神山茂夫 衆議院議員
24期国会発言一覧

神山茂夫[衆]在籍期 : |24期|
神山茂夫[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは神山茂夫衆議院議員の24期(1949/01/23〜)における国会発言(質問、答弁等)をまとめています。国会活動の統計や役職、質問主意書の数や内容は24期国会活動統計で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

本会議発言一覧(衆議院24期)

神山茂夫[衆]本会議発言(全期間)
|24期|
第5回国会(1949/02/11〜1949/05/31)

第5回国会 衆議院本会議 第4号(1949/03/25、24期、日本共産党)

○神山茂夫君 不正取引委員会の問題について品よく一言しておきたいのであります。(「ヒヤヒヤ」)それは今ヒヤヒヤと言われた石田君あたりが、どういうお考えで述べておられるかしりませんが、この不正取引委員会を、何とかしてこの世に姿を見せないで、これにかえるに考査委員会という化けものみたいなものを持つてこようという計画が行われておるのであります。  民主党の内閣がつぶれまして、吉田君が民自党の第二次内閣をつくられたときに、たくさん公約を並べられたのでありますが、その大きな公約の中に、一、財界、官界及び政界における綱紀の粛正ということがあつた。このごろ全日本人と全世界の人々が知つておりますように、民自党……

第5回国会 衆議院本会議 第33号(1949/05/19、24期、日本共産党)

○神山茂夫君 本案に対して、共産党を代表して簡単に反対意見を申し上げます。  ただいま運営委員長の報告がありましたが、本案の目的が、今の委員長の報告でははつきりしないのであります。と言いますのは、明らかに、設置の目的については、第一條に「國会と内閣との緊密な連絡を図り、もつて國政の円滑な運営を期するため、参政官の制度を設ける。」とあります。また提案の理由にも、明らかにそういうふうに言つてあります。しかし、提案者である高橋君が運営委員会に來て言いましたことは、今松井君も指摘されましたように、本案のねらいは官僚制度を打破するところにあるということを繰返して言われたのであります。これはまことにけつこ……


■ページ上部へ

第6回国会(1949/10/25〜1949/12/03)

第6回国会 衆議院本会議 第1号(1949/10/25、24期、日本共産党)

○神山茂夫君 共産党を代表しまして簡單に反対意見を述べます。  今回の改正案が不当であることは、すでに土井議員の質疑によつて明らかになつていると思います。増田官房長官及び大村運営委員長の答弁は、まつたく答弁としてなつていない。しかし、土井君の質問そのものの中に法律的な問題は盡されておると思いますから、私はあえて全体を述べることはしませんが、ごくかいつまんで要点――これだけを申し上げます。  国会法の附則第三項「第三十九條の改正規定中「各省次官」とあるのは、国家行政組織法が施行されるまでは、「政務次官」と読み替えるものする。」、この点については問題はないのでありますが、問題なのは、本年六月一日以……

第6回国会 衆議院本会議 第2号(1949/10/26、24期、日本共産党)

○神山茂夫君 共産党を代表しまして、考査特別委員会の設置に対して反対の討論をいたします。  三月二十九日に、本会で考査特別委員会の設置が決定されました。この決定を見る前に、本壇上に立つて、提案者である石田博英君はいろいろな詭弁を述べたのでありますが、そのときに問題になつた一つは、私たち共産党は社会党及び労農党と協力いたしまして、考査特別委員会の設置ではなくて不当財委の設置を提案したのであります。これが否決されまして、石田君の提案に基いて考査特別委員会が設置されたのでありまするが、考査委員会の設置そのものは、すでに民主自民党が絶対多数をとつて以来吉田君が先頭に立つて言つておりますところの、非日活……

第6回国会 衆議院本会議 第17号(1949/11/26、24期、日本共産党)

○神山茂夫君 共産党を代表しまして、ただいまの動議に対して反対の意思を表明するものであります。  外務委員会を三十五名にふやすということが、今日動議の形で出て来るまでには、いろいろのいきさつがあつたのであります。すでに諸君も御承知のように、全国民が関心をも持つておりますところの日本に対する講和の問題、この重要な問題につきましては、わが日本共産党は、單に外務委員会の拡充ではなくて、特別委員会の設置が必要であるということを、十一月七日、決議案の形で提出したのであります。これに対しましては、單に共産党だけではなくて、労働者農民党、社会革新党その他の賛成もあつたのでありますが、約二十日間にわたりまして……


■ページ上部へ

第7回国会(1949/12/04〜1950/05/02)

第7回国会 衆議院本会議 第1号(1949/12/04、24期、日本共産党)

○神山茂夫君 民自党の総裁であり、同時に内閣総理大臣である吉田茂君に対して、私は共産党を代表して若干の質問をせんとするものであります。ただ、私が聞かんとする大綱の点につきましては、すでに淺沼議員並びに北村議員からの質問がありまして、これに対して、まことにご親切な回答が副総理からあつたのでありますが、この点についての私の質問はあとでいたすといたしまして、この根本的な点につきましては私は繰返すことをいたしません。  私たちが、ここでむしろ問題にしたいのは、なぜ吉田総理がこういうふうな発言をせざるを得なかつたかという、まことに同情すべき点について、一言触れておきたいのであります。この点は、すでに北村……

第7回国会 衆議院本会議 第10号(1949/12/24、24期、日本共産党)

○神山茂夫君 ただいまの件につきまして、共産党は社会党及び民主野党派と同調するものであります。(拍手)その理由については、いまさらくどくどしく申し述べる必要もありません。  そもそも当初から、政府側は、自分でつくつた法律である公共企業体労働関係法を無視してその裁定の内容を一部実施するという形において国鉄五十万の労働者をだまそうとする意図を持つていたのであります。(拍手)従つて、われわれが当初から要求しましたところの、本院で取扱うべきものは予算的措置を伴う、この点占だけでありますということを強調したにもかかわらず、裁定書全体を出して来たり、あるいはこれを後になつて訂正したり、さらには、初めは何ら……

第7回国会 衆議院本会議 第15号(1950/01/28、24期、日本共産党)

○神山茂夫君 星島君のに対する質疑を聞いておりますと、吉田総理に質疑をなさつたのか、わが野坂君に対してなさつたのか、言いかえれば、野坂君を総理とお認めになつて質疑なさつたのか、まことに奇怪な発言があつたのであります。私は、星島君や野坂君でない吉田君に若干の質疑をしたいのであります。  星島君の講義を承りましたが、ああいう講義は、どこかの新制中学でこそふさわしく、国会には、まつたく笑うべきお話であります。いわんや、その中には事実に反した数々の発言があつて、たとえば全面講和の問題は、野党側、特に共産党から言い出したという意味の発言がありますけれども、しかし、諸君が冷静に、第六国会における総理の施政……

神山茂夫[衆]本会議発言(全期間)
|24期|

■ページ上部へ

委員会発言一覧(衆議院24期)

神山茂夫[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
|24期|
第5回国会(1949/02/11〜1949/05/31)

第5回国会 海外同胞引揚に関する特別委員会 第9号(1949/05/30、24期、日本共産党)

○神山茂夫君 私は共産党で引揚げ対策を担当しているものですから、この機会にただ一言だけしておきたいのです。数字の具体的な問題や、これからの施策については、すでに両議院がこまかな点までお話があつて、すでに明らかになつていますし、またこれからも明らかになつて行くからいいといたしまして、この四十万という数字と、それに対する十万足らずの二つの数字をめぐつて、大きな政治的な國際的な問題になつていると思うのです。ことにアメリカではシーボルト氏が四十万と言う。日本の國内では倭島君が四十万を裏づけるようなわけのわからぬことを言う。しかも國内の全國民はこの問題をめぐつて大きな政治的な動きをせざるを得ない状況に追……

第5回国会 議院運営委員会 第14号(1949/04/06、24期、日本共産党)

○神山茂夫君 今総長から報告のあつた二つの案に関しましては、考査特別委員会の方は、せつかく石田君からお話があつてできたのですから、早く委員をきめて、早く実際に活動するようにしてもらいたいと思います。共産党と労農党だけが出しておるということでは困ると思いますから、ここで絶対多数の威力を発揮して、一日も早くできるように、促進方を申し入れて置きます。第二の学術会議の会員の方を承認することでありますが、皆さん御承知でありましようが、今度の選挙は特例法によつて行われましたので、現に共産党では風早君、その他渡部義通君もそうですが、学術会議の会員になつているのを、われわれ辞退して立候補したような事情があるわ……

第5回国会 議院運営委員会 第19号(1949/04/14、24期、日本共産党)

○神山茂夫君 石田君の方でもう少しまとまつた案ができたら、さつそく見せてもらつて、私たちも虚心坦懐に討議したい。材料があつたら早めにお願いしたいと思います。
【次の発言】 僕の方は逓信だけれども、逓信は非常にうまくいつておる。これは倉石君の場合も同じだけれども、委員長の運びの仕方で何とでもなるのだから、できるだけ委員会を正式に成立させるように御協力を願いたい。
【次の発言】 さつき事務総長は前例を二つあげたのですが、この前例を認めるか認めないかということで、本國会が前のような帝國議会になるのか、それとも人民が主権者であるということをはつきり表わすことになるのか。この前の西尾君の場合は西にムソリ……

第5回国会 議院運営委員会 第20号(1949/04/16、24期、日本共産党)

○神山茂夫君 今までの経過を両方聞いていまして、國協党の方にもある程度まで言い分がありますが、民自党の方の事情も私たちとして考えなければならぬ点があると思う。從つてほかの党派も、こういうふうに問題が新しくなつて來れば、一應態度をきめなければならぬと思いますから、ここで一應休憩にしていただいて、一時あるいはもう少しあとででもあらためてやることにしてはどうですか。
【次の発言】 討論無用だという石田君の御意見でありますが一應言つておきたい。というのは、民自党の事情もいろいろあるでしようけれども、先ほどから私たちが調停的な立場に立つて御考慮願いたいと言つたが、その意図にも反して、結果がここまで來てし……

第5回国会 議院運営委員会 第25号(1949/04/26、24期、日本共産党)

○神山委員 私も土井君の意見に賛成です。
【次の発言】 すでに文部委員会で共産党側も賛成しております。今委員長の報告にもありましたように、他の國宝と関連して議会がもつと関心を拂わなければならぬと思いますので、今言われました程度の視察なら、満腔の賛意を表したいと思います。
【次の発言】 始めの二人の菅田さんと藤井さんの経歴はもとより私たちは特別に言うべきことはありませんけれども、第三の横大路さん、この方は経歴をざつと見ますと、出ることでありますが、特高課長をやつたことがあり、それから終戰直後に富山縣警察部長をやつておられます、場所がほかの所でしたら私は何も申し上げませんが、この人がもし労働関係に……

第5回国会 議院運営委員会 第26号(1949/04/27、24期、日本共産党)

○神山委員 その点淺沼君もそういうふうに言つたでしようけれども、実は昨日の運営委員会においても、私が申し述べたときに、当然政府の趣旨弁明があれば、これに対して各党から質疑をさしてもらうということが、多分同君の申入れの場合にも含めてあつたと思いますので、そういうふうに取扱つてもらいたいと思います。
【次の発言】 その理由を説明しろというお話で、私の方から説明していいのですけれども、これに当然土井君がおいでになつてあるいは土井君がおいでにならないとすれば松井君から言わるべきことでありますし、またそれがないとすれば、あとで私たちの方から趣旨を申し上げますれども、今の石田君の御意見は一應ごもつとものよ……

第5回国会 議院運営委員会 第27号(1949/04/28、24期、日本共産党)

○神山委員 石田君の今のお話に反対するわけではありませんが、きのうちようど労農党からどなたもお見えになつておられなかつたので、一言労農党の意見をお聞きになつたら……
【次の発言】 今事務総長にうまいことを言われたから、念を押すようなことになりましたが、石田君がさつきから出している問題については、前にも一應申合せをしたことがあるので、岡田君がそばから言つておるが、あなたはちようど欠席したときなんです。趣旨としてはこれはけつこうだから、わが党としてもその点申合せをしておりますから、できるだけ各自がそれに協力するということで円満にやつて行きたい。

第5回国会 議院運営委員会 第28号(1949/04/30、24期、日本共産党)

○神山委員 ぼくはこの前から、緊急質問を尊重するのは天災地変に限らず、為替レートの問題のときなどもそうで、緊急に起つた問題についてはできるだけ緊急質問をさせるという原則は確保してもらわないと、いつも多数で押し切られたという印象を、ぼくは受けないが世間が受けますから・・・・・。

第5回国会 議院運営委員会 第29号(1949/05/06、24期、日本共産党)

○神山委員 今の事務総長の意見はもつともでありまして、私たちとしても当然選挙法の改正と関連しまして、この問題を善処するということで了解しているのです。先ほど林君の言つたのも、大体そういう意味でないかと思いますから、ここのところは佐々木君の言われるように、われわれとしても一應あつさりこの問題を承認するようにしたいと思います。
【次の発言】 どうも私は物覺えが悪いせいか、今石田君が言うほどはつきりした形で、この定員法を分離したかどうかという点は、速記録を一ぺん調べてもらいたいと思う。
【次の発言】 これは記録を調べもらいたい。懇談会であつたために、記録が残つていないかもしれませんが、私の記憶では主……

第5回国会 議院運営委員会 第30号(1949/05/07、24期、日本共産党)

○神山委員 やらせなかつたというが、私どもとしても、きよう交換條件ということでなく、問題の緊急性にかんがみて両方やらしたらどうか。それほどきらう筋がないではないか。
【次の発言】 それでは一應分離して……。

第5回国会 議院運営委員会 第31号(1949/05/10、24期、日本共産党)

○神山委員 先ほど林君が言つたのは、見解の相違をはつきりしたいということです。私たちの解釈では、今淺沼君の言われたように憲法の條文と、地方自治法の第二百六十條の解釈に食い違いがある。從つてこれをやかましくいえば、九十五條によつて行うべしということを考えておる。
【次の発言】 石田君は今日はなかなか名答弁をされるので、言う必要はないのでありますが、私たちとしても全体としてこの二つの平和都市及び文化都市建設ということには、趣旨としては賛成であります。というのは、こういうことを言うと話が大きくなりますが、最近は一時治まつているように見えますが、ベルリン問題が解決されるまでは、世界的に戰争のうわさが非……

第5回国会 議院運営委員会 第32号(1949/05/12、24期、日本共産党)

○神山委員 今のことに追つかけて言うわけでもないが、一應関連があるようにも考えられますので……。それは商工委員会のきのうの議事のやり方が納得行かないので、その点をわれわれの委員から商工委員長に申入れをしております。それはすでに御承知でもありましようが、炭鉱の保安條例の問題に関連して論議中に麻生鉱業のことが出た。それが直接、きつかけになつたかどうか存じませんが、論議が沸騰した。これは仕方がないが、このために結局発言を押えるようなことになつて、委員長不信任を出さなければならぬことになつたことはわれわれとしても望ましくないが、こういうことを論議されて困るなら困ると初めから言われればいい。こういうこと……

第5回国会 議院運営委員会 第33号(1949/05/13、24期、日本共産党)

○神山委員 それは共産党にも一度相談してください。その上で賛成すべきものは賛成をする。そうすれば今の鈴木仙八君の提案の場合のように大いに賛成します。
【次の発言】 さつきから石田君は相当暴言を吐いておられるように思う。この問題について君があくまでむり押しをするなら残念ながらわれわれも大いに考えなければならぬ。ここで君たちが考え直して党に帰つて諮るというならお互いに胸襟を開いて語り合うにやぶさかではない。その態度で君が押すなら押せ。やるなら、やつて見たまえ。
【次の発言】 大分論議が盡されましたから、私はもう論議はいたしませんが、先ほど議長の淺沼君に対する回答は私は非常に不満だ。議長自身がこの問……

第5回国会 議院運営委員会 第34号(1949/05/14、24期、日本共産党)

○神山委員 いろいろ論議されましたけれども、今石田君が言われたこと、すなわち根本の精神はこれから出て來る六十六の法案をぜひ通したいというところにあるということがはつきりしたんで、私たちも話の仕方が非常に便利になつたのでありますが、その法案に対して賛否はどうかという問題は、石田君自身も認められている通り一應別個の問題でありますから、私もそのことには触れませんが、しかしこの法案を通そうという意思をあなた方が持つておられることは、あなた方の立場からの國政運営には非常に大事なことだと思う。しかしさらにもう一つ國会の権威を確立するということの方が一層大事だと思う。從つて今まで話の中に出ておりますように、……

第5回国会 議院運営委員会 第35号(1949/05/16、24期、日本共産党)

○神山委員 椎熊君の言動が行き過ぎだということは、公知の事実だと思います。この前の林君の懲罰動議に関連するあの席上の言動の中には、彼の動き方まで含めて、まことに不見識きわまるものがあつて、あれではかえつて國会の権威を傷つけるものではないかということを考えたわけでありますが、ことに話の内容の中に、議員全体を侮辱するということも間々ありますが、現在國会に三十五名の議席をもつて、あなた方と一緒に同僚議員として國政の審議にあたつている共産党に対しては、言うべからざる誹謗的言辞を弄している。石田君のごときはときどき脱線されるのでありますが、椎熊君は繰返し繰返し自分で意識的に宣傳している。その一つ一つにつ……

第5回国会 議院運営委員会 第36号(1949/05/17、24期、日本共産党)

○神山委員 今の石田君の発言で、大体結論の筋が出て来ていると思うのであります。これは昨日から私たちが申しておりますような線と大体一致している。ぜひ私たちも御協力したいと思うのでありますが、昨日も私たちが主張しましたように、こういう問題が起つて来るについては、第一に議場内全体の空気を何とかして改善する必要があるということが一つありますので、これも一應各党で御考慮願いたいと思うのでありますが、第二に一つ心配になりますことは、昨日も申し上げたことに関連しますけれども、最近どう懲罰々々ということが盛んに言われて、懲罰が一方的に道具に使われるような危険性もある。これはこまかなことは言いませんが、こういう……

第5回国会 議院運営委員会 第37号(1949/05/18、24期、日本共産党)

○神山委員 議事進行について申し上げまする今の林君のあとの第二の問題として出した点は、私たちとしては増田君にお聞きしたいと思つておつた。そこへちようど増田君が見えたから便宜上聞いておるわけですが、これは議題外だから増田君が今日のうちならあとでもう一ぺん來るか、それともあとへ残つて聞かしてくれるか。こちらとしては正規の手続きをしようと思つておつたんだから、それをきめてもらえばいい。
【次の発言】 それでは官房長官に、希望を申し上げます。あなたの方で正式に調べて次の機会に事実に基いて弁明を願いたい、これでいいです。

第5回国会 議院運営委員会 第38号(1949/05/19、24期、日本共産党)

○神山委員 私の申したいことはたくさんありますけれども、それはあとで本会議に譲りまして、大体浅沼君の述べられたことに賛成して、その意味心おいて反対したいと思います。
【次の発言】 それは反対だ。採決でやるならどうぞおやりください。われわれは絶対反対だ。

第5回国会 議院運営委員会 第39号(1949/05/20、24期、日本共産党)

○神山委員 椎態君に誤解があると思う。さつき椎熊君が中座されたときに、椎熊君の御意見もあるから、これについて私ども出先機関は代議士会にはかつて一本にして行こうということだつたのです。私どもとしては議院の全体の運営を公正に、しかもかつ秩序あるものにしたいということから党にはかつて、今林君が言つたような形にしたわけでありますから、その点御了解願いたいと思います。
【次の発言】 これは今事務総長の報告のように前のと若干部分的に違つている点もありますので、一應党議に諮りたいと思いますから、明日までお延ばしを願います。
【次の発言】 佐々木君もごらんになつたし、倉石君もごらんになつておりますが、きようの……

第5回国会 議院運営委員会 第40号(1949/05/21、24期、日本共産党)

○神山委員 大体土井君のおつしやつたことで盡されておりますけれども、私たちはもう少し検討したいと思いますから、石田君の意見もありますので、これは明日まで延期されんことを望みます。
【次の発言】 この問題は一見簡単のようですが、私たちの方で考えたい点は十三、十四の「郵政委員会」と「電気通信委員会」の問題ですが、これは実際上の問題として討論をしたいと思つておりましたが、きのう、おとといとああいうふうに忙しくなつたものですから、まだこの点の党の意見を持つて来ておりません。もう少し時間の余裕を與えてもらいたい。とにかくこれは延期してください。

第5回国会 議院運営委員会 第41号(1949/05/22、24期、日本共産党)

○神山委員 ただ四十四條の額を上げることは賛成です。前は罰金はなかつたのですか。
【次の発言】 私の方できれば一本で行くという見解を持つております。その点強く言つておきたいと思います。
【次の発言】 ぼくもこの間まで逓信委員をやつたが、その経験から言つて反対せざるを得ない。
【次の発言】 これは単なる留保でなく、継続審議です。
【次の発言】 私の方は昨日も反対意見を申し述べてあります。
【次の発言】 きのうは前に履歴書なんか見せてもらいたいという意見を述べて、受入れられてまことにありがとうございました。私たちもこの人たち個人個人に当つて聞いてみたわけでないが、ただここで一應この前の横大路君の問……

第5回国会 議院運営委員会 第42号(1949/05/23、24期、日本共産党)

○神山委員 これは増田君に言いたいんですが、この前に一週間の延長をしたとき、官房長官に日のことはもちろん限つたわけではありませんが、私たちは第一に会期がこういうふうに延びた責任を議会の方に傾げられる傾向がある、そうではなくてむしろ初めから法案の提出その他が遅れていたことがこの最大の原因、だということを指摘したい。私はそのときにここで遺憾の意を表する意思はないかと率直に言つたと思いますが、増田君が知らぬ顔をして行つてしまつた。きようはまた延期の問題が出ているが、今のお話を聞くと、常任委員長会議で二日間にきめられたことが、適当かどうかは別として、また遅れた責任を参議院に轉嫁している。この前にも参議……

第5回国会 議院運営委員会 第43号(1949/05/24、24期、日本共産党)

○神山委員 今の問題は緊急性を持つていると思う。それは設置法ができ、定員法ができると長期の結核患者は首になる。そのことのために非常に心配している結核患者がハンストをやらなければならぬ状況に追い込まれる。従つてこういう状況に追い込まれる。従つてこういう状況を考えないでおると、緊急の問題でないように思われるが、浦口君が提出される意味はここにある。瞬間も本人が言われているように七分ぐらでいいというのだから、ぜひ硫化鉄鉱山の問題と、主食の問題とに関連して、これも合せて三つを全部やるように願いたい。
【次の発言】 今の山本君が言う緊急性があるかないかは、別個にわれわれは特別に意思を表現しなければならない……

第5回国会 議院運営委員会 第49号(1949/07/04、24期、日本共産党)

○神山委員 この問題について一應共産党の立場をはつきりしておく必要があると思います。それは今幣原議長から一部私たちの意のあるところを述べられましたが、不正確であることと、それからこの問題に関連して、私が一回ならず議長及び事務総長と会つたときの話と部分的に違うところがあるのであります。まず共産党がこの問題に指名をする必要がないという回答をした第一の原因は、國会の正式代表として出されるのであれば、これはもちろん問題ではない。しかしその場合には当然運営委員会に正式にかけて本会議でこの問題が論議されて行わるべきである。これが第一に私が主張した点であります。  第二には党の代議士が多いか少いか理いう問題……

第5回国会 議院運営委員会 第50号(1949/08/04、24期、日本共産党)

○神山委員 この前法務委員会の委員派遣を決定する場合に、当時地方行政委員会からも平の調査申請が出ていた。これは民自党の諸君は考査委員会にかけたいような事件なので、私は各委員会共同の調査にしたらどうかと言つたところ、民自党の石田君もこれに共鳴された。それにもかかわらず、法務委員会と地方行政委員会が別々に行つている。公報を見ると、これは議長が承認したのでしようが、地方行政委委員会からは運営委員会の承認を経ないで大内君が行つている。こういう問題があつて、しかも考査委員会が取上げている。これにはわれわれ反対したが、絶対多数の民自党諸君によつて委員会にかけられることにきまつた、石野君から問題が出される前……

第5回国会 議院運営委員会 第52号(1949/10/17、24期、日本共産党)

○神山委員 私たち今まで言つたのは、前もつてこういうものを出してもらつて、十分審査する機会がほしいという意味で言つたのですが、きようの場合、今一応見ましたけれども、この次まで待たなくてもよいと思います。ただ、事務上これからもひとつこういう方針をとつていただきたいと思います。
【次の発言】 椎熊君の言うのもわかるけれども、原則はきめておかなければならぬのだから、記者諸君の申入れもあると思うが、一ぺんここでやつておかなければ困るのじやないか。
【次の発言】 いずれにせよ福利委員会で案をきめてもらつて、その案を運営委員会できめたらよいじやないか、

第5回国会 議院運営委員会 第53号(1949/10/19、24期、日本共産党)

○神山委員 今の問題ですが、今淺沼君、土井君が委員会の問題を出したのは、委員それ自身に対する問題でなくて、この国会法の一部を改正する法律が今出て来なければならなかつたということ、言いかえれば、今まで淺沼君が言つたように、法を無視してやつて来ておるという点を淺沼君はついておるのだと思う。これに関連しておる問題だから、委員の権限の問題、オブザーバーに対する見方は切り離すことはできないと思う。従つて、ぼくは増田君に助け舟を出したいと思うが、さつきから増田君は、探求だとか、精神だとか、公務員的だとか、オブザーバーに対するなかなかむずかしい答弁をしておるが、あらためて資料を出して、君たちも腹をちやんとき……

第5回国会 議院運営委員会 第54号(1949/10/21、24期、日本共産党)

○神山委員 この案については、第一に三十九条中の改正が問題なのであります。この点については、理論的な点及び実際的な点についての見解は前会の委員会で淺沼君が述べ、またきよう松井君も述べられておるので繰返しませんけれども、とにかく法律を改めることなしに、一方的に規定を自由につくりあげておいて、しかもこの前増田官房長官自身が言明しておるように、法の精神であるとか、探求であるとか、あるいは何々的という一方的な解釈によつてやる。その精神そのものにわれわれは反対せざるを得ないのであります。従つて、遺憾ながらこの点については賛成できないのであります。他の点、特に第七十八条中の改正の件については、前回の委員会……

第5回国会 議院運営委員会 第55号(1949/10/24、24期、日本共産党)

○神山委員 共産党の方は上の方から言いますと、内閣で一つ、外務で一つ、郵政で一つ、経済安定で一つ、決算で一つ、計五つです。
【次の発言】 こちらとしても今松井君、佐々木君の話のほかに意見もあるのであります。たとえば観光委員会の廃止には共産党としては賛成です。それから考査特別委員会ですが、これの運営が決議の趣旨に反して、最近一方的になつておるという事にかんがみて、これを従前の不当財委に改組するよう提案したい。しかし今佐々木君の言われたように、民自党としてはあらためてあしたやろうということであれば、あえてここで異論がない。あしたあらためてやつてよいと思います。

第5回国会 考査特別委員会 第1号(1949/04/08、24期、日本共産党)

○神山委員 私も議論する氣がないのだ。しかしこの空氣を見ていてもわかることは、非常に党派的だということなんだ。開会第一日からこれほど党派的な委員会が、超党派的と言つてもおかしいと思う。それで私は折衷案を提案するわけでも何でもないが、今あなたが言つたように一時休憩して、そうして指名の動議はすでに成立しているが、今あなたのあげた八人が問題になついるわけですから、その内容をかえて石田君その他の出ている小会派からも人を入れていいと思う。民自党の諸君は委員会そのもので過半数を持つているのだから、理事会でどんなことをきめたつて、ひつくり返したければひつくり返していいではないか。理事会は円満な運営を考慮する……

第5回国会 考査特別委員会 第2号(1949/04/20、24期、日本共産党)

○神山委員 ちよつとそれについては一應聞いておかなければならない。
【次の発言】 一年目の理事会のときにも、私たちの反対意見を委員会において述べることを留保しておるので、反対意見を述べたいのでありますが、その前に一、二聞いておきたいことがある。それというのは今の委員長の報告は、私たちが理事会であなたと相談して決定したことをお話になつたので、ことごとくわかります。ところがそこで一、二問題の起るのは、第一回の理事会でこの委員会の運営について大体どういうふうにするかということがきまつた翌日かあるいは翌々日ですか、殖田法務総裁はこの委員会によつて非日委員会的な活動をやらせるということを新聞記者に語つて……

第5回国会 考査特別委員会 第3号(1949/05/11、24期、日本共産党)

○神山委員 議事進行に関して……。
【次の発言】 日程に入る前になぜ私たちの発言をお許しにならないのか。その点議事の進行上聞いておきたい。
【次の発言】 私は前から理事会において意見を留保しておるじやないか。そのものをどうして許さないのか。
【次の発言】 議事に入る前に発言させてもらいたいということを、私は理事会において言つておるし、今もそれを言つておる。だから議事の進行方法について発言を私は求めておる。
【次の発言】 私がきよう日程に入る前になぜこのことを言いたいかといいますと、理事会においてすでに委員長に繰返してこの点の発言を留保してあると思います。というのは本日の日程であるところの浦和税……

第5回国会 考査特別委員会 第4号(1949/05/14、24期、日本共産党)

○神山委員 議事準行について――今杉田証人が、お述べになつておるのでありますが、これに対するわれわれのお聞きしたいことはあとで述べるとしまして、すでに四時五分になつております。残り三人の証人の方もおられるので、杉田証人に対する尋問はこのくらいにしまして、三人の方を先にやつて、そのあとでまた質問申し上げたいと思います。
【次の発言】 議事の進行についてですが、先ほどの証人もそうですが、この証人の方も非常にかたくなつておられる。どうぞかたくならないで、しかもありのままのことをはつきり言つてくださるようにお願いします。
【次の発言】 一つ二つ聞いておきたい。今証人のお話によりますと、昭和九年から本年……

第5回国会 考査特別委員会 第5号(1949/05/17、24期、日本共産党)

○神山委員 今の証人の宣誓に関連してですが、この前の証人諸君の態度を見ておりますと、どういうわけか、非常におどおどしておられる点があつたので、委員長自身が始末に困られた事実があつたと思いますが、われわれも非常に迷惑をした。今日は特に委員長から、もつとやわらかく、氣樂に陳述されてよいのだということをよく証人の方に得心させるように、その上で腹藏のない事実を述べてもらうようにおとりはからい願いたいと思います。
【次の発言】 その点証人は誤解されていると思うのですが、二十二年度のやつを二十三年になつて納めるのです。もつとわかりやすくすれば……。

第5回国会 考査特別委員会 第6号(1949/05/24、24期、日本共産党)

○神山委員 一つ、二つお尋ねしたい。浦和の税務署と警察署が中が惡いという噂がありますが、御存じですか。
【次の発言】 それから商工会議所のことですが、業者の証人の方々に今までずつと聞いたところを総合しますと、税務署と組合との間に商工会議所が入つておつたのじやないか、その点はどうですか。
【次の発言】 ついでに聞きますけれども、商工会議所におる方々が、世間の言葉で言うボス的な役割をしておるというような噂を聞きますが、どうですか。
【次の発言】 それで先ほどお尋ねしたところははつきりしたのでありますが、國家警察と自治体警察との間に食い違いがある。今度の税金の問題にこれははつきり認められますね。

第5回国会 考査特別委員会 第7号(1949/05/26、24期、日本共産党)

○神山委員 一つお尋ねしますけれども、あなたが九十八万円ですか、二十三年度の第一期分、それを申告なさつたら組合から更正決定が來て百万円になつたとおつしやいましたね。
【次の発言】 組合が更正決定したのですか。
【次の発言】 それでお答えがはつきりしておりますが、税務署から組合に割当が來る、それに應じて今後は組合があなたのところへ更正決定して來た、そういうわけですね。
【次の発言】 なおもう一つお聞きしたいのですが、今の北君の御質問ではつきりしたのでありますけれども、中野民主商工会というのは、あなたは一番初めは知らぬとおつしやいましたね。委員長の質問にはそういうものは今度の事件で知つたのでそれ以……

第5回国会 考査特別委員会 第8号(1949/05/28、24期、日本共産党)

○神山委員 今の問題に関連して、大藏大臣でなく、証人としてお聞きしたいのですけれども、努力目標であろうと、徴税目標であろうと、そういうふうな名前によつて実際押しつけられておるという事実をあなたは認めますか、認めませんか。
【次の発言】 その次に聞きます。この考査委員会に呼んだ証人のほとんどが、前回の証人として來た中野税務署の総務課長は、自分の口で割当と言い、あるいは目標と言う。しかしそれは上から押しつけたと言われましたが、それは事実に反しているかどうか。
【次の発言】 それではもう少し聞いておきたい。これも証人にお聞きするわけですが、先ほど北君が聞いたときにも出た問題ですが、國民所得と徴税総額……

第5回国会 考査特別委員会 第9号(1949/05/30、24期、日本共産党)

○神山委員 今あなたがおつしやらなければ私も默つていてもいいつもりでしたが、あなたは今事実があつたから書いたとおつしやつたが、数百名の者が喧嘩をきわめ、威嚇したということは、本委員会に呼ばれた証人が実地に目撃したとか、自分がそれに参加したとか、あるいは自分がその当面の責任者であつたという報告は一つもない。ここにあつたものはうわさとして聞いた、あるいは報告として聞いたということは明らかに話が出ておる。しかしそれさえも威嚇されたということは一部の神経の弱い人が自分で感じたのだろうというふうにちやんと現地証人は言つているわけであります。そういうような事実を今石田委員が指摘しましたように早まつて、あた……

第5回国会 考査特別委員会 第10号(1949/06/22、24期、日本共産党)

○神山委員 十五日に委員長がお帰りになつた日、すでに委員長は一部の新聞記者に向つて、ただにあなたが関心を持つているというだけではなくて、委員長としてこれを考査委員会に出すこともできるというふうな発言をなさつている。また十六日にはあなたは少しは調べているというふうなことも言われている。これは新聞記者諸君が知つておられることで、こういうことも言われている。これと今石田君の言われたどういう具体的な情報があるかということは、今ここであなたもおつしやるように申し上げないけれども、さつきの理事会におけるあなたの発言の中にも、すでに理事会にも諮らず、委員会の正式な決定がないことはもちろん、何らかの活動をした……

第5回国会 考査特別委員会 第11号(1949/06/25、24期、日本共産党)

○神山委員 本日の議事に入る前に一言しておきたいことがあるのであります。それは本件が扱われる場合に、ぜひ委員諸君はもちろん、委員長に聞いておいていただきたいのでありますが、考査特別委員会の理事会は、取扱う事件をできるだけ外部に発表しないというだけではなくて、お互いの間では嚴密に紳士協約に基いて、委員会にかけるまでは秘密を守つて來たはずであります。それにもかかわらず本件につきましては、種々新聞報道がされている事実があるのであります。ことにこの下甘田村の事件につきましては、もう皆さんも御承知のように、先日読賣新聞に内容の一部の非常にねじ曲げたものが出ているのであります。これを調べてみますと、この新……

第5回国会 考査特別委員会 第12号(1949/06/27、24期、日本共産党)

○神山委員 一言したいことかあるのであります。先日の東京朝日新聞を見ますと、こういう記事が出ております。題は「國電スト取上げ持越」という題でありまして、その中にこういうことが書いてある。「まず小川半次委員(民野)から國電スト問題を委員会で取上げることを提案、調査方針について論議されたが、石田委員(新政協)から「理事会ではまだこの問題を取上げることにきめていない、しかるに事務局ではすでに委員会の名前で調査を始めているがこれは越権である」との質問が出て鍛冶委員長はこれに対し「情報收集の事実はある」と答えたので、野党側理事は「委員会の超党派的性格に反する行動だ」として承知せず、結局決定は次回に持ち越……

第5回国会 考査特別委員会 第13号(1949/06/29、24期、日本共産党)

○神山委員 大森君の発言は発言としまして、それにもかかわらず私が本委員会において指摘したような疑惑が解けませんし、またどれほど大森君が言おうと、客観的に解けない事実だけは指摘しておきたい。それは第一に、この村において現在村長をやつておる人が民主党系であると言われるのは公知の事実であります。また縣会議員吉野某という人が、これも民主党議員であることも事実であります。こういうふうな事実があつて、問題が大きな二つの党派の間の闘いというふうに見えている限り、客観的に見てそういうふうに言われることは仕方がない。これはお互いの主観にかかわらずそう見えることは事実であります。しかもこれはこの委員会で私は前にも……

第5回国会 考査特別委員会 第14号(1949/06/30、24期、日本共産党)

○神山委員 あなたの今の商賣は何ですか。
【次の発言】 その前は何をやつていらつしやいましたか。
【次の発言】 その前は何ですか。
【次の発言】 兵隊にどのくらいいらつしやいました。
【次の発言】 特務曹長で……。
【次の発言】 それで今特殊セメント会社の重役ということになつていますが、しかし世間ではあなたがその会社の実権を持つているというふうに言つていますね。これはどうですか。
【次の発言】 そういうふうにおつしやるでしよう。それではお尋ねしますが、この間、橋向という人がピストルを打つていたので何とかなつたという事件がありますね。
【次の発言】 あれを世間では、あなたのむすこさんの持つていた……

第5回国会 考査特別委員会 第15号(1949/07/01、24期、日本共産党)

○神山委員 ほかの委員諸君が大分眞相を明らかにされたので、関連するところはできるだけ省いて、証人にお尋ねしますが、あなたの部落の戸数、それから人口、これをまず聞きたい。
【次の発言】 人口は……
【次の発言】 それではその次にお尋ねしたいのは、本年の春の選挙において、各党派がどれくらいの得票があつたか。もしあなたの部落でわからなければ、越路の町全体でもいいのですが、それを聞きたい。
【次の発言】 大体でいいです。
【次の発言】 共産党は。
【次の発言】 それからどうですか。部落はわかりませんか。
【次の発言】 大体こういう勢力関係ですね。民主党が町としては圧倒的に優勢で、その次は民自党、これは……

第5回国会 考査特別委員会 第16号(1949/07/04、24期、日本共産党)

○神山委員 本論に入る前に先ほどの委員長の発言の中に訂正してもらう必要があると思うのです。それというのは、この三つの件を委員会で論議するという場合に、これは特殊の取扱いであるということは確かに理事会で申合せましたが、これを條件としてというふうなはつきりしたものではなかつたと私は記憶するのであります。從つてその議事録についてはあとで委員長と、あるいは理事会を開いた上で訂正をされる必要があると思うのです。なぜならば、それでなくとも理事会においては多数派の諸君が、その意図がどうであるかは別としまして、どうも横暴の傾向が最近ますます多いのであります。こういうことを明文の上に残されますと、後日たいへんな……

第5回国会 考査特別委員会 第17号(1949/07/08、24期、日本共産党)

○神山委員 椎熊君が大分好ましからざる質問をされたのでありますが、二、三はつきりしておく点があるのでお尋ねしたいのです。先ほど椎熊君の御質問の中で証人がお答えになる場合に、中央委員会の権限と言いますか、決議機関としての地位についてこういうふうに言われたと私記憶しているのです。これがある場合に大会にかわるというふうにおつしやつているのですが、あなたの方の規約の第十六條によれば、明らかに大会は組合の最高の決議機関だと書いておる。これに対して中央委員会は大会に次ぐ決議機関だというふうに書いてあるのです。從つてここで権限の上で大きな差がある。これと併列的に、ある場合に大会にかわるという今証人の言われた……

第5回国会 考査特別委員会 第18号(1949/07/11、24期、日本共産党)

○神山委員 議事進行について一言したいと思います。この前の委員会のときの空氣を見ますと、全体に非常に遺憾な点があつたと思います。その第一には尋問が非常に重複して、同じ点が何度も何度も聞かれて、そのために必要以上に時間をとつたばかりではなくて、お互いの間の感情の対立まで含むような点があつたことは非常に遺憾なので、これは議進行上委員長が十分考慮してもらいたいと思います。さらに今度は長時間にわたつて証人を調べる場合に、一應確認されたことでありまするが、証人の基本的人権を無視したのではないかという疑いを起させるような点が二、三あつたと思います。この点は本委員会のためにも、將來十分愼重に考慮する必要があ……

第5回国会 考査特別委員会 第19号(1949/07/12、24期、日本共産党)

○神山委員 澤田君は名答弁をされておられるので、民自党の諸君の誘導尋問なんかにひつかからないと思つて敬意を表して、何も聞かないつもりでしたが、今の御発言があつたので一つだけ聞きますが、今あなたがおつしやつた点は、中央委員としての澤田君個人の見解ですか。
【次の発言】 そうすると、今加藤君がおられませんので、自主的に組合の指導的な地位におる副委員長の、鈴木君が、自分の置かれた地位を考慮しながらあの決定が、單なる決意の表明だと言つたのではなくして、組合の中央委員会の意思決定であつたのだという意味で意思表示だと言つたのだと思うが、あなたがおつしやつたようにゼスチユアだとかいうようなことは言つていない……

第5回国会 考査特別委員会 第20号(1949/07/15、24期、日本共産党)

○神山委員 提出されることそれ自体に異議ありということでなくして、すみやかに出せということについて、現在國鉄は御承知のように非常な紛爭中であつて、從つてあなた方ですぐ出せと言つても出せないと思う。その点を考慮して、できるだけ早く出せということでやればよろしいと思います。
【次の発言】 あらためてでなくて、必ず呼び出さなければならぬ。これが一番責任者だから……。
【次の発言】 議事進行について……。今のはもつともだと思う。この前國鉄中鬪の副委員長鈴木君の場合にも他の証人の場合にも今加瀬証人が言われると同じことを言われている。從つてこれは理事会で念を押して、証人にそういう誤解のないように文書その他……

第5回国会 考査特別委員会 第21号(1949/07/16、24期、日本共産党)

○神山委員 議事進行について‥‥。証言に入る前に、証言に関連がありますから、一言お尋ねしたいのですが、私はけさ尋問事項を受取つて、今ここに来て見たわけでありますが、李泰權証人に関する尋問事項は他の証人に関する尋問事項と非常に違つておる。第一に、証人の國籍、年齢、出生地及びもしあれば日本名を述べよということでありますが、これは国籍の関係もありますので、かりに本委員会でお尋ねになるのを私たちも讓るといたしましても、なぜこの証人に限つて、第二項に証人の履歴を簡單に述べよということがあるのか、今までどの証人にたつた一人でもこういうことを聞いたことがあるのか。なぜこの李泰權証人に関してはこういうことが必……

第5回国会 考査特別委員会 第22号(1949/07/19、24期、日本共産党)

○神山委員 委員長、議事進行について――駅長さんが参考資料を読まれるのはよいけれども、今見ていると、書いて來たものをそのまま読んでいるように見える。この点やはり事件の眞相を知るためには、委員長としても十分考慮する必要がある。すでに労働委員会でも陳述されていたことだから、ダブつたり、違うところもあるだろうが、その違うところが大事なんで、書いて來たものをそのまま読まれるのはどうかと思う。
【次の発言】 今のけがの話ですが、けがはお氣の毒なことですが、あなた胸の病氣はありませんか。
【次の発言】 けつこうです。その棒ですが、あなたはこの前衆議院の労働委員その他の諸君にお会いになつたときに、ただ棒だと……

第5回国会 考査特別委員会 第23号(1949/07/21、24期、日本共産党)

○神山委員 今の小玉委員の提案には絶対反対であります。本日の議事の進行は、昨日の理事会の申合せに從いまして、十一時から開始することになつていたのであります。私たちは自分たちの見解を十一時きつかりに委員長に報告して、即時開会のできるような準備を整えて來ておるのであります。ところがどういうわけか、多分民主自由党側の諸君が定足数に足りないために今まで遅れておる、從つてこの責任を負う者があるならば、それはまさに民主自由党の委員が負うべきである。それにもかかわらず、今開会を宣し、そして討論を始めようとするに当つて、早速討論の時間を五分間に制限するがごときは、委員の発言権に対する重大な制限で、絶対反対であ……

第5回国会 考査特別委員会 第24号(1949/07/22、24期、日本共産党)

○神山委員 民自党か。
【次の発言】 何だい。
【次の発言】 あなたは國鉄の人は大体賃金をよこせ、仕事はしないという線に沿つてるとおつしやつたですが、あなたにお聞きするが、ざつきたとえ話をしたね。あんたのお父さんかだれかが死ぬときに、もしこういうことを言つたらというたとえ話をしたでしよう。覚えてますね。ひとつ聞きますが、それは單なるたとえ話ですが、お父さんは魚屋さんをやつていたの。
【次の発言】 あなたはそれから何していたの。
【次の発言】 それは幾つのときですか。
【次の発言】 それから今度は大井町にいらしたのですか。
【次の発言】 それで二年間乘つていらつしやるわけですね。

第5回国会 考査特別委員会 第25号(1949/07/25、24期、日本共産党)

○神山委員 私は今日は全然質問しないつもりで聽濤君と打合せたのでありますが、吉武君、大橋君がわけのわからないことを言うし、猪俣君がちよつと妙なことを言うので、一、二質問せざるを得ないから残念ながら質問いたします。まず風早君にお尋ねしますが、あなたは先ほど午前中における野党連合の申合せのことを言われて、それと猪俣君の午後四時にわが党の徳田、林君に対する社会党側の代表者の申入れ、引延し作戦で行こうというのは、別々のことなんだが、あなたはあとの四時三十分というのはよく知つているのですか。
【次の発言】 あなたは運営委員会の報告に基いて、指導部の決定によつて動いたわけですか。

第5回国会 考査特別委員会 第26号(1949/07/27、24期、日本共産党)

○神山委員 第一に、私は非常に遺憾なのは、今日のこの委員会に至るまでの経過であります。ただいま問題になつているこの報告書そのものは、私たちは今から約三十分前に出された。私たちとしまして、この浦和及び中野における税務署の汚職事件は非常に重大であるので、これを調査することに満腔の賛意を表しました。また結論を早く提出されることを、理事会にも委員会にも、また委員長個人にも折衝したくらいでありまして、この報告が一日、も早く出るようにという念願においては、だれにも劣らないのであります。とにかくきよう出て來た。非常にけつこうでありますが、比較的厖大な、しかも問題そのものとしては非常に重要なものを含んでいる報……

第5回国会 考査特別委員会 第27号(1949/07/29、24期、日本共産党)

○神山委員 毎度のことですが、これからお尋ねする本田正治証人の場合は別といたしまして、矢吹証人の場合の尋問事項の二のイですが、暴徒の警察署占拠の模様、こういうような表現が使つてある。この点は本考査委員会が何らの結論を出さぬ前に、あたかも暴徒の事件のような印象を持つておるのではないか。從つてほかの表現を使われる必要があると思う。このことはいつも言うように、調査当局側あるいは委員長側が一方的な先入主を持つておるのではないかという疑いを抱かせますから、以後こういう表現については十分に注意されるように希望しておきます。
【次の発言】 署長さんちよつとお尋ねします。あなたは警察に二十年おられたそうですが……

第5回国会 考査特別委員会 第28号(1949/07/30、24期、日本共産党)

○神山委員 縣会を開くということは、いつごろおきめになつたりですか、三十日から一週間ということは……。
【次の発言】 今委員長の質問のところで大体明らかなんでありますが、平の事件が起るということは、もちろん予測していらつしやらないですね。
【次の発言】 また当日も、あなたのところに労働組合の諸君が要求なり懇請なりに來た場合には、御承知なかつたわけですね。
【次の発言】 平の事件は六月三十日に起るべきではなくて、すでに二十七日に解決していたのでありますが、そういうふうに一方的に破棄して來たために、三十日に偶発的に起つたのですが、これはあなたが御承知ないのは当然としまして、若松で、先ほどお話のあり……

第5回国会 考査特別委員会 第29号(1949/08/01、24期、日本共産党)

○神山委員 先ほどの証言の中で、共産党の細胞が命をかけて、警察と闘うというビラを貼つておることから見て云々という証言がありました。あなたはそれから共産党は当然暴力革命をやるという結論を引出されておるのですが、この細胞はどこの細胞ですか。
【次の発言】 あなたはたしかにおつしやいました。細胞が命をかけて警察と闘うというビラを出したところがあるとおつしやいましたが、それはどこの細胞ですか。
【次の発言】 それはいつですか。
【次の発言】 何時ごろですか。――時間はわかりませんか。
【次の発言】 次に猪狩和夫なる人のいるところで出したという、警察をつぶせというビラ、これは菅家君の言つたことであなたは……

第5回国会 考査特別委員会 第30号(1949/08/02、24期、日本共産党)

○神山委員 七月三日の日に、MPが数名の者を呼び寄せて、あなた方の立会のところで警察に集まつた人たちに対して二、三の條件を出したということをさつきから菅家君も盛んに言つておりますが、それは事実でしようか。そこでお尋ねしたいのは、そこに集まつた人々の名前、それは一部の者ですが、先ほどあなたがお述べになつた中には、共産党の地区委員長である佐久間君の名前は出ていなかつたのですが、あなたの記憶では佐久間君はいたのでしようか、いなかつたのでしようか。
【次の発言】 それからもう一つお尋ねしたいのは、そのときに全逓の代表で行つていた人は菊地君ですか。佐藤君ですか。

第5回国会 考査特別委員会 第31号(1949/08/04、24期、日本共産党)

○神山委員 読んでもらおう。
【次の発言】 簡單には行かない。先ほどからあなたのお話を聞いておりますと、共産党が上らなかつたということを相当強調されておりますし、それはある場合事実かもしれませんが、秋山坑の場合などでは目標出炭量を越えたようなことは実際にありませんか。
【次の発言】 たまにはあるということはお認めになりますね。
【次の発言】 先ほどのお話では全然なかつたように聞いたのですが……。
【次の発言】 先ほども問題になりました五千トンを五千二百トンに、発送五千百トンという成績を四月にもあげておるが、これはどうですか。
【次の発言】 從つて労働者諸君とすれば、そこにもつて來て実行委員会を……

第5回国会 考査特別委員会 第32号(1949/08/05、24期、日本共産党)

○神山委員 まずあなたの所の資本構成について一言お聞きしたいと思います。
【次の発言】 それじやまたあとで詳しく適当な機会に調べてもらうことにして、アームストロングとビッカースの資本が入つておることは御承知でしようか。
【次の発言】 今のお答えは、その点だけでいいわけです。戦前には約二十パーセントが入つていたわけであります。その次に製品のおもなものをお尋ねしたい。
【次の発言】 あなたの今の御説明でわかりますように、国鉄と非常に重要な関係のある車両が大体六十パーセント。その次に現在の製品の第二次的に重いものは、山に関係しているということですね。このあなたの場合、経営困難になつた直接的の大きな原……

第5回国会 考査特別委員会 第33号(1949/08/08、24期、日本共産党)

○神山委員 この問題については大体聽濤君の質問ではつきりしておるのでありますが、わざわざこういう質疑が出て來る根拠は、知事が先ほど証言の中で地方権力鬪爭だというふうに解釈すると言われたのが一つひつかかつていると思います。しかし今の尋問の中ではつきり明らかになつたことは、縣会がよく知つているとおつしやるが、よく知つているかもしれない。しかし縣会が開かれたのは十五日だ。先ほどおつしやつたように、廣島市会及び呉市会が開かれたのは二十一日ないし二十二日のことである。ここに時間的なへだたりがある。從つて廣島縣の縣会だけがほんとうに正しいということは今になれば言い切れないのではないか。さらに地方権力鬪爭と……

第5回国会 考査特別委員会 第34号(1949/08/10、24期、日本共産党)

○神山委員 議事進行について先日の委員会におきまして、若干お互いの間に紛争みたいなことが起つた点は、その立場、あるいはその覚書いかんを問わず、遺憾なことであつたと思うのであります。この問題について、昨日の理事会で申し上げました、私たちが鍛冶委員長に提出した覚書を一應読み上げて、さらにこれに対する委員長の回答を読み上げて、委員諸君の参考に供したいのであります。  われわれは、昨八日の委員会における紛争事件にかんがみ、考案委員会が、國会法、議院運営い委員会の決定を無視し、民主主義の原則を破壊し、さらに超党派的機関たるべき任務を蹂躪して、まつたく民自党の私的機関として運営されていると断ぜざるを得ない……

第5回国会 考査特別委員会 第35号(1949/09/12、24期、日本共産党)

○神山委員 今の報告についてですが、現地調査の結果を私たちが受けた報告と今の内藤委員の報告とは若干違う点がありますが、しかしこれは成文化されたあとのものを見てあとで意見を申し上げたいと思います。内藤君の報告は非常に主観的であつて、赤いボスが何だとか言われておりますが、これは事実そのものが立証するものでありますから、現地調査した小林君が今の報告を聞いておりませんから、これは別の機会に討論したいと思います。
【次の発言】 ただいまの報告を聞いておりますと、私たちのこの現地調査に参加した委員の報告と、部分的に違つておりますし、またこの報告そのものが各現地に派遣された委員の討議を経ていないということが……

第5回国会 考査特別委員会 第36号(1949/09/13、24期、日本共産党)

○神山委員 今の高木委員の質問の点をはつきりさせるために国務長官にお尋ねしますが、一九四七年九月十六日にマ元帥の片山総理あての書簡は、もちろん國警長官は御存じだと思います。これが基本的な精神になつて警察法が制定されておりますが、その中に今高木委員の質問された点に関連してこういうことが述べられている。「中央集権的に統制された國家警察網が再び形をかえて現出することを防止するために、國家地方警察と地方警察との間には何らの指揮命令関係を設くべきでない、しかし全般の能率向上のためおよび相互の援助、連絡並に調整を便ならしめるために、技術的な連絡関係はもちろん許さるべきである。」とありますが、高木委員の質問……

第5回国会 懲罰委員会 第3号(1949/04/20、24期、日本共産党)

○神山委員 ただいまの椎熊君の発言の中に、私たちとしてははつきりさしておきたい問題がありますが、その質疑を今お許しになりますか、あとでお許しになりますか。
【次の発言】 質問します。椎熊君の発言について椎熊君に質問したい。もしも何ならば椎熊君に釈明を求めたい。
【次の発言】 議事の進行について、あなたは後に発言させると言われたので、あなたの許可を得て私は立つておる。
【次の発言】 椎熊君と討論するつもりはありません。
【次の発言】 私は椎熊君と討論する必要はないと思う。もしも林君を退席させるというならば、椎熊君はどうなるか。これは委員として私は椎熊君の見解に反対する必要はない。ただここにはつき……

第5回国会 逓信委員会 第2号(1949/03/25、24期、日本共産党)

○神山委員 大臣がなかなか懇切丁寧な答弁をされたので、今の問題には別に触れる考えはありません。それから今日は打合会ということを聞いておりますからやかましいことは私は申しませんが、さつき松本君ですか、具体的のことを聞いたら大臣から相当手きびしい反撃を受けて、それで帰つてしまつたというわけではないでしようが、具体的なことというのは、一人一人の人間の名前までも出すことかというように直られたならば、たいがい氣の弱い議員は、質問する氣がなくなるのであります。私はそういう具体的なことを氣にしないで、ただ二、三お尋ねしておきたい点があるのであります。それは逓信大臣は、今度の会期中に世間でいろいろ傳えられてお……

第5回国会 逓信委員会 第4号(1949/04/05、24期、日本共産党)

○神山委員 いつも一言ずつ言うようでいやだけれども、今聞いていると質問したくなるので、質問します。まずお願いしたいことは、今の予算の概要、これではほんとうのことは、何にもわからないということです。だからすでに國政調査のこともきめてありますし、ちようど大臣も見えているので、この概要なり、あるいは特別会計のこういうものが出て來る根拠のこまかな数字を、ぜひ委員会に提出してわれわれに見せてもらいたい。これを大臣にお願いしておきたい。  その次に、今の次官の報告は文字通り概要なんで、今日ここで論爭するつもりも全然ありませんし、本格的に質問する氣もないのですが、今度の行政整理を行うという点について、この間……

第5回国会 逓信委員会 第6号(1949/04/22、24期、日本共産党)

○神山委員 どうも共産党のひとり舞台みたいになつて、ほかの委員諸君にまことに悪いわけですけれども、しかしほかの方から問題が出ておりませんから、二、三聞きたいと思います。まとまらない質問でありますから、そのつもりでお答え願いたいのでありますが、逓信Gメンというか、監察部といいますか、あの権限を強化するということ、及び人員を増加するということが、單に一般に傳えられておるばかりでなく、予算の面にも現われておりますが、これはどの程度やるつもりかということをまず聞きたい。
【次の発言】 今の質問に関連してもう少しお尋ねしたいのですが、今のは私の質問しない裏まで実は回答があつたということも、一方言えるわけ……

第5回国会 逓信委員会 第12号(1949/05/11、24期、日本共産党)

○神山茂夫君 簡單に要旨だけを申し述べます。と申しますのは、ただいま考査委員会が始まつておりまして、ぜひ行かなければなりませんので、ちよつと一口だけ申し上げたいと思います。  これは簡單に申し上げますと、今度各省設置法ができまして、これに関連して郵政省の機構が改まるのは当然でありますが、この中で一つ問題になるのは、通送業務に関するものなのであります。現在の通送業務の機構は、形式的には非常に完備しているように見えるかもしれませんが、内容そのものはまつたく非能率的にできている。從つて今私が請願書としてそちらに出しておるように改められるならば、能率が非常に上るばかりでなく――これは官僚機構の上層部の……


■ページ上部へ

第6回国会(1949/10/25〜1949/12/03)

第6回国会 議院運営委員会 第1号(1949/10/25、24期、日本共産党)

○神山委員 今佐々木君は、大体この前の運営委員できめたその気持ちはかわつていないというように言われる。これはそうかもしれない。しかしその後の運用を通じて、中野君の言われるように、各会派から発言権だけでなくして、決議権を持つた委員を出すということは正論じやないかと思う。従つてこの点を十分に考慮して、小会派にも議院運営に直接参与する制度をつくる必要があると思う。その数をどうするかという問題はあとで折衝する余地があると思うが、中野君が言われる点を十分尊重して、実際の機構の上に生かすような点を民自党でも考慮してもらいたい。
【次の発言】 それでは中野君その他小会派の意見、また私の言つておる意見も十分尊……

第6回国会 議院運営委員会 第2号(1949/10/26、24期、日本共産党)

○神山委員 異議なしの声が出ておりますが、大体委員長が今言われたそのことに全面的に反対するというのでありませんが、今の委員長の言葉の中にに、当然先ほど淺沼君から言われた石田君の耳に入れたという点と、さらに土井君が希望として言われた点を、私たちはもつとはつきりした形にしておきたいのであります。ただ五日の本会議を休むというようなことをわれわれが了解する場合に、單に耳に入れたという意味でなくて、土井君の言われた五つの法案は重要だから、この点を十分考慮してもらいたい。
【次の発言】 希望を入れてくれればよいのだ。
【次の発言】 その点淺沼君の言つておられる気持はよくわかるのですが、石田君の言つておるこ……

第6回国会 議院運営委員会 第4号(1949/10/31、24期、日本共産党)

○神山委員 大体、意見もで盡したのですが、私たちもさつき佐々木君、松井君、椎熊君の言われた意見と大体同じ見解を持つておる。これは非常に各地の利害関係もあるし、隣接府県の間にも利害の対立があるし、地元から全部呼んでも解決しない問題である。もつと高い立場から、ほんとうの意味の学識経験者を集中して、地元の利害関係を織り込んで判断するのが目的だと思いますから、できるだけ数を少くして、しかも公述人はできるだけ学識経験者にお願いして、他の人は参考人その他の形で意見を聞くということに折り合えば、予算の上の処置もうまく行きますから、その方針で処理いたしたらどうかと思います。

第6回国会 議院運営委員会 第5号(1949/11/01、24期、日本共産党)

○神山委員 今淺沼君の言われたことももつともですが、結論から先に言いますと、私たちの方では、きようの常原議長のいわゆる失態というように言われておるものを、あまり大きく取上げて、これ自体を追究して善処方を要望するというようなことは、必要がない。この結論を先に申し上げておきます。なぜそうかと言いますと、私たちの考え方として、河口君の考え方の根拠になつておるところの、現在国権の代表者は国会でもある。その点を考え違いをしておるために、こういう事態が起つたという立論には、もちろん私どもは双手をあげて賛成せざるを得ないのであります。長く言うことを避けますが、私たちは御承知のように、日本の真の民主化のために……

第6回国会 議院運営委員会 第6号(1949/11/07、24期、日本共産党)

○神山委員 今の官房長官のお話で、税制改革に関する法案が補正予算と一緒に出て来るということがわかつたのですが、補正予算はいつごろ出て来るか、この点官房長官に見通しを聞いておきたい。
【次の発言】 補正予算が十二日に出るというお話ですが、私どもの消息では十四日くらいじやないかという者がある。十二日けつこうであります。十日を目途として再々言明せられたけれども、これは相手のあることでありますから言てもしようがないことですが、ひとつ大蔵大臣を督促して、相手との交渉を早めて、できるだけ十二日ぐらいに上げるようにお願いしたい。法案の方も、先ほどの御説明では閉会の二、三日前には出さないようにすると言われてお……

第6回国会 議院運営委員会 第7号(1949/11/10、24期、日本共産党)

○神山委員 石田君のお話にもありましたように、もともと議院運営の委員をふやすというのは、あらゆる党派の代表者を入れるということにあつたので、石田君は潜在的の目的であつたと言われたが、そこに大きな一つの政治的含みがあつたわけです。それで佐竹君の今の申出をお互い十分考慮した上で、いろいろ意見もありましようが、さしあたり折衝して善処していただくことにしてはどうかな。
【次の発言】 委員党派別の関係はどうなつておりますか。
【次の発言】 そうだろう。林君はどこです。
【次の発言】 淡路島の漁業の問題については、現地では非常な対立が起つて暴力的な製撃事件まで起つておるという実情だと思う。一方世間の一部で……

第6回国会 議院運営委員会 第8号(1949/11/11、24期、日本共産党)

○神山委員 ちよつとお聞きしたいのですが、これは椎熊君でも松井君でもけつこうです。あなた方の御意見のように、外務委員会ということになつてしまうと、その外務委員会の顔ぶれをどの程度までふやして、しかも松井君の発言の中には、その中に小委員会をつくるという御意見もありましたが、小委員会にしますと、自然今までの慣例によれば、小会派が入らなくなります。今度の場合はその点は救済すると言つておりますけれども、超党派的に御考慮になるか。そういう点をお答え願えればお答え願いたい。私たちとしては初めから申し上げておりますように、あえて固持して、どうしても特別委員会でなければならないということはない。もちろん文句は……

第6回国会 議院運営委員会 第9号(1949/11/12、24期、日本共産党)

○神山委員 石田君にちよつと私の言い分を聞いてもらいたい。今石田君の意見もありましたが、私たちとしては当然首相としての吉田君に聞きたいことがあるので、出席をお願いしたのであります。今の石川君のお話を聞いておりますと、あらかじめ共産党の言うりは多分参議院における失言問題であろう。従つて参議院のことは衆議院には関係がないのだということを、前に顧慮せられておるような感じを受けるのでありますが、私たちとしては吉田君の失言取消しの問題は、單に参議院に起つた問題ではなくして――もちろん起つたのは参議院でありますが、彼の最近の院内外の言動、その発現が参議院における失言問題になつておると思う。この間外務委員会……

第6回国会 議院運営委員会 第10号(1949/11/14、24期、日本共産党)

○神山委員 今の問題に関連してお尋ねしますが、税制改革に関する法案提出の見通しについておわかりでしたらお聞きしたい。
【次の発言】 この前の運営委員会に、私が首相の出席を求めたのですが、これも都合ができなかつた。その際私は、官房長官にできれば若干説明していただくことによつて、問題を解消したいと思つた。それというのは、参議院における首相のいわゆる取消し問題といいますか、失言問題というか、この問題について、私は政府側がもつと進んで釈明され、あるいは別の形式でその意のあるところを発表されることが、国民及び諸外国を納得させる上に必要じやないかと思つた。それでこの前の運営委員会で、増田君が政府を代表し、……

第6回国会 議院運営委員会 第11号(1949/11/16、24期、日本共産党)

○神山委員 一般的な点については、ただいま土井君が述べられた点で大体明かになつたのでありますが、私の方では特に総理大臣の出席を要求しておるわけであります。それと言いますのは、すでに御承知のように先日の施政演説の場合に、総理はいろいろな質問に対して補正予算が出てからということを繰返し言われておる。そういう点でわが党の質問者の風早君が、総理出席を求めておるわけであります。従つて社会党の場合よりも、一層強く私たちは総理の出席を要求しますが、その根本的な精神は同じです。繰返すことをしませんが、最近の総理の言動は、明らかに国会を無視しておるというのが言いすぎだとすれば、少くとも軽視しておるということはよ……

第6回国会 議院運営委員会 第12号(1949/11/17、24期、日本共産党)

○神山委員 先ほど事務総長を通じて総理の出席を求めておいだのですが、昨日の本会議の紛糾の責任の一端は、やはり総理の動きにあると思います。きようの時事新報の報道によりますと、これはI・N・Sの電報に載つておるのでありますが、総理は昨日二時から三時にわたつて、アメリカの一土木建築業者と外相官邸において会つておる。昨日ここで私たちが事情が了解できればということで、官房長官その他に釈明を求めました場合に、渉外関係の非常に機微に関する問題のように言われましたが、一土木業者と会うのに、国会の重要な職務をおろそかにしてしまうということが、昨日の問題を起す根拠だつたと思います。しかも昨日の参議院の本会議におい……

第6回国会 議院運営委員会 第13号(1949/11/19、24期、日本共産党)

○神山委員 議事進行について緊急質問の問題を初めからやるともめるので、ある程度、お互いの話合いで折合える決議案の方から協議したい。
【次の発言】 ここで共産党の立場を申し上げ、かつ決議案に対する各党の態度も申し上げておきたいのであります。たとえば六・三制の事情は、初めから申し上げておるように、これは前国会で各党が同調され、また委員会提案で全会一致決定されておる議案でもありますし、過去においても委員会では、大体趣旨そのものには賛成で、ただ問題の提出の時期その他は、運営委員会一任という意向にまとまつておる問題でありますし、わが党としては、初めからこういう全国民的問題については、党紙を越えて共同提案……

第6回国会 議院運営委員会 第14号(1949/11/21、24期、日本共産党)

○神山委員 石田君の言うことの中には少しむりがあると思う。大体会期をここまで押しつまつて来て延ばさなければならなくなつた理由中には、予算案提出が遅れたということもある。そのときわれわれは増田官房長官に対していろいろなことでただしておるわけです。従つてさようにそのことをどうこう言うわけでありませんが、今あなたの言うように責任論を言うのではない。しかし責任論に問題がないというのは詭弁だ。現にこの前言明された四十何件の法律案もまだ出て来ない。その点も聞かなければならぬから、われわれは官房長官の出席を要求いたしたい。
【次の発言】 参考までにまとまりぐあいを申し上げておいた方がいいと思います。

第6回国会 議院運営委員会 第15号(1949/11/22、24期、日本共産党)

○神山委員 これは場内交渉でよいだろう。
【次の発言】 もしどうしても弔詞を贈呈されるということを、われわれの意思に反してやられるというならば、反対の何たるかを表明いたします。一部に笑われる方がありますから、誤解のないように申し上げておきたいのでありますが、昨日この点については幣原議長からもわれわれに言葉があります。また提案者である大橋君からもいろいろ折衡もありました。私の方としては昨日私がここで反対の意思表示をいたしましたが、あらためて努力をするつもりで党に持ち帰つたのですが、その結果、かえつて反対気勢が強くなつた。昨日私が反対討論をした理由は、要点を申し上げますると、第一に彼が日本の民主化……

第6回国会 議院運営委員会 第16号(1949/11/24、24期、日本共産党)

○神山委員 これはあとで相談してもよいと思いますが、私たちとしては、法案の急速な議決が必要であるということは異論ありません。ただこの前の運営委員会で土橋君が申し上げたような点が気になりますのでできればこの点を討論の場合にはつきりして賛成いたしたいと思つております。
【次の発言】 今石田君の御意見もあるので、ここでりくつを言つて時間をとつてもしようがありませんから、これは保留していただきたいと思います。
【次の発言】 これは各党の了承も得ましたように、わが党では講和特別委員会を固執するものではない、われわれのねらつているところに、講和の問題が全国民の間で議論され、また考えられておるのを、十分に反……

第6回国会 議院運営委員会 第17号(1949/11/25、24期、日本共産党)

○神山委員 私の方は反対討論します。
【次の発言】 この問題については、石田君は誤解をしておる。保留するというのは、緊急質問を私どもが引込めるとか、引込めないとかいう意味で保留するのじやなくて、きのう一時に本会議を開きたい、これは與党諸君の御要望もあつたので、きのうは論議することを保留するというわけで保留したのであります。これは小さな誤解ですからどうでもよいが、私たちとしては、石田君が言われましたように、委員会で一部論議されておるということは私たち承知しておる。しかし問題のほんとうの重要性をあらためて確認しておく必要がたくさんあるわけです。と言うのは日英協定だけでなくして、日独協定その他とも関……

第6回国会 議院運営委員会 第18号(1949/11/26、24期、日本共産党)

○神山委員 さつきちよつと委員長と話をしたのですが、税制改革の問題が残るといけないからというお話で、もし予算がきよう通つてしまえば、あした休んでも大体思うように行くと思います。むりにあしたやらなくとも、そのへんを見て、いまのところ保留にしていただきたい。ぼくらの希望としてはなるべくあしたは休みたい。
【次の発言】 今の問題ですが、これは今石田君も認めておられるように、この申合せについては共産党は反対した。だからと言つてきようも反対しようというわけではない。きようのところは一応申合せは温存するという事実を認めて、その上で石野君の発言も認めて、そうしてこれがいいとか惡いとかいう問題は、今佐竹君の御……

第6回国会 議院運営委員会 第19号(1949/11/27、24期、日本共産党)

○神山委員 私たちも先ほどから田中君が述べられました意見、それから最後に留保された点について大体同一の意見を持つております。

第6回国会 議院運営委員会 第20号(1949/11/28、24期、日本共産党)

○神山委員 私の方ではできるだけ北君の希望を生かすために、各派のご了解を得れば、食糧法の問題が委員会を上るまで、委員の一名を北対にお譲りしてもよろしいと思う。この点、できれば各派でも御協力願つて、一応北君に発言の機会を与えるようにお願いしたい。
【次の発言】 東北振興の方ですが、これは私たちの方で修正案を小笠原君に申入れをしておるのです。第五項を削つていただけば協同提案に賛成である。それでな仕れば修正案を出したいと手続きですが、これはどうなつております。
【次の発言】 できれば私の方で共同提案にしたい。提案者り御了解あれば延ばしていい。それからワクチンの方ですが、再々これ民自党にお願いをして、……

第6回国会 議院運営委員会 第21号(1949/11/29、24期、日本共産党)

○神山委員 今の問題につきましては、議長が特に職権で削除されるということなら、これはおのずから別問題でありますが、しかし議長席で水産委員長の報告を聞いておられて、あの場合の空気は決してやかましい、喧騒にわたつておるというふうな空気でもなかつたと思うのであります。それで、その直後に今おつしやつたようなことで釈明をなさるならわれわれも了解するにやぶさかでありませんが、今日になつてあなたからそういう釈明があつたからといつて、われわれは了解することができない。従つてこの問題については、議長として独自のお立場をおとりになると同時に、われわれとしてもわれわれの意見を保留したいと思いますから御了解願いたいと……

第6回国会 議院運営委員会 第22号(1949/11/30、24期、日本共産党)

○神山委員 ちよつと事務総長にもう一ぺん確かめておきたいのですが、参議院へは政府から会期延長を申し込んだのですか。
【次の発言】 それは官房長官の方から、こちらの議長の方に申入れがあつたのですか。
【次の発言】 いつの何時ですか。
【次の発言】 私の方から総理の出席を要求しておるのですが、これはどうなりましたか。
【次の発言】 官房長官では総理のかわりにはならないからこそ、今まで何度も総理を呼んでおるのです。それをきようになつて、また官房長官が出て来るということは無意味です。ことに官房長官に聞きたいという要求が社会党からありましたし、私の方でも事務的なことは官房長官に聞いてもよい。しかし私ども……

第6回国会 議院運営委員会 第25号(1949/12/03、24期、日本共産党)

○神山委員 第七回国会に関する協議事項に入る前に、ものの順序というものがあると思う。まずきようの議事日程について協議を進められたい。
【次の発言】 先ほど石田君の申入れがあつたので、各党各派で相談した上で運営委員会に入つて来たのでありますが、その前に一言聞いておきたい。  石田君がおられないから倉石君に聞いておきますが、先ほどの石田君の申出は、こういうことであつた。今廣川幹事長自身が自動車で総理大臣を呼びに行く。従つてその間時間も短かくて済むことだし、各党の委員諸君も了解されたことだから請願だけでもやつてくれないかという相談であつた。しかし私どもの党においては、きようの議事をこうまで延ばした当……

第6回国会 考査特別委員会 第2号(1949/10/27、24期、日本共産党)

○神山委員 どういうわけで直したのか。
【次の発言】 天下のために出した方がいい。
【次の発言】 これは、いかなる理由によつて、だれが提案したのですか。
【次の発言】 今赤松君が出された問題は非常に重要でありまして委員長はこれを詭弁でのがれようとしている。今まで委員会における報告書を論議する前には、他の委員諸君、ことにそこにおられる小玉委員にしても高木委員にしても大橋委員にしても吉武委員にしても、よく知つているわけでありますが、たとえば中野及び浦和税務署事件のことにしましても、あの報告は理事会で十分練つた上で一応発表している。この内容そのものについての意見の違いもあり、本委員会でも論議されまし……

第6回国会 考査特別委員会 第10号(1949/11/30、24期、日本共産党)

○神山委員 本会議が始まつておりますし、その上この問題については各党の間に意見の違いもないことでありますし、さらに極端な表現を使えば、いまさら本委員会を開くことがかつこうが惡いくらいの問題であります。かてて加えてきようお呼びした三人の方は、いつもの証人とは違つて、参考人として御意見を伺うのでありますから、私としてはすでに他の委員から聞かれました以外の点について、ごくかいつまんで二、三お尋ねしてみたいと思うのです。その第一点は、非常にいい質問を今小林君がしたので、さらに続けて日常の態度に関連するのでありますが、太平洋戰争中に湯川博士はどういう態度でおられたか。ことにあの戰争との関係において、どう……


■ページ上部へ

第7回国会(1949/12/04〜1950/05/02)

第7回国会 議院運営委員会 第1号(1949/12/04、24期、日本共産党)

○神山委員 私たちとしては、この点について前々から意見を述べているので大体おわかりと思いますが、今述べられた社会党の失業対策を含む広汎なる社会保障全般についての特別委員会の設置については、満腔の賛意をまず表しておきたいと思うのであります。同時に私たちとしては、第六国会では一応否決されましたが、講和問題の特別委員会がやはり必要であるということを強調し、また別の決議の形で御相談願いたいと考えております。それから今まであつた各特別委員会についてですが、選挙法の改正に関する特別委員会は、各派が今まで通り置こうというお考えであれば同調したいと思います。海外同胞引揚、災害についても、一層積極的な活動が必要……

第7回国会 議院運営委員会 第2号(1949/12/13、24期、日本共産党)

○神山委員 事務総長を相手にして法律論争をする気もないし、また私どももここでこまかな法律論争をする考えもないが、国鉄六十万の従業員諸君は、この裁定案に対して文字通り命がけで、一日も早く何とかしてもらいたいと見ておる。だから国会自体はどういうふうにこれを処理するということを決定しなければならぬ。従つて事務総長の取扱いに対して、とやかく言うわけでありませんが、申入れをした場合には今申しましたように、裁定と協定が初めにも、しまいにも話があつた。これは事実であります。事務当局とわれわれの話に意見の相違があつた。私どもは事務総長がその時から述べておつた言葉も承知しておる。しかしながら私どもが昨日申入れを……

第7回国会 議院運営委員会 第3号(1949/12/16、24期、日本共産党)

○神山委員 石田君の今の説明は承りましたけれども、十三日に私どもが申合せをいたしましたときには、十六日になつたら大体何とかかつこうをつけて出す。但しその場合十六日というのは、十五日の二十四時が終つたらすぐ十六日だから、その場合時間が二時間、三時間遅れてもしかたがない、そのことは了解すると言つたのですが、今すでに十三時二十何分になつておるわけでありまして、あのときの申合せと情勢が違つておるということを明白にしておきたいと思います。御努力は認めますが、遺憾ながらその努力は実を結んでいない。従つてそのとき申合せた事項につきましても、当然効力を失うものであるということを、まず冒頭に申し上げておきたいと……

第7回国会 議院運営委員会 第4号(1949/12/17、24期、日本共産党)

○神山委員 ただいままでの石田君の発言を聞いておりますと、石田君以外の方が言つておるのでないかと思うのであります。日ごろ各政党間の申合せとか、信義ということを、最も強調されるのは石田博英君まさにその人であるのであります。従つて石田君が言つておられるのは、石田君の本心でないし、日ごろの心情に反するので、きようは四人の緊急質問を先にする。これは昨日お互い了解のことでありますので、これをやつてから決議案にかかられるのがよろしい。そうしてこれは採決してやるべきことではない。信義の問題として当然だろうと思う。ぜひ石田君の意見を撤回されるように願います。

第7回国会 議院運営委員会 第5号(1949/12/19、24期、日本共産党)

○神山委員 先ほど開かれました運営委員会におきまして、何ら話合い、懇談をすることなく、委員長が開会を宣するやいなや、休憩を宣されたのでありますが、その理由を承りたい。
【次の発言】 しからばその休憩をした方がよかろうと言われるその事情及びだれとだれがそういう雑談をしたのか聞きたいと思います。運営委員会の運営がはなはだ不明朗だから言わざるを得ない。
【次の発言】 さらにその事情を承わりたい。
【次の発言】 委員長はたしかに民自党出身でいらつしやることは事実であります。委員会の運営にあたつても、單に民自党だけの都合で運営されるのではなくして、当然委員長の権限に基いて、またその責任において委員会を運……

第7回国会 議院運営委員会 第6号(1949/12/20、24期、日本共産党)

○神山委員 石田一松君が今言われましたことに該当する人があるとか、ないとかいうことは、一応別問題として、委員派遣については私ども終始考慮しなければならぬ問題で、帰り道か、いなかという問題以外に、選挙運動に関連するということも考慮しなければならぬ。この点は前からお互いにずつと申合せになつているのだから、そういう意味で石田君は言つておられると思います。しかしそういうことを一々言い出すときりがありませんから、十名の員数を五、六人に減らすにあたつては、そういう点を考慮し、さらに各党から均等に行かれるようにしていただきたいと思います。
【次の発言】 昨日も官房長官がこの席につかれたときに、増田君の忙がし……

第7回国会 議院運営委員会 第7号(1949/12/21、24期、日本共産党)

○神山委員 委員長の発言は趣旨において賛成であります。ただ非常に緊急を要する問題が二、三ありますので申し上げたい。十五、十六の議題はどちらも年末給與に対する緊急質問であります。労働委員会も開かれており、年末でなければ意味がないものですから、事務的に至急手続をとつてもらいたい。十三番目の昭和二十四年度所得税、事業税等の年末、年始における納税延期に関する決議案、これはわが党と労働者農民党の共同提案であるが、野党各派の了解を得ており、民自党の廣川幹事長及び佐藤政務調査会長等にもお目にかかつて趣旨については了解をいただいております。従つてこれもただちに今明日の委員会に回付していただいて、年末仮更正決定……

第7回国会 議院運営委員会 第8号(1949/12/22、24期、日本共産党)

○神山委員 今の田渕君の見解に賛成いたします。それからさらに裏日本の派遣の問題ですが、今聞くところによりますと、福井、武生、米子となつておりますが、武生にはこの前、きようこの候補者になつておる委員の中の大部分が行かれたのであります。こういう事情もあるので、ここでも人員、派遣日数その他の点を考えて、二度も三度もダブつて行くということは、やはり十分考える必要があると思います。問題の真相がはつきりしなかつたということになれば、この前行つた委員が無能、無責任だということになります。ここはやはり田渕君の言われる全体としての費用の点、その他の関係から研究をしてもらうことは、今さらいうまでもありませんが、派……

第7回国会 議院運営委員会 第9号(1949/12/23、24期、日本共産党)

○神山委員 これは趣旨においては椎熊君の説に賛成するものでありまして、問題の重要性は認めるにしても、現在の予算の状態その他とにらみ合わせました場合に、人数を減らすことが必要ではないかと思います。休会中十日間にわたつて委員諸君が全国に行かれるということは、非常にけつこうであり、はなはだお気の毒に思いますが、そういうことは別として、人数を今までも減して来た実情でもありますので、少し減すようにされてはどうかと思います。一応各派の意見を聞いて見る必要があると思います。
【次の発言】 むしろ十人くらいにして、この十五人の中で融通して行かれる方が合理的ではないかと思います。行けない人まで承認してやるという……

第7回国会 議院運営委員会 第10号(1949/12/24、24期、日本共産党)

○神山委員 ちよつと質問ですが、今の事務総長の発言の中に、こういう意味のことがあつたと思うのです。それはこれを否決するについては、大蔵省との間にある程度の意思の疏通があつてこういうようになつたという意味のことをおつしやつたのですが、そういうふうに聞いておるとおつしやるのですか。そういうことがあるのかないのか、あつたとすれば何のだれそれがそういうことをやつたのか、これをひとつ伺いたい。
【次の発言】 今発言されたことは相当大事だと思います。参議院における決定が九対十ですか、たつた一票の違いできまつておる。この場合われわれが考えなければならないことは、祕書数名を連れて来た委員の人、その人がどういう……

第7回国会 議院運営委員会 第11号(1950/01/23、24期、日本共産党)

○神山委員 簡單な報告事項がありますが、お許し願いたい。
【次の発言】 実は事務総長の手元にも私の申出が記録として残つておると思いますが、專売局の公共企業体労働関係法に対する裁定の処理についてでありますが、これは休会中に提出されましたために、運営委員会にかけることなしに労働委員会にすぐまわつておるわけであります。しかしこれには二つの重大な疑義がある。第一の点は、まつたく同名のいわゆる主文と言われるものの法案が、これによつて二つ出ておるということであります。従つてこの主文のかわらない限り、当然一事不再議の原則によつて審議すべきでないということが第一であります。第二には、この裁定の中には十六條二項……

第7回国会 議院運営委員会 第14号(1950/01/27、24期、日本共産党)

○神山委員 本会議をできるだけ早くやるという趣旨にはもちろん賛成です。これは石田君は御欠席でしたが、一昨日すなわち質疑の第一日の議題のごときも、私の方から提案いたしまして、裁定問題に関連する問題の処理は、あとでゆつくりやろうということを言つたくらいですから、趣旨にはもちろん賛成です。ただ実際問題として、きのう本会議と並行してやるというのができなかつた。その支障の一つは参議院と折衝するという問題です。 そういうふうな問題が事務的にどういうふうになつておるか。
【次の発言】 そうなればあとは実際上の問題として本会議と並行してやるか、それとも月曜日からでも本格的に本委員会でやるかという点もあるかと思……

第7回国会 議院運営委員会 第15号(1950/01/28、24期、日本共産党)

○神山委員 これは昨日の申合せでもありますので、星島先生のあとには、全野党を代表する、あるいは最も被害甚大なりと思われる側から、二名の緊急質問が、昨日約束されているわけでありますから、当然ここで一応その問題をはつきりしておいた方が、場内交渉その他の場合にも、意思の円満な疏通をはかる上によろしいと思う。
【次の発言】 昨日の申合せの場合に、運営の原則を確認した上で、特に石田君のごときは非常に不法な言辞をなされておりましたので、言い分がありましたが、昨日は水に流して折り合つたゆえんのものは、野党二人が当然緊急質問をすることを前提にして折り合つた問題であります。従つてきようになつて、この問題の発言を……

第7回国会 議院運営委員会 第18号(1950/02/03、24期、日本共産党)

○神山委員 ちよつと堀川委員長に、委員の顔ぶれについてお尋ねしたい。この三人におきめになる前にどういうふうな経過があつて、どういうような意見の違いがあつたかという点、結論的に言うと共産党の代表者が入つておりません。これは数が三人しかありませんから入れないのかもしれないが、そこに何か意見の違いがあつたかどうかという点について、ちよつと伺つておきたい。
【次の発言】 私たちはこれ以上固執いたしませんが、一言この機会に注意を喚起しておきたいと思うことは、同一選挙区の人で派遣を受けた場合に、県庁に出張されて、ややともすると何と申しますか、非常に県庁内を刺戟する。県庁内ばかりでなく一般を刺戟する行動をと……

第7回国会 議院運営委員会 第21号(1950/02/10、24期、日本共産党)

○神山委員 実は一つの提案をいたしたいのであります。これはすでに各委員においても御承知のように、最近電力問題が非常に重要な意義を持つて来ておるのであります。きようは私あえてくどいことを申すことを避けますが、電気料金の上りましたことや、分割案その他がきまりましたことに関連して、大衆の生活にも非常に響いておるし、中小産業資本家にも打撃を與えるという現実があるわけであります。さらに電源開発の問題そのものも、いろいろの角度から問題にしなければならないときであると思いますので、院内、ことに衆議院におきまして、電力問題に関する調査をし、その対策を樹立する特別委員会を設置せられるように提案したいのであります……

第7回国会 議院運営委員会 第25号(1950/03/04、24期、日本共産党)

○神山委員 前例によりまして、そうしていただきたい。
【次の発言】 石田君のせつかくのお申し出ですから待ちますけれども、これにはあるいは通産委員会に小委員会でもつくつてはという意見も一部あるそうでありますが、これは御承知のように問題の重要性から考えて、むしろ通産委員会と他の委員会とを合した、五十名くらいの委員会が必要じやないかということが、提案の趣旨であります。一番初めにこの委員会では、自由党の諸君も趣旨においては賛成だということもありましたし、十分考慮して善処方を特にお願いしたいと思います。
【次の発言】 佐々木君の発言の全体については、だれも反対する人はいないと思います。各会派の勢力関係が……

第7回国会 議院運営委員会 第27号(1950/03/07、24期、日本共産党)

○神山委員 昨日この運営委員会で、徳田書記長の考査委員長の部屋における発言のことが問題になつたことを承知しておりますが、この点につきまして、実は今鍛冶委員長の所にも事情を明らかにするために参つたのであります。ところがちようど不在のため私会つておりませんので、ただまわりの方から事情を聞いたのでありますが、徳田書記長自身からも電話その他で聞いて見ましたところ、本人としてはちようど所用があつてあそこを通つたときに、御承知でもありましようが、考査委員会の事務局と委員長の部屋が別になりましたので、ごく気安く入つて行つて、ちようど顔見知りの給仕さんがいたので、ごく気軽に言つた。しかもそのとき殺すとか何とか……

第7回国会 議院運営委員会 第28号(1950/03/09、24期、日本共産党)

○神山委員 これは当然その委員会でおきめになつたので委員長、あるいは一部の人がきめたのではないでしようね。
【次の発言】 書類の上ではわからないでしようが、京都に行く方は社会党の猪俣君も入つておられますが、あとの大田原、新潟に行く三人はことごとく自由党の方じやないですか。こういう点が今までの委員派遣と事情が違つた印象を與えるので伺つたわけです。この事情がはつきりしなければ私たちとしては賛成するわけにはいかない。
【次の発言】 そうすると京都は別ですが、大田原に自由党の方ばかり三人どうして行くようになつたか、これはどういう形式でおきめになつたかお聞きしたい。


神山茂夫[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
|24期|

■ページ上部へ

各種会議発言一覧(衆議院24期)

神山茂夫[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
|24期|
第5回国会(1949/02/11〜1949/05/31)

第5回国会 外務委員会逓信委員会連合審査会 第1号(1949/04/02、24期、日本共産党)

○神山委員 二、三質疑をしたいのですが、その前に一つ、二つ希望あるいは遺憾の意を述べておきたいのです。第一にきよう比較的大事なこの委員会に、大臣の顔が一つも見えていない。これは政府が怠慢とも考えませんが、あまり誠意のある態度ではない。次官だけ二人並べてと言つては惡いかもしれませんが、この点非常に遺憾である。これが第一。  第二には、今村上政府委員が先ほど中華民國のことを支那と言われた。これは言葉じりをとらえるわけではなくて、さきに吉田首相が日本帝國と言つたのと関連して、いまだに中華民國を支那と考えておることは、この点政府委員の顔を少し切りかえてもらわなければならぬ。この点何らかの意思表示をして……



神山茂夫[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
|24期|

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

※このページのデータは国会会議録検索システム衆議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2022/02/23

神山茂夫[衆]在籍期 : |24期|
神山茂夫[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 24期在籍の他の議員はこちら→24期衆議院議員(五十音順) 24期衆議院議員(選挙区順) 24期衆議院統計



当サイト運営者の新刊のお知らせ
菅原琢『データ分析読解の技術』(中公新書ラクレ756)

【内容紹介】「データ分析ブーム」がもたらしたのは、怪しい“分析らしきもの”と、それに基づいた誤解や偏見……。本書では、「問題」「解説」を通して、データ分析の失敗例を紹介しながら、データを正しく読み解くための実践的な視点や方法、また、思考に役立つ基礎的な知識やコツを紹介していく。誤った分析をしないため、騙されないための、基本的・実践的な読解と思考の方法とは――。