国会議員白書トップ衆議院議員高木錬太郎>委員会発言一覧(全期間)

高木錬太郎 衆議院議員
「委員会発言一覧」(全期間)

高木錬太郎[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計/発言一覧 | 質問主意書

このページでは高木錬太郎衆議院議員が委員会や各種会議で行った質問や答弁などの発言の冒頭部分と会議録本文へのリンクを一覧化しています。高木錬太郎衆議院議員「委員会統計」(全期間)には委員会および各種会議の活動状況の集計結果を示しています。
 本会議での発言の統計と一覧については本会議発言のページを参照してください。

委員会発言一覧(衆議院)

48期(2017/10/22〜)

第196回国会 財務金融委員会 第2号(2018/02/16、48期、立憲民主党・市民クラブ)

○高木(錬)委員 立憲民主党・市民クラブの高木錬太郎と申します。  今回は、質問の機会をいただきましてまことにありがとうございます。委員長、理事の皆様、諸先輩方、心から感謝いたします。  国会初質問です。自治体議員の経験もございませんので、人生初の議会での質問となります。  選挙は北関東ブロック比例でありますが、私の故郷は四国高知の四万十市というところでありまして、旧中村市、四万十川があるところであります。竹内綱先生の生まれ故郷、宿毛市の隣の市でありまして、私の人生初の質問の機会が、高知にゆかりのある麻生太郎財務大臣に対してできるということで、大変光栄に思います。新人らしくどおんとぶつかってい……

第196回国会 財務金融委員会 第3号(2018/02/21、48期、立憲民主党・市民クラブ)

○高木(錬)委員 立憲民主党・市民クラブの高木錬太郎です。  先週の金曜日に引き続きまして、質問に立たせていただきました。質問の機会をいただくということは、財務金融の行政の研究を深掘りすることができますし、積み重ねていくことができますし、さらに、国民の皆さんに国会での審議、議論というものをいかにわかりやすく伝えていくかということに対して、いろいろと思案めぐらせる機会にもなりますし、大変私にとってはありがたい機会でありまして、改めまして、委員長や理事の皆様、諸先輩方に感謝申し上げます。  早速、議題となっています所得税法等の一部を改正する法律案について質問していきたいと思いますが、これまでの先生……

第196回国会 財務金融委員会 第4号(2018/02/23、48期、立憲民主党・市民クラブ)

○高木(錬)委員 立憲民主党・市民クラブの高木錬太郎です。  冒頭、小里委員長に申し上げます。  現在、当委員会では所得税法等の一部を改正する法律案について審議をしている最中ですが、本日の予定を見ますと、午後からは新法である国際観光旅客税法案について審議が始まるようになっております。これは、委員長の一方的な判断で午後の日程を決められたと伺っておりますが、私たちはこうしたやり方を認めるわけにはいきません。断固抗議いたします。  委員長には、野党の意見にも十分耳を傾けていただきまして、委員会の運営を進めていただきたいと思いますが、委員長、一言お願いいたします。

第196回国会 財務金融委員会 第5号(2018/02/28、48期、立憲民主党・市民クラブ)

○高木(錬)委員 立憲民主党・市民クラブの高木錬太郎です。  私は、所得税法等の一部を改正する法律案につきまして、反対の立場から討論を行います。  個人消費が伸び悩み、格差の拡大が懸念される我が国の現状にあって、税による所得の再分配機能を更に強化しなければいけない中、今回の税制改正は、その本質的な議論を避けている小手先のびほう策にすぎないと指摘せざるを得ません。  今回の控除見直しで増税となる給与所得者の年収基準は八百五十万円となりまして、約二百三十万人の方々が対象となります。この年収八百五十万円の皆さんは、都市部ではいわゆる中間層に位置する層であり、個人消費を支える中核の購買層に当たる皆さん……

第196回国会 財務金融委員会 第6号(2018/03/02、48期、立憲民主党・市民クラブ)

○高木(錬)委員 参考人の皆様、私の方からも、重ねて、本日の御出席、御意見、御礼申し上げたいと思います。本当にありがとうございます。  最初に、後藤参考人にお伺いしたいと思います。  サービス連合さんは、ホテル、旅館業、旅行代理店の現場の皆さんが加盟されている労働組合と伺っておりますが、現場で訪日外国人の皆さんと接する中で感じていらっしゃること、ニーズなどを感じていらっしゃると思うんですけれども、先ほど、リピーターをふやさなければいけないという話もありましたけれども、使い道ですが、リピーターということを考えたときも含めて、どうせ使うんだったらこういう分野、こういうことに使ったらリピーターもふえ……

第196回国会 財務金融委員会 第8号(2018/03/20、48期、立憲民主党・市民クラブ)

○高木(錬)委員 立憲民主党、高木錬太郎です。  先ほど、川内委員の質問で、改ざん、削除によって、十四文書、意味合いが大きく異なるものはありますかという質問に対して、太田理財局長は、大筋変わったものはないという認識を述べられ、強いて言うならば、個人的な感想として、軟弱地盤云々という話がありましたけれども、そもそも、公文書管理法の法律が改正されて、意思決定だけではなくて、その間の過程、経緯、これが非常に重要であるから、後々検証できるようにきちんと書きましょうということが義務づけられたという認識でいますし、そういうことだと思います。非常にそこの経緯が重要であるということになったんだと思います。  ……

第196回国会 財務金融委員会 第9号(2018/03/23、48期、立憲民主党・市民クラブ)

○高木(錬)委員 立憲民主党の高木錬太郎です。よろしくお願いします。  本日、この時間帯は、金融担当大臣としての麻生大臣にお伺いをしてまいりたいと思います。  金融庁にとってみれば、公文書を改ざんする、書きかえするなどということは全く想像もしていない話で、当然、過去も現在も未来もあり得ないという話であるとは思いますが、ですが、あえて伺いますが、金融庁におかれましては、これまで公文書の意図的な改ざんや書きかえというものは一切ないということが言えますよね。いかがでしょうか。
【次の発言】 もう一点、確認させてください。  今後、改ざんや書きかえなどが行われない、そのための対策はどのようなものを講じ……

第196回国会 財務金融委員会 第11号(2018/04/03、48期、立憲民主党・市民クラブ)

○高木(錬)委員 立憲民主党、高木錬太郎です。  先週の三月二十七日の佐川氏の証人喚問を経て、国民の多くは真相が究明されたとは思っていない、あっ、済みません、まず最初に大臣にお伺いします。国民の多くは真相が究明されたとは思っていない、国民世論にはちっともわからない、解明されていないといういらいら感がある、多くの国民がよしわかったというにはかなり遠い証人喚問だった、さらには、証人喚問だけで国民が納得しているとは思わない、失った信頼を取り戻す努力をしていかなければならない、証人喚問で十分理解ができなかったという世論が多いとすればそのとおりだ、これは政府・与党内の声であります。  この声をどう受けと……

第197回国会 財務金融委員会 第3号(2018/12/07、48期、立憲民主党・市民クラブ)

○高木(錬)委員 皆様、おはようございます。  黒田総裁始め、皆様、よろしくお願いいたします。立憲民主党・市民クラブの高木錬太郎です。  早速お伺いしてまいりますが、まずはデフレについてです。  十月三十一日の総裁の記者会見を紹介させていただきますが、「一九九八年から二〇一三年まで十五年続いたデフレの時期のデフレマインドが、企業や家計からなかなか簡単に払拭されない」と御発言がありました。そして、先ほど総裁から御説明ありました報告書の説明の中にも、デフレについての言及がございました。  そこで、まず伺いますが、デフレマインドというものは何でしょうか。

第197回国会 政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会 第3号(2018/11/19、48期、立憲民主党・市民クラブ)

○高木(錬)委員 立憲民主党・市民クラブの高木錬太郎です。  この臨時国会から当委員会に所属になりました。皆様、どうぞよろしくお願いいたします。  さて、冒頭、きのうも、千葉県松戸市を始め全国各地で各級選挙が行われました。当落問わず、選挙を戦われた皆様に敬意を表するとともに、投開票の立会人の皆さんや選挙事務に当たられた自治体職員の皆さんにも、心からお疲れさまでしたと申し上げたいと思います。  まず、まさにその選挙事務について伺っていきたいと思います。  一つ目に、投票時刻の繰上げ等についてであります。  近年、財政難等の理由で、投票終了時刻を繰り上げる自治体がふえているかのように受けとめられる……

第198回国会 災害対策特別委員会 第3号(2019/04/11、48期、立憲民主党・無所属フォーラム)

○高木(錬)委員 立憲民主党・無所属フォーラムの高木錬太郎です。よろしくお願いいたします。  大臣所信に対する質疑ということで、大臣所信は、時間も限られておりますし、おととい、一昨日、伺わせていただきましたが、全て触れたくても大臣もなかなか触れられないことかと思います。そこで、私が気になった、触れられていない点につきまして、幾つかまずは伺っていきたいと思います。  先ほどの御答弁でもありましたけれども、間もなく令和の時代になると。大臣からの御答弁ありました、平成は災害が頻発した時代であったと。  私は、とりわけ、大臣は愛媛県議を平成の前半にかけて長く務められていらっしゃいまして、愛媛も大変災害……

第198回国会 財務金融委員会 第3号(2019/02/26、48期、立憲民主党・無所属フォーラム)

○高木(錬)委員 おはようございます。立憲民主党・無所属フォーラムの高木錬太郎です。よろしくお願いいたします。  ことしも確定申告の時期がやってまいりました。既に全国各地で申告の会場に足を運ばれておられる国民の皆さん、そして税務職員の皆さん、あるいは申告される国民の皆さんをサポートしておられる税理士の先生方始め関係の皆さん、改めて皆さんに敬意を表したいと思っておりますが、この申告納税制度は、税務当局と国民の信頼関係が基礎となっていると思います。納税に対する国民の高い倫理観、あるいは見識、国民性、そういったものばかりに委ねることなく、税務当局の方も信頼関係維持に努めていかなければならないというの……

第198回国会 財務金融委員会 第5号(2019/03/01、48期、立憲民主党・無所属フォーラム)

○高木(錬)委員 立憲民主党・無所属フォーラムの高木錬太郎です。  私は、会派を代表して、政府提出の所得税法等の一部を改正する法律案に反対の立場から討論を行います。  反対の理由、第一に、今回の住宅ローン控除の拡充、そして車体課税の見直しが、ともに、既に複雑な税制を更に複雑化するものであり、簡素という税制の大原則を大きく外れた改正だからであります。  また、住宅ローン控除拡充と車体課税見直しは、ことし十月に予定する消費税率引上げに対する駆け込み需要とその反動への対策ということでありますが、質疑でも明らかになったように、その効果は判然とせず、極めて限定的と言わざるを得ません。  あわせて、消費税……

第198回国会 財務金融委員会 第7号(2019/03/12、48期、立憲民主党・無所属フォーラム)

○高木(錬)委員 おはようございます。立憲民主党・無所属フォーラムの高木錬太郎です。  早速質疑に入らせていただきます。  まず、ホエーについて取り上げたいと思います。乳幼児用ミルク製造用ホエーに係る関税の取扱いについてです。  まずは、現行制度と、今回の液体ミルク製造に使用するホエーについても関税割当ての対象に追加するということでございますが、その概要を御説明いただけますでしょうか。
【次の発言】 では、次に、現在のホエーの国産、輸入、合わせた供給量を教えていただけますでしょうか。そして、それぞれの数量そして割合、これを御説明いただけますでしょうか。

第198回国会 財務金融委員会 第13号(2019/05/15、48期、立憲民主党・無所属フォーラム)

○高木(錬)委員 おはようございます。立憲民主党、高木錬太郎です。  大臣、うえの副大臣、政府参考人の皆さん、どうぞよろしくお願いいたします。  貴重な質問の機会でありますので、たくさん大臣には伺いまして、御認識を聞かせていただきたいことがあります。冒頭、三点ほど、大変恐縮ですが、通告をしていない点につきまして伺わせてください。  一つ目ですが、先般の、当委員会でもたびたび御質問されてきておりました丸山穂高議員の北方領土を戦争で取り戻すという趣旨の御発言につきまして、大臣はどのように受けとめていらっしゃいますでしょうか。
【次の発言】 二点目です。  昨夜、大臣が主宰する派閥のパーティーがあっ……

第198回国会 政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会 第3号(2019/04/10、48期、立憲民主党・無所属フォーラム)

○高木(錬)委員 おはようございます。立憲民主党・無所属フォーラムの高木錬太郎です。  まず冒頭、せんだって、四月七日、統一自治体選挙前半戦が終わりまして、候補者の皆さん、そして候補者を支えている皆さんはもちろんですが、選挙事務に携わった皆さん、投票立会人、開票立会人、それぞれ、ある意味民主主義を支えている皆様でありますので、心から敬意と感謝を申し上げたいと思います。  その統一自治体選挙でありますが、石田総務大臣におかれましては、県議と首長を長く御経験されてこられて、地方議会を熟知されているお方だと思いますし、まず二点、この統一選につきまして受けとめを伺いたいと思います。  まず一つが、報道……

第200回国会 災害対策特別委員会 第4号(2019/11/28、48期、立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム)

○高木(錬)委員 会派立国社に所属しております立憲民主党の高木錬太郎です。よろしくお願いします。  まずは、私からも、この場をおかりいたしまして、この間の台風、大雨でお亡くなりになられた皆様、御遺族の皆様に心からお悔やみ申し上げますとともに、今なお全国の被災地で御苦労されている皆様にお見舞い申し上げたいと思います。  また、被災地に派遣されている関係の省庁の職員の皆さんや各自治体の職員の皆さん、あるいは、ボランティアで、何とか被災地のためにということで現地に行かれている皆様には、頭が下がる思いでおります。  さて、私も、先日、十一月二十五日の現地調査、派遣委員の一人として参加させていただきまし……

第200回国会 法務委員会 第2号(2019/10/23、48期、立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム)

○高木(錬)委員 会派名、立憲民主・国民・社保・無所属フォーラムに所属しております、立憲民主党の高木錬太郎と申します。初の法務委員会です。どうぞよろしくお願いいたします。  早速、大臣に伺っていきたいと思いますが、今国会、開会日十月四日、安倍総理大臣の所信表明演説、この内容は事前にお聞きでありましたでしょうか。
【次の発言】 大臣、その演説内容を読まれまして、どのように受けとめられましたでしょうか。
【次の発言】 今大臣がおっしゃられたところのみならず、例えば「みんなちがって、みんないい」という言葉もありました。  今大臣がおっしゃられたくだりのところも含めてですが、当然、この安倍首相の所信表……

第200回国会 法務委員会 第6号(2019/11/08、48期、立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム)

○高木(錬)委員 おはようございます。会派略称、立国社に所属しています、立憲民主党の高木錬太郎です。  森まさこ新大臣、よろしくお願いします。関係の皆様、よろしくお願いします。  まず冒頭、このたびの台風、大雨による大変な被害が全国各地で発生しておりまして、その中でも、特に森大臣の御地元である福島県では、甚大な被害、そしてお亡くなりになられた方も多数いらっしゃいます。  改めまして、私からも心からお見舞いを申し上げるとともに、お亡くなりになられた方々にお悔やみを申し上げたいと思います。  そのことを申し上げた上で、まず最初に、私たち衆議院議員は衆議院の議席をお預かりさせていただく。お預かりして……

第200回国会 法務委員会 第11号(2019/11/22、48期、立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム)

○高木(錬)委員 立国社、立憲民主党の高木錬太郎です。  十九日の法案審議、そして二十日の参考人の先生方との議論で、なるほどな、大変参考になった、勉強になった部分、腑に落ちた部分と、いやいや、やはりなかなか腑に落ちないな、理解できないな、理解に苦しむなと思うところとありまして、まさに三百四条のただし書きの部分であったり、三百五条であったりするわけですけれども、いま一度、私なりの言葉を用いて、まずは、政府に対しまして、法務省に対しまして、今回の改正案につきまして御確認をさせていただきたいと思うわけです。  これまでの答弁や説明の中で濫用的という言葉が多用されておりまして、的の意味ですね、何々のよ……

第201回国会 議院運営委員会 第14号(2020/03/25、48期、立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム)

○高木(錬)委員 立国社の高木錬太郎です。どうぞよろしくお願いいたします。  早速ですが、近年、広域、大規模自然災害が頻発しておりまして、そのたびに被災地に入って災害対応に当たっておられる一般職国家公務員の皆さんが多数おられます。心から感謝と敬意を表するところでありますが、また、他方、今日では、世界的大流行となって、我が国でも感染者やお亡くなりになった方々が大変ふえている新型コロナウイルス感染症に対して、これまたそれぞれの現場で一般職国家公務員の皆さんが本当に必死に対応されておられます。  そのような大災害や新感染症などが発生したときの不眠不休で対応に当たっておられる公務員の皆さんの処遇に関し……

第201回国会 決算行政監視委員会 第4号(2020/06/01、48期、立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム)

○高木(錬)委員 立国社、立憲民主党の高木錬太郎です。よろしくお願いいたします。  平成三十年度一般会計予備費の審査に入る前に、当委員会、前回は平成二十八年度、二十九年度の決算の議論がありました。私も、平成三十年度予備費の前に一点質問しておきたいんですが、内閣総理大臣主催の桜を見る会事業につきまして、当委員会あるいはそのほかの委員会でもこれまで何度も議論がありましたけれども、改めて申し上げると、平成二十八年度、予算額一千七百六十六万円に対して、支出額、決算額四千六百三十九万円、平成二十九年度に至っては、一千七百六十六万円に対して四千七百二十五万円という数字になっておりまして、まずこの数字がかね……

第201回国会 総務委員会 第15号(2020/04/28、48期、立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム)

○高木(錬)委員 立国社、立憲民主党、高木錬太郎です。  高市大臣、また政府の皆さん、大変お疲れさまです。連日本当に大変だと思います。心から敬意を表したいと思います。  まずは、御提案がございました地方税法等改正案につきまして、一点だけ確認をさせていただきたいと思います。  個人住民税のところです。  新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止等がされた文化芸術、スポーツイベントについて、チケットの払戻しを受けない、放棄することを選択された方は、その金額分を寄附とみなし、税優遇、寄附金控除を受けられる新たな制度が創設されました。  私も、文化芸術、スポーツを応援したい立場です。そういう中で、いろ……

第201回国会 総務委員会 第18号(2020/05/26、48期、立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム)

○高木(錬)委員 共同会派立国社、立憲民主党の高木錬太郎と申します。  よろしくお願いいたします。  五月も終わりになりまして、六月になりますと梅雨のシーズンが来ます。ことしこそは大きな災害は起こってほしくないと願うばかりですが、大雨、豪雨の季節に入ります。  済みません、法案の前に二つだけ確認させていただきたいことがありましたので質問しますが、複合災害です。  現在、コロナ蔓延防止のためにさまざま御尽力いただいておりますが、そんな中で、自然災害が発生したときの複合災害、大変懸念するところであります。そうした中で、現在、各自治体間で対口支援を行っているところでありますが、現下のコロナ禍における……

第201回国会 法務委員会 第2号(2020/03/10、48期、立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム)

○高木(錬)委員 立国社、高木錬太郎です。よろしくお願いいたします。  大臣所信に対する質疑ということでありますが、まず最初に、そこに入る前に、昨年の臨時国会における法務委員会、当委員会での森大臣の答弁について、二点ちょっと確認させていただきたいと思います。  私が質問いたしました災害時における避難所に関する質問に対する答弁で、避難所における人権状況の改善に取り組んでまいりたいという答弁がございました。改善する必要性があるという御認識だと思います。  私がお願いした、ホームレス支援団体や避難所運営にかかわっている皆様との意見交換など、直接現場に行ってさまざま現場の状況を見てきた、そういうことは……

第203回国会 総務委員会 第2号(2020/11/12、48期、立憲民主党・社民・無所属)

○高木(錬)委員 立憲民主党の高木錬太郎です。どうぞよろしくお願いします。  一問目、私も地方への財政支援について伺おうと思っておりましたが、与党の委員の皆さんからも、そして岡島筆頭からも、岡本次席は割愛されましたけれども、同趣旨のことでありまして、私の方では、済みません、通告した話とはちょっとニュアンスが異なる、表現が異なると申しますか、聞き方をちょっと変えるんですが、通告したジャストの中身ではないので大変恐縮なんですが、お考えをお聞かせいただければと思うんです。  来年度予算でしっかり財源を確保する、ぜひお願いします。それから、政府におかれましては、第三次補正も編成の指示が出て、取り組まれ……

第204回国会 議院運営委員会 第28号(2021/04/16、48期、立憲民主党・無所属)

○高木(錬)委員 埼玉県さいたま市在住の立憲民主党、高木錬太郎です。  まとめて伺います。  一つ目です。  蔓延防止等重点措置は、緊急事態宣言に至る前段階で感染の芽を摘むのが目的であったはずが、関西圏を見て分かるように、実際には芽を摘むことができていないし、むしろ感染拡大を後追いする形になっています。  国民は、この蔓延防止等重点措置が何なのか、よく分からなくなってきています。それゆえ、行動変容につながっていません。このままでは、大型連休において人流は止まりませんし、例えば、感染リスクの高い三密状態の、大人数参加でのマスクなし、大声会話を伴うような昼カラ、昼飲みなどがあちこちで開催されてしま……

第204回国会 災害対策特別委員会 第5号(2021/04/15、48期、立憲民主党・無所属)

○高木(錬)委員 立憲民主党の高木錬太郎です。よろしくお願いいたします。  冒頭、金子委員長の御地元でもある熊本地震から五年がたちました。今朝の朝刊各紙でも社説で書かれておりまして、改めて、この場をおかりして、お亡くなりになられた方々に哀悼の意を表しますし、今なお仮住まいの方も大勢いらっしゃると聞いています。御苦労されている方も今なおいらっしゃるというふうに伺っておりまして、心からお見舞い申し上げたいと思います。  そして、それに関連して、熊本地震、お亡くなりになった方、直接死五十人、災害関連死二百二十一人という報道に接したわけでありますけれども、冒頭、これは質問をいたしません、私からもお願い……

第204回国会 政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会 第2号(2021/05/20、48期、立憲民主党・無所属)

○高木(錬)委員 立憲民主党の高木錬太郎です。  今の篠原筆頭理事の論の後、高知で生まれ、高知の高校を出、そして選挙区は埼玉という私は非常に、いささかつろうございますけれども、さいたま市に住んでもう二十年以上にもなりますので、しっかり根を張ってこれから選挙区でやろうとしているということで、篠原筆頭にはお許しをいただきたいなというふうに思いながら、総務大臣、総務委員会ではいつもお世話になります。十七分間、よろしくお願いいたします。  当委員会は、昨年の六月一日以来の質疑だというふうに承知しておりまして、この間起こっていること、あるいはこの局面で確認しておかなければいけないなと私が考えることなどを……

第204回国会 総務委員会 第6号(2021/02/19、48期、立憲民主党・無所属)

○高木(錬)委員 立憲民主党、高木錬太郎です。よろしくお願いします。  地方自治を議論する当委員会で、まず冒頭、あれ、大臣……(発言する者あり)
【次の発言】 委員長の御対応、御配慮に心から感謝します。高知の後輩として、大変ありがたく存じます。  質問に入ります。  冒頭、武田大臣に御認識を伺いたいんですが、自民党さんの実力者と報道されていて、ベテランの議員の方が、島根県丸山知事が東京五輪聖火リレーの中止を検討すると表明したことについて、知事を呼んで注意しなければならないと発言されたわけです。私は強い違和感を感じていますが、大臣の御認識を伺います。

第204回国会 総務委員会 第8号(2021/03/02、48期、立憲民主党・無所属)

○高木(錬)委員 ただいま議題となりました決議案につきまして、提出者を代表して、その趣旨を御説明申し上げます。  案文の朗読により趣旨の説明に代えさせていただきます。     持続可能な地方税財政基盤の確立並びに新型コロナウイルス感染症及び東日本大震災等への対応に関する件(案)   厳しい地方財政の現状を踏まえ、地方公共団体が住民生活に必要な行政サービスを持続的かつ安定的に提供していくためには、持続可能な地方税財政基盤の確立が不可欠であることに鑑み、政府は、次の諸点について措置すべきである。  一 新型コロナウイルス感染症対策に関しては、感染拡大防止、医療提供体制の確保、雇用の維持、事業の継続……

第204回国会 総務委員会 第10号(2021/03/18、48期、立憲民主党・無所属)

○高木(錬)委員 立憲民主党、高木錬太郎です。  今の山花議員のやり取りを聞いていまして、いま一度、武田大臣に事実関係を確認したいことがあります。  まずは、さきの衆議院の予算委員会での鈴木部長に対する発言についてです。記憶がないと言えとおっしゃったんですか。いかがですか。
【次の発言】 では、記憶がないということは言ったんですか。指示じゃなくて、記憶がないという言葉は発せられましたか。
【次の発言】 記憶がないと言えではなくて、そういう指示ではなくて、記憶がないという発言はなさいましたか。
【次の発言】 指示する意図はないと先ほどもおっしゃられましたが、そもそも、大臣席から、答弁に向かう部下……

第204回国会 総務委員会 第16号(2021/05/13、48期、立憲民主党・無所属)

○高木(錬)委員 立憲民主党の高木錬太郎です。  まず最初に、基本的なことでありますので、通告しておりませんが、大臣から答弁をいただきたいと思います。  総務省を始めとする中央政府と地方公共団体というのは、上下関係ではなく、主従関係でもなく、対等の関係ということ、そういう認識でよろしいでしょうか。
【次の発言】 それでは、細々聞いていきます。  令和三年、今年の四月三十日、総務省地域力創造グループ地域政策課が厚労省健康局健康課予防接種室との連名で各都道府県総務部及び衛生主管部宛てに発出された、新型コロナワクチンの高齢者向けの接種のための管内市町村の支援等についてという文書がありますが、これは何……


各種会議発言一覧(衆議院)

48期(2017/10/22〜)

第204回国会 内閣委員会総務委員会連合審査会 第1号(2021/03/24、48期、立憲民主党・無所属)

○高木(錬)委員 立憲民主党、高木錬太郎です。  まず最初に、武田大臣にお伺いいたします。  十一月十一日、JR東海名誉会長との会食の件です。  昨日の本会議で武田大臣は、連絡には総務省は関与しておりませんと御答弁されました。ということは、公務ではない。会費も、費用も自己負担であるということも答弁されておりますので、これは公務ではないという認識でよろしいですか。
【次の発言】 会合には公用車で行かれましたか。
【次の発言】 政務だとお答えになられました。その次の質問が、私は、公用車で行かれましたかと聞きました。もう一度御答弁をお願いします。


※このページのデータは国会会議録検索システムで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2023/01/30

高木錬太郎[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計/発言一覧 | 質問主意書



当サイト運営者の新刊のお知らせ
菅原琢『データ分析読解の技術』(中公新書ラクレ756)

【内容紹介】「データ分析ブーム」がもたらしたのは、怪しい“分析らしきもの”と、それに基づいた誤解や偏見……。本書では、「問題」「解説」を通して、データ分析の失敗例を紹介しながら、データを正しく読み解くための実践的な視点や方法、また、思考に役立つ基礎的な知識やコツを紹介していく。誤った分析をしないため、騙されないための、基本的・実践的な読解と思考の方法とは――。