国会議員白書トップ衆議院議員中山泰秀>委員会発言一覧(全期間)

中山泰秀 衆議院議員
「委員会発言一覧」(全期間)

中山泰秀[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計/発言一覧 | 質問主意書


このページでは中山泰秀衆議院議員の委員会および各種会議の発言の冒頭部分と国会会議録検索システムの該当ページへのリンクをまとめています。
 中山泰秀 衆議院議員「委員会統計」(全期間)には委員会および各種会議の活動状況の集計結果を示しています。


委員会発言一覧(衆議院)

43期(2003/11/09〜)

第159回国会 厚生労働委員会 第12号(2004/04/16、43期、自由民主党)

○中山(泰)委員 おはようございます。  きょうは、厚生労働委員会委員を拝命いたして以来初めての質問になります。  特に、私の場合、自由民主党新人最年少で、昨年の十一月の衆議院選挙により当選をさせていただきました。八万七千百八十七名というとうとい数の票をちょうだいいたしましたこと、そしてまた、私自身の過去におきまして、初めての衆議院選挙出馬は、実は二十四歳のときに初出馬をさせていただいた次第でございます。そのときいただいたのが四万三千百四十三票。二十四で出て、選挙中に誕生日を迎えて投票日に二十五歳になったという珍しいケースでございましたけれども、二回衆議院に落選し、地方議会は千票差で一回落選を……

第162回国会 決算行政監視委員会 第2号(2005/04/06、43期、自由民主党)

○中山(泰)委員 おはようございます。自由民主党の中山泰秀でございます。  本日は、早朝より諸先輩方の前で決算行政監視委員会において質問をさせていただきますことを光栄に存ずる次第でございます。何とぞよろしくお願いをいたします。  まず、私ども、今インターネット世代と申しまして、本当にクリック一つでいろいろな情報が入ってくるわけでございますが、ちょうど本日のこの質問を考える中で、昨日、夜中にちょっとインターネットをクリックしました。その検索の文字というのは、性犯罪という漢字三文字でクリックをいたしました。そうしましたところ、実に約二十件もの事件が過去五カ月だけでもネット上に出てくる。特に、被疑者……

第162回国会 厚生労働委員会 第21号(2005/05/13、43期、自由民主党)

○中山(泰)委員 おはようございます。自由民主党の中山泰秀でございます。  きょうは、質問の機会をちょうだいさせていただきましたことに、委員各位の皆様そして委員長に心から敬意を表しますと同時に、まず冒頭、感謝、御礼を申し上げさせていただきたい、かように思う次第でございます。  そしてまた、私もちょうどおととしの衆議院選挙で初当選をさせていただきまして、まだ若輩でございますけれども、そしてまた、浅はかな知識で御質問に立たせていただきますことをおわびを申し上げたいと思います。  私は、国会議員と地方議員の役割の違いというのは具体的に何かと考えましたら、やはり国会議員の専権事項というのは国の治安を維……


44期(2005/09/11〜)

第163回国会 厚生労働委員会 第3号(2005/10/14、44期、自由民主党)

○中山(泰)委員 おはようございます。自由民主党、中山泰秀でございます。  まず冒頭、今回四十四回目の衆議院選挙を終えまして、私、個人的には実は初質問でございます。ひとつ大臣、よろしくお願い申し上げます。  そしてまた、同時に、きょうは私の誕生日でございまして……ありがとうございます。実はめでたく人生三十五年目に突入をいたしました。今、赤ん坊が一・三歳、妻一人、しっかりと家族一丸となって、いわゆる子育て育成支援にも取り組んでおる現役世代でございます。  そして同時に、私、今から数えますこと十年前、初めての選挙を戦いました。初当選するまで八年、三度の国政選挙に出まして三回落選、地方選挙に一回出ま……

第164回国会 外務委員会 第3号(2006/03/08、44期、自由民主党)

○中山(泰)委員 自由民主党の中山泰秀でございます。  本日、お時間をちょうだいしまして、今回の米軍のトランスフォーメーションが地球規模で行われている中におきましての在日米軍駐留経費負担の問題に関して、幾つか御質問をさせていただきたい、かように存じ上げる次第であります。  まず、私自身、昨年、イスラエルの方に行ってまいりました。特に、国会議員でつくります日本・イスラエル友好議員連盟の事務局長を一期生のときから仰せつかっておりまして、三年目に入りますが、アメリカの目の中でタップダンスを踏んでも痛くないという国がイスラエルであるというふうに思います。  そしてまた、そのイスラエルという国に対して、……

第164回国会 外務委員会 第19号(2006/06/02、44期、自由民主党)

○中山(泰)委員 おはようございます。自由民主党の中山泰秀でございます。  本日は約二十分ということで、大変短くもあり、また一分一分大切に質問をさせていただきたいと思います。  まず冒頭、先日起こりましたインドネシア・ジャワ島中部地震により残念ながら他界された皆様方の御冥福をお祈りし、そしてまた同時に、被災者の方々が一日も早く通常の生活を取り戻されますこと、私も大阪選出でございまして、阪神・淡路大震災の記憶というのを思い起こす中で、一日も早い復旧というものを心からお祈りを申し上げたい、かように申し上げたいと思います。  それでは質問に入らせていただきますが、きょう、私の資料として一枚、主要国に……

第168回国会 安全保障委員会 第1号(2007/10/18、44期、自由民主党)【政府役職】

○中山大臣政務官 外務大臣政務官の中山泰秀でございます。  嘉数委員長を初め委員の皆様方に一言ごあいさつを申し述べさせていただきます。  外務大臣政務官として、国民の皆様方の期待にこたえる外交を推進するため、高村正彦外務大臣を補佐し、全力を尽くして取り組む決意でございます。  なお、三人の政務官の中では、私が特に本委員会を担当させていただくことになっております。委員長を初め本委員会の皆様の御指導と御協力をいただきますよう心よりよろしくお願いを申し上げて、ごあいさつにかえさせていただきます。どうもありがとうございました。(拍手)

第168回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第2号(2007/10/23、44期、自由民主党)【政府役職】

○中山大臣政務官 外務大臣政務官としての責任を果たすべく、高村外務大臣を補佐してまいります。  藤村委員長を初め本委員会の皆様の御指導と御協力をいただきますように心からよろしくお願いを申し上げて、ごあいさつにかえさせていただきます。ありがとうございました。(拍手)

第168回国会 外務委員会 第1号(2007/10/19、44期、自由民主党)【政府役職】

○中山大臣政務官 おはようございます。  このたび、外務大臣政務官に就任をいたしました中山泰秀でございます。  平沢委員長を初め委員各位に謹んでごあいさつを申し述べさせていただきます。  高村大臣指導のもと、外務大臣政務官として、世界の平和と繁栄に向けて、日本らしい国際貢献のあり方を追求しながら、外交に積極的に取り組んでいく所存でございます。  委員長を初め本委員会の皆様方の御指導と御協力をいただきますよう、心よりよろしくお願いを申し上げる次第でございます。  ありがとうございます。(拍手)

第168回国会 経済産業委員会 第5号(2007/11/02、44期、自由民主党)【政府役職】

○中山大臣政務官 おはようございます。後藤先生、御質問ありがとうございます。  我が国が承知しておりますところによれば、我が国を初め、米国、カナダ、欧州諸国、豪州等は、国連安保理決議第一七一八号に基づきまして、軍関連及び核、ミサイル、WMD計画関連の特定品目の輸出禁止、先生御指摘のいわゆるぜいたく品の輸出禁止等の措置を既に実施しているものと承知いたしております。  いずれにしましても、安保理決議第一七一八号に基づく措置を実施いたしますことは国連加盟国の義務であり、また、北朝鮮に国際社会の意思を明確にする上でも重要であると考えております。  政府といたしましては、できるだけ多くの国が同決議に基づ……

第168回国会 内閣委員会 第7号(2007/11/28、44期、自由民主党)【政府役職】

○中山大臣政務官 お答えを申し上げます。  平成八年に、我が国の軍縮、不拡散政策に必要な技術、知見を集約すべく、軍縮・不拡散促進センターが財団法人日本国際問題研究所に附置されたことを受けまして、外務省といたしましては、中国の遺棄化学兵器処理事業に関する調査研究等を同研究所に委託し、廃棄処理に向けた技術的、専門的検討を進めることといたしました。  これを受けまして、同センターにおいては、設立当初から平成十五年度まで、外務省及び内閣府からの委託事業として、中国遺棄化学兵器の状況に関する現地調査、廃棄処理技術に関する調査研究、欧米施設の視察等を実施いたしておりましたが、処理事業の本格化に伴い、同セン……

第168回国会 内閣委員会 第9号(2007/12/21、44期、自由民主党)【政府役職】

○中山大臣政務官 平岡先生、先ほどは失礼しました。  ないというふうに承知をいたしております。
【次の発言】 政務官として、また、副大臣、大臣、そういった外務省の政府高官に対しての説明というものがないということは、承知を外務省としてはしていないということでございます。
【次の発言】 御指摘を踏まえて検討させていただきたいと思います。
【次の発言】 社団法人の日米平和・文化交流協会に対する御指摘の部分のいわゆる立入検査ということに関して、現時点で具体的な日程というのは決定いたしておりませんが、検査の実施に向け準備を整え、そして手続を進め、早期に実施をいたしたいと考えております。

第168回国会 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 第2号(2007/10/30、44期、自由民主党)【政府役職】

○中山大臣政務官 外務大臣政務官の中山泰秀でございます。  山本拓委員長を初め委員各位にごあいさつを申し上げたいと思います。  北朝鮮による拉致問題は、国民の生命と安全にかかわる重大な問題です。私は、高村大臣御指導のもと、拉致問題の一刻も早い解決に向け、外務大臣政務官としての責務を果たすべく、全力で努力してまいります。  なお、政務官といたしましては私が本委員会を担当することとなります。山本委員長様を初め本委員会の皆様の御指導と御協力を賜りますように心からお願いを申し上げたいと思います。  どうぞよろしくお願いいたします。(拍手)

第169回国会 国土交通委員会 第21号(2008/05/30、44期、自由民主党)【政府役職】

○中山大臣政務官 おはようございます。  鷲尾議員、特にお地元、新潟県ということで、拉致の被害者もおいででございまして、委員の御熱意に心から敬意を表します。  御質問に対してお答えをいたします。  政府といたしましては、北朝鮮が六者会合で二〇〇七年末までの実施を約束した申告をいまだに行っておらず、また、北朝鮮が拉致問題についても具体的な対応をとっていないこと、そしてまた、北朝鮮をめぐる諸般の情勢を総合的に勘案し、対北朝鮮措置の継続が必要ということをまず判断いたしました。  現在行っております北朝鮮船舶の入港禁止措置は、法律上、我が国の平和及び安全の維持のため特に必要があると認めるときに発動する……

第169回国会 内閣委員会 第10号(2008/04/18、44期、自由民主党)【政府役職】

○中山大臣政務官 副大臣と呼んでいただいてありがとうございます。政務官でございます。  委員の御質問に対して、在セネガル日本大使館よりセネガル外務省に対して、当該留学生のパスポート上の生年月日の本物かにせものかということ、それとあと、委員があえてお名前を出さずに御指摘なさっておられますその二つの名前が同一人物かということ、これをノートバーバルを発出して照会をし、そして早く回答してくださいということを再三、委員の御指摘どおり、外務省の方も責任を持って行っておりますが、いまだに回答が来ていないということが一点。  それから、セネガル外務省も、本件がこのように委員会で取り上げられ、国会での重要な問題……

第169回国会 文部科学委員会 第4号(2008/03/21、44期、自由民主党)【政府役職】

○中山大臣政務官 おはようございます。  先生御指摘の竹島は、歴史的事実に照らしましても、かつ国際法上も、明らかに我が国固有の領土でございます。政府としては、竹島の領有権の問題の平和的解決を図るため、粘り強い外交努力を行っていくという方針でございます。  また、尖閣諸島が我が国固有の領土であるということにつきましても、歴史的にも国際法上も疑いのないところであり、現に我が国はこれを有効に支配しております。したがって、同諸島をめぐり解決すべき領有権の問題はそもそも存在していないという認識に立っております。
【次の発言】 基本的にはそういうことだと思います。しかしながら、先生の心中、そしてまたこの質……

第169回国会 予算委員会 第9号(2008/02/15、44期、自由民主党)【政府役職】

○中山大臣政務官 ありがとうございます。  北谷町議会から外務省に対しましては、近年では、二〇〇五年に九件、二〇〇六年に八件、二〇〇七年に十三件と、毎年多くの要請をいただいておりますが、このうち、二〇〇七年に受けた要請の中に、施設・区域外住宅実態公表要請が一件含まれていたと承知をいたしております。  二月十日の在沖海兵隊員による未成年者に対する暴行被疑事件に関し、二月十三日に宮里町議会議長からお受けした要請の中でも、綱紀粛正、再発防止とともに、米軍人等の施設・区域外住宅の実態の公表についても要請を受けたと承知をいたしております。
【次の発言】 今御指摘の点に関しましては、真摯に役所の方もこたえ……

第170回国会 国土交通委員会 第5号(2008/11/19、44期、自由民主党)

○中山(泰)委員 おはようございます。自由民主党の中山泰秀でございます。  本日は、交通安全施策を含め国土交通委員会一般質疑ということで、質問のお許しを得させていただきまして、心から委員各位の先生方に感謝を申し述べさせていただきたいと思います。  まず最初に、質問に先立ちまして、昨日来、厚生労働省の元事務次官が非常に陰惨な殺人事件にお遭いになられ、そしてまたメディアはこれをテロという形で取り上げております。こういった人の命を奪うということ、そしてまた、特にまだ情報は把握なさっておられないだろうとは思いますけれども、今回、厚生労働省のOBの方が、そしてまたその奥様が命を奪われるということが起こり……

第171回国会 外務委員会 第4号(2009/03/25、44期、自由民主党)

○中山(泰)委員 委員長初め、中曽根外務大臣初め、委員各位の皆様方にまずもっておはようございますとごあいさつを申し上げたいと思います。  今、私、政治が非常に日本国民の人心を乱しておるような気配を、空気を感じております。その中で、日本の最古の憲法と言われる聖徳太子の十七条憲法の第一条は、先生方御存じのとおり、和をもってとうとしを旨となせ、人皆たむろありと。たむろというのは、各政党の党と書いてたむろと読みますが、要は、人間が三人寄れば二対一に必ず分かれる、派閥争いをする、だからこそ胸襟を開いて仲よくしなさいというのがその意味だと思います。  そして、同じくその中で、十七条のうちの第六条にもっと大……

第171回国会 国土交通委員会 第13号(2009/04/08、44期、自由民主党)【議会役職】

○中山(泰)委員長代理 次に、川内博史君。

第171回国会 国土交通委員会 第19号(2009/05/22、44期、自由民主党)【議会役職】

○中山(泰)委員長代理 次に、石川知裕君。

第171回国会 国土交通委員会 第20号(2009/05/27、44期、自由民主党)【議会役職】

○中山(泰)委員長代理 次に、鷲尾英一郎君。

第171回国会 国土交通委員会 第25号(2009/06/17、44期、自由民主党)【議会役職】

○中山(泰)委員長代理 次に、森本哲生君。


46期(2012/12/16〜)

第183回国会 安全保障委員会 第2号(2013/04/02、46期、自由民主党)

○中山(泰)委員 中山泰秀です。  早速質問をさせていただきたいと思いますが、きょうは両大臣、お忙しい中、また副大臣、政務官とおそろいいただいておりますことに、心から感謝を申し上げたいと思います。  と同時に、この部屋に入りまして、先ほど来ずっと先輩のお顔を見ていたんですよ。そうしたら、左藤政務官のお父様もそちらにおいでですね。義理の息子さんなのに、顔はそっくりですね。それと同時に、頑張っているなというのをやはりお父さんも感じられていると思います。  それとまた、東中光雄先生、共産党の先生ですけれども、私が初めて衆議院の選挙にチャレンジしたのが二十四歳だったんです。被選挙権は二十五歳だろうと、……

第183回国会 安全保障委員会 第3号(2013/05/23、46期、自由民主党)

○中山(泰)委員 おはようございます。中山泰秀です。  私からは、約八問ほど、御質問をきょうは申し上げたいと思います。  まず一点目でございますが、五月二十一日の火曜日十時五十二分、時事通信によりまして、「サイバー対策、政府が素案」という記事が配信されておりました。ちょっと読んでみます。  「政府は二十一日午前、官民のサイバー対策を協議する情報セキュリティー政策会議(議長・菅義偉官房長官)を首相官邸で開き、外国政府・軍が関与したとみられるサイバー攻撃が相次いでいることを受け、自衛隊への「サイバー防衛隊」創設や今後の重要課題を盛り込んだ「サイバーセキュリティー戦略」素案をまとめた。六月中に決定す……

第185回国会 安全保障委員会 第3号(2013/12/06、46期、自由民主党)

○中山(泰)委員 おはようございます。自由民主党の中山泰秀です。  本日は、中国が設定をしたと勝手に申しておられます、いわゆる防空識別圏の問題に対して御質問をさせていただきたいと思います。  同時に、なぜ、きょうこの委員会が設定をされたかということ、そしてまた、近日中に国会で、この中国共産党一党独裁による国家、そして一国二制度と勝手なことを申しておりますけれども、防空識別圏という到底理解もできないような形で設定する国家、これに対して、しっかりと我が国の意思を表明し、国民を代表する私ども立法府の立場で、院議をもって、これに対して決議をするということ、そのことを、逆に、野党の皆様も含めて、国民の意……

第185回国会 国家安全保障に関する特別委員会 第3号(2013/10/30、46期、自由民主党)

○中山(泰)委員 自由民主党の中山泰秀でございます。  本日は、官房長官が記者会見でお留守の間を、与党としてしっかりと緊張感を持った質問をせよという理事の先輩方の御下命を賜って、しっかりとやらせていただきたい。  きょうは幸い、未来の官房長官の世耕弘成副長官がおいででございますので、未来の官房長官に対して御質問を申し上げたいと思います。よろしくお願いします。  まず、先生方、委員のメンバーの皆様に資料をお配り申し上げておりますが、ごらんをいただきたいと思うんです。この資料でございます。  これは、ジョージタウン大学で教授をお務めになっておられたレイ・クライン教授がおつくりになられたフォーミュラ……

第185回国会 国家安全保障に関する特別委員会 第16号(2013/11/20、46期、自由民主党)

○中山(泰)委員 自由民主党の中山泰秀でございます。  本日は、今懸案になっております国家安全保障に関する特別委員会におきましての特定秘密の保護に関する法律案に賛成の、もちろん立場で質問をさせていただくわけであります。賛成討論のように聞こえるというお声がございましたが、ありがとうございます。意識して、あえて発言しております。  まずは、ここまでに至る経緯で、自由民主党内ではプロジェクトチームが立ち上がりました。秘密保全等のプロジェクトチームでありますけれども、そのPTの座長をお務めになられました町村信孝先生を私は大変尊敬しておりますと同時に、町村先生のお父様、御父君は、先生方よく御存じのとおり……

第186回国会 安全保障委員会 第4号(2014/04/01、46期、自由民主党)

○中山(泰)委員 おはようございます。自由民主党の中山泰秀でございます。  本日は、衆議院の安全保障委員会で、戦略を主に中心に、外務大臣、そして防衛大臣含め政府参考人の皆様方に御質問申し上げたい、かように考えてございます。  昨日でしょうか、北朝鮮が国境付近、韓国へ向けてミサイル、大砲のようなものを五百発以上連発したということであります。非常に緊張感が朝鮮半島では高まっているという中で、北朝鮮がアメリカ西海岸に向けてミサイルを撃って、ロサンゼルスで多数の死傷者が出るという事態が起こっているという情報が先ほど入ってきた。こういった緊迫する世界情勢というものがもしこの委員会の最中に起きたとしたら、……

第186回国会 安全保障委員会 第8号(2014/06/06、46期、自由民主党)

○中山(泰)委員 自由民主党の中山泰秀でございます。  きょうは、質問の時間をいただきまして、ありがとうございます。  先ほど来、この安保委員会に所属する委員各位が、いろいろな角度から、集団的自衛権そしてまた安全保障全般にかかわる多角的な御意見、御心配というものをすごく有していらっしゃるなというふうに、各政党の議員の質問を拝聴させていただきながら感じておった次第であります。  私も、一人の日本人として、私なりの見方から心配しています。それは何かといったら、先ほど来、集団的自衛権で限定容認論という言葉が出たりとか、急ぐなという言葉のような感覚を得たりとかしますけれども、私は、今回の議論の中でマス……

第186回国会 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 第3号(2014/05/09、46期、自由民主党)【議会役職】

○中山(泰)委員長代理 次に、鷲尾英一郎君。
【次の発言】 次に、三宅博君。

第186回国会 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 第4号(2014/06/17、46期、自由民主党)

○中山(泰)委員 北朝鮮は、日本政府が認定した被害者十七人のうち、残り十二人について、死亡あるいは入境せずということを小泉政権の時代に回答してきております。  冒頭、委員長から、大阪、神戸の視察の御報告がございました。そのとき、神戸で私たち委員会のメンバーが有本さんの御両親とお会いをさせていただく中で有本さんがはっきりと申されたことを、有本さん御本人にかわって申し上げたい。  それは何か。死亡、死んだと北朝鮮がしている人たちを生き返らせてもらわないと困るというところ、そこを一言、有本さんの御両親にかわって御報告申し上げたいというふうに思います。  それでは、質問に入ります。  まずは、北朝鮮の……

第186回国会 予算委員会 第15号(2014/02/28、46期、自由民主党)

○中山(泰)委員 自由民主党の中山泰秀です。  私は、自由民主党を代表し、ただいま議題となっております平成二十六年度一般会計予算、平成二十六年度特別会計予算、平成二十六年度政府関係機関予算、以上三案に対して賛成、みんなの党、共産党、生活の党提出の編成替え動議及び日本維新の会、結いの党共同提出の修正案に対して反対の立場から討論を行います。  安倍内閣が初めて概算要求の段階から策定し、内閣としての経済財政運営のスタンスをあらわすべきものこそ、ただいま議題となっております平成二十六年度予算であります。  以下、平成二十六年度予算三案に賛成する主な理由を申し述べます。  賛成する第一の理由は、この予算……

第187回国会 安全保障委員会 第1号(2014/10/10、46期、自由民主党)【政府役職】

○中山副大臣 外務副大臣を拝命いたしました中山泰秀でございます。  国際社会において外交、安全保障上の諸課題が山積する中、我が国の安全と繁栄を確保し、国民の生命と財産を守ることは、政府が取り組むべき最優先課題であります。  私は、岸田外務大臣を補佐し、我が国が直面する外交、安全保障上の諸課題に全力で取り組む考えです。  二人の副大臣のうち、私が特に本委員会を担当することになっております。  北村委員長初め委員各位の御支援と御協力を心からよろしくお願い申し上げます。  ありがとうございます。(拍手)

第187回国会 安全保障委員会 第2号(2014/10/14、46期、自由民主党)【政府役職】

○中山副大臣 お答え申し上げます。  ノーベル平和賞の受賞者を決定するノルウェー・ノーベル委員会は、ノルウェー政府からも独立した極めて中立性の高い組織であります。賞の選定プロセスについても厳格に管理され、候補者及び選考過程は受賞者決定日から五十年間非公開とされており、誰がノミネートされるかについても政府として確認できるものではないということで承知しております。
【次の発言】 ありがとうございます。  いずれにしましても、先ほどの質問も含めて御回答申し上げますと、政府としては、これまで、ノーベル平和賞について国内の推薦を取りまとめたり、また、ノーベル平和賞に対して働きかけを行ったりということはや……

第187回国会 安全保障委員会 第3号(2014/10/17、46期、自由民主党)【政府役職】

○中山副大臣 御質問ありがとうございます。  中間報告で明らかにされておりますとおり、見直し後のガイドライン及びそのもとで行われる取り組みに関しましては、「日米安全保障条約及びその関連取極に基づく権利及び義務並びに日米同盟関係の基本的な枠組みは変更されない。」という基本的な前提及び考え方に従うことになります。

第187回国会 安全保障委員会 第6号(2014/11/07、46期、自由民主党)【政府役職】

○中山副大臣 ありがとうございます。  まずは、小笠原諸島周辺海域等で多数確認されております中国船の活動につきましては、関係省庁とも密接に連携をして対応いたしております。  まず、現時点において、当該中国船について、サンゴの採取以外の目的で活動していると断定できる情報に接していないというのが事実であります。  いずれにしましても、中国のサンゴ船が我が国領海や排他的経済水域において違法に操業することはまことに遺憾であり、到底認められない問題であるというふうに思います。  こうした観点から、外務省におきましては、現場海域で取り締まりに当たる、先ほど答弁もあった海上保安庁また水産庁等関係省庁と密接に……

第187回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第2号(2014/10/30、46期、自由民主党)【政府役職】

○中山副大臣 おはようございます。外務副大臣の中山泰秀でございます。  我が国を取り巻く安全保障環境が一層厳しさを増す中、我が国の外交、安全保障の基軸たる日米同盟の強化が不可欠であります。特に、在沖米軍を含む在日米軍の抑止力は、地域の平和と安全の確保に不可欠であり、在日米軍の抑止力を維持しつつ、地元の負担軽減を図っていくことが重要です。  また、ロシアとの間で協力の次元を高めることは重要なことであり、あらゆる分野における協力の進展を目指す中で、特に、二国間の間に横たわる北方四島の帰属問題を解決させ、平和条約締結交渉にしっかりと臨んでいくことが重要だと考えます。  これらの基本的な考え方に基づき……

第187回国会 外務委員会 第1号(2014/10/10、46期、自由民主党)【政府役職】

○中山副大臣 おはようございます。外務副大臣を拝命いたしました中山泰秀でございます。  北東アジアに位置する日本の平和と繁栄のため、また将来を担う次世代のために、外交の最前線で精いっぱい尽力していく所存です。  特に、担当である北米、中南米、中東諸国との関係強化に努めます。また、国連外交や安全保障を強化し、日本経済の再生に資する経済外交を推進します。国際的な法の支配や邦人保護にも全力で取り組んでまいります。  なお、二人の副大臣の中で、私が特に本委員会を担当することになっております。  土屋委員長を初め、理事、委員各位の御支援と御協力を心からよろしくお願い申し上げます。  ありがとうございまし……

第187回国会 外務委員会 第2号(2014/10/15、46期、自由民主党)【政府役職】

○中山副大臣 御質問ありがとうございます。  まず、中国においては、国防予算の急速な増大を背景に、十分な透明性を欠いた形で軍事力の増強が進められており、我が国を含む国際社会の共通の懸念事項となっていることは言うまでもない、委員の御指摘にもあるようなお話が事実明白でございます。  また同時に、東シナ海や南シナ海におきましても、必ずしも既存の国際法秩序とは相入れない独自の主張に基づいてさまざまな海洋活動を活発化させており、これも我が国を含む国際社会の共通の懸念事項となっているというふうに思います。  こうした中国側の活動の意図について断定的に申し上げるのは難しいとは思いますけれども、中国国内での海……

第187回国会 外務委員会 第3号(2014/10/24、46期、自由民主党)【政府役職】

○中山副大臣 御質問ありがとうございます。  齋藤委員も御承知のとおり、我が国経済に与える具体的な効果につきましては、貿易・投資の流れは景気や為替の変動等に大きく影響されるため、一概に、定量的にお答えすることは困難であるということであります。  その上で申し上げますと、日豪EPAは、両国間の貿易及び投資の促進に寄与いたしますとともに、我が国にとって、例えば、以下申し上げる経済的なメリットがあるというふうに思います。  まず、関税撤廃により、豪州市場における日本企業の競争力確保につながるということ。二つ、投資の保護及び自由化、知的財産の保護、商用訪問者の入国許可の手続の簡素化等を通じまして、日本……

第187回国会 外務委員会 第4号(2014/10/29、46期、自由民主党)【政府役職】

○中山副大臣 鷲尾委員、ありがとうございます。  日豪EPAは、我が国がこれまで署名してきました二国間のEPAの相手国のうちで、最大の貿易相手国とのEPAであります。この経済的意義に加えまして、基本的価値観と戦略的利益を共有する豪州との関係強化に寄与するものとして、重要な意義があると考えております。  同時に、日豪EPAには、貿易、投資、知的財産、競争、そしてまた政府調達等、幅広い分野が含まれております。ともにアジア太平洋地域におきます経済連携を推進する日豪間でこのような包括的な協定が成立することによりまして、TPPを含む地域のルールづくりを促進することが期待されておるところであります。  特……

第187回国会 文部科学委員会 第5号(2014/11/05、46期、自由民主党)【政府役職】

○中山副大臣 七年前に政務官を無事終了させていただいて、副大臣を拝命しております中山でございます。また先生、元外務大臣として、御指導よろしくお願い申し上げます。  御質問ありがとうございます。  まずは、中国や韓国のCSCへの加入の見通しについて予断することは差し控えたいと思いますけれども、両国も加盟する国際原子力機関、いわゆるIAEAの原子力安全行動計画や原子力安全決議等におきまして国際的な原子力損害賠償制度の構築の重要性がうたわれており、このことは中韓初め各国が認識しているものと理解をいたしております。  中国や韓国も、IAEA主催の原子力損害賠償にかかわるワークショップに参加するなど、C……

第187回国会 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 第2号(2014/10/22、46期、自由民主党)【政府役職】

○中山副大臣 外務副大臣を拝命いたしました中山泰秀でございます。  国際会議や各国との会談等のあらゆる機会を捉え、国際社会の拉致問題に関する理解と協力を求めてまいりたいと思います。城内外務副大臣、そして三人の政務官とともに、岸田外務大臣を補佐し、拉致問題の解決に全力で努力を重ねていく所存です。  平沢委員長を初め委員各位の御支援と御協力を心からよろしくお願い申し上げます。  ありがとうございます。


47期(2014/12/14〜)

第189回国会 安全保障委員会 第1号(2015/03/13、47期、自由民主党)【政府役職】

○中山副大臣 外務副大臣を拝命いたしております中山泰秀です。  我が国を取り巻く安全保障環境が一層厳しさを増す中、我が国の安全と繁栄を確保し、国民の生命と財産を守ることは、政府が取り組むべき最優先課題であります。  私は、岸田外務大臣を補佐し、我が国が直面する外交、安全保障上の諸課題に全力で取り組む決意であります。  二人の副大臣のうち、私が特に本委員会を担当することになっております。  北村委員長初め理事及び委員各位の御支援と御協力を心からよろしくお願い申し上げます。(拍手)

第189回国会 安全保障委員会 第10号(2015/05/14、47期、自由民主党)【政府役職】

○中山副大臣 玉木先生の御指摘の根底の部分というのは非常に理解をいたしたいと思います。  ただ、世界で最も理想とされる同盟関係である日米関係、それを崩させてはいけないという玉木先生の御指摘だと思いますし、そのための外交努力というのを常日ごろからいろいろな場面でちゃんと固めていくことというのは非常に重要だと思います。  先生の御指摘を踏まえつつ、そういった懸念されるような状況が起こらないように、しっかりと詰めた作業を今後ともやっていきたいと思います。  ありがとうございます。
【次の発言】 ありがとうございます。  まず、今回の日米2プラス2におきましては、昨年の日米首脳会談の成果を踏まえまして……

第189回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第2号(2015/03/10、47期、自由民主党)【政府役職】

○中山副大臣 外務副大臣の中山泰秀でございます。  我が国を取り巻く安全保障環境が一層厳しさを増す中、我が国の外交、安全保障の基軸たる日米同盟の強化が不可欠であります。特に、在沖米軍を含む在日米軍の抑止力は、地域の平和そして安全の確保に不可欠であり、在日米軍の抑止力を維持しつつ、地元の負担軽減を図っていくことが重要です。  また、ロシアとの間で、さまざまな分野における協力の進展を図りながら、平和条約締結交渉にしっかりと取り組んでいくことが重要であります。  これらの基本的な考えに基づき、岸田外務大臣を補佐し、外務副大臣としての職責を全うするべく、全力で取り組んでまいります。  古川委員長を初め……

第189回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第3号(2015/03/19、47期、自由民主党)【政府役職】

○中山副大臣 お答え申し上げます。  昨年十一月の北京での日ロ首脳会談を受けまして、本年の適切な時期にプーチン大統領の訪日を実現するための準備の一環といたしまして、二月十二日、モスクワにおいて、約一年ぶりに日ロ次官級協議が行われました。この機会に二国間関係全般や国際情勢について幅広い議論が行われたことは有意義であったと考えております。  平和条約締結問題については、二国間関係全般を議論する中で、かなりの時間をかけて率直な議論を行った。事柄の性質上、それ以上具体的な内容をつまびらかにすることは差し控えさせていただければありがたいと考えてございます。  いずれにしましても、プーチン大統領の訪日及び……

第189回国会 外務委員会 第1号(2015/03/18、47期、自由民主党)【政府役職】

○中山副大臣 外務副大臣の中山泰秀でございます。  日本を取り巻く安全保障環境が一層厳しさを増す中、日本の平和と繁栄のために、引き続き、外交の最前線で精いっぱい尽力していく所存であります。  特に、担当であります北米、中南米、中東諸国との関係強化に努めます。また、国連外交や安全保障を強化し、経済外交に注力いたします。法の支配や国内外における日本人の安全確保、国際的なテロ対策にも全力で取り組んでまいります。  それでは、平成二十七年度外務省所管予算案につきまして概要を御説明申し上げます。  平成二十七年度一般会計予算案において、外務省は六千八百五十四億三千九百九十六万四千円を計上しております。こ……

第189回国会 外務委員会 第5号(2015/04/08、47期、自由民主党)【政府役職】

○中山副大臣 緑の気候基金に拠出することにより、我が国が主導的な役割を果たす形で島嶼国や後発開発途上国への支援を実現し、本年末のCOP21において、これらの諸国の支援を得て、全ての国が参加する枠組みの形成につなげることを目指すことや、日本が重視する島嶼国や防災分野を含め、途上国の気候変動対策を支援することが可能になると考えております。  また、GCFは気候変動対策への民間資金の動員に向けた取り組みを行うこととなっておりまして、官民合わせた気候資金の増加に資することも期待しているところであります。  先生御指摘の今後に関しましては、我が国からの今後のさらなる拠出につきまして、GCFの活用状況や途……

第189回国会 外務委員会 第7号(2015/04/22、47期、自由民主党)【政府役職】

○中山副大臣 国家安全保障の要諦は、安定し、かつ、見通しやすい国際環境を創出し、脅威の出現を未然に防ぐことであると私どもは考えております。そのために、力強い外交の推進を通じた幅広い取り組みが、御指摘のとおり、求められるというふうに考えております。  外務省では、日米同盟の強化を初めとするパートナーとの関係強化、またテロ対策、サイバーセキュリティーの確保等に向けた積極的な外交を展開いたしております。また、エネルギーを初めとする経済安全保障、環境問題への対応、人道支援など人間の安全保障の促進、開発援助協力、軍縮・不拡散の推進、海洋安全保障、また法の支配の強化、女性の権利を含む人権の擁護など、あらゆ……

第189回国会 外務委員会 第9号(2015/05/08、47期、自由民主党)【政府役職】

○中山副大臣 恐れ入ります。  今御質問を賜りました、いわゆる第二次世界大戦におきます犠牲者数につきましては、対象といたします戦争それから戦闘の範囲等に差異があることを考えますと、さまざまな推計が存在をしておるという現実がございます。正確な数というものを具体にお答えすることは、ある意味で非常に困難であるというふうに考えてございます。

第189回国会 外務委員会 第10号(2015/05/15、47期、自由民主党)【政府役職】

○中山副大臣 日本人の対中感情に関しましては、内閣府が外交に関する世論調査というものを実施いたしております。昨年十二月に公表されました最新の調査によりますと、約一五%の対象者が中国に親しみを感じる、約八三%の対象者が親しみを感じないと回答しております。  中国人の対日感情につきましては、昨年九月に公表された民間の調査で、中国人の約一一%が日本に対しましてよい印象、約八七%の方々がよくない印象と回答をしているものがございます。なお、同じ調査によりますと、日本人の約七%が中国に対してよい印象、約九三%の方々はよくない印象と回答をいたしております。  政府といたしましては、先生御指摘のように、悪化し……

第189回国会 内閣委員会 第19号(2015/08/07、47期、自由民主党)【政府役職】

○中山副大臣 ウルグアイ・ラウンド合意に基づきますミニマムアクセス米は国家貿易により輸入しているというのは、委員も御承知のとおりだと思います。  関税及び貿易に関します一般協定、御指摘の第十七条は、国家貿易企業について、この協定の他の規定に妥当な考慮を払った上で、商業的考慮のみに従って購入または販売を行うこと、無差別待遇の一般原則に合致する方法で行動することなどを規定いたしております。  政府としては、国家貿易の運用に当たって、同条の規定を含むガットとの整合性を確保する必要があると考えております。

第189回国会 法務委員会 第21号(2015/06/09、47期、自由民主党)【政府役職】

○中山副大臣 昨年七月に行われました自由権規約についての対日審査を踏まえまして、同委員会から出されました最終見解には、御指摘のとおり、刑事裁判手続に関する勧告が含まれております。  同最終見解におきまして、刑事裁判手続に関連して、起訴前の勾留期間における保釈等勾留の代替手段の検討、被疑者の逮捕時から弁護人を依頼する権利の保障及び弁護人の取り調べ中の立ち会い、取り調べの継続時間の制限及び方法を規定する立法措置、それから不服審査メカニズムを保障すること等が勧告されております。  これらの勧告につきましては、法的拘束力を有するものではありませんが、一年以内にその実施に関する情報を我が国から提出するこ……

第189回国会 法務委員会 第23号(2015/06/12、47期、自由民主党)【政府役職】

○中山副大臣 ありがとうございます。  まず、御指摘の九日の本委員会での答弁に関しましては、我が国の立場及び現状を必ずしも正確に反映していない指摘が他国の報告書等でなされる場合には、必要に応じて適切な発信をしていくことを検討する必要があるとの趣旨を申し上げたものであります。  同時に、具体的には、御指摘の米国務省国別人権報告書に含まれる刑事裁判手続に関する指摘については、関係省庁と協議の上、我が国の立場及び現状への理解を得るのに何が効果的な方法なのかということをしっかりと検討してまいりたいというふうに考えております。

第189回国会 法務委員会 第38号(2015/08/28、47期、自由民主党)【政府役職】

○中山副大臣 外務省といたしましては、ハーグ条約が作成されました一九八〇年当時、現在に比べまして、日本人の国際結婚及びその破綻に伴います、諸外国との間においての子の連れ去り等をめぐる問題が表面化するという事例が必ずしも多くなかったと認識いたしております。  そのような状況下で、ハーグ条約の締結には、子の利益の保護という観点から意義があると認められる一方で、条約の締結について懸念する意見もあったという事実でございます。このため、こうした意見も十分に踏まえつつ、締結の是非について慎重に検討する必要があるという認識に立っておりました。  加えて、仮にハーグ条約を締結した場合に、新たな裁判手続の導入、……

第189回国会 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 第2号(2015/04/22、47期、自由民主党)【政府役職】

○中山副大臣 このたび外務副大臣を拝命いたしました中山泰秀でございます。  北朝鮮の情勢は、今後も予断を許さない状況であります。拉致、核、ミサイルといった諸懸案の包括的な解決に向けまして、岸田外務大臣指導のもと、全力で努力をしてまいる所存であります。  竹本委員長を初め理事、委員各位の先生方の御支援と御協力を心からお願い申し上げます。

第189回国会 予算委員会 第8号(2015/02/23、47期、自由民主党)【政府役職】

○中山副大臣 今回の会合は、ISILを初めといたしますテロ組織の活発化の一因として国際的な関心が高まっている暴力的過激主義に関するもので、ケリー米国務長官による主宰のもと、開催をされました。  同会合におきましては、七十を超える国及び国際機関が一堂に会し、暴力的過激主義対策としてそれぞれが実施すべき措置や今後の協力について活発な議論が行われたことは、国際社会がテロに屈しないとの姿勢を示すものとして高く評価をしております。  私は、日本としての責任を毅然として果たしていくことや、各種国際テロ対策支援を行っていくことを強くアピールさせていただきました。そしてまた同時に、邦人殺害テロ事件に関して、日……

第190回国会 外務委員会 第4号(2016/03/16、47期、自由民主党)

○中山(泰)委員 外務委員会において質問をさせていただきたいと思います。  時間がないので、早速、私の意見も含みながらいろいろと質問を申し上げていきたいと思います。  午前中の質疑の中で、質疑者から、金丸信防衛庁長官が、ホスト・ネーション・サポートのことをかつてはいわゆる思いやり予算という表現方法を使用していたと話をされていました。これは、一九七八年度予算で、米国の財政赤字などを理由に、在日米軍基地の労働者の福利費、こういったものを負担したのが始まりで、当時の金丸信防衛庁長官が、思いやりを持って対処せよという発言をしたために、思いやり予算というふうに呼ばれるようになったというふうに記憶をしてお……

第191回国会 外務委員会 第2号(2016/09/14、47期、自由民主党)

○中山(泰)委員 自由民主党の中山泰秀でございます。  時間の関係で、早速質問に入らせていただきます。  北朝鮮がとうとう五回目となる核実験を行いました。これは、二二七〇号等一連の国連安保理決議、また六者会合の共同声明、それから日朝平壌宣言に明確に違反しているというふうに言えると思います。また、本年に入って、弾道ミサイルの発射を二十一発実施しています。  そこで、まず防衛省にお伺いをいたします。  北朝鮮が核技術を進歩させ、核の小型化を行い、それをミサイルに搭載させ発射を行った場合、日本列島の北から南まで全ての地域に約十分以内に着弾すると言われていますが、それは事実でしょうか。

第193回国会 外務委員会 第18号(2017/09/05、47期、自由民主党・無所属の会)

○中山(泰)委員 おはようございます。  自由民主党を代表し、質問に立たせていただきます。  まず、世界で唯一冷戦構造が色濃く残っているのが朝鮮半島であります。その朝鮮半島の三十八度線から以北をソビエトに武装解除、そしてまた以南を米軍に武装解除、この朝鮮半島の分断は、まさにヤルタ会談でチャーチルとルーズベルトとスターリンが決断をし、朝鮮半島の分断というものが行われました。それ以来、二十世紀の負の遺産とでも申しましょうか、これが二十一世紀にまで継続されているというのが、不幸にも朝鮮半島の現在に至る歴史であります。  その中で、北朝鮮が愚かな行動を頻繁に行っている昨今、この衆議院の委員会が持たれた……


48期(2017/10/22〜)

第195回国会 外務委員会 第1号(2017/11/29、48期、自由民主党)【議会役職】

○中山委員長 これより会議を開きます。  この際、一言御挨拶を申し上げます。  このたび、外務委員長に就任をいたしました中山泰秀でございます。  本日未明、北朝鮮がICBMと見られるミサイルを発射いたしました。拉致、核実験同様、このような暴挙は断じて容認できません。  緊迫する北朝鮮情勢を初め、現在、世界では、科学技術の進歩に伴うテロやサイバー攻撃などの、伝統的な意義での戦闘や攻撃とは全く違う新たな形の脅威が深刻化しています。  このような中、我が国は、政府間の外交努力に加え、議員外交などのさまざまなチャンネルを駆使して、諸外国との関係強化、経済外交を推進し、地域及び世界の平和と繁栄に対して、……

第195回国会 外務委員会 第2号(2017/12/06、48期、自由民主党)【議会役職】

○中山委員長 これより会議を開きます。  この際、佐藤外務副大臣、岡本外務大臣政務官及び堀井学外務大臣政務官から、それぞれ発言を求められておりますので、順次これを許します。外務副大臣佐藤正久君。
【次の発言】 次に、外務大臣政務官岡本三成君。
【次の発言】 次に、外務大臣政務官堀井学君。
【次の発言】 国際情勢に関する件について調査を進めます。  この際、お諮りいたします。  本件調査のため、本日、政府参考人として外務省大臣官房国際文化交流審議官宮川学君、大臣官房審議官大鷹正人君、大臣官房審議官相木俊宏君、大臣官房審議官川村博司君、大臣官房審議官宇山智哉君、大臣官房審議官牛尾滋君、大臣官房参事……

第195回国会 外務委員会 第3号(2017/12/08、48期、自由民主党)【議会役職】

○中山委員長 これより会議を開きます。  この際、御報告いたします。  本会期中、当委員会に付託されました請願は五種三十一件であります。各請願の取り扱いにつきましては、理事会において検討いたしましたが、委員会での採否の決定はいずれも保留することになりましたので、御了承願います。  なお、お手元に配付いたしましたとおり、本会期中、当委員会に参考送付されました陳情書は十六件、また、地方自治法第九十九条の規定に基づく意見書は百三十六件であります。
【次の発言】 次に、閉会中審査に関する件についてお諮りいたします。  国際情勢に関する件につきまして、議長に対し、閉会中審査の申し出をいたしたいと存じます……

第196回国会 外務委員会 第1号(2018/03/02、48期、自由民主党)【議会役職】

○中山委員長 これより会議を開きます。  理事の補欠選任についてお諮りいたします。  委員の異動に伴い、現在理事が一名欠員となっております。その補欠選任につきましては、先例により、委員長において指名するに御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。  それでは、理事に小熊慎司君を指名いたします。
【次の発言】 次に、国政調査承認要求に関する件についてお諮りいたします。  国際情勢に関する事項について、本会期中国政に関する調査を行うため、衆議院規則第九十四条の規定により、議長に対し、承認を求めたいと存じますが、御異議ありませんか。

第196回国会 外務委員会 第2号(2018/03/09、48期、自由民主党)【議会役職】

○中山委員長 これより会議を開きます。  開会に先立ちまして、立憲民主党・市民クラブ、希望の党・無所属クラブ、無所属の会及び日本共産党所属委員に対し御出席を要請いたしましたが、御出席が得られません。やむを得ず議事を進めます。  国際情勢に関する件について調査を進めます。  この際、お諮りいたします。  本件調査のため、本日、政府参考人として外務省大臣官房審議官相木俊宏君、大臣官房審議官飯田圭哉君、大臣官房審議官増島稔君、大臣官房サイバーセキュリティ・情報化参事官岡田健一君、大臣官房参事官長岡寛介君、大臣官房参事官志水史雄君、大臣官房参事官鯰博行君、総合外交政策局軍縮不拡散・科学部長吉田朋之君、……

第196回国会 外務委員会 第3号(2018/03/14、48期、自由民主党)【議会役職】

○中山委員長 これより会議を開きます。  開会に先立ちまして、立憲民主党・市民クラブ、希望の党・無所属クラブ、無所属の会及び日本共産党所属委員に対し御出席を要請いたしましたが、御出席が得られません。やむを得ず議事を進めます。  内閣提出、在外公館の名称及び位置並びに在外公館に勤務する外務公務員の給与に関する法律の一部を改正する法律案を議題といたします。  この際、お諮りいたします。  本案審査のため、本日、政府参考人として外務省大臣官房長下川眞樹太君、大臣官房審議官相木俊宏君、大臣官房参事官安藤俊英君、領事局長相星孝一君の出席を求め、説明を聴取いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。

第196回国会 外務委員会 第4号(2018/03/23、48期、自由民主党)【議会役職】

○中山委員長 これより会議を開きます。  この際、一言申し上げます。  去る九日及び十四日の委員会におきまして、政党間の協議がまとまらず、やむを得ず開会に至ったことについて、まことに不本意でありましたこと、そして、今後は、このたびの出来事を委員会運営に十二分に生かしていく所存であることを申し上げておきたい、かように思う次第であります。
【次の発言】 国際情勢に関する件について調査を進めます。  この際、お諮りいたします。  本件調査のため、本日、政府参考人として外務省大臣官房長下川眞樹太君、大臣官房審議官大鷹正人君、大臣官房審議官相木俊宏君、大臣官房審議官川村博司君、大臣官房審議官増島稔君、大……

第196回国会 外務委員会 第5号(2018/03/28、48期、自由民主党)【議会役職】

○中山委員長 これより会議を開きます。  盲人、視覚障害者その他の印刷物の判読に障害のある者が発行された著作物を利用する機会を促進するためのマラケシュ条約の締結について承認を求めるの件及び二千九年の船舶の安全かつ環境上適正な再資源化のための香港国際条約の締結について承認を求めるの件の両件を議題といたします。  この際、お諮りいたします。  両件審査のため、本日、政府参考人として外務省大臣官房地球規模課題審議官鈴木秀生君、大臣官房審議官相木俊宏君、大臣官房審議官松浦博司君、大臣官房参事官鯰博行君、経済局長山野内勘二君、文部科学省大臣官房審議官神山修君、大臣官房審議官白間竜一郎君、文化庁長官官房審……

第196回国会 外務委員会 第6号(2018/03/30、48期、自由民主党)【議会役職】

○中山委員長 これより会議を開きます。  国際情勢に関する件について調査を進めます。  この際、お諮りいたします。  本件調査のため、本日、政府参考人として外務省大臣官房審議官飯島俊郎君、大臣官房サイバーセキュリティ・情報化参事官岡田健一君、大臣官房参事官安藤俊英君、大臣官房参事官市川恵一君、大臣官房参事官鯰博行君、国際法局長三上正裕君、領事局長相星孝一君、内閣官房内閣情報調査室内閣審議官森美樹夫君、総務省自治行政局選挙部長大泉淳一君、法務省大臣官房審議官佐々木聖子君、文部科学省大臣官房審議官下間康行君、厚生労働省大臣官房審議官小林洋司君、大臣官房審議官渡辺由美子君及び防衛省大臣官房サイバーセ……

第196回国会 外務委員会 第7号(2018/04/04、48期、自由民主党)【議会役職】

○中山委員長 これより会議を開きます。  国際情勢に関する件について調査を進めます。  この際、お諮りいたします。  本件調査のため、本日、政府参考人として外務省大臣官房審議官大鷹正人君、大臣官房審議官川崎方啓君、大臣官房審議官川村博司君、大臣官房審議官高橋克彦君、大臣官房審議官飯島俊郎君、大臣官房審議官増島稔君、大臣官房参事官鯰博行君、北米局長鈴木量博君、防衛省大臣官房サイバーセキュリティ・情報化審議官小波功君、防衛政策局次長岡真臣君、地方協力局長深山延暁君及び防衛装備庁プロジェクト管理部長石川武君の出席を求め、説明を聴取いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。

第196回国会 外務委員会 第8号(2018/04/13、48期、自由民主党)【議会役職】

○中山委員長 これより会議を開きます。  所得に対する租税に関する二重課税の除去並びに脱税及び租税回避の防止のための日本国とリトアニア共和国との間の条約の締結について承認を求めるの件、所得に対する租税に関する二重課税の除去並びに脱税及び租税回避の防止のための日本国とエストニア共和国との間の条約の締結について承認を求めるの件、所得に対する租税に関する二重課税の除去並びに脱税及び租税回避の防止のための日本国政府とロシア連邦政府との間の条約の締結について承認を求めるの件及び投資の自由化、促進及び保護に関する日本国とアルメニア共和国との間の協定の締結について承認を求めるの件の各件を議題といたします。 ……

第196回国会 外務委員会 第9号(2018/04/18、48期、自由民主党)【議会役職】

○中山委員長 これより会議を開きます。  税源浸食及び利益移転を防止するための租税条約関連措置を実施するための多数国間条約の締結について承認を求めるの件、所得に対する租税に関する二重課税の除去並びに脱税及び租税回避の防止のための日本国とデンマーク王国との間の条約の締結について承認を求めるの件及び所得に対する租税に関する二重課税の除去並びに脱税及び租税回避の防止のための日本国とアイスランドとの間の条約の締結について承認を求めるの件の各件を議題といたします。  この際、お諮りいたします。  各件審査のため、本日、政府参考人として外務省大臣官房審議官相木俊宏君、大臣官房審議官川村博司君、大臣官房審議……

第196回国会 外務委員会 第10号(2018/05/11、48期、自由民主党)【議会役職】

○中山委員長 これより会議を開きます。  国際情勢に関する件について調査を進めます。  この際、お諮りいたします。  本件調査のため、本日、政府参考人として外務省大臣官房審議官飯田圭哉君、大臣官房審議官増島稔君、大臣官房参事官長岡寛介君、大臣官房参事官志水史雄君、北米局長鈴木量博君、国際法局長三上正裕君、領事局長相星孝一君、農林水産省大臣官房総括審議官天羽隆君、大臣官房国際部長渡邉洋一君及び海上保安庁警備救難部長奥島高弘君の出席を求め、説明を聴取いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。

第196回国会 外務委員会 第11号(2018/05/16、48期、自由民主党)【議会役職】

○中山委員長 これより会議を開きます。  環太平洋パートナーシップに関する包括的及び先進的な協定の締結について承認を求めるの件を議題といたします。  この際、お諮りいたします。  本件審査のため、本日、政府参考人として外務省大臣官房審議官石川浩司君、大臣官房審議官松浦博司君、北米局長鈴木量博君、中東アフリカ局長岡浩君、経済局長山野内勘二君、国際法局長三上正裕君、内閣官房内閣審議官三田紀之君、TPP等政府対策本部政策調整統括官澁谷和久君、財務省大臣官房審議官岸本浩君、農林水産省大臣官房国際部長渡邉洋一君及び経済産業省大臣官房審議官小林一久君の出席を求め、説明を聴取いたしたいと存じますが、御異議あ……

第196回国会 外務委員会 第12号(2018/05/18、48期、自由民主党)【議会役職】

○中山委員長 これより会議を開きます。  環太平洋パートナーシップに関する包括的及び先進的な協定の締結について承認を求めるの件を議題といたします。  この際、お諮りいたします。  本件審査のため、本日、政府参考人として外務省大臣官房審議官松浦博司君、経済局長山野内勘二君、内閣官房内閣審議官三田紀之君、農林水産省大臣官房総括審議官天羽隆君及び経済産業省大臣官房審議官小林一久君の出席を求め、説明を聴取いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
【次の発言】 質疑の申出がありますので、順次これを許します。中曽根康隆君。

第196回国会 外務委員会 第13号(2018/05/30、48期、自由民主党)【議会役職】

○中山委員長 これより会議を開きます。  理事の辞任についてお諮りいたします。  理事鈴木貴子君から、理事辞任の申出があります。これを許可するに御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。  引き続き、理事の補欠選任についてお諮りいたします。  ただいまの理事辞任に伴う補欠選任につきましては、先例により、委員長において指名するに御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。  それでは、理事に熊田裕通君を指名いたします。
【次の発言】 次に、国際情勢に関する件について調査を進めます。  この際、お諮りいたしま……

第196回国会 外務委員会 第14号(2018/06/01、48期、自由民主党)【議会役職】

○中山委員長 これより会議を開きます。  オゾン層を破壊する物質に関するモントリオール議定書の改正の受諾について承認を求めるの件を議題といたします。  これより趣旨の説明を聴取いたします。外務大臣河野太郎君。
【次の発言】 これにて趣旨の説明は終わりました。  次回は、公報をもってお知らせすることとし、本日は、これにて散会いたします。     午後二時四十五分散会

第196回国会 外務委員会 第15号(2018/06/06、48期、自由民主党)【議会役職】

○中山委員長 これより会議を開きます。  オゾン層を破壊する物質に関するモントリオール議定書の改正の受諾について承認を求めるの件を議題といたします。  この際、お諮りいたします。  本件審査のため、本日、政府参考人として外務省大臣官房地球規模課題審議官鈴木秀生君、大臣官房審議官石川浩司君、大臣官房審議官松浦博司君、大臣官房参事官長岡寛介君、大臣官房参事官鯰博行君、北米局長鈴木量博君、経済産業省大臣官房審議官土田浩史君、資源エネルギー庁資源・燃料部長小野洋太君及び環境省大臣官房審議官小野洋君の出席を求め、説明を聴取いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。

第196回国会 外務委員会 第16号(2018/07/20、48期、自由民主党)【議会役職】

○中山委員長 これより会議を開きます。  この際、御報告いたします。  本会期中、当委員会に付託されました請願は七種七十七件であります。各請願の取扱いにつきましては、理事会において検討いたしましたが、委員会での採否の決定はいずれも保留することになりましたので、御了承願います。  なお、お手元に配付いたしましたとおり、本会期中、当委員会に参考送付されました陳情書は十四件、また、地方自治法第九十九条の規定に基づく意見書は二百三十二件であります。
【次の発言】 次に、閉会中審査に関する件についてお諮りいたします。  国際情勢に関する件につきまして、議長に対し、閉会中審査の申出をいたしたいと存じますが……

第198回国会 予算委員会 第6号(2019/02/13、48期、自由民主党)

○中山(泰)委員 おはようございます。大阪四区選出をいただいております自民党の中山です。  きょうは、お時間を頂戴しましたこと、心から感謝を申し上げ、三十分という限られた時間でございますので、早速質疑の方に入らせていただきたいと思います。よろしくお願いいたします。  まず、お手元にお配りをしております資料、二ページをごらんいただきたいと思います。  これは、先日来話題になっております、従軍慰安婦問題は天皇の謝罪の一言で解決されると、韓国国会議長、この文喜相という韓国の国会議長がまさにこういったどうしようもない発言をしているということであります。報道が、もしこれが真実なのであれば、非常に問題であ……

第198回国会 予算委員会 第14号(2019/02/28、48期、自由民主党)

○中山(泰)委員 お疲れさまでございます。  第一分科会について御報告を申し上げます。  その詳細につきましては会議録に譲ることとし、ここでは主な質疑事項について申し上げます。  まず、皇室費については、仁徳天皇陵保全のための掘削調査の結果、  次に、内閣所管については、統合型リゾート施設の経済効果及び民間事業者選定プロセスの透明性、安定的な皇位継承のあり方、政府認定の北朝鮮による拉致被害者の範囲、  次に、内閣府所管については、企業主導型保育事業の問題点、防災・減災、国土強靱化三カ年緊急対策の取組状況、東京一極集中を是正するために自治体の取組を支援する必要性、AI関連予算強化の必要性、印鑑の……

第200回国会 外務委員会 第2号(2019/10/23、48期、自由民主党・無所属の会)

○中山(泰)委員 おはようございます。自由民主党の中山泰秀でございます。  本日は貴重なお時間を賜りましたことを、与野党理事各位、そして委員長に感謝を申し上げたいと思います。  それでは、早速質疑に入りたいと思いますが、その前に一言、議会人の立場として、一点だけ思うところを申し述べさせていただきたいと思います。  先週末は、いろいろな意味で、金曜日、外交が、すごく情報発信が政府から多かったというふうに思います。  特に、きょうの私が質問をしようと思っております、我が国に関係する船舶の安全確保のための取組についてということに関する官房長官からの記者会見がございました。そしてまた同時に、大和堆を荒……

第201回国会 予算委員会 第4号(2020/01/31、48期、自由民主党・無所属の会)

○中山(泰)委員 おはようございます。自由民主党・無所属の会、衆議院議員の中山泰秀でございます。きょうはよろしくお願いいたします。  早速ではございますが、質疑に移らせていただきたいと思います。  まず、けさ、朝起きまして、WHOがPHEIC、いわゆるパブリック・ヘルス・エマージェンシー・オブ・インターナショナル・コンサーン、緊急事態を宣言をいたしました。  正直、今の時代からすれば、WHOがこのPHEICというものを宣言する、いろいろなプロセスはあるだろうというふうに考えます。しかしながら、時代とちょっとスピード感が、ゆっくりだったんじゃないかなというのが正直な個人的な意見でありますが、いず……


各種会議発言一覧(衆議院)

43期(2003/11/09〜)

第159回国会 決算行政監視委員会第四分科会 第1号(2004/05/17、43期、自由民主党)

○中山(泰)分科員 衆議院議員の中山泰秀と申します。  本日は、尊敬する後藤田先生のもとで決算行政監視委員会で御質問をさせていただくことを、本当に光栄に存ずる次第でございます。  今、国会の議論を見ておりますと、そしてまた各メディアの報道等を見ておりますと、年金問題、その他イラクの問題、たくさんの問題が国民の中でいわゆる政治課題として議論を醸し出しているわけでございます。  政治というもの自体が一体何のためにあるのか。私は、政治家として、これは紛れもなく国民の皆様方の支えとなる床、目に見えない床が政治だ、そのように考えております。特に年金問題に関して申し上げれば、いわゆる賦課方式。最近、政治家……

第159回国会 予算委員会第八分科会 第2号(2004/03/02、43期、自由民主党)

○中山(泰)分科員 おはようございます。お部屋の中にいらっしゃる皆様、本当に早朝より御苦労さまでございます。  そしてまた、石原大臣を初めとします国土交通省の皆様方に対しまして、私、昨年の十一月に初当選させていただいて以来、きょうが予算委員会の分科会初質問でございます。いささか緊張はいたしておりますけれども、私、第二次ベビーブーマー世代の代表として、また、大阪、日本の大都市を代表する都市部から選出されております自由民主党の代議士として、誇りを持った質問を、大臣、そして国土交通省の皆様方にさせていただけたらありがたい、かように考えている次第でございます。どうぞよろしくお願いを申し上げます。  ま……

第162回国会 決算行政監視委員会第一分科会 第1号(2005/04/25、43期、自由民主党)

○中山(泰)分科員 ただいま委員長から御指名を受けさせていただきました自由民主党の中山泰秀でございます。  先ほど民主党の岸本委員の方からも、いろいろと中国関係の質問がありました。私からも引き続き、今大変問題となっております中国政府に対する大臣の御所見、そしてお考え、そしてまたこれからの日本の外交政策、対中政策の外交のあり方というものを中心に御質問をさせていただけたらありがたい、そのように考えております。  特に、先ほどの委員の御発言の中で、町村外務大臣が最近お書きになられた御本を民主党という立場でありながらお買い求めをいただき、そして同時に、しっかりと熟読をして質問してくださっているというこ……

第162回国会 予算委員会第三分科会 第1号(2005/02/25、43期、自由民主党)

○中山(泰)分科員 ありがとうございます。ただいま委員長から御指名を賜りました中山泰秀でございます。  南野大臣におかれましては、本当に、昨晩は雪が降るぐらい寒い中、そしてまた、今はインフルエンザが大変流行いたしております。一人の人間が三回違うインフルエンザを、最悪の可能性引く場合があるぐらい風邪がはやっている中で、南野大臣には日夜、国政のために御活躍をいただいておりますが、本当に心から敬意を表しますと同時に、諸先輩の先生方にも、同様の趣旨で心からお見舞いを申し上げさせていただく次第でございます。  そしてまた、南野大臣におかれましては、就任以来、本当にたくさんの、この日本の治安を揺るがすよう……

第162回国会 予算委員会第二分科会 第1号(2005/02/25、43期、自由民主党)

○中山(泰)分科員 ただいま委員長より御指名をちょうだいいたしました自民党衆議院議員の中山泰秀でございます。  麻生総務大臣におかれましては、予算委員会、非常に御多忙の中、そしてまた、外は昨晩雪が降るぐらいに非常に寒い中、インフルエンザもはやっておりますし、お体、御健康を維持されながら、ぜひ国政のために行政庁のおさとしてますます御活躍をいただきますことをまずもって心から御祈念申し上げたい、かように思う次第でございます。(発言する者あり)不規則発言で、風邪など引かない大臣だということもございましたけれども、それぐらいの勢いでぜひ頑張っていただければありがたいというふうに考えております。  私は、……


46期(2012/12/16〜)

第183回国会 予算委員会第三分科会 第1号(2013/04/12、46期、自由民主党)【議会役職】

○中山(泰)主査代理 これにて村井英樹君の質疑は終了いたしました。  次に、林宙紀君。

第183回国会 予算委員会第三分科会 第2号(2013/04/15、46期、自由民主党)【議会役職】

○中山(泰)主査代理 これにて小林鷹之君の質疑は終了いたしました。  次に、岩永裕貴君。
【次の発言】 これにて岩永裕貴君の質疑は終了いたしました。

第186回国会 予算委員会第三分科会 第1号(2014/02/26、46期、自由民主党)【議会役職】

○中山(泰)主査代理 これにて古川元久君の質疑は終了いたしました。  次に、福田昭夫君。
【次の発言】 これにて林宙紀君の質疑は終了いたしました。  午後一時に本分科会を再開することとし、この際、休憩いたします。     正午休憩
【次の発言】 これにて三宅博君の質疑は終了いたしました。  次に、中川正春君。
【次の発言】 これにて中川正春君の質疑は終了いたしました。  次に、武藤貴也君。
【次の発言】 これにて山田賢司君の質疑は終了いたしました。  次に、藤原崇君。
【次の発言】 これにて藤原崇君の質疑は終了いたしました。  次に、武部新君。


47期(2014/12/14〜)

第189回国会 予算委員会第一分科会 第1号(2015/03/10、47期、自由民主党)【政府役職】

○中山副大臣 米国政府は、無人機によるものも含めまして、あらゆる米国の軍事行動は関係法規に従って行われていると説明していると承知いたしております。  他方で、米国のオペレーションの詳細につきましては、我が国は当事者ではなく、また米国による行動の具体的態様等について承知する立場にはございません。  その上で申し上げますと、テロ対策の目的で使用されている無人機が文民を巻き込んだ被害をもたらしていることについて、国際社会において関心が寄せられていることは十分承知をいたしております。  我が国として、無人機によるものであるか否かにはかかわらず、民間人が巻き込まれる事態というのは極力避けなければならない……


48期(2017/10/22〜)

第198回国会 予算委員会第一分科会 第1号(2019/02/27、48期、自由民主党)【議会役職】

○中山主査 これより予算委員会第一分科会を開会いたします。  私が本分科会の主査を務めることになりました中山泰秀です。どうぞよろしくお願いを申し上げます。  本分科会は、皇室費、国会、裁判所、会計検査院、内閣、内閣府、復興庁及び防衛省所管並びに他の分科会の所管以外の事項についての審査を行うことになっております。  平成三十一年度一般会計予算、平成三十一年度特別会計予算及び平成三十一年度政府関係機関予算中皇室費について審査を進めます。  政府から説明を聴取いたします。西村宮内庁次長。
【次の発言】 以上で説明は終わりました。  それでは、御退席くださって結構です。


※このページのデータは国会会議録検索システムで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2020/05/21

中山泰秀[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計/発言一覧 | 質問主意書