簡牛凡夫 衆議院議員
28期国会発言一覧

簡牛凡夫[衆]在籍期 : 27期-|28期|-29期
簡牛凡夫[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは簡牛凡夫衆議院議員の28期(1958/05/22〜)における国会発言(質問、答弁等)をまとめています。国会活動の統計や役職、質問主意書の数や内容は28期国会活動統計で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

本会議発言一覧(衆議院28期)

 期間中、衆議院本会議での発言なし。
簡牛凡夫[衆]本会議発言(全期間)
27期-|28期|-29期

■ページ上部へ

委員会発言一覧(衆議院28期)

簡牛凡夫[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
27期-|28期|-29期
第29回国会(1958/06/10〜1958/07/08)

第29回国会 運輸委員会 第1号(1958/06/19、28期、自由民主党)

○簡牛委員 志免鉱業所の払い下げの問題につきまして、国鉄関係責任者の御所信を伺いたいのでございます。これは私の地元の関係の問題でございまして、昨年以来、これに関係を持っております町村が四カ町村ございますが、それと従業員一体になりまして、しばしば払い下げをやめてほしいという陳情を繰り返して参っております。その後調査会ができまして、その調査会はもともとこれを払い下げるための調査会ではなくて、払い下げるべきか、あるいは現状のままで経営を続けていくか、というような白紙の状態で調査を進めるということで発足されたものと伺っております。その後今日まで調査を進められた結果は、やはり大体払い下ぐべきものだという……

第29回国会 運輸委員会 第4号(1958/06/26、28期、自由民主党)

○簡牛委員 ただいま国鉄総裁の御説明を伺いまして、志免鉱業所を分離しなければならない、また分離することがよろしいのだという総裁の意図されておるところは私どもも了承する点が多いのでございます。ただ御説明を伺っておりましても、この資料を拝見いたしましても、国鉄として志免炭鉱の必要度が少くなった、それから鉱区などの関係から、今後志免鉱業所をこのまま経営しておったのでは現状を持ち続けることが困難だ、さらに志免の炭質から考えて、国鉄の用炭としては適当でない、もっとこれをほかに活用すべきじゃないかというようなことは私どもよくわかるように思いますが、長い間の歴史を持っております、ことに終戦以来国鉄に対して貢……

第29回国会 運輸委員会 第6号(1958/07/02、28期、自由民主党)

○簡牛委員 青山委員長さんにお尋ねいたします。志免鉱業所を国鉄の経営から分離すべきものであるという結論をお出しになっておりますが、この志免炭鉱のいわゆる国有財産を、はなはだしく損失を生ずることのないような、いわゆる妥当な価格でこれを引き受けてくれるものがあるという確信と即しますか、見通しのもとにそういう結論をお出しになったものと思いますが、その点いかがでございましょうか。
【次の発言】 まあどこかに払い下げが可能だというお見込みのもとに調査が進められておるのだということでございますが、詳しいことはわかりますまいが、今でも大体どのくらいならば払い下げが可能だ、またこの程度なら引き受け手があるとい……


■ページ上部へ

第30回国会(1958/09/29〜1958/12/07)

第30回国会 運輸委員会 第5号(1958/10/21、28期、自由民主党)【議会役職】

○簡牛委員長代理 次会は公報をもってお知らせすることとして、本日はこれにて散会いたします。     午後零時十九分散会

第30回国会 運輸委員会 第9号(1958/11/04、28期、自由民主党)【議会役職】

○簡牛委員長代理 久保委員。
【次の発言】 水産庁と外務省アジア局です。


■ページ上部へ

第31回国会(1958/12/10〜1959/05/02)

第31回国会 運輸委員会 第6号(1959/02/10、28期、自由民主党)【議会役職】

○簡牛委員長代理 五分間ほど休憩をいたします。     午前十一時三十九分休憩

第31回国会 運輸委員会 第12号(1959/03/03、28期、自由民主党)【議会役職】

○簡牛委員長代理 海運に関する件について調査を進めます。  質疑の通告がありますので、これを許します。久保三郎君。
【次の発言】 次会は来たる五日木曜日、午前十時より理事会、十時三十分より委員会を開会することとして、本日はこれにて散会いたします。     午後一時四分散会


■ページ上部へ

第32回国会(1959/06/22〜1959/07/03)

第32回国会 農林水産委員会 第7号(1959/08/11、28期、自由民主党)

○簡牛委員 ただいま、農林省の御報告によりますと、七月の豪雨における被害が全国三十六府県にわたって、実に農林水産業だけでも六十二億の多額に上っておるということでございますが、この七月の水害の九州各県、山口県などの実情を伺ってみますと、十三、十四日の両日にわたってきわめて激しい豪雨がございまして、今度のこの災害の特質は、地域はごく小地域でございますけれども、その被害を受けましたところは実に深刻な打撃をこうむっておるのでございます。先ほど被害府県からの陳情も伺いましたように、全く財政能力の乏しい町村が非常に大きな損害をこうむっておりまして、一般にごく局所的な豪雨でありましたので、大きい河川などの被……


■ページ上部へ

第34回国会(1959/12/29〜1960/07/15)

第34回国会 文教委員会 第4号(1960/03/04、28期、自由民主党)【議会役職】

○簡牛委員長代理 本日はこの程度とし、次会は来たる九日午前十時より理事会、十時三十分より委員会を開会いたします。  これにて散会いたします。     午後零時四十六分散会


■ページ上部へ

第35回国会(1960/07/18〜1960/07/22)

第35回国会 大蔵委員会 第3号(1960/08/11、28期、自由民主党)【政府役職】

○簡牛説明員 簡牛凡夫でございます。まことに不調法な者でございますから、どうぞよろしくお願い申し上げます。(拍手)


簡牛凡夫[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
27期-|28期|-29期

■ページ上部へ

各種会議発言一覧(衆議院28期)

 期間中、各種会議での発言なし。

簡牛凡夫[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
27期-|28期|-29期

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

※このページのデータは国会会議録検索システム衆議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2022/02/23

簡牛凡夫[衆]在籍期 : 27期-|28期|-29期
簡牛凡夫[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 28期在籍の他の議員はこちら→28期衆議院議員(五十音順) 28期衆議院議員(選挙区順) 28期衆議院統計



当サイト運営者の新刊のお知らせ
菅原琢『データ分析読解の技術』(中公新書ラクレ756)

【内容紹介】「データ分析ブーム」がもたらしたのは、怪しい“分析らしきもの”と、それに基づいた誤解や偏見……。本書では、「問題」「解説」を通して、データ分析の失敗例を紹介しながら、データを正しく読み解くための実践的な視点や方法、また、思考に役立つ基礎的な知識やコツを紹介していく。誤った分析をしないため、騙されないための、基本的・実践的な読解と思考の方法とは――。