石田祝稔衆議院議員 40期国会活動まとめ



在籍期:39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 43期(2003/11/09-) - 44期(2005/09/11-) - 45期(2009/08/30-) - 46期(2012/12/16-) - 47期(2014/12/14-) - 48期(2017/10/22-)
40期在籍の他の議員はこちら→40期衆議院統計 40期衆議院議員


■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ

衆議院本会議(40期)

39期本会議 - 40期本会議 - 43期本会議 - 44期本会議 - 45期本会議 - 46期本会議 - 47期本会議 - 48期本会議

本会議発言統計

 第127回国会(特別:1993/08/05-1993/08/28)  0回発言      0文字発言
 第128回国会(臨時:1993/09/17-1994/01/29)  0回発言      0文字発言
 第129回国会(通常:1994/01/31-1994/06/29)  0回発言      0文字発言
 第130回国会(臨時:1994/07/18-1994/07/22)  0回発言      0文字発言
 第131回国会(臨時:1994/09/30-1994/12/09)  1回発言   1829文字発言
 第132回国会(通常:1995/01/20-1995/06/18)  0回発言      0文字発言
 第133回国会(臨時:1995/08/04-1995/08/08)  0回発言      0文字発言
 第134回国会(臨時:1995/09/29-1995/12/15)  0回発言      0文字発言
 第135回国会(臨時:1996/01/11-1996/01/13)  0回発言      0文字発言
 第136回国会(通常:1996/01/22-1996/06/19)  0回発言      0文字発言
 第137回国会(臨時:1996/09/27-1996/09/27)  0回発言      0文字発言

       40期通算   (1993/07/18-1996/10/19)  1回発言   1829文字発言

本会議発言一覧

第131回国会 衆議院 本会議 第15号(1994/12/02、40期)

私は、ただいま議題となりました原子爆弾被爆者援護法案二法案につきまして、改革を代表して、改革案に賛成、政府案に反対の立場から、討論を行います。両法案は、現行二法を一本化して被爆者援護法とすること、各種手当の所得制限を撤廃することなど、基本的な骨格では類似したものとなっています。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(40期)

39期委員会 - 40期委員会 - 43期委員会 - 44期委員会 - 45期委員会 - 46期委員会 - 47期委員会 - 48期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第127回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  1)  0回発言      0文字発言
第128回国会  7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員  4)  2回発言  11517文字発言
第129回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  1)  0回発言      0文字発言
第130回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言
第131回国会 14回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 11 委員  3)  3回発言  24523文字発言
第132回国会 30回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 14 委員 16)  9回発言  42274文字発言
第133回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  2)  0回発言      0文字発言
第134回国会  9回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  4 委員  5)  1回発言   2450文字発言
第135回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  2)  0回発言      0文字発言
第136回国会 35回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 31 委員  4) 12回発言  49821文字発言

  40期通算 107回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 68 委員 39) 27回発言 130585文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

厚生委員会
            62回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 62 委員  0)  21回発言  95918文字発言

災害対策特別委員会
            28回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 28)   2回発言  11148文字発言

逓信委員会
             6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  6 委員  0)   1回発言   2671文字発言

労働委員会
             5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)   1回発言   4250文字発言

予算委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)   1回発言   7752文字発言

大蔵委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)   0回発言      0文字発言

決算委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   0回発言      0文字発言

政治改革に関する調査特別委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   1回発言   8846文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

逓信委員会理事(第127回国会)
逓信委員会理事(第128回国会)
逓信委員会理事(第129回国会)
厚生委員会理事(第131回国会)
厚生委員会理事(第132回国会)
厚生委員会理事(第133回国会)
厚生委員会理事(第134回国会)
厚生委員会理事(第135回国会)
厚生委員会理事(第136回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第128回国会 衆議院 政治改革に関する調査特別委員会 第7号(1993/10/22、40期)

公明党の石田でございます。まず最初にお伺いをいたしたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第128回国会 衆議院 逓信委員会 第2号(1993/10/27、40期)

公明党の石田でございます。今回のテレビ朝日の一連の問題につきまして、まず最初に大臣に率直な御感想、また、郵政省を預かる者としてどのようにお考えなのか、率直な御感想をお願いします。会議録へ(外部リンク)

第131回国会 衆議院 厚生委員会 第5号(1994/10/21、40期)

まず初めに、井出大臣に御就任のお祝いを申し上げたいと思います。考えましたら、大臣とは旧の連立与党のときに政策幹事会等でよくお会いをいたしまして、真剣に日本の将来のことを考えまして、いろいろと討議をし…会議録へ(外部リンク)

第131回国会 衆議院 厚生委員会 第9号(1994/11/29、40期)

会派改革の石田祝稔でございます。きょうは、三人の参考人の先生、朝早くよりおいでをいただきまして本当にありがとうございました。私も、三人の先生の御意見を拝聴いたしまして、本当に大事なことを教えていただ…会議録へ(外部リンク)

第131回国会 衆議院 厚生委員会 第10号(1994/12/01、40期)

私は、まず申し上げたいことは、この今回の法案は、二十二日に閣議決定がされて、きょうが十二月の一日。十日間でこういうことになってきているわけでございます。これは、本来でありましたら、政府ももう少し早く提…会議録へ(外部リンク)

第132回国会 衆議院 厚生委員会 第2号(1995/02/07、40期)

大臣、大変御苦労さまでございます。何点か御質問をさせていただきますが、まず、弔慰金についてお伺いをしたいと思います。弔慰金のお金のことを出すのは、これはどうかと思いますけれども、非常に大事な問題でご…会議録へ(外部リンク)

第132回国会 衆議院 厚生委員会 第5号(1995/03/10、40期)

大臣、おはようございます。朝から御苦労さまです。きょうは三月十日、東京大空襲より五十年たった日でございます。その日にこの戦傷病者の法案をやるということも、何と申しましょうか、何か会議録へ(外部リンク)

第132回国会 衆議院 厚生委員会 第6号(1995/03/14、40期)

新進党の石田祝稔でございます。五名の参考人の諸先生、きょうはお忙しいところ、大変貴重な御意見をお聞かせいただきまして、ありがとうございました。短い時間ではありますけれども、参考人の皆様の意見陳述をお…会議録へ(外部リンク)

第132回国会 衆議院 厚生委員会 第7号(1995/03/15、40期)

私は若干お時間をいただきまして、厚生行政並びに国民健康保険法等の一部を改正する法律案につきまして、質問をさせていただきたいと思います。まず最初にお聞きをしたいのは、昨日福団地裁で判決が出ました生活保…会議録へ(外部リンク)

第132回国会 衆議院 厚生委員会 第14号(1995/06/06、40期)

まず、私は児童扶養手当についてお聞きをしたいと思います。児童扶養手当は、どういう目的でつくられておりますか。会議録へ(外部リンク)

第132回国会 衆議院 災害対策特別委員会 第4号(1995/02/07、40期)

本日は具体の問題についていろいろとお聞かせをいただきたいと思います。きょうのテレビを拝見しておりましたら、見舞金の支給に皆さん列を並んでいらっしゃいまして、その中で、今お金が欲しい、こういうふうなお話…会議録へ(外部リンク)

第132回国会 衆議院 災害対策特別委員会 第5号(1995/02/17、40期)

まず最初にお伺いしたいのは、この法案の名称のことでございます。私の手元に中身がまるっきり同じで名前が違う法案がございますが、なぜ一日のうちに、阪神・淡路復興法案という被災された方からすれば大変希望を…会議録へ(外部リンク)

第132回国会 衆議院 予算委員会 第5号(1995/01/31、40期)

まず最初に、総理に質問をさせていただきたいと思います。けさの新聞を読んでおりますと、村山内閣の支持率、不支持を下回る、こういう記事がございました。この中で、なぜ下がったのかということで、不支持の理由…会議録へ(外部リンク)

第132回国会 衆議院 労働委員会 第8号(1995/03/24、40期)

私は、新進党の同僚議員の皆様の御理解をいただきまして、質問をさせていただく機会を与えていただきました。まず最初に、この法律案の審議に御質問をさせていただく前に、労働大臣にお伺いをしたいんですが、今回…会議録へ(外部リンク)

第134回国会 衆議院 厚生委員会 第3号(1995/11/08、40期)

私たちは、蔵器の移植に関する法律案の審査に資するため、愛知県に赴き、現地において各界の代表から意見を聴取いたしましたので、派遣委員を代表いたしまして、団長にかわり、私からその概要を御報告申し上げます。会議録へ(外部リンク)

第136回国会 衆議院 厚生委員会 第4号(1996/03/01、40期)

新進党の石田祝稔でございます。私はまず、質問に入ります前に、ゆえなくしてお亡くなりになられた方、また今なお苦しまれていらっしゃる皆様、そして御家族の皆様に心よりの哀悼の誠をささげさせていただきたいと…会議録へ(外部リンク)

第136回国会 衆議院 厚生委員会 第6号(1996/03/25、40期)

本日は三法案を一括して審議するということで、それぞれに大変大事な法案でございますけれども、私は、戦傷病者戦没者遺族等援護法等の一部を改正する法律案と平成八年度における国民年金法による年金の額等の改定の…会議録へ(外部リンク)

第136回国会 衆議院 厚生委員会 第8号(1996/04/10、40期)

私は、まず厚生大臣に最初にお伺いをしたいと思いますが、昨日の閣議後の記者会見で天下りの自粛について御発言をされたというふうに伺いましたが、その発言の御真意を御説明いただきたいと思います。内容につきま…会議録へ(外部リンク)

第136回国会 衆議院 厚生委員会 第11号(1996/04/19、40期)

新進党の石田祝稔でございます。郡司参考人、私たちは、真相究明と再発防止のためにおいでをいただいておりますので、ぜひ記憶も喚起をしていただきまして正確にお答えをいただきたいと思うのです。会議録へ(外部リンク)

第136回国会 衆議院 厚生委員会 第16号(1996/05/15、40期)

新進党の石田祝稔でございます。三人の参考人の方々、きょうは大変に御苦労さまでございます。私、若干時間をいただいておりますので、この年金の一元化法案の審議に資するためにぜひお聞きをしたいことがございま…会議録へ(外部リンク)

第136回国会 衆議院 厚生委員会 第18号(1996/05/21、40期)

風間参考人、きょうは御苦労さまでございます。私たちは真相究明のために全力で頑張っておりますので、どうか御協力をお願いしたいと思います。今、衛藤委員からいろいろと御質問ありましたが、安部英氏との御関係…会議録へ(外部リンク)

第136回国会 衆議院 厚生委員会 第19号(1996/05/22、40期)

大臣にまずお伺いをしたいのですが、最近新聞等でも、大変大事な高齢社会の介護の問題について、厚生省また総理からいろいろな御発言がございます。将来の社会保障にとってやはり介護の問題は大変大事な問題という…会議録へ(外部リンク)

第136回国会 衆議院 厚生委員会 第25号(1996/06/05、40期)

まず、質問の前に、委員会のスタートがもう十二分おくれております。私はその分ちゃんとやりますけれども、委員長、ぜひこれは、国会、与野党が運営に責任を持つとはいえ、閣法でございますし、第一義的には与党がし…会議録へ(外部リンク)

第136回国会 衆議院 厚生委員会 第26号(1996/06/07、40期)

若干のお時間をいただきまして、質問をさせていただきます。まず、薬事審議会のあり方についてお伺いをしたいのです。会議録へ(外部リンク)

第136回国会 衆議院 厚生委員会 第30号(1996/06/18、40期)

閉会を前に、エイズの集中審議をきょうはやるわけでありますが、その集中審議に先立ちまして、私は介護保険についてちょっとお伺いをしたいと思います。大臣、あしたは国会の閉会日なんですが、介護保険はお出しに…会議録へ(外部リンク)

第136回国会 衆議院 厚生委員会 第31号(1996/07/12、40期)

まず初めに、主に松村参考人にお聞きをいたしますが、今まで厚生省に在籍をされておりまして、委員会等の質問にも直接お答えをいただくことはなかったわけでありますが、きょうこういう形で来ていただきまして、その…会議録へ(外部リンク)

第136回国会 衆議院 厚生委員会 第33号(1996/08/08、40期)

まず最初に、厚生大臣にお伺いをしたいと思うのです。八月六日に伝染病予防法の第一条第二項による指定伝染病の指定をされたわけでありますが、この病気を感染症として八月六日の段階で指定をさ会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(40期)

39期質問主意書 - 40期質問主意書 - 43期質問主意書 - 44期質問主意書 - 45期質問主意書 - 46期質問主意書 - 47期質問主意書 - 48期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ

■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ



在籍期:39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 43期(2003/11/09-) - 44期(2005/09/11-) - 45期(2009/08/30-) - 46期(2012/12/16-) - 47期(2014/12/14-) - 48期(2017/10/22-)
40期在籍の他の議員はこちら→40期衆議院統計 40期衆議院議員
データ更新日:2019/03/12