国会議員白書トップ衆議院議員松本大輔>質問主意書(全期間)

松本大輔 衆議院議員
「質問主意書」(全期間)

松本大輔[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧 | 質問主意書

このページでは、松本大輔衆議院議員が提出した質問主意書に関する情報をまとめています。質問主意書の提出数、質問主意書の件名、質問と政府からの答弁の冒頭部分を一覧にしています。質問と答弁については衆議院ウェブサイトの本文に飛ぶことができます。


質問主意書提出本数(衆議院)

在籍期提出数


43期(2003/11/09〜)3本
44期(2005/09/11〜)10本
45期(2009/08/30〜)0本


衆議院在籍時通算13本



質問主意書・政府答弁書一覧(衆議院)

43期(2003/11/09〜)

国の審議会及び独立行政法人の情報公開に関する質問主意書

第159回国会 衆議院 質問主意書 第192号(2004/06/15提出、43期、民主党・無所属クラブ)
質問内容
一 国の行政においては、国民主権の理念にのっとり、行政機関の保有する情報の公開を図り、もって政府の有するその諸活動を国民に説明する責務が全うされるとともに、国民の的確な理解と批判の下にある公正で民主的な行政を推進することが肝要であると考える。そこで国の審議会の運営及び独立行政法人の情報公開についてお尋ねする。
1 「中央省庁等改革の推進に関する方針」(平成十一年四月二十七日、中央省庁等改革推進本…
答弁内容
一の1について
お尋ねの「特段の理由」としては、議事内容が個人情報に関するものであること、率直な意見の交換又は意思決定の中立性が不当に損なわれるおそれがあることなどが考えられるが、各審議会等における議事の公開の在り方については、それぞれの議事内容等を踏まえ、当該審議会において決定することとされている。また、審議会等のうち会議及び議事録を非公開としているものについて、その理由を取りまとめた資料は現…

国の審議会及び独立行政法人の情報公開に関する質問主意書

第160回国会 衆議院 質問主意書 第53号(2004/08/05提出、43期、民主党・無所属クラブ)
質問内容
前回提出の質問主意書(平成十六年六月十五日提出質問第一九二号)への答弁は不十分であり、再度同様の質問主意書を提出申し上げる。
一 国の行政においては、国民主権の理念にのっとり、行政機関の保有する情報の公開を図り、もって政府の有するその諸活動を国民に説明する責務が全うされるとともに、国民の的確な理解と批判の下にある公正で民主的な行政を推進することが肝要であると考える。そこで国の審議会の運営及び独立…
答弁内容
一の1について
先の答弁書(平成十六年六月二十二日内閣衆質一五九第一九二号。以下「前回答弁書」という。)一の1についてで述べたとおり、お尋ねの「特段の理由」としては、議事内容が個人情報に関するものであること、率直な意見の交換又は意思決定の中立性が不当に損なわれるおそれがあることなどが考えられるが、各審議会等における議事の公開の在り方については、それぞれの議事内容等を踏まえ、当該審議会において決定…

独立行政法人緑資源機構環境保全調査検討委員会の運営に関する質問主意書

第160回国会 衆議院 質問主意書 第54号(2004/08/05提出、43期、民主党・無所属クラブ)
質問内容
独立行政法人緑資源機構(以下、「機構」という。)において、大規模林道工事の実施に伴う環境への影響の予測・評価及び保全措置を専門的、学術的な見地から検討を行うとされる、緑資源幹線林道大朝・鹿野線戸河内・吉和区間(二軒小屋・吉和西工事区間)環境保全調査検討委員会(以下、「委員会」という。)の運営について、政府の指導監督状況についてお尋ねする。
一 第一回委員会の配布資料四「緑資源幹線林道大朝・鹿野線…
答弁内容
一について
独立行政法人緑資源機構(以下「機構」という。)からの報告によれば、緑資源幹線林道大朝・鹿野線戸河内・吉和区間(二軒小屋・吉和西工事区間)環境保全調査検討委員会(以下「委員会」という。)の委員の任期は、平成十六年十月三十一日までには検討が終了することを想定し定めたものであり、委員会の状況によっては改めて機構が委員の任期の延長等の判断を行うこととされている。
二について
機構からの報…

44期(2005/09/11〜)

学校におけるアスベスト対策に関する質問主意書

第163回国会 衆議院 質問主意書 第62号(2005/10/31提出、44期、民主党・無所属クラブ)
質問内容
現在、アスベスト(石綿)による健康被害および健康不安が深刻な社会問題となっている。特に子どもたちが長時間滞在する学校においては、現役児童は勿論、ほぼ全ての国民が卒業生や保護者であることに鑑み、健康不安の解消を含めた万全の対策が急務である。そこで政府の過去の取組みおよび今後の対策についてお尋ねする。なお、以下において、「昭和六十二年調査」は昭和六十二年から翌六十三年にかけて当時の文部省が実施した公立…
答弁内容
一について
学校における石綿対策については、昭和六十二年に当時の文部省が実施した公立学校建物仕上調査の結果を踏まえ、石綿対策を行うための国庫補助制度を創設するとともに、その後も学校の設置者に対して、石綿の使用に関する規制の強化に対応しつつ、石綿対策を適切に行うよう通知や各種会議において指導してきたところである。
その結果、学校の設置者においては、石綿の使用に関する規制の強化に対応して、国庫補助…

緑資源幹線林道事業期中評価委員会の情報公開に関する質問主意書

第164回国会 衆議院 質問主意書 第282号(2006/05/29提出、44期、民主党・無所属クラブ)
質問内容
国の行政においては、国民主権の理念にのっとり、行政機関の保有する情報の公開を図り、もって政府の有するその諸活動を国民に説明する責務が全うされるとともに、国民の的確な理解と批判の下にある公正で民主的な行政を推進することが肝要であると考える。そこで緑資源幹線林道事業期中評価委員会(以下、「委員会」という。)の情報公開について政府にお尋ねする。
一 平成十七年度委員会の会議の公開については、平成十七年…
答弁内容
一、二及び五について
林野庁としては、「林野公共事業の事業評価実施要領」(平成十二年三月十三日付け十二林野計第七十三号林野庁長官通知)に基づき設置された緑資源幹線林道事業期中評価委員会(以下「委員会」という。)においては、平成十七年度の委員会の会議の公開について、会議を広く一般に公開すると委員の率直な意見の交換が不当に損なわれるおそれがあり得ること等を考慮しつつ、できる限り審議の透明性を確保する…

大規模林道大朝・鹿野線「戸河内・吉和区間」の早期完成を求める署名に関する質問主意書

第164回国会 衆議院 質問主意書 第372号(2006/06/15提出、44期、民主党・無所属クラブ)
質問内容
今年度中にも着工が予定されている緑資源幹線林道大朝・鹿野線戸河内・吉和区間二軒小屋・吉和西工事区間について、政府はその推進理由を「地元においては事業推進に向けた強い要望がある」としており、その根拠の一つとして「早期完成を求める六万七千名の署名」を挙げている(第百五十九回国会衆議院予算委員会第六分科会議録(農林水産省及び環境省所管)第二号十四頁三段十六行目、亀井国務大臣答弁)。これは大規模林業圏開発…
答弁内容
一及び二について
農林水産省としては、平成十六年三月二日の衆議院予算委員会第六分科会における御指摘の亀井農林水産大臣(当時)の答弁の「地元」とは、緑資源幹線林道大朝・鹿野線がその区域内を通過する市町村に限られているものではないと考えている。
三から五までについて
大規模林業圏開発推進広島県協議会(以下「協議会」という。)が林野庁長官に提出した平成十四年十一月八日付けの要望書(「大規模林業圏開…

ひろしまドッグぱーくの動物愛護管理法上の取扱い等に関する質問主意書

第165回国会 衆議院 質問主意書 第180号(2006/11/24提出、44期、民主党・無所属クラブ)
質問内容
平成十五年四月に開園し、経営難から平成十七年六月に閉園した広島市佐伯区の民間テーマパーク「ひろしまドッグぱーく」において、劣悪な飼養環境のために衰弱した約五百頭の犬が本年九月二十六日に発見され、さらに十月六日には栄養失調から衰弱死した疑いのある三十四頭の犬の死骸が敷地内で埋められているのが見つかった。十月一日、私は現地を視察し、健康な犬の半分以下にやせ細った犬及び栄養失調により皮膚病等の疾病にかか…
答弁内容
一の1について
広島市によれば、お尋ねの届出をした者は法人であり、また、当該届出においては、事業所の所在地は「広島市佐伯区湯来町白砂八十二番地一」、動物取扱業の種別は動物の「販売」、「保管」及び「展示」、業の具体的な内容は「ドッグラン(愛犬を連れて遊べる広場)」及び「犬を使ったふれあいイベント(ふれあい広場)」、届出日は「平成十七年七月四日」、営業開始の予定年月日は「平成十六年九月一日」と記載さ…

教育振興基本計画の検討状況等に関する質問主意書

第165回国会 衆議院 質問主意書 第184号(2006/11/27提出、44期、民主党・無所属クラブ)
質問内容
教育基本法案(第百六十四回国会閣法第八十九号)第十七条に規定する教育振興基本計画(以下、「計画」という。)の検討状況について政府にお尋ねする。
一 教育改革国民会議における議論について
計画の策定が提言されたのは、「教育改革国民会議報告−教育を変える十七の提案−」(平成十二年十二月二十二日教育改革国民会議)であると承知している。
1 同会議において計画の必要性を最初に持ち出したのは、有識者委…
答弁内容
一の1について
教育改革国民会議の議事録によれば、中曽根弘文内閣総理大臣補佐官(当時)が「総合的な計画の策定の必要性」について発言したのは、平成十二年九月六日の第七回会議においてであるが、これより前の同年四月二十五日に開催された第三回会議において配付された資料5「教育改革国民会議の審議事項(座長案)」に、「教育振興基本計画の策定等による教育に対する財政面の抜本的拡充(江崎)」と記載されている。 …

ひろしまドッグぱーくの動物愛護管理法上の取扱い等に関する再質問主意書

第165回国会 衆議院 質問主意書 第219号(2006/12/07提出、44期、民主党・無所属クラブ)
質問内容
前回提出した質問主意書(平成十八年十一月二十四日提出第百六十五回国会質問第百八十号)に対する答弁(平成十八年十二月五日内閣衆質百六十五第百八十号、以下「前回答弁書」という。)は不十分であり、さらに問題点を明確にする必要があることから、以下再質問する。なお、答弁に当たっては必ず一質問につき一答弁とし、複数の質問に対しまとめて答弁することは厳に控えられたい。また、以下において「法」とは、動物の愛護及び…
答弁内容
一の1について
犯罪の成否については、捜査機関が収集した証拠に基づき個々に判断すべきものであるので、答弁を差し控えたい。
一の2について
御指摘の法人の親会社である株式会社大前コーポレーションが、平成十五年四月二十四日に中小企業経営革新支援法の一部を改正する法律(平成十七年法律第三十号)による改正前の中小企業経営革新支援法(平成十一年法律第十八号。以下「旧経営革新支援法」という。)第四条第一…

ひろしまドッグぱーくの動物愛護管理法上の取扱い等に関する第三回質問主意書

第165回国会 衆議院 質問主意書 第269号(2006/12/15提出、44期、民主党・無所属クラブ)
質問内容
前々回提出した質問主意書(平成十八年十一月二十四日提出第百六十五回国会質問第百八十号、以下「前々回質問主意書」という。)に対する答弁書(平成十八年十二月五日内閣衆質百六十五第百八十号、以下「前々回答弁書」という。)が不十分であることから、再質問主意書(平成十八年十二月七日提出第百六十五回国会質問第二百十九号、以下「前回質問主意書」という。)を提出したところであるが、それに対する答弁書(平成十八年十…
答弁内容
一の1について
動物の愛護及び管理に関する法律の一部を改正する法律(平成十七年法律第六十八号)による改正前の動物の愛護及び管理に関する法律(昭和四十八年法律第百五号)第二十九条第一号は、同法第八条第一項の規定による届出をせず、又は虚偽の届出をした者を処罰の対象としている。お尋ねの点については、個別具体の事案における犯罪の成否にかかわるものであり、犯罪の成否については、捜査機関が収集した証拠に基づ…

緑資源機構による官製談合と天下りに関する質問主意書

第166回国会 衆議院 質問主意書 第239号(2007/05/24提出、44期、民主党・無所属クラブ)
質問内容
農林水産省所管の独立行政法人緑資源機構(以下「機構」という。)を舞台とした官製談合疑惑については、昨年三月一日及び本年二月二十八日の本院予算委員会第六分科会においても取り上げたところであるが、今般、刑事事件に発展した。中川昭一前大臣及び松岡利勝大臣に対しては、同分科会において一般競争入札が全く行われていない不適切な契約実態や、官製談合の温床と指摘されるいわゆる天下りについて質したが、両大臣とも問題…
答弁内容
一及び五について
独立行政法人緑資源機構(以下「機構」という。)による緑資源幹線林道の測量・建設コンサルタント業務の発注に関する談合疑惑をめぐる問題について、昨年十月に公正取引委員会が立入検査を行い、本年五月二十四日に、私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律(昭和二十二年法律第五十四号。以下「独占禁止法」という。)に違反する犯罪があったと思料するとして、公正取引委員会が財団法人林業土木コン…

緑資源機構による官製談合と天下りに関する再質問主意書

第166回国会 衆議院 質問主意書 第375号(2007/06/11提出、44期、民主党・無所属クラブ)
質問内容
前回提出した質問主意書(平成十九年五月二十四日提出第百六十六回国会質問第二百三十九号)に対する答弁(平成十九年六月一日内閣衆質百六十六第二百三十九号。以下「前回答弁書」という。)は不十分であり、以下再質問する。
一 前回答弁書「一及び五について」によれば、「現在関係当局により調査・捜査中であるところ、お尋ねの点については、お答えは差し控えたい」とのことであるが、農林水産省(外局を含む。以下同じ。…
答弁内容
一について
独立行政法人緑資源機構(以下「機構」という。)による緑資源幹線林道事業の測量・建設コンサルタント業務の発注に関する談合疑惑をめぐる問題について、現在調査・公判中であり、お尋ねについては、お答えは差し控えたい。
二の1について
独立行政法人の組織等に関する予備的調査(武正公一君外五十四名提出、平成十八年衆予調第三号。以下「予備的調査」という。)に対する政府回答においては、その時点で…

国立大学医学部附属病院長会議常設委員会が平成十四年三月に発表した提言に対する文部科学省の関与に関する質問主意書

第171回国会 衆議院 質問主意書 第617号(2009/06/30提出、44期、民主党・無所属クラブ)
質問内容
一 平成十五年五月十六日に三井辨雄議員の提出した「国民の視点にたった良質かつ安全な医療の推進のために国立大学病院薬剤部の組織体制の充実・強化に関する質問主意書」に対する答弁書(平成十五年五月二十三日)は、文部科学省職員が、「委員会の要請に基づき、オブザーバーとして」参加した、と答弁している。一方、平成十九年三月二十九日の東京高裁判決は、「特にサブワーキンググループ会議の後半以降、文部科学省が会議を…
答弁内容
一から五までについて
文部科学省として、御指摘の判決については、重く受け止めているところであるが、当該判決に至るまでの裁判所による事実認定の詳細について、見解を述べることは差し控えたい。いずれにしても、国立大学医学部附属病院長会議常置委員会(以下「常置委員会」という。)が平成十四年三月に発表した「国立大学附属病院の医療提供機能強化を目指したマネジメント改革について(提言)」の作成過程における文部…

※このページのデータは衆議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2021/11/15

松本大輔[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧 | 質問主意書



■著書
2020年10月新刊