているわけです。  条約の訳を見ましたら、いろいろなものが使われていました。「アジェンダ」「プログラムエリア」「データ」「オブザーバー」それから「船舶監視システム……

第164回国会 外務委員会 第22号(2006/08/02、44期、民主党・無所属クラブ)

○篠原委員 私は、きょうは、七月二十七日に決定されましたBSEの関係ですけれども、米国産牛肉の輸入再々開、これに絞りまして質問をさせていただきたいと思います。  小泉政権、間もなく幕を閉じようとしているわけですけれども、この光と影とかいうことを言われていますけれども、私はいろいろな問題、解決していくんじゃないかと思う。格差社会というのが言われています。大問題ですけれども、一生懸命頑張れば格差社会はなくなっていくと思う。しかし、BSEのこの問題、簡単に再々開したということは、影の部分でも真っ黒々の影で、なかなか黒いのが消えない影になるんじゃないかと思っております。  この点に関してでございますけ……

第164回国会 環境委員会 第4号(2006/02/24、44期、民主党・無所属クラブ)

○篠原委員 民主党の篠原孝でございます。  大臣の所信に対しまして質問させていただきます。  所信のところから入らせていただきますが、ふろしきというのが今話題になっております。私もふろしきの愛好者でございまして、どういうときに一番使ったかというと、二十数年前アメリカに留学させていただいているときに、やたらリーディングアサインメントというのをいただきまして、山ほどあってわけがわからない、ふろしきに包んで持ってまいりました。  もったいないふろしきと言っておられますけれども、そのころは私はミラクルバッグと言っていまして、これはアメリカ人がつけた名前でして、教えてやりました、持っていましたので。とこ……

第164回国会 環境委員会 第9号(2006/04/28、44期、民主党・無所属クラブ)

○篠原委員 民主党・無所属クラブの篠原でございます。  きょうは、地球温暖化防止問題につきまして、特に京都議定書について質問させていただきたいと思います。  きょうは、私、緑の羽根をつけまして、緑のネクタイをしてきております。緑の服というのは持っておりませんでした。リューイーソーにはなりませんで、失礼いたしました。緑の羽根、大臣と委員長とあと秘書官しかつけておられないようです、こちらの方に数人心がけのいい方がおられますけれども、皆さんもぜひ緑の羽根をつけていただきたいと思います。  まず、今回の一番の問題というかトピックスはCDM、クリーン・ディベロップメント・メカニズム、これの問題でございま……

第164回国会 環境委員会 第11号(2006/05/12、44期、民主党・無所属クラブ)

○篠原委員 民主党の篠原孝でございます。  小池環境大臣がおられませんが、始めさせていただきます。いていただいた方がいいんです。なぜかといいますと、地球温暖化対策をきちんとやっていくには、一環境省だけでは無理だ、関係省庁、皆一体となってやってもらわなくちゃ困るんだと私がいろいろ質問しますと、小池大臣は、もう二、三回言われていますけれども、それはほかの省庁に言ってくださいというのを何回も言われておりますので、きょうは、本当にまことに済みませんけれども、桜井総務大臣政務官それから片山経済産業大臣政務官にもおいでいただきまして、環境行政について、いかにきちんとやっていく決意ができているかという所信を……

第164回国会 環境委員会 第16号(2006/05/30、44期、民主党・無所属クラブ)

○篠原委員 民主党の篠原でございます。  今の御質問に関連してちょっと一言だけ述べさせていただきますと、公海流し網漁業というのがかつて太平洋の真ん中で行われていたんです。御存じの方もいっぱいあるかと思います。イカ流し網なんですが、それは今と同じでして、イカだけじゃなくてカメとか鳥とかみんなかかってしまう、よくない、では、網目を大きくするかと。あるいは、流し網というのは何キロもあって、三十キロぐらいになるんだそうです。ですから、外国の環境保護団体からは、デスウオール、死の壁だというふうに批判されて、国連でさんざん議論されておりましたけれども、ターゲテッドスピーシーズ、イカだけに限定するんだったら……

第164回国会 行政改革に関する特別委員会 第9号(2006/04/11、44期、民主党・無所属クラブ)

○篠原委員 民主党の篠原孝でございます。  二十分ほど時間をいただきまして、国有林野改革を中心に質問させていただきます。  行政改革、私は非常に大事なことだと思います。私も役人生活を送りましたが、農林水産省というかつて八万騎とかおりました役所におりまして、行革の対象になりまして、行革事務局には感謝されるぐらいいっぱい仕事をさせていただいたんじゃないかと思います。  これがいいか、これが官か民かというのを考えていかなくちゃいけないんですが、よくよく見てみますと、行革行革で、行革はすべて善だ、絶対的正義だ、絶対的善だという形で議論が行われてきてしまったんじゃないかと思っております。  国有林野事業……

第164回国会 行政改革に関する特別委員会 第10号(2006/04/13、44期、民主党・無所属クラブ)

○篠原委員 民主党の篠原孝でございます。  先ほどの議論を伺っておりますと、総理が答弁されたくてうずうずしておられるようですので、きょうはたっぷり総理に質問させていただきます。  まず、食品安全委員会。最近新聞紙上をにぎわせております。資料をお配りしております。先ほど田島さんの資料は一枚で簡潔明瞭にできているということですが、私のは例によって八ページでして、たくさんありますけれども、非常に教育的なペーパーじゃないかと思いますし、おもしろいペーパーでもありますので、手前みそですけれども、じっくりお読みいただきたいと思います。  まず、プリオン専門調査会の委員の任免についてですけれども、これはなか……

第164回国会 農林水産委員会 第5号(2006/03/16、44期、民主党・無所属クラブ)

○篠原委員 民主党の篠原孝でございます。  今国会で初めて農林水産委員会で質問させていただきます。私の時間、予定では十時までになっておりますけれども、きょう、大事な法案を提出するのに立ち会わなければなりませんで、五、六分早目に終わらせていただきますので、御了解いただきたいと思います。  独立行政法人の問題、いろいろありますけれども、きょうは一点に絞りまして質問させていただきたいと思います。  その前に、そもそもの話をさせていただきます。  私は、農林水産省の皆さん、非常にまじめでみんな一生懸命働いておられると思います。そうした中で、どれが一番、二番というわけじゃないんですが、試験研究機関の皆さ……

第164回国会 農林水産委員会 第7号(2006/04/05、44期、民主党・無所属クラブ)

○篠原議員 お答えいたします。  直接支払いというのは、三年前の政府の答弁のような考え方がございます。直接支払いということは、今はこの言葉だけで言われていますけれども、昔は言い方がいろいろございまして、直接所得支持あるいは直接所得補償と言われて社会保障的な考え方が取り入れられたものです。  この対極にあるのは、所得支持の反対ですけれども価格支持です。価格支持をしていると、あるいは、米とか麦とかの価格を高くしておくと大規模な農家にばかり補助金が行ってしまう。それはよくないから、本当に必要な人たちにだけ社会保障的に直接支払いでやりましょうというのが直接支払いの考え方です。ですから、直接支払いは、そ……

第164回国会 農林水産委員会 第8号(2006/04/12、44期、民主党・無所属クラブ)

○篠原議員 価格の問題はいろいろあるかと思いますけれども、そもそも論でちょっと答えさせていただきますと、直接支払いというのは、今までの価格支持と比べると、価格支持は、消費者の負担において価格を高くしておいて、消費者の負担で生産者にたくさんお金が行くというのをやめまして、EPAとかFTAがあるわけですけれども、それは入ってくるのは仕方がない、しかし、その分、今度は消費者負担じゃなくて納税者負担で農家にちゃんとお金が行くようにしましょうというのですから、理論的にいきますと、価格の面の差というのはそれほどなくなってくるのではないかと思います。  そもそも、それが基本ですから、価格面で、国産の小麦と輸……

第164回国会 農林水産委員会 第9号(2006/04/20、44期、民主党・無所属クラブ)

○篠原議員 お答えいたします。  一〇〇%完全なものというのはなかなかできにくいんだろうと思いますけれども、岡本委員御指摘のとおり、法律に書く以上はきちんとしなければならないという指摘は、そのとおりでございます。我々もそれなりに計算してあります。  五〇%の方で申し上げますと、今四〇%なわけですけれども、まず米でございますけれども、米は、余ったりしているということで、これは需要量に見合う生産を行うということで、面積でいいますと百三十から百四十万ヘクタール、この程度を想定しております。  小麦ですけれども、小麦以下は、目安というか、計算上可能であると。どういうふうに考えたかといいますと、過去、我……

第164回国会 農林水産委員会 第11号(2006/05/11、44期、民主党・無所属クラブ)

○篠原議員 お答えいたします。  自給率、日本を除いた先進国は皆、戦後、上げようと努力しております。今ここに、手元に細かい数字がございます。  イギリスの例で、一番上がったときのことでお答えいたしますと、一九七六年、カロリー自給率が四八%でしたけれども、一九八六年、十年後には七四%になっております。七〇%ぐらいにはすぐに行きまして、その後はちょっと減ったりふえたりいたしまして、今私の手元にあります数字によりますと、一番最近の二〇〇二年では七四%というふうになっております。このところにありますとおり、イギリスの場合は、一番自給率が急激に下がった先進国として特徴的な国だと思います。  そのイギリス……

第164回国会 農林水産委員会 第13号(2006/05/17、44期、民主党・無所属クラブ)

○篠原議員 世界じゅうどこでも農業というのは家族農業中心で行われております。ですから、我々は同じように考えまして、家族農業をバックアップする、普通の農家をバックアップするという考え方で法案をつくっております。  これはどうしてかといいますと、理想的には、政府案の言葉をかりれば集落営農というのもあるわけです。ですけれども、これはなかなか難しくて、失敗しているわけですね。例えば、その代表的なのは、もう崩壊しておりますけれども、ソ連の時代のコルホーズ、ソホーズです。国営農場と共同農場。そこは生産性が上がらず、小さな自留地、自分の土地を耕して、そちらの方からほとんどの野菜や何かが供給されているという事……

第164回国会 農林水産委員会 第16号(2006/06/07、44期、民主党・無所属クラブ)

○篠原委員 民主党の篠原でございます。  しばらくぶりに質問させていただきます。答弁調の質問にならないように、質問調の質問をさせていただきたいと思います。  きょうは、米国産牛肉の輸入再々開問題は一番最後に触れさせていただくことにしまして、農山村、特に山村で非常に問題になっております鳥獣被害、これは私は環境委員会でちょっと質問をしたりしたんですが、その延長線上で、農業にも非常に深くかかわるわけでして、質問させていただきたいと思います。  質問する前に、常識で皆さんがどう考えているかというのをちょっと教えていただきたいのですが、犬は鎖につながなければいけないというふうにいろいろなところで決められ……

第164回国会 予算委員会 第12号(2006/02/15、44期、民主党・無所属クラブ)

○篠原委員 きょうは、一時間時間をいただきました。この問題は、皆さんおわかりだと思います。今、農林水産大臣あるいは厚生労働大臣、松田大臣、四苦八苦しながら答弁されておられますけれども、この問題は総理が相当深くかかわっておられるわけです。私は総理にちょっと質問しようと思ったわけですが、きょうはおられませんので、日本国政府の一員として、同じ立場にあられます厚生労働大臣に、食肉加工処理工場の担当ということで、中心に質問させていただきたいと思います。  資料を今お配りしてあるかと思いますので見ていただきたいんですが、西川委員、我々と同じところに行ってこられました。大体感じは同じだろうと思います。大分違……

第166回国会 環境委員会 第4号(2007/04/03、44期、民主党・無所属クラブ)

○篠原委員 民主党の篠原でございます。環境委員会では久しぶりに、若林環境大臣には初めて質問させていただきます。  まず、温泉ですけれども、先ほどから皆さん触れておられますけれども、日本は温泉大国、こんなに温泉好きな国民はいないんじゃないかと思います。  若林大臣と私しかわからない話を先に申し上げますと、私は小さいころは温泉なんか余り好きではありませんでした。ただ、私の祖父が、じいさんが好きでして、農作業の合間に、中野の松川に温泉があったんです、湯田中から引いてきて。済みません、ローカルな話で。それで、温泉なんか嫌だったんですが、じいさんが帰りにどこか食堂に寄って一杯ひっかける、そのときに私にう……

第166回国会 農林水産委員会 第2号(2007/02/21、44期、民主党・無所属クラブ)

○篠原委員 民主党の篠原孝でございます。きょうは、次の内閣の農林水産大臣として、初めて質問させていただきます。  冒頭でございますけれども、私の同期の須賀田菊仁経営局長が一月に残念ながらお亡くなりになりました。多分ここの委員会でも名物局長だったんじゃないかと思います、名物役人でした。まず彼に哀悼の意を表しつつ、真剣に議論をさせていただきたいと思います。  きょうは、皆様のお手元に資料をお配りしております。  所信の中でいろいろ松岡大臣の御所見を伺わせていただきましたが、私は、今一番大事、どれが一番、二番とつけるのは失礼かと思いますけれども、農政の大転換期に当たっているということでございますし、……

第166回国会 農林水産委員会 第5号(2007/03/20、44期、民主党・無所属クラブ)

○篠原委員 では、続きまして質問させていただきます。  資料をお配りしてありますか、早く配ってください。  独立行政法人問題に最初触れさせていただきたいと思います。今資料を配っておりますが、ごらんいただきたいと思います。  総務省の河合政務官においでいただいておりますので、先に河合政務官の方にお尋ねしたいと思います。  政務官には渡っていると思いますけれども、資料の三ページ、三枚目のところを見ていただきたいと思います。  独立行政法人、あちこちで独法、独法と言うので、皆さん知らない人がいないぐらいの言葉になっております。こんなものは、十年前、十五年前、だれも知らなかったんです。  私は、行政改……

第166回国会 農林水産委員会 第10号(2007/04/11、44期、民主党・無所属クラブ)

○篠原委員 それでは、漁業関係の法律改正につきまして、質問させていただきます。  この法律の改正の一つの眼目が、許可の更新のときに経営状況を勘案するというのを何か今非常に大事みたいな感じで改正していますが、それでは、今まで、経営状況というのは一切関係なしに許可されてきたんでしょうか。
【次の発言】 非常に私はいい改正だと思っておりまして、歴代の企画課長が多分一番サボっておったんじゃないかと思っております。  いいことなんですが、ちょっと心配がありまして、なれている人となれていない人、プロじゃない人がやるとミスをしでかす。経理の関係は難しいんですね。ちょっとミスしておられて、僕は大臣のミスではな……

第166回国会 予算委員会 第17号(2007/03/01、44期、民主党・無所属クラブ)

○篠原委員 民主党の篠原孝でございます。  予算委員会で久しぶりに質問させていただきます。  今、資料を皆様方の手元にお配りしておりますので、それをごらんになりながらお聞きいただきたいと思います。  地域間格差、いろいろ問題にされております。今、岩國委員は、教育格差を中心にいろいろ御指摘なさったかと思います。格差はいろいろあると思います。安倍総理がいろいろおっしゃっておられるように、個人のところにいろいろ格差があっていいんだ、仕方がないんだ、これは私はそのとおりだと思います、いろいろあると。  それから、格差がどうなっているかというのは、年代に応じてちょっと変わってきているというのが僕はあるん……

第168回国会 外務委員会 第3号(2007/11/02、44期、民主党・無所属クラブ)

○篠原委員 民主党の篠原でございます。  おくればせながら、高村大臣、外務大臣就任おめでとうございます。  四半世紀前に、新進気鋭の、二年生議員か一年生議員かちょっと忘れましたけれども、高村大臣に初めてお会いしましたときに、このようなところでこういう形で討論を闘わすというのは夢にも思いませんでした。四年前に私が図らずも民主党の国会議員として国会に議席を得ましてからは、一日も早くこういう事態が来るのを望んでおりまして、きょうやっとその機会がめぐってまいりましたことを非常に喜んでおります。  きょうは、やはり私は、大事な節目も迎えておりますテロ特措法の関係について御質問させていただきたいと思います……

第168回国会 外務委員会 第5号(2007/12/07、44期、民主党・無所属クラブ)

○篠原委員 民主党の篠原でございます。松原節を十分堪能させていただいた後、私がオーソドックスな質問をさせていただきます。  まず、冒頭ですけれども、いいことを、いいことというか、二つ申し上げたいと思います。  さきの日米首脳会談で福田総理が牛肉の関係について、BSEの関係について、後でちょっと資料で触れますけれども、科学的な根拠に基づいてやっているので、そう簡単に条件を緩和することはできないというふうにきっぱりとおっしゃって帰られたと。二、三年前の、ぐだぐだした、すぐオープンして、またどじがあって、それでまたストップしてというのと比べたら、非常に毅然とした態度であったんじゃないかと思います。こ……

第168回国会 政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会 第1号(2007/09/10、44期、民主党・無所属クラブ)

○篠原委員 動議を提出いたします。  委員長の互選は、投票によらないで、棚橋泰文君を委員長に推薦いたしたいと存じます。
【次の発言】 動議を提出いたします。  理事は、その数を八名とし、委員長において指名されることを望みます。

第168回国会 政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会 第2号(2007/12/07、44期、民主党・無所属クラブ)

○篠原委員 ただいま議題となりました附帯決議案につきまして、提出者を代表して、その趣旨を御説明申し上げます。  案文の朗読により趣旨の説明にかえさせていただきます。     地方公共団体の議会の議員及び長の選挙に係る電磁的記録式投票機を用いて行う投票方法等の特例に関する法律及び最高裁判所裁判官国民審査法の一部を改正する法律案に対する附帯決議(案)   現行制度は、平成十三年に、地方公共団体が条例で定めるところにより、当該地方公共団体の選挙を電子投票で実施できるように特例を認めるものとして導入され、これまでに条例を制定し電子投票を実施した地方公共団体はパイロット的な役割を果たしてきた。しかし、条……

第169回国会 外務委員会 第3号(2008/03/26、44期、民主党・無所属クラブ)

○篠原委員 民主党の篠原でございます。  きょうの質問者は皆、三原さんはアフリカに何度も行かれ、先ほど伺っておりましたら、野田さんも韓国、台湾に行かれて、それで質問されておりまして、私は中国にほとんど行っていませんし、行かせてもらっていないんですが、きょうは中国問題に焦点を当てて質問させていただきたいと思います。  中国問題といってもいっぱいありまして、特に最近は多くあり過ぎて、本当は三時間ぐらいかかってしまうんですが、三つの問題についてお尋ねしたいと思います。  一つは、東シナ海の資源開発問題、二つ目は、高木さんも触れられておりましたけれども、中国産の毒ギョーザ問題、三つ目は、前回の委員会で……

第169回国会 外務委員会 第4号(2008/04/02、44期、民主党・無所属クラブ)

○篠原委員 民主党の篠原でございます。  きょうは、民主党オールキャスト、ほぼフルキャストで質問をしておりまして、私、先輩議員に続きまして、最後のスイーパーで質問させていただきたいと思います。午後の質問ですし、ちょっと今、松原さんの非常に大きな声で皆さん目が覚めたかと思いますけれども、ずっと同じような質疑をされておりますので、ちょっと形を変えて質問させていただきたいと思います。  きょうの議論を私はずっと聞いておりまして、何か足りないなと思う点があるわけです。何かというと、この大事な防衛問題について、別に江渡副大臣じゃ足りないというわけじゃないんですけれども、防衛大臣がここにおられないというこ……

第169回国会 外務委員会 第5号(2008/04/04、44期、民主党・無所属クラブ)

○篠原委員 民主党の篠原孝でございます。  私も捕鯨問題に非常に関心がありまして、リレー質問をしたいところですが、ダブるといけませんし、別の質問をさせていただきたいと思います。  おとといの質問の延長線上でございますけれども、いろいろな国がいろいろな対応をしているんだろうと思います。それは、答弁にもいろいろありましたけれども、各国の事情によってアメリカ軍に対する援助の仕方が違う。  二年前に私は外務委員会に所属させていただいておりまして、小野寺副大臣と一緒に外務委員会の派遣でキルギスに行かせていただきました。そこで仕入れたネタでございますけれども。  アメリカ大使がおられまして、その方と懇談を……

第169回国会 外務委員会 第6号(2008/04/09、44期、民主党・無所属クラブ)

○篠原委員 おはようございます。民主党の篠原孝でございます。  きょうは、在外公館の関係の質問をする予定なんですけれども、それにかかわりまして、外務省の外交のあり方全般について質問させていただきたいと思います。  例によって、資料をつくって皆さんにお配りしてありますので、じっくりごらんいただきたいと思います。毎日夜一時ぐらいまでかかっております。きのうは一時半でした。  まず、給与の問題。民主党の中にもいろいろ意見があります。日銀副総裁についても意見が分かれておりますけれども、いろいろ意見があっていいのではないかと思います。  資料の一ページを見ていただきたいんですが、外交官バッシングというの……

第169回国会 外務委員会 第8号(2008/04/16、44期、民主党・無所属クラブ)

○篠原委員 民主党の篠原孝です。  EPA、FTAの問題、非常に大事な問題でございまして、今、野田さん、松原さんも似たようなところに問題があるということで指摘されておられます。今の、例えば韓国と日本の問題なんというのも大事な問題でして、それもちょっと後で触れさせていただきたいと思います。  まず最初に、EPA、これは次から次に結んできていますけれども、一体どういうきっかけでというか、どういう基準でこういった国々と次々と交渉を始めてきたのか。この国は何番目でこの国は、何番目というのはいいんでしょうけれども、こういった国と先にやらなければいけないというのはどういうふうに決めてきておられるんでしょう……

第169回国会 外務委員会 第12号(2008/05/09、44期、民主党・無所属クラブ)

○篠原委員 民主党の篠原です。  WTOの関係、医薬品有効成分の譲許表の関係について質問させていただきます。  WTO農業交渉、私は長い間携わってきたわけですけれども、今回、医薬品の関係を見ますと、医薬品は素人でございまして、えらい違いにびっくら仰天したんですね。いまだもってWTOの農業交渉は米問題に、米、米、米、米というので、何か頭の上に石が載っかっているみたいな感じで交渉をやっているんですけれども、医薬品関係をちょっと見てみたら、そういうものはさっぱりないような気がするんです。  このWTOの交渉と医薬品関係の関係というか位置づけというか、どうなっているんでしょうか。何にも問題になっていな……

第169回国会 外務委員会 第13号(2008/05/14、44期、民主党・無所属クラブ)

○篠原委員 民主党の篠原でございます。  いつもそうですけれども、民主党の最終バッターで、締めくくり総括質疑をさせていただきます。  実は、ちょっと最初に二つお願いがございまして、一つは、私に与えられたテーマはマグロ漁業なんですが、野田さんが一時間、非常に微に入り細に入り、捕鯨については議員連盟に入っておられたのは知っていたんですが、マグロ漁業についてもなかなか詳しくて、私が質問させていただこうと思っていた大半が終わっておりますので、通告していない部分も聞かせていただきますけれども、一般的にちゃんと答えていただくので結構でございますから、対応していただきたいと思います。  それから二つ目は、私……

第169回国会 外務委員会 第14号(2008/05/16、44期、民主党・無所属クラブ)

○篠原委員 民主党の篠原です。おはようございます。  私、国会議員になりまして四年ちょっとで、いろいろな委員会に所属しましたけれども、今シーズンの外務委員会ほどきちんと議論している委員会はなかったんじゃないかという気がしております。これはひとえに、まじめな委員長と超まじめな与野党筆頭理事と質のいい委員とそれから立派な外務大臣、副大臣のなせるわざではないかと思います。  国民のために、日本の外交をきちんとしていくためにいろいろ議論しなくてはならないんですが、我々委員の教養を高めたりしていくための議論もあってもいいんじゃないかと思いまして、まことに僣越でございますけれども、三日前の、提出しました資……

第169回国会 外務委員会 第15号(2008/05/21、44期、民主党・無所属クラブ)

○篠原委員 おはようございます。民主党の篠原でございます。  私、毎回、私がつくりましたいろいろな資料をお持ちいたしまして、それをもとに質問させていただいておりますけれども、きょうは、外務省作成の資料をたくさんお持ちしまして、これをもとに質問させていただこうと思っております。  たくさん資料をいただいて、非常に親切なので、要求した資料には、河野議員じゃないけれども、夜中の一時だとかいうのはありましたけれども、例えばこれは英語の表です。このボリューム一の三百九十七ページについて御質問したいと思うんですが、やめます。こういうことをする人はだれもおられないんじゃないかと思います。  僕は、いっぱいい……

第169回国会 外務委員会 第16号(2008/05/23、44期、民主党・無所属クラブ)

○篠原委員 おはようございます。  おとといに引き続きまして質問させていただきたいと思います。おととい、外務大臣の方から御答弁がありまして、ではその続きは次にということを申し上げましたので、約束どおり、続けさせていただきたいと思います。  資料を例によってお配りしてあります。一ページの資料を見ていただきたいんですが、私はこれは非常にいいことだと思っております。日本の国際緊急援助隊、十二日に大地震が発生しまして、なかなか来てくれという通知が届かず、三日後の十五日になりましたけれども、行って、生存者を救い出すことはできなかったようですけれども、日本の援助隊の活躍ぶりがあちこちで絶賛されている。  ……

第169回国会 環境委員会 第6号(2008/04/18、44期、民主党・無所属クラブ)

○篠原委員 民主党の篠原孝でございます。  しばらくぶりに環境委員会でお時間をいただきまして、質問をさせていただきます。  私は環境委員会をこよなく愛しておりまして、環境委員会に所属させてほしいという希望を出すんですが、どうもことしははじき飛ばされまして、外務委員会と倫選特とかいうごちゃごちゃしたところへ行っておりますが、こういった質問の機会をいただきました同僚議員の皆さんに、まず感謝を申し上げたいと思います。  地球環境問題は非常に大事でございまして、これにはずっと関心を持っております。この点については、日本国民の皆さん関心をお持ちなんじゃないかと思います。  世論調査も行われております。世……

第169回国会 農林水産委員会 第8号(2008/04/08、44期、民主党・無所属クラブ)

○篠原委員 民主党の篠原孝でございます。  農林水産委員会の皆さん、しばらくぶりでございます。ごぶさたいたしております。きょうは質問の機会をいただきまして、まことにありがとうございます。私は今農林水産委員ではございませんけれども、いろいろこの施策に携わってまいりました関係上、同僚議員等の御配慮をいただきまして、五十五分ほど時間をいただきました。ただ、心配なのは、十五分ほど長引いておるので、後でちょっと配慮していただきたいと思います。  まず、冒頭でございますけれども、若林大臣、おくればせながら、大臣就任まことにおめでとうございます。若林さんは、私の郷土の先輩でもありますし、農林水産省の先輩でも……

第170回国会 外務委員会 第2号(2008/11/12、44期、民主党・無所属クラブ)

○篠原委員 篠原でございます。  中曽根外務大臣に初めて質問させていただきます。御就任おめでとうございます。  どうでもいいことなんですが、参議院から外務大臣に就任された方は鳩山一郎さん以来三十一年ぶりだそうでして、何か二人とも総理の御子息で、総理の御子息で参議院議員になっていると外務大臣になれるのかなと、同僚の羽田雄一郎参議院議員を励まそうと思っておりますけれども。ここに隣におられる方は、総理の娘で衆議院議員になっているとまた外務大臣になれると。小渕優子さんもなれるのかなというふうな気がいたします。  冗談はさておきまして、大問題について御質問させていただきたいと思います。  日米同盟につい……

第170回国会 外務委員会 第4号(2008/12/10、44期、民主党・無所属クラブ)

○篠原委員 きょうは、クラスター弾に関する条約について集中的に質問させていただきます。  この件につきましては、既に近藤昭一委員それから猪口邦子委員も、最近一年か二年以内にこの委員会で質問されておられます。私は、この関係は非常にうまくいったというか、よくできたんじゃないかと思っております。ただ、一つ疑問に思うのは、結果としてはよかったんですが、今後に問題も残していると思います。  猪口さんが質問されたときは、オスロ・プロセス、NGOがやっているのと、CCW、政府が中心になってやっているのとダブルトラックでいって、両方がお互いによく影響し合うのがいいんだということを言っておられましたけれども、現……

第171回国会 海賊行為への対処並びに国際テロリズムの防止及び我が国の協力支援活動等に関する特別委員会 第3号(2009/04/15、44期、民主党・無所属クラブ)

○篠原委員 民主党の篠原孝でございます。  この委員会で初めて質問させていただきます。  浜田防衛大臣、大臣就任おめでとうございます。できれば同じ海絡みでも魚絡みで御質問をさせていただきたかったんですが、ちょっときょうは違った質問で恐縮ですけれども、お答えいただきたいと思います。  海賊・テロ特委の問題ですけれども、条文第一条「目的」を見ますと、いろいろ書いてありますけれども、ちょっと懐かしいような文言が出てきているんです。その文章はダイレクトに出てきておりませんけれども、皆さんは覚えておられると思います。シーレーン防衛、シーレーン防衛というのを盛んに言われたんです。そんなのに行くんじゃないん……

第171回国会 外務委員会 第2号(2009/03/13、44期、民主党・無所属クラブ)

○篠原委員 民主党の篠原孝でございます。  年が改まりまして初めての質問かと思います。私、一身上の都合で、外務委員会はそろそろ卒業させていただこうかと思いましたけれども、何か解散・総選挙が近いので、留任し、頑張れということで、隣の方はおられませんけれども、こちらのぼそぼそした御薫陶も十分に受けましたしと思っていたんですが、ことし、解散・総選挙まで頑張って質問させていただきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。  私、例によって八ページのペーパーをお届けしてありますので、じっくりごらんいただけたらと思います。人によっては、私の質問を篠原教授のレクチャーとか呼ぶ人もいますけれども、陰では違……

第171回国会 外務委員会 第3号(2009/03/18、44期、民主党・無所属クラブ)

○篠原委員 民主党の篠原でございます。  今、松原さんの、中国大使館の設置との比較の上での日本の外交戦略、ほれぼれして伺っておりました。一つの切り口であれだけちゃんと核心を突いた質問ができるのに改めて感心させられた次第でございます。  私は、また別の観点から同じように質問させていただきたいと思います。いつも資料をお配りしておりますので、ここから触れさせていただきます。在外公館の設置の基準とかなんとか、皆さんに通告しておきましたけれども、それはもうすべて質問されておりますので省かせていただきます。  「外交費用比較」という私の資料をちょっと見ていただけますか。大臣にも渡っていますか。これは、いろ……

第171回国会 外務委員会 第6号(2009/04/03、44期、民主党・無所属クラブ)

○篠原委員 篠原でございます。  いろいろ質問通告してありましたけれども、先輩委員の皆さんがいろいろ触れられましたので、ちょっと順番を崩して質問させていただきたいと思います。  まず、協定そのものの問題でございます。  前々回のときにちょっと触れさせていただきましたけれども、クリントン国務長官が日本に来られた。それで、この問題を協議されて、そして協定までぱっぱっと行ったと。私は、先ほど鉢呂委員も触れておられましたけれども、どれを行政合意のままにしておいていいのか、どれを一体協定にするのかというのを、どのような基準でやっていたのかわかりません。しかし、新聞とかあるいは評論家は、何か、やったやった……

第171回国会 外務委員会 第8号(2009/04/10、44期、民主党・無所属クラブ)

○篠原委員 民主党・無所属クラブの篠原孝でございます。委員長に負けずに大声でやろうと思いましたが、冒頭だけにさせていただきます。  きょうは、済みません、質問時間をちょっとずらしたりして私に先にさせていただきまして、理事の皆さん方に御迷惑をおかけしたことをまずおわび申し上げます。その分、意義のある質問をいたしまして補いたいと思います。  きょうは、皆さんの御努力で内閣総理大臣も出席されるということを知りました。私もちょっと総理大臣には一言も二言も三言も言いたいことがあるんですが、きょうは、中曽根外務大臣それから北村防衛副大臣、西村外務大臣政務官、総理大臣になったというお気持ちで我が国の安全保障……

第171回国会 外務委員会 第10号(2009/05/08、44期、民主党・無所属クラブ)

○篠原委員 民主党・無所属クラブの篠原でございます。  鉢呂先輩委員が強制失踪関係の条約について質問されましたので、残り二つについて質問させていただきたいと思います。  まず、国及びその財産の裁判権からの免除に関する国際連合条約の関係ですけれども、これは、過去の判例等を見させていただきましたら、結構いろいろな事例があるわけですね。それで、慣習法としてもう確立しているというもの、それを今、きちんとした方がいいわけですけれども、それで、法務省からももう法律が提出されている、こういった時期に、この条約を今ここで締結する意味というのは一体どこにあるんでしょうか。

第171回国会 外務委員会 第12号(2009/05/27、44期、民主党・無所属クラブ)

○篠原委員 民主党の篠原孝でございます。  きょうは、議題になりました三つの協定、条約につきまして質問させていただきたいと思います。  実は私も、今の外交の重要案件であります北朝鮮の核実験の問題、あるいは三・五島問題というのがあるのかないのか、ないとおっしゃっていますけれども、といった重要な外交案件を質問させていただきたいんですけれども、我が党のエースのこの問題のプロの松原さん、まだ来てないですよね、いつでもこの問題ばかりやっていますけれども、彼に譲りまして、それから三・五島問題は武正さんが準備されておりますので、私はまじめにこの三つの条約について質問させていただきたいと思います。  まず、サ……

第171回国会 外務委員会 第13号(2009/06/05、44期、民主党・無所属クラブ)

○篠原委員 民主党の篠原です。  四十分ほど時間をいただきまして、大事な外交問題について質問させていただきたいと思います。  また例によって資料をお配りしておりますので、資料をゆっくり見ていただきたいと思います。それから、当然配られていると思ったので入れなかったのですが、入っていなかったので、調査室の方から配らせていただきましたけれども、六月一日の東京新聞、共同通信で配信された記事のようでございますけれども、これは「国際情勢の動き」の中に入っておりませんでしたので、追加で配らせていただいております。これをもとに質問をさせていただきたいと思います。  きょうの質問のテーマは非常に大事なものですの……

第171回国会 外務委員会 第14号(2009/06/10、44期、民主党・無所属クラブ)

○篠原委員 民主党の篠原でございます。  朝は委員長の大きな声で目が覚めておられると思いますが、午後、ちょっと眠りかけたころだったんですけれども、松原さんの大きな声で皆さん、ぱっと目が覚められているんじゃないかと思います。引き続きよく聞いていただきたいと思います。  それでは、民主党として最後の質問になりますので、今まで触れられなかった部分等を中心に質問させていただきます。四時間ほどたっております。皆さんお疲れだろうと思いますけれども、もうしばらくおつき合いいただきたいと思います。  ギョーザ問題は私の追ってきている問題でもありますし、その続きもしたいんですけれども、松原さんの続きをちょっと言……

第171回国会 外務委員会 第16号(2009/06/17、44期、民主党・無所属クラブ)

○篠原委員 民主党の篠原です。  きょうは、条約というか協定の質問に入る前に、この前の積み残し、せっかく答弁を用意していただきましたので、悪いので、これに先に触れさせていただきたいと思います。  例によって、この前お配りした資料をまたそのままお配りしてありますが、これを見ながらちょっと聞いていただきたいんです。  ここに、一ページ目に各省庁の研究機関の一覧表を細かく書いてあります。左側の方、ちょっと違ったところもありますけれども、要するに何を申し上げたいかというと、日本国際問題研究所だけが民間になっていて、何でも民の方がいいという風潮が前の前の前、何代前か忘れちゃいましたけれども、内閣のときに……

第171回国会 外務委員会 第17号(2009/06/19、44期、民主党・無所属クラブ)

○篠原委員 民主党の篠原です。  引き続き、質問させていただきたいと思います。  核兵器問題、非常に大事な問題だと思います。これについては、北朝鮮が悪さをしておりまして、日本にもじわじわと危機が迫っている、こういう実態ではないかと思います。私は、何とかしてこういったことをやめてほしいと思います。北東アジアを非核地帯になんというけちなことを言わずに、世界じゅうが非核地帯になるべきなんです。私はそういうことを望んでおります。  しかし、人工衛星だミサイルだという議論がありましたけれども、そのとき、大騒ぎして制裁だ制裁だと言った。そのときは日本が一番騒いでいただけでどうということはなかったわけですが……

第171回国会 政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会 第6号(2009/07/09、44期、民主党・無所属クラブ)

○篠原議員 お答えいたします。  前の審議の中で明らかにはいたしませんでしたけれども、我々、政党助成金についてはいろいろ考えるところがあります。それでこの政治資金規正法改正案も提出させていただいております。今、葉梨委員が御指摘の点については、今後、党内でもしっかり検討していくこととしております。
【次の発言】 審議時間がそれほどありませんでしたから根本問題については私は議論をいたしませんでしたけれども、政党助成金というのは政党に託されたお金です。政党がどのように使うかというのは政党に任されているんじゃないかと私は思います。いわゆる、簡単に言うと、ひもつきのというか、どこにどうこうするということ……

第171回国会 農林水産委員会 第11号(2009/04/21、44期、民主党・無所属クラブ)

○篠原委員 民主党の篠原です。  早速質問に入らせていただきます。  まず、忠さんにお伺いしたいと思います。  今まで発言されていること、それから書かれていることをいろいろなところで読ませていただいておりまして、卓見があちこちにありますので、常々感心いたしております。  今、相続問題に伊藤委員が触れておられましたけれども、リレー質問ということで、相続についてちょっとお伺いしたいと思います。  あっというような指摘でございますけれども、どこかのところに忠さんが、面的集積を図ろうとしているときに農地の相続を均分相続で分散していくというのはおかしいじゃないか、農地は一人だけがちゃんと相続できるように……

第171回国会 予算委員会 第27号(2009/05/12、44期、民主党・無所属クラブ)

○篠原委員 民主党の篠原孝でございます。  フラッシュの数も全然違いますけれども、質問時間も半分でございますけれども、内容はずっと濃い、ずっと濃いなんと言うと失礼かもしれませんが、質問させていただきます。久しぶりの予算委員会でございます。  皆さんに資料をお配りしておりますので、まず資料を見ていただきたいと思います。  日本社会のあり方がいろいろ問われているんだろうと思いますけれども、政治資金の制度とかいうのもそうなんですが、金属疲労、制度疲労を起こしているんじゃないかと思います。それで、そういうことの鏡がいろいろなところにあらわれてきていると思います。  まず一ページ、ごらんいただきたいと思……


45期(2009/08/30〜)

第174回国会 農林水産委員会 第17号(2010/07/28、45期、民主党・無所属クラブ)【政府役職】

○篠原副大臣 農林水産副大臣を拝命いたしました篠原孝でございます。  山田大臣を補佐いたしまして、郡司副大臣、それから佐々木政務官、舟山政務官とともに、農林水産業政策全般にわたりまして一生懸命頑張らせていただきますので、よろしくお願いいたします。(拍手)
【次の発言】 お答えいたします。  家畜伝染病予防法は、農林水産大臣が科学的知見に基づいて防疫指針をつくり、大半の業務を法定受託事務として、地域の実情に精通している都道府県知事に任せております。  口蹄疫特別措置法につきましては、国が直接やれるものもあります。例えば、具体的な例で申し上げますと、曽於市と都城市はすぐ近くで、あそこで発生したら、……

第175回国会 農林水産委員会 第1号(2010/08/03、45期、民主党・無所属クラブ)【政府役職】

○篠原副大臣 ただいまありました二つの提案の、最初の方についてお答えさせていただきます。  疑似患畜が確認された農場、それからワクチン接種区域の農場における家畜の導入に当たりましては、口蹄疫の再発防止に万全を期さなければなりません。  それで、今どうしているかといいますと、川村委員の中にもありましたけれども、殺処分が終了してから、一週間ごとに三回ほど消毒をきちんといたします。それから、まだ家畜排せつ物が残っております。これはウイルスがありますので、疑似患畜が確認された農場では六週間、ワクチン接種農家では一週間、これが不活性化あるいは死滅化には絶対必要でございます。そういったことを完了しているこ……

第175回国会 農林水産委員会 第3号(2010/09/08、45期、民主党・無所属クラブ)【政府役職】

○篠原副大臣 福島委員の御質問に大分熱気のこもった議論が既に行われているようでございますが、私の方からお答えさせていただきたいと思います。  この戸別所得補償制度、今、北風ではなく太陽といういい例えがございましたけれども、私はそのとおりのことを考えております。  従来、いろいろ、農林水産省、農政にかかわる方はみんな同じで、きちんと農業全体を元気にしなけりゃいけないと。そのときにいつもネックになっているのが、米が過剰で、米の価格が不安定だし下がってしまっている。これは一体どこに原因があるか。福島委員御指摘のとおり、米の需給ギャップにあるのではないかと思います。従来は、これを何とかして少なくしよう……

第176回国会 外務委員会 第2号(2010/10/27、45期、民主党・無所属クラブ)【政府役職】

○篠原副大臣 久しぶりの外務委員会でございます。私、三年、外務委員会で一緒に議論をさせていただきました。ありがとうございました。  まず、農業への影響の試算でございますけれども、きょう記者発表をすることになっております。十九品目、先ほど小野寺委員が触れられた牛肉もリンゴも入っております、米、小麦ですね。全体で幾らかと。仮定がこういうものには常に伴うわけでございますけれども、TPPだけじゃなくて、全世界に向けて関税をすべてゼロにした場合、これはもう小さな国しかありませんので、ほとんど変わりないと思います。それから、何も対策を講じなかったという仮定、この二つの大前提があります。それで四・一兆円の生……

第176回国会 経済産業委員会 第2号(2010/10/27、45期、民主党・無所属クラブ)【政府役職】

○篠原副大臣 やはり自由貿易も大事ですけれども、農業も大事じゃないでしょうか。  菅総理もいろいろなところで述べておられると思いますけれども、両立を図っていくのが一番いい道だと思っております。

第176回国会 農林水産委員会 第1号(2010/10/20、45期、民主党・無所属クラブ)【政府役職】

○篠原副大臣 おはようございます。  引き続き農林水産副大臣を務めさせていただくことになりました。鹿野チームの一員として頑張っていく所存でございますので、よろしくお願いいたします。(拍手)

第176回国会 農林水産委員会 第2号(2010/10/26、45期、民主党・無所属クラブ)【政府役職】

○篠原副大臣 変わりないと思います。
【次の発言】 赤澤委員は、TPPへの参加を決めたような感じでおっしゃっていると思いますけれども、菅総理は、参加を検討し、それで最終目的としてアジア太平洋の自由貿易圏を目指すということでございまして、まだ検討段階でございまして、これを全く転換したことにはならないのではないかと思います。  ですから、我々はそういう立場でもって、いろいろ、検討には参加しておりますけれども、我々の立場をきちんと述べる検討にとどめております。
【次の発言】 正式に決まった場合はそのようなことになるかと思います。
【次の発言】 決議の気持ちは十分理解しているつもりでございます。

第176回国会 農林水産委員会 第3号(2010/11/05、45期、民主党・無所属クラブ)【政府役職】

○篠原副大臣 農業生産については、メリットはほとんどございません。生産額でございますけれども、減少が著しいわけでございますけれども、米が一兆九千七百億円、ほかに四千五百億円ぐらいの減少になるのが豚肉、牛肉、乳製品でございます。合わせて四・一兆円の生産減になります。自給率が、今は四〇%を辛うじて保っておりますけれども、それが一四%になり、多面的機能の喪失が三・七兆円、それから関連産業等の悪影響は七・九兆円と我々は計算しております。
【次の発言】 TPPについての一定の方向性はまだ出されておりません。したがいまして、TPPの参加を前提とした交渉というのは全く行われていないと承知しております。  た……

第176回国会 農林水産委員会 第6号(2010/12/08、45期、民主党・無所属クラブ)【政府役職】

○篠原副大臣 お答えいたします。  我が国では、いろいろな自給率の考え方があるわけですけれども、生命の維持に不可欠な基礎的な栄養価であるカロリーをベースにした自給率が適当ではないかということで、これをずっと使ってきております。  ほかに、このように使っている国としては、韓国、スイス、台湾、ノルウェーがございます。そのほかの国では、FAOとかになりますと、穀物の自給率とか油糧種子の自給率とか、そういう別個のものでやっております。それから、金額の自給率というのもありまして、イギリスでは、金額の自給率が五九%というのは計算をしております。  我が国でも、かつて、金額の自給率、農家の所得を高めるという……

第176回国会 予算委員会 第3号(2010/10/13、45期、民主党・無所属クラブ)【政府役職】

○篠原副大臣 お答えいたします。  おとといときのうと二日間ですが、駆け足ですが行ってまいりました。三つ申し上げたいと思います。  韓国と日本は状況が似ております。自給率は、十年前と比べて一〇%低くなりまして四四%、農地面積は、二十年前の二百十一万ヘクタールから百七十八万ヘクタールに減っております。高齢化も激しくて、二十年前は、六十歳以上はわずか三一%だったのに今は六一%。全くうり二つで、ウルグアイ・ラウンドのころ、双子兄弟と言われていましたけれども、全く同じじゃないかと思います。これが一つでございます。  対策でございますけれども、これは感心いたしました。FTAをきちんと推進していくという決……

第177回国会 外務委員会 第5号(2011/04/13、45期、民主党・無所属クラブ)【政府役職】

○篠原副大臣 漁船の建造につきましては、激甚災害法に基づきまして、五トン未満の小型漁船につきましては、共同であるならば、国が三分の一助成し、都道府県が三分の一以上助成するというスキームがございます。  問題は五トン以上の大きな船でございますけれども、これも、例えば、私はこの間、日曜日に総理と一緒に石巻に参りました。女川町長さんから言われましたけれども、千隻以上あった船が、小さな船百六十隻しか残っていないと。私は、こういうのは、ゼロからのスタートとよく言われますけれども、マイナスからのスタートということではないかと思います。ですから、全く違ったスキームを考えていかなければならないんじゃないかと思……

第177回国会 外務委員会 第6号(2011/04/15、45期、民主党・無所属クラブ)【政府役職】

○篠原副大臣 再生、復興のプランということでございますけれども、きのう会合が開かれております。あの会合も大事だと思いますが、我々は、どうやって再興していくかということを着々と考えております。  先週の日曜日に、菅総理に随行いたしまして石巻に行ってまいりました。被害の度合いが今までの震災とちょっと違うのではないかと思っております。ゼロからのスタートということをよく言われますけれども、漁船が二万隻ほど被害を受けております。二万隻というのは、全日本の漁船全体の一割を超えております。こういった状況です。それから、漁港も瓦れきでほとんど埋まっていて、ほとんど近づけない、そういった状況でございます。ですか……

第177回国会 外務委員会 第10号(2011/05/11、45期、民主党・無所属クラブ)【政府役職】

○篠原副大臣 三月十一日の地震、津波、それに引き続きます原子力発電所の事故、これは農林水産業にとっては非常に大問題でございまして、我々は、農林水産省といたしましては、この復旧復興に今全力を挙げているところでございます。国民の皆様からも、これをまず第一優先順位として取り組むべきだという声が我々のところには強く届いております。  TPPについて今後どうしていくかということでございますけれども、この件につきましては、いろいろな考え方があるかと思いますけれども、今までの日本が進んできた道、こういったことを見直していくべきじゃないか、人生観、価値観を転換してもいいような大事件、大事故だったのではないかと……

第177回国会 外務委員会 第15号(2011/07/29、45期、民主党・無所属クラブ)【政府役職】

○篠原副大臣 今、我々は輸入をストップされている段階です。ですから、一番力を入れているのは、各国の大使館、在京大使館に働きかけるのと、現地の大使館で日本の今の制度、一たん信頼を失っておりますので、こういう状況だというのを丁寧に説明しているところでございまして、ODAのところにどういった物資を入れるとかというところまでは気が回っておりません。
【次の発言】 小野寺委員御指摘のとおりでございまして、畜産農家の責めに帰さない理由で非常に困っておられるわけでございます。ですから、いろいろな手当てを講じなければいけないということで、我々は、生産者、消費者両方のことを考えなければなりません。  一番最初に……

第177回国会 経済産業委員会 第15号(2011/07/27、45期、民主党・無所属クラブ)【政府役職】

○篠原副大臣 でき得るならば、食料自給率最優先で考えていきたいと思っております。しかし、現実的なことを考えますと、近藤委員御指摘のとおり、高齢化しております、就業者もそんなにいないということで、それならば、太陽光発電等に利用していただければいいのではないか。  中山間地とおっしゃいましたけれども、中山間地に確かにあるんです。想定していただくとわかるんです、私の選挙区はそんなところばかりですので。どういうところかというと、日当たりのいいところが段々畑になっている。ですから、そういった意味では太陽光発電に適地なのではないかと私は思っております。ですから、そういうところをちゃんと有効活用してくれれば……

第177回国会 厚生労働委員会 第25号(2011/08/03、45期、民主党・無所属クラブ)【政府役職】

○篠原副大臣 田村委員、三月十九日の通達についてお尋ねだと思います。  私が正直なところを答えさせていただきますと、この畜産関係者、農林水産省の中でも一番危機管理の意識がございます。比べてみていただくとわかるんですが、こちらの方は私が陣頭指揮を我が省の中ではとって、筒井副大臣とともにとってやりました野菜等の汚染の問題がありました。この通達が出たのは、官邸それから厚生労働省といろいろ相談いたしまして、三月二十一日です。それよりも前に、課長通達ですけれども、これは大変なことになるということでこの通達を出しただけでも、私は二重丸のことをしてくれていたのではないかと思っております。  ただ、田村委員御……

第177回国会 災害対策特別委員会 第14号(2011/08/23、45期、民主党・無所属クラブ)【政府役職】

○篠原副大臣 先ほど、平野復興担当大臣からお答えしたことに尽きると思いますけれども、査定前着工というのがございます。  長島委員の御指摘のとおり、早くやらないことには間に合いませんので、起きてしまったことはしようがない、来年に向けてということで、農家の皆さんももうスタートを切っているわけですから、その意向に沿って復旧作業をしていくべきじゃないかと思っておりますので、我々は、東日本大震災のときもそうしているわけでございますけれども、査定前着工というのを全面的に取り入れて、趣旨に沿うような形で事業を進めてまいりたいと思っております。
【次の発言】 現に伝えてありまして、東北農政局管内では八月十日か……

第177回国会 財務金融委員会 第19号(2011/05/13、45期、民主党・無所属クラブ)【政府役職】

○篠原副大臣 今回の東日本大震災は、非常に大きな影響を農業、漁業に与えております。農地は二万四千ヘクタール壊滅いたしております。漁船に至りましては二万隻弱、日本の全体の漁船の隻数の一割ぐらいが失われております。それから、養殖施設等もめちゃめちゃになっております。  農漁協の関係でございますけれども、金融のどうこうする前に、漁協、農協自体が倒壊してしまっている。特に漁業、皆さんおわかりだと思いますけれども、漁協は港の近くにあります。一番被害を受けたのは宮城県漁協でございまして、三十一店舗があるわけですけれども、そのうちの二十五店舗が倒壊しております。茨城県まで含めまして、岩手、宮城、福島の、六十……

第177回国会 財務金融委員会 第21号(2011/06/08、45期、民主党・無所属クラブ)【政府役職】

○篠原副大臣 基本的には、金融機能強化法と全く同じに考えております。  吉野委員の御指摘は、いろいろな再建の仕方がある、自立型が中心であって、事業譲渡とか合併とかいうのは大きなお世話だ、そういうことをさせないようにするのがこの法律の趣旨じゃないかということだと思います。  ですけれども、我々は、あくまでも自主的な再建というのを前提にしておりますので、農漁協によってはいろいろなことをしてほしいというのがあるんじゃないかというふうに考えまして、合併という手法もあるということで選択の一つとして示しましたけれども、あくまで農協、漁協というのは自主的な組織でございますし、自主的な再建を一番基本としてバッ……

第177回国会 財務金融委員会 第27号(2011/07/13、45期、民主党・無所属クラブ)【政府役職】

○篠原副大臣 農協、漁協については私の方からお答えします。  おわかりいただけると思いますけれども、漁協が海の近くにありますので、三漁協、三十一店舗が被害を受けております。それから農協も、九農協、二十八店舗、合計六十店舗がもう使えなくなっております。  みずからも被災しておりますけれども、そうした中、震災直後から通帳を失った人たちに対する貯払い、それから休日、時間外の対応等について、組合員、利用者に対して、先ほど小山委員が御指摘になったように、きめ細かな対応をせざるを得ないので、そういうことを一生懸命やってきておるところだと承知しております。  それから、全体でですけれども、農協、漁協、協同組……

第177回国会 農林水産委員会 第3号(2011/03/09、45期、民主党・無所属クラブ)【政府役職】

○篠原副大臣 ナラシ対策についての記述がないという御指摘ですけれども、ちょっと事情を申し上げますと、後で谷委員からも御質問があるかと思いますけれども、我々の予定といたしましては、法案を提出するということを常に念頭に置いておりました。経営所得の安定対策は、ですから、その新しい法律でもって廃止するという予定でした。  ですから、今、手に掲げられた資料をつくる時点におきましては、この予算は計上されない予定、そして、ここがまたちょっと複雑なんですが、ナラシ対策は前年の部分を翌年にやることになっていますので、それでもう完全に消えていくんだということで、そういう事情で予算要求の資料には掲載いたしませんでし……

第177回国会 農林水産委員会 第6号(2011/03/23、45期、民主党・無所属クラブ)【政府役職】

○篠原副大臣 今回の地震、津波によりまして、震源に近い岩手県、宮城県、福島県、これらの県は当然でございますけれども、ほかの、茨城県、千葉県、太平洋沿岸地域の広範囲におきまして、漁港、漁船、それから水産関連施設に極めて大きな被害が発生していることは十分承知しております。  農林水産省といたしましては、これまでも、被災された方々に一刻も早く食料、水等を届けるために全力を挙げてまいりました。  例えば、我が省は水産庁におきまして船を持っておりますので、その船を活用いたしまして、もう皆さん御承知だと思いますけれども、東光丸が一番最初に出かけまして、釜石港、気仙沼それから宮古港で、粉ミルク、軽油等を提供……

第177回国会 農林水産委員会 第7号(2011/03/30、45期、民主党・無所属クラブ)【政府役職】

○篠原副大臣 震災の後、木材需要が増すことは確実ではないかと思っております。まずは仮設住宅、それから、その後の復興住宅でございます。  我々は、こういったことを見通しておりましたので、既に先手を打ちまして、震災後の三月十五日、林業・木材関係団体との間で協議会を開催いたしまして、復興用木材の供給の確保とか、今御指摘にありました買い占めあるいは売り惜しみ、それから価格のつり上げ等、こういったことについてしてはならないということ、それから、積極的に協力、対応をしていきましょうということで、マッチングの情報等の交換等をしております。これが一つでございます。  それから、合板について足りないのではないか……

第177回国会 農林水産委員会 第9号(2011/04/28、45期、民主党・無所属クラブ)【政府役職】

○篠原副大臣 米の作付が困難な地域が発生した場合には、まずは県内で、余裕のある市町村と被害が大きい市町村とで調整することになっておりまして、岩手、茨城、千葉等の県ではこのように行われたと思っております。これじゃ間に合わないというところがあるわけでございまして、新聞報道されていると思いますけれども、宮城県と福島県、県内の調整をやっていただいたわけですけれども、それだけでは調整ができないということで、我々国に対して、県間調整の仲介、マッチングをしてくれという要請がございました。  これを受けまして、我々、数量の引き受けを希望する県、どういった県があるかということを聴取いたしまして、マッチングという……

第177回国会 農林水産委員会 第13号(2011/05/31、45期、民主党・無所属クラブ)【政府役職】

○篠原副大臣 西委員の御質問にお答えする前に、先ほど西委員から非常に建設的な御提言がありましたことについて、ちょっとだけお答えさせていただきたいと思います。  新技術の導入について、農家も非常に困るではないかというものです。そういったものをバックアップしていくべきじゃないかということ、それはまさにそのとおりじゃないかと思っております。  WTOの議論で、緑、黄色、赤の議論がございます。新技術の開発導入については、すべて緑の予算ということにされております。ですから、私は、省内では技術開発が大事なんだと。それで、その開発した技術をどのように普及していくか。そのための予算にすべて組み替えていけばいい……

第177回国会 農林水産委員会 第15号(2011/07/14、45期、民主党・無所属クラブ)【政府役職】

○篠原副大臣 網屋委員御指摘のとおり、今回の震災による被害というのは膨大じゃないかと思います。  被災を受けた農協、漁協というのも大変でございまして、漁協が三十一漁協、農協が二十八農協、約六十農漁協が被災をしておりまして、不便をかこっておるところでございます。こういった被災農漁協に対しまして強化をする、それは、農漁業者がきちんと経営を再開できるように、そのためにはやはり農漁協がちゃんとしてもらわなければいけないということでございます。  我々がどういうことを考えているかといいますと、貯金保険機構と、二つの指定支援法人、ジェイエイバンク支援協会とジェイエフマリンバンク支援協会が、優先出資の引き受……

第177回国会 農林水産委員会 第19号(2011/08/09、45期、民主党・無所属クラブ)【政府役職】

○篠原副大臣 二つお尋ねがございました。  まず、原子力損害賠償についてでございます。  八月五日に原子力損害賠償紛争審査会が決定した中間指針におきまして、政府により出荷制限指示等が出された場合は、農林水産物等の売上相当額が賠償の対象になるということがきちんと記されております。したがいまして、仮に、そういうことがあってほしくはないわけですけれども、福島県産の平成二十三年産米について出荷制限指示が出された場合には、これらにかかわる損害は東京電力による適切な賠償が行われるものと考えておりまして、我々は早期に補償が行われるように努めてまいりたいと思っております。  それからもう一つ、出荷制限指示が出……

第180回国会 環境委員会 第9号(2012/07/31、45期、民主党・無所属クラブ)

○篠原委員 民主党の篠原孝でございます。久しぶりに環境委員会で質問をさせていただきます。  今、非常にいい法律が可決、採択されました。リサイクルというのは非常に大事なことでして、都市鉱山という言葉は、関係者の皆さんはみんな知っておられるんじゃないかと思います。  どうもそっちの方にばかり目が行くんですが、ごみ、だけれども資源だというのでみんな忘れているものに、生ごみがあります。生ごみ、皆さん田舎を回ったりしておわかりになりますかね。畑や田んぼや庭が広い人は、生ごみなんてのは穴を掘って埋めておけば、夏だったら二カ月ぐらいで全く何にもなくなっちゃうんです。冬だと、ちょっと微生物の活動が鈍いのでもっ……

第180回国会 社会保障と税の一体改革に関する特別委員会 第14号(2012/06/05、45期、民主党・無所属クラブ)

○篠原委員 皆さん、おはようございます。民主党の篠原孝でございます。  三年ぶりに質問に立たせていただきます。ということは、与党になってから一度も質問の機会がございませんでして、私の真面目な同僚議員は、このまま与党を続けるとばかになるばっかしだと言って、変な心配をしておりました。質問の機会を与えていただきまして、ありがとうございます。  皆さん、民主党の一年生議員、そういう点では、質問の機会がなくて非常にかわいそうだと思います。  冒頭、ちょっと昔話をさせていただきますと、私が一番長く所属したのは外務委員会でして、三年おりました。真面目な次席理事が、そこにおられます武正さんでした。いつも夜遅く……


46期(2012/12/16〜)

第183回国会 安全保障委員会 第3号(2013/05/23、46期、民主党・無所属クラブ)

○篠原委員 安全保障委員会で初めて質問に立たせていただきます。  自民党の中堅のホープの小野寺大臣、岸田大臣、おくればせながら、大臣就任おめでとうございます。  きょうは、核兵器それから原発問題、両方とも、ニュークリアプラントとニュークリアウエポン、ニュークリアという点で同じだと思いますが、これについて、短い時間ですけれども、ちょっと御質問させていただきたいと思います。  まず、自衛隊・防衛省の問題です。  私は、自衛隊あるいは防衛省に対する国民の認識は、私の幼少のころ、幼少といったってそんなに昔じゃないですけれども、大学のころなんかと比べて雲泥の差じゃないかと思います。私は京都大学に行ったん……

第183回国会 環境委員会 第2号(2013/03/19、46期、民主党・無所属クラブ)

○篠原委員 民主党の篠原孝でございます。  私も、まずはエールの交換から始めさせていただきたいと思います。  おくればせながら、大物大臣、大物副大臣、それから、将来有望な政務官の皆様方、御就任おめでとうございます。  大臣がちょっと触れられましたとおり、やたら景気が悪いということで、経済成長、経済成長ということで短期的な視点に立ってしまっているんだろうと思います。環境のことを忘れてしまっているような気がいたします。私は、それに対して環境族議員の一人としていらいらしております。そういった中で石原大臣に就任していただきまして、非常に私はいいことではないかと思っております。  中国のPM二・五の話が……

第183回国会 環境委員会 第4号(2013/03/26、46期、民主党・無所属クラブ)

○篠原委員 民主党の篠原でございます。引き続き質問させていただきたいと思います。  この法案についてもう何人もの方が、ちょっと意欲が足りない法案ではないかということで何回も出ております。私も正直言ってそう思います。  これは、先週の審議のときに、河野委員が、マイナーチェンジ過ぎるんじゃないか、斉藤委員は、基本法をきちんと議論したかったと言っておられました。私も全く同じ気持ちでございます。環境委員会に所属している皆さんは、環境をきちんと保全していかなくちゃいけない、地球温暖化は大問題である、そういう志を持ってこの委員会にほとんどの方が所属されていると思います。  これも何回も話に出ておりますけれ……

第183回国会 環境委員会 第5号(2013/03/29、46期、民主党・無所属クラブ)

○篠原委員 篠原でございます。おはようございます。  地球温暖化対策の推進に関する法律の一部を改正する法律案に対する修正案につきまして、提出者を代表して、その趣旨を御説明申し上げます。  地球温暖化の防止は人類共通の課題であり、我が国における排出削減が重要であるのと同時に、世界全体の排出削減を進めていくという視点が極めて重要であります。我が国が持つすぐれた環境技術等をさらに磨き、我が国の排出削減を進めることはもちろん、これらを生かして国際協力を行い、世界全体の排出削減に貢献していくべきであると考えます。  このため、国の責務として、温室効果ガスの排出の抑制等のための技術に関する研究開発の推進及……

第183回国会 環境委員会 第9号(2013/05/10、46期、民主党・無所属クラブ)

○篠原委員 特定製品に係るフロン類の回収及び破壊の実施の確保等に関する法律の一部を改正する法律案に対する修正案につきまして、提出者を代表して、その趣旨を御説明申し上げます。  修正の要旨は、今後のフロン類の使用の抑制及び排出の抑制を図る上で、関連する技術の研究開発の状況を踏まえることができるよう、政府が法律の規定について検討を加えるに当たっての勘案すべき事項として、フロン類代替物質の研究開発の状況などフロン類の使用の合理化や特定製品に使用されるフロン類の管理の適正化に関する技術の研究開発の状況等を追加することでございます。  何とぞ委員各位の御賛同を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

第183回国会 環境委員会 第12号(2013/05/24、46期、民主党・無所属クラブ)

○篠原委員 民主党の篠原でございます。  二つの法案がかかっておりますけれども、私は大気汚染防止法を中心に質問させていただきたいと思います。大気汚染防止法、非常に大事ですし、非常に重要な役割を演じてきたんじゃないかと思います。  二、三週間前の新聞を見ていましたら、皆さんはお気づきになったかどうか、全紙には書いていなかったんですけれども、東京から富士山がどの程度見えるかというのを、吉祥寺の成蹊学園の先生が指導して、何十年とずっと続けてきているんだそうです。大臣の選挙区にも、富士見ケ丘でしたっけ、井の頭線の駅の名前、富士見町とか、長野県にもあります。そこらじゅうにあるかと思います。どれだけ見える……

第183回国会 環境委員会 第15号(2013/06/11、46期、民主党・無所属クラブ)

○篠原委員 民主党の篠原です。  最後の質問になるかと思います。今シーズンは環境省は六本の法律がございました。ちゃんと通りました。あと四日審議日が残っておりますけれども、時と場合によっては最後の委員会日になるかもしれませんので、皆さんも身を引き締めてお聞きいただけたらと思います。  私は、きょうは非常に重大な問題、ネオニコチノイド農薬、この一点に絞って質問したいと思っております。  まず、このネオニコチノイド系農薬というのは、有機燐酸系農薬というのは、皆さんも、余りこういうのに関心を持たない方でも聞いたことがおありになるかと思います。余り長ったらしいので、ネオニコ系農薬、ニコチンというふうに覚……

第183回国会 原子力問題調査特別委員会 第6号(2013/05/28、46期、民主党・無所属クラブ)

○篠原委員 おはようございます。民主党の篠原です。  初めて質問に立たせていただきます。質問したいことが山ほどありまして、きのうの夜も、事務方に通告したのを数えてみましたら十八問になっておりまして、四十分でとても質問を全部できないと思います。この審議、今国会でもあと二、三回行われると聞いておりますので、残りはそのときにさせていただくことにいたしまして、地震の問題それから原発事故収拾作業等を中心に質問させていただきたいと思います。  資料を皆様方のお手元にお配りしてあります。見ながらちょっと聞いていただきたいと思います。  地震というのがいつも問題になります。今、津波でもって福島第一原発はおかし……

第183回国会 原子力問題調査特別委員会 第7号(2013/06/21、46期、民主党・無所属クラブ)

○篠原委員 おはようございます。  前回に続きまして二度目の質問の機会を与えていただきまして、ありがとうございます。お手元に資料をお配りしますので、これを見ながら聞いていただきたいと思います。  まず冒頭ですけれども、私は、原子力規制委員会は非常にいい働きをされているんじゃないかと思います。  この一カ月ばかりの間にいろいろなことがたくさんあり過ぎるぐらいあるわけで、原発関係については、新聞紙上に載らないことがないぐらいに、しょっちゅういろいろなことが載っています。  まず、問題の、日本原子力研究開発機構の高速増殖炉原型炉「もんじゅ」が、一万個近い機器の点検をちゃんとしていなかった。それで、五……

第183回国会 消費者問題に関する特別委員会 第8号(2013/05/28、46期、民主党・無所属クラブ)

○篠原委員 民主党の篠原です。この委員会では初めて質問させていただきます。  冒頭ですけれども、私、ほかの委員会でちょっと質問が重なりまして、順序を変えていただきまして、ありがとうございます。まず御礼申し上げます。  それでは早速、時間が短いので、質問に入らせていただきます。  今回の食品表示の法律、いろいろなところを改めようとしていますけれども、ちょっと不安があるところがありますので、その点について指摘をさせていただきたいと思います。  静岡茶というのを皆さん御存じだと思いますけれども、二十年前、何でも静岡茶だったんです。私の体験でちょっと申し上げますと、名誉に関することなので、某県にしてお……

第183回国会 政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会 第5号(2013/04/02、46期、民主党・無所属クラブ)

○篠原委員 おはようございます。民主党の篠原孝でございます。一番バッターとして質問させていただきます。  きょうは非常に大事な法案を皆さん提出されておられるんですけれども、本当に御苦労さまでございました。これは前から問題になっていることでございまして、公選法、これを見ますと、大体、議員の皆さんが提出されて、そして直してきているということで、大変御苦労だったんじゃないかと思います。  それには敬意を表するんですが、その時々の国会議員の皆さんが、ここがおかしい、あそこがおかしいということでやってきたので、最終的にというか、今、いろいろなのが入ってくるので、どうも整合性がとれていないような法律になっ……

第183回国会 農林水産委員会 第10号(2013/05/29、46期、民主党・無所属クラブ)

○篠原委員 おはようございます。  私の母なる委員会、マザーコミッティーで久しぶりに質問をさせていただきます。わずか四十五分でございます。農政全般、一般についても質問をさせていただきたいんですけれども、忙しくて、なかなか時間がありません。ですから、きょうは半分ほどそちらの方に時間を費やさせていただくことを先にお願いしておきます。  まず、きょうのメーンテーマのHACCPでございます。  この法律、いろいろありまして、余り使われていないというのは皆さんすぐおわかりいただけるんじゃないかと思います。資金需要が平成十九年以来減っている。それから、これが減っているのとちょっと違うのかもしれませんけれど……

第183回国会 予算委員会 第15号(2013/03/18、46期、民主党・無所属クラブ)

○篠原委員 民主党の篠原孝でございます。しばらくぶりにここに立たせていただいております。  各党、TPPについてはいろいろ考え方がある。私は片方の旗頭であります。ですけれども、これは旗幟鮮明にして質問するのはよくないので、ひとつまずおかせていただきまして、質問させていただきたいと思います。  TPPについて、非常に総理は前のめりな感じがするわけです。  韓国は、FTA大国になろう、日本を追い越そうと、チリから始めました。すったもんだして、BSEの問題で大もめにもめまして、ろうそくデモとかが行われました。韓国の女子高校生が、命を犠牲にするのかといって怒ったというのがありました。  ちょっとこのパ……

第185回国会 国家安全保障に関する特別委員会 第6号(2013/11/05、46期、民主党・無所属クラブ)

○篠原委員 民主党の篠原孝でございます。  三十分ほど時間をいただきまして、質問させていただきます。  きょうは、過去、歴史を振り返りながら、今までの経緯がどうだったのか、それから、各国の似たような組織、横並びですね、それを見ながら、質問をさせていただきたいと思います。  まず最初ですけれども、過去の歴史を振り返りながらということなんですが、国防会議というのが一九五六年にできております。それから、一九八〇年に総合安全保障関係閣僚会議というのができております。今度は一九八六年に安全保障会議、そして今回、それを国家安全保障会議に変えるというふうになっているわけですね。いろいろ変遷があるわけです。 ……

第185回国会 消費者問題に関する特別委員会 第7号(2013/12/03、46期、民主党・無所属クラブ)

○篠原委員 民主党の篠原孝でございます。  四十分間、時間をいただきまして、現下の非常に大事な問題について質問させていただきたいと思います。  今、穀田さんの質問の中にありました、業界団体がいろいろ自主基準でもってやっている、ガイドラインをつくったりしてやっているということですけれども、大臣は、ホテル業界や外食産業業界がガイドラインなり自主規制だけでこの問題を解決してうまく動いていくと思われますか。
【次の発言】 大臣、的確に短く答えてください、いっぱい質問項目を渡してありますから。  私が申し上げたいのは、自主基準だとか自主規制だとか、そういったものではもう解決がつかない。日本人のモラルとい……

第185回国会 政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会 第3号(2013/11/14、46期、民主党・無所属クラブ)

○篠原委員 民主党の篠原孝でございます。  二十五分ほど時間をいただきまして、大事な法案について質問させていただきたいと思います。  皆様方のお手元に、資料、結構時間がかかりましてつくってありますので、ちょっとこれをごらんになりながら質問を聞いていただきたいと思います。  まず、総務省の方にお伺いしたいと思います。  今、提出者の逢沢さんからもありましたけれども、郡の実体がもうなくなっていた、それにもかかわらず、郡で縛って合区ができないようにしておいた、そのまま放置しておいたというのは、私はよくないことじゃないかと思っております。  公職選挙法は政治にかかわることだから、マターだからというふう……

第185回国会 予算委員会 第2号(2013/10/21、46期、民主党・無所属クラブ)

○篠原委員 民主党の篠原孝でございます。  基本的質疑ですので、このパネルをずっと掲げて、問題点は三つあるんですが、問題点というよりも安倍総理の政治姿勢について、この三点を材料にしながらお尋ねしたいと思います。  総理、非常に今、何事も順調ではないかと思っております。今、何か、民主党がやらなかった、自民党がやったとか、やったとかやらないとか、余り品のよくない議論が続いておりましたけれども、僕は、それぞれみんな努力してやっているので、やったことはやったことで認めて、だめなのはだめだということで、お互いに議論し合って、切磋琢磨してやっていけばいいんじゃないかと思います。  それで、今、問題が山積し……

第186回国会 環境委員会 第6号(2014/04/11、46期、民主党・無所属クラブ)

○篠原委員 民主党の篠原でございます。おはようございます。  久しぶりにこの委員会で質問させていただきます。  まず、大臣にお伺いしたいと思います。  前、私が環境委員会に所属していたときに法律改正がありました。そのときは小池大臣でしたけれども、きちんとは記憶していませんけれども、鳥獣という名前がいかにもよくない、ちょっと古めかしくてよくないんじゃないかと。この次の法律改正のときまでには考えますというようなことをちらっと言われたような気がするんですけれども、議事録は確かめてまいりませんでした。ですが、今度、管理という概念が入ったりして、ちょっと変わりつつある。  この法律は、もともと片仮名で書……

第186回国会 政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会 第1号(2014/01/24、46期、民主党・無所属クラブ)

○篠原委員 動議を提出いたします。  委員長の互選は、投票によらないで、保岡興治君を委員長に推薦いたしたいと存じます。
【次の発言】 動議を提出いたします。  理事は、その数を八名とし、委員長において指名されることを望みます。

第186回国会 農林水産委員会 第8号(2014/04/10、46期、民主党・無所属クラブ)

○篠原委員 民主党の篠原孝でございます。  久方ぶりに、私のホームグラウンドで質問させていただきます。まず、質問の機会をいただいたことを感謝申し上げたいと思います。  なぜ私が質問させていただくかというと、理由があるんです。皆さん触れておられます二〇〇六年十二月の決議、このときに農林水産委員会にどなたがおられたか、八年前の名簿を取り寄せております。谷川委員、小里政務官、それから森山理事、自民党ではこの三人、そして、民主党では私、質問者で、四人です。世代が交代しているんでしょうね。岩永さんが、お父さんがおられましたけれども、息子さんが違う党で今ここにおられるようです。そういうことでは、〇・五人分……

第186回国会 農林水産委員会 第10号(2014/04/16、46期、民主党・無所属クラブ)

○篠原委員 民主党の篠原孝でございます。  質問の時間をいただきまして、ありがとうございます。  冒頭、二つのことを申し上げたいと思います。  一つは、石田委員も触れられましたけれども、鳥インフルエンザの対応でございます。初動が大事だというのは、そのとおりでございます。初動も大事ですけれども、その後のフォローアップも大事でして、私は、副大臣として口蹄疫の対応をいたしました。そこそこわかっておったので、ちゃんとできたんじゃないかと思います。この後の対応もきちんとやっていただきたいと思います。現場の皆さん方も不安でおののいていると思いますので、しっかり対応していただきたいと思います。  それからも……

第186回国会 農林水産委員会 第16号(2014/05/22、46期、民主党・無所属クラブ)

○篠原委員 おはようございます。TPPについて質問させていただきたいと思います。  今回も、この「NO!TPP」バッジと「STOP!TPP」のネクタイを締めまして、完全武装いたしまして、日本の農業、地方を守るために、個別的自衛権をフルに活用いたしまして質問させていただきたいと思います。  三つに分けて質問させていただきます。まず、交渉状況がどうなのか。二つ目は、日本の立場は一体どうなっているのか。今後の行方がどうなるのか。三十分だけですので、なるべく短く質問させていただきたいと思います。  先ほど石田委員が言われましたが、何か甘利大臣は、交渉の行方というか、霧が晴れてきたと。しかし、我々、周り……

第186回国会 農林水産委員会 第20号(2014/06/18、46期、民主党・無所属クラブ)

○篠原委員 民主党の篠原孝でございます。  四十五分間時間をいただきまして、質問させていただきたいと思います。筆頭理事も誰もいない中で質問させていただく無礼を、まずおわび申し上げます。  資料を十一ページほど用意いたしましたので、それをごらんいただきながら質問を聞いていただきたいと思います。  まず、今の農政問題、規制改革会議の答申が農業界を駆け回っているんじゃないかと思います。私は、これはやり方が本当にずさんだと思っているんです。粗っぽい、雑で、何よりも農家、農民に対する愛情に欠けるんじゃないかと思っています。よく考えていただきたいと思います。林大臣、それから江藤副大臣、小里政務官、皆五十代……

第186回国会 予算委員会 第2号(2014/01/31、46期、民主党・無所属クラブ)

○篠原委員 民主党の篠原孝でございます。  米の生産調整廃止、TPPということで、私の前座を皆さんに務めていただいたような感じがするので、これから本格論戦をしたいと思います。けれども、農政は、通告を全然してありませんし、それでやったら私が一方的に話すことになりますからやめまして、通告してありますTPPについて、皆さんが自民党政権になってから始められたTPP交渉について、いろいろお伺いしたいと思います。  まず、甘利大臣、病気が回復されて、おめでとうございました。論戦できて、楽しみにしておりました。  これは何か、特定秘密保護法と軌を一にしているというわけじゃないんですけれども、その前から、秘密……

第186回国会 予算委員会 第7号(2014/02/13、46期、民主党・無所属クラブ)

○篠原委員 民主党の篠原です。  質問に入る前に、二階委員長と理事の皆さんに二つほどお願いがございます。  いろいろな方がちらちらと触れておられますが、山田委員、村岡委員、江田委員、それから金田委員も格調高い農村擁護論をぶたれました。農政改革、非常に重要になっております。TPPで農家の皆さんは非常に不安に駆られている。甘利担当大臣からありましたけれども、この週末、シンガポール会議が開かれる。そこに、私から見ると少々拙速な農政変更。不安に駆られているので、これをぜひ集中審議で取り上げていただきたいということ。これが一つでございます。  それからもう一つ。審議を見ていますと、一強多弱とか余計なこと……

第186回国会 予算委員会 第14号(2014/02/27、46期、民主党・無所属クラブ)

○篠原委員 民主党の篠原孝でございます。  五十分いただきまして、TPP関連、農業関連の質問をさせていただきたいと思います。  まず最初に、農業について、あるいは農政について、いろいろ誤解があります。いろいろな誤解があるんですが、その誤解を消費者の皆さんにもちょっと解いていただかなくちゃいけないので、質問させていただきたいと思います。  よく、日本の農業を論じるときに、規模が小さい、規模が小さいというのを言われるんですね。これは事実、そのとおりです。後でお示ししますけれども、平均耕地面積がやっと二・三ヘクタール、二年前は一・九六ヘクタール。畜産についてもあるんですけれども、畜産と耕種、土地を使……

第187回国会 外務委員会 第4号(2014/10/29、46期、民主党・無所属クラブ)

○篠原委員 篠原でございます。  午前中に引き続き、質問させていただきます。  ちょっと私の方からも、フェアな議論をするために、おわびをしておきます。  私、午後、ちゃんとするというのは、冒頭申し上げましたように、四日ほどシドニーに行っていまして、質問の通告というか、できなかったもので、連合審査の方だけでやる予定で、当初、先週、質問通告しておりますので、ちょっと質問通告にない質問もあるかと思いますけれども、その点は答えられない、そういうふうにお答えいただいて結構でございます。なるべくちゃんと答えていただきたいんですけれども、よろしくお願いします。  資料の二ページ、三ページをちょっと見ていただ……

第187回国会 地方創生に関する特別委員会 第8号(2014/11/05、46期、民主党・無所属クラブ)

○篠原委員 民主党の篠原孝でございます。  貴重な時間をいただきまして、質問させていただきます。三十分しかありませんで、大事な時間ですので、ちょっと早口でやらせていただきたいと思います。  資料を皆さんのお手元にお配りしております。三十分にはもったいない立派な資料を十二ページ用意してありますので、よくごらんいただきたいと思います。  まず、私、この地方創生委、これは待ち望んだ委員会です。私は、政治が地方への光を当てなかったら変えられないと思っております。ほっておいたら、集中のメリットというのがあるんです、だんだんだんだんそうなっていってしまうんです。それは政治が変えなければいけない。だけれども……

第187回国会 農林水産委員会 第2号(2014/10/15、46期、民主党・無所属クラブ)

○篠原委員 民主党の篠原孝でございます。  まず冒頭でございますけれども、西川大臣、大臣就任おめでとうございます。第一次の安倍内閣のときは名委員長として座っておられましたけれども、ちょっと長く時間がかかり過ぎたような気がしますけれども、本当におめでとうございます。次は、私がその場に座らせていただきますので、よろしくお願いいたします。  まず、きのうの所信についてだけ質問をさせていただきます。  我々は、米価の下落とTPPについてもきちんと議論をさせていただきたいと思っておりまして、別途、場を設けていただきたいと思っておりますので、きょうは、きのうの大臣発言、所信に限って質問をさせていただきたい……

第187回国会 農林水産委員会 第6号(2014/11/18、46期、民主党・無所属クラブ)

○篠原委員 ただいま議題となりました決議案につきまして、提出者を代表いたしまして、その趣旨を御説明申し上げます。  案文の朗読により趣旨の説明にかえさせていただきたいと存じます。     外国漁船による違法操業の取締りに関する件(案)   我が国の領海や排他的経済水域での外国漁船による違法操業は、我が国周辺水域における水産資源管理の取組や我が国漁業者による円滑な漁場利用に対する大きな障害となっており、その確実な取締りが求められている。特に、中国漁船の大量越境操業への対応が喫緊の課題となっている。   よって政府は、「外国人漁業の規制に関する法律及び排他的経済水域における漁業等に関する主権的権利……


47期(2014/12/14〜)

第188回国会 農林水産委員会 第2号(2015/01/13、47期、民主党・無所属クラブ)

○篠原(孝)委員 ただいま議題となりました決議案につきまして、提出者を代表いたしまして、その趣旨を御説明申し上げます。  案文の朗読により趣旨の説明にかえさせていただきたいと存じます。     平成二十七年度畜産物価格等に関する件(案)   我が国の畜産・酪農は、高齢化や離農の増加による生産基盤の弱体化に歯止めがかからず、子牛価格の高騰による肥育経営への影響や、国内乳製品需給のひっ迫のため乳製品の追加輸入を余儀なくされるなど危機的な状況にある。   よって政府は、こうした情勢を踏まえ、平成二十七年度の畜産物価格及び関連対策の決定に当たり、左記事項の実現に万全を期すべきである。       記 ……

第189回国会 環境委員会 第5号(2015/05/15、47期、民主党・無所属クラブ)

○篠原(孝)委員 民主党の篠原です。  小倉委員に引き続きまして、リレー質問ということで、中国問題から入らせていただきたいと思います。  今、小倉委員が指摘されましたけれども、アジアが圧倒的に水銀の排出量が多い、五割だと。そのうちの三割じゃなくて、中国が三割ですね、圧倒的に大きい。PM二・五もそうですけれども、放射能の汚染もそうですけれども、こういう問題は国境を越えてくるわけですね。ですから、日本だけがきちんとやってもままならない。だから、外交というか、隣の国とかにもきちんとやってもらわなくちゃいけないんです。  今、日中韓三カ国でやっている。これは理屈に合うわけです。アメリカとは関係なくはな……

第189回国会 環境委員会 第11号(2015/09/01、47期、民主党・無所属クラブ)

○篠原(孝)委員 民主党の篠原孝でございます。  きょうは、時間をいただきまして質問させていただきたいと思います。  琵琶湖の視察、私も行かせていただきました。きれいなところで、きちんと水質も保全しながらいかなくちゃいけないと思っておりますけれども、汚染源の一つに農薬があります。この農薬について、きょうは集中的に質問させていただきたいと思います。  資料をお配りしておりますので、資料をごらんいただきたいと思います。  まず、一ページ目の資料。  じっと眺めて、ちょっと字がごちゃごちゃして読みにくい人も、埋まっているか埋まっていないかがおわかりいただけると思います。日本とアメリカとEUで、ネオニ……

第189回国会 経済産業委員会 第5号(2015/03/27、47期、民主党・無所属クラブ)

○篠原(孝)委員 おはようございます。民主党の篠原孝でございます。  神山委員に続いて質問させていただきたいと思います。  経産省の関係のいろいろな問題は多々あると思います。エネルギー問題が一番大事じゃないかと思います。その中でも、やはり国民が関心を持っているのは原発じゃないかと思いますので、私は原発の問題に絞って質問させていただきたいと思います。  資料をお配りしてあるので、資料を見ながら、大臣にお答えいただきたいと思います。  御嶽山というのは、長野県に、私の選挙区じゃないんですけれども、あります。私は登ったことが当然あります。長野では御嶽教というのがありまして、御嶽教というか、神棚があり……

第189回国会 経済産業委員会 第8号(2015/04/15、47期、民主党・無所属クラブ)

○篠原(孝)委員 民主党の篠原孝でございます。  きょうはTPPについて、西村副大臣においでいただきまして、これを中心に質問させていただきたいと思います。  なぜここでやるかというと、まあ、どこでやってもいいんでしょうけれども、TPP特別委員会がないんですね。内閣委員会も忙しくて、内閣委員会の専属の問題がいろいろあってやっているということで、なかなか時間をいただいたりできませんので、済みませんけれども、この場でさせていただきたいと思います。  安倍総理の訪米が近くなっております。四月二十八日と言われております。アメリカの方でもいろいろな動きがあります。  これはもう二年近くたつんですね、総理が……

第189回国会 経済産業委員会 第11号(2015/04/24、47期、民主党・無所属クラブ)

○篠原(孝)委員 おはようございます。民主党の篠原でございます。  TPPが私は大事なので、この後すぐに行かなくちゃならないんですけれども、また質問が控えているんですけれども、電力改革も大事ですので、こちらの方に全力投入して質問させていただきたいと思います。  電力関係の、エネルギー関係の改革、発送電分離というのを、大分昔からこの言葉だけは聞いているんですね。なかなか改革改革といって進まないというのがあるんですが、大体日本は素直ですから、世界がそういう方向に行ったら、何かだあっとそっちに行く。ちょっと遅いんですけどね。  例えば、今言いましたTPPやFTAなんというものは、やり始めたら、私はダ……

第189回国会 経済産業委員会 第14号(2015/05/15、47期、民主党・無所属クラブ)

○篠原(孝)委員 民主党の篠原です。  少ないですが質問時間をいただきましたので、総理に出席していただいておりますので、総理に大所高所の問題点をお伺いしたいと思います。  例によって、四ページほどの資料を配らせていただいております。一ページ目、三ページ目、四ページ目、いろいろ考えてつくりましたので、よくごらんいただけたらと思います。  三ページ目の資料をお開きいただきたいと思います。  今度の電力改革は非常に重要だと思います。日本には重要な問題がいっぱいあります。農政改革も大事でして、安保法制改革も大事だと思いますけれども、この電力改革も大事だと思います。  この電力システム改革ですけれども、……

第189回国会 経済産業委員会 第17号(2015/05/27、47期、民主党・無所属クラブ)

○篠原(孝)委員 民主党の篠原孝でございます。  我が党のプリービアススピーカー、お二人とも絶対的に従業者、ここの法律用語では従業者になっていますけれども、研究者の立場の質問をされております。私も全く同じです。  不思議だなと思うんですが、この中村さんの何かいかつい顔、いかにも文句を言いそうな顔で、非常に鼻っ柱の強い顔で、私のような穏やかな雰囲気は全然ないんですね。でもやはり、こういう人が、イノベーティブであって、日本の国をリードというか、日本に大きな恩恵をもたらすんじゃないかと思いますよ。  だけれども、今回の法律改正は時代の流れに合っているかどうかと思うんですね。僕は、発明者主義になってい……

第189回国会 経済産業委員会 第18号(2015/05/29、47期、民主党・無所属クラブ)

○篠原(孝)委員 篠原でございます。  二度目の質問をさせていただきたいと思います。  資料もお配りしてあります。一番最後に私の意見をとっぷり言わせていただきます。質問を早くしろというやじが飛ばないように、質問を先にさせていただきたいと思います。  まず、いろいろ勉強させていただきました。相当にわか勉強ですけれども、にわか勉強も、しないよりはましじゃないかと思っております。  それで、特許を出願して得ようとする人たちの立場に立った場合なんですが、特許法は結構改正してきているんですが、最初のころのを見ると、昔、一九八七年、九三年、出願料とか特許料とかいろいろなものを引き上げられているんですね。そ……

第189回国会 経済産業委員会 第20号(2015/06/05、47期、民主党・無所属クラブ)

○篠原(孝)委員 おはようございます。民主党の篠原でございます。  前回、ちょっと時間の配分を間違えまして、質問し損ねたものがありますので、済みません、最初は特許の質問をさせていただきたいと思います。  四問ほど通告してあると思いますけれども、大臣の二つというのを一緒にお答えいただけたらと思います。それから、大臣政務官のも、時間の節約のために、二つ一緒にお答えいただけたらと思います。  特許の問題ですけれども、グアムで首席交渉官会合というのが開かれました。資料のところに、ちょっと新聞記事でお配りしてありますけれども、新聞や雑誌はアメリカのTPA法案が通るかどうかばかりでして、まあ、あちらにかか……

第189回国会 経済産業委員会 第24号(2015/06/19、47期、民主党・無所属クラブ)

○篠原(孝)委員 民主党の篠原です。  早速質問を始めさせていただきます。  エネルギー問題をやるときに、いっぱい、わざとじゃなくて、ちょうどいい日本語訳が思いつかないのかどうかわかりませんけれども、電源について、ベースロード電源、ミドル電源、ピーク電源、別に大した英語じゃなくてすぐわかる英語ですけれども、使われている。だけれども、意味がよくわからないんです。こういうものを、ほかの国も同じように使って、厳然と分けているんでしょうか。
【次の発言】 聞いていてもよくわからないのは、あの防衛の、安保特委でやっていますけれども、新三要件等と同じで、あれよりはちょっとましだと思いますけれども、余りよく……

第189回国会 経済産業委員会 第25号(2015/07/01、47期、民主党・無所属クラブ)

○篠原(孝)委員 ただいま議題となりました附帯決議案につきまして、提出者を代表し、その趣旨を御説明申し上げます。  まず、案文を朗読いたします。     官公需についての中小企業者の受注の確保に関する法律等の一部を改正する法律案に対する附帯決議(案)   政府は、本法施行に当たり、次の諸点について適切な措置を講ずべきである。  一 国等の契約の基本方針の策定及び毎会計年度又は毎事業年度の終了後の契約実績の概要の公表に当たっては、官公需契約の総発注量に占める創業十年未満の新規中小企業者の割合等を明示すること。  二 官公需における中小企業者の受注率を高めることにより、随意契約や一社発注などの比率……

第189回国会 経済産業委員会 第27号(2015/07/10、47期、民主党・無所属クラブ)

○篠原(孝)委員 民主党の篠原です。  松原節が終わりましたので、その後は篠原節とは言いませんけれども、篠原レクチャーの時間にさせていただきたいと思います。  私は、今回の法律改正はなかなか立派だと思います。もう申し分ないと思いますので、余り法律については質問いたしません。つまり、どういうことかというと、こんなのはとっくの昔にやっておかなくちゃいけないことなんです。今ごろやっているのは遅いということで、頑張ってやってください。  中小企業行政全般について質問させていただきたいと思います。  今回、経産省の方からいろいろ資料を示していただきました。最近、親族内の事業承継が少なくなって、それで親族……

第189回国会 経済産業委員会 第28号(2015/07/29、47期、民主党・無所属クラブ)

○篠原(孝)委員 おはようございます。民主党の篠原孝でございます。  一般質問ですが、原発シリーズの質問を続けさせていただきたいと思います。本当はハワイのTPPの会合の行方が気になるんですが、気にしてもしようがないので、こちらも大事な問題なので、質問させていただきたいと思います。  原発再稼働のことが新聞等にも載るようになりましたけれども、いろいろな問題があると思いますけれども、一番の問題は、よく言われておりますトイレなきマンション、最終処分の問題だろうと思います。  いろいろありますけれども、使用済み核燃料の問題が大問題なんですが、その前に、廃炉に伴う廃棄物の問題もあるんですね。廃炉もしてい……

第189回国会 国土交通委員会 第3号(2015/04/15、47期、民主党・無所属クラブ)

○篠原(孝)委員 民主党の篠原孝でございます。  質問の機会を与えていただきまして、ありがとうございます。  引き続きまして、リレー質問で、免震構造について質問をさせていただきたいと思います。  まず、皆様方のお手元に今、資料が配られております。このことから質問させていただきたいと思います。  残念ながらというか、長野県の長野市の市庁舎、それから芸術劇場、一緒につくっているんですが、そこが今この問題で揺れているわけです。  なぜこういうことを長野市が気にしているかという理由なんですが、この資料をちょっと見ていただきたいと思います。皆さん、お手元に行ったと思いますけれども、長野、新潟県境地方で大……

第189回国会 農林水産委員会 第12号(2015/05/27、47期、民主党・無所属クラブ)

○篠原(孝)委員 民主党の篠原でございます。  きょうは、参考人の皆さん、本当にありがとうございます。  私は国会議員になって十一年ぐらいたつんですけれども、委員会の中で、こんなことを言っては、同僚議員に失礼になるかもしれませんけれども、一番勉強になるのが参考人質疑でございます。そんな中でも、特にきょうは、非常にユニークないろいろな意見を聞かせていただきまして、本当に勉強になりました。  それで、率直に私も質問させていただきたいと思いますが、普通は、参考人の皆さんに来ていただいているので、御丁寧に、失礼のないような質問ばかりしている傾向があるかと思いますが、私は、ちょっとそういう遠慮はやめさせ……

第189回国会 農林水産委員会 第19号(2015/06/25、47期、民主党・無所属クラブ)

○篠原(孝)委員 おはようございます。民主党の篠原孝でございます。  合計一時間ほどいただきまして、質問をさせていただきたいと思います。  TPP絡みでは山ほど御質問したいことがあるんですが、農協法、農業委員会法、農地法を審議しておりますので、こちらの方に絞って質問させていただきたいと思います。  今回は、ちょっと延びたりしておりましたので、たっぷり時間がありまして、資料をたっぷりつくらせていただきました。資料をよくごらんいただきながら、早く質問しろとかいうやじは余り飛ばさないでいただきたいんですが、ぜひゆっくりお聞きいただきたいと思います。  それで、順序をちょっと変えさせていただきます。同……

第189回国会 農林水産委員会 第24号(2015/12/10、47期、民主党・無所属クラブ)

○篠原(孝)委員 民主党の篠原孝でございます。  農林水産委員会のメンバーでもないにもかかわらず、こうして質問の機会をいただきまして、ありがとうございます。新体制になってから初めての質問でございます。  森山大臣、同じく農林水産業に思いをはせて政治家をしておりまして、ずっと活動を一緒にしてきたかと思います。大臣御就任おめでとうございます。頑張っていただきたいと思います。  それでは、質問させていただきたいと思います。  この国会というか、閉会中審査ですが、本当はこの国会と言いたいところなんですね。臨時国会が開かれていなければいけないというのに開かれないということで、この農林水産委員会は開かせて……

第190回国会 環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会 第6号(2016/04/18、47期、民進党・無所属クラブ)

○篠原(孝)委員 民進党の篠原孝でございます。  TPPの質問、この委員会、こんなことを言ってはなんですが、全国で私の質問を待っておられる方がたくさんおられたんじゃないかと思います。なぜやらないんだという電話、メールがいっぱい参りました。ですから、私は、地震についてもいろいろお伺いしたいことがあるんですけれども、TPPのことを中心にお伺いさせていただきたいと思います。  これをちょっとお持ちしました。国民の皆さん、ちょっと見ていただきたいんですけれども、これは膨大なページの条約であり、国内法はこのぐらいのものはあったと思いますけれども、条約は一番だと思います。私、霞が関に三十年、続けて永田町に……

第190回国会 経済産業委員会 第3号(2016/03/16、47期、民主・維新・無所属クラブ)

○篠原(孝)委員 おはようございます。民主党の篠原孝でございます。  林大臣には初めて質問をさせていただきます。  冒頭、委員長にお願いがございます。  きょう、私は一年間経済産業委員会にいて、初めて所属させていただきまして、二期目になるんですけれども、こうやって広々としたところで質問に立たせていただいたことはないんじゃないでしょうか。別に私の顔がちゃんと見えるようにというわけじゃないんですが、こうやって見ますと、委員の皆さんにどういう方がおられて、私の質問をどれだけ熱心に聞いていただいているか、そうじゃないかというのもよくわかります。どういう順序で決まっているのか知りませんけれども、質問者の……

第190回国会 経済産業委員会 第10号(2016/05/11、47期、民進党・無所属クラブ)

○篠原(孝)委員 民進党の篠原孝でございます。  FIT制度について質問させていただきたいと思います。  きょうは、資料を二つほどお願いしたんですが、追加の資料も一つ加えさせていただきまして、質問させていただきたいと思います。  五十分ほど時間をいただきましたので、ゆっくり、じっくりやらせていただきたいと思います。  まず、今お配りしております私の統計資料を見ていただきたいと思います。統計学の講義、プロテストじゃないです、レクチャーになろうかと思いますけれども、ちょっと見ていただきたいと思います。  まず最初に、この表を見ていただいて、かつてのうそというか、よく言われた風評が違うということを暴……

第190回国会 政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会 第9号(2016/04/27、47期、民進党・無所属クラブ)

○篠原(孝)委員 私は、民進党・無所属クラブを代表して、自民党・公明党提出の衆議院選挙区画定審議会設置法及び公職選挙法改正案に対して、反対の立場から討論いたします。  民進党案と与党案の決定的な違いは、アダムズ方式の導入による一人別枠方式の撤廃が一体いつから行われるのかということであります。  民進党案では二〇一〇年の国勢調査に基づき速やかに実現することになりますが、与党案では、二〇二〇年の国勢調査まで先送りされるために、事実上、二〇二二年以降にならなければ一人別枠方式の撤廃は行われません。  与党案提出者は、この先送りの言いわけとして、制度の安定性を挙げます。  確かに、民進党案に基づいて、……

第192回国会 環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会 第3号(2016/10/17、47期、民進党・無所属クラブ)

○篠原(孝)委員 篠原でございます。  近藤同僚議員がこの件でいろいろ指摘されましたので、リレー質問をさせていただきたいと思います。  これ、真っ黒ですよね。私は、安倍総理と同じですかね、組み合わせでいうと、日の丸が大好きですから、赤と白の組み合わせが大好きなんです。日本人は皆そうですけれどもね。ところが、自民党、政府・与党はちょっと違って、この黒と、それから領収書は真っ白で、黒と白。常識をちょっと外れているから、国民は目を白黒させてびっくりしているんじゃないかと思います。これを直していただきたい。  それで、これを見てください。ここにちょっと書きました、「情報公開、透明性」というのがあります……

第192回国会 環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会 第8号(2016/10/27、47期、民進党・無所属クラブ)

○篠原(孝)委員 篠原でございます。  きょうは、どうもお忙しいところをおいでいただきまして、ありがとうございます。  非常に違う観点から大事なことをお二人から指摘していただいたんじゃないかと思います。  限られた時間ですので、質問をすぐさせていただきたいと思います。いつもは私は自分のことをいっぱいしゃべるんですけれども、きょうは抑えます。  さっき内田参考人が、労働者、環境団体、消費者といろいろな声がアメリカを突き動かして、二人の大統領候補とも反対に至らしめたと。労働者はよくわかるわけです。賃金は上がらない、職はふえないというものなんですが、消費者の声というのがちょっと、少なくとも私が見る貿……

第192回国会 環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会 第9号(2016/10/28、47期、民進党・無所属クラブ)

○篠原(孝)委員 おはようございます。  今国会、外ではTPP国会と呼ばれております。やっと本格的な議論が始まって、私も野党筆頭理事として喜んでおります。今後じっくり議論していきたいと思っております。  それでは、質問させていただきたいと思います。  ちょっとその前に、本当に議論が深まっていけば私はいいことだと思っておりますが、地方公聴会に行かせていただきましたけれども、やはり地方の声、いろいろな制度の問題は参考人質疑で着々とやっていますし、ここでこれからやっていけばいいんだろうと思いますが、地方の声はやはり聞かなくちゃいけない。それで、米問題がこれだけヒートアップをしていますし、米作地帯で一……

第192回国会 環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会 第10号(2016/10/31、47期、民進党・無所属クラブ)

○篠原(孝)委員 時間が限られておりますので、早速質問させていただきたいと思います。  まず、著作権問題についてですけれども、土肥参考人は、文化的資源として不利益を解消していくんだと。ですけれども、福井参考人の話を伺っておりますと、著作権の保護期間を延ばしたけれども、遺族のメリットはそんなにないし、ほとんどが孤児著作物、あるいは、わからなくなっちゃう迷い子著作物というのがあるんだそうですね、そうなっていると。  それから、アメリカは非常に訴訟社会だということで、それを反映して、みんな大体アメリカの言うとおりになっている部分が多いわけですけれども、非親告罪化しているわけですね。著作権者がそんなの……

第193回国会 経済産業委員会 第7号(2017/04/12、47期、民進党・無所属クラブ)

○篠原(孝)委員 おはようございます。世耕経産大臣には初めて質問させていただきます。民進党の篠原でございます。  原賠機構法の問題については、一番最初の代表質問、北神圭朗議員がやりましたけれども、ここにほとんどの問題が集約されていたんじゃないかと思います。その後、立派な同僚議員の皆さん、ここの委員会の皆さん、質問されていまして、問題点はもう明らかになっていると思います。  私は、経産委員会にも所属させていただいて数年になるんですけれども、経産省の行政、見ていますと、私がずっと三十年間いた農林水産省の様子と比べると華やかなんですよ。ですけれども、よく見ていますと、民間企業がしっかりしておるので、……

第193回国会 経済産業委員会 第11号(2017/05/10、47期、民進党・無所属クラブ)

○篠原(孝)委員 篠原でございます。  きょうは少々手の込んだ資料をつくってまいりましたので、これをもとに質問させていただきたいと思います。  最近はいろいろ政策が多いんですけれども、日本は、ものをつくり過ぎたり、いじくり過ぎた。余っているものがいっぱいある、空になったのが多いということで、まず、空き家の問題が相当問題になりました。それで、議員立法でちゃんとした法律ができました。  それから、空き農地とは言っていませんけれども、遊休農地、休耕地、空きです。心の中が空洞化しているとか、それから頭の中が空とかいう、それは我が委員会のじゃありません。我が委員会に関係するあいているというのもあるんです……

第193回国会 経済産業委員会 第15号(2017/05/24、47期、民進党・無所属クラブ)

○篠原(孝)委員 民進党の篠原でございます。初めて一般質疑で質問させていただきます。  中根さんは、一般質疑というと、そうじゃないときも自動車、自動車ということを出しています。私も実は、日本のちょっとゆがんだ産業構造それから貿易構造、それが社会構造をゆがめているということで、世耕大臣にそのことを問いただすべく準備を進めていたんです。経産省の事務方の皆さんには御迷惑をおかけしておると思いますが、その数字をつくったりしていたんですが、先週の中ごろ、急遽、私もハノイに行けと党の方から命じられまして、参りました。  TPP11、変な名前がついています。そこに行きまして、我々は野党ですし、政府高官と会っ……

第193回国会 厚生労働委員会 第27号(2017/06/07、47期、民進党・無所属クラブ)

○篠原(孝)委員 民進党の篠原でございます。  厚生労働委員会で初めて質問させていただきます。二つのテーマに絞って質問させていただきたいと思います。一つは地域医療、もう一つはTPPの関連です。  資料をお配りしておりますので、資料のところをちょっと見ていただきたいんですが、資料は九ページあります。一ページ目。大臣、開いて見てください。大臣もちゃんと見てください、愛媛県のことを、サービスして、一番右側に何位かというのをちゃんと書いてありますから。見ていますか。  これは医療関係、医師の偏在。何か獣医師も偏在しているというのでごたごたしていますけれども、獣医師問題は聞きません。聞きたいんですけれど……

第193回国会 国土交通委員会 第15号(2017/05/12、47期、民進党・無所属クラブ)

○篠原(孝)委員 民進党の篠原でございます。  質問の機会をいただきまして、ありがとうございます。  冒頭ですが、基本的なことをちょっと大臣にお伺いしたいと思います。これが現行法で通訳案内士法に違反するのかどうか。  各県庁所在地は特にそうですけれども、何とかコンベンションセンターとかなんとかいって、いっぱい立派な会議場をつくって国際会議をする。結構頻繁に開かれます。通訳できる人は限られていますから、同じ人に頼む。せっかく来たんだからといって、名所旧跡も案内する。これが一カ月に一回、二回になることもあるし、定番コースで何回も同じようにお願いして案内していただく。これは、今の通訳案内士法で言うと……

第193回国会 政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会 第2号(2017/04/12、47期、民進党・無所属クラブ)

○篠原(孝)委員 おはようございます。民進党の篠原孝でございます。  三十五分ほどいただきまして、質問させていただきたいと思います。  まず最初に、住所についてちょっといろいろもめごとがありましたので、学生とか単身赴任とか、最近はデュアルライフというので二カ所に家があって、国会議員が典型的ですけれども、両方に住んでいるということで、私の選挙区内は広いから三つぐらいあって、まあ、いいですが。あちこちに住所があって住んでいる。  一体どこに住所を登録するべきかというのは、日本のルールはみんな住民票、住民台帳でなっていますけれども、これは、基本的なルールはどうなっているんでしょうか。簡単に事実関係を……

第193回国会 農林水産委員会 第6号(2017/04/05、47期、民進党・無所属クラブ)

○篠原(孝)委員 久しぶりに農林水産委員会で質問させていただきます。一時間も時間をいただきまして、ありがとうございます。  前の農協法、農業委員会法のときは、質問させていただいたんですが、あのときは、私の考えるのとちょっと違うし、現場感覚と違うなというのがありまして、質問させていただきました。  今回の法律も、よく見させていただきましたけれども、よくわけがわからないんですね、いろいろなものがみんな入り過ぎていて。事務方にいろいろ聞いたんですけれども、それでもよくわからないというのがありますので、まず、法案について、半分、三十分聞かせていただきまして、あとはそもそも論についてまた聞かせていただき……

第193回国会 農林水産委員会 第11号(2017/05/11、47期、民進党・無所属クラブ)

○篠原(孝)委員 おはようございます。民進党の篠原でございます。  お時間をいただきまして、ありがとうございます。早速質問に入らせていただきます。  まず、この法律、法律改正とか予算を組むとかいうときは、大体、こういうふうにしてほしい、ああいうふうにしてほしい、ここが問題だというのがあって、そして、ではやろうかというふうになっているはずなんですが、私は、今どき農村に工業を、あるいは工業だけじゃ足りないから産業を導入という。六次産業というのがあるわけです。これはわかるわけです、地域資源を活用して自前でやっていこうという。今どき落下傘の、パラシュートの導入。パラシュートというのは、都会からだけじゃ……

第193回国会 農林水産委員会 第19号(2017/06/07、47期、民進党・無所属クラブ)

○篠原(孝)委員 民進党の篠原でございます。  きょう、二回目になりますか、いつも私は、国会で決まったルールどおり、政務の皆さんとの質疑応答だけをしてまいりました。農協法のときに、奥原当時の経営局長とやりとりさせていただきましたけれども、それに続きまして二回目になるかと思います。収入保険について、主として大澤局長に質問したいと思います。  私は、これは、前もちらっと申し上げましたけれども、よくできたというか、一生懸命検討した結果だと思います。嫌みをさんざっぱら言っていますけれども、八本の法律で、一体、農林水産省が本当に精魂込めてつくったものか、内閣提出だけれども、内閣で、農林水産省の提出じゃな……


48期(2017/10/22〜)

第195回国会 厚生労働委員会 第4号(2017/12/06、48期、無所属の会)

○篠原(孝)委員 無所属の会の篠原孝でございます。  前々回の委員会では皆様方に御迷惑をおかけしましたことをまずおわび申し上げたいと思います。  それでは、早速質問に入らせていただきます。  障害者の関係ですけれども、いろいろな障害を抱えている方がおられると思います。片方の手がない、足も、足が悪い、片方だけという方はいっぱいいると思います。片耳がよく聞こえないという人もいると思います。  問題は、片目失明者、途中で片方の目を失明してしまった。みんな不便をかこっていますけれども、この片目失明者に対して視覚障害者手帳の交付が行われていないということなんですが、この点について、厚生労働省はどのような……

第195回国会 予算委員会 第3号(2017/11/28、48期、無所属の会)

○篠原(孝)委員 無所属の会の篠原孝でございます。  久方ぶりにこの場に立たせていただきます。時間が少ないもので、さっさと質問させていただきます。  資料を皆さんにお配りしておると思います。  同僚の原口委員は、今現在建設の途上にある獣医学部についてのいろいろなことを質問されましたけれども、私は根源的なことについて質問させていただきたいと思います。  なぜかといいますと、絶対必要なんだ、五十二年間サボっていたんだ、規制だ、岩盤規制を打ち破るんだということで、何か、相当文部科学省は融通がきかなくて頑固な人ばっかりで、意地悪して獣医学部をつくらなかったようにずっと言われております。しかし、違うんで……

第196回国会 地方創生に関する特別委員会 第3号(2018/03/16、48期、無所属の会)

○篠原(孝)委員 無所属の会の篠原でございます。  冒頭、まず事務方の方に、質問通告がかなりおくれたことをおわびいたします。それから、大臣、政務官も、そのとばっちりで準備が十分できなかったのではないかと心配しておりますけれども、これは、大臣、政務官の地方に対する思いとそれから政治的見識で十分お答えいただける質問しかいたしませんので、安心してお答えいただきたいと思います。  私は、安倍内閣のキャッチフレーズ、いろいろ続いてきたと思いますけれども、この地方創生、いろいろな中でこれが一番いいのではないかと思っています。しかし、内容は、その後、一億総活躍とか女性の輝く時代とか働き方改革とか、きらびやか……

第196回国会 地方創生に関する特別委員会 第6号(2018/03/22、48期、無所属の会)

○篠原(孝)委員 無所属の会の篠原でございます。  質問の順番、一番、二番は時間があったらやらせていただきまして、三番目から入らせていただきたいと思います。  資料を皆さんに提出してあります。  やはり問題は、地方の大学というのは本当に、集中していますね、東京の二十三区内の定員の抑制というのに。  では、我々、一番地元、衆議院議員の地方大学度合いがどうかというのをよく見てください。大臣、それから宮川政務官、よく見てください。もう事前に見てもらいましたね、質問通告のときにお渡ししてあるので。これをごらんになってどう思われますかというのを、皆さんもよく見てください。  四百六十五名の衆議院議員のう……

第196回国会 懲罰委員会 第1号(2018/06/12、48期、国民民主党・無所属クラブ)【議会役職】

○篠原委員長 これより会議を開きます。  一言御挨拶申し上げます。  去る五月八日の本会議におきまして、懲罰委員長に選任されました篠原孝でございます。  当委員会は、議院の秩序維持及び規律保持に関し重大なる責務を課せられており、その職責の重大さを痛感している次第であります。  委員各位の御協力と御支援を賜りまして、誠心誠意努めてまいりたいと存じます。  何とぞよろしくお願い申し上げます。(拍手)
【次の発言】 この際、理事の補欠選任についてお諮りいたします。  委員の異動に伴い、現在理事が二名欠員となっております。その補欠選任を行いたいと存じますが、先例によりまして、委員長において指名するに御……

第200回国会 外務委員会 第6号(2019/11/13、48期、立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム)

○篠原(孝)委員 国民民主党の篠原孝でございます。  外務委員会、何年ぶりですかね、久方ぶりに質問させていただきます。  私、多分、四回、外務委員会に所属しておりますけれども、しばらく休んでおりました。例によって資料を、三時間分ぐらいの質問の資料を皆さんのお手元にお配りしてありますので、これを見ながら、特に大臣、よく聞いていただきたいと思います。  まず、一ページ目を見ていただきたいんですが、ウイン・ウインだとそこらじゅうで言われますけれども、皆さん国民の相当のパーセントは意味がわかっていると思いますが、私は、この交渉、最初からゆがんだ交渉だと思っております。本当は、二番目の「TPPの約束」、……

第200回国会 災害対策特別委員会 第3号(2019/11/21、48期、立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム)

○篠原(孝)委員 国民民主党の篠原孝でございます。  まず冒頭でございますけれども、このたびの台風十九号、あるいはその前の十五号、その後の低気圧でとうとい人命が失われました。痛ましい限りです。御遺族に対して哀悼の意を表しますとともに、被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。  私の地元の選挙区でも、二名の方が亡くなられました。それから、九十七名の方が重軽傷を負っております。それから、六千二十五世帯が床上、床下浸水いたしました。台風から一カ月が過ぎましたけれども、まだ避難生活を強いられている方も大勢おられます。私も地元で、少しでも早く被災された皆さんがもとの生活に戻れるように努力しております……

第200回国会 農林水産委員会 第10号(2019/12/05、48期、立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム)

○篠原(孝)委員 国民民主党の衆議院の篠原孝でございます。  久方ぶりに農林水産委員会の質問の機会をいただきまして、ありがとうございます。  おくればせながら、江藤大臣、御就任おめでとうございます。いつかこういう機会が来るのを楽しみにしておりました。ただ、ちょっと場所は、私がそっちで江藤さんがこっちの方が、よりよかったような気がいたしますけれども、それは我が党の力不足でしようがないので。  きょうは、豚コレラの関係で質問させていただきたいと思います。  大問題だと思います。アフリカ豚コレラ、これはもう名前を違うようにされる予定のようですけれども、ずっと言われているので、これが猛威を振るっていて……

第201回国会 環境委員会 第2号(2020/03/10、48期、立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム)

○篠原(孝)委員 国民民主党の篠原孝でございます。  環境委員会ではしばらくぶりに質問させていただきます。初めてなので、大臣、政務三役の方も御就任おめでとうございます。委員長も、ちょっと党は移られたようですけれども、また一期生からやるのかと思ったら、そうじゃないんですね。おめでとうございます。  我々は応援団ですから。さっき、気がつかれましたか。近藤さんの後ろから二番目の質問のときに、こちら側から拍手は起きないのに、私と横光さんだけが拍手したんです。応援団の証拠で、その延長線上で質問したいと思います。  きょうは、所信に対する質疑ですので、細かいことは質問しません。質問というよりも、一緒に議論……

第201回国会 農林水産委員会 第5号(2020/03/17、48期、立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム)

○篠原(孝)委員 おはようございます。国民民主党の篠原孝でございます。  質問の機会をいただきまして、ありがとうございます。  それでは、今、谷理事から御指摘を受けたんですが、ちょっと盛りだくさんの質問内容になっておりまして、時間が足りなくなったり、途中で追加のがあったりしましたので、まことに済みませんけれども、私も手短に話すつもりでございますけれども、手短にお答え、端的にお答えいただくことをまずお願いいたしたいと思います。  それで、先週の質問通告に入っていなかったんですが、非常にいかがわしい改正が行われようとしているので、これについて、国土交通省、政務官に来ていただいていますけれども、これ……


各種会議発言一覧(衆議院)

43期(2003/11/09〜)

第159回国会 憲法調査会安全保障及び国際協力等に関する調査小委員会 第4号(2004/04/22、43期、民主党・無所属クラブ)

○篠原小委員 初めまして。民主党の篠原孝でございます。この調査会に初めて参加させていただいております。  アジアの専門家の先生にちょっとお尋ねしたいんですけれども、よく、ミリタリープレゼンス、オーバープレゼンス、軍事的なプレゼンスが大き過ぎるので脅威を感じるというのがあるわけですけれども、しかし、こちらの脅威のほかに、きょう経済安全保障という言葉が出てまいりましたけれども、エコノミックなプレゼンスが大き過ぎるというのも脅威になることがあるんじゃないかと私は思うんです。  その典型的な例がFTAです。日本がちょっとおくれて来て、先生のおっしゃったとおり、FTAフィーバーという感じで、理由もなくや……

第159回国会 予算委員会第七分科会 第1号(2004/03/01、43期、民主党・無所属クラブ)

○篠原分科員 民主党の一回生議員の篠原孝でございます。  私、初めての質問でございまして、予算委員会の分科会というのは非常に具体的な問題をするところだということなんですが、せっかくの機会でございますので、今、経済産業省が一丸となって取り組んでおられますFTAについて、大所高所から御質問させていただきたいと思っております。  貿易問題を考える場合、やはり過去をきちんと振り返ってみなければいけないんじゃないかと思います。我々、今、貿易黒字をためているので、相当昔から日本は貿易黒字国だと思っておられる方が多いんだろうと思いますけれども、実は違うわけでございまして、一九八〇年までは慢性的貿易赤字国、八……


44期(2005/09/11〜)

第164回国会 決算行政監視委員会第二分科会 第2号(2006/06/06、44期、民主党・無所属クラブ)

○篠原分科員 民主党の篠原孝でございます。  きょうは、公職選挙法についてちょっとお聞かせいただきたいと思います。  私、まだ選挙を二度しかやっておりませんでして、何をやっているんだかわからないうちにいつも選挙が終わっちゃって、後になって、これでよかったのかなと思うのがいっぱいあるんですが、なかなかわからないところも多いわけですよ。  非常に基本的なことなんですが、まず、三カ月以上居住しなかったら投票権がないというのがあります。それから、居住地の方で見ますと、国会議員はどこに住んでいようとどこでも出られる、都道府県知事や市町村長もどこでも出られる。それに対して、都道府県議会議員はその県に住んで……

第166回国会 決算行政監視委員会第四分科会 第1号(2007/04/23、44期、民主党・無所属クラブ)

○篠原分科員 民主党の篠原孝でございます。  きょうは、地元の千曲川の水害問題について質問させていただきたいと思います。  皆様方のお手元に資料をお配りしてあります。七つほどつくってありまして、資料5までは水害関係でございまして、6、7はちょっと軽い質問というか、提案型の質問に使わせていただくものでございます。  具体的な質問に入る前に、資料の1の飯山盆地、これは長野の一番北の端にあります。千曲川、信濃川に続きまして日本で一番長い川、水害の歴史も相当古いわけでございます。ですから、それとの葛藤の歴史があるわけでございます。  いろいろな書物を読みあさりまして、いろいろ町の研究者もおりまして、こ……

第166回国会 決算行政監視委員会第二分科会 第2号(2007/04/24、44期、民主党・無所属クラブ)

○篠原分科員 民主党の篠原孝でございます。  今、教育問題に関連していろいろな議論が行われております。私から見ますと、大事な議論ですけれども、どちらかというと、何か雲の上の空中戦のような気がいたしまして、あればっかりやっていたんじゃ進まないんじゃないかと思っております。  それで、きょうは、二つの観点から教育問題をちょっと掘り下げてみたいと思います。一つは過疎地における教育問題、もう一つは学校給食についての問題でございます。  過疎地、中山間地域を振興しなければいけないという声があちこちにありまして、これに反対をする人はいないんだろうと思います。なぜ中山間地域あるいは離島等から人がだんだんいな……

第169回国会 決算行政監視委員会第一分科会 第2号(2008/04/22、44期、民主党・無所属クラブ)

○篠原分科員 民主党の篠原孝でございます。  きょうは初めて渡辺大臣に質問させていただきたいと思います。よろしくお願いいたします。  渡辺大臣、あちこちでいろいろ発言されています。私はそれを全部フォローしているわけではありませんけれども、非常にポイントをついた問題点を指摘されておりまして、私、お父さんに、下っ端でしたけれども、お仕えしたことがありまして、遺伝子は偉大だなと思っております。そういったところ、そっくりじゃないかと思っております。  特に、公務員制度改革について、官僚は本来業務、政策の企画立案や何かに専心すべきであって、国会議員との接触ではない、そっちをやっていろという点、それから、……

第169回国会 決算行政監視委員会第四分科会 第2号(2008/04/22、44期、民主党・無所属クラブ)

○篠原分科員 民主党の篠原でございます。  昨年も分科会で大臣に質問させていただきました。私の地元の千曲川の河川がだんだんだんだん高くなっていって洪水が起きるんじゃないかという問題を指摘させていただきました。  ことしも、地元の問題、具体的に起こっている問題について、国土交通省の考え方をただしたいと思います。ただ、前半は、大臣にはお聞きいただいて、後で、この件についてどのようにお考えになるかということで御意見をいただければというふうに思います。ちょっと細かい問題なんです。ですけれども、非常に大事な問題ではないかと思います。  今、いろいろな不正行為とかいうのをどうやってチェックするかというのが……

第171回国会 決算行政監視委員会第四分科会 第1号(2009/04/20、44期、民主党・無所属クラブ)

○篠原分科員 民主党の篠原でございます。  朝からお疲れだろうと思いますけれども、私が最後の質問者でございますので、三十分ほどおつき合いいただきたいと思います。  海賊法の関係も続けて質問したいところですけれども、そちらは控えまして、全く違うことについてお尋ねしたいと思います。  宮中ダムの問題というのは、一カ月ぐらい前からいろいろなマスコミにも登場しております。私は、これは非常によくないことだと思っております。これは別に大臣が悪いわけじゃないんですが、JR東日本、名前が国鉄からJR東日本となりましたけれども、国鉄の国、この感覚がやはり残っているんじゃないかと私は思います。  違法取水というの……


45期(2009/08/30〜)

第177回国会 予算委員会第六分科会 第1号(2011/02/25、45期、民主党・無所属クラブ)【政府役職】

○篠原副大臣 食事は人の健康を左右する一番大事な要素だと思っております。ですから、私なんかはよく食べる方なんですけれども、よく食べるのに太らないとか言われますけれども、消化が悪いだけでして、空気を吸っているだけで、水を飲んでいるだけで太るとかいう、あれはうそですし、余計に食べているから太るのであって、食源病という言葉がよく使われておりますけれども、食事と健康はもう不可分のものじゃないかと思っております。  ですから、生活習慣病を治したりするためには正しい食生活をするというのは大事でして、アメリカではとっくの昔からマクガバン報告というのが出まして、肥満防止のために食生活を変える。最近では、オバマ……

第180回国会 憲法審査会 第6号(2012/05/31、45期、民主党・無所属クラブ)

○篠原委員 民主党の篠原でございます。  この会合では初めて発言させていただきます。  私は、憲法九条の意義は非常に大きいと思います。戦争を放棄するという観点は大事なことではないかと思います。  しかし、私の体験をちょっと話させていただきますと、私が大学の在学中に、自衛官が土木学科に、修士課程か博士課程かは忘れましたが、そこに来ると。これを、憲法違反だ、受け入れるわけにいかないということで全学ストをしておりました。私は、これは正直申し上げまして、とても信じられませんでした。私は全共闘世代です、団塊の世代で。ですけれども、そのような会合とかそのような主張は一切受け入れられない、そういうことには参……

第180回国会 憲法審査会 第8号(2012/08/02、45期、民主党・無所属クラブ)

○篠原委員 民主党の篠原です。  きょうは非常にたくさんの論点があると思います。二院制とか今の一票の格差とかありますが、私は、党議拘束あるいは採決の問題に限って発言させていただきたいと思います。  国会の審議を、一員として、国民の代表としていろいろ決めていく場合に、今一番問題なことの一つが、議論の形骸化というか、なかなか国民の声がきちんと反映されていないというところに問題があります。その一つが採決の方法だと思います。そして、緒方委員が触れましたように、党議拘束です。  今問題になっている部分もあるので、それを特に申し上げますと、党議拘束などというのは、緒方委員も触れましたように、アメリカにはあ……


46期(2012/12/16〜)

第183回国会 憲法審査会 第2号(2013/03/14、46期、民主党・無所属クラブ)

○篠原委員 民主党の篠原孝でございます。  国歌の問題について、ちょっと私の意見を申し述べたいと思います。  基本的には同僚議員の山口委員と全く同じでございます。憲法についてもそうですけれども、国歌についても、不都合がないものは余りいじくる必要はない。特に、憲法について、わざわざ憲法に国歌のことを書くというのは、私は賛成できません。  私は長野県ですけれども、長野県には県歌「信濃の国」というのがあります。こういうのを持っている県はそんなにないと思います。理由はよくわからないんですが、長野県は、松本と長野と、でっかい都市が二つあります。中野県、筑摩県とか、いろいろありまして、なかなかまとまりにく……

第183回国会 憲法審査会 第3号(2013/03/21、46期、民主党・無所属クラブ)

○篠原委員 民主党の篠原でございます。  民主党を代表いたしまして、第四章国会についての見解を述べさせていただきます。  るる述べられておりますとおり、民主党の公式の憲法提言としては、二〇〇五年の十月三十一日のが唯一の公式のものでございます。  民主党の二〇〇五年の提言というのは、多分政権与党になるときに備えましていろいろ書いてあるわけですけれども、総論的な未来志向の憲法というのを第一章にしておりますけれども、第二章に「国民主権が活きる新たな統治機構の創出のために」という章を設けまして、第一節で「首相(内閣総理大臣)主導の政府運営の実現」という節を設けましたけれども、第二節に国会にかかわること……

第183回国会 憲法審査会 第4号(2013/04/04、46期、民主党・無所属クラブ)

○篠原委員 民主党の篠原でございます。  憲法改正についてもちょっと申し上げたいことがあるんですが、熾烈な議論が行われているので、ちょっと差し控えます。  畠中委員のちらっと言われたことについて気になることがありますので、私の意見を申し述べさせていただきたいと思います。  内閣のところで、公務員制度改革で、一括採用して云々といろいろ出てきて、それは多分、縦割り云々で、あちこちの省庁にそれを配置させるという、よく言われている議論ですけれども、私は、これはとんでもないことになってしまうと思います。どういうことかというと、自分の専門分野を持たない、耳学問だけでやる調子のいい役人をつくるだけです。みん……

第183回国会 憲法審査会 第5号(2013/04/11、46期、民主党・無所属クラブ)

○篠原委員 武正委員、斉藤委員の触れられたことの延長線上で、ちょっと御意見を申し上げさせていただきたいと思います。  最近、憲法九十六条ばかりが話題になっておりますが、私は七十六条も大事だと思っております。  TPPの関係でいつも出てくるのが、ISDS条項でございます。国家を一私企業が訴えることができる、その裁判は世銀の下の国際仲裁センターで行われるというのは、私はこれは憲法七十六条違反だと思っております。  主権回復の日とかいって、そういう話がありますけれども、我が国の司法権を非常に侵すもの。国際司法裁判所とか海洋法裁判所とかいう国際紛争の云々だったらいいんですが、日本のルールがちょっとおか……

第183回国会 憲法審査会 第6号(2013/04/18、46期、民主党・無所属クラブ)

○篠原委員 民主党の篠原孝です。  憲法第七章財政について、民主党の考え方を述べます。  民主党は、国民主権が生きる新たな統治機構を創出することを重要視しております。こうした視点から、官僚や時々の政府の恣意的な財政支出や会計システムの利用を許さず、税に対する国民監視を強化する意味でも、公会計や財政責任に関する規定を明確にしておくことを主張しております。  現行憲法では、公会計や財政処理に関する規定が明確ではなく、その責任も曖昧なまま放置されています。しかし、憲法の基本原理たる国民主権の本来の姿は、税の徴収と使用に対する国民監視であり、この点を憲法上も明確にしていかなければなりません。  このた……

第183回国会 憲法審査会 第8号(2013/05/09、46期、民主党・無所属クラブ)

○篠原委員 民主党の篠原孝でございます。  山本委員の非常に成熟した議論に触発されまして、ちょっと未成熟かと思いますが、意見を述べさせていただきたいと思います。  二、三ですが、まず第一点で、憲法改正について、三分の二の手続についてですけれども、内容によって変えてもいいんじゃないかという議論が盛んに今行われております。きょうもいっぱい出てまいりましたけれども、私は、前文から百三条の句点まで含めて、憲法の条文や章でもってそういうふうに今差別するのはよくないような気がいたします。  ここで橘さんに質問ですけれども、各国で内容に応じて差をつけているというのは、それは一体どこでどうやって決まっているん……

第183回国会 憲法審査会 第12号(2013/06/13、46期、民主党・無所属クラブ)

○篠原委員 おはようございます。民主党の篠原です。  橘さんの方にお伺いしたいんですが、今、我が国の経緯についていろいろお話しいただきました。しかし、国民投票というのは、欧米先進国、アメリカは余りないんですけれども、ヨーロッパでは盛んに行われているはずなんです。  今の二十六ページのところにも、諸外国の国民投票制度の概略というのが出ておりますけれども、最近の、我々みんなが知っている記憶では、イタリアで原発の再稼働について国民投票をして、九五%の人が反対して再稼働を取りやめた。それから三十ページに、イタリアの例で、ここに書いてあるとおりですけれども、新たな原子力発電所の計画、建設の廃止というのが……

第183回国会 予算委員会第二分科会 第1号(2013/04/12、46期、民主党・無所属クラブ)

○篠原分科員 民主党の篠原孝でございます。  三十分間質問をさせていただきます。  冒頭、少々抗議をさせていただきたいと思います。  私も今、弱小民主党になりましたので、いろいろなことをやっていまして、ぎりぎりにここに駆けつけたんですが、大臣、おくれられたそうで、それはやはりよくないので、我が政権のときもそういう問題があって、こんなに大きく取り上げられたというのを覚えておられると思いますけれども、そういうことは絶対にないようにしていただきたいと思います。まず冒頭、これを申し上げておきます。これは答弁は要らないと思いますけれども、きちんとしていただかないと困りますので、ぜひそうしていただきたいと……

第186回国会 予算委員会公聴会 第1号(2014/02/25、46期、民主党・無所属クラブ)

○篠原委員 増田さんと神津さんと藤田さんの今の日本経済についての考え方は、大体似ていたんじゃないかと思います。円安になったけれども輸出はそれほどふえない、設備投資もふえないと。  増田さんに質問が集中しているようですので、逆の方からで、藤田さんの方にちょっとお伺いしたいんです。  わかるんですね、非常にきちんとまとめていただいて、我々の認識と大体一致しているんじゃないかと思います。新しい産業について、賃金が低いんだ、これが問題だ、日本の経済成長というのは消費、内需型なんだ、だから、そっちの方をきちんとしなきゃだめじゃないかと。  新しい産業のところ、観光だとか福祉だとかは賃金が低い。これは全体……

第187回国会 外務委員会農林水産委員会連合審査会 第1号(2014/10/29、46期、民主党・無所属クラブ)

○篠原委員 民主党の篠原でございます。  まず冒頭、外務委員会の関係者の皆様方に感謝申し上げたいと思います。連合審査に応じていただきまして、ありがとうございます。  ただ、ちょっと見ましたら、平成に入ってからこれがたった五回目の連合審査だそうでして、もうちょっとこういう問題、いろいろなところに関係するわけです。外務委員会は、言ってみれば傘、アンブレラ委員会ですし、深くかかわるような問題については、積極的にこのような連合審査をしていただきたいと思います。  それでは、格調高い質問をさせていただいて、真面目にお答えいただきたいと思います。  四十三年前の何とかと聞かれましたが、私は、七年前の西川農……


47期(2014/12/14〜)

第189回国会 内閣委員会農林水産委員会連合審査会 第1号(2015/04/24、47期、民主党・無所属クラブ)

○篠原(孝)委員 民主党の篠原孝でございます。  このような場を設定していただきましたことを関係者の皆様に御礼を申し上げます。  それから、農林水産委員でもないのに質問の機会を与えていただきまして、ありがとうございます。  ストップTPPのネクタイとノーTPPのバッジをつけまして、二重で武装して、また質問させていただきたいと思います。  甘利大臣も御苦労さまでございます。フロマンさんはなかなかしぶとい方でして、甘利さんだからもっているような気がいたします。なかなかアメリカというのは交渉上手でして、最後になってきたら何を言い出すかわからないし、途中ではもう頑固でどうしようもないですし、こういう相……

第193回国会 決算行政監視委員会第四分科会 第1号(2017/04/10、47期、民進党・無所属クラブ)

○篠原(孝)分科員 おはようございます。民進党の篠原孝でございます。  一時間、時間をいただきまして、きょうはダムの関係、二つに分けて質問させていただきたいと思います。  ダムは日本のあちこちの川にいっぱいつくられております。しかし、世界の状況を見ますと、ダムは無駄だ、土砂で埋まって、百年後、二百年後、三百年後は撤去しなくちゃならない、何よりも、自然環境を壊している、生物、特に魚に優しくないということで、考え方が違ってきているんですね。  私は、数字がわからなかったので、ダムの現状はどうだというのを金曜日に伺いまして、夜中だったので、その質問をすることにしましたけれども、皆さんのお手元にお配り……


48期(2017/10/22〜)

第201回国会 決算行政監視委員会第四分科会 第1号(2020/04/06、48期、立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム)

○篠原(孝)分科員 国民民主党の衆議院議員の篠原孝でございます。  大臣、おくればせながらですけれども、御就任おめでとうございます。  私の記憶では国土交通委員会に所属したことはないと思うんですが、大事な問題がありますので、手を挙げて、三十分間質問させていただくことにいたしました。  資料をお配りしてありますので、もう事前に見ていただいたと思いますけれども、これをじっくり見ながらお答えいただきたいと思います。  今、規制改革、規制改革というので、私は非常に問題だと思います。安倍一強、官邸一強と言われますけれども、規制改革推進会議、名前が何かくるくる変わっていきまして、産業競争力会議が今は未来投……

第201回国会 予算委員会第三分科会 第1号(2020/02/25、48期、立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム)

○篠原(孝)分科員 国民民主党の篠原孝でございます。  井林さんの配慮に感謝いたしまして、少々長く質問をさせていただきたいと思います。  二点に絞ります。新型コロナウイルスの関係です。  この件でいろいろやっておられること、私は否定しません。言ってみれば超法規的措置だと思います。入国管理難民法の第五条に上陸拒否、一般的には入国拒否ですけれども、その条文がある。多分政府は悩んだんだろうと思います。どうやって危険な外国人、日本人の場合は感染症法と検疫法でいろいろできますけれども、外国人はそういうふうな形になっていない。どうするか。  これは法務省の事務方はわかっておられると思いますし、参議院の予算……


※このページのデータは国会会議録検索システムで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2020/05/21

篠原孝[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計/発言一覧 | 質問主意書