梅林時雄 衆議院議員
23期国会発言一覧

梅林時雄[衆]在籍期 : |23期|
梅林時雄[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは梅林時雄衆議院議員の23期(1947/04/25〜)における国会発言(質問、答弁等)をまとめています。国会活動の統計や役職、質問主意書の数や内容は23期国会活動統計で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

本会議発言一覧(衆議院23期)

梅林時雄[衆]本会議発言(全期間)
|23期|
第1回国会(1947/05/20〜1947/12/09)

第1回国会 衆議院本会議 第45号(1947/10/14、23期、民主党)

○梅林時雄君 私は、政府が本國会に提出されました経済力集中排除法案につきまして、民主党を代表して、いささか所見を述べたいと思います。  敗戰日本の今後の運命を決定づける重大法案と言われるだけに、この法案をめぐる空氣ほどはげしい緊迫感を日本経済界全般に與えたものは、最近なかつたのであります。すなわち、株式は大幅に低落し、金融界はひどく警戒氣分になつて、異常な金融梗塞状態を呈し、一般産業界また前途に対する深刻な不安に襲われまして、仕事も手につかず、まさに一種の心理的恐慌状態を現出いたしたのであります。  このような混乱と不安状態を引起した原因は、直接的には、この法案がはなはだしく抽象的であり、その……

第1回国会 衆議院本会議 第70号(1947/12/02、23期、民主党)

○梅林時雄君 ただいま議題となりました三案につき、財政及び金融委員会における審査の経過並びに結果の概略を御報告申し上げます。  まづ第一に、北海道に在勤する政府職員に対する一時手当の支給に関する法律案についてでありますが、北海道においては、越冬用の家庭暖房石炭は生活の必需品であつて、北海道在勤の政府職員に対しては、賞與制度の廃止せられる以前は、賞與の支給率において考慮を加えてきたのでありますが、本年七月実施いたしました新物價体系における約十倍に上る石炭價格の大幅引上によつて、北海道在勤政府職員の石炭購入費の増高は、はなはだしいものがあるのであります。しかるに、政府職員の現行の給與制度におきまし……

第1回国会 衆議院本会議 第71号(1947/12/04、23期、民主党)

○梅林時雄君 ただいま議題となりました三案につき、財政及び金融委員会における審議の経過並びに結果について、その概略を御報告申し上げます。  まず、政府原案の要旨について申し述べます。  企業再建整備法の一部を改正する法律案は、臨時石炭鉱業管理法案の國会提出に伴い、企業再建整備法の一部を改正し、同法によつて整備計画に記載して主務大臣の認可を受けた事項については、他の法令の規定による認可、許可、免許等の処分を要しないこととなつているのに対しまして、臨時石炭鉱業管理法による許可をその例外とすることといたしたいと考え、この法律が出された次第であります。  本案は、去る十一月八日本委員会に付託され、十一……

第1回国会 衆議院本会議 第73号(1947/12/06、23期、民主党)

○梅林時雄君 ただいま議題となりました二案について、財政及び金融委員会における審議の経過並びに結果を御報告申し上げます。  まず、会社利益配当等臨時措置法案について、原案の要旨を御説明いたします。会社の利益配当については、昨年四月制定施行された会社配当等禁止制限令により、資本金二十万円以上の会社であつて、戰時補償の請求権、在外資産等を有するもの及びいわゆる制限会社は、現在配当を年五分以下に制限されているのであります。これは戰時補償等の処理いかんによつては、これらの会社の中には経理に大なる影響をこうむるべきものを生ずることが予想せられましたので、あらかじめ会社の経理内容をできるだけ健全ならしめて……

第1回国会 衆議院本会議 第74号(1947/12/08、23期、民主党)

○梅林時雄君 ただいま議題となりました法律案につきまして、財政及び金融委員会における審査の経過並びに結果を概略御報告申し上げます。  まず、政府に対する不正手段による支拂請求の防止等に関する法律案について申し上げます。  本年九月十二日附連合國最高司令官から日本國政府にあてられました政府支出の削減に関する指令は、政府をしてやみ價格と不当なる高賃金による支拂をなすことからこれを免れしめ、当面している財政の危機を打開せしめようとする絶大なる好意に出たものでありまして、政府といたしましては、あらゆる困難を克服し、異常な決意をもつてこれに対する適切な措置を講じなければならない次第であります。すなわち、……

第1回国会 衆議院本会議 第75号(1947/12/09、23期、民主党)

○梅林時雄君 ただいま議題となりました酒類配給公團法案について、財政及び金融委員会における審議の経過並びに結果を簡單に御報告申し上げます。  今回設立しようとする酒類配給公團は、酒類の適正な配給を目的とするものでありまして、設立の理由は、大要次の通りであります。  第一に、酒類は貴重な重要食糧を原料とするものであるから、政府の責任において統制並びに配給を適正かつ有効ならしめるための機関を設けることが必要であること、第二に、現在の酒類卸賣機関は私的企業であり、さきに成立した私的独立の禁止及び公正取引の確保に関する法律の趣旨に副わないのであります。しかしながら、酒類の生産及び輸送事情を考えるとき、……


■ページ上部へ

第2回国会(1947/12/10〜1948/07/05)

第2回国会 衆議院本会議 第26号(1948/03/19、23期、民主党)

○梅林時雄君 ただいま議題となりました三案について、財政及び金融委員会における審議の経過並びに結果を概略御報告申し上げます。  まず政府職員の俸給等に関する法律案について、の趣旨及び法律案の概要を御説明申し上げます。  政府は昨年末、全逓その他官公職員労働組合の爭議にに関する中央労働委員会の調停案を受諾したのでありますが、この調停案に基き新給與案を審議するため設置せられた臨時給與委員会は、本年一月二十七日以降約四旬余にわたり愼重審議を重ねた結果、去る二月二十日第一報告書を、三月六日には第二報告書をそれぞれ政府に提出するに至つたのであります。この委員会の構成、運営の面から見て、その到達した結論が……

第2回国会 衆議院本会議 第32号(1948/03/26、23期、民主党)

○梅林時雄君 ただいま議題となりました昭和二十三年の所得税の四月予定申吉書の提出及び第一期の納期の特例に関する法律案について財財政及び金融委員会における審議の経過並びに結果等を概略御報告申し上げます。  まず原案について申し上げますと、政府は最近における賃金、物價等経済情勢の推移、課税の実情に照ちし租税負掛の軽減をはかる等のため、所得税の基礎控除、扶養控除、勤労控除、税率等につき改正を行う必要があると考え、目下檢討中で、これが改正案は、近く成案を得て國会に提案いたしたい方針であるので、本年に限り所得税の四月予定申告書の提出及び第一期の納期に関し特例を設け、所得税法の改正が國会で可決された後、改……

第2回国会 衆議院本会議 第34号(1948/03/29、23期、民主党)

○梅林時雄君 ただいま議題となりました煙草專賣法の一部を改正する等の法律案について、委員会における審議の経過並びに結果等につきまして概略御報告申し上げます。  最近專賣法違反事件が急激に増加し、昭和二十一年度は件数にして昭和二十年度の約二十二倍、二万千件に及び、本年度はタバコのみで十月までにすでに二万六千件を越えているのであります。この傾向はタバコ定價の引上げとともに一層顯著になると予想され、このままに放置しておいては、專賣事業の運営にも支障を來すのみならず、予定の専賣益金の確保ができなくなるのであります。これに対処して取締陣を整備強化するのはもちろんでありますが、專賣法の罰則を強化することが……

第2回国会 衆議院本会議 第37号(1948/04/01、23期、民主党)

○梅林時雄君 ただいま議題となりました四法律案について、財政及び金融委員会における審議の経過並びに結果について御報告申し上げます。  まず、臨時資金調整法を廃止する法律案について申し上げますと、本案は昭和十二年九月公布施行せられまして以來、物資と資金の需給の適合をはかり、経済秩序を確立することを目的として運用せられてきたのでありますが、最近の経済情勢は、同法が制定せられました当時とはその様相を異にするに至りましたので、同法の内容についても種々檢討を加える必要が生じてきたのであります。そこで、この際一應臨時資金調整法を廃正することが適当であると認められ、政府はここに臨時資金調整法を廃止する法律案……

第2回国会 衆議院本会議 第44号(1948/04/30、23期、民主党)

○梅林時雄君 ただいま議題となりました三法律案について、財政及び金融委員会における審議の経過並びに結果について概略御報告申し上げます。  まず最初に、昭和二十三年の所得税の四月予定申請書の提出及び第一期の納期の特例に関する法律の一部を改正する法律案について御説明申し上げます。  政府は、さきに國会の審議を経て、本年に限り所得税の四月予定申告書の提出及び第一期の納期に関し特例を設け、所得税法の改正案が國会で可決された後、改正規定に從つて所得税の四月予定申請書を提出し、第一期の納税をするようにいたしたのであります。目下政府は、賃金、物價等経済諸情勢の推移等に照らし租税負担を軽減するため具体案を檢討……

第2回国会 衆議院本会議 第52号(1948/05/29、23期、民主党)

○梅林時雄君 ただいま議題となりました二法律案について、財政及び金融委員会における審議の経過並びに結果について御報告申し上げます。  まず、食糧管理特別会計法の一部を改正する法律案について申し上げます。改正の内容は次の三点であります。  第一点は、食糧管理特別会計におきまして、本年度の食糧賣買計画に基き、これが所要資金を推算いたしますると、供出の最盛期と目される昭和二十四年一月においては約六百億円、供出数量の増加、供出期日の短縮及び賣拂代金の回収までの期間に要する資金等の需要増加約八十億円、それに若干の余裕を見込みますると七百億円の資金を必要といたしますので、從來四百億円となつておりました食糧……

第2回国会 衆議院本会議 第66号(1948/06/18、23期、民主党)

○梅林時雄君 ただいま議題となりました各法案につきまして、財政及び金融委員会における審議の経過並びに結果について概略御報告申し上げます。  まず、所有財産法案について申し上げます。  国有財産法案については、新憲法施行に伴い、昨年五月とりあえず所要の部分的改正を行つたのでありましたが、なお国有財産に関する法制を整備する必要が認められましたので、本案が提出された次第であります。  まず第一章には総則的親定を定めておるのでありまして、国有財産の管理及び処分について根本法規を定めておるのであります。  次に第二章におきましては、国有財産の管理及び処分の期間を明らかにするとともに大蔵大臣は国有財産事務……

第2回国会 衆議院本会議 第71号(1948/06/26、23期、民主党)

○梅林時雄君 ただいま議題となりました三案について、簡單に御報告申し上げます。詳細は委員会における速記録でごらん願いたいと思います。  会計法の一部を改正する法律案について申し上げますが、今回同法を改正しようといたしまする点は次の二点であります。すなわち第一点は、都道府縣並びに町方自治法に基き將來できるところの特別市の吏員の取扱う國の会計事務の範囲を拡張いたしまして、歳入歳出外現金、物品等に関する事務をも併せ行わせたいというのであります。なお改正の第二点でありますが、特別調達廳は実質的にはほとんど官廳同様のものでありますので、同廳が特別調達法に基いて行う業務の遂行上必要とする國の会計事務は、こ……

第2回国会 衆議院本会議 第72号(1948/06/28、23期、民主党)

○梅林時雄君 ただいま議題となりました三法律案について、財政及び金融委員会における審議の経過並びに結果について概略御報告申し上げます。  まず、学校教育法及び義務教育費國庫負担法の一部を改正する法律案について申し上げます。  第一條は、学校教育法の一部改正でありますが、まず大学設置委員会を大学設置審議会に改めました。これは、國家行政組織法の施行に伴い、委員会なる名称は会議制の行政機関を意味することになり、諮問的または調査的なものは、審議会または協議会と呼ばれることとなつたからであります。第二に、第八十六條を削除しましたのは地方自治法の施行に伴うものであり第三に、第九十三條及び第九十六條第二項中……

第2回国会 衆議院本会議 第78号(1948/07/04、23期、民主党)

○梅林時雄君 ただいま議題となりました八法律案につきまして、財政及び金融委員会における審議の経過並びに結果について御報告申し上げます。  まず第一に、大藏省預金部特別会計の昭和二十三年度における歳入不足補てんのための一般会計からする繰入金に関する法律の一部を改正する法律案について御報告申し上げます。  本案は、大藏省預金部特別会計四十五億七千九百九十七万九千円、國有鉄道事業特別会計百億円及び通信事業特別会計五十億円の昭和二十三年度における歳入不足は、これらの会計の昭和二十三年度における收支の状況に鑑み、これを一般会計から補足することといたしたものであります。  本案は、去る六月十一日、本委員会……

第2回国会 衆議院本会議 第79号(1948/07/05、23期、民主党)

○梅林時雄君 ただいま議題となりました國営競馬特別会計法案について、財政及び金融委員会における審議の経過並びに結果を御報告申し上げます。  本案は、競馬を國営といたしますにつきまして、この競馬に関する歳入歳出のうち、勝馬投票券の発賣に関する歳入歳出は、その性質上一般会計で経理することは不適当と思われますので、ここに國営競馬特別会計を設置し、勝馬投票券の発賣に関する経理を明らかにいたそうとするものであります。  本案は、去る三日付託になつたものでありまして、政府より説明のあつた後、愼重審議いたしました。四日討論に入りましたところ、民主自由党を代表して塚田十一郎君は、競馬法に反対であるわが党として……


■ページ上部へ

第4回国会(1948/12/01〜1948/12/23)

第4回国会 衆議院本会議 第8号(1948/12/10、23期、民主党)

○梅林時雄君 私は、民主党を代表いたしまして、吉田首相の施政方針並びに泉山安本長官の経済演説に関しまして、二、三重要なる点につきまして御質疑を申し上げたいと思うものであります。  まず第一点といたしまして、首相の演説を伺いまして、議会政治の否認的な態度を認めざるを得なかつたのであります。そこで、首相の政治的信念をただしてみたいと思うのであります。われわれの印象を一言にして言わしめるならば、民主自由党内閣は國民を愚弄し、國会を侮辱したという一事であります。何ゆえならば、吉田首相の演説は、國会解散を唯一の方針としておるのみでありまして、民主自由党單独内閣としての個性ある政策は何一つ盛られていない施……

梅林時雄[衆]本会議発言(全期間)
|23期|

■ページ上部へ

委員会発言一覧(衆議院23期)

梅林時雄[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
|23期|
第1回国会(1947/05/20〜1947/12/09)

第1回国会 国土計画委員会 第34号(1947/12/08、23期、民主党)

○梅林時雄君 本請願の要旨は、大分縣佐伯市番匠川は、水源因尾地方に全國にも稀な大崩壊を生じ、下流部河口は軍用地設定のために塞がれ、佐伯市は年々大きな被害を受けつつあります。つきましては現在の改修工事を速やかに完成されたいというのであります。では何とぞよろしくお願いいたします。

第1回国会 財政及び金融委員会 第35号(1947/11/15、23期、民主党)

○梅林委員 金融機關再建整備法の一部を改正する法律案ほか二件は一應留保を願いまして、所得税法の一部を改正する等の法律案ほか三件を緊急上程せられんことを望みます。


■ページ上部へ

第2回国会(1947/12/10〜1948/07/05)

第2回国会 財政及び金融委員会 第2号(1948/01/28、23期、民主党)

○梅林委員 政府の方に資料をお願いしたいと思います。各方面から、復金の融資につきまして、できる業種ないしはできない業種といつたようなことを、いろいろ漏れ聞いておるのでございますが、それらの業種に対しまして、こういうものには融資しないのだというふうなことが明確になつておりまするならば、その資料をいただきたいと思います。

第2回国会 財政及び金融委員会 第5号(1948/01/31、23期、民主党)

○梅林委員 先ほどの懇談会につきましては、委員長から政府当局並びに復金に対しても、何分のお連絡を願いまして、資料とかいつたようなことについても、御配慮願いたいと思います。

第2回国会 財政及び金融委員会 第6号(1948/02/03、23期、民主党)

○梅林委員 私は民主党を代表いたしまして、本案に賛成するとともに、二、三希望を述べたいと思うのであります。先般の委員会において自由党の塚田委員より、いろいろと意見の御開陳がありまして、当時、われわれもごもつともであると存じたわけであります。なおまた今同僚島田委員より適切なる御意見の開陳があり、これまたわれわれもそのように思う次第であります。御案内のごとく、再建途上にあるわが國といたしまして、この金融機関の非民主的であるということについては、各方面で指摘されると同時に、特にこのたびの復金問題に関する限り、社会指彈の的となつておるというようなことが、すなわちわが國の金融機関に対するいろいろな理論が……

第2回国会 財政及び金融委員会 第7号(1948/02/05、23期、民主党)

○梅林委員 先ほどの島田委員の質問に関連して、私もお聽きしたいことがあるのでございますが、それは大藏大臣がおられませんので、次の機会に讓りたいと思います。そこで電力も不足しておる昨今の状況でございますが、製塩の場合、電力との関係等につきまして、大体の御説明を願いたいと思います。

第2回国会 財政及び金融委員会 第9号(1948/03/19、23期、民主党)【議会役職】

○梅林委員長代理 これより会議を開きます。  昨十八日本委員会に付託されました政府職員の俸給等に関する法律案及び政府職員の俸給等の支給に関する措置等に伴う大蔵省預金部外三特別会計に対する一般会計の繰入金に関する法律案を一括議題といたします。まず政府の説明を求めます。
【次の発言】 これより質疑に入ります。質疑の通告を受けましたので、その方から願いたいと思います。社会党の中崎君。
【次の発言】 質疑の通告を受けておりますから、質疑を許します。内藤君。
【次の発言】 お答え申し上げます。大上委員のおつしやる通りに、議題外のように思われましたが、もともと国家財政に関することであり、特にこの給與支給と……

第2回国会 財政及び金融委員会 第13号(1948/03/29、23期、民主党)【議会役職】

○梅林委員長代理 休憩前に引続きまして会議を開きます。  皆様に一應お諮りしたいことがあります。それは二十六日附に農林委員会に付託されました臨時物資調整法の一部を改正する法律案には、石油配給公團法、配炭公團法、肥料配給公團法、酒類配給公團法、飼料配給公團法、及び衣類配給公團法に関する事項が含まれておりますので、本委員会及び鉱工業委員会にも関係がありますので、農林委員会、鉱工業委員会と連合審査会を開きたいと思いますが御異議ございませんか。
【次の発言】 それでは異議ないと認めまして、さよう決定いたします。なおこの連合審査会につきましては、三委員会の委員長相談の上、その時日を決定する運びと相なるの……

第2回国会 財政及び金融委員会 第14号(1948/03/30、23期、民主党)

○梅林委員 ただいま同僚の河井委員からお話がございました点に関連いたしているのでありますが、多少その間附加えて私もお聽きしてみたいと思うのであります。先般來復金の小委員会においていろいろな調査に関し御回答をいただいておりますが、どうも、ただいま銀行局長の御回答においても、世間にいろいろな煩わしい問題がある。風説がある。そのために本省における調査あるは復金の調査というものがそれにとらわれているのじやないか、ですからそういうような問題に対して、このような調査もしているのだというための調査にすぎないというのが、この間の足立産業のあの調査のごときもその最も著しい例じやないかと思います。内容を調査の結果……

第2回国会 財政及び金融委員会 第18号(1948/04/06、23期、民主党)

○梅林委員 今の内藤さんの御質問に多少関連をもつておるのでありますが、政府の昨日來の御説明等から引合わして考えます場合、特にこの鉄道運賃などというものは、物價体系に重大な関係をもつております。そのような意味において、國会においてこれを承認するというその間に、相当なる時間を要するだろうと思います。その間、たとえば運賃を改訂するために、石炭の公價を発表せねばならぬといつたようなことがたくさん起つてくるだろう。それによつて生ずる――この経済状況がこういう危機に迫つておる場合に、はたしてその方面の遺憾な点を、どのようにして政府は処理されようとしておるのか、これは物價体系の面において重大な意義があるだろ……

第2回国会 財政及び金融委員会 第25号(1948/05/21、23期、民主党)【議会役職】

○梅林委員長代理 これより会議を開きます。  昨日に引続き質疑を継続いたしたいと思いますが、時間の都合もありますので、一旦休憩の上、午後一時から再開いたします。     午前十一時四十九分休憩

第2回国会 財政及び金融委員会 第26号(1948/05/22、23期、民主党)【議会役職】

○梅林委員長代理 會議を開きます。  前囘に引續き政府職員の新給與實施に關する法律案に對する質疑を續行いたしたいと存じます。
【次の発言】 中崎君の動議に對して御異議ありませんか。
【次の発言】 それでは御異議ないものといたしまして懇談會にはいることにいたします。

第2回国会 財政及び金融委員会 第29号(1948/05/27、23期、民主党)【議会役職】

○梅林委員長代理 會議を開きます。  昨二十六日付託されました、昭和二十三年の所得税の豫定申告書の提出及び納期の特例に關する法律の一部を改正する法律案を議題といたします。まず政府の説明を求めます。
【次の発言】 川合君の動議に御異議ございませんか。
【次の発言】 それではそのようにいたします。     午後二時二十五分休憩

第2回国会 財政及び金融委員会 第30号(1948/05/28、23期、民主党)

○梅林委員 前会までの委員会におきまして、大体における政府の本案に対する御意図については承つたのでありまするが、給與の水準は國民一般の現実の消費生活といつたようなことを基礎として、御考慮なさつておる二千九百二十円ベースであるということも、この前の法律案審議の場合における委員会において、これまた大藏大臣より承つたところであります。ところでこの二千九百二十円ベースはあくまでも暫定処置であるというお話でありましたが、今後の給與に関する基本的な考え方に対する政府の御所見を承りたいと思います。
【次の発言】 質疑も大体終了したようでありますが、討論を省略してただちに採決せられんことを希望いたします。

第2回国会 財政及び金融委員会 第31号(1948/06/01、23期、民主党)

○梅林委員 日程第七八の請願の要旨は、現在眼鏡レンズは非課税品として取扱われているが、これと不可分の関係にある眼鏡枠には、高率五割の物品税を課されている。視力障害者の多いわが國にあつては、医療器具に準ずべきものである。この際眼鏡枠に対する課税を取り止められたいという趣旨である。
【次の発言】 両請願の要旨は、現行の医師に対する課税法は総收入に基く認定課税であるが、社会保險医療及び公費医療收入は、きわめて僅少なるにもかかわらず、画一的同率をもつて課税されており、これがため設備の、補修充実ができず、貧弱なる施設で勤労大衆を診療している状態である。ついては、これが医療施設の内容充実及び大衆開放のため……

第2回国会 財政及び金融委員会 第33号(1948/06/04、23期、民主党)

○梅林委員 國務大臣の財政演説の関係もあり、すでに時間も切迫しております。よつて質疑は次の機会に讓られまして、本日はこれにて散会せられんことを希望いたします。

第2回国会 財政及び金融委員会 第34号(1948/06/07、23期、民主党)【議会役職】

○梅林委員長代理 委員長がちよつと差支えがありますので、私が代理いたします。  午前中に引続き会議を開きます。  すでに本会議も始まつたようでありますので、本日はこれにて散会し、明日午前十時より委員会を開会いたしたいと思いますが御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないようでありますから、これにて散会いたします。     午後一時三十七分散会

第2回国会 財政及び金融委員会 第35号(1948/06/08、23期、民主党)

○梅林委員 今石原委員からお申し出の件でありますが、それはこの問題を当初決定するときに、川合委員がわざわざその御交渉を願いまして、川合委員の報告によれば、ことさらに連合審査会を開くことはやらない。特に必要があればやるけれども、おのおの随時出席して、その審議に参画するというふうにわれわれは了承しておるのでありますが、さらにこの際それを再確認されまして、同法案の円滑なる運営に資したいと思います。

第2回国会 財政及び金融委員会 第38号(1948/06/12、23期、民主党)

○梅林委員 関連してお伺いしたいと思いますが先般「新生」を発賣いたしました当時、「新生」の発賣價格その他について、提案理由の説明を政府当局からいろいろ承つたのでありますが、当時四十円という定價にされたものが、後日二十円になつた。私はその二十円になつた当時、早速市内の適当なタバコ屋の二、三軒の門口に三十分、一時間ぐらい立つてその状況を見たのであります。ところが今まで全然賣れなかつた「新生」が飛ぶように賣れていた。それでタバコ屋の主人にどうだと言つて聞いたのでありますが、やはりよくしたもので値段が下がれば景氣がよくなるというか非常に氣持よくみな買つてくれますと言つておつたが、同じようなことを私は二……

第2回国会 財政及び金融委員会 第39号(1948/06/15、23期、民主党)

○梅林委員 今委員長の御宣告の通り、残余の法律案に関する御説明は次会に承ることといたしまして、この際未復員者給與法の一部を改正する法律案につき、討論を省略し、ただちに採決せられんことを希望いたします。

第2回国会 財政及び金融委員会 第41号(1948/06/17、23期、民主党)【議会役職】

○梅林委員長代理 これより会議を開きます。  減額社債に対する措置等に関する法律案、地方自治法第百五十六條第四項の規定に基き、財務局及び税務署の増設に関し基き、承認を求める件、軍事公債の利子支拂の特例に関する法律案、保險募集の取締に関する法律案、これを一括議題といたしまして、質疑を継続いたします。
【次の発言】 ほかに質疑はございませんか。
【次の発言】 お諮りいたします。川合君の動議に異議ありませんか。
【次の発言】 異議ないものと認めます。  それではこれより採決にはいります。右四案に賛成の諸君は御起立を願います。
【次の発言】 起立総員。よつて四案とも可決されました。

第2回国会 財政及び金融委員会 第42号(1948/06/18、23期、民主党)

○梅林委員 本案につきましてはすでに大体質疑も出盡したようでございますし、各党ともに原案に対する御意見もおまとめのようでございますので、討論を省略して、ただちに採決に入られんことを希望いたします。
【次の発言】 本日はこれをもつて散会せられんことを望みます。

第2回国会 財政及び金融委員会 第43号(1948/06/21、23期、民主党)【議会役職】

○梅林委員長代理 御異議ありませんか。――それでは明二十二日午前十時より質疑を続行することといたしまして、本日はこれをもつて散会いたします。     午後五時五分散会

第2回国会 財政及び金融委員会 第45号(1948/06/23、23期、民主党)

○梅林委員 先般理事会におきまして、本案の審議順序、その他方法については申し合わせたのでありまして、伺いますところによれば、大臣も午後はお越しができないというような御都合のように承つております。ところがわれわれといたしましては、先ほど同僚委員からのお話に関連いたしまして、たとえば一般物價であるとか賃金等に対しましても、われわれは基礎的な考えをまとめていきたい。その上で税法の審議にはいりたいと思うのでありますが、先般の理事会の意思に從いまして、午後大臣のお越しができないとするならば、各論を專務当局との間に交換いたしまして、一般論についてはあらためて明日から審議を続行せられんことを希望いたします。

第2回国会 財政及び金融委員会 第46号(1948/06/24、23期、民主党)【議会役職】

○梅林委員長代理 これより会議を開きます。  午前中に引続きまして質疑を続行いたします。
【次の発言】 中曽根さん、ありませんか。
【次の発言】 本会議の都合もありますので、本日はこれをもつて散会いたしたいと思いますが、御異議ありませんか。
【次の発言】 では本日はこれをもつて散会いたします。明日は午前十時から質疑を続行いたします。     午後五時十二分散会

第2回国会 財政及び金融委員会 第47号(1948/06/25、23期、民主党)

○梅林委員 討論を省略せられまして、ただちに採決に入られんことを希望いたします。

第2回国会 財政及び金融委員会 第48号(1948/06/26、23期、民主党)

○梅林委員 本件に関しましては、すでに各党ともに質疑を終了いたされたかのように思いますし、この際質疑を打切り、討論を省略されて、採決せられんことを希望いたします。
【次の発言】 右両案は質疑を打切り、討論を省略いたしまして、採決に入られんことを希望いたします。
【次の発言】 お諮りいたします。時間も大分すぎたようでありますからこの辺で休憩して、午後二時から質疑を継続いたしたいと思いますが、いかがですか。
【次の発言】 では休憩いたします。     午後十二時二十二分休憩

第2回国会 財政及び金融委員会 第50号(1948/06/29、23期、民主党)

○梅林委員 私はただいま政府から提案されておりまするところの軍事公債の利子支拂の特例に関する法律案に対しまして、民主党を代表して賛成の意を表するものであります。軍事公債の特殊性及び國家財政の現況に鑑みまして、同時に過般芦田内閣が成立の際、日本社会党、國民協同党並びにわが民主党の間におきまして協定いたされました、いわゆる三党政策協定の政治的道義に從つて、本年七月一日から向う一箇年間に限つて、支拂期日の到來する利子に限り、これを元本償還期まで支拂を延期するということを前提として、私は賛成の意を表するのであります。  本案に関しましては、すでに内閣成立後、軍事公債利子支拂処置懇談会というものが設けら……

第2回国会 財政及び金融委員会 第51号(1948/06/30、23期、民主党)【議会役職】

○梅林委員長代理 会議を開きます。去る二十六日本委員会に付託いたされました損害保險料率算出團体に関する法律案を議題とし、まず政府の説明を求めます。
【次の発言】 次に昨二十九日本委員会に付託されました、昭和二十三年六月以降の政府職員の俸給等に関する法律案を議題といたします。まず政府の説明を求めます。
【次の発言】 それでは今日まで本委員会に付託されております全法案について質疑を続行いたします。
【次の発言】 お諮りいたします。午前中はこれくらいといたしまして、午後二時より質疑を続行いたしたいと思いますが、御異議ありませんか。
【次の発言】 これにて休憩いたします。     午後零時二十二分休憩……

第2回国会 財政及び金融委員会 第52号(1948/07/01、23期、民主党)【議会役職】

○梅林委員長代理 会議を開きます。  去る二十八日並びに三十日本委員会に付託せられました簡易生命保險事業における戰爭危險に因る死亡に基く保險金の支拂による損失の補てんに関する法律案、物資の割当に関する手数料等の徴收に関する法律案、連合國占領軍の管理下から解除された貴金属等に代るべき貴金属の地金の連合國占領軍に対する引渡に関する法律案、金融機関再建整備法の一部を改正する法律案、割増金附貯蓄の取扱に関する法律案、右五案を一括議題といたします。まず政府の説明を求めます。
【次の発言】 昨日まで提案されました質疑続行中の各法案、並びにただいま説明のございました五法案について質疑を続行いたします。

第2回国会 財政及び金融委員会 第53号(1948/07/02、23期、民主党)

○梅林委員 本案は昨日すでに質疑は終了したのでありますが、討論を省略いたされまして、ただちに採決せられんことを希望いたします。
【次の発言】 去る二十九日行われましたところの與党三派交渉会談の結果、勤労國民の賃金、物價等の現状に鑑みまして、一般國民大衆の生活の可及的安定をはかる等のために、取引高税法案中次のごとく改正せられたのであります。三派を代表いたしまして、その改正の大要を述べたいと思うのであります。取引高税法案中次の箇所を修正する。  第二條第一項第三十五号を削り、同項第三十六号の「理容業」の下に「(理髪業を除く。)」を加え、同号を第三十五号とし、以下順次一号ずつ繰り上げる。  第七條第……

第2回国会 財政及び金融委員会 第54号(1948/07/03、23期、民主党)【議会役職】

○梅林委員長代理 会議を開きます。  去る七月二日本委員会に付託せられました外國貿易特別円資金特別会計法案につき、政府の説明を求めます。
【次の発言】 ただいま政府委員の説明のありましたものを含む本日までに本委員会に付託されました九法律案につきまして質疑を続行いたします。本日まで付託せられましたものは、復興金融金庫法の一部を改正する法律案、簡易生命保險事業における戰爭危險に因る死亡に基く保險金の支拂による損失の補てんに関する法律案、物資の割当に関する手数料等の徴收に関する法律案、昭和二十三年度六月以降の政府職員の俸給等に関する法律案、金融機関再建整備法の一部を改正する法律案、割増金附貯蓄の取扱……

第2回国会 財政及び金融委員会 第55号(1948/07/04、23期、民主党)【議会役職】

○梅林委員長代理 会議を開きます。  これより請願の審査に入ります。本日までに本委員会に付託せられました請願件数百四十六件のうち、紹介せられました請願件数は五十余件であります。本日は残余の請願につき紹介議員の方々から御紹介をお願いして、政府の意見を聽取した上で、紹介の終つた請願全部につき、採否を決定いたしたいと思います。まず紹介議員の方々の御紹介をお願いいたしたいと思います。  同時に日程を申し上げておきたいと思いますが、ただいま申し上げるものにつきましては、申し上げました百四十六件中、先に審査願いたいと存じます。一應その番号のみを申し上げます。番号、一六、二八、二九、三六――三六と七一は同じ……

第2回国会 財政及び金融委員会 第56号(1948/07/05、23期、民主党)【議会役職】

○梅林委員長代理 会議を開きます。  昨日來審議継続中の復興金融金庫法の一部を改正する法律案につき質疑を継続いたします。
【次の発言】 請願を審査されましたこの機会に、政府委員にお尋ねしたいのでありますが、國土計画委員会において六月二十五日採択、内閣に送付されております津久見港を開港場に指定の請願、番号は第一八四号でございますが、これについて政府委員にお尋ねしたいわけであります。と申しますのは、開港場でございますので関税関係もありまして、これらの面から大藏当局としてもこれを開港場に指定する可否の結論が出てくるわけでありますが、まず現在東九州に指定の開港場があるかどうかということについてお伺いい……

第2回国会 不当財産取引調査特別委員会 第43号(1948/07/28、23期、民主党)

○梅林委員 その出來高証明と未取下金でございますが、未取下金は当時まだまとまらない進行中のものもございますので、もちろん七千万円以上はあるわけでありますが、いわゆる書類に現わし得た金額だけでございます。


■ページ上部へ

第3回国会(1948/10/11〜1948/11/30)

第3回国会 大蔵委員会 第2号(1948/11/13、23期、民主党)

○梅林委員 ただいま大上君の提案に対しまして、民主党といたしましても、御趣旨については賛成の意を表するものでございまするけれども、およそ証券民主化の前提といたしまして、証券を今後いかにして優遇するか、あるいは今日の取引所の状況においては、とうていその目的も達せられないと思うのであります。かような意味におきまして取引所の再開と、証券の優遇というものは、少くとも本運動の前提であり、同時に條件であらねばならないと私は思うのであります。このような点につきましても可及的に運動を促進いたしまして、そうしてこの決議案の目的達成に邁進せられんことを特に希望いたしまして、賛成の意を表する次第であります。

第3回国会 大蔵委員会 第4号(1948/11/18、23期、民主党)

○梅林委員 本法案の審議に先だちましてお伺いしておきたいと思いますが、最近公社とかあるいは公團とかいうものがいろいろと出て参ります。公社につきましても諸外國にいろいろな実例はあるようでございますが、当局が本法案に公社という名称をお使いになつた理由、あるいは公團との区別、あるいはその公社の定義と申しますか、それらについて御説明願いたいと思います。

第3回国会 大蔵委員会 第5号(1948/11/20、23期、民主党)

○梅林委員 本委員会に提案中の食糧の輸入税を免除する法律の一部を改正する法律案につきましては、すでに皆さん質疑も終了したようでございますので、この際討論を省略して採決せられんことを希望いたします。

第3回国会 大蔵委員会 第12号(1948/11/29、23期、民主党)

○梅林委員 ただいま議題と相なつております貿易資金特別会計法の一部を改正する法律案に、民主党を代表いたしまして賛成の意を表すると同時に、この際一言政府に申し上げておきたいと思うのであります。  わが國の戰後経済の安定と再建が、外國貿易の振興に依存しなければならないことは、私が今申し上げるまでもないのであります。今こそ貿易立國の國是のもとに、祖國再建のために最善を盡さねばならぬ重大なときであります。このときにあたりまして、先般吉田内閣は、貿易振興の美名のもとに、貿易廳を内閣に移すやにわれわれは聞き及んだのでありますが、わが党は当時政府に対しまして、かかる措置は断固として排除すべきである。すなわち……


■ページ上部へ

第4回国会(1948/12/01〜1948/12/23)

第4回国会 大蔵委員会 第2号(1948/12/07、23期、民主党)

○梅林委員 紹介議員櫻内議員が不在でありますので、私は本人にかわりまして、全國質屋連絡協議会会長小坂浅郎次氏よりの請願について、その請願の趣旨を御説明申し上げたいと思います。  質屋の融資の対象は庶民大衆の階層であつて、融資の目的は大部分生活必需品の調弁資金であります。すなわち彼らはこれをもつて主食、副食、みそ、しようゆ、その他一連の日常生活の資料を購入するの資に充てるもので、ことに現在のごとく生活品の配給を受くる代金は、質屋より一時の融資を求めて、急場の間に合す場合も多いのであります。このような意味におきまして質屋の貸付は金と物との相違こそありますが、その本質は生活必需品の取引と同じものであ……

第4回国会 大蔵委員会 第8号(1948/12/13、23期、民主党)

○梅林委員 平田主税局長がお越しになつておりますので、幸いこの際御質問申し上げたいと思います。  前々の第二國会の終りに、國土計画委員会におきまして採択せられましたところの、津久見港を開港場に指定するの件につきまして、私は第二國会の末期におきまして、これが処置についてお願い申し上げたのであります。爾來第三國会の初頭には必ずこれは開港場に指定することが、いろいろな客観的な状況からしても必要である。同時にこれが指定については第三國会劈頭に國会に提出するつもりであるというふうな、当時御回答を承つたのであります。ところが第三國会におきましてお待ち申し上げておりましたけれども、何らのお話もなく、いかよう……

第4回国会 大蔵委員会 第10号(1948/12/18、23期、民主党)

○梅林委員 同僚の川合委員からお話のございましたように、わが党といたしましても、実は本日この砂糖消費税の問題について、党役員会に諮つたのでございますけれども、昨日來の問題がいまだ解決の緒についておりません。しかもわれわれは本日関係の委員が御出席なさることを、期待しておつたのでございますけれども、その御出席を見ぬということについては、まことに遺憾に存じておる次第でございます。つきましては本日これを審議いたしますにあたりまして、月曜日にはぜひともこれが解決に入れるよう、委員長より格段の御努力を願いまして、それを前提として私たちは本日の議事を進行させていただくということに、賛成いたしたいと思います。……


梅林時雄[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
|23期|

■ページ上部へ

各種会議発言一覧(衆議院23期)

梅林時雄[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
|23期|
第2回国会(1947/12/10〜1948/07/05)

第2回国会 国土計画委員会請願小委員会 第8号(1948/06/15、23期、民主党)

○梅林時雄君 大分縣日田市及び日田郡は風景にも産業にも交通にも、まことに勝れた條件を具備し、独特の風致を有する土地として、國立公園として最適の候補地である、ついては日田市及び日田郡内の景勝地をも阿蘇國立公園地域に編入されたいというのである。

第2回国会 財政及び金融委員会公聴会 第2号(1948/06/16、23期、民主党)【議会役職】

○梅林委員長代理 ほかに御質疑はございませんか。御質疑がないようでありますから、次は商工協同組合中央会稻川宮雄君にお願いいたします。



梅林時雄[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
|23期|

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

※このページのデータは国会会議録検索システム衆議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2022/02/23

梅林時雄[衆]在籍期 : |23期|
梅林時雄[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 23期在籍の他の議員はこちら→23期衆議院議員(五十音順) 23期衆議院議員(選挙区順) 23期衆議院統計



当サイト運営者の新刊のお知らせ
菅原琢『データ分析読解の技術』(中公新書ラクレ756)

【内容紹介】「データ分析ブーム」がもたらしたのは、怪しい“分析らしきもの”と、それに基づいた誤解や偏見……。本書では、「問題」「解説」を通して、データ分析の失敗例を紹介しながら、データを正しく読み解くための実践的な視点や方法、また、思考に役立つ基礎的な知識やコツを紹介していく。誤った分析をしないため、騙されないための、基本的・実践的な読解と思考の方法とは――。