移動
国会議員白書トップ
参議院議員活動統計
 1期参議院議員活動統計*
 2期参議院議員活動統計*
 3期参議院議員活動統計*
 4期参議院議員活動統計
 5期参議院議員活動統計
 6期参議院議員活動統計
 7期参議院議員活動統計
 8期参議院議員活動統計
 9期参議院議員活動統計
 10期参議院議員活動統計
 11期参議院議員活動統計
 12期参議院議員活動統計
 13期参議院議員活動統計
 14期参議院議員活動統計
 15期参議院議員活動統計
 16期参議院議員活動統計
 17期参議院議員活動統計
 18期参議院議員活動統計
 19期参議院議員活動統計
 20期参議院議員活動統計
 21期参議院議員活動統計
 22期参議院議員活動統計
 23期参議院議員活動統計
*は在籍期

衆議院議員活動統計

衆議院議員一覧
参議院議員一覧

内閣総理大臣一覧

国会議員白書について


サイト内検索
■著書
徹底検証・安倍政治
平成史(新版)
世論の曲解
「政治主導」の教訓
変貌する日本政治

木下源吾参議院議員 国会活動データ「本会議発言」



参議院本会議発言統計

  1期(1947/04/20〜)   23回   65948文字
  2期(1950/06/04〜)   17回   61556文字
  3期(1953/04/24〜)    7回   26509文字




参議院本会議発言一覧

第1回国会 参議院 本会議 第19号(1947/08/04、1期)

皆さんの非常に有益な御意見を承りまして、私はもはや申上げることがないように考えられますが、併しながらこの生鮮食料品は、主食と繋がつている今日では対等の地位にある最も重要なものであるために、どうしてもこの問題をこの国会において解決しなければならないと、かように考えまするので、私たちの立場から一言だけ申………会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 本会議 第34号(1947/09/30、1期)

私は先般同僚岡村議員と共にこの院議で決定しまして北海道の水害調査に参つたのでありますが、この機会に皆様に、北海道の今度風水害は距離は中央から離れておりまするけれども、その被害は相当以上であつたということだけをここで申上げて置きたいのであります。詳細については文書を以て御報告申上げておりまするので省略………会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 本会議 第54号(1947/11/20、1期)

只今の岡田君の動議に賛成いたします。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 本会議 第66号(1947/12/09、1期)

只今上程せられました請願及び陳情につきまして、農林委員会における審査の経過並びに結果を御報告いたします。これら諸議案の趣意、提出者及び紹介議員等は文書表によつて御了承を願い、ここに改めて説明を省略することをお許し頂きます。本委員会におきましては、特に小委員会を設けまして、紹介議員の説明を煩わし、或い………会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 本会議 第40号(1948/05/26、1期)

私は(「野党頑張れよ」と呼ぶ者あり)日本社会党を代表いたしまして、上程されておる決議案に賛成をいたすものであります。併しながらこれが單なる決議として終るのでなく、直ちにこれが成果を結ぶ上において、短時間でありますが、政府に所信を質し、且つ要望したい数点を申上げたいと思うのであります。それは、当面の引………会議録へ(外部リンク)

第3回国会 参議院 本会議 第13号(1948/11/17、1期)

日本社会党は只今の決議案に対しまして全然同感であります。社会党はこの引揚に関する問題を党の重要の政策といたしまして今日まで努力して参りましたが、只今決議案にございまするように、五十数万の残留者が今四度この嚴冬を迎えるということに対して、我々は何とも言えない感じを持つておるのであります。いろいろ敗戰後………会議録へ(外部リンク)

第3回国会 参議院 本会議 第18号(1948/11/30、1期)

(「颯爽とやれよ」「総理の出席を要求せよ」と呼ぶ者あり)この重要な法案を今審議の最中に、吉田総理大臣がいないということは、(「同じことを言つてるなよ」「黙つて聴け」と呼ぶ者あり)どなたもこれは不満だろうと思うのです。私は日本社会党を代表してこの法案に反対いたします。諸種の客観情勢はこの法案が議会を満………会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 本会議 第12号(1949/04/08、1期)

段々同僚各位からの質問が出まして、大体政府の所信も明らかになりつつあるのでありますが、併しやはりこのいろいろなお話の多くは、国民の大多数の働く者の側から見れば、何かこう二階で話をしているような氣がいたすのでありますので、私は我が党の立場、即ち勤労階級の立場から、二、三総理大臣にお伺いして置きたい。こ………会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 本会議 第20号(1949/04/28、1期)

我が日本社会党は党議を以てかかる下らない法案に対しては反対することに決定しております。大体儲からなければ仕事をしないという本質に立つておるから、この郵便の独立採算制をやるというようなことが生れて來るのであつて、社会性も公益性ということもちつとも考えておらん。例の国立病院までも独立採算をする。金のない………会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 本会議 第26号(1949/05/13、1期)

私はいわゆる公安條例、その公安條例は我が国の大衆の自由等を極めて制限し仰圧しておる内容を持つ公安條例が、現在各地方に頻々として條例が設定されておることに鑑みまして、この際政府に質問をいたしたいと考えておるのでありますが、もとより目的は、これらの大衆殊に労働者の有しておる自由をややもすれば制限、仰圧、………会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 本会議 第31号(1949/05/22、1期)

暫時休憩することの動議を提出いたします。会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 本会議 第32号(1949/05/23、1期)

日本社会党は、只今提案の法案に全部反対であります。その理由といたしましては、元來これらの基礎をなすところの定員法が、いわゆる定員法がまだ決まつておらない。殊に二十四年度予算において我々が協賛を與えたところの法律案、この定員等の関係も甚だ不明瞭である。(「余りむごいよ」と呼ぶ者あり)先ず、併しながら只………会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 本会議 第36号(1949/05/27、1期)

私はこの法案が衆議院に上程せられて以來、我が党は挙げてこの法案の通過を阻止し、何とかしてこの法案を葬り去り、そのために私共は全力を挙げて闘つて参つたのでありますが、凡そ私の反対討論が終りますならば、この法案が或いは通過するのではないかという、こういう場面に直面いたしまして、私はこの機会に心から参議院………会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 本会議 第37号(1949/05/28、1期)

私は只今上程されました議員浅岡信夫君外六名にかかる懲罰の動議につきまして、発議者を代表いたしましてその趣旨を御説明申上げます。先ずこの動議を提出しなければならないゆえんは、先に草葉君の説明の中にありましたような、そういう部分を含んでいると御了承願います。ただ私はこの動議を提出するに当りまして、事実を………会議録へ(外部リンク)

第6回国会 参議院 本会議 第3号(1949/10/28、1期)

私はこの機会に、国家公務員に対する寒冷地手当、石炭手当等に関する質問をいたしたいと思うのでありますが、この質問を通じて政府に速かにこれらの支給を実現せられるることを要望するものであります。御案内の通り、第五国会において、寒冷地手当、石炭手当支給に関する法律は、両院満場一致を以て通過しておるのでありま………会議録へ(外部リンク)

第7回国会 参議院 本会議 第16号(1950/02/08、1期)

私は総理大臣の答弁は極めて不親切であり、そうして的外れだと考えます。ただ一点です。一昨年の七月、マ書簡に現われているこの点に対しまして、政府の政治的、いわゆる道徳上の責任を如何に考えるか。この点について重ねて私は答弁を要求するものであります。(拍手)会議録へ(外部リンク)

第7回国会 参議院 本会議 第18号(1950/02/13、1期)

私は本日の自由討議に、ベース改訂と財政、こういうことを申上げて、実は各位に一つ御相談でございます。ベース改訂を行うということは、人事院の勧告の趣旨は全く今世論が支持しておるのであります。世論が支持しておるということは單なる支持でありません。御主憲法下において公務員がすでにいろいろな行動の制限を受けて………会議録へ(外部リンク)

第7回国会 参議院 本会議 第25号(1950/03/08、1期)

私はこの際、国鉄裁定の問題に関しまして政府は控訴したということでありまするので、この機会に憲法を擁護するという建前、又国鉄の運営を良好に向上せしめるという両面から、政府に質問をいたしたいと思つておるのであります。要点は、仲裁委員会の裁定に従わないという政府の行為は憲法違反である。若し違反でないとする………会議録へ(外部リンク)

第7回国会 参議院 本会議 第36号(1950/04/01、1期)

私は、給與法が廃案になつて、政府が月給を拂う根拠がなくなりましたので、この際、政府はこれに対してどういうお考えを持つておるか、これを一つ聞きたいと思うのであります。同時にこのような事態が起きたということに対する政府の責任をも併せて問いたいと思う。又これに関連して民衆が給與ベースの改訂、給與に関する要………会議録へ(外部リンク)

第7回国会 参議院 本会議 第37号(1950/04/03、1期)

私は只今上程されております二十五年度予算に対しまして、日本社会党を代表いたしまして、本会議においてこれが反対をし、組替えを要求し、且つ返上するものであります。そこで我が党の反対の理由は昨日の予算委員会において明確にいたしております。尚、本日委員長の報告によつても明らかにされております。併し本会議にお………会議録へ(外部リンク)

第7回国会 参議院 本会議 第2号(1949/12/05、1期)

人事院は、今回給與ベースの改訂について、国会、政府に勧告をして来たのでありますが、これについて全くこのことは緊急を要することでありますので、質問をいたすわけでありますが、要求しておりました総理大臣、大蔵大臣、肝腎な諸公が見えられないので、この答弁は何とぞ責任のある答弁を、一つ副総理並びに官房長官等か………会議録へ(外部リンク)

第7回国会 参議院 本会議 第6号(1949/12/21、1期)

私は人事院の勤告即ち十二月四日に国会に勧告されました給與ペースのことにつきまして、これを政府は速かに予算化して、そうして実行すべきである、こういう趣旨の決議案を本日上程する次第でありますが、先ず決議案の全文を朗読させて頂きます。十二月四日人事院は国家公務員法第二十八條の規定により国会及び内閣に対し、………会議録へ(外部リンク)

第7回国会 参議院 本会議 第8号(1949/12/24、1期)

只今大蔵委員長の御報告中にもありました通り、我が日本社会党は、この案に対する修正をいたしたいと、こういうわけで修正案を提出しているわけであります。そこで私は、原案に対して反対をしている我が日本社会党は、何故にこの修正案を出したかということについて、先ず御了解を求めたいと思うのは、私共元来この原案につ………会議録へ(外部リンク)

第8回国会 参議院 本会議 第11号(1950/07/30、2期)

只今議題となりました請願九件及び陳情一件について、人事委員会における審査の経過並びにその結果を御報告申上げます。先ず請願第二百八十八号と第四百四十号とは国家公務員の給與ベース改訂に関するものでありまして、政府は、物価安定による実質賃金の向上とか福利施設の拡充などを口実として低賃金を強いているのである………会議録へ(外部リンク)

第9回国会 参議院 本会議 第10号(1950/12/09、2期)

只今議題となりました請願五十四件及び陳情一件について、人事委員会における審査の経過及び結果を御報告申上げます。先ず請願第四百三十九号は、国家公務員の給與ベース引上げ等に関するものでありまして、昭和二十三年実施の六千三百七円べースヘの給與改訂以来、著しい物価の上昇にも拘わらず、昨年十二月の七千八百七十………会議録へ(外部リンク)

第10回国会 参議院 本会議 第20号(1951/03/05、2期)

只今議題となりました請願六十六件及び陳情六件について、人事委員会における審査の経過並びに結果を御報告申上げます。さて今回の請願六十六件、陳情六件は、そのすべてが公務員の勤務地手当に関するものでありまして、それぞれの市町村における物価の実情その他特殊の事情から、現行の支給割合を引上げ、又は維持し、又は………会議録へ(外部リンク)

第10回国会 参議院 本会議 第22号(1951/03/09、2期)

只今議題となりました請願百十件、陳情三件について、人事委員会における審査の経過及び結果を御報告申上げます。本委員会においては、前回報告の請願陳情の審査に引続き、三月五日に委員会を開きまして、同日までに付託せられました請願陳情のうち、地域給に関する請願陳情のみを特に緊急に審査を要するものとして審査いた………会議録へ(外部リンク)

第10回国会 参議院 本会議 第23号(1951/03/12、2期)

私は社会党を代表いたしまして、若干の質問をこの際行いたいと思うのでありますが、今回政府が検察庁部内の人事異動を行うに当つて、大きな波紋を捲き起したことは世間周知のことであります。この際問題となつたのは木内次長検事のことに関してであつて、この問題の核心はやはり検察庁法第二十五條の規定に関することであり………会議録へ(外部リンク)

第10回国会 参議院 本会議 第29号(1951/03/24、2期)

只今議題となりました請願六十四件、陳情三件に関しまして、委員会における審議の経過並びに結果を御報告申上げます。先ず請願第五百四十五号は、電気通信職員の特別給與表制定に関する請願でありまして、生産企業庁としての電通省の性格は、一般官庁と異なり、業務遂行及び人事管理、人員配置上から見ても、特別給與表を必………会議録へ(外部リンク)

第10回国会 参議院 本会議 第35号(1951/03/31、2期)

只今議題となりました国家公務員等に対する退職手当の臨時措置に関する法律の一部を改正する法律案につきまして、人事委員会における審査の経過及び結果を御報告申上げます。先ずこの法律案の提案の理由を申上げます。現行法は三月三十一日限りその効力を失う臨時法であり、来たる二十六年度以降においては、別に法律を以て………会議録へ(外部リンク)

第10回国会 参議院 本会議 第41号(1951/05/16、2期)

只今建設大臣から御答弁を願つたのですが、我々の聞いておりました通りに、やはり政府は北海道の開発を官治開発行政でやろう、こういうことに承わつたのですが、さて、そうしますというと、現に地方行政調査委員会議が地方事務再分配についての調査を行い、これが答申をしておるのであつて、その中で北海道に関する特例は後………会議録へ(外部リンク)

第10回国会 参議院 本会議 第42号(1951/05/18、2期)

只今議題となりました国家公務員災害補償法案に関しまして、人事委員会における審議の経過並びにその結果を御報告いたします。先ずこの法律案の提案の理由について申上げます。国家公務員の公務上の災害に対する補償制度につきましては、従来公務員の身分、職種等により、それぞれ異なる法令によつて行われていたのでありま………会議録へ(外部リンク)

第10回国会 参議院 本会議 第46号(1951/05/25、2期)

只今議題となりました請願四十六件、陳情一件に関しまして、委員会における審議の経過並びに結果を御報告申上げます。本委員会におきましては、五月二十一日に請願陳情の審査を行いましたが、同日までに付託せられました請願陳情のうち、地域給に関する請願陳情のみをこの際特に緊急を要するものとして採択いたしたのでござ………会議録へ(外部リンク)

第10回国会 参議院 本会議 第49号(1951/05/30、2期)

只今議題となりました新恩給法制定に関する請願四十六件及び地域給に関する請願二十九件、その他の請願四件、並びに陳情二件に関しまして、人事委員会における審議の経過並びに結果を御報告申上げます。先ず新恩給法制定に関する請願四十六件並びに町村吏員の恩給改善に関する陳情一件についてでありますが、その主なる趣旨………会議録へ(外部リンク)

第10回国会 参議院 本会議 第2号(1950/12/16、2期)

只今議題となりました一般職の職員の給與に関する法律の一部を改正する法律案につきまして、人事委員会における審議の経過並びにその結果を御報告申上げます。先ず、本法律案の提案理由及びその内容について申上げます。政府職員の給與につきましては、その生計費及び民間賃金その他の事情に顧み、これを適正に改訂し、その………会議録へ(外部リンク)

第12回国会 参議院 本会議 第22号(1951/11/26、2期)

只今議題の綱紀粛正に関する決議案の趣旨の御説明を申上げるのでありますが、この決議案はいわゆる同憂の士によつて発議されたのであります。趣旨弁明に立つ場合に私が指名されたのでありまして、実は余りかかることは私は気持が進まない。なぜならばです。これは本院といたしましては、国民に一つの謝罪の形式を現わすもの………会議録へ(外部リンク)

第12回国会 参議院 本会議 第24号(1951/11/28、2期)

只今上程の給與法ほか二件、私はこれに対して日本社会党を代表して反対いたします。そうして、その理由を申上げて、保守党の諸君の一つ是非御賛成を得たいと思うのであります。従つて我々の態度をここに明確にしておく必要があるのでありますが、私どもはこの給與のベースにつきましては、一万二千円が今日正当であるという………会議録へ(外部リンク)

第13回国会 参議院 本会議 第31号(1952/04/17、2期)

私は只今の件に関しまして我が党の代表質問をいたしたいと思います。給與の改訂に関しましては、すでに今日の公務員の生活の状態はもう非常な行き詰りになつておりまして、常識的にもどなたもこれは改訂すべきだというお考えだと考えます。これを内容を少し詳しく申上げますというと、先に人事院の勧告いたしました一万一千………会議録へ(外部リンク)

第13回国会 参議院 本会議 第56号(1952/06/27、2期)

私は只今議題になりました議長不信任決議案の趣旨を弁明いたします。先ず最初に案文を朗読いたします。会議録へ(外部リンク)

第13回国会 参議院 本会議 第62号(1952/07/04、2期)

私も簡單な弁明をいたします。非常な迷惑を蒙りました。これは溝淵君、このようなああいうことだけでは、到底懲罰などというものは成立しません。併しこの動議に参画した諸君はです、恐らくあんなことでこれをやろうという気持ではないだろうと思う。根本には政治的な大きな狙いを持つておると思う。それである限りにおいて………会議録へ(外部リンク)

第19回国会 参議院 本会議 第25号(1954/03/30、3期)

私は我が党を代表いたしまして、只今から質問をいたしたいと思うのでありますが、併し私の質問することは、一党一派の問題では、ございません。今日の状態において一番重大な問題であり、国民の中で、アメリカの資本援助によつて事業を行なつておる者、又、軍需産業によつて儲けようとする一連のグループを除いた以外は、全………会議録へ(外部リンク)

第22回国会 参議院 本会議 第5号(1955/03/25、3期)

私は日本社会党第四を代表いたしましてこの際、防衛問題に関して鳩山内閣総理大臣ほか関係閣僚の御答弁を願いたいと思うのであります。さきの総選挙におきまして、国民の意思は那辺にあるかは明らかになったと思うのであります。鳩山さんが中ソとの国交の正常化を主張し、また文化、経済交流を主張した。これはひとえに国民………会議録へ(外部リンク)

第22回国会 参議院 本会議 第32号(1955/07/04、3期)

顧みれば昭和二十一年十一月三日、本議場において新憲法の制定記念の式典があげられ、当時のこれにかかわった保守党の諸君も、また当時の保守党内閣の総理大臣も、この憲法の制定は国民全体の日である、長く、これを基本法として守っていかなければならぬ、こういう宣言が行われた。(「その通り」と呼ぶ者あり)私は新憲法………会議録へ(外部リンク)

第22回国会 参議院 本会議 第38号(1955/07/20、3期)

私は日本社会党を代表いたしまして、給与勧告について、この際、政府に質問をしようと思います。私は、この給与については、日本の現在において、終戦後十年すでに、生活水準を高めて行くべきだ、そういう方向をとるべきだと、こういう考えでおるのでありまして、従って給与は増額すべきである、こういう考えであります。し………会議録へ(外部リンク)

第24回国会 参議院 本会議 第36号(1956/04/16、3期)

私は日本社会党を代表いたしまして、ただいま議題に供されております自衛隊法の一部を、また防衛庁設置法の一部をおのおの改正する法律案に対して、反対の討論をいたします。この法律案は、ただいま委員長からの説明のように、防衛庁の定員を一万九千百九十三人ほど増加して、二十一万五千三人に改める。こういうような定員………会議録へ(外部リンク)

第24回国会 参議院 本会議 第59号(1956/06/02、3期)

何よりも私は、警察がいるので非常に強迫感を……(笑声、「笑い事じゃないよ」と呼ぶ者あり)自由な討論はなかなかできそうにはないのです。こういう事態を引き起していること、それ自身が芥川君、またその背後にある議長や、こういう人たちの信任をできないという、昨晩同僚の江田君から事務総長の不信任案が出た。これは………会議録へ(外部リンク)

第24回国会 参議院 本会議 第2号(1955/12/23、3期)

私は、この際日本社会党を代表いたしまして、北海道開発に関する質問をいたしたいと思うのであります。数日前、正力国務大臣は北海道開発審議会の席上におきまして、北海道開発会社法案なるものを発表いたしたのであります。また与党の北海道総合開発調査特別委員会は、北海道省の設置を伴う開発要綱、いわゆる広川案なるも………会議録へ(外部リンク)




データ更新日:2016/12/11