安藤裕 衆議院議員
47期国会発言一覧

安藤裕[衆]在籍期 : 46期-|47期|-48期
安藤裕[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは安藤裕衆議院議員の47期(2014/12/14〜)における国会発言(質問、答弁等)をまとめています。国会活動の統計や役職、質問主意書の数や内容は47期国会活動統計で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

本会議発言一覧(衆議院47期)

 期間中、衆議院本会議での発言なし。
安藤裕[衆]本会議発言(全期間)
46期-|47期|-48期

■ページ上部へ

委員会発言一覧(衆議院47期)

安藤裕[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
46期-|47期|-48期
第189回国会(2015/01/26〜2015/09/27)

第189回国会 経済産業委員会 第13号(2015/05/13、47期、自由民主党)

○安藤委員 おはようございます。自民党の安藤裕でございます。  本日は、経済産業委員会で初めての質問をさせていただきます。委員長初め理事の皆様方の御配慮に心から感謝を申し上げたいと思います。  それでは、早速質問に入らせていただきたいと思います。  まず、今までの電力事業は、総括原価方式、そして地域独占の形で行われてまいりました。電力事業という特殊な性質を持ち、なおかつインフラ中のインフラと言われる事業を安定的に発展させていくためには、必要な事業形態だったんだろうと思います。特に、電力事業はファイナンスであるということも言われるように、巨額の設備投資を伴う電力事業に安定した資金調達をするために……

第189回国会 法務委員会 第14号(2015/05/15、47期、自由民主党)

○安藤委員 自民党の安藤裕でございます。  いよいよ裁判員法の審議も大詰めということになってまいりました。きょうは、今までの審議を踏まえて、いろいろな角度から質疑をさせていただきたいと思います。どうぞよろしくお願いをいたします。  まず、裁判員ではありませんけれども、検察審査会について一点だけお伺いをしておきたいと思います。  裁判員裁判の開始と同時に、検察審査会においても、その議決に法的拘束力を持つということになりました。つまり、検察の処理についても国民の目線で判断をするということがより求められるようになったということでございます。そして、検察審査会の審査員も、裁判員と同じように、国民の中か……


■ページ上部へ

第190回国会(2016/01/04〜2016/06/01)

第190回国会 法務委員会 第19号(2016/05/20、47期、自由民主党)

○安藤委員 自民党の安藤裕でございます。本日は、質問の機会をいただきましてありがとうございます。  今国会、法務委員会で質問をさせていただくのは初めてでございます。岩城大臣、どうぞよろしくお願いをいたします。  それでは、早速質問に入らせていただきたいと思います。  今回の民法の改正案ですけれども、昨年の十二月に最高裁から違憲判決が出たということを受けて提出されたものだと承知をしております。  裁判所に判断をされましたように、現行法のまま再婚禁止期間を六カ月ということにしておきますと必要以上に再婚禁止期間が長過ぎるという部分は、私自身も理解ができますし、再婚禁止期間を百日に短縮するという本法案……


■ページ上部へ

第192回国会(2016/09/26〜2016/12/17)

第192回国会 法務委員会 第2号(2016/10/19、47期、自由民主党・無所属の会)

○安藤委員 ありがとうございます。自民党の安藤裕でございます。  本日は質問の機会をいただきまして、ありがとうございます。早速質問に入りたいと思います。  大変残念なことに、大臣がきょうこの時間は御不在ということで、大臣の所信の中で、大変思いのこもった御挨拶ですごく私も感動しまして、その中で特に印象に残ったのが、「公的なものへの献身」という言葉を金田大臣がおっしゃっておられました。その思いを大臣からぜひお聞かせいただきたいなというふうに思っておったんですけれども。  やはりこの「公的なものへの献身」、これは、私たち国会議員、議員のみならず各官僚の皆さんもそうだと思いますし、それから全ての日本国……


■ページ上部へ

第193回国会(2017/01/20〜2017/06/18)

第193回国会 文部科学委員会 第9号(2017/04/07、47期、自由民主党・無所属の会)

○安藤委員 おはようございます。自由民主党の安藤裕でございます。  本日は、質問の機会をいただきまして、ありがとうございます。  それでは、早速質問に入らせていただきたいと思います。  まず、大学改革について伺いたいと思います。  大学改革の一環として、大学ランキングで上位を目指すということが政策目標として導入をされました。まず、その目的とするところと、大学ランキングについて、文科省で、ここは問題だなと思っている部分もあるかと思うんですけれども、そのあたりについての見解をお伺いしたいと思います。
【次の発言】 ありがとうございます。  きょう、私は、この「世界大学ランキングと知の序列化」という……

第193回国会 法務委員会 第4号(2017/03/21、47期、自由民主党・無所属の会)

○安藤委員 自民党の安藤裕でございます。  本日は、質問の機会をいただきまして、ありがとうございます。  本日は、二つの法律案が議題となっておりますけれども、まずは、裁判所の職員定員法についてお伺いをしたいと思っております。  最近は、複雑困難な事件が増加をしており、これが判事の増員を要求する一つの理由であるということですけれども、複雑困難な類型の事件が、平成二十年では三万五千件ほどであったものが、平成二十七年には四万五千件ということで、一万件程度ふえている。  そして、複雑困難事件の特徴としては、専門的知見の必要性、そしてまた紛争の複雑な背景事情を踏まえる必要、社会経済活動に与える影響を踏ま……

第193回国会 法務委員会 第12号(2017/04/21、47期、自由民主党・無所属の会)

○安藤委員 自由民主党の安藤裕でございます。  ただいま議題となりました組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律等の一部を改正する法律案につき、質疑をさせていただきます。(発言する者あり)
【次の発言】 はい。  私たち国会議員は、国民の安心、安全を守るための法案をしっかりと審議する必要があると思っております。私たちは、この法案をしっかりと審議し、そして……(発言する者あり)
【次の発言】 野党の皆様方ともしっかりと議論を交わしながら、国民の皆様方に安心がいただける、納得がいただけるような形でこの法案についての成立をお願いしていく、それが私たち政権与党の立場であると思っております。 ……


安藤裕[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
46期-|47期|-48期

■ページ上部へ

各種会議発言一覧(衆議院47期)

安藤裕[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
46期-|47期|-48期
第189回国会(2015/01/26〜2015/09/27)

第189回国会 憲法審査会 第2号(2015/05/07、47期、自由民主党)

○安藤委員 自民党の安藤裕でございます。  会長、ありがとうございます。初めての憲法審査会の発言をさせていただきます。  現在の憲法、いろいろな話がありましたけれども、GHQの指導のもとに改正された憲法であるということ、これはやはり私たちは忘れてはならない事実だと思いますし、このことを念頭に置いてこれからの憲法の改正の議論をしていかなきゃいけないと思っております。  その中で、国柄、またあるいは国の形、理念などを憲法の中にうたっていくということも考えるべきではないかという意見がありましたが、これはまさにそのとおりだと思います。やはり、今の憲法には、日本の従来の本来あるべき理念というもの、国の姿……

第189回国会 予算委員会第四分科会 第1号(2015/03/10、47期、自由民主党)

○安藤分科員 自民党の安藤裕でございます。  本日は、質問の機会をいただき、ありがとうございます。長時間お疲れさまでございます。  それでは、早速質問に入らせていただきたいと思います。  昨年から東京大学の理学部においてグローバルサイエンスコースというものが設置をされておりますが、まず、このコースの概要と設置の目的についてお伺いをいたします。
【次の発言】 ありがとうございます。  昨年、平成二十六年には、七名の留学生の方々がこのコースで入ってきたということですけれども、この方々の選考がどのように行われたのか、そしてその選考基準はどのようになっているのかをお答えいただきたいと思います。


■ページ上部へ

第192回国会(2016/09/26〜2016/12/17)

第192回国会 憲法審査会 第2号(2016/11/17、47期、自由民主党・無所属の会)

○安藤委員 自民党の安藤裕でございます。  本日は、発言の機会をいただき、ありがとうございます。  本日、衆議院の憲法審査会が再開をされ、議論が深まることによって国民の間で憲法改正に対する理解が深まっていくことを大変に期待しております。  さて、私は、現行の憲法において早急に改正をしなくてはならないのは、まず憲法第二条であるというふうに考えております。以下にその理由を述べます。  現行の憲法第二条では、「皇位は、世襲のものであつて、国会の議決した皇室典範の定めるところにより、これを継承する。」と規定をされています。  さきの天皇陛下のお言葉をきっかけに、皇室典範や天皇陛下の譲位についての議論が……

第192回国会 憲法審査会 第3号(2016/11/24、47期、自由民主党・無所属の会)

○安藤委員 自民党の安藤裕でございます。  本日は、発言の機会をいただき、ありがとうございます。  きょうは時間もないので端的に申し上げたいと思いますけれども、まず、立憲主義というテーマできょうは議論が進められております。そして、自民党の改正草案についていろいろな意見が出ておりますけれども、しかし、やはり私は、自民党が何で憲法改正というものを党是に掲げているかということを改めて皆様方に確認をしていただきたいと思っています。  ここに、昭和三十年の「党の使命」の文章がありますけれども、「思うに、ここに至った一半の原因は、敗戦の初期の占領政策の過誤にある。占領下強調された民主主義、自由主義は新しい……


■ページ上部へ

第193回国会(2017/01/20〜2017/06/18)

第193回国会 憲法審査会 第1号(2017/03/16、47期、自由民主党・無所属の会)

○安藤委員 自民党の安藤裕でございます。  私からは、まず、緊急事態について申し上げたいと思います。  いろいろな意見がきょうも出ておりますけれども、いろいろな事態に対して、法律で対応できる部分も確かにあるんだろうと思いますし、既に対応されている部分も相当あるんだろうと思います。したがって、憲法で規定をしなくてはならない事項とそれから法律で対応できる事項とをしっかりと区分した上で、総理にもし権限を集中させる必要があるのであれば、これもしっかりと議論をしていく、その対象にする必要があるだろうと思います。  その上で、どうしても必要と思いますのは、やはり国会議員の任期延長、また解散の制限ということ……

第193回国会 憲法審査会 第5号(2017/05/18、47期、自由民主党・無所属の会)

○安藤委員 自由民主党の安藤裕でございます。  発言の機会をいただきまして、ありがとうございます。  きょうもいろいろな意見が出ておりましたけれども、少し残念に思いますのは、他党他会派の批判の議論が少し一部で始まってしまいまして、本日の議題である地方自治についての話が少し拡散をしたように思います。他党他会派の批判も、これも必要な部分があるとは思いますけれども、ぜひきょうの議題に沿った話で議論を進めていただきたいと思いますし、国民の皆様方もこれを期待しているんだろうと私は思います。  その上で、きょうの地方自治についてお話をさせていただきたいと思いますけれども、まず、道州制についてのお話がござい……

第193回国会 憲法審査会 第8号(2017/06/08、47期、自由民主党・無所属の会)

○安藤委員 自民党の安藤裕でございます。  本日は、発言の機会をいただきまして、ありがとうございます。  きょうは天皇制ということでテーマになっておりますけれども、先ほど来御意見が出ておりますが、私自身は、天皇の継続性について国民的な議論にするということには、以前もこの憲法審査会で話をさせていただきましたけれども、やはり少し違和感を感じております。  と申しますのは、やはり今、私たちは、国会議員も含めて、天皇がどのような先人たちの努力で今まで継続しているのかということについて、深く理解をしている国民というのはなかなか少ないのではないかというふうに思います。  そして、私たちは保守主義の政党です……

第193回国会 予算委員会第四分科会 第1号(2017/02/22、47期、自由民主党・無所属の会)

○安藤分科員 自民党の安藤裕でございます。本日は、質問の機会をいただき、ありがとうございます。  松野大臣、大変長い時間お疲れさまでございます。どうぞよろしくお願いをいたします。  それでは、早速質問に入らせていただきたいと思います。  まず、文化庁にお伺いをしたいと思いますが、文化庁の京都移転が昨年決定をいたしました。東京一極集中を是正する意味でも注目をされる中央省庁の移転であるとともに、長い間日本の都であり、日本文化の薫りが色濃く残っている京都に移転をするということは、私の選挙区が京都であるということを度外視しても、日本にとって大きな意義があると考えています。  まずは、文化庁として、今回……



安藤裕[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
46期-|47期|-48期

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

※このページのデータは国会会議録検索システム衆議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2021/09/17

安藤裕[衆]在籍期 : 46期-|47期|-48期
安藤裕[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 47期在籍の他の議員はこちら→47期衆議院議員(五十音順) 47期衆議院議員(選挙区順) 47期衆議院統計



■著書
2020年10月新刊