国会議員白書トップ衆議院議員旭道山和泰>質問主意書(全期間)

旭道山和泰 衆議院議員
「質問主意書」(全期間)

旭道山和泰[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧 | 質問主意書

このページでは、旭道山和泰衆議院議員が提出した質問主意書に関する情報をまとめています。質問主意書の提出数、質問主意書の件名、質問と政府からの答弁の冒頭部分を一覧にしています。質問と答弁については衆議院ウェブサイトの本文に飛ぶことができます。


質問主意書提出本数(衆議院)

在籍期提出数


41期(1996/10/20〜)1本


衆議院在籍時通算1本



質問主意書・政府答弁書一覧(衆議院)

41期(1996/10/20〜)

運転免許証の血液型表示に関する質問主意書

第147回国会 衆議院 質問主意書 第17号(2000/03/16提出、41期、会派情報無し)
質問内容
現在の運転免許証保有者数は、約七千二百万人である。とりわけ若年層の取得が急増している。さらに、平成十一年における交通事故死者数は九千五人にもなる。人命救助の視点から、運転免許証に血液型の表示がされていれば、救急救命士等の迅速なる処置も可能になる。
よって以下の質問を行う。
一 運転免許証に血液型を表示すれば、救急救命士、医療関係者が処置にあたり医療効果をあげることができると思うが、見解を明らか…
答弁内容
一及び二について
患者への輸血の要否及びその実施方法を医師が決定する場合には、当該決定前に必ず血液学的検査と共に血液型の検査等を実施しているところであり、運転免許証に運転免許を受けた者の血液型を表示することとしても、医療上の有効性は低いものと考えている。
また、都道府県公安委員会が、運転免許証の交付又は更新に当たり、運転免許を受けた者の血液型を正確に把握することは困難である。
以上のことから…

※このページのデータは衆議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2022/02/23

旭道山和泰[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧 | 質問主意書



当サイト運営者の新刊のお知らせ
菅原琢『データ分析読解の技術』(中公新書ラクレ756)

【内容紹介】「データ分析ブーム」がもたらしたのは、怪しい“分析らしきもの”と、それに基づいた誤解や偏見……。本書では、「問題」「解説」を通して、データ分析の失敗例を紹介しながら、データを正しく読み解くための実践的な視点や方法、また、思考に役立つ基礎的な知識やコツを紹介していく。誤った分析をしないため、騙されないための、基本的・実践的な読解と思考の方法とは――。