石橋湛山 衆議院議員
26期国会発言一覧

石橋湛山[衆]在籍期 : 23期-25期-|26期|-27期-28期-29期
石橋湛山[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは石橋湛山衆議院議員の26期(1953/04/19〜)における国会発言(質問、答弁等)をまとめています。国会活動の統計や役職、質問主意書の数や内容は26期国会活動統計で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

本会議発言一覧(衆議院26期)

石橋湛山[衆]本会議発言(全期間)
23期-25期-|26期|-27期-28期-29期
第16回国会(1953/05/18〜1953/08/10)

第16回国会 衆議院本会議 第24号(1953/07/17、26期、自由党(分))

○石橋湛山君 私は、わが党を代表して、昭和二十八年度一般会計そのほか二つの予算案について、委員長報告の修正案通りこれに賛成をする意思を表明いたします。但し、その予算案の内容につきましては、先ほどわが始関君が党を代表して予算委員会で申し述べておりますから、さような点は省略いたします。また、社会党両派が提出した組みかえ動議は、その基調において敬意を表すべき点もありますが、残念ながら賛成はできません。その理由は、もしあとで時間があれば申し述べます。  そこで、まず第一に、私は、何ゆえに政府提出の原案に反対し、あの修正案に賛成するかという理由を述べます。その第一は、残念ながら吉田内閣には今日の時局に対……


■ページ上部へ

第17回国会(1953/10/29〜1953/11/07)

第17回国会 衆議院本会議 第3号(1953/10/31、26期、自由党(分))

○石橋湛山君 私は、われわれの党を代表いたしまして、大蔵大臣その他関係諸大臣に、なるべく昨日の同僚議員諸君の質問と重複しない限りにおきまして、若干の質問を申し上げたいと思います。  まず大蔵大臣に対する質問からいたしますが、大蔵大臣は、一昨日の演説で、財政の健全性の強化ということを述べられ、また昨日の御答弁の中において、健全財政ということを強調されました。そこで、その健全財政とは何かということをまずお尋ねいたしたいのであります。大蔵大臣の説明によりますと、健全財政とは、既定経費の節約をはかり財政規模を圧縮することによつて実現されるものというふうに了解ができます、そして、その目的は、通貨価値の安……


■ページ上部へ

第21回国会(1954/12/10〜1955/01/24)

第21回国会 衆議院本会議 第5号(1954/12/17、26期、日本民主党)【政府役職:通商産業大臣】

○国務大臣(石橋湛山君) お答えいたします。昨年締結されましたいわゆる日中貿易協定は、当時日本政府が関与することなくできました。その結果、締結品目中には相当に現在禁止されておるものがございましてそのために、日本政府としては、せつかくの協定でありますが、ただちに輸出許可をすることができない、こういうようなはめに現在陥つておるわけであります。しかし、政府としては、むろんあらゆる方面に貿易の伸長を希望しておるのであります。この日中貿易協定の趣旨に沿いまして、国際的信義にもとらないような方法によりまして、今後できるだけ広汎に禁止品目の解除等に努力をいたすつもりであります。どうぞ御了承願います。(拍手)……

第21回国会 衆議院本会議 第8号(1955/01/23、26期、日本民主党)【政府役職:通商産業大臣】

○国務大臣(石橋湛山君) 水田君からの御質問については、今の大蔵大臣の答弁で大体尽しておると思います。私の主張に対して非常に御賛成を得ましたことは、ありがたいことでありまするが、少々おくれまして、どうも六日のアヤメというような感じがいたします。しかし、今度のこの予算大綱に示しましたものも、そう窮屈のものとは私は理解しておりません。今大蔵大臣が言われた通りであります。私は、財政の一般会計の緊縮ということは、もうかねがね主張しておるのであります。決して一般会計をむやみにふやしていくということには賛成したことはない。その他の方法において適当な処置ができると思いますから、どうぞ御了承を願います。(拍手……

第21回国会 衆議院本会議 第9号(1955/01/24、26期、日本民主党)【政府役職:通商産業大臣】

○国務大臣(石橋湛山君) 一萬田大蔵大臣と私との間に意見の相違がある。これは顔が違うように相違があるのは当りまえなんです。同じ内閣の中に相当意見の違う者があつてけつこうなんで、前の自由党のように、吉田さんの一言で全部がやられたのではかえつてよくない。(拍手)だから、これは、河野農林大臣もさつき言われたように、閣内ではうんと議論をいたしますが、しかしながら、話がきまれば統一する。  次に、組閣のときに大蔵大臣の位置をめぐつて云々というようなお話でありましたが、これは長君も信用しないという風評のようでありますから、御答弁の必要はないと思います。

石橋湛山[衆]本会議発言(全期間)
23期-25期-|26期|-27期-28期-29期

■ページ上部へ

委員会発言一覧(衆議院26期)

石橋湛山[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
23期-25期-|26期|-27期-28期-29期
第16回国会(1953/05/18〜1953/08/10)

第16回国会 予算委員会 第8号(1953/06/23、26期、自由党(分))

○石橋委員 きようは少し多岐にわたつて御質問を申し上げたいと思いますが、大体私はそのすべてについて総理大臣の御答弁を願いたいのであります。ただ幾らか専門的な問題も入りますから、特に大蔵大臣及び保安庁長官の御出席を煩わしたわけであります。私は現在の日本の制度においては、旧憲法時代と違いまして、一応内閣が連帯して国会に責任を負うということにはなつておりますけれども、実際においてはほんとうの責任者は総理大臣一人である。そのほかの国務大臣は、いわば総理大臣の使用人でありまして、任命も自由、また任意に罷免することもできるというようなわけでありますから、政治の責任は一に総理大臣に帰するものと思うの一であり……

第16回国会 予算委員会 第11号(1953/06/26、26期、自由党(分))

○石橋委員 本日のこの文書を見ますと、二つ問題がある。一つは現在の保安隊ないし警備隊が軍隊であるということを証明していると私は思います。(「その通り」)もう一つは、MSAの援助を受けた場合においては、むろん軍隊を置かねばならぬということが、これに明らかに現われておると思う。そこで第一にお尋ねしたいのは、先ほども武藤君からちよつとありましたが、「この援助により国内の治安と防衛とを確保する」、国内の防衛と言つておるが、一体国内の防衛以外に軍隊がございますか。軍隊というものは、国外の防衛ということは聞いたことがなお。国内の防衛だ。国内の防衛以外に政府は軍隊があるとお考えになりますか、それをお伺いいた……


■ページ上部へ

第21回国会(1954/12/10〜1955/01/24)

第21回国会 通商産業委員会 第1号(1954/12/16、26期、日本民主党)【政府役職】

○石橋国務大臣 私は今回はからずも通商産業大臣を命ぜられました。ところが通商産業についてはむろん経験もありませんし、研究も不十分だし、これからも勉強をして行こうというふうに思つております。ひとつ皆さんの御援助によりまして、何とか日本の通商産業政策がうまく行きますようにお願いをいたす次第であります。私の就任のごあいさつはそれだけであります。どうかよろしくお願いいたします。
【次の発言】 伊藤委員のお話はごもつともで、私もしばらく前でありますが、九州でその実情を聞きましたし、また東京においても、いろいろの方面からお話を伺つておりますから、少くとも年末を過すことができる程度の処置は、何とか至急講じな……

第21回国会 貿易振興に関する調査特別委員会 第3号(1954/12/16、26期、日本民主党)【政府役職】

○石橋国務大臣 私は今回はからずしも通産大臣に命ぜられました。御承知のようにはなはだふなれな部面で、皆さんの御支援によりまして何とか日本の通商産業政策を確立し助長して行きたいと存じますから、何分よろしくお願いします。  貿易については、御承知のように昨年非常に日本の国際収支の関係は悪くなつたのでありますが、その後本年の夏ごろから回復しまして、輸出もある程度振興し、輸入が減りまして、特需は減りましたにかかわらず、とにかく国際収支は最初予想された赤字がある程度黒字になるという見通しがつきましたことは、その点限りにおいてはきわめてけつこうな現象でございますが、さてその内容を検討すれば、必ずしも安心が……

第21回国会 予算委員会 第1号(1954/12/21、26期、日本民主党)【政府役職】

○石橋国務大臣 同感であります。
【次の発言】 原則論としてはお説の通り。ですから今総理大臣が言われたようにできるだけ拡大をしたい。ことに日本は欧州並という以上に日本の立場から中共ともソ連とも通商をしたいのです。そういう方向で努力をするつもりであります。但しこれはなかなかデリケートな問題ですから、きようあしたすぐにどうこうというふうにはなかなか参りません。どうぞ御了承願います。
【次の発言】 私がただいま聞いておりますところでは、禁止品目は現在においては英国並になつておるようであります。向うへ出しておつたものを最近向うの方が禁止したというものもあります。現在においては大した差はないだろうと信じ……

第21回国会 予算委員会 第2号(1954/12/22、26期、日本民主党)【政府役職】

○石橋国務大臣 お答えいたします。お説のように現況においては割合から言うと、非常に大きな数字とは申せないようです。しかしたとえば、昨年の輸出実績は四百六十万ドル、輸入が約二千百万ドルに対しまして、本年一月から十月までの間の実績は、輸出が千三百二十二万ドル、輸入が三千四百十二万ドルというふうに、逐次ふえております。これはまだ本年度においても米とかその他買つて参りたいと思いますから、現状はパーセンテージが低いからといつても、捨ててもいいというわけには行きません。ですから、これは今外務大臣が言われたように、できるだけ増進するようなくふうをいたしたいと考えております。


石橋湛山[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
23期-25期-|26期|-27期-28期-29期

■ページ上部へ

各種会議発言一覧(衆議院26期)

 期間中、各種会議での発言なし。

石橋湛山[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
23期-25期-|26期|-27期-28期-29期

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

※このページのデータは国会会議録検索システム衆議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2022/02/23

石橋湛山[衆]在籍期 : 23期-25期-|26期|-27期-28期-29期
石橋湛山[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院議員(五十音順) 26期衆議院議員(選挙区順) 26期衆議院統計



当サイト運営者の新刊のお知らせ
菅原琢『データ分析読解の技術』(中公新書ラクレ756)

【内容紹介】「データ分析ブーム」がもたらしたのは、怪しい“分析らしきもの”と、それに基づいた誤解や偏見……。本書では、「問題」「解説」を通して、データ分析の失敗例を紹介しながら、データを正しく読み解くための実践的な視点や方法、また、思考に役立つ基礎的な知識やコツを紹介していく。誤った分析をしないため、騙されないための、基本的・実践的な読解と思考の方法とは――。