糸山英太郎 衆議院議員
37期国会発言一覧

糸山英太郎[衆]在籍期 : |37期|-38期-40期
糸山英太郎[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは糸山英太郎衆議院議員の37期(1983/12/18〜)における国会発言(質問、答弁等)をまとめています。国会活動の統計や役職、質問主意書の数や内容は37期国会活動統計で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

本会議発言一覧(衆議院37期)

糸山英太郎[衆]本会議発言(全期間)
|37期|-38期-40期
第102回国会(1984/12/01〜1985/06/25)

第102回国会 衆議院本会議 第34号(1985/06/06、37期、自由民主党・新自由国民連合)

○糸山英太郎君 ただいま議題となりました昭和四十二年度以後における地方公務員等共済組合法の年金の額の改定等に関する法律等の一部を改正する法律案につきまして、地方行政委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。  まず、本案の概要について申し上げます。  第一は、地方公務員共済組合制度について、恩給等における措置に倣い、地方公務員等共済組合法に基づく退職年金等について、その年金の額の算定の基礎となった給料を昭和五十九年度の公務員給与の改善内容に準じて増額することにより、年金額を昭和六十年四月分以後平均約三・四%引き上げるとともに、恩給における最低保障額等の改善に伴い、長期在職者に係る退……

糸山英太郎[衆]本会議発言(全期間)
|37期|-38期-40期

■ページ上部へ

委員会発言一覧(衆議院37期)

糸山英太郎[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
|37期|-38期-40期
第101回国会(1983/12/26〜1984/08/08)

第101回国会 建設委員会 第1号(1984/02/22、37期、自由民主党・新自由国民連合)【政府役職】

○糸山政府委員 建設政務次官を仰せつかりました糸山英太郎でございます。よろしくお願いを申し上げます。もとより微力ではありますが、水野建設大臣のもとで、誠心誠意建設行政の推進のために努力を重ねていくつもりでございますので、委員長初め委員各位の皆様方の御指導、御鞭撻をお願い申し上げます。  建設省関係の昭和五十九年度予算について、その概要を御説明いたします。  建設省所管の一般会計予算は、歳入百六十九億百万円余、歳出三兆九千七百六億三千七百万円余、国庫債務負担行為五千三百三十億三千六百万円余でありますが、建設省に移しかえを予定されている総理府所管予算を合わせた建設省関係の一般会計予算では、歳出四兆……


■ページ上部へ

第102回国会(1984/12/01〜1985/06/25)

第102回国会 外務委員会 第10号(1985/05/10、37期、自由民主党・新自由国民連合)

○糸山委員 外務大臣、今回のボン・サミットでは大変御苦労さまでございました。また、外務省の各局の関係者の御苦労に大変感謝をいたしております。私も同行議員として、大臣の御苦労を身をもって実感しております。  大臣は、ボン・サミットの前にフィンランドやノルウェー、またはサミット終了後にはオーストリアなども、たしか日本の外務大臣として初めて訪問されたと記憶しておりますが、東西関係の上で重要なこれらの国々を歴訪されたことは、日本外交の幅を広げた意味で大きな意義があったと思います。しかし私は、世界の中の日本を考えたときには、特にこれからの外交が勤まらないような政治家ならば総理大臣は無理だろうと思っており……


糸山英太郎[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
|37期|-38期-40期

■ページ上部へ

各種会議発言一覧(衆議院37期)

 期間中、各種会議での発言なし。

糸山英太郎[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
|37期|-38期-40期

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

※このページのデータは国会会議録検索システム衆議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2021/10/09

糸山英太郎[衆]在籍期 : |37期|-38期-40期
糸山英太郎[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院議員(五十音順) 37期衆議院議員(選挙区順) 37期衆議院統計



■著書
2020年10月新刊