国会議員白書トップ衆議院議員渡嘉敷奈緒美>委員会発言一覧(全期間)

渡嘉敷奈緒美 衆議院議員
「委員会発言一覧」(全期間)

渡嘉敷奈緒美[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計/発言一覧 | 質問主意書


このページでは渡嘉敷奈緒美衆議院議員の委員会および各種会議の発言の冒頭部分と国会会議録検索システムの該当ページへのリンクをまとめています。
 渡嘉敷奈緒美 衆議院議員「委員会統計」(全期間)には委員会および各種会議の活動状況の集計結果を示しています。


委員会発言一覧(衆議院)

44期(2005/09/11〜)

第164回国会 環境委員会 第1号(2006/01/27、44期、自由民主党)

○とかしき委員 初質問でございますので、どうぞよろしくお願いいたします。  静かな時限爆弾と言われるアスベストは、昨年六月のクボタの発表以降、工場の従事者だけではなく、家族や周辺住民にも患者が出るというショッキングな展開となり、国民は、身近にあるアスベストに対する健康不安や政府の対応のおくれを指摘する声が大きくなっていました。その声を受け、このたび提出されましたアスベスト関連法案につきまして、次の四点、実態把握の強化、過去の被害への対応、国民不安への対応、被害拡大防止について質問をさせていただきます。  まず最初に、実態把握の強化についてお尋ねいたします。  昨年行われましたアスベスト使用実態……

第164回国会 財務金融委員会 第3号(2006/02/24、44期、自由民主党)

○とかしき委員 自由民主党のとかしきなおみでございます。  私は、財務金融委員会で今回初めての質問でございますので、初心者らしく素朴な国民の視点で、法案審議に際しまして基本的な内容で質問させていただきます。よろしくお願いいたします。  今の日本の債務、これは世界一になってしまいまして、そして高齢化の進捗状況も世界一、下がってきたとはいえ物価もまだまだ高い。このような国民にとって高負担社会の状況下、日本が新たな繁栄の道を歩き始めるためには、新しい時代に合った税制をもう一度検討し直すときがそろそろ訪れているように感じます。  そこで、谷垣財務大臣にお伺いしたいと思いますけれども、現在日本で生活して……

第165回国会 環境委員会 第4号(2006/12/19、44期、自由民主党)

○とかしき委員 国会最終日の環境委員会に質問のお時間をいただきまして、ありがとうございます。よろしくお願いいたします。  私は、国会議員になる前に地方議員をしておりましたけれども、そのころから環境問題には興味を持っておりまして、国内外、百都市以上の町を訪れまして、視察マニアというふうに言われておりました。そのときに、ドイツを訪れましたときに、環境運動をなさっている市民の方に直接こんな言葉をいただきました。人が生きるのにふさわしい未来をつくるには、ただ環境の被害におびえていただけでは不十分です、どのように生きたいのかという問いに積極的な答えを私たち自身が出していかなくてはいけない、こういうふうに……

第166回国会 環境委員会 第11号(2007/05/18、44期、自由民主党)

○とかしき委員 自民党のとかしきなおみでございます。  本日は、崎田参考人、笹本参考人、石川参考人、お忙しい中、当委員会の審議のためにお力添えいただきまして、私の方からも厚く御礼を申し上げます。  それでは、本日、審議の対象となっております食品リサイクル法のことについてお伺いしたいと思います。  ちょうどきょうは石川参考人も、私、地方議員のときに、石川参考人と同じ環境の委員会で審議させていただきまして、まさかまたここで、今度は国政にかかわることで御一緒させていただくことになりましたこと、本当に私もうれしく思っております。きょうはどうぞよろしくお願いいたします。  最初に石川参考人の方にお伺いし……

第166回国会 教育再生に関する特別委員会 第9号(2007/05/10、44期、自由民主党)

○とかしき委員 おはようございます。  きょうは、質問の機会をいただきまして、本当にありがとうございます。どうぞよろしくお願いいたします。  ここ数日間、ずっとこの教育再生委員会に参加させていただきまして、議論の方を拝聴させていただいております。きょうは、細かい話ではなくて、むしろ、本質的なお話、目指すべきゴールはどこなのか、教育によって育てていく人間とは、どういう人間になっていってほしいのか、そのための教育の中身はどうしていったらいいのか、今の教育が一体どこが問題なのか、その辺のお話をさせていただきたいと思います。  実は、私、地方議員のときに商店街の活性化というのをさせていただきまして、こ……

第166回国会 財務金融委員会 第18号(2007/06/06、44期、自由民主党)

○とかしき委員 ありがとうございます。自民党のとかしきなおみでございます。  本日は、公認会計士法等の一部を改正する法律案について質問をさせていただきます。私はまだまだそんなに詳しいわけではございませんので、国民の立場からストレートに質問をさせていただきますので、よろしくお願いいたします。  金融市場もいよいよ構造改革と活性化、これは我が国の経済にとっても喫緊の大変な課題でございます。そして企業の活動も、投資からグローバル化、間接金融から直接金融ということで、日本の企業も、財務諸表、財務情報の信頼性、透明性がますます重視されるようになってきました。ということで、会計監査をつかさどる公認会計士の……

第169回国会 財務金融委員会 第3号(2008/02/19、44期、自由民主党)

○とかしき委員 自由民主党のとかしきなおみでございます。  本日は、金融知識のない国民代表ということで、素朴な質問を幾つかさせていただきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。  所信に対する質問の前に、先日行われましたG7についてちょっとお伺いしたいと思います。  共同声明では、世界はよりチャレンジングで不確実な局面に直面しているというふうに発表になりまして、経済のファンダメンタルズが引き続き堅固としながら、成長は短期的に減速する見込みというふうに出ておりました。ということで、アメリカの財務長官が一人一生懸命語っていらっしゃいましたけれども、どうも周りの方々と温度差がかなりあるよ……

第169回国会 財務金融委員会 第18号(2008/05/08、44期、自由民主党)

○とかしき委員 自由民主党のとかしきなおみでございます。  本日は、参考人の先生方には、法律案の質疑のためにお時間を割いていただきまして、本当にありがとうございました。  それでは、質問に移らせていただきたいと思います。  今回の法律案では、日本の金融市場の魅力を高めていくというのが一番の改正の志向であります。金融センターの国際競争が激しさを増す中、この法律案の改正によって、劣勢にある東京の地位向上にいかにつなげていくか、ここが大きなポイントになるかと思います。  そこで、黒沼悦郎参考人にお伺いしたいと思います。  この法律案の改正で、透明性、多様性、競争力など、どの点がどのように有効に機能し……

第170回国会 青少年問題に関する特別委員会 第2号(2008/11/18、44期、自由民主党)

○とかしき委員 おはようございます。  本日は、質問の機会をいただきまして、本当にありがとうございます。どうぞよろしくお願いいたします。  質問の前に、福岡先生も先ほどおっしゃいましたけれども、大麻についてちょっと一言申し上げたいと思います。これは通告をさせていただいておりませんので、要望という形でお聞きいただければと思います。  連日のように、大学生、学生、ついに高校生まで汚染されているというような報道までなされております。  私、実は薬剤師でありまして、大学時代、薬の害でいかに体に大きなダメージをこうむるか、これを一番勉強いたしました。  大麻には副作用がない。先ほどちょっとグーグルの方で……

第171回国会 厚生労働委員会 第2号(2009/03/11、44期、自由民主党)

○とかしき委員 おはようございます。自由民主党のとかしきなおみでございます。本日は、質問の機会を与えていただきまして、本当にありがとうございます。  本日、最初に質問させていただきますのは、循環器医療と救急医療体制についてであります。  これは、実は私の個人的な思いもありまして、私の父も九年前に亡くなりまして、そのときに循環器の病で倒れて搬送されたんですけれども、当時は救急体制が確立されていなかったために、かなり時間がかかってしまいまして、結局、それが原因で三日後に亡くなってしまいました。ということで、父も多分この辺で見ているかと思うんですけれども、自分の思いを国会議員として少しでも生かしてほ……

第171回国会 厚生労働委員会 第16号(2009/06/05、44期、自由民主党)

○とかしき委員 自由民主党のとかしきなおみでございます。  本日は、非常に重たいテーマでありまして、私も緊張しておりますけれども、心を込めて一生懸命質問をさせていただきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。  私たちは、生きるとは何なのか、死ぬとはどういうことなのか、多分、医療の技術の進歩によって、倫理観とかモラルとかこういったものが非常に問われるようになってまいりました。このときに答えを出す一つの方法として、私は、さまざまな人の立場に立って、その人の気持ちから見たらこれはどういうふうに見えるのか、ここをやはり想像を豊かにして考えていく、そこに解決策が見えてくるのではないかなと思……

第171回国会 消費者問題に関する特別委員会 第10号(2009/04/02、44期、自由民主党)

○とかしき委員 おはようございます。自民党のとかしきなおみでございます。  本日は、質問の機会をいただきまして、ありがとうございました。  長丁場ではございますけれども、野田大臣、そして森大臣、枝野委員、小宮山委員、階委員、どうぞよろしくお願いいたします。  消費者行政の充実強化について、消費者の視点に立った場合、消費生活センターを中心とした自治体との連携、これが不可欠であります。特に国民の方の視点から考えますと、消費者行政の組織が、上位が云々というよりは、むしろ、自分たちの身近にあるセンターがどういうふうに機能しているのか、相談をしたとききっちり対応してくれるのか、もしくは、危ないときは警告……


46期(2012/12/16〜)

第183回国会 科学技術・イノベーション推進特別委員会 第3号(2013/05/16、46期、自由民主党)【政府役職】

○とかしき大臣政務官 お答えさせていただきます。  田村大臣の方から、内閣委員会総務委員会の方で、四月十一日、伊東委員に御答弁させていただいたのと同じことなんですけれども、今おっしゃっているように、システム上の負荷が大変かかるということと、費用の負担のことと、あと、プライバシーの保護、この三つで、今回、医療情報をこの中に入れていくというのがちょっと、今のところは難しいということで、試算というふうにお問い合わせがございましたけれども、残念ながら、ちょっとまだ試算の方はできておりません。  以上でございます。
【次の発言】 先ほどの問いで、またちょっと。  先ほどの番号制度の件なんですけれども、や……

第183回国会 経済産業委員会 第20号(2013/06/19、46期、自由民主党)【政府役職】

○とかしき大臣政務官 お答えさせていただきます。  委員御指摘のとおり、保育の利用拡大を図るためには、まず保育士の確保が大変重要と認識しております。  特に、平成二十四年度の補正予算におきまして、現在勤務していない方々が六十万人以上、資格をお持ちの方のうち約七割が潜在の保育士と言われておりますけれども、この方々に一日も早く現場に戻ってきていただいて仕事をしていただくことがとても重要でありますので、保育士・保育所支援センターを創設して保育士の確保に積極的に取り組んでいこう、このように考えております。  また、総理の方からこの四月に待機児童解消加速化プランも発表させていただきましたけれども、この中……

第183回国会 厚生労働委員会 第1号(2013/03/13、46期、自由民主党)【政府役職】

○とかしき大臣政務官 このたび厚生労働大臣政務官を拝命いたしました、とかしきなおみでございます。  主に担当いたしますのは、医療、介護、子育て支援でございます。国民の近くで仕事をさせていただきますので、より一層、皆様の声を反映できるように頑張ってまいりたいと思います。  松本委員長を初め委員の皆様の御協力と御理解を賜りながら、田村大臣のもと、桝屋副大臣、秋葉副大臣、丸川政務官とともに最大限努力をしてまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。  ありがとうございました。(拍手)

第183回国会 厚生労働委員会 第2号(2013/03/15、46期、自由民主党)【政府役職】

○とかしき大臣政務官 病児・病後児保育について御質問いただきまして、本当にありがとうございます。  子供の病は本当にいつ起こるかわかりません。私も女性の多い職場で働いた経験がございまして、本当にこれで困っている方々を多く拝見いたしました。やはり、保護者が就労等の問題で、なかなか子供を預かってもらう場所を探していくことが難しくなっております。これは、女性の社会進出のためにもとても必要な措置だと考えております。  平成二十五年度の予算案でも必要な経費を計上して、事業の拡大を図るように頑張っておりますけれども、やはり先生おっしゃるようにいろいろ問題も抱えておりまして、年間の延べ利用者数に応じて今補助……

第183回国会 厚生労働委員会 第3号(2013/03/19、46期、自由民主党)【政府役職】

○とかしき大臣政務官 おはようございます。  白須賀委員に御質問していただきまして、ありがとうございます。  先生がおっしゃいますように、本当にそういった啓蒙活動がとても大切であります。ワクチンを打ったからといって全てこの病から解き放たれるわけではありませんし、日ごろの注意を怠ってしまうとやはり病にかかるリスクがあるということをきちっとお知らせしていくこと、それはとても重要だと思います。  委員御指摘いただきましたけれども、費用負担の件に関しましては、今回の予防接種法で、個人負担、これは、経済的理由でその費用負担ができない方を除いて、実費を徴収することは今の法律上できることとされております。た……

第183回国会 厚生労働委員会 第4号(2013/03/22、46期、自由民主党)【政府役職】

○とかしき大臣政務官 三月十五日の答弁でお話しさせていただきましたのは私でございますので、私の方からお答えさせていただきます。  まず、答弁に当たりまして、委員の御指摘に対しましてちょっと言葉が足らず、誤解を生むような表現がありましたことを、まずは先におわびを申し上げたいと思います。  そこで、どの点に説明が不十分であったかということをお話しさせていただきたいと思います。  公募債を発行できる社会医療法人については、企業会計基準と同じものを使うことになっているために、私は、会計基準を策定している、このように答弁してしまいました。  しかし、正確に言いますと、これは、公募債を発行できる社会医療法……

第183回国会 厚生労働委員会 第6号(2013/04/03、46期、自由民主党)【政府役職】

○とかしき大臣政務官 資料をごらんになっていただければということで、委員の方から参考資料ということで配付なさっていらっしゃる内容でございますが、説明させていただきます。  これは、第五回の産業競争力会議で厚労省の方が配付させていただきました資料でございます。医療の国際展開についての考え方をまとめたものでございます。  課題といたしましては、アジアや新興国などの医療や介護のニーズがすごく今高まってきているので、日本の医薬品やそして医療機器、医療技術、あとサービス、これらが全て一体となった国際展開が今とても求められております。  このほかには、具体的には、結核とかマラリアとか、こういった治療薬、こ……

第183回国会 厚生労働委員会 第7号(2013/04/05、46期、自由民主党)【政府役職】

○とかしき大臣政務官 お答えさせていただきます。  委員おっしゃいますように、確かに、二十二年度から二十四年度までは暫定的に導入した措置でございます。そして、今回は、二十五年度、二十六年度、さらに二年間延長させていただくということでございます。これによりまして、協会けんぽの保険料が、一〇%が二十六年度まで維持できるという見通しになっております。  そして、二十七年度以降なんですけれども、これによりまして協会けんぽの保険料は大幅に増加していく見込みであります。  今後の高齢者医療のあり方については、社会保障制度改革国民会議での議論を踏まえて検討していく必要がある、このように考えております。  以……

第183回国会 厚生労働委員会 第9号(2013/04/19、46期、自由民主党)【政府役職】

○とかしき大臣政務官 お答えさせていただきます。  終末期の医療につきましては、先日、総理の方もいろいろ答弁なさっていらっしゃいまして、これは、財政上の必要性においてというよりも、果たして本当にどう最期を迎えるべきかという観点から議論していくべきではないか、このように総理の方からもお答えさせていただきました。  そして、医療費の話がございましたけれども、今、現状どうなっているかということでございますが、先ほど大臣からもお話しさせていただきましたように、七十五歳以上ですと一年間約八十八・五万円、七十歳から七十四歳ですと五十五万円、六十五歳から六十九歳までですと三十九・六万円の負担をいただいており……

第183回国会 厚生労働委員会 第13号(2013/05/22、46期、自由民主党)【政府役職】

○とかしき大臣政務官 お答えさせていただきます。  女性のスキルアップを図るということで、そういった環境を整えていくというのが非常に大切である、もう委員の御指摘のとおりでございまして、やはり、こういった、頑張っている女性を積極的に活用しようとしている企業をこれから支援していくというのはとても重要なことだと思います。  委員も先ほどおっしゃいましたように、女性の活躍している管理職以上の比率が、日本は、統計にもよりますけれども、平成二十四年で六・九%と、先進国の中では本当に下の方でございまして、このような状況が何で起こるかというと、必要な知識と経験の不足、さらに勤続年数の短さ、こういったものがあり……

第183回国会 厚生労働委員会 第14号(2013/05/24、46期、自由民主党)【政府役職】

○とかしき大臣政務官 お答えさせていただきます。  国民会議において、今、国保の広域化ということで議論が進められております。  これによりまして、財政運営の安定化が図られるということと、そして、医療費の水準に違いがあるということで標準化が図られる、こういったこともあります。  逆に、市町村の方で進められております保険料の徴収とか健康づくり、こういった保険機能のあり方、これは市区町村がきめ細やかに今まで対応させていただいておりましたので、これが都道府県で果たして継続できるかどうか、こういった課題もございまして、十分な検討が今後も必要だと思っております。  財政基盤のさらなる強化が必要と考えており……

第183回国会 厚生労働委員会 第15号(2013/05/29、46期、自由民主党)【政府役職】

○とかしき大臣政務官 お答えさせていただきます。  子供の貧困対策、これは、子供が生まれ育った家庭環境によって子供の将来が左右されてしまうことにならないように、そういうふうに取り組むことが重要である、このように考えております。  このため、学習支援といたしましては、生活保護受給者世帯の中学生に対して、新たに、今までは中学三年生を対象にしていた学習支援を、これからは、平成二十五年からは、新たに中学一年生まで拡大させていただきました。  さらに、高校進学に向けた学習支援を充実させていくほか、生活困窮者自立支援法に基づきまして、こちらは学習支援の制度化に取り組んでおります。具体的には、保護者に対しま……

第183回国会 消費者問題に関する特別委員会 第3号(2013/04/11、46期、自由民主党)【政府役職】

○とかしき大臣政務官 お答えさせていただきます。  生レバーのお話、先ほどから大臣からも御案内がありましたように、昨年の七月、食品衛生法に基づきまして生レバーの生食を禁止いたしました。そして、焼き肉店等を中心に立入検査を行っておりまして、加熱をしていないで提供したというところで、違反事例が一件報告されております。  また、お話のございました豚レバーにつきましては、これは平成二十四年の十月四日に、都道府県宛てに、生レバー、豚のレバーを加熱せずに食すると、E型肝炎やサルモネラ菌、さらにカンピロバクターなどの食中毒を起こすリスクがあるということで指導をさせていただいております。  この指導を受けまし……

第183回国会 東日本大震災復興特別委員会 第5号(2013/04/03、46期、自由民主党)【政府役職】

○とかしき大臣政務官 お答えさせていただきます。  委員御指摘のとおり、まさに福島県は震災前から既に医師不足の状況でありました。委員御指摘のとおり、人口十万人当たりに対して医師数は百八十二・六人、全国平均が二百十九人ということで、かなり不足していたという状況に被災が重なったということであります。  ただ、今の現状を見てみますと、例えば、福島県の緊急時避難準備区域でありました六病院の現状を見ますと、常勤医師の数はほぼ同数に戻っております。ただ、数だけ見ればいいということでもございませんで、やはり状況が前とはかなり違っておりまして、実際、被災地から逃げていらした方とか、生活のスタイルも大きく変わっ……

第183回国会 内閣委員会 第5号(2013/04/03、46期、自由民主党)【政府役職】

○とかしき大臣政務官 お答えさせていただきます。  今検討していただきます法案では、先ほどから御審議いただいていますように、行政機関等の法的手続、こちらを重視しておりまして、医療機関は対象とはされておりません。  医療機関におきましては、こちらは、検討会を別途、昨年の四月から開催させていただきまして、昨年の九月で報告書がまとめられたところでございます。  その内容について一部御紹介させていただきますと、医療分野の番号制度の導入に当たりましては三つのハードルがあると。まず一つ目は、個人情報の利活用と保護を図るための必要な措置を講じるということ、二つ目が、番号制度に対する国民の理解をどれだけ醸成で……

第183回国会 法務委員会 第17号(2013/06/11、46期、自由民主党)【政府役職】

○とかしき大臣政務官 河野委員の御質問にお答えさせていただきます。  委員御指摘のとおり、先日、議員立法にて脱法ハーブの薬事法等改正法案が今国会で成立いたしまして、五月十七日に公布をされました。これによりまして、指定薬物は六十八から八百七十六に取り締まりが強化されまして、そして指定薬物の取り締まりの権限が追加をされ、物品の収去権限の追加、こういったものも内容として盛り込まれております。  違法ドラッグというのはイタチごっこでありまして、次々とあらわれてまいりますので、やはりこれをしっかり速やかに指定薬物として指定することがとても大切であります。ですから、今回は、海外で流通している物質を国内で流……

第185回国会 厚生労働委員会 第7号(2013/11/15、46期、自由民主党)

○とかしき委員 動議を提出いたします。  本案に対する……(発言する者、離席する者多く、聴取不能)望みます。

第185回国会 厚生労働委員会 第9号(2013/11/22、46期、自由民主党)

○とかしき委員 おはようございます。よろしくお願いいたします。  きょうは、やっと待ちに待ったこの法律案の審議ということで、私は、きょうを迎えて、本当に正直ほっとしております。一時はどうなるかなと、もしかしたら今国会は出てこないんではないかと何度も危惧する事態に見舞われました。  今国会でこういう審議ができるようになりましたこと、厚生労働省、そして何よりも田村大臣に私はきょう直接お礼を申し上げたかったんですけれども、田村大臣がちょっとお越しにならないので、厚労省の皆さん、ぜひお伝えいただきたいんです。  今回、この法律が通りましたら、本当にこの法律によって救われる国民の命というのは多いのではな……

第186回国会 厚生労働委員会 第18号(2014/05/13、46期、自由民主党)

○とかしき委員 きょうは、厚生労働委員会の地方公聴会ということで、意見陳述を賜りまして、本当にありがとうございました。  それでは、私の方から幾つか質問させていただきたいので、よろしくお願いを申し上げます。  まず、藤垣会長にお伺いしたいんですけれども、高齢社会が日本は今加速しておりますけれども、医療の中心がまさにこれから高齢者へと、さらに社会サービスは介護へと、こういうふうにだんだんシフトしていっている、このように思います。我が国が薬剤師に期待することというのは三つあるのではないかなと。まずはチーム医療、そして在宅医療、セルフメディケーション、この三つを薬剤師に担ってほしいな、こういうふうに……

第186回国会 厚生労働委員会 第31号(2014/08/04、46期、自由民主党)

○とかしき委員 自民党のとかしきなおみでございます。  本日は、大変話題になっております危険ドラッグに関しての質問の機会をいただきまして、ありがとうございます。  ことしの六月二十四日、池袋で、危険ドラッグを吸って、八人の方々が死傷されるという事件が発生いたしました。私も、実は、七月の二十四日、大阪で同じように危険ドラッグの交通事故がありましたけれども、ちょうどその横を通りまして、大渋滞をしていた、そして、被害者の方々の様子を拝見いたしました。そして、きのうも愛知県の方で、やはり危険ドラッグが疑われる事件がまた起こりました。  ということで、残念ながら、連日のようにこの危険ドラッグに関する事件……

第187回国会 厚生労働委員会 第6号(2014/11/07、46期、自由民主党)【議会役職】

○とかしき委員長代理 これにて民主党・無所属クラブの質疑時間は終了いたしました。  これより維新の党の質疑時間に入ります。     

第187回国会 地方創生に関する特別委員会 第6号(2014/10/30、46期、自由民主党)

○とかしき委員 おはようございます。自民党のとかしきなおみでございます。  本日は、地方創生に関する特別委員会に参考人としてお越しいただきまして、本当にありがとうございました。  それでは、質問をさせていただきたいと思います。  まず最初に、森市長にお願いしたいと思います。  富山市といいますと、私は、実は薬剤師なので、薬の町として有名なのですごく親近感を覚えてしまうのですけれども、富山市は、いろいろ調べさせていただいたら、最近すごく頑張っていらして、ついこの間も、OECDで、コンパクトシティーの政策のすぐれた町ということで世界の五つの町の中に選ばれていて、まさにこれは日本の誇りだな、このよう……


47期(2014/12/14〜)

第189回国会 厚生労働委員会 第9号(2015/04/17、47期、自由民主党)【議会役職】

○とかしき委員長代理 次に、豊田真由子君。
【次の発言】 次に、伊佐進一君。

第189回国会 厚生労働委員会 第12号(2015/04/24、47期、自由民主党)【議会役職】

○とかしき委員長代理 次に、古屋範子君。

第189回国会 厚生労働委員会 第22号(2015/06/10、47期、自由民主党)

○とかしき委員 済みません。それでは、質問させていただきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。  委員会、何か騒然とした中で始められましたけれども、しっかり派遣法の審議をさせていただきたいと思います。  始まる前に一言申し上げたいのは、年金の問題も国民にとっては大変重要な問題であります。こちらの方も、与党としまして、また審議の機会を近いうちに設けていただきますよう、よろしくお願いを申し上げます。  ということで、今回は重要法案ということで派遣法の方も付託を受けておりますので、これから質問をさせていただきたいと思います。(発言する者あり)

第189回国会 地方創生に関する特別委員会 第3号(2015/03/27、47期、自由民主党)

○とかしき委員 おはようございます。  きょうは、大臣の所信に対する質問をさせていただきたいと思います。自民党のとかしきなおみでございます。どうぞよろしくお願いいたします。  それでは最初に、まずは、地方を活性化する、それを成功させるコツというのは、私は、ゴールを明確にしていくことが重要ではないか、このように考えております。ゴールを明確にするといいますと、地域に埋もれていた力、そして皆さんの気持ちも一点に集中させることができるので、その力でもって地域に力を与えていくことができるのではないか、このように考えております。  ということで、ゴールをどう明確に見せていくのか、ここが重要ではないかなとい……

第189回国会 法務委員会 第41号(2015/12/04、47期、自由民主党)【政府役職】

○とかしき副大臣 お答えさせていただきます。  山尾委員のおっしゃることはとてもよくわかります。  ただ、児童相談所にいらした場合、私たち児相としましては、どう対応していいのか、要は、被害状況はどの程度なのか、そして、保護した方がいいのかしない方がいいのか、こういうことを本人からある程度聞き取りをしないと、やはり周りの方だけの情報ではそれが把握できない場合もありますので、これは、ですから、全てそういう被害状況を、まずは、どの程度の危険が発生しているのかということを、状況を判断しなくてはいけないということで、先ほどお話がありましたように、初期被害調査面接というのをさせていただきます。  その後、……

第190回国会 決算行政監視委員会 第3号(2016/05/11、47期、自由民主党)【政府役職】

○とかしき副大臣 お答えさせていただきます。  年金の適用や保険料の徴収といった業務を適正かつ効率的に進めていく上で、他の行政機関が保有する情報を活用するというのは大変重要なことである、このように認識はしております。  ということで、厚生年金の未適用事業所の適用を進めている対策としまして具体的に今やっておりますのは、従来から、国税庁の源泉徴収を行っている法人事業所の名簿を厚生年金の適用事業所名簿と法人名、住所などのキーと合わせることによりまして、それによって適用を進めてきたところであります。ですから、未適用事業者と思われるところの事業所を洗い出すことがこれでできたということでございます。これは……

第190回国会 厚生労働委員会 第2号(2016/02/24、47期、自由民主党)【政府役職】

○とかしき副大臣 このたび厚生労働副大臣を拝命いたしました、とかしきなおみでございます。  政務官時代は厚生関係を担当させていただきましたが、今回は、労働、そして子育て支援、そして年金ということを担当させていただきます。  極端な少子高齢化社会に向かって、全ての国民の皆様が生きがいや働きがいを持って、そして希望に応じた多様な働き方、そして子育てが実現できるように、さまざまな政策に誠心誠意取り組んでいきたい、このように考えております。  渡辺委員長を初め厚生労働委員会の皆様の御理解と御協力を得ながら、竹内副大臣、そして太田政務官、三ッ林政務官とともに全力で塩崎大臣を支えてまいりたいと思いますので……

第190回国会 厚生労働委員会 第3号(2016/03/09、47期、自由民主党)【政府役職】

○とかしき副大臣 私、化粧品メーカーに勤めておりましたけれども、残念ながら、したことはございません。

第190回国会 厚生労働委員会 第4号(2016/03/11、47期、自由民主党)【政府役職】

○とかしき副大臣 お答えさせていただきます。  男性が積極的に育児を行うということは、子育てに関する希望の実現にもなりますし、また女性の継続就業や、さらに出産意欲の向上と、本当にいいことがたくさんありますので、ぜひ積極的に男性には育児にかかわっていただきたいなと思っております。  実際、育児休業取得率、上昇傾向にはあるんですけれども、数字を見ますと、平成二十六年で二・三%と、依然、残念ながら低い水準となっております。一応、政府の目標といたしましては、二〇二〇年までに一三%と、かなり大きな数字になっております。  このため、厚生労働省といたしましては、男性の育児と仕事の両立に取り組んでほしいとい……

第190回国会 厚生労働委員会 第6号(2016/03/16、47期、自由民主党)【政府役職】

○とかしき副大臣 お答えさせていただきます。  今回の雇用保険制度の見直しは、少子高齢化の進展に伴いまして労働人口が今減少する傾向の中で、高齢者や女性の方々を初め働く方々がその希望に応じて就業促進や雇用継続を図って、国民一人一人が活躍できる社会、これをつくっていきたいということで法整備させていただきました。  その内容といたしましては、重点的なものが四点ございます。  まず一つ目が、高齢者の雇用が進展しているこの状況を踏まえまして、六十五歳以降に新たに雇用された方への雇用保険の適用を拡大するということ。  そして二番目に、介護を理由とする離転職を防止するために、介護休業給付の給付率を引き上げる……

第190回国会 厚生労働委員会 第7号(2016/03/18、47期、自由民主党)【政府役職】

○とかしき副大臣 お答えさせていただきます。  委員おっしゃいますように、今回の件、啓発活動の指導、これがとても大切だというふうに心得ております。  ということで、啓発活動の実施に当たっては、働く側の方から御相談があれば当然その声を踏まえて対応していきたい、御相談が寄せられた場合は適切に対応するということをさせていただいておりますが、これだけでは、委員会の中の御答弁の中でも不十分という声も十分いただきまして、社会的影響が大きくて特段の対応が必要と認められるような案件につきましては、特に今回のような案件でございますけれども、働く方の個人に対する状況確認等を行うことについても今後検討していきたい、……

第190回国会 厚生労働委員会 第9号(2016/03/30、47期、自由民主党)【政府役職】

○とかしき副大臣 お答えさせていただきます。  今委員御指摘のように、保育士の方の育児環境を整えていくこと、これもとても大切でありまして、働き続けていただける環境を整えていくことがとても重要である、このように考えております。  ということで、子ども・子育て新制度の認可サービスは、家庭的保育を含めて、全体の優先順位のつけ方の中で利用調整されていく仕組みでありますけれども、保育士の子供を優先することは難しいんですけれども、ただ、これは自治体独自でも優先入園の仕組みをとっているところもございます。  御指摘のようなものに近いものとしましては、企業主導型保育を今回入れさせていただいておりまして、複数の……

第190回国会 厚生労働委員会 第10号(2016/04/01、47期、自由民主党)【政府役職】

○とかしき副大臣 お答えさせていただきます。  委員おっしゃるように、今、加配している保育園の具体的な数や割合、これについては残念ながら把握しておりませんが、参考になる資料をちょっと御案内申し上げますと、平成二十二年ですけれども、「「新たな次世代育成支援のための包括的・一元的な制度」の設計に向けたタイムスタディ調査」によりますと、平均的に、保育園で配置基準上必要とされている保育人材より五、六人程度多くの人員が配置されている傾向にあるということがわかりました。この中には、もちろん、休憩保育士や十一時間開所に伴い必要となる保育士の確保など、国の運営費上の加配も含まれております。  さらに、このほか……

第190回国会 厚生労働委員会 第11号(2016/04/06、47期、自由民主党)【政府役職】

○とかしき副大臣 お答えさせていただきます。  一人親家庭の自立や子供の幸せを実現できるように、これから全力で取り組んでいきたい。さまざまな支援、今回拡充させていただきましたが、それがしっかり利用できるような環境、そしてそれがきちっとお伝えできるように努力をしていきたいと思っております。  ということで、これからもしっかり一人親家庭を応援させていただきたいと国は思っておりますので、よろしくお願いいたします。
【次の発言】 お答えさせていただきます。  今委員御指摘のとおり、保育サービスというのは、本当にそれぞれのときによって、そしてお母様の状態、子供の状態によってさまざま対応していかなくてはい……

第190回国会 厚生労働委員会 第12号(2016/04/20、47期、自由民主党)【政府役職】

○とかしき副大臣 まずは、答弁に当たりまして、熊本県、大分県を中心とする地震で被災された方々には、お悔やみとお見舞いを申し上げたいと思います。  そして、御質問の件でございますけれども、まず、四月十四日の前震から十六日の未明の本震へと被害がだんだん拡大してまいりましたので、厚生労働省といたしましては、組織を短期的な対応から長期的な対応の体制に変えさせていただきました。  被災地のニーズは、救急医療中心から生活支援中心へと今変わってきておりまして、被害対応の長期化に備えまして、生活支援物資や医薬品等の確保、被害者の健康管理、先ほどお話のありましたエコノミー症候群とかこういったもの、そしてノロウイ……

第190回国会 厚生労働委員会 第17号(2016/05/13、47期、自由民主党)【政府役職】

○とかしき副大臣 お答えさせていただきます。  子供たちの未来が家庭の経済事情によって左右されてしまうことは決してあってはならないことでありますし、特に、経済的にさまざまな困難を抱えている生活保護世帯の子供たちにはより一層きめ細やかな支援を行っていくことが必要である、このように考えております。  このため、生活保護世帯の子供たちに対してはさまざまな支援をさせていただいておりますけれども、先ほど局長の方から御答弁させていただきましたように、貧困の連鎖を防ぎ、子供の自立支援を促進するために、今回、収入認定の取り扱いを見直していきたい、このように考えているところであります。  こうした運用の見直しだ……

第190回国会 厚生労働委員会 第18号(2016/05/18、47期、自由民主党)【政府役職】

○とかしき副大臣 研修センターのことについてお答えさせていただきます。  今、児童相談所には、相談対応件数がすごく増加しておりまして、職員の専門性の強化が求められております。  ということで、平成十三年度から、横浜市に子どもの虹情報研修センターを設置させていただきまして、新任の児童相談所長の研修、あと、児童福祉司への指導を行うスーパーバイザーの研修などを行わせていただいております。  今回の改正案では、職員の資質を確保するために、児童福祉司とスーパーバイザーに研修の受講を義務づけるということと、社会福祉主事が児童福祉司として任用される場合には、国が定める講習会の課程の修了を要件とするということ……

第190回国会 厚生労働委員会 第19号(2016/05/20、47期、自由民主党)【政府役職】

○とかしき副大臣 お答えさせていただきます。  児童扶養手当は、離婚による一人親家庭等であって、もう一方の親と生計を同じくしていない児童を対象に手当を支給する制度となっております。  その際に、お話にありました事実婚については、実は、昭和五十五年の課長通知に基づきまして、このときには、当事者間に社会通念上夫婦としての共同生活と認められる事実関係が存在するかどうかによって判断することとなっております。  そうはいいましても、おっしゃるように、いろいろなケースが最近出てまいりましたので、この取り扱いにつきましては、平成二十七年の四月に全国の自治体に再通知をさせていただいております。先ほど御指摘いた……

第190回国会 内閣委員会 第3号(2016/02/26、47期、自由民主党)【政府役職】

○とかしき副大臣 お答えさせていただきます。  今、佐藤委員から御案内いただきましたように、欧州の方では、職務の困難度や重要度を加味して賃金を決定していく職務給が中心でございまして、日本の場合は、職務の内容ではなくて、むしろ勤続年数や職務を遂行する能力を加味して賃金を決定していく職能給が一般的でございます。  ということで、ちょっと考え方にそれぞれ違いがございますので、すぐそのまま一緒にしていくというのはなかなか難しい現状があるというのが今の状態でございます。  以上でございます。

第190回国会 内閣委員会 第7号(2016/03/18、47期、自由民主党)【政府役職】

○とかしき副大臣 お答えさせていただきます。  質問の御答弁の前に、先ほど御提案いただいたことをしっかりと厚労省でも検討させていただきたいと思います。ありがとうございます。  さて、長時間労働のお話でございますけれども、御指摘のとおり、仕事と育児の両立を図っていく上では、長時間労働の是正、働き方の改革はとても重要であると考えております。  私も、実はILOの本部に行って日本の女性の社会進出についての話し合いをしていたときに、日本の場合はどこが一番問題だと思われますかと質問したら、一番最初に出てきたのが長時間労働と言われました。  ということで、私たちの国も、労働の時間で評価する、今そういうのが……

第192回国会 厚生労働委員会 第2号(2016/10/21、47期、自由民主党・無所属の会)【議会役職】

○とかしき委員長代理 では、筆記をとめてください。
【次の発言】 筆記を起こしてください。  塩崎厚生労働大臣。
【次の発言】 済みません、もう一度質問の方をよろしくお願いいたします。
【次の発言】 速記をとめてください。
【次の発言】 速記を起こしてください。  塩崎厚生労働大臣。

第192回国会 厚生労働委員会 第7号(2016/11/16、47期、自由民主党・無所属の会)

○とかしき委員 ただいま議題となりました公的年金制度の持続可能性の向上を図るための国民年金法等の一部を改正する法律案に対する修正案につきまして、自由民主党・無所属の会、公明党及び日本維新の会を代表して、その趣旨を御説明申し上げます。  修正の趣旨は、短時間労働者への被用者保険の適用拡大の促進に関する規定の施行期日を「公布の日」から「平成二十九年四月一日」に改めることであります。  何とぞ委員各位の御賛同をお願い申し上げます。

第192回国会 厚生労働委員会 第8号(2016/11/18、47期、自由民主党・無所属の会)【議会役職】

○とかしき委員長代理 質問、もう一度お願いします。  郡和子君。
【次の発言】 既に持ち時間が経過しておりますので、短目にお願いします。
【次の発言】 次に、玉木雄一郎君。

第192回国会 予算委員会 第2号(2016/09/30、47期、自由民主党・無所属の会)

○とかしき委員 おはようございます。自由民主党・無所属の会、とかしきなおみでございます。  本日は、質問の機会をいただきまして、ありがとうございます。  九月二十六日、本会議での総理の所信表明の演説の中で、総理はこのようにおっしゃいました。ひたすらに世界一を目指す気概、そしてオンリーワンで世界を席巻するたくみのわざ、こういう皆さんが挑戦し続ける限り、日本はまだまだ成長できる、皆さん、今こそ、臆することなく、自信を持って世界一を目指していこうではありませんか、このように力強く訴えられたわけであります。  ということで、きょうは、これを受けまして、日本の世界一、これは健康長寿でありますけれども、こ……

第193回国会 厚生労働委員会 第4号(2017/03/10、47期、自由民主党・無所属の会)【議会役職】

○とかしき委員長代理 次に、山尾志桜里君。

第193回国会 厚生労働委員会 第7号(2017/03/17、47期、自由民主党・無所属の会)

○とかしき委員 ただいま議題となりました臨床研究法案に対する修正案につきまして、自由民主党・無所属の会、公明党及び日本維新の会を代表して、その趣旨を御説明申し上げます。  修正の趣旨は、本法律案中の臨床研究法の法律番号の年表示を「平成二十八年」から「平成二十九年」に改めることであります。  何とぞ委員各位の御賛同をよろしくお願い申し上げます。  ありがとうございます。(拍手)

第193回国会 厚生労働委員会 第13号(2017/04/11、47期、自由民主党・無所属の会)【議会役職】

○とかしき委員長代理 質疑時間がオーバーしておりますので、簡略にお願いいたします。  山田参考人、お願いいたします。
【次の発言】 次に、桝屋敬悟君。

第193回国会 厚生労働委員会 第16号(2017/04/19、47期、自由民主党・無所属の会)【議会役職】

○とかしき委員長代理 次に、大西健介君。

第193回国会 厚生労働委員会 第17号(2017/04/21、47期、自由民主党・無所属の会)【議会役職】

○とかしき委員長代理 速記をとめてください。
【次の発言】 速記を起こしてください。  塩崎厚生労働大臣。

第193回国会 厚生労働委員会 第18号(2017/04/28、47期、自由民主党・無所属の会)【議会役職】

○とかしき委員長代理 申し合わせの時間が経過しておりますので、御協力をよろしくお願いいたします。
【次の発言】 次に、井坂信彦君。

第193回国会 災害対策特別委員会 第6号(2017/09/05、47期、自由民主党・無所属の会)【政府役職】

○とかしき副大臣 環境省といたしましては、被災なさった住民の皆様に一日も早くもとの生活を取り戻していただきたい。先ほど田村委員がおっしゃいましたように、現場では大変なことが起こっておりますし、全壊であれ半壊であれ、被害を受けたのは同じでございますので、そういった状況の中でも、とにかくもとの生活に戻れるように、スピード感を持って対応していきたい、このように環境省は考えております。  あと、被災地市町村の実施に関する災害廃棄物の収集、運搬、処分に関しましては、これは災害等廃棄物処理事業費補助金による財政支援を行わせていただいております。この制度は、国費の補助が二分の一、さらに、激甚災害に指定された……


48期(2017/10/22〜)

第195回国会 環境委員会 第1号(2017/12/01、48期、自由民主党)【政府役職】

○とかしき副大臣 このたび環境副大臣を拝命いたしましたとかしきなおみでございます。  主に、地球温暖化、そして、水、大気環境、自然環境を担当させていただきます。  特に、低炭素社会の構築や、外来種対策を含む自然共生社会の実現に力を尽くしていきたいと思っております。  伊藤副大臣、そして笹川大臣政務官、そして武部大臣政務官とともに、中川大臣をしっかりお支えして、精いっぱい仕事に取り組む所存でございます。  松島委員長を初め理事、委員各位の御指導、御鞭撻を賜りますようお願い申し上げて、御挨拶とさせていただきます。  どうもありがとうございます。(拍手)

第195回国会 環境委員会 第2号(2017/12/05、48期、自由民主党)【政府役職】

○とかしき副大臣 持続可能な開発目標、SDGsにつきましては、我が国政府といたしましては、昨年、SDGs実施指針、これを策定させていただきまして、各省庁が一体となって本格的に取り組みを推進していく段階にございます。  日本の特徴は、総理が本部長、そして全閣僚が構成員のSDGs本部を設置している、この体制がしっかりしているのが我が国の特徴でございます。  SDGsの多くの目標が、やはり環境にかかわることが非常に多いということで、環境省といたしましては、さまざまな関係者が一堂に会して先進的な事例を共有する場所、ステークホルダーズミーティング、この実施等を通じて国内にさらなる浸透を図っていきたい、こ……

第196回国会 環境委員会 第1号(2018/03/02、48期、自由民主党)【政府役職】

○とかしき副大臣 平成三十年度環境省所管一般会計予算及び特別会計予算について御説明申し上げます。  まず、一般会計予算では、総額三千二百七十三億円余を計上しております。  以下、その主要施策について御説明申し上げます。  第一に、地球環境保全対策については、パリ協定のもとで国内及び世界全体の地球温暖化対策を進めるほか、気候変動適応策の推進、環境インフラの海外展開などに必要な経費として、一千三百八十九億円余を計上しております。  第二に、廃棄物・リサイクル対策については、廃棄物処理施設や浄化槽の整備、災害廃棄物対策、循環産業の育成や国際展開の支援、リデュース、リユース、リサイクルのいわゆるスリー……

第196回国会 環境委員会 第2号(2018/03/06、48期、自由民主党)【政府役職】

○とかしき副大臣 お答えいたします。  二〇三〇年度のエネルギーミックスにおきましては、石炭火力は電気構成の二六%を占めております。しかしながら、この石炭火力発電所、最新鋭の技術を用いましても、CO2の排出係数が天然ガスに比べますと約二倍となっております。  そして、現在、我が国におきましては四十基程度の新規の増設計画がございまして、これを仮に計画どおり実施されるとすると、我が国の二〇三〇年度の削減目標の達成は、これは困難ということになります。  さらに、世界の流れを見ますと、パリ協定の中では、二〇五〇年に八〇%温室効果ガス削減、そして今世紀中には排出と吸収のバランスを達成する目標に向けて、や……

第196回国会 環境委員会 第4号(2018/03/20、48期、自由民主党)【政府役職】

○とかしき副大臣 公健法には二つの特徴がございまして、一つ目は、激甚な公害の状況や社会情勢等を背景に、民事責任を踏まえつつも制度的な割り切りを抱え、また経済的な理解も得ながら制定されたものである。二つ目の特徴が、国、地方公共団体、さらに独立行政法人などが緊密に連携しながら制度を運営するという、世界の中でも希有な制度であり、これは日本の中でも誇れる法律の一つである、このように考えております。  発展途上国でこれを御利用いただけるということで御提案いただきましたけれども、発展途上国も、お国によっていろいろ状況はさまざまであります。ただ、我が国の経験とか、この制度に対する考え方、これは発展途上国の皆……

第196回国会 環境委員会 第7号(2018/05/11、48期、自由民主党)【政府役職】

○とかしき副大臣 お答えさせていただきます。  百武委員のおっしゃるとおり、平成二十七年の閣議決定では、現行の適応計画、これは法的には根拠がないものであるということで、主として関係省庁の取組をまとめた計画となっておりました。  しかし、新たに策定する適応計画におきましては、現行の計画の内容を大幅に見直す内容となっております。  具体的にどこを見直したと申しますと、三点ございまして、まず一つ目が、関係省庁の取組について充実強化を図るということ、そして二つ目が、国立環境研究所を中核とした情報基盤の整備を整えていくこと、そして三つ目は、地方公共団体、事業者、国民等の幅広い主体の連携協力による取組を幅……

第196回国会 環境委員会 第8号(2018/05/15、48期、自由民主党)【政府役職】

○とかしき副大臣 お答えさせていただきます。  平成二十七年、二〇一五年に、政府の適応計画、これを閣議決定させていただきました後、適応計画のもとで各省庁が適応策を実施させていただきました。平成二十八年、翌年、適応策の情報基盤である気候変動適応情報プラットフォーム、これを構築させていただきまして、そして翌年の平成二十九年には、関係省庁の連携による地域協議会の立ち上げ、さらに適応計画のフォローアップを行ってまいりました。  こうした一連の動きの中で、充実強化を図っていくということと、法制度の必要性について関係者の中から認識が広がっていったということと、あとは、やはり現場に近い地方公共団体の方からも……

第196回国会 環境委員会 第9号(2018/05/18、48期、自由民主党)【政府役職】

○とかしき副大臣 今回外務省から提言された内容は、気候変動分野に携わる有識者の方々が、同分野における最新の国際的な動向を踏まえて議論をして作成されたものと承知しております。環境省といたしましても、さまざまな有益な御示唆があると認識しております。  環境省と外務省は、同じ国際会議によく一緒に出ることがございまして、多分、その中で、今、環境政策の中で大きなターニングポイントに来ているということを外務省自身もお感じになって、いろいろな行動に移されているのだというふうに思います。  G7の伊勢志摩サミットでは、二〇二〇年期限に十分に先立って長期戦略を策定、提出することにコミットメントをしております。 ……

第196回国会 経済産業委員会 第6号(2018/04/10、48期、自由民主党)【政府役職】

○とかしき副大臣 お答えさせていただきます。  安倍総理、今国会で、地球温暖化対策は内閣の最重要課題である、そして、温暖化対策、国内での大幅削減と、そして我が国の経済成長、両輪、両方をしっかりと両立させていくこと、これが重要であるということで、環境省と経産省は、両省とも向かう方向は同じであるということで、積極的に今取り組まさせていただいているところであります。  ということで、石炭火力発電は、確かに、天然ガス火力の二倍もあるということでありますので、これからも、そういった問題点を克服しながら、両省協力しながら取り組んでいきたい、このように思っております。

第200回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第3号(2019/11/27、48期、自由民主党・無所属の会)

○とかしき委員 衆議員のとかしきなおみでございます。きょうは質問の機会をいただきまして、ありがとうございます。  十月三十一日、首里城の火災は、私にとっても大変なショックな出来事でありました。琉球文化の歴史や、そして、琉球の今まで積み重ねてきた歴史を発信するその中心のところであった、琉球の歴史そのものの凝縮されたものが全く焦土と化してしまったというのは、大変ショックでありました。  十一月の六日の日に私も自民党の沖縄振興調査会で早速現地の方に赴きまして首里城の様子を拝見いたしましたけれども、跡形もなく焼け落ちていたその姿を見て、私も本当に涙がとまらなくなりました。  私の先祖は沖縄の琉球王朝の……

第201回国会 予算委員会 第5号(2020/02/03、48期、自由民主党・無所属の会)

○とかしき委員 自民党のとかしきなおみでございます。  きょうは、質問の機会をいただきまして、ありがとうございます。  まず、新型コロナウイルスの感染症について、ちょっと要望させていただきたいと思います。  政府には、持てる力で臨機応変に対応いただきまして、まずは心から感謝を申し上げたいと思います。  しかし、ついに人から人への感染も起こり、局面は大きく変わりつつあります。あふれんばかりの情報が毎日国じゅうを行き交っておりますけれども、国民の皆さんからすれば、不安がかき立てられるような、そんな日々を過ごしているわけであります。  質問の前に、国民の皆様がこの感染症に対して冷静に向き合えるように……


各種会議発言一覧(衆議院)

44期(2005/09/11〜)

第164回国会 決算行政監視委員会第一分科会 第2号(2006/06/06、44期、自由民主党)

○とかしき分科員 よろしくお願いします。  本日は、ごみの処理方法についてお伺いさせていただきます。  日本は、御存じのように、ごみは可燃ごみと不燃ごみというような形の分別をしますけれども、欧米の先進国では、ほとんどの場合はリサイクルできるごみ、できないごみというような分別をいたします。そういうふうな目で見ますと、日本のような国は世界の中では非常にまれではないかというふうに考えられます。世界の中でごみ焼却施設の占める割合が日本は多いのではというふうに聞いておりますけれども、欧米と比べてその割合はどうなのか、お教えください。
【次の発言】 今の数字を見ましても、日本は七四%というと、もちろん高温……

第164回国会 予算委員会第六分科会 第1号(2006/02/28、44期、自由民主党)

○とかしき分科員 自民党のとかしきなおみでございます。きょうは、こちらの分科会の方で質問させていただきますので、よろしくお願いいたします。  私は、地方議員になりましたときに、環境問題に取り組むきっかけになりましたのが杉並病という病でございました。環境大臣は、この杉並病のことを御存じでいらっしゃいますでしょうか。
【次の発言】 ありがとうございました。  今、大臣、御説明いただきましたように、きょうはパネルもいろいろ持ってまいりまして、こちらの杉並中継所というところで、これは先ほど大臣もお話しなさいましたが、燃えないごみを圧縮する処理施設なんです。ですから、東京都は、燃えるごみ、燃えないごみと……

第166回国会 予算委員会第五分科会 第1号(2007/02/28、44期、自由民主党)

○とかしき分科員 きょうは、予算委員会の方の分科会で質問の機会をいただきまして、ありがとうございます。  本日は、高齢者の在宅医療についてお伺いしていきたいと思います。  皆様も御存じのように、二〇〇五年には、ついに死亡数の方が出生数を上回ってしまいまして、人口が一万九千人減ということで、今、六十五歳以上が二千六百万人おりますけれども、十八年後の二〇二五年には三千五百万人ということで、高齢者一人を支える若者が、今は三・一人ですけれども、十八年後には一・九人という、高齢社会に加えて人口減社会ということで、日本はある意味で世界の中でもかなり特異的な状況になってきております。  ということで、このよ……

第169回国会 予算委員会第五分科会 第2号(2008/02/28、44期、自由民主党)

○とかしき分科員 自由民主党の衆議院議員のとかしきなおみでございます。きょうはよろしくお願いいたします。  本日は、私も薬剤師でありますので、薬剤師の立場から、医薬品業界の制度についてちょっとお伺いしていきたいと思います。特に、薬業業界におきまして最近とても大きなテーマになっております、医薬品の販売制度の変更についてであります。  医薬品は、規制緩和の要求を受けまして、一般用医薬品は、リスクの程度によって差があるにもかかわらず同じような販売制度をしているということで、見直しの必要があるということになりまして、今回、平成十八年の六月に薬事法が改正されました。平成二十一年の医薬品販売制度の全面施行……

第171回国会 予算委員会第二分科会 第2号(2009/02/20、44期、自由民主党)

○とかしき分科員 おはようございます。自由民主党のとかしきなおみでございます。  本日は、質問の機会をいただきまして、本当にありがとうございます。朝一番でございますので、元気よくまいりたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。  まず最初に、きょうお伺いしたいと思いますのは、道州制についてお伺いをしたいと思っております。  道州制のことなんですけれども、今、日本の状況を言いますと、就労人口が毎年四十万人ずつ減っておりまして、仮に年七%の生産性の向上がありましても、GDPの維持がやっとという状況であります。少子高齢化で労働人口がどんどん減っている、そういう状況であります。一方、報道等で……


46期(2012/12/16〜)

第183回国会 決算行政監視委員会第一分科会 第1号(2013/06/21、46期、自由民主党)【政府役職】

○とかしき大臣政務官 お答えさせていただきます。  國場委員御指摘のとおり、水道は国民生活において欠かせないライフラインでありますし、特に離島におきましては、水道というのはとても重要でございまして、水の確保がとても大切である、安定した水源を確保するということが生活の基盤の上で非常に重要である、このように考えております。  厚生労働省といたしましては、水道の水源として淡水の確保が困難な場合には、水道事業者が実施しております海水淡水化施設の整備に対して国庫補助を行っております。今厚労省がつかんでいる海水淡水化施設は五十四ありますが、このうちの十六が今沖縄の方にございます。国庫補助は今二分の一という……

第183回国会 決算行政監視委員会第三分科会 第1号(2013/06/21、46期、自由民主党)【政府役職】

○とかしき大臣政務官 質問ありがとうございます。  勝沼委員の御指摘のとおり、医師不足は厚労省としても大変深刻な問題である、このように受けとめさせていただいております。  その要因といたしましては大きく四つ考えられまして、まずは、委員も御指摘がありましたけれども、絶対数の医師の不足ということでございます。世界の中の日本の医師の数なんですけれども、これをOECD加重平均で見ますと二・七人、日本の場合は二・二人ということになります。ドイツが三・七人、アメリカが二・四人でありますから、先進国の中でも日本は結構医師の数がやはり相対的に少ない、人口千人当たりの数でありますけれども少ないという、絶対数が不……

第183回国会 内閣委員会総務委員会財務金融委員会厚生労働委員会連合審査会 第1号(2013/04/11、46期、自由民主党)【政府役職】

○とかしき大臣政務官 お答えさせていただきます。  委員御指摘のとおり、レセプトの電子化につきましては、進捗状況が、進んでいるところとそうでないところと、大きく二つに分かれております。  これは、平成十八年から推進してきた事業でございまして、事務の効率化のために取り組んでおります。  二十三年度以降はオンラインの提出を原則義務化するというふうに設けておりますけれども、ただ、ここにも例外規定がございまして、請求件数が千二百件以下、歯科の場合は六百件以下、このときは、手書きでレセプトを作成している場合は義務化を免除しているという状況であります。  医療現場の意見もいろいろございまして、やはり小規模……

第183回国会 予算委員会第五分科会 第1号(2013/04/12、46期、自由民主党)【政府役職】

○とかしき大臣政務官 御質問いただきまして、ありがとうございます。  出産した後の女性の再就職というのはとても重要でありまして、私も、実は前の仕事では比較的女性の多い職場で実際働いておりまして、その様子を見ておりました。私のところは、非常に企業は理解がありまして、休職制度はかなり整っておりましたので、出産によって離職する人がほとんどいないという、ある意味、日本の中では最先端を走っていた企業だと思います。それをすることによって、女性が自立をし、そして子育てもしやすい環境を整えていく、これはまさに、ある意味、理想型であるなというふうに思いました。  では、実際どうなっているかといいますと、今、全国……

第183回国会 予算委員会第五分科会 第2号(2013/04/15、46期、自由民主党)【政府役職】

○とかしき大臣政務官 おはようございます。質問にお答えさせていただきます。  委員御指摘のとおり、認定こども園、一つでも多くふやしていきたいと厚労省の方も考えておりまして、そのためのサポート体制をしっかり整えていきたいと考えております。  子ども・子育て支援新制度、平成二十七年から施行する予定でございますけれども、その予算につきましては、二十七年度により決定されることになっております。  ただ、委員御指摘ございましたように、それぞれの施設が準備を円滑に進めていただくために、二十六年度のなるべく早い時期に、施設型給付の公定価格の骨格を示したいと考えております。御要望にしっかりお応えできるように、……

第183回国会 予算委員会第八分科会 第2号(2013/04/15、46期、自由民主党)【政府役職】

○とかしき大臣政務官 お答えさせていただきます。  今、基盤整備事業としまして、新型インフルエンザのワクチンの開発生産体制の整備事業といたしまして、平成二十一年度の補正予算におきまして、千百九十億円を措置して実施させていただいております。その中で、平成二十三年の八月に、北里第一三共ワクチン株式会社、こちらの方に、交付基準額といたしまして約三百億円させていただいております。  北里第一三共ワクチン株式会社、こちらの方は、平成二十五年度の実用化を目指して生産体制の整備を行っているところであります。こちらの方も、今までの卵と違って、細胞とかでしっかり生産、量産化できるようにということで取り組ませてい……


47期(2014/12/14〜)

第189回国会 内閣委員会農林水産委員会連合審査会 第2号(2015/12/03、47期、自由民主党)【政府役職】

○とかしき副大臣 お答えさせていただきます。  今、高井委員におっしゃっていただいたように、まさに、施設の充実だけではなくて、そこで働く方をしっかり確保していくこと、これがとても重要であります。その中で一番大きな要素となりますと処遇改善ということになりますので、ここはやはりきちっと対応していくことがこれから重要だ、このように考えております。  介護職員の処遇対応におきましては、平成二十七年の介護報酬改定におきまして、一人について、御存じのように、月額一万二千円相当の処遇改善加算をさせていただいております。ということで、平成二十七年に行いました後でございますので、次期の介護報酬改定に向けて処遇の……

第190回国会 予算委員会第五分科会 第1号(2016/02/25、47期、自由民主党)【政府役職】

○とかしき副大臣 お答えさせていただきます。  平成二十六年の障害年金受給者実態調査、今先生おっしゃっていただきましたように、障害者年金受給者で就労している方の約半数、四七・五%の方々が、就労収入が五十万円未満ということでございます。ただ、これは、労働収入に年金等の収入を含めた世帯収入で見てみますと、百万円以上の方が約七割、六六・八%となります。障害年金は、労働収入があっても額が調整されないということで、全額支給されるものでございます。  そして、障害者につきましては、支出の部分も少し配慮していきたいということで、低所得者の福祉サービスの利用の負担をゼロにしていこうということで配慮をさせていた……


※このページのデータは国会会議録検索システムで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2020/05/21

渡嘉敷奈緒美[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計/発言一覧 | 質問主意書